Sun Fire V100 を買った

Sun Fire V100 Sun Fire V100
Sun Fire V100 D-Sub9pin-RJ45 変換アダプタ(Sun の シリアルポートは普通のEthernetの端子と同じRJ45なのだ)

 写真のサーバーを買いました。大きさはLサイズのピザがはいったダンボールをちょっと大きくした程度で厚さは4.4cmしかありません。しかも、ディスプレイをつなげるところがなく、キーボードやマウスをさすところもありません。CPUはPentium4とかOpetronなんてものじゃなく、SPARCです。完全に素人お断り仕様です。こいつは、Sun Fire V100 といい5年も前に発売されたもので、リース終了なのか中古市場にそこそこ流れているものです。メモリはちょっと特殊なので2Gbyte搭載済みのものをヤフオクで4980円(送料別)でげっつ。HDDは市販のIDEのものがつかえます。
 さて、モニターもキーボードもないのにどうやってインストールや設定を行うのかと疑問に思うかもしれません。写真右下のパーツを使ってサーバーにシリアル接続します。パソコン通信みたいな。んでもって、現在 Solaris 10 をインストール中。CD7枚組なのでインストールに時間がかかるかかる。いまもインストール中・・・。ちなみに、613日連続稼働したログがあった。ちゃんと使われていたサーバーなんですね。

7月7日追記
余っている250GbyteのHDDを使ってみたところ130554Mbyteと認識容量が中途半端で65533シリンダーとかでちゃってる。
48bit LBA に対応していないらしく、137Gbyteの壁が存在した。。。
ちなみに USB につなげると全容量認識するけど USB1.1 なので遅すぎてストレージとしては失格。
USBで全容量確保してIDEにつなげたらジオメトリがなんとかでpanicおこしちゃった。ソリャソウダ
半分の容量で遊ぼうかな。まぁいっか。
ちなみに、CD-ROMでのインストールは遅すぎるので、メインマシン上のVMでSolaris10(x86)を走らせて、そこからSPARC版をインストールちう。ネットブートでインストールできちゃうなんてお気楽なのだ。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mimizunが2008年6月29日 00:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京湾ぐるっと一周」です。

次のブログ記事は「予想外です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.7

アイテム

  • スカイタイム
  • Ingress 国際通り
  • 確認くん
  • iPhone 設定画面
  • JAL SKY Wi-Fi 接続が完了しました。
  • JAL SKY Wi-Fi パス選択画面
  • JAL SKY Wi-Fi ご利用ガイド
  • JAL SKY Wi-Fi
  • 那覇空港22番ゲート
  • A&W ルートビア