魔法先生ネギま!エロパロスレ10

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん@ピンキー
◆原作の早売りネタバレは厳禁です、投稿時はご考慮を。
◆ネタバレ解禁は水曜日の午前0時からです。
◆450KBを越えたら新スレを立てて下さい。
◆新職人は常時募集中です。

前スレ
魔法先生ネギま!エロパロスレッド9
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1097939983/l50
保管庫
ttp://rakuasa.hp.infoseek.co.jp/ss.html
テンプレ
http://negimagi.at.infoseek.co.jp
2名無しさん@ピンキー:05/01/03 23:23:02 ID:UgAFx75y
【過去スレ】
魔法先生ねぎま!エロパロスレッド8
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1092655775/l50
魔法先生ネギま!エロパロスレッド 7
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1085239180/l50
魔法先生ネギま! エロパロスレッド6
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1079113680/
魔法先生ネギま! エロパロスレッド5
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1073208431/l50
魔法先生ネギま!エロパロスレッド4(・3・)
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1066/10662/1066297053.html
魔法先生ネギま!エロパロスレッド3
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1065/10659/1065972768.html
【本屋ちゃん】魔法先生ネギま!エロスレ2【萌え】
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1058/10584/1058455646.html
魔法先生ネギま!のエロパロスレッド1
http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1046/10468/1046869279.html

【公式サイト】
AI Love Network
ttp://www.ailove.net/
週刊少年マガジンWeb Site
ttp://www.shonenmagazine.com/
スターチャイルド「魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A」
ttp://www.starchild.co.jp/special/negima/

3登場人物紹介:05/01/03 23:25:33 ID:UgAFx75y
1番、相坂さよ

            //  ' 〃 i |  l|  !|  ヽ   、ヽ i   |          i
             //  ,イ |l |i !  |! l.!    ト   l i |   |!  i         i l
 募  只.     //  /,'  ll |', l  l| 、ヾ  ヾヽ  !l l  ‖  l      l l 私  こ
          /〃 ' 1  .|| i ! !  |! ,r:弋¬十ト 、|!|.|  ‖   l       l lで  ん
 集  今     ' ' ! i| i|  !レ弋> ー ``‐`  ─' ヾ ‐ `ト!   レ─ 、   i   l す  な
            ‖ |_ 」L|-─i、'´ ,. _、      ,.イ三=、、  !|   |!-; ヽ !   !    l. が
 中  友    !    .|.  ||ト ヘハマ      '、`'ハ`ソ ||   |}ノ ' ハ   l   ! l.  ダ
  :             |i  !l|ヘ`,ゞム      ー⊆⊃ ||   |レ'/ l   l   | l  メ   
  :   達        ||  ||!.爪 ´ ノ           !|   !:イ| ! l   l    l ト  幽
             ぐ ||  ||| !|.ゝ. ` `          ||   |ト !| l  l   l   ! ! i 霊
              す !|  !|!.i ! 、ヽ、´ ̄``      /||   ||ヘ.l '   !  l   l l. l.な
            っ ||  ||i ! !  ,   丶、    ,.ィ'´  ||   || 、! ヽ l  l   ! l !
            : !!  !||.| |  ,  '   ヾ' ヘ. ヘ   .!|   ||  ゝ--、 !  |l   |. i ト
                 ||  ||| ! !  '、 ヽ  \ヽ '〉   !!   ||/    丶 |ト   ! | | ヽ
                 ||  ||| | |    ヽ ヽ / / '   ||   ||       丶   l ! !  i
4登場人物紹介:05/01/03 23:26:20 ID:UgAFx75y
2番、明石裕奈
           _,,,,,,,------,,,,,,_
        /'''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"-、__,,,---、
      ,,--";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;"'-、
     /;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;ヽ;;;;;;::;;;;;ヽ、
    /;;;;;;;;;;;;; ;;;;;; ;;;;  ;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;; ;;ヽ;;;ヽ;;;;;;ヽヽヽ、
.   /;;;;;;;,;;;;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;; ;;;;;;; ;; ;;;; ;;;;;; ;;ヽ;;;;;ヽ;;;;;ヽ ヽヽ
   l;;;;;;;/;;;;;lヽ;;;;; ;;;;; ;;;;;;;、;;;;;;;;;;; ;;; ;;; ;;;;; ;;;ヽ;;;;;;ヽ;;;;;ヽ ヾ、
  l;;;;;;/;;;;;;l  ヽ;;;;;lヽ、;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ  
.  l;;;;;l;;;;;;;;;l   ヽ;;;;l ヽ、;;;ヽ-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;ヽ;;;;;l
.  l;;;;l;;;;;;;;;;l ,,,,,,,, ヽ;;;l  ヽ、;ヽ ヽ、;;l;;;;_,,,、;;;;;;ll;;;;;;;;;;;lヽ;;l
.  l;;;l l;;;;;;;;;l" ,,,,-、 ヾ    ,,-,,,,,,  ヾ.l;;;l,,' l;;;;;l .l;;;;;;;;;;l ヽl
  l;;l l;;;;;;;;;lイ'l゚;;;ヽ     '''  "     l;;lノノ;;;;;;l l;;;;;;;;;l
   ll  l;;;;;l;;;;l l;;;;;l       ::::::::   l;;lノ;;;;、;;;l l;;;l;;;;;l
.   l  l;;;l l;;;l :::::: i   __      /;;;;;;;;;;;;lヽ;ヽ l;l l;;;;l
      ヾ ヽ;;l、   r、'''" l    / .l;;;;;;;;;;;;l ヾ  l l;;;l
         ヽl ヽ 、 ヽ、 ノ    /   l;;;;;;llヽl     l;l
          l    丶 、 _ /    l;ll;;lヽヽ     l
          ,,--'''''//;;;;;;      l,,,,,__
         /   //;;;;;/    _,,,--''''" 'l
5登場人物紹介:05/01/03 23:27:27 ID:UgAFx75y
3番、朝倉和美

  ' ´        ., ::' ::',::´:::,. '´:, ' ::::::::::::, ':::::::::::,::i:::::::、`、`' ‐ ,丶
           ,. ',.:':: , ':::::, ' ' .,.':..::::::,::,,::':::::::::::::,::,.':,'、、:::::':、;',.、   ``
       , ',.::'::::::,'::::::,.':': :,.': : : :,.', ': : : : : , ',,.'::,' ','::::::: ',::',`、
        , ' ::::::, :;';':,:,:,.','.:::,.' : : ::;':,.' : : : : , ', ','::,''  ',.,:: ::::',: ', ',
.     ,.'::::: ,. ' .'::;;,::',':,'::,:';:::: : :,' ,': : : : , ', ' .,':,.'    ', ,:::::::;:::',':',
.    ,':::::, '  ,':::;:',';':,'::,'';:::::::::,':,':.、、: , ', ' ,.',.'       ',',::::::;::::',.',',
    ,:::,.'   ;'::::;::',';': ',':;:::::::,':,'丶.::丶'  ,.'.'.       ',',:::::;',:::;. ';
     , '    ;:'::::;、;::,' ,::;: :::,':,':::::, '´  ,.''      _,. -',;, :::; ', ;. ;
    '      ;:':::',;::,', '`; :::,',' :,`' ` _‐、'._      '´  ,';:,::::; ':; '
           ,:',::::;;'; ; ,'; :::;'; ':; ,. ' ;..'::`;`ー    , '´`',',;, ::;;  ;
          ',:'::::;,'.,、`、 ;':,'::;:; .` ー ‐'      :,   , ' ;::;;'
           ',',::; 丶:、;; ::::;:;           :'.   ,'  .;',
            ',',:;  `';、 ::::;:;、    、   _ , .  ,..'   ,;'
             '',:;    ,':, :::;:; ` .、   `   ,. '.., _ _ _ '
           ',   , '、 ;::::;:;` 、``、 ‐,、_, '   ',   ;丶
            `, '. 丶, :::;;  ` .、 `;;.  ',      ',   ;  `、
            , '    .; ::;;     `,=‐、 ;     ',.', .;   '、

6登場人物紹介:05/01/03 23:28:33 ID:UgAFx75y
4番、綾瀬夕映
                   __
             , -─"´ ̄  ̄`丶、
       _ ,r '"´             `丶、
   , r‐'´ ̄/ ```          `ヽ.    ヽ
 '´    /          丶、     l!     ヽ
      / ,   ィ ,ヘヽ、 、 ヽ. ヽヽ、   |!      ヽ
     ./ ,/ / / /.l,イ/丶lヽヽ、ヽ、 ト、!  |l!      ヽ
    | |,.イ //  ! '   ヽ、丶ヽヽ、!ヾ  ||l!         ヽ
    | l!l!/!'_     '´ ̄ ̄ヾ!|ヽ  ..|llli        ヽ
    | ! l|'´ _`    ,.ィテ.‐、-、 | |   |/.lli        ヽ
    |!.i l!、,.ィラ┐   '´l'´::::l!. '´| |   |!. l l        ヽ
    || | i lli`'、::j!.      `ー‐'   | |  .|  l !         ヽ
    |.|!|i.l l l. `´、           i., .| |  .|   l li        ヽ
    | | |lil lヽ、    __      ` |,| i /   l ll          ヽ
     .|.| l l.l,ll. 丶、 ` ´     _.ィ´|/!/l     l ll         ヽ
     || | ,〉ll|┐  丶、_ , ィ'´/r|!l〈 ,」、_    l l l          ヽ
      .|| |'丶l! !i        /'´ くヽl' 〉  /ヽ、  l l l          i
      || |ヽ、l! L     /! 〉<〉l! く  /   l ヽ、l l          l
     || | .i´Y )rヘ ,-7 .,|ソ/!'´ Y ) /    l  丶、        l
     |.| | |  /─‐┴i_/ィ /」ヽ イ、/       l    丶、
     |.| |_l、 .|   二二!、イ! |「   〉.,>     l       丶、
    /l !‐◎l    __, | | |`◎◎ソ, \    」
7登場人物紹介:05/01/03 23:29:29 ID:UgAFx75y
5番、和泉亜子

            ,,.-‐'''"´ ̄ ̄ ̄``丶、
        ,,.-'"´             ``丶、
       /    :/    .、   、     丶
     /  :::.:/! :::/ :|.     T:、_.:::.:ヽヽ.:::.:::   ヽ
     /:/ ::::l:ア.:::/|.::::|! ::.:::.:::  |.:::l、.:::.::丶.:::.:::.:::.:::. ヽ
    /.::/ .:::.:l|!.::/ .|.:::|!.:::.:::.:::.:::.:|:.:::lヽ.:::.:::.:ト、.:::.:::.:::.:::.::::l
   l.::/! .:.:::.:::|!.:::|  |.::|」 .:i:.:::.:::.::|.:::メ、_ ヽ.::::l ヽ.:::.:::.:::.i::.::l
   .|::/ |:::::::::::::|!::| _,,.イ!_ヽ:::l::::::::::|!ソr _二ニァi- l::::::::::::l:l:::ト
   |!:l |::::::::::_,.ィ匕.r=テミ、 ヽ:l:::::::| ! イ 于ミヽ、 |:::::::::::|ア!:|:ヽ
    l!  |::::::::、:::l::|'´i'丿;;ヽ  ヽ::::|   l‐'´;;;::|! `|:::/:::::l|::l:lt、::l
   !  ト、:::::l::::l! _|_::::::::_i!.  ヾ!   丶--≡‐、l::イ::::/.`l!l::l!ヽl
       |::ヽ:::ヽ:|.イ-' ̄   丶       `´ソノ/::/ ノ!ヽ::l 丶、
     .|:::::入:ヽヽ        _,,.--、   ソ l∠ィ'l´j  ヽ!
     |:/ヽヽヽ.Y-、_ 「 ̄  ̄       ン‐、 ,.イソ/ .レ'   !
      '´   ヽ/_,,.-‐'''`L    _,,.∠__\!l/   !
     ,r─‐ァ'´  .-‐'''"ヽヘ__/,⊥,,__   ヽr───‐-、
    /.|   ヽ    -‐'''"´┤ 〉L__    /       入
  /  ヽ   \         |   {       /      /  ヽ
8登場人物紹介:05/01/03 23:30:09 ID:UgAFx75y
6番、大河内アキラ
                          _,,,,,,.___
                     _,,-‐'''"´    ``i‐ 、
                   ,.-'"__,,,,_`` `` ‐-、.  i .iヽ.___,,,
                 ,-'´'''";;;;;;;;;;;`;;丶,,、  `、 .i l l、i' .ゞi_,,,,__
              _,,,,, ィ";/,,i,,,,,i,,,,,,i,,,,,、,,,,,;;;;ll::ヽ、《》、 ! i i !r'´   i
         ,,.-‐'''"´ /;i;;;/;;;;i;;;;;i;;;;;;;!、;;;;!;;;;;;;;;!;;:;;;l;;ヽ、! //i /    .i
      ,.-'''"´     .i';i;;ィ;;;;;il;;;;;il;;;;;;! l;;;;;;!;;;;;;;!;;:;;;l;;;;;;;ヽノ i.i      i
   ,.-'"´        ,. l!'l;!.i;;;;;i.l;;;;! ll;;;;l. !;ト、!;;;;;l;;;;;;;l;;;;;;;/;ヽ/i      i
  l´   ー-、._  ,.-'"´ ! ll l,;;;;i-‐'‐ '.'''' ‐ヽ‐!;;;l;;;;;;;l;;;;/;;;;/;;;i     .i
  i      `く       l;;;;;i、イ゚;i   'l´';iヽ l;;;;;;;lミi彡;;;i;;i     .i
   ゝ       ヽ、     .l;;;;;;;i  .:'   `´ ´ l;;;;;;;;l'ノイ;;;;;;i     i
     ヽ、       ヽ、    l;;;;;;;ト、. ___     l;;;;;;;;ll;;;;;;;;;;i     i
       ヽ、       ヽ、  l;;;;;;;l 丶、 `  ,,.-' ll;;;;;;;ll;;;;;;;;;i     i
         ヽ、.         ヽl;;;;;;;l,   `'' i´  lll;;;;;;l!フ/!     .i
           ヽ、        l;;;;;;;l`丶 、ァ‐l    l.l;;;;;;l./       .i
             ヽ、     l;;;;;;;l  ,:'メ、i  ,.-‐l.l;;;;;;;l       ,i
               ヽ、   l;;;;;;;l ,:',:'     ,,-'l.l;;;;;;;l i     ,i;;i
9登場人物紹介:05/01/03 23:31:07 ID:UgAFx75y
7番、柿崎美砂
          __
       ,、-;''"゙;;;;;;;_`;ニ=;、_
     /";;;;;;;;;;;;;-;'~;;;;、-、;;;;`'';;、
    /;;;;;;;;;;;;;;/;;'";/;;_;、-'`':、;`i;、
   i゙;;;;;;;;;;;;/;/`'x;:-''"    '::i;;;;i;;i
    l;;;i;;;;;;;r-i';;/;l'  ̄`'  ,._j;;/i;l
    l;;;!;;;;;'、Cレ;;;;l r7';!゙'  ,、/;;/. l!
   l;;!;;;;;;i;`メl;;;;;;!'' ~   , 'zl;/
    l;;!;;;;;i;;/:::l;;;;;;! 「゙フ_,イ;;;l
    !i;;;;;;;/::::::i;;;;;;l`-;;'"i;;;;l;;;;l
   l;!;;;;;/::::::::::i;;;;;ト、,;;;;i;;;;;l;;;;l
.  i!;;;;/‐''"""'''-、!:::::  :`l;;;;ト、_
  l;;;;;!       `ー:、,_;;!;;;;!... `'ー-、、,_
.  i;;;;;i::.           `'ー、、;;;;_::...  ゙`'ー--:、、,,_  ,、、、,
  i;;;;;i::::::... .::::::::::r、,;_::::::....      ~``'ー、;_:::..   ,フ"  ';;;`;、   ,、、、、,,,,,,_____
 ,!;;;;;;;i:::; ;:; ;::::::;::ノ;;;;;! ``、ー:、、;_::::::::..     ~`ーッ'"    ,;;;;;;;`:,フ'";;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;; ̄ ̄`````
 i;;;;;;i';;i:::; ,::::::::j/;;;;;ノ::::::..l;::::::::ノ;;t-:、;;;;;_::::.......,;;'゙;   ,   ;;;;   `;;;;;;;;;;,
10登場人物紹介:05/01/03 23:32:46 ID:UgAFx75y
8番、神楽坂明日菜
              l::::::/::::::/:::::::/:::::::::::::::/:::::::::/      |::::::l:::::|::::::::l::::::::l::::::ヽ.`i.      'i,
                 l:::::/:::::/::::://::::::::::::::::/:::::::/        |:::::l'l:::::|:::::::::|::::::::l:;::::::ヽl.      'i
              |::::l::::::/::/::/::::::::::::::;:'/::::/       |:::::l. |::::||::::::::|::::::::|::l::::::::l        !
            |:::::|:::://l:::/::::::::::://::/        |:::::l |:::| |:::::::|:::::::::|:::l;::::::|
              |:::::|:::/'-'''-/:::::::;;ィ'.,,//---‐‐‐‐‐-   |::::l'  |::| |:::::|:::::::::|l::::|::::::|
               |::::::|:i’i''~''i'::::::;:'::::| //              |:::l   |:|,__|::::|:::::::::|:|:::||:::::|
            |:::::::|:l l (l:::::∧:::::|/’ ,,,;-;‐''‐、     |::;'    ||  |ヽ|::::::::|::|::| |::::|
            |::::::::|ヽ  |::/  ';::::| ,i'~l'-':::::::| ヽ    l/   _,|_  |::l|:::::::|':;:|:|;-|::|
                |::::::::| ヽ,l;'.   ';:::|‘ l::::::::::/      '  ,i‐'フ lヽ. |;'.|::::::|、ヽ|:ヽ|:|
              |:::::::::|  'i,''‐'〉 ::::';:l:::::::`'‐‐'          /::::::/ .! ' ,|::::::|';ヽ:!ヽ:::!、
            |::::::::::l   l::/ ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::       (;;/   / |::::::| ヽヽ:\::\
               |:::::::::::l  /  :ヽ.   :::::::::::::::     i ::::::::::::::/ |:::::l   ヽヽ:::\:::\
             |::::::::::::l./    :::ヽ.       ,, . .,.      :::::;:-'   |::::l    ヽヽ:::::\:::\
              /|:::::::::::::l     :::::::ヽ、    `''‐'   ,..-‐'~     |:::l        ヽヽ::::::\:::\
            /;;;;;;;|:::::::::::::':;     :::::::::::>、  _,,..-‐'''~         l:;'        ヽヽ:::::::\::::\
11登場人物紹介:05/01/03 23:33:30 ID:UgAFx75y
9番、春日美空

