魔法先生ネギま!エロパロスレ16

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん@ピンキー
◆原作の早売りネタバレは厳禁です、投稿時はご考慮を。
◆ネタバレ解禁は水曜日の午前0時からです。
◆450KBを越えたら新スレを立てて下さい。
◆新職人は常時募集中です。
◆酷評受けても泣かない、荒らし煽りは放置。
◆自分が不快に思うコテにはNGワードを、専用ブラウザ使用推奨。

前スレ
魔法先生ネギま! エロパロスレ15
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1117031841/
2名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 16:41:12 ID:GD92Pi8i
【過去スレ】
魔法先生ネギま! エロパロスレ14
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1114953142/
魔法先生ネギま!エロパロスレ13
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1113147190/
魔法先生ネギま!エロパロスレ12
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1111487438/
魔法先生ネギま!エロパロスレ11
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1109131625/
魔法先生ネギま!エロパロスレ10
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1104762057/
魔法先生ネギま!エロパロスレッド9
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1097939983/
魔法先生ねぎま!エロパロスレッド8
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1092655775/
魔法先生ネギま!エロパロスレッド 7
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1085239180/
魔法先生ネギま! エロパロスレッド6
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1079113680/
魔法先生ネギま! エロパロスレッド5
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1073208431/
魔法先生ネギま!エロパロスレッド4(・3・)
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1066/10662/1066297053.html
魔法先生ネギま!エロパロスレッド3
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1065/10659/1065972768.html
【本屋ちゃん】魔法先生ネギま!エロスレ2【萌え】
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1058/10584/1058455646.html
魔法先生ネギま!のエロパロスレッド1
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1046/10468/1046869279.html
3名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 16:42:03 ID:GD92Pi8i
【関連サイト】
SS保管庫
ttp://rakuasa.hp.infoseek.co.jp/ss.html
テンプレ
ttp://negimagi.at.infoseek.co.jp
AI Love Network
ttp://www.ailove.net/
週刊少年マガジンWeb Site
ttp://www.shonenmagazine.com/
スターチャイルド「魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A」
ttp://www.starchild.co.jp/special/negima/
4登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:42:54 ID:GD92Pi8i
1番、相坂さよ

            //  ' 〃 i |  l|  !|  ヽ   、ヽ i   |          i
             //  ,イ |l |i !  |! l.!    ト   l i |   |!  i         i l
 募  只.     //  /,'  ll |', l  l| 、ヾ  ヾヽ  !l l  ‖  l      l l 私  こ
          /〃 ' 1  .|| i ! !  |! ,r:弋¬十ト 、|!|.|  ‖   l       l lで  ん
 集  今     ' ' ! i| i|  !レ弋> ー ``‐`  ─' ヾ ‐ `ト!   レ─ 、   i   l す  な
            ‖ |_ 」L|-─i、'´ ,. _、      ,.イ三=、、  !|   |!-; ヽ !   !    l. が
 中  友    !    .|.  ||ト ヘハマ      '、`'ハ`ソ ||   |}ノ ' ハ   l   ! l.  ダ
  :             |i  !l|ヘ`,ゞム      ー⊆⊃ ||   |レ'/ l   l   | l  メ   
  :   達        ||  ||!.爪 ´ ノ           !|   !:イ| ! l   l    l ト  幽
             ぐ ||  ||| !|.ゝ. ` `          ||   |ト !| l  l   l   ! ! i 霊
              す !|  !|!.i ! 、ヽ、´ ̄``      /||   ||ヘ.l '   !  l   l l. l.な
            っ ||  ||i ! !  ,   丶、    ,.ィ'´  ||   || 、! ヽ l  l   ! l !
            : !!  !||.| |  ,  '   ヾ' ヘ. ヘ   .!|   ||  ゝ--、 !  |l   |. i ト
                 ||  ||| ! !  '、 ヽ  \ヽ '〉   !!   ||/    丶 |ト   ! | | ヽ
                 ||  ||| | |    ヽ ヽ / / '   ||   ||       丶   l ! !  i
5登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:43:31 ID:GD92Pi8i
2番、明石裕奈
           _,,,,,,,------,,,,,,_
        /'''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"-、__,,,---、
      ,,--";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;"'-、
     /;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;ヽ;;;;;;::;;;;;ヽ、
    /;;;;;;;;;;;;; ;;;;;; ;;;;  ;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;; ;;ヽ;;;ヽ;;;;;;ヽヽヽ、
.   /;;;;;;;,;;;;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;; ;;;;;;; ;; ;;;; ;;;;;; ;;ヽ;;;;;ヽ;;;;;ヽ ヽヽ
   l;;;;;;;/;;;;;lヽ;;;;; ;;;;; ;;;;;;;、;;;;;;;;;;; ;;; ;;; ;;;;; ;;;ヽ;;;;;;ヽ;;;;;ヽ ヾ、
  l;;;;;;/;;;;;;l  ヽ;;;;;lヽ、;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ  
.  l;;;;;l;;;;;;;;;l   ヽ;;;;l ヽ、;;;ヽ-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;ヽ;;;;;l
.  l;;;;l;;;;;;;;;;l ,,,,,,,, ヽ;;;l  ヽ、;ヽ ヽ、;;l;;;;_,,,、;;;;;;ll;;;;;;;;;;;lヽ;;l
.  l;;;l l;;;;;;;;;l" ,,,,-、 ヾ    ,,-,,,,,,  ヾ.l;;;l,,' l;;;;;l .l;;;;;;;;;;l ヽl
  l;;l l;;;;;;;;;lイ'l゚;;;ヽ     '''  "     l;;lノノ;;;;;;l l;;;;;;;;;l
   ll  l;;;;;l;;;;l l;;;;;l       ::::::::   l;;lノ;;;;、;;;l l;;;l;;;;;l
.   l  l;;;l l;;;l :::::: i   __      /;;;;;;;;;;;;lヽ;ヽ l;l l;;;;l
      ヾ ヽ;;l、   r、'''" l    / .l;;;;;;;;;;;;l ヾ  l l;;;l
         ヽl ヽ 、 ヽ、 ノ    /   l;;;;;;llヽl     l;l
          l    丶 、 _ /    l;ll;;lヽヽ     l
          ,,--'''''//;;;;;;      l,,,,,__
         /   //;;;;;/    _,,,--''''" 'l
6名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 16:44:15 ID:2Jso2VrN
明日菜が友達になってくれるそうだ
7登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:45:02 ID:GD92Pi8i
  ┃ ┃┃      ┃
  ┃ ┃┃      ┃
┏┻━         ┃
┃  ━━━━   ┣┓  ┃
┗━━━       ┃┃  ┃
 ノV し、        ┃┗━┛
  _     /i
.., ̄\\  /,!..l       
´  ̄`ヽ // |´ ̄, ̄,''    3番、朝倉和美
  マ , ..´Y ̄`´ ヽ ⌒ ` ヽ,
 ´.. ',,キ/`'´\  ...ヽ_'' ....ヽ     ===
'/,,'' キ/     \、 i\ ̄   ====――
`i ..../_ノ    `ー- ,ヽ 、 ヽ.    ―――――‐
ヽヽ/ _ 、     , _ il i| ハ. ヽ,  ====――
 V/ \   / \l!l|/   .|     
  il/ヘ  _ .,  /V l)|)ヽ.\ |    ―――――
  ト,,.  i   l    ,- ''' \.| し ====――
  l ヽ. ヽ. ノ   .人 |  ,、..    し ====
  |へ  >‐   イ` l ̄ i´ l \   て  ―――
   /´  '、Y´ヽ´/|   l  |   ^'ヽ   ====
   `、,,.... 'V`i´ヽ' .|.. '\l|.. ノ ..ヽ ===――
8登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:46:19 ID:GD92Pi8i
4番、綾瀬夕映
                   __
             , -─"´ ̄  ̄`丶、
       _ ,r '"´             `丶、
   , r‐'´ ̄/ ```          `ヽ.    ヽ
 '´    /          丶、     l!     ヽ
      / ,   ィ ,ヘヽ、 、 ヽ. ヽヽ、   |!      ヽ
     ./ ,/ / / /.l,イ/丶lヽヽ、ヽ、 ト、!  |l!      ヽ
    | |,.イ //  ! '   ヽ、丶ヽヽ、!ヾ  ||l!         ヽ
    | l!l!/!'_     '´ ̄ ̄ヾ!|ヽ  ..|llli        ヽ
    | ! l|'´ _`    ,.ィテ.‐、-、 | |   |/.lli        ヽ
    |!.i l!、,.ィラ┐   '´l'´::::l!. '´| |   |!. l l        ヽ
    || | i lli`'、::j!.      `ー‐'   | |  .|  l !         ヽ
    |.|!|i.l l l. `´、           i., .| |  .|   l li        ヽ
    | | |lil lヽ、    __      ` |,| i /   l ll          ヽ
     .|.| l l.l,ll. 丶、 ` ´     _.ィ´|/!/l     l ll         ヽ
     || | ,〉ll|┐  丶、_ , ィ'´/r|!l〈 ,」、_    l l l          ヽ
      .|| |'丶l! !i        /'´ くヽl' 〉  /ヽ、  l l l          i
      || |ヽ、l! L     /! 〉<〉l! く  /   l ヽ、l l          l
     || | .i´Y )rヘ ,-7 .,|ソ/!'´ Y ) /    l  丶、        l
9登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:48:28 ID:GD92Pi8i
5番、和泉亜子
                  ___     つ
               ,. ‐¬'´.:.:.:.::`:ー- 、   つ
              /.:.:.:.:.::;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::丶、
             /.:.:.::,.::/:/7: :..:.: .::i.::、.::、:、.:.:.:ヾ:、
          /.:/ .: / / 1 | .: .: .: .:| : ト .:i.::ヽ.:.:.:ヽ:、
            /.:/.:.::/.:/:/ !.:|.: .: .: .: !: :j i.::|.:.::l .: .: l.::i
.         ,'.:/!.:.:_レ'千⌒ヘ.:.:.:.:.:jrァ¬ャ:、」: .:.:.::! :l
          ,.:/ |.:.:.:|! ,二、ヾ、.:.::/レ' _, 」/ i:| .:.:.:.:|.::|
        !′|.:.:i:|.f' 匕ハヽ ∨/ 1J`ト、.l:!.:.:.:.::j.::l
            |.:.:|:!  じ リ      lぃリ !リ.:.:.:.:,'.:.:!
           l.:.:|:l ""   丶    ` ´""/.:.:.:.:ハ.:,'
          '、:トヾ、  ┌──-ュ    /:;ィ.::/ 〃
           ヾ\  ゝ     ノ  /イ:/イ:i
    「`¨'¬===┴─────‐--イ不1_ト、|__
    |                           |
    |        ライブまだ?         |
    レ ¬                    r─ 、|
    r'′-┴、                   i⌒ヽ \
   i´  -イ                      `ト、 \ ヽ
10登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:49:09 ID:GD92Pi8i
6番、大河内アキラ
                          _,,,,,,.___
                     _,,-‐'''"´    ``i‐ 、
                   ,.-'"__,,,,_`` `` ‐-、.  i .iヽ.___,,,
                 ,-'´'''";;;;;;;;;;;`;;丶,,、  `、 .i l l、i' .ゞi_,,,,__
              _,,,,, ィ";/,,i,,,,,i,,,,,,i,,,,,、,,,,,;;;;ll::ヽ、《》、 ! i i !r'´   i
         ,,.-‐'''"´ /;i;;;/;;;;i;;;;;i;;;;;;;!、;;;;!;;;;;;;;;!;;:;;;l;;ヽ、! //i /    .i
      ,.-'''"´     .i';i;;ィ;;;;;il;;;;;il;;;;;;! l;;;;;;!;;;;;;;!;;:;;;l;;;;;;;ヽノ i.i      i
   ,.-'"´        ,. l!'l;!.i;;;;;i.l;;;;! ll;;;;l. !;ト、!;;;;;l;;;;;;;l;;;;;;;/;ヽ/i      i
  l´   ー-、._  ,.-'"´ ! ll l,;;;;i-‐'‐ '.'''' ‐ヽ‐!;;;l;;;;;;;l;;;;/;;;;/;;;i     .i
  i      `く       l;;;;;i、イ゚;i   'l´';iヽ l;;;;;;;lミi彡;;;i;;i     .i
   ゝ       ヽ、     .l;;;;;;;i  .:'   `´ ´ l;;;;;;;;l'ノイ;;;;;;i     i
     ヽ、       ヽ、    l;;;;;;;ト、. ___     l;;;;;;;;ll;;;;;;;;;;i     i
       ヽ、       ヽ、  l;;;;;;;l 丶、 `  ,,.-' ll;;;;;;;ll;;;;;;;;;i     i
         ヽ、.         ヽl;;;;;;;l,   `'' i´  lll;;;;;;l!フ/!     .i
           ヽ、        l;;;;;;;l`丶 、ァ‐l    l.l;;;;;;l./       .i
             ヽ、     l;;;;;;;l  ,:'メ、i  ,.-‐l.l;;;;;;;l       ,i
               ヽ、   l;;;;;;;l ,:',:'     ,,-'l.l;;;;;;;l i     ,i;;i
11登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:49:41 ID:GD92Pi8i
7番、柿崎美砂
          __
       ,、-;''"゙;;;;;;;_`;ニ=;、_
     /";;;;;;;;;;;;;-;'~;;;;、-、;;;;`'';;、
    /;;;;;;;;;;;;;;/;;'";/;;_;、-'`':、;`i;、
   i゙;;;;;;;;;;;;/;/`'x;:-''"    '::i;;;;i;;i
    l;;;i;;;;;;;r-i';;/;l'  ̄`'  ,._j;;/i;l
    l;;;!;;;;;'、Cレ;;;;l r7';!゙'  ,、/;;/. l!
   l;;!;;;;;;i;`メl;;;;;;!'' ~   , 'zl;/
    l;;!;;;;;i;;/:::l;;;;;;! 「゙フ_,イ;;;l
    !i;;;;;;;/::::::i;;;;;;l`-;;'"i;;;;l;;;;l
   l;!;;;;;/::::::::::i;;;;;ト、,;;;;i;;;;;l;;;;l
.  i!;;;;/‐''"""'''-、!:::::  :`l;;;;ト、_
  l;;;;;!       `ー:、,_;;!;;;;!... `'ー-、、,_
.  i;;;;;i::.           `'ー、、;;;;_::...  ゙`'ー--:、、,,_  ,、、、,
  i;;;;;i::::::... .::::::::::r、,;_::::::....      ~``'ー、;_:::..   ,フ"  ';;;`;、   ,、、、、,,,,,,_____
 ,!;;;;;;;i:::; ;:; ;::::::;::ノ;;;;;! ``、ー:、、;_::::::::..     ~`ーッ'"    ,;;;;;;;`:,フ'";;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;; ̄ ̄`````
 i;;;;;;i';;i:::; ,::::::::j/;;;;;ノ::::::..l;::::::::ノ;;t-:、;;;;;_::::.......,;;'゙;   ,   ;;;;   `;;;;;;;;;;,
12登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:51:00 ID:GD92Pi8i
8番、神楽坂明日菜
              l::::::/::::::/:::::::/:::::::::::::::/:::::::::/      |::::::l:::::|::::::::l::::::::l::::::ヽ.`i.      'i,
                 l:::::/:::::/::::://::::::::::::::::/:::::::/        |:::::l'l:::::|:::::::::|::::::::l:;::::::ヽl.      'i
              |::::l::::::/::/::/::::::::::::::;:'/::::/       |:::::l. |::::||::::::::|::::::::|::l::::::::l        !
            |:::::|:::://l:::/::::::::::://::/        |:::::l |:::| |:::::::|:::::::::|:::l;::::::|
              |:::::|:::/'-'''-/:::::::;;ィ'.,,//---‐‐‐‐‐-   |::::l'  |::| |:::::|:::::::::|l::::|::::::|
               |::::::|:i’i''~''i'::::::;:'::::| //              |:::l   |:|,__|::::|:::::::::|:|:::||:::::|
            |:::::::|:l l (l:::::∧:::::|/’ ,,,;-;‐''‐、     |::;'    ||  |ヽ|::::::::|::|::| |::::|
            |::::::::|ヽ  |::/  ';::::| ,i'~l'-':::::::| ヽ    l/   _,|_  |::l|:::::::|':;:|:|;-|::|
                |::::::::| ヽ,l;'.   ';:::|‘ l::::::::::/      '  ,i‐'フ lヽ. |;'.|::::::|、ヽ|:ヽ|:|
              |:::::::::|  'i,''‐'〉 ::::';:l:::::::`'‐‐'          /::::::/ .! ' ,|::::::|';ヽ:!ヽ:::!、
            |::::::::::l   l::/ ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::       (;;/   / |::::::| ヽヽ:\::\
               |:::::::::::l  /  :ヽ.   :::::::::::::::     i ::::::::::::::/ |:::::l   ヽヽ:::\:::\
             |::::::::::::l./    :::ヽ.       ,, . .,.      :::::;:-'   |::::l    ヽヽ:::::\:::\
              /|:::::::::::::l     :::::::ヽ、    `''‐'   ,..-‐'~     |:::l        ヽヽ::::::\:::\
            /;;;;;;;|:::::::::::::':;     :::::::::::>、  _,,..-‐'''~
13登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:52:19 ID:GD92Pi8i
            ,.',.'::::,.' '     ` 丶`:::;丶::ヽ
           ' ;':,::::; - ‐ -    _ _ _ `:;::::::;、::',
            ; ';::::;   -       ` ;:::::::; 丶
             ;'´; '´ `    - -、  ,'::;'`:;
 9番、春日美空  丶.;     '      ,' ; '
               '、   ┌ ‐ 、   ,.' , '
                  丶  '  , '  , ' ´

14登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:52:47 ID:GD92Pi8i
10番、絡繰茶々丸
           ,、
        / i   ,.-'''ン」'、--テフ三二‐-、
        /ヾ l/'´,'ソ ,i'´ / /二  ヽ、丶丶、    ,r'i
       / , l彡‐''´-‐‐''''''‐‐ミミヽ、  ヽ、 ヽ、、 ,イi |
       //           i ヽ丶   ヽ ,>'´ .|!丿
      /       、  丶、  ノ ノ .il、  /   /
     /,'´  i  i  i  丶、 ヽ'ソ / /!,」/   .,イ
   i'//./ ,イ .i .| ヽヽ ヽヽ  ヒノノ .//    ,∧ l
  /.// / /l! |  .|i ヽ 、 、 ヽ!  l'´ ./    / l l l
  /,イil i| i从 ト、 l、 ヽヽ.ヽ li  l/ .__  /!.l l ヾ!
 ,l!/l.l. l! l.ハ .lil .lヽ ヽヽ.ヽil  |i/‐.| ,イ | |.|ヽi  '
 l ハl! ll i|.| l,lヽ、 l ヽ、ヽ、ヽ`l| |!  ノ//‐'''"´ ̄`フンi
 ソ  !l、!l.lコ二`! ヽ>二_三_'l|  |!/くソ__    /'´ l
     |!` l.|ヾこ!  ''"、二!'´,i |! ||'´ 丶,``‐ァ'´'´   l
      .|!. |.| 丶.!      ノ'´|! i|   ノ /'´   / 丶、
      |! .|.|   >、 ̄   /il  l、 //'´   /     丶、 __,,,-===二、
     |! .|.| / ヽ. ``i‐'i  'il  l'´/'´  /        丶‐‐‐--‐'''"´i
      .|! .|i|'´     ヽ l l  .il  l'´'´  ./           i       |
15登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:53:16 ID:GD92Pi8i
11番、釘宮円

                  __,,......_               , '
               ,. ::::´:::::::::::::::::::::``  、         ,.'
            , '´::::::,ィ::::::::r、::::::::::::::::::::::::丶.     ,.'
           /:.:.:.,イ::/:,:.:.:.:,' ヽ:::::.:.::::.:.:.:.:.:::::ヽ   /
         /:.:/:.:./:.:!:.:.i!::イ::!   ',:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::ヽ. /
          ,':::イ::::,'::::f!:!::li::!|::!     !::::::.:.:.:.::::::.:.:::::::∨     .:
         ,'::,'l!::::,':::::!|:|::|i:l」::|─‐-、|::::::i:::::,'::::::::::::::,.'     .:::.:
        i':,' |!:::イ:t┼!i::! l ン _,,.._ |!:::::!::::l::::::::::::,.'    .::.:.:, '
        l' └jケfィュミ    '´ヒ' `トi|:::::r‐ュ、:::::,.'     ::.:.:,.'
       ,'    |!::::::!i´,!     ー ',l|::::,' }}! }::/    .:.:, '
            |l::::::l!` '、.-‐┐  i!::::,'ニ,. '´/    .:.:./
            |.!::,'´\. \ l    /!::/7'     .:.:/
           ! レ    丶、´ _,. '´ jア'´     .:.:/
                 `i    ,.イ     .:.:.,/
                 / ,. ‐''´ |!   .:.:.:.//
16登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:53:46 ID:GD92Pi8i
12番、クーフェイ
   ,;へ ,.-、_
  ,/  `丶、=、`)
 /       \
..l´_       `:、         ,,,,__
 l   ```''、,,_    /'        .r;;;;;;;;;`、
 l      `丶、/     ___,,,,,,,,,,l;;;;;;;;;;;;;;)二=-
 l        ,,,|'´ ,. -‐'''"´、 、  、ヽ'''''-‐'ヽヽヽ
 l        ,l´;;;;`y´/ .lll. l l l、  l、 l l、l、ヽ ヽヽ
 l    _,,-‐l;;;;;;/'/l.l ll l. l l l、l、___l、 .l、.l、l、l、. ヽ
 l   //フ/ ソl イ l.l__ll__l、,l. l'´::::::::::::l l、.l、 l、\.ヽ
 .l.    l'/ //l/l l_:::::::::::::::::::::::‐''""゛l l.lヽl、  \.l
  .l   l l  /l. l l l ,,,r"゛゛:_,,,,.-┐:::::::ll l l `    `
  `、.  l l / l l、ll .l:::::::::::::|   l、::::::イ.l l_l
    `、 l.l ./ ``l.l .l丶、::::`、.   |/ll.λ.l___
     `、 l l   ノノヽl、 l l.T`‐-''";;;ll.l/.l l     `l
     `、l.  '´  l.l .l .」 l;;;;;;;;;;;;;;;;;l、.lヽl_    l
      `l、     l、l./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l;;;;;l l丶、  l
       l `丶、   V /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、l;l l   丶<
17登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:55:12 ID:GD92Pi8i
        ∨        ヽ   ヽ
  や  ま   ま ま え |     ヽ  13番、近衛木乃香
             |   |   |  !      i
      ん    |   |  と / ̄ ̄ ``‐-!、
           ト !   !  /___    i
        じ  l‐ト----イ____ ̄ ̄`¬‐- 、
         l  厂了/ |│!i l !l川元ュ、     丶
        ゅ  l /// /jLl`ト-─ト>'サ!´!    , -'
          レク/ / リ  ●    ●j !|-─¬´
       う   ∨〃 /! u ┌─┐  !||
         イ// ハ ヾヽ ゝ ノ ,.ィ!.il
ト、       ,>'/'/ユュ、ヽ `7 ´ヽ/1||
 ヽ     ,イ////   _,>‐く  二〈」|
  i ィ77フ'7/// i_, -' /⌒>イ´ 超 `丶
   //// '/// ノ   ,イ  i'´ ノ  , -, rュ_ Y
  ,//// 〃〃'    トl   | ヽ/ / / ! i ノ
 //// //,イ      ヾ丶_ゝ /  ,ィケ / !リ
18登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:55:52 ID:GD92Pi8i
14番、早乙女ハルナ(PN:パル)
       // i:';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;;;;i、;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      // ,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;n;;iヽ;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     // i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;l i;;;;l,,.i!-‐i;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    ,i!  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.i;;;;l  i;;;;;;;;;;;;;;;;;l i;l ,.イ;;l. i!  ヽ;;;;;;;;;;i‐、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    i!   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l‐i;;;l‐-、i;;;;、;;;;;;;l i! ,.ィ,.'t‐- ,,, i;;;;;;;;;;;i ,i;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ
    !   / i;;;;;l.ト、!;;;;;;l i;l,.-ュ-ミ ヾ;;;l  ! ./イ'';;;;;;i ! i;;;;;;;;;;;y'ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;ヽ
       l /.i;;;;l ト、!、;;;ヽ. i' !'´;;;;;i  ヾ!   ヽ;;;;;;;ノ i  i;;;;;;;;;;lヽ;;ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;ヽ
        l / i;lヽ!、ヽ!;;;;ヽ!、ヽ;;;;;i r‐'''"''┐  `´ ,,,.」 i;;;;;;;;;;;;lヽ;;ヽヽ;;;;;,,. --‐‐''''ア丶、;;;;;;;;;;
       ,.!' _,,i;l,,,_ヽ、‐!;;;!ヽ  `,,,,..」 l    '''''""´ i  l;;;;;;;;;;;;;l ヽ‐'''"´      i    丶、
        ! /  ,, ヽ! !;;;;''''""´   iー‐ァ''"´´``i  U / l;;;;;;;;;;;;;l. ヽ        i
         i'  ‐i;ヽ、,,) !;;;;;;;`丶、. 丶!      l  ,.'´ l;;;;;;;;;;;;;l ヽ.       i
         iヽ   i i   !;;;;;;;;;;;ヽ. `丶、丶    '´,.'   /l;;;;;;;;;;;;;l  ヽ   i.   i
         i.iヽ   i i   !;;;;;;;;;;ヽ /   !`丶‐ '´    / l;;;;;;;;;;;;;;l.  ヽ  li   i
19登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:56:25 ID:GD92Pi8i
15番、桜咲刹那
     //,'イ' //〃  〃  ,イ! ‖i  |        ヽ   i!    ‐- 、
    / , ' / / イ/イ!i  /イ 〃||  l| l  l       ミ、 ||   丶、
. , '   /,〃 ,' ./.|! || |!、,'.| | |i || |! i|   '、      ヾ, |!  ヽ 丶
 ′ 〃/ ,' / !L!| |!,ヘ,」 |! !  | ‖   '、       ヤ i| i  `、 \
   / ! ,イ i| | レヒ! _」こヾ、 ``┘ !   ヽ, -‐   ミ ,ハ i |ト  ヽ  ヽ
.   ′ i/',i ,〃´!  k'´ でソヾヾ'    ,., ニこュ、   ミ / l ! ! '、  ヽ  ヽ
      ! || ハ. リ|  !|`' {{! iリ       '´7_,ハ ヽ  イく.  i|.i l ヽ  ヾ
       ヾ! ヽi|  i!!. ゞ ノ          i{! }リ  '"/||ヽ } || ! ! ヽ.  ト
         i||! ‖        '      ー'  ,イリ|| /ノ ||. | !   '、  l ヽ
          l|!li  |ヤ       ,r==、      /ニ´ |レ'"  !! |.l   `、 l  ヽ
        ‖||  ! ヾ 、   ! ⌒ヾ}     ,. '`¬´1!   ‖ !|     '、|
        ‖||  |  ! ヽ  `   ノ  , ィ ´    ||     |  ||    リ
         |! !!  !  l   ィ丶 __ ,   '´爪ヽ.     |!     ! . ‖
20登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:56:50 ID:GD92Pi8i
16番、佐々木まき絵
                  _ ,.. - ‐ ‐ - 、 ',:','; :'‐ ‐ - .、
              _,. :::':::::::::::::::::::::‐ -.、::丶;、::::.:.:.丶`,' ' 、
      ,...      , ´.:::::::'`,:::::- .、::、:::::::::::丶'::,',':;丶,::::::::`.、 `
     ,、 ',::',.  , :´.:.:::::::::;:;::::;:,、::、:::丶丶':、.:.::::`.',::;':、丶丶:::::ヽ
     丶'、',::', , ',:::::::::,.':.:::,'.;,:::;-' ' ':、::::::丶丶:.,.:.:.:::',',:::丶丶 丶:::'、
      丶',./ ;':::::::,.';:::::;:,;::;:::;     丶:.::.::'、丶,:::::::'.,'.,::::`.,::'.,   `ヽ
      , '::;':::;'::::::::;:.;:: ::':';:::;:::;      _丶.::',:::`、::::::'.,:'.,:::::'、::'、
      ,'.:::,'.:.:;:.:.::::;:::;.:::;',´;::;',:::;  ,. ' ´  `ヽ;.,:::::':、:::::'.,:'.,:: :`, `:、
       .:;:::;.: :;.:.: :.:;::;:.:.;:,; ;:;.`,:', ´         丶::::, ,'ニ丶:':,::::::',` '、、
     ',' ::;::::;',:: ::::;::;:ャ':7 ' ',; ';'      _ _ _  `' ; ‐、 ; ;;::':,::::',.  `ヽ、
     ,′;::;::;'::;、: ::',:;::';:;ィ'',:、     ,. '´      :, ' .,.'',';::',.、:',
       ',;:; ::; ',:::::';'、 ',ハ;':::丶               _,.::':',:::',',::',丶,
       ';' ::; ',:::::';::'、',丶:::::;       _        ,'`、:',:..',::`',';', `
        ',:::;  ',`,::',::`,  ` ' ' ,. ァ'´ ';.     , ′ 丶;:_;、_ ;;';
        '、;  ',:'、',: :'.、     丶'、  ;   , '    , '´    丶
         ',.   ',.:',;::::::',': :- . . _ ` ‐'  , '   ,.'. :        `,
             ,:;;',::::::';,:::::;,:::'、::`;'丶‐::''、丶 ,.'; : : .       ' ,
21登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:57:21 ID:GD92Pi8i
17番、椎名桜子
                  ,,. -──- 、 _
          __r‐┬ 、_,.‐'"´''´:::::::,,:::::::::::::!:::::::ヾ、'"´`ト`‐-、_
      ,,.‐'"´:/:::/::::/::/:::::::::,.‐'´:::::::::::::::::::、:::::::ヽ::::::l!ヽ‐、-=‐-、
    /,,.-''"フi:::::l::,:':::/:::::::::/:::::::,,.-'"´ー ヽ、!::::::::iヽ:::l!:::i:::::ヽ
   /' ´  ,:'´:l:::::i/:::::/:::::::::/ヽ、/      ヽ::l:::::::!:ヽ|!:::ト、::::ヽ
        /::::::|:::i!':::/::::::::::,ヘ、/           i::l:::::::l::::i|::::,ヘ:::::::',
      /::::::, ''ソ::::/::::::::::/:::∠_      _,. -─-、:!::::::|::::Y´ ヾ::::',
      /:::::/  !:::/!:::::,.ィアフ   `          ヽ:::::::!!::::i    ヽ:i
     .l::::/  |:/|l!:::::::/::/  _ 、     ,ィ  _   !:::::|:ト、::!    l:!
     |:::/   l! |!:::::/l/ , '´ィテミ     ィ´テ`iヽ !::::|:| i:!.     i|
     l:,'    !  l::::,イ!. i f::':::::::!     i´::::::::!. l! }i!::|!  !    ! 
     l!      l::::!r:l ! l:::::::::j       !::::::::;j ! ,! li!ノ
            l |ヽ、i  `  ´  丶   ` ´  ,ヒン
            !ト-ユ、.      ,...      /
              !   d、     ! !     ,ィ´
                f:::」丶、  `「 ! ,.ィ "L::Z
               く::」   ! `` | i´ !  ゝ::L
22登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:57:49 ID:GD92Pi8i
18、龍宮真名
           , ..   /.:.f..:.:::/.::/:!|:::i.:.:..::.:.',::::'ヽ:::ヽ::.::::.:.::::|::::::::!::::::::::::::::::::::丶
           /   `` 7.::i|.:::::,'::::i|::|.!:::',.:::::::::::i::::',.ヽ::::'、::::.:::::{::::::::|:::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /    .、 i:::,'!|:::::i!::::ム;:!ヽ::',.::::::::::|!:::i! ヽ_;ヾ、-::|::::::::!_::::::::::::::::::::::::::::::
        /, -、 ヘ ム |!:ハ:::::i|!:::| ii`ヽム::::::::::!ヘィ= ´ ヾ ヾ'、|:::::::|トミ:::::::::::::::::::::::::::
     , '´`  ,   / ∧!ヽ|::::l|:i::トミ弋ュヾ、:::::::| 仁ィ マ Tア |:::::::|! リ::::::::::::::::::::::::::
    イ ,' ,'  ,′ ./ / ハヽ}!:::||ュ!ム ヾニ'ハ ヽ:::| ´ -ー ' '′ヒニ|ノ::::::::::::::::::::::::::::
   「{ {  !  |  / _/  ,' ,ヘ:::|ト¬外    / ヾ        トマ;:トマ::::::::::::::::::::::::::
   ヽ丶ヽ|__!_/ / /ア∨  ヾ}::∨':| ヽ  `            ,イ!:〉〈::!  ヾ:::::::::::::::::::::
     `¬ _/ / ./ /∨     |:∧::|ヽ、丶、丶ッ    / l/∧:!   冫、::::::::::::::
           / / ./ / ,'   ィ、.」.ュ::L._ 丶、丶,、   , イ   ヒ'ュ':|  , '/ `丶、::
        / / / / ,'  {{i r三 二. ニ ュ`‐' ミニ´1 ! ヽ. |:::::::::! '/     入
.        /_/ / / .,'  ヾ! !.! ̄ `¨¨ ─‐--¨¨ニ二三二二二ユュュ    /
      / / ` `メ、 .,'    `┴- ュ.... __      ` ¨¨=>′7 ´,  丶、
     ,r -'、_  ,'  ,'       ||::::::::!   フ`   ¬ -、  ヾ ュ'´,/ ,     丶、
     、     ̄ヾ/          !!:::::::| /       Tヾi┬マ ! /
23登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:58:18 ID:GD92Pi8i
19番、チャオ・リンシェン
                 ,,,,,,,__,,,,,,,,,,,,,____,,,,,,,,
           ______,,,r''''"´;;;;;;;;;;;;l;;;.,;;;;,,,;;;ヽ 、 ヽ
         i'"´   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-'";;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ヽ l
           l    ノ;;;;;;;;;;,. '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、ヽ」
        l、   ./;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l l;;;;;;;;;;l l;;;;;;;;;ll;;;;;;l;;;l
          .i;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l. l;;;;;;;;;;l. l;;;;;;;;l.l;;;;;;;l;;;l
          i;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l‐-l;;;;;;;;l. l;;;;;;;;l.l;;;;;;;l;、;;;l
         i;;;;;l`、;;;;;;;;;l;;;;;l、シ'i‐ァ    l´;;;l`l;;;;;;;l. l;;;;:、
        i;;;;;l. `、;;;;r┤;;;;;l.lニ;;ノ    !--! l;;;;;;;;l.  l;;;;;、
          i;;;;l   l;;;l、 l;;;;;;;lニ⊃ ______,, ⊂ニノ''ヽ.!    l;;;;、
         i;;;;;l  ,l;;;,l,l;;;;l丶、   !、 .ノ ,,.-i´  `    l/』
        ゞ)=/   '´/ l;;;,イ;;;;l 丶 、 ` ´,.-'".ヾl       ハハリ
       lllll      ,,.イ`:、`丶、` "i´ ヽ ̄````i
       リリハ    ,,.‐'´ l `:、  ``/ll丶、 ヽ   i`i
           r く    l `:、 /;;;;l、;;i‐ヽ、.)  l  l 
           l  ヽ   l____/‐く/;;l`、`、 ヽ、  l  l 
            l    ヽ    /.  `、l `、「.i  l `i  l 
24登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:59:27 ID:GD92Pi8i
20番、長瀬楓
               〃 i::::,':!:|:: ::!!:| |::::::i  l:|.!::l:l::::::::li::li::::::::!,:::::i::::::::i:::::::l:::::l::::::::::::::::::i
               i'  !:::|i|::l:::::||:! .l:::::!  l:| !::|!i、:::::iヾ!l:::::::i:',:::l::::::::|::i:::::|:::::i::::::::::::::::::',
                |  |::::!i:!l:::::::!レ弋¬、 ',! i::|ゝヽ:ャ‐i-:.、|: i::|:::: :::!,」_:::l::::::l::::::::::::::::::',
               !  !:::|:|:!!::::::1!   ヽ!   !└! ``'  ! !」丶i!::::::::|r‐、ヽ:i::::!:::::::::::::::::::ヽ
                   |:::!:!:|:::::::::!    ,..      ,       |:::::::::!}} ! i|:|:::|::::::;:ヘ::::::::::',
                 !::|:|::!:::::::::iヾ´ ̄``     ‐'iや:ュ-、_,!::::::::|   ル|:::|:/  ヽ:::::::',
                  ∨'!::|::::::::::トヘ    /      ̄ ̄  l:::::::::l.:7´ レ'     ヽ:::::',
                /∧!:il::::::::::|:::ヽ   `          |i:::::::::|/ィ´`>        ヾ:!
                 〃 |::i !:::::::::ll:::rヘ    ーー一     /!i:::::::::|ヘマ'´          !
               /   レ |::::::::::!`!,  '`丶、      / ,1!:::::::::!/ `丶、
                        ∧:::::::::l       丶、, ィ'´_, ',イ!::::::::::!      丶、
                    / ',:::::::::',        ヽヾ´r'´ 7!:::::::::|       `丶
25登場人物紹介:2005/06/25(土) 16:59:51 ID:GD92Pi8i
21番、那波千鶴
                    ,.
               ,r、  /:::ヽ._
             ,. :/:::::ヾ::7:::::::::::ヽ::.丶、
           ,. '´::/::::::::::∨::::::::::: ::.:丶.:::丶
            /.,::::::/ .:.::::::,:::`!:::::::::::,:::ヽ.:ヽ::::::丶
         /./:/.:::/ .:::,::::/::ヽ::/∧::::',:.:.'.,.:::ヽ:'.,::ヽ
          /.,'::,'  i: ::,':::/ ̄ ̄ ̄ ヽ::',、:::',::::::',:ヽ:::',
       /::,'::..! .:l..: ,'i:::l       ',::i ',:::!:::::::!:::!::ト!
       /:/i::::|.:::::!::::,' l::|      ,. -H-、ム::::::!:::i:::!ヽ
       ,' ' |::::|::::::|;ィ ´l:「``      i|. ',i::::::|',::!::l !
       !  !:::il::::::|:i   !      ,.ィテヶ、リi!::i:::',|:::!
           |!:|i|:::::|:!. ,. '´``     i:::::::リ `'i|::|:i:::!:::i
        i:|i!::!:::i::|i       ,   `¨´ ’,ハ::!:|!:::::::',
        |:|:|:::l :|::!iヘ    __    イ!::リ l!:::::::::',
        |:|:|::::l::!::l「:!ヽ.   ',   ,'   ,.ィ:::i::::::::l:i:::: :::::',
         i:l:|:::::|'!::::!::||:::冫i、 ` ' ィ! i::l:::|::::::::l::i::::::::::::',
         !:l:|:::::| :::::!::||::,' ∨` ´ / !|:::|::::::::!:::',::::::::::::',
26登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:00:20 ID:GD92Pi8i
22番、鳴滝風香(右・姉)&23番鳴滝史伽(左・妹)
     _/'´..........,.................、..::ヽヽ:::ヽヽ 丶     , '´:::,r〈:::::::/::::::://:::,イ::/i!::l!::::::::i:l!ヽ::iヽ
   , ‐'´ 7::::/::::,::::l:::::::::::::::::::i:ヽ:::ヽヽ:::ヽ:ヽ. !.     '::::/::/:::::::!::::::::,',://:/ |!::|::::::::::!::!:::i:i:::!::i
  ,.'   ,'::::,:l::::::!::::|:::i:::::::::::::::::i:::ト:::ヽ:ヽ::::トヽ'     ,'::::/:::/イ、::::i!:::::::i!/  i:/ |!::|:::::::::j::ハ:::l:!::i:::ト
. il   i!::::i::!:::::i|::::i!:::!:::::::::::::::::!::i`、:::ト::i!::::トく!   ,!:::,::::::i:l:!:|:ヽ|!:::::::i7´ ̄ナ¬!:i:::::::/iリ !::i;':::!:!:!::i
  l  ‖:::|::!:::::!!::::ト::::i、:::::::::::::l::! i!:! !:!:::::i、 \ j!::,':::::i:,':::〉‐-!i::::::メ.r''てiヽ 、i!::::/ 九、iレ,'::::1|!::::!
.  丶 |!::::::i:!::::|.i:::::!ヽ;;」:::::::::::::i::!⌒i丶|!:::::! .ト、.ヽ!::;'::::::∧:i f!ヽi、:::::| ' fi'´ :;'` レ' ニュ、`!i::::,'!::i!:::::i
    ,'`7、:::::il::::! ヽナ´ヽiヽ::::::::,!ir,ィュ i!:::∧ヽヽン:,:::::::;' .ヽi、ヽi ヾ::!. !:_ノ    .f 'j!ト,/:::/ l!:!:::::::!
.  ,' i !、::::ヽ::i'´ ンュ元 ヽ:i ' ´ヒ' ト!´:イ} l i l::!::::::'  ヽ! ー、  、!""     , {:ツ '//   !i:::::::|
  i i,! ;ト;:ヽ:::ヽ!_/ ヒi ハ   `  'Lノ ,'/ ,' i! !.|::!::::,'    \:i:ト, `  r ─ュ、  _, 7     !l::::::|
  ヽ-! l! ヽiト :::ヾ. ヽ.- '   '  ""イ,''´  ! !l:!::::i      ヽ! \.  `  '" ,. '´     l!:::::l
    i |  丶、ヽュヽ""  、_ _,. '  ノ    └ '|l::::!       |!   丶 _,.  ' ´           l!::::!
    | !    ``丶`、_      イ       l!::|     ,, 'マ 、   丶ュ、          l::::!
    L」       ``i `` ‐ ´!         !::!   / ヘ  ヽ  __j `丶、       !::!
              /imn   .ン=‐、       i:l  ,/    i_,.:-‐' ´ ./ // `ン、     l:!
27登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:00:52 ID:GD92Pi8i
25番、葉加瀬聡美
                    /
                   i|  ,,.-─‐‐--、___
                 _ i!ィ'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶、
               .ィ´-ア'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               '´  /         i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                 l!__   __     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                 |      ``   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                     |¬  _-‐、_     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                    |.┃__ ┃ ヽ   `'´r┐.!;;;;;;l
                   ├-'´ !、__丿 し   !///L
                 \  __        T'´/!;;;;;;;L___
  ┌────────┐.   \__`__ ,,.-'"   l/   ¬!;;;;;;;;;!
┌┴───────┐│    l;;;;;;;;;;l ,ア  ,,.-''">、  L___;;;;!‐┐
│             | |   r‐-'´フ´_」‐く   /  |. 丶、  !;;;;;;r┴¬
 |             | |/|   /  」  ヽ/    !   丶、  Y;;;;;;;ヽ
28登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:01:23 ID:GD92Pi8i
25番、長谷川千雨(HN:ちう)

             /       /   ヽ、.   l、_,,,,,,,____     ,,-'"´      l     l
           /        /    ,-"入  `、___   ```>'´      ,,-‐''"´l      l
          /        /   ,,-,ィ´イ 入,,,, `、 ```` >'´   _,,-‐''"´     l       l
        /        / ,,-="´,:'/ /´フフイ``/‐-、'. 、__,,,イ´ ヽ      l       l
       /          ./ / / ィ./ / /  l /! l ``l‐、! l  、ヽ、.     l        l
        /          /, '´  l'/// / /  l´ /.l ト、  `l l  l    lヽ    l         l
     /          /     l/// /7´```‐、l / l l `l  l l  l   l l l.   l        l
     .l         /     /,// /Y. _   .l./  .l-l‐-l、_l l  l.   l l l    l        l
      l      ,,l'´     /,ィ //l`'´ `ヾ  l  ュN__ .l、l l  l.l   l l l.   l        l
 /\  l    ,,.‐"     / / ./ N     、   .フo;;;ヽ l.l  .l、l   l l l _  l        .l
''´   \ `'"´ ,,-''´ヽ / /l //l lヽ  `l‐-、___ l、;;;ノノ`l.  l、l_l__ l.y'´`l  ヽ       l
、     ヽ く     ヽ´  / l .//l/‐''丶、 l  /  = _,,ィ''l.l  l´   ヽ/  .l   入    ,-"
.ヽ    /  `、     」´ / l ///l  ,,__丶、-'´_,,. -‐''´ l /l  l´    .l   ト、 /  入,,-'"
''´   \_-'''´  .くフ / /l ///l  `l  ̄_,,テ7‐‐‐‐┐ .//  l     l  .l、ll/   ,-'
ヽ、     入    」 ./ /.l.//.l   ll l `` 」,(`ヽ  /ノ/.l  .l    l   L〉  ∠,,
29登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:02:45 ID:GD92Pi8i
26番、エヴァンジェリン・アタナシア・エカテリーナ・マクダウェル(闇の福音)

  /   l                 //:::::// ::::::// /: ヽヽ、. ヽ-'',,-'''       ,,,,-'''  ヽ 
  .l     l               //:::://'/ :::::/-; /--. ヽl ヽi-ゞ    ,,,,,,--‐''~       ヽ
  l      l             // :::/ ,//,,,,;;;/.,,,!=‐'''~~ソ  `'''''''''''~~~~            ヽ,,,,,,,,,,,,
  l ,i-,    l            //-‐''' /'::::~;,,-''~  ,,,-''~ -i---------‐‐‐‐‐‐''''''''''''''''''''''~~~~~ヾ'''''
  l/ l    l               /  :::::::(  ,,,,-'''~  ,-'''/                     ,ノヽ
  l   !、     l               / /:::::/::/ ~~   ,/ /                        /-
 .l    `     l            / .l::::/l::/     l  /                       
  ヽ       `-、          /  l::/:l:::l,      l /                    /
   ヽ、        `-、.       l  :::l:::l:::l::ヽ       l/                   /i;
     `ヽ、       `'-、    l  :::l::l::::l:::l::ヽ                        /:::::::
30登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:03:18 ID:GD92Pi8i
27番、宮崎のどか&ネギ=スプリングフィールド(3A担任)
               _,...マL.._ /ア     丶       、i、
             ,. ィフ´    、 丶ヾ、   i   ヽ ' ,.i!    i l!
         /            ト ヾ‐,ヽ  ト   i|.  !.l   i ト |
        , ' / ,       ト. |! ヽ, ヽ`` Li_ト,  |   | !  l |トi
         / / !   ,   il  | !. |!  l N   | ヽマ !   ! !  !. |‖
      / i  | !  ,i!   |l. | ,ィメ  l| ヽ  ,!  i‖ |  |」.  ‖l !    i
       / _イ  i|.l  i;|   |i.! !' リ , 丶,ヽノ ー=‐ヘ |   |. )  !|!   _,ハ_
      ,'"´,ハ /,ィ|! i;;!,  |;;‖l  ‐'"   }   Z  |  |イ / !    ヽ「
    ′ '  ! !クヤ! !;;;ト, r'-ュ'  〃    ,'      ,i   |ベ
     _」i、 .!‖コ! L-、;;! i ´  r -、__ ./i丶、_ _, イ、|.  | /  ヽ        _,..
    ` !f _,」, ';;;;;ヽ!;;:ト,.ケ,|` ー.ン-   ヽl / |  | !  j!'    \  r'つ<  i
    r'´`」マ─┐;;;;;;;;;;j-、 ` r,'´-       \  |  |.,イ ,'     , 'ヾ、ウ´'う }<
    ,ン i'‥ヽ<|/!;;/   ` そニ.        丶! / | /   /    }ィ'´` ´ト '
   ゝ、 元イ、rヮ ,. 'レ' ̄`丶、 ヾ ー‐ '丶、   ヽ丶   /     !、 7' ̄
      と`ヾ /'        丶. l     { ヽ   l!  \/      ,i た´ ヽ
31登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:04:23 ID:GD92Pi8i
28番、村上夏美
           r─ 、
         _,.  ⊥  リ _
     、ュ=´‐' ´ ̄ ̄ ̄` `‐ =ュ、_
     \ _,.          冫"
.       l´ ├= フ' ¨¨ ¬ ‐-、/
       ,イ  ,レ_,ノ ヽ i ヽ   ヽ
    ∠,'   ! ´ ̄`` ヾ.、 ト   i ト
     ,'   ハ 'アト、 |!i.|,ゝ、 ゞヽゝ
     /   1!j  ゞ」 '  !リハ リ、ト-ゝ
    ー一!.|、 __ ∴  ,-ィハリヾ、
        ' ! ヽY ! _,/  ,h
          ヾ  `¨´7i__/´ }
           ,ノノヽ  / ヽ
          ,ィ'7=,1ト !'´ / _\
            / l ヲ〃す / /   ヽ
32登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:04:46 ID:GD92Pi8i
29番、雪広あやか(いいんちょ)
                 ,.': : : : /. : :/ , ,、 i :i : :ヽ:: :: :: :ヽ : : ヽ丶ヽ
             / : : : :/: : : /i:::,.'::/゙゙゙i. :i :: :: ヽ :: :: ::ヽ : :`、丶ヽ
               /   : : i.: : : i.i: :,'::/  i : i 、: ::ヽ :: :: ::ヽ : :`,.:丶ヽ
               /    :i : : i.l :; :/   i : ト、 、,: ::ヽ、: : : .`、 : :i: :丶ヽ
            i      i  : :.l: :;:/    ! : i丶'、'、::ヾ、 : : :i : : i: : :ト.`、
           .i     i.   l:: ;/      !. i. ヽ'、ヽ、`、ヽ : :.l :. i: : iヽ.i
           i   ;  , i.   l. i       ヽ ! ヾ,,.-‐'-,-i、; l  i.: : i `;i
           i   ;  ; i.   l. |  _, -‐‐- ヽ.!  ヽ、  ヾ、`i.l  i : :i. i!
             i   ;  ;. i.   il r'´   ___   ヽ  ,=i'ツ"'i'-、i!  i. : :i. !
              i   i  ; i   i |!   ,..ッ''゙T''    i  ゙'' '' '゙ ´ i   i : :,: i
            i!  ,i  ;. i   i. l i.゙ベ-''"    `、  :::::::::: r'‐-- 、 : ;:`、
           ii   ;i  ;  i  _,..!-、_ :::::::::      '     .i ヽノ .! : : ;`、
          i i.  ,i  ;  r'´| √/`- 、        , . '    /し' `  }: : : ;:`、
         i i   ;.i. ;   | j / /  Y .!.   ` "´   ,/^´   ./i`丶、;_`、
         j i ,  ; i ; /iヽ      ⌒ ‐- 、.    ,.ィ´      /: :i   `ヽ、
        ./.i. ;   ; , ‐'゙   i ゝ、         ヾ':::‐イ     ィ'.i : : : i     `、
       / i ; , '´      i.  ;`i`r 、_      }:::::ハ.      '、i : : : :i.     
33登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:05:08 ID:GD92Pi8i
30番、四葉五月
      ,    ,.:‐:{:::::ヽ::::::::丶、/〉、
     r 、ヽ_/:::::::i:::::::::'、:::::::::ヽヾく
      冫::'::::::::::/!:::::::::::ヽ:::::::::ヽ ::\
.     ,':::::!:::::::::,' i::::、::::::::ト::::::::::::i:::::::ヽ
     i::::::|:: ::::,' - ヽ:ヽ:::::!:i¬丶::!:::::::::',
      |:::::イ:::::,'   丶.\l !  ヾ::ト.ヽ::::',
      !::,'i'ヘ:::i ┃     ┃  !' i 丶:!
.     |:,' ヽ `!           レ'   ヾ
     !   ゝ、    r‐┐  ノ
         ,. 'ヽ.- __`_, ',' 丶、
       , イ  丶  >く. ,'    i\
      /  i    ヽ/ ! ∧'    !  ヽ
34登場人物紹介:2005/06/25(土) 17:05:39 ID:GD92Pi8i
31番、Zazie・Rainyday
                   にこ・・・
                     ,. -─- 、
               /⌒ ` ‐-ィ ´ _   _ 丶¬'´ ̄ヘ
                ,'      /´  冫' 、 丶     '、
            l  ',     / , 〃' {ハ ヾ、 ヽ ヽ   i   !
             l  ヘ.   l レ!イ‐┴┴-! ‐-! l  ,ヘ.  l
               l  / ゝ | レ十    '⌒¬. l '  、 ',
           l  l   ヽ.! ! ,.」=、   ==- ! !/   〉/
            l  j.  r'´| | ‖      ハ ,イ i i  /〈
              { {   ゝ│ ト  !   _, Uノ」 レ   ヽ?
           L⊥.   ̄l l 丶    / .| │   r'⌒i
           i   !─‐,┤├─j `ー' l _,. ┤ |ニ=O ゝ- '
           `ー ',.-'´ .l l‐'⌒ー=‐' ヽニ! !─- 、
            ィ'´ -= ' "! |       丶 | |ド=─-O
          /'´,/ , ィ 7 j  ,.ヘ  ト  ヽ. |ト  ヽ
         O ∠イ7  ! .j〃 /  i. ! ヽ  ヾヽ ト 丶、
35名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 17:07:17 ID:GD92Pi8i
スレ立て完了であります、サー
36名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 19:59:50 ID:GVHS2h8i
>>1
乙です。でも少し早かったのでは?
エロパロスレは進行遅いですし。
37名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 20:15:39 ID:ixz3Aj9t
>>36
>>1読んでみ?前スレはもう500kb間近だったからこんなもんでいいと思う
38名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 20:20:49 ID:ixz3Aj9t
後言い忘れ
>>1
39名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 21:32:04 ID:GVHS2h8i
>>37
あ、要領の方に目がいってませんでした。
スイマセン。
40名無しさん@ピンキー:2005/06/25(土) 21:34:32 ID:GVHS2h8i
>>39
誤字 要領→容量ね。
連投すいませんが、突っ込まれるの嫌なんで。
まぁ、こんなん突っ込むの厨ぐらいかとは思いますが。
41名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 00:42:20 ID:wIBMAmWC

  /( __ )\   
/ ./'´ ,. ,、`ヽ,\ 
l/l/,リi/シ' `)ハレヘl
  《・(i ^ヮ^ノ・》  >>1乙だよ〜
  ゚⊂i゙゙y')つ゚    
.    (''v'|
     し'ノ  
42名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 10:13:02 ID:8NMlh/Jp
エロパロスレ15今やっと900!
43名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 12:01:17 ID:UFGU2/aC
明日菜かいいんちょーの脱糞物キボンヌ
44名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 12:06:22 ID:UFGU2/aC
おもらしネタでも可
45名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 12:34:28 ID:RT/URFHE
このネタでお願いしま

214:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage]:2005/06/24(金) 23:56:33 ID:dmkzYbuQ
最終回ではネギと皆の活躍で明日菜が復活するのですが、
ネギ逹は現代に帰る方法を見付けられず、復活した明日菜はひとりぼっち。
ふらふらと教室にやって来たあすなは夕映の飲み残しの謎ジュースを見付けます。
何を思ったかそれを飲み干す明日菜。すぐに強烈な腹痛が明日菜を襲います。
教室で激しく脱糞し腸の中のものを全部出しても腹痛は止みません。
死を経験した明日菜ですら耐え難いほどの痛みを伴って腹の中から何かが出て来ます。
明日菜の肛門はありえない程に広がり、そして、ついにケツからネギを産み落とします。
尻穴が切り裂かれる劇通も忘れて喜ぶ明日菜。でもそれで終りではありませんでした。
過去に取り残されていた2-Aの皆が次々に明日菜の肛門から産み落とされて行きます。
常人では耐えられない究極の拡張プレイに絶叫し悶絶する明日菜。
全員を産み終った頃には肛門はまったく使いモノにならなくなってしまいましたが、
それでも明日菜の瞳からこぼれるのは喜びの涙だったと思います。たぶん。
46名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 14:22:32 ID:jpjOLjif
これ以上スカートロものが増えたらノーマルエロパロという枠からどんどんかけ離れて行く気がするのでもうかんべん('A`)
47名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 15:42:18 ID:U4WVYteE
スカトロのスレ誰か作ってやれ
そうしたら、ここは元通りに
48名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 16:18:55 ID:j2DcZQPP
スカトロにグロ。ブラックネタスレやろうぜ
てか、やりたい
49名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 16:28:11 ID:5mc8QsTG
>>48
こちらにありますよ。
【悦楽】猟奇的な葱魔【退廃】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1106967334/
50名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 16:39:12 ID:RT/URFHE
行ってみた。
そのスレでは明日菜の火葬はまーーったく話題にすらのぼってなかったのが謎。
虐殺されるのはいつも夕映とのどかw
51名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 17:27:36 ID:3R/U1l8d
なんか早速荒んでるなぁ・・・

ところでなんか書こうと思うんだが、ネギ×茶々丸ってどう?
52名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 17:52:20 ID:x7iqxEbp
頼む
53名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 17:52:27 ID:NaV7TalQ
ぜひお願いします
54名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 20:43:33 ID:7fB3ikkJ
エヴァがネギを縛り上げてネギの秘部を弄くり回すとか。
55名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 21:38:37 ID:31hkEz15
ネギ×アキラはどうでしょうか?
56名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 22:37:36 ID:5TqZnx6I
>>55
激しく希望
57名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 22:55:10 ID:FYhnBS5v
馬鹿なネタを思いついた、文章向きじゃないが
青山鶴子のコスプレをした姿を見たいと木乃香に言われて断りきれなかった刹那
ちなみにコスプレはフィギュアでもおなじみのあれです、サラシ、褌、道着上
58名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 23:08:11 ID:T5I3BtLL
木乃香が青山の人たち知っている(もしくは、覚えている?)
ってのがきつくないですか?
59名無しさん@ピンキー:2005/06/26(日) 23:16:52 ID:JnNR1gV8
>>55
むしろアキラ×ネギで
60名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 00:28:57 ID:5WgGpQSu
>>59
確かにそちらの方がいいですね。
61名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 00:35:24 ID:9LntteZY
>>57
>褌
よし、この成分だけでも抽出して。
62名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 09:48:19 ID:yg6EaXzV
いいかスカトロ書いてくれ
レズなんかよりよっぽど健全
レズ書いてるやつもハァハァ読んでるやつも逝ってよし
63名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 09:55:05 ID:yg6EaXzV
        /:::::::::::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^:::::::::::::::::::\(  
        ))(:::::::::::::::::::::::::(:::):::::::::::::::::(:::): ::::::::::::::\
      /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::)))
      (:::::::::::::::::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ:::::::::丶::::ヽ
      ((:::::::::::::::./ 彡  ノ >>1ノ  :: 彡:/)):::::::):)
      (::::::::::/ ミミミミミミミ.川彡彡彡彡彡  :::::::::::)
      ((:::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::))) このせつ…このせつGJですハァハァ…やっぱレズ最高ハァハァ僕包茎なんです…
       |==ロ  -=●==- ‖ ‖ -===●=- ロ===
    /⌒ |:/ ‖   --/ /ノ  ヽ \---- ‖  ヽ|ヽ⌒ヽ
   〈   |/  ヽ`======/  .⌒ ` ========ノ.   ..| |    〉    
    ヽ  .( 。 ・:・‘。c ( ∩  ∩ ) ;”・u。*@・:、‘)  /   
    | ( :。・;%:・。/:::U:::| |::U:ヽ  ; [email protected] ・。:% ) |  
    \( 。;・0”*・o;/::| |::::::::.:||::: \ :。・;%:・。. )/   
       ([email protected]・。:  /~U  ̄..||~~\: ”・ : 。;”・.)        
       (0”*・ o/  し   .U   \ 0”*・o:)
     .  (・:%,:)|.  ~| | ̄| ̄U| ̄  | :(:%”・:)
       :(; [email protected]・ \  U ̄ ̄υ   /[email protected] *・・)
        \:::o :::: \_し__| |_/:::::::::::::::/
          ヽ ヽ::: _-. )( ::::: U: :::::::-_  ノ
           \ ::::::.:U::::::.::: || :.: ::: ::_/
64名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 09:57:04 ID:yg6EaXzV
>>1はなんでスカトロ推奨って入れとかないんよボケ
65名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 10:02:26 ID:3pb+pQ1P
66名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 10:25:38 ID:eC8eCEXw
明日菜が水田どらえもんに犯される内容キボン
67名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 11:50:49 ID:a9eGXHqT
ある朝の明日菜。
ラフな格好に身を包み、麻帆良都市のすがすがしい朝。
新聞配達に向かう途中、

突然のお腹イタが私を襲いました。
うわっ!間に合わないかも!頑張って走ってみまし
た。しか〜し、公園のトイレの個室に飛びこんだ瞬間。、、、やって
しまいました。パンツの中に、しかもドロドロ。
どうしようもないので汚物入れに捨てました。
当たり前ですがスペアなんて用意してません。
「この辺コンビニあるかなぁ」
で時計をみると、、「あっパンツ 買ってる時間なんかあらへん。」
仕方なく「えいやっ!」
とノーパンで新聞店に向かいました。


配達する新聞を受け取り、配りにかかります。
私は外でノーパンな状態なんて初めてです。
いろんな人とすれ違います。ノーパンバレたらどうしよう。
「ひょっとしてすれ違う人は、私がノーパンなの気づいて
いるのでは。」 もう配達どころじゃありません。ヤケクソ
です。
その日の新聞配達は、いつもより時間が経つのが長く感じました。
68名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 13:16:40 ID:oOO18q8E
なんで関西弁
69名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 14:44:52 ID:IqX91r2O
何となく明日菜に関西弁を喋らせたかったので・・・。
70名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 15:01:44 ID:IqX91r2O
ぶーーーーーーーーーーーっ・・・ブリプリブリッ・・・・
教室中にいいんちょーの脱糞音とそれに伴う臭いが広がる。
「い、いいんちょーあんた・・・。」
明日菜はいいんちょーの側に駆け寄る。
「あ、あ、明日菜さん・・・。これで私もウンコ漏らしましたわ。明日菜さんと同じですわ。」
パンツに溜まったビリビリウンコを垂らしながらいいんちょーは明日菜の問いかけに答えた。
「で、でも、私はいいんちょー。明日菜さん以上に恥ずかしい事をいたしますわ!それがいいんちょーとしての義務です!」
と、言い放つと、いいんちょーは下半身に力を一気に込めた。
ぶっ・・・チョロチョロチョロ・・・・。
いいんちょーのパンツが失禁によって、徐々に漏らされたオシッコによって股間部分にグラデーションがかかっていく。
そして、とうとうパンツの布地に吸収されなくなったオシッコがパンツから吹き出し、足を伝わって床にこぼれ落ちた。
「こ、こ、これが私のいいんちょーとしての義務ですわ。」
71名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 15:03:36 ID:IqX91r2O
↑すまん、張り間違えた。
72名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 17:17:34 ID:GTL7ah4V
アキラ×ネギか…
二次創作するには難易度高いけど、
上手く作れば他作品との差別化を計れて良い考えだと思います。
書く人がいるなら俺は応援します。頑張って下さい。

で、この流れだから言える話があるんだが
実は、俺が中2の頃親友が下痢漏らした経験がある。
漏らして匂った時、近くにいた友達から「ハムスター臭い」って言われてた。
幸いあまり大きい騒ぎにはならなかったけど、後々そいつは大変だったよ…w
今頃元気にやってるかな…
73名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 18:23:27 ID:b7mhWC1p
明日菜とエロオコジョでも可。
74名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 18:27:17 ID:EMcQWrB0
大量オコジョ浣腸でケツからオコジョをぶりぶりぶりと排泄
75名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 18:47:48 ID:MbPVM+zZ
エロオコジョが夜中に寝ている明日菜やこのかにイタズラ
76名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 18:58:27 ID:MbPVM+zZ
エヴァがネギに忠誠を誓わし、斧でネギのを切り落とす。
77名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 19:02:44 ID:F2nOc48m
魔法先生ネギまの最終回は、ネギが魔法を暴走させ、31人全員の服を穿き取る。
もちろんテレ東なので、肝心の場面は校舎の静止画に変更され、「声だけでお楽しみ下さい」状態。
78名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 19:59:51 ID:sSmoFj5n
この流れって「これがほんとの糞スレ」ってオチじゃないだろうな…?
79名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 20:23:36 ID:0Hd/HGau
座布団1.3枚
80名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 20:44:12 ID:R6hJ3xVV
明日菜がオッパイ大きくしようと努力する話とか・・・。
81名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 20:52:36 ID:yg6EaXzV
>>80
つまりスカトロかっ!!
それなら俺も大賛成だね!
82名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 21:20:51 ID:hYwyfucb
最近、憧れのあの人といい感じ。
でも、大切なのはここから。ここらでちょっとアクセント。
ちょっとカレに冷たくしちゃう。もちろんカレを惹きつけるための作戦。
カレがその冷たさに不安を感じたあと、思いっきり優しくして安心をあげるの。
これって単純だけど、結構ひっかかる男が多いんだよね〜w

夕映「・・・・(なるほど)」

(翌日)

ネギ「ちょっといいですか夕映さん」
夕映「なんですかネギ先生?私も暇ではないのですよ」
ネギ「あ、じゃあもういいです。そのかわり金輪際ボクにも話しかけないでください」
夕映「え・・いや。別にそんなつもりでは・・・」
ネギ「・・・・・・・・・・・・・・・」
夕映「ちょっと、ネギ先生・・・」

アスナ「綾瀬さん、ネギも暇じゃないの。話しかけないでくれる?」
のどか「というか、先生が話しかけるなって言ったのに聞いてなかったの?」
このか「綾瀬さん。クサイからしゃべらんといてくれる?」
パル「綾瀬さんが喋るだけでも無駄に二酸化炭素が排出されるんだからさ」
古「いっそのこと呼吸もやめるヨロシw」
楓「それはいい考えでござるな。」
朝倉「いいね〜。個人の権利は公共の福祉による制限が許されるんだし」
エヴァ「どう考えても、地球環境の重要性>綾瀬が呼吸する必要性だな」
桜子「そんな難しい話しなくても、綾瀬さんの生きる価値なんてないよ〜w」
刹那「地球の環境を考えて、自分の存在価値を改めて考えてください」
83名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 21:21:42 ID:hYwyfucb
(数日後)

