格安航空券で沖縄へ

 エアアジア改めバニラエアが2013年12月20日から就航するにあたり、1000円で航空券を発売するというので、成田-那覇の往復をとってみました。2013年11月1日の15時から予約開始なのですが、ウェブサイトにアクセスが殺到しているのか非常に重く接続が切れまくりで予約をするのにも困難だったのですが、なんどかリトライするうちに22時ごろ1000円の「わくわくバニラ」なる運賃プランで予約が完了しました。実際の支払価格は往復運賃2000円+支払手数料200×2=2400円。支払手数料が2回分というのが納得できないのですが、まぁ安いので。

わくわくバニラ

 チケット購入から2か月とちょっと待ってようやくその日がやってきました。まずは搭乗48時間前にウェブでチェックイン。予約時に座席指定をしていなかったので、どの座席になるのか「わくわく」しましたが、シーケンスナンバーを見るに1番目でとれた座席は1Aと最前列の窓側。

 移動は搭乗の前日から。成田までは早朝家を出れば十分間に合うのですが、もし電車が止まったら旅行がすべて終わりなので保険のつもりで前泊です。ホテルにチェックインして千葉県コロカをゲットし、荷物を置いたら外出。

千葉県コロカ

 京成成田駅から電車に乗って日本一短い私鉄の芝山鉄道をのりつぶします。ほんの数分で完乗。駅前を散策するにも特に何もありません。さっさと折り返しの電車で成田に戻ります。

芝山鉄道

 初詣をまだ済ませていなかったので、成田山新勝寺へ。何年振りだろうか。昔参拝した時は元日でものすごい人ごみで参道をあるくにもおしくらまんじゅうだったのですが、すでに1月中旬で暗くなっている中では参道を歩く人もまばらで多くの店も閉まっています。参道はこんなに長かったかなぁと歩き続けて新勝寺に到着。お財布の小銭を投げてお参りをしたら、ホテルに戻り就寝

 成田山新勝寺

 朝、ホテルの送迎バスで成田空港へ。

成田空港 検問所

 「わくわくバニラ」は手荷物を預けると追加料金を取られるので、沖縄では邪魔になるコートとマフラーをコインロッカーにおさめます。成田空港内をぶらぶらしてバニラエアの待合室へ。搭乗がはじまり、バスに乗って飛行機のそばに降り立ちます。

バニラエア搭乗中

 これがバニラエアかぁ。座席に座ると意外と広い。あらかじめ座席指定を受けておけば追加料金のとられる席なのでちょっとお得でした。ただし、一番前の座席なので、荷物はすべて頭上に収めないといけないので機内販売用に小銭だけはズボンのポケットにいれておきます。ペットボトルをシートポケットに収めるにはキツイ。

バニラエア1A

 成田空港を飛び立ち電子機器の利用がOKになるころに銚子が見えてきます。

バニラエアから銚子を望む

 ホテルは素泊まりで空港でも朝食をとっておらず、楽しみにしていた機内ではクリームパン(200円)を購入。つめたくて、パンはしっとりしていておいしい。あっというまに完食。

 バニラエア クリームパン

 那覇空港には定刻に到着。

那覇空港のバニラエアとpeach

 まずはコロプラの位置登録。移動距離1585km。沖縄は遠いねぇ。

コロプラ 位置登録

 バニラエアやピーチは立入制限区域内のLCCターミナルに到着するので、徒歩で出ることはできません。一般のターミナルへ無料バスで移動しなければなりません。

那覇空港LCCターミナル行きバス

 那覇空港からは乗継をするので、まずはJTAで搭乗券を発券し、乗り物コロカをいただきます。去年はオレンジ色のコロカだったのですが、今は青色のコロカなのですね。

日本トランスオーシャン航空 乗り物コロカ

 さて、何かと遅延の多いLCCなので時間に余裕をもたせて次の飛行機を予約していたのでちょっと暇。昼食に沖縄のソウルフード、A&Wルートビア!もちろん、おかわりしましたよ(^^)

A&W ルートビア

 那覇空港を飛び立ち、石垣空港へ。路線バスに乗って石垣島離島ターミナルへ向かいます。小雨が降って天気が良くない。沖縄らしくなく寒い。風が強いので一層寒い。女子高生はマフラーしてるしっ。バスは途中で降りてみんさー工芸館へ。