                      、   .,..::'
              、     ;:'.,`;, ':::,'
              丶:::`:....;::::':':::::::ー ‐ -
             - ニ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶,._
               , :':,.:::::::,::::::::,:':,、:::;::::::::::::::::丶
               , '::: ::,' ;'´';: '  ',:'、丶::::;:::::、 ‐ ‐
            ,.',.'::::,.' '     ` 丶`:::;丶::ヽ
           ' ;':,::::; - ‐ -    _ _ _ `:;::::::;、::',
            ; ';::::;   -       ` ;:::::::; 丶
             ;'´; '´ `    - -、  ,'::;'`:;
            丶.;     '      ,' ; '
               '、   ┌ ‐ 、   ,.' , '
                  丶  '  , '  , ' ´
                 ,:丶 _,   ':´
                ,'丶   , ' ;
             , - ';  ,.`‐く.  ;、
12登場人物紹介:05/01/03 23:34:27 ID:UgAFx75y
10番、絡繰茶々丸
           ,、
        / i   ,.-'''ン」'、--テフ三二‐-、
        /ヾ l/'´,'ソ ,i'´ / /二  ヽ、丶丶、    ,r'i
       / , l彡‐''´-‐‐''''''‐‐ミミヽ、  ヽ、 ヽ、、 ,イi |
       //           i ヽ丶   ヽ ,>'´ .|!丿
      /       、  丶、  ノ ノ .il、  /   /
     /,'´  i  i  i  丶、 ヽ'ソ / /!,」/   .,イ
   i'//./ ,イ .i .| ヽヽ ヽヽ  ヒノノ .//    ,∧ l
  /.// / /l! |  .|i ヽ 、 、 ヽ!  l'´ ./    / l l l
  /,イil i| i从 ト、 l、 ヽヽ.ヽ li  l/ .__  /!.l l ヾ!
 ,l!/l.l. l! l.ハ .lil .lヽ ヽヽ.ヽil  |i/‐.| ,イ | |.|ヽi  '
 l ハl! ll i|.| l,lヽ、 l ヽ、ヽ、ヽ`l| |!  ノ//‐'''"´ ̄`フンi
 ソ  !l、!l.lコ二`! ヽ>二_三_'l|  |!/くソ__    /'´ l
     |!` l.|ヾこ!  ''"、二!'´,i |! ||'´ 丶,``‐ァ'´'´   l
      .|!. |.| 丶.!      ノ'´|! i|   ノ /'´   / 丶、
      |! .|.|   >、 ̄   /il  l、 //'´   /     丶、 __,,,-===二、
     |! .|.| / ヽ. ``i‐'i  'il  l'´/'´  /        丶‐‐‐--‐'''"´i
      .|! .|i|'´     ヽ l l  .il  l'´'´  ./           i       |
13登場人物紹介:05/01/03 23:35:21 ID:UgAFx75y
11番、釘宮円

                  __,,......_               , '
               ,. ::::´:::::::::::::::::::::``  、         ,.'
            , '´::::::,ィ::::::::r、::::::::::::::::::::::::丶.     ,.'
           /:.:.:.,イ::/:,:.:.:.:,' ヽ:::::.:.::::.:.:.:.:.:::::ヽ   /
         /:.:/:.:./:.:!:.:.i!::イ::!   ',:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::ヽ. /
          ,':::イ::::,'::::f!:!::li::!|::!     !::::::.:.:.:.::::::.:.:::::::∨     .:
         ,'::,'l!::::,':::::!|:|::|i:l」::|─‐-、|::::::i:::::,'::::::::::::::,.'     .:::.:
        i':,' |!:::イ:t┼!i::! l ン _,,.._ |!:::::!::::l::::::::::::,.'    .::.:.:, '
        l' └jケfィュミ    '´ヒ' `トi|:::::r‐ュ、:::::,.'     ::.:.:,.'
       ,'    |!::::::!i´,!     ー ',l|::::,' }}! }::/    .:.:, '
            |l::::::l!` '、.-‐┐  i!::::,'ニ,. '´/    .:.:./
            |.!::,'´\. \ l    /!::/7'     .:.:/
           ! レ    丶、´ _,. '´ jア'´     .:.:/
                 `i    ,.イ     .:.:.,/
                 / ,. ‐''´ |!   .:.:.:.//
14登場人物紹介:05/01/03 23:36:21 ID:UgAFx75y
12番、クーフェイ
   ,;へ ,.-、_
  ,/  `丶、=、`)
 /       \
..l´_       `:、         ,,,,__
 l   ```''、,,_    /'        .r;;;;;;;;;`、
 l      `丶、/     ___,,,,,,,,,,l;;;;;;;;;;;;;;)二=-
 l        ,,,|'´ ,. -‐'''"´、 、  、ヽ'''''-‐'ヽヽヽ
 l        ,l´;;;;`y´/ .lll. l l l、  l、 l l、l、ヽ ヽヽ
 l    _,,-‐l;;;;;;/'/l.l ll l. l l l、l、___l、 .l、.l、l、l、. ヽ
 l   //フ/ ソl イ l.l__ll__l、,l. l'´::::::::::::l l、.l、 l、\.ヽ
 .l.    l'/ //l/l l_:::::::::::::::::::::::‐''""゛l l.lヽl、  \.l
  .l   l l  /l. l l l ,,,r"゛゛:_,,,,.-┐:::::::ll l l `    `
  `、.  l l / l l、ll .l:::::::::::::|   l、::::::イ.l l_l
    `、 l.l ./ ``l.l .l丶、::::`、.   |/ll.λ.l___
     `、 l l   ノノヽl、 l l.T`‐-''";;;ll.l/.l l     `l
     `、l.  '´  l.l .l .」 l;;;;;;;;;;;;;;;;;l、.lヽl_    l
      `l、     l、l./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l;;;;;l l丶、  l
       l `丶、   V /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、l;l l   丶<
15登場人物紹介:05/01/03 23:37:07 ID:UgAFx75y
13番、近衛木乃香

    , '´/::/::/:::::::::,':::::::::i!:::::::「!::::|!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::/:::,':,.'i!:::::::::|:::::::::|l!::::::l l!::!l:::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::i
    ,':::イ:::/::!:ll!::::::::|!::::::::| l!:::::| l!::ll!::::::::!i::::::::::::i:::::::l:::::::::l!::::::::::::::::::::::::::l
   ,'::,'l::::'::::|:::l!:::i::::l.l:::::::l l!::::| l!:::i i::::::::l_i:::::::::li!::::::l::::::::l!::::::::::::::::::::::::::l
  ,':/ !::,':::::|:::l!::::|:::| !:::::_L. l:::::| `、:|.'´ ̄ ! ̄`ンi、::::i:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::l
  / l::l|:::::|:::l|::::::l:l,rl、´::!  l:::」  `   ,.ィ‐ミ` ヽミノl::::::::|::::::::::::::::::::::::::::l
  ,'   !:l|:::::|:::l|:::::::li!  ンテミ       イ!ノ;;;;::i`ヽ `l::::::::|、::::::::::::::::::::::::::l
  !  |:| l::::|:::!l:::::::!  /li、j;;;:i        i!:;;;;;;:::l l!  l::::::::!l.l:::::::::::::::::::::::::l!
    l!└‐|:::ll::::::iヘ il! !:::;;;;:|       `ー‐‐'    !:::::::|.ノ:::::::::::::::::::::::::::l!
        |:::ll:::::::|l! ` 丶-'         """"   l!:::::::l!:::l::::::::::::::::::::::::::l!
       |:::l|:::::::|i i! """   ´          /il::::::::|::::l:::::::::::::::::::::::::::l!
       |::::l|:::::::|! i       r''ア ̄ `i!     ,イ|l!::::::::|:::::l::::i::::::::::::::::::::::l!
          !:::l|:::::::|!:::`i .、   ヽ!   ノ    /:::|:l!::::::::|::::::l!:::l::::::::::::::::::::::l!
          |::::l|:::::::|!:::::|::::: 丶、       ,. ‐'"i-、::|:l!::::::::|:::::::l!:::l:::::::::::::::::::::::l!
          |::::l|:::::::|l::::::|:::::::::::::l` ┬ -‐'"   !L 、ill!::::::::|::::::::l!:::l::::::::::::::::::
16登場人物紹介:05/01/03 23:38:34 ID:UgAFx75y
14番、早乙女ハルナ(PN:パル)
       // i:';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;;;;i、;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      // ,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;n;;iヽ;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     // i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;l i;;;;l,,.i!-‐i;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    ,i!  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.i;;;;l  i;;;;;;;;;;;;;;;;;l i;l ,.イ;;l. i!  ヽ;;;;;;;;;;i‐、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    i!   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l‐i;;;l‐-、i;;;;、;;;;;;;l i! ,.ィ,.'t‐- ,,, i;;;;;;;;;;;i ,i;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;ヽ
    !   / i;;;;;l.ト、!;;;;;;l i;l,.-ュ-ミ ヾ;;;l  ! ./イ'';;;;;;i ! i;;;;;;;;;;;y'ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;ヽ
       l /.i;;;;l ト、!、;;;ヽ. i' !'´;;;;;i  ヾ!   ヽ;;;;;;;ノ i  i;;;;;;;;;;lヽ;;ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;ヽ
        l / i;lヽ!、ヽ!;;;;ヽ!、ヽ;;;;;i r‐'''"''┐  `´ ,,,.」 i;;;;;;;;;;;;lヽ;;ヽヽ;;;;;,,. --‐‐''''ア丶、;;;;;;;;;;
       ,.!' _,,i;l,,,_ヽ、‐!;;;!ヽ  `,,,,..」 l    '''''""´ i  l;;;;;;;;;;;;;l ヽ‐'''"´      i    丶、
        ! /  ,, ヽ! !;;;;''''""´   iー‐ァ''"´´``i  U / l;;;;;;;;;;;;;l. ヽ        i
         i'  ‐i;ヽ、,,) !;;;;;;;`丶、. 丶!      l  ,.'´ l;;;;;;;;;;;;;l ヽ.       i
         iヽ   i i   !;;;;;;;;;;;ヽ. `丶、丶    '´,.'   /l;;;;;;;;;;;;;l  ヽ   i.   i
         i.iヽ   i i   !;;;;;;;;;;ヽ /   !`丶‐ '´    / l;;;;;;;;;;;;;;l.  ヽ  li   i
17登場人物紹介:05/01/03 23:39:20 ID:UgAFx75y
15番、桜咲刹那
     //,'イ' //〃  〃  ,イ! ‖i  |        ヽ   i!    ‐- 、
    / , ' / / イ/イ!i  /イ 〃||  l| l  l       ミ、 ||   丶、
. , '   /,〃 ,' ./.|! || |!、,'.| | |i || |! i|   '、      ヾ, |!  ヽ 丶
 ′ 〃/ ,' / !L!| |!,ヘ,」 |! !  | ‖   '、       ヤ i| i  `、 \
   / ! ,イ i| | レヒ! _」こヾ、 ``┘ !   ヽ, -‐   ミ ,ハ i |ト  ヽ  ヽ
.   ′ i/',i ,〃´!  k'´ でソヾヾ'    ,., ニこュ、   ミ / l ! ! '、  ヽ  ヽ
      ! || ハ. リ|  !|`' {{! iリ       '´7_,ハ ヽ  イく.  i|.i l ヽ  ヾ
       ヾ! ヽi|  i!!. ゞ ノ          i{! }リ  '"/||ヽ } || ! ! ヽ.  ト
         i||! ‖        '      ー'  ,イリ|| /ノ ||. | !   '、  l ヽ
          l|!li  |ヤ       ,r==、      /ニ´ |レ'"  !! |.l   `、 l  ヽ
        ‖||  ! ヾ 、   ! ⌒ヾ}     ,. '`¬´1!   ‖ !|     '、|
        ‖||  |  ! ヽ  `   ノ  , ィ ´    ||     |  ||    リ
         |! !!  !  l   ィ丶 __ ,   '´爪ヽ.     |!     ! . ‖
18登場人物紹介:05/01/03 23:40:19 ID:UgAFx75y
16番、佐々木まき絵
                  _ ,.. - ‐ ‐ - 、 ',:','; :'‐ ‐ - .、
              _,. :::':::::::::::::::::::::‐ -.、::丶;、::::.:.:.丶`,' ' 、
      ,...      , ´.:::::::'`,:::::- .、::、:::::::::::丶'::,',':;丶,::::::::`.、 `
     ,、 ',::',.  , :´.:.:::::::::;:;::::;:,、::、:::丶丶':、.:.::::`.',::;':、丶丶:::::ヽ
     丶'、',::', , ',:::::::::,.':.:::,'.;,:::;-' ' ':、::::::丶丶:.,.:.:.:::',',:::丶丶 丶:::'、
      丶',./ ;':::::::,.';:::::;:,;::;:::;     丶:.::.::'、丶,:::::::'.,'.,::::`.,::'.,   `ヽ
      , '::;':::;'::::::::;:.;:: ::':';:::;:::;      _丶.::',:::`、::::::'.,:'.,:::::'、::'、
      ,'.:::,'.:.:;:.:.::::;:::;.:::;',´;::;',:::;  ,. ' ´  `ヽ;.,:::::':、:::::'.,:'.,:: :`, `:、
       .:;:::;.: :;.:.: :.:;::;:.:.;:,; ;:;.`,:', ´         丶::::, ,'ニ丶:':,::::::',` '、、
     ',' ::;::::;',:: ::::;::;:ャ':7 ' ',; ';'      _ _ _  `' ; ‐、 ; ;;::':,::::',.  `ヽ、
     ,′;::;::;'::;、: ::',:;::';:;ィ'',:、     ,. '´      :, ' .,.'',';::',.、:',
       ',;:; ::; ',:::::';'、 ',ハ;':::丶               _,.::':',:::',',::',丶,
       ';' ::; ',:::::';::'、',丶:::::;       _        ,'`、:',:..',::`',';', `
        ',:::;  ',`,::',::`,  ` ' ' ,. ァ'´ ';.     , ′ 丶;:_;、_ ;;';
        '、;  ',:'、',: :'.、     丶'、  ;   , '    , '´    丶
         ',.   ',.:',;::::::',': :- . . _ ` ‐'  , '   ,.'. :        `,
             ,:;;',::::::';,:::::;,:::'、::`;'丶‐::''、丶 ,.'; : : .       ' ,
19登場人物紹介:05/01/03 23:41:04 ID:UgAFx75y
17番、椎名桜子
                  ,,. -──- 、 _
          __r‐┬ 、_,.‐'"´''´:::::::,,:::::::::::::!:::::::ヾ、'"´`ト`‐-、_
      ,,.‐'"´:/:::/::::/::/:::::::::,.‐'´:::::::::::::::::::、:::::::ヽ::::::l!ヽ‐、-=‐-、
    /,,.-''"フi:::::l::,:':::/:::::::::/:::::::,,.-'"´ー ヽ、!::::::::iヽ:::l!:::i:::::ヽ
   /' ´  ,:'´:l:::::i/:::::/:::::::::/ヽ、/      ヽ::l:::::::!:ヽ|!:::ト、::::ヽ
        /::::::|:::i!':::/::::::::::,ヘ、/           i::l:::::::l::::i|::::,ヘ:::::::',
      /::::::, ''ソ::::/::::::::::/:::∠_      _,. -─-、:!::::::|::::Y´ ヾ::::',
      /:::::/  !:::/!:::::,.ィアフ   `          ヽ:::::::!!::::i    ヽ:i
     .l::::/  |:/|l!:::::::/::/  _ 、     ,ィ  _   !:::::|:ト、::!    l:!
     |:::/   l! |!:::::/l/ , '´ィテミ     ィ´テ`iヽ !::::|:| i:!.     i|
     l:,'    !  l::::,イ!. i f::':::::::!     i´::::::::!. l! }i!::|!  !    ! 
     l!      l::::!r:l ! l:::::::::j       !::::::::;j ! ,! li!ノ
            l |ヽ、i  `  ´  丶   ` ´  ,ヒン
            !ト-ユ、.      ,...      /
              !   d、     ! !     ,ィ´
                f:::」丶、  `「 ! ,.ィ "L::Z
               く::」   ! `` | i´ !  ゝ::L
20登場人物紹介:05/01/03 23:42:17 ID:UgAFx75y
18、龍宮真名
           , ..   /.:.f..:.:::/.::/:!|:::i.:.:..::.:.',::::'ヽ:::ヽ::.::::.:.::::|::::::::!::::::::::::::::::::::丶
           /   `` 7.::i|.:::::,'::::i|::|.!:::',.:::::::::::i::::',.ヽ::::'、::::.:::::{::::::::|:::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /    .、 i:::,'!|:::::i!::::ム;:!ヽ::',.::::::::::|!:::i! ヽ_;ヾ、-::|::::::::!_::::::::::::::::::::::::::::::
        /, -、 ヘ ム |!:ハ:::::i|!:::| ii`ヽム::::::::::!ヘィ= ´ ヾ ヾ'、|:::::::|トミ:::::::::::::::::::::::::::
     , '´`  ,   / ∧!ヽ|::::l|:i::トミ弋ュヾ、:::::::| 仁ィ マ Tア |:::::::|! リ::::::::::::::::::::::::::
    イ ,' ,'  ,′ ./ / ハヽ}!:::||ュ!ム ヾニ'ハ ヽ:::| ´ -ー ' '′ヒニ|ノ::::::::::::::::::::::::::::
   「{ {  !  |  / _/  ,' ,ヘ:::|ト¬外    / ヾ        トマ;:トマ::::::::::::::::::::::::::
   ヽ丶ヽ|__!_/ / /ア∨  ヾ}::∨':| ヽ  `            ,イ!:〉〈::!  ヾ:::::::::::::::::::::
     `¬ _/ / ./ /∨     |:∧::|ヽ、丶、丶ッ    / l/∧:!   冫、::::::::::::::
           / / ./ / ,'   ィ、.」.ュ::L._ 丶、丶,、   , イ   ヒ'ュ':|  , '/ `丶、::
        / / / / ,'  {{i r三 二. ニ ュ`‐' ミニ´1 ! ヽ. |:::::::::! '/     入
.        /_/ / / .,'  ヾ! !.! ̄ `¨¨ ─‐--¨¨ニ二三二二二ユュュ    /
      / / ` `メ、 .,'    `┴- ュ.... __      ` ¨¨=>′7 ´,  丶、
     ,r -'、_  ,'  ,'       ||::::::::!   フ`   ¬ -、  ヾ ュ'´,/ ,     丶、
     、     ̄ヾ/          !!:::::::| /       Tヾi┬マ ! /
21登場人物紹介:05/01/03 23:43:21 ID:UgAFx75y
19番、チャオ・リンシェン
                 ,,,,,,,__,,,,,,,,,,,,,____,,,,,,,,
           ______,,,r''''"´;;;;;;;;;;;;l;;;.,;;;;,,,;;;ヽ 、 ヽ
         i'"´   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-'";;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ヽ l
           l    ノ;;;;;;;;;;,. '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、ヽ」
        l、   ./;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l l;;;;;;;;;;l l;;;;;;;;;ll;;;;;;l;;;l
          .i;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l. l;;;;;;;;;;l. l;;;;;;;;l.l;;;;;;;l;;;l
          i;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;l‐-l;;;;;;;;l. l;;;;;;;;l.l;;;;;;;l;、;;;l
         i;;;;;l`、;;;;;;;;;l;;;;;l、シ'i‐ァ    l´;;;l`l;;;;;;;l. l;;;;:、
        i;;;;;l. `、;;;;r┤;;;;;l.lニ;;ノ    !--! l;;;;;;;;l.  l;;;;;、
          i;;;;l   l;;;l、 l;;;;;;;lニ⊃ ______,, ⊂ニノ''ヽ.!    l;;;;、
         i;;;;;l  ,l;;;,l,l;;;;l丶、   !、 .ノ ,,.-i´  `    l/』
        ゞ)=/   '´/ l;;;,イ;;;;l 丶 、 ` ´,.-'".ヾl       ハハリ
       lllll      ,,.イ`:、`丶、` "i´ ヽ ̄````i
       リリハ    ,,.‐'´ l `:、  ``/ll丶、 ヽ   i`i
           r く    l `:、 /;;;;l、;;i‐ヽ、.)  l  l 
           l  ヽ   l____/‐く/;;l`、`、 ヽ、  l  l 
            l    ヽ    /.  `、l `、「.i  l `i  l 
22登場人物紹介:05/01/03 23:44:58 ID:UgAFx75y
20番、長瀬楓
               〃 i::::,':!:|:: ::!!:| |::::::i  l:|.!::l:l::::::::li::li::::::::!,:::::i::::::::i:::::::l:::::l::::::::::::::::::i
               i'  !:::|i|::l:::::||:! .l:::::!  l:| !::|!i、:::::iヾ!l:::::::i:',:::l::::::::|::i:::::|:::::i::::::::::::::::::',
                |  |::::!i:!l:::::::!レ弋¬、 ',! i::|ゝヽ:ャ‐i-:.、|: i::|:::: :::!,」_:::l::::::l::::::::::::::::::',
               !  !:::|:|:!!::::::1!   ヽ!   !└! ``'  ! !」丶i!::::::::|r‐、ヽ:i::::!:::::::::::::::::::ヽ
                   |:::!:!:|:::::::::!    ,..      ,       |:::::::::!}} ! i|:|:::|::::::;:ヘ::::::::::',
                 !::|:|::!:::::::::iヾ´ ̄``     ‐'iや:ュ-、_,!::::::::|   ル|:::|:/  ヽ:::::::',
                  ∨'!::|::::::::::トヘ    /      ̄ ̄  l:::::::::l.:7´ レ'     ヽ:::::',
                /∧!:il::::::::::|:::ヽ   `          |i:::::::::|/ィ´`>        ヾ:!
                 〃 |::i !:::::::::ll:::rヘ    ーー一     /!i:::::::::|ヘマ'´          !
               /   レ |::::::::::!`!,  '`丶、      / ,1!:::::::::!/ `丶、
                        ∧:::::::::l       丶、, ィ'´_, ',イ!::::::::::!      丶、
                    / ',:::::::::',        ヽヾ´r'´ 7!:::::::::|       `丶
23登場人物紹介:05/01/03 23:45:50 ID:UgAFx75y
21番、那波千鶴
                    ,.
               ,r、  /:::ヽ._
             ,. :/:::::ヾ::7:::::::::::ヽ::.丶、
           ,. '´::/::::::::::∨::::::::::: ::.:丶.:::丶
            /.,::::::/ .:.::::::,:::`!:::::::::::,:::ヽ.:ヽ::::::丶
         /./:/.:::/ .:::,::::/::ヽ::/∧::::',:.:.'.,.:::ヽ:'.,::ヽ
          /.,'::,'  i: ::,':::/ ̄ ̄ ̄ ヽ::',、:::',::::::',:ヽ:::',
       /::,'::..! .:l..: ,'i:::l       ',::i ',:::!:::::::!:::!::ト!
       /:/i::::|.:::::!::::,' l::|      ,. -H-、ム::::::!:::i:::!ヽ
       ,' ' |::::|::::::|;ィ ´l:「``      i|. ',i::::::|',::!::l !
       !  !:::il::::::|:i   !      ,.ィテヶ、リi!::i:::',|:::!
           |!:|i|:::::|:!. ,. '´``     i:::::::リ `'i|::|:i:::!:::i
        i:|i!::!:::i::|i       ,   `¨´ ’,ハ::!:|!:::::::',
        |:|:|:::l :|::!iヘ    __    イ!::リ l!:::::::::',
        |:|:|::::l::!::l「:!ヽ.   ',   ,'   ,.ィ:::i::::::::l:i:::: :::::',
         i:l:|:::::|'!::::!::||:::冫i、 ` ' ィ! i::l:::|::::::::l::i::::::::::::',
         !:l:|:::::| :::::!::||::,' ∨` ´ / !|:::|::::::::!:::',::::::::::::',
24登場人物紹介:05/01/03 23:47:45 ID:UgAFx75y
22番、鳴滝風香(右・姉)&23番鳴滝史伽(左・妹)
     _/'´..........,.................、..::ヽヽ:::ヽヽ 丶     , '´:::,r〈:::::::/::::::://:::,イ::/i!::l!::::::::i:l!ヽ::iヽ
   , ‐'´ 7::::/::::,::::l:::::::::::::::::::i:ヽ:::ヽヽ:::ヽ:ヽ. !.     '::::/::/:::::::!::::::::,',://:/ |!::|::::::::::!::!:::i:i:::!::i
  ,.'   ,'::::,:l::::::!::::|:::i:::::::::::::::::i:::ト:::ヽ:ヽ::::トヽ'     ,'::::/:::/イ、::::i!:::::::i!/  i:/ |!::|:::::::::j::ハ:::l:!::i:::ト
. il   i!::::i::!:::::i|::::i!:::!:::::::::::::::::!::i`、:::ト::i!::::トく!   ,!:::,::::::i:l:!:|:ヽ|!:::::::i7´ ̄ナ¬!:i:::::::/iリ !::i;':::!:!:!::i
  l  ‖:::|::!:::::!!::::ト::::i、:::::::::::::l::! i!:! !:!:::::i、 \ j!::,':::::i:,':::〉‐-!i::::::メ.r''てiヽ 、i!::::/ 九、iレ,'::::1|!::::!
.  丶 |!::::::i:!::::|.i:::::!ヽ;;」:::::::::::::i::!⌒i丶|!:::::! .ト、.ヽ!::;'::::::∧:i f!ヽi、:::::| ' fi'´ :;'` レ' ニュ、`!i::::,'!::i!:::::i
    ,'`7、:::::il::::! ヽナ´ヽiヽ::::::::,!ir,ィュ i!:::∧ヽヽン:,:::::::;' .ヽi、ヽi ヾ::!. !:_ノ    .f 'j!ト,/:::/ l!:!:::::::!
.  ,' i !、::::ヽ::i'´ ンュ元 ヽ:i ' ´ヒ' ト!´:イ} l i l::!::::::'  ヽ! ー、  、!""     , {:ツ '//   !i:::::::|
  i i,! ;ト;:ヽ:::ヽ!_/ ヒi ハ   `  'Lノ ,'/ ,' i! !.|::!::::,'    \:i:ト, `  r ─ュ、  _, 7     !l::::::|
  ヽ-! l! ヽiト :::ヾ. ヽ.- '   '  ""イ,''´  ! !l:!::::i      ヽ! \.  `  '" ,. '´     l!:::::l
    i |  丶、ヽュヽ""  、_ _,. '  ノ    └ '|l::::!       |!   丶 _,.  ' ´           l!::::!
    | !    ``丶`、_      イ       l!::|     ,, 'マ 、   丶ュ、          l::::!
    L」       ``i `` ‐ ´!         !::!   / ヘ  ヽ  __j `丶、       !::!
              /imn   .ン=‐、       i:l  ,/    i_,.:-‐' ´ ./ // `ン、     l:!
25登場人物紹介:05/01/03 23:48:49 ID:UgAFx75y
25番、葉加瀬聡美
                    /
                   i|  ,,.-─‐‐--、___
                 _ i!ィ'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶、
               .ィ´-ア'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               '´  /         i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                 l!__   __     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                 |      ``   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                     |¬  _-‐、_     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                    |.┃__ ┃ ヽ   `'´r┐.!;;;;;;l
                   ├-'´ !、__丿 し   !///L
                 \  __        T'´/!;;;;;;;L___
  ┌────────┐.   \__`__ ,,.-'"   l/   ¬!;;;;;;;;;!
┌┴───────┐│    l;;;;;;;;;;l ,ア  ,,.-''">、  L___;;;;!‐┐
│             | |   r‐-'´フ´_」‐く   /  |. 丶、  !;;;;;;r┴¬
 |             | |/|   /  」  ヽ/    !   丶、  Y;;;;;;;ヽ
26登場人物紹介:05/01/03 23:50:01 ID:UgAFx75y
25番、長谷川千雨(HN:ちう)