アスナ「あの、・・・何だっけ?ほらあの人、自殺した・・。最後まで迷惑だったね〜」
パル「教室で首吊ったら先生やみんなに迷惑ってわかんなかったのかな〜w」
刹那「そういう人でしたから、仕方ないですよ」
古「寮でやればよかたアルw」
のどか「それだと同じ部屋だった私たちが迷惑ですぅw」
楓「確かにそのとおりでござるw」
龍宮「どうせなら化けて出てもらいたいな。仕事も増えるしもう一度殺してやれる」
エヴァ「人聞きの悪いことを言うな。奴は自分で死を選んだんだよw」
朝倉「でも龍宮の提案もいいね〜wあんた何とかできないの?」
相坂「ちょっとあっちの世界から呼び出してみます。あの人名前何でしたっけ?」
朝倉「確か・・・・・・・あ、あら?」
このか「何やったかなw思い出す必要もないんと違う?」
ネギ「それでは授業を始めます」
84名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 21:37:36 ID:yg6EaXzV
>>83
気に入ったぜ、おまえ
85名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 21:43:14 ID:sSmoFj5n
とりあえずスカトロ好きはこちらでスレ立てれば?
http://pie.bbspink.com/sm/
86名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 21:55:06 ID:00ZFjM7j
>61
褌刹那ネタ頼むぜ
87名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 23:24:57 ID:FFazDGUO
褌と云えば楓だろう……まぁ、彼女は穿いてn(ry のかもしれないが。
88名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 23:29:45 ID:75yNowPr
ありそうでない夕映×のどかをリクしてみる
89名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 23:35:16 ID:yg6EaXzV
レズが投下されたらこのスレを嵐まくってやるよw
90名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 23:45:03 ID:4oMTxiO0
「ネギ先生は私だけのものです…!」
夕映にかつての親友としての面影はどこにも無かった。
そこに居たのは、ただ獲物を手中に収めんと欲する一匹の「泥棒猫」であった。
    (`
   '´  ̄ ヽ  
   |!|((从))〉  
   '(|#"Д"リ 「夕映…私達、もう友達なんかじゃない…!!!」
のどかの決死の思いを込めた宣戦布告を、夕映は鼻でせせら笑う。
「はん、望むところです…なんならネギ先生に直接聞いてみるですか?
私とのどか、どっちを選ぶですか?って」
   (`
  '´  ̄ ヽ  
  |!|((从))〉
  '(||" 3 "リ 「それこそ望むところですぅ」
のどかと夕映には、互いに確信があった。
"ネギ先生は自分こそを選んでくれるはずだ"、と…。
91名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 23:46:51 ID:4oMTxiO0

ガチャッ 「ネギ先生、御邪魔するで………は?」
二人がネギの部屋の扉を開けた先に広がっていた光景は、思いもよらないものであった。
「あん、ネギくぅん、イイ、いいよっ!!!」
「あっぁっあっあっハルナさん、そんな…あぅっ!」
ピュピュッ
裸で絡みあうネギとハルナは同時に絶頂を迎え、ピクピクとその腰をひくつかせている。
「ハ、ハルナ…何してるですか…」
「…え?っきゃぁぁぁっ!!!なんであんた達がここにいるのよ!」
    (`
   '´  ̄ ヽ  
   |!|((从))〉  
   '(|#"Д"リ 「それはこっちのセリフですぅ!」
「あ、あの、これは、その…」
しどろもどろに言い訳しようとするネギを制し、代わってハルナが口を開く。
「見ての通りよ…悪いけど、ネギ君は私が貰ったから。
お互いに初めても捧げちゃったし…ね」
「な、なんて真似を…」
夕映は怒りのあまりに頭が焼け付きそうだった。
夕映「この…泥棒猫がっっ!」

   (`
   '´  ̄ ヽ  
   |!|((从))〉  
   '(|#"Д"リ 「おまえもな!」


>>88
これで満足でしょ?
これ以上荒れそうなリクエストはしないでいただきたい
つうか少しは頭使えよ。
92名無しさん@ピンキー:2005/06/27(月) 23:50:13 ID:MqOf2cO5
タカミチ×ネギくそみそテクニック版キボンヌ
93名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 00:03:33 ID:iATGGDVO
キモイ
94名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 01:38:47 ID:MWSHDwUb
何かもう荒れてるな…下痢のしすぎジャマイカ
95名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 01:39:35 ID:VMVH7OUb
こんな流れの中でマジレスする漏れもいい面の皮だが

二次キャラ排泄系妄想廃棄所
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1116597854/

スカトロは専用スレがあるのでそっちで思う存分ハァハァしる
96名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 02:23:01 ID:lh2l+bSC
>>90
アンチのどかスレの改変だなw
97名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 10:49:14 ID:PGneDI2M
中村達也×豪徳寺薫お願い
98名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 11:17:32 ID:m+2S62Yi
明日菜のケツから「ながーーーーーーいお付き合い ○○銀行」のCMみたいにウンコが繋がって出る小説キボンヌ
99名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 12:59:41 ID:kmmrsWzA
猫なりさんのネのまの続きが気になる
100名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 15:03:18 ID:xHophA/0
明日菜と冴羽僚の絡み
101名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 17:00:31 ID:iOYUMEBg
スマン、スレ違いだが
ttp://adult.csx.jp/~megaland/menu_all.html
ココって無料なのか? 誰か教えてくれ
102名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 17:07:39 ID:HIkG+sKl
ワンクリック詐欺と違うか?クリックしたらいきなり料金請求とかありそう…
103名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 17:25:07 ID:MWSHDwUb
ネのま に50まほら
104名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 17:30:39 ID:A/ke1/Ua
>>102
サンクス、どうやら無料っぽい……。
105名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 19:36:16 ID:CJS6fpJK
*― ―) 亜子長編です

「京都事変3、Natural enemy And Food chain」
106「京都事変3、Natural enemy And Food chain」:2005/06/28(火) 19:37:15 ID:CJS6fpJK
「………っ!」
 白銀、または「銀」の根が、ドリルのように高速回転し、突き出してくる。そのうち亜子には両
手、足亜、腹部、胸部、頭部を狙い、前後左右からそれぞれ数十本、一斉に噴き出し、対物理障壁
に衝突して先端から、ぐしゃり、とひしゃげて折れ曲がり、四散する。
 びくともしない亜子の障壁に、しかしさゆとふみは余裕の笑みを崩さない。
「障壁解析完了」「ほーちゃんは食欲に忠実だけど賢いのよ」
 地面から「銀」の根が再び「槍」として飛び出した。亜子の右足めがけて繰り出される突撃は先
程と同様に障壁に激突し、今度は亜子の障壁が一瞬で弾け飛ぶ。反応する暇もなく銀の槍は亜子の
右太股に突き刺さり、気の防御を貫通して皮膚下に潜り、厚い肉に覆われた骨を完全に粉砕した。
「ぎゃあ―――っ!」
 不意を突かれた格好の亜子が、右足の自由を失って転倒し、銀根は太股の裏側を突き破り飛び出した。
 ずざざざざざざざざざざざざざざざざざざざざざざざざ…………!
 亜子は根の突撃の勢いに、そのまま地面を引き摺られる。
107「京都事変3、Natural enemy And Food chain」:2005/06/28(火) 19:38:23 ID:CJS6fpJK
「あ゙あ゙あ゙ッ!や゙あ゙あ゙あ゙っ!あ゙あ゙!や゙あ゙あ゙あ゙あ゙!あ゙があ゙あ゙あ゙!あ゙あ゙―――」
 がりがりがりがり、と、顔の半分が地面に擦れていく。頬を削がれる激痛と高熱が亜子の顔に染
み込み、涙や鼻水が反射的に漏れ出してきた。小石が顔に食い込み、耳が擦り切れ、カンナで削ら
れるように髪ごと皮膚を奪われる。まるで半紙に朱色の文字を書くように、銀根は亜子を引き摺り
回し、地面に叩き付け、桜に叩き付ける。絶叫と赤い軌跡を残して、根が亜子を嬲る。頭や身体を
擦られる度に、そのわずかな抵抗が股肉に加わる。ぶちっ、ぶちっ、と、串刺しにした銀槍が少し
ずつ肉に食い込み、傷口を裂いて広げ、泉の如く赤黒い液体が溢れ出す。液体に骨汁や肉塊が混ざ
り始める。何も考えられない。断続的に激痛と衝撃が加えられ、思考が切断される。反撃ができな
い。する方法が思い付かない。どうすればいいのか分からない。亜子の目は涙で溢れ、激痛で視界
には光が点滅している。悲鳴を上げる口に広がる、血と土の味。銀根が股の肉に、めり、めり、と
食い込み、白い皮膚がゴムのように伸びた。伸びた皮膚から薄っすらと、銀色の根が浮かび上がり、
ぷつ、ぷつ、と皮膚が裂けて銀が露出する。そして、
108「京都事変3、Natural enemy And Food chain」:2005/06/28(火) 19:40:13 ID:CJS6fpJK
 ぶちんっ!
 太股の肉を外側に吹き飛ばして、銀根が亜子の足から離れた。骨を砕かれ、外半分を抉られた亜
子の右太股は、皮膚と筋肉のみで、ぷらん、と繋がる。亜子は意識を失いかけながら、ごろん、ご
ろん、と地面を転がっていった。生きているとは思えない、死体のように脱力している。反撃する、
立て直す、など一斉を感じない、抜け殻のような動きをして、止まった。
「あ゙あ゙あ゙……ゔあ゙あ゙……ゔあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙…………」
 蹂躙からの解放のみを享受して、血塗れの顔を押さえて、虚ろな目で亜子は嗚咽した。
 本山の人間たちは言葉もなく、しん、と静まる。総本山の主砲で焼き払おうと、それでも復活し
た怪物が、ほんの一瞬で敗北し、無惨な姿を晒しているのが理解できなかったのだ。真祖には復元
能力もあるので、この程度のダメージでは動きを封じることもできないはずである。
 しかし亜子は嗚咽するだけで、その千切れかけた足を治そうともしない。
「ゔあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙…………治らへん! 足、治らへんよ゙ぉ…………!」
 壊れたままの足を投げ出して、亜子は悲痛な声を上げる。顔の傷は既に完治しているのに、足は
治せないと言う。しかし、涙でぐちゃぐちゃの亜子の顔は、嘘を言っているようには見えない。
109「京都事変3、Natural enemy And Food chain」:2005/06/28(火) 19:40:57 ID:CJS6fpJK
「「銀」か……!」
 詠春の指摘に、さゆとふみは、にやり、と嗤って肯定した。
「その通り」「吸血鬼の弱点「銀」でできたほーちゃんの根は」「ハイデイライトウォーカーに有
効な武器よ。もっとも」「別に西洋圏の悪魔払いを施してはいないし、聖言や聖水で強化もしてな
い。解析してみれば不純物も多い、価値の低い「銀」ではあるけれど」「それでも、それで付けた
傷は」「とっても、治りが遅い」「治そうと思っても、すぐに治せない」「そして、勿論」

「普通の人間にとっても、有効な武器」

 本山の大広場の、術者たちが立っている地面から一斉に、銀と白銀の根が噴き出した。

「安心しなさい。非戦闘員は殺すつもりはないわ。例えば、料理人とかね」

 巫女や術者たちが、胸を、腹を、足を、至る所を金属串で貫かれて、一斉に絶叫した。腹部を貫
かれた者は、そこから、ぶち、ぶち、と身体が千切れ始め、上半身と下半身が裂けて内臓や血をぶ
ち撒ける。顔を貫かれた者は、首の上に大きな空洞を作って、血を撒いて倒れた。
 貫いた人間がまだ生きていることもある。大半は死んでいるが、気にしない。どちらにせよ、引
っかかっている人間を、貴金属の根は易々と持ち上げていく。
110「京都事変3、Natural enemy And Food chain」:2005/06/28(火) 19:41:50 ID:CJS6fpJK
 カラフルな金属紛が舞い落ちる。血や肉片が、ぼた、ぼた、ぼた、と地上に降る。
 ほーちゃんの「めしべ」たちの柱頭が、めり、めり、と裂けて、1メートルはある口が生まれた。
内側には360度、全面に鋭い牙が生えている。それを、ぎゅいぃぃぃ! と回転させて、人間を
食べ始めた。肉塊と化している者も、生きている者も、構わずにミキサーにかけ、表面の皮膚を抉
って血を絞り出す。鉛筆を削り器にかけるように、外側から皮や肉を、剥いていく。磨り潰され、
喰われる絶叫の下、血の雨が盛大に降り注ぐ。ほーちゃんは、人間たちを呑み込む。
 深い意味は存在しない、単なる食事―――それ以上のものでなかった。
「何と言うことだ……人食いの化物め……!」
 わざと見逃された詠春は死臭が満ちる総本山で、蓬莱の樹を睨み、吐き捨てるように言った。
 向こうでは亜子が足を押さえながら、呆然と、震えてその殺戮を眺めていた。
 そこに、

「あら、貴女はまだ」「これからよ♪」

 びくり、と顔を上げた亜子の視界の中で、さゆとふみは、にっこり、と笑った。


 …………………………………
 …………………
111座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/06/28(火) 19:44:30 ID:CJS6fpJK
;― ―)ギコナビのコテ設定でミスってトリップが消えてました
途中から入れようとしたら名前長すぎになったので、今回はもうそのままで

次から気をつけます、すみません
ではまた
112名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 20:13:36 ID:M6Y3bw4j
見たくもねえもの見せられたんだ
謝罪と賠(ry
113名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 22:07:03 ID:LEj/5sDI
座薬さんGJです……
鉋とかものすごい比喩が連発されてますね。
正直モドシソウです。
姉妹誘拐のシーンを一瞬思い出して軽〜くモドシテしまいました。
もうエロシーンは出てこないのかな……

次回亜子の活躍に期待です^^
114名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 22:15:58 ID:7+9hP151
とりあえず「グロ注意」とか入れていただきたく候
115名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 23:16:39 ID:Hb8rYwUe
       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | -=・=- -=・=-  |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三

ムーミンがあきれてしまったようです
116名無しさん@ピンキー:2005/06/28(火) 23:42:02 ID:HEGkS3IT
ま た 座  薬 か
117名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 00:20:56 ID:SeqypQAJ
チラシの裏で済まないが、
何の前触れもなくいいんちょが漏れの部屋で明日菜を掘ってる夢を見た
ドアを開けていいんちょと目があった瞬間、繋がったまま突進してきたから
命の危険を感じて目が覚めたが(´・ω・`)
118名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 02:03:05 ID:Q99HVxjy
>>117
俺だったら泣く。
119名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 10:26:33 ID:1P4aq9Ho
       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | -=・=- -=・=-  |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三

ムーミンが射精してしまったようです
120名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 16:44:24 ID:F6HSTXAP
ムー民って節操ないね
121名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 16:59:11 ID:WrGLQ4Mb
誰かゆーなor亜子の搾精SS書いてくれない?
122名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 17:05:54 ID:F6HSTXAP
俺に言ってんのかい?
俺もその昔天才とよばれた男なんだが、このごろss書いてないからなぁ…
悪いけど、ほかあたってくれや
123天使:2005/06/29(水) 18:35:53 ID:RKjeY2eO
華麗にスルーするよ?
124名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 20:39:22 ID:ZpVmf/tz
ねぇ乳輪 こっち向いて〜♪
125名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 21:57:54 ID:9urJ4imY
さすがにネタがないなぁ〜。
126名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 23:03:30 ID:wRe/NLe8
色々ネタはあるんだ……

前々から書こうと思っていた俺×楓とか
もうずっと前から放置気味のロリみーとか
朝倉を助けたりさよに足付けたりもしたいし

でも……時間が無いんだ……時間が……
127猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:14:07 ID:0YrB/I04
ネギ&のどか&まきえ2回目。
どうしても物語上必要なのでレズモードなのですよ。
レズダメな華麗にスルーで。終われば3人編にいきますから。
128猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:14:25 ID:0YrB/I04
「あ、いや、あの…」
キョドるのどかの手ををひっぱり半ば強引に椅子に座らせる
髪はすでに洗ったらしく、シャンプーの匂いがなんとも心地よかった
「のどかちゃん良い匂いだねぇ…(恍惚)」
クンクン…と匂いをかいでいるとのどかが逃げようとするので慌てて捕まえる
「のどかちゃん…、ヤダ?」
子犬のような瞳でみつめるとのどかはなんとか目をそらそうとする
やはり夕方同様(積極的なのは苦手)なんとも苦手意識がでてしまう
自分がこんな性格だからか天真爛漫なまき絵さんは苦手に感じてしまう、ところがある
「あぅっ…」
「だめ?」
「わ、わかりました…」
わぁい☆ あぁ、顔がにやけちゃう!! にやけちゃうよぉ…
のどかを椅子に再び座らしてボディーソープで泡をあわあわとたてる
ほんと体白いなぁ… 私が運動部ってのもあるんだろうけどほんと真っ白だなー
京都の人はもっと白い…ってあれとは違うね。

しゅわ、とあわだったタオルを背中にこすりつけると華奢な背中がビクッとした
手を動かすとのどかの口から(ゃぁ…)と息が漏れる しゃわしゃわ…
「ま、まき絵さんくすぐったいですぅ…」
あまり聞かないちょっと笑っているような(くすぐったいのだろう)声だ
(珍しいなぁ…、のどかちゃんがこういう声出すの…
あんまり親しく話さないから新鮮かな☆ もっと聞いてみたいな、色んな声を♪)
「ごめんねー、もっと優しくするよ☆」
「す、すいません…」
…。まき絵さんのはくすぐったかったので言ってみたんだけど…
どうしたのかな…? まき絵さんがなにもしてこないよけど… 後ろ向くの怖いしなぁ…
(ふにゅん…)
「ひゃあぁ!?」
129猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:14:51 ID:0YrB/I04
…。布でダメなら人肌だよね☆
手にボディソープをたっぷりつけてくちゅくちゅしてみる♪ のどかちゃんの体温感じられていいなぁ…
「みゃ、みゃき絵さん… もっとくちゅぐったゃい…」
「えー? さんづけで呼んでほしくないなー。まきちゃんって…さ♪」
「みゃ、みゃき絵さん〜(汗) …。…。…。ま、まきちゃん…(赤面)」
ああ、もうのどかちゃん可愛いなぁ…。なんでこんなに可愛いのかなぁ…
「なーに、のどちゃん?」
まんをじして。
「あ、あの手だとくすぐったいんですけど…」
「だってさぁ…、あんなタオルじゃのどちゃんの肌傷つちゃうかもしれないし…」
のどかは困った顔でまき絵のことを少し振り返ってみつめている
「そんなことになったら、私…私…」
そんなことを考えたら本当に悲しくなってきた。冗談で言いくるめるつもりだったんだけど…
傷つけちゃダメだよぉ…、だってこんなに綺麗なんだしさ…
「わ、わかりました〜 あ、あ、ありがとうございます…」
…。こんなに真剣にまき絵さんが考えてくれたなら否定しちゃダメだよね…
ちょっとくすぐったいけど、が、がんばる…
「るるる〜♪」
背中が終わりちょっと小さめのお尻に手がかかる…
なんとも柔らかくてたまらないものがこみあげてくる。おっと、よだれが♪
「ま、まきちゃん… 撫で回さないで〜…」
(まき絵さん〜、くすぐったいような、むずがゆいというか… 変な感じ…)
「撫で回してないよー? そんな風に感じちゃうなんてのどちゃん感じやすい?(♪)」
実際は撫でまわしてるけどね♪ あーん…、なんだろうなぁなんだろうなぁ… この快感…
でもあんまりやってるとマズイよね… さて、本番、本番!!
130猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:15:11 ID:0YrB/I04
「ま、前は自分で…」
終わったようなので慌てて静止しようとするのだが、
「いいからいいから!」
と強引に静止を無視する。
腕。
「ひゃぁ…」
首から下に手をかけたところで言いあらわしづらい、ような声が漏れる
「のどちゃん、大丈夫? 嫌ならやめるよ?」
私は楽しんでるけど(おいおい)のどちゃんが嫌がってるならやめようと思った
やっぱりのどちゃんに嫌な気持ちさせたくないしね…
「…。だいじょぶです…。続けてください…」
(くすぐったいし、手がいやらしいけど嫌じゃない… むしろ…な、なにを私は!?
こ、これは女の子コミュニケーションで… ひゃうっ!!、私はそーいう趣味は〜)

おなかをさする。ぽやんぽやん…
なんとも硬すぎず柔らかすぎず気持ちいい感触☆
おへそのあたりをさするとピクッと反応がちょいある。うーん、ちょっと弱いところかな?(おなかだけど…)
あー…、なんかのどちゃんのおなか擦ってるの幸せー… おなかっていいなぁ…
「ま、まき絵さ…、まきちゃん…?」
「ごめーん☆、トリップしてた…」
「とりっぷ…?」
のどちゃんは不思議そうになにかを考えている
ちょっと紅潮した顔がますます赤い顔になり、なにを考えているのかかなーり気になった
「のどちゃん…?」
「…。ひゃ、ひゃうっ!? す、すいません… お、終わりですか?」
「まだ残ってるけど…、どうしよっか?」
さっきも確認したけど、やめてほしいっていうならやめるべきだよね。
十分すぎるほど楽しんだけど…(こらこら)
「つ、続けて…(ごにょごにょ)」
131猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:15:46 ID:0YrB/I04
聞き取れなかったけど良いんだよね…
ドキドキしながらちょっとだけ主張している胸のふくらみに手をかける
なんでこうも自分のと違ってすんごい柔らかく感じるかな。私も同じようなサイズだけど…
のどちゃんの体温が感じられて暖かい気持ちに…
男の人だとエッチな気持ちになるんだよね。うーん、分かるような…
あくまでも洗ってるんだから指をくにくにと動かし突起物に指が触れるとなんとも艶っぽい声で
「はぁ…ん…」
あーん! こりゃエッチな気持ちになっちゃうよねぇ… こころなしか硬くなってきたようなー!
「ま、まきちゃん… なんかドキドキするよ… わ、わたし変です…」
「私もドキドキしてるよー☆」
下に指をかけようとすると、
「し、下はダメですぅ…」
チェッ… やっぱりまだまだ理性が残ってるかか☆
「なんでー?」
「は、恥ずかしいですぅ…」
「じゃ、また今度ね(保険をかけとくのだ) 私も洗ってねー?」
「は、はい…」

「わ、わたしも指で洗ったほうが…?」
「うん!」
のどちゃんは普通に(当然だけど)洗ってくれました。
「ま、前もですよね…?」
「うん!」
のどちゃんの細い指が私の体に絡み合う。ああ、気持ち良い…
胸に指がからみぎこちなく私を刺激する。このぎこちない具合が…!
これよくない? よくなくない? よくなくなくなくなくなくない! say yeah!!!
「こ、これでいいですね…」
あーん、終わっちゃった… 当然だけど下には触れず。ちぇっ。
132猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:18:35 ID:0YrB/I04
そんなこんなでチャチャーッと頭を洗ってお湯につかる。
「い、いいお湯ですね…」
のどちゃんから話しかけてくれるのは嬉しいなー☆
さっきのも嫌がってなかったってことだよね。わぁい!

んなこんなでお風呂から出て脱衣所(当然なにもあの後ありませんでした)
「暖まりましたねー」
ああ、なんか風呂上りでちょっと色っぽいのどちゃんいいなぁ…
思わず抱きついてしまう
「ま、まきちゃん…?」
「すべすべで良い匂いー…♪」
「重いよぉ…」
どこか嬉しそうに見えるのは気のせいかな?
のどちゃんいい匂いだなぁ… 赤ちゃんみたい…
「のどちゃんのファーストキスはネギ君?」
「え、ええっ!? …。はい、そうですよ。」
ここはまき絵に好感を持つと同時に自分とネギの距離を近くだと言いたかったのだろう
のどかの対抗心が少し垣間見えた瞬間かもしれない
「ネギ君も好きだけどのどちゃんも私好きだなー☆」
「え、ええ…!?」
「可愛いんだもん♪ 誤解してほしくないけど、私女の子が好きとかそういうのはないよ?」
そう言い軽く触れるようなキスをした。のどかは真っ赤になってしまい声も出ない
「今日はありがとね♪」

(まき絵さんは不思議な人だなぁ…)
まき絵の後ろ姿を見ながらそう思った
「女の子が好きとかそういうのはないよ?」そういう趣味はないってことだよね
私もさっきまき絵さんに不思議な気持ちを持ったから同じかな…? よくわかんないや…
でもネギ先生も好きだって… あうえう〜、よくわかんないよ〜…
よく分かんない、けどさっきのも女の子なら普通なのかなぁ…?
よく分かんない、けどまき絵さんに好感を持ったのは確かだった。
(続く)
133猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/06/29(水) 23:21:21 ID:0YrB/I04
あんまりレズ部分長くしてもなーと思ってまき絵部分だけで削りました。
延々のどかの心情をやってもいいかと思ったけど。おなかいいなー、おなか。

(余談:分かる人がいるかは置いといてスチャダラは唯の遊び心でいれました。)

次回はネギも絡むのですよ。むしろ本番なのですよ。
134名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 23:22:26 ID:aWdKJCR3
135名無しさん@ピンキー:2005/06/29(水) 23:58:15 ID:UMAe9Fg9
だって〜毎日出るんだもん♪我慢してたって出るんだもん♪
健康第一おなか〜すっきり、いつだってユエはありのまま〜♪

魔法な〜んて使えない〜でも、悪者だ〜って〜ドラゴ〜ンだ〜ぁって〜♪

フッ素・クッソ・エブリバディ〜♪クッソ・クッソ・エブリブ〜リブリ♪
窒素・クッソ・エブリバディ〜♪クッソ・クッソ・エブリブ〜リブリ♪
屁ブッ!!屁ブッ!!へブッへブッへブッへブッ!!
みんなみ〜んな、い・ち・こ・ろ・で〜す♪

昨日の分も今出そ〜う♪明日の分まで今出そう♪
いつだってユエは絶好調〜♪ブリブリ!!
136名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 00:25:07 ID:JaE/j6hE
>>猫なりさん

乙。激しく乙。
137名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 00:32:11 ID:z+Lw08Xu
138名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 01:10:42 ID:orFoR+G5
またレズかよ
ほんとレズが好きだな、ここの職人共は
139名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 01:13:02 ID:oiO6GQur
色んな意味で今夜の展開は頭痛い・・・
140ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:18:01 ID:6wge8jU1
前スレ876からの続きです。
今日はアニメの最終回だそうで。放映されない地域にいるのは良かったことなのか…。

※今回もネギ受けを若干含みますので、ショタお嫌いな方はスルーないしNGワードでお願いします。


【はねうさぎ×着ぐるみうさぎ 火星人の謀略 5】


麻帆良祭上空を優雅に遊覧飛行し続ける飛行船。
その中の男子トイレで行われている情事のことなど、地上で祭りを楽しむ人々は想像だにしないだろう。
若干10歳の子供先生と14歳の少女が、人目もはばからずに裸で睦みあっていることなど。
――そこは、既に地獄か、楽園か。
当人たちにも判ってはいないのかもしれない。

裸になった刹那が、ネギに向けて一歩を踏み出す。
はだしの足に、床のタイルの冷たさが心地よく感じられた。
二の腕や顔、首筋に手を触れて付着する精液をすくい取ると、ふくらみかけの胸に、そして股間へと擦りつける。
「ふぅ……っ。はぁ……んっ……」
それは熱い視線を向けるネギへのサービスであると同時に、自らの気持ちを高める為の自慰でもあった。
くちゅくちゅと液をこぼし続ける刹那の秘所は、精液を塗りこまれることでより卑猥な光沢を放っていった。

刹那が服を脱いでいく光景から、ネギは片時も目を離すことが出来なかった。
教師として、またイギリス紳士としてならば、教え子の裸など見るわけにはいかないのに。
目は釘付けにされてしまった。
白い肌に白濁液だらけのキレイでヒワイな――刹那の一糸纏わぬ姿に。
141ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:19:12 ID:6wge8jU1
わずかに膨らんだ、まだローティーンの少女であることを明確に伝える胸。
その先端は桜色に染まり、痛いほどに張り詰めている。
また、塗れそぼる秘所には本当に淡い翳りしか存在していなかった。
元々陰毛の薄いたちなのか、もしくはここ最近生え始めたのかもしれない。
開ききった陰唇から流れる愛液と、割れ目から覗くサーモンピンク。
身体全体の肉付きはまだ薄く、女性らしさが足りないとも言えるだろう。
しかし、まるで子供の様なたたずまいが大人のように蜜をたたえ、発情している姿はあまりにアンバランスで、劣情を誘って止まなかった。
それらを目の当たりにして、ネギは思わず唾を飲み込んだ。
(修学旅行のときに見た刹那さんのと、全然違う……)
奇しくも、経験の皆無な者同士。刹那がネギのペニスを見て感じたものと同じ感想を、ネギも感じていた。

そしてふと思い出す。
エヴァンジェリンの弟子になって間もなくの頃、アスナとケンカをしてしまったとき。
どうしてアスナが怒ったのか――、ということを考えてもらったときに居合わせた刹那が何と言っていたか。
原因がネギの「パイパン」発言にあると誤解した一同。
そのとき刹那は「確かに私も言われたら落ち込むかも…」と呟いた。
(…刹那さんも……、あそこに毛が生えてないことを気にしてるのかな……)
疑問が浮かぶが、確かめるわけにもいかないのでそれを心に秘める。
(――アスナさんと刹那さんは二人とも「生えてない」からあんなに早く仲の良い友達になれたのかなー……)
――などと、本人たちが聞いたら怒って全力で否定しそうな失礼な想像をしながら。

そして、昂ぶりきった刹那がネギに覆い被さるようにして口づけをする。
舌が触れ合い、絡み合っていく。ちゅぱちゅぱと弾ける水音。
息をするのも忘れていたさっきまでとは違い、お互いがより気持ちよくなるように体勢を変えながら。
刹那の手はごく自然にネギの身体中を愛撫していく。
首筋を、胸を、腹を、太腿を、尻を――――そして、ペニスを。
追い詰めるための愛撫ではなく慈しむような触れ方に、ネギはまた違った悦びの声をあげた。
「ん、ふぁ……。刹那さんっ……、気持ちいいです……っ」
142ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:20:17 ID:6wge8jU1
密着状態で触れられる手に誘われたか、ネギの両手も刹那の乳房に添えられる。
ふにゅ……。
「あ……っ」
「わ、柔らかい……」
まさに「柔肌」という表現がぴったりくるような刹那の肌。
まだ未発達の胸はボリュームとは程遠いが、その分だけネギは刹那の心臓の鼓動を感じることが出来た。

(刹那さんも、どきどきしてるんだ……)
破れてしまうのではないかと思えるほどに響く鼓動を感じる。
自分のドキドキとシンクロするようで、なんだか嬉しくなった。
一心不乱に刹那の胸を揉みしだくと、力を入れるたびに刹那は声をあげた。
責められて感じる快楽も大きいものであったが、ネギは「互いに分かち合う」快楽がより大きいことを知った。

(――僕が気持ちよくなるのと同じくらいに、刹那さんを気持ちよくしてあげたい――)

そう、ごく自然に、衝動的に。
その想いが形になったのか。刹那が昂ぶりきっているということを差し引いても、ネギの稚拙な愛撫は刹那に未知の快楽を与えていた。

「く……ふぁっ、っん……!」
触れられているのは胸。――だけなのに、刹那の身体はそのすべてが快楽に浸かっていた。
ネギの触れた掌が熱い。そこから水に波紋が広がるように、気持ちよさが波及していく。
(こんなに気持ちのいいものなのか、ついさっき初めて射精をした少年に触れられただけで――)
困惑する刹那は、魔法を疑った。
掌から何か、魔法を使っているのではないかとも。
…その疑念は、すぐに霧消する。
ネギが初心者用の練習杖を持っていない裸であるという物的な証拠、根拠ではなく。
それは今まで彼を見てきた信頼と、彼への親愛の情と、そして。
(……好きな……、人に、触れられるということは、……こういう、気持ちなのか……)

まるでひとときも離れまいとするようなキスと、互いと深く深く触れ合おうとする愛撫がしばらく続いた。
143ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:21:03 ID:6wge8jU1
やがて刹那の手が、それまでの愛撫とは違った手つきでネギのペニスに添えられる。
今までよりも強い力で、下方へ押さえつけるように。
――自らの秘所へとあてがうように。

「……ネギ、先生。ごめんなさい。これから私は、先生の…大切なものを奪います。
 あとから蔑んでくれても、憎んでくれても構いません。
 ――――でも、止められないんです……」
 
ネギの眼を真っ向から見据えて、刹那がそう口にする。
――そして、その直後に。
刹那はゆっくりと腰を下ろしていく。
くちゅ……。
しかし、いよいよネギのペニスが膣口に触れた瞬間。
「――――っ……!!」
まるでそこに見えない壁でもあるかのように、動きが止まった。
どうしたのかと目を向けたネギが見たのは、恐怖するような表情を浮かべ躊躇する刹那の姿。

腰を落とした瞬間に刹那の脳裏に浮かんだのは、他ならぬ木乃香の笑顔だった。
自分のしていることが――木乃香を裏切ることになるのではないかという僅かな迷いはずっとあった。
また、ネギを苦しめてしまうという思いも。
それらをすべて封じ込め、決心を固めきった上で今、ネギと結ばれようとしていたのに。
それらの迷いがすべて、膣口にペニスを触れさせた瞬間に急激に膨れ上がったのである。
木乃香も、ネギも、友人たちも。すべて失ってしまうことになるのではないかという最悪の想像が、刹那を動けなくさせてしまっていた。
「…………わ、私……私は……、このちゃん……、ネギ、先生……あ、あぁ……!!」
まるで、子供のころに戻ってしまったかのように暴発する感情。
刹那の顔が悲痛に――――歪んだ。
144ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:21:51 ID:6wge8jU1

どうしてか悲しむような表情をする刹那。その顔を見ていて、ネギの胸に灯る炎は――慈愛。
「……刹那さん…………」
ひたり、と、ネギの手が刹那の頬に添えられる。
ゆっくりと慈しむように、慰めるように撫でさする。
刹那本人も知らぬうちに頬を伝っていた涙を拭い払った。
「…あ……、先生……?」
渦巻く感情に翻弄されて半ばパニックに陥っていた刹那だったが、頬をさする手の感触で我に返る。
目尻に涙の残る目を見つめ返し、一言ひとこと噛み締めるように言葉を紡ぐ。

「…僕は、まだ……子供です。その……、刹那さんがどうして泣いているのか、判りません。
 …………でも、僕……。
 僕…刹那さんのこと、――…好きです……。
 だから、……泣いてほしくありません。泣かないで……ください……っ」

10歳の少年なりの、心を込めた告白だった。
まだ人を好きになるということを知らない、父の背中をだけを追い続けている少年の――それでも、嘘偽りのない告白。
涙を流す刹那を慰めるはずが、自らがしゃくりあげてしまう程の。
その真摯な言葉を、態度を。刹那は呆然として眺めていた。

――彼の言う「好き」は、もちろん恋愛感情のそれではないだろう。……けれど。
――けれど、私はこの少年をお嬢様――このちゃんと同じくらいに愛しいと。そう思っている。
――それだけで、きっと今は十分だ。これからのことは、これから…考えよう。
――大丈夫。うまくいく。幾度となく窮地を切り抜けてきた魔法先生がいれば、きっと――

刹那の顔に、ゆっくりと笑顔が戻る。
「……すいませんでした、ネギ先生。今は……泣いているときではありませんでしたね。
 それじゃあ、一緒に……気持ちよくなりましょう――」
「――はい……!」
ネギがそうしたように今度は刹那がネギの涙を拭うと、ネギもつられて微笑んだ。
145ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:22:38 ID:6wge8jU1
再び膣口にあてがわれるネギのペニス。
ネギがわずかに身を起こして、挿入への手伝いをする。
それは形こそ騎乗位だが、しかし二人で協力をしているという意味では変わった体位だった。
今はもう、迷いもない。刹那の腰がゆっくりと下ろされた。
ずぶ……り……。
勃起しきったネギのペニスが、刹那の膣中をかき分けるようにして侵入していく。
「く…………ううぅぅ……ッッ!!」
ぷちり、と何かが弾ける感覚。ペニスが深く突き刺さった先で痛みが走る。
膣口から愛液に混じって僅かに流れ出す血液。明らかな破瓜のしるしであった。
(――これ、が…、処女、膜が…破れたと、いうこと……か…?)
じんじんと膣奥に響く痛み。常人なら叫んでしまうところではないかと思う。
(……だが、それも今の私には通用しない――!!)
ここで痛みを見せては、子供先生にまた心配をされかねない。
折角一つになれたというのにそれでは、悲しすぎる。
彼にはここから、省みることなく悦んでほしい、と。

精神力で抑え込んだ破瓜の痛みは、やがて快楽に変わっていった。
快楽は抑えない。刹那は感じるままに嬌声をあげる。
「は…う、ふあ、っあ――――!!」
侵入されたペニスの体積分だけ、刹那の膣内で分泌されていた愛液が外へ出て、結合部分を濡らした。
最初はゆっくりと擦るように。慣れてきたのか、次第に動きが激しくなっていく。
ぐちゅっ、ぐちゅっ――。
「――ぅあ、熱い、刹那さんのナカ、熱いですっ――!!」
「ネギ先生、あぁ、大きいですっ……っああっ……!」
外界と隔絶されたように、粘りつく液体の絡み合う音と、互いの喘ぎ声だけが耳に。
触れ合う身体と身体だけが視界に。
この世界には今、二人だけしかいないような――そんな感覚を感じていた。
146ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:23:37 ID:6wge8jU1
『絡み合う』という言葉が、その行為には相応しかった。
騎乗位から始まった性行為は、変幻自在に形を変える。
側位、正常位、そして雅な名前を持つような体位まで。
彼らにその知識があったわけではない。
溢れるような想いと、湧き出る熱情がそうさせたのだろう。
「あっ、あっ──、うぅっ、はぁ……っ、ネギ先生、せんせい……っ!」
「うぁ…んっ、あうぅ、刹那さんっ、刹那さん……!!」
喘ぐ間に、相手の名前を呼ぶ。
変わらずにそこにいるかどうかを確かめるように。
汗が滴り、弾ける。結合部ではぐちゅぐちゅと粘つく液を掻き混ぜてのピストン運動が続く。

「ひぁ――っ!? そ、そんな奥までっ、あんっ、先生っ、ふ、深すぎますっ――!」
「あうう…、と、止まらないんです……っ!」
ネギの幼いペニスが、幼さを残した刹那の膣に幾度となく荒々しく突きたてられた。
そのたびに突かれた刹那は鳴き、突いたネギも快楽の呻き声をあげる。

「う…くぅっ、ぼ、僕のおちんちんが吸い込まれちゃ……! や、やめてぇ……!」
「ハァ、ハァ……。ダメですよ先生…、さっき私が制止しても、やめてくれなかったでしょう……?」
刹那が膣を締め付け、ネギのペニスをぎゅうぎゅうと絞り上げる。
一締めごとにネギは女の子のような悲鳴を上げ、刹那はその声に背筋を震わせて熱い溜息をついた。

互いが責め、互いに責められる循環する快楽。
――永久に続くかとさえ思われたその蜜月に、終焉のときが訪れる。
「う……っ、あ……、くぅぅ……!!」
刹那にしがみつくようにして腰を振りたてていたネギの動きが、一段と速度を増す。
ぐちゅ、ぐちゃぶちゅ、っちゅ、ちゅ、ぐちゅ――――。
147ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:24:23 ID:6wge8jU1
そしてネギの変貌と時を同じくして、刹那の内側に燃え盛っていた火が最後の爆発を起こそうとする。
「あ……ひぃ、うぁ……!!」
少年と少女は同時に――絶頂へと駆け上る。
それまでとは比べ物にならない強さで、性器どうしがぶつかりあう。
次々と叩き込まれる快楽に息を切らしながらネギを見上げる刹那。
そうして目にしたのは、口を半開きにして――自分と同じように切羽詰った表情をする、子供先生だった。
「――ご、めんなさ、い――、刹那さん……、も、もう…でちゃ……」
眉根を寄せ、今にも暴発しそうな自分自身を必死にこらえながらネギが謝意を口にする。
「……っ、あ……! せ、先生、わ、私も……! これ以上は……!」


――謝られるまでもない。既に私も――限界が間近だ。
刹那は思う。この少年の初体験をどうやって終わらせたらいいかと。
避妊具なんていう用意の良い物が存在するような始まりではなかった。
ネギのおもらしを偶然見て――劣情を抑え切れなくなったがために起きた、情交。
…ああ、ならば。彼のすべてを受け止めてあげるのが…――――。
――否。どうしてここに来て体裁を繕おうとするか、私。言ってやればいいのに。

ネギ先生の精子が欲しいです。

――なんて、はしたない。言えない。言えるはずがない。
けれど、心の奥底に潜めた事実。
「肉体関係で奪うことなんかできない」なんていう考えも、本当の本当は嘘なのかもしれない。
もしも、彼の精液で私が  したら。
――――そう、もしも――――。
148ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:25:06 ID:6wge8jU1
刹那の白い脚が、ネギの腰に絡みついた。
ぎゅう、と強く締め付け、より深く。子宮にまで届けとばかりに引き寄せる。

「っあ――――! ネギ、先生――――!」
「せ、つなさん――、あぁああああっ――――!!」

どびゅる、びゅ、ぶびゅ……びゅ…!!
ぷしゃあぁぁ――――…………!
ネギの輸精管を精液が駆け抜け、ペニスの先から白く濁った情欲の塊が吐き出されるのと同時に。
刹那の膣からは透明な潮が噴き出されていた。
完全に密着したネギと刹那の下半身に、刹那の潮がまるで噴水のように降りかかっていった。


「…………あ、あぁ……」
三度目の射精を終えて流石に疲れきったのか、ネギの全身から力が抜ける。
くてり、と刹那の身体の上に覆い被さった。
「はぁ…はぁ……」
刹那も絶頂を迎えてだいぶ消耗してはいたが、脱力してしまうほどではない。
膣の中で少しずつ硬度を失って柔らかくなっていくペニスを感じながら、自らの上に倒れこんだ愛しい子供先生を抱きしめてやる。
ゆっくりと優しく髪を撫で付ける。
「ん…ぅ」
目を閉じて息を整えようとしていたネギだったが、その感触が気持ちよくて刹那に擦り寄るようにする。
「ふふ……」
まるで子供(実際子供だが)のような姿に、微笑がもれる。
肌と肌が触れ合う感覚がとても安心できた。性的なそれだけではなく、母性というべきか。
情事を終えて、二人は心地よいまどろみの中で抱き合い――その眼を閉じた……。

149ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:25:52 ID:6wge8jU1


「――――――――って、それじゃダメです――――!!!!」

しかし、そんな『後は野となれ山となれ』な感じで終わるほどに事態は甘くはなく。
どばんっ、と音を立てて、ネギは身を起こした。
辺りを見回して青ざめた顔になり、最後に真下にいる刹那の顔を見て――愕然とする。

「……あ、ああああ!!
 ど、どどどどうしましょう刹那さん! おもらしだけじゃなくてこんなにべとべとに衣装汚しちゃって…!!
 僕はまだいいですけど刹那さんのまで…………!
 ああっ、トイレも汚れてるし……っ!
 ――――い、いやそんなことはどうでもよくてっ!!
 ……あ、あああのっ、刹那さん!!」

ある意味すごい思考力と弁舌で現状の惨状をひとつひとつ並べ立てて行くネギ。
最後に刹那を見据える。
「……ご、ごめんなさいっ! ぼ、僕、気持ち良すぎて……そ、その、せいえき……出し、ちゃいました…………」
精液という存在をついさっきまで知らなかった少年でも、自分が取り返しのつかないことをしたのではないかという危惧はあった。
何せ字面だけでも「精」(ジン)の「液」体である。
魔法薬の製法の中にもよく材料として登場していたことを思い出した。
――ソレを原材料にして出来る薬は――惚れ薬、媚薬、豊穣……。
(…………豊、穣……?)
ネギの顔色が、青を通り越して白くなる。天才少年の頭脳が、確信に近い推測を弾き出す。
「……も、もしかして、せ、せいえきって、……赤ちゃんの元に……?」
蒼白という表現がぴったりな顔色で、ネギが恐る恐る問う。
その伺うような視線を受けて、にっこりと微笑む刹那。
それは、紛れもない肯定。
150ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:26:30 ID:6wge8jU1

「――――…………」
ネギに言葉はなかった。
りーんごーん、という祝福の鐘の音が響いたように聞こえた。
白い教会の下で永遠の愛を誓い合うのはネギと刹那の二人。
かつて、のどかに告白されたときに幻視したそれよりも遥かに鮮明に。
なんだか白いタキシードを着た刹那にウエディングドレスを着たネギがお姫様抱っこされているのはご愛嬌。
「ぼ、僕……。先生なのに……、生徒に赤ちゃんを作っちゃっただなんて……」
ネカネの『先生と生徒はそういう関係になっちゃダメよ?』という言葉が空しくエコーがかかって聞こえる。

――教師失格。イギリス紳士としての責任が。マギステル・マギになれない。子供が生まれたら育てないと。刹那さんの学業が。麻帆良にもいられない。僕と刹那さんの子供ってどんな感じだろう。名前なんて付けたら――

ぐわんぐわんぐわんと頭の周りを駆け巡る不安と未来絵図。
そのまま知恵熱を出してばたーんと行ってしまうかと思われたそのとき、刹那の一言が飛んだ。
「…先生、大丈夫です。……今日は、安全な日ですから。――子供は出来ません」

刹那が説明したのは、簡単な女性のからだの仕組み。生理という現象と、子供を生むためのこと。
それを呆然と、頷きだけを繰り返しながらネギは聞いていた。
「……そ、そうなんですか……」
胸を撫で下ろすネギ。自分のこともそうだが、生徒である刹那の一生を狂わせてはいなかったと知り、安堵する。
――安堵したものの、周囲の惨状には変わりはない。
飛び散った汗と愛液と精液。
脱ぎ捨てた衣装にはそれらがこびりついて、ネギがおもらしした尿の比ではない汚れ方になってしまっていた。
これでは、水で洗っただけではどうにもなりそうにない。
「……ど、どうしましょう刹那さん……」
「……どうしましょうか……」
151ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:27:24 ID:6wge8jU1
――と、二人が途方に暮れているとき。
バァ――――ン!! と男子トイレを扉を開け放って飛び込んでくる影があった!

「ふっふっふ、話はすべて聞かせてもらったネ!!」

『超包子』とプリントされたエプロンを付けた、お団子頭の中国系少女。
完璧超人との評判も名高い、出席番号19番。超鈴音その人であった。
「わ、わわっ! 超さん!? あ、あのコレはっ――――!!」
必死にペニスを両手で隠してなんとか言い訳をしようとするネギだが、生徒と二人で裸、しかも性臭でいっぱいとなればどうしようもない。
あぶぶぶ、とパニックに陥りかける。
「あー、ネギ坊主。大丈夫ネ。全部知ってるから。
 と言うか、本当は途中から混ぜてもらおうかと思たけど、なんか二人の世界が展開されてて入れなかたヨ」
二人の世界、という言葉に赤面するネギと刹那。
あの恥ずかしい光景を全部目の前の生徒(クラスメイト)に見られて(聞かれて?)いたのかと思うと、顔から火が出そうなほどだった。
「ところで二人とも。お困りネ?」
にこり、と超が笑いかける。
すべて見透かすようなその言葉に頷いてしまうネギ。
「……は、はい」
その返答に満足したのか、超がパチンと指を鳴らす。

「こんなこともあろうかと! 超鈴音の超発明を持参してあるネ!
 たった一台でシャワー機・洗濯・脱水・乾燥までしてくれるというスグレモノ!!
 その名も! 『シャワー付き全自動洗濯乾燥ロボ・リヴァイアさん一号』ネ!!」

どばこんっ――!! と、男子トイレの個室の一つの扉を開けて登場した、ドラム缶状のボディを持つロボット。
青色の竜が描かれたそのロボットは、確かに『スグレモノ』であった――――。

152ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:28:37 ID:6wge8jU1
「は、はうう〜……。ま、まだ目が回ります〜……」
「オイオイ、兄貴。どうしたんだよー?」
飛行船から降りたネギは、ふらふらと千鳥足で動き回った。
『リヴァイアさん一号』は、どうやって個室に入っていたのかと疑いたくなるほどの巨大なドラム缶型。
全部まとめて放り込んでもちゃんと分別して洗ってくれるというファジーなAI付きだった。
……「全部まとめて放り込んでも」ということは、ネギも刹那もまとめて放り込まれたということで。
特訓で三半規管も鍛えられていた刹那は比較的無事だったが、ネギは完全に目を回してしまっていた。
がごんがごん――――と着ぐるみと共に数分間、まるで荒波の中にいたようだった、とネギは思った。
超は「『だいかいしょう』ネ」と語った(平仮名がミソ)が、ネギにその意味は判らなかった。

クリーニングも、シャワーも、乾燥もすべて終えたところでカモが帰ってきたことに刹那は疑念を抱いたが、
超の「知られたくないと思ってネ。手回ししたヨ」という言葉に沈黙せざるを得なかった。
ネギと血が繋がっている。その超の発言も相まって、刹那は困惑するのであった。

ともあれ、超からカシオペアの説明書を受け取り、手を振る超と別れて次の予定の場所へと向かう。
「刹那さん早く――――、行きましょう!」
ネギがごく自然に、刹那の手を握った。
そのぬくもりが、着ぐるみと手袋ごしにも伝わる。
刹那はネギと顔を見合わせると先のコトを思い出して一瞬赤面し、――そして、手を握り返した。

「――はい、行きましょう」

二人の絆は、確かに繋がっていた。


⇒83時間目につづく。
153ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/06/30(木) 01:29:18 ID:6wge8jU1




――――そうして、しばらく後。
ネギと別れ、のどかとネギのデートを茂みから複数人で覗いているとき。

(――――私は、嘘をついた)

刹那は、うさぎの手を模した手袋でそっと下腹部に手をあてて思った。
危険日であるとは言わないが、必ず受精しないとは言い切れない状態だった。
恐らくは自分の考えは杞憂に終わるだろうと思いながらも、もしも……と言う考えを捨て切れない少女が、そこには居た。

結果は、まだ判らない。






よ、ようやく終わりました……。
クライマックスとか言いながら、今までで一番分量が大きくなってしまったという…。
うう、申し訳ないです。

で、今週号を読んで刹那の描写に間違いがあったことに気付く私。
……スパッツ直穿きは予測できませんですよ。まったくエロい。

さて、次は何を書こうか思案中です。1対1で二つ書いたので、今度は多数対1とかかなと。
もしくは褌でしょうか。…文章でどこまで褌のエロさが書けるかは謎ですが…。
それではまた。感想や意見などいただければ幸いです。
154名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 02:32:55 ID:UmZC3T/z
座薬GJ!
155名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 02:40:33 ID:UmZC3T/z
http://www.uploda.org/file/uporg137263.jpg

座薬にプレゼントするよ?
156名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 03:11:25 ID:2uK1pmyE
>>140

GJ!!
157名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 08:50:36 ID:tsHbrv26
猫さん、内村さん乙。GJ!!!
158名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 13:01:00 ID:IwGh0Ffv
       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | -=・=- -=・=-  |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三
長すぎてムーミンが退屈してしまったようです
159名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 15:13:20 ID:Crr0511F
>>132猫さん
GJ!
上手く行ってるみたいで良かったです。焦らずに頑張って下さい。
>>153
GJ!
刹那の視点から見た情景描写と、刹那の葛藤がエロかったです。
こういうの読むとおっさん好きの明日菜より真摯な刹那の方が
ネギに合ってるんじゃないかという気になってきますw

さ、録画したアニメ版最終回見てくるか‥
160名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 15:44:51 ID:BLFH3whe
ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEEさんの妄想活劇に感動!
ぜひぜひ同人誌の発売を検討して下さい。
161名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 15:51:04 ID:RrJuTrgw
       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | -=・=- -=・=-  |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三
ムーミンはまだ物足りないようです
162天子:2005/06/30(木) 18:27:11 ID:orFoR+G5
天使が天子に進化したよ?
これでむーみんも満足かなぁ?
163名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 18:44:41 ID:66VMwnbi
さて、今月のMVPを決めるか
164名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 18:47:42 ID:UmZC3T/z
>>162
イタイよ。世が世なら不敬罪だよ。
165名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 18:52:34 ID:w3kYFPO4
*― ―)亜子長編

「京都事変4、ほーちゃん現る」
166「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 18:53:20 ID:w3kYFPO4
***関西呪術協会、総本山領域郊外***
 外では雪が降る。冷たいコンクリートでできた空間は無数の牢屋、ここは犯罪者が投獄されて
いる、関西呪術協会の一種の留置場だった。
「お前さん、一体何者や。この厳しい警備をどうやって―――」
 魔法を封じる牢に入れられた天ヶ崎千草は、目の前に現れた白髪の少年にそう問いかけた。彼
女は女子寮事件で仲間たちと逮捕され、現在は刑が確定するのを待つ身である。
「本山が混乱している。行動を起こすなら、今が好機だと思う」
 フェイト・アーウェルンクスと名乗った少年は、千草にそう告げた。
「もし貴女が再び行動を起こすというならば、協力するよ。ここで、このまま刑が確定するのを
大人しく待つならそれも構わない。罪人になるか、新たな関西の長になるか」
 千草はごくりと唾を飲み込んだ。
「今、本山は別の強敵の出現に気をとられている。この隙をついてお姫様を奪い、巨躯の大鬼、
あれを復活させることができれば勝機は十分にある」
 白髪の少年は謳うように言う。
「決めるのは、貴女自身。さあ、どうするの?」
 少年の声には、勝利が可能だという響きがあった。
「分かった。ただし、ここに入れられている他の仲間も、全員助けて欲しい」
 どちらにせよ、彼女はこのままでは罰せられてしまう。西洋魔術師に一矢報いぬまま終わって
しまうのも耐え難かった。
「いいよ。じゃあ、後ろに下がって。―――ルビカンテ、この牢を壊して」
167「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 18:54:32 ID:w3kYFPO4
 白髪の少年から漆黒の翼が生えたように見えた。少年の後ろに潜んでいた巨大な悪魔は武骨な
剣を構えるや、一気に鉄格子を叩き斬る。天ヶ崎千草の脱走は、誰にも気付かれることなく迅速
に行われた。なぜなら監視役の術者たちは一人残らず、物言わぬ石像と化してその光景を見守っ
ていたのだから。  
 総本山の混乱の裏でひっそりと、反西洋魔術の過激派たちのクーデターが始まろうとしていた。


***関西呪術協会総本山、最奥***
 木乃香はぐったりと、隠蔽魔法結界で覆われた部屋に横たわっていた。
 刹那に気絶させられていた木乃香の身体から、煙のように木乃香の心が染み出してくる。最近
使えるようになった術で、若狭湾の亜子と接触できたのもこの術の御陰である。
 そこに突然、床を破って銀と白銀の根が噴き出してきて、木乃香の肉体に迫り始めた。驚いた
木乃香は心のままで結界を張って根を吹き飛ばし、結界を破ろうと金属の根は数を増して解析を
始め、木乃香は負けじと障壁をさらに展開し……部屋は根で埋め尽くされた。
「ど、どーしよ……」
 肉体は仮死状態なので酸素の消費は最小だが、木乃香の心が肉体から離れた瞬間に、根の怪物
は障壁を破り木乃香の肉体を襲う。今でも、木乃香が睨みを効かせて拮抗している状態なのだ。
「部屋に閉じ込められてもうた……これじゃ動けやん」
168「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 18:56:09 ID:w3kYFPO4
***関西呪術協会総本山、大宮***
 最初は豚が集団で交尾をしているのかと思ったが、彼らは近衛家の使用人や料理人、つまり非
戦闘員の人間であった。しかし大便や小便を垂れ流し、全裸で奇声を上げながらセックスをして
いる20人の集団がいれば、誰だって豚と思う、と刹那は思った。彼らはまるで麻薬でも吸った
ように理性を失い、狂ったように欲望に溺れていた。
「神聖なこの本山で何をしているのだ、貴様等!」
 木乃香との件は棚に上げて刹那は叫んだ。早く外に加勢しなければと思っていたが、この狂乱
を流石に見過ごすことはできなかった。
「精気をもらっただけやよ。修復のエネルギーになあ……刹那さん」
「な、き、貴様……!」
 いつの間に背後に立っていたのかは分からない。電話番をしていた亜子の人形―――今や完全
に敵となった三条の尖兵は、にっこりと、亜子そのものの笑みを浮かべて刹那を見た。
 ただし、亜子は全裸で、股間には様様な体液で濡れた黒い生殖器が滾っていた。毒針のような
印象を受けるそれに、刹那は背筋に冷たい者を感じる。
「お、お前は……両性……まさか、みんなを、犯したのか……」
「だってぇ、一番てっとり早く精気を吸えるんやもん。だから、刹那さんも、やらせてな」
「誰が……貴様など叩き壊してくれる!」
 愛刀を抜く刹那の前で、亜子は音もなく、背中の皮膚の中から巨大な注射器を取り出してた。
 亜子が人間ではなく人形だと、刹那は改めて認識する。
169「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 18:57:45 ID:w3kYFPO4
「これが……精製キット。標的の動きを止めるための……」
「そんなもので私がやられるか!」
 刀を振り上げる刹那に、亜子はゆっくりと空の注射器を向けていく。
 そもそも―――先程の使用人たちに注射の跡がなかった時点で警戒するべきだったのだが、冷
静さを欠いていた刹那はそれができなかった。あんな注射器で何ができる。刀一振りで粉砕して
やる。そんな気持ちが刹那の中にあったし、早く外の加勢に行かねばならなかった。
 刹那は知らない―――目の前の人形が、空気中の元素を武器とすることを。そして、その人形
の使う精製キットとは何なのか。なぜ使用人たちは麻薬中毒のようにになっていたのか。
 刹那は知らない―――大抵の有機系化合物は、水素、酸素、窒素、炭素から成ることを。
 注射器の中に液体が生まれ、そして揮発した。

 ぶしゅ―――――――――――――!

「うわああああああああ!」
 瞬時に精製された高濃度の化学物質のガスが、突っ込んできた刹那を直撃した。


***関西呪術協会総本山、大広場***
 雪が未だ止まない夜空の月は厚い黒雲に覆われていき、総本山からの爆撃で電力供給が停止し、
ちりちりと炎が燻る廃墟の都が、暗鬱な闇に変わっていく。総本山から生えた30本の花はゆらゆら
揺れながら金属の花紛を振り撒いていて、山が生け花の土台になった錯覚を受ける。
 守護結界および沈黙の巨大魔方陣はほーちゃんの制御下になり解除された。ここに総本山の防衛
システムは完全に崩壊したのである。
170「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 18:59:47 ID:w3kYFPO4
「ぐぅ……」白銀と銀の根で縛られた近衛詠春は腹の傷の痛みに声を漏らしたが、ほーちゃんの根
の束縛が緩むことはなかった。「近衛家にこのような……タダで済むと思うな……お前たち」
「近衛家の時代はもう終わり♪」「これからは新しい、私たちの時代♪」
 さゆとふみは黄金宝石の花怪の大花に乗り、無数の花に護られながらおどけ嗤う。その視線の先
の血溜まりでは亜子がぐったりと力なく横たわり、痛みによる呻き声が微かに聞こえてくる。
「あ……あ゙う……い゙たいよ……い゙たいよ……」亜子は、動かないのではなく動けなくされていた。
 手枷足枷では許されなかった。亜子は銀の根により手足の関節を完全に破壊されていて、虚ろ
な目で大の字に倒れている。筋肉繊維を全て断ち切られて骨を砕かれ、関節の内側を外に抉り出さ
れた。今や、殺してはいけないと貼られた止血の呪符で、亜子の命は辛うじて繋ぎ留められている。
「……い゙たいよぉ…………」
 最早、自力で立ち上がることもできない、無惨に敗北した真祖が―――関東の切り札として関西
強硬派に恐れられていた「闇の福音」の後継が、そこで泣いていた。
「おほほほ」「もうすぐ三条軍本隊が到着するけれど」「ほーちゃんだけで十分だったわね」「こ
んなに弱いなら、本物の闇の福音も」「実は大したことなかった?」「ねえ、白髪の豚さん?」
「…………」上から浴びせられる声にも、亜子は押し黙る。次にさゆとふみに逆らったら、銀の根
をノコギリにして、上半身を腰から切断すると脅されてた。「…………」
171「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 19:00:59 ID:w3kYFPO4
 亜子もだんだん、蓬莱の玉の枝を操る、さゆとふみという姉妹の性質が分かってきた。彼女たち
は人間を虫のように殺せるのではない、彼女たちの所属する勢力以外を、全てを同じレベルでしか
見れないのである。唯か零か、ゴキブリも、詠春も、巫女も、亜子も、名前も知らない一般人も、
彼女たちからすれば、それほど変わらないものなのである。
 三条以外はどうでもいい、彼女たちは三条が世界の全て。
 幼い彼女たちはそれを当然と思い、彼女たちに教育を施した者もそれを目的として、確信犯の彼
女たちに、ほーちゃんという恐るべき武器を与え、総本山にけしかけたのだろう。彼女たちは躊躇
いなくそれを実行する。少し精神が成熟した、マトモな者なら誰もが躊躇うような殺戮を、残虐な
ことを平然とやる。正しいと信じる。洗脳された、いや、ロボットのように信じる。
 姉妹と接すれば誰もが、彼女たちの教育者の歪んだ意思を感じるであろう。
「んにゅ?」「ほよよ? 何かなあ、あいつら?」「三条軍じゃないよね」
 沈黙の魔法陣が解除された廃墟の京に、無数の魔法使いの気配が出現して、総本山に近づいてくる。
「ふふ、どうやら」「ほーちゃんの真の力を見せてやる必要が」「ありそうね―――」


****関西総本山領域***
「間違いない! あの巨大な花の化物を操っているのは、三条の鳴島姉妹や!」
「おのれ三条家め、やはりあいつらが黒幕だったと言うことか!」
「九州院で殺された弟の仇!」
「逆賊を倒せ! 逆賊を倒して関西に平和を取り戻すのだ!」
172「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 19:02:45 ID:w3kYFPO4
 沈黙の巨大魔法陣が解除され、昏睡から目覚めた関西の勇士の生存者たち約60名は、総本山に
出現した花の化物を調伏せんと鬼気迫る顔で向かっていく。総本山からの爆撃を運で回避した彼等
の顔は、今や友人や両親を仇をとる一色に染まっている。
「……なんや、あいつらは九条や一条の連中やないか」
 千草やその仲間たちは、先行する一行とは十分に距離を置きながら総本山に迫っている。千草は
フェイトの顔を見るが、フェイトは無言のままである。この少年が何を考えているのか分からない。
 千草はとりあえずこの白髪の少年を信用し、仲間に加わってもらったが、吉と出るか凶と出るか。
 その時、ぐらぐらと、下から突き上げてくるように地面が揺れた。
「何や、地震か!」

 ほ――――――――――――ぉ――――――――――――ちゃ――――――――――――っん!

 ずずずずずずず…………!と、総本山の正面に、別の山が増えた。
 まるで小山のような巨大な金の蕾が、無数の黄金の触手を蠢かせながら出現する。触手の先端に
はそれぞれ件の宝石の花が付いていて、数にして数百、いや、数千に及んでいるのは間違いない。
総本山に現れていた30の花はほんの先端に過ぎなかった。本体は山のように大きく、数百倍の触
手、端末を備えていた―――どうしようもなく、スケールが違い過ぎる化物だった。
 蕾が開くと、虹色の光が蕾の内部から溢れ出した。
 虹色の光が黒雲に吸い込まれていく中、鮮やかで毒々しい花弁が開き、ドーム球場のような巨大
なめしべと、数百のルビーのおしべが出現する。
173「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 19:04:23 ID:w3kYFPO4
 そして―――めしべの表面に、1人の男が埋まっていた。
 下半身は完全にめしべと同化し、上半身は裸で剥き出しになっている。顔は分からないが、伸び
た髭や毛は浮浪者のそれを連想させた。そして、肌の色は明かに死人である。それは心も命も存在
していない、ただの器であり、哀れな有機物でしかなかった。
 フェイトたちは知らない―――心の枷を外された時、「花」を生み出した者は、「花」の「核」
となり花を咲かせる。薔薇の「花」を生み出したあやかのように、身体から芽を出して「核」にな
るのである。当時、生きていた彼から「花」は完全に「分離」され、それはただ人の形を成してい
るだけの「核」だが、彼こそがほーちゃんの親の姿であるのは間違いない。
 そう、彼こそが―――。
「車持皇子さま」
 数千の花の1つに乗った、さゆとふみが謳う。
 男の少し上から、めしべが裂け始め、ビルも丸呑みしてしまいそうな、巨大な口が生まれる。

「きゅしゅるおおおおお、きしゅるああああああ、あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙―――っ!」

 咆哮。
 数週間前から地下に潜っていた怪物の本体が、地上に顕現した瞬間でもあった。
174「京都事変4、ほーちゃん現る」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/06/30(木) 19:06:07 ID:w3kYFPO4
「あれはもう、式神というより、「魔族」そのものだ」フェイトが千草にそっと囁く。「どうやら
三条家には、まだ知られていない強力な存在がバックについているようだね。あれほどの式神、そ
う簡単には制御できない。あの双子の術者は恐らく、制御する力を分けられているだけだ」
 もちろん、とフェイトは付け加える。
「力を分ける、と言っても、あれは西洋魔術ではない。そして、あれほどの式神を「制御できる」
のではなく、「他人にも制御できるようにする」のは、言うほど簡単ではない」
「うむう……」千草が唸る。「日本の魔法使いのパワーバランスを崩す術者が、三条にいる……」
「待って。どうやら、向こうから仕掛けてくるようです」
 遥か彼方の巨大な花がぶるりと動き、さゆとふみの声が、一帯の魔法使いたちに響いた。

「さあ、浄化と再生を始めましょう」
「新たな君主、三条の名の下にね―――」

 視界の中で巨大な怪物が動き始める中、フェイトは誰にも聞こえないよう、溜息を付いた。
「やれやれ、まさかあんなのが出てくるとは……やはり帰国した方が良かったか?」




175座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/06/30(木) 19:07:03 ID:w3kYFPO4
*― ―)次回、せっちゃんピンチ
ではまた

176天子:2005/06/30(木) 20:57:44 ID:orFoR+G5
うむ、悪くない
褒めてつかわすぞ、座薬とやら

それと一つここに住む民らに言っておくことがある
卑屈になってはならん
諸君らは何か勘違いしているようだが、職人なんぞより諸君ら読者の方が上の立場にある
もちろん奴らの活動に対し、ある程度の感謝と尊敬の念を忘れてはならないが
それ以上に職人らは我々に感謝しなくてはならない
職人が我々に対して敬語を用いるのは当然のことだが、我々が奴らに対して敬語を使う必要など一切ない
強い口調で要求、いや命令しろ!
「〜キボンヌ」やら「〜お願いします」などの謙った言い回しなんぞ笑止千万!
「〜を書け!」または「おい○○、〜を書くことを許そう」でしっくりくるというものだ
職人らは我々がいなければ、生きていけない弱い存在だ
職人が神?笑わせるな!神は我々だ!
職人どもはそのことを肝に銘じ、これからも精進するがよい
177名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 21:06:45 ID:pCk++6/n
座薬氏GJです!
178リコシェ ◆2Wv/J9nqF6 :2005/06/30(木) 21:08:41 ID:fq5G3jeD
座薬さんのはホントに進行が早いですね……
千草の存在を完璧に忘れていた^^;
久々にエログロな感じで新鮮でした。
刹那X亜子になるんでしょうか。猛烈に期待です^^

個人的な話
古超ですが、ごめんなさい、完全に行き詰ってしまいました。
構想に無理がありすぎました。最初から作り直します。
保管庫の管理人さん、できれば古超削除していただけませんか?お願いします。
179エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :2005/06/30(木) 21:24:22 ID:n/xXVT/j
>>176
天子様に是非、一筆かきとうございまする。
若輩ゆえ駄文しか書けぬ見、謁見の光栄を是非 お許しください。
180名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 21:25:11 ID:FreCmI06
天使だか天子だか知らんが

うざい

失せろ
181名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 21:52:06 ID:D7opG/sg
>>180
禿同
182名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 22:01:54 ID:x0BsDXR7
最終話の全員パクティオはエロパロのソースに使える気がするが・・・・・・・・。
183名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 22:04:00 ID:Eql5Za29
あの状況で32Pかよ



五歳の明日菜相手にいいんちょの鬼畜プレイギボン
184名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 22:13:57 ID:5yIv1wRt
>>140
GJすぎ(*´∀`)
なんかエロ切ないってイィね
185名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 22:36:39 ID:6NPDI+0O
>>176 職人がいなければSS読めねーだろ
本気で頭が悪いのか?
186名無しさん@ピンキー:2005/06/30(木) 23:56:50 ID:66VMwnbi
>>185
そうだろ
187天使:2005/07/01(金) 00:13:07 ID:6DlWkpC5
天子なんて死ねばいいと思うよ?
188名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 01:02:34 ID:RBL0BkiI
>>140

ベンジャミン内村さん最高でした!!

