異常心理スレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1犬丸にゃん太
ここでは、異常関係を特に扱うと言うことです。
2没個性化されたレス↓:2006/10/06(金) 18:25:34
     キンタマをいくつも持つ男


自演コテ犯=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM =◆64XYZ/EQlg 】

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1072684936/10-99



 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1038871730/12-183

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610



32>:2006/10/07(土) 09:17:21
二つ持ってるやつたくさん知ってる
4その前にまず、正常な心理:2006/10/08(日) 07:50:47
について論じないと、話が進まないだろなー。
5没個性化されたレス↓:2006/10/08(日) 18:15:41
威張るとは何と表現したらいい?とても厄介なんけど
6没個性化されたレス↓:2006/10/09(月) 22:44:28
 ∧_∧
(´・ω・)      キキーッ!
O┬O )
◎┴し'-◎ ≡
          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"
エネルギーが切れました。本日をもちまして、しばらくの間充電のためスレは
単に上げて維持するためだけに参加することになりました、しばらくの間、よろしく
乱入や粘着はときおりすることはあるかもしれません。      




7没個性化されたレス↓:2006/10/10(火) 00:35:48
いま知りたい「異常心理」入門
http://tkj.jp/book/book_20125101.html
異常心理の発見
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31767957
8没個性化されたレス↓:2006/10/11(水) 16:16:22
          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"
9没個性化されたレス↓:2006/10/12(木) 11:35:34

          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"

10没個性化されたレス↓:2006/10/12(木) 12:28:00
         _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"

11没個性化されたレス↓:2006/10/14(土) 08:08:57

          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"


12没個性化されたレス↓:2006/10/14(土) 08:58:45
11111111111111111
13没個性化されたレス↓:2006/10/14(土) 15:39:46
                  //            ヽ
                ,:' ,:' ,:' /              ヽ
               ,' ,' ,' ,:' / / ,:',:' ,:'  ゙、     ゙、
                '‐'= '-'、_/ / ,' ,' ,'  r--、ヽ    ',
                   ヾl -ミヽ,/_,' ,'ミ=L_,`冂二 ̄| !
                 | `h、ヽ\ヾ>‐-‐ /7゙|`、  ̄ l   
                 ___ノ  ,リ );; U  ミ‐-‐/| | ',   !  
まあ、なんて悲惨な    ..',  ‐''-   u   '⌒ヽ_| |  |  |
                 :ヽ  ...:::::::......  (゙ノ ノ | |  |
バカ達なんでしょう・・・    }        -‐' /   ̄   |
                /,,~、_          ,'  /      ',
心狸ガクトは         ,-( {__}、7゙ク ゙̄',   ', (   ,'     ヽ
              ∧_}   ヽ {   |--‐ \ ゙、 (       `ヽ
             ( ヽ,     ゙、 r‐ノL__,,, 、-‐-、ヽ、        ヽ
            /(゙"       ノ /0/  /    ヽ ヽ      ゙、 ゙、
           (  \     / /o/ /       '、 `ヽ、  ノ } }
14没個性化されたレス↓:2006/10/15(日) 12:58:53
15没個性化されたレス↓:2006/10/15(日) 14:51:52

          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"



16没個性化されたレス↓:2006/10/16(月) 08:30:10

          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"



17没個性化されたレス↓:2006/10/18(水) 10:41:22

          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"


18没個性化されたレス↓:2006/10/18(水) 10:57:50


これはふぐですか。

19没個性化されたレス↓:2006/10/18(水) 10:59:55
j:[email protected]][email protected]*`\:fdff,\\,:;
,.v\l;\l;f\l;mf;,\\::<d,:df:*
dfmkl;dfkl/dfm\l;df\l;bf;dfl;
20↑文字化けw:2006/10/19(木) 16:53:05
私の軍事スレ削除した酷い軍板の管理人みたいに私のスレは絶対に削除しないでお願い。
ゆっくり、ゆとりを持ってやらせてえ、、、、、。
:.,' . : : ; .::i'劼,_  i.::l ';:.: l '、:.:::! l::! : :'、:i'、: : !, : : : : : :l:.'、: :
'! ,' . : i .;'l;' _,,ニ';、,iソ  '; :l ,';.::! i:.!  : '、!:';:. :!:. : : : :.; i : :'、:
i:.i、: :。:!.i.:',r'゙,rf"`'iミ,`'' ゙ ';.i `N,_i;i___,,_,'、-';‐l'i'':':':':‐!: i : : '、
i:.!:'、: :.:!l :'゙ i゙:;i{igil};:;l'   ヾ!  'i : l',r',テr'‐ミ;‐ミ';i:'i::. : i i i : : :i
:!!゚:i.'、o:'、 泙::゙''".::ノ        i゙:;:li,__,ノ;:'.、'、 :'i:::. i. !! : : !:
.' :,'. :゙>;::'、⊂‐ニ;;'´          '、';{|llll!: :;ノ ! : !::i. : : : : i :
: :,' /. :iヾ、   `        、._. ミ;;--‐'´.  /.:i;!o: : : :i :
: ; : ,' : : i.:      <_       ` ' ' ``'‐⊃./. :,: : : O: i. :
: i ,'. . : :',      、,,_            ,.:': ,r'. : , : : !: :            
:,'/. : : . :;::'、     ゙|llllllllllllF':-.、       ,r';、r': . : :,i. : ;i : :     
i,': : : :.::;.'.:::;`、    |llllH". : : : :`、    ,rシイ...: : ; : :/:i : i:!::i:
;'. : :..:::;':::::;':::::`.、  |ソ/. : : : : : : ;,! ,/'゙. /.:::: :,:': :./',:!: j:;:i;!;
i. : .:::;:'i::::;':::::::::i::`:.、;泙';‐ 、,;__;,/ノ  . :,/.:::: :/. : :/.:::i. j:;;;;;;;;
l .:::;:'::;':::;':::::::::::i::::i::`:,`'-二'‐-‐''゙_,、-.':゙/.:::: ;ィ': : :/.:::::i: j、;;;
21没個性化されたレス↓:2006/10/19(木) 20:29:43
悲惨だなw
22没個性化されたレス↓:2006/10/19(木) 23:25:47
705 :スレ主より :2006/10/19(木) 17:38:09 ID:ASS+bnHN
レヴェルゼロ→メイちゃん、テンプル騎士団スレ、奇形児スレ、正規の運命スレ、
あらゆる文化人、、、。人権問題戦慄の地獄スレ

レヴェル1→軍事スレ(→アボン)

レヴェル2→世界各国の、、、。ボランテイア、、、。異常心理スレ、犯罪スレ、奴隷スレ

レヴェル3→正攻法で性を扱うスレ、受胎スレ、正規の教育スレ、正規の歴史スレ、医療スレ、
科学関係ぶっちゃけスレ、

レヴェル4→自衛隊つまり、、、。警察(落ち)医療関係裏話ぶっちゃけスレ、
戦慄の占い地獄スレ、芸能、、(?)。アフリカ舞踊、環境スレ

レヴェル5→醜学、美学、実態学、、、、。サバイバル、、、(予定)。
何かあるんじゃないか?スレ(予定)

23あぼーん:あぼーん
あぼーん
24没個性化されたレス↓:2006/10/20(金) 00:03:04
一度、自分を酷い目にあわせた人間が、あやまってきた時、
そいつへの破壊衝動が、かえって抑えられなくなる。
25没個性化されたレス↓:2006/10/20(金) 00:04:38
更に向こうにいた自分の味方にさえも、破壊衝動が沸く。
26異常者:2006/10/20(金) 00:09:57
『自分』が弱い立場に居ようが強い立場(?)に居ようが、
相手への憎しみは変わらない。
自分が受けた物は、いじめとか、セクハラとか、そう言う物ではない。

最後には全てを破壊する悪魔にさえなりたくなってくる。
そして、夜、妄想にふけっていると、恐ろしい事を次から次へと思いつく。
27没個性化されたレス↓:2006/10/20(金) 00:41:55
アイシアのこと、永遠に愛し続けると決めたんだ
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/campus/1160720378/


お前ら分析してみろwwww
2827>:2006/10/20(金) 17:42:13
いいスレじゃん、賛成
29没個性化されたレス↓:2006/10/20(金) 22:05:05
てs
てs
てs
30没個性化されたレス↓:2006/10/20(金) 22:05:57
てs
31没個性化されたレス↓:2006/10/21(土) 20:49:17
と?
32没個性化されたレス↓:2006/10/22(日) 11:29:14
。。。
33没個性化されたレス↓:2006/10/22(日) 11:52:30
いやん
34没個性化されたレス↓:2006/10/23(月) 09:39:35
◆併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。
3534<帝国主義関係の事:2006/10/24(火) 04:04:51
11 :マドモアゼル名無しさん :2006/10/22(日) 22:59:51 ID:ZX4Ub3xO
717 :蟹蟹 ◆.lfIYLeACA :2006/10/22(日) 22:44:51 ID:3S0XIHUr
すげえここ!!!!
999で容量おーばーーーーーーーー
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1156636255/l50



36没個性化されたレス↓:2006/10/24(火) 16:03:32

       ,.r''-'''""'''ー-、_
    、r゛"   "'''' -=、,. ヾ''、
    ,r'          JISartヽ
  ri'             :.:::ミJISarti
.  l           :,::::ミJISart:i
.  l           ..::::::lJISart.
  ,ljii;;;,,,__ ; :,__,,.-_=_、ミ、::::JISart;:.、
.  r'´(へ)ヾ,_j''´つ`='ヽー.'::::::::::.r' i i
  l、  ̄ ,ノ .:::ヽ _,ノ  ..:::::::::::! l/
.  !  ̄ :'   ::::::..    .::::::::::::::! '!
   l    ヽ,_;::::::,:',_、 .::' .:;'::':i_,/
   ! r';"';';;;;,'':::;'';;::.:ミ.、::r ':;:r:: :!
   Y;;';.r‐'''‐'‐'':;';;:ミ ..:ミ:'::::'::::l 、
    'ヾ ",:,:';:: 、ヾ、 ミ、ミ:;:::::::;r':ヽ
     ミ'; ::';;:;:;:.,、:、;.、 r'- '´ ,:'::::へ
     ヾ'"!r;,'l;;rヾヾ''"   /:::::::::::::: :へ
       /しヾ' あ    /´:::::::::::::::::: :へ
    /'--,-r'l__,r '´ /; :::::::::::::::::::::::::`へ
37Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2006/10/25(水) 01:44:09
>>34
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1158993313/61n

のスレでも貼られてたそのコピペ、出だしをぐぐってみても2ch始め、
掲示板やブログの書き込みしか引っかからないんだが、出典が気になる。
世界史板などのスレで貼られた時は、

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1155543605/164n

このブログが同時に宣伝されている。

ttp://ameblo.jp/maokapostamt/entry-10017105196.html

他にも長いヴァージョンが作られているようで、

ttp://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=52210&page=8-1%201

これなんて意味不明で笑える。

>一、朝鮮漬の製作は厳に戒めて禁じること。
38没個性化されたレス↓:2006/10/25(水) 18:20:07
39没個性化されたレス↓:2006/10/27(金) 14:34:32

          _,,..,,,,_
         ./ ,' 3  `ヽーっ →今後、容量稼ぎの為→  、
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"



40没個性化されたレス↓:2006/10/29(日) 11:41:12
41没個性化されたレス↓:2006/10/30(月) 19:48:01
何、このスレは、今も昔も、未来も基本的に変わらないことを扱うだけだ、
単純な話。
42没個性化されたレス↓:2006/10/31(火) 18:48:53
43没個性化されたレス↓:2006/10/31(火) 20:07:56

                   _ , -―-、
              , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
                ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ みてごらんあれが心狸ガクとだよ
                   ):::  ....   \
                  /    ::::::::::::::::::ヽ
                  /      :::::::::::::::::|
                 /       :::::::::::::::::|
                 /        :::::::::::::::::::|
                /        ::::::::::::::::::::|
                |         :::::::::::::::::::::|
               . |         :::::::::::::::::::::|
          _ , ―-、|         /::::::::::::::/::::|
          \ヲ'⌒ヽ:|         /:::::::::::::::/::::::|
            ト`_ ノ::|        /:::::::::::::/::::::::|
           人;;;;;;;::::;:|        |:::::::::::::/::::::::/
          /γ  `:::::|       |::::::::::::/::::::::/
          / (  ヽ   :::|       |:::::::::/::::::::/   ふーん、なんだか
         {  }  }  ::|       |::::::::{::::::::/  異常なサルばかりだね
          | /   }   ::|       .ヽ::::|:::::::/
          } {  /   ::|       .ヽノ ::::/
          } |  (    :λ         :::|
         ( ヽ、 )    ノヽ        ::::|
          ヽ,   ~    〈  ト、_  |    ::::::ヽ、
          (     ,' ノ  |   |~7  ::::::::::::::`ヽ、
           ヽ,、,、,γ' ノ, -‐W~フ {  ト、:::::::::::::::::::ヽ、
          ∠____ト-┘z__,―' ̄Σ Z  ̄ヽ―-、_ノ
                    '―z_,┴'~
44没個性化されたレス↓:2006/11/01(水) 20:31:20
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  テレビ○○です。
| ちょ、ちょっと待って!
| 
|  
| え?CM?、、、ここでいったんCM入ります。
ヽ─v────────────────────────  
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / ^ノ^ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ


4543<:2006/11/03(金) 12:35:25
その通り。しかし、現時実はもっと凄まじい、、。
46没個性化されたレス↓:2006/11/05(日) 12:03:31
47没個性化されたレス↓:2006/11/08(水) 01:10:10
48没個性化されたレス↓:2006/11/08(水) 02:22:24
とりあえず
はっきりしているのは

2chのコテが100lメンヘルだということ
49没個性化されたレス↓:2006/11/09(木) 12:19:15
45、現時実→現実
50没個性化されたレス↓:2006/11/11(土) 00:01:29
51没個性化されたレス↓:2006/11/12(日) 07:29:03
スレを終えるのに最低2年はかかりそうだ。
52没個性化されたレス↓:2006/11/12(日) 16:58:01
http://www.sha-page.com/j/main/top.php?usr_cnt=53061
中卒でしょうかね?痛々しい・・・
53没個性化されたレス↓:2006/11/13(月) 10:56:40
54没個性化されたレス↓:2006/11/15(水) 16:27:15
55没個性化されたレス↓:2006/11/17(金) 14:31:37
5652:2006/11/19(日) 10:20:04
出世しそうな感じもするぜ、、。
57没個性化されたレス↓:2006/11/21(火) 09:12:53
58没個性化されたレス↓:2006/11/21(火) 16:29:00
異常・・・私の今置かれている環境、異常過ぎるんです。
近所に裏社会の関係者がいて、すべての生活が覗かれて
いるんであります。今に始まった事じゃないのですが
電話盗聴はされているし、家中盗撮までされている。
そして、自分の車にはGPSが付けられているみたいで何処へ行っても
、行く所皆、裏社会の権力の傘で組織的に監視されている。
当然、大社会問題になっているところですね。
頭に来るのは、私を精神的に痛めつけると、スケープゴーティング
するとです。向かえの家ですが、この家の親父の仕事の利益誘導を
してもらえるのです。今まで、痛めつければ痛めつける程、日曜出勤
などする位仕事が忙しくなってましたね。
59没個性化されたレス↓:2006/11/21(火) 16:32:05
言い忘れました。
今、私は無職の状態です。
60没個性化されたレス↓:2006/11/21(火) 16:43:50
犯罪者がいじめられた経験がある場合は
そうゆうタイプが犯罪者になると思わせようと
大々的に世論は叩いている印象があります
でも現実の検挙率は5割を切る
未解決事件に未発覚事件をプラスすると
犯罪者はいじめる側の方が多いのが自然である
例の将軍様のいる国のように嘘を複数でつけば
やったことも無かったことにできてしまう
61没個性化されたレス↓:2006/11/21(火) 18:04:39
それで?
62没個性化されたレス↓:2006/11/22(水) 17:04:33
63没個性化されたレス↓:2006/11/24(金) 09:36:36
64没個性化されたレス↓:2006/11/26(日) 09:44:43
65没個性化されたレス↓:2006/11/27(月) 09:14:16
暴力団
66没個性化されたレス↓:2006/11/27(月) 09:17:16
チンピラ
67没個性化されたレス↓:2006/11/28(火) 09:10:12
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  テレビ○○です。
| ちょ、ちょっと待って!
| 
|  
| え?CM?、、、ここでいったんCM入ります。
ヽ─v────────────────────────  
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / ^ノ^ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ
68没個性化されたレス↓:2006/11/28(火) 10:57:38
ボランティアぶっちゃけスレを見よ
69没個性化されたレス↓:2006/11/30(木) 13:34:42
70没個性化されたレス↓:2006/11/30(木) 14:23:44
4 :バリアフリーな名無しさん :2006/11/08(水) 00:43:35 ID:7bdN6LYJ
http://www.2chan.net/
5 :3< :2006/11/08(水) 00:58:53 ID:UOvm41BI
m(。。)m 、、、。ウィルスにご注意を。
そえさえ注意すれば役に立つチャンネルです。
6 :3< :2006/11/08(水) 01:00:35 ID:UOvm41BI
それと、こまめに、通報することも付け加えておきますw。めんどくさがらずに。
http://www.2chan.net/ →中川、タカボン、MIMI、あいこせんせ、爺、に要注意の上
12月1日より、軍板、2次グロ板(恐らく管理人が拒否でスレは不可能かと)グロ板、で
軍事スレ、障害関係スレ、犯罪スレ、奴隷スレの予定。07時00より、、、。

71没個性化されたレス↓:2006/12/02(土) 06:31:20
72没個性化されたレス↓:2006/12/02(土) 11:09:29
10 :探検隊:01/10/28 00:47

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/
73没個性化されたレス↓:2006/12/02(土) 12:26:43
   ______
   /        \
  /   ______\
 /  / __       \
 |  \     \     /ヽ
 |   /  ===\||/=/
 |   |   ヽ ●/  ヽ  ●)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∩\|     ̄   | |  ̄ヽ  <  アカンアカン!心狸ガクはアカンでー
 ヽ∂     _/(   |)  ノ   \____________
  ∪     /     ヘノ  ヽ              ,-v-、
   (_      /二二二/             / _ノ_ノ:^)
     ヽ   //    /              / _ノ_ノ_ノ /)
     \    \   ヽ             / ノ ノノ//
       \     ̄ ̄ /          ____  /  ______ ノ
     / i, ヽ─||||||||||\_____("  `ー" 、    ノ
  -ー'/  'i. ヽ、 ,二ニ/  \       ``ー-、   ゙   ノ
    /   'i、 /\ /    >       ( `ー''"ー'"
    \   'i," (__) /  /         \ /
74没個性化されたレス↓:2006/12/03(日) 10:24:13
75没個性化されたレス↓:2006/12/05(火) 07:56:12
76没個性化されたレス↓:2006/12/05(火) 09:01:15
異常・・・私の今置かれている環境、異常過ぎるんです。
近所に裏社会の関係者がいて、すべての生活が覗かれて
いるんであります。今に始まった事じゃないのですが
電話盗聴はされているし、家中盗撮までされている。
そして、自分の車にはGPSが付けられているみたいで何処へ行っても
、行く所皆、裏社会の権力の傘で組織的に監視されている。
当然、大社会問題になっているところですね。
頭に来るのは、私を精神的に痛めつけると、スケープゴーティング
するとです。向かえの家ですが、この家の親父の仕事の利益誘導を
してもらえるのです。今まで、痛めつければ痛めつける程、日曜出勤
などする位仕事が忙しくなってましたね。
77没個性化されたレス↓:2006/12/05(火) 12:25:05
274 :没個性化されたレス↓ :03/05/18 00:24
9 :探検隊:01/10/28 00:38
(1)★心理学って意味あるんですか?
http://mimizun.mine.nu:81/2chlog/psycho/piza.2ch.net/log/psycho/kako/954/954361834.html
1:【期間】2000/03/30(木) 05:30〜2000/08/06(日) 14:46
2:【レス数】216
(2)★心理学なんてやっていて恥ずかしくないですか
http://mimizun.mine.nu:81/2chlog/psycho/piza.2ch.net/log/psycho/kako/955/955300141.html
1:【期間】2000/04/10(月) 02:09〜2000/06/05(月) 08:51
2:【レス数】88
(3)★心理学は科学じゃない。
http://mimizun.mine.nu:81/2chlog/psycho/piza.2ch.net/log/psycho/kako/956/956539681.html
1:【期間】2000/04/24(月) 10:28〜2000/08/06(日) 15:43
2:【レス数】166
(4)★なぜ、心理学はこれほど否定されるのか?
http://mimizun.mine.nu:81/2chlog/psycho/piza.2ch.net/log/psycho/kako/957/957420220.html
1:【期間】2000/05/04(木) 15:03〜2000/05/22(月) 07:23
2:【レス数】79
以上まとめて、
3:【分類】厨房的反心理学論、心理学論。
4:【対象】専門、一般、厨房。
5:【難易度】やや難〜普通〜易〜厨房。
6:【厨房指数】3〜5
7:【内容】
この手の厨房スレは常に立つものだが、同じような時期によくも似たスレが立ったものだわ。
「臨床vs基礎」論争が沈静化したのは、皆が論争に疲れたこともあるが、
こちらの厨房的反心理学論に反応してしまったという点も見逃せない。
「臨床vs基礎」の図式が、「素人厨房vs臨床・基礎連合」の図式へと変化したのが興味深い。
途中からBFSと称する玄人っぽい人物が参戦するが、マルシンド氏のデビューではないかと思われる。
真面目にレスする御仁も今よりは多かった。
類似スレを立てたい厨房諸君は、その前に上記スレ群を読むことだ。疲れてその気がなくなるだろう。
78没個性化されたレス↓:2006/12/05(火) 21:18:26
10 :探検隊:01/10/28 00:47

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/
79没個性化されたレス↓:2006/12/06(水) 09:41:39
77サンクス
80没個性化されたレス↓:2006/12/06(水) 10:46:12
78サンクス
81没個性化されたレス↓:2006/12/08(金) 09:27:33
82没個性化されたレス↓:2006/12/08(金) 10:43:42
私は、ロールシャッハテストを遣りましたよ。
異常なしです。余計な金を捨ててしまいました。
というより、裏社会の人の思惑通りになっただけの話。
83没個性化されたレス↓:2006/12/08(金) 10:52:37
84没個性化されたレス↓:2006/12/09(土) 13:19:45
異常・・・私の今置かれている環境、異常過ぎるんです。
近所に裏社会の関係者がいて、すべての生活が覗かれて
いるんであります。今に始まった事じゃないのですが
電話盗聴はされているし、家中盗撮までされている。
そして、自分の車にはGPSが付けられているみたいで何処へ行っても
、行く所皆、裏社会の権力の傘で組織的に監視されている。
当然、大社会問題になっているところですね。
頭に来るのは、私を精神的に痛めつけると、スケープゴーティング
するとです。向かえの家ですが、この家の親父の仕事の利益誘導を
してもらえるのです。今まで、痛めつければ痛めつける程、日曜出勤
などする位仕事が忙しくなってましたね。


85:2006/12/10(日) 09:29:47
普通通報するでしょ
86没個性化されたレス↓:2006/12/10(日) 12:18:38
普通じゃないから異常なんだよ。
それに貴方は何十年も掛けて陰湿にスケープゴートされた
事あるんですか、それも相手は顔も見た事もない裏社会の人間、
スケープゴートの遣り方なんて貴方には、分かるはずが無い。

87没個性化されたレス↓:2006/12/10(日) 13:12:20
統合失調症かもしれん
放置
88没個性化されたレス↓:2006/12/11(月) 14:32:54
ああああああ・・・・ありがとう。
89没個性化されたレス↓:2006/12/12(火) 18:45:25
、、、、、、、、?
90没個性化されたレス↓:2006/12/13(水) 17:50:22

誰も私の今置かれている気持ちは分かるまえ・・・・
91没個性化されたレス↓:2006/12/14(木) 13:11:41
、、、、?
92没個性化されたレス↓:2006/12/16(土) 10:20:40
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  テレビ○○です。
| ちょ、ちょっと待って!
| 
|  
| え?CM?、、、ここでいったんCM入ります。
ヽ─v────────────────────────  
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / ^ノ^ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ



93没個性化されたレス↓:2006/12/16(土) 19:54:06
94没個性化されたレス↓:2006/12/17(日) 15:48:06
ギャ〜〜〜〜〜〜〜ア!

  人生♪勇気♪が♪必要だぁ♪
9594<:2006/12/18(月) 04:09:47
君は、20世紀の精神病院に貢献してる。  20  世紀   の、、、ね。
96没個性化されたレス↓:2006/12/18(月) 05:32:13
主な犠牲者は、資本主義者、知識人等であった・・・ この犠牲者の中には
飢餓により食べられたものがいるが、恐ろしいことに、他の理由でも
食べられていたものも居ると言われる。 その理由とは・・・
階級の敵を打倒したと言う事の誇りであり光栄という思想で人肉を食う
敵と思われないために人肉を食う 健康のため薬として人肉を食う <<

     ... ,             _,,,::r''^`ヽ、    
    ,i'             _,,ニ-ー'"s   ,べヽ.へ.   
   ,i'          ,、,r''"  _,,ィ   i ト、`.り ,人ヽ   
  ,i'           ,,r<ゝ`''ー''"  /,l ,!,!ss゙lリ,ィ'^ヾi゙  
  ,i'       _,,-'' s`sー-_,,,ンン,ノ/レ'   |  ゙lい   
  ,i' 、,,, ,,,,ニ-;フ' zニ彡 ,,ノ`ーラ-=フン'ノ     |   ゙リ   
   !〃,ィ,;ツ'' -ニZ彡ン 三三ミ`ー        ..|, 、、s/   
  彳〃;;  ,;ッ''「T7"~ ''"f'}}}l;i`'':    ,r;'ニミトゝヾsッ'   
  .|:::...;i' ィ'"  | l!'   'ー`='      i .i'}}}゙)ゞ,i'ss;"   
   |::::;! i':| ss!ヽ{             l `ー´‐' ,i's,リ
   l,:::|;;|;;i゙!、`ヽ`:、         _.゙    ,l〃ノ    
   ゙いs::|:|;l`:、_,r、         `ー '゙ .  |_リ'     
    `ヽ! ゙い,::!| `、      `く===ア  / ゲーテが自殺の流行を引き起こした
      siiい:゙|  ヽ、     `二´   / 本当の原因はこれですよ
      i ハsノ  .| `ー,,_        / 若きウェルテルの悩み「永遠に反芻する怪物」
           | 、  ゙''ー、_   ,,..'"
          /  ゙i.  ,- `''''"|
        /.へ\    `'i'´ ...|へ____
       /__,..‐-\\ハ    ''/-‐....,,..\_
     
97Mr.統合失調症:2006/12/18(月) 09:29:17

苦悩する羊
98没個性化されたレス↓:2006/12/18(月) 10:52:56
10 :探検隊:01/10/28 00:47

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/

〜●〜●〜● ロールシャッハ ●〜●〜●〜
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1122536136/
99Mr.統合失調症:2006/12/18(月) 12:23:46
統合失調症、この病気は精神分裂病と呼ばれていました。そして、
精神分裂病という病名は、本来「思考」と「感情」の分離とかなり
心理学的な意味に由来するものでした。しかし、一般の方々には
「分裂」という言葉から、「何か訳のわからない事態・状態」と
考えられる危険性もありました。そのこともあってまず家族の団体
から病名を変更するよう要望があり、2002(平成14)年に精神科医師
の学会で統合失調症と変更されました。
100没個性化されたレス↓:2006/12/18(月) 18:24:28
>精神分裂病という病名は、本来「思考」と「感情」の分離と

これは正しくない。
「思考」も「感情」もありうべき文脈から逸脱し,
人格の統合性が失われた状態を「精神分裂」と表現したのだ。
101没個性化されたレス↓:2006/12/18(月) 20:14:15
じゃあやはり意味論的なのか?
102没個性化されたレス↓:2006/12/18(月) 21:33:50
353 名前:北川和恵 :2006/12/18(月) 19:38:35
人のこころを生かすのも殺すのも心理学者。白心理学者は神。黒心理学者は悪魔。
白黒心理学者はパンダ。
103Mr.統合失調症:2006/12/19(火) 14:18:17