             /       /   ヽ、.   l、_,,,,,,,____     ,,-'"´      l     l
           /        /    ,-"入  `、___   ```>'´      ,,-‐''"´l      l
          /        /   ,,-,ィ´イ 入,,,, `、 ```` >'´   _,,-‐''"´     l       l
        /        / ,,-="´,:'/ /´フフイ``/‐-、'. 、__,,,イ´ ヽ      l       l
       /          ./ / / ィ./ / /  l /! l ``l‐、! l  、ヽ、.     l        l
        /          /, '´  l'/// / /  l´ /.l ト、  `l l  l    lヽ    l         l
     /          /     l/// /7´```‐、l / l l `l  l l  l   l l l.   l        l
     .l         /     /,// /Y. _   .l./  .l-l‐-l、_l l  l.   l l l    l        l
      l      ,,l'´     /,ィ //l`'´ `ヾ  l  ュN__ .l、l l  l.l   l l l.   l        l
 /\  l    ,,.‐"     / / ./ N     、   .フo;;;ヽ l.l  .l、l   l l l _  l        .l
''´   \ `'"´ ,,-''´ヽ / /l //l lヽ  `l‐-、___ l、;;;ノノ`l.  l、l_l__ l.y'´`l  ヽ       l
、     ヽ く     ヽ´  / l .//l/‐''丶、 l  /  = _,,ィ''l.l  l´   ヽ/  .l   入    ,-"
.ヽ    /  `、     」´ / l ///l  ,,__丶、-'´_,,. -‐''´ l /l  l´    .l   ト、 /  入,,-'"
''´   \_-'''´  .くフ / /l ///l  `l  ̄_,,テ7‐‐‐‐┐ .//  l     l  .l、ll/   ,-'
ヽ、     入    」 ./ /.l.//.l   ll l `` 」,(`ヽ  /ノ/.l  .l    l   L〉  ∠,,
27登場人物紹介:05/01/03 23:52:04 ID:UgAFx75y
26番、エヴァンジェリン・アタナシア・エカテリーナ・マクダウェル(闇の福音)

  /   l                 //:::::// ::::::// /: ヽヽ、. ヽ-'',,-'''       ,,,,-'''  ヽ    ヽヽ ヽ::::::::::::::::::.....    ''
  .l     l               //:::://'/ :::::/-; /--. ヽl ヽi-ゞ    ,,,,,,--‐''~       ヽ    ::ヽヽ: ヽ:::::::::::::::::::::......
  l      l             // :::/ ,//,,,,;;;/.,,,!=‐'''~~ソ  `'''''''''''~~~~            ヽ,,,,,,,,,,,,,,:::ヽヽ:ヽ:::::::::::::::::::::::::::
  l ,i-,    l            //-‐''' /'::::~;,,-''~  ,,,-''~ -i---------‐‐‐‐‐‐''''''''''''''''''''''~~~~~ヾ'''''''‐‐‐‐‐----,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
  l/ l    l               /  :::::::(  ,,,,-'''~  ,-'''/                     ,ノヽ    :::::::::''-、::''-,,:::::::::
  l   !、     l               / /:::::/::/ ~~   ,/ /                        /--''~ヽ、   :::::::::::`''-、`''-;
 .l    `     l            / .l::::/l::/     l  /                        ,/ヽ`-、_  :::::::::::::::`''-
  ヽ       `-、          /  l::/:l:::l,      l /                    /ヽ;''''~:::\;;;`''-、`''-、  ::::::::::::
   ヽ、        `-、.       l  :::l:::l:::l::ヽ       l/                   /i;::::::::::>-'''~ `ヽ、`'‐、:::`'''--,,,,,,
     `ヽ、       `'-、    l  :::l::l::::l:::l::ヽ                        /::::::::>-'''~        ヽ;:::`-、::::::::::::~
28登場人物紹介:05/01/03 23:53:18 ID:UgAFx75y
27番、宮崎のどか&ネギ=スプリングフィールド(3A担任)
               _,...マL.._ /ア     丶       、i、
             ,. ィフ´    、 丶ヾ、   i   ヽ ' ,.i!    i l!
         /            ト ヾ‐,ヽ  ト   i|.  !.l   i ト |
        , ' / ,       ト. |! ヽ, ヽ`` Li_ト,  |   | !  l |トi
         / / !   ,   il  | !. |!  l N   | ヽマ !   ! !  !. |‖
      / i  | !  ,i!   |l. | ,ィメ  l| ヽ  ,!  i‖ |  |」.  ‖l !    i
       / _イ  i|.l  i;|   |i.! !' リ , 丶,ヽノ ー=‐ヘ |   |. )  !|!   _,ハ_
      ,'"´,ハ /,ィ|! i;;!,  |;;‖l  ‐'"   }   Z  |  |イ / !    ヽ「
    ′ '  ! !クヤ! !;;;ト, r'-ュ'  〃    ,'      ,i   |ベ
     _」i、 .!‖コ! L-、;;! i ´  r -、__ ./i丶、_ _, イ、|.  | /  ヽ        _,..
    ` !f _,」, ';;;;;ヽ!;;:ト,.ケ,|` ー.ン-   ヽl / |  | !  j!'    \  r'つ<  i
    r'´`」マ─┐;;;;;;;;;;j-、 ` r,'´-       \  |  |.,イ ,'     , 'ヾ、ウ´'う }<
    ,ン i'‥ヽ<|/!;;/   ` そニ.        丶! / | /   /    }ィ'´` ´ト '
   ゝ、 元イ、rヮ ,. 'レ' ̄`丶、 ヾ ー‐ '丶、   ヽ丶   /     !、 7' ̄
      と`ヾ /'        丶. l     { ヽ   l!  \/      ,i た´ ヽ
29登場人物紹介:05/01/03 23:54:19 ID:UgAFx75y
28番、村上夏美
           r─ 、
         _,.  ⊥  リ _
     、ュ=´‐' ´ ̄ ̄ ̄` `‐ =ュ、_
     \ _,.          冫"
.       l´ ├= フ' ¨¨ ¬ ‐-、/
       ,イ  ,レ_,ノ ヽ i ヽ   ヽ
    ∠,'   ! ´ ̄`` ヾ.、 ト   i ト
     ,'   ハ 'アト、 |!i.|,ゝ、 ゞヽゝ
     /   1!j  ゞ」 '  !リハ リ、ト-ゝ
    ー一!.|、 __ ∴  ,-ィハリヾ、
        ' ! ヽY ! _,/  ,h
          ヾ  `¨´7i__/´ }
           ,ノノヽ  / ヽ
          ,ィ'7=,1ト !'´ / _\
            / l ヲ〃す / /   ヽ
30登場人物紹介:05/01/03 23:55:08 ID:UgAFx75y
29番、雪広あやか(いいんちょ)
                 ,.': : : : /. : :/ , ,、 i :i : :ヽ:: :: :: :ヽ : : ヽ丶ヽ
             / : : : :/: : : /i:::,.'::/゙゙゙i. :i :: :: ヽ :: :: ::ヽ : :`、丶ヽ
               /   : : i.: : : i.i: :,'::/  i : i 、: ::ヽ :: :: ::ヽ : :`,.:丶ヽ
               /    :i : : i.l :; :/   i : ト、 、,: ::ヽ、: : : .`、 : :i: :丶ヽ
            i      i  : :.l: :;:/    ! : i丶'、'、::ヾ、 : : :i : : i: : :ト.`、
           .i     i.   l:: ;/      !. i. ヽ'、ヽ、`、ヽ : :.l :. i: : iヽ.i
           i   ;  , i.   l. i       ヽ ! ヾ,,.-‐'-,-i、; l  i.: : i `;i
           i   ;  ; i.   l. |  _, -‐‐- ヽ.!  ヽ、  ヾ、`i.l  i : :i. i!
             i   ;  ;. i.   il r'´   ___   ヽ  ,=i'ツ"'i'-、i!  i. : :i. !
              i   i  ; i   i |!   ,..ッ''゙T''    i  ゙'' '' '゙ ´ i   i : :,: i
            i!  ,i  ;. i   i. l i.゙ベ-''"    `、  :::::::::: r'‐-- 、 : ;:`、
           ii   ;i  ;  i  _,..!-、_ :::::::::      '     .i ヽノ .! : : ;`、
          i i.  ,i  ;  r'´| √/`- 、        , . '    /し' `  }: : : ;:`、
         i i   ;.i. ;   | j / /  Y .!.   ` "´   ,/^´   ./i`丶、;_`、
         j i ,  ; i ; /iヽ      ⌒ ‐- 、.    ,.ィ´      /: :i   `ヽ、
        ./.i. ;   ; , ‐'゙   i ゝ、         ヾ':::‐イ     ィ'.i : : : i     `、
       / i ; , '´      i.  ;`i`r 、_      }:::::ハ.      '、i : : : :i.      i 、
31登場人物紹介:05/01/03 23:55:55 ID:UgAFx75y
30番、四葉五月
      ,    ,.:‐:{:::::ヽ::::::::丶、/〉、
     r 、ヽ_/:::::::i:::::::::'、:::::::::ヽヾく
      冫::'::::::::::/!:::::::::::ヽ:::::::::ヽ ::\
.     ,':::::!:::::::::,' i::::、::::::::ト::::::::::::i:::::::ヽ
     i::::::|:: ::::,' - ヽ:ヽ:::::!:i¬丶::!:::::::::',
      |:::::イ:::::,'   丶.\l !  ヾ::ト.ヽ::::',
      !::,'i'ヘ:::i ┃     ┃  !' i 丶:!
.     |:,' ヽ `!           レ'   ヾ
     !   ゝ、    r‐┐  ノ
         ,. 'ヽ.- __`_, ',' 丶、
       , イ  丶  >く. ,'    i\
      /  i    ヽ/ ! ∧'    !  ヽ
32登場人物紹介:05/01/03 23:58:28 ID:UgAFx75y
31番、Zazie・Rainyday
                   にこ・・・
                     ,. -─- 、
               /⌒ ` ‐-ィ ´ _   _ 丶¬'´ ̄ヘ
                ,'      /´  冫' 、 丶     '、
            l  ',     / , 〃' {ハ ヾ、 ヽ ヽ   i   !
             l  ヘ.   l レ!イ‐┴┴-! ‐-! l  ,ヘ.  l
               l  / ゝ | レ十    '⌒¬. l '  、 ',
           l  l   ヽ.! ! ,.」=、   ==- ! !/   〉/
            l  j.  r'´| | ‖      ハ ,イ i i  /〈
              { {   ゝ│ ト  !   _, Uノ」 レ   ヽ?
           L⊥.   ̄l l 丶    / .| │   r'⌒i
           i   !─‐,┤├─j `ー' l _,. ┤ |ニ=O ゝ- '
           `ー ',.-'´ .l l‐'⌒ー=‐' ヽニ! !─- 、
            ィ'´ -= ' "! |       丶 | |ド=─-O
          /'´,/ , ィ 7 j  ,.ヘ  ト  ヽ. |ト  ヽ
         O ∠イ7  ! .j〃 /  i. ! ヽ  ヾヽ ト 丶、
33名無しさん@ピンキー:05/01/03 23:59:51 ID:UgAFx75y
*― ―) スレ立て終了
34名無しさん@ピンキー:05/01/04 00:05:01 ID:SV/p5kd/
>>1