あの話の刹那は俺的最萌だったんでここまで濃厚エロスに仕上げてくださるとは感動です!!

150のネギの頭の中も最高!!俺も想像してハアハアしちゃいました。
真面目な2人だからこそ1回でもここまで考えるんだなあと。
ラストで刹那妊娠→出来婚の布石が仕上がった!?ってのもまたイイ!!

ネギ×刹那最高!!ベストカップル!!素晴らしいSSありがとうございました!!!
189名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 01:21:19 ID:ZaujYMAF
>>185
>>176は頭が悪いのではなく、池沼なんだ。
190天使:2005/07/01(金) 01:24:36 ID:4EHu20f6
天使も天子が間違ってるなぁって思うよ?
191天使:2005/07/01(金) 01:26:52 ID:4EHu20f6
名無しで書き込んでる職人さんはコテを出すべきだなって思うよ
天使はわかっちゃうんだ…ごめんね?
192名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 01:57:40 ID:jI2SetTC
変なのに粘着されたな
193天使:2005/07/01(金) 02:03:59 ID:6DlWkpC5
天使イパーイになるとこのスレもハッピー☆マテリアルになれると思うよ?
194湘南もるですライン ◆0Nx6oclGnE :2005/07/01(金) 02:19:55 ID:dST4glTv
夕映のもるですネタ。


親睦という目的でネギたちの一行はに横浜へ行った。
最初は明日菜と刹那とこのかにだけだったが、ハルナと朝倉にバレ3-A一行がついてくることに。
横浜を満喫したその帰りの一つの出来事があった。


横浜駅について東魔帆良までのキップを購入。みんなかなり飲み食いをしていた。
31人の大衆で1両にある程度分散しては電車に乗り込む。
来たのは快速電車。これが夕映の運命を変えることに。
電車は横浜を定刻発車して、アナウンスが流れた。
「次は大崎です。 The next stop...」
とアナウンスと同時に夕映が急にモジモジしだした。近くにいたのどかがどうしたか聞き出す。
「どうしたの?夕映」
「いえなんでも・・・るです・・」と小声で返事をする夕映。
「も、もしかして夕映ト、トイレ?」とのどかが話しかける。
「は、はい・・。」と夕映が答える。
夕映は行動中、紙パック5こくらいの飲料を飲んでいた。
そのため行動中もかなりトイレに通っていた。
「お、お手洗いならそこにあるよ・・・」とのどかが言う。
しかし既に使用中のために、夕映の口から「あれ? 誰か入ってるです・・・!」という答えが。
入ってる人を待ってみる夕映。しかし10分しても出てこない。
「・・・・わたしもうガマンの限界ですぅ・・・!! まだ出てこないのですか・・・」
既に夕映はパンツは黄色いシミに汚れてきていた。
「ゆ、夕映・・・」とのどかが不安そうに見守る。
・・すると近くにいた木乃香と明日菜が話しかけてきた。
「夕映、そんな辛そうな顔してどうしたん?」
「夕映ちゃん、一体どうしたのよ? さっきから様子がヘンよ。」
2人とも夕映に対し心配したところで、ポイント通過のため大きく揺れる。
夕映は腹部に力を入れて我慢してたが、この揺れで我慢が一斉に緩衝してしまう。
195名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 02:20:18 ID:dST4glTv
チョロロロ・・・
彼女の履いていたニーソックスには既に不審な濡れがはっきり解るくらいになっている。
「!!!!・・・・・・あああおじいさま・・・・・」と小声で呟く夕映の目が段々涙がたまっていく。
まもなく大崎・・・とドア上の案内表示機にスクロールしている情報も夕映にとっては手遅れになってしまった。
既に床には小さな水溜りが出来ている。この状況を見た明日菜は、みんなの目を背かすように
「あ!あそこ車両がいっぱい放置されてるわね!」と大崎手前の車両工場のほうを指さす。
木乃香も便乗して、「あ、本当やな〜色んな色のやつがとまっておるな〜」と答える。
のどかも「わ、わたしたちがいつも使っているのもとまっていますね。」と成り行きで思いついた言葉を出す。
他の乗客も含め、みんながそっち(車両工場)を注目した。
その間に夕映の足元の水溜まりはどんどん大きくなっていく。シャアアアアアアアア・・・・・・音は大きくなっていく。
ポタン・・ポタン・・・と床に垂れる音もかすかに聞こえるが、走行音にかき消され聞こえなかった。
電車は大崎停車のためブレーキをかけたところで、夕映がやっと小便を出し終える。
同時にトイレからはやっと中年のサラリーマンが出てくる。
夕映はその中年を激しく睨みながら、入れ替わるようにあわててトイレに入る。
のどかはあの水溜りが尿であること判らないように、わざと持っていた水をこぼす。
「あ! す、す、すいませ〜ん。 私本当ドジで・・・」と演技気味にしゃべるのどか。
近くにいたネギは持っていたティッシュペーパーで床を拭く。
「あ、拭かないと!」
「すいませんネギ先生・・・」

一方夕映はトイレの便器に腰掛けながら、泣いていた。
「わ、わたしはなんていうことを・・・・も、もう生きていけないです・・」と独り言。
濡れた紐パンを便器の中の汚物入れにつっこみ、ニーソをトイレットペーパーで拭く。
夕映はノーパン状態のまま、何事もなかったかのように表情を変え、トイレを出た。

その後、明日菜やのどかの要請でネギに記憶消しをかけられた夕映であった。
夕映周辺にいた者以外はまったくこのことは判らなかったようだ。


END
196湘南もるですライン ◆0Nx6oclGnE :2005/07/01(金) 02:22:56 ID:dST4glTv
195に名前入れるの忘れたわw
ショートストーリーですまん。
197天使:2005/07/01(金) 02:24:42 ID:4EHu20f6
ううん、天使はとっても満足したよ?
ありがとう
198名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 03:42:10 ID:YrPQrKep
明日菜やさしー。アニキャラ板の追悼スレに居る明日菜との落差にw
199名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 14:44:13 ID:lK0CDAFw
アニキャラ板とVIPの明日菜は暗黒面全開だからなw
200名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 15:05:26 ID:GyEDcibD
・・・ネギ千雨の続きまだか・・・
201名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 15:08:21 ID:OYXroSP/
202名無しさん@ピンキー:2005/07/01(金) 21:22:50 ID:ymNWVRPn
アニキャラ明日菜のプロファイル貼っときますね
     __  _._
   ,v,.'´ .iヘ`くv.`    ★神楽坂 明日菜
  <<)ミ(リ リ))〉       1988年4月21日 生まれ
   ノj、(l ゚ ヮ゚ノ、       血液型 : M型
  /ノ⊂k卯iつ ))      好きな事: 痛い事 穴を開けられる事 死ぬ事
  ( (  く/_|〉 ノ )      嫌いな物: ライトSM 正常位のセックス
     し'ノ         所属 : 靡術部
           特殊能力 : 痛いのに気持ちよくなっちゃう 死んでも復活する
           得意技 : 全穴フィスト 肛門から口まで杭が貫通しちゃう
203イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/02(土) 01:01:46 ID:wPFSboCr
前スレの続きが出来たので投下します。
204イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/02(土) 01:02:26 ID:wPFSboCr
主電源起動……
(私は……)
アイセンサー起動……
(ここは一体……?)
座標軸の確認完了、検索結果不明……
「起きた様だな」
声紋検索、検索結果一名の候補、個体名『龍宮真名』
(何故、龍宮さんが……?)
「悪いが、鹵獲させてもらったよ。これも依頼なんだ」
仕事着を着たままの真名が、悠然と笑みを浮かべながら茶々丸に近付く。
鹵獲という言葉から、この場に流れる不穏な空気を機械ながら察した彼女は、抵抗しようと動こうとするが信号が通ったはずの腕が動かない。
不審に思い腕を確認すると、手首にはワイヤーが巻き付けてあった。
茶々丸はそのワイヤーを千切ろうとするのだが、相手が悪いのかなかなか千切れない。
すると、それを見た真名が口を開いた。
「そうそう、実は協力者がいてな……」
パチッ
指を鳴らす真名、すると後ろからスラッとした長身の影が現れた。
その影は時代を間違えたのか忍装束を着ており、まさしく忍者そのものだった。
「紹介しよう、長瀬楓だよ」クラスメイトを紹介する真名。
呼ばれた楓は、龍宮に向かい言葉を紡ぐ。
「ニンニン、これが今回のターゲットでござるか。なかなか面白そうでござるなぁ……」
205イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/02(土) 01:03:07 ID:wPFSboCr
>>204

そう言う楓の笑顔からは、数々の修羅場をくぐり抜けた余裕が見てとれた。
「いや、厳密に言えば彼女はターゲット陥落への布石に過ぎない。私の真のターゲットは、《闇の福音》。すなわち、エヴァンジェリンだ」
《闇の福音》と聞いた瞬間に楓の表情から笑みが消えた。
一瞬にして、冷静な表情になる。
その素早い感情の転換は、彼女もまたプロのプレイヤーである事を如実に示していた。
「ほぉ……それはまた、難儀な任務でござるなぁ……、拙者なら断っているでござるよ」
「フッ、嘘を吐くなよ、戦闘狂。ウズウズしてるのが丸分かりだ」
「あや、バレたでござるか?」
会話をしながら、二人は笑みを交わす。
その会話を聞いていた茶々丸は、隙を見て一気にワイヤーに力を込める。
しかし、二人がこれを見逃すはずが無かった。
一瞬の内に真名が銃を上に向けると、パァン!!と銃声が突然響いた。
茶々丸がそちらに注意を向けるが、変化は特に無い。
不審に思い、真名を見ると傍らに楓がいない。
(しまっ……!!)
驚くも時既に遅く、茶々丸の背後には果たして楓がいた。
「させんでござるよ」
言葉を告げ終わるが早いか、茶々丸の関節部に衝撃が走った。
206イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/02(土) 01:03:49 ID:wPFSboCr
>>205

途端、彼女の胴体部への負担が嘘みたいに減った。
ゴト……ゴト……ガタン……
イヤな音がした。
床にアイセンサーを向けると、そこにはさっきまで自分に付いていた手足があった。
「流石だな、楓」
「イヤイヤ、この程度は朝飯前でござるよ」
笑いながら謙遜する楓だが、すぐにその笑みは消えた。
「しかし、反抗しようなんて考えるのはイカンでござるよ」
「ふむ、確かに少し教えてやる必要があるな」
茫然と自らの手足を見つめる茶々丸を尻目に、二人は会話を続ける。
彼女は、最早思考回路がパンク寸前だった。
(私の手足、マスターを守る為の手足。手足はマスターを守るモノ。取れた手足。手足が無いから守れない。守れない、護れない、衛れない。手足が無い、手脚が亡い、テアシガナイ。ワタシハマスターヲマモレナイ)
「あ……あぁ……マス……タアァ……」
異変を感じ取った二人は茶々丸を見る。
「あちゃあ、教えてやる前に壊れてしまったでござるなぁ」
「まあ、ヤり易くなったからありがたいよ。ヤるからには徹底的にヤるぞ。楓、補助を頼む」
「あいあい」
二人はツカツカと空虚な眼をした茶々丸に近付く。
ゆっくり、ゆっくりと……
207イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/02(土) 01:04:40 ID:wPFSboCr
まだ続きます。待っててくれたら重畳です
208名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 08:13:17 ID:P6Ru4rvk
あ、これ イイかも

GJです。
素で期待してます。
209名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 08:36:59 ID:X8pPnXnd
こんな状況でも真っ先にエヴァの事考える茶々丸(つД`)
210名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 13:02:26 ID:zmRTH5qB
やばい、これ凄く可哀想。
211名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 15:59:16 ID:k0bGysba
>121の希望に応えて俺が書いてあげようじゃないか
1〜2週間かかるけど、それでもいいなら
212某所の絵にインスピレーションを:2005/07/02(土) 16:16:59 ID:Cz4I6wmZ
晴れだ――

寮に備え付けられたカーテンの隙間から漏れ出る眩い光に誘われて、
無地で無骨で無駄に分厚いその生地の端し口を私は掴み、
シャーッと軽快な滑車音と共に一気に左右に引き開いた。

久々に晴れの空を見た気がする――

寝ぼけ眼に日が射して、あまりの目映さに目が眩む。
青の高さが双目に沁みて、うっすらと涙すら浮かべた。

まるで、魔法みたいだ――



7月1日、海開き。
ここ数日絶え間なく続いた雨空に、クラスメイト達は誰もが今日の快晴を疑っていたに違いない。

7月1日、予報は雨。
TVの気象予報士達が口を揃えて報じた雨天の予想に、クラスメイト達は誰もが今日の平常授業を信じていたに違いない。

――大丈夫です、明日はきっと晴れますから…皆さん、水着の用意を忘れないようにしてください――

ネギ君の言った通り、今日は朝から一転気持ち良い程の海日和。
だから…これではまるで魔法のようだと、そんな夢物語じみた考えに私はとらわれた。
と同時にここ最近の私の沈みきった心とこの青々とした空があまりにも対照的に思え、
本来喜ばしいはずのこの晴れ空を恨めしくさえ思った。

私のこの所の落ち込みようは目に見えて酷いものであったらしく、
ルームメイトを始め仲の良い友人達にいらぬ気遣いをさせてしまう程だった。
213得て書いたものです:2005/07/02(土) 16:17:44 ID:Cz4I6wmZ
その理由は…なんて事はない、ネギ君への想いがこんがらがるあまりに部活動の練習に身が入らず、
結果次の大会の代表選出に落ちた事を仲間達から慰められ、おまけに期末テストは漏れ無く赤点で、
極めつけに私を除いたバカレンジャー一同全員が赤点をぎりぎりで免れていて…。
そんな自分がどうしようもなく悲しくて、情けなくって、何もかも上手くいかないような暗い気分に陥って。
そう…本当になんて事ない、きっと誰にだって起こりえる…そんなよくある話、
けれどもそのよくある話とやらに…私はどうしようもないまでに落ち込まされていたのだ。
傍目にも元気活発・くよくよしない性質に見られる私は事実その通りの人間で、
けれどもネギ君への本気の告白を決心するやいなや、いざという段で怖じ気づいてしまう様になってしまっていた。
自分はこんなにも臆病な人間であったのかと自覚した途端、
脆くなった心の隙間をあれやこれやのちょっとした不幸に次々と抉られていく。
「なんか、もう、死んじゃいたいなぁ…」
ついには、自分とは最も縁遠いと思っていた"決まり文句"を口にした。
あまりに慣れないどん底の絶望感に打ちのめされて、私は心底参ってしまっていたのだ。
代表落ちの失敗を繰り返さないためにも、そして陰鬱なこの気分を吹き飛ばすためにも…
ここ最近は連日夜遅くまで激しい練習に取り組んでいたのだが、
こうも特訓に身の入らない状態では幾ら練習を積み重ねても得られる物はほとんど無く、
いたずらに体と、そして心の疲労が蓄積していくばかりだった。

「んん………ふぁぁ〜…眩し………え、あれっ?
 まき絵、今日って…晴れなん?」
カーテンの開いた窓から差し込む光に当てられたのか、
半身を起こした亜子が眠たげな目をしばたかせながら私に声をかける。
その声音にはやや驚きの色が入り交じっていた。
「うん、そうみたい…せっかくの"特別授業"なんだし、早く起きた方がいいかもね」
「そやな…あ〜、ネギ先生の言う通りちゃんと水着用意しといて良かったわホンマ…」
半分寝ぼけ気味な亜子のあくび混じりの声を背に、未だ布団で寝息を立てるルームメイト達を起こしにかかる。
そう、ネギ君の言った通り今日は晴れ。
214名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:18:24 ID:Cz4I6wmZ
だから、今日は本来の予定通りに…午前中いっぱいを使った、体育の"特別授業"が行われるはずなのだ。



「…では、皆さ〜ん!
 万が一の事故を避けるためにも、あまり遠くへは泳いでいかないように!
 なるべく数人のグループで集まって"特別授業"を楽しんでくださ〜いっ!!!」
『ヒャッホー!!!』『キャーーーッ!!!』
ネギ君の挨拶が終わると同時、黄色い悲鳴を上げて3-A一同が思い思いに砂浜を駆けていく。
ある者は一直線に海の中へ、ある者は砂浜で砂を弄りだし、
そしてまたある者は何処から持ってきたのかスイカ割りのセッティングまで始めていた。
「ここ、いいんちょのプライベートビーチなんだって!?
 スゴーイ!!!」
「ホホホ、せっかくの特別授業ですから…人混みの中では泳ぎづらいでしょうし、
 それならばと私のビーチを3-Aの皆さんに貸し出す事にしたのです
 ビーチに出ている売店は皆さんお好きなようにご利用くださいませ、勿論お代は私持ちですわ」
「さっすがいいんちょ、話が分かる〜!!!」
柿崎さん達のグループといんちょの話し声がこちらにまで聞こえてくる。
まほらの伝統、海開きの特別授業。
海開き当日が晴れた場合にだけ行われるこの特別授業は、
要は午前中の間思い思いに海遊びを堪能できるという、いわばレクリエーションのようなものだった。
クラス委員長である雪広あやかの好意で、私達3-Aは特別に雪広財閥のプライベートビーチを
貸し切りで利用させてもらう手はずとなったのだ。

ざっ ざっ ざっ
熱く細やかな砂を踏みしめて、喧噪から離れた岩場を目指す。
「まき絵ーっ、私達と一緒に泳ぎに行かない!?」
ゆーな、亜子、アキラ…いつもの仲間達が私に誘いの声をかけてくる。
どことなく私の事を気遣ってくれているのが雰囲気で分かった。
「うぅん、悪いけど今は一人で居たい気分なんだ…ゴメンね、せっかく誘ってくれたのに」
「あ、ううん、気にしないでいいよ!そういう時ってあるもんね…
 でも、泳ぐ時には気をつけてね?」
215名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:19:16 ID:Cz4I6wmZ
「うん、ありがとう…」
「ほな、ウチラはメインビーチの方で泳いどるから…気ぃ向いたらいつでもこっち来てな?」
そう言い残し、彼女達は私の事を気にかけながらもメインビーチに向かって歩いていった。
ふとメインビーチの先を見れば、そこでは本屋ちゃん、ゆえ、いんちょを始めとした面々が
ネギ先生を囲んでてんやわんやの大騒ぎを繰り広げている。
「…はぁ」
本来ならば、あの中に混じってネギ君に自分をアピールする絶好のチャンスなのだろう。
けれども臆病風に吹かれた今の私はネギ君とどう接すれば良いのかすら分からず、
巨乳揃いのこのクラスの中では貧相な方に当たる自分のプロポーションに自信をも失い、
ただ彼の姿を遠くから見つめるばかり。
ネギ君達のいる海辺と自分の立つ砂浜とでは何だか温度すら違っているかのように感じられて、
悲しみとも諦めともつかない感情が私の胸に去来しその心中を甘痒く引っかき回した。
何だか、自分が自分じゃないみたい――
そう呟いて、私はネギ君達のいる海辺に背を向けた。

ざっ ざっ ざっ
冷たくザラついた砂を踏みしめて、喧噪から離れた岩場の影へ。
ここには誰もいない、誰の目も届かない。
私…今、一人なんだ――
クラスメイト達の楽しげなはしゃぎ声も遠く、けれどもここが今の自分には相応しい場所のように思えて…
私は人知れず涙を流した。

それから30分も経った頃だろうか、ようやく気持ちも落ち着いて…けれど、今から亜子達の下へ合流したり、
ましてやネギ君達の所へ向かう気力も勇気もやはり湧かず、私は太陽がじりじり照り付ける真夏の青空をぼぅっと見上げていた。
なんで、晴れちゃったのかなぁ――
予報通りに雨さえ降ってくれればここまで惨めな気持ちにもならなかったろう。
今はただただこの太陽が恨めしい。
かといって…岩の影にじっと張り付いて時が流れるのを待ち続けるというのも癪に思え、
ならばせめてと、私は海に背を向け浸かり…この忌々しい青空を真正面から睨み付けてやる事にした。
ここからは皆が騒いでいるビーチは死角になっていて、無邪気にはしゃぐ彼女達の姿に
ますます自分が惨めに思えてくる…なんて心配もいらない。
216名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:19:58 ID:Cz4I6wmZ
だから、私は海面にぷかぷか浮きながら心置きなく特別授業の残り時間をやり過ごせる…そのはずだった。



「ぁ…痛つぅっ!!!」
本当に突然の事だった。
ある程度砂浜から離れた所で背泳ぎに切り替えぼんやり空を見上げていたその時、突如として左足に激痛が走った。
「足が…つった!?」
迂闊だった。
ここ最近の連日連夜の激しい練習が祟ったのだろう、片足が引きつった状態で泳ぎを維持できるはずもなく…
私はしゃにむに藻掻きながらも、やがて不安定で掴み所のない海の中へと一人引きずり込まれていった。

私――

青だ。
一面の青だった。

死んじゃうのかな――

水面には真白な太陽の影がゆらゆらと揺れ動いて、遠くには魚達の影が泳ぐ。
私の口からは気泡がこぷこぷと音を立て、水面へと向かって浮かび上がっていく。

なんか、もう、死んじゃってもいいや――

そう全てを諦めた瞬間、私の脳は苦痛を受け取る事を拒否し…息苦しさも、
引きつり続ける足の痛みも消え失せ、後にはただ海底に向かって沈み続ける
無感動な私の体だけが残った。
足を折り曲げ、手で腹を押さえ、まるで亀みたいに丸まって。

あぁ、そういえば――

だからこれは、きっと…私の最後の思考、唯一の心残り。
217名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:20:41 ID:Cz4I6wmZ
 
ネギ君に結局告白できなかったなぁ――

ざぶんっ
何かが水面に落ちた様な、そんな音を遠くに聞いた。
視界の端に写った"その"影はみるみる内に私の側へと寄ってくる。

――

影は私の腕を掴むと、魚なんて比べものにもならない速さでぐいぐい水面へ私を引き揚げていく。

ざばぁっ
「ぷはぁっ、まき絵さん!大丈夫ですかっ!!!」
「ぶほっ、ゴホッ!ゲホゲホッッッ!!!…っか、はぁっ、はぁ………ネ、ネギ君っ!?」
私を信じられないスピードで海中から引きずり上げてくれた影の正体は…3-A担任で、
そして私の思い人でもある…ネギ君その人だった。
「まき絵さん!!!
 …あぁ、良かった!本当に良かったです!!!」
気付けば彼は涙をぼろぼろ流し、私の無事を喜んでくれている。
「ど、どうして私が溺れてるって気付いたの?
 その…ここはビーチからは目の届かないエリアなのに…」
そう、わざわざ目の届かない岩場の影にまで来て泳いでいたはずなのだ。
ネギ君は私を抱えて砂浜まで泳ぎつつ、口を開いた。
「生徒の皆さんの様子は定期的に見て回るんですけれど、まき絵さんの姿だけが見あたらないようでしたので…
 心配になって、目の届かないエリアにまで探しに来たんです
 そうしたらまき絵さんが丁度海に沈んでいく所が見えて、それで慌てて…」
砂浜に着くと、ひとまずそばの岩場の辺りに私を寝かせてくれた。
「そっか…ネギ君私の事、心配してくれたんだ…」
嬉しかった。
どうしようもなく嬉しかった。
命を救ってくれた事への感謝、自分の中でくすぶり続けていたネギ君への思い…それらもごっちゃになった
感情の波に私は襲われて…衝動的に、ネギ君の唇へと口付けた。
218名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:21:28 ID:Cz4I6wmZ
「むっ、むぐぐっ!?」
ネギ君は目を見開いてうめき声をあげつつ、慌てて私を引き離そうとするが…私は力ずくでネギ君の体を抑え付け、
舌をその口の中へとねじ込んでいった。
「むっ…ふぅっ…うぅ…」
歯茎を嬲り、舌と舌を絡ませ、時には優しく、時には激しくネギ君の口中をかき回す。
次第にその抵抗も弱まって…薄く目を開けネギ君の顔を盗み見ようとして、互いに目と目が合った。
うっすらと涙を浮かべて、頬を真っ赤に染め上げて、今にも泣き出しそうな…けれども気持ちよさそうな、
そんな彼の目を見つめていると、次第にその鼻息が荒くなっていくのを感じる。

私に見つめられて…興奮してるのかな?

それがまた嬉しくて、私の中の女が無性に騒ぐ。
そっ…と手をネギ君の股間に押し当てると、あそこが大きくなっているのが水着の上からでも分かった。
 ビクンッ!
腰を引きつらせるネギ君の手を取って、私の水着の中へと潜らせる。
 クチュッ…

ネギ君、分かる?
私も濡れてるんだよ…。

おどおどするばかりだったネギ君の手に私の手の平を重ねたまま、ゆっくりと上下に指でなぞらせる。
唇は相変わらず口付けたまま…その口から抗議の言葉が出てきはしまいかと、それだけが不安だったから。
けれど抵抗らしい抵抗も見せず、ネギ君は最初はぎこちなく、やがて夢中になって私の秘裂を弄り始めた。
気付けばいつしか私も一心不乱に、彼の陰茎を手に掴み緩急付けつつ擦り上げていた。
あまりに激しく唇を貪り続けたためか、私はさすがに息苦しくなってきて一端その口を離す。
互いの口と口とを結んだ唾液の糸がツゥ…と私の下着に垂れ下がって、そこに糸状の染み跡を作った。
「ねぇ、ネギ君………入れちゃおっか………」
ネギ君のあそこを扱く手はそのままに、反対の手を私の秘唇を弄り続けるネギ君の手の上に重ね、
そのままゆっくりと私の水着を下ろさせていく…。
私の中から零れる愛液がネギ君の指に絡まって、真っ白な糸を引いた。
「まっ、まき絵…さん………」
 ゴクッ
219名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:22:11 ID:Cz4I6wmZ
ネギ君の唾を飲み込む音が私の耳にまで届いて、その事が何だかとても嬉しくて、
私はそのまま勢いに任せてネギ君を砂の上へと押し倒した。
まるで捕食される小動物の様に怯えた表情を浮かべながらも、どこか期待の色を感じさせるその可愛らしい顔に…
私はすっかりと参ってしまっていたのだ。
馬乗りになった姿勢のまま、私はネギ君の水着に手を掛け…

「ネギくーん、まき絵見つかったー!?」

ると同時に、ゆーな達が呼ぶ声が私達の耳に届いた。

 !!!!!

瞬間、二人慌てて互いの体から離れ、混乱極める頭のままに急いで水着を整える。
「あ、あの、まき絵さんっ…ぼぼ僕もういかないとですから…」
「あ、う、うんっ」
そう言うが早いか、ネギ君は真っ赤な顔で一目散にゆーな達の元へと駆けていく。
後に残るは先程までの大胆な行為に顔を真っ赤に染めゆく私一人。
「やっちゃったぁ…」
頭を軽く岩へとぶつける、恥ずかしさのあまりに叫びだしてしまいそうだ。
…?
そう言えば、つった足が何時の間にやら治っている。
思えばネギ君が私を寝かせてくれた時には、既に痛みが消えていたような…。
「私って一回つると結構後に引くんだけどなぁ…」
だが、今の私にはそれよりももっと気になる事がある。
「…もし、ゆーな達が来なかったら…ネギ君、私のこと最後まで受け入れてくれてたのかなぁ…」
ぶんぶんぶんっ!
思考が暴走して沸騰しそうになる頭を慌てて振り回した。
…何はともあれ、今はゆーな達を安心させてあげるのが先だろう。
岩場の影から出ると…ネギ君から話を聞いたのだろう、心配そうな顔でこちらに駆け寄ってくるゆーな達の姿があった。
"大丈夫だよ"とばかりに私は大きく手を振り、そのまま手をかざして空を見上げる。
220名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 16:22:52 ID:Cz4I6wmZ
天気は快晴、雲一つ無い青空。
蒼い海とのコントラストで、その美しさに目も眩む。
鬱々とした気分も何処へやら、私の心はその色に魅入られ何処までも遠く澄み渡っていた。

まるで、魔法みたいだ――

すっかり順番が逆になってしまったけれど、今度こそはネギ君に告白してみせよう。
あれ程失われていた自信も勇気も、今は全てこの胸の中にある。
私はゆーな達の後方でどうしていいやら戸惑い立ち尽くしているネギ君へ、
にっこりと満面の笑顔で微笑みかけた。

そう、私はきっと――彼に魔法をかけられてしまったに、違いない。
221名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 18:53:02 ID:Pmw5SuRN
終わり…ですか?
と、とりあえずGJ!
222天使:2005/07/02(土) 19:12:21 ID:XPqtO+oE
うんこまだー???
223名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 20:19:04 ID:KPOfYtlu
古い話ですまんが、101のって赤坊が赤スレにはってあった奴じゃないか。

224天使:2005/07/02(土) 20:47:21 ID:KcNXBwv0
そんなスレ知るかよって感じだよ?ボケ
225名無しさん@ピンキー:2005/07/02(土) 23:16:40 ID:A2WEb1qy
>>133
いいですね〜
むさい男いらない、女だけ欲しいです。
226天使:2005/07/03(日) 00:00:06 ID:KPWNohhs
なんか口の悪い天使が一人いるよ?
227リコシェ ◆2Wv/J9nqF6 :2005/07/03(日) 00:34:48 ID:+Tcz+x49
感想書きましょうよ……
てことで>>212-220
こういう憂鬱なまき絵って過去になかったと思います。なんかいっそ亜子のほうがって思ったり^^;
周囲の場の明るさとまき絵の中の暗さの対比がとても明確に書かれていて読みやすかったです。
挿入せずに終わるのも、逆によかったと思いますよ^^
読ませていただいてありがとうございました。また書いてほしいです。

ちょっと気になったこと:
いったいネギはどんな下半身を晒して裕奈達の元へ駆けていったのか^^;
まさかにテント張りっぱなし?
228名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 01:06:51 ID:UN6pgkn7
感想を書きたくなる作品には言わなくてもつくものだよ、ワトソン君。
229名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 02:57:32 ID:FYgmH6Fl
>>228
そういうものなのだねワトンソ君
230名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 04:39:11 ID:GVBBEWup
そういうわけで>>194-195乙。gj!
231名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 05:02:55 ID:YdEwy1In
>>221
ども。

>>227
あちゃぁ…言われてみればネギの下半身が切り替え早すぎでマズイですね、
ここには何らかのフォローが必要なはず。
精進します。
232名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 08:07:04 ID:q0YlrJ23
アキラ×ネギキボンヌ
233名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 10:22:39 ID:2nWLOyX0
誰かが超の実験台にされちゃうのとかは?
234名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:11:55 ID:Q+Uds+LJ
>>233
お、悪くないじゃん。
実験に使う器具は魔法の媚薬とか魔法のアダルドグッズにするとして
後は相手役を誰にするかだな。
原作で絡みがあったキャラから書いてくれる職人さんの好みで選んでもらおう。
235職人:2005/07/03(日) 11:14:28 ID:81v4kxcR
>>234
言いたいことがあるならはっきり言えよ
書いてやらねーぞヒヒヒ
236名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:25:42 ID:RM4ttJmJ
(こんな時に私は何を考えているのでしょう)

夕映は動揺していた。
事態は一刻を争う。しかし、彼女にはそんなことどうでもよかった。
ただ、目の前にいる少年と魔法の契約をするという事実。その行為が・・・


2時間ほど前から、麻帆良学園は突然の攻撃を受けている。
相手はサウザンドマスターに一度は壊滅寸前にまで追い詰められ
今も敵対関係にある魔法犯罪組織。サウザンドマスターの消息が消えた今、
将来組織の脅威になるであろうネギの抹殺が目的である。

一部の魔法関係者や魔法世界の事情を知る者は必死に抵抗した。
しかし、突然の奇襲、相手の用意周到な対魔法戦略を前に
麻帆良学園の精鋭たちも次々に倒れていった。

3−Aの生徒達も次々に殺された。
何が何だか分からないまま消えていった一般生徒。
ネギを守るため必死に戦った刹那、楓、龍宮、古。
ネギと同じくその可能性を恐れられたこのか。
力を封じられたままのエヴァ。

ネギ達はその戦力のほとんどを失った・・・
ネギと残った生徒達は図書館島に隠れたものの、状況は悪くなる一方。
生徒の、クラスメイトの死を悲しむ暇さえ与えられない。
237名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:26:22 ID:RM4ttJmJ
「ちょっとネギ!!何してるのよ、しっかりしなさい!!」
「アニキ!あきらめるんじゃねぇ!!」
狼狽しきっているネギにアスナとカモが激を飛ばす。
「アニキ落ち着け。いいか?
可能性は低いが、パクティオーに賭けるぜ!残った姉ちゃん達の中に
この状況を切り抜けられる力を秘めている能力者がいるかもしれねぇ。」

「でも・・・」
ネギはどうしていいのか分からない。
これ以上生徒を巻き込みたくない。でも今の自分達だけではどうしようもない。
ほとんどの生徒も何のことか理解できずうろたえるばかり。

「そういやユエっち。ちょっとだけど魔法使えたよな?
パクティオーだけでアニキ達でさえ歯が立たなかった相手に
対抗できるとは思えないが、強力なアーティファクトや
能力が手に入るかもしれねぇ、頼む!!」

「しかし、そのパクティオーというのは・・・」
動揺する夕映。
「頼む、ユエっち!時間がねぇんだ!!」
「でも・・・」
238名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:27:13 ID:Q+Uds+LJ
>>235
暇だから釣られてあげる。
俺はこのネタでは書けなそうだから
せめて話のネタを提供しただけだよ?
職人さんに「このキャラで書け」なんて言ってない。
そりゃ好きなキャラはいるけどな。

あ、でも時間かかると思うがなんとか書けない事も無いかな‥
ちょっと妄想してネタ練ってくる
239名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:27:17 ID:RM4ttJmJ
夕映はのどかを見た。

一瞬、戸惑ったようにみえたのどかだが、
「夕映、先生の力になってあげて」
笑顔で応える。

「のどか・・・わかりました。ネギ先生、お願いします」
「すみません。みなさんまで巻き込んでしまって」
「いいんです。それに・・・いえ、何でもないです」

(ネギ先生とキス。いえ、これは別に現状を打開するための儀式の
ようなものであって、特別な感情は・・・しかし)

(ネギ先生は、誰とでもこの儀式ができるのでしょうか?
もし、他のクラスメイトと・・・)

(こんな時に私は何を考えているのでしょう)

「夕映さん・・・」

そこには意を決したネギの顔があった。
「はひ!ネ、ネギせんせ(むっぐ・・・・)」
二人の唇が重なり合う・・・・
240名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:27:52 ID:RM4ttJmJ
「仮契約完了だ、どうだいユエっち?」

「・・・・・・・・」

「ユエっち?「夕映さん?」

夕映の体が震え、周囲には不思議な力が充満している。

「夕映さん!!」

「う・・・・・











「 ウンコーーーーーーーーヽ( ・∀・)ノ!!!!!」
ブリョリョリョリョリョリョリョリョリョリョ!!!!!!!!!!

その後、春日の力で復活した四天王やエヴァの活躍で見事敵を撃破することに成功した一同。
夕映はそれから二日後に死んだ。ウンコだしきって死んだ。ウンコ死にした。
4日たった今じゃ思い出す回数もずいぶんと減った。っていうか忘れたい(談・ネギ)
241名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:31:29 ID:Q+Uds+LJ
スカトロ・バッチィーナ
242名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:38:37 ID:JWmUFyMI
うん、吹いた。
何このオチ。
243名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 11:43:45 ID:CHUrWSan
>>242
ちょっ・・・おまwww

突っ込むところはオチだけかよ
244職人:2005/07/03(日) 11:45:12 ID:81v4kxcR
>>238
おいおい…
必死になって反論するなよ
せっかくの名作に水を差しやがって

>>240
かつてない出来栄え
君こそMVPだ
245名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 12:54:27 ID:30HqatWj
>>211
ぜひぜひお願いします。
246名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 16:41:42 ID:lAJssITQ
247名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 17:13:48 ID:QHyMCqgu
チャオとセッチャンで逝こう!
職人さんガンガレ!
248楽麻 ◆jjWTI8ewtY :2005/07/03(日) 17:35:11 ID:iMoyQyiI
ここまで更新。
249名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 18:21:38 ID:XoiD6RtP
うんこ食べる人が集まるスレ
250天使:2005/07/03(日) 18:34:33 ID:KPWNohhs
251名無しさん@ピンキー:2005/07/03(日) 20:34:55 ID:tvSvD3Xl
龍宮と楓がネギを虐めるSS希望
252ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/04(月) 00:20:17 ID:JdQkiggJ
ただいま新作のテーマを「褌」にしてちまちまと書いている最中なのですが、
夏コミ用の新刊作りに入るため、しばらくSS書きのペースが落ちます。
なので投下は結構後になるかもです。
>>158のムーミンの言うように、前作の最後が長すぎたのでもうちょっと区切りも考えたいと思っています。

>>160
一応夏コミはスペース取れてるんです。
…問題はうちのサークル、ネギまどころかエロですらないもので…。

>イトミさん
 龍宮怖いっす。でも「仕事に徹する」彼女はこんな人なんだろうなぁと納得させられました。
 次の投下をお待ちしております。
253名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 01:40:55 ID:n07kLdVr
>>250
ネタバレかよ・・・・・・orz
254名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 01:57:12 ID:zsU9Cl5w
最近のエヴァ様はいろいろあっていいな。
ゴスロリファッションとかネ○○セ○○○○ス○○とかフミフミとかフミフミとかフミフミとか〜以下エンドレス

だれかフミフミネタで書いてくれんだろうか。
255天使:2005/07/04(月) 02:35:30 ID:AQj4PSlE
>>250
本物の天使はそんなことしないんだよ?
256名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 08:00:42 ID:2YJoJx3+
アニメのネギま!第2期準備中!? 新キャラ登場!!
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/comicnews/1108720704/
257名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 17:25:49 ID:uv/ehXg/
漏れも何か書こうと思うが、この中ではどれがいい?

1.ネギと木乃香(王道?)
2.ネギと朝倉和美(漏れは好きだ。)
3.ネギと相坂さよ(新しい?)
258名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 17:40:52 ID:gcANJFso
>>257
脳が腐ってる俺にはもうザジ×ちうしか萌えられない
259名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 17:56:44 ID:Mp1lp9q3
書ける人いんの?
260名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 17:57:24 ID:gydsybMs
>>257
2か3が良いです。
何書くにしても頑張って下さい。

>>258
メガワロスww
261名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 18:37:29 ID:5ub523OX
>>250
あれってさぁ、どうやって手に入れたわけ?
もう売ってる所あるの?
262天使:2005/07/04(月) 18:38:59 ID:VwWLr8Y1
早売りのお店をみつければ、手に入るよ?
だいたい金曜日くらいにお店に並ぶんだよ。
263名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 19:25:41 ID:ExMo1Fts
>内村様
「褌」って刹那の話ですよね。
やはり木乃香に言われて断ると言う選択の余地が有るにも関わらす木乃香の笑顔を見て断れず、恥ずかしい格好をしてしまうって感じの話かな?
264名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 19:52:03 ID:5Va8zQEZ
>>257
3でキボーン
265名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 20:50:36 ID:PxnMgWVK
>257
Aのネギ×和美キボン
266名無しさん@ピンキー:2005/07/04(月) 21:15:27 ID:EUoDsoKY
>>257
3キボンヌ
267天使:2005/07/05(火) 02:15:28 ID:B9DAMRyj
天使は、アスナ×委員長が読みたいな。

夕刊の配達が終わって、疲れて帰宅したアスナ。
すると、部屋では刹那とコノカが半裸で抱き合って眠っていた。
あわてて、部屋をとびだしたアスナは、委員長にぶつかってしまう。
「どうしたんですの?アスナさん」みたいなシリアスモードになった委員長を
思わず抱きしめてしまうアスナ・・・みたいな。
268天使:2005/07/05(火) 02:35:33 ID:fBKHTFvI
すごくいいと思うよ?
同じ天使だけど、君のほうがいいアイデアもってるね
天使はレズ嫌いだけど、明日菜×いいんちょならいいと思うよ?
269名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 03:42:10 ID:lQ63i3nU
>>257

魔将軍×魔剣士 キボン
270名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 08:59:55 ID:wHXn4/LU
新田×まき絵
271名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 11:54:23 ID:NBCAWTdo
魔将軍がゆっくりと魔剣士のどす黒いそれをすく。
「グゥアハッッ」
魔剣士の口からは、粘着質な液体が零れ落ちる。
「気持ちいいですか?」
「グゥオォッッ、もう駄目だ」
「だらし無いですね? あと10分もたせなさい」
魔将軍がさらにペースを早くする。
「グアァァァッ」
魔剣士の黒く大きなそれから、真っ黒な液体がとめどなく放出される。
魔剣士が恍惚の表情で朽ち果てた。


書いてて思う。
やっぱり気持ち悪い。
272名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 11:55:40 ID:E0CdW65x
夕映の配達って読んじゃった・・・・orz
273名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 12:57:37 ID:ic5nU8LQ
>>267
おいらも、いいんちょ×明日菜きぼんぬ
274名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 19:02:53 ID:yHCpIw+d
>>272
それはそれで・・・
275名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 19:04:51 ID:400oLut8
          ,...-‐'''''''''''''''''''''''''''''ー..、
       ,..‐:'´:::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::\
      /:::/::/::::/!::∧::', \:::ヽ:ヽ:::::::::ヽ
     /::::::/:::::〃:/  ' ′ ヾ、.  \'ヾヽ::::::::ヽ
     /::::::::|::/!/      u   、    ヾ::::::::::',
.    イ::::::::::レ /r‐'´ u       ``'ー .ヽ::::::::',             ,.- 、
   ,':l::::::::::::l ´ _..----、      ,r●ー‐- 、 u ';::::::::l,           _ /    \
.  l::l::::::::::::l r'.r'´   )    ヽ.   l::::::::!',        / L  __ `!
  l::::l:::::::::::| '、ゝ● /       `  イ  l:::::::l:::',       .l / ̄      |
  ,'::::::l::::::::::l  `! ̄|     / \   |  |  ,l:::::l---------‐'´| ゝ-- 、......  .l
 .l::::::::l::::::::::l\.|   |   ∠___ヽ   l  l/:l:::::l           ー(__      |

おっ、おっ、おっおっ、おっ、おおっ!


呼んだか?
276名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 19:05:58 ID:400oLut8

    ,...-‐'''''''''''''''''''''''''''''ー..、
       ,..‐:'´:::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::\
      /:::/::/::::/!::∧::', \:::ヽ:ヽ:::::::::ヽ
     /::::::/:::::〃:/u ' ′ ヾ、.  \'ヾヽ::::::::ヽ
     /::::::::|::/!/  u   u   、    ヾ::::::::::',
.    イ::::::::::レ /r‐'´ u u  u  ``'ー .ヽ::::::::',             ,.- 、
   ,':l::::::::::::l ´ _..----、      ,r ー‐- 、 u ';::::::::l,           _ /    \
.  l::l::::::::::::l r'.r'´u   )    ヽ. u  ○ l::::::::!',        / L  __ `!
  l::::l:::::::::::| '、ゝ○ / u  u `  イ  l:::::::l:::',       .l / ̄      |
  ,'::::::l::::::::::l  `! ̄|           |  |  ,l:::::l---------‐'´| ゝ-- 、......  .l
 .l::::::::l::::::::::l\.|   |   b^^^@_ヽ   l  l/:l:::::l           ー(__      |

夕映「ギャブウゥゥーー!!!!」
277名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 19:06:27 ID:400oLut8

         ,...-‐'''''''''''''''''''''''''''''ー..、
       ,..‐:'´:::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::\
      /:::/::/::::/!::∧::', \:::ヽ:ヽ:::::::::ヽ
     /::::::/:::::〃:/u ' ′ ヾ、.  \'ヾヽ::::::::ヽ
     /::::::::|::/!/  u   u   、    ヾ::::::::::',
.    イ::::::::::レ /r‐'´ u u  u  ``'ー .ヽ::::::::',             ,.- 、
   ,':l::::::::::::l ´ _..----、      ,r ー‐- 、 u ';::::::::l,           _ /    \
.  l::l::::::::::::l r'.r'´u   )    ヽ. u  ○ l::::::::!',        / L  __ `!
  l::::l:::::::::::| '、ゝ○ / u  u `  イ  l:::::::l:::',       .l / ̄      |
  ,'::::::l::::::::::l  `! ̄|           |  |  ,l:::::l---------‐'´| ゝ-- 、......  .l
 .l::::::::l::::::::::l\.|   |   b^^^@_ヽ   l  l/:l:::::l           ー(__      |

夕映「あがががががっ!!」
278名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 22:03:13 ID:aQLrPKCQ
>>270
大人しく俺とVIPに帰ろうな
279名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 22:47:12 ID:0MY4hu58
vipって何よ?
280名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 23:16:05 ID:xhflnLKc
ちょwwwwwおまwwwwwwうぇうぇうぇwww  
 とかゆーやつだろ?
281名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 23:43:41 ID:K/ZNSMNE
とあるスレで座薬さんの話が面白いと聞き、長編を一気に読みました(2日もかかったけど・・・
早く続きが読みたい・・・更新が早そうなのが救いです
座薬さんGJ
282名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 23:54:28 ID:km6Ja9g7
>>280
あそこは整備されてないから雑草生え放題なんだよな

283名無しさん@ピンキー:2005/07/05(火) 23:59:24 ID:aQLrPKCQ
VIPのまき絵を全力でいじめるスレで新田×まき絵ができあがったんだよ
284名無しさん@ピンキー:2005/07/06(水) 12:31:24 ID:7GZJnKNZ
俺はいいんちょをいじめるスレでアスナ×いいんちょができあがった
285ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:44:47 ID:nK0GyrfB
3作目のひとつめが出来ましたので投下させていただきます。
>>86>>87の意見を拾いつつ、刹那と楓(+ネギ)でテーマは「褌」です。
目標は文章で褌のエロさを表現するということで。時期的には8巻〜9巻序盤のあたりとお考え下さい。


【忍者×剣士×魔法使い 褌SOS!】

六月。
麻帆良にも梅雨が訪れた。
しとしとと降り続く雨。地面は乾く暇もなく、湿った空気に包まれる世界。
──そんな雨の日々の中で、つかの間に訪れた晴れの日。
そんな天の気まぐれは、下界の人々にも影響を及ぼすもので。

あじさいの葉に朝露が残り、アマガエルが跳ねてケロケロと鳴く。
久しぶりに雨の止んだ土曜日の早朝。
まだ太陽はわずかに顔を出した程度の、冷たい空気が心地好い時間。

麻帆良学園からだいぶ離れた山中で、竹刀を打ち合わせる剣戟の音が響き渡る。
剣戟の音の主は、二人。共に麻帆良学園中等部の制服を着た、年端もいかない少女だった。
鈴のついたリボンで髪を二つに結い分けた少女──神楽坂明日菜が、地を蹴り前方へ走り込む。
────『我は、汝が一部なり(sim tua pars)』────
仮契約のカードをかざし、魔法使いの従者が自発的に魔法使いから力を借り受ける呪文を唱える。
明日菜の身体を仄かに輝く魔力が包み込み目に見えて走る速度が上昇した。
バシャッ、と水たまりを踏み抜く音。水滴が散る。
疾風を纏って走ったため、スカートがまくれあがって明日菜の健康的なおしりにぴったりとフィットした白いスパッツが露わになった。
――が、本人に気にした様子はない。
普段の特訓よりも人間離れした動きをするためにわざわざ人里離れた山まで来たのであるし、
周囲の人目は、竹刀を打ち合わせている特訓相手だけ。
髪をひっつめて片側でまとめた、明日菜と比べて少々小柄な少女剣士――桜咲刹那だけだったからだ。
286ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:45:33 ID:nK0GyrfB
気心の知れた友人兼師匠である。
ならば恥ずかしいことなど──ないわけではないが、それに気を取られていては特訓にならない。
「やぁぁぁ────!!」
裂帛の気合と共に、刹那直伝の蹴り技と剣技のコンビネーションを繰り出す。
矢継ぎ早に繰り出される連撃を、刹那は竹刀と徒手空拳でブロックする。
常人では動きを目で追うので精一杯だろう素早さ。
だが、それを事も無げに刹那は防いでみせた。
「やりますね、アスナさん──! では、これでっ!!」
連弾のわずかな隙を突いて、刹那が竹刀を突き出す。
明日菜の胸部へ向けて一直線に襲い来る一撃。
「〜〜ッッ!!」
かろうじて手を胸元に戻してガードし、直撃を防ぐ。
しかし、明日菜の身体はその衝撃を殺しきれずに後方へ吹き飛ばされた。

ズザザザ────ッ…!
両足を踏ん張って後頭部からの転倒は免れるが、バランスを崩してしまう。
そして、それを見逃す刹那ではなかった。
ぬかるみの泥を後方にはね飛ばしての跳躍で、一気に明日菜との距離を詰める。
「──少し、本気でいきます。しっかり防いで下さい──!!」
そう告げて竹刀を振りかぶる。
傍目にも理解出来る破壊の気配。竹刀に充填される「気」の感覚。
愛刀「夕凪」ではないために威力はかなり劣るが──、それは紛れもない神鳴流の剣技であった。
鋭い目つきになる刹那。だがその瞳の奥では「アスナさんならきっと止めてくれる…!」という、期待の色が。
そして、純粋に戦いを楽しむ剣士の喜びの色が見て取れた。

「――――斬岩け――――」

…しかし、好事魔多し。
刹那が斬岩剣を放とうとした瞬間、それは起こった。
287ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:46:22 ID:nK0GyrfB
ピロリロリロリ♪ ピロリロリロリ♪

「っうわ!!」
「――――――――んッッ――――!!??」

アスナの懐の携帯が突如、鳴り出したのである。
それだけならば良かったのだが、その音に一番びっくりしたのは明日菜本人であった。
体勢を崩していたとはいえガードする余力は十分残っていたのだが、不意に鳴った着信音に身体を硬直させてしまう。
――そしてその硬直は、戦いの中にあってはあまりにも命取りなものだった。

(――しまった、このまま斬岩剣を直撃させてしまったら…、明日菜さんに怪我をさせてしまう!)
集中が途切れたせいか、明日菜の身体を覆う魔力も遮断されてしまっていた。
いくら竹刀であるとはいえ「気」を込めた攻撃を生身の人間に当ててしまう訳にはいかない。
「く……っ――!!」
刹那は咄嗟の判断で身体をひねった。
斬岩剣の太刀筋を逸らし、明日菜の背後の木に着弾させる。
わずかに髪をかすめたか数本の髪の毛が千切れて宙を舞ったが、なんとかケガをさせずに済んだようだ。
(よし、後は着地するだけ──……)
────ぐら……っ!
「な……っ!?」
安心した瞬間、刹那の身体がまるで弾かれるように傾いだ。
斬岩剣を放った竹刀が、無理に太刀筋を曲げたことで堪えきれずにバキリと折れる。
振るった剣がいつもの「夕凪」であったなら、剣の重さで体勢を立て直す事が容易だっただろう。
だが、軽い竹刀は刹那の普段の身のこなしに扱うには軽すぎた。
そして、傾いだ姿勢を立て直そうとしていたところへ──折れた竹刀が刹那の顔面を襲った。
「ぐ──ぅっ!!」
反射的に首を逸らし、竹刀の破片を避ける。
──それが、刹那の転倒を決定付けた。
288ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:47:47 ID:nK0GyrfB

ドシャァ────ッ!!
「……っ……!!」
頭を庇って背中側から落ち、そのままの勢いで地面を転げた。
前日までの雨が祟ったか、泥だらけになってしまう。

ピロリロリロリ♪ ピロリロリロリ♪
「せ、刹那さんごめんなさい! マナーモードにするの忘れてて……!」
場の緊張感にそぐわない軽快な音で鳴り続ける携帯を取り出すのも忘れて、駆け寄る明日菜。
謝りながら助け起こそうとする手を刹那が押しとどめる。
「……わ、私のことはいいですから、電話、出てください…」
「……う、うん……」
痛みに顔をしかめながら促す刹那を心配そうな目で見つめつつ、明日菜は携帯の通話ボタンを押した。

ピロリロリロ……ピッ。
「はい、神楽坂です……え、本当ですか!? ……はい、それじゃあすぐ――――」
ぷつっ――。
携帯電話を切った明日菜が申し訳なさそうな顔をして手を合わせ、頭を下げた。
「ごめん。刹那さん! なんかバイトが人数足りないらしくて…、応援に行かなくちゃいけないんだけど…」

明日菜のその言葉で、刹那は得心がいった。
こんな早朝に電話をかけてくるなんてと思っていたが、明日菜のバイトである新聞配達ならば十分あり得ることだったからだ。
特に、体力に自信があって働き者、雇い主にも覚えが良い明日菜である。
ピンチヒッターとして駆り出されることも少なくないだろう。
地面にしたたかに打ちつけた腰はまだ少し痛いが、快く送り出すことにした。

「――判りました。今日の特訓はここまでにしましょう。さあ、早く行ってあげてください」
「……あ、でも、刹那さん。…大丈夫?」
明日菜の視線がちらりと尻餅をついた状態の刹那に落とされた。
289ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:48:59 ID:nK0GyrfB


「大丈夫です。…ほら、皆さん待ってますから」
「……う、うん……」
視線で向けられる心配を払拭するように優しい笑みを浮かべる。
その顔に後押しされたか、まだ後ろ髪を引かれる思いを残しつつも山を降りるために駆け出す明日菜。
刹那からその姿が見えなくなる直前に、くるりと振り向いた。

「本当にごめんねー、刹那さーん! バイト代入ったら何かおごるからーっ!!」

そう告げるとバイバイ、と大きく手を振って、明日菜は超人的な脚力で山を駆け下りていった。
残された刹那は、明日菜の行動と言葉を反芻する。
スポンジの様にに戦闘技術を吸い込む才能、自分を気遣ってくれる仕草。
得難く、何者にも代えがたい友達。――とても、嬉しくなった。
何ともなしに独りごちる。
「ふふ、そうですね…。何をおごってもらいましょうか…」

どこか温かい感じが胸の中に広がった。。
常時気を張り詰め、誰とも深く関わらずにお嬢様のことだけを考えて過ごして来た時とはあまりにも異なる感覚。
自分がこんな、日の当たる場所で笑える日が来るとは思わなかった。
――ああ、なんて幸せな――――

じわぁ…………っ。

「……っっ、そういえば……っ」
刹那は、下半身に走る冷たさに眉をひそめた。
さっき派手に転んだせいで、身体中が泥だらけである。
その上ぬかるみの上に尻餅をついていたので、スカートもその中のスパッツまでもがグショ濡れだった。
「しまった…、これは……」
290ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:50:48 ID:nK0GyrfB
水たまりから立ち上がると、泥と雨水に濡れたスカートをまくりあげる。
下に履いていた黒いスパッツはすっかり水気を吸い込み、
短いスカートで転げ回ったせいで跳ねた泥が、スパッツどころか内腿にまでべったりと付着していた。
「……う、気持ち悪い…」
濡れてどこか卑猥な光沢を放ち、ぴったりとおしりに張り付くスパッツ。
身体中の泥はまだしも、結構へたり込んでいたせいでスカートとスパッツのおしりの部分は丸く濡れた形になっていた。
今から寮に戻ったら、部活の朝練中の生徒たちに確実に出くわすだろう。
――下手をすると、おもらしに見られかねない。
「これでは恥ずかしくて戻れないな…、どうしたものか……」
そう思案しているうちに冷たさが染み渡ってきて、刹那はぶるりと身震いをする。
あたりをきょろきょろと見回し、誰の気配もないことを確認する。
「……しょうがない…」
意を決してスカートの中に手を突っ込む…が、そこで手が止まった。
野外で下穿きを下ろすということを改めて意識し、頬が紅潮する。
「…………っ──……!」
とはいえ、このままでは身体にも良くない。
そう自分に言い聞かせ、指先でつまむようにして一息に下ろしにかかった。

つるり、と未成熟な果実の皮を剥くように下ろされる黒いスパッツ。
その下から現れたのは下着ではなく、真っ白な肌がまぶしい──裸のおしりであった。
重ね穿きすることで下着の線が出ることを嫌う刹那は、パンツを穿いていなかったのである。
女性特有の丸みにはまだ乏しいもののとてもきめ細かい肌が日の下に晒され、ふるふると震えているようにも見えた。
着の身着のままで早朝の特訓に来たため、替えの下着などはない。
(……下ろしたはいいが……どうする!? し、下に…何も穿かずに帰るわけにも……っ)
短いスカートである。いつ風が吹いてまくれてしまうかも判らない。
そもそも、戦闘で派手に動き回っても大丈夫なようにスパッツを穿いていたのだ。
――それがない、ということが、これ程に心細い(ノーパンだから当たり前ではあるが)とは思わなかった。
太腿までスパッツをずり下ろした格好のままで、刹那は進退窮まった表情を浮かべるのであった。
291ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/06(水) 19:52:15 ID:nK0GyrfB

――そのとき聞こえた声は天使の救いか、悪魔の囁きか。
気配を悟らせずに背後に現れた影が、おしり剥き出しの刹那に声をかけた。

「──おや、誰かと思えば刹那どの。…可愛いおしりをしているでござるな?」



つづく



以上、褌SS第一回目、導入部分でした。……褌の「ふ」の字もまだ出てきませんが(汗)。
多少はエロくないといけないかと思い、直穿きの描写をしてみましたが…どんなもんでしょう。
次回は褌登場です。刹那危うし。


>>263
木乃香絡みも考えてはみたのですが、どうもしっくり来る話が浮かばず。
刹那の京都弁をそれっぽく書ける自信もなかったもので…。
292名無しさん@ピンキー:2005/07/06(水) 21:38:29 ID:AorD3adE
>>291
続きが(・∀・)ワクワク
293名無しさん@ピンキー:2005/07/06(水) 21:44:42 ID:JbRje+nU
>>291
グッジョブ!
下半身の描写がエロイです
294名無しさん@ピンキー:2005/07/06(水) 22:48:52 ID:NmP1d8/T
>>284
そのスレの630からのか?あれはエロいな、うん。
295名無しさん@ピンキー:2005/07/06(水) 23:36:35 ID:L4K+XEiw
>>291
イイヨイイヨー 続きに期待
296名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 00:25:51 ID:nrRnX81Z
が、学園長???
297天使:2005/07/07(木) 01:12:29 ID:1o2nLES6
>>284
そのスレのURLのせてくれないの?
298名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 12:31:58 ID:8aUR5+b+
>>297
自分で調べればいいんじゃね?
もう落ちてたけどな
299名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 13:53:01 ID:k9hLaahm
ヒント:vip
300名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 14:47:16 ID:/4GV4uSW
ハヤテスレから着ました。
>365 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2005/07/06(水) 15:31:47 ID:lwgTKP9g
>ネギまスレの基地害さんじゃないですか
>お久しぶりです
>あのときの二の舞をここで繰り返さないで下さいね
>マジで恐いから

上記の詳細をキボンしたのですが、回答をいただけなかったので、
お邪魔しました。

何方か知っていらしたら、詳細を教えて下さい。
よろしくお願い致します。
301名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 23:31:45 ID:NVgCqwAP
vipでもいいからエロSSマダー?
302名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 23:42:46 ID:sTlJJSDQ
とりあえず前スレの1000に一言…





     無     理





303名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 23:48:17 ID:NVgCqwAP
1000 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2005/07/07(木) 23:40:50 ID:idehrPed
次スレも立ってることだし、これからココで雑談でもするか
304名無しさん@ピンキー:2005/07/07(木) 23:48:32 ID:DGN5HjMU
1000ワロスwwwwwwwwwww
305名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 01:11:17 ID:oxbgc1JR
1001が切実なツッコミに見えるなw
306名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 01:18:21 ID:1L3Gz1CJ
>>305
ゆえ吉が半泣きで懇願してる絵が思い浮かんだ
307名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 01:20:30 ID:KADAWFeh
1001 名前:1001[] 投稿日:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

>くださいです。。。


ですなんか付いてたのか。シランカッタ。
308名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 02:30:16 ID:X5OU+OY7
1000 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2005/07/07(木) 23:40:50 idehrPed
次スレも立ってることだし、これからココで雑談でもするか

ど  う  や  っ  て  ?  ?
309名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 02:51:10 ID:C7v4878h
いいんちょ×ロリアスナで調教
310天使:2005/07/08(金) 03:17:37 ID:k4otsoSX
>>298
まーあんまおもしろくなさそうだから、わざわざさがしてみにいくほどのもんじゃないけどもね、正直w

どーせグーグル検索だから、キャッシェで読めるだろ。
311名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 05:17:52 ID:/SOElh7k
糞アニメ最終回後のネギ×アスナきぼん
312名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 05:21:57 ID:3AAK6ZDO
天使口悪くなったねww
313名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 07:02:01 ID:PnVoeTLP
>>311
ちょうどよかった。誰も明日菜×ネギ書かないから自分で書いてたところ。
エロいのは書いたことないから、エロくなるかどうかはわかんない。
エロなしでもいいなら、書けたら投下するけど…












アニメ最終回見てないけどなorz
314名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 07:53:32 ID:oxbgc1JR
>>306
最終回の一話前位のテンションでな。
「正気ですか…?無茶です!次のスレをたてて下さいです!!」とかw
315天使:2005/07/08(金) 11:31:28 ID:k4otsoSX
あれ? 天使は口悪くないよ?
天使はいつもいい子なんだ。
316名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 12:04:31 ID:W6WazMwV
>>315
閻魔様に舌引っこ抜かれるぞ、お前。

いや、違うな・・・オヤシロサマに祟り殺されるぞ、お前。
317天使:2005/07/08(金) 18:52:12 ID:k4otsoSX
あんまり天使にかまっちゃだめだよ?
嫌われるのは天使だけでいいんだ
318名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 20:26:19 ID:yYNe9Rh4
>>313
マジでお願いします
319名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 22:08:39 ID:2z7cw80W
       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | -=・=- -=・=-  |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三

>>313
ムーミンも期待しているようです
320名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 22:48:22 ID:uoT9Agqr
エロ無しになるかもしれないけど、久々に書いてみたくなった。
どんなカップリングに需要があるかな?
321名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 22:52:39 ID:XfnRrGH6
>>320
くぎみん×このか
322名無しさん@ピンキー:2005/07/08(金) 23:13:37 ID:OVTWhlx9
>>320
双子&エヴァのほのぼの〜としたの希望
エロ有りにしても軽めのを^^;
323名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 00:31:11 ID:AetLRafC
>>320
朝倉×ネギ
324名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 00:32:54 ID:z076DZkV
>>321
斬新すぎだなw
325名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 00:33:30 ID:JWwJgwLN
超×アキラキボンヌ
326名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 00:33:50 ID:9aUymoJW
>>320
亜子×まき絵
327名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 00:35:34 ID:Ze/SW5X0
まき絵×新田
328名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 00:50:30 ID:SkpX9dpb
エヴァ×忍者
329名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 08:16:21 ID:7aZnGc1Y
新田×タカミチ
330名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 08:22:29 ID:uSYEpnm2
刹那が木乃香と明日菜とネギに三人がかりでおもいっきり可愛がられる話
331名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 09:01:53 ID:EkuezdIw
「このちゃん…」
 このちゃんがどれぐらい寂びしかったということを、今まで全然気付いて
あげられなかった。
 いつもこのちゃんから逃げていた。好きだけど…でもその気持ちは自分でも
よくわかっていなかった。
 こんな気持ちは初めてだった…修学旅行での一件から、また昔のように仲良く
なれた。このちゃんのことを考えたら胸がはりさけそう…
このちゃんのことが好き、いや大好き愛してる、そのことに今気付いた。
 でももうこのちゃんは…最後まで私のことを愛してくれたこのちゃん…
 ‘うちはセっちゃんのことを愛してるよ。でもいつもせっちゃんは逃げて…
寂しくて耐えられへん…正面からうちを見てほしかった…’
 置手紙は涙のあとでいっぱいだった…

 
332名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 12:39:34 ID:uXw4U7we
-------------------------------------------------
------BIG・BOSSが他の漫画を7Pも丸トレス!----------
-------------------------------------------------

詳細は下のリンク

ttp://erox.s4.x-beat.com/m/src/1118241572985.jpg

------------------------------------------------------
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erodoujin/1012640541/l50

本スレでの異常なまでの作者(本人の)援護

------------------------------------------------------

>459
>とにかく「やりゃ良いんだよやりゃ」なBIGBOSS作品なんだから、ストーリーなんかどうでもいいんだよ!
>とか考えてる漏れがいるw

>456
>トレースしようが、構図をパクろうが
>萌えてエロい恋人同士のHを描いてくれれば問題無し

>453
>ま、正直なところどっちでも良いから、もう少し刊行スピードを上げてくれると嬉しい。

------------------------------------------------------

BIG・BOSSは、自分の作品をトレスされても文句はいわないそうです。
さあ、みなさんBIG・BOSSをパクって売れる同人誌を作りましょう!
333名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 13:28:08 ID:pHpr2/K9
てきとーなカポーなら何でも良いわけではないと思ったから、
くぎみん×このかでも強引に書けたら書いてみるさsage
334天使:2005/07/09(土) 15:39:53 ID:t1PSgqGz
なんで偽者の天使がいっぱいいるの?
335名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 16:08:40 ID:LXzzk/R/
>>334
それはお前がトリップを付けないからだよ・・・・
336天使:2005/07/09(土) 16:26:50 ID:t1PSgqGz
>>335
ごめんね…ほんとにごめんね…
337名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 17:04:55 ID:LXzzk/R/
と言いつつトリップ付けない手前が憎い。
ちなみにトリップは名前の後に「#」を付けて、
その後に適当な半角英語を入れれば完成する。
つまり、お前の場合は名前欄の所に

天使 # dfhadfyioae

とか入れれば良いワケだ。そうすれば万事丸く収まる。
338名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 17:16:32 ID:Ze/SW5X0
>>337
半角英語じゃ無くてもいけるぞ、。
339猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:41:18 ID:gX2c6yie
その3。
やっとこさここまで来ましたよ… ようやくネのま!なのですよ。
340猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:42:04 ID:gX2c6yie
お風呂から帰ってきてからの、のどかはおかしいのです…
なんだかボーッとしてたり一人で呻いてたり… なんかあったのでしょうか
「ラブ臭ではないね!」
と、ハルナは信憑性があるような、ないようなことを言ってましたが…
「のどかどうかしたんですか?」
「えっ、ううん。なんでもないよ」
…。まぁ、嫌なことがあったわけではなさそうだから大丈夫でしょうか。
心なしか顔が赤いのが気になるのですが。今日は寝るです。