苦悩の毎日
104没個性化されたレス↓:2006/12/20(水) 06:24:35
105没個性化されたレス↓:2006/12/21(木) 12:38:10
まあまあ、落ち着けw
106没個性化されたレス↓:2006/12/22(金) 07:59:44
         __,,,,,,,,,,,,,,_
      ,,-‐''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐ 、
     〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;心、
    ,〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐''  ヾヽ
   ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐''''      ヾヽ
    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;(          ヾ!       !   .  , ,      .
   ゙i;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ       ,-‐''''´`i      ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1
.    i;;;;;;;;;;;;l  r‐''''' ̄`i^! 〜  .l        )
.     r‐.v=====l  〜 .ノ .ゝ、_,,,,ノヽ ‐=、´ シャワー浴びて来いよ!!!
     ! .ヘヾ|   ヽ.,,,,. -''   )ヽ.  |     )
     ヽゞヘ     ノ ゝ--‐'' _,  ノ     , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!
     ヽ人     ---‐‐‐'''. ノ . /     ´ i   '   ´  `
        ヽ,,_    ` ‐--‐''  /
          `'''''‐.,,,,,,,_____,,,,ノ
107Mr.統合失調症:2006/12/22(金) 09:47:46
はぁっ・・・はいっ!
108Mr.統合失調症:2006/12/22(金) 15:13:01
電話盗聴、盗撮、電磁波盗聴、車にはGPS、私立探偵、裏社会に
スケープゴートされると金はふんだんに使い何でも遣りますから
ね。今、自分がこうしてパソコンを使い2ちゃんねるの掲示板に
投稿しているのも全て監視され覗かれている。社会を巻き込む、
この異常極まりない騒動になるまでには、今までに長い年月が
経っているのです。ここ静岡県藤枝市稲川に引越して来たのは、
今から約30年近く経っていますね。ここに引越して来てから
数年経ってからおかしな事に度々遭遇した事を今思い出します。
私はまさか数軒向こうの方に裏社会に関係する人がいるなんて
思っても居なかったので、挨拶をしないとかの小さいトラブル
を起こした事が、炊きつけされてしまったのか、裏社会の人に
目をつけられ、今の異常な環境に至る。
109:2006/12/23(土) 05:31:08
ブルジョアの悪質な権力体制を念頭に置けば、それは不思議な話ではない。
早く気付けば、損害はすくなかったろうに、にのテツは踏むことのないように。
世の中、絶対はない。
110没個性化されたレス↓:2006/12/23(土) 15:18:00
まさに異常心理スレ
111没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 01:50:40
111GET
112没個性化されたレス↓:2006/12/24(日) 17:36:41
個人において狂気は稀だが、集団においては通例である。
113没個性化されたレス↓:2006/12/25(月) 01:41:54
112<文明の発達は進化における狂気によって成り立っている。
114没個性化されたレス↓:2006/12/25(月) 09:43:03
確かに狂っていますね。
けもの道行く人居ます。
115没個性化されたレス↓:2006/12/26(火) 04:01:15
114<?
116没個性化されたレス↓:2006/12/27(水) 15:42:57
497 名前:無動機単独テロ 白からす黒ひつじ :2006/12/27(水) 10:59:19 ID:IcR5Vgj2

12月30日 午前1時から 

軍事スレ又は、軍事改革スレッド 軍板でスレが立たなければ正攻法の自衛、軍、危機管理スレ
のスレですることになるのでそこにアクセスして下さい。

奇形児 スレッド  敢行の予定

皆さん参加のご協力をなにとぞよろしくお願いもうしあげます。m(。。)m

m(。。)mm(。。)mm(。。)mm(。。)mm(。。)mm(。。)m

117没個性化されたレス↓:2006/12/29(金) 15:06:30
497 :無動機単独テロ 白からす黒ひつじ :2006/12/27(水) 10:59:19 ID:IcR5Vgj2
12月30日 午前1時から 
軍事スレ又は、軍事改革スレッド 軍板でスレが立たなければ正攻法の自衛、軍、危機管理スレ
のスレですることになるのでそこにアクセスして下さい。
奇形児 スレッド  敢行の予定
皆さん参加のご協力をなにとぞよろしくお願いもうしあげます。m(。。)m
m(。。)mm(。。)mm(。。)mm(。。)mm(。。)mm(。。)m

改→奇形児 スレッド  敢行の予定   は 正規の奇形児スレッド  かえます。

明日午前1時ごろ立てて一気に1000スレ目指す予定ですが、参加されたい人は
きて下さい。  もしどの板にも立てられないときは、人権問題戦慄の地獄スレ
のスレで敢行することとします。

いやいや、7月ごろこのチャンネルで奇形児に関するまとまった内容をのせる予定を
していたんだけど、ちんたらやっていても仕方が無いから、一通りでっち上げていく
ことにしたが、長い道のりだった。このスレさえ完成すれば、自分としては他の
スレなんかどうでもいいって感じもする。実際、現時点で奇形児スレ立ては一回
拒否されて、2回はスレを途中で削除されている。ただ、そういうことや、奇形児を
けなす内容が多い意が、けしからんが、仕方が無く、無理も無いことも、内容を構成
するうちに解ってきた。正直これ以上の地獄を自分は垣間見たことはない。
自分が3日前、スレの内容を思い立った日に、予想外の大雨と雷があってパソコンが
壊れて新しいバッテリーごと使い物にならなくなった。その次の日、家庭用のパソコンが
使い物にならなくなった。やはり、何かあるかも知れない。 正月は六本木か赤坂で
一杯やりたいところだけど、正直ひまが無いから見送りになるねw。



118没個性化されたレス↓:2006/12/30(土) 01:10:43


502 名前:立ったぜ、、、、。 :2006/12/30(土) 01:06:49 ID:IqSkpOdK
■▲▼
【1:1】正規の奇形児スレッド
1 名前:白カラス黒ヒツジ 2006/12/30(土) 01:05:27 ID:y8PBAYyj
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった。

///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ

119没個性化されたレス↓:2006/12/31(日) 07:21:02
120Mr.統合失調症:2006/12/31(日) 13:45:32
121没個性化されたレス↓:2006/12/31(日) 20:39:25
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i    `ー'ノ i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|

  心 狸 ガ ク は オ バ サ ン の た め の ガ ク モ ン な の よ
122没個性化されたレス↓:2007/01/01(月) 10:41:50
511 :m(。。)m :2007/01/01(月) 07:52:08 ID:e/uhNSU8
皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今、朝っぱらから迎え酒をしておりすw。今年の初詣は行くことは
ないですが、元旦から正直忙しい。散りあえず当直の人お疲れさんです。


123Mr.統合失調症:2007/01/01(月) 17:36:56

みなし患者は辛い
124没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 18:30:33
,
125没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 19:13:40
心理学はオカルトそして学問ではない
126没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 19:16:28
たとえるなら星占いぐらいまぬけで親戚みたいなもの
127没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 19:34:15
俺もそう思う
バラバラにするのは所有物にしたかった???
これこそ根拠のない似非学問
こどもの答えだ
128没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 19:43:12
でも可能性としては考えられるんジャマイカ?
129没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 22:23:04
夢占いと同じジャマイカ?可能性ならなんとでも言える
細木オババと同じ
130没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 22:23:41
夢占いもそうだわな。
かも知れない と最後に必ず付け加えるなら許せる
131没個性化されたレス↓:2007/01/05(金) 22:24:24
夢占いも同類ジャマイカ?
必ず診断のあとには@かも知れない@と付け加えるならまだ許せる
132没個性化されたレス↓:2007/01/06(土) 12:22:13
133没個性化されたレス↓:2007/01/07(日) 04:53:00
レベル0
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50 めいちゃん
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50 人権問題戦慄の地獄スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160177251/l50 テンプル騎士団スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160213311/ 正規の運命スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/ 医療関係裏話ぶっちゃけスレ
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった
レベル1
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167836432/l50 軍事スレ
レベル2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/l50 異常心理スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1158107831/l50
世界各国の福祉の歴史と問題事件、現状を報告汁
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1160099882/1-100
犯罪スレ→もうずっと人大杉
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163041756/l50x 正攻法の正規の精神医療スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1160097370/l50 史上初、THE 奴隷スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1162851821/l50 ボランティア ぶっちゃけスレッド
134没個性化されたレス↓:2007/01/07(日) 05:01:03
レベル3
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eromog2/1160174191/l50 正攻法で性を扱うスレ 
→子供はだめ! そのうちBBS  PINK板以外の板に立てる予定のこと
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1160213159/l50 受胎スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1160098720/ 正規の教育スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158112520/ 正規の宗教スレ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/kampo/1160177679/ 医療スレ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1160177875/ 科学関係ぶっちゃけスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1168066844/ THE 歴史スレ
レベル4
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1156634720/
正攻法の自衛、軍、つまり、危機管理スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/police/1162856514/
正攻法で立ち上げる警察応援スレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1155259024/
鑑定依頼者必見、戦慄の占い地獄スレ
http://tv9.2ch.net/test/read.cgi/geino/1162862119/
一般芸能人叩きスレ(海外、ハリウッドも含む)
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/soc/1162863381/
何でも、内部告発関係、ぶっちゃけ叩きスレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/atom/1160230399/
THE 環境スレ
135没個性化されたレス↓:2007/01/07(日) 05:02:00
レベル5
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/drama/1160213678/
アフリカ舞踊(けにあいんそら???)スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1162854167/
究極のさばいばるすれっど
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1162864433/
何か、あるんじゃないか、、、?、、スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1162852977/
正攻法で正規の文学をぶっちゃけるスレッド
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/ruins/1168062447/
醜学、美学、実態学
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1163900538/
AAぶっちゃけ何でも保管スレ
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1168065774/
ほんまかいな !?  事実検証スレッド
正攻法の正規の立法 → 管理人のケチ 





136没個性化されたレス↓:2007/01/07(日) 05:10:48
ニュース板のほうがよっぽど深い議論してるのがちょっと悲しい
137没個性化されたレス↓:2007/01/08(月) 03:00:24
【雑談】何切るスレ住人ヲチ34【煽り合い】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/mj/1167998877/l50

こいつを助けてやってください
138没個性化されたレス↓:2007/01/08(月) 18:47:22
,
139没個性化されたレス↓:2007/01/10(水) 02:48:23
90 :986のスレと918のスレをよく比べてみると、、:2007/01/10(水) 02:36:25 ID:IUyRs2dY
123 名前:↓918のスレは過去ログに注意! :2007/01/10(水) 02:29:51 ID:WxgsTgJB0

986 :小春日和:2007/01/09(火) 23:44:16 ID:od4tGzYY
∧w∧
(  ゚∀゚ )<アヒャ!次スレタテレチャッタ!

(  ゚∀゚ )<激しく叫びながら雑談するスレ41ギリギリ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1168353804/






630 :マドモアゼル名無しさん :2007/01/10(水) 02:18:56 ID:6QrAN6gA


918 :BO女蟹蟹 ◆.lfIYLeACA :2007/01/08(月) 11:17:17 ID:h2vOgMzx
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1168222600/l50
スレたっちゃったよ

140没個性化されたレス↓:2007/01/11(木) 23:24:50
141没個性化されたレス↓:2007/01/13(土) 17:37:17
,
142没個性化されたレス↓:2007/01/16(火) 04:46:59
,
143kodzura:2007/01/16(火) 10:15:29
恐らく害になっても益にはならないだろうに

異常から逃げずに逆に寄って来てしまう

それはあるいみいじょ〜しん〜り〜♪
(「ある意味恋の呪文」の節で)
144没個性化されたレス↓:2007/01/17(水) 16:22:59
,
145没個性化されたレス↓:2007/01/20(土) 04:49:05
,
146没個性化されたレス↓:2007/01/20(土) 15:06:01
>>1
147没個性化されたレス↓:2007/01/21(日) 16:21:41
?
148没個性化されたレス↓:2007/01/22(月) 03:47:30
,
149没個性化されたレス↓:2007/01/22(月) 04:39:42
腹黒い人の心理ってどうなんですかね?
もちろん仕事とかそういう営利的なものではなく、プライベートで。
例えば恋愛における女性ってやたらと無駄に腹黒い人っていませんか?
ただ腹黒いだけでなく腹黒いことを自分のステータスだと思ったり。
恋の空騒ぎとか見てると、自分の腹黒さを嬉しそうに語ってる女性がいっぱいいますよね?
自分が腹黒いことを陰などで必死にアピールしているように見えます。

自分の見解では、女性は精神的に弱いから、男に騙されたりとか人に裏切られる経験を経て傷つき、自分が騙す側になることで人の汚さの恐怖から逃れようとしているといった感じかと思います。
ようするに、恋愛とかにおいて腹黒い女性はむしろ純粋で繊細な傷つきやすい心を持っているということです。
どうでしょうか?
150没個性化されたレス↓:2007/01/22(月) 04:53:37
バカ
腹黒いとはそんな甘いもんじゃないよ
151149:2007/01/22(月) 05:05:32
ではあなたの言う腹黒いを教えてください。
少なくとも女性の恋愛における腹黒さは見え透いた低次元のものとしか思えません。
そしてそういった女性達はなぜ自分が腹黒いことをアピールするのか。
152没個性化されたレス↓:2007/01/22(月) 05:10:33
発掘あるある大事典U 納豆捏造謝罪
http://www.youtube.com/watch?v=shIXiYk_NAA
局アナに頭を下げさせる卑怯な関テレ上層部
153没個性化されたレス↓:2007/01/23(火) 16:15:03
154没個性化されたレス↓:2007/01/23(火) 19:41:52
,
155没個性化されたレス↓:2007/01/25(木) 07:18:58
,
156没個性化されたレス↓:2007/01/25(木) 16:21:02
あのー・・・
お時間あったら宗教板(特にキリスト教関連)のスレなど考察なさってくれませんか?
個人的には最もカルチャーショックを受けた板なので・・・
157没個性化されたレス↓:2007/01/27(土) 03:58:52
78 :切れたの10度目や :2007/01/27(土) 03:55:15 ID:5FXwn2Ox
659 :3時間で電源8度も切れやがった。:2007/01/27(土) 03:39:39 ID:0UdUitLc
レベル0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1161514700/l50 めいちゃん
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/court/1156631083/l50 人権問題戦慄の地獄スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160177251/l50 テンプル騎士団スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160213311/ 正規の運命スレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/l50
あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ
http://society5.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50
医療関係裏話ぶっちゃけスレ
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1169534026/
め  い  ち  ゃ  ん




158没個性化されたレス↓:2007/02/03(土) 02:53:28
www
159没個性化されたレス↓:2007/02/04(日) 08:53:48
160没個性化されたレス↓:2007/02/05(月) 21:07:04
,
161没個性化されたレス↓:2007/02/06(火) 10:59:44

私は静岡県藤枝市稲川に住んでいます。

ここの異常な環境には、うんざり来ています。
162没個性化されたレス↓:2007/02/07(水) 09:08:18
,
163没個性化されたレス↓:2007/02/07(水) 23:38:15
                         ry、
                        / / }
 ぬお、おおお、おおお!       _/ノ.. /、
   ,,,,,,,,;;;;;;;;;;:)ノ,,,,,,,,,,,,          /  <   }
  彡三三三川川;;;;;;ミ         {k_ _/`;,  ノノ パンパン        
  | \   / 川|ミミ         ;'     `i、 
  | ◎---◎ ‖ |‖\_   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  ノ   ε   ‖川川    ̄ ̄ ̄ ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 (  ∴)д(∴  川川  心狸ガクト   .  l、  ノ   
  \     〜  川川川      /∴∴| / / \       
 ⊆ \   〜 川川川川     (     r,_,/   ☆        
     ̄ ̄ ̄/   / ̄ ̄ ̄ ̄ \  \_,-、
    ⊆ ̄ ̄ ̄  /          \ /  )
164没個性化されたレス↓:2007/02/08(木) 21:21:11
,
165没個性化されたレス↓:2007/02/08(木) 23:05:31
テレフォン人生相談
Tark Show Part 1
http://www.youtube.com/watch?v=P_Yxsycbhds
Talk Show Part 2
http://www.youtube.com/watch?v=P9Hjm2k7Wiw
敵意むき出し!教員歴38年のおばさんブチ切れ!
行政とマスメディアが上から庶民を見る色眼鏡!
しゃくにさわる!なんとかしなさいよ!
知ったかぶりなんかしないで!もうイイです!(電話を)ガチャ!!
・・・・。
ラジオ界の伝説決定です。
加藤先生の名言
『コミュニケーションできない人は、人間関係の距離感がありません』
加藤諦三 ホームページ
http://www.kato-lab.net/
166没個性化されたレス↓:2007/02/09(金) 19:10:45
記念に保存させていただきました。貴重な情報感謝です。
167没個性化されたレス↓:2007/02/11(日) 09:15:52
,
168没個性化されたレス↓:2007/02/12(月) 00:43:05
第37回首を獲る話 精神科医・斎藤学

 年明け早々に報道された2件のバラバラ事件についてはいろいろ考えさせられる。
バラバラにするのは持ち運びやすくするためと言うのはそのとおりだろうが、頭部の切り離しというところにひときわ関心が向いてしまう。
その行為に何か呪術的なものを感じてしまうのは私だけではないだろう。

 あの2件の場合、兄の妹殺しにしても妻の夫殺しにしても、加害者と被害者の関係は愛憎こもごもの密着関係にあった。
兄は妹の奔放な生活や鋭すぎる母親批判を憎んでいたようだが、真偽不明ながら、殺した後で舐めたり頭を抱いて寝たり、そうかと思うと頭髪を刈りとったりしていたという報道がある。
一方、妻の方の殺意は、既に離婚を決意していたらしい夫を意のままにさせたくないという強い思いから生じていたように思われる。
殴り殺したこと自体は衝動的であったにしても、それから遺体を処理するまでの5日間にはいろいろ考えたことだろう。
胴体と下半身は住まいのごく近くの渋谷や新宿に無造作に放り出しているのに、頭部だけは土地勘がなかった(かに見える)町田にまで電車で運んで埋めている。詳しいことはわからないが、何かありそうだと思ってしまう。

 首獲りという行為に愛憎が絡むということになると、連想するのはサロメである。皿に載せた洗礼者ヨハネの首を、美しい顔を幾分そむけながら見下ろしているサロメ。
ティッツアーノの絵が連想される。ヨハネを愛したのはサロメの母ヘロディアだ。
懸想を退けるヨハネを我が者とするためにヘロディアは夫であり、サロメの義父でもあるパレスティナ王ヘロデ・アンティパスにヨハネを捕らえさせた。
サロメを踊らせ、そのご褒美としてヨハネの首を所望させたのもヘロディアだったというのがサロメ物語である。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kokoro/century/
169没個性化されたレス↓:2007/02/14(水) 06:59:09
,
170没個性化されたレス↓:2007/02/14(水) 21:47:37
  こっちにいらっしゃい >>168
      _______________
      | _____________  |
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  ザー
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::| |
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::| |
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|
      | ̄「 ̄|  ||||||貞|||||||i ̄川リ ̄| ̄|
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|
        /    ||||||||||||||||||
        /    /||||||||||||||||||
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll
    / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l
    ノ川        ||l||l||ll
171没個性化されたレス↓:2007/02/14(水) 22:56:49
ベトナム戦争での米軍のPTSDは薬剤によるもの

幾つかのケースでは、7000人を超すアメリカ兵が、同意も得ずに「MKウルトラ」の実験にかけ
られた。「タブン」 「サリン」 「ソマン」といったナチスの致死化学物質を含む神経ガス、それに
「LSD」を含む精神化学薬品類が何も知らぬ志願兵にテストされ、これによって死亡した者や、生
涯不具になった者までいる。
この実験の最初の犠牲者となったのは、自ら人体実験を志願したジョージ・ドナルド大佐で、彼は「L
SD」を用いたマインド・コントロール実験の最中、死の欲望に駆られ、部屋でピストル自殺してしま
ったのである。
172没個性化されたレス↓:2007/02/16(金) 03:01:26
171<<その情報源は何処?

アメリカのスリーマイル島事件は、奇形児を作り出すことが

目的の人体実験だと、後でわかったが、その証拠となる文書が

公開されているにも関わらず、向こうの国民は、何も疑問を持た

ないんだよね、、、それは、情報操作で起きている事なんだけど

、、、、、、、。
173没個性化されたレス↓:2007/02/16(金) 03:03:19
ぶっちゃけ、アメリカ国民は、フセインに従った、イラク国民と同類

かそれ以下、、、、。
174没個性化されたレス↓:2007/02/16(金) 04:14:33
要するにアメリカの奴子さん達は気持ちよければ、それでいい連中や

ねん。それで成り立っているのだから、スリーマイルやケネディ

ークラスの事件の本当の黒幕は、アメリカ国外か特定の国に属

さぬ何者かである可能性が高いかも知れない。そのような機能を

アメリカが果たすのは、実は、大昔から予定されていて現在の

アメリカが成り立つに至った可能性はあるかもしれない。

少なくとも、ルネッサンス以前から予定されていた可能性が、

、、、。シャカやキリストやその他の文化人は、一見アホにも偉大にも

見えるが、、、後々考えてみると、非常に気色悪い奴が中には

いると感ぜられるときは、たまにある。非常に怪しい奴がね

今世紀中にスリーマイル島事件の本当の黒幕関係者は、残らず

つるし上げにする必要がある。

http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50 3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、 正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160177251/l50 テンプル騎士団スレ
175没個性化されたレス↓:2007/02/16(金) 15:03:00
1 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/15(木) 22:37:20 ID:gIZCPGDM
962 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/12(金) 06:52:38 ID:0wf1ypQR
最近近くに越してきた一家の夫が、どうやらコンクリ殺人の犯人らしい。
すでに町内はパニック状態で、
署名を集めて出て行かせようとしたり、その一家には何も売らなかったりとかなりの差別っぷり。
私はひょんな事からコンクリの奥さんと話すようになったんだけど、
引っ越しても引っ越してもストーカーのように追いかけ続ける人が何人もいて、移り住んだ地域の人達にソース付きでバラしてしまうらしい。
そしてそれは妻が子供を連れて別居しても続いてしまうので、離婚もできないらしい。

23 :おさかなくわえた名無しさん:2007/01/13(土) 11:33:58 ID:1ooRv/+3
前スレ962だけど、
全部本当だよ。日本も捨てたものじゃないね。
昨日、家にコンクリの奥さんから電話かかってきて、
「私たちの事、掲示板に書いたでしょう!」って言われた。
生活板住人だったみたい。
「どうなるかわかってるでしょうね!」って言われちゃったから、もうすぐコンクリにされちゃうかも。

63 :おさかなくわえた名無しさん:2007/01/13(土) 18:35:59 ID:1ooRv/+3
>>57
石川県。田舎を転々としてるみたい
リストの名字と一致しないから、たぶん婿養子なんだろう。
中学生の娘がいるからたぶん最後の人。仕事はしてないっぽい。
あと>>53、引っ越してきて直ぐの時にストーカーにそれやられてた。
ついでに市のサイトのBBSにも書かれてたよ。

5 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/15(木) 22:39:15 ID:gIZCPGDM
この事件を知らない方はここにあります。多分冗談だろ?と思いますが事実です。
これがあの震撼させた事件です
http://tokyo.cool.ne.jp/maromi/pic/jyoshikouseiconcretehannninnpic.htm
http://www5e.biglobe.ne.jp/~rolling/concrete.htm
http://2ch-library.com/news/concrete/
さらに恐ろしい事に主犯・宮野は2月2日に出所済。近郊の方、要注意!
176没個性化されたレス↓:2007/02/17(土) 16:41:28
学歴板や司法試験板なんかも異常心理スレ
177没個性化されたレス↓:2007/02/18(日) 04:44:32
178没個性化されたレス↓:2007/02/18(日) 14:59:08
宗教板が最も異常
教義も何も振り捨てて罵り合う信者ウザ
179没個性化されたレス↓:2007/02/18(日) 21:35:46
宮野は今どの辺にいるの?
180没個性化されたレス↓:2007/02/19(月) 12:21:16
静岡県藤枝市稲川での異常なスケープゴートの事をこの異常スレに
投稿したら2チャンから規制を受ける事になってしまいました。
2チャンも裏社会から何か言われれば、こういう事をするのだろう。
【もうずっと人大杉

 携帯 でのアクセスについて

 ■とりあえずスレッドを読むには■



 お願い。
 くれぐれもメールで問い合わせ無いようにして下さい。】
181没個性化されたレス↓:2007/02/21(水) 14:56:31
恐らく、差し押さえかと、、、、。
182没個性化されたレス↓:2007/02/24(土) 19:07:05
何故か、規制が無くなりました。
静岡県藤枝市稲川、異常レス
183没個性化されたレス↓:2007/02/25(日) 08:06:57
,
184没個性化されたレス↓:2007/02/25(日) 08:10:16
,
185没個性化されたレス↓:2007/02/26(月) 08:25:40
.
186没個性化されたレス↓:2007/02/26(月) 11:21:06
自慢げにヤフオク。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f55823773

馬鹿丸出し。
187没個性化されたレス↓:2007/02/26(月) 16:52:42
。。。
188没個性化されたレス↓:2007/02/28(水) 04:44:07
189没個性化されたレス↓:2007/02/28(水) 15:03:52
?
190没個性化されたレス↓:2007/03/01(木) 21:43:20
,
191没個性化されたレス↓:2007/03/02(金) 18:11:12
192没個性化されたレス↓:2007/03/07(水) 11:54:12
193没個性化されたレス↓:2007/03/07(水) 16:15:07
あたかも「敵」がいるかのように煽る

相手を精神的に追い詰めたいとき、よく使われる手段だそうだよ。
こういう策士には安心して相談できないよね。

よく政治家とか宗教家がやるらしいけど。
他はなんだろ。
194没個性化されたレス↓:2007/03/09(金) 01:46:13
つ管理職(経営者側)
195没個性化されたレス↓:2007/03/09(金) 15:08:22
196没個性化されたレス↓:2007/03/09(金) 16:57:57
197没個性化されたレス↓:2007/03/10(土) 14:28:37
へへへへへへへへへへへへ
198没個性化されたレス↓:2007/03/12(月) 12:54:32
,
199没個性化されたレス↓:2007/03/12(月) 13:19:39
この生き物は一体どういう神経をしているのでしょうか。
心理学に詳しい方、分析よろしくお願いしますです。
http://www.youtube.com/watch?v=DY70HHXy7ts
200。。:2007/03/14(水) 23:32:55
どっかの本で見たんだけど、アメリカのどこかのテレビ局のアナウンサーが生放送中、銃をぶっ放して自殺。
なかなかイケてる。
201:2007/03/15(木) 00:55:23
私は、別に、一国の総理や大司教がそういうことしても、

何も驚くことは無い様なタチでしてね、、、、。
202没個性化されたレス↓:2007/03/15(木) 11:04:19
FBIとかのぷろふぁいりんぐのやつみてるとうあーってなる
203没個性化されたレス↓:2007/03/15(木) 14:12:55
俺はもう駄目だぁ。。。
204没個性化されたレス↓:2007/03/16(金) 11:33:04
駄目じゃない、頑張れ(自作自演)
205没個性化されたレス↓:2007/03/16(金) 22:40:25
,
206没個性化されたレス↓:2007/03/19(月) 07:47:45
,
207没個性化されたレス↓:2007/03/21(水) 04:04:09
208没個性化されたレス↓:2007/03/24(土) 09:05:52
,
209没個性化されたレス↓:2007/03/24(土) 09:06:07
ホモサピエンスの時代は終焉を迎え、ネアンデルタール人のように消えていくのも時間の問題だ。
210:2007/03/26(月) 01:20:06


  ネアンデルタール人は、ぶっちゃけ、まだいるかと、、、、、、。
211没個性化されたレス↓:2007/03/28(水) 22:15:18
,
212没個性化されたレス↓:2007/03/28(水) 23:31:35
心理学的に見て
エアセックスって
http://news.ameba.jp/2007/03/3958.php
213没個性化されたレス↓:2007/03/30(金) 21:58:16
,
214没個性化されたレス↓:2007/04/02(月) 19:10:16
,
215没個性化されたレス↓:2007/04/05(木) 10:46:01
,
216没個性化されたレス↓:2007/04/08(日) 09:41:15
,
217没個性化されたレス↓:2007/04/09(月) 22:52:32
,
218没個性化されたレス↓:2007/04/12(木) 09:35:25
,

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html


220没個性化されたレス↓:2007/04/14(土) 23:05:20
,
221没個性化されたレス↓:2007/04/16(月) 23:24:11
,
222没個性化されたレス↓:2007/04/18(水) 19:38:14
,
223没個性化されたレス↓:2007/04/20(金) 23:13:49
,
224没個性化されたレス↓:2007/04/23(月) 10:08:28
,
225没個性化されたレス↓:2007/04/26(木) 20:35:42
,
226没個性化されたレス↓:2007/04/28(土) 10:20:12
,
227没個性化されたレス↓:2007/05/01(火) 09:34:34
,
228没個性化されたレス↓:2007/05/03(木) 23:09:45
,
229没個性化されたレス↓:2007/05/05(土) 23:59:56
,
230没個性化されたレス↓:2007/05/08(火) 08:32:28
,
231没個性化されたレス↓:2007/05/09(水) 09:36:24
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/l50x
何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]

232没個性化されたレス↓:2007/05/11(金) 07:46:59
,
233没個性化されたレス↓:2007/05/13(日) 09:49:55
,
234没個性化されたレス↓:2007/05/13(日) 15:29:33
川上宏 ひわきプラセンタ掲示板で まるさんと関西自称RQ女が大喧嘩して暴れてます
235没個性化されたレス↓:2007/05/15(火) 21:04:57
,
236没個性化されたレス↓:2007/05/18(金) 03:10:18
,
237没個性化されたレス↓:2007/05/18(金) 06:20:07
238没個性化されたレス↓:2007/05/19(土) 18:24:56
このスレッドそろそろ落ちます。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1169534026/

                           / ̄ ̄ ̄⌒ヽ  ヤッホーw、、、。
                           / {0} /¨`ヽ{0} < 只今参上ゅ!
                   アチュュー   /    ヽ._.ノ |  
                   ____./      `ー' /
                  )   __/.         / ̄ ̄ ̄~~)
                  (       /        / ̄ ̄~  (
                 ) ̄~ __ /         /~~ ̄ ̄ _)
                 )_ __ /       :  /~__ __ )
                (___  /        /__ _(
   ≡≡≡  ≡≡≡  )__ _ /       /__ _ )
    ≡≡≡  ≡≡≡ ) '  _/        /    __)
               (____/      / ̄__(
                    | 丶    ヽ./
                     ヽ      ヽ
                      \      \
                        \      \
                         /    丿 \
                        /   /\   \
                      /  /   \   .\
                     /  /      \   ヽ
≡≡≡  ≡≡≡ 丿⌒ ̄ ̄ ̄⌒   /  ノ⌒ ̄ ̄ ̄    丿
 ≡≡≡  ≡≡≡|_つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |_つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




239没個性化されたレス↓:2007/05/21(月) 15:23:12
,
240没個性化されたレス↓:2007/05/23(水) 13:25:23
,
241没個性化されたレス↓:2007/05/24(木) 18:42:24
 http://www.2chan.net/test/read.cgi?bbs=hobby&key=1179971010
     めいちゃん ライブラリー 一発目
   http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/l50x
     何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]
           

       , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}

242没個性化されたレス↓:2007/05/26(土) 11:10:16
,
243没個性化されたレス↓:2007/05/27(日) 10:48:26
,
244没個性化されたレス↓:2007/05/27(日) 18:05:05
これは、殺人犯の精神鑑定に使われた話らしい。

お父さん、お母さん、息子のある平凡な3人家族がいました。
ある日、お父さん が不慮の事故で亡くなってしまいます。
その葬式で、お母さんは何を思ったのか、
葬儀に 来ていたお父さんの会社のかっこいい人に一目惚れしてしまいます。

数日後、お母さんは自分の息子を殺してしまいました。
なぜ、お母さんは自分の息子を殺したのですか?
考えた人は下の結果に進んで下さい。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


「息子が邪魔だから」九十何%の人がそう答えるらしい。
そう答える人は正常らしい。
でもT・Mと神戸14才殺人犯はそれとは違う答を言ったらしい。
しかも2人とも同じ答。

「息子の葬式で、またあの人に会えるから」

結果はどうでした?