ナンだがエヴァのAAがずれまくって見えるんだが
35名無しさん@ピンキー:05/01/04 01:25:17 ID:WRscpDC/
*― ―)ノシ 改めまして、あけましておめでとうございます座薬です

>>34
;― ―) えっ、そう?
普通に見えるんだけど……



「機械仕掛けのハート」完結編
前回投下した分(前スレ>>781‐782)ももう一度いっしょに投下します
36「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:25:54 ID:WRscpDC/
 瀬流彦が思っていた葉加瀬聡美という少女は天才と言われるほど有能な学生だったが、しかし研究以外のこ
とには興味をほとんど示さない、男がどうとか女がどうとかの話には最も縁のないイメージだった。
 そう思っていた、しかし。
(どうしてボクは、彼女にこんなことをしているのだろう……)
 聡美に続いてシャワーを浴びた瀬流彦は、ベッドの上でそのように自問していた。
 少女の体臭とボディソープが混ざった仄かな香りが流れてきて、理性を優しく瓦解させていく。
 触れば壊れてしまいそうな子供の体と、それなりに成長している胸を見てごくりと唾を呑む。ベッドに押し倒し
た少女をこのまま抱きたいという衝動が押し寄せるのを、もう我慢することができそうになかった。
 生徒だろうが裸になれば一人の女であり、現に瀬流彦の下半身は既にいきり勃っていて、こうなればいくら教
師といえども、頭の中で考えることは決まっている。
「せいせい、どうしたんですかぁ?」
 聡美は目を薄っすらと細めながら、挑発するようにゆったりと瀬流彦を撫ぜる。
「う、うう……さとみくん、ボクたちは……」
「ふふっ」
 瀬流彦の背中に聡美の細い腕が回されて、辛うじて保っていた唇の距離がじわじわと縮まっていく。
 乱れ広がった黒い髪に浮かぶ聡美の顔は、花の雌蕊のように妖しく瀬流彦を誘い寄せていく。
 その端整で男を知らないであろう唇が、瀬流彦には男を貪る魔物のように見えた。
「う、あ……」
 理性の決壊がいつだったかは瀬流彦の記憶にはない。気付いた時には瀬流彦はのしかかるように聡美の唇
を奪い、少女に初めての男の味を教えていたのだった。
37「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:26:28 ID:WRscpDC/
「ふっ……んんっ……う、ううむ……うっ、ふっ……!」
 聡美の小さな唇に自分の唇を重ね合わせた瀬流彦の胸の奥で、何かが爆ぜるような悦びが生まれていた。
 唾液がドロドロに混ざる海の中で舌が擦れるように絡み合う、その狭い世界に最初の全神経を注ぎ込む。
「ふっ、ふう、ふうう…んっ、ん、んんっ……んっ!」
 反応を愉しむように瀬流彦は聡美の身体をまさぐり、それに聡美はぴくりと淡い、しかし確かな反応を示した。
 瀬流彦は聡美に唾液を流し込みながら、その男を知らない少女の口内を舌で撫ぜる。
「あふっ……」
 瀬流彦がゆっくりと唇を離すと、糸が名残惜しそうに引いて切れた。
 聡美の顔は瀬流彦に圧倒されたように惚けていて、目は怯えと心地良さで少しだけ潤んでいる。
 さきほど聡美が見せた、魔物のような妖艶な気配は今は無くなっていて、そこにはただの少女が一人。
 さっきの異様な表情は演技だったのか、それとも今の聡美が演技なのか。
 しかしそれで瀬流彦が止めるわけもなく、そもそも既に、瀬流彦に行為を中断する選択肢は存在していない。
 聡美も同じなようで、今度は聡美が吸い寄せられるように、瀬流彦の唇に己の唇を重ねる。
「うっ、ふう……うう……せんせい……」
「はあ……ふっ、ううっ・・…はあ」
 熱い吐息が肌にかかるのが心地良く、聡美の柔らかさに触れていると瀬流彦の意識もわずかに蕩ける。
 聡美の胸は柔らかくて大きく、しかし肉体から漂うのは女の香りだけではない子供の香り。
 脳裏では背徳感と性感が火花を散らしていて、それがさらに瀬流彦の欲情を高めることにあんる。
 白い肌に舌をそっと這わせ、瀬流彦は子供のように子供の乳房を吸い、小さな乳首を甘く優しく噛む。
 時間さえも停まったように瀬流彦は没頭し、聡美はたまに瀬流彦の下半身を見て頬を染める。
38「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:27:08 ID:WRscpDC/
「せんせい、そろそろ……」
 聡美は寝ている瀬流彦に覆い被さるようにして、静かにそう言った。
 牝臭が漂う中、濡れてどろどろの股間に挿れてくれと、聡美の顔と身体がそう語りかけてくる。
「聡美くん、君ってけっこう淫乱だよねぇ……」
「そんなことありません……!」
「そうかい? さて、ゴムはどこにあったかな……」
「今日は大丈夫な日ですよ」
「えっ、で、でもねえ」
 聡美は少しだけ顔をしかめて、どうしてそんなことを言うんだと言わんばかりに顔を膨らます。
 聡美のそういう表情がなんだか新鮮で、瀬流彦は急に可笑しくなった。
「ごめんごめん、分かったよ」
「もう……もう、いいです、私からやっちゃいます……」
「え?」
 聡美はにっこりと笑って、瀬流彦の下半身に腰を落とし始めた。
「うぁ……サイズ、大っきい……」
「さ、聡美くん、無理はしないほうが……」
 壊れてしまいそうな柔な身体に挿入されていく己の巨根が、なんだか悪役になったように錯覚する。
 おそらく彼女は初めてだろうから、慣らしていくようにそっとした方が―――と瀬流彦は言いかけた。
「うんっ、うっ……」
 しかし聡美の膣には思ったよりあっさりと挿入できて、ぬるりと温かい膣壁で瀬流彦のペニスを包んできた。
39「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:27:49 ID:WRscpDC/
 その締め付けに瀬流彦は思わず呻きながら、初めてではなかったのかと疑問を抱く。
「さ、聡美くん、き、きみは……」
 精液を絞りとられそうになりながら、瀬流彦はゆっくりと腰を動かして聡美を突き始める。
 運動などしていないであろう細い肉体が、瀬流彦に突き上げられて少しだけ揺れる。
「んっ、ふう、ううっ……せんせい、もっと激しくしてください……ふうっ、はあ、はああ」
 蕩けきった顔の聡美は長い髪を乱れさせながら、挑発するようにそう言ってくる。
 射精の1歩から2歩手前で踏み止まっている快感を瀬流彦は愉しみながら、少しづつ激しさを増していく。
「……ふっ、ん、んっ、んっ、んっ、はあ、はあ、せんせい……」
「どうしたの?」
「私、せんせいのこと、好きなっちゃいました……」
 窓の外では轟轟と雨の音が強くなり、二人の間の卑猥な水音も音を増していく。
 告白が2人を加速させたように激しさを増し、気がつくと瀬流彦は聡美の膣に大量の精を放っていた。

                    *

40「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:29:03 ID:WRscpDC/
 それ以来、瀬流彦は放課後の時間を、聡美の研究室で過ごすことがたまにある。
 聡美の反応はいつも初々しくて、瀬流彦は二言三言話した後にコーヒーを飲んで、少し話して帰るだけ。
 性交はあれからまだ2回、明るみになるとお互い無事で済まないので、機会は慎重に選ばなくてはならない。
 ただ、デートは既に何回か、聡美が行きたがった科学何とか博物館とかロボット何とかコンテストとか……。
 あの嵐の夜に生まれた数千数万の偶然のうちの、わずか1つの物語。
 ペットシュガーの一粒の砂糖の結晶のような、微小で些細で、きっとすぐに溶けてしまう邂逅。
 しかし瀬流彦はたまに思うのだ―――果たして本当にあれは偶然だったのかと。
 雨の夜にボロボロで歩いていた聡美が偶然に瀬流彦と出会い、そして関係を持ってしまったことが。
 あの天才が、新マシーンのテストをする日の天候を確認し忘れたこと。
 事故を起こした聡美が瀬流彦のアパートの近くにいたこと。
 ボロボロで帰れない状態で、天気も酷くて、アパートに2人っきりで、安全日で、エッチが上手くて―――。
 聡美が偶然だと言っているから、別に偶然でもいい。
 天才だってミスをする、天気予報をチェックし忘れるなんて実に人間的だ。
41「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:30:55 ID:WRscpDC/
 しかし、もしも必然だったなら。
 初めて恋に目覚めた天才が、自分の初恋を成功させるために最初から計算済みだったとしたら。
 目的のために障害をクリアする方法を模索し、最短経路を導き出すような機械仕掛けのハートの仕業なら。
 教師と生徒の関係という困難をクリアするために、関係を持つべくあの日の夜をセッティングしていたなら。
 バイブか何かで処女を破っていて練習(?)もしていて、危険日だろうが避妊薬を飲んでいたとしたら。
 瀬流彦のアパートに行けるように、わざとあの格好でいたとしたら。
 瀬流彦に信じさせるために、安全な場所でわざと土手から本当に転がり落ちてあの格好になったのなら。
 怪我がないと怪しまれるので、右の頬に少しだけ痣を付けたのなら。
 全てに優先されるは目的達成。
 自分に実行可能な、最も有効な手段で障害をクリアし目的へ近づく。
 機械仕掛けのハート。
 教師と生徒の倫理の壁を愛の力で破るのではない、最初に破っておいてから全てを始める。

 あの日の夜の成功で、聡美の恋はようやく始まったのだ。

 執念でもない、狂気でもない、順番を彼女なりに考えた、機械仕掛けのハートの行動。
 あくまで、もしも必然だったらという話だが―――これからの関係はどうなってしまうのか―――?

                    *

42「機械仕掛けのハート」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 01:32:18 ID:WRscpDC/
「こ、これを買うの? だって、これ、車じゃん……君、免許ないでしょ」
 ファミリーレストランで昼食をとった瀬流彦は、初めて聡美のショッピングに付き合わされていた。
「いーんですよ。個人的に分解して改造する為に買うんです。乗るわけじゃないですから、さっ、早く早く」
 髪を下ろして本当に別人のような聡美に腕を引かれ、瀬流彦は苦笑しながら歩き出す。
「あっ、ローンじゃなくて一括でお願いします」
「……聡美くんはお金持ちだね」
 日常の色色なものに聡美の特許が使用されていて、聡美は瀬流彦が驚くほどのお金持ちだった。
 最近は特許がどうこう企業からの報奨金がどうこうと裁判になるニュースは多いが……瀬流彦は複雑だ。
「何か他に買うものないの? ほら、バッグとか服とか、アクセサリーとか」
 生徒に言うセリフではないと自覚しつつ、瀬流彦はついそんなことを言ってしまう。
「デート用の服は選んでもらって買いましたよ。似合います?」
「似合ってるよ……って選んでもらったって友達に!? そんな、もし、朝倉くんとかに嗅ぎ付けられたら」
「ああ、心配ないです。彼女は踏み込んでいい領域をわきまえていますから」
 にっこりと底知れない笑みを浮かべる聡美に、少しだけ寒気のする瀬流彦だった。
「さあ次のお店に行きましょう! 今日は一日付き合ってくれるんですよね」
「それは良いけど、次は何買うの?」
「モーターです!」
「も、もーたー……アバンテとかのじゃないよね……まあいい、よし、その店(?)に向かおうか!」
「タクシー!」
「あっ、タクシーでいくのね……」


 あれから半年、今もボクと聡美くんの関係は続いているわけで―――。

                                                               END
43座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/04 01:34:57 ID:WRscpDC/
*― ―)まあ短編終了って感じで
次から亜子長編番外編を本格的に始めます


無人都市の戦いから数日後。
女子寮半壊と隕石落下事件による麻帆良学園都市の混乱は、ようやくの収まりを見せつつあった。
若狭湾沖の孤島に監禁された亜子、闇の福音が無力化した麻帆良、木乃香が帰還し厳戒体制の総本山。
情勢は関西の対関東強硬派、天ヶ崎家当主の逮捕により一気に東西和解へと進もうとしていた。
しかし裏では、一部の過激派による不穏な計画が進行していて―――。


なんて感じです
過酷な運命をたどるのは3Aの生徒2人(亜子たんじゃない)
ではまた
44名無しさん@ピンキー:05/01/04 01:39:01 ID:F8LyfFoZ
取り合えずGJ!あんたヤッパ短編の方がキレがあるよ

>>35
スマン専ブラのせいみたい
45名無しさん@ピンキー:05/01/04 01:45:41 ID:mWREZBzt
盛り上がってきてるのかね
46名無しさん@ピンキー:05/01/04 03:07:34 ID:uR+Cb+rz
>>1乙 美空ワラタ
47名無しさん@ピンキー:05/01/04 12:12:57 ID:E0MtCjBR
>>1、および座薬氏