陽射しがまぶしい今日この頃学校への足取りも変わらない
「ゆえゆえー、今日のテストだけど…」
「やっばい! 原稿に夢中で忘れてたー!!」
取り越し苦労だったようですね、いつもとなにも変わらないです…
「あ、のどちゃん! おはよー!!」
…のどちゃん?
「ま、まきちゃんおはようございます…」
…まきちゃん?
「あれ、のどかそんなに仲良かったっけ? ははーん、恋のライバル同士親交を深めるんだ!」
「そうなのですか?」
「そ、そんなとこかな…?」
のどかの顔がちょっと赤くなる。夕映はそれを少し不思議に思った。
「ああー、ラブ臭がきたよー! 違うベクトルのラブ臭もー!!」
まぁ、別に女同士ですしなんも心配いらないでしょう…
いいんちょさんならともかくまき絵さんなら修羅場にもならないでしょうしね…
私としてもまき絵さんの真意ははかりかねる部分があるのですが…。
341猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:42:22 ID:gX2c6yie
放課後。
まき絵は昨日同様練習が終わり一人寮に帰ろうとしていた
「あ、ネギ君だ」
ネギは図書館に向かっているようだった。こっちには気づいてない
とりあえず図書館に入るネギを追ってそのまま入室する
(うわ〜、図書館に入るのなんて久しぶり〜… 苦手なんだよねぇ…)
キョロキョロと辺りを見回しているネギを見つける
「ね〜ぎ〜君☆」
「うわぁ!?」
突然後ろから声をかけられ慌てふためくネギ
「ま、まき絵さん。どうしたんですか?」
「ネギ君みかけたからつけてきたー☆ どうしたの?」
「あ、いや… 資料が必要でのどかさんに頼んどいたんですけど…」
それでキョロキョロしたんだ、と納得。
自分も見回してみるものののどかの姿は見当たらない
「いないねー?」
「そうなんですよね… 時間があればなんですけど探すの手伝ってくれますか?」
「うん! はーい!!」
突然の大きな声にネギは驚いたが、もっと驚いた人がいた
上のほうで本の整理をしていた女の子がいた(ネギも上は見ていなかった)
その声に驚きバランスをくずしてしまう(この辺は分かりにくいのでイメージしてください
まぁ、ネギ達がいる丁度上ぐらいの本棚に乗って高〜い本棚を整理してる感じ)

ドスッ…
「あ、あれのどちゃん?」
丁度ネギに覆いかぶさるように落ちてきたのどか
「の、のどかさん…?」
ムニッ、と顔を動かすとなんとも柔らかい感触が体をつつむ
「のどちゃん大丈夫!? きゅ、救急車〜!!」
342猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:44:07 ID:gX2c6yie
救急車はないのでとりあえず頭をうごかさないように保健室に運ぶ
(ネギが魔法で運ぶわけにもいかないので、まき絵がおんぶで、だ)
あ〜、のどちゃん大丈夫かなぁ… ああ、膨らみが…って男の子じゃないんだから…

先生はいなかったが、どうやら落ちたまま驚いて気絶したようだ
と、いうか似たような経験が初日にもあったので大しておかしくもない

とりあえずベットに寝かせておき落ち着く二人
「…」
「…」
ジーッとまき絵が見つめているのに気づいたネギ
「な、なんですか?」
「ネギ君…、のどちゃんの体で興奮した?」
「な、なにを言うんですか!?」
当然ながら動揺するネギ
「さっきのどちゃんの体からどけたら顔赤かったよね?」
「あ、あれは息ができなかったからでー」
口ごもったネギを見てまき絵は確信した。ただの天然ではないのだ
そのままネギを抱きかかえ、膝に抱えてささやく
「先生なのにそういうこといいの?」
「あ、いや、その…」
「そんなにのどちゃんの体が良かった? 柔らかいよね…」
そう言いながらネギの股間をさする
「ひゃ、ひゃあ!? な、なにをするんですか…!?」
「だってネギ君のどちゃんにだけ興奮しててずるいし…」
後ろからてをまわし抱きしめ、そのまま、首筋を舐める
「だから私もちょっと、ね♪」
「ちょ、ちょっとって…」
そういいながらもまき絵の絡む指の刺激をのがさず
言葉とは裏腹にネギのモノは敏感に反応しズボンの中で主張している
「どうしたのかな?」
343猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:44:26 ID:gX2c6yie
ネギは口ごもりながらも初めはあった嫌がるそぶりも見せず黙っている
なんともネギ君は男の子だなーと思って可愛いくてしょうがない〜♪
だんだんとネギ君の息が荒くなってきて、そろそろー…

その時、ベッドのカーテンが開いた
「あ、あれ私… まきちゃん? ネギ先生…? な、なにを…?」
のどかを目をパチクリさせている
なにをしているかは理解はできていないようだ(理解してるのかもしれないけど☆)
「…」
黙っていると(ネギ君は逃げようとしたが、押さえつけている)のどかは状況を理解したらしい
「えっ、ええっ…? なにしてるんですか?」
「なにしてるよーに見えるかな♪」
「え? そ、それは… まきちゃんがネギ先生にえっちなことですか…?」
まき絵はちょっと影を残してにやっと笑う
すでにネギはうつむいてしまって、のどかを見ることもできない…
「のどちゃん、なんでネギ君にこんなことしてるか分かるかな?」
「わ、わかりませんよ…!」
ネギにこんなことをしてるのを怒ってか、ちょっと口調が荒い
当然といえば当然なんだろうけど
「これはね、さっきのどちゃんがネギ君の体に落ちてきたときにね、」
「は、はい…」
「ネギ君のどちゃんの体に触れちゃって興奮しちゃったらしいからね、お仕置きしてたの♪」
「お仕置き…? わ、私の体で…?」
のどかはちょっとだけ近づきボソボソとつぶやく
「そ、そうなんですかー、ネギせんせー…?」
「…」
羞恥心でいっぱいのネギは顔をあげることもできなかった
(ほら、のどちゃん。ネギ君に積極的にいって☆)
そのままネギをベッドに座らせ、自分は少し離れて見ることにした
344猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:44:43 ID:gX2c6yie
「あ、あのネギ先生…」
のどかは膝をつき丁度ネギと同じ目線にする
うつむいているネギの目をみつめるようにして、髪をなでる
「大丈夫ですか…?」
そっと髪をなであげつづける
「どうしたのかな…?」
ちょっとお姉さんぶって優しい声で語りかけてたりしてみる
「へぐっ…」
のどかの優しい行為に気がゆるんだのか、突如泣きだしてしまった
それでものどかは優しく髪をなで上げ語りかける
「どうしたのかな…?」
優しく母親のように…。包み込むかのような声で…
「へぐっ…、えっぐ…」
「ほら、落ち着いてからでいいからね…」
「へっ…、うえっい…、ぼ、僕は先生でっ…、えっ…」
「うん…」
「先生なのにっ…、の、のどかさんで、うぐぅ…、興奮して…」
「はい…」
興奮したと聞いて、やっぱりまだドキッとしてしまう
「まき絵さんに、うぅ…、あんなことされて…、止められなくて…」
「のくは…、ダメな先生です…」
まだまだ10歳でありながらもここまで考えられるのはリッパだ。
でも、それだからこそある弱さを自分が包みこんであげないと…
明日菜さんにだけ任せるんじゃダメだ。そう思いギュっと抱きしめてあげる。
なにも言わずに。
「の、のどかさん…」
あ〜ん! のどちゃん大人っぽくて可愛い…
子供っぽいけどたまに前髪から除かせる大人っぽい目が… はーん!!
345猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:45:40 ID:gX2c6yie
(なんか私悪者みたいだなぁ… ま、いっか。)
「ねー、ネギ君。さっきはごめんね?」
「は、はい… 僕も悪かったですし…」
すっかり落ち着いたようで、いつもの先生のネギ君だった
のどかも慈しむかのような目で見ている
「でもさ、ネギ君。さっきみたいに生徒に興奮するのはまずくない?」
「え、ええっ… もうしませんよ…」
「二人とも分かっちゃってるし、ネギ君の性欲処理しといたほうがいいと思わない?」
ネギものどかも目が点になる
「な、なにをまきちゃん…」
「そ、そうですよ! 生徒と先生がそんなことして…」
まぁ、こういう反論は当然だよね
「でもさ、のどちゃんがいたからいいけど、また同じようなことがあったら?」
「…」
「やっぱりさ、未然に防ぐためにはここで免疫を作るべきじゃないかな?」
「で、でも生徒にそんなことさせるのは…」
「事が起きてからじゃ遅くないかな?」
「…」

言葉攻めでなんとかネギを頷かせた
うーん、ちょっと可哀想かも… まだまだ子供だもんね…
でも…、でも…、この二人を味わえる(おい)チャンスなんて滅多にないもんね☆

さっきとはうって変わりのどかはあたふたしている
「ほら、のどちゃん…」
のどかの少し震えている手をとりネギの股間へと持っていく
私も経験があるわけではないけど(耳年増)えっちぃことにに純真で可愛い♪

(続こうか)
346猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/09(土) 17:47:59 ID:gX2c6yie
とりあえず前編。まぁ、こんな感じかなーと…
おそらく後編で完結でしょうかね。

保健室じゃないもう1パターンも考えたのですが積極的にエロくできないので却下
むしろのどかソロで使えそうです、いつか書けたら書きます。
347天使:2005/07/09(土) 18:08:42 ID:tzlRHx7U
うぐへへへっへへえへへへえへへへっへへへへへへ
348天使:2005/07/09(土) 18:35:45 ID:Ze/SW5X0
フ ' 'ヒヒッヒ%&ヒヒ#ひヒヒ#ヒ"#55ひhhjチg(fヒッヒtgコkゴオk%ソdfrウィリ(オwfkwskフォfクぁ
349天使 ◆N3HKjbuX8I :2005/07/09(土) 18:38:48 ID:MzoPebnd
トリップちゃんとついているかな?
トリップのついている本物の天使は決して迷惑かけたりしないんだよ・・・
350名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 20:53:54 ID:ZfQOOs9k
もう初代天使はいないんだろ?
351名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 21:32:33 ID:uSYEpnm2
猫になりたい先生、GJ!
352名無しさん@ピンキー:2005/07/09(土) 22:00:00 ID:ZbwLaqLo
猫先生GJです。はーん!!に萌えますたw
後半も頑張って下さい!
のどかソロも期待してますぅ。
353天使 ◆I8aoZbd59. :2005/07/10(日) 02:40:13 ID:tga3jOdZ
TEST
354名無しさん@ピンキー:2005/07/10(日) 02:53:35 ID:nA9ouhn3
*― ―)血が苦手な方はスルーしてください

「京都事変5、刹那の祈り(前編)」
***関西総本山領域***
 ピンセットで潰されるノミの気分がよく分かる。大学で材料化学を専攻していた私としては、こ
の白金や銀で構成された怪物の歯がセラミックスのようなものだったことにも驚いたが、最早その
疑問を解消する時間は永遠に失われるだろう。全身の至る個所に食い込んだ怪物の悪魔的な歯に、
私が八つ裂きにされるまで数秒かコンマ何秒かの、恐怖の間の思考の時間だ。
 結局、あの殲滅魔法によるテロの黒幕は何者だったのか? 近衛家かそれとも三条家か、また海
外の勢力なのか。この怪物は何なのか? 全ての疑問はおそらくあの世には付いて来ないだろう。
付いてきてしまった悲惨な「自縛霊」を見ていれば、この期に疑問など甚だ重要ではなくなる。
 ただ、私の生まれ育った京都が、そして東西の魔法協会が、これからどうなっていくのかは心配
ではある。事情は正確には分からないが、このままでは破滅的な結ま―――……

 牙のミキサーにかけられた術者の思考が切断され、裂かれた身体は汁を散らせながら回転し、肉
片を飛ばしてポロポロと落ちていく。ある程度質量が少なくなった肉体は半固体半液体と化して牙
から滑り落ち、そのまま口から喉の奥に消えて、胃に近い機能の器官に落下した。
 強酸の代わりにとろとろした銀色の金属が満ちた坩堝に肉塊は落下し、銀と赤のコントラストが
一瞬だけ広がって銀に侵蝕され消える。銀色の水面に大きな泡がぼこりと爆ぜた。
 1人の存在が物理的にこの世から消えた時、既に上の口は新たな獲物を捕らえていた。
 新たに捕まった術者は絶叫しながら風系の攻撃魔法を乱射しているが、金属でできたその巨大花
に傷1つつけることができず、そのまま牙だらけのめしべの中に呑み込まれていく。
 地上にいる獲物たちを捕らえる巨大花たち数千は、獲物を見定めず貪欲に平らげていく。接近す
るものを根で串刺しにし、花で食らい、根が土を持ち上げて地面が隆起し、
「――――――っ!」
 数トンの土に押し潰された術者の声はすぐに聞こえなくなった。劣勢と見るや撤退し始めた術者
たちの身体を、赤い光が疾って切り裂いていく。腕を飛ばし、また身体を斜めに切断されて崩れ落
ちる術者たちが恐慌に陥るが、その術者たちもすぐに腰から上が斜めに落ちた。
 おしべのルビーに集められた大気中の魔力はレーザー光線と化して発射され、数千の花から数万
発のレーザー光線が雨のように地上に降り注ぐ。辛うじて障壁で耐え切った術者は5名だった。
「あらら、まだ5人も」「残っているわ、ほーちゃん?」巨大花の1つに乗ったさゆとさよは、そ
の豆粒ほどにしか見えない5人が花に食べられていくのをにこやかに眺める。その笑う目の奥では
既に、今交戦している集団の背後にいるもう1つの集団―――彼女たちは知らないが天ヶ崎千草た
ち脱走犯の集団が捉えられていた。「あいつらもね」「食べ残しはダメよ? ほーちゃん」
***関西総本山大宮***
「くぁ……あ……かはぁ…………あ゙……ああ……な、何を浴びせた、貴様…………!」
 息を吸い込んだ瞬間に視界が歪み、手足の力がみるみる抜けていくのを感じる。長引けば不利だ
と直感した刹那は焦りを隠せず、気で刀を飽和させて巨大注射器を構えて微笑む亜子に斬りかかっ
た。岩をも粉砕する威力の斬撃を、しかし亜子は、ぱしっ、と片手で受けとめる。
「な、何……! くっ……は、離せ……!」
「喧嘩はアカンよ桜咲さん、そんな刀なんて怖いモン持ってぇ、怪我したらどないするん?」
 にんまりと微笑む亜子の顔を見て、薬で判断力を失いつつあった刹那の頭に血が昇った。
「このガラクタ人形がっ!」刹那は刀にさらに気を込めていき、刃が亜子の掌に食い込んだ。ぶち
ぶちぶち、と刀がゆっくりと亜子の掌を割って、握り締めた指がぽろりと落ちる。
 掌の亀裂から刀は亜子の腕に潜り込み、そのまま亜子の腕を、中指から肘にかけて一直線に刎ね
飛ばす。半分になった亜子の腕の断面から、血の代わりに呪符と糸の塊が噴き出した。刹那は勝ち
誇るようににやりと笑い、亜子はきょとんとして欠損した腕を眺める。
「今、何かしたん?」腕を失っても、亜子の空虚な瞳は揺るがない。
「何……」ダメージを受けた様子ではない亜子に、思わず怯む刹那。
 亜子の腕の断面から触手の様に無数の糸が噴き出して、床に落ちた腕の残骸と結合していく。ぷ
ちぷちぷち、と、まるで縫合でもしているように傷は塞がり、接合面は融合して見えなくなる。
 何事もないように亜子は手を動かして、足に凝縮した空気を這わせて膨張させ、ジェット噴射の
ように加速して、唖然とした刹那に突っ込んでいく。刹那は咄嗟に刀を持ち替え、無防備に突っ込
んできた亜子の脳天に刀を振り下ろした。頭が粉砕され呪符と糸が飛び散る。しかし半分だけの亜
子の顔は刹那を眺めていて、その瞳に映る刹那の瞳に、亜子の拳がはっきりと映る。
 刹那の頬骨の感触が亜子の拳に伝わる。
 本来なら石像でも粉砕できる威力の拳撃が、気の防御を突き破って刹那の頭を激しく揺らした。
「あぐ、ぁ……………!?」
 口と鼻孔から血を噴きながらぐらりと身体を傾かせる刹那は、しかし踏み止まって人形の頭があ
った場所に再び刀を振り下ろす。今度は首を割いて胸まで刀が達したが、亜子は貫かれたままずん
ずんと迫ってきて、刹那の腹に膝を叩き込んでそれに応えた。
「がはっ……あ゛、お゛え゛ぇ…………ば、バカな………………げふっ!」
 くの字に折れる刹那の身体に、頭を直しながら亜子は膝を叩き込み続ける。どふっ、どふっ、と
刹那の腰がわずかに浮き上がる度に、内臓が振動に晒されて萎縮する。刹那は反撃に転じようとす
るが、亜子に刺さった刀はぴくりとも動かず、抜くことができない。刹那は苦悶の表情を浮かべ、
逆流してきた胃液と血を口から噴いた。涙目で、悲鳴を上げようとするも声はでなかった。
 それを見た亜子は刹那の髪を、ぐい、と掴み上げて、そのまま床に叩き付けた。
「桜咲さん酷いわぁ。ウチを刺すやなんて」足で刹那を仰向けにする亜子。
 血だらけの顔の刹那は、力なく亜子を見上げるだけで、特に動こうともしない。
「…………バケモノ、め……」
 刹那の唇が微かに動き、亜子の一物がぴくん、ぴくん、と獲物を犯すのを待ちわびて痙攣してい
る。亜子と刹那の姿は、どちらが狩人かを明確に示していた。
「もう少し、薬いっとこか? とっても、気持ち良くなるでえ」
 亜子が再び、注射器から化学物質のガスを刹那に吹きかけていくが、今度の刹那はそれから逃れ
ることもできない。鼻先で放出されるモノが自分を狂わすと理解しても、それを拒めずに吸い込ん
でしまう。呼吸を長時間止めるなど、よほど特殊な訓練を受けない限り不可能に近い。
「げほっ! げほごほ! はああ、はああ、はああ……やめろ!やめてくれ……! いやだ! い
やだあああ! ごほっ! いやああ、ごほっ! はああ、はああ……や、やめて……ごふっ!」
 完全にトランス状態になって乱交していた近衛家の人間たちを思いだし、ガスの中で刹那は必死
に胸から湧き上がる高揚感を押さえようとする。視界が涙で滲む以上に歪むのは気のせいだ。先程
より息苦しくて暑いのはダメージのせいだ。妙に毒々しい光が視界中に広がるは脳震盪でも起こし
ているのだ。自分にそう―――――必死に言い聞かせる。
「大丈夫、怖くない怖くない。狂ってまえば、楽になれるって」
「……やめて……いやだ……こんなの………やめて……………」
 自分の理性が妙な薬に蝕まれてしまう。そんなことが耐えられない恐怖だった。
 これからあなたは狂っていきます。
 こんな恐ろしい宣告があるだろうか?

 ――――――桜咲さんやってウチに、同じことを思ってたんとちゃうの?

 注射器を持った亜子が、哀しそうな顔で刹那を見下ろしている。
 ちがう、これは幻覚に違いないと刹那は思った。
 実際には、亜子の姿をしている人形が微笑んでいるだけなのだ。
 しかし、哀しそうな顔の亜子が、微笑んでいる亜子に重なり、どちらが現実か分からなくなる。

『亜子には刑期など存在せず、外に出られることはない』
『毎日、毎日、虫に苦しめられ、糞尿を垂れ流しながら輪姦され、彼女は何を思っているだろう』
『亜子が、早く頭が壊れて楽になれることを――――――』

 亜子が投獄されている時に、刹那がずっと考えていたことを思い出した。そう、刹那は罪悪感
を感じながらも祈っていたのだった。木乃香のため、詠春のため、近衛家のため、そして自分の
ために、最後に亜子のために、それが全ての事件の終焉となることを願い、祈っていたのだった。
「いやだああああああああああっ! やめて、やめてええええええ――――――っ!」
 刹那の周りには誰もいない。木乃香もいない。楓や千雨もいない。ネギもいない。詠春もいな
い。亜子もいない。クラスメイトも誰もいない。いるのはただ、近衛家の偽装工作に使われた、
垂れ流しの電話番のみ。木乃香に嫌われ、クラスメイトたちを裏切り、近衛家が崩壊し、
 刹那の周りには――――――もう誰もいなかった。
361座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/07/10(日) 03:01:21 ID:nA9ouhn3
*― ―) 続きます
ではまた
362名無しさん@ピンキー:2005/07/10(日) 03:16:13 ID:YUNbaeps
待ちに待った座薬さんキタ〜
乙かれ
363天子:2005/07/10(日) 09:57:29 ID:WAnvJtBr
ご苦労座薬
まあまあだな
その調子で頑張れ
364天使 ◆Ub.tayqwkM :2005/07/10(日) 11:42:30 ID:TJkvpZ5q
みんな騙されないで
365天子:2005/07/10(日) 13:50:59 ID:WAnvJtBr
>>364
お前うざがられてるから消えろよ
空気嫁
366名無しさん@ピンキー:2005/07/10(日) 14:44:56 ID:+DcQuYwf
何この天子と天使のバカオンパレード……
お前らそろって消えろ!!






座薬氏GJです。

367天使 ◆Ub.tayqwkM :2005/07/10(日) 16:08:54 ID:TJkvpZ5q
天使は消えないよ?
368ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:31:33 ID:E8yUAZuG
叩かれ(スルー)覚悟で裕奈の搾精SSをカキコします…。
読みたくなければスルーしてください。
369ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:31:49 ID:E8yUAZuG
搾精編・裕奈

厳正なくじ引きの結果、今日の搾精当番は明石裕奈に決まった。
「やったー、ついに私の時代が来たよー!うれしいにゃー!!」
「嬉しいのはわかるけど、ちょっとはしゃぎすぎじゃ…。」
「そんなことないよー。私だって当たった時はすっごく嬉しかったもん♪」
「ウチ、またはずれてもうた…。」
よほど嬉しかったのか、ガッツポーズをしながら教室をピョンピョン飛び跳ねる裕奈を見て、
アキラは少しだけ心配、まき絵は同感の表情をしていた。亜子は_| ̄|○だった。
「そんなに落ち込むことないよ。亜子の分まで搾精してあげるからさ。」
「気使わんでもええよ。全員当たるんやから、いつかは当たるやろ。それまでの辛抱や。」
裕奈に励まされ、亜子は少しだけ元気を取り戻した。
「あ、そろそろ部活の時間だ。ネギ先生、部活が終わったら教室で待っててねー!!」
そう言って裕奈は体育館に走っていった。
370ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:32:09 ID:E8yUAZuG
時間は午後18時。バスケ部も含め全ての部活が終わる時間だ。
「今日は明石さんか…。何事もなく終わるといいんだけど。」
ネギは教室で一人黄昏ていた。時間が時間なので学校にはほとんど人がいない。
「カモ君がいてくれたら心強かったのになぁ」
そのカモは「俺っちも搾精されてぇっす!」とヤる(ヤラれる)気まんまんだったが、明日菜により寮へと強制連行された。
「でも最近、搾精が楽しみになってきたかも…(・∀・)ニヤニヤ」
そんなことを考えていると、教室のドアが開いた。
「ネギ君、お待たせ!遅くなってごめんね!」
息を切らしながら裕奈が教室に入ってきた。部活が終わった直後なのだろう、格好はバスケのユニフォーム姿のままだった。
「な、何も走ってこなくても…僕は逃げも隠れもしませんよ。」
「ハァハァ…ずっと楽しみにしてたんだよ。部活中もずっとネギ君のこと考えていたし。」
そう言うと裕奈はエヘッと照れ笑いをした。
「明石さん…」
「こういう時ぐらい裕奈って呼んでほしいな。他に誰もいないんだし。じゃ、そろそろ始めよっか。」
「わかりました。では裕奈さん、よろしくお願いします…」
371ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:32:29 ID:E8yUAZuG
「ネギ君のズボン、苦しそう……」
裕奈はネギのネクタイをゆるめ、ワイシャツを脱がし始めた。
そしてカチャカチャとベルトをはずし、ズボンを脱がす。
「!……ネギ君、すごい……」
トランクスがパンパンに膨らんでいるのを見て、裕奈は呻いた。それからすぐにとろんとした目になった。
「嬉しい……私に搾られたくてこんなに……」
トランクスを丁寧に下げると、びゅんっとネギの一品が裕奈の目の前でそそり立った。
「これが…ネギ君の…」
真っ赤に充血した亀頭、包皮に包まれた茎の部分は血管が浮き上がっている。
「あうぅ…裕奈さん、あまり見ないでください…」
ネギは顔を真っ赤にしながら裕奈に言った。モジモジしてどこか落ちつきがない。
それもそうだろう、かれこれ30秒ぐらい裕奈はネギのペニスを凝視していた。いわゆる視姦である。
ネギに限らず男は女に自分の勃起した逸物をまじまじと視姦されると、羞恥心が湧いて一段とそそり立つものだ。
この場合もネギのペニスは先程よりも硬直しており、先走りが出始めていた。
「ネギ君…いくよ…」
372ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:32:45 ID:E8yUAZuG
そう言って裕奈はネギのペニスを右の掌で包みこんだ。
「うっ…」
ネギは小さなうめき声を上げた。絡めた裕奈の指に力強い鼓動が伝わってくる。
そしてシュッシュッとリズミカルにペニスをしごきあげていく。
もちろん左の手の平で優しく玉袋をコロコロと転がす様に揉むことも忘れない。
「うぅ…裕奈さん、気持ち良いです…」
ネギの声が甘ったるくなってきた。感じている証拠である。先走りの量も増えてきた。
それを聞いて裕奈はネギの絶頂が近いと判断し、手の動きを早めた。
左手には試験管をスタンバイさせてある。ぬかりはない。
「ふぁぁ…裕奈さん…も、もうダメです…出ちゃいますっ!」
「今までよく我慢したね…じゃ、思いっきり出しちゃいなよ!!」
裕奈はそう言って右手の動きをさらに早くし、ネギを絶頂に導いた。
「あっ、あうッ!?…はぁッ…ン…ふぁぁ…ゆ、裕奈さん!!」
すかさず、裕奈はネギの亀頭に試験管をあてがう。そしてネギは試験管の中に大量の精を放った。
373ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:33:08 ID:E8yUAZuG
「あう…ふう…ハァ…ハァ…」
ネギは放心状態となり、羞恥と快感の余韻に身を任せていた。
「そんなに気持ちよかったんだ?」
「はい…すごく気持ちよかったです……今までで、一番気持ちよかったかも…」
「えっ、ホントに?ネギ君お世辞がうまいねー♪」
「お世辞じゃないですよ〜」
そう言いながらネギは乱れた着衣を直している。
そんな会話をした後、裕奈はネギに試験管を見せた。
「それにしても、すごいよネギ君…こんなにいっぱい……」
それを見て思わずネギは顔が赤くなってしまった。
「えっ…すごい…これ、全部僕が…?」
ネギは驚いた。それもそうだろう、試験管の四分の三はネギの精液で満たされていたからだ。
「あっ、もうこんな時間。早く帰らないと。」
「そうですね。明日菜さんに心配かけちゃうし…」
「遅く帰った罰として、『ネギ、今夜は寝かさないわよ…』なーんてね♪」
「だから、どうしてそうなるんですかー(汗)」
「冗談だよ冗談」
どうやら裕奈にとってネギはからかいようがあるみたいだ。
「それじゃ、私は制服に着替えよっかな。」
「えっ、ここで着替えるんですか?」
「そうだよ。あっネギ君、覗いちゃダ・メ・だ・よ(はぁと)」
「覗きません!!」
本日二回目である。からかいというよりイジリになってきた。
それはともかく、ネギは必死で目をつぶっていた。これ以上イジられるわけにはいかないからだ。
374ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:33:36 ID:E8yUAZuG
裕奈が制服に着替えた後、二人はしずなに試験管を提出した。
見事合格をもらい、二人は仲良く帰路に着いた。
「いや〜裕奈さん、今日はお疲れ様でした。」
「私は大丈夫。ネギ君こそ疲れてない?」
「いえ、僕は疲れてません。これぐらいで疲れていては教師は勤まりませんし。」
「そうだねー。じゃ、搾られたくなったらいつでも言ってね。おやすみー!」
「おやすみなさい、裕奈さん」
ネギと裕奈は部屋に帰っていった。

「明日菜さん、木乃香さん、カモ君、ただいまー」
「ちょっとネギ、こんな時間まで何やってたのよ!」
「ネギ君お帰りー。遅かったなー。」
「兄貴、お帰りでやんす!」
自室では明日菜、木乃香、カモが出迎えてくれた。
明日菜は口調こそ怒っているように思えるが、内心ではネギを心配しているのだ。
なかなかネギの前では素直になれず、あんな調子になってしまう。
「ふぁ〜あぁ、今日も疲れたなあ。あ、木乃香さん、ご飯はいりません。おやすみなさい。」
そう言うとネギはさっさとパジャマに着替え、ベッドにもぐりこもうとした。
「ちょっとネギ」
明日菜が呼びとめた。
「ふぁい、何ですか、明日菜さん?」
もう眠たいのだろう、目をショボショボさせながらネギは尋ねる。
「あんな時間に帰ってきて、何の謝罪もないの?」
「あぁ、そのことですかぁ。どうもすみません…。」
そう言ってネギは明日菜を見た。しかし…
375ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:33:57 ID:E8yUAZuG
「私を心配させた罰よ。今夜はアンタを寝かさないわ…」
そこにはハッと驚くぐらい妖艶な笑みを浮かべた明日菜がいた。
ネギの頭の中で、裕奈の言葉がエンドレスで響いた。
(遅く帰った罰として、『ネギ、今夜は寝かさないわよ…』なーんてね♪)
その瞬間、ネギの眠気は一瞬で消え失せた。
「あ…あ、明日菜さん、と、とととりあえずお、落ちつきましょう。そ、そして平和的に話を」
「何言ってるのよ。アンタは私にいらない心配させたんだからね。お仕置きよ。」
ネギは逃げようとしたが、二段ベッドの上にいるため、逃げ道はなかった。
そして明日菜がネギに近づき、乱暴に抱きしめた。
「あ…明日菜さん……寝かさないって……まさか………」
「言葉どおりの意味よ。搾るよりこっちの方が…ね。」
「あ〜明日菜ばっかりズルいー、ウチもまぜてーな♪」
「ち、ちょっと木乃香さんまで!そうだカモ君、助けてよ!!」
「すまねぇ兄貴!俺っちの力ではどうにも…」
カモはそそくさと逃げた。本当のところは明日菜に買収されていたのだ。(エサと下着で)
「誰か助けてぇぇぇぇ!!」


やけになってネギは明日菜と木乃香に武装解除の魔法を使い、
急いで部屋を出て、その日だけ裕奈の部屋で寝たのはまた別の話……。


THE END
376ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 17:34:22 ID:E8yUAZuG
あとがき

疲れました…。こういうSSって簡単だろうとたかをくくってましたが、
実際こんなに大変だとは…思ってもいませんでした。
読んでいただき、感想を聞かせてくだされば幸いです。賞賛も批判もOKです。
あと、搾精って手しか使ってはいけないのでしょうか?キスで勃たせる、
フェラやパイズリ等でイカせる…等はしてもいいのでしょうか?
今後の参考にしたいので。
今のところ、亜子と真名、余裕があれば円、あやかの搾精を書こうかなと思ってます。
ではでは。
377名無しさん@ピンキー:2005/07/10(日) 17:44:53 ID:jm4jfoU2
GJです!
確かフェラと本番とかは、駄目だっと思います。
378猫になりたい ◆1En86u0G2k :2005/07/10(日) 18:04:05 ID:GC+oIsN9
お疲れ様です。
裕奈貴重だよ裕奈。

・ルール上は手しか使っちゃダメ
(バレなければOK。ただし本番はダメ。本番書いたら搾精の意義もないし)

で、OKかと。
その辺は元祖・紗羅綺麗さんの作品とか私も一応書いてるので参考にしてくれれば。  
379名無しさん@ピンキー:2005/07/10(日) 18:20:21 ID:cKOj2Usq
GJですよ(‘_‘)
そういやあネギま終わってからこのスレも寂しくなったような…
380天使 ◆N3HKjbuX8I :2005/07/10(日) 18:25:15 ID:nIIkw1mx
天使のニセモノがこんなにたくさんいたなんて驚きだよ?
381ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/10(日) 18:25:24 ID:E8yUAZuG
およよ、以外とGJの声ばかり。
初投稿だというのに…。
なるほど、基本的に手だけか…。う〜ん、マンネリにならないようがんばります。
382名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 01:27:44 ID:7Lij7Lpd
-------------------------------------------------
------BIG・BOSSが他の漫画を7Pも丸トレス!----------
-------------------------------------------------

詳細は下のリンク

ttp://erox.s4.x-beat.com/m/src/1118241572985.jpg

------------------------------------------------------
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erodoujin/1012640541/l50

本スレでの異常なまでの作者(本人の)援護

------------------------------------------------------

>459
>とにかく「やりゃ良いんだよやりゃ」なBIGBOSS作品なんだから、ストーリーなんかどうでもいいんだよ!
>とか考えてる漏れがいるw

>456
>トレースしようが、構図をパクろうが
>萌えてエロい恋人同士のHを描いてくれれば問題無し

>453
>ま、正直なところどっちでも良いから、もう少し刊行スピードを上げてくれると嬉しい。

------------------------------------------------------

BIG・BOSSは、自分の作品をトレスされても文句はいわないそうです。
さあ、みなさんBIG・BOSSをパクって売れる同人誌を作りましょう!
383名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 01:37:39 ID:X1mbskPg
>>379
確かに…
職人も減った感じ
384名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 01:42:43 ID:XJs7rO0f
イトミ氏を待つ!
385名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 03:49:18 ID:wA59Qvtf
座薬だけは健在だな。
386名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 05:04:16 ID:iOgX0HZQ
座薬じゃあなぁ
387エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :2005/07/11(月) 11:54:08 ID:cpj6c3UB
休みがねぇぞ。次の休みは8月5日かぁ 遠いなぁ・・・。
388名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 11:54:39 ID:tbvAl7b8
座薬の中の人さりげに入れ替わってるんじゃない?
全然つまんない。
389名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 12:34:58 ID:INxVdJD/
感じの悪いスレに職人は集まらないってこった
390天使 ◆hCgjQs2D9I :2005/07/11(月) 12:52:28 ID:dETaoRh7
天使は職人さんをずっと待ってるよ?
391天使 ◆wemfKKHl/U :2005/07/11(月) 13:15:50 ID:d4ft9zgk
test
392天使 ◆4ehMu/Huwc :2005/07/11(月) 13:23:00 ID:BNWmVwzE
>>391
testするのは迷惑だからやめた方がいいと思うよ?
393名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 14:13:41 ID:x5hHHpKs
NGワード推奨 天使

なんか書きたいとは思ってるんだが、書けるかどうか・・(時間とか脳みそとか)
リクあったら聞いとくけど 書けるかどうかは別として
394名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 14:35:17 ID:H+4Pi3Hy
>>393
朝倉×ネギ
お願いします。

>NGワード推奨 天使
分かりました。NG登録しときます。
395名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 16:20:05 ID:bdfFb8Fn
あれ? >>390-392が消えてる……

天使かよ……うざいな。

396天子:2005/07/11(月) 18:21:16 ID:w++PPe5d
>>395
スルーしろよ、アホか?
天使共に餌与えんじゃねーよ
397名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 18:45:28 ID:jyA1PKJK
ちょっとまて、落ち着け御前等!
天使でNG登録すると、

【忍者×剣士×魔法使い 褌SOS!】

の最後の話が出てこないぞ……!
398名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 18:53:35 ID:J7mCUQj9
新着レス来たかと思ったら……
>>396見えないじゃん。 また天使か?
399天子:2005/07/11(月) 20:28:36 ID:w++PPe5d
>>398
見えてるくせに何言ってんの?
400名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 22:08:16 ID:jyA1PKJK
>>398
天子だが、レスで件のNGワードを入れている。
401パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:41:08 ID:sYTu4YGO
この間気になったくぎみん×このかを投げ込みたいと思います
402パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:43:30 ID:sYTu4YGO
「…あっ。」
帰宅途中だった三人の少女のうち一人が、突然立ち止まった。
「どしたの、円?」
と尋ねたのは、3-A麻帆良チアリーディングの一員の柿崎美砂。
「いや、あのね。明日数学の問題を当てられてたのに、ノートを教室に置いてきちゃった…」
「ええー。どうする、取ってくる?待ってようか?」
と、こちらは残る一人、椎名桜子である。
「でも、見たいドラマあるっていっとじゃん。
 いいよ、私取りに行くから二人は先帰ってて」
そう言い残して、11番・釘宮円は一人学校へと戻っていった。

「ううー、参ったなぁ。…あ、あったあった」
あまり遅くなると正門が施錠されてしまうので急いで走ってきたけれど、これなら時間は全然大丈夫かな。
そう思って、数学のノート片手に窓際へ行ってみた。私は廊下側の席で普段はあまり窓の外は見ないけれど、
学校の窓から見える夕暮れというのはいつもと何か違って不思議な感じがする。
とか考えていたら。
「ん?…桜咲さん?」
円の見下ろした先の階段には、剣道着姿の15番・桜咲刹那が座っていた。

桜咲さん、誰か待ってるのかな?
どこか遠くを眺めて、何か考え込んでいるように見える。…。
こうやって見ると…けっこう可愛いよね、桜咲さんって。
肌は真っ白だし、特別手入れしている訳でもなさそうなのにとても綺麗な黒髪だし(面白い縛り方してるけど)。
大和撫子っていうのかな…私もちょっと目指したんだけどなー。
彼女は隣の席だけどほとんど話したことなかったし、何か怖かったけど、
修学旅行あたりから何となく雰囲気が柔らかくなったみたい。
それは多分、もう一人の…
403パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:45:45 ID:sYTu4YGO

そう、うちのクラスにはもう一人、まさに誰もが思い描く「大和撫子」の権化のような子がいる。
基本的にみんなと仲が良いし、誰からも好かれる性格だけど、ただ…
「あれ?くぎみんやん」
後ろからの声に、ひやり、と背中に冷たいものが流れた気がした。

教室に現れたのは、13番・近衛木乃香。
「いや、あのね。いつからあんたは私をくぎみん呼ばわりする立場に?」
「んー?まぁええやん。何してるん?」
尋ねられたので、右手のノートを示す。
「これ忘れちゃって、取りに来ただけ」
「ふぅーん…」
ちらりと窓の外に視線を向けると、桜咲さんは相変わらず石段に座ったまま、
興味もなさそうに頬杖をついて、下校していく生徒たちを眺めている。
「…桜咲さんあそこにいるけど、このかのこと待ってるんじゃないの?」
すると、このかは頭の上に疑問符を浮かべた。
「うー?せやなぁ…けど、まだ時間かなりあるんやけど…」

ふいにこのかが私を見たので、正直ギクッとした。
花も綻ぶような笑顔。
いつもこの子はニコニコしているけれど、改めて正面から見ると、
視線が吸い寄せられてしまう。
「くーぎみん?」
「…何?」
この子は、自分のそれが異性のみならず同性の心も惹き付けることを自分でわかっている。
そしてそれを最大限に活用して、何人もの女の子たちを「モノに」していっていることも、
一部分では知られたことだ。
虫も殺さぬような顔をして、次々と少女を甘く殺す。
一般に、女の子にモテる女の子というタイプとは違うのだけれど―…
404パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:47:04 ID:sYTu4YGO
とか考えていたら、いつの間にやらこのかの顔が目の前にあった。
「ちょ、このか、」
「ウチ、ずっと待ってるんよ。もうええやろ?」
彼女が前屈みになると、細い肩からサラサラと、真っ直ぐな黒髪が流れ落ちる。
囁くこのかの声は低く、甘い。
「…いや、だから、私は女の子に興味ないって何度も…」
首筋に細い腕が回されるけれど、私はその肩を押さえて、それ以上の接近に抵抗する。
「その割には振ってばかりで…まぁ、つれないところもまた素敵やけど」
胸の奥が、ひんやりするのを感じた。

黒目がちのこのかの瞳と視線が交差する。
「あのねぇ、このか…
ていうか、どうして私なのよ?」
肩を押さえられたまま、このかの体がぴたりと止まる。
本当に、どうして私なのか。
「んーと…」
このかはその体勢のまま、視線を上方にうろうろさせた。
「あんなー。修学旅行で清水寺行ったとき、
音羽の滝でみんな酔い潰れてもうたやろ?」
覚えてる?と私の顔を覗き込むこのか。覚えてる…というか、
そのときの記憶はないけれど、後から聞かされて知っている。
「それでウチがくぎみんをバスまで引っ張って行ったんやけど、
そん時のくぎみん何やほっぺたが薄く赤なって、それがえろう色っぽk」
「ごめんもういいわ」
…だめかも…
405名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 22:48:08 ID:thVx/X6k
続きが気になる・・・!
くぎみん×このかになるとわかっていても、このか×刹那を期待してしまう自分・・・orz
406パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:51:05 ID:sYTu4YGO
本気で困った。
私はこの子に対して本気で抵抗できない。
透けるような肌や細い手足が、何だか私を不安にさせるから。それに、このかには
不思議な力…呪力とでもいうような何かがあって、抵抗力を徐々に奪っていく。
彼女が目をつけた女の子たちが、一人の例外もなく落ちたのも、わかる気もする。
でも、私は。

その隙を、このかは見逃さなかった。
「ひゃうっ!?」
柔かい唇が、ふいに左の耳たぶを甘噛みした。
「ちょっ、この……んぁっ」
一度、二度、三度。くすぐったいのと紙一重の感触が、全身を指先まで痺れさせていく。

次第に攻めは首筋へと移動して、背中に走るゾクゾクとした刺激に、私は下唇を噛み締めた。
彼女を抑えるために肩に置いた手に、力が入らない。このかは何だかいい香りがして、
頭に靄がかかって、ともすればこのまま流されてしまいそうになる。
このかと体の接しているところが段々と熱を帯びて、下半身がじわじわとしびれてくる。
 理性のまだ働いている部分が、警鐘を鳴らした。
 マズイよ、このままじゃ…
407パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:54:35 ID:sYTu4YGO
そして、このかが私の制服のボタンに手をかけた瞬間。
「ゃっ……だめ!!」
両手が、このかを押し退けようと動いた。
その力はひどく弱いものだったはずなのに、このかはあっけなくも簡単に体を離した。
自分の乱れた息が耳の裏に響いて、…顔が熱い。
「うーん?ホンマ、つれないなぁ…」
少し残念そうにつぶやくと、それでもすぐに彼女はいつものように笑顔を見せる。
この子の笑顔は、本当に、何か魔力を持っている。
普段と全く変わらない、無邪気な。
「でも、ウチ諦めへんよ。」
どうしたらこんな風に笑えるようになるのかな、と、少し場違いにも羨ましく思う。
怒りや苛立ちも何だか肩透かしで、もうどうでも良くなってしまうような、
そんな笑顔…。

あっ、と突然このかは慌てて時計を見た。
「しもた、もう時間や、ウチ行かな。
…ごめんな、くぎみん」
謝りながらも、このかの目は細められ、笑っている。
「…また口説きに来るえ。待ってとってな。」
ほなな、とこのかはパタパタと教室を駆け出していった。

一人取り残された教室は、はじめ来たときと同じくらい、いやそれ以上にがらんとして
寂しく感じられた。先ほどまでそこにいたこのかの肌の温かさが、まだ体に残っている。
 以前彼女に迫られたとき、私はこう尋ねたことがある。
 「いや、でも…桜咲さんは?」
 そのとき、このかは少し考えてから、
 「せっちゃんはな、…せっちゃんは、違うねん。」
 そう答えたときの、彼女の表情は、
408パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:56:02 ID:sYTu4YGO
スカートの中に片手をさし入れて、ショーツの上から割れ目をなぞると、
そこにはしっかりと染みができてしまっていた。
一瞬ためらった後、それを膝まで引き下ろす。
一旦火のついた体は、そのままではおさまらない。
…どちらにしても、もう引き返せなくなる。

充血しはじめている陰核の皮をむき、頭を出した先端に指先で愛液を塗り広げる。
そのまま円を描くようにして刺激を与え続けると、下腹部から膝のあたりまで、
痺れるような快感が支配し始めた。
 このかは、私が拒んでも気分を害する様子もないし、
 嫌がる私を無理矢理奪いもしない。
 それなのに、きっと彼女は、受け入れてしまったら私を見なくなる。
 端から見ているとわかってしまう。このかの視線は、
モノにした女の子たちを通り抜けてしまっている。
 だから。
 私は、その子たちと一緒なの?

「ん…ふっ…」
愛液が一筋、腿の内側を伝い落ちる。
もう、我慢できない―…残る一方の手の指を、徐々に中へと沈めていく。
彼女の白い指を想いながら。

 きっと、拒み続けている間しか、このかは私を見ない。
 だから、私は彼女を受け入れない。
409パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:56:35 ID:sYTu4YGO

「はっ、はっ……んっ…」
ゆっくりと指を動かす。
内の粘膜がこすれるたびに、背筋がぞくぞくする。
首筋に残る彼女の唇の感触が、どうしようもないほど甘く痺れる。

「…んっ…こ、のか…ぁっ、ぁあっ、」
その名前を口にすると、快感が一皮剥けたように鋭敏になった。
無意識に、指の動きが早くなる。
「はっ、はっ…こ、の……もう……」
急速に高みへと引き上げられる。
それに伴って快感も一気に跳ね上がり、
「ぁ…っ…、んっ、んんんんっ!!」
全身が、ビクッ、ビクッと痙攣する。

 私は彼女がいつの日か、無理矢理、私を組み伏せる日を夢見ている―…
410パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 22:57:37 ID:sYTu4YGO
…この学園は、平和だ。
結界で守られた中を歩いてゆく生徒たち。平和は退屈にも繋がり、
退屈は人を殺せると言うが…平和に越したことはないだろう。
ただ、この平和を乱しかねない要因があって、それが少し気にかかる…
「せっちゃーん」
振り向くと、このかお嬢様が小走りに駆け寄ってきた。
「ごめんな、何や遅なって」
「いいえ、構いませんよ。…」
目の前に建つ校舎の無数の窓のうち、一つを見上げる。
私達が毎日通う、3-Aの教室。
 お嬢様…あなたは、さっきまで、誰と何をしていたのですか?
それを尋ねことは私には少々躊躇われるし、聞かなくても大体見当はつく。
お嬢様の、恐らく無意識に放出された呪力の残り香。彼女の強大な力は、
人をその虜とするには充分に過ぎるものだ。それによって何が引き起こされるのか…
それが、最近気になり始めた、この学園の平和を揺るがしかねない要素。
「せっちゃん?…どないしたん?」
お嬢様が、私の顔を覗き込んでいた。
「あ、いえ…。行きましょうか」
この人の心にも、何か闇があるのだろうか。
学園長には…まだ報告するほどのことはないだろう。

この判断を、刹那は後に悔やむことになるのだが、それはまた別の話。
411パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/11(月) 23:00:23 ID:sYTu4YGO
あとがき

最初改行失敗しましたごめんなさっ
SS初投稿なもので、誰も結ばれていませんでしたが是非感想おながいします
412名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 23:18:45 ID:WuISBphx
普通に話が面白かった、上手く展開を組み立てられていると思う
エロ以外も書けそうな感じだね
413名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 23:23:03 ID:8rV239EZ
パン粉 ◆OoOoOooOuU さん
GJです!!
くぎみんのSS楽しみにしてましたので、とても嬉しいです。
414名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 23:35:01 ID:tjFTBSZL
 初めてSSをかいたんですが、こんなん出来たんで投下します。
今のとこエロないんで、読みたくない方はスルーしてください。

 夜中の2時をまわった学園内の通りは流石に静まり返っていた。
 カツン、カツン、と靴音を静かに立てながら、一人の長身の女が
歩いていた。腰まである長い、艶やかな黒髪。しかし、褐色の肌と
その目鼻のすっきりと通った顔立ちから、彼女が日本の生まれでは
ないであろうことが、想像出来た。彼女の実年齢を知った者は
自分の目が錯視であると疑うだろう。

 彼女は、そろそろ春も近いことであるにも関わらず、ロングコート
を着ていた。そして、一見して無表情、しかしその眼はどこか奇妙な
光を帯びている。そしてゆっくりと、歩みを進めていた。
 女はある古びた建物の前で歩みを止め、通信機を取り出した。
 「首尾はどうだ、刹那。」
 刹那、と呼ばれた、相手もすぐに応えた。
 「万全だ。そちらの準備ができ次第突入してくれ。よろしく頼む、
龍宮。」
 龍宮、と呼ばれた女は、ああ、と短く返すと、通信を切った。
 彼女の名は龍宮真名。表向きはまほら学園内の龍宮神社で、巫女を
しているが、実態は、先ほどの桜咲刹那と組んで、退魔師をしているの
だった。といっても、人に仇なすものは許さない、という正義感が
そうしている訳ではなかった。彼女がまほら学園に来た折、既に
一般人とは違う力をもっている龍宮を知っていた学園長が、この仕事
をもちかけたのだった。
 
 彼女はいつからか報酬で動くようになっていた。それが当然と
彼女も考えていた。しかし、心の何処かに一抹のぼんやりした
不安があるような、そんな感覚に、彼女はここ最近悩まされていた。
 
 つづく
 
415名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 23:45:43 ID:tjFTBSZL
 「或る退魔師の夜」
 
 この建物は、元々はこのまほら学園の創立の際、建築資材の倉庫として
使われていたらしかった。らしい、というのは、学園創立の歴史が
そもそも古く、誰の記憶にもなく、打ち捨てられた建物であったのも
理由のひとつだった。だが、もうひとつには、今の龍宮にとって
この建物の由来、もっといえば、建物自体は目的ではなかった、
というところが大きい。
 倉庫の奥へと、龍宮は迷うことなく歩みを進めていく。
 外は煌々と月明かりが照っていたが、昼も薄暗い倉庫の中には、月の
光は到底及ばなかった。その中にあって、彼女の目は益々妖しい輝きを
増したようであった。
 その刹那であった。
 女は素早く拳銃二丁を構えると、奥の闇を睨みつけた。
 「…其処に居るのはわかっている。出て来い。」

 
416名無しさん@ピンキー:2005/07/11(月) 23:46:25 ID:Wsrw41e2
たつみーキター!!
たつみー萌えなので是非続きをお願いします!!
417名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 00:19:47 ID:tXSQh/rX
「或る退魔師の夜」第三話

 オオオ… オオァェェ… オオオォォォ!!!

 先程までひんやりとしていた空気が、ねっとりとした湿気を含む生暖かい
風に変わった。龍宮は呼びかけた「それ」が出てくる間もなく、先制射撃
といわんばかりに、銃の引き金を引いた。
 ガァン! ガァン!ガァン!
 キン、キン、キィン… 
 薬莢の音が響き終わった頃、闇の中から、「それ」はまさしく、
「ずるぅり」という感じに姿を現した。
 …スライムだ。
 以前、相方の刹那が不覚をとった怪物である。
 スライムはまたも「ずるぅり」とその姿を人間に変えた。といっても
以前あらわれたスライムのように、可愛らしい姿ではなく、歪んだ笑みの
少年の姿をとった。
 「退魔師、カ?」
 「だったらどうだと云うんだ?」
 「タツミヤ、マナ、カ?」
 「…!?」
 スライムが自分の名を何故知っているのか。龍宮の顔にはわずかに動揺
が見て取れた。

 つづく


418名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 00:22:55 ID:tXSQh/rX
 とりあえず、ここまでです。
 ご意見、ご感想お願いします。もし続き読みたい方がいましたら
続き書きます。
 とりあえず、改行が難しかったです…。
419天子:2005/07/12(火) 00:30:12 ID:r3J3rFWu
>>418
はっきり言って悪いがボコボコしててなんだか変だぜ
ごめんな、でも言っておいた方がいいと思ったんだ
続き待ってるぜ
420名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 00:37:59 ID:jVqdjNvS
>>418Webでは段落一文字空けはしない方がいいよ。
文法上は間違っていないけど、その……見にくい。
421名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 00:45:03 ID:tXSQh/rX
レスありがとうございます!
大変参考になりました。続きも頑張ります!
422名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 00:52:55 ID:110qCDzQ
次々とGJ。俺は謎CPの釘×この実現に感動したw
423名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 00:58:14 ID:y52iZzzp
あと、短い。書きながら投下してるんだろうけど、メモ帳とかで書いたほうがいい
見直せるし、割り込みも避けられるし
424名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 01:41:05 ID:URqtehnA
朝倉姉さんキボン
425天使 ◆N3HKjbuX8I :2005/07/12(火) 02:51:04 ID:bA1lbuxJ
ニセモノの天使さんがこのスレを荒らし続けるから
天使はもういなくならなくちゃいけないんだ
短い間でしたが、みなさんお別れです
426名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 11:45:51 ID:IGCtPlNP
前も言ってたろそれw
427名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 18:12:59 ID:8co49EoG
>>424
同じく。職人様、朝倉姉さんをお願いします。

>>425
バイバイ。元気でね・゚・(ノД`)・゚・
428313:2005/07/12(火) 18:20:03 ID:3Aocg1at
15k書いてもまだエロに入れないorz
もうエロくなくてもいいですか?

OKなら今日投下します
429名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 18:45:09 ID:IGCtPlNP
エロくなくても萌えられればいいよ
無理に入れようとして展開が強引になったりするよりは、そのまま投下して欲しい
430名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 19:40:07 ID:22TJpTyP
>>428
気にするな。俺は40kbでもエロに入らなかったコトがある
銃と剣を手に撃ったり撃たれたり血飛沫が飛び散ったり
MMORPGでボスと取り巻きを相手にする気分を申しますか
戦闘終わって、「よしwwwおkwwww」とかってエロ行ってない、と

投稿? するかよそんなの('A`)
431名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 20:14:37 ID:6cKeNa6v
エロがあろうが無かろうが面白ければそれでいい

ってなわけで、投稿希望します
432パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/12(火) 22:09:46 ID:39wND+44
レス遅くてすみません
>>412-413
ありがとうございます!
励みにして、これからも気になるカップリングがあったら挑戦しますね。

>>428
私も投稿希望しますw

という訳で名無しに戻りますね
433名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 22:12:42 ID:IGCtPlNP
パン粉先生の次回作に期待してます
434パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/12(火) 22:37:13 ID:39wND+44
>>433
おぉ!嬉しいです、がんばりまs

とは言うものの、実は全くネタが浮かびません(汗
何故かこのかが絡まないといまいち…ダークなこのかが好きだもので…
このか絡みの需要あったらまた奮闘するかもです。

では今度こそ名無しに戻りm(
435天使 ◆N3HKjbuX8I :2005/07/12(火) 22:38:04 ID:bA1lbuxJ
このまま天使がいなくなるよ?
誰も止めてくれないの?
天使は哀しいよ
436名無しさん@ピンキー:2005/07/12(火) 22:54:40 ID:Wv21ABcB
>>428
とりあえず投下汁。話はそれからだ。
437313:2005/07/13(水) 00:27:43 ID:pfsil/gU
>>311のリク通りアニメ最終回後の明日菜×ネギで。
パーティーが終わって、部屋に戻った後の話。
「運命のむこうの贈り物」

では、投下。
438名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:28:48 ID:pfsil/gU
「ネギ……起きてる?」
一足早い明日菜の誕生日パーティーも終わり、静まり返った女子寮。
クラスメイトの面々が騒ぎ疲れてことごとく各々の部屋で沈んでしまった最中、その一室で明日菜の声が静かにこだました。
「はい、起きてますよ。どうか……しましたか?」
明日の授業の準備をしていたネギは、改まって明日菜に訊き返す。
気の抜けた声ではあるが、ネギは眠そうな表情ではない。時計を見ると、11時37分である。
子供が寝るにはだいぶ遅い時間ではあるが、教職に就いているネギにとってはさして珍しいことではなく、
普段からエヴァとの特訓や木乃香の手伝いなどもあり、むしろ当たり前になりつつあった。
しかし今日、この時間まで起きているのは特別な理由があった。
明日菜の一日早い誕生日パーティーが予想以上の盛り上がりを見せ、挙句には超と聡美が世界樹に花を咲かすと言い出し、
マジックショーまで行われる始末で、すっかり遅くなってしまった。
このマジックショーというのが、実は明日菜の10年前の契約を解く儀式だった。あらゆる魔力を遠ざける能力を身につける
契約によってもたらされた呪いを解くために機械の慎重な調整が行われ、予想以上に時間がかかってしまった。
明日菜の呪いが無事に解けたは良かったが、そのあまりの不思議さに超と聡美はクラスメイトから次々と
質問攻めに遭ってしまった。明日菜とネギが二人で話し込んでいたあとも面々はヒートアップする一方で、ネギが駆けつけて
収拾をつけるまで、アンコールの声すら聞こえるほどの騒ぎにまで発展していた。
そんなわけで、パーティーが終わってから、まだ1時間しか経っていなかった。
439名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:30:11 ID:pfsil/gU
明日菜はベッドの上で携帯を見つめながら、ため息をついていた。
(あと―――23分、か………)
本来、明日菜に残されているはずだった時間。そして、彼女の誕生日までの時間。
あと23分経ったら、自分はどうなるのだろう。
やはり、死んでしまうのだろうか?

実のところ、伝説などの類は信じない明日菜にとって、契約が解けたということは半信半疑だった。
ネギの前では一応安心してはみせたが、本当は不安で不安で仕方なかった。
時間が経つにつれて死の恐怖が迫り、それに堪えきれなくなって、気がついたら、ついネギに声をかけていた。

「あのさ………久しぶりに、一緒に寝ない?」

震える声を振り絞り、それでも平静を装ってかけた一声。ネギにはそれが、どう聞こえているだろうか。
明日菜には死の恐怖とは別に、それがネギに知られてしまったら…という不安があった。
どうせ最期なら、ネギにだけは弱みを見せたくないという変に頑固な思いもあり、それがかえって不安に拍車をかけていた。
440名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:31:26 ID:pfsil/gU
「どうしたんですか、アスナさん。珍しいですね」
ネギは訝しげに、明日菜に声をかける。
いつもなら、毎晩のようにうるさく布団に入ってくるなと言われていただけに、珍しいこともあるものだ、と、ネギは思った。
カシオペアによるタイムスリップ騒動からこっち、いろいろあったことを思い返してみるが、10年前は10年前、今は今である。
変わったことといえば、死ぬはずだった明日菜が一命をとりとめたことくらいで、あとは何ら変わらない日常だった。
事は万事解決。ネギはそう思っていたのである。
「い、いや……どうもしないわよ。ただ、たまにはこういうのもいいかなー…って」
不安だ―――なんて言えない。言えるはずがない。
いつもはネギに無理するな、心配かけるなと言っているくせに、自分がネギに心配をかけるわけにはいかない。
あの時のことは自分一人で抱えるにはあまりに大きすぎたので、ネギや超・聡美に頼ってしまった。
でも、本当は自分ひとりの問題。だから、どこかでそれを埋め合わせなければならない。
そして何よりも、姉貴分として、同時にパートナーとして、自分はネギに頼られる存在でなければならない。
しかし、そのプレッシャーは明日菜の気を持ち直させるどころか、逆に不安を煽る結果となってしまっていた。

「それもそうですね、でも…ホントにいいんですか?」
「アハハハ……忙しいんだったらいいわよ。それは…また今度ね」
「そうですか。じゃあ僕、明日の準備があるので……おやすみなさい」
「うん、おやすみ」
441名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:32:38 ID:pfsil/gU
(………バカ! 私のバカ! なんで、なんでそんなこと………)
明日菜は今の発言を、思いっきり後悔した。
今なら、ネギに甘えることができたかもしれない。助けを求める、最後のチャンスだったかもしれない。
方法はいくらでもあった。逆に、明日菜がネギの布団に潜り込むことだってできた。
だが明日菜は、その方法をとらなかった。それは、自分の弱いところをネギにさらけ出してしまうことを意味していたからだ。

たったそれだけで、明日菜の不安は募る一方だということに、彼女自身はまったく気づいていなかった。

「ふぁ〜あ……今日はもう遅いし、そろそろ寝ようかな……」
パーティーで騒ぎすぎたためか疲れていたネギは、いつもより早く明日の準備を済ませることにした。
ノートや書類を片づけ、畳んでいた布団を敷いて、パジャマに着替える。
残っていたコーヒーを飲み終えてカップを台所に持っていこうとすると、ベッドの上の段からわずかに声が聞こえてきた。

「………アスナさん?」
ネギは声の主に、そっと声をかける。
しばらく待ってみるが、返事はない。ネギは見かねて、ベッドの上の段へ上り、様子を見ることにした。

明日菜は―――――泣いていた。

「アスナさん、どうしたんですか、アスナさん!」
尋常ではない明日菜の様子に、ネギは思わず声を上げる。
だが、明日菜は布団をかぶってしまい、出てこようとしなかった。
442特厨非FAN ◆AntiT24WoA :2005/07/13(水) 00:33:01 ID:oEU2/anv
>>435
いなくなんないでー!
てか、萌えスレを作った。君の為に。

僕と一緒に遊ぼう!!

【不思議ちゃん】天使 ◆N3HKjbuX8I 萌えスレ【ふたなり?】
http://so.la/test/read.cgi/negima/1121182201/
443名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:34:25 ID:pfsil/gU
「見ないで! お願いだから、見ないで………!」
ネギに見られてしまった自分の弱さを必死に隠そうと、明日菜はネギを突き放す。
しかしネギは、明日菜が泣いていることに責任を感じたのか、一生懸命に彼女をなだめた。
「アスナさん、落ち着いてください……いったい何が、あったっていうんですか………」
ネギが声をかけていくと、だんだん落ち着いた様子になり、明日菜はネギのほうを向いた。
涙を流しながら、下を向いて震える声で何か伝えようとする。
ネギは顔を近づけて、明日菜の言葉を聞き漏らさないように耳を傾けた。

「…………いの……」

「えっ………」
声にならない声を何とか出そうとしながら、明日菜は正直に自分の不安をネギに打ち明けた。
「………恐いの……………っ!」
「……それって、どういう………?」
ネギはわけがわからず、明日菜に聞き返す。だが明日菜の顔は涙でぐしゃぐしゃになり、とても答えの聞けそうな状況ではなかった。
下を見ると、明日菜の携帯がほのかに明かりを放っている。光の中には「23:51」の文字が画面に映し出されていた。
444特厨非FAN ◆AntiT24WoA :2005/07/13(水) 00:34:39 ID:oEU2/anv
しまった!

>>437-441
投下中にごめん。
リロード押してからにすれば良かった。

今夜はもう消えるから、気にしないで作品を投下し続けて下さい。
本当にスマン!
445名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:35:44 ID:pfsil/gU

(―――まさかアスナさん、まだ―――――!)

ネギが立ち上がろうとすると、明日菜はネギの腕をつかむ。
突然腕を掴まれて、ネギは明日菜のほうを振り返る。すると明日菜はネギの腕を引っ張って自分のほうへ引き寄せ、
後ろからネギを抱く形になって耳元で小さくつぶやいた。
「………ひとりに、しないで……………」
今まで見たこともないような明日菜の様子に、ネギはあせる気持ちを抑え、思いとどまった。
だが、頭の中ではどうしていいかわからず、混乱している。
明日菜の呪いを解くことに関して、打てる手はすべて打ってきた。だが、これ以上はどうしようもないと知りつつも
体が勝手に動いてしまっていた。

―――――ぐいっ!

明日菜に強く抱き寄せられ、ネギは抵抗することもままならなくなる。
恐れていたことが、再び起きてしまう。ネギは恐る恐る、明日菜にたずねてみた。
「アスナさん、もしかして………」
大切な人を死なせたくないと思う反面、ネギの声は震え、かすれていた。
「そうじゃないの………」
明日菜はネギが抵抗できないように横になり、耳元でつぶやく。
予想とは裏腹の明日菜の答えに、ネギは何が何だかわからなくなり、明日菜に身を任せるしかなかった。
446名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:37:08 ID:pfsil/gU
「だから……もう少しだけ、こうさせて………」
ネギが振り向くが早いか、明日菜は精一杯の力でネギを抱きしめた。
全身の力を抜いて、ネギは明日菜を受け止めようとする。しかし、明日菜の震えは止まらなかった。

―――――助けて…私……離れたくない……まだ、死にたくないよ………助けて! みんな、助けて!!

ネギの脳裏に、明日菜の悲痛な叫びがよみがえった。
明日菜の震えとともに、助けを求める声がネギの胸に響く。
助けを求めている声が聞こえているなら、やることはひとつ。
ネギは、肩に回されている明日菜の両手を、包み込むようにそっとつかんだ。

―――――いいんですよ、辛いときは人を頼っても。

「……………あ………」

明日菜の心に、一筋の光がこもった。
時計は既に秒読みに入り、秒針だけが静かに音をたてる。
一秒ごとに募っていた不安は、ネギの手に包み込まれたあたたかさによって、消えうせていた。

それにつれて、明日菜の手を握るネギの手は、次第に握力を増していった。
明日菜の手も、それに反応するかのようにネギの手を握り返した。
二人はお互いに、呪いが解けていることを最後まで疑わなかった。

そして、時計のすべての針が12を差したとき―――――



明日菜は、14歳になった。
447名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:38:31 ID:pfsil/gU


「おめでとう、ございます」
ネギは明日菜が生きていると信じて、やさしく声をかけた。

ネギの手を握っていた明日菜の手が脱力し、ベッドの上に崩れ落ちる。
そのかわりに、祝福の言葉に対する返事が返ってきた。

「………ありがとう……………」

明日菜の言葉が鍵となったかのように、今度はネギの手が脱力する。
緊張が解けたのか、明日菜もネギを抱きしめていた腕を解き、溢れ出る涙をふいていた。
肩を震わせて、ネギが振り返る。ネギはさっきまでと打って変わって、鼻水と涙で顔をぐしゃぐしゃに
しながらむせび泣き、明日菜に抱きついた。
「ちょ………ネギ?」
「よかった……よかった………アスナさん………よかった……アスナさぁん……………!」
元気そうな明日菜の笑顔に、ネギの抑えていたものが一気に溢れ出した。
本当に不安だったのは、明日菜よりもむしろネギのほうだったのだ。
この歳で家族の元を離れて遠い地で生活し、さらにそこで頼りにしていた、大切な人がいなくなってしまったら―――

私はコイツのそんな気持ちもわかってやれなかったのか。
自分のせいで、こんな辛い思いをさせてしまっていたのか。

明日菜はそんな自責の念に駆られ、ネギの頭をやさしくなでながら、泣き出した。
「ごめんね、ごめんね……ネギ……ごめんね……………」

これで、すべて終わった。何の心配もなく、日常に戻ることができた。
二人は吹っ切れたように抱き合い、思う存分泣きはらした。
448名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:42:24 ID:pfsil/gU
とりあえずここまで。

>>313で言った通りアニメ最終回見てないんで、詳しくレビューしてるとこ探してます。
今はここを参考にしてる。
ttp://nodoka15.main.jp/
449名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:48:13 ID:9asevWUB
>>448
GJ!! そうか、マジックショーって事になってたのか。
450名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 00:53:37 ID:+T5sGgYD
>>448
GJー!続き期待してます!!
451名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 04:08:54 ID:psd+1vkK
パン粉氏

ちづ姉or超orクーレイープキボン

葉加瀬が大人の玩具作ってオナヌーとか…


古フェイって何て変換すりゃいいんだ?
452名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 05:02:44 ID:CG44RtYH
にら→菲
453名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 07:19:22 ID:/TCt6Lve
>>448
ネギ×明日菜をリクした311です。
GJ!!
マジで感動しました。
続き楽しみにして待ってます。
454名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 08:20:11 ID:0SI2/xsz
-------------------------------------------------
------BIG・BOSSが他の漫画を7Pも丸トレス!----------
-------------------------------------------------

詳細は下のリンク

ttp://erox.s4.x-beat.com/m/src/1118241572985.jpg

------------------------------------------------------
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erodoujin/1012640541/l50

本スレでの異常なまでの作者(本人の)援護

------------------------------------------------------

>459
>とにかく「やりゃ良いんだよやりゃ」なBIGBOSS作品なんだから、ストーリーなんかどうでもいいんだよ!
>とか考えてる漏れがいるw

>456
>トレースしようが、構図をパクろうが
>萌えてエロい恋人同士のHを描いてくれれば問題無し

>453
>ま、正直なところどっちでも良いから、もう少し刊行スピードを上げてくれると嬉しい。

------------------------------------------------------

BIG・BOSSは、自分の作品をトレスされても文句はいわないそうです。
さあ、みなさんBIG・BOSSをパクって売れる同人誌を作りましょう!
455名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 08:35:43 ID:psd+1vkK
>>452
にら→韮なんだが…

どーやって変換してんだー( `_ゝ´)
456紅屋 ◆J4pqcWoSsI :2005/07/13(水) 08:57:06 ID:ifE/Ezfw
SS投稿してよろしいのでしょうか、しかも未完で兄×亜子もの。
457名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 09:21:44 ID:9/XAVVI/
どうぞ
458名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 11:20:08 ID:gjm8uIoq
>>455
ひ→菲
古菲だろ
459名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 17:30:29 ID:33yQXNdW
>>448
GJ!
460天使 ◆N3HKjbuX8I :2005/07/13(水) 18:38:21 ID:QjtqpNAb
変なスレがたってるよ?
なんかいやだよ・・・
461パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/13(水) 20:00:00 ID:+T5sGgYD
こんばんは。

>>451
おぉぉっ。
クーちゃんいいですね、チャイナドレス姿のクーちゃん好きですよ(?
という訳で、早速古菲モノの構想練ってみます。
かなり日数かかるかもしれないし、ネタがまとまらない恐れもあるので、
そこんとこお願いします。

>>456
期待してます。…是非!