245:2007/05/28(月) 12:16:00



異常犯罪者の現実感覚は注意深く、深遠だねぇ、、、。
246没個性化されたレス↓:2007/05/29(火) 01:30:24

158 名前: ちゅらさん 投稿日: 2007/05/29(火) 00:46:10 ID:cadwzjfk [ Dsmok1DS81.gnm.mesh.ad.jp ]

子宮頸がんは子供を作らない人に多い。
子宮体がんは多産のひとにおきやすい。
まめ知識な。


こいつよほど医者になりたかったみたいだな。それも産婦人科医かよwww
247没個性化されたレス↓:2007/05/30(水) 06:59:17
,
248没個性化されたレス↓:2007/05/30(水) 09:38:13
アリの巣コロリってあるじゃん
蟻の行列にポンと置くと一瞬ビックリして列が乱れる
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る
そいつをマネして何匹も入る
毒とも知らずにツブツブを運び出す
一匹が一粒づつ
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい
一匹が一粒づつ丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ
せっせとせっせとせっせとせっせと
蟻さんって働き者だなと思う
俺も頑張らなきゃなと思う
次の日あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない
ほんとにいない
探してもいない
泣きたくなった


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください
信じるか信じないかはあなた次第です
249没個性化されたレス↓:2007/06/01(金) 14:58:48
,
250没個性化されたレス↓:2007/06/01(金) 18:05:47
            _., .,、._,r hh.、 y...u,_ 、 、.,.,
         .yl!).彳}゙.^゙冖^^^゙゙'⌒゙゙「{ .〕:!|ァ_ l.r.
       .rl!.「.゙.′            .゙.^゙「.|^|'!.,.ri,、  
     _,.u:l 「″        _,..vv-─--v、、.,__゙ ´「 リ゙ .r   ここか?
    .-i(┴^        ,.v‐ ′    i!、  厂^'ー、_ .'゙/   ニートが集まるスレは
  .,l|         .,.‐'゙r  '=,  .|ト!  ..     /_ ┘ _,
 .[.′     .,r(,,vv!冖h厂 _,、、、,_ ¨゙() .゙゙il|リ冖ミ(ミ,.l|/レ'
 .||    _,yr!^″    [.zli》ニ《)ミ|l;, |ノ冖ーu「.,zzzzy,ノ丁′
.!ミ   .yr(l「′     〔″    `.,i^   .〔.    )v)《フ
i|  __,/′.}     .    \,,,,,_,,,,,,vr″    .゙)z\,,,,,_,,,,,,,メ゙'ly
|゙/|レr》!  }     .}..       /,v--● ,、●u_:rフ'¬ー^″ ゙ミ
》゙|′ .ミ .|     .∨   ,、    {lzトrr┘ \从,,)     }:! .《   
}}.,rー ミ,,ェ    ,     .'|フ      .,,zu厶  ̄     ゙'^ l!
゙|从  》″    | r          -:(工ェ」zミv_   n.    〔
.》ト  .′    ∨       7vv=(干=─干ミl||l,_,z ″    》
.《l,_ .'|!                 .__     , . ゙̄..      〕
 《^¨′                 .゙冖'^^'''冖   v\    }
 [      、        .           〕   〔 .′ .」_ll′
 .|      | 」       ._}     ,,,,_,,,,, .hノ   .:| ,.. .,.トト 〕
 .}     .^′      ゙《, _,,,,_,,,,,,   ,,,,_,,,,,, .、,ノ ...厂、 .il
  }          _  .、 .゙゙'〜 .y,_      _,r;|¨ <、、‐ . ノ
  .{,         〔 」  ´ ‐ 「ilリiアアァァァ;lllllli(リ゙} ┌ 冫 .. .ア
   \        ∨゙ . _ .- . ' .`゙厂¨厂゙厂'. .゙ 、' .゙. ヽ ‐, r|
   .ノy           .´ 、 .: ' ..:  .、 ' ` ' _ . .冫  -. ',y;|^
251没個性化されたレス↓:2007/06/04(月) 15:38:45
,
252没個性化されたレス↓::2007/06/04(月) 15:51:54
表現を志す者にとって言葉とは御しがたい何かであり、
用いようとする一語一語には言いがたい匂いと翳りがあり、
語の繋がりには無限のあやと可能性がある。
253没個性化されたレス↓:2007/06/04(月) 15:53:43
,
254没個性化されたレス↓:2007/06/04(月) 19:48:54
電波企業リコーマイクロエレクトロニクス

(鳥取市の大手企業)

1993年以来、地元の人から不可解な態度を取れるようになり、精神的に参ってしまった。なぜか誰もはっきりした事情を教えてくれない。

心当たりは、1993年に聞いた異常な噂である。


以下の意味不明の噂について「何か」がわかれば御連絡ください。

 米村  メール

1993年、鳥取市のテスコという工場に勤めていた。社長の森良夫氏から嫌がらせを連呼され事実上クビになった。森氏からこの異常な噂を聞いた。森氏は山陰最大の工場鳥取三洋電機リビング事業部の北村氏から聞いたようだ。

「僕(米村)が鳥取市の大手企業リコーマイクロエレクトロニクスに報復した」という趣旨の噂。

報復の方法は、僕がテスコで休暇を取らなかった事だそうだ。

僕が休暇を取らない事で、リコーマイクロエレクトロニクスの社長を辞任に追い詰めたとも受け止められる異常な噂だった。

http://ricohm.bravehost.com/
255あぼーん:あぼーん
あぼーん
256没個性化されたレス↓:2007/06/05(火) 00:36:10
精神科医はまず症状を悪化させる薬を飲ませるんだってね。
親を殺した少年事件も金儲けが好きな医者の影響によるのものか?
257没個性化されたレス↓:2007/06/06(水) 19:51:49
,
258没個性化されたレス↓:2007/06/07(木) 12:40:45
上面はえらい物静かなんだけどWw
259没個性化されたレス↓:2007/06/08(金) 20:58:15
,
260没個性化されたレス↓:2007/06/10(日) 21:21:44
,
261没個性化されたレス↓:2007/06/11(月) 14:47:52
人の話を聞かない変な父親だったが
262没個性化されたレス↓:2007/06/12(火) 22:31:35


,


263没個性化されたレス↓:2007/06/15(金) 06:40:44
,
264没個性化されたレス↓:2007/06/17(日) 07:15:54
,
265没個性化されたレス↓:2007/06/18(月) 20:35:15
,
266没個性化されたレス↓:2007/06/22(金) 15:13:14
,
267没個性化されたレス↓:2007/06/26(火) 08:17:07
268没個性化されたレス↓:2007/06/28(木) 06:13:50
269没個性化されたレス↓:2007/06/28(木) 15:27:50
270没個性化されたレス↓:2007/07/01(日) 07:40:49
,
271没個性化されたレス↓:2007/07/03(火) 09:10:14
,
272没個性化されたレス↓:2007/07/05(木) 10:16:53
,
273没個性化されたレス↓:2007/07/07(土) 17:19:27
,
274没個性化されたレス↓:2007/07/09(月) 06:58:37
,
275没個性化されたレス↓:2007/07/09(月) 20:52:18
マンコそのものは、見られても触られても恥ずかしい部分だ。
お尻や胸、脇とかまで女には見られたら恥ずかしい部分は沢山あるでしょ?
その中でもマンコはダントツに恥ずかしい部分では?
ましてや、クリトリスは立ってる状態では裸であっても見えない部分。
クリトリスが見えてしまうのは、足を大きく広げられて
かつ殆どがマンコ(大小の陰唇)を広げられた状態に限る。
こんな恥ずかしい状態なのに、男に股間に顔を埋ずめられて
見られたくない恥ずかしい部分を舐められてるのに
それが気持ち良くなってしまうなんて、エッチなシチュエーションすぎる。
だからこそクリトリスを舐めるのは楽しいんだよ。
本当は恥ずかしい部分を見られて触れられているのに
快感に耐えかねている女性を見ると、ますますクンニに力が入る。
挿入は最後の最後デザートとして後回しにして
何度も何度もクリトリス舐めでイカせたくなってしまうものだ。

とにかくクリトリスの機能も存在もエロすぎだし
クリトリスを舐めるのも楽しすぎ!
276没個性化されたレス↓:2007/07/12(木) 14:04:26

男性器は女性器と違って丸見えだから気にするもの。
女どうしは友達の女性器については詳しく知らないでしょ?
でも男は、友達の性器は大きさや形や色など、互いに皆んな知ってるもんだ。
部活動の合宿や、遊びで温泉に行ったりと、見る機会は多々ある。
女は皆無と思うが、男は部活の先輩とかに無理矢理に晒されるなんて経験もする。

逆に自分以外の勃起したペニスを見る機会はない。
さすがに勃起しているところを知人には見られたくないし
男どうしでは勃起するような環境に無い。
勃起したペニスを見る機会は、女の方が遥かに多いだろう。
関係ない話をしたが、こういう感覚って女の人は知らないでしょ?
277没個性化されたレス↓:2007/07/13(金) 03:14:15
,
278没個性化されたレス↓:2007/07/15(日) 08:00:30
,
279没個性化されたレス↓:2007/07/17(火) 13:11:20

大開脚状態でガッチリ足を閉じられないように縛ってもらいましょう。
腰(尻)の下に枕などクッションを敷き詰めて
足を開いただけでなく、しっかりマンコを突き出した格好になるのだ。
クリトリスにはローター、そして電動マッサージ器も当ててもらう。
「あっ!ダメっ!イっちゃう!」
これだけで何度もイクはずだ。
さらに膣にシリコンゴムのチンポ型ディルドウを挿入してもらって
高速ピストンしてもらうんだ!
クリトリスと膣にダブルで激しい快感が襲う。
逃げようにも動けず、足も全く閉じられず、腰も引けない状態・・・。
足と同様に大きくマンコも開かれて、そこを突き出した恥ずかしい状態で
マンコだけを集中的に攻められる!
「も、もうダメッ!またイっちゃう!キャアー!!イク、イクーーーーッ!!!」
こうなると、マンコが喜びの悲鳴をあげて、マン汁と潮を吹きながら
何度も何度も絶頂に達する。
顔表情が歪んでしまうほど、強烈な快感が何度も繰り返し襲ってくるだろう。
攻める男が飽きるまで、そして女も心ゆくまで、何度でもイクがよい。
280:2007/07/18(水) 07:07:16


 異常心理のカテゴリーじゃない
281没個性化されたレス↓:2007/07/18(水) 17:16:18
>>279
電動マッサージ器を当てるのも忘れるな!
本当に電マは、マンコに当てる為に開発されたんだぞ。
肩こり用は表向きの用途なのだ。
その辺の開発と販売事情は、大人なら分かるだろう。
慣れていないとクリトリスにダイレクト当てると痛がる女もいる。
その場合は下着の上から当てればOK。
怖いくらいに女は何度もイクよ。
あまりに気持ち良すぎて動いちゃう女が多いので
開脚状態で縛るのをオススメする。
282没個性化されたレス↓:2007/07/18(水) 21:49:26

そもそもクリトリスの存在がエッチなんだよ。
医学的にも、快感を得る為だけにしか機能しない器官なんだから・・・。
そんなのが女のマンコのワレメの上部に付いてるんだよ。
これは舐めない訳にはいかないでしょう。
283↑ スレ違い:2007/07/21(土) 13:59:23
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eromog2/1160174191/l50 正攻法で性を扱うスレ 
→子供はだめ! そのうちBBS  PINK板以外の板に立てる予定のこと

のスレでやってくれ、、、。
284没個性化されたレス↓:2007/07/24(火) 05:52:27
,
285没個性化されたレス↓:2007/07/28(土) 07:26:50
,
286没個性化されたレス↓:2007/08/01(水) 06:13:56
,
287没個性化されたレス↓:2007/08/05(日) 01:45:10
,
288没個性化されたレス↓:2007/08/09(木) 05:50:49
,
289没個性化されたレス↓:2007/08/12(日) 09:32:57
,
290没個性化されたレス↓:2007/08/16(木) 19:19:52
,
291没個性化されたレス↓:2007/08/19(日) 22:39:16
,
292没個性化されたレス↓:2007/08/23(木) 10:19:04
,
293没個性化されたレス↓:2007/08/27(月) 06:24:41
,
294没個性化されたレス↓:2007/08/29(水) 02:08:26
_
295没個性化されたレス↓:2007/08/30(木) 16:03:09
,
296没個性化されたレス↓:2007/09/02(日) 22:03:28
,
297没個性化されたレス↓:2007/09/03(月) 01:44:04
【10月上旬】魔法陣グルグル再々アニメ化
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1184228762/
298没個性化されたレス↓:2007/09/03(月) 06:59:19
,
299没個性化されたレス↓:2007/09/06(木) 01:22:35
となりの「サイコ女」
http://news.livedoor.com/article/detail/3289168/
300没個性化されたレス↓:2007/09/06(木) 18:50:25
,
301没個性化されたレス↓:2007/09/10(月) 07:56:12
,
302ばかちょん じんしゅ :2007/09/10(月) 10:37:53
【本能】 = 先祖の人種 = 【種(しゅ)の違い 】 
   
 =⇒ トラブル回避。 
 =⇒  群(むれ・牟礼) = 国境の維持 
 =⇒  異人種の排除 = 国際社会が(保障する差別)。
303ばかちょん じんしゅ :2007/09/10(月) 10:42:32
こんな私も韓流の流行る二十年前までは、
大日本帝國時代と変わらないくらい、
コリアンに友好的な「親朝鮮」派で世の中の先を行っていたw
        
でも朝鮮人は、「そのような日本人は馬鹿」な「政治活動のえさ」であり、
民族や祖国の敵であった。
数々の失敗経験で日本人は朝鮮人から学んだ。
304ばかちょん じんしゅ :2007/09/10(月) 10:48:34
朝鮮人にも日本人同様に様々な顔があることを学んだ。
  
私のような日本人にとってはデータが無かった。
日本人の国なのに【理由無き「酷い目」にあうたびに悩み・・・】、
得意の専門分野を他の生徒よりも多く学び、
やさしく分類できるように整理ができた。
   
今では、日本人の誰もが、
“日本国内ではしなくてもよい「私と同じ悩み」を持たなくて済むようになる時代” が来た。
305ばかちょん じんしゅ :2007/09/10(月) 10:51:58
人種の違いがわからないために、世の中の残酷さを知ったが、
ソレは日本人ではなかった。
   
「日本国籍を持つ」朝鮮人であった。
    
これからの時代は、多くの悩める日本人の頭脳が「スッキリ明快」で自殺も減るだろ。
306国境の内側は 純日本人のための平和 なんだよ :2007/09/10(月) 10:54:12
心霊教養が無ければ心霊現象は1つもありません 
307没個性化されたレス↓:2007/09/13(木) 07:50:03
,
308没個性化されたレス↓:2007/09/16(日) 19:20:58
,
309没個性化されたレス↓:2007/09/18(火) 13:05:58
,
310没個性化されたレス↓:2007/09/22(土) 08:13:26
,
311没個性化されたレス↓:2007/09/25(火) 11:25:32

骨折してから4ヵ月後に一度だけ整骨院に行っただけなのに、
それで治療したと言い張るうちの母親。
治療は塗り薬のみ。

後でわかったが、母は変人奇人病人でした。
312没個性化されたレス↓:2007/09/25(火) 11:27:47
骨の固定は重要だと学びました。
313没個性化されたレス↓:2007/09/30(日) 08:58:35
,
314没個性化されたレス↓:2007/10/02(火) 09:04:18
315没個性化されたレス↓:2007/10/04(木) 00:16:12
,
316没個性化されたレス↓:2007/10/07(日) 21:21:39
,
317没個性化されたレス↓:2007/10/07(日) 21:22:44
,
318没個性化されたレス↓:2007/10/13(土) 22:19:50
このAAの元ネタ教えてください

///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /    
       ヽ ` ヽ、   `  .  /      
         _ 」,`ヽ、._  _/:',   
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、
319没個性化されたレス↓:2007/10/14(日) 19:13:11
嫌な人間をでっち上げて逮捕できればいいなと思う今日この頃。
320318>>:2007/10/14(日) 19:29:00
http://wing2.jp/~mangaaa/pukiwiki/index.php?%A5%EB%A5%D1%A5%F3%BB%B0%C0%A4%20%28%A4%BD%A4%CE%A3%B2%29
http://wing2.jp/~mangaaa/pukiwiki/index.php?%A5%EB%A5%D1%A5%F3%BB%B0%C0%A4
盗まれたルパンのベッキー
私は、男して使わして貰っているが、、、、。  マイケル・j・フォックス的にと言うかピカレスクロマン的と言うか、
サスペンス的と言うか、コスミック・ホラー的と言うか、まぁ、色々と、、、。
                    ,.-‐''ニ''ュ..、,_
                   /‐'ニ`` =-、 ヽ
                  /  ´     ヽ  :.',
                  //  / ハ',   ヽ,:::|
                  l.|////  _'、_l ;:.::.l|:l|
                  ||l/|ヲか! '´ィ::iぅ|:l::レ!イ
                 ヽト、!`'ソ  ^'´ノィ:リ'´ト:.、、
                   >、`ー‐  /::/ :::i、:::::::`ヽ、
                   /|‐' フヽ-‐'!:::/ /:: ``ヽ/:::ヽ
                   l ヽ!ヽ、/`ヽ -i ィ  、 /  :::::|
                   }, |  l    「/__ '、 ! .::/:>
      ='''''''ヽ、-、       ヽ!  lー---/   ` ヽ ::/:::l
   //     ヽ, ヽ      ',、 l:::::::::..{     `ヽ', :::::::',
   /:/        」 i      ヽ、 ト-::ヾ!    ::::::::ヽ ::::::::',
  /-'======rL」、       ト、 l/ヽ-',    :::::::::〉 :::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ Fl:',      ヽ  r--〉-',   .::::,-';;;;;',::::/
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::|! ヽ-イ::l      `ヽ! /、 ̄ ', , -';;;;;;;;;;;;;;;;l
321没個性化されたレス↓:2007/10/14(日) 21:31:21
>>320
     *      *
  *  ありがと♪  +  
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *
322,白からす黒ひつじ:2007/10/16(火) 03:05:12
318>>だんだん、女に見えるようになってきた、、、、。

髭とかは、省略されているものとして見て来たんだけど、、、、、。

威圧的なキャラクターとして特に使ってきたが、、、、結構、困るコピベだなw、、、。

内心では、少し、顎がしゃくれているイノキ的なイメージを込めてきたんですが、、、。

白いモビルスーツのガンダム的性格を持たしています、、、。マイケル・J・フォックスは、バイオレンスのカテゴリーにあれば、

良かったと思われる今日この頃です、、、。

これが、女だったら、間違えなくあっちの業界の素質の人かなと思うが、こういう、

血統書付きの犬のような女の人、警察署で見かけたことあります、、、。いかにも、

千代田区の霞ヶ関や永田町周辺から来てるブランドで固めたバリバリの官僚の業界の人って感じもしますね、、。
323:2007/10/16(火) 03:07:55
                 ,..-‐ ── -、
               ,.'´ ニ二 ニ _ヽ `ヽ、
                /  ,. '"´     \  \
              /  /     ,ィ   ヽ   `、
           /    // / | {   `、   }
            / // //ノイ/  |ト、   j    i
.            |l// /フ_二ヽ {! -‐l__‐\i     }
          |j | |バ({:i!j゚ゞ 〉  ,ィ';i!jゞ /      リ
          ゞ从 | `¨゙ ,'   `''''''´ リ ィ  jノ
             `{   く       jノjノ/
               `、 ゞ== ァ    ィフ'´
               \ `ニ'   /,イ´
                >-  ''´  ト、
               八ノ     ト、\
            ,. -‐'{  \      \/ ̄`ヽ、ベッキー

324:2007/10/16(火) 03:09:56



              ,、-ミ<二'二 ‐、
            /,-' -‐-` `   ヽ,
           / /  ヽ、ヽ、_ヽ、    ヽ
           i   ',、ヽ>‐,''ヽ,ト\、`ミ`
           |!  ト、',\く( ;)'  \、ヽ:/
           ',  、!L ヽ `´    kヽ!
            ', ヾK'リ    ,    ,i ヽ{
             トヽミ ‐- r':::ソ  /  _ヽ、
       r;.、_      ヽ、._`´ ' ,、‐''' ̄ ヾ;、''`丶、
       `ヽ、 ´`ヽ、_    ` フ/彡     ヽ、   \
     ,.、-‐'´ l:.    `ヽ   /‐---、_     ヽ:、   '、
   r'',ニ-‐''.. 」‐‐2  :::r \/ニ==、   ``'−-、_...」   ;ヽ
   ヽ--‐'´ ゝr'_ノ::::::::、::,、‐'´    `>、._      ̄''''''┼',
          ̄ ̄ ノ{      ,-:<、_`>‐、,_     | ',
            / ヽ,   ,へ/ :::::::::::::::::::::::::`ヽ、   !  ',
       _,、‐//  .:::::::>'´  / ::::::::::::::::::::::         i
     ,-'´    .::::::::/ '、::.....i :::::::::::::::::::::::         |


325:2007/10/16(火) 03:11:59




       /     /      / | !  ヽ ' ヽ
      / / //    ,、‐' / / !. ',  ',    ',
     / / / /    /  //  ヽ:ト、 !  ! ', !
     / / /  / ///  /   ,、-ゝ ソ l |:l:||
     i/ |/ /:////フノニヽ'´ ゝ-‐彡=;、 ソ!./ /::ト!
     | // ///ハ/ゝゞソヾ    -ゞ-' シ//:/ L!    
      |:/|/! /トハn^ ̄  ノ     、-'´////  _
      | 」ト;lト|」トノ=ゝ、_ ヽ     ,、-'´ノ´ '"´
     /ヽ  ヽ、(::::)ハ、-l -==  -‐ソ´ /
    /       ト:-'´:: |::::| ´ `  / / /   _/
   i       ヾ==,,」_,rー-、,、-'´-'/  l,-    `'
   ',       r‐ヘ--ヘ、!  ,|'´ _ノ,-'´
   ヽ ,     '、_!:::|_、ノ  /-へノ
    \!     ノ  ヽ=ソ‘ー{ヽ   {´

326:2007/10/16(火) 03:13:08


  //  /    '´         \ヽ  l
      / /  /         / / ,イ l      l
      / / /    / ,-'´  /,イ / l |     l: l
      | /!:./    //, -'´/´ //   ', l:.    |::l l
      l | |/: , /  // -、‐'´  〃  _, -ー!ト、  ,;l||リ
      ヽ |::;/ l:: ////フ‐ ミ`ヽ /  ''´,r=‐ヽリ!::;イリト/、
    _,、-'' i:::|. l:::/n/ヽゞ'ュ「`  '    ヘr ュ-リ//' /   };;ヽ、
 .,、-'´;;l   ヽトヽ:トトハ       l       ノイノ   /;;;/ ヽ
/;;;;;;;;:::ヽ   `ヽ\ト、ト,     〈|       /     /;;;/   `ヽ
;;;;;;;;;::::::::::::\ `ヽ、_   ヽ    _ ,,,,,..   ノ  _,-‐ソ;:::/  、-、_ヽ'、
;;;;;;:::::::::::::::::::::\  ``''‐-、`ヽ、   ̄  , ‐'´-‐'"´ /:::::/    }==8',
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
――――――――――――――――――――――――――――
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
327、無動機単独テロ:2007/10/16(火) 03:38:59

どう考えても、318と323は、別人と思われますが、、、。 眼光が違うし、

男として使えば強烈な眼光を放つコピベとして使えるんで、、、、。

女としても、爽やかでボーイッシュなイメージで通るでしょうが、、、、。

特に、コメディーでもSF的領域にも通るコピベと思われます、、、。

現実に、男でも女でもこういう人は居ますが、見かけたら注意して下さい。

328:2007/10/16(火) 05:49:55
        ヽ         |.        |
          >        {    ほ   |
  小 な で   |           {    う.   |
  僧 っ か   |'''ー'`'''''"`"`'ー、{   :.  |
   : た  く  了,,  ,,,// ィ ,,,rr )       |
   : な       |从 lll",,," llllj '' `'ー、r- ''´
   :       /从从从iiiiiii lll从 ll ,,  '、
、        /lll|||'''从从:::''''""/"jj  }
 `lrー、_,、-、|lllll|、,,, l|||l从;;;;/''"'彡シ   }
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::    '彡:シ }
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,
 ,、''ヽ `'',、 '´`) `' 、ヽ:::::::::::,、-'´    ,、-''":::
329、ミジンコ:2007/10/16(火) 08:49:16
警察署で見かけたことあります、、、。いかにも、

千代田区の霞ヶ関や永田町周辺から来てるブランドで固めたバリバリの官僚の業界の人って感じもしますね、、。
>>
警察署や官僚の人の両方とも髪は長かった。警察署の方は、お嬢様風で県警に居た。
官僚の方は、少し血の気というか赤みがかってギャルっぽくて、三白眼かかって迫力のある感じだった。
恐らく、両方とも官僚関係の人と思われるが、こんな話めったにないし、普通、おかしい
と判断するべき事と思われる。大体、警察署や国会周辺にこんなやつが居られるというのは、
結構、困る話と思うが、、、。