48名無しさん@ピンキー:05/01/04 17:12:05 ID:HH/X3SHe
*― ―) 座薬です

亜子長編番外編(前スレ>>673-683の続きっす)
「神の見えざる眼」
49「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:13:12 ID:HH/X3SHe
「せっかく遠いとこから研修に来てくれたんやし、今日は特に予定もないからのんびり京の街を案内させてもら
いますえ。こんな本山の近場やなしに、どっか他に行きたいとことかありますけ?」
「そうですね、キヨミズデラとかキンカクジとかは一度は見てみたいかな。僕の国でも有名な寺院ですから」
「諒解どす、フェイト君。……フェイト君は確か、イスタンブールからいらしたんやったね」
 イスタンブールから研修に来た(ことになっている)白髪の少年、フェイト・アーウェンルクスの今日の予定は、
関西呪術協会の少女に案内されての京都観光だった。陰陽術の歴史やら基本的な術の講習、協会の理事との
会食、妖怪退治の現場参加などをこなしていたが、今日は日本文化との触れ合いということで観光らしい。
「車呼びますさかい、ちょっと待っとってな」
 少女が携帯でどこかと話している最中、フェイトは碁盤の目状に整備された道路をじっと見ていた。
 そこには高位の術者でしか分からないような、隠蔽魔法が施された魔方陣が延延と描かれており、それはどう
やら関西総本山<カガビコノヤシロ>を核として近辺の道路中に編み込まれているようだった。
 つまるところ―――総本山周辺の都市計画そのものが、直径数キロメートルの巨大魔方陣になっている。
「これは凄い、ここは麻帆良学園都市にも匹敵する、まさに魔法の要塞だ」
 そして、その魔方陣の上を歩いている、何千何万の人間たち。
「そしてこれ以上ないぐらいに、ここは平和ボケした国だ―――ん?」
 フェイトは京の街並みの中にふと、明らかに場違いなものを発見していた。
 その人物は「私なんか数学のテスト、30点やよぉー」とか友人に愚痴っている、外見は日本のどこにでもいそ
うな平均的な女子高生であり、彼女の友人らしき同じ制服の少女も、どこまで真剣に話を聞いているのか分か
らない顔で、「うん、うん」と相槌をうっているだけだった。その光景は特に変わったものではない。
 異常は、テストが30点だった少女の頭上に存在していた。
50「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:14:11 ID:HH/X3SHe
 まるで雲の上の神様が少女を一本釣りしようとしているように、細い糸のようなものが上空から降りてきてい
て、少女の頭の、髪の毛が渦を巻いている辺りにぴったりとくっ付いているのである。
 少女が動けば、天空の糸もいっしょに動いている。まるで少女の頭の中心をマークしているように離れない。
 どうやら、というか当然だが隠蔽処置を受けた魔法の類らしく、少女の周辺にいる人間は誰一人としてその糸
に気付いていない。どうやらガイド役の少女にも見えていないらしい。
 糸は少女の頭から離れない。
 フェイトは目を凝らしてその<糸>を観察して、その正体を見極める。
 <糸>は、細い細い、糸のように細い<光>だった。
 謎の光が、雲が浮かんでいるよりも遥か上空から、少女の頭をロックオンしている。
 フェイトがその<光>に、狙撃銃などのレーザーポインタを連想した、まさにその時、
 ―――ズドン!
 光が、疾った。
 音が聞こえた気がしたのは錯覚だろう。
 しかし、起こったことは現実である。
 女子高生は頭をがくん、と揺らすと、そのまま倒れた。
 速度からして正確には光ではない、高出力の放出系魔法だとフェイトは判断し、そして倒れた少女の方に走り
始める。ガイドの少女も異常事態の発生を察知したのか、フェイトを追って走り始めた。
「だ、誰か、きゅ、救急車! 救急車呼んでくださいっ!」
 人だかりができる中で、おしゃべりをしていた女子高生が倒れた友人の脇にしゃがみ、蒼白になって叫んでい
る。筋肉が捻じ切れそうなほど引き攣っていて、状況を認識するどころか理解すらできていない顔だった。
51「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:15:25 ID:HH/X3SHe
「誰かっ! 早く、早くっ! 救急車! 救急車を、早く……! 早く呼んでよおっ!」
 倒れた少女は脳天に大きな穴が開いていて、頭蓋骨を突き破られて脳味噌まで抉られている。そこからはど
ろどろと薄い血色の体液が溢れ出していて、少女の鼻と口からもごぼりと血が溢れていた。
 友達の少女は何が何だか分からずに、大切なものが友人から流れ出すのを防ごうと穴を手で押さえながら、
救急車を呼んでくれと喚き散らしていて、脳漿と血で濡れた少女の手を見た野次馬の何人かは嘔吐していた。
 撃たれた少女の見開かれたままの目は、自分に何が起こったかも分からないと語っているようだった。
「ふぇ、フェイト君、早う別の場所いこ……き、気分悪うなってきた……」
 ガイドの少女がフェイトに追いついて、そっと声をかける。
「これは魔法による攻撃ですよ。おそらく放出系の何かです」
「えっ……? そうなん?」
 見えてなかったから無理もないが、ガイドの少女は虚を突かれたように目を大きくした。
「……で、でも、ここは三条家が警備してる区画やし、すぐに上手いこと処理してくれるから……」
 ガイドの少女を無視して、フェイトは早足で、友達の穴を塞いでいる少女の前まで進む。
「その人はもうダメです」
「え……」
 ぽかんとしている少女にフェイトは、どうしてそんなことが分からないのか、と言わんばかりの口調で、
「死んでますよ、あなたの友達」
 と言った。
 悲鳴に近い絶叫が上がるのを気にせず、フェイトは少女を撃った<何か>を探そうと天を仰ぐ。
 しかし上空には強風に押し流されていく無数の雲と、青い空がどこまでも広がっているだけだった。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
52「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:16:30 ID:HH/X3SHe
 関東、麻帆良学園都市―――。
 隕石が落下したとされるクレーターは警察に封鎖されていた。
 お祭り好きである麻帆良の住民たちは、理科の教科書でしか見たことのないクレーターというものに興味津津
で、街の新たな名物になるであろうそれについて色色と話している。爆発で消滅したコンビニの関係者や倒壊し
てしまった薬局の店主なども呆れが半分、諦めが半分でスペースハザードの前に苦笑いするしかなかった。学
園都市から補償を受けられるので気は楽なのだろう。
「ん? あれは―――」
 ブルトーザーに混じって、数メートルの円柱にサッカーボールのような頭部を乗せたロボットがてきぱきと瓦礫
を片付けていた。ボディには「三条コーポレーション」と大きく書かれている。
 刹那は関西呪術協会の理事だという三条老人のことを思い出す。
 対関東の強硬派筆頭だった三条家も最近は軟化したらしく、イスタンブール、スウェーデン、トルコなどからの
西洋魔術師の研修生受け入れを容認したという。東西の和解を願う勢力もその三条家の姿勢を評価していて、
加えてやはり反関東の天ヶ崎家が前の事件で捕まったこともあり、年内の東西和解が実現するというのが大多
数の見方である。
 先程の災害復興ロボットも三条家が経営する企業からの支援で、三条家の関係者20人+ロボット1台が麻
帆良学園都市に入ることを許可されている。ロボットはなかなか働き者で評判も良いらしい。
「ここか、臨時女子寮は」
 刹那が訪れたのは、いくつか設けられている臨時学生寮だった。
 ここにいるのは、かつての戦友である長瀬楓と長谷川千雨、後はオマケの鳴滝姉妹とか。
53「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:17:35 ID:HH/X3SHe
 この臨時女子寮は麻帆良に残る、かつての吸血鬼事件の傷痕の1つである。
 ハイデイライトウォーカー、エヴァンジェリン・アタナシア・エカテリーナ・マクダウェルの暴走―――。
 突如として女子寮に雪崩れ込んできた吸血鬼の大群に、寮は瞬く間に支配化におかれてしまった。
 思考能力を残されていた吸血鬼の暴徒たちは、増殖を続けるうちに自我を確固たるものとして内部分裂し、そ
の過程で<ヴァンパイア化した近衛の姫>という化物を産み出すことになる。
 最初に在ったエヴァの吸血鬼たちは、木乃香に支配された吸血鬼たちに駆逐されていった。そして、増殖を続
ける吸血鬼たちに対し、刹那は楓および千雨と協力して事態の収拾にあたっていたのである。
 しかし事態が終わった今となっては、事件の真相を知っていて、おそらく近衛家の裏工作にも気付いているだ
ろう彼女たちの存在は、刹那にとって頭の痛い問題の一つだった。
 変に言い訳しても仕方がないので、刹那はこの問題を直球で処理することに決めていた。
「……お、おい、桜咲……おめー、本気か……」
 刹那との再会を喜んでくれた千雨と楓の顔は、積まれた札束を前にみるみる曇っていった。
「2000万円ありますよ。魔法協会から貴女たちへの口止め料という事です」
「桜咲……」
 千雨は悲しそうに顔を歪めたが、楓は表情を変えずに札束をじっと見つめている。楓は今回の事件では色色
とやらかしているし、厄介事にこれ以上巻き込まれるぐらいならば、お金を貰って退こうという判断は十分にあり
得る。そして楓が退けば、千雨もなし崩し的に事件から遠ざかっていくだろう。
「近衛家の気持ちです。どうぞ受けとってください」
「………」
 千雨は何も言わないが、ちらちらと札束に視線を送っている。2等分しても1000万円―――近衛家にしてみ
れば駄駄っ子に上げる御小遣いでも、普通の中学生には大き過ぎるだろう。それを目の前に直接積まれて、心
が揺れない中学生などまずいない。
54「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:18:30 ID:HH/X3SHe
 ここで刹那はきっちりと、伝えるべき警告は伝える。

「余計なことを話さないなら、見逃しておきます。しかし、これ以上くだらないことを続けるなら、事件の記憶を全
部消さなくてはなりません。私と、貴女たちとのわずかな友情も、消える」

 気まずい空気に耐えられずに寮を出た刹那の携帯に、木乃香の父である詠春から突然着信があった。
 楓や千雨に会って口止めした後で疲れていたので、明る過ぎる着信音がとても耳に障る。
≪刹那くん、済まないがすぐに京都に帰ってきてください。至急です≫
「何があったのですか?」
 声にこもっている詠春の焦りが分かった刹那は、いやな予感がして尋ねてみる。
「まさか、お嬢様の身に何か?」
 詠春からの返事を待つ時間が、刹那には永遠に感じられるほど長かった。
≪ええ、実は、木乃香が―――≫


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
55「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:19:37 ID:HH/X3SHe
「全ての目標の破壊を確認しました。実験は成功です」
 フェイトたちがいる場所から直線距離で2キロメートルほど離れた、15階建てのビルの屋上で、現地からの報
告を受けた女性はゆっくりと顔をほころばせた。
「いえーいっ! 新記録いえーいっ! ぱーふぇくと! ぱーふぇくと! いぇい! いぇい!」
 歳は20代の後半ほどの、白衣を着た少女が全身で悦びを表現している。ウェーブがかかった金色の髪を揺
らしながら、170センチはありそうな長身がうさぎのようにぴょんぴょんとコンクリートを跳びまわる。
 普段が大人びた美顔だけに、無邪気に喜ぶ姿はアンバランスを突き抜けて気味が悪かった。
「おめでとうございます、光仙様」
 しかし、部下である黒服を着た男たちはそんなことを言うと彼女に殺されるので、ぱちぱちと全員で拍手して彼
女の喜びダンスに華を添えている。外見に反して彼女は戦闘能力がやたら高いのだ。
「私ってば最高! 天才! ジーニアス! いえっ、いえーい! いえええぇいっ! 実験成功いぇぇぇーい! 
ぱっぴー、ぱっぴー! いえーい! いやっ、はっ、はっ、はっ、いえ、え―――いっ!」


 それに、今回の実験の成功は実際に喜ばしい。
 度重なる実験の末に、数キロ圏内で動いている人間を自由に撃てるほどに精度が向上したのだから。
 死んでも問題なさそうな者を適当に10人ほど選んで撃ったが、結果は全員の頭部を狙い通りに破壊―――。


「射程距離も3〜4キロメートルはあるし、つまり私が麻帆良に侵入できれば、一気に学園都市ほぼ全域を人質
にとれちゃうわけねえ! これはっけこういいんじゃない? ぱっぴーぱっぴーっ!」

56「神の見えざる眼」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/04 17:20:55 ID:HH/X3SHe
 日本を2つに折ればちょうど折り目がくるような某県、関西と関東の緩衝地帯であるその一帯。
 一台のワゴンの中にいた5人の男のうち、ぼさぼさの頭に不精髭を生やした男が携帯の着信を受ける。
「誰かと思えば光仙かい。なんや、おう、そうかそうか、実験は成功したか、おめでとさん」
 どうでもよさそうな口調だが、これが彼の普通のしゃべり方である。
≪いえっ、へえ――い! 小田原サンは、もう御仕事済ましちゃいましたか? ぱっぴー?≫
「ぱっぴー、って何やねん。今ターゲットは学会に出とる。何や護衛もおってなあ、手出しできへん」
≪ええええええ? 今すぐやっちゃいなよぉ。小田原サンの術なら簡単にできるでしょー≫
「まあでけやんこともないけど、後始末が骨やし。まあ、せっかく関東のテリトリーからのこのこ出てきてくれてん
から、今夜にはやってまおうと思とるけどな。明日には関東に帰るようやし」
 小田原は2枚の写真を指先でひらひら弄びながら、写っているターゲットの姿を確認する。
「葉加瀬聡美ちゃんとチャオ・リンシェンちゃんか。ほんまに子供やなあ、こんな娘を拉致るのは気がひけるわ」

 その関東が誇る2人の天才少女を、関西の三条家に連れていく―――それが小田原の今回の任務である。

≪あなたやマキちゃんがそんなこと本気で言ったら、今夜の京都はオーロラよ!≫
「うっさいわ。あ、そや、光仙よ。そっちは実験終わってんから、こっち手伝ってくれや」
≪えええええっ……と思ったけど、別にいいよー、今ぱっぴーだしぃ。予定調整するから30分後にかけ直して≫
 そう言って携帯がぶつりと切れた。
「くっくっく、これでちょっと楽できる。それにしても、ほんまに心が痛むわあ―――俺ってピュアやからもう」
 小田原はそう言って嗤いながら、写真の中の聡美とチャオをべろりと舐めた。

                                                                 (続く)
57座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/04 17:22:26 ID:HH/X3SHe
長編「番外編」開始です
前の長編の最終回とも繋がっています

ではまた
58名無しさん@ピンキー:05/01/04 18:03:54 ID:PI99KyNX
神鳴流こそネギま!をつまらなくさせる元凶!
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1104659542/
59!omikuji!dama:05/01/05 05:05:45 ID:0nDGR9C3
埋め立て完了
60名無しさん@ピンキー:05/01/05 11:22:25 ID:876Qwix3
>>59
お前ヴァカか?いかなる理由があっても、埋め立てや1000取りは禁止に
なったんじゃ。このヴォケが。これはひろゆき直々の通達だからな。
詳しくは下を嫁。それが分からないなら二度と来るな。
http://www.2ch.net/accuse2.html
61名無しさん@ピンキー:05/01/05 16:23:43 ID:FQ7oiX4h
>>60
    .,,iill!″           _,,,,,,_          .,illlll!゙°   ゙!llllli,,          ._,,,,,,_     .'!llli,,
   .,,ill!゙’          ,,,illll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllll,,、     ,,illlllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllii,,,      ,,,lllll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙llll,,,    .゙゙!lli,、
  .,ill!°            ,,il!゙` ,,,,,,,,,,.,,,,,,゙゙!i,、  ,,,iilllll!!゙l!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!゙!!llllliii,,,.  .,ii!゙゜ .,,,,,,,,,..,,,,,゙゙!i,,    .゙!lli,
  .,ill!゜          ,ill′.,,iill!l゙゙゙゙!llllll .゙li、 'l!lll!!゙° ,,、     .,,,  .゙゙゙!!l゙゜  ,il゙  ,,iill!!゙゙゙゙!llllll .゙li、   .゙lll,
  .llll′            .ill  ,illlll′ ,lllll′ lll   ``  .,,illlllト    'llllli,,     ,ll″.,lllll゙  .,lllll′ lll     lllli、
  :llll             lll: : llllll|  .,lllll′ ,lll    .,,,illlll!゙      ゙!llllli,,,、   'll| .llllll′ ,lllll″ .lll`    .:llll
  .llll,          'lll .!lllll,, ..,,lllllll ,,,ill゜  .,,,,,iillllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiillllllllllii,,,,  !ll .!lllll,, ..,,lllllll ,,,ill゜    ,llll
  ゙llli,             ゙!l,, .゙゙!!!!!!!゙゙゙!!!!!!!゙’  '゙!!l!!゙゙゙llllll゙゙゙゙llllll゙゙゙゙llllll゙゙゙゙lllll|.゙゙!!!!゙  .゙!li,. ゙゙!!!!!!!゙゚'゙!!!!!!゙゙`    ,illll′
   ゙!lli,,             ゙!lii,,_     ,,,,,      lllll| .llllll .llllll  llllll      ゙゙!li,,,、    .,,,,,    .,,ill!゙
   .゙!llli,,、         `゙゙゙lllllllllllllll゙゙°   .,,,,,,,,,,llllll,,,,,,llllll,,,,llllll,,,,,,llllll,,,,,,,,,,,    `゙゙゙llllllllllllll゙゙゙゜   .,,iill!゙`
    .゙゙!!″                   :!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!                 '!!l
62名無しさん@ピンキー:05/01/05 17:58:05 ID:7zIzZwk2
今夜からアニメスタートだな。
63名無しさん@ピンキー:05/01/05 18:34:51 ID:Z7yXjIfD
というわけで飛んできたわけですが
せつ×まなのSSはどこですか?
64名無しさん@ピンキー:05/01/05 22:45:41 ID:FQ7oiX4h
実況はアニメ板でお願いします
65名無しさん@ピンキー:05/01/06 02:49:09 ID:/YZPVePb
アニメ板は実況禁止
66名無しさん@ピンキー:05/01/06 12:55:23 ID:0e5ow6Yc
超タソのSSまだ〜?
67猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/01/06 16:03:03 ID:r+RPqIss
搾精編でも書いてみるか、と思案中
誰で書くかを決めてないからなぁ… 決めたら書きま。
68名無しさん@ピンキー:05/01/06 22:07:59 ID:YOKAMQ3n
搾精編キタァ!!!!! 超ガンガレ
69名無しさん@ピンキー:05/01/06 22:16:01 ID:N/5FtJzL
>>1
重要なお知らせ
2005/01/06
2ちゃんねるのsubbbs.cgi廃止に伴うスレ立て機能の不具合に対応した「バタ49 リリース2」をリリースしました。
2ちゃんねるでスレを立てる利用者はアップグレードしてください。
701/8:05/01/06 23:40:44 ID://iKPfq3
初書きですので乱文になったりしてるけど許してね。



僕の名前はネギ・スプリングフィールド。『立派な魔法使い』になるための修業のため魔帆良学園で先生をやっています。授業は大変ですが楽しくやっています。

「ネギ君ーなにやってるの?」
「ちょっとネギあんたなにやってんねよ?」
二人は同じ部屋に住んでるこのかさんとアスナさん。二人ともタイプは違うけどとても美人です。最近では同じ部屋に住んでることもあって信用を得ています。
「二人ともみちゃだめですよー。明日のテストなんですから。」