んじゃあ往ってきますね
462名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 20:16:55 ID:OIMLGNE4
>>448
GJすぎ。泣いた。
463名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 21:27:45 ID:ZtohPZcI
>>451

クサカンムリ→部首変換→辞書登録
俺のときはこうだった。
464天使 ◆0ZSoQ2Qv7c :2005/07/13(水) 21:34:47 ID:urK76iii
偽者のくせにトリップつけちゃって生意気だよ?
専用スレまで立ててもらっちゃて、天使は悔しいよ
465ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 21:37:18 ID:oN8jBjll

なんか朝倉姉さんの要望が多いようなので、朝倉×ネギを書いてみました。
軽めのモノですがよろしければどうぞ。
PS2版ネギまの会話を引用しつつ話を膨らませております。
==========================================

ファインダーを覗く。真実を写し出す。
――それが、私の使命。
私情は極力挟まずに。けれど情を失わないように。
──それが、私の矜持。
なのに。ただ一人の少年を私のレンズ(眼)は追う。
ジャーナリストとしての誇りは今は休業中。…今は、彼を追う。

「――ネギ君、写真撮ってもいいかな……?」

出席番号3番、報道部・朝倉和美がそう言ってデジカメを片手に歩み寄る。
人気のない体育館裏で辺りを見回す子供を追い詰めるように。
ぱちくりと瞬きをして、担任教師ネギ・スプリングフィールドはその様子を見ていた。
いつもの、シニカルっぽいけれど人情的な彼女とは――どこかが違う。
けれど、敵意を感じるとかそういうことではなく。
――何か、温かな感覚。
10歳の少年にはそう感じられた。実際はもっともっと――熱い、溶岩のような何かだったのだが。

「え? は、はい。いいですよ?」
普段の軽軽しさと違う様子に戸惑いながらも承諾すると、朝倉は明らかにほっとした安堵の表情を見せた。
そして、ごくりと喉を鳴らす。
決意をそれで固めたのか、ネギを片手で抱きしめるようにして引き寄せる。
突然のことにバランスを崩して朝倉の腕の中に収まるネギ。
「あ、朝倉さん?」
驚きの声を上げるネギに、朝倉はぎこちなく微笑みかける。
「…い、一緒に写ろうと思ったんだけど…ね。三脚忘れちゃったから……」
466ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 21:38:21 ID:oN8jBjll
とってつけたような言い訳。
ならば誰かに代わりに撮ってもらえばいいだけのことなのに。
普段の冷静さが失われたような朝倉の様子を、ネギは黙って見つめていた。

「ほ、ほら。…もっとくっついて。フレームの中に入らないから」
片手でデジカメのレンズを自分たちに向けて、もう片手でネギを引き寄せる。
上気して汗ばんだ二の腕の肌が首に巻きつく感覚。
朝倉の体温が伝わる。しっとりとした質感に、ネギはどきどきさせられた。
「こ、これでいいですか…?」
おずおずと問うネギ。見下ろす朝倉が、まるで捕食者のように見える。

「うん。それでOK。……なんか、暑いね。――ベスト、脱いじゃおっかな」

言うが早いかボタンを外すと、ベストを器用に片手で脱ぎ去った。
ふるっ……と、夏用の制服のシャツの中で3−Aトップクラスの巨乳が揺れる。
ネギの視線は、ついそこに釘付けになった。
(……あれ……?)

目を疑った。この時期、シャツ一枚ならば下着の線が見えるはずであるのに。
――見えない。
それどころか、ネギの顔の真横にある大きな胸の頂点が、二つ。突起のように盛り上がっていた。
白いシャツから透けて見えるのは、薄く肌色と――頂点の赤みだけ。
ネギの視線に気付いたかのように押し付けられる朝倉の胸。
その突起が、まるでお餅のように柔らかい周囲の胸とは対照的に、ネギの頬を突いた。
「……っ……あ、朝倉さん、あ、あの……」
すっかり顔を赤くしたネギが、妖しく笑う朝倉に助けを求めるような声を出す。
だが、帰ってきた言葉は更に相手を窮地に追い込むもの。
「ふふ、ネギ君ったらエッチなんだから」
「え、えぅ──っ!?」
そう言って、ぷちぷちとボタンを外していく。――ブラジャーのない、裸の上に羽織っただけのシャツを。
467ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 21:39:17 ID:oN8jBjll
それを取ってしまったら、あとは朝倉の上半身に着けるものは何一つ無くなってしまう。
ひとつ、ひとつとボタンが外されるたびに大きな、まろみを帯びた肌色が姿を現していく。
襟元から4つ、外されるボタン。
まるで風呂敷包みに入った大事なものを取り出すようにシャツの前は開かれた。
つ──ぅ──……。
外気に触れた朝倉の大きな胸を汗が一筋ゆっくりとつたっていく。
汗の通った箇所が濡れて光り、それが無性に艶かしく見えた。
そして、ふたつの胸の頂点で存在を示す突起。
明らかに柔らかそうな胸とは逆に硬くしこりきった、強烈に自己主張をする桃色の乳首。
大きな胸に合わせたように大きめの乳輪が、朝倉和美という人物を表しているように思えた。
エッチなというには卑猥過ぎる胸。
「エロい」という表現がピッタリ来る肢体であると言えた。

ふにゅ…っ──。
「わ、わわわっ……!!」
ぎゅうっ、と抱きしめられるネギ。
今度はじかに、頬に触れる胸。体温と鼓動が頭の芯に響く。
肌と肌が感じる熱さが正常な神経を焼き、激しく脈打つ鼓動に合わせてネギの心臓も高鳴っていく。
「ネーギ君。気持ちいい?」
あくまでいつものように軽く問い掛ける朝倉。
しかし、吐く息の熱さと触れる肌の火照りが、いつもの朝倉ではないことを如実に告げる。
その姿に目が吸い寄せられる。深く、もっと抱きしめてもらいたい――なんてことが頭をよぎってしまう。
「……は、はい…。気持ちいいです……。なんだか、すごく…」
「吸っても、いいよ?」

沈黙が流れる。
朝倉の言っていることを理解するのには時間がかかった。
先生という立場なら、してはいけないことだということは判っている。
──けれど。勝手に口が開く。舌が、伸びる。
468ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 21:40:14 ID:oN8jBjll
ちゅぱ……。
尖った乳首に舌が恐る恐る触れたかと思うと、一気に口がつけられた。
そこから先は、熱に浮かされて訳が判らなくなった。

(どうして僕は、こんなところで朝倉さんからおっぱいをもらっているん…だ…ろぉ…)

まるで赤ちゃんに戻ったかのように。
けれど赤ちゃんは決してしないような舐め方で、出ようのないおっぱいを求めた。
ちゅうちゅうと音をたてて吸いたてられる。乳輪をなぞるように舌が這わされる。
「っあ……! ネギ君、いい子だね……」
母が子にするようによしよしとネギの頭を撫でる朝倉。
――途端、母には有り得ない、策士の貌が覗く。策が成ったと言わんばかりの、笑みが浮かぶ。

「――ハイ、チーズ」


パシャ――――。


閃く光はデジカメのフラッシュ。
轟く音はシャッター音。
今、この瞬間。生徒と先生の情交が――写し取られた。
その光が虚ろになっていたネギの頭に理性を呼び戻す。
朝倉の胸から唇を離すと、徐々に愕然とした表情になっていく。
「……あ、あぁ……あ、朝倉さん、ぼ、僕……」
自分のしたことが信じられないという顔。朝倉と、朝倉が手に持つデジカメを交互に見つめる。
色恋や性には疎いネギであるとはいえ、この状況の背徳性くらいは判る。
それこそ――淫行――であると。
469ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 21:41:10 ID:oN8jBjll
それを写真に撮られた。
恐らくは夢中で生徒の裸の胸にむしゃぶりつく子供先生の痴態が収められていることだろう。
どう見積もっても、それを後悔されたら――――。
身体が震える。涙が浮かぶ。ネギは絶望的な表情で、朝倉の顔を恐る恐る見上げた。

そこにあったのは、ネギが想像していたようなモノではなく、
「あちゃー、やりすぎちゃったかなー?」といういつもの悪びれない表情の朝倉。
その顔を目の当たりにして、ネギはきょとん、とした顔になる。

「…あー、ネギ君。ゴメンね? 別にコレをどうにかしようってわけじゃないんだよ」

ぽりぽり、と頬を掻いて朝倉が告白する。
照れくさいといった風情で、手持ち無沙汰にデジカメを上下に振りながら。
「私の胸を吸ってるネギ君が可愛くてさ。ちょっと画に残しておきたいなって思って」
「……そ、そうですか……」
遠まわしな告白じみた言葉ではにかむ朝倉に、ネギの顔も赤くなる。

「…っ、でも…、先生の僕が生徒の朝倉さんを襲っちゃうなんて……、なんてお詫びしたらいいか……」
赤くなったのもつかの間、再び自己嫌悪に陥るネギ。
その姿を見て、朝倉は悪戯心を起こした。
別に、彼に何か対価を求めようとしていたわけではない。
さっきの写真の件だって、別に最初からそうしようとしていたわけもなく。
ただ成り行き任せに脱いでしまっただけ(とりあえずブラは更衣室で外してから追ってきたのであるが)。
…でも、今なら。彼とより強く結びつくこともできるのではないか。
そんな考えが頭をよぎった。
470ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 21:42:13 ID:oN8jBjll
これはメディアの悪用だ、と自分の中で良心が叫ぶ。
しかしそれも、乙女心の前では空しい負け犬の遠吠えに過ぎなかった。
「じ、じゃあねえ、ネギ君――」
朝倉がデジカメを顔の前に持ってきて、愛用のソレにちゅっ、とキスをする。

「この中のデータを消して、私も今の事を忘れてあげる。その代わり――――」


1. 「私とデートしてくれるかな?」(恋愛ルート)

2. 「写真の技法にさ、『ハメ撮り』っていうのがあるんだけど……」(ノーマルHルート)

3. 「私にネギ君の写真、いっぱい撮らせてくれないかな?」(ネギコスプレ、恥辱ルート)


===========================================
以上でした。軽めとかいいながら結局いつもの分量になりましたが(乳吸いだけですが)。
…いや、選択肢はシャレです。続きませんよ?
次こそ褌の二話を…って、その前に夏コミの原稿に戻ります。現実逃避するのも大概にしないと(汗)。
PS2版ネギまはエロくていいですねぇ。2時間目が待ち遠しい…。


>パン粉さん
おおよそ考えつきにくい絡みが違和感なくまとめてあって素晴らしいと思いました。
なるほどと関心。というかこのか黒くてステキです。

>>448
凄いです。なんかとても読ませられました。エロなくても良いものは良いんですねぇ。
アスナ泣けます。こういうのは俺には書けないですねぇ。
471名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 21:51:55 ID:6RBHlkJ8
GJ!3キボン
472松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:12:30 ID:GdTvAgLw
…しまった…

もう何度目か分からないため息と共に、俺はまた同じ思考を頭の中で呟いた。
その度に酔った頭が割れるように痛むが、今はそんなことを気にしている余裕は無い。
俺は痛む頭を押さえつけるように、ぼりぼりと後頭部を掻きむしる。

…なんで、こうなっちまったんだ…

また、大きなため息を吐く。
元はといえば、麻帆良のじじいが無理矢理酒を勧めてきたのが原因だ。
久しぶりに顔を会わせたからといっても、さすがにあの酒の量はちょっとやり過ぎじゃねえか? 
…まあ、全部飲んだ俺もどうかと、今更ながらに思うが…これは大人の付き合いということで、不可抗力だ、うん。

でだ。
一番の問題は、こいつが酒を飲んだということだと思うんだ、俺は。
年齢的には何ら問題ない(むしろ、この中で最年長だ)が…どーみても小学生にしか見えないこいつに酒を勧めるじじいもじじいだし、
喜んで受けるこいつもこいつだ。しかも、べろんべろんに酔っ払いやがって。酒弱いんだったら、飲むなっつーの。
うん、そうだ。悪いのは酒を勧めたじじいと、受けたこいつだ。俺は悪くない。悪いとしても酒の所為だ。俺の所為じゃない…はず。
俺は自分の正当性を確認すると、あらためてこいつ…エヴァンジェリンへと向き直った。

「うぅ…、ぐすっ…、ひっく…」

向き直って最初に見えたのは、涙に濡れた藍色の瞳。
聞こえてくるのは、堪えきれずに漏れる泣き声。

…どう考えても、悪いのは俺だよな…

確認した正当性なんて、最初からあるわけもなく。
震える小さい身体を、両腕で抱きしめて泣いているエヴァンジェリンを見て、俺の心に後悔と罪悪感が重く圧し掛かる。
一応、自己弁護しとくと、エヴァンジェリンの方から誘ってきたんだぜ…って、誰に弁護してるのか知らんけど、これは本当だ。
幻術を使って、等身を大きくして迫ってきたのが事の始まりだった。
473松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:18:18 ID:GdTvAgLw
『なんだ貴様、私のこの姿を見て興奮しないとは…男として間違ってるぞ?』
 いや、お前の本当の姿知ってると、興奮するとかしないとか以前に、犯罪の影が頭よぎるし。
男としてではなく、人として間違ってると思うのだが。
『失礼なヤツだな…まあ、自信の無いヤツほど言い訳めいたことを口にするもんだがな』
 ム…、こう見えても俺、脱いだら凄いんだぜ。
『ハ、どーだか…それとも貴様、そっちの気でもあるのか?』
 なんつーこと言うんだ、このガキは。俺は女が大好きですぅ。
それも、お前みたいな幻術使わないと人前に出れないちんちくりんじゃなくて、
ボン、キュ、ボンとした本物の大人の女が大好きなんですぅ。
『な、き、貴様…人が気にしてることを…』
 はいはい、おままごとはこのくらいにして、お子様はさっさと寝なさい。お前、明日から学校だろ。小学校だっけ?
『中等部だ! 間違えるな!』
 同じよーなもんだ。所詮、ガキはガキだ。
『ムキー! 貴様、絶対私にメロメロにしてやるー!』
 大丈夫か? 飲みすぎて脳でもやられたか?
『ちがーう! …ははぁ、わかったぞ』
474松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:19:38 ID:GdTvAgLw
ん?
『貴様…、実は勃たないな?』
 それは断じて違う!
『ムキになるところが、ますます怪しいぞ』
 男の大事な部分を否定されたら、誰だってムキになるわ!
『ふん、どーだか。あ、もしかしてお前、童貞か? 初めてだと勃たないことが多いしな。なるほど、それなら納得だ』
 勝手に納得すんな、オイ!
『なんなら、私が筆下ろしさせてやろうか? 手取り足取り、お姉さんが優しくオ・シ・エ・テ・やるぞ』
 見た目ガキ、実年齢ババアが何を言うか!
『甲斐性なしに言われたくはない!」
 カッチーン! あーそーですか、そー言いますか。ハイハイ、分かりましたよ!
『ん…、て、コラ何するんだ!』
 何って、ナニするに決まってるだろ!
『そんなオヤジギャグ言うヤツにババアとは言われたくない! って、コラ、脱がすな! じじいが見てるぞ!』
 先に迫ってきたのはそっちだろう? 今更、何言ってやがる。
麻帆良のじじいはもう酔いつぶれて寝てるし、べつに恥ずかしがることもないだろ。
『は、恥ずかしいとかじゃなくてだな…ちょ、ちょっと待て! 冗談だ、冗談…って、そんなとこ触るなぁ!』
 んじゃ、舐める。
『舐めるなぁ! って、あ、ちょっと、オイ、え、あ、あぁぁぁぁぁ!』
475松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:20:41 ID:GdTvAgLw
…と、まあ、売り言葉に買い言葉ってヤツで結局…致してしまいました。
それだけなら一夜限りの過ちということで、お互いに忘れるって事もできたかもしれないが…
俺はちらりと下を見る。
乱れたエヴァンジェリンの服から覗く白い肌と、ソファーのシーツの白が、そこに存在する紅い雫の痕をより鮮明に浮かび上がらせる。
行為の直後に幻術は解けて、その姿は十歳のそれに戻っているため、それが痛々しさをさらに増幅させていた。

…まさか、処女だったとは…

行為の後で血に気付いた時は、一瞬、タマシイ抜けかけたぞ、マジで。慌てて謝ったけど、もう後の祭り。
もう、ボロボロ泣き出して、今に至るというわけだ。
確かに行為の最中、ちょっとキツイなとか思ったけどさ。思い返してみると、確かに膜の抵抗らしきものもあった気がする。
けど、頭にきていた俺はまったく気にしないで腰振りまくってたし。
まったく声を出さないのは、怒ってるからだと思ってたけど…痛みでそれどころじゃなかったんだろうなぁ…初めてなのに、悪いことしちまったなぁ…
俺はもう一度ため息を吐く。
さすがに、酒の所為にはできねーよなぁ…男として。こういうときは、もう誠心誠意、謝るしかないな…許してくれるとは思わんけど。

 …あー、そのー、エヴァンジェリンさん?
「うっく…、スン…、うぅ…」
 あのー、そろそろ泣き止んでくれると、俺としても嬉しかったりするのですが…
「ひっく…うく…ぐすっ…」
 えーと…ごめんなさい。
「……さん」
 ん?
「…絶対、許さん」

やっと、口きいてくれたと思ったら、それかよ…いや、まあ、予想通りだったんだが。
しっかし、どーしたもんか、これ。
この調子だと、しばらく許してくれそうにないな…最悪、一生許してもらえない気がする。まあ、なんとか泣き止んでくれたから、一歩前進と言うところか。
476松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:21:50 ID:GdTvAgLw
 なあ、俺が悪かったのは謝るから、そろそろ機嫌直してくれよ…こんな状態のまま別れるのは、お互いにイヤだろ?
「………」
 ごめん、悪かったよ。頼むから、機嫌直してくれよ。
「…私の言うことを聞いてくれたら、許してやる」
 う…、いろいろ嫌な予感がするが、聞いてやるよ。
「先に言っておくが、『聞いただけ』ってのはナシだぞ」
 …ちっ。あ、いえ、なんでもないです。嫌だなぁ、俺がそんなことするわけないじゃないか、ハッハッハ。
「わかりやすいヤツだな…。まあ、そう言ったからにはちゃんと聞いてもらうぞ」
 わーったよ。どうせ、悪いのは俺だ。なんでも聞いてやるよ。
「それじゃあ…この呪いを解け」
 あ、それは無理。
「いきなり、聞いてないじゃないか!」
 わー、待て、落ち着け。物投げるな。うぉ、危ねえ。中身入ってるビール瓶投げんな。
「なんでも、聞くんじゃなかったのか!?」
 俺の話も聞けって。実はその呪い、かなり適当にかけたから俺にも解けないんだよ。
「貴様のかけた呪いだろうが! それにさっき、帰ってきたら解いてやるって言ってたぞ!」
 あー、それな。一応、精霊との契約が三年間なんだよ。それまでは解けないけど、三年が過ぎれば強制力も弱まるから解けるようになると思う…多分。
「多分ってなんだ、多分って! 大体、三年も私は中学生してなきゃならないのか!?」
 中学は三年間なんだから、ちょうどいいじゃん。俺もその頃には帰ってこれるだろうし、その時にはちゃんと解いてやるよ、
477松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:22:51 ID:GdTvAgLw
「…じゃあ三年間、ずっと私の傍にいろ。それなら許してやる」
 ………
「…どうした、いきなり黙って?」
 …すまん…それも無理だ。
「な! ど、どーしてだ! 大体、三年間も貴様は何処で何をする気だ?」
 …それは言えない…すまん。
「き、貴様はさっきから謝ってばかりだ! せめて言えない理由くらい聞かせろ! じゃないと私は納得しないぞ」
 …それも言えない…だけど、必ず三年後には戻ってくる。だから…待っていてくれ。
「くっ…、貴様はいつもそうだ! 大事なことは一つも教えてくれない…全部、自分で抱え込んで、解決しようとする…私はお前にとって、そんなに信用できない相手なのか!」
 そうじゃない! …けど、これは俺の問題なんだ。お前を巻き込むわけにはいかない。分かってくれ…エヴァンジェリン。
「…なんで…なんでなんだ…」
 …すまない。
「…ぐすっ…う、ううぅぅ…」
 あー、泣くな! 頼むから、もう泣かないでくれ!
「うぅ、うわあぁぁぁぁぁ! ぐすっ、うあぁぁぁぁぁ!」

先ほどまでのすすり泣きとは違い、大声で泣き始めるエヴァンジェリン。涙を堪えようとも、拭おうともせず、大粒の涙が頬を伝わって流れ続ける。

 泣くなって…頼むから…

そんなエヴァンジェリンを見て俺がとった行動は、エヴァンジェリンを抱きしめることだった。
自分でもやった後で驚いているが、何故か身体が勝手に動いていた。自分の胸元にエヴァンジェリンの頭を抱え、優しく撫でる。
細く綺麗な髪が指に心地良く絡まり、その感触を確かめるように何度も撫で続ける。

 泣かないでくれよ…
478松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:24:04 ID:GdTvAgLw
優しく語り掛けるが、それでもエヴァンジェリンは俺の腕の中で泣き続けた。その間、俺はずっとエヴァンジェリンの頭を撫で続けた。
泣かないで欲しい。
ただ、それだけを思って。
やがて落ち着いてきたのか、次第に泣き声は小さくなっていく。

「…子ども扱い…するな…」

泣き腫らして真っ赤になった目で、俺の腕の中から見上げるエヴァンジェリン。少し勿体無く思いながらも、俺はエヴァンジェリンの頭から手を離す。

「…お前は…思い違いをしている」

俺の腕の中から抜け出すと、エヴァンジェリンは俺から目を逸らして呟いた。

「…お前は、謝りすぎなんだ」
 え?
「言えない理由があるなら、謝らなくてもいいだろう! そんな目で謝られるから、期待してしまうんじゃないか!」
 え、えっ!?
「私の言っていることが、ただのわがままだっていうのは自分でも分かってるんだ! 
いちいち反応しないで聞き流せばいいじゃないか! 本気にして謝るから、優しくするから…私は…私がお前にとって、どういう存在なのか…期待してしまうんだ…」
 え、あ…

反射的に言いかけた謝罪の言葉を、俺は無理矢理飲み込む。自分の何気ない行動が、エヴァンジェリンを苦しめていたという事実に、俺は少なからずショックを受けていた。
確かにエヴァンジェリンの言うとおりだ。
約一年間、エヴァンジェリンと一緒に旅…正確には追いかけられていたのだが、その間に情が移ったのは確かだ。
なんだかんだいって、追いかけられるのも楽しかったし、一緒にいると妙に和んでいる自分もいた。
その居心地のいい空気に甘えて、エヴァンジェリンと自分の関係をあいまいなままにしてしまったのが、今回の原因になってしまったというわけだ。
それは確かに、反省すべき点だ。
でも…でもな。
479松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:24:43 ID:GdTvAgLw
 思い違いしているのはお互い様だ。
「え…」

エヴァンジェリンは顔を上げて、俺のほうに向き直る。俺は恥ずかしさを堪えるようにぼりぼりと頭をかきながら、言葉を作る。

 確かに謝りすぎてたかもしれないけど…何の気もなかったら、謝る以前にちょっかいすらかけねえよ。
「それって…」
 あー、もう、恥ずかしいから一回しか言わないぞ!
 俺は、お前が、気になって気になって仕方ねえんだよ! 一緒にいて楽しいし、ほっとするし、大事にしたいと思うんだよ!
「お、お前…」
 好きなんだよ、お前のことが!

 あー、言っちまった…
 くそ、言わないまま別れるつもりだったのに…

「う、うぁ…」
 ん…って、オイ!
「う、うわあぁぁぁぁ、ああぁぁぁぁ!」
 また泣くのかよ、お前は!
「だ、だって、ぐすっ…好きだって言ってもらえるなんて、ぇうっ、思わなかったから…うぅ」
 泣くなよ、そんな事で…
「う、うるさい! 嬉しくて泣く事だってあるんだ! ぐすっ…」
 あ、あぁ、そうなのか、すまん。
「だから、謝るな! あ、あの時も謝りおって…」
 あの時?
「お、お前にその、ごにょごにょ…された後だ…あの時もお前は謝っただろう!」
 あ、あぁ…って、ん? あれは普通謝るだろう、男として。
「だからお前はバカなんだ! 女にとって、好きな相手に抱かれた後に謝られるのは、屈辱以外の何者でもないんだ!」
 え、あれ…そうなの?
「そうなんだよ! そ、それなのに、お前はいきなり『ごめん』って…」
 え、じゃ、じゃあ、あの時泣き出したのは俺に抱かれたのが嫌だったんじゃなくて…
「お前に謝られたのが、悔しかったんだよ! 私はお前に抱かれて…う、嬉しかったのに…」
480松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:25:22 ID:GdTvAgLw
この時、俺の頭の中で何かがはじけた。
色々な事が一気に起こって、頭がパンク状態になりかけてたが、それでも一つ、はっきりと分かったことがある。
俺は、エヴァンジェリンに、本気で惚れた。

 てりゃ!
「ん? って、何するんだ!」
 何って、キスだけど。
「さ、さっきといい、今といい、お前は人に了承というものをとらないのか!?」
 んじゃ、了承とったらいいのか?
「あ、う、ま、まあ内容にもよるけど…」
 んじゃ、改めて…俺はお前にキスしたいと思ったりしてますけどよろしいでしょうか?
「言葉使いがバカだぞ、オイ」
 んなこといっても、俺だってキスするのにどう言って了承とればいいかなんてわからんしなぁ。
「も、もっと普通に言えないのか…」
 この場合の普通って、どんなんだよ?
「キ、キスしたいんだったらもっとそれなりのムードってもんがあるだろ!」
 ああ、なるほど。それでは…

俺はエヴァンジェリンを抱きしめる。いきなりの行動にエヴァンジェリンはまたもや何かを言いかけるが、俺が目を覗き込むと、顔を真っ赤にして視線を逸らす。

 キスしていいか?

エヴァンジェリンはしばらく俯いてモジモジしていたが、やがて俺の目を見て、そしてゆっくりと目を閉じた。
わずかに顎を突き出して、形のいい唇を俺のほうへと向ける。
その唇に、俺はついばむ様に軽くキスをした。
唇を離すと、エヴァンジェリンが俺のほうを見ていた。顔を真っ赤にして、上目がちにこっちを見ている。
うわぁ、なんか、めちゃくちゃ恥ずかしい。
俺の顔も真っ赤になってるんじゃねえか?
そんな恥ずかしさをごまかすかのように、俺はもう一度エヴァンジェリンにキスをする。今度はさっきよりも、少しだけ長くキスをした。
 
481松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:26:02 ID:GdTvAgLw
 …ごちそうさまでした。
「キスした後のセリフがそれか!? ムードぶち壊しじゃないか!」
 いや、まあ、率直な感想を述べたまでだが…
「述べなくていい! ったく、お前はシリアスが十秒以上続かないのか?」
 そんなの無理に決まってるだろ。
「威張るな! ってゆーか、直せ!」
 ハハ、まあ、考えておくよ…あ、そういえば。
「なんだ?」
 さっき、お前の言うこと聞くって言ってたな…なんか、リクエストあるか?
「あ、あぁ…あることはあるが…」
 言ってみ。今の俺は寛大だから、大抵のことは聞いてやるよ。
「あー、けど…、その…」
 なんか、いきなり歯切れ悪くなったな。そんなに言いにくいものなのか?
「う、うー、むー、なー」
 人語しゃべれ。
「あー、その、もう一度…」
 もう一度?
「今度はこの姿のまま…」
 この姿のまま?
「抱いて欲しい…かも」
 …
「…」
 …
「なんか、リアクションしろ!」
 あ、ごめん、ちょっと思考停止してた…えーと、マジですか?
「冗談でこんなこと言うか!」
482松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/13(水) 22:32:15 ID:GdTvAgLw
エヴァンジェリンは真っ赤な顔のまま、頬を膨らませてそっぽを向く。
年相応のその仕草と不釣合いな要求とのギャップに、俺はもう今すぐに押し倒してしまいたいという欲求がムクムクと頭をもたげてくる。
だが、しかしだ。
このまま押し倒して、エヴァンジェリンの要求を聞くのもいいが、ここはもっと焦らしてみるのもいいかもしれない。
だいたい、こんなエヴァンジェリンの姿を見れるのは、もうないかもしれないし。

 あー、えーと、よく聞こえなかったのでもう一度、大きな声で言ってくれんか?
「なっ!」
 あと、人にもの頼むときはちゃんと言い方があるよな。
「う…、き、貴様…」
 で、何して欲しいって?
「わ、私を………さい」
 よく、聞こえませーん。

我ながら、アホなことしてるなーと思う。なんか、好きな子をわざといじめているガキの気分がちょっと分かった。
エヴァンジェリンは上目遣いで俺を恨めしそうに睨むと、観念したのか、目をぎゅっと瞑って声を絞り出す。

「わ、私を…この姿の私を…抱いてください…」

そして俺は、エヴァンジェリンを優しく抱きしめた。


=================================================================
以上です。
読みにくい書き方ですが、最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。
あと、エロなくてゴメン。
483名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 22:40:50 ID:1vSrzsq3
GJ!俺にとっては十分エロいさぁ。そんなに読みにくくも無いですよ。
次回作に期待です。


内村氏GJです。朝倉ネタ先越されてしまったなぁ。
書き終わったら投下しますんでよろしくね。
484名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 22:41:35 ID:33yQXNdW
GJ!
強がりのエヴァンジェリンがとても可愛いですね。
次回作のご予定はありますか?
485ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/13(水) 23:22:25 ID:oN8jBjll
>松雪さん
ナギ×エヴァでしょうか。GJです。
語り口はナギっぽいのですが、劇中にナギと確定される記述がないのはわざとですかね?
私が書こうとするとどうしてもふみふみネタになりそうなので、こういったSSを書ける方が羨ましいです。

>>483
いえいえ、そちらの朝倉ネタもお待ちしております。


…で、上で書かないと書いといてなんなのですが。
なんとなくこう辱められるネギの姿を考えていたらちょっと書きたくなりました(汗)。
どんなコスプレがいいでしょうかねぇ。
どなたか案があればいただけませんでしょうか。

コスプレだけじゃなくて露出とかそーいう方向も合わせていこうかなと思います。
もうなんか思いっきりショタになるの確定っぽいですが…。
486名無しさん@ピンキー:2005/07/13(水) 23:25:30 ID:K+9Jkzz4
ネギには女装させるのが一番でしょうw
いっそ麻帆良の制服着せちまうなんてのは?w
487名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 01:07:21 ID:aA/qf2KA
>>485
*― ―)つ[スパッツ]

ネギきゅんを辱めるなら、チャオ特製・気密性超高いピチピチのスパッツですね
上半身は裸、下半身はティムポの形がくっきり浮かんだまま授業させられて、
「あっ、さっきまで左だったのに、今は右に寄ってるよ―――!」
「さっきより大きくなってるやん」
とか一々指摘されていぢめられ(その度に意識してしまい大きくなる)、休み時間はみんなから撫ぜ撫ぜされて大きくされます
またトイレでも脱げなくて失禁してしまいますが、おしっこが外に漏れなくて水風船のように膨らむのです
それをまたみんなにいぢめられて撫ぜ撫ぜされ射精、スパッツの中にどんどん射精しておしっこを漏らし、股間が膨らんでたぷたぷになっていきます
最後に吹っ切れたネギくんは液体で股間をぱんぱんにしたまま、生徒たちの前でおしっこを漏らしたり射精したりする快感に目覚めます
そしてスパッツの破裂という恐怖と戦いながら、みんなの前で射精しておしっこを漏らし、禁断の快楽を得ていくのです
なんちゃって


ここからは本題です。内容は鬼畜、苦手な方はスルーしてください
「京都事変6、刹那の願い(後)」
「ああああああああああ――――――!」
 人形の亜子は微笑みながら空気からガスを合成し、倒れている刹那に浴びせ続けている。火
や水を生み出す魔法を更に鍛え上げ、先鋭かつ高度な反応を可能にした化学物質精製の秘術で
ある。しかし、人間なら思考能力を奪われる濃度中で正気を保つ刹那を見て、亜子の空虚な眼
に微かに警戒の色が浮かぶ。しばらく観察していると、四肢の自由を奪われた刹那はついに追
い詰められ、新たな自由たる白い翼を現し、姿を見せることが最大の屈辱と感じる半妖態と化
した。刹那は烏族の混血たる本性を顕にしたのである。
「よくもやってくれたな、貴様!」
 亜子の前で白い羽が華麗に舞う。妖物と化した神鳴流剣士は普段より甲高い声を上げ、倍増
した妖気を気と混ぜ合わせて洗練し、新たな防壁として身に纏う。刹那は人間と妖怪の強さを
併せ持つ異形の力を解放し、鬼のような険しい顔で亜子を睨む。
「私は間違ってはいない! こうするしかなかった! なかったんだっ!」
 ダメージのせいでスピードは失われているが、半妖態の刹那の突撃は中堅の魔法使いや戦士
なら確実に屠る。しかし亜子は既に迎撃の用意を調えた。関西一の魔法機械工学の博士である
光仙の呪術式自動機械人形、その類の対策は万全である。
 刹那の突撃は空気中に轟轟と渦を生んだ。亜子の秘術により両手と注射器に空気が凝縮し、
真空に晒されたように暴風が吹く。亜子の気流の収束点に斬り込む刹那の渦は、亜子の秘術の
影響で勢いを失うことはない。世界中に遍在する魔力は刹那のベクトルを加速させ、亜子が形
成する魔力力場のポテンシャルを増大させる。
 亜子の障壁の一点突破から亜子全体の粉砕を狙う刹那に、亜子は精製した化学物質ストック
を全て熱エネルギに変換、火種なき魔力の火を可燃性の化学物質に合わせ、巨大な炎の壁を成
して刹那に発射した。
「…………うわああああ!」戦闘時間は1秒、切り札と秘術の激突は全力故に決着まで早い。
亜子の炎の壁に吹き飛ばされた刹那は、敗北の嘆きを発しながら床に落ちた。
 刹那の服は炭化して蒸発し、白い肌には無数の火傷ができていた。化学物質は終に刹那の五
感を蝕み、聴覚、触覚、視覚が狂う。しかも気も半妖態の妖気も使い果たし、体内の力は空に
なる。もう刹那は能力的にも、一般の者と変わらない。
「じゃあ、今度こそ、食べてまおか。桜咲さんの身体」
 半壊した屋敷の廊下の上で、倒れている刹那に被さる裸体の亜子。その滑らかな動きは刹那
に纏いを切望する衣の様で、静かに肌を重ね合わせる。
「あ、あっ……こ、これは…………貴様、いったい……!?」
「ふふふ……桜咲さん、ウチといっしょに寝てしもた時点で、あんたの負けなんよ」
「う、くぅ……止めろ、あっ、はああ……!」
 亜子の柔らかい肉の感触に刹那は、寒気に似た刺激を感じて思わず声を漏らす。人形の皮膚
は人造である故の、悪魔的な柔軟さと質感を有していた。亜子と触れ合い、擦れ合うだけで刹
那の皮膚は炎症を起こすように熱を帯び、見えない無数の穴が解放される感覚が生まれてくる。
「男と寝て情報を奪う機能なんて、めっちゃ古典的やろ? でも、あんたらが蔑んでた垂れ流
しの人形に狂わされるお前はウチ以下や。プログラムされただけのセリフでも、屈辱やろ?」
 未覚醒の性感帯に針を刺されるような刺激が、亜子に触れた肌中で生まれて刹那に送り込ま
れる。蟲が這うようなむず痒さが身体中に広がり、刹那は思わず床を爪で掻いた。爪が剥がれ
る激痛で理性が一瞬引き締まるが、またすぐに侵蝕されてしまう。
 人形の肌が性感を狂わず毒物だとようやく気付くが、すでに刹那は汚染され過ぎていた。
「桜咲さん、人間違たんやなあ。でも、これでお終いや」
 亜子は刹那の身体に手足を絡ませながら、紅潮して震える剣士の右頬を舐める。拒絶の意思
を浮かべる刹那の口を、亜子は微笑みながら犯した。唾液は件の薬物である。キスが終わると、
刹那の目は哀しげに歪んだまま光は失われた。乳房を生地を捏ねるように触ると、刹那は快感
に忠実な鳴き声を上げる。たまに唇が動くが、言葉が読み取れるレベルではない。
「ずいぶん、時間かかったなあ」
 刹那の手を持ち上げると、指に爪は1枚もない。刹那の周りに散らばる爪たちは彼女の最後
の抵抗だろうが、理性を繋ぐに10枚は足りなかったようだ。
 刹那の陰裂は十分湿っており、亜子は躊躇わず己の一物を刹那にあてがった。黒光りする一
物は大きいサイズだったが、捩じ込まれる刹那は涙を流して悦び、腹の奥の異物感に満足して
声を上げた。亜子は無言の反応を返し、淡淡と刹那の蜜壷を掻き回す。
「あはああぁぁあぁあ!はあぁあああぁあ!ひゃああぁあはあぁあぁ!」
 刹那は絶頂し続け、喉の奥から奇声を絞り出して悦んだ。亜子は刹那が昇天する度に精気を
吸い取り、やがて満足したように一物を引き抜いた。刹那の愛液で濡れた一物を、亜子は精製
したアルコールやオゾンで殺菌消毒した後、静かに体内に格納する。
「ごちそうさま、御陰でだいぶ回復したわ」
 完全な女体になった亜子は、刹那から優雅な足取りで立ち去る。刹那は絶頂の余韻と薬物の
影響から抜け出せず、意識は混濁していた。
 その時、亜子が去った反対側から、亜子に犯されて壊された近衛家の使用人や料理人たちがや
ってきた。男女問わず全裸で犬のように這い、身体は様様な体液で汚れている。全員が亜子に犯
されたわけではなく、亜子の薬物に侵され乱交した者が大半である。やはり穴の主の顔は奇麗な
方が良いのだろう。美少女に分類されるであろう刹那を見ると、動物に退化した人間たちは悦ん
で群がり、刹那を背中に乗せて巣に運んでいった。
 勿論、男女問わず何倍もいる仲間たちといっしょに、刹那の身体を楽しむためだ。

***関西総本山大広場***
 ほーちゃんなる金属の樹怪は外部の敵を排除する為に総本山から遠ざかり、大広場には数本の
根が飛び出して蛇のようにくねり、妙な動きが起きないかを監視している。監視対象の1つは勿
論、手足を破壊されて動けなくされた亜子である。しかし、
(…………あと、3メートルぐらい…………もうちょっと、もうちょっとや……)
 銀の根たちに気付かれないほど遅いスピードで、身体だけを使って亜子はじりじりと動いてい
る。向かう先には惨殺された巫女たちの遺体が転がり、血の海が広がる悪夢の場所。見ただけで
気を失いそうになるが、しかし、今の亜子には起死回生の栄養源である。
 その思考は実に化物で人間離れしたものだと自嘲しながら、他に手はない。
(もうちょっと……もうちょっとで、前みたいに、みんなと…………!)
 吸血衝動を克服した今、亜子の目的は只1つ。事件が起こる前の生活に戻ることである。
 この件が終われば久々に関西の家族と合い、その後は人間として学園に復学し――――本来送
れるはずだった、穏やかで平和な生活を享受できる―――そう自分に言い聞かせる。
 まき絵や裕奈たちは成長し、これから高校、大学に進み、そして大人の女性へとなっていくだ
ろう。逆に、歳をとらない亜子はいずれ人間社会から排斥される。それは避けられない。
(……それは、もうええ…………人間に戻ることはもう、とっくに諦めたんや……)
 ゆっくり、ゆっくり、カタツムリのようなスピードで、亜子は血溜まりに向かい、進んでいく。
 壊された手足の激痛に耐えながら、声を押し殺し、歯を食いしばり、進んでいく。
 ささやかな願いに向けて―――進む。
(でも、ウチはもう1回、人間として生きる……! もう1回だけ、みんなといっしょに……)
 裕奈と、和美と、夕映と、アキラと、美砂と、明日菜と、美空と、円と、クーと、ハルナと、
 まき絵と、桜子と、真名と、チャオと、楓と、千鶴と、風香と、史伽と、聡美と、千雨と、
 のどかと、夏美と、あやかと、五月と、ザジと―――。
 ネギやエヴァや茶々丸も。木乃香や刹那も。
 サッカー部のみんなや、別クラスの友達や、別の学校の友達や、両親や兄とも。
 決して悔いを残さないように。
 絶対に悔いを残さないように。
 限られた時間を、亜子に関わる全ての人といっしょに、
 必死に生きる。
 人間としての生活を、必死に、大切に生きたい。
(もう一度、人として―――)

***関西総本山領域***
「今宵よりこの国で「人」とは」「これまでにない、新たな意味を持つことになるわ」
 千草や他の脱獄囚の集団に近づきながら、ほーちゃんの上からさゆとふみは宣告する。
「人は即ち魔法使いを指す」「これまでの人は非人に過ぎない」「この国は私たちのもの」
「そもそもこれまでが間違っていた」「元より優れたる私たちこそが、世界の主体であるべき」
 さゆとふみは無邪気に笑いながら、街の廃墟を蹂躙し千草たちに向かってくる。わずかな生存
者も遺体もほーちゃんの巨体に押し潰され、ついに巨体の影が千草たちを覆う。
「お前等、京都を焼き払うやなんて正気か! 主義主張立場は違えど、ウチらの仲間やぞ!」
 千草は降伏するどころかさゆとふみに激昂し、フェイトはそれを意外そうに見つめている。
「この一帯は数こそ少ないけれど」「街中に近衛家の術者が潜んでいる」「沈黙の結界を解除し
た以上、彼らはおそらくゲリラ化して私たちに抵抗する」「ならばもう、街ごと浄化しちゃえば
いい」「この一帯を滅ぼすのは既定のこと」「どうせ誰も介入できない」「また京都で、殲滅魔
法の爆発が起こったことにすればいい」「証拠も証人も灰と化す」「つまり、お前たちも♪」
「天ヶ崎千草」「もうお前は必要ない」「その愚かなまでの行動力を見込んでこそ」「御前様は
没落寸前の天ヶ崎家を支援し」「関東に対し工作するための駒として再興されたのだ」
 さゆとふみは微笑み、そしてかつての仲間を切り捨てる。
「三条家が直に動き出した今、お前は用済みなのよ」
「大戦で犬死にした親に、そろそろ会いたいでしょう?」

***関西総本山領域、境界付近***
 目覚めた千雨は眠り続ける楓を見て、カモで楓を叩いて起こす時間を節約した。
「一体何が起こったんだ? くそっ、気が付いたら意識を失ってたのか?」
「拙者としたことが、油断したでござるな!」
 自分の身体の異常を確認するたんこぶ付き楓の前で、千雨は携帯やパソコンが使用できないか
を確かめるが、やはり情報機器は不通のままである。横ではやはりたんこぶ付きカモが時間を確
認したが、どうやら楓たちが昏睡していた時間は数十分のことだったらしい。
 総本山が発動させた沈黙の巨大魔方陣の影響で眠らされていた楓たちは、防衛システムがほー
ちゃんにより解除されて数分後に目を覚ましていたのだが、それは今の楓たちには分からない。
「これからどうする? くそー、やっぱ繋がらねえ。これじゃまるでゼロ・スパイダー事件だな」
 千雨は不愉快そうにパソコンを畳み、自分のカバンに押し込んだ。何らかの魔法の影響がこの
地域に現れた以上、場所を移動する必要があることは既に理解している。
「ゼロ・酸っぱい?」部屋を出ながら、楓が間の抜けたことを言う。
「ゼロ・スパイダーだ」千雨は早足で歩きながら説明する。「何年か前、インターネットが今み
たいに発展してなかった時代に、ゼロ・スパイダーっていうウイルスがネットワークを完全に支
配したことがあったんだよ。米軍の原子力潜水艦が暴走して世界的な危機だったんだが、よく分
からんうちに解決したらしい。私は当事者じゃないし、瀬流彦やネギ坊主も知らないかもしれな
いが、新田とかなら当時に経験してるはず。とにかく、その時もネットワークの不通が起きた」
 千雨を抱いた楓は、旅館の屋上に音もなく着地した。状況を判断するには高所にいる方が有利
であろうという、常識的な判断でったが、それは正しかったことを楓たちは確信した。

 雪が舞う夜、街の地平線―――総本山の辺りが赤く燃えていた。
 街全体が炎に包まれている。何が起こったのかは分からないが、大規模な戦闘があったのは間
違いない。亜子や明日菜にネギ、月詠や小太郎、その他関西の勇士たちはどうなったのか?
 そして、反対側にも異変が起こる。

「なんだ、あれ……」

 総本山とは反対側の街の地平線、街並みの少し上空に光の帯が広がり、その上に正体不明の集団
が展開していた。数千、否、数万の式神らしき異形と人間たちの姿、上空には無数に緑色の光が飛
びまわり、やはり数千の式神らしき影が見える。集団を見た千雨は「空中浮遊」と称して透明なガラ
スの上を歩く手品を連想してしまうが、向こうは手品ではなく明らかに魔法である。
「おいおいおい、冗談って言ってくれよ! 何考えてるんだあの連中……」
「それよりカモ殿、魔法使いが大衆の前で堂々とあのように、明かに魔法使いと分かる姿で大挙し
て行動することは、お主らの世界ではどう考えられているでござるか?」
「タブーなんてモンじゃねえ! あくまで世界の主体は普通の人間、魔法使いは人間社会に不干渉、
それが世界中の魔法使いの絶対のルールになってるんだ! それをあんな堂々と……」
 千雨たちの周囲の街からも、ざわざわ、と動揺の声が聞こえ始める。どうやら皆、昏睡魔法から
覚醒しつつあるらしく、件の異様な集団を見て混乱しているらしい。電話は不通でも警察署の近く
に住む者が通報したのだろう、パトカーの音が無数に近づいてくる。
 このまま件の集団が妙な動きをすれば、一気にパニックになりかねない。
「ラジオで火星人が攻めてくると流れるより、インパクトが強い光景でござるな」
「あれ……まさか軍隊か!? 冗談じゃねえぜ…… 魔法大隊何個分だよ!?」
「タブーでも、情報機器が使えないと映像も音声も外部に送れないから、あいつらは告発されない
よな……」千雨が状況を分析して呟いた。「情報機器の不通の犯人はあいつらか?」
「まさかとは思うが、一般人を攻撃してくる可能性はどうでござるか? あれだけの大集団、
拙者の部活ではあるまいし、みんなで夜のお散歩中というわけでもないでござろう……」
「それは絶対にないぜ! 魔法使いの世界では、魔法による人間への攻撃禁止は大原則だ!」
 その時、光が眩く夜空を照らした。軍勢から放たれた光は無数に、街中に均等に広がっていく。


「考えてみればカモ殿、その原則はもう、とっくに破られているでござるなあ……」






 数十万の光の矢が降り注ぎ、雪で白ずんだ街が赤く染まる――――。
 三条・高司・華山院・東園寺、総勢3万、総本山へ侵攻開始。
498座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/07/14(木) 01:21:47 ID:aA/qf2KA
*― ―) ではまた
499名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 01:28:19 ID:v25J047P
座薬氏乙!
500名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 01:58:38 ID:i0HQFHx4
遅ればせながら、>>ベンジャミン内村氏
すごく良かったです!!
まさかこんなにもGJな朝倉SSを読めるとは……すごく楽しませていただきました。
シャレなんて言わないで、続き書いてください、お願いします。

501名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 02:04:46 ID:Ep0vVUjb
座薬氏GJ!!
502451:2005/07/14(木) 03:29:09 ID:B4KgImZW
内村氏も松雪氏もGJ!

パン粉氏に期待!
クーに期待!裸で待機!
503国士無双。:2005/07/14(木) 10:13:05 ID:RxWW4F4C
アニソンスレから覗きに来ました。
・・・・・・・・・・なんか、新人は入り込みにくいムードッすねえ…
俺っちもパロ文書いてもいいんでしょうか?
504国士無双。:2005/07/14(木) 10:38:02 ID:RxWW4F4C
ちなみに中身は「明日菜フタナリ化」×クラス全員なんですが…
既出でしょうか?
505天子:2005/07/14(木) 10:48:15 ID:4RL6IdUY
>>503
ああ、書いていいぜ
許す

>>498
おい、座薬
もっと推敲しろやボケ
お前ならもっと上質なもん提供できるだろ
手ぬいてんじゃねーぞ?
506天子:2005/07/14(木) 10:57:09 ID:4RL6IdUY
おい、それから早漏非!
俺の萌えスレも立てとけや
仕事が遅えんだよボケ。ほんと使えねーな
507天使 ◆N3HKjbuX8I :2005/07/14(木) 11:50:58 ID:RcUEcr7B
464の天使さん
天使はホンモノの天使だよ?
でも、悪いことしない天使なら、天使の友達になれるんだ

あのスレは天子さんにあげますね
508313:2005/07/14(木) 12:53:20 ID:xEIIYHy+
執筆中にリアルタイムで>>448のURLから最終回のレビューが消えた…orz
ほかに詳しいレビューがあるとこってないのか…。
509313:2005/07/14(木) 13:13:23 ID:xEIIYHy+
おっと忘れてた。

>>470
いえいえ。
ネギ×刹那といい今回のといい、引き込まれるものがありますよ。
GJでした!

>>松雪氏
言葉を選んでここまでエロくできるなんてGJです。
次回も期待しますよ!
510名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 13:57:31 ID:a0/dMH5H
       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | -=・=- -=・=-  |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三

ムーミンはインパクトがある作品を期待しているようです
511ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/14(木) 14:35:06 ID:KpVtQ7Yj
松雪さん及び内村さんGJ!
さすが上手ですね。感嘆させられるばかり。
あと2〜3日したら、亜子の搾精SSをUPできそうです。
512名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 15:09:23 ID:PYtHTYo5
職人の露骨な態度がすげースレだな。めずらしい。
513堕天使 ◆idZRx8pOWQ :2005/07/14(木) 15:45:32 ID:+AM4i4Fc
ある種の感じの悪さではエロパロ板随一なんだよ
514大天使 ◆a4kq1QNHgA :2005/07/14(木) 16:01:31 ID:7HJYPrO1
ここは職人と住人が仲良く暮らす楽園だよ♥
職人のみなさん、どんどんSS登校してくださいね♥
515天子:2005/07/14(木) 19:57:23 ID:4RL6IdUY
違うね
ここはオレ天子様が卑賤な職人どもを支配する帝国だ
職人は牛馬のように俺に奉仕すればいいのさ!
516国士無双。:2005/07/14(木) 20:15:54 ID:2Wxyja4M
…なんかおkっぽいんで、明日レスします。(ぇぇぇ!?
今晩は忙しいんで、少し待っててください。
GJっていわれたいなぁ…(マターリ)
517名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 20:21:28 ID:s0fMmGxA
>>488-497だけ読んでネギまSSだと分かる奴はいないと思うぞ・・・
518名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 21:25:10 ID:cmN3XajH
>>516
ところでまずsageたほうがいいと思うが。
519名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 22:05:19 ID:rASPaFWp
まぁ今更なんだが・・・

座薬氏の作品って正直ネギまじゃ無くてもいいよね
520大天使 ◆a4kq1QNHgA :2005/07/14(木) 22:12:50 ID:2iY1HVU2
>>519
そんなことないよ♥
わざとかも知れないけど、一応言うと、
sageじゃなくてsage(半角)だよ♥
521名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 22:33:05 ID:KP+LDtKk
レズネタ多いと飽きるけど、無いと読みたくなるな。


というこの局面で、甘々このせつを希望する俺は勝ち組。
522名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 22:41:45 ID:VNP6Uhzj
いや負け組
523名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 22:49:39 ID:jd9JMuFY
いや勝ち組
524名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 22:56:50 ID:Q/c6G9/H
>>521
よし、日々の妄想力を使ってSSを書くんだ
525名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 22:57:07 ID:OgmQWJTH
age
526名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 23:13:44 ID:EDtILhj/
ネギまの作品だからこそ座薬さんと出会えたんだ!!

と言ってみる
527名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 23:20:02 ID:GLAShEB5
>>521
むしろブラックなこのせつを希望する俺こそがクギリティ
528名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 23:25:46 ID:Q/c6G9/H
>>527
ブラックと言う事はこのかの刹那に対する独占欲が暴走するのか‥
529名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 23:31:10 ID:GLAShEB5
>>528
暴走このかとぶっ壊れた刹那の恐怖のものがたりですわね
530名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 23:36:09 ID:s0fMmGxA
>>529
それこそ座薬長編の出番だろうw
531名無しさん@ピンキー:2005/07/14(木) 23:41:36 ID:OplUlje+
>>527
つかクギリティとか言ってる割にはネギ×釘宮は希望しないのなw
532松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/15(金) 00:07:41 ID:ub0+KJJb
>>内村氏
ありがとうございます。あなたのSSもGJです。
ナギの件ですが、確定させてないのはわざとです。
理由は「ただなんとなく」ですがw

>>次回作について
今、マナの過去の話とか書いてたのですが、エロ比率が以上に低い上に、
100行ほど書いてもまだマナが出てこない、とゆーか男しかいねえ、
という状況でして、これはここに投稿するようなものではないなと思い、
結局、何もできてない状況です。
…甘々このせつ、書こうかな。
533名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 00:28:40 ID:lWUKX0HZ
最近は職人の移り変わりが激しいねぇ
今に始まったことじゃないけど。
534天使 ◆i3sOTtfkOc :2005/07/15(金) 01:13:16 ID:RBd2VPLK
まぁまぁ
535名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 01:14:19 ID:2BdpdPHI
今は誰が人気無いの?
536名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 01:25:06 ID:btsMbZHb
座薬
537名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 01:31:25 ID:bwMqExIu
座薬さんは人気ある。人気ないのは……






















天子
538小天使 ◆.ZfWgAl0Y2 :2005/07/15(金) 02:03:46 ID:I9X+5zG9
天使一族はSS書いた事なんてないよ
539名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 03:05:32 ID:Nbehcinr
ではここで一つ天使一族のリレーSSを・・・いや、なんでもない。忘れてくれ
540天使 ◆.DYrDcRAXA :2005/07/15(金) 03:37:26 ID:UvEbEfJ1
>>539
もう遅いよ?

始業チャイムの音が鳴り響くと同時に、ネギは教室の中に入った。
ネギの視線は教室に入るや否や、とある生徒の席の方へ向かう。
春日美空。
その机の持ち主は、ここ何日間か学校に来ていない。




天使さん続きどうぞ。
541小天使 ◆.ZfWgAl0Y2 :2005/07/15(金) 05:04:48 ID:I9X+5zG9
じゃぁ試しに書いて見たよ


「春日さんは今日も欠席…ですね」
これだけの長期に渡る欠席…勿論、担任であるネギが彼女の事を心配しないはずもない。
しかし、学年主任からは「彼女の欠席については不問とするように」との通達を受け取っていた。
詳しい事情はよく分からないのだが、彼女の他にもミッション系に関わりのある生徒達幾人かが長期に渡って欠席しており、
その担任教師のいずれもが、学園理事側から「不問にせよ」との通達を受け取っているとの事であった。
これは一体どういう事なのか…魔法教師であるネギですら、何が起こりつつあるのかを掴む事ができずにいた。


「天使は本当にいるんだよ?」
「あっはは!史伽がまた変な事言ってる〜」
お姉ちゃんはそう言って、またいつものように私を笑うのです。
私達は仲良し姉妹、何をするにもいつも一緒。
けれど時には意見が真っ向から食い違う事だってあるんです。
そう、例えばそれは…今みたいに、天使の存在を信じるかどうかであったりだとか。
幽霊を怖がるわりに、お姉ちゃんはその他のオカルト的要素に懐疑的な場合が多いのでした。
「天使でござるかぁ…まぁ史伽らしいと言えばらしいでござるよ」
「そうですね、純粋な心を持ち続けられるというのは素晴らしい事だと思うです」
「私もふみちゃんのそういう所、好きですぅ」
かえで姉も、夕映ちゃんも、本屋ちゃんも…みんなが、私を笑ってる。
でも皆は気付いていないのです…「可愛いらしいねぇ」と言わんばかりのその態度が、どれだけ私の心を傷つけるのかを。
「うぅっ…も、もういいですっ!ふんだっ!!!」
今にも泣きそうな私、けれども歯を食いしばって我慢です。
いつもなら放課後は下校時間ぎりぎりまで皆とお喋りするのだけれど、今日はとてもそんな気分にはなれませんでした。
「あっ、ちょ、ちょっと史伽ぁ…ゴメン、怒らせちゃったなら謝るからさ…」
机の上に置いといた鞄を手に掴み、振り返りもせずにそのまま教室を走り出て。
私は逃げるようにして学園校舎を後にするのでした。

「天使は…天使は、本当にいるもん…」
寮に戻る気にもなれず、私は一人寂しく裏山の小道を散歩していました。
542小天使 ◆.ZfWgAl0Y2 :2005/07/15(金) 05:11:59 ID:I9X+5zG9
この時間は訪れる人もほとんどおらず、静けさが辺り一帯を支配しています。
気付けばいつしか…私の目の前には世界樹が、その大きな姿を現していました。
「いつの間にかこんな所まで来ちゃったんだ…」
静けさの中に入り混じる、世界樹の葉と葉が擦れ合う音。
風が吹く度により一層にぎやかとなるその音は、今の私にとっては安らぎをすら与えてくれるものでした。
「何だか、神秘的…」
天使が降りてくるのだとすれば、それはきっとこんな場所なのでしょう。
それ位…今の私にとってこの世界樹は、神聖なものに見えたのです。
とその時。
「あれ…今、世界樹がほんのちょっとだけ光ったような…?」
目の錯覚かも知れません。
けれども、私には世界樹の枝がかすかな光を纏ったようにも見えたのです。
しかしそれも一瞬の事、後にはいくら目をこらそうとも、そこにはいつも遠くから眺めるのと何ら変わりのない、
普段通りの世界樹がそびえ立っているだけでした。
「…目の錯覚、だよね」
さっきまで半分泣きべそをかいていたのだから、きっとそのせいです。
私は目をごしごしと擦ると…せっかくここまで来たのだからと、世界樹の枝に登ってみる事にしました。
まずは樹の幹に手をつけよう…とした、その時です。
「史伽…史伽…」
「…え?」
何処からか私を呼ぶ声が聞こえてきました。
「…上?」
声のした方を見上げれば、そこには…。
「…あ…えっ、て…天使様…っ!?」
白い衣を身に纏い、真っ白な羽を背に生やした…そう、まさに絵本の中に出てくるような姿をした「天使」が
世界樹の枝に腰掛け、私の事を呼んでいたのです。
北欧系のモデルのように整った体つき…やや中性的な顔立ちですが先程の声色から考えて女性でしょう、
正に「美少女」としか形容しようのないその顔に、柔らかな笑みを浮かべて。
彼女はその羽を大きく羽ばたかせると、高みの枝から私の目の前へと
まるで重力を感じさせないかのように優雅な動作で降り立ちました。
「天使様…や、やっぱり…天使は本当にいたんだっ!」
天使に会えたというのも驚きでしたが、今の私にはその驚きよりも「天使が実在した」事の喜びの方が勝っていました。
543小天使 ◆.ZfWgAl0Y2 :2005/07/15(金) 05:13:22 ID:I9X+5zG9
天使は天使一族の皆の続きを待ってるよ
544天使 ◆bdWvqQO09. :2005/07/15(金) 05:14:06 ID:Ft7sV1Mw
ネギが、最前列のいいんちょの方に向き直る。
「春日さんは今日も欠席ですか?」
「ええ、そうみたいですわ」
ネギはそれっきり黙ってしまった。
(やっぱりあの事が原因なのかな?)
その表情を訝しく思う者がいた事を、その時のネギは知らなかった。


書いたよ?
545天使 ◆bdWvqQO09. :2005/07/15(金) 05:16:18 ID:Ft7sV1Mw
小天使 ◆.ZfWgAl0Y2 と被ったよ?
ゴメンね? 本当にゴメンね?
代わりに続きを書くよ?
546天使 ◆bdWvqQO09. :2005/07/15(金) 06:47:36 ID:sdr2fDMJ
目の前で優雅に微笑んでいるその姿を見て、
私は尋ねずにいられなくなりました。
「あの……、あなたは天使様ですか?」
自分の声が耳に届いて、
初めて自分がなんて恥ずかしいことを聞いたのかに気づきました。
その恥ずかしさに俯いてしまいました。心なしか顔が熱いような気がします。
こんな事を聞いて、怒ってないかと心配になって私はゆっくりと顔を上げました。
天使様は、さっきと変わらず、柔らかな笑みでそこにいたのです。
私はほっとしました。怒らせたわけじゃないと分かったからです。

天使様はゆっくりと私に語りかけます。
「史伽、あなたはどうして私を呼んだの?」
綺麗で透き通るようなその声に私は心を奪われそうになりました。
「わ…私が呼んだ?」
「ええ」
「ど…どういうことですか?」
その質問に天使様は答えず、ただただ私に優しく微笑んでいるだけでした。
私は、その笑みに言いようのない心地よさと、
心の奥まで見透かされているような不思議な感じに包まれました。
天使様の手が私の頬をゆっくりと撫でます。
その手はとっても暖かくて、いつまでもいつまでもその暖かさを感じていたいと思いました。

547天使 ◆bdWvqQO09. :2005/07/15(金) 06:48:41 ID:sdr2fDMJ
「天使は信じていれば必ず現れるのよ、信じていれば……ね?」
不意に口を開いた天使様の言葉が、私の心まで温めてくれるようでした。
「あなたの望みはなあに?」
天使様が優しく、私に尋ねます。
私は、天使様になら心の内を隠すことなく話せると思いました。
かえで姉の顔、夕映ちゃんの顔、本屋ちゃんの顔。
そして、お姉ちゃんの顔。
みんなの笑顔が頭に浮かんできました。
いつも大好きなみんなの笑顔。
見ているだけで穏やかな気持ちになれるみんなの笑顔。
でも今日の私は違っていました。
さっきの出来事のせいでしょうか。
みんなの笑顔がまるで私をバカにしているような、
そんな風に見えました。

「私だって、子ども扱いされたら傷つくです…」
そう言った拍子に、私の目から涙が流れました。
涙を隠すように、再び俯いてしまいました。
天使様の手が私の頭を撫でてくれました。
「あなたの願い、分かったわ」
「えっ?」
顔を上げると、そこには私を優しく見守る天使様の眼があって、
吸い込まれそうな瞳に、私の頭はぼうっとしてきました。
最後に天使様が何かを言った気がしましたが、私の耳には届きませんでした。
私は無意識に眼を閉じました。


その日、史伽が風香達のいる寮へ戻る事はありませんでした。
そして、史伽は次の日から学校に来なくなりました。


548天使 ◆bdWvqQO09. :2005/07/15(金) 06:49:43 ID:sdr2fDMJ
天使も天使一族のみんなの続きを待ってるよ?
549天子:2005/07/15(金) 10:17:53 ID:WDAt85GG
お前らいい加減にしろよ
「待ってるよ?」じゃねーよ
550国士無双。:2005/07/15(金) 10:38:56 ID:TEchXtxq
やっと時間がとれたので、>>552から書きはじめます。
551名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 10:42:18 ID:AoUIXPLI
>>550に支援
552国士無双。:2005/07/15(金) 11:41:52 ID:AUR454GO
(舞台はアニメ最終回、明日菜の誕生日前夜祭にて。)
朝倉:それじゃー、今日の主役から一言どうぞー! 明日菜:えっ?そんな急に言われても…
朝倉:いいから早く! 木乃香:明日菜ガンバー♪
その他:………。
明日菜:………………。
朝倉:明日菜?どーしたの? 明日菜:…ケテ。 朝倉:何?きこえないよー。
明日菜:みんな、助けて!私このままだと…
    フタナリになっちゃう!!
一同:……は?
553国士無双。「呪縛。」:2005/07/15(金) 11:43:00 ID:AUR454GO