、、、、????  どちらにしても滅多に見かけないが、、、。
330:2007/10/16(火) 08:53:46
       / ̄´´  ̄ ̄ ̄ ̄``ー、
                 (               \
                /                  \
               ゞ          ノ       \l
               ヽ  、' ー、,,ヽ;/,,,ー'''  ̄ノ   l、
               i ゞ      ) )       l    |、
               ミ ミ       ´´       彡    |
               ミ      、 ,,       く    |
               `,i ,'i;;,,..   O   ,,,,;;;;;;'''  ,ヽ/ヽ|
               ゞl ,,ーi;;i'''))ii、(〃'''''i‐i' ,,;ζ  i//ト/
               ヽ! ^ ̄`´ ! ヽ ̄ ̄ ̄    l) i/
                 !     i   \      /||ゞ|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ____」    `しっ         i,,/    | 
         /       ト    、),,,  ,     / \   |
       /         ト    ー―゛´    ,/ ̄ ̄ヽ  < 
_____/            |ヽ         /      \
      |___        |  、      /  ミ     \\___
      \  /        |  !ー―――(    ミ      ヽ
331:2007/10/16(火) 08:58:18
                  iiヽ|/   ,,::::: iリ" '"''")))"" ~~~~~ 彡",, 三彡 i)
                  、i(ミ/,,iii  i|""i" ::::  ノノリ       彡彡 ''"",, リ
                  iミ;iii{{iY|ッ ::)、リ:::::  /''"       彡彡 '''"",, )
                  Ciリ'iiijヽ,iit :::::::: ○ r'"        彡彡 彡 ツy'
     ,,、 -ーー ''''"""~~~~~ ""'|,| ミ|t、,、iiヽ、;;j"/,,r'" :::       、;;彡 ー'",,'' ア
   ,r'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ti =ヽミ-'ヽ、;リ  {iii'ー- - ー '''"'"彡::ヽ辷,ノノリノ
   |~ '' ー- 、、、;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::|   :::::~~~~ii 三ー、z=モ≦ヲご,、彡" リ: ,r"//,)
ーー 、,i :::::::::      |::::::::::::::::::::::i|    :::::: / '" ~~::::::~''~~-ー''"'" :://ノ,r'ー'こ'' 、
    t :::::::::      |::::::::::::   i'| :::::''''" /    ,,'''"       :::/、"ー'"t;;;   ̄ ~''''''''
ーー-- t ::::::::::     t   ,,,,,,,, リ i '::: !, '(⌒ __ ) ::::     ,::::'"_/(:: ::: ::::    ノ;;
:::::::::::::::t :::::::::      t;/::::::::::i :::i |i ヽ、'っ""''   "     " ,r"  ~i; :::: ::::   ヽ、;;
 :::::::::::::ヽ :::::::::     ヽ;:::::::::::::i ::i '  、 ,~' - 、 ,,,,,,,,      ,r"~'' 、 i:  ::::::::;;、、 、、、,,
:::::::::::::::::::::ヽ ::::::::::    ヽ;::::::::| ::::i  ::::~'ー、、、,,,      /i;;;;;;、,,,:ヽ::::... ,、-'~::::::::
::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::::    ヽ;:Y ::::::| :::::::::      ,,、- '":::::ヽ,"'、;;;;::::::/::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::::    ヽ :::::ヽ、, ''"   ,、- '" ::::::::;;、 -'ヽヽ、''/:::::::::::::::::::
332:2007/10/16(火) 08:59:47
                  ィ! ,/ムイ,-‐::::´ ̄`::丶.、
                 i/::レ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               ljV:::::::::::::〃::i!::i!::::::l!:::::::::;ィi:::::::::::::∨l| ,ィ
               トV::::::r!:{!ト'' Y{|/V!i l!Wi:/〃Yレ!/y:::::/:/
                 ヽ:::::ミ 、!j i从!:iィ { ' /´丿/ //彡:::〃
                   ∨`、:ト、ヾW::::Wj /! イ/ //;イ ;:ィ:/
                 V^:::{ _ヽ、:::::::!/:ノ/::::::::::;//彡:::ノ
                   ,⊥:ハ`^ヽ `'‐、彡-‐''" ,、 Z:ノ:/
                   ! rミy゙ Y´>、 /{{   _,rく=、^Y,ニi
                  >、ヘ   t:_:゚癶ハー'´'t_:゚;! ^ /!ノ∧
                 /  \   `¨´ j     ー' 厶イ  \
               /     {ヽ、   _'__,._ィ   ,イ   |!    〉
              /     iハ !` 、 `⌒^′イ /   l   |
            /       lハ ヽ   `ー '´ /ノ/     レ   !
          /          ! \ \     //    /  / !
          / `丶、        ー- >-'ー′   !  / ノ
            /     丶 \          r┐     //   !
        /         \ ヽ       {ノ     /    イ
        !            ヽ 、             /  / |
        !             ヽ           /厶-―< /
        |           ヽ     r┐  //-‐- ヽ、_ |
     
333:2007/10/16(火) 09:01:49
  .l゙   .|    ,|     |      |       i||    :::::::::::::::::::::::::::゙|
       l゙   .l゙    ||     ||       ||      i|゙l    ::::::::::::::::::::::::::::.|
       .,!    {___l゙l_____l゙l___.,l゙l____.i| |___..;;;;::::::::::::::::::::::::::.|
       .|    ::l゙ー―-----、,,,_          ._,,.――''''""" |:::::::::::::::::::::::::.|
       l゙    ::|  .冖''''''フ¬rニ"'ー       -''゙,,r''''"ヾ、 ̄,7 |::::::::::::::::::::::::::.|
       |     ::|)、 `'-、,|、::::: ,l゙.゙ヽ  、      /,,(_;;;;;;._ノ,,...'゙  |::::::::::::::::::::::::::.|
      .|     ::|.゙l    `゙''''''゚''"゙゛   |               |::::::::::::::::::::::::::.|
      .|     ::| .:゙l            |              .|:::: ::::::::::::::::::::.|
      l゙    : ::|ヽ.゙i、          l             ,i|::: :::::::::::::::::::::.|
      |     :: ::|;;;;`'┤         、 ,            ,/;;|:  :::::::::::::::::::::.|
      | |   :::::::|;;;;;;;;;ヽ                     ,/;;;;|  ::::::::::::::::::::::.|
      ..} |   :::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ                   ノ;;;;;;;|  ::::::::::::l::::::::.|
      .| |   ::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;\     --------      ,/;;;;;;;;;|  :::::::::::::|::::::.l゙
      .| |   ::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、    --      ,,/;;;;;;;;;;;;;;;;|  :::::::::::::|.,/
      .| |   ::::::::|―''''"゙^   ゚̄'r.        ,,/゙| ̄ ゙゙̄"''''|  :|:::::::.,/
      `'-、  ::::::::|   ._,,,.―‐'''''| .`'-、,、   ,,,/::::::: .|''―--、,,,,,|  :|:.,/゛
         `''
334:2007/10/16(火) 09:06:04
333の逆バージョン
                   ,/'イヘ,、ノイ 
                     /丶!  l| リ  
                  ,、, イ八,ィ〈シイ彡、  
                /|/ |!  | Y i | /|スイ!
                ト! ゝ、ト, ! 〕 , イ//」|
                ミミシ!`'ー'' 一'丶///
              ト|         },イ
               ヾ!ゝ=、 ,.=彳 /}/ 
                li ,二! 二 l|イ
             /l ! ト===イ〉!l|_  
                /!ース、 ゝ二ノ/ イト、ゝヘ- イァ
         、 _r::〈:: \ )ヽ三./i | に);:ヽ::
      __r'二ヘハ:: :: \:: \⌒)- 、 !,-( )l:: |:: ヽシ
     ,ゝ ,r‐' ̄`ヽヘ:: : \:: :\ _)  )' ヽ:!:: :|イ
     ソ'´     └、ヽ:: :: ヽ:: ::\ ゝ=イ    l:|:: !ノ
    Z/ ,'      / 厶 ヘ:: :: \:: ::ヽ  l     l:|:」'
    オ! ;        ヽハ: :: :: ヽ:: :: ', !    ヾ|!
   ヌ|_」   !     / 〉}:: :: :: :: ヽ:: ::', |,     |l
    /´   ゝ ' ´/丶!/:: :: :: :: :: ヘ:: ::lj    l:|
    /;'    / イ   /; /:: :: :: :: :: :: ::ヘ:: :!   _ イ:!
   /     〈 」  , /:: :: :: :: :: :: :: :: :: l:: | ´ //:」
  ,.'´     \!_/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヘ::! / /:/l=z、
 /、      ハ´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: l:|イ/::/ l} |',
335、333+334:2007/10/16(火) 09:08:18
    ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
336:2007/10/16(火) 09:11:55
   ノ⌒    ー-ミー、、、ミミ:: 、、ヽ))) )       、_r''''''''''""'''(,,,r、
"''''''"ヽ''"'''''''´(  ヾ ミミ ミミミミii '' リ)|)       〉   泣
          ̄|::ミ、、,ミ   人 从|  从     ノ
  な 流 二  (ミヽ:: ''、、)))ノ('iiレ|  iiリ},    <     く
  ら  し 度   了、、 ) 从リ";;;;;;;; i从 ))))   ヽ
  ぬ て. と   |t ii)リ";;;;;;;;;;;;;; ; ;  ミシ"ソ   <    な
  // は 涙   ("~ ;;;;;;;;|i;;;;;;;; ; ;::  ''ミ=''リ    .)   //
  ・・    は   /::~' 、 从|i;; ii从、ii'~''ヌ,ヽ=}iヽ   "'''' ー、.・・
    _      」ヽ 、、ヽ,, i|t|jj'"i彡ー、ヲ"', |:iリ,,、- ,、'"从;;ヽ,、-ーー、r''"
~{ヽ/ミ \r、_、( ~'jj、ヽ,,'、ヽツ/'('ヲ;;''~  t|:リ、,, //;;;;;;;/ ̄ ̄;;r'/;;;;
 ミ    ミツ 从'"''"';;;;;、ミ,,ノrッ-'~~:::::::::::  iレ;;;;;;;~'t;;;;;;;;;/'''''''i";//;;;;;;/
  こ ヽミヲ jjj/,r''''r=),、''~三::ヽヽ::::"""  iヽ;:;:;:; ';;、i;;iヽ==|(;|リ;;;;//;
  之 入''''ヽ   ""~::::::''':::''" ::ヽ'、:::    i;;ヽヽ ::::: 、,,| -丸;;~'、;;| {;;
   ((i:tt~' 、'、       :::::: '、,,,ミ;ノ;;    ,'i't;;;ti t ::::: ノ ,,レ"ヽ:::::ii
   ''ヽ,i、'、,,,,,,>,     "   ,;;='"z)   リ;| t;;i ,,、'"  ~~~´:::::;:;:;:
     ー| 'ー 、,,)、      ,,tf,、r '",r  /;;|  t;|(、、,,  ''')ソ(:::;:;:;''"
      ,r>、从 )::~''-、      :''";;''''  /;;;|i  || | )''" ((    /
    // /;;;|〉=iー::::::~' -、,       /;;;;;|ii  リ ソ 'i'ー、 ))   /从;;
   ,/ :::i |;;;;;;;|t tヽ::::::::::;;;;;:::~'' - 、,、- ";;;;;;|从 / /  r''''),,ノノ  (从;;;;
   / ::::| i;;;;;;;tヽヽ:ii::::::::::::::;;;;;;;ー-:::::::::::::::::i ;;/ / ,(`~iii"((   \;;;;
337、333 ↓:2007/10/17(水) 09:40:00
  ,':,:'.,';:,' ' .:.i..i'.:.;.', : :゙; : : :i',i : : : : : : : ,'.; : : ',','. :,:'.;..,; .; : : ';':,', .':,',
       ,:';:' .,゙;::;, .' : ',.!゙,:', ':,.::.;':,' : ',',;, : : : : : ./ ; : .,:',:゙ ,:'__;,;_; ; : : .;.';゙,゙, ',゙:,
       ,':,' ,'.,゙,' ',  ': ゙'!゙゙':゙,"゙'゙,'','';‐-,.';':,. : : .,:' _.;-;''';'":゙゙゙ ,;/ ;.,゙ :  ,:' ;゙,゙,゙, ',:',
       ,':,' ,;.,':,', ',  ' : ',:;;,'::..,',,,';',;゙;,、,;.゙:,゙:,.:.,' . ;'.:'_;'.'.:'-'-'==;' : ' ,; .; ',゙,゙:, .',:',
       V .,;゙.,':.'..', ゙:,, .' :゙:,ヽ.ヘ...!,,ノ_゙' ゙'  ゙   .゙ ..ヘ..゙..ノ;:",'' : ' .,:':  ; ;:',,゙, .゙"
       ,,゙ .!,.゙. :', : '';.,゙':.,: :':, ゙゙゙゙            ゙゙ .゙゙゙゙゙.,:': : ,:,::' :  .; . '".',゙,
 .      ,:,:  . : : ', ', : ゙゙::,.,_ ゙:;゙_:,_     .  i         ,:'::,,.,:゙'゙ : :  .,゙ : . . ',':      ,.:' .,
、゙:;.,    ,','   : : : .゙:, ' : : : `'','ヽ;,'::,_   ______゙_____,    :-゙,':'゙;'゙ : : : : .,' : : :  ':,':,,:   ,.;'
: :`゙'゙':.,_ //   : : : ;゙゙゙, ' : : : : ゙,::; :゙':..,   ゙'''==''゙    ,::';, : .; : : : :  ,' : : : : :  ,;':, ,.::',.
: : ゙''-:., '::.,, ゙:., : : : ,': : ':, '.: : : :.',.; : : : :'‐;.,,_     ,..:;'" : ;.; :,' : : : ' .,゙', : : : : : .,:',
: : : : : :` : .゙'゙、:,,_. :.,゙. : : : ', ' : : : ', : : : : ,'.゙',‐.':;;...;;;'゙‐''"゙:, : : ;::,' : : :  ,:゙.: ゙, : : :,.::'゙
: : : : : : : : : : . : .'ー:.,_. : : : ':,' : : : ', :、.;::,'‐゙:'",:,゙;:i;:',:,'‐:゙:".;-,、',' : : : .,' : : : ;.:‐'゙. : : ,.
338:2007/10/17(水) 09:42:53
\ _,,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;::;;/         ヾ、';;!           ゙、::;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;/─----
  ヽ 、゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;/_,、x' __      ゙、゙          ',,  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ゙、゙、';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''/ ´ ___ `''‐、_             ゙,', !;;;;;;;;;;;;;;x_,,
    'l,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.'   ,. -ァ===、 、 `      ,、-‐''''""''‐  l!./;;;;;;;;;;;;;=/
     'li,. \;/'ヾ;;;;;'.   、 l;;;lllll(,l!ヾ      ., _, ;-==;_、,   l;!;;;;;;;;;;、-'"    /
.     'li,  l '''、゙、;!.   `' ゙''=="        /. '/i::lllll;;l! `  /;;、-'"/     /
.     'l!  .',  l! l!.               l  ` ヾ--' '′/''l!:/ ,.'     ,.'
      'l!  ゙、 l!.               |         ./:: l:/ /    ../
      l!   ゙、.              - ノ       / ./::l.,.'    :::/
      ',   l!`'''-,                    /,ノ:::/    ..:::/
       l!   l 人.゙、      ______     ,'~ .l::;'    ..:::/
       l!  /f'  ゙、 ヽ     \::::::::::::::::::/    ,.'  l:;'   .:::::;'
       l! ,.' .|.   ヽ \     `''──'"    /   .l!    ::::;'
.       |/ l    \. `. 、    ─    ,.  '´    .|    ':::l
.       |:::::::/      \  `' -. ____, - '        |    ::!
       l!:::::/        `==- ''" 、-'"          ',
      .,'::/            ''"             l!
.      /ニ、_,,、-ー                _,、-──''""''ー-─''"ヽ
    _,,/  \__              __,,、-‐''"
339、338  ↓:2007/10/17(水) 09:56:10

      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´_ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ _ト(  ノ l (   \  |  |

340:2007/10/17(水) 10:03:07
       _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ私だったら、威圧キャラとして使うが
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ  決して、うほっ!とか言わない、、。
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
341、白からす黒ひつじ:2007/10/17(水) 10:07:04


332>>  後の事は、知らない、、、どうにでもなれ、、知った事か、、、?


340>>  これから、先の事を考えよう、、、後悔しない、、、、、。


342:2007/10/17(水) 10:22:06
http://dokoaa.com/yara.html    これ本当かよ、、、?
            
   r‐-、._ ,,. r─-、.,
       /"  ミミ/⌒   ヽ、\
      < 〃⌒ヾ ⌒~  \ )    
       x 〃⌒ヾ / ⌒ \))ソl
      ドミ~ト⌒   ⌒ヾノ/~イ彡;、    
      Yミ! ((⌒   :ヽリ/ |〃イ
      (ミ|  .Yi⌒  )),ソ  i彡゙;)   
     _l!ミ! r─-.V、, ,,.ノrェ--- j彡ィ
      !ヘl;|. ぐ世! t(イ,ィ '"世ン 「ヽ.    
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|      
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_.  
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\    。
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
343:2007/10/17(水) 10:27:06






///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /    
       ヽ ` ヽ、   `  .  /      
         _ 」,`ヽ、._  _/:',   
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、
これが、いかに、万能のコピベであるかと言う事が解ります、、、。男、女、英雄、賢者、変質者にも使える
と言う事が解ります。このAA製作者はとんでもない奴だと直ぐに解りました。
344:2007/10/17(水) 10:28:56





             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

これは、相当な人ですよ、、、、。一体、どうなってるんだ?
345没個性化されたレス↓:2007/10/18(木) 22:37:34
>>343
///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,ヽ.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ーr-‐ァ'   /
       ヽ ` ヽ、   `‐'´  /
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、
    / /  /    ',    /     .>-、
    / /   ト、_   ノ   /    /  /``ヽ、_
    i  |  ',    、_,、-'----/  /     `
    ヽ l   '、        /   /
酷評されてるそうな。盗まれたルパンは。
ニコニコで見てみた。個人的には面白かった。
346、白からす黒ひつじ:2007/10/19(金) 07:01:17
345>>そんなことを言っていると後でバットエンドに修正されるかもよw

333-339>>  ローゼン製作者は、2流。  宮崎は、一流の決定的証拠。

しかも、ローゼンの方は、地獄に真っ逆さまに落ちていく危険性と可能性も見え隠れしているので要注意、、。


         ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    
    |      |r┬-|    |     
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


347没個性化されたレス↓:2007/10/22(月) 21:14:34
>>346
.    ☆     `、ー-、    +  *
         _,ニ三≡=-, ψ
        '‐(*´д`*)´ / ゜  
   、_      <´<ハ>,フつ
.   ミ≡=_、_(,ノ(,, _,-、ゝ____ -、
.   彡≡=-'´ ̄ ̄`~し'ヽ) ̄  ̄ ゙̄"′
   ´
修正って…:(;゙゚'ω゚'):
まあ放送から3年も経ってるから大丈夫って思いたい
漫画原作のヤツでアニメになった時、思い入れがあるセリフをイジラレてたら
なんだかなぁって思う
最近ならカイジの利根川のfuck you!が違う言葉になってたり
あと野茂はウスノロ、羽生は根暗、イチローはいけ好かないマイペース野朗
も削除されてた。

ローゼン見た。10話までだけど
5話までみればハマルってコメントがあったから10話まで見たがはまりませんでした
地獄に落ちずにすみそうです\(^o^)/
348没個性化されたレス↓:2007/10/24(水) 21:39:31
      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ____ノ      
        /_ノ ' ヽ_\
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
349、無動機単独テロ:2007/11/02(金) 16:00:57
319>>   、、、、、、、、そうか、、、、、

 { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj    \
  ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l|     `''ー-ァ- ー ''"
  /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈
  /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、
 イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l
  ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ
    ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...      lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈
     |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''       l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|
    ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ
      l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、
350:2007/11/02(金) 18:01:17
351没個性化されたレス↓:2007/11/03(土) 17:53:00
何時からくだらないコピペ貼るスレに変わったんだ?
352没個性化されたレス↓:2007/11/07(水) 05:11:04
【ハンデ板】ダルマ【妄想癖】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1192818849/

353:2007/11/10(土) 20:38:39
,
354:2007/11/18(日) 18:48:34










http://mito.cool.ne.jp/detestation/ja123.html 曰く付きの墜落までの30分



355:2008/01/01(火) 18:55:31
356没個性化されたレス↓:2008/01/01(火) 23:25:29
              _, ,_
            ( ´д`)  あけおめ!
       _____(つ酒_と)___   
      / \        ___\   
     .<\※ \______|i\___ヽ.  < 岐阜高専対一関 引き分け (ロボコンNHK)
        ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  
        \`ー──-.|\.|___|__◎_|_i‐>
          ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄|
               \| テレビ台 |〜
357,:2008/01/25(金) 10:48:06
,
358没個性化されたレス↓:2008/02/29(金) 23:28:09
359白からす黒ひつじ:2008/03/22(土) 10:59:00

 ティシュナーの著作「テレパシーと透視」が出版された二年後の1919年、オカルティズムの仇敵ジグムント・フロイト
が、テレパシーに関する簡単な論文を発表した。ユングに語った「オカルティズムの黒い潮流」の所見からは、
想像も付かないことだ。抑圧された罪悪感と攻撃性を説明するにあたって、
テレパシーが副次的に必要となったに過ぎないと彼は弁明している。
 『精神分析とテレパシー』と言うその論文において、フロイトは、そのパラノイア的怒りを爆発させている。
「我々は、科学の発展に安らかに従事できないうんめいにあるらしい。かろうじて二つの攻撃の撃退に
成功し(ここで彼は、おそらく、ユングとアードラーと思われる背教徒的精神分析者に対する簡単な所見を述べている。
〔二人共にフロイトの門下であったが、袂をわかって独自の分派をたてた〕)、、、ようやく身の安全を獲得出来たと思いきや、
今、また新しい危険が生じた。それは、恐ろしくかつ根本的なところで、我々のみならず我々の敵にもより大きな脅威をもたらしている。

新しい危険とは、オカルティズムのことだ。フロイトは、自分がオカルティズムに反対するのは、もし、霊や未知のパワーに答えを求め始めれば、「無意識」を
理解しようとする精神分析者たちの試みが無視されるようになるからである、
と説明している。にもかかわらず彼は、私は、最近の所見を公表せずにはいられない、
(だが近しい同僚たちよ(この論文は彼らの間で極秘に回覧された)その所見は、
君たちの胸にしまってほしい、と語っている。


360白からす黒ひつじ:2008/03/22(土) 15:12:28


最初の事例は、妹に対して近親相姦的感情を抱いた若者に関するものだった。妹は、ある
エンジニアと婚約した。 兄とそのエンジニアはともに登山に行き、もう少しで遭難しそうに
なった。――フロイトは、それを無理心中の試みと解釈している。のちに兄は、生年月日を告
げるだけで占ってくれると言うミュンヘンの占い師のところへ相談に行った。(恐らく、占星術
師だろう)。兄が、義の生年月日を告げると、占い師は、彼が、7月か8月にかににあたっ
て死ぬであろうと予言した。この予言は、実現しなかった。しかし、義弟は、前年の8月
に、かににあたってもう少しで死にそうになったことがあった。フロイトは、この事実を若者
からテレパシーで受信し、義弟に対する「死の願望」として表出したのだろうと結論している。
361白からす黒ひつじ:2008/03/22(土) 16:38:03

彼が、続けて引用しているシェルマンと言うベテランの筆跡鑑定士、筆跡からその人の性格だけ
ではなく(大半の筆跡観者が読み取るような)、しばしば、未来をも予知することが出来た。
フロイトの筆跡を見せられたシェルマンは、これは度し難い亭主関白のものだと語った――自分は、
もちろんそんなものではない、とフロイトは憤然と付け加えている。しかし、弟子たちの多く
に対する彼の態度は、執念深く暴君的で、筆跡鑑定士の言もあながち間違えとはいえないところがある。
 フロイトは、更に別の事例をあげている。ある患者が愛人を囲っていたが、非常にむごい扱
いをしていたため、女は神経衰弱すれすれの状態だった。実は、その患者は、ある上流階
級の女性を愛していて、彼女から受けた苦痛をそのまま愛人にぶつけていたのだった。彼
は、最後に恨みを全て表出し、愛人と手を切ることを決意した。そのころ、彼は、愛人の
筆跡をシュエルマンのもとに持っていき、彼女が自殺寸前であることを告げられた。しかし、彼
女は、自殺しなかった。それは、シェルマンが若者の思考を読み、女が自殺を願っている事実を
読み取ったのだろう、とフロイトは推測している。
 フロイトは、論文の締めくくりで、弟子たちに次のように語りかけた。「思考伝達の問題は、
広範にわたるオカルト的な奇跡の世界に比すると、とるに足らないものに思えるかもしれない。
だが考えてみたまえ。この仮説だけでもすでに、われわれの現在の見解から見れば、容易
ならざるほど大きな一歩を踏み出しているのだ。」

362白からす黒ひつじ:2008/03/22(土) 16:39:10



もし、フロイトがこの確信を公にしていたならば、それはたしかによういならざるほど大きな
一歩となっていただろう。恐らく、アインシュタインと並び世界でもっとも有名な科学者であった
彼が、テレパシ―の実在を認めていれば、ティシュナーが1ダースの本を著すよりも確実に、科学界は、
真摯な態度でテレパシーに臨むようになっていただろう。この論文は、フロイトの死後までほとん
ど知られずに終わった。そして、さらに40年の歳月を経てようやく、おしもおされぬ地位
を築いたユングが、次のように宣言するにいたったのである。「この現象の真実性は、今日で
はもはや論争の余地が無い。私は、体験的に、テレパシーが古代より主張されてきたように夢
に影響しえることを発見した。
363:2008/03/22(土) 16:40:44


359-362>>  コリンウィルソン 著サイキックより、、、、。

364:2008/03/22(土) 16:45:34
365没個性化されたレス↓:2008/05/09(金) 11:06:55
虐待者のいるスレで 敢えて 改善を促すとしたらそういう言葉だろうか
366没個性化されたレス↓:2008/05/12(月) 18:24:21
367、白からす黒ひつじ:2008/05/20(火) 19:44:53

シュタイナーがアーリマンと敏感になられる件に関しては、異常心理の管轄でしょうな、、。

つまり、人智学のそれも、、、。

ローマのキリスト教も同じ事、、、、。

そして、ローマに続く、ヒトラー、西太后、ラッセル、ユングのMKウルトラ群も、、、。

更に本家たる、テオティワカンも、、、、。

368、白からす黒ひつじ:2008/05/20(火) 21:41:27

http://life9.2ch.net/psy/ 宗教板

http://academy6.2ch.net/pedagogy/  教育学板

http://academy6.2ch.net/sociology/ 社会学板

http://academy6.2ch.net/economics/  経済学板

http://science6.2ch.net/rikei/   いわゆる科学と技術

http://school7.2ch.net/doctor/  医歯薬看護

http://news24.2ch.net/manifesto/  政治

http://academy6.2ch.net/psycho/  心理学

http://love6.2ch.net/book/   文学

、、、、、。

369、白からす黒ひつじ:2008/05/20(火) 21:47:02
370、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:21:45
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178843043/450-464

130 KB


パウロのキリスト教、、、

物語の次のステップは、ローマ化したユダヤ人であるサウロの登場だ。彼は、ローマ市民となった際に
その名をパウロと改めた(一般に言われているようにキリスト教に改宗した時ではない)。それか
ら彼は、ユダヤ人解放運動の残党を殲滅するという任務を与えられた。

 彼がこれを開始したのは、イエスの磔刑から10年以上を経た紀元43年のことで、最初の
獲物の中にはイラクに逃亡することになるマンダヤ教徒も含まれていた。

 17年後、「ダマスコへの途上」で目が見えなくなり、それからキリスト教の主たる唱道者とな
った。これはシリアのダマスコのことではない。なぜならそこへ行ったとしても、彼にはなんん
お権限もなかっただろうから。むしろこれは、同じく「ダマスコ」と呼ばれるクムランのことだ。
ロマスとナイトによれば、彼がそこに向かったのはイエスの弟子ヤコブ、すなわち〈義人ヤコブ〉を迫害
するためだった。そしてこのパウロは、権力を取り戻すとともに、後に〈キリスト教〉と呼ばれ
ることになる教義になぜか熱狂的にのめりこんでいくことになるのだ。
371、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:28:44
ヤコブはたぶん面食らっただろう。自分たちを迫害しにわざわざクムランまでやってきた男が、
独自の宗教を作り上げた。そのうちに、この新しい改宗者の説教の内容を知ったクムランの人々
は、彼を「偽りの説教師」と呼ぶことになる。

パウロによれば、イエスの生涯には2つのヴァージョンがあった。パウロじしんんおそれと義人ヤコブのそれだ。
パウロ自身のそれによれば、イエスは神の子であり、アダムの原罪から人類を救済するために十字架上で死んだ。
このヴァージョンは異邦人、特にギリシア文化を重視する人々(たとえばローマ人など)に訴求するためのものだった。

パウロのイエスは一種のギリシアの神であり、自らの信奉者を天国に入れるために死ぬ。
 
ヤコブと彼の率いるナザレ派はまたメシア主義者であり、依然としてメシアを待望しており、
中には殉教した革命家であるイエスが死から復活し、ローマに対する反乱軍を率いると信じているものもいた。
(こうした過激派はゼーロータイとして知られることになる)。彼等の待望していたメシアは、ユダス・マカバイオスと同様、
正確なユダヤ教徒でなくてはならない。さらに彼らは――イエスがそうであったように――世界の終末は間もなくくる、
そして彼らだけが救われると信じていた。

 だがパウロのキリスト教――彼が異邦人に宣教した革命家であるイエスが死から復活し、
ローマに対する反乱軍を率いると信じている者もいた(こうした過激派はゼーロータイ
として知られることになる)。彼等の待望していたメシアは、ユダス・マカバイオスと同様、
正統なユダヤ教徒でなくてはならない。さらに彼らは――イエスがそうであったように
――世界の終末は間もなく来る、そして彼らだけが救われると信じていた。
372、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:29:58

 だがパウロのキリスト教――彼が異邦人に宣教したもの――は、さらに訴求力が強かった。私は「世界犯罪百貨」(1989)で次のように述べたことがある。

 「この新しいキリスト教のバージョンは、ユダヤ人と同様、異邦人にも訴求した。少しでも頭のあ
る者なら、ティベリウスの、カリグラの、そしてネロのローマを一目見れば、パウロの言う人間の堕落とは
何かを知ることができる。これらの好色な飲んだくれどもは、人類の堕落を示す生きた指
標だった。そしてまた、ローマの既婚婦人が快楽のために売春をしていたことは、エヴァもまた
アダムと同様に堕落していたことを示している。世界はローマの野蛮、ローマの物質主義、ローマの猥
褻に吐き気を催していた。キリスト教はより深い音を奏でている様に見えた――それは意味と
目的のヴィジョン、真摯さのヴィジョンを提供した。強きものにとっては、それは新たな覚知の
高みを約束するものだった。弱きものにとっては、それは平和と和解、不満からの開放、
謙遜への報酬のメッセージだった。そして万人にとって、それはカエサル王国の、磔刑と鞭打ちと、
恣意的な処刑の終焉を約束するものだった。キリスト教徒は、世の終わりの約束を望んだのだ。」