さて教師の仕事は終わったから楽しいことでもしようかな。
今日の標的は・・・このかさんにしよう。
712/8:05/01/06 23:42:20 ID://iKPfq3
僕は部屋のシャワールームから出てきたところだ。別にシャワーを浴びたわけではない。ちょっとした準備をしただけだ。これから始まる魔法を使った遊びの。
準備をすませた僕は遊びの標的のこのかさんが部屋にいることを確認した。ちょうどいいことにアスナさんは夕刊の配達にいっていていない。
723/8:05/01/06 23:43:06 ID://iKPfq3
このかさんは机に向かって定期試験の勉強をしているところだ。このかさんのところに向かう僕の手にはジュースの入ったコップがあった。
「このかさん差し入れですよ。」
「ネギ君ありがとー。」
そういってこのかさんは手を伸ばすがジュースは子のかさんの手にわたる前に僕の手から落ちた。そして中身はこのかさんの服へとぶちまけられた。当然故意に落としたのだ。
「このかさんごめんなさい。濡れちゃったみたいですからシャワーでも浴びてきてください。風邪引くといけないですし。」
「風邪引くくらい濡れてないけど。まあええかな〜。気分転換したかったし。」
そういうとこのかさんはシャワールームに行った。
734/8:05/01/06 23:43:50 ID://iKPfq3
(さてと少し時間が経つまでまつかな)
そして僕はシャワールームに向かう。そろそろ準備した物がこのかさんを楽しませてる頃だろう。
シャワールームの前に行くとあまり音がしない。それが魔法を使った仕掛けの成功を意味する。ゆっくりとシャワールームの扉をあけると・・・。
「ふぅぅぅん・・・・。このシャワーおかしいわぁ・・・・。」
「どうして・・・ウチのアソコばっかりにお湯あてるのぉ・・・。」
「全然うごかないわぁ・・・。あ、あふぅんっ・・・。」
そこにはシャワーの蛇口をアソコに押し当ててオナニーするこのかさんがいた。だが実際にはそうではなく、僕のかけた魔法で蛇口が意志をもってるかのようにこのかさんを責めているのだ。
745/8 ◆5m18GD4M5g :05/01/06 23:44:43 ID://iKPfq3
このかさんは吹き出るお湯にさほど嫌悪感をいだいてはいないようだ。放蕩したかのような表情、そして口元からはだらしなく涎がたれている。
(もっと嫌がると思ったのですが、これはこれで楽しいからいいですね。)
「あ、温かくて気持ちいわぁ・・・。」
「もうちょっとだけ強くしちゃおうかなぁ・・・」
シャワーの蛇口を見つめ戸惑いの一つも見せず強くしていった。
756/8 ◆5m18GD4M5g :05/01/06 23:45:25 ID://iKPfq3
同時に、シャワーから出るお湯の強さと量が増加される。そしてこのかに与えられる快感も。
「あはぁぁぁぁん・・・・。え、ええわぁ・・・気持ちええわぁ・・・」
「もうちょっとだけつよくしても・・ええよね?」
誰も答えることはなくこのかはさらに蛇口を奥へと回す。勢い良く噴き出したお湯によって、水泡がこぼこぼとアソコから吹き出す。
「ふわぁぁぁっ!ちょっと・・・強すぎっ・・・・で、でも・・・気持ちいい、腰が・・ビクビクッって・・・・ああ、あああっ!もっと、もっとほしいわぁ」
767/8 ◆5m18GD4M5g :05/01/06 23:46:06 ID://iKPfq3
言葉どうりこのかの腰はまるでシャワーにアソコを擦り付けるかのように繰り返しはねあがる。そのたびにアソコにあてたシャワーが上部へとずれる。そして勢い良く吹き出すお湯が愛芽をうちつける。
「ひあっ!?くぁ・・・ぁぁぁ・・・」
腰を突き出したまま身体を動かすこのかはまるでシャワーにアソコを捧げているようである。声を上げることも叶わず、ただシャワーから溢れるお湯の洗礼を受け続ける。
「あは・・・あはぁ・・・。はぁ・・・はっ、はぁぁぁぁぁぁんっ!」
ついに絶頂の壁を突き破ったこのかは、甲高い声を上げてしまった。
778/8 ◆5m18GD4M5g :05/01/06 23:47:10 ID://iKPfq3
「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・」
蛇口を元に戻すと、
「もう一回くらい・・・いいよね。しちゃっても・・・。あぁ・・こんなにウチってエッチやったなんて・・・。」
シャワーを太股に挟み胸をいじりだす。
「ああっ!変になってしまう・・強すぎて・・・気持ち良すぎて変になっちゃうよぉ」
「ひっ、ひぁぁぁぁぁぁっ!!!」
二度目の絶頂を得ようと、さっきイったばかりで感度があがってる状態というのに、このかはすぐシャワーの強さを上げてしまい、そのまま達してしまったのだ。その場で放心状態になっていだがそのままガクリと倒れた。
78 ◆5m18GD4M5g :05/01/06 23:50:18 ID://iKPfq3
とりあえず稚拙な内容ですが読んでくださったかたありがとうございます。
指摘等があればいっちゃってください。次作の参考にします。
79名無しさん@ピンキー:05/01/06 23:52:19 ID:9NM2ttvv
木乃香の仕組まれたオナヌー
キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━ !!
(・∀・)イイ!! 
80名無しさん@ピンキー:05/01/07 00:04:07 ID:PLKqRjk3
パクリはいかんな。
携帯アプリ「キリエ・エレイソン」の百合菜シナリオだろ?
81麒麟:05/01/07 14:04:31 ID:IwAnKUvv
これパクリカよ。
82名無しさん@ピンキー:05/01/07 16:28:09 ID:EKD0FVnY
おいおい
83名無しさん@ピンキー:05/01/07 16:59:01 ID:YYeFENpL
何でもいいや面白けりゃ
84名無しさん@ピンキー:05/01/07 18:48:51 ID:JAlzgJCc
 “インタビュー・ウィズ…………”

 その静かな部屋の中には二人しかいない。誰にも邪魔できない、誰にも邪魔させない、外界から閉ざされた二人っきりの空間。
 ぶっちゃけ防音バッチリ放送室。
「大好きなお姉ちゃんとはいつ頃まで一緒にお風呂に入ってましたか?」
 主な音源といえば、椅子に座っている、少しハスキーで大人びた感じの、好奇心とからかいを多分に含んだ少女の声と、
「な!? なんでそんなことまで答えなきゃいけないんですか!!」
 同じくその正面で、礼儀正しく膝小僧に小さな拳を置いて座る少年の、まだ声変わりもしていない甲高い抗議の声だけである。
「ん?なんでって、ネギ先生自分で言ったじゃない 質問にはちゃんと答えるって」
「うぅッ!!」
 言った。はっきりと言ったし、はっきりと覚えている。
 授業の終わった廊下で 朝倉 和美 にインタビューを申し込まれたとき、間違いなくそう言った。
「で、でも、あまりにプライベートなことですし……」
「報道の自由の前にプライベートなんて言葉はありませんよ」
 人権団体辺りが聞いたら猛反発しそうなセリフを、朝倉はさらりと口にする。それは当然と言わんばかりで、まるで悪びれた風はない。
 とはいえ、
「まぁ、私も鬼じゃありません ネギ先生にそんな顔されちゃったら聞くに聞けませんけどね……その代わりに次はパスはなしよ……」
 朝倉は目を細めると、エグエグと涙が零れる寸前のネギの顔を愉しそうに見つめながら、なんとも意地の悪い笑みを浮かべる。
 声だけではなく、朝倉は中学生とは思えないほどに、身体のほうも充分大人びていた。
 短いスカートからニョッキリ伸びている長い足を、前に座っているネギに見せつけるようにゆっくりと組み替える。
 ネギの視線が足と足の間に一瞬できた隙間に吸い寄せられた。
 もちろんその決定的スクープの瞬間を、マスコミ志望である朝倉が見逃すはずはない。
「そんじゃいまのはキャンセルして次の質問ね、…………ズバリ」
 そこまで言って朝倉は勿体つけるように一拍置いて身を乗り出す。ネギも引き込めれるように思わず身を乗り出した。
 二人の距離は息が掛かるほど、唇が触れそうなほどに近い。
85名無しさん@ピンキー:05/01/07 18:49:54 ID:JAlzgJCc
「あ!?」
 気づいたネギは顔を赤らめて身を引こうとするが、
“グッ……”
 それは出来そうもなかった。いつの間にかネギの細い首に朝倉の腕が廻されている。
 身を引くどころか気を抜けば前に持っていかれそうだ。これ以上前にイッたら…………。
“ゴクンッ……”
 まだ全然目立たない喉仏が上下する。
 中学生ともなればナチュラルメイクくらいしていてもおかしくはないが、目の前にある唇の紅さはどんなリップにも出せそうもない。
 それこそナチュラルなものだった。
「ズバリ…………私のパンツは何色でしょうか?」
「へ?」
 唇の色の鮮やかさと、かかる吐息にクラクラしていたネギの脳細胞が、その一言でシャッキリする。
「見たんでしょ、私の目は誤魔化せませんよ…………オマセさん」
“チュッ”
 ネギの頭が真っ白にスパークした。
 キスとは呼べないような軽い接触。だがネギは後頭部を殴られたような衝撃を受けていた。接触しているのは前なのに。
“ググ……”
 唇を触れ合わせたままで、首に廻されている朝倉の腕に更に力が込められて、ネギの小さな身体を巻き込むように引き寄せる。
「んンッ!! んぅッ!?」
 恥ずかしさと息苦しさで顔を赤くして、女の子みたいに“イヤイヤ”と首を振っていたネギの声がくぐもった。
 なにかがネギの虫歯一つない歯を押し割って、強引に侵入してきたのだ。
 にゅるにゅると軟体動物のように柔らかくてくねっている。
 それはとても獰猛で、口内の奥で怯えたように縮じこまっているネギの舌を見つけると、容赦なく吸い上げ絡みつき弄んだ。
「ン……む……ん―……」
 最初はジタバタと抵抗していたネギも除々に、電源を落としたように静かに身体からチカラが抜けていく。
 ネギは無意識に、自分から求めるように、そして縋るように朝倉に抱きついてしまっていた。
 震える舌を絡み取られ、唾液を流し込まれると少し躊躇った後、ネギはコクリッと喉を鳴らして嚥下する。
 その様子を目の端で確認してニッと笑うと、“ヨシヨシ”と愛しそうに髪の毛を撫でて、ようやっと朝倉は唇を離した。
 二人の間を銀色の糸が繋ぎ、“プツリッ”と切れる。
86名無しさん@ピンキー:05/01/07 18:50:48 ID:JAlzgJCc
「はぁ…………」
 ぼ〜〜〜〜っと蕩けた顔をしたネギは、そのまま成人女性と比べても豊かな朝倉の乳房に、しなだれかかるように身体を預けてきた。
 胸の柔らかなふくらみに、ネギは気持ちよさそうに顔を埋める。
「ねぇネギ先生…………いまの質問もパスさせてあげる………………だから絶対に次はパスなしよ」
 幼子にするように背中をナデナデしながら、朝倉は幼子にするには刺激が強すぎる、もっとはっきり言えばエロくかすれた声で、
ネギの耳元に優しく囁いた。
 頭の中が真っ白な世界になっているネギは、意味もわからずにコクンッと頷く。
「私のお腹をツンツンしている硬いもの……なぁ〜〜〜〜んだ」
「!?」
 ネギの身体が堅くなった。小さくたってネギも立派な男の子。
 “紳士たれ”と常に自分を戒めてきたが、そこが本人の意志に関わりなく、勝手に硬くなってしまうのは仕方のないことだ。
 だがそんな理屈はわかっていても、これは男の子にとって、特に性を意識し出したばかりの男の子にとっては物凄く恥ずかしい。
 これ以上は赤くならないと思っていた顔が、“カァ――ッ”と急激に赤くなる。
「三回パスしたらバツゲームだかんね、ネギ先生」

ここまで書いてみましたが、朝倉はネギを『先生』か『くん』か、どっちで呼んでましたっけ?
ちなみにこれはさよに憑かれる前の話です。
87名無しさん@ピンキー:05/01/07 19:29:39 ID:YYeFENpL
両方使い分けてると思ふ
88名無しさん@ピンキー:05/01/07 22:47:57 ID:T1K2ikcV
84氏は文章も構成もンマイな……。名のある職人さんでは?
続き大期待。

>>ここまで書いてみましたが、朝倉はネギを『先生』か『くん』か、どっちで呼んでましたっけ?
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~clown/negima/chara/kosyo.htm
↑ここがかなり参考になると思われ。
89名無しさん@ピンキー:05/01/07 23:53:13 ID:Gb71z/1m
正直に答えても、三回目のパスになっても、結末は同じになりそうなヨカンw
90名無しさん@ピンキー:05/01/08 01:01:49 ID:O+Rl3H8I
「おちんちんいやっ!おちんちん抜いてよぉ!」
91名無しさん@ピンキー:05/01/08 01:14:09 ID:O+Rl3H8I
「言え!おちんちん抜いてくださいって言え!!」
ズコズコズコズコズコズコズコズコズコズコ
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
「んっあぁ…おちんちん抜いてくださいっ!おちんちん抜いてぇ…ううっうっ…」
「やだっ!おちんちん抜かないよ!裕奈かわいいからおちんちん抜かない!」
92名無しさん@ピンキー:05/01/08 16:57:43 ID:A5skwoHc
コメントくださった方、ありがとうございます。88さん早速参考にさせてもらいました。

>>86の続き

 うなじに口づけるように唇を寄せながら“スゥ――ッ”と、朝倉は鼻を鳴らしてネギの子供特有の日向の匂いを胸一杯に吸い込んだ。
「クスッ……」
 朝倉は我ながら自分のしていることが可笑しくなる。
 ちょっとだけ、本当にちょっとだけカワイイ先生をからかって遊ぼうと考えていたのだが、存外マジになっている自分が意外すぎて
なんだかとても可笑しかった。
 これではショタコン委員長のことを、もう面白可笑しく笑えないではないか。
 もっとも、いまはそれよりも遥かに面白く、カワイイ存在が腕の中にいる。目をギュッとつぶって必死に恥ずかしさに堪えていた。
 そんな顔をされると許してあげようかな、と思う半分で、でもまだ恥ずかしがっている顔を見ていたいなぁ、とも思ってしまい、
なによりこんなことで悩んでいる自分が可笑しくて、朝倉の顔からはニヤニヤが消えない。
「さぁネギくん なぁ〜〜〜〜んだ」
 結局は愛あるイジメを続行することにした。
「う、くぅ、うぅッ……」
 再度言われても、当たり前だがネギはぶるぶると羞恥で身体を震わせたまま動けない。嵐が過ぎ去るのを待つ構えのようだ。
 そうは問屋が卸さない、とばかりに、
“にゅぐ……”
「はぅ!?」
 ズボンにクッキリと輪郭を浮かび上がらせたネギの、子供のモノとは思えない大きな勃起を、朝倉はそっと柔らかく鷲づかみにする。
「これだよ、この大っき〜〜〜〜くしてるのだよ」
“にゅむにゅむ……”
「あうぅッ!」
 ネギの唇からそういった趣味のオジサンが聴いたら喜びそうな声が洩れた。絶妙な力加減で朝倉は何度もネギの勃起を揉みしだく。
「んぅッ……ふぅんんッ………あ……んンッ!!」
 その度にネギの我慢しても我慢し切れないうめき声と、勃起の硬度が朝倉の手のひらの中で増していった。
93名無しさん@ピンキー:05/01/08 16:59:32 ID:A5skwoHc
「これでもわからないかなぁ…………ならしょうがないよね……よっと」
 勃起を宛がっているのとは反対側の手で、朝倉はネギのお尻を掬うとそのままダッコして立ち上がる。
 さして力のない朝倉でも、ネギは軽すぎるほど軽い。空席になっていたネギの座っていた椅子に座らせる。
 両足を開かせてその間に朝倉は、膝を突いて跪くような格好で陣取った。悪戯っぽく笑いながら、上目づかいにネギを仰ぎ見る。
 ネギは隠しもしない不安と、隠し切れない期待の入り混じった顔で、朝倉を見つめていた。
「バツゲームだかんね、これは…………喜んじゃダメよん」
 朝倉はペロッと唇を舌で舐めて、ズボンのチャックに手を掛ける。
“ジ〜〜〜ィッ”
 ぽっかりと開いた穴からは、元気な勃起がパンツから飛び出さんばかりにこんもりと膨らんで顔を覗かせていた。
「ん…………しょっと……」
 もそもそと苦労しながらも、朝倉はなんとか急激なカーブを描いている勃起を引っぱり出すのに成功する。
 下着の戒めから解放された勃起は誇らしげに(かどうかはわからないが)エグいほど笠を広げている亀頭の裏側を朝倉に見せていた。
 ネギのベビーフェイス(当たり前)な顔とのギャップがありすぎて、面食らった朝倉は視線を何度も行ったり来たり泳がせる。
 触ったときから大きいのはわかっていたが、この視覚に訴えてくる衝撃はいっそ凶悪と言ってもよかった。
“ゴクリッ……”
 ネギにはバレぬように朝倉は生唾を呑み込む。これから行う『バツゲーム』を想像して、密かに太股をモジモジと擦り合わせた。
 まだわずかではあるが、自分の女の子の粘膜が潤んでいるのを感じる。そしてネギも、
“ちょん……”
「ひゃうッ!?」
 鈴口にぽっちりと透明な雫の玉を作っていたネギの亀頭に、朝倉は人差し指で軽くその雫の玉を崩すようにタッチした。
 指先をクルクルと回しながら、まだこの姿になって間もないだろう、初々しいピンク色の亀頭に塗りこんでいく。
「うぁッ……はぁ………くぅんッ……」
 やがて亀頭が妖しくテラテラと濡れ光ると、朝倉は顔を近づけて、裏筋に息を“ふぅッ”と吹きかけた。
94名無しさん@ピンキー:05/01/08 17:00:42 ID:A5skwoHc
「あんッ!!」
 ネギのまだ幼さの残る身体が弓なりに反る。だから見えなかったはずだ。
 朝倉が年齢にそぐわないコケティッシュな笑みを浮かべながら、口を大きくハシタナク開いたのが。
“はむッ”
 朝倉は勃起をいきなり根元まで丸呑みにした。
「ぅああッ!!」
 ネギは息つくヒマもない。
“ぬむむむッ……”
 勃起に唇を滑らせて喉の奥ギリギリまで朝倉は呑み込もうとする。だが後もうチョイといったところで朝倉の計算が狂う。
“グゥッ………ググッ……グググッ………”
「んッ!? カハァッ ゴホッゴホッ」
 温かい口内粘膜に迎えられたからなのか、完全に勃起しきっていたと思われたネギの勃起は朝倉の口中でさらに体積を増して、
丸く尖った先端が喉の柔らかい部分をしたたかに突き上げた。
「んぅッ……」
 やむなく朝倉は一度勃起から口を離す。
 ズルリと唇を滑って吐き出されるネギの勃起は大きく、どこに収まっていたのかと考えると手品のようだった。
「ぷぅ〜〜〜〜 びびったなぁ」
 口元を手の甲で拭うと、朝倉は再度のチャレンジの為に呼吸を整える。ネギは薄い胸板を上下させながら、心配そうに見つめていた。
95名無しさん@ピンキー:05/01/08 17:01:38 ID:A5skwoHc
「ちょっち待ってね、慣れてるように見えるかも知んないけど……私だってこんな経験ないんだよ」
「はぁ……」
 朝倉としてはさり気なく赤面ものの告白をしているのだが、半分ホワイトワールドの住人になっているネギにはあまり思考能力はない。
「不肖 朝倉 和美 のポリシーはねぇ スクープの為に身体は張っても心は売らないなのだよ……乙女の最後の一線は守るってやつ」
 乙女の後半のセリフは小さかったがそれも当たり前だ。聞こえないように言ったのだから。
 バリバリ経験があると思われていたほうがなにかと便利であるし、この年頃の女の子にしか理解不能の見栄もある。
 なによりも『魔帆良パパラッチ』という有難くもない異名を持つ自分が、こんなアホなことをスクープさせるわけにはいかない。
 じゃあそんな告白しなきゃいいとも思うのだが、たった一人でもいい、誰かには知っていてもらいたかった。
「それがネギくんなら文句ないな、うんッ」
「ふぇ?」
 まだネギはとろ〜〜んとしているが、目には少しずつ光が戻ってきている。だがどっこい、
「何度でも、私でアッチの世界を愉しんでね、ネギくん」
“はむッ”
「ひんッ!?」
 さっきはいきなり奥まで呑み込んで痛い目にあったので、今度は勃起の大きさを測るように慎重に口内に収めていった。