みんさー工芸館

 ここでは、かりゆしウェアのシャツとキーホルダーを購入。もちろん、コロカもゲットです。

みんさー工芸館 コロプラコラボキーホルダー と コロカ

 ホテルにチェックインし荷物をおいて、予約しておいた石垣ラー油3個を受け取りに行きます。店頭に陳列されていたジャンも手に取ってレジに行くと激辛の石垣ラー油もあったのでつい購入。店員さんはもっと売りたさそうな感じでしたが、食べきれません(^^;

石垣ラー油

 夕食はまたA&W。ごはんものがあったのでついついチェックしてしまいました。写真はロコモコです。

A&W ロコモコ

 ホテルでちんすこうアイスを食いながら、予約している安永観光の波照間島の定期観光をチェック。今日は波照間島行きの船が時化で欠航になっている。明日の天気もよろしくなく、翌朝電話がありやはり欠航だった。仕方がない。他のコースを受け付けていただけるとのことだったので、西表島の定期観光コースを申し込みました。ホテルを出て石垣島離島ターミナルに向かうも風は強いわ寒いわ。成田空港にコートを置いてきたのは失敗でした。

安栄観光 仲間川と由布島早回り チケット半券

 波照間島に行けていれば泡波というお酒を買いたかったのですが、ネットを見ると石垣島離島ターミナルでも売っているという情報もあり確認してみると写真の通り売り切れ。欠航が続いていたようだから仕方がないのかな。なんてこったい。

石垣港離島ターミナル 土産店

 船に乗って西表島へ。出港直前に乗り込んだせいか、一番揺れると定評のある、一番前の席。それなりに揺れて、一度だけ、乗客の多くが声を上げるほどの自由落下を経験し船酔いしないようにと祈りながら西表島に到着。船内で食べようかと買い込んだお茶もお菓子も手をつけられませんでした。結局酔わずに済みましたが・・・

あんえい第88号

 西表島の大原港からバスに乗って、運転手兼ガイドの案内でイリオモテヤマネコの事を聞きながら仲間川へ。

マングローブ

 ここから遊覧船に乗ってマングローブの群生を見ながら、サキシマスオウノキを目指します。写真は写りが悪いのですが、実際にはもっと緑がきれいなのです。

サキシマスオオノキ

 次は由布島へ。

 由布島入口

 西表島と由布島間の浅瀬を水牛車に乗って向かいます。

水牛車

 水牛車に乗って、ちょっとは観光施設ありがちのご指定コースで写真撮影まで。うん。あとで買いましたよ。水牛と私が写っているものを・・・。とりいそぎ、帰りの船にまでちょっとでも時間を空けるためにさっさと昼食をとります。昼食付の定期観光なのですが、ふつうにうまいね。もぐもぐ

 おひるごはん

 食後は島内を散策。小雨が降ったり太陽が出てきたり忙しい天気です。

マンタ

 由布島を出る13時には来た時よりも潮が引いていてトラックも走っていました。

 由布島を見る

 水牛車を降りた後はもう帰るだけなのでバスに乗って西表島の大原港へ。再度揺れるか不安な船に乗って石垣港にもどります。結局帰りの船は行きほど揺れませんでした。石垣離島ターミナルでは往路では気付かなかった黄金の具志堅用高像を発見。どうやら最近たてられたものだそうです。

具志堅用高像

 ちょっとルートビアを飲もうかと、またA&Wへ。当初の予定通りすすまなかったので、時間が空いて暇なのです。路線バスも少ないので、何もわからないまま下手に動けば飛行機に乗れなくなってしまうので、ルートビアを飲んでひまつぶし。出てきたルートビアは真夏の冷え冷えのビールジョッキのように凍っています。foursquareでチェックインした時の画面を店員さんに見せてコースターもいただきました。

ルートビア

 しばらくして、バスに乗って空港へ。

新石垣空港

 飛行機のチェックインを済ませ、お土産屋を見ていると、泡波発見!100mlで600円もする。高い。でも、これを買うのも目的の一つだったので購入します。帰宅したらちびちび飲もう。

泡波

 まだまだ、帰りの飛行機までの時間はたっぷりあるので、日本最南端のスタバ。

日本最南端のスタバにて

 外が暗くなり、ようやく飛行機の時間。やはり、沖縄での離島を移動するならばプロペラ機ですねっ。ただし、プロペラ機は機内持込できる手荷物のサイズが小さいので、荷物を預ける必要性が高まります。

RAC708

 今日は那覇で宿泊。那覇県コロカげっと!