皮肉なことに、ヤコブのメシア主義に引導を渡し、パウロのキリスト教に勝利をもたらしたのは、紀元
66年のユダヤ人の叛乱だった。そのきっかけとなったのが――ユダヤ人歴史家ヨセフによれば、
少なくともその一つになったのが――紀元62年の、祭司たちによるヤコブ殺害だった。こ
の叛乱を鎮圧するためにネロは将軍ウェスパシアヌスを派遣せざるを得なかった。ネロが自殺すると、
軍はウェスパシアヌスを皇帝に担いだ。
373、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:33:02

 ウェスパシアヌスはローマに戻り、息子ティトゥスがイェルサレムの包囲を続けた。城の落城は紀元70年。神
殿は焼かれ、暴徒たちは――メシア主義者たちもその中にいたが――虐殺され、神殿の財宝は
ローマに持ち去られた。こうしてメシア主義者たちは全滅し、磔刑に処せられた救世主を拝むパウ
ロの宗教――それはすでに国外の異邦人に布教されていた――には競争相手がいなくなっ
た。それはやがて世界を征服することになる。



迫害者から加害者への変貌


キリスト教がこれほどの成功を収めたのは、世の終わりを説いたからだ――イエスは善と悪の最終
戦争(ハルマゲドン)を予言していた。それは説教を聞く人が生きているうちに起こると。つ
まり、彼の聴衆の中に子供がいたとしても、遅くとも紀元90年ごろより前に起こるとい
うことになる。

現在の基準から言えば、間もなく世の終わりが来るということを神から告げられたとい
うイエスは、妄想患者だ――叛乱を開始したときのユダヤ人が、ヤハウェは神殿に異邦人の魔の手
が伸びることをお許しにならぬ、という妄想に取りつかれていたのもまた同様だ。だが、
ハルマゲドンらしきものもなしに紀元90年が過ぎ去っても、誰もそれに気づかなかった。第
一、当時のキリスト教徒はかつてないほどに暴虐な皇帝の迫害を受けていた。彼は、ウェスパシアヌス
のもう一人の息子であるドミティアヌスでのもう一人の息子であるドミティアヌスで、自ら主なる
神を名乗り、彼が神であることを拒絶した数千のキリスト教徒を殺した。彼は96年
に暗殺された。
374、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:34:36

 その後の2世紀間、キリスト教徒の運命はさまざまだったが、迫害はたびたび繰り返さ
れた。――大衆を楽しませる為には、誰かをライオンの前に投げ出すのが最も手軽だというこ
とを、歴代皇帝はよく知っていたのだ。キリスト教徒のほとんどは、奴隷か抑圧犯罪者だった
ため、暮らし向きのいい人々は彼らに同情することなどほとんどなかった。

 小プリニウスは、キリスト教とは何かを知るために、二人の若い奴隷女を尋問した。この二人は
たまたま女輔祭だったが、彼は当然のように彼女らを拷問にかけた。彼は後にこれに関し
て弁明しているが、この拷問によって判明したのは、彼女らの信仰が「歪んだ果てしない
迷信」に他ならないということだけだ、という。大筋においてロマスとナイトもそれに同意する
だろう。

 教皇レオ10世もまた、これに同意している。ロマスとナイトによれば、彼は次のように述べた
という。「このキリストの神話は、我々にとって非常に役立ってくれた」。

325年、迫害を受けていたマイノリティであるキリスト教徒は、ほとんど信じられないほどの幸
運を得た。皇帝コンスタンティヌスが、キリスト教を帝国の公認宗教としたのだ。コンスタンティヌス自
身の説明によれば、ミルウィウス橋における重要な戦闘の前に空中に十字架が現れ、「この印の下
汝は勝利せん」という文字が見えたという。

 だが、コンスタンティヌス自身はキリスト教徒にはならなかったことからして、この話は疑わしい。
彼は終世、皇帝オウレリアヌスを始祖とする不敗太陽神の信徒だった。だが彼は勝利し――敵は義
兄の簒奪帝マクセンティウスだった――マクセンティウスの身体をティベル川に投げ込んだ。かくしてキリスト教徒
は、間もなく偉大な遺産を受け継ぐことになる貧乏人のような状況となった。
375、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:35:59

コンスタンティヌスの「改宗」は、完全に政治的なものに思える。その世紀には、70年の間に7
0人以上の皇帝がいて、その大半は暗殺された。帝国の全域で野蛮人が叛乱を起こしてい
た。284年に権力をつかんだ皇帝ディオクレティアヌスは、強靭な意志と暴虐な権力で帝国を束ね
た。彼は強靭な軍団を帝国の至る所に派遣し、これが駐屯する町や村には、彼らを無償で
奪うように命じた。臣民には空前の重税が課された。にもかかわらず、彼は帝国支配を輔
佐するための3人の別の「皇帝」を指名せざるを得なかった。彼が引退し、軍団を引き上
げると、帝国はたちまち分裂し始めた。

何とかする必要があった。そして何とかする方法を見抜いたのは、ディオクレティアヌスの「皇帝」
の息子の一人であるコンスタンティアヌスだった。たぶん、その霊感はミルウィウス橋の戦い以前に得たも
ので、だからこそ彼は、ヴィジョンを見たと主張したのだろう。彼は、帝国に必要なものは巨
大な軍ではなく、新しい宗教だということを理解していた。彼がキリストを選んだのは、母親
のヘレナ――ブリテンの女王――キリスト教徒だったからだろう。キリスト教はすでに帝国の至るところ
に広まっていたが、マイナーな宗教に過ぎなかった――臣民のキリスト教徒は10人に一人、だが、
ほとんどすべての町や村に、たとえ少数ではあっては彼らはいた。もしも彼らに力を与え
れば、あらゆる村と町に支持者を作ることになる。大きな都には司教をおくこともできる。

 この政策はうまくいった――だが同時に、コンスタンティヌスは新たな頭痛の種を抱えることに
なった。このおとなしい、平和を愛するキリスト教徒が、3世紀前のユダヤ人に匹敵する野蛮
さで、互いに内ゲバを始めたのだ。その争いの原因は、イェルサレムのそれとはほとんど同様だ
った――キリスト教との半数が、ほかの半数を「叛逆者」と見なしていたのだ。皇帝ディオクレティア
ヌスはキリスト教徒を迫害し、その聖典を放棄するよう命じた。多くの者は殉教よりもそち
らを選んだ。今や、妥協しなかった側のものたちは、裏切り者の処罰を欲した。
376、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:37:56

アルルで行われた宗教会議もこの仲違いを解決することはできず、困り果てた皇帝はビザ
ンティウムに逃亡した。この論争好きな狂信者たちに権力を渡してしまった愚行を後悔してしま
ったのは、間違いない。だが、ビザンチウムでも状況は似たようなものだった。ここでは論争
の原因はアレクサンドリアの司教アリウスの思想で、アリウスによればイエスは神の子であるが、彼自身では
ない、という。

 だがこのころにはすでにパウロによる空想的なイエス観がしっかりと根を下ろしていて、アリ
ウスのような合理的で穏健な見方は神に対する冒涜と見なされるようになっていたのだ。

 コンスタンティヌスは、この苛立たしい不和を永遠に解決してしまおうと考えた。こうして32
5年彼は、トルコのニカエアに会議を招集し、帝国のいたるところから教会指導者たちを呼び集め
た。彼は会議に同席し、キリスト教の厳密な教義を決定するように命じた。アリウスは議論に負け、
その思想は「アリウス派異端」として糾弾されることとなった。
彼は追放され、キリスト教の教義はニカエア信経によって決定されることになった。それによれ
ば、イエスは父なる神と「ひとつなる存在」であり、聖霊は哀れな第三位に置かれた。なぜな
らそれは父と子から「生じた」にすぎないからである。かくしてイエスは彼自身が好むと好ま
ざるとにかかわらず神となった――正統派ユダヤ教徒であったイエスにしてみれば、実に衝撃的
な教義ではあったろう。恐らく、真のキリスト教徒でもないコンスタンティヌスは、彼らが何を決めよう
とまったく気にしなかったが、何であれ結論が出て、内ゲバをやめて国の安全を驚かすこ
とがなくなるのを歓迎した(彼の娘)コンスタンティアはそれほど無関心ではなく、アリウスを追放か
ら呼び戻して復帰させようとした)。一方、彼の母ヘレナはきわめて貴重な人材となった。と
いうのも彼女は、「ユダヤの王」書かれた銘板のついた「本物の十字架」を発見したのだ.イエ
スが磔刑に処せられた場所も判明した。彼の墓もだ。ヘレナはまた、神が燃える柴からモーセに話
しかけた場所を初め、聖書に書かれた何十もの場所を特定し、そのすべてに教会を建てた。
当然ながら、そのすべては観光名所となった。
377、ミジンコ:2008/05/21(水) 08:38:53


 これは単なる始まりに過ぎない。ロマスとナイト曰く、「初期ローマ教会は、その定められたドグマ
に合致しない全てのものを破壊するという事実に着手した。真実は重要ではなかった。教
会が真実としたいものこそが真実なのであり、それにはんするものはことごとくが取り除
かれたのだ。」

 415年、総大司教キュリロス率いる暴徒たちが、金切り声を上げてアレクサンドリア図書館を焼き
討ちした。当時最高の数学者で、美貌で知られる女流学者ヒュパティアは、裸に剥かれた上に、
アワビの殻で肉を骨からそげ落とされて死んだ。それからキュリロスは列聖された。その後もロー
マ・カトリック教会は歴代ローマ皇帝すらやらなかったような非道をやり続け、さらに「コンスタンティヌス
の寄進状」と呼ばれる文書まで偽造した。これは、キリスト教会こそが、単に宗教的な事柄の
みならず、世俗の事に関しても絶対の権威を持つべきであると主張している。教会は権力
の味を知り、それを気に入った――そしてそれにしがみつこうと決めたのだ。
378、白からす黒ひつじ:2008/05/21(水) 18:36:56

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1160177875/235-238

ブラウンは考えた。もしも水とまったく同じ比率で水素と酸素を混合するなら、いわば両者は
喜んで結合するのではないか、つまり、爆発することはないのではないか、と。この発見
こそブラウン溶接機の秘密だ。2つの気体を爆発させるのではなく、縛祝させるのである。果
たして両者はほとんど熱を発することなく結合した。その結果、溶接炎は水の沸点よりも
少し高い程度の温度で燃焼した。

その程度の温度の炎が、どういうわけでタングステン棒を焼く事ができるのか?ただ推測するし
かないが、この水素=酸素の炎は何らかの方法で、タングステンと化学的結合をしているらしい。
ここでは水素と酸素の原子が元の状態を維持しているという。つまり、O2やH2という分
子を作ることなく、一個の原子のまま存在しているというのだ。だが、なぜ分子ではなく
原子が、タングステンのような物質にこのような説明不能の現象を起こすのかは明らかではない。

 ユル・ブラウンはまた、後の研究で、ブラウン気体が放射性廃棄物を完全に無毒化できることも発見している。
379、白からす黒ひつじ:2008/05/21(水) 18:39:39
 アメリカの実業家ボブ・ザルキヒとデヴィッド・エニスは、ブラウンの実演にいたく魅せられた。
彼等が見る限り、ブラウン気体がエネルギー革命を起こさないなどということはありえない。ガソリ
ンやディーゼルの代わりに、ブラウン気体で走る車のエンジンを造るのはたやすいだろう。それは石
油で動く製品よりはるかに安価であるはずだ。
 とはいうものの、ザルキヒとエニスにはブラウン気体の可能性を開発するのに必要な1億ドルを集
めることはできなかった。1時、米軍がこれに関心を示していたが、平和主義のブラウンがこ
れを軍事利用するつもりはない、というと手を引いてしまった。
 もはやブラウンは黙殺される運命かと思われたとき、中華人民共和国が彼にオファーを出してき
た。中国人によれば、ブラウン気体の最も有益な応用は、その爆発力にある。着火させると、
その体積は1860分の一に縮むのだ。つまりそれは、瞬間的に真空を作り出すということだ。
そしてこの事実はさらに海水を真水と塩に変えることができるということでもある。
なぜなら熱海水を完全な真空中に置くと、それは蒸気となり、塩およびその他の化学物質
が残る。この蒸気を廃棄ファンによって除去し、凝縮させれば、飲料水ができるのだ。
 1980年代末、ブラウンは北京を訪れ、内モンゴルの研究都市包頭(パオトゥ)に居を構えた。
そこで彼は研究所を与えられた。ブラウンはインスティチュート52と呼ばれる複合施設を誂え、20人
の専門家とともに仕事を開始した。その直後、ノーザン・インダストリアル・カンパニーがブラウン気体発生
器の製造を開始した。
 中国にいながら、ブラウンは自分の発明をアメリカに売ることを切望していた。中国当局との長
い交渉の末、ブラウンはとあるアメリカの企業にブラウン気体発生装置を世界に販売することを許可
する契約を結んだ。アメリカ人と中国人は、100万ドルの投資費用を折半することになった。だ
が、この契約は成立しなかった。中国人が割り当て分を前払いしたのに、アメリカ人が契
約を守らなかったからだ。
380、白からす黒ひつじ:2008/05/21(水) 18:42:51
契約が決裂し、中国人の心に疑念が生じたにもかかわらず、ブラウンは包頭で働き続けた。
その結果、中国の潜水艦はきょだいな真水のタンク代わりにブラウン気体発生装置を搭載するよ
うになり、また中国の科学者たちは放射性廃棄物をブラウン気体で熱処理するようになった。
 ブラウンは1992年に合衆国に戻った。自分のアイデアに投資してもらう希望を捨ててはい
なかった――彼は、今やアメリカ人を同胞と見なしていたのだ。だがそれが叶わなかった
理由は、彼の研究所へ行って実演を見た人間には理解しがたい。というのも、水を燃料に
するというアイデアは、蒸気機関からTVまで、あらゆる大発明に匹敵する利益を得られそう
だからだ。とはいえ、これらの大発明はいずれも何らかの障害にぶち当たった。
 ショーン・モンゴメリは、1996年4月にカリフォルニアのユル・ブラウンを訪ね、その障害のいくつかを理解
した。彼は、バンクーバーから車で南下し、ロサンゼルスで宿を取って、打ち合わせどおりユル・ブラウ
ンに電話した。驚いたことに、ブラウンはモンゴメリに向かって下手な英語で訳の解らない怒
りをぶちまけた。最後に、ブラウンのガールフレンドであるテリ・ヨークが電話に出た。彼女もまた同じ
ように怒っていたが、英語はよくわかっていたのでモンゴメリの話をちゃんと聞くことができた。
 実はブラウンの怒りの矛先はトロント在住の実験者で、モンゴメリは自分がその人物とはまったく無
関係だということを説明した――その人物は、ブラウンの指示に反して、「爆縮箱」としてプラ
スティック容器を用いたのだ。水素原子はプラスティックの壁を透過するので精確な比率が乱れ爆発の
危険が生じる。
 誤解を解いたモンゴメリは、ロサンゼルス郊外に車を走らせ、ついにユル・ブラウンその人と対面した。
ドアを出てきたのは魅力的で身なりの整った70歳くらいの女性で、その背後にブラウンがいた。
禿頭、眼鏡、短躯(約163センチ)、肥満。その後、居心地のよい中流階級の居間で、モンゴ
メリはブラウン自身の語る発明の話を聞いた。
 ブラウンの言葉は聞きづらかった。というのも彼のアクセントは、ブルガリアの子音とオーストラリアの母
音を混ぜ合わせたものだったからだ。語り口は穏やかで、しばしば呟きになった。だが明
らかに彼は自分の考えを説明するのが好きで、根っからの教師なのだ。
381、白からす黒ひつじ:2008/05/21(水) 18:47:22
 気がつけば両者はざっくばらんにテーブルに身を乗り出していた。メモや図表がテーブ
ルに山済みしたが、ブラウンはその間、片時も葉巻を口から離さなかった。その後、台所で紅
茶を入れながら、テリ・ヨークは教授との生活の不満を愚痴った。モンゴメリ曰く、「ブラウンは凄く苛
立ちやすい人物らしいんです。不幸なことに(まぁ彼のような人間にはよくあることです
が)、自分で自分を駄目にしているんです」。
 テリはブラウンが待ち望んでいたオファーを受けたときの話をした。彼の説明を商品化しようとい
うアメリカの大企業から持ちかけられた話で、彼にも莫大な利益をもたらされるものだっ
た。だが二人とも結局はおじゃんだろうと考えていた。以前にもアメリカの企業から似たよう
な話がいくつもあって、結局はポシャっていたのだ。最初は彼の仕事は大いに注目されるの
だが、会社の中である程度上のほうまで話が行くと、突然打ち切られてしまうのである。
 だが、そうはならなかった。むしろ逆に、その会社はかつての中国人と同じものを彼に
提供したのだ――研究室と気体の設備だ。ブラウンの問題はついに終わったかのように見えた。
 ブラウンが研究室長に就任する日、会社は彼を讃えるお祝いを行った。その後、スタッフみんな
で研究室に行って施設をお披露目することになった。
 だが研究室のドアに近づくにつれ、ブラウンが絶えず燻らす葉巻の煙に誰もが気づいた。皆
が当惑した。実はこの新しい研究室のようなエリアでは厳密な禁煙が定められており、保険法
と消防法の完璧な遵守が求められていたのだが、この莫大な発明家に対してそれを最初に
告げる勇気のあるものは誰もいなかったのだ。だがありがたいことにブラウンは葉巻を捨てて
踏みにじってくれた。
研究室に入る。皆が彼の反応に注目した。なぜならそこは、いわば発明家にとっての楽
園だったからだ。だが入るや否や、ブラウンは新たに葉巻を取り出し、火をつけた。ついに困
りきった誰かが、ここは禁煙です、といった。
382、白からす黒ひつじ:2008/05/21(水) 18:51:13

 ブラウンは信じられないという顔をした。自分の研究室で室長自身がタバコも吸えないだっ
て?彼はおずおずと説明した、これは社内規則ではなく、国法なんです。だがね、とブラウン
は言った。タバコは必要なんだ,これなしじゃ仕事にならんのだよ。
 彼は必死に食い下がった、タバコをすいたくなったら外に出てください。彼は答えた、
私にはタバコ休憩なんてものはないんだよ。目が覚めている間、絶えずすい続けなきゃなら
んのだ。葉巻かタバコなしなんて考えられん、タバコなしには何もできんのだ。

話はそれまでだった。信じがたいことだろうが、ブラウンは長年の間、切望し続けたものを目
の前にしながら妥協することができなかったのだ。彼はユル・ブラウンという人物をしらなさす
ぎた。彼は踵を返して立ち去った。それが彼の夢の終わりだった。
ショーン・モンゴメリに言わせれば、ブラウンの極端な頑固さ、1インチとも譲らぬ心性は、ロシアやトルコ
で何年も投獄されたことに起因しているという。自由のみになったら、意に沿わぬ命令に
は2度と従わないと決意したのだ。たぶん彼がタバコに関して特に頑固なのは、看守にタバコ
を皮膚に押し付けられたことが原因だろう。
 いずれにせよ、その喫煙習慣――友人曰く、「傲慢な中毒」―-こそ、1998年3月の彼の
死因の一つとなった。一般大衆はまだユル・ブラウンの名を知らない。


、、、、ユル・ブラウンは時代の常識に振り回されたな、、、初めにブラウン気体発生器の値段の設定を

まちがったところから悲劇が始まったと言いたい、、、。
383、,ミジンコ:2008/05/21(水) 19:30:14
384、,ミジンコ:2008/05/21(水) 20:04:56
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/320-333
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/l50
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178843043/362-450
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178843043/478-481

 1913年の普通アントロポゾフィー協会設立とともにはじまったアントロポゾフィー運動は、教会な
どの宗教的権威にたどることなく、ここの人間が直接キリスト的な衝動を受け取ることで、社会
そのものの中に真の霊性を流し込むことを目標にしてきました。誤解されやすいのです
が、アントロポゾフィー運動は単に学校や病院を作ったりすることだけに主眼を置いているわけで
はありません。アントロポゾフィーの本当の目的は、学校や病院といった実践を通して、キリスト的な
霊性を社会の隅々にまで、浸透させていくことにあります。アントロポゾフィー運動の根底にある
ものは何か、と問われたら、それは、キリスト衝動である、と答えなくてはなりません。アントロポ
ゾフィーは、教会などの権威によってゆがめられていない本当のキリスト衝動を認識を通してうけ
とり、それを社会の中で目に見える形にしていくことを目標にしています。このいみにお
いて、アントロポゾフィーは20世紀のテンプル騎士団である、ということができるでしょう。
20世紀末の現代においてキリストはまさに人類に接近しつつあります。しかしいま、同時に
ソラトの側の勢力もかつてなかったほどの規模で人類に対し作用を及ぼし、キリスト原理がちじょ
うにはいりこむのを徹底的に阻止しようとしています。現在ソラトの影響はどのような点に見
てとることができるのでしょうか。
385:2008/05/21(水) 20:06:23

この世紀が過ぎ去るまでに、ソラトは人間に憑依する存在となって無数の人々
であるとは信じられないような人間が現れるのを見ることになるでしょう。こ
のような人間は、独自の方法で、外面的にも発達していくことでしょう。彼ら
は感情の中に憤怒の特徴と破壊的な碇を備えながら外面的には
集中的で力強い性質の持ち主となることでしょう。彼らの顔には、外面的に、
ある種の動物的な表情を見ることができるようになるでしょう。ソラト的な人
間は、また、外面的にも識別できるようになります。彼らは、恐るべき方法で、
霊的な性質を備えたあらゆるものを、単に軽蔑するだけでなく、撲滅し、水溜
りの中に投げ捨てようとすることでしょう。

もし、シュタイナーのいうとおりのことが実現しているのだとしたら、すでにいまソラトに表意され
た人々が数多くの地上に現れていることになります。
 では、いったいソラトに憑依された人たちはどこにいるのでしょうか。
 本当の目的は、1998年についてのシュタイナーの予言をできる限り正確に読者の皆様にお
伝えすることにあります。ですから筆者である私が、シュタイナーが述べた事柄についての主観
的解釈をここで付け加えることは、できる限り慎まなくてはなりません。まして、過去の
事実とは違って、いま現実に起こりつつあることについてかたるのは非常に困難なもので
す。しかしながら、現在現れつつあるソラトの影響について、次のように語ることは恐らく許
されるでしょう。
386:2008/05/21(水) 20:13:23
387:2008/05/22(木) 07:40:57

たとえば犯罪というものについて考えてください。

 20世紀初頭と、20世紀末の現代とでは、どちらのほうが犯罪が多いでしょうか。と
くに凶悪犯罪といわれるものは、どちらがおおいでしょうか。犯罪が多発する原因として
は、都市人口の急増や、社会的なストレスの増加をあげる人もいます。しかし、本当に理由は
それだけでしょうか。

 映画やテレビドラマを見てください。一部の作品の中でセックスや殺人が、あたかも楽しく、
美しいことのように書かれてはいないでしょうか。あるいは私たちの周囲に、激しい肉親
気や怒りのかんじょうを抱きながら、周りに人間を傷つけ、滅ぼそうと隙をうかがってい
る人間はいないでしょうか。

 人間の内面ではいま、こういった現象がすべてソラトの影響によるものであると請求に結論
付けるつもりはありません。しかし、少なくとも、いま私たちの周囲に現れつつあるこう
した現象の中に、現代におけるソラトの働きについて考えるヒントが潜んでいる、ということ
はできるのではないでしょうか。

 現象の表面ばかりにとらわれないで、人々を背後から動かしている衝動や思考方法に目を向けるとき、すでに共通して作用している力が見えてくるはずです。いま精神科学的観
点から一つ一つの現象を眺めるとき、おぼろげながら見えてくるものこそ、ソラトの働きなの
ではないでしょうか。
388:2008/05/22(木) 07:42:54

 シュタイナーが、3回目のソラトの攻撃が行われる年として予言した1998年はすでに目前に迫
っています。ここまで読んでくださった読者の皆さんの中には「さぁ、大変なことになっ
たぞ」と不安を覚えておられる方もおられるかもしれません。あるいは「1998年に何
が起こるのか具体的に教えてくれ」とおっしゃるかたもおられるでしょう。

 残念ながら、シュタイナーは黙示録講義の中で、1998年に何が起こるのかを具体的に述べ
ているわけではありません。

 シュタイナーの立脚点はあくまでも精神科学という学問です。シュタイナーは、精神科学に基づきな
がら黙示録から読み取った事柄意外については何もかたっていません。

 シュタイナーの考えに従うならば、どうやら1998年は人類にとってあまり好ましくないと
しになりそうなのですが、実際に何が起こるのか、シュタイナーははっきり語っているわけでは
ないのです。

 読者の皆さんの中には、これからさき世紀末にかけて起こると予想される出来事を具体
的に列挙してくれ、とおっしゃるかたおられるかもしれません。しかし、一回のシュタイナーの
紹介者に過ぎない私が、ここでシュタイナー自身も述べていないようなことを勝手に付け加えて、
さもいまの時代のことは自分が一番よくわかっているような顔をするわけにはいかないの
です。
389,:2008/05/22(木) 07:45:12

本書の目的はあくまでも、きたるべき1998年という年は精神科学的にどういう意味
を持っているのか、ということを読者の皆さんにお伝えすることに尽きます。しかし、こ
こまで文章を書き進めてきた以上、やはり、私にも、きたるべき1998年という年をど
のような心構えでむかえたらよいのか、という点に関して、若干の事柄をお話ししておく
義務があるように思います。はたして皆さんが期待しているようなことを、お伝えできる
かどうか、はなはだ心もとないのですが、シュタイナーの紹介者を超えない範囲内で、1998
年というとしについて、考える上で参考になるかもしれないと思われることを幾つか述べ
させていただきます。

 いったい1998年には何が起こるのでしょうか。
経済恐慌でしょうか。
戦争でしょうか。
厄病でしょうか。
あえて予測を立てようと思えば、立てられないことはありません。しかし、先にお話した
とおり、私としては、あえてここで自分の主観に基づきながら未来予測を行うことは、避
けたいと思います。根拠のない事柄を並べ立てて、読者の皆さんの恐怖心を」板面にあお
ることは、本書の意図するところではありません。ただし、ここで次のように述べること
は許されるでしょう。
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178843043/483
何らかの予言について考えるとき、私たちは、ともすれば目に見える大きな事件にばかり
注目しがちです。1998ねんには本当に経済危機や戦争が起こるかもしれません。ある
いは逆に目立った出来事は何も起こらないかもしれません。しかし、仮に、1998年に
何も大きな事件が起こらなかったとしても、私たちはそれで安心するわけには行かないで
しょう。

こころみに、ここで世界史の年表を広げてみることにしましょう。ソラトが人類に対して最初
の働きかけを行ったという、666年の項目を探してみましょう。

この年、世界各地に天災や戦争が多発したでしょうか。
そうではありません。

この666年というとしそのものには、目立った歴史上の出来事はほとんどなにも起きて
いないのです。

2度目にソラトが活動されたとされる、1332年はどうでしょうか。

当時は中世末期の混乱の時代ですから、13332年の前後には、教皇のバビロン捕囚、英
仏百年戦争、ペストの大流行など、目立った出来事がいくつか起こっています。しかし、少
なくとも1332年という都市のみに注目する限り、世界をゆるがす様な大事件はおきて
いません。このようにみていくと、どうやら目に見えない霊的世界で生じることが、すぐ
にそのまま物質的な世界で大きな出来事となって現れるとは限らないようです。
391,:2008/05/22(木) 08:05:00
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158112520/282
>>384-390
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\   宗教スレに曝すのもいいわね、、、。
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
392,:2008/05/22(木) 08:06:21

1998年は、霊的な事象について考えるための一つの目安と捕らえなくてはなりません。
シュタイナーの黙示録講義全体に目を向けてみると、1998年は21世紀以降、人類が体験す
ることになる恐るべき出来事のほんの始まりに過ぎないことがわかってきます。

すでにわたしたちは、アーリマン的な物質文明の只中を生きていますが、このような傾向は20
世紀になってますます強まっていきます。そしてシュタイナーが「ルシファーとアーリマンの受肉について」
で述べているように、はやければ21世紀のあいだにアーリマンが地上に受肉することになりま
す。このとき受肉するアーリマンとは、太陽悪魔のソラトかもしれないのです。おそらくそのころ、
人間の霊性を破壊し、人間の関心を物質に向けさせようとするアーリマンの作用は最大限に強ま
るうことになるでしょう。すでに20世紀末の現代において、ソラト的な霊性を発達させた
人々が姿を現し始めていますが、恐らくこのような傾向を持つ人々は今後ますます増える
ことになるでしょう。

 シュタイナーによれば、これから先、人間は善と悪の二つに分かれていくことになります。あ
くの方向へと進んでいく人々は、ますます動物的な欲望とエゴイズムを発達させ、互いに憎し
みあい、地上に争いを撒き散らしています。一方、正しい霊性を受け入れた人々は、友愛
の精神に基づく新たな社会の建設を目指して活動を続けていきます。そして善なるものを
目指す人々とあくに向かおうとする人々のあいだの乖離が決定的なものとなったころ、最
大の戦争が起こります。これがシュタイナーのいう「万人による万人のための戦い」です。「万人
による万人の戦い」はいつごろ起こるのでしょうか。それは、後アトランティス時代が第六根幹期
へと移行する境目にある西暦7893年ごろだと考えられます。シュタイナーによればそれは「モ
ラルのカタストロフ」であり、あらゆる人間が互いに相争いう、恐るべき戦争となります。
しかもこのとき、何らかの自然災害が生じることも予測されています。