今回はここまで。
96名無しさん@ピンキー:05/01/08 17:43:15 ID:bfcaaNjV
d がむばれ。
97麒麟:05/01/08 18:27:19 ID:OROAlOT9
A5skwoHcガンガレ
98名無しさん@ピンキー:05/01/08 19:18:07 ID:hUBFltXQ
う〜ん・・・笹川の声がする・・・
99名無しさん@ピンキー:05/01/08 23:33:11 ID:k2yvUkGG
イイヨイイヨ
朝倉のキャラがよくつかめてると思うです。
100178 ◆0adlrE6ecI :05/01/08 23:59:14 ID:LmQ+vLxW
こんばんは…
やっと、やっと書けました…!
待っていてくださった皆さん、ホント申し訳ありませんでした…
101名無しさん@ピンキー:05/01/09 00:00:50 ID:TfaCB+/t
待ってましたー!!
102178 ◆0adlrE6ecI :05/01/09 00:00:33 ID:Yq9ZgFY9
「へへ、せっちゃんと一緒や」
布団の中で絡まり合う私とお嬢様、互いの体温を確かめ合うように肌を密着させる。
私がお嬢様の肌の感触に酔い痴れていると、不意に股間に刺激が走った。
「ぁ…んっ」
包み込むようにして私の濡れた場所をまさぐるその手は、既に固くなっているモノを優しく、けれど確かな性感をもたらすように扱いていく。
痛いような気持ちいいような、曖昧な感覚。
「っ……ぁ…!ぁん…ん…!」
身を捩るたびに起きる肌の擦れ合う音が妙に大きく聞こえる。
それに合わせて私の荒い息と小さく水のはねる音が重なり合い、静まり返った部屋に響いている。
不意にお嬢様の手が私の腕をつかんだ。
そのままお嬢様の肌をつたい、濡れた感触のある場所まで導かれる。
「お嬢様…?」
「せっちゃんだけ気持ちえーのはずるいやん、だからな…」
導かれるままに指先がくちゅっと音を立ててお嬢様の中へ入り込んだ。
「ぁ…!」
小さく声を漏らしてぴくっとお嬢様の身体が跳ねた。
「!!すいません…!」
「…ええんよせっちゃん、一緒に気持ちようなろ?」
そのまま私のなかにも指が深く入り込んできた。
「んぅ…はぃ……」
103178 ◆0adlrE6ecI :05/01/09 00:02:03 ID:Yq9ZgFY9
「せっちゃん、動かしてええよ…」
「は、はぃ…」
ゆっくりとお嬢様の中で指を動かす。
既に濡れていたそこは、私の指に絡み付くようにきゅうきゅうと締め付けてくる。
「んっ……ぁ…せっ…ちゃぁ…ん…」
先程とは違って私がお嬢様を責めている…
指先に、覆いかぶさる身体にお嬢様の体温を感じていると、突然私の身体に刺激が走った。
「ひゃぅ…!」
「せっちゃんも…気持ちよう…なろ…?」
動き始めたお嬢様の指は、内壁を擦りながらゆっくりとほぐすように行き来を繰り返す。
「はっ……ぁ…!ぁあ…ん…ぁん…!」
媚肉をこすられる度に甘い感覚が思考を揺るがした。
いつもと同じ指だけのはずなのに、もたらされる感覚はいつもの倍近い。
犯す感覚と犯される感覚、二つが交ざり合った快感に互いの指の動きも激しさを増していく。
「んはぁ…はぁあ…!」
どちらともつかぬ喘ぎ声、火照った身体と汗ばむ吐息…絡み合いながらお互いへの愛を貪る…
「ふぅ…ん…!ぁあぅ…!」
腰を擦り寄せるたびに肉のぶつかる乾いた音が辺りに響いて…
だんだん何も考えられなくなってくる…
104178 ◆0adlrE6ecI :05/01/09 00:03:36 ID:Yq9ZgFY9
「せ…ちゃぁん…!ぅち…そろそろ…!」
絞るような声でお嬢様がつぶやいた。
「だいじょぶです…ゎたしが…」
限界が近いお嬢様の背中に手を遣り、体重を預け易い状態にもっていく。
お嬢様より幾分余裕がある私に、身体が前よりもピットリと密着する。
…お嬢様が私の腕の中で絶頂をむかえようとしてるんだ…
お嬢様への愛しさとほんの少しの嗜虐心に似た複雑な感情に酔い痴れていると、お嬢様の空いている手が臀部をスルリと抜けてきた。
「ぇ…?」
「ぅん…一緒に…ね?」
「ひぁっ…ん!」
少し冷たい指が私の…お尻の穴に触れた。
少しの間慣らすように入り口をほぐし、ツプッという音とともに指が入ってくる。
痛みはなく簡単にお嬢様の指をくわえこんだそこからは、甘い快感がじんわりと押し寄せてくる。
「ぁっ…!そんな…ぁ!ふた…つ…ぁああっ!」
二穴責めの状態にもっていかれた私の身体は、お嬢様へ追い付くように急速に階段を掛け上っていく。
105178 ◆0adlrE6ecI :05/01/09 00:04:58 ID:Yq9ZgFY9
「おじょう…さまぁ…!もぉ…!だぁめ…」
程なくして私の身体も限界が近くなってきた。
力が入らずブルブルと身体が震えてきても、腰だけは前と後ろ二つの刺激を貪るようにしてくねくねと動き続ける。
男女のように繋がることはなくても、私たちは決して許されぬ行為に快楽を感じていた…
「せっちゃん…せっちゃぁん…!」
お嬢様の声がする…昔も今もお嬢様は変わってない…
いつのまにか私だけが変わっていたの…?
お嬢様のことが大好きで…でもそれを言葉にできる勇気がなくって…距離を取って見守ることができない私…
でも今日決めたから…自分のせいでもうお嬢様を傷つけるのはいやだから…自分に素直になりたいから…
これで昔みたいに…
「…ちゃん…この…ちゃん…このちゃん…このちゃぁん…!!」
「!!…せっちゃん…大好きぃ…!せっちゃん…!」
「せっちゃん、せっちゃん…!!」
「このちゃん…このちゃん…!」
『ぁぁああああっ――!!』


真っ白になっていく世界の中で、小さい頃に遊んだ記憶がよみがえってきた…
…幼い二人は…何を夢見ていたの…?
106178 ◆0adlrE6ecI :05/01/09 00:06:40 ID:Yq9ZgFY9
ここまでっす。
次でこのせつ簡潔です。
また何かありましたらお願いします。
107名無しさん@ピンキー:05/01/09 01:21:40 ID:JoSCb/Dx
>>100
イイヨ。マヂデ(´Д`)
108名無しさん@ピンキー:05/01/09 01:24:57 ID:hOYs0E/B
そうか?
109名無しさん@ピンキー:05/01/09 01:36:00 ID:SqcLUQee
なんか刹那は言葉責めとかに弱そうなヨカン(対このかonlyで)

>>92
この場面が目に浮かぶようだ・・
愛あるイジメのさらなる進展に期待w
がんがってください
110名無しさん@ピンキー:05/01/09 12:54:14 ID:FTBFj5OK
最近活性化してきていい感じだな。
この流れでいってもらいたい
111名無しさん@ピンキー:05/01/09 16:49:35 ID:shuBRQLK
アニメがアレなので
皆さんの脳内妄想がストレス発散とともに爆発してますな
支援っ
112名無しさん@ピンキー:05/01/09 17:54:49 ID:Xyvd/bgt
赤松先生がネギま!のキャラを襲うSSをお願いします。
113TOPMAN:05/01/09 20:16:32 ID:PNl3/Qyg
曙×裕奈お願いします
114名無しさん@ピンキー:05/01/09 23:39:52 ID:C7y8he0X
何故曙を…
115名無しさん@ピンキー:05/01/10 00:21:01 ID:CDlRpGXC
新田×裕奈の方がいい
116名無しさん@ピンキー:05/01/10 11:31:43 ID:HtBzXcEx
お前らゆーなをそんなに貶めたいのかw
117名無しさん@ピンキー:05/01/10 13:09:35 ID:++H8qLyU
「好きな娘ほどいじめたい」ってやつだろう。
自分には理解できんが。
118名無しさん@ピンキー:05/01/10 16:13:30 ID:JEP0YtHa
バビリオン編…は打ち切っちゃったんですね
過去ログ見てみましたが、少し残念です

どなたか、楓が攻めのやつ作ってくれるとうれしいです!
119名無しさん@ピンキー:05/01/10 17:07:58 ID:veL9WKwI
コメントくれた方どうもありがとうございます。

>>95の続き

“ぬぅるるるる〜〜”
「ふぅッ…んむッ……ん……むぅッ……ふ……」
 ギリギリまで含んだところで一度呼吸を整え、進んだのと同じようにゆっくりと頭を引いていく。
 それを2、3度くり返して慣らすと、多少ぎこちない動きながらも、朝倉の唇は徐々に往復を始めた。
“ちゅぷ…ちゃぷ……ちゅるる……にゅちゅ……”
 口の端から零れそうになる唾液を朝倉がすすり上げる度に、口内が“きゅぅッ”と収縮して、亀頭が強く圧迫される。
「ふぁッ!」
 ネギの女の子みたいな声と一緒に、朝倉の口唇に濃い男の子の味が広がった。
 最初に口に含んだときよりも、その味はずっと濃厚でエグい。決して美味しいとは思わないが不思議とイヤな味ではなかった。
“ちゅぷちゃくぷちゅ……”
 先っちょの鈴口に舌を挿し込んでくすぐったり、シャフトの裏を根元から先端まで舐め上げたり、小さな円を描くようにこねまわし
たりと、経験は皆無でも流石に歩くゴシップ記事、知識は豊富なもので多彩な技をみせて亀頭をなめしゃぶる。
「はぁんッ……うふぅッ…あ……ああ、んンッ………くッ………んッ……」
 だが、実際には朝倉の口唇愛撫は技と呼べるほどには完成度は高くなく、拙い動きをころころと目先を変えて誤魔化してるだけだった。
 それでも、口唇愛撫どころかまだオナニーの経験すらない少年には強烈すぎるほど強烈な刺激である。
 朝倉の肩に置かれたネギの手が、ぶるぶると震えながら爪先をキツク食い込ませた。
「…………んふッ」
 顔はどうしても痛みにシカメられてしまうが、ネギの幼い歓喜の所作だと思えば満更ではない。
 しかし“キラリンッ”と目を光らせると、
“ちゅぽんッ”
 コミカルな音を立てて、朝倉は有り余る元気を吐き出そうと力を溜めていたピンクの勃起から唇を離した。
120名無しさん@ピンキー:05/01/10 17:08:58 ID:veL9WKwI
「あッ!?」
 ネギが『なんでですか?』と言ってるような泣きそうな顔になる。
 なにかが来そうというのは、例え自慰の快感を知らなくても、DNAに刷り込まれた牡の本能が教えてくれていた。それなのに……。
 朝倉はそんなネギに片目をつぶってウインクすると、
「言ったでしょ、バツゲームだって…………」
 透明な粘液でぬめる勃起を“シュニ・シュニ……”と上下に擦るのは続けてくれているが、それはそれは絶妙なフェザータッチで
とてもネギのイキたいところにはイケそうもない。
「あ……うぅッ………」
「んん? な〜〜〜〜にネギくん? なにか言いたいことあるならイッちゃっていいよ」
 ニコニコしている朝倉は無論、ネギのして欲しいことなどわかっている。
 そしていま、明確にイメージ出来ているかまでは怪しいが、自分に『思いっきりぶち撒けたい』という欲求と必死に戦っていることも
もちろんわかっていた。
「あの……あ……あの………ボク……あの………」
「んふふッ な〜〜〜〜にネギくん?」
 わかっているくせに、朝倉は白々しい顔でネギから恥ずかしいお願いを引き出そうとする。
「ネギくんのしてほしいこと……言ってくれれば……」
“チュッ……”
 朝倉は唇にしたように軽く先端の鈴口にキスをする。
「うんッ」
 ネギの背筋に“ピリッ”とした鋭い刺激が走った。朝倉を期待に潤んだ目で見る。
 でも朝倉はニコニコ、いやニヤニヤしているだけで、それ以上はなにもしてくれる様子はない。
「言ってくれれば…………もっと凄いことでもしてあげるよ」
 勃起に顔を近づけた朝倉の声は音としてではなく、ネギには熱い息づかいとして感じられる。
 少年の理性は年上の少女の存在全てに、崖っぷちまで追いつめられていた。口からはもう、恥ずかしいお願いが出かかっている。
 そのネギの心の葛藤を見透かしたように、
「してほしいこと……なんかなさそうだね?」
 朝倉は顔を勃起から離すと、肩に置かれた手を無下に外して、立ち上がる素振りをした。
121名無しさん@ピンキー:05/01/10 17:10:17 ID:veL9WKwI
「あッ……」
 冷静に考えれば思いっきり芝居がかった仕草なのだが、そんなことにすら気が回らないくらいにネギはテンパッてる。
 立ち上がる、フリをした朝倉の制服を慌てて掴んだ。
「ん?どうしたのネギくん」
「あの……オ…オチ………ああ……あの………オチン……あぅううッ………」
 ネギの理性を崖下に叩き落すのに後一歩、でもそこは少年らしい潔癖さで、土俵際での諦めの悪い踏ん張りを見せる。
 だから朝倉は背中を押してやることにした。
 流石にこれ以上は可哀想だし、それになにも、切なく疼いているのはネギだけではない。
「ネギくんのオチンチン…………私にパックンして欲しいの?」
“コクッ……”
 小さく可愛くネギが頷くのを見て朝倉はニィッと笑うと、アッサリと腰を降ろし細い腰に抱きつくようにして股間に顔を埋めた。
「あぅううッ!!」
 温かく濡れた口内の粘膜に、オアズケを喰らった為にまた一段と体積を増したネギの勃起は優しく包まれる。
 朝倉の頬にはクッキリと亀頭の形が浮き出ていた。
 しばらくはウットリとした顔をするネギを、愉しそうな上目づかいで窺っていた朝倉だが、ゆっくりと頭を前後させはじめる。
“ちゅぷ……ちゃぷ……にゅちゅ…………”
 卑猥な粘着音がすぐに立ち、口元からあふれた唾液が顎を伝って、朝倉の喉元にまで垂れてきた。
 そしてそれを、
“ずずぅ……ちゅるる…………”
 啜り上げる。それが合図だったように、朝倉は再び喉の奥まで一気に呑み込んで頭の振りを速くした。
 テクニックもなにもない、ただただ勢い任せのスパートである。
 敏感すぎるほど敏感な牡器官を持つ少年に、これは不意打ちも同然だった。
「あッ、あッ、ああッ…………」
 切羽詰った声を上げながら、グッと朝倉の忙しなく動いている頭を押さえる。
 ネギの力は意外にも強いので、それで頭の振りはストップしたが、太い勃起に動きを制限されながらも舌は蠢くのを止めない。
 ツルンとしている勃起の表面を丁寧に、それでいて情熱的に舐めしゃぶる。
122名無しさん@ピンキー:05/01/10 17:11:21 ID:veL9WKwI
“ぬろッ・じゅぶ・ちゅぷッ……”
「あッ、朝く……ああッ……も…ボク………もう……ダメッ……朝倉ひゃんッ!!」
 息も絶え絶えロレツも回ってないが、朝倉にはネギの言いたいことはわかっていた。勃起がひくついて、爆発の前兆を舌に伝えている。
「ひッ、んンッ……ぅああッ!? ご、ごめんなひゃいッ!!」
“びゅぐ!!”
 風船に大きく息を吹き込んだときのように、亀頭が口内でブワッと膨らみ爆ぜた。
 謝っているわりにはこれが牡の性か、ネギは朝倉の喉の奥目がけて腰を突き出していた。
「んぶッ!?……コフッ…エフッ……んンッ………ふぅ…………んむぅ………」
 ネギの手が自分の頭を押さえたときから、こうなるだろうことはわかってはいたが、エネルギーを溜めに溜めていた少年の放出は
凄まじく、口腔の奥に直撃を受けた朝倉は目を白黒させる。
“びゅくん・びゅ・びゅるる…………”
 だがこうやってしつこいくらいに欲望の塊を吐き出されると、少年を導いた自分が誇らしくなり、朝倉の顔には自然と笑みが零れた。
 口内がトロロとヨーグルトの中間のようなヌルヌルで満たされるが気にもならない。
“コクンッ……コクンッ………”
 ネギにも聞こえるように、ワザと大きな音を立てて嚥下する。
 チュウチュウとストローのように吸い立てて、朝倉は最後の一滴まで口の中に収めると、ガクガクと腰を震わせているネギの勃起から
ようやく唇を離した。
 朝倉は舌を伸ばして唇についているネギの精液までもキレイに舐め取っていく。
「ん……ふぅ……んン……んぅ…………」
 口をモゴモゴさせて、へばりついている白濁液も、唾と塗しながら少しずつ呑み込んでいた。
「ふぅ〜〜」
 呑み込み終えて、大きく吐く息が青臭い。濃密な牡の匂いだ。理性を奪っていく妖しい匂い。
 そして朝倉のショーツの中では、若い勃起をしゃぶりながら、同じくらい濃密な牝の匂いが充満していた。
 チラリと視線を向けると、ネギの勃起はいま出したばかりだというのに、萎える気配すら見せない。下腹部が“キュンキュン”する。
「ねぇネギくん…………もっと気持ち良くなろうか…………」
 年下の少年に片目をつぶって笑いかける朝倉にも、すでに表情ほどの余裕はなかった。