沖縄県コロカ

 起床後、首里城へ。首里駅からちょっと歩いて首里城へ。思ったより歩くのね。まずは守礼門。2000円札のモデルですね。

守礼門

 首里城の開場時間、8時30分前に到着しセレモニーを見てから入城します。

首里城開場

 こういった施設には事前勉強せずに来ることが多く、今回も朝の余った時間を使うべく、就寝前に思い立ってきたのですが、現在の首里城は20年ほど前に復元再現したものなのですね。どうりで綺麗なわけです。

首里城

 首里駅にもどり、始発駅なので、かぶりつきで那覇空港へ。昼の飛行機で成田に帰ります。

ゆいレール かぶりつき

 ゆいレールの1日乗車券はほんの数時間で用済みになったのですが、運賃や首里城の値引き分で元は取れています。しかし、乗車券を持って帰ってもしかたないので、1日乗車券を返却してボールペンをいただきました。

有効な1日乗車券を返却するとボールペンがもらえます

 かねてからチェックしていた那覇空港の空港食堂。10時半ごろなのに朝メニューしかなく、モーニング400円で朝食を済ませます。写真だけを見るとがっかりかもしれませんが、朝ごはんなんてこんなのでいいんですよね。

那覇空港 空港食堂 モーニング

 食後、展望台に行くと、ジンベエジェット(さくらジンベエ)を発見。すでに大砲みたいなカメラを持った人が4人ほどいます。しかしまぁ、那覇空港の展望台は100円も取るのですね。宮古空港も取るけれど。

ジンベエジェット(さくらジンベエ)

 搭乗1時間前になったのでバスに乗ってLCCターミナルへ移動します。早く行っても暇なのだろうけれど、遅く行って混雑して間に合わなくなっても困るのでLCCを使う際には早め早めの行動です。

那覇空港LCCターミナル

 どうやら定刻で動いているようです。安心。

バニラエア 出発案内

 保安検査を済ませ、搭乗受付数分前に搭乗口前の人を数えると50人程度。バニラエアの搭乗率がちょっと心配。

那覇空港 LCCターミナル 搭乗口前

 今回の座席は5A。初日、那覇空港内で暇なときにウェブチェックインしたのですが、シーケンスナンバーは4番。一般の座席です。搭乗開始時間になり、外に出るも、寒い中待たされます。まだ給油中の様子。準備が終わってから外に出せばいいのに、給油を見守ってからの搭乗です。仕切り悪いね。

那覇空港、バニラエア搭乗前

 離陸後、前席の方がリクライニングすると、500mlのペットボトルを口につけて飲む姿勢では、あとほんの数センチでペットボトルの底が背もたれに当たりそうな距離。前後の座席間隔は狭いですねぇ。お隣の席は空いていたので窮屈さはあまり感じませんでした。復路でもクリームパンを購入。2回目の機内販売で100円のボールペンを購入。

バニラエア ボールペン100円

 成田空港に到着しても、数字の上では成田の方が当然暖かいのですが、そんな体感温度はなく同じ程度。1月中旬の沖縄って寒いのですね。コロプラの位置登録をすると、移動距離が累計4万キロ突破の証である世界一周トラベラー。コロプラを初めて3年3ヶ月でようやく達成しました。

コロプラ 世界一周トラベラー

 あとは電車に乗って帰るだけ。成田は遠い・・・

空港第2ビル

参考:バニラエア

結果:
コロプラ:乗り物コロカ:日本トランスオーシャン航空 達成率:70%

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mimizunが2014年1月20日 21:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コストコの薬局はおトク」です。

次のブログ記事は「スタバの当たりレシート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.7

アイテム

  • スカイタイム
  • Ingress 国際通り
  • 確認くん
  • iPhone 設定画面
  • JAL SKY Wi-Fi 接続が完了しました。
  • JAL SKY Wi-Fi パス選択画面
  • JAL SKY Wi-Fi ご利用ガイド
  • JAL SKY Wi-Fi
  • 那覇空港22番ゲート
  • A&W ルートビア