人は後で目が覚めたときに、ようやく何が起こったかということにきづくことになるでしょう。
しかし、それは人間にとって悲惨な目覚めとなることでしょう。

人類は現在、岐路に立たされています。

ソラトに代表されるアーリマンの誘惑に従ってこのまま獣性とエゴイズムを発達させていくか、天使が
入り込んでくるヴィジョンを受け取りながら、人間同士が共生できる新しい未来社会を形成す
るか、人類はいま、選択を迫られています。

 ですから本書を読んだために、読者の皆さんが絶望的になったり、恐怖心を抱いたりす
るのは、編者である私としてはあまり望ましいことではないのです。シュタイナーが黙示録講義
でソラトの名を明かしたのは、人々を恐怖に落とし入れるためではなく、むしろ、一人一人の
人間がソラト的な悪の力に対して意識的になることを望んだからではないかと思います。シュタイ
ナーが黙示録の解釈を通して私たちに伝えたかったのは、「この20世紀という時代に目を覚
まして、現実を直視しなさい」というメッセージだったはずです。将来悪しきことがすべて生
じた後になって、ようやく人類が目覚めたとしても、もはや遅すぎます。いま目覚めるこ
とによって、人類は未来に進むべき道を正しい方向に向けることができるのです。

将来人類にとって決定的な時点がやってくることになります。このとき人類はたとえば右
に進むことになりますが、そのためには目覚めていなくてはなりません。眠ったままだと
左に進むことになります。その場合には、本能が出現します。この本能は実に恐るべきも
のとなるでしょう。
394,:2008/05/22(木) 08:37:06

>>391  http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158112520/282-291  >>393

ソラトのような悪しき霊的存在について知ることは、確かにあまり愉快なことではないかもし
れません。現代の危機的状況についてのシュタイナーの言葉を読むたびに、なんとなく気が重く
なる人もおられることでしょう。ここまで読んで、なんとなく未来に対して不安になり、「こ
んな話、聞かなきゃよかった」と思っておられる方もいるかもしれません。しかし私とし
ては、無条件に「人類はいまのままで大丈夫です。人類の未来はバラ色です」と信じ込ま
せようとする人よりも、シュタイナーのように、あえて本当のことを言ってくれる人のほうがず
っと信頼できるような気がするのです。たとえばクレジットカードを使って、毎日のように高価
な服を買い続けるている人がいるとしましょう。その人の借金は雪だるまのように膨れ上
がり、このままの生活を続けたら破産するのは眼に見えています。この場合、「そう、借金
してでも人生を楽しまなくてはね」といって、さらに贅沢な暮らしをするように進める人
と、「あなた、そのままじゃ、だめになるよ」といって賢明にたしなめてくれる人とでは、
どちらが当人のことを親身になって考えているといえるのでしょうか。

 まずこのようなことをいうのかというと、どうも近頃では、人類の未来に関してあまり
にも楽観的なことばかりいいたがる人が増えているような気がするからです。

 私は何ももっと絶望的になれ、などというつもりはありません。ただ、過度に楽観的に
なると、人間は現実というものをはっきりと見据えることができなくなるようなきがする
のです。すべてが取り返しのつかない状態になる前に、私たちはたとえつらくても、いま
の本当の現実に目を向けておいたほうがいいようの思うのです。人類の未来をただ楽観視
して、生き方も考え方もまったく改めないでいるよりも、むしろ一人でも多くの人間がソラト
のような霊的存在の働きに対して意識的になることのほうが、人類を新しい未来に導くき
っかけとなるはずなのです。
395,:2008/05/22(木) 09:07:21
164 KB
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
科学関係ぶっちゃけスレ [理系全般]
テ ン プ ル 騎 士 団   ス レ ッ ド [オカルト]
何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]
正攻法の正規の考古学・百鬼夜行の戦慄のデスマッチ [考古学]
396,:2008/05/22(木) 09:11:47

 ここで個人的な意見を述べることをお許しいただくなら、私としては、この20世紀末
という時代にシュタイナーの一連の予言に出会うことができて、本当に幸運だったと思っていま
す。このような予言は、よくないことがすべて実現してしまった跡で知っても意味がない
からです。

シュタイナーは、人類はもう救いようがない、などということはまったく述べていません。20
世紀のいいまがこれからの人類の行く末を決める大事な時期だから、心して目を覚まして
いなさいーーこれこそがシュタイナーからの最大のメッセージです。私たちがたとえ誤った方向に進
みかけているとしても、今ならば、正しい進路に変更することができます。ソラトの存在を知
ったからといって、どうか、人類はもう神に見放された、などとは考えないでください。
現代という時代に、シュタイナーの精神科学を通して、ソラトに関する正しい認識が私たちに与えら
れる、ということは恩寵以外の何ものでもありません。ソラトの到来を事前に知ることができ
た私たちはとても運がいい、といってもいいと思います。私たちは最悪の事態が生じる前
に事実を認識し、意識し、自分に何ができるかを考えるためのきっかけを得たのです。私
個人としてはシュタイナーの予言に関して、恐れや不安はまったく抱いていません。むしろ私は
シュタイナーの予言の言葉の一つ一つに、人類の未来を気遣う、深い愛のようなものすら感じ取
るようなことができるような気がします。この20世紀にシュタイナーという人物が存在したと
いうことに、私は万軍の味方を得るよりももっと心強いものを感じるのです。

いま、一人一人の人間が目覚めたいしを保っているかどうかが、今後の人類の行く末に大
きな影響を及ぼすといってよいでしょう。

唯物論的なものの考え方に固執する人はアーリマンやソラトのような霊的存在を一切認めようとし
ませんシュタイナーの考えに従うならば、このような人たちは唯物論という夢を見ながら眠りこ
けているのです。このような考え方も後主こそ、ソラトが作用を及ぼすにあたって、最も都合
のよい人間であることは言うまでもありません。ソラトは人間に気づかれないまま、影響を及
ぼすことができるときに、最大の成果を上げることができるのですから。
397,:2008/05/22(木) 09:15:00


これに対して、シュタイナーの精神科学を通してアーリマンやソラトについて学んだ人は、現実の中に現
れてくる悪しき霊の作用に対して意識的になることができます。一人でも多くの人間がソラト
の働きに気づくならば、それだけ悪しき霊の作用は効力を失うはずなのです。

人間は、3千年紀の前に終わることになるこの時代を寝過ごして、意識的な人生
の中に持ち込まれるものを逃すようなことがあってはならないのです。私たち
は、アントロポゾフィーによって方向つけられた精神科学の中から、雑多な教義を受け
取るのではなく、そこから意図を汲み取ろうではありませんか。この意図が、
私たちに目覚めた人間になるための力を与えてくれるのです。

いま、現実に起こりつつあることをぼんやりと見過ごしてしまうのか、それともそれにた
いして意識的に向かい合うのか、すべては私たち一人一人にかかっています。人類の未来
をよい方向に向かわせることができるものは、今を生きる私たち一人一人の意識のあり方
なのです。  、、、

最後になりますが、本書が現代という困難な時代を生きるためのささやかな指針となると
こを願ってやみません。
398,:2008/05/22(木) 09:42:26

>>394-397   http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178843043/484




    l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\ 後は、もとのテンプル騎士団スレに
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \ 戻しておいたら済むかしら 、、、、。
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )

399,:2008/05/22(木) 17:50:20
テ ン プ ル 騎 士 団   ス レ ッ ド [オカルト]
現代の正規の宗教スレ [心と宗教]
正攻法の正規の考古学・百鬼夜行の戦慄のデスマッチ [考古学]
科学関係ぶっちゃけスレ [理系全般]
何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]
400,白からす黒ひつじ:2008/05/22(木) 18:30:18
>>394-397 よく見てみると色々な意味で矛盾していることがあきらかとなる。

大変支配傾向が強いと言うか、かなりのヒステリーの人であるのはごらんの通りです(特に解離症的怖さと言うか)。

書かれている事は解っても、その人の私生活の裏の細部が解らない意味では、

ちょっとばかり解釈に困る部分が多い。事実関係から見たトータルが現実と照らし合わせてみて矛盾だらけ、

それに、シュタイナーがまずい、、。基本的にメンヘラの事の意味が理解できていると思われない面で光系か闇系かは定かでないが

優生学の弱点のある人と受け取る事になる。あなたはシュタイナーでないのに、何でシュタイナーの言う事が解るのか?とか

言われたらそれまでのことであるのに注意すべきである。ぶっちゃけ、一途過ぎるというか、、、。

http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178843043/483 奇妙な意味での情報操作に最適と言うか、

パウロのローマキリスト教の数十年後に終末がやってくると言う発想と五十歩百歩と言うか、、、。

先ず、実行して実現して示してからいってもらいたいと言う以前に、何が言いたいのかを理解して見ようとするとき、

本当の意味でのこの人のトータルは、一体どういうものなのかという疑念が湧くし、

如何なる意味かと言う判定の面でとるに足るものかどうかが問われる事になる。

その人が支配傾向の強い人であるのは解るが、シュタイナーそのものが破綻している意味で、

幾ら積み重ねてもシュイナーに由来する以上は後悔する事になると思われる意味で、初めからやり直した方が

よろしい事と思われますが、、、。
401,:2008/05/22(木) 20:22:37



1998年3月と言えば寅年の寅月ですね、、、。ユル・ブラウン博士がなくなられた、、、。


402,↑:2008/05/23(金) 07:47:23



1998年3月と言えば寅年の寅月ですね、、、。ユル・ブラウン博士がなくなられた、、、。  >>

違う、恐らく、3月だから卯月だ、、、、。


http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/370-377  >>

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1179911235/74-77

http://human7.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/l50 
非常にキリスト教は情報操作に友好だったに違いない、、、。学会の領域でも、、。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A4%A7%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89#.E3.82.AA.E3.83.AA.E3.82.AA.E3.83.B3.E8.AA.AC オリオン座説

止めは死海文書ですけどね、、、。完全にカトリックは破綻です、、、。
404,ミジンコ:2008/05/23(金) 10:16:26
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AF%E3%82%AB%E3%83%B3 テオティワカン

聖都テオティオワカンの大破局



「大洪水」というTV番組の制作中、私はオルメカの遺跡の中で最も印象的なものの一つ、オアハ
カを見下ろすモンテ・アルバン遺跡を訪れた。この地に最初に到着したのがオルメカ人で、紀元前5000
年ごろのことだった。彼らは丘の山頂をゆで卵のように薄く切り取って、聖地を造った。
掘削機もなしにどうやってそんなことができたのかはまったくの謎だ。それと同様に、彼
等の次にここを征服した部族(紀元100年ごろ以後)サポテカ人が、どうやってオルメカ人を説得
してここを諦めさせたのかということも、まったくの謎だ。もしろ彼等がオルメカ人を殲滅し
たと考えるほうがしっくりくる。

 そして誰かに虐殺が行われた証拠もある。ある建造物に掘られた壁画では、人間が捻じ
曲がった姿で描かれている。その一部はラ・ベンタ・の巨石造と同様に黒人であり、他の
ものは明らかに髭を蓄えた白人だ。この人物は裸で、性器は切り取られている。様式はオルメ
カのものだが、石板に書かれた文字はサポテカのものだ。では、殺されたヨーロッパ人は何者か、
そして黒人の男たちは?彼らは「東方よりの白き神」とそのアフリカ人奴隷なのか?そし
て神に仕える黒人たちは通常のオルメカ人よりも高いくらいとされたのか?
405,ミジンコ:2008/05/23(金) 10:19:34

恐らくサポテカ人は抑圧者たちを葬り去ろうと考え、大虐殺が起きた。このことはたぶん、
この石板の技術が、先行するオルメカの頭像よりも稚拙である理由となるだろう。この大虐殺
を記録した者たちは、オルメカ人のような技術は持っていなかったのだ。それからモンテ・アルバン
はサポテカ人の儀式場兼天文台となった。

 トルテカ人の作った大都市テオティワカンに何が起こったかも、同様に謎だ。ここは、ランドフレマスによ
るハドソン湾の旧北極探求の出発点となった理由である。彼は「使者の道」が真北を指してい
るのではないかと考えたのだが、この線を延長してみると、それが間違いであることがわ
かった。死者の道はハドソン湾を指していたのだ。だがこの間違いが瓢箪から駒を産んだ。

他の遺跡は位置を調べていくうちに、彼の主要な発見が導き出されたのだ。ギザを通る経
線を経度0の基点に設定すると、驚くほど多数の祭祀遺跡が、10の倍数に見出されるの
である。私はこれこそ、フレマスの発見の中で最も面白いものだと思う。とはいえ、もう一つ
彼の仮説――つまり、祭祀遺跡は元来、地球の地殻がどれだけ滑動したかを調べるために
アトランティスの科学者が作った「指標」であり、その後、アトランティス以後の人々によって聖地とさ
れたのだろうという仮説には最初から反対していた。それはあまりにも空想的に思えたの
である。だが、10の倍数の経度に関しては疑いの余地はない。祭祀遺跡は何らかの地理
的パターンに従って造られたものであり、我々の知るあらゆる文明に先行する驚くべき「原文
明」の存在を示すものだ。

 紀元前50年ごろから西暦6世紀ごろまで、テノチティトラン(現在のメキシコシティ)の北にあったこ
の巨大な神聖都市は、メキシコ人の生活を支配していた。アステカ人はそれを「神々が生まれ
た都」と呼んだ。

1520年7月にコルテスがここに到着したとき――彼は復讐心に燃えるアステカ人から逃れてき
たのだが――この荒廃した都市にはさらにオオクノアステカ人がいた。数の上では100万分の一
に満たないスペイン人が、戦いに勝った。彼等の頭目とされる男を襲い、これを殺したと
ころ、残り全員が敗走したのだ。
406,:2008/05/23(金) 10:21:21

 テオティワカンは死の都で、大量の土砂に覆われていたコルテスはその塚を墳墓であると考えた。だ
から中央の道が「使者の道」と呼ばれるのだ。

1880年代、クロード・ジョセフ・ド・シャルネという考古学者が面白い発見をしている。その陶
器に書かれた顔には、白人、ギリシャ人、中国人、日本人、黒人などが見られるというのだ。
中にはセム人までいた。かつて、まさに国際都市であったらしい。この大都市が土砂に覆わ
れた遺跡となった次第は、ようやく考古学者たちによって明らかにされつつある。

紀元530年ごろ、地球は何らかの異常気象に襲われた。著名な聖職者エフェソスのヨハネは言う、
「太陽は暗くなった。その闇は18ヶ月に渡って続いた。来る日も来る日も、太陽の輝く
のは4時間ほどで、その光は微弱な影に過ぎなかった。誰もが、もう二度と太陽は輝きを
取り戻すことはない、と嘆いた」。そしてローマの官僚である元老カシオドルは言う、「太陽はかつ
ての輝きを失い、青みがかったいろになった。真昼でも我々の身体に陰ができず、あの太
陽の熱はすっかり弱弱しいものとなってしまった、、、、。」

 この深刻な破局が、結果的に(暗黒時代のきっかけとなったのだが、その原因は今も不
明だ。一説には火山の噴火によるものだといい、この場はスンダ海峡のクラカトリアが有力容疑者
だ。それは1883年8月末に溶岩の噴出を起こした。煮えたぎる溶岩の渦に海水が流れ
込み、水爆の百万発分と見積もられる大爆発を起こしたのだ。

 その爆発音は3000マイル(約4800キロ)かなたにも聞こえ、引き起こされた津
波は高さ百フィート(約30メートル)以上に達し、3万6000人が死んだ。噴煙は全
地球を覆い、太陽光線を10パーセント減らした。
407,:2008/05/23(金) 10:22:47

こうした火山噴火も考えられる。だがその原因はむしろ6000万年前に恐竜を絶滅さ
せたような、小惑星の衝突である可能性も高い。来る年も来る年も作物が実らず、大規模
な飢饉が到来した。テオティワカンの支配者たちにとってはこれは途方もない災難だった。という
のも、降雨と方策を保障することこそが彼等の、そして神官たちの仕事だったからだ。

 メソアメリカの文明は、どれもこれも民主主義とはまったく無縁だった。いずれも神である国
王を頂点として、その元に貴族、それから神官というガチガチの権力構造が出来上がって
いたのだ。一番底辺にいたのが労働者で、その身分は死ぬまで変わらなかった。支配者に
対する彼等の感情は、尊敬と恐怖が入り交じったものだった。そしてひとたび飢饉ともな
れば、恐怖は憎悪に転じたのだ。叛乱がおき、神殿や宮殿に殺到した群衆は、神官や貴族
をばらばらに切り刻んだ。機器として彼等の頭蓋骨を砕き、それから四肢を引き裂いて、
他の部屋や庭にばらまいた。さらには、火と泥煉瓦で造られた神殿に火を放った。聖像ま
でもが攻撃の対象となった。高さ2フィート(約60センチ)の女神像の一つは、粉々に
砕かれて8600平方フィート(約2580平方メートル)の領域にばら撒かれた。植えた人々
は、雨を降らすことができなかった女神への侮蔑をこのような形で表現したのだ。

 もしもこの人々に力があったなら、全部を灰燼に帰していただろう。実際、破壊者の集
団は壁を打ち砕き、柱を倒し、燃えるものには見境なく火をつけた。これに比べれば、野
蛮人によるローマ破壊など生ぬるいものだった。

 これが起こったのは紀元600年ごろのことだが、歴史家はたいていその1世紀後だと
考えている。
408,:2008/05/23(金) 10:23:54

 解らないのは、この遺跡に土を被せたのが誰なのかということだ。太陽のピラミッドま
でが、土の山の下に埋もれてしまった。それは多分、テオティワカンに住んでいたアステカ人の子孫が
行ったのだろう。彼らは依然としてそれを聖都と見なし、遺跡の中に住んでいた。

 1884年、悪名打開独裁者ポルフィリオ・ディアスの義兄弟で元軍人のレオポルド・バトレスという
男が、ディアスを説き伏せて自ら遺跡監視官となり、巨大な塚を発掘する権利を自らに許可し
た。彼は考古学者でもなんでもなかった――単なる黄金を求める貪欲なぼうけんかにすぎ
なかった。

 彼の最大の仕事は、何千トンという土砂の除去だ。バトレスは大量の労働者を日当数セント
で雇い、最後には土砂運搬のなめの鉄道まで敷設した。最大の塚の元から現れたのは、荘
厳な階段状ピラミッドすなわち太陽のピラミッドだった。その基部はギザの大ピラミッド
と大体同じくらいだが、高さは半分くらいしかない。

 このピラミッドの頂上近くで、バトレスは興味深い謎の物体を発見した。2層の雲母だ。雲母
とはガラスのような物質で、絶縁に用いられる。しかもそれは、2000マイル(約320
0キロ)かなたのブラジルから運ばれた特別の雲母だった。それは何らかの魔術的な目的
を果たしていたのか?だがそんなことはお構いなしに、バトレスはすぐさまそれを売り払って
しまった。幸運にも、近くの「雲母神殿」の床にあった2枚の雲母は彼に発見されずにす
んだ。

 太陽ピラミッドは煉瓦と石から作られていたので、バトレスはそれに計り知れないほどの損傷
を与えた。その結果、4つの壁のうちの3つは、本来あるべき位置よりも奥に言ってしま
っている。

 この発掘は、独裁者の「再選」に合わせて、1910年に終わることになっていた。だ
がそのころには、彼の支配に対する反対は強まり、式典も行えなくなったばかりか、19
11年には権力の座を追われ、国外に逃亡した。めでたいことに、彼の義兄弟のほうも、
それ以上遺跡を破壊する前に歴史から姿を消した。ピラミッドの4墨に、バトレスは少年たちの
骸骨を発見した。神々への生贄として生き埋めにされたものだ。
409,:2008/05/23(金) 10:25:58


 エンジニアのヒュー・ハーレストンは、1960年代と80年代にテオティワカンの調査を行い、それが太陽
系の模型かもしれないと考えた。大ピラミッドが太陽であり、その周囲に諸惑星が正しい位置
に配置されている。海王星や冥王星に至るまでもだ。彼はまた、376という数字が頻出
するので、テオティワカンに用いられている基本単位――1・059メートルを378倍し、さらに1
0万倍すると、地球の極半径に一致するということを見出した。ギザの大ピラミッドと同様、
これを建築した人々は地球の正確な大きさを知っていたのだ。

 テオティワカンがどのように終焉を迎えたのかは不明だ。ただそれは何らかの攻撃を受け、法化
され、それから土に埋められた。だがこの何百万トンという土は、明らかのこの聖都の遺
跡を保存するために運ばれてきたものだ。バトレスがこれを除去するのに費やした労力を思え
ば、これを埋めるために投入された労力の膨大さもわかるだろう。

 このメソアメリカのインディオたちの世界観は、想像を絶するほど胸糞悪いものであった。彼らは
神々が悲劇と苦難を送り込んでくると信じていたのだ。不運を呼び込む最も確実な方法は、
その到来を心から信じることが。そして、まさにそのとおりのことが起こったのだ。

410,:2008/05/23(金) 10:30:51


いいたいこと解るけど、カッコ内は、読み飛ばせ↓、、、。


【 これらの出来事に関するモーリス・コットレルの見方は、かなり奇妙なものだ。彼の信じるところ
によれば、人類の歴史はヒンドゥー語で「アヴァタール」と呼ばれる「超越神」に支配されてきた。
クリシュナも仏陀もイエスも、そして(パレンケの)首長パカルもまたアヴァタールだった。さらに奇妙なこ
とに、彼の言うアヴァタールには、ペルーのシパンに墓があるというヴィラコチャ、ツタンカーメン、そして秦の
始皇帝までもがふくまれているのだ。始皇帝といえば、100万人以上の人間を犠牲にし
て万里の長城を築いた、恐らく人類史上最も暴虐な支配者だ。】


そんなわけで、われわれは2000年以上にわたって反映したこの驚くべきマヤ文明に関
しては、驚くほど乏しい知識しか持っていない。ローマがヨーロッパを征服しつつあった時代に、
恐らくは貿易のためにこの地を訪れていたギリシア人や日本人、そしてセム人についてはなおさ
らだ。


http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/831
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1206375108/43
411,:2008/05/23(金) 10:35:23

コンドルの裁き、、、

サーモンの著書「わかエルドラド探求」(1979年)の中で一番奇妙な話は、ワクチュという名の少
女に関するものだ。彼女はティティカカ湖北方のカラワヤ族の一員だ。彼女の夫はシャーマンだが、部族の
ために金を稼ごうと都に行ってしまい、ワクチュに不倫の疑いがかかった。老女たちと村の女
たちの集会では結論が出ず、神官たちは問題解決のために「コンドルを呼ぶ」ことになった。
カfラワヤの信仰では、人間は生まれ変わってコンドルとなる。特に、大コンドルは、かつてこのあた
りを征服した偉大なインカの主張の生まれ変わりだ。

 サーモンはこの儀式を撮影するために呼ばれていた。彼が見ている前でワクチュは腰巻一枚の裸になり、
崖の上の杭に縛り付けられた。儀式が始まり、笛や太古の不協和音が鳴り響いた。
その音は周囲の山々を震わせた。

 サーモンは何も起こるはずがないと確信していた。彼はそのあたりで一羽のコンドルすら見たこ
とがなかったのだ。しばらくすると詠唱が静まった。サーモンは、もはや自分がここにいるの
が凶兆だと感じているのではないか、と考え始めた。

突如、勝利の叫びが上がり、向こうの山の上に3羽のコンドルの黒い影が現れた。翼長』
12フィート(約3・6メートル)。まっすぐカラワヤ族の方へ飛んでくる。2羽の黒いメスと、
それを率いるおおきな黒いオス。白い陽光に、白い首を輝かせている。音楽が再開され、
縛られたワクチュは身を捩らせた。押すコンドルが着陸すると、再び静寂が訪れた。サーモンは息
を飲んで、ほんの数フィートのところにいる巨大な鳥を見つめた。それは剣闘士のように威風
堂々と歩き回った。それから、翼を広げ、ワクチュに向かって走り出した。そのくちばしは彼
女ののどを狙っている。サーモンの部下が駆け出し、鳥を追い払った。それは斜面を駆け下が
り、空中に飛翔した。長老たちは叫んだ、「有罪だ-―この女は自ら死を選ばねばならぬ」。

 10日後、ワクチュはそれに従った。崖からみずからのみを躍らせたのだ。
412,:2008/06/01(日) 07:55:39
413,:2008/06/01(日) 08:34:54
414,:2008/06/01(日) 08:37:01
415,:2008/06/03(火) 06:25:12
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1142476086/40-44 マヤの残虐な人身供儀、、、、
416,ミジンコ:2008/06/03(火) 20:30:05
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1206868737/91
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1206868737/89
´ |                     `ヽ
l>  !                  ヽ
<フ 〉   -‐―― ―‐- .         ',
__/ , '´ , -‐――‐- __ `ヽ、     }
 / /  // / i \ \`'ヽ`ヽ   /
/ //   / / /l   \ \ヽ`ヾ、 /
イ イ  // // i!  ト \ヽ  ヽ  ヽ_     ,
7 ||  i__//  |',ヽヽ\\ヽ ',   ヽ`ー‐‐'
i  ||  |_,/´ ̄`ヽ ',ヘ ヘ \\_ ! i  ',
.   l  |          \ヽ乂,!、ハ‐ト |  i
.  l  lヾ===、,ヽ   ` `´| Vi` | !   ト
   l   |´ 、、、     ,r==、 j ‖|  li ',
.   i   !          、、、 '/ !/! l !   !| !
    l   !       ,    / ! .| | |   !' |
   ',.  l    ` ―     イ / ! ! !  !|
',   ',  ト、      . ィ ´/ /  ! ! ト,  | .|
ヘ     V ∨` ー, 7     ! /   ! ! i i  | !
 ヘ   Vヘゝ,_ /      ! /   l l !l l ! !
、 ヘ   ', ヘ `ヽ     l/   //!l |j | | |
ヘ  ヽ  \\  `ヽ._  //   // !|/ ! ! !
_',  \  ヽ`ヽ<´`} !/   // !|'  | | |
. /\   \  \ト、`ト{_/  //  l.i ,.イ ! !
. ><\  \  ヽヽ|ヽi   //  |.|/ | | |
/    _`_\   ヽ  ∨:::!! //  //  ! ! !
    ヽ ヽ\  ヽ ヾ:ヾ};ソ  //  /
417,:2008/07/20(日) 21:01:06


オーケハンプトンに着いてすぐ、夫と私は日没の最後を見ようと外に出た。それは、全世界が息を
呑んでいるような夕暮れだった。私たちと沈み行く大要の間には黒々と荒野が横たわり、
その上では西空が氷河のようにミドリと金に輝いている。

ふいに何の前触れもなく、信じがたいほどの美しさに押し流され、私は次元の境界を越え
た。もはや私が<自然>を見ているのではなく、<自然>の女神が私を見つめていた。そ
して彼女は私たちの存在をうとじていた。私は、無数の無害な生き物が私たちの侵略に腹
を立てて身を潜めているとでもいった奇妙な感覚に自尊心をくじかれ、さらに、地平線で
風にそよいでいる小さな木までもが、嫌悪をこめて私たちから身をそらしていることに衝
撃を受けた。

「どうしましょう」。私は夫にささやいた。「私たち、ひどく嫌われているわ。こんな風に
おしかけてはいけなかったのよ」

夫は笑わなかった。夫もまた、侵略者になったように感じていたのだ。私は言った。検挙
にそっとたたずんでん、私たちは友としてきたのだ、荒野を静かに歩かせてください、と
心で訪ねてみたらどうかしら。私もまた、素朴な人々が樫とトリネコとイバラの古い魔法で自然
のものと結ばれていた遠い昔のことを考えていた。

この謝罪につづいて起こった驚異的なできごとを、自己暗示などといったこじつけで説明
する必要はないだろう。ありがたいことに、私はこれを研究者としてではなく、個人的な
体験として綴っているのだから。
418,:2008/07/20(日) 21:06:58

ハマシギがわを描いて飛ぶように、目に見えるものも見えないものもすべての生き物が一体と
なって周囲を飛び回り、私たちをしげしげと観察した。私たちを危険でも残酷でもないと
判断したのだろう、安堵の吐息が感じられた。私たちの謝罪は受け入れられたのだ。これ
で前進しても―−「入り込んでも」大丈夫だあの風に吹かれている小さな木までもが、い
ままで好意を示すようにこちらになびいている。しかし、私はそれを不思議と思わなかっ
た。

これはまだ、意外な後日談がある。二日後の朝、私は窓のそばで一人荒野に面して手紙を
書きながら、目に見えないその住人たちを考えていた。そのとき、私もまた侵略者に出会
った。だがそれは楽しい侵略だった。不可視の小さな存在の一団が、元気の有り余った子
供のように漂ってきて「やあ!」と呼びかけ、いっしょに遊ぼうと誘ったのだ。その瞬間、
私は彼らの訪問に何に疑念も抱かなかった。

しかし、まもなく分析的な精神が働き始め、瞬時にして彼らは私にとって存在しないもの
となった。私は今も、自分が話を交わしたのが「実在するものだったのかどうか、確信で
きずにいる、、、、。

