うるう秒

時計 約4年に一度、うるう年があるのはご存じのとおり。約と書いたのには必ずしも4年に一度というわけではないのです。詳しくはWikipediaで。さて、数年に一度、うるうが実施されます。うるうは1年が1日増えるのですが、うるう秒は1年が1秒増えます。来年はそのうるう秒があるのです。まぁ、別に1秒ぐらいどうってことないのですが、血液型がA型ですのでそれは許しません。みみずんさーばではパソコンやら先日のUPSなど、8台のマシンが1台のntpサーバに時間を合わせています。うちの標準時刻です。そして、さらにみみずんntpサーバがNICTやプロバイダのntpサーバに時間を合わせています。
 さて、ここからが問題。ちょっと調べてみると、どうやらFreeBSD 4 以降の場合、標準ではうるう秒を考慮しない設定になっているそうな。さっそく、FreeBSD4.11のntpサーバの設定を変更。旧時代のURLの転送を行っているサーバなのでテストはしませんが、まぁ大丈夫でしょう。

 肝心の設定方法は、コチラを見ていただくとして・・・。
 内容はFreeBSD4.11も7.0も同じです。

 8.おまけ: FreeBSD とうるう秒
 # cd /usr/src/share/zoneinfo/
 # vi leapseconds
 Leap 2005 の行の下に、以下の行を挿入する。
 Leap 2008 Dec 31 23:59:60 + S

 # make clean
 # make LEAPSECONDS=yes install
 # cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

と、このようになります。
感の良い方は気づくかもしれませんが、来年1秒長くなるのに、2008年というところに注意しなければなりません。これはUTC(協定世界時)なのです。JST(日本標準時)はUTC+9時間ですので、日本では時間の流れが下記のようになります。
2009年1月1日 8:59:58
2009年1月1日 8:59:59
2009年1月1日 8:59:60
2009年1月1日 9:00:00
2009年1月1日 9:00:01
まぁWindowsの標準の時間合わせなんて週に1回ですし普通は気にすることがありません。
でもね。。。普通の人でもうるう秒を実感する方法があるのです。
この時間に117に電話をして時報を聞いてみましょう。びっくりするかもしれませんよ!
ひかり電話の方だけが面白いようです。普通の時報はうるう秒100秒前から1秒の間隔が1.01病になります。

参考:NTP うるう秒(閏秒)
時計の写真:http://www.sozairoom.com/FS_E1010.html
余談ですが、UTCとJSTを混同するとこんなことが起きます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mimizunが2008年12月16日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「でっかくしてみた。」です。

次のブログ記事は「牛丼サンボ再開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.7

アイテム

  • スカイタイム
  • Ingress 国際通り
  • 確認くん
  • iPhone 設定画面
  • JAL SKY Wi-Fi 接続が完了しました。
  • JAL SKY Wi-Fi パス選択画面
  • JAL SKY Wi-Fi ご利用ガイド
  • JAL SKY Wi-Fi
  • 那覇空港22番ゲート
  • A&W ルートビア