さよ:(あの…朝倉さん?フタナリって何?)朝倉:(君は覚えなくってもいい言葉だよ。)
祐奈:(??? 明日菜酔っ払ってんのかなぁ?)
夕映:(明日菜さんまでパルの毒に蝕まれましたか…)パル:(んんん?夕映っち失礼も甚だしいよぉ〜。)
夕映:(…聞いてたんですか)パル:(明日菜はまだ手をつけてないよ〜。)夕映:(「まだ」ってなんですか!?)
亜子:(??? 明日菜何言ってるンやろ?) 大河内:(これじゃあ、スク水はもう着れないな…) 亜子:(そこが問題かーい!)
美沙:(くぎみー、明日菜何言ってるのぉ?) 椎名:(そーだよ、くぎみーなら知ってるっしょ?) 釘宮:(くぎみーって呼ぶな!)
美空:(まあ、なんてはしたない単語を… 主のご加護がなくなりますよ!)
茶々丸:(マスター、「ふたなり」とはどう言う意味の単語ですか?)
エヴァ:(男とも女ともやれて便利なのに…アレは何が不満なんだ?) 茶々丸:(マスター、うらやましいのですね?)
エヴァ:(ち、ちがう!) 茶々丸:(了解しました、マスター。) エヴァ:(こらー!!)
木乃香:(せっちゃん、明日菜何言ってるの?) 刹那:(わ、私にもわかりません、お嬢様。)
木乃香:(またお嬢様って言う〜) 刹那:(すすすすいません!)
古:(明日菜なにいってるアルカ?) 超:(久しぶりに見るアルネ)
葉加瀬:(見た事あるんだ〜。) 超:(ワタシの村の半分はこうだたネ) 葉加瀬:(えぇ〜?)
まき絵:(??? 明日菜ってば何いってるの?) 風香:(まき絵ってガキンチョだもんね〜)
史加:(…お姉ちゃん、人の事は言えないと思うんですが…)
真名:(これで5人目か…) 楓:(それは今まで寝てきたフタナリの数でござるか?) 真名:(…ちがう。こう見えても一応処女だぞ。)
楓:(んんんー。巫女業も大変でござるなー) 真名:(今ごろ気付いたのか。)
千鶴:(まあまあ、明日菜さんも大変ねぇ。これからどう接していこうかしら?) 夏美:(ぁぁぁぁぁ、明日菜さんまでちづ姉のおもちゃに…なーむー。)
千鶴:(…夏美さん、なんか文句でも?) 夏美:(ひぃ!なんでもありませーん!)
長谷川:(なんなんだよ…そんな非現実的な単語をこう言うとこで言うか?しかもみんなして信じてンじゃねえよ!)
五月:(どーすんでしょうね〜、明日菜さん。)
ザジ:(………?)
554国士無双。「呪縛。」:2005/07/15(金) 12:17:29 ID:AUR454GO
(その夜は結局パニクるだけで終わってしまい、翌朝。寮の食堂にて)
ネギ:長瀬さん…あのう…フタナリってなんですか? 楓:早い話が、明日菜にチ○ポが生えてくるってことでござるよ。
ネギ:えええっ!!ボク、図書館島へ行って呪いをとく方法を探してきます! のどか:あっ、わたしもいってきます!
楓:ん〜早とちりもいいとこでござるな〜 エヴァ:まあ、大体それっぽいからそうだと思ったんだろ。
(一方、そのころ明日菜と木乃香の部屋では…)
木乃香:ねえ明日菜〜このでっかく生えちゃった奴どうすんのぉ?
明日菜:んん〜、今冷静になって考えれば、命の方に別状はないし…そんなに騒ぐようなことじゃなかったのかな?
木乃香:だけど明日菜のチ○ポ、本当に大きいな〜巨根っちゅうのかな?パイパンやのに。
明日菜:関係ないでしょ!
木乃香:でも、何でこんなにぴくぴくしてんのかいな〜?明日菜って思ったより淫乱〜?
明日菜:朝起きていきなり他人のチ○ポいじっている人には言われたくないって!
木乃香:アカン…ウチなんだかうっとりしてきたわ〜 明日菜:ちょっちょ、やめてよ!
木乃香:なんかわからんけどな、これをむしょ〜にシャブりたいねん 明日菜:ななな!!
木乃香:あ〜もうだめ。たべちゃう。 明日菜:ちょっとホントにやめ…んああ?
木乃香:ンンン… 明日菜のもの、本当に大きいな〜。口に入りきらんわ〜
明日菜:だから無理して咥えなくっていいから! 木乃香:ん〜、でも我慢できへんねん
明日菜:んん? だからって…ああ? ちょっとマジでイッちゃいそう…
木乃香:ンンン… 明日菜〜口ん中だしてえ〜 明日菜:そんな変態なこと・・・あっあっあっ?でちゃゥ〜〜〜〜?
ドクッドクドクッ!
明日菜:んはあ…? 木乃香:んもうあしゅなだひふぎ〜
明日菜:だからやめてって… 木乃香:またやろうな♪ 明日菜:………。
555国士無双。:2005/07/15(金) 12:20:30 ID:AUR454GO
…ここでひとまず明日菜×木乃香の第一話はおわりです。(短ッ!
どうでしたか?
556国士無双。:2005/07/15(金) 12:25:44 ID:AUR454GO
今ん所、他にやろうと思っている組み合わせは、
×刹那
×鳴滝姉妹&まき絵
×茶々丸
×千鶴&夏美
×いいんちょ
×美空
×パル&夕映
…と言った感じです。
(他の組み合わせもない事はないんですが、本番の中身がまだ未定なんです。ちなみに、ネギにはやらせません。)
557名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 13:13:47 ID:AoUIXPLI
ここはやっぱり王道と言う事で、×委員長&×刹那をキボンヌ
558名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 13:22:42 ID:MkBkuzm4
天使一族クォリティタカスwwwwww
559名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 13:56:06 ID:z1IWHJRe
>>556
真っ先に美空なめんなをお願いします。
560名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 14:20:14 ID:AN3MfjQA
乙〜。てか「フタナリになっちゃう!!」に死ぬほどワロスww
561国士無双。:2005/07/15(金) 14:23:25 ID:3Hwoa9qy
中身の方は合格ですか?
562名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 15:55:38 ID:5O2D4ajZ

中身はいいと思うが、
改行をした方がよろしいかと。
563天抜き ◆iZK4YRK6jk :2005/07/15(金) 17:29:59 ID:yoeNSrCX
いまいちネタが思いつかない…鬱だ…

『今更ネタにするのも』

朝倉 「皆ー、なんかいいネタ持ってない?」
さよ  「うーん、無いですね…」
茶々丸「該当するデータはありません」
楓   「無いでござるな」
ネギ 「すいません、知らないです」
朝倉 「アンタら……いや、やっぱりいいや」

SS保管庫の人にお願いがあります。
こういう連作じゃない一つだけのネタは保管するなら同じページに放り込んで置いてください。
少しずつ書いていきますんで…。
564ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 19:57:52 ID:k3YfF/39
褌SS第二回、投下させていただきます。
いよいよ褌登場。刹那に迫る魔の手。せっちゃんにげてー。

【忍者×剣士×魔法使い 褌SOS! 第二回】


背後からの声を聞いた瞬間、刹那の身体がスパッツを下ろした状態のまま硬直した。
ぎ、ぎぎぎ……と、まるで錆び付いたブリキの玩具のように首だけが捻られる。
「……な、長瀬、さ、ん……?」
ひくひくと口の端が引きつり、刹那の頬を冷や汗がつたった。

ほど近い後方から──最も隠すべき場所を見られていた。
スカートをまくりあげ、身体を前に倒して、ぐいとおしりを突き出しスパッツを脱いだ状態を。
あまりにも唐突に不意をつかれた状況に、脳から身体への伝達機能が停止する。
動けない。視線は楓に釘付けになっていた。身軽な動きで楓が歩み寄って──。
(き、きっと、彼女からは私のおしりのあ────)

「ふむ。尻穴も綺麗でござるよー」

「〜〜なぁッッ────!?」
思い描いていた言葉の末尾が、驚愕と共に悲鳴として現出する。
固まっていたとはいえ、楓から目を逸らしたりはしていなかった。
ほんの、瞬きの瞬間。
「入り」の気配さえ悟らせない完璧な瞬動術で、楓は刹那の真後ろへと移動していた。
単純な戦闘能力では刹那に一日の長があるかもしれないが、こと俊敏さ、敏捷性においては忍者にかなうべくもない。
烏族の羽を使えば、速度で勝ることは出来るだろうが──それも、直線に限ってのことだろう。

…そんな戦力比較はともかく。刹那の悲鳴の元凶は。
おしり丸出しで腰を突き出す刹那の後ろにしゃがみ込み、尻たぶに手を添えて秘部を覗き込む楓の姿であった。
565ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 19:58:38 ID:k3YfF/39
むにゅっ。
刹那のおしりに楓の細く長い指が深々と食い込む。
ぎゅう、と尻肉の片方がつままれ、青空の下で完全に露になる刹那の肛門。
「っ──! な、長瀬さん何をッ!?」
「あー、泥で白い尻がどろどろでござるなぁ。
 おやおや、服も大変なことになっているでござるよ」
困惑の声を無視して、楓はニンニンと笑いながらむにむにと刹那のおしりを撫でさする。
「あっ、ちょ、やっ、やめてくださ────……ッ!?」
いじくり回され、ぞくぞくとむず痒い感覚が走る。
この感覚はいけない――と直感して長瀬を振り払おうと身をよじったとき、刹那は決定的な違和感を覚えた。
(……動けない──……!?)
首など、わずかに回すことは出来るのだが、脚や腕など、この場から動こうとする術が何一つ使えないのだ。
驚きの眼を楓に向ける。
──何かしたとすれば彼女しか考えられない。
向けられた視線を受け流す、糸のように細い目。目の色は伺えない。
動けない身体のままで鋭く睨み付けると、楓はようやく口を開いた。
「影縫いでござるよ」
「…かげ、ぬい…?」
顎で示された先は自分の足元。
ゆっくりと視線を落とすと、地面に出来た影に何か針のようなものが刺さっていた。
「──ッ、忍術かっ……!」
「んー、なんのことでござるかなー?」
ふふふ、と実は南斗神拳の伝承者だった男のような笑みを浮べてしらばっくれる楓。
その飄々とした態度に、刹那の割と低い沸点は臨界間近であった。
そして、臀部のみならず体中をまさぐる手に、刹那の怒りは沸点を超える。
思い切り怒鳴りつけ────ようとしたちょうどその瞬間。
ぱっ、と楓の手が身体から放された。
566ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 19:59:37 ID:k3YfF/39
「ほい、これで取り敢えず泥はあらかた取れたでござる。汚れたままにしておくのはいかんでござるよ?」
ぱんぱん、と泥に汚れた自らの手をはたきながら、すっきりした表情で立ち上がる楓。
ニンニンと呟きながら、刹那の足元に刺さる針を抜いていく。

いっそ羽を出してでも、「気」で影縫いを解いて反撃してやろうか──、
そんなことを思っていた刹那は、一気に気勢を削がれた。
──てっきり、このまま戦いになるかと思っていたのに。
事も無げに外される針。すぐに動けるようになった。
濡れたスパッツを穿きなおしてから、脚をぶらぶらと動かす。──何ら、さっきまでと変わったところはない。
ただ、身体に飛び散った泥を払いのけていてくれただけなのだ、と刹那は改めて実感した。
──急に、自分が矮小に思えて恥ずかしくなった。
「……すいません、長瀬さん。私、とんでもない勘違いを……」
「いやいや、そう思われても仕方ないことをしたでござるよ」
素直に頭を下げる刹那に、手を振ってあいあいと笑う楓。
しかし、ふと刹那の服と身体を見て眉を寄せる。
「とは言っても、大まかに泥を取った程度ではやはり泥の汚れは落ちきらんでござるな。
 それに水たまりで濡れてしまっているでござるし……」
腕を組み、思案する。
組まれた腕に挟まれて、制服に包まれた大きな胸がむにゅ、と形を変えた。
やがて何かに思い至ったか、手を叩く。

「刹那どの、拙者が制服と下着をお貸しするでござるよ」

満面の笑みで、そう告げられた。
「……あ、いや、長瀬さん。それは……」
「そのなりでは登校もできんでござろう? 拙者、近くで修行のために野営しているのでござる。
 そこへ行けば、替えの制服も下着もあるゆえに────」
567ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 20:00:15 ID:k3YfF/39
そこまで好意に甘えることはできないと刹那は考える。
──けれど、さっきの勘違いが負い目になっていた。
「……いや、そこまで、あの…………はい、…………オネガイシマス……」
…笑顔で助けの手を差し伸べる相手を無下に扱うことは、できなかった。


山を更に奥へ進んでいく。
跳躍と跳躍を繰り返してたどり着いた先は、山間に開けた場所だった。
恐らくはそこで野営しているのだろう大きめのテントが見える。傍にはドラム缶もあった。
周囲には綺麗な小川が流れ、そこで洗ったのだろうか物干し竿に無数の洗濯物がそよいでいた。

「ふむ、さすがに風呂を沸かしているヒマはないでござるか。
 では刹那どの。拙者はテントから制服と下着を持ってくるゆえ、
 そこで身体を洗っておくといいでござるよー」
「…え!? あ、ちょっ……!!」
刹那が制止の声をかける間もなく、ひょひょい、とテントに入っていく楓。
ごそごそと荷物を漁っているだろう音が聞こえてくる。
「…………うう……」
声をかけようかとしばし逡巡していたが、やがて諦めたように肩を落とす刹那。
とぼとぼと小川へと足を向けた。

(…だ、誰も見ていないだろうな……)
人里離れた山の、更に奥である。
人目などまずないと判っていても、太陽の下で全裸になることには抵抗があった。
とりあえず靴と靴下を脱ぎ、乾いた岩の上に置く。
小川のせせらぎに足を踏み入れる。清涼感が身体を駆け抜けた。
膝から下と、腕についた泥を洗い流す。冷たさが汗をかいた肌に心地いい。
これだけで終われるならまったく問題なかった。
568ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 20:00:51 ID:k3YfF/39

服の下にも泥は入り込んでしまっているし、髪も顔も汚れてしまっている。
どう控えめに見積もっても、脱がなくては綺麗に洗い流すことはできない。
その事実を痛いほど知らされた。
「〜〜ッッ…………」
迷いに迷ったあげく、スパッツを脱ぐ。
小川の水で洗って岩に広げて置いてから、ゆっくりと水面に向けて腰を下ろしていく。
スカートをまくりあげて、豪快に股間を晒して洗うことだけは憚られた。
なるべく濡れないようにしながら太腿と股間、そしておしりを洗う。

ちゃぷ…ちゃぷちゃぷ……。
「……ふぅ……」
中腰の体勢で見えない箇所を洗うことにはかなりの体力を消耗した。
それでも、ひとまずは綺麗にし終わる。
しかし、部分的に綺麗になればなるほどに、上半身の汚れが気になる。
コレも洗ってしまうには――やはり、まっぱだかにならなくてはいけないのだが。
「……う、う……、仕方がないかっ――!!」
一息に、ネクタイを外し、シャツを脱ぎ去る。引きちぎるようにサラシを外し、スカートも取り去った。
髪を束ねていたゴムも解く。
次々と脱ぎ捨てられた服は、すべて岩の上に積み上げられた。
そして、裸で小川に身をゆだねる。

バシャアァ――――
「――、気持ちいい……」
涼やかな水の中に、裸の少女がたゆたう。
水から顔を上げて、髪をかきあげた。もうそれだけで、汚れていた泥はすべて落ちきってしまっている。
――まだ泳いでいたかった。離れがたかった。
幻想的なその姿。しかし、夢見心地な空間は脆く。
かけられた声に、刹那は自分が何をしなくてはならないかということを知らされた。

「刹那どのー、上の方はサラシでもかまわんでござるかなー?」
569ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 20:02:36 ID:k3YfF/39
陸からかけられた楓の声に、驚いてすぐに小川から上がろうとする。
だが、自分がタオルも何も持っていないことに気付き、その場での待機しか術がないことを知った。
「お、綺麗になったでござるなー?」
楓は手に制服とバスタオル。そして、長く白い布を持ってきていた。
バスタオルを渡すと、刹那の制服をテキパキと水洗いして物干し竿にかけていく。
「…あ、どうも、すいません……」
バスタオルをかぶったままで申し訳なさそうに礼を言う刹那。
笑いかけながら、身体の乾いた刹那に白い布を手渡す楓。
「いやいや、困ったときはお互いさまでござるよ」

「――で、上はサラシで問題ないでござるな」
視線は、物干し竿にかけられた刹那のサラシに向けられている。
「…あ、はい。…というか、長瀬さんのブラジャーを渡されても……」
「…なるほど、大きさが合わんでござるな。そういえば」
そう言って、二人は笑いあった。

刹那は、手渡された白い布を見る。洗いざらしで、清潔さが感じられた。
もう時間はあまりない。早く下着と制服を着て、学校へ行かなくては――――。
「…………あれ?」
そこで、首をかしげた。
手にある白い布は、二本。――そして、パンツがない。
「長瀬さん、一本多いですよ? …それと、すいません。パンツを……」
その問いかけに対して返って来た返答は、刹那の顔をディフォルメ状態にしてしまうほどに衝撃的なモノだった。

「あー……。スマンでござる。今はそれしかないのでござるよ。ふんどししか……」
「…………、ふん、どし……?」


つづく
570ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/15(金) 20:03:28 ID:k3YfF/39
以上、ふんどしSS第二回でした。
……最後しかふんどし出てない…(汗)。締めてもないし。
いや、次回こそは、次回こそはふんどしです。ええそりゃあ。
それではまた。感想や意見などございましたら頂ければ幸いです。
571名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:09:33 ID:yoeNSrCX
これからふんどしでどうするか気になりますね、GJ!
572国士無双。:2005/07/15(金) 20:11:13 ID:AZd4GoXH
>>564-569
GJっす!
573国士無双。:2005/07/15(金) 20:16:08 ID:AZd4GoXH
んじゃ、(今日はもう無理ですが)おれっちの次回作、相手役はどれがいいですか?
 @刹那
  A美空
   Bパル&夕映
この三つから選んでください。
574国士無双。:2005/07/15(金) 20:17:03 ID:AZd4GoXH
決定権は>>575にします。
575名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:21:19 ID:4v9uE/5f
お帰りください。
576名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:22:35 ID:Uac1Yj1t
>>575
ワロスww だがしかし、それでいいのか?
577国士無双。:2005/07/15(金) 20:22:47 ID:AZd4GoXH
>>575
いやです。
578名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:28:47 ID:4v9uE/5f
>>576
いいよ。つか、書きたい人は自分が書きたいものを書けばいいと思うしさ。
リク受けるんなら、勝手にレス番で指名とかしなくてもいーじゃん。普通に聞けば。
>>574のフリじゃ、リクしないならレスせず待ってろ、ってことだろ?
579国士無双。:2005/07/15(金) 20:32:19 ID:AZd4GoXH
>>578
全員にやらせるつもりなんですが、自分では順番とかあんまし考えてないので。
しかも「なんでもいい」というのじゃなく、ちゃんと選択肢にしてますから!
ただ単に聞くぐらいいいじゃないか!
580名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:42:09 ID:4v9uE/5f
>>579
理由を書いたんだから、ちゃんと読んでくれよ。>>574でリク募って、
>>575で決めろ、と言うのは、リク希望しない奴&SS投下したい他の職人
のこと考えてないでしょ? 誰も聞くこと自体が悪いとか言ってないじゃん。
あんたの専用スレじゃないんだから、幾らあんたが職人だからといっても
あんたのSSに興味無い人間を蔑ろにしていいわけじゃない。そんだけよ。
581パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/15(金) 20:43:10 ID:vjFGOZZh
ええっと。途中までクーもの書いたんですが、ここが一段落してからにしようか…

>>ベンジャミン内村さん
褌キター!!!いつも楽しみにさせて頂いてます。
せっちゃんにげ…ないで(笑)黒いこのか素敵ですよね。

>>国士無双。さん
まあまあ、とりあえず冷静になってエロパロしましょう…
まずはやっぱりAの美空ってものなのでは!?
てなわけで美空なめんなに一票。
582国士無双。:2005/07/15(金) 20:48:41 ID:AZd4GoXH
>>589 興味ないならせめて無視しろよ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いまんとこ美空なめんな一票ですが、これでいいっすか?
よければ明々後日(明日・明後日はむりぽ)にこれを書きこみますが。
583国士無双。:2005/07/15(金) 20:52:18 ID:AZd4GoXH
訂正:
>>589ではなくって>>580
584国士無双。:2005/07/15(金) 20:54:13 ID:AZd4GoXH
……反応ないのでこれで決定。
>>パン粉さん
すいません、手間取っちゃいまして。ささ、どうぞどうぞ
585名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:56:33 ID:AN3MfjQA
…少しぐらい待てないのk(
586名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 20:57:52 ID:DbxhSvT+
>>584
国土無双。さん
とりあえずsageてください。
メール欄に半角でsageです。
587国士無双。:2005/07/15(金) 21:03:10 ID:AZd4GoXH
>>586
いつもいわれるんですがなぜなんでしょうか?
588名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 21:08:06 ID:bwMqExIu
>>587
マジレスすると、ageるとスレが一番上に行くので、
荒らしに見つかりやすくなって、スレを荒らされる恐れがあるからです。
589国士無双。:2005/07/15(金) 21:09:50 ID:AZd4GoXH
>>588
うい。納得。
ほな明後日に会いましょう。
590国士無双。:2005/07/15(金) 21:12:13 ID:AZd4GoXH
訂正:明々後日ね。
591天子:2005/07/15(金) 23:32:49 ID:WDAt85GG
>>590
お前の態度が気に食わない
というかムカつく
職人という最も低い身分のくせに何を勘違いしてんだ?
お前より身分が上である名無しの命令には絶対服従しろ
反抗なんてもってのほかだ。身の程をわきまえろ
新参のお前にはこのスレの身分制度を理解していないようだから教えてやるよ

1天子
2天使一族
3名無し
4上位職人
5下位職人
6お前
7早漏非

いいか?生意気な態度を改めたら、下位職人に身分を上げてやる
そもそも職人ってのは我々の性欲を満たすためだけに存在してるんだ
このスレじゃ読み手の我々が神であり、貴様ら職人は奴隷だ!
それを肝に銘じておけ

あと早漏非は俺の萌えスレを即刻立てろ
そうすりゃ名無しと同等の身分を与えてやる
天使一族に紛れるのは許さんがな
592天子:2005/07/15(金) 23:34:43 ID:WDAt85GG
それから、自由にageていいのはオレ天子様の特権だ
オレの権利を侵害したら即追放だ
593名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 23:42:16 ID:IjznAFJX
>>591-592の意見は気に入らないが、麻雀が気に入らないのは同意
594名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 23:44:45 ID:AN3MfjQA
ドゥイ
595名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 23:44:54 ID:BO7vCTbw
天使一族ワロスww
596特厨非FAN ◆AntiT24WoA :2005/07/15(金) 23:48:24 ID:CDEYKUMb
あのー・・・・・・、指名していただいて誠に恐縮なんですが――


>>591-592
取りあえず、トリップを付けてくださいな。
話はそれからです。

偽者と本物に翻弄されるのは怖いので(アセアセ
597名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 23:50:03 ID:AoUIXPLI
ワロス以前にウザス
598名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 23:50:55 ID:oLlk3rg8
反応早っ
599特厨非FAN ◆AntiT24WoA :2005/07/15(金) 23:53:32 ID:CDEYKUMb
あと、また非が雑談してるって叩かれそうだけど、
もう一言だけいわせて下さい。今日はこれで終わりにします。

あのですね、今日の僕のIDって、超カッコ良くないですか!?

『CDE』ですよ!
しかもその後も、『Y』『K』『U』『M』と、大文字のオンパレード!!

GJ僕!!!!










え・・・そんなことどうでもいいって?
そうですか、そうですか

(´・ω・`)ショボーン
600名無しさん@ピンキー:2005/07/15(金) 23:55:50 ID:sgXJCnbX
非がまた雑談してるw
601名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:04:04 ID:NWfOdbZk
非がまた雑談してるw
602名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:04:15 ID:Ekv30fev
パン粉氏来ないし…
603名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:04:28 ID:1xjuMnOE
非がまた雑談してるw
604名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:05:33 ID:1xjuMnOE
パン粉氏は天子の圧政から逃げた
605名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:12:01 ID:oj+t4S3t
ここで座薬君臨↓
606天使 ◆ZkyuyrNk9c :2005/07/16(土) 00:18:44 ID:72NkLAIi
座薬じゃないよ 天使だよ
607名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:24:52 ID:CNCpk63H
ふ ん ど し の 魅 力 !
ベンジャミンさんGJー。
608名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:28:12 ID:pjZWoAHn
じゃあ天使が職人化したらどうなるんだろ?
609名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 00:31:36 ID:B2VWQ3xb
>>608

なってたじゃん>>540-548
610パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/16(土) 01:19:30 ID:mid7Bjbx
やっべ。ソファーで寝てしまいました…
とりあえず即興で↓(単に見た夢なので全然エロないですが
------------------------------------------------
「刹那…刹那!!」
何が起こったのか未だ把握できないまま、真名は刹那に駆け寄った。
刹那は、そこに立ちつくしていた。愛刀・夕凪を握ったまま、微動だにしない。
その細い肩を掴み、刹那の顔を覗き込んだ真名は、戦慄を覚えた。
―こんな刹那の表情は、見たことが無い。
その目は、完全に光を失っていた。ものを見る方法を忘れてしまったかのように、
真名が目を覗いても、刹那はそこに焦点を結ばない。
「刹那…!私を見ろ!私の目を見るんだ!!刹那!」
掴んだ肩を揺さぶる。
はじめ、なされるがままにガクガクと揺られていた刹那だったが、
ふいにその目に生命が戻った。
一瞬、真名の顔に向けられた視線が、すぐにその後方に釘付けになった。
「…たつ、み…ゃ……逃…」
「!」
バッと一気に振り返った真名は、それを見た。
丘の上に立った、長い黒髪の少女。
「せっちゃぁぁあー――…ん」
真っ赤に裂けた口が、嘲笑う。
赤黒い炎を背に立つ彼女は、…いや、それは炎ではなかった。
少女の背中から無数に生え、彼女自身に絡みつきながら伸びている、
さながら彼女を取り囲む巨大な炎のような、おびただしい数の、
――天に向かってゆらゆらと揺れる、赤黒い、触手だった。
611パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/16(土) 01:22:06 ID:mid7Bjbx
まあ↑は冗談として。
じゃあ…途中までですがクーものいきますね。

------------------------------------------------

熱い。
そこに集中した人間の熱気で、息をするのも憚られる。
ヌルッとした空気が立ち込めて一種の異様な空間が形成されていた。

その中心で、まだ幼い日の古菲が、酸素を求めて喘いだ。
声の潰された喉で、それでも生きるために、呼吸しようと口が動く。
半ば無意識に、華奢な腕が伸ばされる──冷えた外気を求め、
そしてほんの数時間前の平穏を求めて。
しかしそれは、あっけなくも簡単に捻じ伏せられた。
口元には、群がった男達のうち一人の肉棒がつきつけられる。
 ─―次は俺だ。ちゃんとしゃぶれよ。
浅黒い顔には、欲望に歪んだ薄ら笑いが張り付いている。
古菲が、それを見上げることはなく、その目はもはや何もはっきりと映し出さない。
男のソレに手を添え、ゆっくりと舌を這わせる。
その頭を、男の掌が後ろから押さえつけた。
612パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/16(土) 01:22:37 ID:mid7Bjbx

…別の男が、古菲のまだ未成熟な性器を犯していた。
この日まで男性を知らなかったそこは─、種々の刺激を与えられ続けて、
今ではおよそ麻痺してしまっている。そして、その強すぎる痛み(あるいは快感)は、
既に長いこと、古菲の思考をほとんど停止させていた。
ただ、終わることを願うのみ。

やがて、膣に挿入している男の腰の動きに余裕がなくなってきた。
周りを取り囲む男達のヤジや笑い声が、古菲の頭に響く。
「う…出る!」
直前に引き抜かれて、既に他の男達によって白く汚された腹部に
生温い精液が放出されて、さらに汚される。
古菲の目に、反応はない。
目の前のイチモツを、丹念にしゃぶり続けている。
 全員が放出し尽せば、終わるのではないかと
 この空間の、目に見えない終わりを願いながら。

「…出すぞ…」
男の手が古菲の後頭部を押さえつけ、それによって喉の奥まで肉棒が突っ込まれ、
そしてそこで、男は欲望を吐き出した。
……

613パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/16(土) 01:23:38 ID:mid7Bjbx
目が、覚めた。
「………。」
一気に、夢は消えて、そこにあるのは白い天井のみ。
体がひやりとしたことで、古菲は自らの全身が汗で濡れていることに気付いた。
 …また…この夢アルか。
時計の指す時刻は、まだ起きるには早すぎるけれど、
「…こういう時は…シャワーでも浴びるしかないネ。」
ぽつりとつぶやくと、古菲はもぞもぞと布団から這い出した。

汗は冷水で洗い流すことができたのに、においの残るあの生臭い味が、
何度歯磨きをしても消えなかった。胸中にくすぶる黒い炎は収まらず、
この日の古菲はとても─…機嫌が良いとは言えなかった。
けれど、日常というものは古菲一人の気分の良し悪しなど考えてはくれない。
彼女も巻き込み、常のように進んでいくものなのであって、
「今日こそ勝たせてもらうぞ、中武研部長・古菲!!」
登校途中、いつものように古菲は多数の男達に取り囲まれ、その周りでは、
例によって食券による賭博(?)が開始された。

登校途中だった噂の子供先生のネギも、丁度そこに出くわしていた。
「た、大変!?くーふぇさんが悪そうな人達にかこまれて…!?」
そこで、楓が後ろからひょこっと姿を現して解説をする。
「あれはいつものことでござるよ。…古は学園の格闘大会で優勝しているからな。
 ああして毎日挑戦者が後を絶たないでござるよ」

614パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/16(土) 01:24:52 ID:mid7Bjbx
端から見ている分には分からなかっただろう。真っ先に向かってきた一人の青年の胸に、
古菲はいつもよりも少し強烈に肘を叩き込む。
「なんぷぅ」とかいって崩れ落ちる青年を横目に、更にその後ろの男の顔面に
手加減なしの回し蹴りを決める。
古菲の目は、次々と狙いを定めていく。一連の動作には全く無駄がなく、
覚え込まされた振り付けのように、淀みがない。
あっという間に、古菲を取り囲んでいた連中は、昏倒させられていた。
本日の古菲の打撃は普段の5割増しの威力で、それを受けても尚立ち上がって
「まだじゃぁ菲部長!!」などと襲いかかる者(原作55話参照)はいなかった。
「おい、古」
唐突に、巫女姿のの龍宮が横から古菲に声をかけた。
「…何かあったのか?」
いつの間に、と古菲は龍宮を見上げる。色素の薄い目からは、何も読み取ることはできない。
「いや…何もないアル」
古菲は、目を逸らした。

一連の攻防を見ていたネギは、古菲の強さと、その技に目を引き付けられた。
「ほら、行くわよネギ」とその場はアスナに引っ張られて退散したものの、
その日ずっと、ネギの心は中国拳法に向けられていたのである。
そしてその日の授業の終わり、ネギは決心を固めた。
「あの、くーふぇさん…ちょっと話があるんですが、いいですか?」
615パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/16(土) 01:28:51 ID:mid7Bjbx

ここまでしか書けていませんごめんなさい…!
エロ書くのって、エネルギー使うのですね。
多分次で収束、ネギ×古菲かつ古菲レイープ交錯みたいな感じになるかと思います。
近いうちに書きあがると思うので、よろしくお願いします。
では、おやすみなさい。
616名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 01:32:00 ID:XZVomv2f
GJ!!
おやすみなさい。>>610みたいな悪夢ではなく、
いい夢を見られることを祈っています。
617名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 05:13:44 ID:FxR2UdqA
パン粉氏GJ!SS書くのウマス!続きに期待!裸で待機!
イトミ氏は何処へ…('A`)

天使ウマスw
618名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 11:42:07 ID:i4F754sm
イトミ氏GJ!

天使GJ!
619名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 13:29:38 ID:Ij6/FWui
原作のタカミチの話が現在止まっているが、あの状況で龍宮や超達を持ち前のテクニック(C未満)でメロメロにしてピンチを切り抜けると言う馬鹿なネタを思いついた。
620名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 13:44:18 ID:bJWhwh45
はい、馬鹿なネタですね。
621名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 13:48:25 ID:ac7eQHEA
パン粉にはちょっとした文才を感じる。
数をこなせば相当なレベルになりそう。
622名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 13:58:47 ID:57sUMd9G
それは座薬さんでしょ(既に相当なレベル)
623天子:2005/07/16(土) 14:54:17 ID:XzbMQRhX
今はパン粉を褒めてんだよ
座薬は褒めたいなら奴が投下したとき褒めろ
いちいち他の職人を引き合いにだすんじゃねーよ

おう、パン粉テメー
なかなか見所あるじゃねーか
ま、いわゆるGJってやつだ
これからも精進しろよ
624松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:07:53 ID:Ns0cvg3P
このせつ書くのに時間かかりそうなので、時間つぶしとして投稿します。
興味のない方はスルーでお願いします。
==================================
魔法使いによって組織されたNGO団体『四音階の組み鈴』は、苦しむ人々を支援するための組織である。
表向きは、だ。
『魔法使いは世のため人のために働く』…そう言われていた時代はすでに過ぎ去った。
現代では、金、または名誉のために、簡単に道を踏み外す魔法使いも少なくなかった。
『四音階の組み鈴』は、そうしたはぐれ魔法使いを一掃するために作られた組織…これが本当の姿だ。
この『四音階の組み鈴』に、僕は半年前から所属していた。
麻帆良大学を卒業した後、すでに所属していた先輩の魔法使いの口ぞえの元、僕も所属する事に決めた。
『魔法使いは世のため人のために働く』…すでに時代遅れの格言ではあったが、
それでも僕は『いい魔法使い』になりたかった。
この力を使って、苦しむ人々を助けたい…偽らざる本心だった。
半年間の訓練の後、僕が送られたのは中東の小国だった。
ここは一年以上前から内紛が続き、毎日何の罪もない国民が死んでいた。
その内紛の首謀者というのが、魔法使いという情報が入ったのだ。
僕は自分から、ここに送られる事を志願した。
そしてこの国に来た時、僕は今まで、自分がどれだけ恵まれた環境にいたかを知った。
住む家も、食べるものもない状況で、それでも必死で生きようとする人々。
それをあざ笑うかのように飛び交う、銃弾。
無造作に積み重ねられた、死体の山。
その死体の山を漁る、まだ幼い子供たち。
これが魔法使いによって生み出されたという事に、僕は深い悲しみと、そして強い憤りを覚える。
『四音階の組み鈴』からの指令は、首謀者の魔法使いの捕獲。
先輩と共に、僕はここで活動を開始した。
地元のレジスタンスに協力し、内紛を終わらせる。
それが僕と先輩の出した作戦だったが、そう上手くは行かなかった。
圧倒的な物量の前に、次々と敗走するレジスタンス。
少し前、自分が拠点としていた廃屋も急襲された。

そして今、僕は必死で路地裏を走っていた。
625松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:10:20 ID:Ns0cvg3P
「ちっ! こっちもだめか!」
僕は悪態をつくと、今来た路地裏へと身を翻した。
正確には、『路地裏だった場所』か。
元はビルとビルの間に出来た、小さな隙間。
だがそのビルの片方はすでに崩れていて、ほぼ更地の状態だ。
わずかに残った壁だけが、そこにビルがあった事を静かに主張していた。
残っているビルも砲撃の跡がありありと残り、いつ崩れてもおかしくない。
そんな危ない場所に戻るのは気が引けたが、そんな事は言ってられなかった。

『いたか!?』
『いや、こっちには来なかった』
『くそっ! 逃げられたか』

先ほどまで自分がいた場所に、銃を持った男達が集まっている。
僕は崩れた壁の隙間で息を潜める。

『もう、この辺りにはいないんじゃないか?』
『そうかもな。一応、向こうの方も探そう』

その台詞に、ビクリと身を震わせる僕。
そして、近づいてくる足音。
その足音はゆっくりと、だが確実にこちらへと向かってきている。
(やるしかないのか…)
今にも叫び出したいほどの恐怖を必死で押さえ込み、波打つ心臓の音に耳を澄ませる。
(落ち着け…心を乱すな)
静かに呟き、ゆっくりと深呼吸。
そして手に持った杖をしっかりと握りなおす。
ベストのポケットには支給された拳銃が入っていたが、使う気にはなれなかった。
サイレンサー付きの拳銃なので、銃声が他の兵士に気付かれる事はないだろう。
使う事には何の支障もない…そして、この状況では使った方が生き残る確立は高いだろう。
だが、使えば相手が死ぬ確立も高い。拳銃に慣れていない自分ならなおさらだ。
626松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:11:37 ID:Ns0cvg3P

 お前は甘いな。

ふと、先輩の言葉が脳裏をよぎる。

 その甘さはお前を殺すよ…だけど…
 
いつの間にか、心は落ち着きを取り戻していた。
僕は冷静に今の状況を確認する。
(敵は三人…まだこっちには気付いていない…距離は約10メートル)
少しだけ顔を覗かせて、相手の状態を伺う。
どうやら、崩れた壁の隙間を一つ一つ確認しているらしい。
一人が周りを警戒しながら、残りの二人が隙間に銃を突きつけながら確認している。
(警戒役が向こうを向いた瞬間に『武装解除』を撃ち、『風盾』で守りながら距離を詰める…)
魔法使いタイプの自分だが、距離を離すと連射できる銃の方が強いのは分かっていた。
『風盾』で守りながら遠距離戦を行う事も考えたが、前方しか守れない『風盾』だと、
相手が散開した場合、対処できない。
接近戦の手ほどきは一通り受けているので、まだこっちの方が生き残る確立は高いだろう。
それでも、本職の兵士相手にどこまで通用するかは疑問だが。
(先手を取れないときついな)
覚悟を決める。
『風盾』をディレイスペルを使って2回唱えた。
本当は3回ほど使いたい所だが、駆け出し魔法使いの自分にはきつい。
あとは警戒役の動きを見ながら、隙を伺うだけだ。
僕はもう一度、顔を覗かせた。
627松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:13:16 ID:Ns0cvg3P

…そして、僕は気付いた。
自分の位置から兵士を挟んでちょうど向こう側にいる、一人の少女の姿を。
日本で言えば、まだ小学生くらいだろうか。
長い黒髪を無造作に垂らし、薄汚れた服を身に纏い、裸足のまま、そこに立っていた。

『だれだっ!』

僕が気付くのとほぼ同時に、警戒役も少女に気付いていた。
相手の姿をよく確認もせずに、銃口を少女へと向ける。
そして…
「盾よ!」
銃声と僕の声が同時に響く。
少女の姿を見た瞬間、僕は駆け出していた。
最初に立てた作戦の事などすっかり忘れ、少女と警戒役との間に身体を投げ出し、『風盾』を発動する。
重い音が断続的に響き渡る。
生み出された高圧の風の盾が、弾丸を全て弾き飛ばしたのだ。
いきなり現れた僕にたじろぐ警戒役に、そのまま当身を食らわせて昏倒させる。
(あと二人)
顔をあげた瞬間、隙間を確認していた兵士が飛び掛ってくるのが見えた。
とっさに身体を捻り、突進をかわす。
(武装解除!)
すれ違いざまに『武装解除』を無詠唱で叩き込む。

『うあっ!』

兵士の持っていた銃は弾き飛ばされ、その反動と突進の勢いでバランスを崩した兵士は壁に向かって突っ込んだ。
(あと一人)
捻った反動を利用して、横に跳ぶ。
一瞬後、先ほどまで自分がいた場所に無数の弾丸が打ち込まれていた。
628松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:15:27 ID:Ns0cvg3P
残った兵士の叫びが聞こえた。
「盾よ!」
片手を付いて体勢を立て直すと、叫び声から兵士の場所を推定し、その方向に向かって最後の『風盾』を唱える。
またも響く、重い音。
「あぁぁぁぁぁっ!」
僕は叫んだ。
そして、『風盾』を展開したまま兵士へと突っ込む。

『ぐぅっ!』

『風盾』に弾かれてうめき声をあげる兵士。
僕は勢いを弱めず、そのまま壁へと叩き付ける。

『ぐはぁっ!』

壁と『風盾』に挟まれた兵士は叫び声を上げると、そのまま動かなくなる。

 はぁ、はぁ、はぁ…

荒い息のまま、周りを見渡す。
兵士たちは全員気絶しているが、大怪我をした様子はない。
(生き残った…)
だが、感慨にふけっている暇はない。
兵士の銃にサイレンサーは付いていない。
やがて、銃声に気付いた仲間がやってくるだろう。
その前に、ここを離れなければならなかった。
そして、離れる前にしなければならない事があった。
「大丈夫か?」
僕は振り向くと、その少女へと声をかけた。
少女は先ほどの場所から一歩も動かずに、ただじっと成り行きを見つめていた。
その目に光はなく、そして今は、不気味なほどに深い闇を湛えた目で僕を見つめている。
629松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:16:53 ID:Ns0cvg3P

「…大丈夫か?」
僕はもう一度声をかけた。
少女は何も言わない。
言葉が通じないのだろうか?
困った。
こんな事ならもっとこの国の言葉を勉強しておくべきだった。

と、そんな事を考えていた時、少女に動きがあった。

何の動きもなく、静かに立っていた彼女が、無造作に腕を振り上げたのだ。
腕以外は何の動作もなく、ただ右腕だけが機械仕掛けのように僕へと向けられる。

そして、僕は気付いた。

その手に握られている、黒い物体。
大きさはそれなりにあった。
だが、いままで持っていた事に気付かないほど、それは少女には不釣合いなものだった。

黒く光る、拳銃。

一瞬、思考が止まる。
止まった思考の中、彼女の服の汚れが目に入った。

それは、血痕。

そして、少女は無造作に引き金を引いた。
630松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:18:24 ID:Ns0cvg3P
僕は反射的に身を捻っていた。
自分の動きがスローモーションの様に感じられる。
銃口から撃ち出された弾丸が、自分に向かって飛んでくるのが見えた。
それは恐ろしいまでに正確に、自分の眉間へと向かっている。

次の瞬間。

弾丸は僕の右瞼の上を掠めていった。
鮮血が飛び散り、右目が闇に包まれる。
少し遅れて、弾丸の衝撃と音が、僕の脳へと叩き込まれる。
右目だけでなく、意識までもが闇へと包まれそうになる。
離れ行く意識を気力で引き止めると、崩れ行く身体を少女の方へと投げ出した。
残った左目で少女を見ると、拳銃の反動で体勢を崩している。
だが、その目は何の感情も見せないまま、じっと僕の方を見つめていた。

そして僕は、そのまま少女へと体当たりのように倒れこんだ。
最後の力を振り絞り、少女に怪我をさせないようにと両手で抱きしめる。
そのまま、僕と少女は地面へと倒れこんだ。。

 はぁ、はぁ、はぁ…

自分の吐息がすごく遠くに聞こえた。
少女は僕の腕の中で、やはり何の感情も見せない目で僕を見ていた。
…いや、そうではなかった。
彼女は僕を見ていたが、それは視線が向いていただけだ。

彼女は、何も、見ていない。

僕も、兵士も、世界も、自分も、何も見ていなかった。
631松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:19:34 ID:Ns0cvg3P

『………テ』

少女が何かを呟いた。
呟いて…そして気を失った。
僕は少女から身体を離す。

まだクラクラする頭を抑えながら、身体を起こす。
近距離を弾丸が通過した衝撃と音で鼓膜は破れていたが、彼女の最後の呟きははっきりと聞こえた。

『コロシテ』

右瞼から流れる血が、僕の顔を汚していく。
左目から流れる涙が、少女の顔を清めていく。

 その甘さはお前を殺すよ…だけど…きっと、もっと多くの人を救うだろう。

先輩の言葉が脳裏をよぎる。

「…僕は、この少女を、救えますか…」

今は亡き先輩に、僕は問いかける。


それが、僕とマナの出会いだった。
632松雪 ◆EBmiO0Ld5. :2005/07/16(土) 15:23:23 ID:Ns0cvg3P
以上です。

>>内村氏
GJです。
褌って、「ふんどし」って読むんですね。
知らなかった・・・(汗

>>パン粉氏
エロくてGJです。
・・・自分もエロいの書けたらなぁ・・・
633国士無双:2005/07/16(土) 18:41:31 ID:XSSVS6VG
今まですいませんでした。ここにはもう来ません。
SSも残念ながら中止します。では。
634名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 18:58:54 ID:j3tExTjg
>>633
二度と来るな。ぼけかす。
おとなしくとっとと逝けや。


と流れを読まずにいってみる
635天子:2005/07/16(土) 19:15:00 ID:XzbMQRhX
>>633
出て行けなんて一言も言ってない
そんな勝手は絶対に許さん
去就の決定権などお前にはない!続きを書け!
俺に死ぬ気で仕えろ
行くな国士無双

>>634
黙ってろクズが
636天帝:2005/07/16(土) 19:19:41 ID:j3tExTjg
アフォか。
極東の蛮族の王が勝手に「天子」を僭称しやがって。
早く氏ね。

まー国士無双は天子が追い出したという既成事実がつくりたかったわけだから
何をいっても無駄だろ。
お前もついでにいなくなれや。理由はお前はネタとしてつまらんからw
637名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 19:36:16 ID:c0BaIMGT
どっちもどっちだと思うが、天子がネタとしてもツマらんというのは同意だ
本人は面白い事書いてると勘違いしてるのかも知らんが
638天子:2005/07/16(土) 20:09:29 ID:XzbMQRhX
天子は打たれ弱いからその辺にしてね?
639名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 20:27:32 ID:odV9l03L
>>623>>635>>638

えっ? 天子何このキャラww

で、また天帝とか天使一族に新キャラ登場ですかw
640名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 20:31:51 ID:cM9Qf6ya
もういっその事ここじゃ名無しじゃなくて天使をデフォの名前にしちゃえば
641天使:2005/07/16(土) 20:43:47 ID:7swGiaYL
>>640
ワロタ
642名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 20:54:01 ID:y+7SxxXM
>>634>>636
初めて住人が天使一族になる瞬間を見たw
643名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 21:17:10 ID:YYu4vMRr
SSマdアqwsクァdrftgyフジコlp;@:「
644名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 21:33:57 ID:X+tQmlHp
ここは自由奔放なインターネッツですね



ところで、国土無双。
最後の時に。をつけるの忘れてたぞ。
ま、まさか・・・
645天子 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/16(土) 21:46:41 ID:XzbMQRhX
国士無双。さんごめんね?ほんとに…ごめんね?
他の職人さんも今までひどいこと言ってほんとにごめんね
天子はすごく反省してるよ?
罰としてコテもつけたよ?
ごめんね…コテつけて
天子は天使にもどることにするね…
646天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/16(土) 21:47:25 ID:XzbMQRhX
天使はなんだかやさしい気持ちになってきたよ?
647天使 ◆bdWvqQO09. :2005/07/16(土) 22:02:36 ID:4GmXGigC
天使に戻ったなら、天使はSSの続き書いてほしいよ?
648ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:27:23 ID:i2ipx3mk
夏コミ原稿は切羽詰っているというのに、そういうときに限って書く意欲が湧きます……(汗)。
ネギ恥辱にて、座薬さんから出された>>487の案ですが、
読んでいるだけで何かこうたぎるものがあったので書いてみることにしました。

注・以下の小説はショタです。その上に尿です。その上スkあwせdrftgyふじこ
  今までの私のSSと違って若干ハードになります。
  3−A大多数×ネギで、原作との整合性は無視してエロ偏重のショタ調教となります。
  そういったモノがお嫌いな方はスルー、ないしNGワードでお願いします。


【コラボレーションSS・超科学恥辱スパッツの悪夢 ネギきゅん絶体絶命!】

ネギ・スプリングフィールドが担任を務める麻帆良学園3−Aは、超人揃いの集団である。
運動能力に秀でたバカレンジャーをはじめとして、裏の世界に名を馳せるスナイパー、剣士、
果てはロボ、吸血鬼、幽霊──と、様々な豪傑(?)が肩を並べている。
そんな超人軍団の中に、一人の天才と呼ばれる少女がいた。
その名を超鈴音。
天才的頭脳に卓越した身体能力(武道四天王、バカレンジャー達にはさすがに追随できないが)。
更に、オーバーテクノロジーを駆使したかのような発明の数々。
すべてを手の内で操るかのように見える彼女は、まさにハルクマシーンかイチバンマスク並みの完璧超人と言えた。

──謀略を企てる。
──愛すべき血縁者、ネギ・スプリングフィールドのために。
──否、自らの抑えきれぬ欲求を満たすために。
──しかし、自分のことはまだ明かしてはならない。
──表に立ってしまっては気取られるかもしれない。
──あくまでも自分の立ち位置は出資者・技術提供者でなくてはいけない。
──ならば、簡単なこと。

3−Aすべてを巻き込んで、狂わせて(狂っていることを正常と認識させて)しまえば、いい。
649ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:28:41 ID:i2ipx3mk

出席簿を抱え、子供先生が麻帆良学園中等部の廊下を歩く。
てくてくとゆったりとした足どりで。
今日の朝は、珍しく遅刻ギリギリでの登校を回避できた。
「たまにはこういうゆっくりした朝もいいねー」
予鈴が鳴ったせいか、すでに廊下に人はいない。
ネギが肩に乗せた白いオコジョ、オコジョ妖精のアルベール・カモミールが腕を組んでうんうんと頷く。
「そうだぜアニキー。いっつも姉さんたちと走ってばっかりだからよぉ、おれっちも疲れちまって…」
「カモ君はいつも誰かの肩に乗ってるだけじゃない」
そんな軽口を叩き合いながら歩き、やがて3−Aの前へとたどりつく。

────シィ…ン、と。静寂。
扉の前に立った瞬間、違和感を覚えた。
静かすぎる。自慢ではないが、3−Aの騒がしさは並みではない。
授業前でも外へ響くほどで、新田先生に叱られていることも少なくないのだ。
それが、物音一つしない。
不気味さと、不穏な空気を感じた。
「──どういうことだろう、これは……」
魔力を探ってみるが、不審な魔力の類は感知されなかった。
「…カモ君、どう思う…?」
「いたずら双子が何か仕掛けてるんじゃねーかなー?」
「……そうかな…?」
それも無くはないか、とネギは納得した。
先生なのだから、生徒の遊びには付き合ってあげなくてはならないだろう、と思い直す。
──実際は「付き合う」どころか翻弄されることの方がはるかに多いのだが。
「よし!」
気合を入れて、教室の扉に手をかけた。

それが退廃の都への入り口であると知らずに、少年は境界を踏み越える。
──いつの間にか、肩の上のカモの姿は消えていた。
650ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:29:34 ID:i2ipx3mk
「皆さん、おはようございまーす」
いつものように元気にあいさつをしながら、教室へ入る。
ふと見回すと、生徒は全員整然と席についているように見えた。
(…警戒しすぎだったのかな?)
後ろ手に扉を閉め、教卓について出席簿を置く。
と、そのとき。ネギは漂う空気に微かに甘い匂いを感じた。
くんくん、と鼻を鳴らす。
(…なんだろう、いいにおい……)
──その瞬間。
がたたっ、と椅子から立ち上がる無数の音。
それまで一糸乱れぬ様子で机についていた生徒たちが一斉に立ち上がった。
「!! ……ど、どうしたんですか、皆さん……?」
生徒たちの目は、何か妖しい色をたたえている。
ぞくっ──、ネギの背筋に悪寒が走った。
それはいつも覚えのある、雪広あやかがネギに一歩進んだ大人のアプローチをかけてくるときに感じる危険よりも強く。
ショタコンでありながらネギへの気遣いを忘れないという愛欲とは相容れない、

──ただ、蹂躙して凌辱しようという──獣欲だった。

じりじりと詰め寄る生徒たちに、教室の隅まで追い詰められるネギ。
壁に背が当たる。ふと窓を見たとき、何か「もや」のようなものがかかっていることに気が付いた。
──外が、まるで見えない。
魔力は感じない。これは何か、別種の力。
「こ、これは、一体──! 皆さん、落ち着いてくだ────ッッ!?
もはや、それを考える時間は与えられなかった。
ソレを行わせたのは、誰の声か。──それも、判らない。
ただ、一声の号令と共に無数の手が伸びてきた。

『それっ、やっちゃえ──!!』
651ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:30:23 ID:i2ipx3mk
「わあああぁぁああぁあっ!?」
傍目には、いつもネギが受けているようなスキンシップに見えなくもない。
だが、今日のそれは根源が違っていた。
生徒一人一人の目が、手が、哀れな被害者であるネギを──遠慮なしに犯していくのだ。
代わる代わる、まるで流れるように生徒が入れ替わり立ち替わる。
――まるで、何か一つの意思に統括されてでもいるかのように。

「さ、ネギ君。脱がせてあげる」
釘宮円が靴を脱がして放り投げ、靴下を丸めながら脱がしていく。

「ネギくーん、またお風呂入ってないでしょー。ちょっと臭うよー?」
佐々木まき絵が後ろから羽交い絞めにして、首筋に鼻を近づけながらベルトを外し、チャックを下ろす。

「とりゃー!!」
「お姉ちゃん、そんな引っ張ったらズボン破れちゃいますー!!」
鳴滝風香、鳴滝文香の双子が片足ずつスラックスの裾を掴み、一気に引き下ろした。

あっという間に上半身はスーツのまま、下半身はトランクス一枚という状態にされる。
「あうう、皆さん〜、こ、こんなことやめてください〜!!」
静止の言葉をかけてみるが、誰もそれを聞こうとはしない。
教室に来るときはさすがにいつもの杖を持って来るわけにもいかないので、いつも職員室に置いている。
それが災いするとは思いもしなかった。
もみくちゃにされながらも、どうにかしてこの状況を脱しなくてはいけないと思索をめぐらす。
――そのとき、いつもならばハプニングにしかならない、しかし今のこの状況ならば逆に一筋の光明になりそうな変化がネギに起きた。

鼻が、ムズムズする。くしゃみの前兆。
「ふ、ふぁ…………」
ネギには、くしゃみと同時に魔力が体内から微弱に放出される癖がある。
普段ならばそれは、近くにいる女子生徒のスカートをまくれさせたり服を脱がしたりすることしか出来ないのだが。
(こ、これで皆を少しでも怯ませることができれば…、その隙に……!)
652ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:31:20 ID:i2ipx3mk
だが。
――――むにゅ。
くしゃみをしようとした正にそのとき、横から伸びた手がネギの鼻をつまんだ。
「〜〜っ、んんッ〜〜!?」
今出ようとしていたくしゃみが直前で封じられる。
息が苦しくなったところで、ようやく手はどけられた。――もう、しばらくくしゃみは出そうにない。
驚愕にネギが手の来た方向を向くと、そこには恐らく、ネギのくしゃみに最も悩まされただろう少女。
「ふふん。そうはさせないわよ、ネギ」
神楽坂明日菜が腕を組んで立っていた。

「なっ、…あ、アスナさんまでーっ! 何でこんなことするんですかーっ!?」
ばたばた、と、押さえつけられた身体を必死にもがかせて叫ぶネギ。
その問いに明日菜は頭の上に疑問符を浮かべる。
「……あれ、…なんでだろう。……なんかさ、ネギをこうしたいなーって思って……。
 このか、なんでかな。判る?」
明日菜が背後に控えるルームメイトの近衛木乃香に話を振るが、木乃香もふるふると首を横に振る。
「んーん、ウチもわからへん。…でもええんちゃうかなー? ネギ君かわええし」
「こっ、このかさんもですか〜!!」

「ほほほほ、そ、それでは…私が行かせていただきますわ…!」
羽交い絞めにされたネギの前にひざまづく、クラス委員長・雪広あやか。
ネギの股間にしゃぶりつかんばかりに顔を近づけてから、ゆっくりと顔を上げてネギと目を合わせる。
「い、いいんちょさん…、お願いですから止めて下さい……」
目尻に涙を溜めて訴えるが、その姿を見てあやかは余計に猛るだけであった。
「ああっ! ネギ先生が私に哀願なさっていらっしゃる……!
 でもごめんなさい、ネギ先生。私はクラスの委員長。クラスの総意としてここにいるのです。
 ――ですから、ネギ先生のお言葉に従うことはできませんの……お許しになって…!」
653ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:32:18 ID:i2ipx3mk
そう告げ、湧き上がる涙に目を伏せるようにしながら――あやかは、ネギのトランクスを引き下ろした。
ぷるん――……。
まだ剥けきっていない、子供の性器が露わになる。
一瞬、息を呑むように静まりかえる教室。
だがそれも、所詮一瞬のことで。次の瞬間にはワッ――と嬌声に溢れかえる。

「ま、前に見たときよりおっきくなってへん?」
「ネギ君も成長してるってことねー、うんうん」
ネギの股間を指差してまじまじと見つめて狼狽する和泉亜子に、したり顔で頷く早乙女ハルナ。

(…先生、戦闘だけじゃなく……あそこもどんどん大人になってきているのか……)
就学旅行のときにはまだ完全につぼみだったはずのネギのペニスは、少しだけだが先を綻ばせていた。
それを直に手の中に収めた経験のある桜咲刹那は、痴態を遠巻きに眺めながら「ぎゅっ…」と左手を握り締めた。

「うわーんっ! 見ないで下さいーっ!!」
ぽろぽろと涙をこぼすネギだったが、次に浴びせられた一言に凍りつく。
「……あれー? でもさーネギ君、おちんちんおっきくしてる――♪」
笑顔で、何気なく。ただそこにあったから見つけたといった風情の椎名桜子の指摘。
ネギも含めた全員の視線が、ソコに向けられる。
ゆっくりと、だが確実に起き上がろうとしているペニスがそこにはあった。

「ふーむ、ネギ坊主はいじめられて興奮する変態さんだったのでござるか」
納得した、といった表情で腕組みをしてつぶやく長瀬楓。
「あぅ、そ、そんなことはっ……!」
「何言ってんの長瀬さん、少年がこういうシチュで勃起するっていうのがロマンなんじゃない」
そこに割り込んで、柿崎美砂が持論を力説する。
自分の思い通りにならず、むしろ硬さを増し続けるペニスを見下ろしたままでネギは嘆いた。
「違うんですってば〜!」
654ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:33:13 ID:i2ipx3mk
(……もうやってること完全に性犯罪だし……。
 ってか10歳で勃たせんなよ、エロマンガじゃねえんだから……)
こめかみを押さえながら長谷川千雨が赤面してそっぽを向き、…すぐにチラチラと盗み見をし始める。


――と、わいわいと騒ぐ生徒たちを割って、二人の少女が歩み出てくる。
3−Aの頭脳トップの双璧、眼鏡に三つ編みの葉加瀬聡美と、お団子頭の中華娘・超鈴音であった。
葉加瀬は手に、黒い生地で出来た何か穿くものを持っている。

「ふっふっふ、これこそがロボット工学研究会と生物工学研究会の技術の集大成!!
 布地は限りなく薄いのに伸縮性と強靭さに富み、
 なおかつ生地の上からでもまるで直に触れられているのと変わらない被触感を追求!
 超高気密性を誇り、なんとお年寄りが穿いたままお漏らししてもこぼれないというスーパースパッツ!」
「――これを、ネギ坊主には穿いてもらうネ」

高々と演説する葉加瀬に、一言だけ付け加える超。
「え……っ、そ、それは……」
どうして、自分がスパッツを今穿かされなくてはならないのか。困惑するネギ。
「それを説明しているヒマはないネ。さ、穿かせるヨ」
ばっ、と超が手を振ると、葉加瀬からスパッツを受け取った茶々丸がネギの脚を持ち上げる。
丁寧に両足を通し、太腿に、そして股間へと穿かせていく。
「ちゃ、茶々丸さん……っあ!」
密着性の高い生地は、ネギの感じる場所をことごとく擦り上げていった。
ずりずりと。視線で半立ちになっていたペニスは、どんどん隆起していってしまう。
「…先生、申し訳ありません。私も、こんな形は本意ではないのですが――」
「っ、あぅ…、ほ、本意……?」
「――っ、いえ、なんでもありません――!」
がしゅ――、とジェット噴射で後退する茶々丸。呆然としてネギはその姿を見送った。
655ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:34:17 ID:i2ipx3mk
――それ以上、近づいて来る生徒はいなかった。
全員が遠巻きに、ネギの股間を見つめている。
「――え、なんで、こん、なっ……!」
むくむくと。視線の熱さに呼応するように勃起していくペニス。
ぴっちりと下半身に張り付くスパッツには、ネギの成長しかけのペニスの形がくっきりと浮かび上がってしまっていた。
「あうっ、は、恥ずかしいですっ――!」
反射的に股間を隠そうとするネギ。
――その瞬間、光が瞬いた。その主は、デジカメを持った朝倉和美。
「ダメだよネギ君、被写体が一番エッチなところ隠しちゃ。
 ……また隠したりしたら、今度はこの写真…バラ撒いちゃうからね?」
「…………」
わなわなと震える手を、どうにかして身体の脇に下ろす。
「オーケーオーケー。…あ、そうだ。せっかく下にスパッツ穿いてるのに、上がスーツはいただけないなー。
 ネギ君。上、全部脱いじゃって?」
抗う術は皆無だった。
――いや、ひょっとしたらあったのかもしれないが、ネギが従うことを選んだ以上は、その選択肢は永遠に無くなってしまったと言えた。

恐怖にか、それとも快楽か。
ぷるぷる震えながら少年が衆人環視のもとで服を脱ぐ姿は、特殊な色気を感じさせた。
スーツ、ネクタイ、ワイシャツ、そして肌着。すべて脱ぎ終え、教卓の上に置く。
「…………こ、これで……、いいですか……?」
誰にともなく、その場の皆に伺う。周囲からは熱い息を吐く音、唾を飲み込む音くらいしか聞こえない。
しばしの――沈黙。
そして、再び。誰のものか判らない――けれど、確かに教え子の声が、聞こえた。

『それじゃあ、そのままで授業、よろしくね?』

――と。それは、刑の執行される宣告と同義。
恥辱に塗れた一日。ホームルームはこれで終わり。そして、一時間目の英語が始まる。


つづく。
656ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/16(土) 22:35:05 ID:i2ipx3mk
3−A大多数×ネギ、はじめてみました。
ネギをスパッツでビッシビシと辱めつつも、3−Aをなるべく多く書こうというのがテーマです。
3−Aの皆に違和感が出ないように頑張りたいと思います。…31人全員書けるかな…。
次回からは恥辱の一日がスタートです。…多分。

ふんどしとかコレとか、色々と続きものを抱えてしまいました(汗)。
…本当は一つ一つ完結させてから次へ行くべきなのかとも思うのですが…。どうも書きたくなっちゃいまして。
頑張って書いていきたいと思いますので見守ってくださいませ。

最後になりましたが、なんか凄い妄想を与えてくださいました座薬さんに感謝を。


>パン粉さん
ネギ×くーの、癒されるような絡みへと続くのでしょうか。
レイプの悲痛な過去との対比が肝ですね。楽しみにしております。
657名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 22:45:17 ID:Ekv30fev
ベンジャミソ氏、キター!!期待!
658名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 23:17:04 ID:oxp5XUDd
パン粉さんとベンジャミンさんGJです!
>パン粉さん
古韮が切ないと言うか可哀想で萌えます。
なかなか考えつきにくいネタですが、いつもの明るさの裏返しみたいで良いですね。
強姦の話ですが、中国の治安を考えると妙なリアルさがある気が…

>ベンジャミンさん 
様々なアイディアをSSにしただけでも凄いですが、
それに精力的に取り組んでらっしゃる所がまた凄いです。
色々大変そうですが頑張って下さい。
659名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 23:21:02 ID:SmYqSnwy
この雰囲気の中投下できる根性は偉いなぁ…
660名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 23:25:33 ID:a6mH2SMO
         ∧_∧
        ⊂(´・ω・`)つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」 >>648-655はいはいわろすわろす
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------|
661名無しさん@ピンキー:2005/07/16(土) 23:42:19 ID:fgrb/ldF
>>658
>古韮
662名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 00:12:09 ID:gY/8npYk
>>661
誤字か‥orz

訂正 韮→菲
663ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 00:28:21 ID:/mRfE+8u
初めまして。新人なのですが、よろしくお願いします。
来てさっそく投下するのもアレなので、投下は明日にします。
今日は挨拶だけにしておきます。
失礼しましたぁ。
664名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 00:41:30 ID:ZC0FfgRH
参考までに、国士無双。ですか?

いや、新職人って珍しいなと思って。
違うなら失礼、こちらこそよろしく。
665名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 00:44:05 ID:pcqaYJKL
>>663
> 来てさっそく投下するのもアレなので、投下は明日にします。
職人は作品を投下してこそ職人だろ。
投下しないなら、ただの糞コテ。
すぐにでも投下するべきかと。
666名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 00:53:09 ID:/4zrCe/O
>>665
確かに、カップリングくらいは
言い残していってもいいかもしれんな。

まあ、明日来るみたいだし、いいじゃない。
667ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 00:56:48 ID:/mRfE+8u
>>664
国士無双とは何でしょうか?
>>665
>職人は作品を投下してこそ職人だろ
自分はまだ作品を投下していないので、職人とはいえないという事ですね。
自分が職人なら今からでも投下したいですが。
あいにくまだ職人では無いようなので、明日また投下します。
668天帝:2005/07/17(日) 01:07:24 ID:qq25h8qU
コテハンよりも、勝手にコテハンの基準決める噛み付き犬のほうがよっぽど氏んでほしい
669名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:07:40 ID:wBrSiIGV
>>667
この時点でこいつ嫌い
どんなに作品が素晴らしいとしても、それは変わらないだろうな
670名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:11:39 ID:U1y/sOu9
態度が何となくウザい職人に、いい文章を書く奴はいない希ガス
671ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 01:12:22 ID:/mRfE+8u
>>669
どうもすみません。
作品はとくに素晴らしくもないと思います。
672名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:13:24 ID:wBrSiIGV
>>671
職人でもないなら名無しになるかさっさと寝るかしろよ
雑談でもしたいのかい?
673名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:14:23 ID:whHSB5Y9
>>671
そんなこと気にしないで、投下してください
私はあなたのSSを楽しみにしていますよ








天帝排斥! 天帝排斥!
674ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 01:16:29 ID:/mRfE+8u
>>672
いえ、今日は挨拶に来ただけですが…こんな事になってしまい。
職人でなかったら名無しか寝ないといけなかったんですか?
最初からコテハン付けてたら、明日投下する時楽かと思って
675名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:30:38 ID:9Rs6iL/O
ハッピryがオリコン3位なんだけど
なんか世も末って感じがするのは俺だけじゃない筈
676ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 01:31:48 ID:/mRfE+8u
>>675
1位にする運動はどうしたのか…。
677名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:34:17 ID:wBrSiIGV
さすがにミスチルにゃかてねぇよ
678名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:35:42 ID:h2t1K9/5
>>675
それに、昼間から声優さんをテレビで拝める時代だからな。
679ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 01:41:04 ID:/mRfE+8u
1位は多分無理かな。なったらなったでおもしろいかもしれんが…
680名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:46:25 ID:U1y/sOu9
わざわざコテハンで雑談しようとするお前は一体(
681ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/17(日) 01:52:49 ID:/mRfE+8u
>>680
あ、スマン。つい。もう寝る。
682名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:54:23 ID:wBrSiIGV
>>最初からコテハン付けてたら、明日投下する時楽かと思って
逆に期待されて(ノ∀`) アチャーな展開になると思うのだが
683名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:56:03 ID:JdUiJUkz
挨拶から1時間半とか・・・・今日投下しとけばよかったのに。
684天帝:2005/07/17(日) 01:56:36 ID:qq25h8qU
(ノ∀`) アチャー
685名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 01:57:49 ID:VVv+p3RM
まぁ夏だからなぁ。明日投下の作品を見て判断しようや。
推敲と改行は忘れないようになー。
686名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:00:46 ID:dcrjgerF
そして明日(時計上は今日)
ゼロハイのSSはこのスレを震撼させたのだった。
687名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:01:43 ID:wBrSiIGV
それが僕らの伝説の始まりだった
688名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:03:34 ID:dcrjgerF
僕らはゼロハイに惜しみなくGJを贈った、だがそれは
689名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:04:59 ID:6fGiGDcQ
まぁ明日あいつが来ても、そんなに言ってやらず、職人の卵の孵化を気長に待とうぜ。
それが大人ってもんだ
690名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:22:42 ID:wBrSiIGV
そういえば夏なんだよな…
691名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:36:03 ID:D4T4rcL3
とりあえず蚊取り線香置いておきますね
つ@
692名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 02:40:13 ID:xjH9ahIK

わろ太
693パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:41:40 ID:484FOdfK
こんばんは。クーものが意外と早く書きあがったので来たのですが、
……何か…。 ?
私も新人なのでアレですが、最近新しい職人さんがすごく多いですよね。
このスレ好きなので、荒れるのは勘弁です…

とりあえず、ご意見・ご感想にレスさせて頂きますね↓

>>621>>623
わ、何か褒められた?
嬉しいです、頑張ります、精進します。いっぱい書いて腕上げたいと思います。
>>松雪さん
エロ書くのって大変ですよねぇ。もっとすらすら書けると思っていましたが、
妄想してるだけなら簡単ですが、文章にするとなると、それがまた。
>>ベンジャミン内村さん
新しいのキター!すばらしいです、続き期待して待ってます。
クーもの、書いてるうちにベンジャミンさんの予言通りの展開に…
>>658
ありがとうございます、励みになります。
中国の治安…そこまでは全く考えてなかったですが、なるほど( ゚ Д゚)・・・。
694パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:45:31 ID:484FOdfK
では、くーちゃんモノを完結まで投下したいと思います。
読んでいただければわかりますが、一応55時間目のパロってことで…。
695パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:45:57 ID:484FOdfK
「それで…話とは何アルか?」
時は放課後。ネギは、古菲と寮の一室にいた。
声をかけた時には、世界樹前で話をすればいいと考えていたネギだったのだが、
そこでは他の生徒に聞かれる可能性が高く、それはあまり望ましくない。
そこで、寮の一室に丁度使われていなかった部屋があるのを思い出したのだった。
「えーっと…。今朝のケンカのときの、あれは中国の拳法ですか?」
「…そうネ。私の得意は形意拳に八卦掌アル」
一方、古菲の意識は、ネギの方にそれほど集中している訳ではないようだった。
普段の明るさとは異なり、何となく気持ちはどこかに飛んでいっている様子だが、
決してネギをないがしろにしている訳ではなく、彼女の言葉は続く。
「後はミーハーで八極拳と心意六合拳をちょっとネ」
ネギも古菲の様子には気付いていたし、何とか会話をもたせようとしていた。
「へー…中国拳法も色々あるんですねー」
そこでネギは、朝の戦闘を思い起こす。
正直、本題の他にも古菲に関して気になっていることがあった。
あの動きは、並大抵の努力で身に付けることのできるものではないだろうと推測できる。
何が理由で…古菲は、それほどの強さを求めるのだろうか?