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/565 の臭いが、、、。

とある外交官の夫人の話なんですが、優生学方面やら、交霊会方面やら色々と通じていたそうで、、。

詳細はそのうち、、、。
419,:2008/07/22(火) 18:16:22

ここで、ロザリンド・ヘイウッドのサイキック能力の発達を詳しく調べてみよう。そうすれば、彼女が
われわれとほとんど変わらない当たり前の人間であり、ひいては、われわれの中にも同じ
能力が潜んでいるのに違いないことが、理解できるだろう。

彼女は後期ヴィクトリア時代のきわめて典型的な家庭に生まれ、自分が「サイキック」であるなどと
は疑ったことのないままに成人した。それまでは、そうした体験すべてを想像力のせいと
みなしていたのだ。

13歳でインドから帰国してまもなく、私はいくつかの場所に下等な存在がいることを、し
ばしば漠然としながら意識するようになった。中には陰気でさびしげなものもあった。
<もし目に見えさえすれば、それほど神経に障ることもなかっただろう。>
そのひとつは、祖母の家で私の寝室に割り当てられた部屋にいた。南向きでダートムーア(高原
地帯)を見下ろすその寝室には、青いリボンとピンクのバラの花網模様の壁紙がはってある。
昼間は明るいその部屋が、夜になると一変する。不可思議な目に見えない<誰か>があら
われるのだ。

私にはその<誰か>がわからない、、、。<誰か>のことを大人たちに告げていれば、母と
祖母も昔、ベッドの足元に立つ老女の幽姿を見たことを、聞かされたことだろう、、、、。

ようやく芽生えてきたサイキックとしての自覚は、しかし17歳のときに、駅の売店で買ったエル
ンスト・ヘッケルの著書「宇宙の謎」によって、中断された。ヘッケルは唯物論的哲学者で、近代科学
の発見を驚くべき明快さで説いた「宇宙の謎」は、出版と同時に20世紀初頭の大ベスト
セラーとなった。

彼は肉体の進化、精神の進化、宇宙の進化を現代生物学や天文学の見地から研究し、次の
ことを証明した、と主張した。すなわち、人格的な神は存在しない、自由意志は幻影であ
る、「死後の生」はもっともおろかな迷信に過ぎない−−。
ヘイウッドは震撼とした。
420,:2008/07/22(火) 18:18:36

かわいそうなお母様!いかなる爆弾をもってしても、あなたが細心の注意を払って組み立
ててきた娘の人生の枠組みを、これほど見事に打ち砕くことはできなかっただろう。ここ
に真実がある。神はいない。美は、宇宙が何の目的もなく永延に回り続ける無意味な機械
に過ぎないことを隠すための罠であり、錯覚に過ぎない。その夜、私は寝室の窓から星を
見つめながら、さびた歯車のきしむ音を聞いたように思った。<真なる何か>が見つけら
れる望みはついえさった――そして賢明なるわが両親は、愚者の天国に住んでいるのだ。

その後しばらくして、第一次世界大戦が始まった。ロザリンド・ヘイウッドは看護婦になり、まも
なくはじめての超感覚的知覚を体験した。意識のない女性の枕元でカラマーゾフの兄弟」を読ん
でいるとき、イワンが悪魔と討論するくだりで病人が体を起こし、ベッドの足元を指さして
悪魔と話し始めたのだ。これは偶然の一致かもしれないが、テレパシー(精神感応・思考伝達
などと訳され、感覚器官の媒介なしに思考や心理状態を他人に伝える能力)の一例とも考
えられる。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/l50 精神の病いと奇怪な現象との関係 [メンタルヘルス]


数週間後、ヘイウッドは重態の男性の看病をしていた。男はうわごとを口走り、彼女の存在に
すら気づいていないようだった。ふいに心の中に<命令存在>があらわれ、「彼が静かにな
るように念じよ」と告げた。以前の「テレパシー」体験を思い出して、彼女はそれにしたがっ
た。男はすぐさま安らかな眠りについた。やがて看護婦次長が仕切りを動かしたので、男
は目を覚ましたが、もう一度「念じると、また眠りに入った。しかし病棟婦長が3度目に
起こした後は、もういくら念じても無駄だった。
421,:2008/07/22(火) 18:28:27

ふいに寝返りとうわごとがやんだ。彼は明らかに穏やかで理知的な視線を私に向け、静
かな声で言った。「もう精神集中してもだめですよ、看護婦さん。私はもう眠りませんから」。
それから理知的な顔が消えて、苦しげなうわごとが再開した。これが死の訪れならば、私
が想像していたよりずっと恐ろしいものだ。しかしふいに彼は顔を輝かせ、歓喜の視線を
私には見えない誰かに向けて叫んだ。「アニーだ!それにジョン!、、、ああ、光だ!、、、、光
だ!、、、、」(ヘイウッドによるこの記録は、まさしく典型的な臨終体験である。1960年、ニュ
ーヨーク超心理学協会のカーリス・オシス博士は、1万人の看護婦に臨終ヴィジョンに関するアンケートを送り、
非常に多くの病人が死の間際に、すでに個人となった親戚の姿を見ていることを発見した。
SPRの創設者サー・ウィリアム・バレットも、著書「臨終ヴィジョン」のための資料収集をしてい
るときに、同じ事を発見している。)

これらの大半は潜在意識という言葉で説明される。しかし彼女の著書には、それだけでは
説明できない事例もいくつかあげられているのだ。

夏の休暇で、1ヶ月の旅行に出かけようというとき、<命令存在>が、水道管が爆発する
から元栓を締めていったほうがいいと忠告した。夫はそれを聞いて、真夏に水道管が爆発
するはずのないことを技術的に説明してくれた。だが、彼女は夫の反論を無視して、万一
のときのために、スペアキーを大工にあずけることにした。。大工もまた、7月に水道管が爆発
することはないと教えてくれた。だが実際に水道管は爆発し、大工はスペアキーを役立てて修
繕を行ったのである。

配管工事なんてまったく理解のほかだという彼女の主張を考えると、<命令存在>を潜在
意識的直感で解釈するのは、かなりの無理があるのではないだろうか。
422,:2008/07/22(火) 18:32:02
ほかにも自伝「無限の巣箱」にあげられたいくつかの事例は、彼女が「予知能力」を行使
している可能性を示している。この能力は明らかに、存在するはずのないものだ。テレパシー、
透視能力、霊媒能力(物質界と例会をつなぐ媒介として、さまざまな心霊現象を起こす能
力)、サイコキネシス(いわゆる念力、念動力。手を触れず精神力によって物体を動かす)など、
そのほかのいわゆるサイキック能力については、大なり小なり科学的な解釈が成り立つ。しかし、
未来を前もって知る能力には、いかなる説明も不可能だ。

非論理的で非常識。要するに、未来はまだおこっていないのだから、知りようがないのだ。
しかしながらヘイウッドの著書には、あらゆる合理的説明をはねつける未来予知の事例がいく
つかのっている。

たとえばあるとき、彼女の夫が、発明品の市場をさがしている発明家とであった。夫はそ
の方面の仕事をしていたので、市場開発を約束した。彼女はすばらしい考えだとその話に
賛同したが、男の名前を聞いた瞬間、「不安と反発の波」に襲われた。「だめよ。その男と
かかわってはいけないわ」。夫はいまさら手を引くことはできないといい、取引は続行され
た。やがて男は詐欺を働いて逮捕され、保釈中に自殺した。


彼女自身はこれを次のように説明している。夫は潜在意識で男が詐欺師であることに気づ
いていた。そしてそれを、彼女がテレパシーで探知したのだ。「無限の巣箱」には、夫のサイキック
能力を証明する事例も数多く紹介されているが、そうすると今度は、夫が彼女の懇願を無
視して詐欺師との共同事業に踏み込んでいったことが、いささか奇妙に思えてくる。

夫のサイキック能力を示す事例としては、次のようなものがあげられる。

大型リムジンがぶつかってきたため、私たちの小型スポーツカーは歩道に乗り上げ、街灯
とぶつかってしまった。「大丈夫だ」。夫が穏やかな声で言った。「昨夜この自己の夢を見た
よ。どこが悪いのか分かっている。タイヤをとりかえればいいんだ」。夫は車を降りて調べた。
「思ったとおりだ」。そして夫はタイヤを交換した。
423,:2008/07/22(火) 18:34:22

常識で考えれば、偶然の一致だろう。しかし彼女の息子もまた、偶然の一致では説明ので
きない能力を示しているのだ。夏休み、イングランドにいた息子がアメリカの両親の元にやってき
て、彼女に言った「ママたちの住んでいる村のことならもう知っているよ。夢で見たから
ね」。「それなら、海まで案内して御覧なさい」。息子は先に立って浜辺までおり、何百もの
ビーチパラソルの中から両親のものを選び出した。そして、「どうしてこれだとわかったの?」
と問われ、「模様を夢で見たんだよ」と答えた。

ロザリンド・ヘイウッドは、この事例がテレパシーでも解釈できることを認めている。しかし、次のエ
ピソードはどうだろう。

ある日、、、、息子がロンドンの地図を見ながら、あるとおりを指していた。息子は説明した。
これから僕が出かけると、よその人がそのとおりはどこにあるのかって僕に尋ねるんだ。
そのことは「わかって」るんだけれど、僕はその場所を知らないからね。
一時間とたたないうちに、彼の予知したとおりのことが起こった。

偶然の一致だとか、まったく見知らぬ人と複雑なテレパシー交信を交わしたのだという説明は、
あまりにも強引過ぎる。となると残る解釈はただ一つ。奇妙に思えるかもしれないが、息
子が「予知した」出来事はすでに起こっていて、彼はその「未来の記憶」を受信したのだ。
この理屈を用いれば、ロザリンド。ヘイウッドが詐欺師の名前を聞いてふいに予感に襲われたこと
も、次のように説明できる。すなわち、その男はすでに詐欺を働いていて、彼女はどうや
ってかそれを「知った」のである。
424,:2008/07/22(火) 18:52:10

何が異常かお解りですかね?  >>417-418 ヒトラー同様に、非常に美の感性の共有に長けていますが、

懐疑論者とエスパーの二枚舌の段構えの人であることが、読み取れる事になるんです。

>>419 サイキックの目覚めかけ時に、懐疑主義の哲学に精通、、、。

本人の短所を聞こえ良く通じるように表現した処世術。

あくまで、本人の見解は下される事無く読み手に見解を強いるような表現

漠然とした恐怖心や不安の共有や訴え、、、、。

425,:2008/07/22(火) 18:58:20
ぶっちゃけ、ラッセルに似ていると言うか、、、、。

>>420

そして賢明なるわが両親は、愚者の天国に住んでいるのだ。>>

この薄情で自己矛盾した自己の開示は救いようの無いものだ。


ベッドの足元を指さして悪魔と話し始めたのだ。これは偶然の一致かもしれないが、テレパシーの一例とも考
えられる。

そういう問題以前に、その手の支配力がまずい事について本人は問題にしないのか?



426白からす黒ひつじ:2008/07/22(火) 19:24:25
>>421
さらにヘイウッドのその無意識の脅迫の働きかけと無意識的駆け引きの隠蔽、
科学の不可知的見解をも利用した、バッティー的処世術。支配力で押し付けた、誘導の力
の話とも受け取れなくは無い。

だが、彼女は夫の反論を無視して、万一
のときのために、スペアキーを大工にあずけることにした  >>

彼女が爆発の力を秘めていた可能性も否定できない。

>>422しかし、 未来を前もって知る能力には、いかなる説明も不可能だ。>>

 そんな事を言ったら物理学の実験はどうなるんだ?

やがて男は詐欺を働いて逮捕され、保釈中に自殺した。 >>

催眠を掛けて、魔術的支配力で誘導して、殺すということも気客観的に考えて不可能でないことに、ご注意いただきたい

詐欺を働かせ破滅に至らせる力を秘めていたか、そのような成り行きとなるような関係が潜行していた
のなら何が潜行していたのかを言うべきであったはず。シュタイナーが最も嫌がった意味での、SPRは
最大の唯物論者であると言った根拠はそこにあります。

欲にまみれた唯心論は多いが、フロイトにまして無関心で都合の良い唯物論とはこの事。

命令存在といってもどこの馬の骨かもわからないし、、、。

ローマのペテンとインディオの人身御供は、唯物論を通してオカルトの領域に進出していた。
427白からす黒ひつじ:2008/07/22(火) 19:49:31


つまり、超能力と優生学やウィリアム・バッティ的操作の処世術と人身御供の影響力と


ローマ的ロマンチズムの犯罪と病気を利用したペテンの知恵による神秘の演出で纏め上げたものである。


>>422-423 テレパシー、、、、。つまり、煎じ詰めると隠蔽の言い換え。病気と犯罪を利用した運命的営み、、、。

428,ミジンコ:2008/07/27(日) 10:25:34
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/248


ロザリンド・ヘイウッドは二つの人格の分裂の体験をしたことがある。

ある暑い夜、私は彫刻を施した大きなベッドに横たわり、安らかな寝息を立てている夫の横
で眠れないまま、おちつきなく転々としていた。やがて、恐ろしい静寂に耐えられなくな
って、私は考えた。「もう我慢できない。彼を起こして抱いてもらおう」。

この利己的な考えを実行する前に、非常に奇妙なことがおこった。私が二つに分裂したの
だ。ひとりの<私>はピンクのネグリジェを着て、自己中心的な考えにふけりながら枕をたたい
ている。もうひとりの<私>は長い真っ白なフードつきローブを着て、穏やかに身動きせず、
無感動にベッドの足元にたたずんでいる。

<白い私>は<ピンクの私>と同じくらいの存在感をともなっており、私は同時に両方の場
所にいる自分を意識していた。いまでもはっきりと覚えている。<白い私>は目の前のベッ
ドの彫刻を見つめながら、すねたように枕をたたく<ピンクの私>がなんと愚かなのだろう
と考えていた。「恥ずかしいことだ」と<白い私>は冷ややかな軽蔑をこめて<ピンクの私>
に言った。「わががまもいい加減にしなさい。彼がくたくたに疲れていることはわかってい
るでしょう」。

<ピンクの私>は「性欲」のみで作られた完全に自己中心的な小動物で、かわいそうな夫が
疲れていようがいまいが、まったく意に介していなかった。「私はしたいようにするのよ」。
彼女は猛烈な勢いで言い返した。「あんたにだって止められやしないわ、この、白い、おり
こうぶったやかまし屋!」。彼女は<白い私>が自分よりも強く、自分が静止できることを
知っているがゆえに、いっそう腹を立てていた。
429,:2008/07/27(日) 10:27:14

移動したいという感覚のないまま、まもなく<白い私>はふたたび<ピンクの私>と一緒に
ひとつの肉体に閉じ込められた。それ以来、二人の私は水と油のように同居している。私
はごく最近、めったに記憶に残らないが、自分がその気になれば<白い私>になって、<
ピンクの私>を性欲や衝動を、(ここが肝心なのだが)自分では感じることなく、観察できる
ことを知った。

ここの体験を事実ではなく象徴として受け止めるあろう読者のために、ヘイウッドは続けて、
出産後に「分裂」した女性の事例を紹介している。

ひとりの彼女はベッドに横たわったままで、もうひとりはその傍らに立っていた。二人の「自
我」がお互いに相手をどう思っていたかという質問に対し、彼女は次のように答えた。「外
にいる<私>はまったく無感動に、ベッドの中の<私>を軽蔑しきって見下ろしていまし
た」。

こうした体験にも、ヘッケルから吸収したヘイウッドの基本的不可知論(物の本質や究極の実在は
認識できないとし、経験を超越する問題を取り扱わない思想的立場)はゆるがなかった。

430, 危険!#:2008/07/27(日) 10:32:32
>>417-427

最終的にヘイウッドの不可知論を陥落させたのは、死者との接触と思われる二つの体験であった。

最初の事件は、1930年代、外交官である夫のフランクの赴任地、ワシントンDCで起こった。

夫婦はパーティなどで、しばしばジュリアという魅力的な女性と顔を合わせた。ある日突然、ジュ
リアがヘイウッドに、手相を見てほしいと頼んできた――ヘイウッドは手相占いに凝っていたのだ。
彼女は気がつくと、ジュリアの手をとっておごそかに告げていた。「あなたは求めるものをこ
の世で見出すことは決してできないでしょう」。ジュリアも同じく厳かな声で答えた。「ええ」。

数週間後、ジュリアはペルー旅行に出発することになり、ヘイウッドに自分の写真を渡した。<命令
存在>がこれは大切なものだと告げたので、ヘイウッドは写真を受け取った。ジュリアの乗ったペ
ルー行きの飛行機はアンデス山脈で墜落し、乗客は全員死亡した。

その後、ヘイウッドの頭の中にジュリアの名前がこびりつき、幾度も幾度も繰り返されるようにな
った。2日後、ジュリアの母親にお悔やみの手紙を書いてから長椅子に横になっていると、壁
に掛けてあったウィーン風板目木版画が不意に床に落ちた。壊れたのではなかった。紐も壁の
釘もちゃんとしていた。


「机の脇に立ったまま、なぜ落ちたのだろうと考えていると、ジュリアの母にあてた手紙が
目にとまった。その瞬間、ジュリアの声が、はっきりと聞こえた。「そんなばかげた手紙を
出したりしないでよ。まっすぐ母のところへ行って、くだらない嘆きかたをするのをい
ますぐやめるように、言ってちょうだい。私はとても幸福なの。そんなこと、我慢できないわ」」。

ヘイウッドは当然ながら躊躇した。イギリス外交官夫人ともあろうものが死者からのメッセージを伝えに行っ
たりしたら、変人と思われるに決まっている。「私がためらっていると、「ジュリア」はさらに執拗に
なっていった、、、、、」。そしてついに、
431,なんちゅう支配力と誘導力だ!#:2008/07/27(日) 10:36:50

これほどおろかなことは無いと考えながらも、私は車に乗って出かけていった。何より困
ったことに、私は当時、死に直面したアメリカ南部人がどのようにふるまうのか、まったく知
らなかった。知らないままに、自分の母親なら同じ状況でどう振舞うかと考えて、ジュリアの
母親も普通の服を着て、顔をこわばらせて平成を装い、悲嘆を隠しているのだろうと想像
した。もしそうなら、つかつかと歩み寄って、そんなに嘆くのはやめなさいというのは無
意味だし、無作法になるだろう。

彼女の家に着くと、すべてのブラインドが下ろされ、玄関にカラスのように陰気な女たちが小
声でささやきあっていた。私は言った。「ハワード夫人にお目にかかりたいのですが」。

女たちはびっくりしたようだった。「とんでもない。床に付して嘆いていらっしゃいますよ」。

それできまった。「ぜひともお目にかかりたいのです」。私は言い張った。もめた末に、私
は彼女の部屋に案内された。

暗い部屋でひとり、まさしく悲嘆にくれた女性がボッドに横たわっている。私は彼女のそう
したようすに当惑を覚えながらも、ジュリアからのメッセージを伝えたが、狂人か、もしくはでし
ゃばりと罵られ、放り出されるのではないかと危惧せずに入られなかった。しかし、彼女
は顔を明るくして叫んだ「わかっていました。娘がこんなことを嫌うのは分かっていたん
です。私も嫌いですわ。おきて、こんなことはすぐにやめましょう!」。


彼女の返事は私にも奇妙な効果をもたらした。その瞬間、つきまとっていたジュリアの気配が
すっかり消えたのだ。満足して、すぐさま自分の仕事にとりかかったようだ。そしてそれ
以後、彼女の思いでは、ごく当たり前にときどき私を訪れるだけとなった。
432,:2008/07/27(日) 19:16:16

それから、20年ほど後、ロンドンにおいて、ヘイウッドは2度目の「死者との接触」事例を体験し
た。旧友ヴィヴィアン・アズボーンが、長い闘病生活の末に他界したときのことである。彼は死を
目の前にして、死は蝋燭を消すようにし人間を消滅させ、後に何も残さない、とある主の
苦々しさをこめて語っていた。

10日ほどの早朝、私は彼がくれると約束した絵を受け取りに言った。言っておくが、その
とき私は別の約束のことで頭がいっぱいで、気もせいており、ヴィヴィアンに対する感慨にふ
けっている余裕はなかった。病室に飛び込んで絵を引っつかんだとき、死のにおいとでも
言おうか、胸の悪くなりそうな瘴気が襲い掛かってきた。それが物理的なものなのか、高
感度者たちがうまく説明できないままに境界(ボーダーライン)と呼んでいるものなのか、いま
もって私には判断できない。

それから私は、それとは驚くほど対照的に、、、、、至上の喜びにあふれ、生命力に満ちた「ヴ
ィヴィアン」その人と正面衝突した。私は道で友人とぶつかったときのように、はっと体を起
こした。その後の体験は筆舌に尽くしがたく、どう語っても単調かつ無意味にあるか、劇
的になりすぎるしかないだろう。

「ジュリア」のときと同じく、「ヴィヴィアン」が心の中に語りかけてきたので、私は目を閉じて
静かに立ったまま、心を集中した。彼は仰々しく聞こえるかもしれないが霊交という言葉
が最もふさわしい、親密な方法で交信してきた。

死は消滅であると考えていた自分は完全に間違っていた。それどころか、自分は今、最も
荒唐無稽な夢よりもすばらしい視野と自由と選択肢を手に入れている。単に生きているだ
けではなく、選択肢が恐ろしく拡大されたことを力説したい。、、、、。

一瞬、私は立ち尽くした。まったく対照的な、死のにおいと、「ヴィヴィアン」の強烈な生命力
との対比がひしひしと意識される。それはまるで、両者の存在形態がまったく異なってい
るかのようだった。それから私は自分の義務を思い出、彼に「言った」。「それはすばらし
いわ。でも何か証拠はないかしら。SPRにどう報告すればいい?」。
433,:2008/07/27(日) 19:28:23
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E4%BF%A3%E5%AE%8F 荒俣宏

(この親密な統合状態において「言う」という言葉がどれほど場違いであるかは、ジュリアと
思われる存在との密接な交信を描写したときに理解いただけたものと思う。これはギルバー
ト・マリー〔イギリスの古典学者。古代ギリシア学の翻訳で有名心霊研究の分野では特にテレパシーに
関する実験で知られる〕が自身のテレパシー体験において用いた言葉によると、交感感応のよ
うなものである)。

「ヴィヴィアン」は私の質問に、言葉を飾らずはっきりと答えた。「証拠は提示できない。この
状態を表す概念はない。私的なイメージを伝えられるだけだ」。

それから私の心眼が、はるかな上空ではてしない青空を漂う「一対の巨大な白い翼をとら
えた。いかにもヴィクトリア時代らしいこの素朴なイメージは、はじめ、ばかばかしいものに思
われた。しかし、一瞬とらえた視野と選択肢と自由を表現するのに、これ以上ふさわしい
ものはないだろう。だがそれも一瞬のことだった。私はまもなく「ヴィヴィアン」との接触に
必要な忘我状態を維持できなくなり、気が進まないままに言った。「そようなら、私はもう
落ちていくわ」。

そして、死臭の漂う空っぽの部屋に落下していった。

彼女はまた、自分はほかにも死者との接触体験をいくつか隔てているが、「ジュリア」や「ヴィ
ヴィアン」体験ほど印象的ではないので、詳述しても退屈なだけだろうと語っている。

これらの体験はすべて、死者にさし迫った目的があるか、私のほうが行動に駆り立てられ
ているか、どちらの場合にも生じている。その点において、これらは憑依として知られる
現象と、区別される。理由は何であれ、憑依現象には通常、この切迫感が欠けているから
である。

言い換えると、死んだばかりの人間との接触は、死者のほうが「接触」したいと望むから
起こるのである。ヘイウッドは、たまたま彼らの交信を受信できる「開放」状態にあったに過
ぎないというのだ。
434,:2008/07/27(日) 19:35:47

ヘイウッドの体験を長々と引用したのは、次のことを理解してほしかったからである。つまり、
透視体験は、日常生活の流れを中断する奇怪な出来事ではなく、日常生活のパターンの一部、
基本構造の一部に過ぎない。

事実、ヘイウッドは「サイキック」としてはそれほど優秀ではない。ダニエル・ダングラス・ホーム(世界最
高と評された19世紀のスコットランドの霊媒。)やユーザピア・パラディーノ(二十年以上にわ
たって科学的研究の対象となり、論争を巻き起こしたイタリア生まれの霊媒)、あるいはジェラー
ル・クロワゼ(20世紀オランダの透視能力者。いくつかの犯罪事件に手がかりを提供した)やロバ
ート・クラックネル(やはりいくつかの犯罪事件に手がかりを提供したことで知られるロンド
ンの能力者)らとは、比べ物にならないだろう。彼女はいわゆる「中庸な能力者」であり、
したがって、絶好の研究対象となるのである。

また彼女は、エドワード時代の典型的上位中産階級におけるごく普通の主婦で、その階級特有
の価値観の多くを身につけ、能力者であることにいささかの引け目を感じていた。だから
こそ彼女は、いつも自身の体験に別の説明を求めようとしたのだ。

たとえば、詐欺師の名前を聞いて予感を覚えたときも、彼女は夫との間にテレパシー交感があ
ったのではないかと解釈した。名前そのものが、自分と詐欺師の間にテレパシー的接触を築い
たのではないかという時代遅れな解釈も試みたが、残念ながら男が偽名を使っていたため、
その可能性は棄却された。      ↓
    だから、嫌いなんですよ、24年から33年に渡る世代は、、、。>>423
いやいやよくでっち上げたもんだ、、、。
何だ、初めから偽名を言っていたのか、それなら、そこで、そういってくれればいいのに、
ということは、ジュリアはあたらないと思っていてわざと占いをロザリンドに頼んだとでも言いたいのかね、、、、、。
そういう問題じゃないが、いずれにせよ支配力の問題だ。
事実で分かっていたなら、そこで言てくれよ、そういう意地悪するから、人体実験が進行していくんだよ。
435,:2008/07/27(日) 19:39:46









  γ⌒⌒⌒"'-^~〜、
  ζ  ,,, ,, , , ,,, ,, , ,  ヽ
   ノ シ'"        ゛'ミ i
  (彡           ミミ )
  トシ┏━━ノヽ━━┓トヾ)
   ミ| < ● >  ;;< ● >、|ヽ)
  | ノ ゛ - ' | l ヽ - '  |トiミ
  ヽ_ヽ   、_ ,ィ   / |ノν , , , , , , , , , , ,
     | iii■■ ■■iii /| ν  
     l `ヘ三三ヲ^ l
      ト  ~""~  /
       ヽ__ ノ








436,:2008/07/27(日) 19:42:54

しかし、自分が詐欺師の名前を認知したのは、ある意味で詐欺が「すでに行われていた」
からだという。明白であると同時に不可解な説明には、大きなためらいを示した。つまり
彼女の体験は、C・E・M・ジョウド教授(イギリスの哲学者。ラッセルの影響を受け入れて新実在論
の立場をとった)がかつて「時間の確然たる曖昧さ」と呼んだものなのだ。

ヘイウッドは数多くの「透視」体験を経ながら、何事に関しても「確然たる曖昧さ」を受け入
れようとはしなかった。彼女はヴィクトリア時代の、秩序と安定を好む強い先入観を持っていた
のだ。

ヘイウッドにとっては同様に受け入れがたいものだろうが、彼女の「予知」の事例には、もう
一つの解釈が成り立つ。つまり、「霊」が情報を伝えたいという考えだ。彼女はその可能性
に直面させられた例として、あるエピソードを紹介している。

第二次世界大戦勃発後まもなく、ヘイウッドはウィジャ盤の実験を試みた。友人の医者が、実演を
見せてくれと言い出した。無意識精神がメッセージを左右する可能性を排除するため、彼女は
床に座って腕を伸ばし、テーブルの上の指示器に手を載せた。医者がメッセージを書きとめた。ジ
ョージという人物からフランクに、2日の間運転には細心の注意を払うようにという警告があった。

フランクとはヘイウッドの夫の名で、ジョージはつい最近死亡した彼の兄だった。医者は、フランクが彼
女の夫だということも知らなかった。彼女は当時ワシントンで「ジュリア」体験をしたにもかかわ
らず、「死後の生」の実在に深い疑問を抱いており(これもまた、彼女が簡単に「信者」の
列に加わらなかったことを示している。)、無意識精神が悪戯をして、このような結果を引
き起こしたのだろうと考えた。そこで、ひどく躊躇しながら夫にメッセージを伝えた。翌日、
夫が言った。「君が忠告したように、気をつけていなかったら、僕は今日、3つは大事故を
起こしていただろうね」。
437,:2008/07/27(日) 19:44:23

詐欺師の予知事例も、「霊魂」仮説でうまく説明できる。友好的な霊が、男が詐欺師である
ことを知っていたと考えればいいのだ。だがそれでも、48時間以内にフランクが3つの事故を
起こすところをどうやってジョージが知ったかは、依然として説明することができない。息
子がとおりの場所を尋ねられることを予知した事例と同じく、ここでもわれわれは、ジョウド
の「時間の確然たる曖昧さ」に逆戻りしてしまうのである。







ロザリン・ヘイウッドの体験を総体的に見て、基礎理論を形成できそうなパターンを導き出すことは
可能だろうか。

興味深い手がかりがひとつある。彼女は美に対して、異常な感受性を持っていたようだ。
子供のころインドで、父親が山の頂上に積もった雪を指差して言ったことがあった。

「ごらん、子供たち、雪が積もっているよ」。

私たちは長い間、それを見ることができなかった。視線が低すぎたのだ。ついに、コバルト色
の空にそびえる世界で一番高い山の一つ、白く輝く神々しいカンチェンジュンガが目に入った。そ
のとき私が味わった、高知にいたたまれなくなるほどの感動は、いまも昔も筆舌に尽くし
がたい。それは、子供っぽい生き物が霊の息吹を浴びて内なる何かを目覚めさせ、二度と
無垢で入られなくなったかのようだった、、、、。
438,:2008/07/27(日) 19:46:04
イギリスに戻ってからも、彼女は高地のことを思い出してはしばしば悲鳴を上げることがあっ
た。数年後、彼女は晩餐会で隣に座ったチベット探険家に、高知が自分にとってどのような意
味を持つかを説明した。「一瞬の間をおいて、彼は私が聞きたかった2語を発した。それは、
「それらの存在」という言葉だった」。

彼女はまた、インドから帰国して以後、祖父の家の寝室にいた老女のような「下等な存在」
を感知できるようにもなった。

ロザリンド・ヘイウッドはこのように、美に感動した体験を数多く語っているが、その素朴な真摯
さは、「審美主義」などといった言葉とは無縁のものである。
例えば彼女は、ショパンのバラード変イ長調の名曲を聴いたあと、「色彩鮮やかな壁を持ち、東の
端が吹き抜けになって夜空と星が眺められる、大理石でできた巨大な楕円形ホール」の幻
覚を体験した。そして夫がごくそっと手を触れたとき、蹴飛ばされたかのような衝撃とと
もに地上に引き戻されたのだ。

彼女の体験は、近代インドの聖者ラーマクリシュナ(インドの哲学者・宗教家。すべての宗教は唯一の
究極的真実にいたると説いた)の幼少期を思わせる。ラーマクリシュナは子供のころ、米の入った
大きな鉢を持って沼地を歩いているとき、白い鶴の群れが黒い嵐雲を横切って飛ぶのを見、
その美しさに圧倒されて気を失い、米が当たり一面に散らばったという。ラーマクリシュナはのち
に、忘我の境地で意識を失う「神の恍惚」状態、「三昧(サマディ)」(サマディはヒンドゥー教用語で
いわゆる瞑想・観照を意味する)にはいるようになった。
439,:2008/07/27(日) 21:00:12
こりゃ、人体実験の処世術、、、。そりゃああなるか、、、。

、、、、凄まじい、、、。

荒俣宏 激触手過ぎ

ヘイウッドにとっては同様に受け入れがたいものだろうが、彼女の「予知」事例には、
もう一つの解釈が成り立つ。つまり、、「霊」が情報を伝えたという考えだ。
                                      >>
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/536 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/629

、、、www、、、。 悪霊と言う事になるんですがね、、、。

コリン・ウィルソン  激しくウィリアム・バッティの臭い、、、。 この人、人体実験の操作の問題には触れていない。

そのまま、考古学の領域に来てる、、。詐欺しにしても、ジュリアにしても、そこまで歪曲する?

