10年前のノートパソコンを

左は2GbyteのHDD。右は1GbyteのコンパクトフラッシュとCF→IDE変換基板
 ここ2年ほど、電源も入れていないパソコンが1台だけあった。10年ほど前に発売された東芝のLibretto60で、もう5年ほど前にヤフオクで買ったものだ。
 旅行の際に持ち出して、デジカメの写真を保存したりはしたけど、最近はぜんぜん使う機会がない。
 さて、ヤフオクを見ていたらコンパクトフラッシュをIDEに変換する基板を見つけた。
 昨今、SSDという名前のHDDの代替となるシリコンディスクが流行(?)だ。
 そこで、ふと思った。安いコンパクトフラッシュと、このIDE変換基板でSSDもどきが作れるんじゃないかと。
 結果、簡単に完成。
 IDE変換基板は4000円ほどしましたが、コンパクトフラッシュは1Gで2000円程度。
 10年前のLibretto60が、最新の!?HDDレスマシンに!1Gしかないけど。
 しかも、CPUは100MHzで、メインメモリ32Mbyteしかなく・・・。これでも最大。
 問題は、用途で・・・。何も考えていない・・・。
 みみずんさーばーの異常発生時に警告音を出すだけの監視パソコンにしようかしら。
 ちなみに写真の変換基板はCFをマスタースレーブと2枚搭載可能ですがリブレットで認識できるのは1枚だけでした。1枚用なら2480円。
 参考:変換基板、製造発売元 ARTMIX CF-2.5"IDE変換アダプター
 以下、作成メモ

1.IDE変換基板にCFを接続。
2.デスクトップパソコンに1を接続
3.Windows95や98の起動ディスク(MS-DOS)から起動しFDISK、FORMAT、SYSをする。
  NT4をインストールする場合はFATで。
4.今回はNT4をインストールしたのでCD-ROM内のi386フォルダの中身を全てコピー。
5.CFをUSBリーダーに接続して東芝USAよりダウンロードしたユーティリティやドライバーとsp6aもコピー。LANカードのドライバーもコピーしておく。
6.1をlibrettoに内蔵して起動させる。
7.起動を確認したら。。。> \I386\WINNT /B でインストール。
  もし、LOCKなんちゃらのエラーが出たら、リブート後にLOCK C:
8.ディスクのNTFS変換はいつでもよいが、後にやっても面倒なので今行う。後にやる場合はconvertコマンド。
9.インストールが終了したらsp6aのインストール→リブート
10.東芝ユーティリティのインストール→リブート。サウンド、VGAドライバーもインストールする。
  この段階でシャットダウン後の自動電源断が有効になるが、sp6aをインストールすると無効になる。
  アクティブデスクトップの機能が必要な場合はIE4をインストール。
11.\WINNT\system32\hal.dllをコピーして保存しておく。(自動電源断の無効対策)
12.再度、sp6aをインストール→リブート (東芝ユーティリティのインストール後にメニューが英語になる。この対策)
13.11のhal.dllを\WINNT\system32\に戻す。
14.SRPのインストール。必要に応じてIE6のインストール。
以上

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mimizunが2007年6月 7日 01:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「温泉行ってきた。」です。

次のブログ記事は「国道7号線の走破と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.7

アイテム

  • スカイタイム
  • Ingress 国際通り
  • 確認くん
  • iPhone 設定画面
  • JAL SKY Wi-Fi 接続が完了しました。
  • JAL SKY Wi-Fi パス選択画面
  • JAL SKY Wi-Fi ご利用ガイド
  • JAL SKY Wi-Fi
  • 那覇空港22番ゲート
  • A&W ルートビア