ネギは深く考えることなく、その質問を口にした。
「あの…古菲さんは、どうしてそんなに強くなろうとしたんですか?」

その言葉は、朝からくすぶっていた古菲のささくれた神経に引っ掛かり、
…この日初めて、古菲は真っ直ぐネギの目を見た。
「そんなこと、知りたいアルか?」
「え?何かマズイんですか?」
古菲の目の奥に、長い間彼女を蝕んできた炎が黒く、燃え上がる。
その目を見て、触れてはならないものに触れてしまったことにネギは気付いた。
「ご、ごめんなさ…」
しかし、最早手遅れである。
その日、古菲はとても─…気分が良いとは言えなかった。
「そんなに知りたかったら…教えてやるネ」
ネギは乱暴に手首を掴まれ、強引に床に捻じ伏せられた。
696パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:47:06 ID:484FOdfK
恐怖に勝る、嫌悪の記憶。
人気のない倉庫に連れ込まれた古菲の叫びは、声にならなかった。
あまりの激痛に、自らの発声可能な範囲を半オクターブほど越えた悲鳴は、
ただかすれた息の音としてひゅう、と漏れ出ただけだった。
「あれ?入らねぇなぁ」
古菲の様子は全く省みず、強引に挿入しようとしていた男は一旦腰を引いた。
「……放す、アル…」
四肢をそれぞれ押さえつけられた古菲は、それでもまだ、非力な抵抗を試みる。
そんな涙目の古菲を、男たちの下卑た笑いが見下ろしている。余裕を見せる男達に対し、
古菲の渾身の力を振り絞った抵抗は、右腕を僅か数ミリ浮き上がらせるに止まった。
「しょーがねぇなあ…文明の利器に頼るか?」
そう言って一人の男がどこかへ立ち去り、やがて何かを手にして戻って来る。
それを目にした古菲は、痛みとは別の耐えがたい予感に、ガタガタと体を震わせた。
「そんな…やめ…!?」
男の手に握られていたのは、無機質なモーター音を響かせながら震動している、
いわゆる大人のオモチャ、バイブと呼ばれるものだ。
自慰の経験もろくにない古菲にとって、その音は未知の恐怖以外の何物でもない。
「…すぐに気持ち良くなれるぜ」
バイブを片手に、男が低く笑う。
男根を模した太い幹から枝分かれした、それのみで震動する小さな突起が、
古菲の、刺激に関して殆んど無知な陰核に押し付けられた。

初め、恥辱と全身に伝わる震動のくすぐったさに、古菲は下唇を噛み締めて耐えた。
しかしほとんど間を置かず、下腹部から得体の知れない感覚が彼女を襲う。
全身の体毛が逆立ち、痺れが襲うような感覚に、古菲は恐怖し、
「ぃ、ぃゃ……ァ…ぁ、ぁあああああっ!?」
それがそうだと認識する隙も与えられず、無理矢理絶頂へと引き上げられる。
古菲の全身がビクビクと痙攣し、意識はその瞬間ホワイトアウトしたけれど、
動作をやめないバイブの震動が、古菲にその高みから降りることを許さない。
それを血走った雄の目で注視して、男達が息を荒くする。
697パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:47:33 ID:484FOdfK

強すぎる快感は…特に性について未開発な場合は、逆に苦痛、責め苦となりうる。
息もできず、古菲は──酸素を求めて、喘いだ。
その、まだ幼い日の古菲の顔と、現在の古菲を見上げるネギの表情が、重なった。

「くー…ふぇ、さん……やめ…ッ…」
古菲に組み敷かれたネギは、脅えていた。
何か古菲の気に障ったらしい、そのことも怖かったし、普段と様子の違う古菲が、怖い。
やはり自分の言葉が原因だろうか、それなら自分はどうしたらよいのか。
それは紛れもない本心だ。…それなのに。
ネギのまだ幼さの残るペニスは、更なる快楽を求めて、硬さを増す一方である。
古菲は両足でネギの腕を押さえて、上下の入れ替わったような形になっているため、
ネギはその表情を伺うことはできず、…古菲の責めの手は、緩められることはない。
右手でペニスをゆっくりシゴきながら、古菲はその先端をくわえ込む。
「…あうっ!」
その刺激によって、歯を食い縛っていたネギの口から声が漏れる。
舌先で尿道口を弄び、カリ首にも丹念に刺激を与える。それら一つ一つの行為に、
自らの腰が淫らに動いてしまうのを、ネギは抑えることができない。
ぼく、先生なのに…生徒とこんなこと、しちゃいけないのに…!

ネギが限界を迎える前に、古菲は手を止めた。
おあずけを食らってヒクつくペニスを前に、古菲の頬は心なしか上気している。
体勢を入れ換えてネギと真っ直ぐ向き合うと、古菲は白いショーツを脱ぎ捨てた。
ネギの敏感な反応に、古菲の秘所は既に十分濡れそぼっている。
それに対してネギは、彼女が何をしようとしているか気付き、ギクッとした。
「え…ちょっ、待っ…!!」
慌てふためくネギのセリフを無視し、古菲はまだ少年のネギに馬乗りになった。
(実際に…何があったのか、体で思い知るがいいネ)
自分の入り口に、ネギの肉棒の先端を押し当てて、
古菲はゆっくりと…腰を落としていった。
698パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:48:29 ID:484FOdfK

一度快楽を教え込まれた体は、理性を無視して刺激に反応するようになってしまう。
実際、あの悪夢のような日に古菲が耐えたのは、苦痛や屈辱ばかりではなかったのだ。
そのことが、今でも恐怖よりも嫌悪を、より強烈に引き起こし続けている。
…そして今、ネギが味わっているものも、それとさほど大きな違いはなかった。

古菲の膣中の気持ち良さに、ネギは歯を食いしばって耐えていた。
彼女が動くたびに中の襞がペニスに絡みつき、精を吸い出そうと蠢く。
理性の支配から完全に脱し、勝手に動いてしまう自分の腰にネギは怯え、
色々と考えることに反して古菲になされるがままになっている自らに、失望する。
 …どうして、こんなことになったんだろう。
ネギは、恐る恐る、古菲の顔を見上げた。

…え……?
そこで見た古菲の表情に、ネギは一瞬、自分が古菲を犯しているような錯覚に陥った。
いや、そんなことはない。それを行っているのは古菲のはずなのに、
…くーふぇさん、どうして、そんな…?
今自分の置かれた状況も忘れ、ネギは古菲に何か問いかけようとした。
だが、その言葉が発せられる前に、ネギのペニスは限界を迎えようとしていた。
「くーふぇさ……ぁ、あぁあっ!?」
突然にこみ上げる強烈な射精感に、ネギの両目が見開かれる。
それを見下ろす古菲の悲しげな眼差しの奥底は、どこまでも深く、暗い。
「…い、ゃ………ぁぁ、ぁぁああああっ!!!」
かすかな抗いの意思も空しく、ネギは急速に絶頂へと導かれた。
ストッパーの外れたネギの魔力が微量ながら溢れ、二人を包み込んで淡く光る。
ネギの腰が跳ね上がり、ビクビクと痙攣しながら、白濁液を古菲の膣内に吐き出した。
699パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:49:40 ID:484FOdfK

「…本当に…悪かたヨ、ネギ坊主……」
「………。」
「…許してくれなんて、言えないアルね……」
「……ぐすっ」
ネギは、泣いていた。
その横で古菲が、本当に申し訳なさそうにうなだれている。
 10歳の少年を無理矢理なんて…さいてーアル。
 わたし、どうしたらいいネ…
古菲は償いの方法を知らなかったし、ネギのまだ幼い頬をこぼれ落ちる涙を前にして
逆に教師の淫行だとして脅そうとか、そんなことは思い浮かばなかった。
 もう、みんなに顔向けできないアルね…。
「すまなかたネ、本当に」
古菲はそのとき、漠然とではあるが、学園を去ることも考えた。

ぎゅっ。
「……?」
立ち上がりかけた古菲の手を、ネギの手が握っていた。縋り付くように伸ばされた
その手は、弱弱しくも、古菲を捕らえて離さない。
「…ネギ坊主?」
よくわからない状況に、古菲は少し困惑していた。

ネギは、泣いていた。しかしそれは最早、古菲に犯されたためではなかった。
本人はおよそ塞がったと思っている傷でも、流れる血は未だ止まっていない。
ネギには、その記憶、嫌悪、心の裂け目、そこから溢れる痛々しい古菲の血が、
図らずもオーバードライブした魔力によって、全て見えてしまったのだ。
彼の中にも、引き裂かれた記憶がある。生まれ育った村が襲われ、燃えていく光景に
今もネギの心は血を流し、夜を怖がらせていた。
それが古菲の記憶と共鳴し、彼女の痛みに――ネギは、泣いていた。
「ネギ坊主、どうし…」
「くーふぇ、さん…っ!!」
ポロポロと溢れる涙を拭おうともせず、ネギは古菲にしがみついていった。
700パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:50:15 ID:484FOdfK
しばらくの間、ネギは古菲の腕の中で、ゆっくりと頭を撫でられていた。
見方によっては、抱かれていたのは古菲の方かもしれない。二人は互いの心に触れ、
癒し、癒され、互いのぬくもりを感じようと、肌を寄せ合っていた。
二人の間に言葉はなく、溶け合っているような心地よさに、頭に甘い霧がかかる。
 どちらともなく二人の顔がそっと近づき、二人は初めて口付けを交わす。
先ほどまでの行為が嘘のように、それはまさに傷を舐めあうような繊細なものだった。

古菲は、自分の中の何かが流れ出してゆくのを感じていた。
それは涙かもしれないし、あるいは消しえない傷口から出る血かもしれない。
でも、ここにいるネギがとても温かかったので、そんなことはどちらでも良かった。
相手の全てを抱きしめ、愛撫し、心の隙間を埋めていく。
ゆっくりと体を重ね、二人は一つになった。
深い傷もやがてかさぶたが覆い、傷跡となって、いつか血は止まる。
それは、まだ傷の癒えない互いの心を満たしてゆく行為だった。


「あのー、それでさっきは途中だったんですけど、改めてお願いしたいことが…」
空き部屋となっている、寮の一室。
ネギを見つめる古菲の眼差しは、朝と比べると非常に穏やかなものである。
一度息を吸い込み、その目を真っ直ぐ見て、ネギは言った。
「僕に、中国拳法を教えてください。」
「つまり…強くなりたいアルね。」
「はい」
強く、なりたい。それが苦痛を伴うことぐらい、わかっている。それでも。
強くなることで、乗り越えたいものが、追い越したい人がいる。
「…私が教えるからには、強くなるアルよ」
「…はい!」
決意も固い表情で頷くネギの頭を、古菲はワシャワシャと撫でた。
きっと強くなれるだろう、この子も、私も。

そして56時間目らへんに続く。
701パン粉 ◆OoOoOooOuU :2005/07/17(日) 02:51:07 ID:484FOdfK
おしまい。
また機会が訪れたら、お世話になりたいと思います。ではまた。
702名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 03:39:06 ID:l7mcu7a+
GJ!!!
原作で本当にあっても良sage。
古とパクってもいいなあ
703天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 06:59:19 ID:cQ7He01d
>>647
元天子の天使は頭悪いから文章書けないよ?

>>701
とっても素晴らしいよ?
心から素晴らしいと思うよ
704天帝:2005/07/17(日) 11:44:53 ID:qq25h8qU
元天子って・・・そもそも天子は天使が突然変異したもんじゃないのか。
705天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 13:00:48 ID:cQ7He01d
>>704
天使は昔のこと忘れちゃうからわかんないや

天使はいいんちょさんが汚いホームレスにグチャグチャに犯されるSSを読みたいなヒヒヒ
グヒヒヒヒヒヒヒヒヒ天使グヒヒヒヒー
706名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 14:03:16 ID:YBdxJl09
夏だなぁ
707名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 14:30:17 ID:Lw2s8Vbg
ゼロハイマダー?

ゼロハイ!
ゼロハイ!
ゼロハイ!
708名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 16:38:04 ID:XTaPzHdr
ここ2〜3日、魔法先生ネギま! - Eroparo Guide のサイトが開けないのだが、それは俺だけか?
サーバーの調子が悪いのか?
709天士 ◆lZGooH/7ic :2005/07/17(日) 16:38:22 ID:J7paqI5j
>>705
「ネギ先生どこですの?」
暗闇の中、あやかの声が響き渡る。
ネギがいなくなったと明日菜に連絡を受けてから、あやかはずっとネギを探していた。
気づけばあやかは普段近寄らないような、麻帆良学園から大分離れている公園へとやって来た。
「ネギ先生?」
暗闇でうごめく影にあやかは声をかけた。
「どうかしたかい?」
その影はネギではなく、汚らしいボロボロの服に身を包んだ貧相な男だった。
「え、ええ」
その格好に生まれながらお嬢様のあやかは不快感を示したが、すぐ表情を変えその男に尋ねる。
「小さい少年なんですけれど、見かけませんでしたか?」
その男はしばらく考え、口を開いた。
「ああ、子供なら向こうで確かに見たぜ、案内してやるよ」
「本当ですか!!」
あやかは黙って、男について行った。
普段のあやかなら、そんな真似はしなかっただろう。
しかし、ネギの行方不明と、ネギを探し回っていた疲労感があやかの普段の聡明さを奪っていたのだった。
男について行った先にあったのは、木が生い茂る森だった。
「ここ…ですか?」
さすがにあやかも不審に思った。
(こんな森に、夜中にネギ先生が一人で? そんなことあるかしら?)
「ああ、小さな子供がこんな時間に入っていくんで、気になってたんだ、間違いねえよ。
そう言えばあの子ども、変わってたな。子どもなのにスーツなんか着てよ…」
男への警戒心もその一言で吹き飛んでしまった。
「ネ、ネギ先生に間違いありません!」
暗闇に男の唇が卑しく形を変えたのに、あやかが気づく事はなかった。
「そうかい、それは良かった。じゃあ探そうか?」
「ええ、お願いしますわ」
そして、男と一緒にあやかは森に入っていった。それが雪広あやか陵辱劇の始まりだとも知らずに。
710天士 ◆lZGooH/7ic :2005/07/17(日) 16:39:51 ID:J7paqI5j
「ところでさあ?」
歩きながら男が突然口を開いた。
「さっき先生って言ってたよな? なんであんな子どもを先生って呼んでるんだよ?」
あやかは立ち止まり、顔を少し赤らめながら口を開いた。
「ネギ先生は私達の担任なのですけれど…」
あやかがゆっくりと語り出す。自慢の子供先生の事を。
「普段は可愛らしい少年なのに、授業の時はしっかりしていらっしゃるんですの」
ネギへの好意に溢れているあやかの顔を見た男は、拳を強く握り締めた。
「ネギ先生はクラスみんなの人気者で、ネギ先生のお手伝いができる委員長の仕事を私は……」
「もういい・・・、もう黙れよ!」
突然の男の大声に、あやかの言葉は遮られ、驚いた反動で後方へ転倒してしまった。
「何でそんなガキは良くて、俺がダメなんだ!!」
男は大声で喚く。目は血走り、明らかに常人とは思えない姿だった。
「俺はなあ、麻帆良の職員試験を受けたんだよ!! なのにあのじじい、俺に生徒は任せられんとか言いやがって…」
あやかは男の豹変ぶりに恐怖のあまり動く事さえできなかった。
「俺はなあ、麻帆良で働くのが夢だったんだ。女子中等部でな!」
あやかは何か言おうとしたが、言葉が出ない。
「腹いせに帰りに女学生を襲おうとしたら、これだ!」
男は手でボロボロの服を強く掴む。その衝撃で服が破れたが、男は気にも留めなかった。
「ずっと遠くから校舎から出てくる女学生を眺めてた。もちろんスーツ着たガキと歩くお前の事も見かけた!」
男があやかの顔や身体を舐めるように見る。
「だが嬉しいぜ。お前みたいな発育のいい中学生とヤリたいと思ってたんだ」
そう言って、あやかの胸を眺める。制服の上からでも分かる大きな膨らみに男の目は釘付けになり、口からよだれが垂れる。
「そ、そんな不純な動機のあなたに先生になる資格は…」
「黙れ!!」
思わず出たあやかの言葉を遮り、男はあやかの方へ近づく。
「そろそろお前の身体を味あわせてもらおうか?」
そう言って、あやかの身体に手を伸ばした。
「い、嫌っ…!」
あやかの悲鳴が森に響いた、その時。
711天士 ◆lZGooH/7ic :2005/07/17(日) 16:41:08 ID:J7paqI5j
一瞬の出来事だった。
男の腹に光の線が当たったかと思うと、男はその場に崩れ落ちた。
呆然とするあやか。
そしてあやかの後ろから駆け寄ってくる足音。
「いいんちょさん! 大丈夫ですか!!」
そう叫びながら駆け寄ってきたネギは、あやかの元まで来るとあやかの前に座り込んだ。
「いいんちょさん?」
顔を覗き込んでくるネギを見て、緊張が解れたのかあやかの頬を涙が流れた。
無言でネギに抱きつくあやか。
ネギは優しく、あやかの背中に手を回した。
「いいんちょさん、もう大丈夫ですから…」
「あ…りがとう。ネギ先生…」
「いえ…」
あやかはネギから身体を離すと、ネギの唇に自分の唇を重ねた。
呆然とするネギ。
そして、ゆっくりと口を離し、あやかは恥じらいながら言った。
「ネギ先生、大好きですわ!!」

おしまい








>>705
元天子! おまえ趣味悪いんだよ!
あやかが汚いホームレスに犯されるSSなんて、読みたくねえよ
そんなことより、誰かネギきゅんとあやかの甘々SSきぼんぬ
712名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 16:51:00 ID:Kb0CCHlf
スク水、セーラー服上、ネコ耳、メガネのペアルックでエヴァとデートする事になるネギ
713名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 17:06:34 ID:gY/8npYk
天士ワロスw

>>712
SSにした場合には服装の描写が大変そうだな
714名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 17:28:49 ID:tgj1WI/h
-------------------------------------------------
------BIG・BOSSが他の漫画を7Pも丸トレス!----------
-------------------------------------------------

詳細は下のリンク

http://webapp.fedriz.com/~play-yan/cgi-bin/source/yan0187.jpg

------------------------------------------------------
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/erodoujin/1012640541/l50

本スレでの異常なまでの作者(本人の)援護

------------------------------------------------------

>459
>とにかく「やりゃ良いんだよやりゃ」なBIGBOSS作品なんだから、ストーリーなんかどうでもいいんだよ!
>とか考えてる漏れがいるw

>456
>トレースしようが、構図をパクろうが
>萌えてエロい恋人同士のHを描いてくれれば問題無し

>453
>ま、正直なところどっちでも良いから、もう少し刊行スピードを上げてくれると嬉しい。

------------------------------------------------------

BIG・BOSSは、自分の作品をトレスされても文句はいわないそうです。
さあ、みなさんBIG・BOSSをパクって売れる同人誌を作りましょう!
715名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 18:26:41 ID:/Dfi9csx
お前の趣味なんて誰も聞いてねぇよ>711
716名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 18:27:31 ID:EZYekn9N
ビブリオン×悪の魔法使いをお願いします
717天帝:2005/07/17(日) 18:30:22 ID:qq25h8qU
天帝は、ぐちゃぐちゃに汚されるいいんちょを読みたいが。。。
718天使:2005/07/17(日) 18:35:45 ID:TOvP/wC4
ゼンマイさんはまだ来てないの?
天使悲しいよ
719天帝:2005/07/17(日) 18:43:57 ID:qq25h8qU
天使の哀しさの価値って低いよな
720天使:2005/07/17(日) 18:45:20 ID:TOvP/wC4
うるせえ
721天才:2005/07/17(日) 19:18:05 ID:oOpxznCP
何なんだここは。
722天帝:2005/07/17(日) 19:19:58 ID:qq25h8qU
あヴぁろん
723天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 20:14:37 ID:cQ7He01d
雑談するのは迷惑だから止めたほうがいいと思うよ?
724天神:2005/07/17(日) 20:26:13 ID:yidnjuF3
何と愚かな奴らじゃ
貴様らに天の者を名乗る資格など無いわ!消えうせい!
725天師:2005/07/17(日) 20:34:06 ID:mhePbyv6
ちょwwwwおまwww天使一族増えすぎwwww
726名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 20:36:02 ID:EZYekn9N
とりあえずageとこ
727天祇:2005/07/17(日) 20:36:56 ID:U1y/sOu9
何でもありだなおいwww
728天津:2005/07/17(日) 20:51:10 ID:TdUlljni
>>670>>680>>727
再び住人が天使一族になる瞬間を見たw
729天資:2005/07/17(日) 20:57:03 ID:YBdxJl09
龍宮のSSキボン
730天市:2005/07/17(日) 20:59:26 ID:ch9ewgS8
おまい>>706の時の発言はww

春日美空SSキボン
731天祇:2005/07/17(日) 21:08:54 ID:U1y/sOu9
ここで>>610の続き、触手にたつみーとせっちゃんがヤられるのキボン
732天師:2005/07/17(日) 21:20:17 ID:knWqeGny
セロハンKoneeeeeeeee
733名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 22:07:57 ID:6fGiGDcQ
セロハンって誰だ?
734天字:2005/07/17(日) 22:32:40 ID:47hvgaEb
上の方で今日SS投下するとか言ってたコテハン。
735天地:2005/07/17(日) 22:36:41 ID:HT0SC2Q3
だが、書き込みが0時過ぎだったからな。
ひょっとしたら月曜日かもと期待してみる。あらゆる意味で。
736名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 22:43:08 ID:6fGiGDcQ
セロハンじゃなくて、ゼロハイだろ。
737天師:2005/07/17(日) 23:01:17 ID:W18NEBGU
>>735
確かにそれはあるかもしれん。
明日というのが寝た次の日という意味なら、0時過ぎに来るかもしれんな
738名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:21:02 ID:3D/hy6YF
セロハンだかゼロ杯じゃないけどさ、この雰囲気で投下しろって酷だし…
もうちょい投下しやすい空気にしてくれよ… 無駄に天○化しなくていいから
739名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:23:42 ID:6fGiGDcQ
>>738
いい事言うな。投下しやすい雰囲気にしてやろう
740名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:24:55 ID:w6vJ8cZ2
だが昨日見た限り、空気なんか気にしそうにないのだが。
いや、もちろん投下しやすい空気を。てのは賛成ですが
741名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:29:47 ID:6fGiGDcQ
投下しやすい雰囲気にするために、アイツの話題はアイツが来るまで避けよう。
742名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:30:33 ID:w6vJ8cZ2
分かった
743天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 23:31:58 ID:cQ7He01d
ゼロハイさんまだかよ
そろそろ天使演じるのも限界だぜ?
744名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:33:50 ID:6fGiGDcQ
>>743
空気嫁
745天津:2005/07/17(日) 23:33:59 ID:w6vJ8cZ2
>>743
この野郎、演じてるとか言ってんじゃねえ
746天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 23:34:02 ID:cQ7He01d
ごめんね…リロードしてれば>>741さんの提案に気づけたのに…
もうしないよ?天使はすごく反省してるよ?
747餃子:2005/07/17(日) 23:34:52 ID:HT0SC2Q3
天さん…!
748天津飯:2005/07/17(日) 23:36:59 ID:w6vJ8cZ2
餃子…!
749名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:40:05 ID:3D/hy6YF
おまいら…
750天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 23:40:38 ID:cQ7He01d
>>747-748
天使の大好きなホモの予感がするよ?
天使的には餃子攻めの天さん受けがいいな
751天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/17(日) 23:52:04 ID:cQ7He01d
ごめんね…また調子に乗っちゃった…
迷惑かけないように今日はもう寝るね?
おやすみなさい、みんな
752名無しさん@ピンキー:2005/07/17(日) 23:55:57 ID:3D/hy6YF
もう天使の存在は諦めてるけど、それに呼応してアホになる奴はやめてくれ…
753名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 00:06:40 ID:t2Q2LVu+
ここでとりあえず職人の降臨を願ってみるテスツ

おまいらが出現してほしい職人をランク付けしたら、どんなんなりますか?
754名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 00:11:05 ID:TNp6jSfF
ランク付けしなくても良かろうに…

イトミ氏はどこに?
755名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 00:16:12 ID:1+OYRiQO
好き好きがあるし、荒れる要因にもなるしね
一族が大量に出てきて荒れ放題の時に投下できる内村氏は尊敬すらするよ
まぁ、感想を書くことが重要かね。いなくなってから騒いでも遅いし…

そろそろ完成するので早いうちに続きを投下しますよ。
756天翅:2005/07/18(月) 00:33:49 ID:XNmAeWoS
ところでビブリオン×悪の魔法使いに操られたネギという構図が浮かんだので誰か書いてくれませんでしょうか。
あ。悪の元締めを超にするのもいいかも。
757名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 01:10:29 ID:mxV1WHz2
*― ―)内村さん、本当に書いてくれるとは感謝


内容は眼鏡っ娘VS眼鏡っ娘
「京都事変7、変革」
758「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:12:26 ID:mxV1WHz2
 妖怪たちの隠れ里からそれほど離れていない断崖に、無数の妖怪の影と少女とクラゲがいた。
「ふええっ、ふええっ、みんなぁ、どーちで、わたちぃ、ばっか、いじめるのぉ?」
 薄汚れた布を纏う少女は、涙と鼻水で顔をぐちゅぐちゅにしながら、背中に小さなピンクのクラ
ゲを隠していた。クラゲは山の奥で拾った見たこともない妖怪で、少女はそれに「みーちゃん」と
名付けて飼っていたが、ついに発見されてしまったのだ。
 事あるごとに虐待されていた少女は、無断で妖怪を飼っていたことを咎められ、他の少女たちに
崖に追い詰められた。
「わたちぃ、何か、悪いこと、したかぁ? したなら言ってぇ、あやまるからぁ」
 同族の妖怪たちに追い詰められる少女、しかし彼女が虐げられているのは、その恐ろしいまでの
才気によるものだった。彼女はその強大な能力をやがて開花させ、隠れ里の長に選ばれるだろうが、
今の性格は非好戦的―――どちらかと言えば臆病者である。
 同世代の少女たちは妬みと恐怖から少女を虐げ、ついに一線を越えた。

 少女とクラゲが、崖から突き落とされる――――その時、突風が吹いて少女たちを受けとめる。

 少女とクラゲは推推と風に運ばれ、一人の男の前で落ちた。
「驚いたわ。妖怪が集まって何するか思えば、同族を崖から落とすとは……」
 人間は美男子ではないが血筋の良さを思わせる、堂々たる風格が備わる風系魔法使いだった。
 名は三条千歳、数年後に関西呪術協会理事となる権力者の―――修行時代の姿である。
759「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:13:35 ID:mxV1WHz2
***関西総本山領域直前***
 無人のコンビニの前では、黒衣の男たちに1人の女が取り囲まれていた。
 その女は地味という言葉が服を着ているようだった。容姿を半減させる大きな眼鏡、最低限のメ
イク、鉄の表情、後ろで束ねただけの髪、当り障りのない紺のスーツ。
 男たちは神鳴流の京都守護師団、一部は英国の援軍にも派遣された戦闘部隊。
 装備した武具は「斬人」「斬岩」「斬鉄」「斬空」「斬妖」も容易く、七種の異なる呪詛を編み
込んだ対魔法衣は東洋や西洋の主流魔法から、僻地の古代精霊や呪詛神など、国内外の魔法系122
流派からの攻撃魔法に対応し、さらに魔法金属並の物理的強度を発揮する。
 そんな精鋭に囲まれた女は、しかし涼しい顔をして、師団を対魔法依ごと引き裂き始める。まる
で紙の人形を破いているように簡単に、剣士たちの死角に侵入して手刀で胴を切断し、蹴りの風圧
で頭を飛ばし、襲いくる真剣を素手で叩き折った。師団1人を始末する時間は約2秒。
「ひ、ひいいいいいぃぃぃぃぃぃ…………!」
 理解不能な顔をして絶叫する男の脳天を、女の拳が無慈悲に叩き割り、脳漿が飛び散る。
 京都守護師団を殲滅した女は、血の海の中を、返り血も浴びずに歩き始めた。
「やあ御園生くん、弱い者虐めをする気分はどのようなものだい?」
 ―――どこからともなく声が聞こえる。
760「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:15:21 ID:mxV1WHz2
「これは弱い者虐めではありません。私は戦士には魔法は使わず気のみで、魔法使いには持てる限
りの秘術を尽くし、まして、それが三条の敵であるならば全力で粉砕するのみ―――主たる御前様
の御心のままに、虐めに非ず、これは使命、いや、私の存在意義です。それに……」
 女は眼鏡のズレを直しながら付け加える。
「虐めとは、そもそも勝負事ではない、もっと一方的なものです」
「それは済まなかった」
「私如きには過ぎた御言葉です。高司様」
 光の帯が空中に広がり、その上に数万の三条・高司・華山院・東園寺連合軍が見える。沈黙の巨
大魔方陣は数分前に、総本山にいるさゆとふみによって解除されており、進軍の弊害は最早京都市
街地に潜んでいる少数の近衛家の術者のみである。軍はこれから近衛家の術者が潜む市街を殲滅し、
総本山に進軍して入山を果たし、新たな魔法協会の組織を立ち上げる。
「ところで御園生くん、なぜ君は上に来ないのだ? まあ三条翁は何も言っていないが、三条軍統
括指令官の君が1人、軍から離れたところにぽつんといるのは……どうも違和感があるのだが」
「私は高所恐怖症なのです。昔、崖から落とされたことがありまして」
「ええ? 近畿圏最高の「三条第1ビル」の最上階にいつもいるのに? 本当かい?」
「はい。私は目上の御方に嘘は申せません」
「でも、会議室じゃ普通の顔をしているよね?」
 御園生久美子は無表情なまま、少しだけ頬を赤らめる。
「窓に近づかないようにしています」
「ははは、それは知らなかった。まあ、人間1つぐらい弱みがあるほうが、可愛らしいものだよ」
 高司の念話の気配が消えたのを確認してから、久美子は、ふっ、と微笑んだ。
761「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:17:17 ID:mxV1WHz2
「可愛くても弱いならば、そんなものは、私は要らない」
 ざわ、と久美子の気配が妖しく変質し、隠していた妖物の気配が興奮により、人間の形から溢れ出
した。式神であるピンクのクラゲ「みーちゃん」が現れて、寄り添うように周囲を舞う。
 久美子は一瞬だけ無邪気な子供の笑みを浮かべて、愛しい式神を慰める。

「みーちゃん、わたちぃ、本当に大丈夫だからぁ。ありがとぅ。

 でもね」
 明るい表情が―――消失する。
「私は御前様に恩を返すため、完璧に限りなく近づかなければならない―――」
 攻撃が開始された。
 無数の光の矢が市街に降り注ぐのを眺めながら、久美子は千歳との出会いを思い出す。
 あれから30年が経過したが、それは激動の歴史だった。
 千歳の息子である雉乃は結婚して、千歳の孫娘こずえが誕生―――その後、雉乃は若くして死去
し、こずえも突然変死した。重なる喪失に千歳の心は弱り果て、かつての面影は失われていった。
 彼を支えることができなかった久美子は毎晩、自分の無力感と恩人の弱りゆく姿に涙で寝床を濡
らした。そして巫女との邂逅と同盟、巫女によるこずえの復活――――三条家の復興。
「……………」
 そして、戦争―――。
 この戦争が遂に、魔法使い社会の最高権威「近衛」に代わり「三条」の国を作る。
 久美子は作戦の全てを立案そして指揮し、関西の支部を爆破して英国を崩壊に導いた。その過程
で多くの人間が命を落としたし、これからも落とし続けるだろう。

「……………」

「む?」
 久美子はふと地下に妙な気配を感じ、思考に浸るのを中断して足元を睨んだ。
762「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:19:08 ID:mxV1WHz2
***関西総本山領域地下***
「やれやれ、女子寮では吸血鬼の大群から逃げて、臨時女子寮ではメテオの大群から逃げて京都に来
てみれば、今度は魔法使いの軍勢の一斉攻撃から逃走ときたもんだ。2度あることは3度あるってい
うけど、何回体験しても好きにはなれないな、こういう展開。身体がもたねーよ」
「ははは、拙者の日常では茶飯事でござるが、お主はこれ以上「こちら側」に関わるべきでないかも
知れないでござる。この件が決着したら……」
「ああ、言われなくても、私は手をひくよ」
 楓、千雨、カモはマンホールに飛び込んで光の矢による爆撃を逃れ、下水が流れる地下をゆっくり
と歩いていた。楓は千雨をおんぶし、千雨はパソコンなどが入ったリュックを背負い、カモは千雨の
頭に乗るという変則的な鏡餅のような集団である。
「さて、少し前方の様子を覗ってくるでござる。千雨殿はここでしばし、静かにしているでござるよ」
「言われなくても静かにしてるよ。早く戻ってきてくれよ……」
「これ、護身用の武器持っとけ。兄貴のコレクションで、けっこう高価なモノなんだぜ」
 カモは千雨に骨董品の魔法銃を渡した。千雨はその手の余る大きさの銃に戸惑いながらも、状況が
状況だけにしっかりとそれを受け取る。それを確認して、楓とカモが足音も立てずに姿を消した。
 千雨は銃を抱き締めるように持ちながら、1人ぽつんと楓たちを待つ。
「…………」
 下水の匂いが酷い。
 目の前をどろどろと流れている。
763「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:21:25 ID:mxV1WHz2
 地下に潜るのが一番安全だろうが、正直なところ匂いで鼻が曲がりそうで、不満はあった。本来な
ら華々しくネット界に君臨している「ちう」が、薄汚いマンホールの下に潜伏するなど考えられない。
 ただ、「ちうのホームページ」の常連ハンドルネーム「ナニワの騎士」などは、


ナニワの騎士> 敵にボコられてピンチのビブリオピンクタンの衣装見たい〜(><)
           ドロドロになったコスでもエエwwww〜 (2003/03/20-21:34:52) ID:ittarawado

ナニワの騎士> 今日の触手責めビブリオピンクタン( ;´Д`)ハアハア、ウッ。( ;´ε`)eroeroero
           でも関西は放送遅れまくりアイスワールド話題ネタバレ乙ableやhahahawwwwwwwwwww(死)
           ティムポ勃つようなピンチキタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!! (2003/03/27-20:14:12) ID:ittarawado

ナニワの騎士> ビブリオンが腐肉と蛆虫拷問受ける作品開発中、もう(><)二徹やでえ!
           上手くいけば全国のリョナ同志たちに映像で配布したいが・・・。。(ー ー)マジネムス
           あー、ちうたんのコスプレ写真でエネルギ充填せねば・・・ (2003/04/29-02:03:19) ID:ittarawado


 本気か冗談かはともかく、そんな書き込みをよくしていて、千雨も一枚ぐらいそのタイプの写真を
アップしてやろうか考えたが、実際にこんな状況下に置かれては堪らない。やむを得ず下水の中を逃
亡する正義のヒロインならともかく、千雨は妙な世界に少し触れただけの一般人なのだ。
764「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:23:42 ID:mxV1WHz2
 そんな下らない思考でも、今の千雨には良い暇殺しのツールになった。
 ぴちゃん、ぴちゃん、ぴちゃん。
 孤独の中、ただ水の音だけが聞こえ―――。


ごおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおぉぉ


「うわああああぁぁぁぁ!」
 轟音を立てて天井が破られて、道路のアスファルトやコンクリート片が千雨の前に雪崩れ込んでき
た。千雨は意味も分からずに悲鳴を上げて数メートル後退し、転倒して下水に落ちたことも気付かな
いほど動転していたが、魔法銃を構えることだけは忘れない。
「はああ、はああ、はああ、長瀬……おい! 長瀬! どこまで行ってんだよ! 戻ってきてくれ!」
 震える手で魔法銃を構える千雨。

 眼鏡をかけた地味な女性が、すっ、と、噴煙を割りながら現れる。

 衣装には人一倍厳しい千雨だから分かる。地味だが着こなすのは難しい紺のスーツを、見事に着こ
なしているその女が只者ではない―――しかし、外見はそれなりの能力の高さを覗えるが、天井を破
ってきたようにはどうしても見えない。というか、普通の範疇に入る女である。
「え……あ……?」
 あまりに場違いなその女を前に、千雨は困惑しながら銃を向けたが、女は、
「お前ではないな。紛らわしい」
 ドボッ、と―――
 千雨の腹を拳で貫いた。
 内臓が散った。
765「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:27:00 ID:mxV1WHz2
***関西総本山領域***
 腹に大穴があいた千雨はよろよろと、自分の内臓が飛び散った側壁にぶつかって、そのまま糸が切
れた人形のように崩れ落ちた。表情が消滅した顔の近くに、どさり、とカバンが虚しく落ちる。
 内臓が損失した穴からは血がどろりと流れ出して下水に混ざる。腹をぶち抜いた女は千雨に興味な
ど皆無の様子で、急いで戻ってきた楓の方を向いて、眼鏡の奥で目を細めた。

「ああ―――お前だったか。その「気配」は」

 楓とカモは呆然として、その女と、動かない千雨を前に立ち尽くす。
「千雨殿?」
「おい、楓の姐さん」
 千雨は腹をぶち抜かれていた。内臓の損傷は主に小腸、大腸、肝臓などだろう。壁にその一部らし
きものが貼り付いている。出血量は数リットル、下水に流れ込んでいるので正確な量は分からない。
千雨は意識は既にない。呼吸もしていないようで、胸がぴくりとも動いていない。
 女は、無表情のまま淡淡と告げる。

「そいつなら殺したぞ。私に銃を向けるとは御前様に向けるも同義、即ち不敬罪」

 その言葉に女の顔は歪まない。
「ふ? 不敬罪? 正気でござるか? お主」
766「京都事変7、変革」 ◆FePZUCQ9Q6 :2005/07/18(月) 01:28:57 ID:mxV1WHz2
 楓の顔が歪む。カモの顔も歪んだ。
 歪んでいく、ぎりぎりと、顔が、感情のままに歪んでいく。
 そして女の顔だけが歪まずに、むしろ清々しい。

「正気よ。ほら、耳を澄まして聞いてみさない。この変革の曲を」

 女は両手を、感じ取れる全てのものを吸収せんばかりに広げ、謳う。
 聞こえてくる、上から。
 聞こえてくる、壊れる音が。
 聞こえてくる、崩れる音が。
 人が、街が、在るモノ全てが根本から消滅していく、おぞましい音が。
 魔法使いたちに街中が蹂躙される音が。
 関係が崩れ去る音が、濁濁と耳に流れ込んでくる。
 「人間」と「魔法使い」。
 「人間」の前で、「魔法使い」は嗤い、そして「人間」に告げる。



「この国はもう、お前たちのものではない―――私たちのものだ」



 それはさらりとした、宣戦布告。 


767座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/07/18(月) 01:29:51 ID:mxV1WHz2
*― ―) ではまた
768名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 01:32:15 ID:eFdtrcli
座薬キター!!GJ!
769名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 01:48:31 ID:m7rpy4vh
座薬氏GJです!!
770天神:2005/07/18(月) 01:59:28 ID:N+wIRxIo
うむ、大儀であった
ゆっくり休むがよい
771イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:03:29 ID:nkBRcnEF
どうも、お久し振りです。完結編を投下します。
772イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:04:03 ID:nkBRcnEF
>>206

「さて、こやつはメカであるよ……どうするでござるか?」
目を少し開き、真名に向かい聞く楓。
尋ねられた真名は、懐から何か小さな機械を出して答える。
「これを使う」
真名は、手に持つパーツを楓に差し出す。
「これは……?」
差し出された楓もそれを受け取り、パーツを眺める。
「拙者、機械はからきしでござる。説明してはくれぬか?」
「ふむ、私もからきしだが、葉加瀬から聞いた話だと『感覚を生み出す試作品』だそうだ」
「こんな小さな機械がねぇ……」
マジマジとその試作品を見つめる楓。
「しかしお主、葉加瀬からこんなモノをよく手に入れられたでござるな」
言い終わるや、パーツを投げて返す楓。
真名は難無くそれを受け取り、その手荒い扱いに小言を言う。
「おい、貴重なモノだから、丁重に扱えよ」
「そりゃ申し訳無かったでござるよ」
「まあいい。それで貰えた理由だったな」
彼女は、手の上でパーツを弄びながら話し始める。
「いや、簡単な交渉だったよ。後ろから動けない様に捻りあげて銃で脅したらすぐ出したよ」
その台詞を聞き、失笑を隠しきれない楓。
「あまりスムーズでは無いでござるよ、お主らしくもない……」
773イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:04:50 ID:nkBRcnEF
>>772

楓から諫められるも、真名は暗い笑みを浮かべて答える。
「まあ、何か言われても困るからな……」
言うと、指で銃の形を作り側頭部を指差し……
「ドン!!……さ」
と、撃つフリをする。
「あちゃ……殺っちゃったでござるか……」
顔を手で押えて、肩を落とし落胆した様に言う楓。
「委員長に菊の花を買わせに行くのは心苦しいがな」
「それぐらいは自分でするがいいでござるよ」
「……めんどくさいな」
呑気にカラカラと笑いながら、恐ろしい事をサラリと言ってのける真名。
「それじゃ、取り付けるか」
更に距離を詰める真名。
その対象である茶々丸は、うわ言のように『マスター』と呟いてやまない。
「マスターマスターマスターマスター…………ワタシハカラクリチャチャマルマスターノシモベドウスレバマスターノオヤクニタテルノデスカ?」
この様子を見て、楓はボソッと漏らす。
「これは、もうそれを付ける必要無いのではござらんか……?」
「ハハッ、そうかもな……だが、これを使わなきゃ死んだアイツも浮かばれまいよ」
ニヤリと笑みを浮かべながら、そう告げる真名。
「自分で殺しといて、よく言う……」
苦々しげに呟く楓。
774イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:05:20 ID:nkBRcnEF
>>773

「確か、この辺だったかな……?」
そう言うと真名は、茶々丸の服をはぎ取り、女性の秘部に当たる部分へとパーツを挿入する。
「ん……深いな」
少し戸惑いながら、指を進めていく真名。
彼女の目に、あまりの深さを不審に思う色が出ていた。
しかし、カチッという音がすると、茶々丸と真名両者共に目の色が変わった。
「ふ……あぁぁぁ……なに……これ……ぇ……?」
「世界が広がったか?」
クイクイと、秘部に差し込んだ指を動かして聞く真名。
茶々丸は、その指の動きに合わせて喘ぎ声をあげる。
「ほおっ……これはなかなかでござるなぁ……」
楓も茶々丸のあまりの反応に驚きを隠さない。
彼女は面白そうに笑みを浮かべ、スッスッと足袋が床を擦る音を立てておもむろに茶々丸に近付く。
そして、茶々丸の胸部に手を這わせた。
「ひぅッ!!」
瞬間、彼女は悲鳴とも喘ぎとも採れる大きな声をあげた。
どうやら、『感覚を生み出す』という葉加瀬の触込みは言葉通りらしく、彼女は人間が如く胸を触られて感じてしまった様だ。
もちろん、真名の指は絶えず彼女を喘がせている。
そして、楓が胸に与える刺激がその音量を増幅していた。
775イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:05:51 ID:nkBRcnEF
>>774

「ふ……ぅぅッ……こ……ん……なの……ヒート……し……ちゃ……くふぅぅぅッ!!」
四肢を失いながらも、胴体を揺らして反応をする茶々丸。
彼女は必死になって、与えられる快楽に反抗しようとしている。
そんな彼女を見て、楓と真名は微笑んでいた。
その笑みは、深く、暗く、そして何よりも朗らかだった。
「ククク……これが《闇の福音》のミニステルか……良いザマだな……ハハハッ!!」
「確かに少し情けないでござるな、茶々丸殿。あのスクナの動きを止めたとは到底思えんでござる」
真名はそう言いながら更に秘部をいじくりまわす動きを早める。
楓も同じように胸をいじる(と言っても、撫でるだけなのだが)動きを早めはじめた。
二人の動きは通じ合ったかの様に正確で、茶々丸の反応は言うまでもなく強くなっていった。
「もういやぁ!!もう……やめ……てぇ……」
長時間の責めに音を上げる彼女の目の前に、秘部を捏ね回していた真名がその指を見せた。
その指を見て茶々丸は愕然とした。
「そ……んな……ハズ……」
そこには有るハズの無い茶々丸の愛液が、イヤらしく輝いていた。
776イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:06:38 ID:nkBRcnEF
>>775

「これを見る限り、確かにお前の設計者は天才だったな。全く……手にかけたのが惜しまれるよ、ハハハッ!!」
「ほお……関節の接合部を除けば、これは完璧な人間でござるな……」
楓もそれを見て、秘部からその粘液を興味深げに指ですくう。
彼女の体型に見合った細さと、身長の高さに見合った長さを保った指をその秘部に差し込むと、クチュリと液体の性質にあった粘性の音がした。
「ひぐぅッ……」
「ふむ、確かに濡れてるでござるな……試作品とは言えども、効果は適面だったようでござるな」
「のようだな……ん?」
楓に答えながら、時計を見た真名は表情を曇らせる。
「もう時間が無いな……楓」
「あい?」
「壊すぞ」
楓はその言葉を聞くや、秘部に差し込んでいた指の本数を増やした。
「ひぁぁぁッ!!」
指が増やされると、茶々丸の頭はガクガクと震え、その目は見開かれ、口はだらしなく開きっ放しのまま涎をタラタラと流していた。
「こ……んな……こんなの……もう……だ……めぇ……」
楓の責めで既に限界寸前だろう茶々丸の胸に、ダメ押しとばかりに真名は手を置く。
777イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:07:18 ID:nkBRcnEF
>>776

「ダッ……メェッ!!もう……もうッッ!!」
必死に、二人の呪縛にも近い責めから逃れようとする茶々丸だが、四肢を失った首と胴体だけの姿ではそんなコトは到底適わず、ただただ首をブンブンと振る事しかできなかった。
「ああぁぁぁぁッッッ!!」
茶々丸は二人の長い長い責めに絶頂へと達した。
「イッたでござるか……」
「いや、正確には……崩壊した……だ」
機械という存在でいながら、人間の絶頂に導かれた彼女は、体内の感覚素子が知覚する情報量の許容量を越えてしまい、崩壊してしまった。
「ガ……ギ……ギ……」
目に最早光は無く、彼女の声帯のみが、声にならない声を出そうとしているだけになっていた。
「拙者はこれでお暇でござる」
「ああ、助かったよ」
壊れた茶々丸を後ろに、二人は何ごとも無かったかの様に会話をする。
「では!!」
「……じゃあな」
掛け声と共に消えてしまった楓に、聞こえるかわからない別れの挨拶を言い、真名は茶々丸を見た。
「あとはこいつを……」
778イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:07:56 ID:nkBRcnEF
>>777

茶々丸が家を離れてから数時間経った頃、場所はエヴァンジェリン邸。
一人出掛けた茶々丸の事を心配していたエヴァがそこにいた。
そわそわと落ち着き無く家の中を歩き回るエヴァ。
彼女は不安で仕方がなかった。
魔力が封印されている以上、パートナーである茶々丸がいないのは、彼女の不安を掻き立てるのには充分な事態なのだろう。
「茶々丸……」
彼女がそう呟いた瞬間、玄関口で『ゴトッ』という重たい音が鳴った。
「……なんだ?」
不審に思いつつも玄関まで行き、その扉を開けるとそこには大きめのケースがあった。
そのケースの蓋には英語で彼女の本名が記されており、さらに微かながら血の匂いもした。
「な……んだろう?……ん……重いな……」
苦労しながらも、そのケースを部屋に入れて蓋を開ける。
そこには……

「イヤアアァァァァッッッ!!!!」

茶々丸と聡美の首が並べられて置いてあった……
779イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:08:25 ID:nkBRcnEF
>>778

龍宮神社
境内には仕事着を身に着けた真名がいた。
懐から携帯電話を取り出し、番号を押す。
相手は今回の依頼主。
「もしもし、私だ」
『おお、しかして首尾は?』
「首に仕掛けておいた通信機から悲鳴を確認した。もう立ち直れないだろう」
『ふむ、よくやってくれた。いつもの口座に振り込んでおこう』
「頼んだぞ」
通話を終え電話を懐に戻して、今度はそこから通信機を取り出し周波数を合わせる。
聞こえてくるのは、エヴァの声。
『茶々丸……ちゃ……ちゃ……ま……るぅ……』
それだけ聞いて満足したのか、彼女は通信機の電源を落とす。
「フフフ……ハハハッ……ハーッハッハッハッ!!」
龍宮神社に真名の高らかな笑いが響いた。
780イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 02:10:22 ID:nkBRcnEF
長い間お待たせして、申し訳ありませんでした。今回の話はこれで完結です。
次は誰かな……
781名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 02:16:53 ID:QBWw7rIO
それはそうと、柿×詠春をキボン
782名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 02:28:56 ID:Pm9wAqo7
fateとネギまってどっちがおもろい?
783名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 02:36:01 ID:4Tyc0S73
どっちもそれぞれファンと厨とアンチが大量につくほど面白い
784名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 02:39:19 ID:eFdtrcli
>>イトミ氏
待ってました、GJ!
龍宮コワ…


   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒( 个 ,个)   はいはいパーンっと >>781
     `ヽっ/⌒/⌒/c     
         ⌒ ⌒
785座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/07/18(月) 02:48:24 ID:mxV1WHz2
>>780
*― ―) イトミさんGJ
容赦なく、かつ爽快
見習わせていただきます
786名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 02:57:40 ID:tgc1HNC5
gj!
いじめ擦れにもこれ投下してみてはいかが?
787418です:2005/07/18(月) 03:15:08 ID:HDBlpddH
「或る退魔師の夜」なんですが、続き出来ましたので投下します。
788名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:16:34 ID:HDBlpddH
「或る退魔師の夜」第四話

「…伝言だと?」 龍宮はすぐに気を取り直し、目の前の怪物を睨みつけた。
スライムは口元をニヤリと歪め、何事か言おうとした。しかし、次の瞬間には、スライムは人間の形をとってはいなかった。
ザシュッ!
スライムが斬り裂かれる音だけが響き、続いてその場に崩れ落ちた。
「刹那…。いつの間に入った。」
「お前が敵の会話に乗っている間に、最初の手筈通り、屋根裏からだ。らしくないな。龍宮。敵の会話に乗って動揺するなんて。」
刹那は、前回木乃香の姿をとったスライム相手に不覚をとったことを彼女なりに、教訓にしていたらしい。
その刹那が斬り伏せたスライムはじぶじぶと床に崩れ、今は既に液状に変わっていた。
崩れていくスライムを眺めながら、龍宮はすまない、とだけ答えた。床にスライムが染み込んでいくように消えていく。
このまま消滅するかと思われた液状のスライムが、不意に先程の少年の顔をとった。その顔はやはり邪悪な笑みだった。
789名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:17:38 ID:EDkuuP4Y
猟奇的な葱魔スレの方がいいかも?
790名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:19:14 ID:HDBlpddH
「オレタチィ…ノ、主ハ、ワスレテイナイ…。」
「主…?誰のことだ?」
「龍宮!」
またも敵の会話にのりそうになった龍宮を、刹那が一喝する。一瞬で我に返った龍宮は、二丁の銃の引き金を引いた。
通常の弾ならば、この軟体の生物に効く筈は無い。
だが、魔力を込めた弾は、スライムに確実に止めを刺した。スライムは、愈々消滅するその時まで、気味の悪い笑みを止めなかった。
龍宮は、そのスライムが消えた後もしばらくは深く考えこむようにして、その場に立ち尽くしていた。
「主だの、伝言だの云っていたが…。」
「惑わされるな、龍宮。私たちに恨みを持つ者など、数えていたらきりがないだろう。」
刹那にそう諭されたが、龍宮はどこかに引っかかるものを感じた。スライムの云っていた主とやら、伝言やらも、もちろん気にはなっていた。しかし…。
龍宮が思案している間に、刹那は通信機で依頼が達成したことを報告し、撤収する準備を終えたようだった。
龍宮は首を振るようにしてとりとめのつかない考えを振り切ると、刹那とともにこの場を去ることにした。
時間として一時間と立たない間のやり取りであった筈だが、龍宮は気だるい疲労に包まれていた。
791名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:20:17 ID:HDBlpddH
隣を歩いている筈の刹那の歩く気配でさえも、ぼんやりとしか感じられなかった。
「会話に乗るのはいいがな、龍宮。」不意に刹那が口を開いた。
「余裕を持ちすぎるのは、お前の悪い癖であると、私は思うぞ。」
刹那は龍宮が、まだ余裕の中に招いた油断であると思っているらしかった。
刹那は、最近めっきりとかわいくなったと思う。いや、正確に言えば明るくなったと言うべきか。
以前は寡黙な、剣の道一筋で、口数ももっと少なかったように思う。のみならず、クラスメイトたちに以前よりも打ち解けている。そんな風に龍宮の目には見えた。
これも「お嬢様」のおかげかな、と龍宮は思った。
刹那と別れると、龍宮はとりあえず自分のねぐらである、自室に戻った。しかし、心の中に立ちこもった霧は未だに晴れてはいなかった。
ふう、と龍宮はひとつ溜め息をつくと、浴室に向かった。
少しばかり汗もかいていたが、それ以上にこの気持ちをきれいに洗い流すのにはシャワーでも浴びる他はなかった、というのが本当のところだった。
一糸纏わぬ姿になった龍宮の体を、心地よい温度の湯が滑り落ちてゆく。
792名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:22:01 ID:HDBlpddH
シャワーを浴びながら、ふと自分の体に目をやった。クラスで何番目かに入る自らの胸が目に入った。その先端を少しずつ指で撫で回していく。
「…ふぅ…っ…」
ゆっくりと撫でていくうちに先端がピンと固くなってきた。体の中が上気するような熱さが、龍宮のなかで広がっていく。
先程までのぼんやりした不安に変わり、今はその熱が龍宮の意識を支配していた。
自身の知らぬ間に、片手は既に自分の秘部へと伸びていた。円を描くように撫でていた指が、徐々にその速度を上げる。
龍宮のそこからは既にじっとりと愛液が滲み出ていた。指の速度に伴うように、快感がこみ上げてくる。
「…ンンッ…はあっ…ああっ…」
自身の指は止まらない。いや、止められない。
龍宮はあっという間に快楽の虜になっていた。片手は胸に。余るもう片手は自らの秘部にあてられ、ただ更なる快感を得ようと動いていた。
シャワーの音に混じり、愛液のぐちゅっ、ぷちゅっ、という音が淫靡に響いていた。その愛液の分泌はさらに激しくなり、音も大きさを増していく。
そのなんともいえない恥ずかしさに、龍宮は酔っていた。
不意に指が、皮に隠れたクリトリスにあたった。痺れるような快感が、龍宮の体中に駆け巡った。が、手を止めることはなかった。
はぁ、と息を一瞬整えるようにしただけだった。それよりも更なる快感を、彼女は求めた。クリトリスをさっきよりも少しだけ強く愛撫する。
「あっ…んんっ……っ!!」
あっけなく龍宮は達した。びくっびくっと、二三度けいれんすると、その場にへたり、と座り込んだ。
はぁ…はぁ…と荒い息を整えていたが、やがてそれは、はあぁ…と深い溜め息に変わった。
「…何やってんだ、私は…。」もう一度龍宮は深い溜め息をついた。
793名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:23:20 ID:HDBlpddH
それは、シャワーを浴びる前よりも深い溜め息だった。
シャワーからあがり、時計を見た。
朝までにはまだ少し時間があった。少しでも頭を休めるべく、龍宮は横になった。
それでもとりとめの無い考えが、浮かんでは消えてゆく。
あのスライムの言っていたことは一体なんだったのか。
そもそもスライム一匹相手の仕事に、刹那と二人も駆り出して、周到に準備する必要があったのか。
刹那もなぜ、かたくなに話を聞かなかったのか。せめて最後まで…。
そうやってじょじょに、龍宮の意識は深い眠りの途についた。

794名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:26:27 ID:HDBlpddH
とりあえずここまでです。今回の投下で終わらすはずが、長期化…。
ご意見ご感想ありましたらお願いします。
795天井:2005/07/18(月) 03:34:39 ID:8umJtOz7
甲である。
796名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 03:37:23 ID:e8uoWRDi
今日は職人さんの投下がいっぱいある日ですね。
職人の皆様GJです!
>>787さん
せっかくいいSSをお書きになるのですから、
コテハンとかはいかがでしょうか?
もちろん無理にとは申しませんが。



>>795
てめえ、天井コラ!
>甲である。
じゃねーよ、変なGJするんじゃねえ
797名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 06:31:38 ID:P6Gq+ViB
みんなGJ!
あの空気の中、よく投下したと思う。
798天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/18(月) 09:53:49 ID:UPI2PZFt
おはよう、みんな!
今日は気持ちがいい朝だね
それにいっぱいSSが投下してあって天使はすごくうれしいよ?
799ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/18(月) 12:48:01 ID:oHS63mAU
すみません。昨日小説を投下すると言っていたゼロハイ何ですが…
何やら「バーボンハウス」?というものにひっかかってしまって投下出来ません…
OCNは接続できないみたぃで…今携帯から書き込んでいます。
解除されてから投下したいと思いますので。
800787です:2005/07/18(月) 14:45:41 ID:l0piRgeM
>796
コテハンは、もう少し精進してからにしたいと思います。まだまだ未熟者ですし…。
801ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/18(月) 14:56:12 ID:oHS63mAU
バーボンハウスというものはどうやったら解除されるのですか?
802楽麻 ◆jjWTI8ewtY :2005/07/18(月) 15:50:44 ID:ApuXYDOL
ここまで更新。

>>563
対応しました。
803名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 16:06:24 ID:TNp6jSfF
>>802

毎度のことながらお疲れ様です
804名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 16:08:46 ID:wdSLjTY/
座薬氏のSSの関係相関図、誰か教えてくれん?
805796:2005/07/18(月) 16:12:23 ID:Lwe03Sfi
>>800
そうですか、分かりました。

>>802
お疲れ様です。
806名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 16:18:55 ID:pfKf8AUJ
>>801
やあ (´・ω・`)
ようこそ、ネギま!エロパロスレへ。
このレスはサービスだから、まず見て落ち着いて欲しい。

うん、エロパロスレなんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このレスを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした空気の中で、そういう質問を忘れないで欲しい
そう思って、このレスを書き込んたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。

すみませんがエロパロ板で職人がコテハン名乗って質問すると、
取り返しのつかない事態になる恐れ(○HiME)があるので、
↓で聞いてください。

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/qa/1121603698/l50
807ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/18(月) 16:25:03 ID:oHS63mAU
>>806
コテで質問はダメだったんですか。すみません。初心者だったもので…
解除されるまで待ちます。
808イトミ ◆DEP4IVx7X6 :2005/07/18(月) 17:34:29 ID:nkBRcnEF
>>785
座薬さんにそう言ってもらえるとは光栄です。

>>786
いじめは双子までは見てました(双子の時は書いた)けどそれがピークだったように思います。
今の茶々丸いじめなんて、もう……
809ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:55:45 ID:7an8dOFr
これから亜子の搾精SSを投下します。
見たくない人はスルーでお願いします。
810ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:56:57 ID:7an8dOFr
搾精編・亜子

その日、和泉亜子は最高に気分がよかった。
「ふっふっふ〜ん、今日の当番はウチやで〜♪」
誰に言うでもなく、ついつい独り言を口走ってしまう。
そう、ついにこの日の搾精当番のくじ引きで、見事亜子が当たりを引いたのだ。
亜子のテンションは最高潮に達し、これ以上の喜びはないようにも見える。
念願の搾精当番になったのだから仕方ない。そのせいか、何をしていても顔がにやけてしまう。
「しかも今日のために、とびっきりのアレを用意しとるんや〜♪」
何やら意味深なことを言う亜子。
「じゃネギ君、放課後になったら保健室に来てほしいねん。ウチ、待ってるからな〜♪」
亜子は保健委員の仕事をするべく、保健室へと走っていった。

放課後になり、ネギは保健室へと向かった。
「和泉さんはどんなテクニックで搾ってくれるのかなー(・∀・)ニヤニヤ」
実際、ネギは搾精が本当に楽しみになっていた。確かに最初の頃は戸惑いがあった。
しかし、回を重ねるごとに段々と慣れていった。しかも気持ちいい。
自分のクラスの生徒にしごかれることが快感にもなってきた。(ちょっと危ない)
最近では搾精をしないと一日が終わらない、というレベルに達している。
そんなこんなで保健室に到着した。コンコンと扉をノックする。
「失礼しまーす…、って和泉さん!?」
811ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:57:25 ID:7an8dOFr
そこには超ミニスカのナース服を着て、大きな注射器を持った亜子がいた。
いわゆる※仮契約のカードの格好である。
あまりの光景にネギは呆然と立ちつくしてしまい、言葉も出ない。
「あっ、ネギ君来たんや。待っとったで。」
「な…何て格好してるんですかあああああああああっ!!!」
「ネギ君のために着たんやけど…似合わへん?」
にぱっと笑みを浮かべながら亜子はネギに尋ねた。
「い…い、いやそんなことはありません、よく似合ってますってかどこからそんな衣装を!?」
ネギは至極当然の質問をした。自分のクラスの教え子がこんな格好をしていたら誰だって驚くだろう。
「これなー、先週秋葉原で買ってきたんよ。ネギ君のためにやで。」
「え…秋葉原って、家電量販店が多くある街なんじゃ…?」
「最近じゃ、こういうもんを売ってる店の方がたくさんあるんよ。」
亜子はくるっとその場で一回転してみせた。一方のネギは目のやり場に困っている。
「あ…あの…和泉さん、僕のために…そこまで……」
口をモゴモゴさせながら俯くネギを亜子はじっと見つめていた。
ふとネギのズボンを見てみると、亜子はある異変に気付いた。
「あー、ネギ君、ウチのコスプレで興奮したんか?ここ、大きくなっとるで。」
そう言って亜子はネギの股間を指差した。そこではネギの逸物がズボンの下で自己主張をしていた。
「!!?…あ…あ、あの…その……す、すみません…………」
「謝ることあらへんよ。じゃあネギ君、そろそろ始めよっか。おちんちん苦しそうやし。」
「あううぅ…和泉さん、お願いします…」
812ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:58:00 ID:7an8dOFr
「あは♪なんや…もうこんなに堅くして…」
「ちょ……ちょっと、和泉さん……!あっう…く!」
「ダーメ、亜子って呼んでや♪」
「ううぅ…くふぅ…あ、亜子さん…」
「ふふふ…凄く…熱くなっとる…ビクビクって脈動してて…こんなに大きいんやな……」
亜子はネギのの耳元で囁きながら熱い吐息を吹きかけてくる。耳がこそばゆくて背筋がゾクゾクする。
そのまま亜子はベルトをはずし、ズボンを脱がしていく。
「あ…すごーい…こんなにテント張ってて……窮屈そうやな………」
トランクス越しのネギの怒張を物珍しそうに眺めて、なんだか亜子は妙に楽しそうにしている。
確かにさっきから、ネギの逸物は興奮しきってそそり立っている。
そして亜子の顔がネギの股間のすぐそこまで迫ってきていた。
その視線のせいで更に興奮したのか、ネギのペニスはビクンと大きく震えた。
とめどなく先走りを溢れさせ、さっきよりも堅く勃起する。
「あ…なんだか動いたみたいや…まだ何にもしてへんのに…ひょっとして、見られて興奮してるんか?」
「っち…ちが…います…」
「そう?…まあええわ…どうせすぐわかることやし…くすくす…」
「え?」
妖しく微笑んで亜子はネギのトランクスに手を掛け、脱がそうとしてきた。
亜子の白くて細い指がゆっくりとスライドしていく。
「ちょ……ちょっとストップ!亜子さん、待ってください!!」
「……ダ〜メ♪…もう遅いで…ほ〜ら、脱ぎ脱ぎしような〜」
「わ!わぁ〜〜〜!!まだ心の準備が〜〜!!」
813ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:59:09 ID:7an8dOFr
ついに最後の牙城であるトランクスも亜子の手によって脱がされてしまった。
「うわぁ……これが男の子の……凄い……ビンビンにそそり立って…脈打ってる…」
「…って、うわああああ!!頼むから見ないでください〜〜亜子さん!!」
「…くすくす…大丈夫…見るだけなんて酷いことはせえへんよ…ちゃ〜んと気持ちよくして…あ・げ・る…」
そう言って亜子は優しくネギの怒張を手の中に包み、上下に扱き始めた。
その瞬間、まるで全身に電気が走ったような感覚と快感に襲われ、目の前が真っ白になった。
「うぁ!はっああ…くぅ…あ…亜子…さん…!!」
「…男の子って…こうやってしてあげると…気持ちええんやろ…ね…どうなん?気持ちええ?」
「う…うぁ…き…気持ちいい…気持ちいいです、亜子さん!!」
「ふふふ…それじゃ、こっちの袋の方も揉んであげるな……」