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/565

>>434 何で今頃言うとんのか? コリンウィルソン  激ワロタ
440,ミジンコ:2008/07/27(日) 21:21:21

恐らく、イギリスは、ナチスに関して、出たら目な情報操作と意識操作の世界に対する無関心な本音の働きをして、

優生学のアメリカの精神医療による大虐殺から目をそらせたと言う意味で

今後、世界各国から、袋叩きにあう事になるに違いない。イギリスは、歴史的に

大きな傷を負う事になる。最終的に、長い歴史の流れから見ると、中国や特にインドから

笑いの対象として扱われる事になるのではないかと言う懸念すら抱かせる。

チショルム以前にヒトラーがいて、ヒトラー以前に、ラッシュの一見人道主義と黒人病の『発見』の奇妙な矛盾に

見えなくも無い陰湿で悪質な権力主義があり、それ以前に、ダヴィンチの狂気があり、それ以前に、

ローマ法王に関する影響によるテンプル騎士団の冤罪があり、ローマのキリスト教以前に、犯罪と病気の巣堀のローマ帝国そのものがあった。
        (勿論、転生を否定しない本当のキリストの元祖の流れを汲む迫害され続けて来たカタリ派は、例外だが、、。)
ただ、エジプト文明やそれ以前の原始時代の名残を見る限りは、どう見ても人間の進化上、ローマの出現は避けられなかったと思う。

あれだけ長い歴史の流れを下って来る変動の中での放置されてきた歪みが、根本的な人間の進化の限界の現れとして、

あのような現れを取ったとしても驚くにあたるまい。この流れから見ると、ローマのキリスト教や、ダビンチやラッシュやヒトラーやチショルムは、

ローマ帝国の流れに乗った犯罪と病気に侵された者と判定される事になると思われる。

http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/248  >>分割脳の研究、、。やだ怖いこの人

最期の考古学が正しいのが皮肉、、。イギリス人ばっかじゃねー?

そっちのほうは、ケチりすぎて、凍死者を出す話は聞くが、今度は餓死者を出すんじゃねーぞ#

大偉業もしてのける事もあれば、大嘘もやってのける、、、、。だからイギリス人はやだよ#


>>437-438

主観による美しさと醜さに関する偏見による優生学を潜ませている。

異常な感受性に関しては、熱狂性や病的で、つまらない事に執着していると言うか、

麻薬の常習の精神異常に通じているものがある。

蹴飛ばされたかのような衝撃とともに地上に引き戻されたのだ。 >>

ロザリンドは、オーバーで、つまらないことに執着して、神経過敏 、もっと大切な事はある。

ラーマクリシュナを引き合いにして、敷衍してでっち上げるコリン 

 、、、、こんなことをしてもだめなのに、、、。

さすが13星座で分裂のふたご座、、、エライ!

 忘我、、ですか、、、。アブなかしい、、、。
442,:2008/07/27(日) 21:27:07
忘我、、  >>  、、、ですか、、、。 、、、へぇ、そう、、、。損なこと言ったって騙されないぞ#
443,:2008/07/27(日) 21:28:45

、、、やだ、このパソコン、、、。

損なこと言ったって

損じゃないです、、、。
444,:2008/07/27(日) 21:32:10

主観による美しさと醜さに関する偏見による優生学を潜ませている。 >>

ヒトラーに通じています、、、。


  
445,ミジンコ:2008/07/27(日) 22:46:09

>>434 支配力、、、、、私は、この支配力について非難しているんです。
ブルジョアの議会制の影響力の問題ですよね、、、。

http://human6.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1167408327/l50
3度目の奇形児スレ(詳しくは4度目)人間改革スレッド、又は、
正攻法の正規の元祖人権スレッド  半年だが、長い道のりだった


446没個性化されたレス↓:2008/08/03(日) 19:15:34
わたなべのぞみ 27歳女
・嘘つきまくり
・裏切りしまくり
・約束守らない
・逆ギレしょっちゅう
・マザコン&ブラコン
447:2008/08/30(土) 10:52:11


http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1157202981/403

ERROR:連続投稿ですか?? 8回

ホストsoft
一週間の間に、この事件は全世界に伝わった。その一週間、2人の青年は何度も何度も事件
について聞かれた。中には、彼らのいうUFO事件をそっくり信じる人もいた。反対に、彼

ケツの穴の小さい板だぜ、、、、。

448、双子問題:2008/08/30(土) 10:59:13
二重のトラブル  http://set.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/697



一卵性双生児の中には非常に似ているので、何気なく見ると、彼らが人格も何もかも同じ
人ではないかと思えてくる。


とても信じられないようなことだが完全に分離して育てられた一卵性双生児が、一緒に育
てられたものより、より多くの類似点を示すことがある。しかし、彼らを10代のはじめま
で追っていくと、たとえそれが違った服装をしたというようなことであれ、それぞれが個
性的な欲求を抱き始めていることが分かる。しかし、そういうこともなく、1人の人間のよ
うに育つ一卵性双生児もある。1人の人間のように育った一卵性双生児の中でもっとも衝撃
的なケースは、1980年に世間に知られるようになったグリータとフリーダのチャップリン姉妹の場合であ
る。彼女らは平穏を損なうような態度を示しがちだというので、イギリスのヨーク州治安判事の
前に引き出されたのである。2人は、以前はふたりだったケン・アイブリンを15年間苦しめ続け
たというのだ。彼を追い回し、運転手として働いている勤務先のガラス工場の外で張り込み、
口汚くののしり、ハンドバッグで殴りさえするということだった。しかし、精神科医やソシ
アル・ワーカーやジャーナリストがこのケースに引かれたのは、彼女らのアイブソンへの異常な執着のせいでは
なく、この双生児が完全な共時性で話したからである。

2人はほかの点でも、彼女らが事実上一人の人間であることを示していた。考え方、話し方、
行動がそっくりだったため、子供たちは彼女らを魔女と思い、道路で石を投げ、大人は面
と向かってつばを吐きかけた。彼女らは普段、敬遠されていたのである。

ふたりは同じグレイのコートを着ていたが、もともとは片方にグリーンのボタン、他方にはグレーのボ
タンがついていたのを、それぞれ2つずつ取り外し、両方に同じグリーン、グレーのボタンがつい
ているようにしてあった。2種類の手袋をもらうと、2人は当然のように片方ずつを取った。
似たようなことが色違いの2本の石鹸で起きたときは、まさに苦痛だった。2人は泣き出し、
問題はそれを半分ずつにすることで解決した。グリータが気管支炎で薬を処方してもらうと、
フリーダも同じものをくれとねだるのであった。
449:2008/08/30(土) 11:06:11
222 KB
450:2008/08/30(土) 19:27:19


このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]
ほんまかいな !?  事実検証スレッド  [噂話]
    歴史学     スレッド [世界史]
テ ン プ ル 騎 士 団   ス レ ッ ド [オカルト]
正攻法の正規の考古学・百鬼夜行の戦慄のデスマッチ [考古学]
451:2008/09/02(火) 10:24:12
同一人物のように話す













2人の食べ方は一致していた。ゆっくりフォークとスプーンを一緒に持ち上げ、料理は一品片付け
終わってから次のに取り掛かる。しかしもっとも不思議なのは、彼女らが同じ言葉を同じ
ときに使うことだった。特に興奮したり、ストレスがあると、そうなった。だが気をつけて聞
いていると、一方の発音はわずかにほかより遅れていた。

2人はまた一卵性双生児に特徴的な鏡像を示した。鏡像で典型的なのは。一方が右利きで他
方が左利きという場合である。頭髪の右利きと左利き、一方の右手親指の指紋が他方の右
手親指のそれにほとんど符合している。また、同じようなしわが双方の耳に出る。双生児
の写真は、もしネガをひっくり返せばほとんど同じになる。

チャップリン姉妹は互いに鏡像の身なりをしていた。何気なく見る人には同じ年か見えなかった
が、彼女らはロングスカート、調和しない色彩、ヘッドスカーフといった風変わりな格好をしていた。
グリータが左手首にブレスレットをすると、フリーダは右手首にもした。もし、どちらかが靴の紐を切
ると、他方はそれと対照的になる自分の靴の紐を抜いてしまうのだった。
452:2008/09/02(火) 10:40:49

どっちかがS嬢で、どっちかがM嬢みたいだな、、、。

とくに、1卵性双生児には顕著であるといえるが、性的異常は、犯罪性の表れという

側面があると言えるでしょう。それなりの身なり風貌に現れる事を意味するわけですが、

つい最近まで、ツンデレだとかが人気を博すような有様です。S嬢だとかM嬢だとか、

魅力があり、あたかも、優れているかのように受けたりするカリスマを持つ事があるようですが、

それは、自己逃避が、自己逃避を生みだしている有様であると言えるでしょう。

http://set.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1187369832/256
453:2008/09/02(火) 10:42:30
それは、自己逃避が、自己逃避を生みだしている有様であると言えるでしょう。
               ↓
それは、現実逃避が、現実逃避を生みだしている有様であると言えるでしょう。

ともいえるだろう、、、。



454:2008/09/02(火) 10:44:17


2人にインタヴューするのは困難だったし、不可能にも思われたが、あるジャーナリストはそれにこぎ
つけた。「ウーマンズ・オウン」」誌のスー・ヒール記者は彼女から発言を引き出している。「私たちは非
常に親密なので、一人の人間とまったく変わりません。私たちはお互いの考えていること
が正確に分かります。なぜなら2人はまさに1つの頭脳をしているわけですから」 スー・
ヒールはこう述べている。「彼女たちがいつの間にか姿を消してしまって、自分は彼女たちの
夢を見させられたままにされるのではないかと不安になって、「不思議の国のアリス」の何か
みたいにおずおずと話をすることになる」しかし、彼女は2人の信頼をかちえたに違いな
い。彼女らが違った下着を着けていることを発見しているからだ。

姉妹らは口論もした。同一のハンドバッグで軽くだがたたきあったり、何時間もむっつり
寝込んだりもした。もし2人が同じ人間なら、どうやって口論ができよう。

2人の成育を綿密に調べてみると、彼女らの異常なまでの一体感は両親、特に母親によって
積極的の助長されたものであり、彼女はふたりに同じものを着せ、友達を持つことを許さ
なかった。2人は知能面で異常は無く、ヨーク自宅近くの中学校に通っていた。当時の教師や
生徒仲間は2人はきちんとしていて、清潔でもの静かであったことを記憶している。そし
て、一番進度の遅いクラスであったが、読み書きはそのクラスのほかの子供と同じにできたので
ある。この学校の教師は2人がなぜ現在のような神経症になったかということについては、
疑いを持っていない。「2人が別々のものになっていることを一切許さない、子煩悩な母親
を持ったことは明らかです。、、、、、ほかの子供たちは2人を幾分変わっているとは思ってい
たが、当時あの子らがひどく孤立しているとか、周囲に適応できないということは無かっ
たと思う」 そのころはまだ2人が同じように話すということは始まっていなかった。
455、↓ツンデレ:2008/09/02(火) 19:53:25
     >′.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ.::.::.::.::.::. \-.::.::.::.::.:\_.::.::.\´ /::::: /::::::/::::::: :|:
.     /.::.::.::/ :.::.::.::.::.::.:: |.::.::.::.::.::.::.|::\.::.\.::.::.:\`\∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |:::
    |.::.:: /.::.::.::.::.::/|⌒:j.::.::.:.:::.::.:: |.::| _\.::.ヽ.::.::. ヽ ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l 
    |.::.:/.::.:: /.::.::.::.: | .:/ \.::.::.::.::.:レチ斤| ト.::.',.::.::.::.:l //∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  
    |.:/.:,'.::.::|.::.::.::.::/|:/__  ヽ.::.::.::|ち:::| {.::W\.::.j   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::| 
.     Y.:/! .:: l.::.::.: / ィチ行   ヽ.::.| Vヒi ',::.l   ∨    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::
     レ.::|.::.::.|.::.::.ハfヘノ:::::ハ   ∨    ・}.::.l       |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::
     lrーゝ、∧.::.l∧ V;少''     _'    イ.::.:|.       W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧
     j \ \∨.::. ヽ, -、    こ.ノ ∠l | ::.:|          /::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l
.     ,'.::.::.( ̄`ヾー、_/ /、 __ ///}│ .:l           / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::
.     /.::.::.: ( ̄ ヽノ    {\   ハ /V/│.::.!        ,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く::
   /.::.::.::.:r'¨`ーt'   ノ.::. \ー‐'´| 川{ ∨リ         ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  
.  / :.::.::.::. `ト ー′  イ \.::ヽ\ | // ノ           i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー
 /.::.::.::.::.::.:人ゝ、_   lノ ハ.:.:}∨ヽ!シイ             |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_
/.::/.:::.:::.::.::〃 \ \/ /) V二ニ¨´¨`ヽ           |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_
昔は、はなたれのはずだったイメージの子供、、、。
456白からす黒ひつじ:2008/09/02(火) 20:59:10
>>453  欠点を戒めないどころか評価するのは、マズイ、、、。

この手のカリスマを喜ぶ事が美徳と写るような世になるという事は、そのような世の中心には、

キチガイが枢軸を為している有様に他ならない、、、。私が敏感になるのは闇の優生学の評価とか

大多数が犯罪の肯定を行なう大規模な犯罪的事態が起きそうな時である、、、。

ツンデレの評価は極めてきわどい状況である事を告げていると解釈されるべきである。

457:2008/09/02(火) 21:10:11

実は、ツンデレであることが、強さを表すとは限らない。ツリ目はあくまで状況を表すものと解釈されるべきである。

ツリ目になる状況というのは、人それぞれ異なる事はお分かりだろう。中には、滅多にツリ目になる事の無い人もいる。

ツリ目ということは、その人の資質の強さの表れと表面上思われたとしても、より深層の本性の弱さの現れであるととらえるべき

場合もあるという事なのである。


見かけ上の固定観念による価値観ほど恐ろしい物は無いと言わねばならないでしょう、、。
458タイガードラゴン:2008/09/02(火) 21:25:36
人それぞれ、人相や風貌の犯罪性の表れと言うのは、似たパターンを為す物から、

全く共通点が見出すのが困難なほどに異なった物まで、様々であると言えるだろう。
(特に闇系と光系の価値観の違い等は、、、)



存在を、美、醜、虚、実、と言う側面において捕らえたとき、

虚と実とともに美と醜と言う両極性の角度でとらえる事が出来る。


行動に現れる犯罪性  表面に現れる犯罪性  表面に現れない犯罪性

同様に

行動に現れる健全性  表面に現れる健全性  表面に現れない健全性  

などのレベルがあると言えるだろう、、。

459めいちゃん:2008/09/02(火) 21:33:59

犯罪学の観点からは、法律に触れにくいが最も凶悪な種類の犯罪的営みがあって、

目に見えない領域での健全性を損なう働きを、場合によっては人知れずにまで、

しでかす種類の悪人の存在の問題があると言えるでしょう。

常識的には、それは、普通に単に、個人の道徳の問題であるといわれています。

学問的に考えると、心理学から宗教から考古学の領域にまで至る種類の話であると言えるでしょう。
460:2008/09/02(火) 21:41:41

>>452

すでに、精神的弱さの現われが見られる双子の姉妹の話ですが、すなわち育ち方に

その不幸の原因の存在の指摘が見られる事になる事は明らかです。

精神医療上、障害の原因がその生い立ちにある訳ですが、双子の犯罪に繋がり得る引きこもり

に相当する営みが進行していた事が野放しになっていた事が問題だったという事になります。

461:2008/09/05(金) 08:48:41
>>455

右がツンデレで左が触手系
462:2008/09/07(日) 09:58:31

休日や雨の日は、触手系のおっさんが近くにいるから辛いな、、、
463:2008/09/07(日) 09:59:27
文すら読めない状態と言うか、、、、
464没個性化されたレス↓:2008/09/15(月) 21:01:26
肉体離脱したことがないので確実なことは言えないが、死んだら視覚、聴覚、味覚も
ない家にある新聞紙やフライパンと同じ無機質になってしまうのかねぇw
465:2008/09/18(木) 21:02:14
SF作家ブライアン・オールディスの小説に、人類の実存に関して何がしかの意味があるとかねてか
ら思っていた短編がある。「外側(アウトサイド)」という作品だ。

男4人、女2人の6人がどことも知らぬ家で暮らしている。毎朝起きて倉庫を覗くと、不
思議なことに食料が入っている。6人は日がな1日飽きもせず、トランプなどをして愉快に過
ごし、夜になればベッドに入る。自分たちの暮らし方にも、そこにいる理由にも疑問を抱く
様子はない。

ある夜、ハーレーという男がどうも不安になって無理やりおきていることにする。すると別の
男が寝室を出て倉庫へ行くのが見える。倉庫を覗き込むと、奥の壁が開き、階段へつなが
っているではないか。

ひどく不安になったハーレーは同室者の一人をゆすり起こした。「何か変だ。外側への出口があ
るぞ。自分たちの正体を確かめなくちゃならない。何か恐ろしい実験でもされているか、
全員怪物なのか」。しかしそういうあいだにも、その同室者はみるみる解けて棒切れのよう
な昆虫の姿に変わってしまう。ハーレーはなんとか外側に脱出する。自分が何者なのか、なに
をしているのか知りたいという欲求で頭が一杯で、あの家での年月を騙し取られたような
気分だ。見えた建物のほうへ走っていってドアを押し開けると、そこは照明のきいた部屋だ
った。

「出てくるのに4年かかったな」。机の向こうに座っている男が説明し始める。地球はニティテ
ィアンという昆虫型生物と戦争状態にあった。地球上にやってきたニティティアンは人間を殺し、そ
の人間に成りすましてしまう。ある種の自己催眠を使って人間の姿を維持するのだ。彼ら
は人間そっくりにふるまうように条件付けされている。
466:2008/09/18(木) 21:15:08
人類は複数のニティティアンを捕虜にした環境に抑留し、その中に人間を一人、観察者として送り
込んでおいた。

その人間が特に何もせずにぶらぶらしているので、ニティティアンもぶらぶらしている。自分の居
場所がどこか、誰が食料を配達してくれるのか、家の外がどうなっているか聞こうともし
ない。ただひたすら自分の置かれた環境を受け入れるだけだった。

倉庫から出て行くのをハーレーが見た男はその人間の観察者で、夜になって勤務を終え、出て
行くところだったのだ。

聞かされた話の意味が分かって愕然としたハーレーは、大声を上げる「おれは(ニティティアンなんか
じゃないぞ、、、、)」。だが、その瞬間みるみる自分の身体が溶解し、昆虫の姿になっていく
のをかんじる、、、、

宇宙の果てはどこなのか議論した学校時代のあの日以来、わたしはずっとこのハーレーのよう
な気分だった。表面的には、この世界はごく普通に見える。ちゃんとした町に生まれたし、
両親がどんな人間かもわかっている。学校で歴史を習ったし、やがて科学に興味を持つよ
うになると宇宙のことや人類の進化について学んだ。何もかも正常で安定しているように
思えた。H・G・ウェルズに熱中するようになって

存在のあらゆる謎も最後には科学が答えを出してくれると教わってからはとくにそうだっ
た。ところがある日、宇宙の果てなどまるで検討もつかず、自分が何者で、何をやってい
るのかもまったくわかっていないことに気付かされたのである。すべてに答えがあるよう
に見えてはいた。だがじつは、われわれはみなオールディスのニティティアンと同じ立場におり、催眠
術をかけられてなんでも鵜呑みにする受身の状態にいるのである。
467:2008/09/18(木) 21:16:57
仲間の人間のほとんどは、こうした疑念にはまったく無縁のようだ。それなりに悩みを抱
えてはいても、何もかもがばかげた茶番か欺瞞かもしれないなどとは思ってもいないよう
に見える。私のほうはといえば、誰かに担がれているのだという疑いをずっと抱いていた。
無名詩人ウィリアム・ワトソンに「この世の不思議」という詩がある。

部屋から部屋へさまようものの
姿を見せ無この館の主
今日のこの日に至るまで
賓客とも囚人とも知れぬこのわが身

心霊主義に興味をもった子供のころ、はかない一生の仕上げをするのは眠りなのだという
シェークスピアの考えより、死後生存のほうがずっと理にかなっている思ったものだ。とはいえ、
根本的な疑問が解けたというような気がしなかった。死後も自分が存在すると分かったか
らといって、「自分はここで何をやっているのだろう?」という疑問が解けたわけではない。
「自分はここで何をやっているのだろう?」という疑問が「自分は向こうでなにをやるの
だろう」という疑問におきかわっただけなのだ。

一つだけは確かだった。超常現象の驚異的な諸問題や、別の銀河系や次元からエイリアンが地球
にやってきているのかいないのかといった事柄にわが人間同胞たちがほとんど関心を示さ
ないのは、オールディスの短編小説の登場人物のように、不可思議な、催眠にも似た受動態にあ
るためらしいということだ。人々の安全を求める気持ち、異なるものの進入に異議を唱え
る心情が理解できるくらいの気持ちは私にもある。だがそれは、現実から目をそらすのと
同じではないだろうか。
468:2008/09/18(木) 21:20:23
同じようにばかばかしさを感じたのは、スティーブン・ホーキングなどの天文学者たちの、宇宙は150
億年前にビッグバンとともに誕生したとか、物理学はまもなく万物の法則を作り上げ、宇宙
についてどんな疑問にも答えが出るという主張を聞いたときだった。もしそうなら当然、
神が存在するとい仮定は不必要になるわけだ。しかし、自分には宇宙の果てがどこか分か
らなかったことを私は思い出し、そこでホーキングもまた現実から目をそらしているだけだっ
たのだとはっきり知った。神が存在するという仮定はおそらくは不必要なのだろう。また
神を厄介払いしようというホーキングに異を唱えるつもりはまったくない。だが、なぜまった
くの無ではなく、事物が存在するのかという問題が解決できるまでは、そういいきる権利
はわれわれには無いと、単純に思うのだ。それでは科学的ではない。

同じことが生物学者リチャード・ドーキンズについてもいえる。厳格なダーウィン進化論であらゆる物
事が説明でき、生命とは物質から偶然に生じた存在に過ぎないとドーキンスは信じている。だ
がドーキンスはこの根本的問題に、そんな偶然など存在しないというふりをしながら応えよう
としているように思える。
469:2009/01/01(木) 19:50:42





,


470:2009/01/01(木) 19:51:16
明けましておめでとう御座います、、今年もヨロシクお願いします
            /;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           /;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;l;|
              |;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/リl;;;| ゙、;;;;;;;;;;;;;;|リ
          |;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;/l,,ノ;/  |/   lハ;;;;;;;;/
          |;;;;;;;;|j;;;;;;;;〃/l∠ニ'"      ‐ニ、 l;;/
              |;;;;;;;;l;;;;;;;;/'" ,r''{。;;;;;l`    , 〈 l。;;;}.〉 |_
           |;;;;;;;,-、;;|   ヽ`ー''"    ゙、 `ー'''  | |
              ゙、;;;|''ヽ l            , /      |ノ
             ヾ、ヽi                  |
              入__ ,、         ,.-、     /゙、
              l;;;;;;;;;;ノ \       ̄    /;;;;;;l
                ヽ;;;〈  | ゙ヽ、.        /ヽ;;;;;;ノ
               /;;;;;ヽ  |    ゙''‐- ,,_ ,.イ  /;;;;;;;ヽ
471没個性化されたレス↓:2009/04/06(月) 20:49:50
         ./^l、.,r''^゙.i′
         l゙:r i:i′ .|            ど ん な  か な し い こ と が あ っ て も
      :i^¨''iノー-i (_.vv,、
      i.、/:::::::::::::::::゙彳_ >
     _,ノ i::::::::::::::::::::.('`,.ヽ         や せ が ま ん で も い い
     ( 、:|:::::.i;i;i:::::::::::i:.'^゙'<
     '' ::.!:::::.ii;i.|::::::::::.i‐ ,フ''
    .< :::i::::::.ii;i;|:::::::::.,「=(          ひ の あ た る ば し ょ で
     `ー::|,.:::::i;i;::::::::::/.\^':、
      ./゙,r|:::::::::::::::::,i゙.'!'=;^′
     .) ,/ソ,:::::::::::,l'_ .).:r          つ よ く い き て い こ う と お も ふ
      ゙'レ'´i''!゙ー/'(゙゙ | .|
         | ._,i'!(冫.;i .|
            .. |. |           そ う  た ん ぽ ぽ の よ う に
              .! .i   ._,,,‐''^^'''''>
    、....,,,,..,,_      ! .;! .,/'゙`,_   .,ノ
    \  .⌒\  │ .|!.,,iミ/ ._,,,./′
      i  '^'''‐、..゙'hノ| .|厂 . ̄′
     .ヽ_    ゙メリ| .|
         ̄ ̄   |. |    ._,,,‐''^^'''''>
472,:2009/06/09(火) 10:05:35
食虫植物↑
473没個性化されたレス↓:2009/07/22(水) 09:22:40
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                    ヽ
     l     /\                 l
    .|              /\      |
     l  , , ,                  l   
    ` 、        ○      、、、   /        
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´   
        ./        ___ l __
         l   ./    /  |/ |
         `ー-<    /  ./  ./
           `ー‐--{___/ゝ、,ノ
474没個性化されたレス↓:2009/12/25(金) 15:39:14
           __
         /:::::::::::::::\
         i:::::::-‐―-::::i
       //.:::i::::i::::i::::i:::.ヽヽ.
       /:::/..::/      ヽ::ヽヽ
      /::/::::/ ─    ─ l::::i::i
      |::::i:::l <●> <●>l::::i:::|
      |::::i:::l    △   l::l::::|
       ̄しヽ  'ー=三-' /ソ ̄ 今 逢いーたいーーーーあなたにー
          l\     /
        ,,,-7 `ー一´_
       / / y'"  ,,,--~  ̄ヽ
475没個性化されたレス↓:2009/12/31(木) 19:59:31
<< 妄想よりも奇なる現実の犯罪世界へ ようこそ! >>

集団ストーキング/ガスライティング犯罪の被害者も
 そこの煽り屋と愉快な手下たちも
  みんないらっしゃい

  死ぬ前に 先生と呼ばれる職業に就く人たちがどの程度の人間か観察、観察

★★思考盗聴システムと心理学★★
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1195716994/l50
精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart54
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1259676862/l50
教員のうつ病
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/edu/1258361721/l50
476没個性化されたレス↓
自分がサトラレじゃないかって・・・  
http://talk.milkcafe.net/test/read.cgi/kokoro/1109686342/l50