ふにゃ…ふにゃ…ふにゃ…こね…こね…
814ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:59:31 ID:7an8dOFr
亜子は右手で竿を扱きつつ、左手で袋の部分を優しく触ってきた。
その行為が更にネギの快感を高め、より怒張の硬度が増していく。
そして竿の方もただ上下に扱くだけではなかった。
角度を変えて摩擦したり、時には円運動を加えたりして快楽の度合いを変えていく。
亀頭から流れ出す先走り汁はさらに滑りをよくし、手の勢いが増していく。
ネギはその連続した快楽の連続にすぐ達してしまいそうになった。
しかし、その度に亜子は動きを止めるので達しさせてくれない。
ネギは亜子から気が狂うのではないかと思うほどの快楽に溺れつつあることを感じていた。
そんな亜子の絶妙なテクニックとツボに嵌ったコスプレ衣装に、ついにネギの逸物にも限界の時が来た。
「ううぅ…はぁう…あ…亜子さん…も、もうダメです…」
「そうか…限界が来たんやな…なら、試験管に…思いっきり出してや!!」
僅かにペースを上げて、亜子は右手に力をこめた。左手には試験管を持っている。
ペニスの奥から煮えたぎるように熱いものが湧き上がってくる。そして…
「あ、ああう…くっ…あ、亜子さん!!」
亜子は試験管を邪魔にならないように亀頭の先端に当てた。
ネギは腰をガクガクさせ、痙攣しながらも試験管の中に大量の精液を放出した。
「はぁ…はぁ……ふぅ…ふぅ………」
ネギは全ての力が抜けたように椅子にもたれ掛かり、軽く気を失っていた。
815ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 17:59:53 ID:7an8dOFr
「ネギ君お疲れー。ようがんばったな。」
ネギがようやく落ち着きを取り戻すと、亜子はすでに制服に着替えていた。
「あ…亜子さん、もう着替えたんですか」
「そうやよ。ついでにネギ君のズボンも穿かせてあげたで。」
言われてみると脱がされたはずのズボンが元通りになっている。
ネギはまさかと思いながらも、一応聞いてみた。
「…ということは……トランクスも……?」
「そうや♪」
「……そ、そそそれぐらい、ぼ、ぼ僕一人で出来ますからっ!」(ボッ)
ネギはこれ以上ないくらいに顔を真っ赤にした。
どうも搾精には慣れても、まだこういうことには慣れていないようだ。
「じゃ、ウチは寮に帰るわ。ゆーなとか待ってるし。」
ナース服をたたんで鞄の中に入れ、亜子は教室のドアに向かった。
帰り際に亜子はネギに向かってこう言った。
「2週目の時にはもっとすごいコスプレするから、楽しみにしててな〜♪」
「………………」
その場に凍り付いてしまったネギなのでした。

THE END
816ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/18(月) 18:00:09 ID:7an8dOFr
あとがき
やっぱり1週間ぐらいかかっちゃいますね。
ちなみに、※仮契約のカードの格好がわからない方は、
ttp://www.negima.ne.jp/release.html#12
このページの「輝く君へ」の欄を見ればわかるかと。
秋葉原にあのナース服が売っていたという設定でお願いします。
予定では、搾精シリーズがひと段落ついたら、ネギ×クラスメートの
甘々SSでも書こうかと思ってます。次は真名の搾精です。
ではでは。
817名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 18:25:19 ID:WVr6YItD
座薬氏の投下作品の保管サイトはないですか?
このスレを読んで、過去ログを読みたいところだけど、
2ちゃんねるビューアに久々にログインしようと思ったら
弾かれるし・・・
818名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 18:30:18 ID:22I2KB22
ネギま!ノベルゲーム製作所(だっけ?)に行けばあるよ。
819名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 18:37:51 ID:eFdtrcli
>>817
>>3のSS保管庫行けば読めますよ。
820名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 18:46:40 ID:nnW0vGI2
今SS書いてるんですけど、ネギの一人称視点中心と三人称は
どっちが読みやすいでしょうか?
821名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 18:47:09 ID:WVr6YItD
>>818
テンプレの保管庫にありましたね。有難うございます。
見つけられました。多謝!
では失礼。
822名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 18:48:17 ID:WVr6YItD
すいません。819さんも有難うございますー。
823名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 20:53:36 ID:bHETRtWv
亜子搾精GJすぎ!! 萌え死にしそうになりました(≧ワ≦)
824天資:2005/07/18(月) 20:56:28 ID:3+HkG/Fw
あげんなハゲ
825名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 21:01:09 ID:bHETRtWv
じゃあsageときます
826名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 21:02:36 ID:bHETRtWv
sage
827天津:2005/07/18(月) 21:04:20 ID:bqFcsbve
>>823
その絵文字キモッ!
ageんなヴォケ
828天資:2005/07/18(月) 21:44:58 ID:3+HkG/Fw
ちょw ID:bHETRtWv いっぺん芯で来い!
829天祇:2005/07/18(月) 21:56:25 ID:TNp6jSfF
まぁまぁ皆さん


夏ですから?
830天津:2005/07/18(月) 22:01:52 ID:GLgOTKrN
そうですね
831天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/18(月) 22:16:33 ID:UPI2PZFt
>>820
天使は自分の一番書きやすいスタイルを貫くことが一番大切だと思うんだ
内容に関しては住民の意見をある程度反映させるべきかもしれないけど
そういった根本的な書式等に関しては、自分が書きやすい方を選んだほうがいいよと思うよ?
そのほうが良い作品になるんじゃないかな?
これは余談だけど、そのSSってもちろんホモだよね?
天使はホモが読みたくってウズウズしてるよ?ウズラよりもウズウズしてるよ?
このままじゃ死んじゃうよ?早く誰かホモ書いてね?
そうしないと天使が天使じゃいられなくなっちゃうんだ…
832名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 22:40:04 ID:dcSbgPUl
>>831
返答有難う。もちろん後半部分は見なかったことにして良いんだよね?
833名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 22:47:18 ID:0bnUdqFu
ネギのショタに住民は反応する。
なら性欲を持て余した小太郎に汚されるネギでも反応するんかね。

…いや、責める側が3−A(他女子含む)であることが重要なのか。
つうと、千鶴(小太郎×ネギ)とかなら拒否反応少ない?
834名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 22:58:11 ID:yjcNbtH1
>>ビロード氏
GJ!
でも原作ではネギははじめから「亜子さん」って呼んでた気がする
835天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/18(月) 23:10:24 ID:UPI2PZFt
どうして誰もホモ書いてくれないのかな?
天使はず〜っと待ってるのに…
836名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 23:15:32 ID:I3mQi6QJ
スレ違いだから。
837猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:15:53 ID:zSJbdM2V
なんかラッシュのように作家さんが降臨してますなぁ…
なんというか投下しやすい空気は重要ですよ、昨日書いたけど。天使は諦めてるが、それ以外は…。

根性で書き上げたネのま完結編です。エロだけでこんなに長くなるたぁねぇ。
838猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:16:46 ID:zSJbdM2V
(完結編)

のどかの小さな手がネギの股間をつつみこむように触れる
するとネギの体がピクッと揺れる…
「きゃっ…、(ドキドキ)硬くて熱いです…」
擦るように手を動かすたびにネギの体に電気が流れるような感覚が襲う
さっきのまき絵と違い、別に上手く快感を浴びせるわけではないがもどかしさがなんともいい
と、いうか素直に快感に身を任せられるのがなんとも良かった

「さ、のどちゃん…」
ベルトに手をかけおろすとネギのモノが主張していた
「こ、これが…」
のどかは初めて親鳥を見た雛のように食い入っている
ああ、初々しくて可愛い… 大きくなったネギ君のを見るのは私もはじめて♪

ネギ君のパンツの膨らみを見つつ、どうやらのどちゃんは戸惑っているようだ
息遣いが荒いし、このまま見てるのも面白いが誰か来ても困るので(誰も来ないと思う…けど。勘だけど☆)
ちょっと後押しをしてみる事にすることにする

「ほら、のどちゃん。どうしたの?」
「あ、いや… な、なんか怖い…」
「大丈夫だよ〜☆ ネギ君は早く早く、って言ってるからね? ほ・ら・♪」
のどかの手をとり、めくるように誘導する
恐る恐る指がパンツから開放させると、ちょっと10歳とは思えない大きさになっている
うーん、写真で見たことあるし、小さいのを見たときはそうでもなかったけど、生で見るとこりゃ…
のどちゃんは… うーんやっぱり思ったとおりの反応だね(苦笑)
839猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:17:06 ID:zSJbdM2V
のどかは目を丸くして(漫画で言うと白目のギャグタッチ風)で固まっていた
(これが…ネギせんせの…)
赤くて大きい(普通の男の人のサイズなんて知らないけど… なんか怖いかも…)
「ほら、のどちゃん。息をふーってしてみて♪」
え…? 怖いよぉ…、言われるがままに近づいたみたけど…
息を吹きかけるの? なんでだろう… え、えい…
のどかが息を吹きかけるとビクッとネギのものが反応する
「…」
「ほら、のどちゃんの息で喜んでるよ。敏感だからね♪」
(さっきのどちゃんで興奮した、って言ったらと惑いながら嬉しそうにしてたしね…)
これで怖いという意識がなくなればなぁ、と思っている意外と策士なまき絵
「…」
効果はあったようでのどかから恐怖心は薄くなったようだ
「あ、あのあんまり見つめられると…」
まき絵はネギのモノに手を伸ばす
そして亀頭から棹にかけてをゆっくりとなぞる
「あ、ふ…!」
その行動にネギは敏感に悶える
「ほら、のどちゃん。これが亀頭ね。亀さんだよ」
「亀さんですか…?」
亀っぽい気もするなぁ…と不思議そうに見つめている
(くー、ネギ君こんな純真でクリッとした瞳で見られたらたまんないだろうなぁ…)
事実ネギはそれに異様な興奮を覚えていた
(ああ、面白そうな本を見るときと全然変わらない目で僕の物を…)
ネギのモノがますます興奮して大きくなった気がした
なんともいえない匂いにのどかはちょっとクラクラときているようだった
840猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:18:17 ID:zSJbdM2V
ちょっとまき絵がネギの頬をつねる
「…?」
(確かに可愛いけどのどちゃんにばっかり興奮されるのもシャクだしね)
そんな女心が見え隠れ。まぁ、楽しんでるんですけど…
「はい、のどちゃん。触ってみようね♪」
のどかは顔を赤くしながらコクリとうなずく。もう覚悟は決めているようで話は早い
膨張したものに指がかかると…
(あ、熱いです… 硬くて熱くて… 凄いです…)
(あっ、またびくって… 気持ちいいのかな…)
(…、液体が出てきたです… おしっこ…? でも白いし…)
ありゃ、ネギ君早いね…。じらしすぎちゃったかな?
「これがね、我慢汁だよ。」
「がまんじる…?」
例によって不思議そうに見つめている。どこか興味津々なようにも見える
「それをね、手のひらににすりつけて…」
のどかの手をとり、そのまま握らせる。もはやなすがままだ
驚いたようだが、もう驚くのも疲れたようで特に口も出さなかった
ただただ、ネギの反応と感覚に感動しているようだった
そのまま手を動かし、上下への往復運動をはじめる
「…!!」
ネギはのどかの細く冷たい手に握られている、あまりの快感のためか歯を食いしばっていた
こちらの顔を見て強弱はこれでいいんですか?とアイコンタクトを出してくるので指導をする
あふれでてくる液と手の動きが呼応するかのように音が響いた
841猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:18:46 ID:zSJbdM2V
快感のためかヨダレを拭く余裕もないままネギは快感に身を任せている
「ね、ねぎせんせー 気持ちいいですか…?」
「ひゃい…」
(可愛いです…)
いつも真面目な表情しか見てないのでゆるみきった表情に母性を感じてしまう
まき絵の指導の賜物だが自分の手で快感を味わってくれてるのも嬉しかった
(退屈だし…、そうだ…♪)
そう思いまき絵はネギの袋に手を伸ばす
「…?」
のどかはどうするのかな…?と思いジッ見つめた
その間もとまっていない手が偉いというかなんというか…
そのまま、まき絵は袋を揉みしだく(あくまでしだく、といえども優しくだよ)
直接快感がくるわけじゃないが…、ネギは頭がグラグラ揺れるのを感じた(分かりにくい)
「のどちゃん…、ここはね。精子を作るところなんだよ♪」
「揉んであげるとね、いっぱい欲望が出てくるの。優しく扱ってあげるところなんだよ」
コクコクうなずいているのどかを横目にネギはそろそろ限界を感じていた
(気持ちいいけど…、もう我慢が…)
「はい、のどちゃんすとっぷ!」
「え?」
やめるとネギのモノがまたビクッと動く。
まるでやめないでくれと懇願するかのように…
「はい、のどちゃん。このままやるとネギ君のはどうなりますか?」
「え、えっと… しゃせいします…か?」
カウパーは知らないが射精は知っているようだ。ある程度の知識はあるらしい
本で勉強したかハルナに教わったか… 顔を赤くして勉強してるのどちゃん萌えー!! はーん!
…と、暴走しちゃった。危ない危ない…
「そうです! 射精します! でも、ね今みたいにじらすとネギ君喜ぶんだよ」
と、耳打ちする。嫌がってるけど快感が長引くからね…
そうすると「のどかさん、お願いですからいかせてください!」って懇願するよ〜♪
「え、ええ… はい…」
のどかにSっ気があるとは思わないがそれが見れるならおいしいなーっと思った
842猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:19:22 ID:zSJbdM2V

……
「もう、限界です…、のどかさんお願いですからぁ…」
まさかここまで予想通りに展開するとは…
我ながらちょっと恐ろしくなってしまう… う、うーん…
「ふふふ、ネギせんせだしたいんですかぁ…?」
ネギは懇願するように激しくうなずく
瞳は涙がうるみ、下も汁であふれている。可哀想な反面、そこが可愛いけど♪
「のどかさぁん…」
のどかは艶っぽく今まで見せたことないような子悪魔な顔でニヤッとする
「しょうがないですねぇ…、じゃあいきますよ…」
そのままのどかは激しく手を上下に動かしネギのものを絶頂へと導いていく
ここでさっきまでならとめるのだが、そこで勢いをまた増していく…
「あ、あ、ああ…!!」
思わずまき絵ですら呼吸をするのを忘れ見入ってしまった
液と棹がこすれる音が響く中、勢いよくのどかの顔を目掛けてネギのものが放出する
「きゃっ…」
一度ではおさまらず二度、三度とのどかの髪を汚していく…
ようやく終わったのを確認すると自分の髪についたものを確認する
「ねばねばします…」
指でねちょねちょと練り消しで遊ぶかのように精液をもてあそぶ
ネギにその行為に興奮する余裕はなかったが、実際なら興奮してたであろう
(う〜ん、のどちゃんの純真無垢なのとたまに見せる大人っぽい表情はいいねぇ…♪)
(あ、髪の毛の精液は取れにくいらしいから早くしないとね)
「ま、まきちゃん終わりだよね…」
ネギのしぼんだ物を見てつぶやく
「ま・だ・最・後・が・あ・る・よ♪」
そう言いネギの唇に吸い付く。もうネギに抵抗する力も残ってはいなかった
さぐりさぐりながら舌を絡めると、消極的でもないが少しだけ絡んでくる
(ネギ君とにキスは気持ちいいなぁ… 唇もちっちゃくて…)
843猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:19:48 ID:zSJbdM2V
(シャレでしたことはあるけどディープなんて初めてだなぁ… キスって気持ちいいんだね…)
音がのどかにも聞こえるぐらい激しいものだった
だんだんとネギのものがまたそそり立っていくのにのどかは驚きが隠せなかった
それを確認するとネギの唇から解放する
「さて、のどちゃん?」
「は、はぁ… え、え…!」
間髪入れずのどかの唇を今度は刺激する
のどかは戸惑いながらも断固拒否するということもなく受けいれている
先ほどの要領で舌と舌を絡めていく…
その光景をネギはどうすることもできずまた興奮しながら見つめていた
「ぷはぁ… ネギ君の唾液だからネギ君とも間接キスだよ…」
「ふにゃ…、そうなんですか…」
のどかはとろ〜んとしながら今更ネギを見て赤面している
「ネギせんせ、まだ元気ですね… だしたいんですか?」
どこかまだ悪戯っぽく、さっきのSっ気が残っているようだった
ネギは消え入るような声でつぶやいた
「おねがいします…」
のどかはニヤッと笑うとネギのモノに手を伸ばそうとするが…
「たーんまっ!」
静止するまき絵を見て二人ともポカーンとしている
ネギを横に寝かせると、丁度ネギの顔にお尻がいくようにネギを寝かせる
白のパンツが目の前に来てネギは戸惑いながらも見つめている
「ま、まきちゃん… 恥ずかしいよ… どうすればいいの…?」
「これなら二人でできるでしょ…」
そういうとまき絵はネギのそそり立ったものに唇をつけキスをする
今までに感じたことがない温かみにネギのモノは電気が流れたような興奮が襲った
「…!! ま、まき絵さん…? 汚いですよ…」
ネギからはのどかのお尻しか見えてないはずだが、やっていることは分かったらしい
「ふふふ…、ネギ君のだから汚くないよ…」
アイスクリームをなめるかのようにペロペロと舐めている
「あああ…」
844猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:20:19 ID:zSJbdM2V
「一回出してるのに元気だねぇ… ほら、のどちゃんも…」
「は、はい…」
おそるおそるぺろっと舌でなぞる。
「はぁ…!!」
「だ、だいじょうぶですか? 痛かったですか?」
「大丈夫です… 気持ちよくて…」
ネギは素直に快感を洩らしている
それがまき絵には嬉しかったし、のどかにはこの行動の支えとなっていた
ちゅぱちゅぱと舐めているうちにネギのモノからはまた液が溢れてきていた
それをこぼさないようにまき絵ものどかも嘗め尽くしていく
「ネギせんせー、あんなに出したのにまだ液が出てますよ〜…」
「すいません…、でものどかさんも…」
ネギはのどかのパンツの膨らみに指をかける
どうやらのどかも行為に興奮してぬれているらしい…
(のどちゃんずるいなぁ…、ん…)
のどかとネギが一緒にやっていておろそかになっているネギの亀頭に吸い付き…
そのままバキュームのように吸い上げる…
「ジュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜…」
「…!!」
油断していたときに起きた突然の快感が起きたせいで、
ネギはついいってしまいそうになる
「うわぁ、まきちゃん凄いなぁ… 私も…」
すっかり上はまき絵が支配しているので棹を舐めたりタマを吸ったりする
「二人とも凄い…」
ネギはのどかをいじる余裕もなくなっていた
「ああ、もうだめ…」
その言葉を聞くとまき絵は亀頭から顔を離す
さっきのどかがされたように顔射をして欲しかったからだろうか
「ああ…!」
845猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:23:59 ID:zSJbdM2V
先ほどの勢いに劣るとどころか、先ほど以上の勢いで勢いよく射精する…
そしてその液がまき絵の髪からのどかの頬まで汚していく…
「はぁはぁ…」
終わったものから搾り出すようにまき絵は残りを吸っていく…
なんとか飲もうとするものの、なかなか喉を通らない…
「ぷはぁ…、ネギ君のおいしい… ごほっ…」
(まきちゃんもネギ先生好きなんだなぁ… 私も頑張らないと…)
「だいじょぶですか、まき絵さん… 飲んだら…」
心配しているが合計で2回以上射精しているだけに余裕がないようだ

「さ、て、と… お風呂行かないとね…」
「あ、そうですね…」
先ほどの射精で髪がベタベタなのだ
「ネギ君も一緒にはいる〜☆」
「えっ…、は、はいりますか?」
「い、いや、遠慮しておきます…」
(見たらたっちゃいそうだし、体がもたないよ…)
「そっか、もう体が限界かな(笑) みたら興奮しちゃうもんね!」
「興奮するんですか…?」
(なんで見透かされてるんだろう…)
その言動にネギは動揺せざるをえなかった
「じゃ、ネギ君。たまったらすぐお姉さんに言うんだよ〜!」
「て、手伝いますから…」
のどかは恥ずかしそうに慌てて言った
ここで取り残されるのは…と思ったのだろう。積極的なのにまき絵はほほえましく思った。
846猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:28:37 ID:zSJbdM2V
のどかの部屋には誰も幸いいなかったのでなんとか着替えを取れた
まき絵は部屋に人がいたので、入ることもできず体育着にとりあえず着替えた
大浴場に着くと幸いの幸いに誰もいなかったので安心して洗うことができた

「全然とれませんね〜…」
「じっくりやらないと…」
「髪の毛がノリみたいにくっついてます〜…」
「ちょっと、のどちゃん手伝うよ…」
「すいません〜」
一発目の濃いの受けてから時間がたってるためにまき絵のより大変そうだ
そしてなんとか(かなり苦労したが)髪の毛についた精液を取ることができた…

二人で湯船につかり…
「誰も来なくて良かったね〜」
「そうですねぇ… 結構時間かかりましたし…」
しばしの沈黙。
「まきちゃん…、私ね。負けないです…よ」
「ふーん♪」
にやにやしてるまき絵を不思議そうにのどかが見つめる
「な、なんですか…」
「私はネギ君も好きだけどのどちゃんも好きだねー♪ Sっ気があるのどちゃんも…」
「あ…。…。へへ、まきちゃん今日はありがとう…」
二人は笑顔で見つめあった。
ほほえましく、なごみ系。

(終わり)
847猫になりたい(ネのま!編) ◆1En86u0G2k :2005/07/18(月) 23:33:11 ID:zSJbdM2V
1スレ以上かかりましたがなんとか完結ですよ。リクエストに答えましたが、結構楽しかったです。
だんだんエスカレートしていく展開…はまた機会があれば。

次はなに書きますかねぇ。考えていませんが、搾精でも書くかなぁ。リクありゃどうぞ。
848名無しさん@ピンキー:2005/07/18(月) 23:58:22 ID:bpHCmQMj
GJ!

パルかいいんちょをお願いします。
849名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 00:30:10 ID:wtDvZ0DL
GJです。黒いのどかが素敵過ぎです。萌えです。


あっという間に450KB超えましたなぁ。職人さんの頑張りのおかげかな。
それとも、一族の所為?
850天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/19(火) 00:46:07 ID:2aqRbEG8
猫なりさんのSSは読みやすくてとっても素敵だと思うよ?

>>849
一族は何も悪くないよ?一族はみんな天使のお友達だよ
851天丼:2005/07/19(火) 01:04:03 ID:z46chCJe
>>847
良職である
852名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 02:50:52 ID:ZRq7adlI
>>847
GJです!! のどかに萌えました。



>>851
てめー天丼コラ
>良職である
じゃねーよ。変なGJしてんじゃねえ
853天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/19(火) 03:03:18 ID:2aqRbEG8
ねむぃょぉ…
ねむたぃょぉ…
854かえまナ! ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:45:05 ID:IVHAYaKm
こんばんわ。
なかなかネギ×楓×真名SSが進まないので
他の部分を進ませることにしました。
本編になる「超佐ネタ」の一編です
以前私が超スレで投下した短編の改良版です。

※これからの長編は黒超一味を利用したヘルシングネタが多くでてきます。
ネタ的には以前このスレで投下されたネギシング様に近いものがあるかもしれません。
ヘルシングは知らなくても楽しめられると思いますが、読むとよりネタが楽しくいただけるかと。
前回のネタも合流させますのでネギかえマナネタはもう少々お待ちを。
※今回はエロ無しです、ごめんなさい。引きで妄想していただければ幸いです
多分その妄想は当たりです。

それでは。いきます
855カメラ娘は華と散る ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:46:11 ID:IVHAYaKm
体育館の片隅で淫らな饗宴が開かれていた時と同時刻。
麻帆良大工学部の一室で一心不乱にパソコンを操作している少女がいた。
南国の果実を思わせるような独特のヘアスタイルに、
少女というにはいささか成長しすぎている肢体、
そして何より全ての悪を見抜こうとするその真剣な眼差しは
彼女が中学生であるという事実を錯覚させるに違いない。
だが彼女、朝倉和美は麻帆良学園中等部3年のれっきとした女子中学生である。

彼女は今『取材』をしている。
彼女の所属部は報道部だが他の麻帆良での部活同様、それはかなり本格的なものだ。
機材やそこで教えられるノウハウはおそらく、そこら辺のマスコミと同等、
いやそれ以上の水準だ。当然求められるネタのレベルも高くなる。
だが、今の彼女はそんなノルマとは関係無しで、純粋な好奇心、探究心、
もっと簡単に言えば「記者魂」の揺さぶりで動いている。
今の彼女が目の前にしているもの。それは中華料理屋台「超包子」の会計書類一式。
そこで繰り広げられている光景は朝倉の「記者魂」を熱く燃え上がらせるには、
十分すぎるほどの燃料だった。
「ま、まさかこれほどまでとはねぇ……カモっち?」
「あいつ、まさかこれほどまでにやっていたとは……さすがのおいらもびっくりだぜ」
朝倉が超と手を組み、まほら武道会の司会をやっていたのは、もちろん打算あってのこと。
記者の直感で最近の超に不審な空気を感じ、そしてそれを調べれば麻帆良を揺るがす、
大スクープになると読んだからである。
いま、オコジョ妖精のカモの力も借り、超のPCをハッキングして見ている裏帳簿。
それは麻帆良だけでなく、日本、いや世界も揺るがしかねない大スクープであった。
「まほネットを通り、本来存在しない裏道から侵入する……さすがの天才も
予想してなかったってことだな。チョロイもんだぜ。」
「いやぁ、カモっちをつれてきて正解だったよ。これを記事にすれば……」
「ピュリッツァー賞でもとれるのかネ?」
「ピュリッツァー賞は報道写真のイメージが強すぎるんだけどねー……え?」
「晩上好!朝倉さん。こんな夜中に忘れ物でもしたのかナ?」
856カメラ娘は華と散る ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:46:35 ID:IVHAYaKm
「ちゃ、ちゃ、超……! な、何でここに?」
「眠れない夜は散歩するにかぎるネ。誰かさんが大騒ぎするからうるさくて眠れないヨ?」
そういうと超はひょいっと朝倉が見ていたモニターを覗き込む。
そしてスゥっと目を細めると朝倉に向かってつぶやく。
「何を見ていたかと思えば……朝倉さんもお金に興味あるカ?」
顔は笑っているように見えるが朝倉はそれを額面どおりに受け取ることはできなかった。
目が笑ってない。幼稚園児でも見抜けるつくり笑顔だ。
「も、もう遅いんだから、大半のデータはダウンロード済み。
私の携帯の発信ボタン一つで全世界に発信されるんだから……」
ご自慢の愛機をご老公の印籠のように突きつけ朝倉は必死に言葉を吐き出す。
だが、超は顔色変えずに朝倉の目を見つめ、軽く口を開く。
「それで? 何を暴いたというのかナ?」
「な、何をって……補助金横領に脱税、不正献金に武器輸出禁止条例違反まで。
肉まんから戦闘機まで扱っていたなんて総合商社もびっくりね。」
引きつった笑顔を作りながら下手なジョークを超にぶつける。
だが超は特にクスリとも、怒りもせず、あいかわらず薄ら笑いで朝倉を見つめている。
「それがどうかしたカ?」
「犯罪よ!」
ついに空気に耐え切れなくなり朝倉が叫ぶ。必死に平静をたもとうとしていたが、
それも限界だった。大人びているとはいえ普通の中学生。
巨悪と戦うという夢があるとはいえ、それが実現するにはあまりにも早すぎた。
「怖いネ、朝倉さん。せっかくの美人が台無しヨ?明日も司会がんばってもらわないと
いけないから早く寝るネ。」
「な……何をいまさら……こんな不正をする奴と協力できるわけ無いじゃない!」
「裏切るというのカ?」
初夏だというのに嫌に冷え込む気がした。朝倉は小刻みに震えながらも
最後の切り札を突きつけながら後ずさりをする。
「な、なによ。このボタンを押せばあんたは破滅よ。悪は絶対滅びるんだから。」
だが超はまったく気にもせず朝倉に忠告する。
「押したければ押すがいいネ。でもその前に画面を確認した方がイイヨ?」
857カメラ娘は華と散る ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:46:59 ID:IVHAYaKm
超の様子に気をつけながらも手に持った携帯の角度を手前に向ける。
「け……圏外……?そんなはずはさっきまで電波全開って確認してたのに!」
「甘いよ朝倉さん、今のこの世界の技術力でも簡単に圏外にできるのに、
私ができないとでも思たカ?」
「あ……まずい、カモっち逃げるよ! って、あ、あれ?」
朝倉は周りを見渡すがさっきまでいたオコジョの姿はどこにも見当たらない。
「連れのオコジョ妖精はかなり前に逃げだしているね。気づかなかたのカ?」
「そ、そんな……」
「さて、朝倉さん。もう一度聞くね。あなたは裏切るのカ?」
もはや周りは真冬なみに寒い。ガタガタと震えているのに、
なぜか汗は後から後から吹き出てくる。
「わ、私は……あ、悪の手先に、な、なるなんて……絶対にない!」
カラカラののどを引き絞るように、つかえながらもきっぱりと言い切る。
例え脅迫を受けても朝倉の巨悪を嫌う心ははっきりとしていた。
そしてそれを聞いた超は一瞬悲しそうな顔をしたもののすぐに無表情になる。
「……別に朝倉さんが見た書類なんて全然問題ないのだけどね……」
朝倉には聞こえないようにそっとつぶやく。

PCのさらに底に眠っている書類に比べればこんな書類、公表したっていいくらいだ。
もともとこれは超を内偵している不特定多数の者達に対するある意味足止めみたいなもの。
人は目的地を見つけたと思えば、そこからさらに前に進む人は少ない。
ましてやその場所が広ければ広いほどそこで留まるしかなくなる。
そしてあるものは上司に止められ、そしてあるものは恐怖して自ら立ち去る。
だがそれでも前に進もうとするものは……いない。この世界には。
「残念ね……朝倉さん」
「こ、これから私をどうするつもりなの……」
超の隙をうかがいながら朝倉が尋ねる。一時に比べれば大分落ち着いてきた気がした。
「殺しはしないヨ。クラスメートに手をかけるのも後味悪いし、
第一、朝倉さんにはまだやってもらわなくてはならないことがあるネ」
「私がおとなしく従うとでも?」
858カメラ娘は華と散る ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:47:21 ID:IVHAYaKm
「嫌でも従ってもらうネ」
「断る!」
部屋の中が一瞬明るくなる。電気を消していて暗闇に慣れていた超の目に
赤白い光が容赦なく襲い掛かる。
朝倉が手にしていたデジカメのフラッシュを超に向けて光らしたのだ。
「私はこんな所で捕まるわけにはいかないんだよね。超! 後で首を洗って待ってなよ。」
朝倉はもつれる足を必死に動かしながら出口に向かって走る。
だがあと少しでというところで、不意に人影が出口をふさぐ。
「ど、どいてぇええええええ!」
朝倉は体当たりをするようにその人影に突進していく。
ここで足を止めても意味は無い。それならわずかな望みにかけて出口を突破するしかない。
朝倉は全体重をかけてその人影に突っ込んだ。
だが、乙女の体重は軽すぎるのかあっさり床にはねかえされる。
「どこに行くんですか朝倉さん……?」
暗闇に丸型眼鏡が キラリと浮かび上がる。
そしてその隣には少女の3倍はあろうかという大男。
「石川くん、彼女を捕まえて」
「石川くん」といわれたどう見ても人間では無い大男がぎこちない動きで朝倉を捕まえる。
そして身動きが取れなくなった朝倉の前に超と眼鏡の少女――葉加瀬聡美が並ぶ。

「さてどうするかね……?」
思案顔の超に向かって葉加瀬が思いついたように口を開く。
「ちょうど最終調整がしたかったんですけど使ってもいいですかぁ?」
「ん、ソウネ、ちょうどいいかもしれないネ。葉加瀬に任せるから後は頼んでもいいかナ?」
最終調整というこの場の雰囲気からはあまりいい想像ができない提案を
超は簡単に承諾する。
「そろそろ会わなければならない人がもう一人いるネ。彼女はもと賢ければいいけどネ」
と超は力なく笑う。
「あとで経過報告しましょうか?」
気を聞かせたように葉加瀬が尋ねる。
859カメラ娘は華と散る ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:48:33 ID:IVHAYaKm
「ま、その時はこちらから頼むヨ、とりあえず葉加瀬は朝倉さんが素直になるように
して欲しいネ。」
「はい! わかりましたー」
葉加瀬が満面の笑顔で答え、そして「石川くん」(と朝倉)の方を見て
ブンッと元気よく腕を振り上げる。
「さぁ、いきますよー」
まるでピクニックや遠足に出かけるように明るく言い放つ。
「ちょっと、離してよ! 私をどこへ連れて行くのよ!」
朝倉の抗議も受け流して、葉加瀬は楽しそうに朝倉をなだめる。
「とっても楽しいところですよー?私は今からワクワクしちゃいますー」
そして騒がしくも好対照な3名(?)を見送りながら超は一人、
寂しそうにつぶやく。

「真名はもと賢いことを祈るヨ……」
860かえまナ! ◆MANAe47622 :2005/07/19(火) 03:50:45 ID:IVHAYaKm
終わりです。いかがだったでしょうか?
長編もうまく続けていければと思っていますのでよろしくお願いいたします。
861名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 03:59:04 ID:ByXabLoH
GJ!!
朝倉のその後がとても気になりました。




それにしても、ここ何日かは投下祭りだなあ・・・
本当に職人の皆様方お疲れ様です。
862国士無双。:2005/07/19(火) 15:12:25 ID:/exA3pnw
アクセス規制のせいで昨日はこれませんでしたー…って
>>633!偽名使うな!
確かに新人の癖にタカビーになった事は反省してるが、
オレッチはそんなにヘコヘコしねえぞ!電車男じゃあるまいし。
863国士無双。:2005/07/19(火) 15:15:03 ID:I+CHSyLJ
お前こそニセモノ帰れ!!!!
864国士無双。:2005/07/19(火) 15:21:20 ID:hsnZObeu
キャー
865名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 15:29:18 ID:DsElZsne
なんだ赤帽子、天使一族ときて次は国士無双。か?
やれやれだぜ…
866国士無双。:2005/07/19(火) 15:37:20 ID:I+CHSyLJ
元気だせよ
867天使無双。:2005/07/19(火) 15:47:25 ID:wtDvZ0DL
次スレのデフォは↑に決まりだなw
868天使無双。:2005/07/19(火) 15:49:08 ID:wtDvZ0DL
あ、でも無双って並ぶものはいないみたいな意味だったかな。
869国士無双。:2005/07/19(火) 15:51:09 ID:hsnZObeu
もう並びまくっちゃってるからいいよ
870天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/19(火) 15:58:30 ID:2aqRbEG8
うわあ!新しいお友達がいっぱい来たよ?
871名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 16:03:34 ID:wtDvZ0DL
ちょwおまいらいい加減に汁
872名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 16:20:15 ID:wtDvZ0DL
自作自演w演出:天使無双。
873国士無双。:2005/07/19(火) 16:21:47 ID:/exA3pnw
……たしか前回は木乃香フェラだけという貧相な中身でしたが、
なんとか美空なめんな編ではもうちょいとだけ濃い中身になりました。
もちろん、技術力は座薬さんやベンジャミン内村さん、パン粉さんなど
先輩の職人さん方には到底及びませんが、ま、がんばります。ぅぃぅぃ
>>880ぐらいから書きはじめようとおもっていますが、
とりあえずこのスレが落ち着いてからにします。
874国士無双。:2005/07/19(火) 16:21:56 ID:hsnZObeu
いいからみんな並ぼうぜ。
875天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/19(火) 16:24:18 ID:2aqRbEG8
>>874
並ぶのは迷惑だからやめたほうがいいよ?
876国士無双。:2005/07/19(火) 16:25:19 ID:/exA3pnw
…………。
やっぱ名無しにした方がいいのかなぁ?
877名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 16:30:17 ID:8UCqwNaC
>>873
パン粉氏はまだけっこう新参じゃなかった?文章力は認めるが

支援sage
878国士無双。:2005/07/19(火) 16:32:08 ID:/exA3pnw
>>877
っつうか、このスレを発見したのがアニメ最終回の翌日だったんで、
オレッチからすれば大先輩なんですが。
879名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 16:42:24 ID:8UCqwNaC
アニメ最終回…6月の終わりかな?
ん?…まぁいいや
880名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 16:52:59 ID:hsnZObeu
スレ読み返してみた
パン粉氏初登場は11日、酷使夢想は14日 ?
すまん、俺にはよく事情がわからない
881天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/19(火) 16:59:39 ID:2aqRbEG8
天使は何もわからないよ?
882国士無双。:2005/07/19(火) 17:01:11 ID:/exA3pnw
すいません、アニソン板とごっちゃにしてました。
883国士無双。:2005/07/19(火) 17:22:03 ID:/exA3pnw
ごちゃごちゃ話してるうちに時間がやばくなって来たんで今日は落ちます。
たぶん、次来るのはあさってです。
884ビロード ◆Csm916d3zY :2005/07/19(火) 17:32:45 ID:KDwZaEZQ
>>834
マジですか!?…精進いたします、すみません。
885ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:11:40 ID:UAO5b3+R
バーボンハウスというのが解除されましたので、投下したいと思います。
ネギ×エヴァ(?)かな…。
886ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:12:39 ID:UAO5b3+R
僕は十数年前、君という光を失った。
僕の世界に光が無くなった。いつだって僕を照らしていたのは君だったから。



ピピピピ……カチッ
朝に鳴り響く規則的な機械音を白い手が乱暴に止めた。その手は止めた後しばらく
停止していたが、数秒後にゆっくりと手をどけた。

「ふぁ〜…今日からまた学校…」

緊張している筋肉を伸ばすべく、起き上がった高校生ぐらいの男はんーっと思いっきり伸びをする。
その男の容姿は例えようもなく美しく、髪はボサボサになっているが髪質などは相当良いと見受けられる。
朝日に反射し、茶色の毛はより一層綺麗に光っていた。しかし、その男の目には光など僅かも宿ってはいない。

「タカミチおはよう。」
「あぁ、おはようネギ君」

タカミチ・ネギとよばれた二人は笑顔で挨拶を交わし、共に朝食を食べ始めた。
特に会話も無いが、二人には心地良い時であろう。二人の顔に浮かぶ笑みがそれを語っていた。

「どうだいネギ君。学校は」
「うん。さすがに6年も教師やってれば慣れるよ」

タカミチとよばれた40代前半の男は、ネギに問いかける。ネギも笑みを絶やさずに返答をする。

「ネギ君。今日はどうするんだい?」
「……学校が終わったら行くよ」
「そっか…。無理しなくてもいいんだよ。」
887ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:13:14 ID:UAO5b3+R
ネギの顔から次第に笑みが消えてゆく。タカミチの最後の言葉に返事をせずに、持っていた食器を流し台まで
持って行った。そしてタカミチの後ろを通りスーツに着替える。タカミチは黙ってその作業を見つめ続けている。
ネギの着替えが終わる頃にはタカミチの飲んでいたコーヒは冷たくなっていた。

「タカミチ…僕、無理なんかしてないよ。ただ、我慢してるだけ…」

ネギの背は普段より小さく見えたと、その時タカミチは思った。背負っている物が違う。そう思わざるをえなかった。
数十年前のネギの悲しみをタカミチが一番身近に感じていたからこそ、タカミチは心配していた。
そう…今日はあの子の…あの子の命日だから。ネギが世界で1番愛したあの子の命日だから…


『ネギ先生…』

ここにくると、今でもそんな声が聞けるような気がしてならない。だから毎年この日は、この日だけは授業も生徒も放って
ここへくる。教師としては間違っている。だが、この人の恋人としては正しい行為なのだと理屈を並べてネギは墓の前へ立つ。
かつて世界中の誰よりも愛した人の墓の前へ…

「あやか…やっぱり今年も、授業を放って来てしまいました…悪い先生ですよね…」

墓に手をあてて、ハハハと苦笑いをする。そう、この墓はかつて2−Aの委員長であった雪広あやかの墓。2年前、悪性のガンに
より命を落とした。2年前といえばネギは14歳、あやかは18歳。ネギも本来ならば中学2年生、あやかは高校卒業を控えていた身だった。
しかし突然のガン。ネギもただ黙って指を咥えて見ていたわけではない。明日菜の時と同様、エヴァの家へ駆け込んだのだ。


ドンドンッ!ドンドンッ!

『マスター!マスター!開けて下さい!!マスターッ!』

ネギは降りしきる雨の中、あやかのガンを知らされた瞬間、何も考えず病院を飛び出しエヴァの家へと駆け込んだ。
訳も分からず扉を叩き続けると、静かに扉が開いた。さっきまで叩いていたネギはいきなり扉を開けられて、つまづくような形で
前へよろけた。中にはペコリとお辞儀をする茶々丸と、腕を組んで仁王立ちしているエヴァことネギのマスターがいた。
888ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:14:01 ID:UAO5b3+R
『どうした坊や。こんな夜中に』
『助けて下さい…あやかが…あやかが……ガンに…』

――ピクッ

エヴァの眉が一瞬跳ねた。しかし表情は一変して変わらない。泣きじゃくるネギを冷たい目でじっと見ていた。

『そんなもの、私にどうしろと言うんだ。まさか、病気を治す魔法を教えてくれとでも言うんじゃないだろうな?』
『……っ!』

ネギの心臓が一瞬今までに無いくらい大きく跳ねた。心を見抜かれている。そうネギは直感した。実際ネギはエヴァにそう
頼むつもりだったのだ。死んだ人間は生き返らなくても、病気を治す事ぐらい…と。

『図星か?くだらん。病気を治す魔法など無い。さっさと帰れ』
『そんな…っ!!学園長もタカミチもお父さんも使えないんですか!?その魔法!』

踵を返して立ち去ろうとするエヴァの服をひっぱって流れる涙も拭かずに、必死に食らい付いた。エヴァはゆっくりと振り向き
ネギの顔を見た。ネギは目が合った瞬間、体中の血管の血が止まったかのような錯覚に陥った。そこには普段、無愛想ながらも
可愛らしい顔立ちをした自分のマスターではなく、今まで見た事もない冷たく凍りついた目をしたマスターがいた。

『あっ…ぁ…う……』
『前にも言ったろう坊や。そんな魔法は無いんだよ。人の生き死にを私達魔法使いが、どうこうできるものじゃないんだ。』
『………』

とうとうネギは俯いて黙り込んでしまった。涙も枯れはて、ただ呆然と床とにらめっこしているだけ。エヴァは溜息を一つ付くと
踵を返して、部屋へ戻ろうとする。その時―――

『そうかっ!病気は治せなくても、人の病気を自分に移す事はできますよね!』

――ピタッ…

エヴァの歩みが止まった。期待に目をランランとさせている弟子を背に、エヴァは何も言わない。
889ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:15:33 ID:UAO5b3+R
『あぁ。確かに、それは可能だ』
『ほ…本当ですかっ!やったー!』

目尻に涙を浮かべてそこらじゅうを子供のように飛び跳ねる。茶々丸も思わず拍手を送っている。チャチャゼロは相変わらず小生意気な
笑みを顔に浮かべているだけだ。

『マスター!その魔法、僕に教えて下さい!』
『………魔法じゃない。』
『えっ?…』

期待に目を光らせていたネギは、拍子抜けしたように目が点になった。エヴァはゆっくりと振り向き、腕を組みなおして静かに説いた。

『いいか坊や。病気を他人に移すなど、もはやそれは呪いの類だ。魔法使いの私達じゃどうしようもないんだよ。』
『そ、そんなぁ!マスターなら呪いぐらい使えるでしょう!?呪いぐらい……っ!』
『呪いぐらいなどという言葉を口にするなぁ!』

――ビクッ

さっきまで狂ったように騒ぎ立てていたネギも、静かに様子を伺っていた茶々丸も、いつもは生意気なチャチャゼロも、みんな体を
硬直させエヴァに視線をうつした。そこには怒りを露わにしながらネギを睨みつけているエヴァが佇んでいた。

『呪いぐらいだと?貴様、よくもぬけぬけと…』
『え…あの…っ』
『呪いに失敗したら、どうなるかすら分からんのかぁ!』
『――っ!!』
890ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:16:12 ID:UAO5b3+R
ネギは急に恥ずかしい気持ちになった。いかに自分が命を粗末にした言葉を吐いていたか、自分の師匠の言葉により気付いた。
そう、呪いに失敗すれば呪いに関わった者全てが死ぬ場合もある。そんな事まで頭が回らない程、自分を見失っていた自分が
とても腹立たしいとネギは思った。エヴァは、鬼のような形相から優しい穏やかな顔へと変え、ネギをなだめる

『諦めるんだ坊や…運命は変えられない。あいつがそれで死ねば、そこまでの運命だったんだよ』
『く……っ!違う…!運命は、変えられるんだ…っ!!』

ネギは自分の拳を床で強く握り締めて、床に大きな涙の湖を作っていた。エヴァは半場呆れたような顔でネギを見下ろし、ネギと
目線を合わせようとしゃがみこんだ。

『…呪いに失敗すれば、あいつもお前も死ぬ事になるんだぞ?』
『……』
『…ひどい場合は、あいつだけ死ぬ可能性もある。』
『……』
『それでもいいのなら私は何も言わん。お前が決めた事だ。』

応答が無いネギをただ優しく見つめている。するとネギはゆっくりと顔を上げ、エヴァと視線を合わせた。その顔は決意に満ちた
なんとも頼もしい顔立ちをしていた。涙もすっかり止まり、ネギはもう決意したようだ。

『あやかの病気を、僕の体に移して下さい。』
『…ふむ、よかろう。着いて来い』

エヴァは立ち上がり、例の別荘へと移動した。その顔には何の感情もなく、読み取れるとしたらどこか悲しげに見えた。
891ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 19:17:15 ID:UAO5b3+R
エロは次回突入ですm(_ _)m
小説というものを初めて書いてみましたが…難しいですね…
改めてみなさんを尊敬します。

では、失礼しました。
892天津夢想:2005/07/19(火) 19:33:46 ID:tzInyuhf
ゼロハイ氏キター

   _  ∩
 ( ゚∀゚)彡 ゼロハイ!! ゼロハイ!!
  ⊂彡


で今度は何?
天使一族の次は国土無双。ブームかよwwwww
893天津夢想:2005/07/19(火) 19:35:41 ID:tzInyuhf
>>872
すごい自作自演演出だなwwwww
894名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 20:13:34 ID:j6XmHk3i
うはwwwゼロハイ意外とオモシロスwwwww

正直もっと酷いのが投下されると思ってたw
895名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 20:39:37 ID:CfjOUXHL
いいんちょ好きとして次の展開が気になってしょうがない。
というか、うん。つつつ次を早く!

そしてごめんゼロハイ。
俺ももっとひどいかと思ってた。
マジで謝るので頑張ってくれい。
896ゼロハイ ◆OOcb0Lb.R. :2005/07/19(火) 20:43:29 ID:UAO5b3+R
>>894
>>895

はい、ありがとうございます。頑張ります。
897313:2005/07/19(火) 20:56:32 ID:7x/QS+Ca
なんてこった、ここでアニメ終了後ネタで来るとは…GJ!
すごくいい話になる予感。

投下は次スレまで待機します。
898& ◆RWwNEVt54c :2005/07/19(火) 21:01:00 ID:Y8NAzHzd
龍宮「君が!イクまで!シゴくのを止めないッ!」
899名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 21:25:08 ID:Z/QIjrAZ
>>896
げ、思ったより良いSSじゃん
頑張れ
900天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/19(火) 21:37:39 ID:2aqRbEG8
すごいよゼロハイさん!
初めてとは思えない完成度だよ?
これからも天使はずっとゼロハイさんを応援してるよ?
901名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 21:59:51 ID:hsnZObeu
ところで


次すれ、立てます?
902名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 22:05:06 ID:q1GDdPdr
いや、もういい。
このスレで終わりにしようぜ。
ゼロハイ・・・おまえ・・・
903名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 22:12:36 ID:hsnZObeu
>>902





                           ぇー
904名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 22:18:15 ID:7QJKuZVa
>>903







           いいじゃーん
905九蓮宝燈:2005/07/19(火) 22:25:42 ID:z46chCJe
ムーンヒーリング乙カレーションである
906名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 22:25:49 ID:NuraFBAM
非、見てるんだろ?
なんとかしろよ
907名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 22:28:02 ID:2g+Shc5x
実は女だったネギきゅんとそれを知ったせっちゃんのSSきぼんにゅ
908名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 22:53:59 ID:Y8NAzHzd
赤帽子再来のヨカン。
909名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 23:00:40 ID:Eg20r8at
赤帽子クルー?
910名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 23:16:18 ID:bR48Vy1y
俺はゼロハイのファンになった。
エヴァ好きな俺としては、次回作を激しく期待。
ゼロハイは予想を大きく裏切り、俺達に驚きを与えた。
911天資:2005/07/19(火) 23:18:24 ID:fS9Z97mT
ゼロ杯テラウマスwwwファンになったおw
912名無しさん@ピンキー:2005/07/19(火) 23:21:25 ID:7Jp5I2cE
686 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2005/07/17(日) 02:00:46 dcrjgerF
そして明日(時計上は今日)
ゼロハイのSSはこのスレを震撼させたのだった。

687 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2005/07/17(日) 02:01:43 wBrSiIGV
それが僕らの伝説の始まりだった
913天字無想:2005/07/19(火) 23:31:59 ID:4Gf5xJa3
まさか本当になったとはwwwwww
914名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 00:03:47 ID:TcOE7Pz0
せっちゃんがこのちゃんの前でエヴァ様に陵辱されるSSキボン
915名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 00:37:40 ID:lt1jOrCb
せっちゃんとネギの関係に嫉妬したこのかが
せっちゃんの前でネギを犯すSSきぼん
916名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 00:45:11 ID:8umL7/a8
コテで遊ばれるとイライラするからやめれ
917名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 00:46:39 ID:wcXkaUv4
少年漫画家赤松健の公式HPにはアダルトページがある
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/iga/1097760491/
918名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 00:48:49 ID:cJOu/ToA
>>914>>915
どっちもかなりいいですね
考えてみようか…
919915:2005/07/20(水) 00:53:17 ID:ZHq/0UiB
>>918
本当ですか?
よろしくお願いします!
920名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 01:02:50 ID:cJOu/ToA
>>219
あ…
すぐには書き上がらないし、実は俺コテハンだけどそれでも良ければ書きますね。
921名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 01:03:49 ID:cJOu/ToA
ミスった
>>219>>919
922名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 03:21:11 ID:pUEBKa/c
もう500kb間近か…速いなぁ
923名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 13:37:25 ID:KQjWjhcM
>>915
それはどっちに嫉妬なんだ?ネギ?せっちゃん?
924天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/20(水) 14:06:26 ID:wzqGjyf+
>>916
あんまり些細なことでイライラしないほうがいいよ?
925天安門:2005/07/20(水) 18:59:57 ID:5ZlnhVTl
そうそう
926ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:09:50 ID:8TAV7XWg
何か予想以上に皆さん朝倉大好きな模様で(それともネギか)。
というわけで、期待に応えられるかは判りませんが続きを書きたいと思います。
なるべくコスチュームに関する提案は取り上げる方向で。

注・今回の内容におにゃのこの痴態は出てきません。完全ショタです。
  見たくない方はスルー、ないしNGワードでお願い致します。
====================================
⇒3.「私にネギ君の写真、いっぱい撮らせてくれないかな?」


【朝倉調教写真館〜子供先生恥辱ルート〜】


先生が生徒の胸の先端を口に含んで、一心不乱に吸い上げている。
その姿が、デジタルカメラにしっかりと残された。
先生は10歳の子供教師、ネギ・スプリングフィールド。
写真に収めた張本人は、子供教師の生徒、報道部・朝倉和美。
出すところに出せば、如何に先生が子供であるとはいえ処分は免れない。
立派な先生になって、マギステル・マギを目指すネギにとっては──絶望的なこと。
魔法がバレたという処分ではないが、それでも教師を続けることは難しいだろう。

哀しそうな、捨てられた子犬のような目で見つめてくる子供先生に、朝倉が起こした悪戯心。
それは、彼ともっと深く、戻れないところで結び付くためのイベント。曰く、

「データを消して、私もこのことを忘れてあげる。
 …その代わり、私にネギ君の写真いーっぱい撮らせてくれるかな?」

──と。ネギに、選択の余地はなかった。
927ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:10:36 ID:8TAV7XWg
体育館裏で写真の一件があった次の週末。
学園から電車でしばらく離れた秋葉原の街。
その駅の電気街口前に、肩からバッグをかけた一人の少女の姿があった。
麻帆良学園の制服を着ている少女が秋葉原にいるというだけで、道行く人々は好奇の視線を向ける。

──なんでこんなところに「あの」学校の制服で…。
──コスプレか。
──いや、あの恥ずかしがり方は違うだろう。
──じゃあAVか。露出の。
──あんな小さい娘にやったら犯罪だろうに。
──むしろそれが萌え。
──通報しますた。

男たちの不躾な視線に晒されて、少女は重ねた両手を強く握り締めてうつむく。
肩口まで伸びた茶色の髪が傍目にも判るほど緊張に揺れていた。

そんな少女の姿を見咎める存在があった。
髪を首筋でひとつにまとめて眼鏡をかけた、自ら大衆に埋没して目立たないようにしている少女・長谷川千雨。
千雨の手には大きなパソコンショップの紙袋を抱えられていた。
(オイオイ、なんでアキバにウチの学校の制服のヤツがいんだよ…)
口には出さないが苦々しい表情で遠巻きに眺める。
(──あれ、あの顔どっかで──…………)
訝しげな視線は、やがて疑念から驚愕に。
(────っっ!? アレ、あのガキじゃねーかよっ!?)

千雨の察し通り、少女は少女ではなく。
担任教師である少年、ネギ・スプリングフィールドの女装であった。
928ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:11:15 ID:8TAV7XWg
もじもじ、とネギは太腿を擦り合わせる。
顔が赤くなっていくのが自分でも判る。

『それじゃあこれを着て、秋葉原の電気街口で待っててねー』

という言葉と共に渡されたものは、見慣れた麻帆良学園中等部の制服。
──もちろん、女子用であった。
戸惑うネギに朝倉が耳打ちをした。
『ちゃんと「全部」着てくるんだよ?』

寮で着替えるわけにはいかない。見つかったらどうなるかと考えるだけで身がすくむ。
麻帆良から少し離れた場所にあった公園のトイレで着替えることにした。
10歳のネギに合わせたような、小さい制服。
どこから調達したのかと尋ねても「世の中には知らない方がいいこともあるのよ…」とはぐらかされた。
ネギの体格にぴたりと一致した制服の着心地はよかったが、着た瞬間にふわりと香った甘い匂いに、不意に股間を大きくしてしまった。
(こ、これ…、誰かが着てたのかな…)
ひょっとしたら自分の生徒のモノを着ているのではないか。
そんな考えと共に、背筋をぞくぞくと背徳感が駆け上った。
ごく短めなスカートを、ネギのペニスが持ち上げる。
はぁ…と熱い吐息を吐きながら、両手で自分の身体を抱きしめてうずくまるようにする。
──と、制服のポケットから何かが舞った。
トイレの床に落としてしまわないように慌ててネギはそれを受け止める。
柔らかい布の感触。
くしゅくしゅに丸まったそれは、本来女性の下腹部を包むもの。
ごく…んっ。
それを見た瞬間、ネギは唾を飲み込んだ。
(…ぱ、パンツ……)
ふるふると震える手で手の中のパンツを伸ばしてみる。
白地に水色の縞がついた、健康的な柄の下着。
ソレからも、制服と同じ──制服よりももっともっと甘い果実のような匂いがした。
929ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:11:48 ID:8TAV7XWg
「……あ、朝倉さんが、ぜんぶ、着てきなさいって言ったんだし…。
 しょうが…ないよね……?」
無意識に、自分に言い聞かせるように声を出すネギ。
スカートの下のトランクスを脱いで、私服の入ったバッグにたたみもせずに詰め込む。
自由になったペニスが、未知の感触に期待してかピクピクと揺れた。

両手で広げた縞のパンツに脚を通してゆっくりと引き上げる。
睾丸、おしり、そしてペニス──と、きゅっと締めつけるような感覚。
「…んぁ……」
不意に、甘い声が漏れる。
ペニスはとうの昔に猛りきっていた。
亀頭の先がパンツからのぞいている。耐えきれずに指先が、伸びる。
パンツごと握りつぶすようにしごきたてられる勃起。
「あ…ふぁ……んぅ……」
ここが公共のトイレだということを思い出し、声を噛み殺す。
──それでも漏れ出る喘ぎと、亀頭の先端から滲み出る液。
ちゅ、くちゅ、ぷちゅ……。
借り物の下着を濡らしながら、自慰は続く。
「ひ、っあ、だめぇ、そ…んなぁ……っ」
何を妄想しているのか被虐的な面差しでペニスをしごき立て、
空いた片手で、制服の上から胸を磨り潰すように愛撫する。
「ぼ、僕っ、男なのに…っ、し、紳士なのにぃ……!」
否定の言葉を吐きながら、しかし顔は快楽に蕩け、ペニスを擦る手はより激しさを増す。
「う、うぁ、ぁあっ────!!」


(──ぅぁぁ……)
制服を精液まみれにすることは避けられたが、下着はぐちゅぐちゅになってしまったのだ。
手洗い場で水洗いをしてなんとか穿いているのだが、生乾きで気持ち悪い。
──思い出すだけでも恥ずかしい。
930ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:12:33 ID:8TAV7XWg
そして、思い出すだけで感じて…勃ってきてしまう。
「ん……っ」
スカートを持ち上げる勃起で自分が男だとばれないように、両手を股間の前で組んで強く握り締める。
(こ、これなら…女の子の仕草に見えるよね……)
確かに、その容姿は少女に見えた。
だが、それと同時に紅潮する頬が周囲の人間にあらぬ考えをさせていることには気付かなかった。

──お、おい、顔を赤くしてるぜ!?
──喘いでるし、感じてるんじゃないのか!?
──萌え?
──萌え。

そして、駅前で佇む少女がネギだと確信してからそこを動けなくなった千雨もまた、歯噛みしていた。
(……なっ、なんて顔してんだあのガキはっ……!
 こんなところでンな顔してたらヘンな野郎共に連れ去られちまうってーの!!)
同時にデブオタに嬲りモノにされる女装ネギの姿を妄想してしまい、顔を赤くする。
(……──ああもう。アイツは…。
 ったく、あんな子供でも一応先生だしな。しょうがない、助けてやるか──……)
ヲタク共に視姦されるネギをとりあえずこの場から連れ出してやらねば──、
心の中で悪態をつきながらもそう思った千雨が、人ごみを抜けてネギの場所へ向かおうとした。
──ちょうどそのとき。

うつむく小柄な少女(ネギ)に近づく、一人の女性がいた。
はちきれそうな肢体を露出度の高い──胸の大きさををことさらに強調し、
なおかつ膝上二十センチはあるスカートとセットになった──衣装に身を包んだ女性である。
艶やかな笑みを浮べ、薄くルージュをひいた口唇を少女(ネギ)の耳元に寄せる。
恥ずかしそうに顔を伏せる少女(ネギ)。
唖然とする観衆をおいてけぼりにするかのように、少女は女性に連れられてその場から立ち去っていった。
931ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:13:13 ID:8TAV7XWg
ナイスバディ大人の女性に少女が連れて行かれるという状況に、あらぬ妄想を掻き立てられる観衆たち。
その中で、人を掻き分けようと手を伸ばした状態で硬直した千雨がいた。
──あれは、大人なんかじゃない。あれは──

「……朝、倉……?」

どうしてネギと朝倉があんな格好で会っているのか。
そも、女装をさせたのは朝倉なのか。
──疑問と疑念が渦を巻く。
衝動のままに。千雨は二人が消えた方向へ走り出していた。


自分の年齢が大人に見える服装でネギの前に現れた朝倉和美。
スクープを見つけ出すその眼力が、ネギの異変を察知した。
──もとより、着て来なくてもそれはそれでしょうがないと思っていた制服を着てきたことも去ることながら。
紅潮する頬と、ほど近くに近づいて初めて判った明らかな性臭。
顔が緩むのを押さえきれない。
(ネギ先生も、期待してる)
そうでなければ、一人でシてしまうということはないだろう。
自分の思惑がこれ以上ないくらいに上手く運んでいることに、内心でガッツポーズをする朝倉。
口唇をうつむくネギの耳元に近づけて、最大限に妖しく、エッチに聞こえるようにつぶやいた。

「我慢できなかったのかな? ――ネ・ギ・ちゃん♪」

相手を女の子として扱うごとくの一言。
その言葉を聞いて、ぶるっ、と身を震わせると、力なくうなずくネギ。
朝倉に連れられて駅前を離れる。
見上げる瞳は、潤みきっていた。
932ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:15:45 ID:8TAV7XWg
(……僕、どうなっちゃうんだろう……)
朝倉に手を引かれ、あまり人の通らない路地へと入っていく。
きょろきょろと辺りを見回し、心細さに朝倉に少し寄り添うようにする。
――ぎゅ……!
「ひぁ!?」
短いスカートの下のネギのおしりを、朝倉がわしづかみにする。
「ちゃんと穿いてきてくれたんだね。よかったー」
むに、むに、むに……
肉付きの薄い少年のおしりが、こねくり回される。生乾きのパンツが張り付いて、水分を滲ませた。
「あっ、うあんっ! だ、だって、朝倉さんが穿けって……っ」
「うん。……でもね? そのままおちんちんしごいて来て、なんて私は言ってないよ?」
立ち止まってにっこりと笑みを浮かべる。まるで――獲物を追い詰めるように。
あうう、と言葉に詰まるネギに、頃合と判断した朝倉は、脇道の階段を指した。
そこには、簡素な文字の看板。
――Photo Studio――とあった。

「ほら、ネギ君。…あそこで、今よりもっともっと……恥ずかしくて気持ちいいこと、してあげる」

誘うような朝倉の声が、ネギの耳に届いた。


つづく

ネギのオナニーくらいしかエロいところなくて申し訳ないです(汗)。
次スレになってから投下しようかと思ってたんですが、立つ気配がないのでこっち側に。
このスレの最後の作品になるのかな?

と、言うわけで、>>470の続きで朝倉×ネギです。
これから色々と恥ずかしいコスプレをさせていきたいと思います(スパッツは別でやっているので除外)。
ご意見、ご感想やなんかコスプレの案がありましたら頂ければ幸いです。
933ベンジャミン内村 ◆Q4Q0yKXgEE :2005/07/20(水) 19:23:26 ID:8TAV7XWg
>>932の6行目は以下のように差し替えて読んでください。
急いでたら前の文との関係で日本語がおかしくなったので(汗)。

短いスカートの下のネギのおしりを、朝倉がわしづかみにする。
             ↓
その瞬間、短いスカートの下のネギのおしりが朝倉にわしづかみにされた。
934名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 19:39:52 ID:pb0MwK5B
エロー!?
俺だけか!?俺だけなのか!?女装ネギのオナニーシーンに異様に萌えてしまったのは!?
とにかくGJ!
935名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 20:19:29 ID:btZo4uYf
女装キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「通報しますた」ワラタ

>>934
ここにも一人
936名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 20:57:36 ID:O+Ohtwxo
これキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
937天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/20(水) 21:06:14 ID:wzqGjyf+
天使は大満足だよ?
ベンジャミンさんはどんどん上手になっていくね
ここはレベルの高い職人さんが一杯いて天使はすごく幸せだよ?
938名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 21:16:58 ID:5prVC0G8
内村氏GJです。
やっぱり、次スレ立てないのは勿体ないよう。
もうすぐ500kbだよう。
939天空橋:2005/07/20(水) 21:40:54 ID:5ZlnhVTl
>>933
乙武である
940名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 21:43:36 ID:csvOLppw
ベンジャミン氏キター!!!!
あぁぁぁあやばい、このシチュ非常にエロス!

>>938
やっぱ立てますか?
941名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 22:38:30 ID:pUEBKa/c
そろそろ立てたほうがいいと思う
俺はゾヌ2だから無理なんで誰かよろ
942天子 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/20(水) 23:07:00 ID:wzqGjyf+
ああ?そんなん職人に立てさせりゃいいんだよ
奴らにとっちゃ俺たち以上にこのスレが大切なんだからよ
943名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 23:09:29 ID:csvOLppw
じゃあ俺立ててくるわ。
944天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/20(水) 23:10:07 ID:wzqGjyf+
ああ!ごめんね?ごめんね、職人さん!
天子が生意気なこと言ってごめんね
天子は自分じゃ何もできないくせに口だけは達者な最低な人なの
だからごめんね?天使が一杯謝るから機嫌悪くしないでね?
お詫びに次スレは天使が立ててくるね?
945天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/20(水) 23:11:10 ID:wzqGjyf+
やっぱり>>943さんに任して天使はじっとしてるね…
946名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 23:16:44 ID:5prVC0G8
天使がぎゃーぎゃーいうからもう、499kbジャマイカ。
947名無しさん@ピンキー:2005/07/20(水) 23:40:10 ID:csvOLppw
魔法先生ネギま!エロパロスレ17
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1121868625/
948座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/07/20(水) 23:46:43 ID:ajsbJt0k
*― ―) >>1乙彼様
949座薬 ◆LsUrNEsQeQ :2005/07/20(水) 23:49:23 ID:ajsbJt0k
;;― ―) 新スレこっちじゃなかった

内村さんGodJ!
950天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/20(水) 23:57:32 ID:wzqGjyf+
お茶目な座薬さんも素敵だよ?
951天子 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/21(木) 00:00:17 ID:wzqGjyf+
はあ?何媚てんだよ
死ねよ天使
952天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/21(木) 00:03:00 ID:wzqGjyf+
媚びてなんかないよ?
天使はただ思ったことを言っただけなのに…
953天子 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/21(木) 00:04:53 ID:6n5yl+r2
思ったこと言うってのは俺みたいな奴のこと言うんだよ
お前は偽善者だろクズ天使w
954名無しさん@ピンキー:2005/07/21(木) 00:06:32 ID:av2ymBsK
うめ〜
955天使 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/21(木) 00:07:02 ID:wzqGjyf+
天子はいつもすぐに人の悪口をいうけど、そういうのって最低だと思うよ?
それに天子は自分じゃ何もできないんだから、偉そうな態度とったらだめだよ
956名無しさん@ピンキー:2005/07/21(木) 00:07:35 ID:uICFiiA3
ume
957天子 ◆Q9U9I11lwA :2005/07/21(木) 00:08:26 ID:6n5yl+r2
実際俺は偉いんだからいいんだよ
てか、その無意味に疑問文で喋るのやめてくれる?まじきもいから
958名無しさん@ピンキー
神戸ってウンコ色の阪急電車が通っている所でしょ?ダサいよ