今回はここまで。
123名無しさん@ピンキー:05/01/10 18:31:06 ID:KK3etF7Z
イイヨ-GJ
124名無しさん@ピンキー:05/01/11 00:29:32 ID:XT4N36Yw
ウマーですなあ(*´∀`)
朝倉えろいねw
なんかこういうお姉さん(攻)対少年(受)ってのを好きになってきたかもしれん。

さらに続きも期待
125名無しさん@ピンキー:05/01/11 00:47:23 ID:IX1+5s9K
7巻ラストの話の、朝倉の水着姿は肉感的でみょうにエロイと思った。
126猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/01/11 01:52:05 ID:YHF43Agm
明日菜(繋がってるけどおかしいところは見逃して)搾精編

7月。そろそろ期末テストも控えていて成績をとるのに必死だった
提出物に追われ忙しい毎日を送っていたある日、突然しずな先生に呼び出された
特にしずな先生に関しては問題はないはずだけど… しかし一つ、忘れていた。

「搾精はどうしたんですか明日菜さん?」
ご存知の通り明日菜は拒絶していた。
一人二組でやるのが基本だが時間が合わないカンケイもあり
ほとんどが一人でやることで落ち着いている(複数でやる人もいたわけだが)

5月、柿崎とこんなやり取りがあった
「明日菜、ネギ先生の搾精のことなんだけど…」
「私は嫌だからね!!」
「そうだよね〜…、じゃあ私は私でやるから…」
「…。なんであんなガキを…。ネギはまだまだ子供だし…。」
クジで順番を決め始めた頃にはそれまでやった人ははずされている。明日菜もやってないが、はずされていた。
と、いうわけで明日菜は一人取り残されてしまった
127猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/01/11 01:53:20 ID:YHF43Agm
舞台は今に戻る。ふたたび職員室。
「貴方が拒んでいたのは知ってますがこれは大切な授業なのです」
「で、でもネギ先生はまだまだ子供ですし…」
「いえいえ、あの年頃ですから。特別に話しましょう。」
いつもになく真面目な顔つきになり、空気が張り詰めるのを感じた
「あの年頃ですからね…。サカリがつく前に精液を抜くことでネギ先生の欲望を抑えているのです」
口を挟む間もなく続けたー
「年頃の女性に囲まれることで起きてはいけないことが起きるかもしれません。」
明日菜は以前惚れ薬の事を思い出した。もしも、あれを悪用したら…
「厳正な審査で選ばれていますがネギ先生はまだまだ成長期ですからね…」
納得してしまった。しかし搾精にそんな裏事情があったなんて知らなかったので驚いた
(ま、やる理由なんて初めからわからなかったけどね… こんな性教育あるわけないし)
「むしろネギ先生への性教育だったんですよね。明日菜さん、よろしくお願いしますよ」
心をみすかしたかのようにクスクス笑い当番表を手渡した。今日中に提出、としるしがつけてあった
複雑な気分になりながらも職員室を後にした。

放課後、ネギは当番表を見て驚いた
「今日は誰かなぁ…、あ、明日菜さん!?」
ほとんどの生徒にやられたがついに明日菜さんだと思うと身震いがした
「な、なんか変な気持ちになっちゃうなぁ… 照れくさいというか…」
恥ずかしい、恥ずかしい、とばかり初めは思っていたけど最近は結構楽しんでいた
みんなそれぞれ個性があってー、なにより自分でするより気持ちがいいからだ
休日を除いた朝と夜に抜かれるので自分でする暇もないが(作戦は成功しているわけだ)
(楽しみです、なんてみんなには言えないけどね…)
128猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/01/11 01:55:30 ID:YHF43Agm
初めは公開でやっていたものの途中からはそうではなくなっていた(希望で場所は選べるのだ)
教室に行くと数人の生徒がいた。明日菜さんは美術室にいるらしい
そういえば明日菜さんは美術部だっけ… 普段あまり行かないので迷いそうになりながらも到着する
「し、失礼しま〜す…」
入ると部屋に誰もいず、部屋の真ん中にベットが置いてあるだけだった
「あ、来たか…」
「うわぁっ!? あ、明日菜さん!?」
突然後ろから現れるので動揺してしまう
「なに驚いてんのよ…」
鍵を閉めてベッドに腰を下ろす明日菜、アイコンタクトで座れと合図する
しばしの沈黙ー…
「そ、そういえばなんでベットがあるんですか?」
「んー、ヌードデッサンしたらしいよ。私は参加してないんだけどさ」
「あー、そ、そうなんですか!」 しばしの沈黙2ー…
なんだか無性に恥ずかしくなってしょうがなくなってきた…
「あんた顔赤いわよ?」
「えっ、いや、あ、そ、そうですかっ!?」 しばしの沈黙3ー…
「あんたさ、搾精とかやられるの嫌なの?」
「そ、そりゃあい、いやですよ!」
突然の質問でちゃんと答えることができない
「あんたさ、結構楽しんでない?」
グサッときた。誰からも言われなかったが図星だったからだ
「実際さぁ、桜子の時だっけ? あんたさ、何回出したっけ?」
「はうっ…」
「見てはないけど本屋ちゃんの時はビーカーいっぱいに出したっていうじゃない」
「な、何故それを…」
明日菜さんが「うわ、マジなんだ」という顔をしたのを見て墓穴を掘った、と後悔した
「あんたやめてくれ、とか言ってるけど最後にはお願いしてまでぬいてもらってるもんね」
羞恥で何も言い返せないが、明日菜が冷たい顔から少しニヤニヤしているのに気づいた
自分が否定されてる、と思うより言葉で攻められてると思うと無性に興奮してくる
「結構さぁ、可愛い女の子達にやられてていい気分なんじゃないの?」
背中にゾクゾクしたものを感じ股間に血液が流れるのを感じていた
129猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/01/11 01:58:37 ID:YHF43Agm
とりあえず、明日菜編なのです。他のと繋げてるけどおかしなとこはスルーで。
他にも考えたけど前フリ書くの好きなので明日菜にしました。ボチボチ書いてきます。
130名無しさん@ピンキー:05/01/11 02:41:53 ID:/clz8L2h
イイヨイイヨー
131名無しさん@ピンキー:05/01/11 02:51:01 ID:/clz8L2h
                _∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                |
        ドコドコ   < ネギまる2うpマダー?? >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ |
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ ,)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || Σ(・ω・)|:::|.∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!
132名無しさん@ピンキー:05/01/12 20:19:23 ID:Hat75UAu
                _∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                |
        ドコドコ   < ネギまる2うpマダー?? >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ |
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ ,)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || Σ(・ω・)|:::|.∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!
133TOPMAN:05/01/13 02:18:06 ID:28e3eSiU
素晴らしい作品ばかりですね
そこでその腕を見込んで是非曙×裕奈をどなたか書いてくれませんか?
134名無しさん@ピンキー:05/01/13 03:15:00 ID:w3k+mFuP
曙が受けで、裕奈が攻めだと良いな
135名無しさん@ピンキー:05/01/13 06:00:30 ID:8s8qfgCo
※ 新作ゲームからの妄想です、ふたなりに耐性が無い方はスルーして下さい。

「あわわわわわわわ!」
保健室のベッドの上で、ネギ君が声をあげているのは訳があります。
ただ、それは子供が慌てる理由としては、少し珍しいものです。
「や、やめてくださいあやかさん!僕達は教師と生徒なんですよ・・・!」
「あらあらネギ先生・・・、保健室ですることは治療ですよ?何もイケない事はありませんわ」
そう彼女が言ってる治療とは、まだ年端もいかないネギ君の下半身を脱がしています。
ネギ君は逃げようとしてるので、必然的に犬のようなたいせいになり、かわいいお尻が委員長にむきます。
「ち、治療って、僕は何も悪い所はないですぅ!助けてー!」
涙を流しながら慌てるネギ君のお尻に、何かがこつんと。・・・あれほど慌てていたネギ君の血の気が、
サーっと引きます。こわごわと後ろに振り返ります。
お尻に軽くあてられていたものは、本来、女の子にはないものです。
「ゆ、雪広さん、どこでそれを?」
ひきつった笑いを浮かべる少年の顔よりも、やわらかそうなネギ君のお尻をみています。そして撫でています。
「さぁ・・・今朝気が付きましたものですから。でもこれでネギ先生に治療ができますわ・・・フフ・・・フフフ・・・」
大変です。目がいっちゃっています。今ネギ君の貞操がピンチです。
ネギ君が魔法を使って、全力で逃げようとした時でした。
「えい♪」
「あひ!?」
女の子にないもの、あやかに生えたペニスがネギ君のお尻を貫いたのは。
136名無しさん@ピンキー:05/01/13 06:01:42 ID:8s8qfgCo
「さ・・・流石にキツキツですわね、ネギ先生の中がぎゅうぎゅう締め付けてきますわ!」
「やだ、やだやだ!抜いて・・・ください・・・、・・・ああ!?」
苦しそうにしているネギ君でしたが、一度委員長が腰を動かすと、痛いという事では出てこない、
女の子みたいに感じる声が響きます。(この声をききつけて、某腐女子が部屋を覗いています。)
「お尻が・・・壊れちゃう・・・」
「壊しはしません。これは治療なんですから・・・、ここ突かれるとネギ先生は弱いですか?」
「僕先生なのに・・・教え子に犯されてる・・・、ひい!そんなに激しくしたら!あ!あ!」
「も、もう!先生だって私のをどんどん締め付けてきますわ!私もう、イキそう!
 ああネギ先生・・・、そのかわいい顔を見せてくださいまし。先生の顔をみてるだけで私・・・ん!」
委員長の腰が一番深くまで沈んだ瞬間、あついほとばしりがまだ幼いネギ君の中へ。
「ひゃあああ!」
そして中に出された瞬間、ネギ君の幼い物もはじけとび、中出しされながらたくさん出してしまいました。

それから一週間後。

「ふー♪今日も愛しのネギ先生と会えますわね」
そう言って登校してきた彼女。するとタイミングを見計らったように、ネギ君の姿がみえます。
「ネギ先s・・・あら?」
ですが、声をかけようとする前に、彼はおもいっきり女子高生達に、飴に群がる蟻のようにたかられています。
愛しのネギ先生を独占しようとする、彼女達の声をきくと、小声で、
「ネ・ギ・先生?今日も先生にもらったもので、たっぷりといじめてあげるからね」
「かわいいお口にいっぱいそそいじゃう〜」
「は、はい、お手柔らかに、お願いします」
・・・そう言って顔を赤らめるネギ君を見て、あやかは悟りました。
学園中の属性が、ふたなりでショタコンになっているのでしょう。おそらくはネギ君の手で。
「・・・治療、失敗しましたですの?」
この事で、ネギ君にばっかり夢中になる2−A生徒達の成績は、31人でバカレンジャーを組めるほどだったとか。

※ ゲームではショタコン属性はあってもふたなり属性は付けられません。メイド属性はあるらしいです。
137名無しさん@ピンキー:05/01/13 19:12:31 ID:JlbETsds
さっちゃんのって今までにあった?
138名無しさん@ピンキー:05/01/13 19:49:02 ID:WaDyrY94
>>135-136
いいんちょのふた(*´Д`)ハァハァ
139名無しさん@ピンキー:05/01/13 23:40:05 ID:d1axZ2hT
超と葉加瀬に科学的に責められるネギのSSキボンヌ。
魔法使いの身体データ収集みたいな。
で、人肌モードの茶々丸が葉加瀬の命令でしかたなくネギを責めちゃう(でも内心うれしい)シチュもアリかな、と。
140名無しさん@ピンキー:05/01/13 23:42:29 ID:RbQo0Js+
ふたなり属性ありの俺にはたまらんですよハァハァ
最後の「・・・治療、失敗しましたですの?」 かわええ(*´∀`)
141名無しさん@ピンキー:05/01/14 21:40:10 ID:vPnGepnG
>>137
俺の記憶ではないな。五月もさよも。
桜子はあった。
142麒麟:05/01/14 22:39:46 ID:v9ONhx6n
そういえば五月無いな。希望しないが。
143名無しさん@ピンキー:05/01/15 06:57:36 ID:SZTtNw4I
>>135
イイ!その後で攻防入れ替わってくれるともっと良かった。

「さあネギ先生、今度は私に・・・・」とか。
144名無しさん@ピンキー:05/01/15 23:48:37 ID:EUYKqgVy
*― ―)
今日アニメ第2話を見ました、座薬です
まあ嫌な人はスルーしてください


>>69
あ、そうなんだ
さんくすー

長編番外編
>>56の続き
「綻び始まり」
145「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:49:21 ID:EUYKqgVy
 天には欠けた月が昇り始めており、辺りは薄っすらと暗くなりつつある。
 いつもと変わらない日常に生きる人々の目に、それは不意に飛び込んできた。

 巨大な光の柱が、山から空に向けて発射された。

 そう、それは発射された、という表現が相応しい現象だった。
 大きな神社が山頂にある、普段は一般公開されていない山が突然光を噴いたのだ。
 数百の花花が一斉に花粉を放出したような、金色の粒子が空一面に広がって螺旋に渦巻き、その中央には
どこかの宇宙戦艦の主砲を思わせる光の柱が天を昇り、雲を突き破って空を染め上げていた。
「………なんだ、あれ」
 人人が唖然として見ている前で、その現象は数十秒で収束し、何事もなかったかのように暗い空に戻る。
 現象が収まって数十秒ほどで人人はふと現実に戻り、戸惑いと恐怖の悲鳴がリレーのように街中に広がって
いく。警察の電話回線はすぐにパンクし、テレビ局やラジオ、各方面の行政機関にも問い合わせが殺到した。

 しかし次の日のテレビのメインは、別の街で大型トラックがガソリンスタンドに突っ込んで起こった爆発事故と、
関東の麻帆良市に落ちた隕石特集の続報で、光の柱の件は全く触れられなかった。
 新聞も、ラジオも―――1文字も、1秒も、光の柱もその後のパニックについて語らない。
 この<光の柱>事件の情報はネットでのみ燻り続け、約2週間後の夜の季節外れの降雪現象と、その夜に起こ
る大乱戦の痕跡が明らかになって初めて―――異変の予兆であった、と全国に報道されることになる。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
146「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:50:09 ID:EUYKqgVy
 楓たちの口止めをしていた刹那は詠春からの連絡を受け、新幹線を使ってその日の夜に関西に戻った。
(早く……早く、このちゃんに会わなくては―――)
 怖い顔の刹那に、本山を警備していた術者たちは怪訝な顔をしたが、刹那はそれを無視する。
 延延と続いている千本鳥居をくぐり抜け、階段を10段飛ばしで駆け上がる。変わり映えのない風景の中にぽ
つりとある休憩所が、走る車から見る外の風景のように流れていく。
(ん、あれは―――?)
 そんな刹那の足をも止めたのは、厳戒体制の総本山に似つかわしくない珍妙な光景だった。
「ふにゅにゅ、はにゃ、はにゃ♪」
「ほよほよぽよ〜♪」
 そこでは、淡い桃色の着物を纏った可愛らしい少女たちが、花畑の妖精にでも憑かれた軽やかに、きらきら
と、ふわふわと、ひらひらと、快晴が一週間続いていそうな笑みで舞い踊っていた。
 ただし場所は地面ではなくて、ごく自然に鳥居の上で。
「ほにゅにゅ♪」
「むにゅむにゅむにゅ♪」
 喋っている単語は意味を為していない擬音にしか聞こえないが、高度な暗号かも知れない。
「………」
 刹那も立ち止まって少女たちを見上げる。
 急いでいる刹那をして立ち止まらせる、その双子の怪しさは半端なものではなかった。
 ふわり、ふわり、と、鳥居の上で2人の少女が重なっては離れ、重なっては離れを繰り返し、シャッフルクイズ
でも見ているような気分になる。少女たちは一卵性双生児らしく、姿形はほぼ同一で見分けはつかない。年齢
は刹那と同年代かそれより少し下ぐらいに見えるが、浮かんでいる笑みは幼さが残り過ぎている。
「この総本山で何をしているのだ、お前たち」
147「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:50:59 ID:EUYKqgVy
「はに?」
「ほよ?」
 2人の少女たちは目を丸くして、お互いに顔を見合わせる。
 すたりと鳥居から着地し、ぺこりと頭を下げた。

「わたくしは鳴島さゆと申しまして、三条様の御命令により総本山の警護にあたっています」
「わたくしは鳴島ふみと申しまして、三条様の御命令により総本山の警護にあたっています」

「三条様の……?」
(て言うかこいつら、ちゃんと話せるのか)
 刹那は、前の会議の席にいた、背中が曲がった老爺を思い出した。三条家は代代近衛家に仕える名家であ
り、関西呪術協会では近衛家の次に権力を持っている家である。私兵には狂暴な性格の者や、戦闘狂の危険
人物も多数いるらしいが、総じて腕は確かとのことだった。
 くすくす、くすくす―――。
 姉妹は邪気の無い笑みを浮かべながら、刹那の顔をじっと見つめている。
「私は桜咲刹那、神鳴流の門下生で、木乃香お嬢様の護衛を務めております。以後御見知りおきを」
 刹那は笑顔を作って軽く自己紹介し、鳴島姉妹が求めてきた握手にも嫌な顔をせずに応じた。
この前に顔を覚えてもらった、関西呪術協会No.2の理事の部下にあたる術者である。変に慇懃な態度で応じ
ると、後から妙な問題になりかねない―――刹那の頭の中ではそんな思惑があった。
「はにいい、にょ♪」
「ほよよよ、よよよよよ♪」
 ただ、刹那がこの2人と友達になるには、厚い言語の壁が立ち塞がっていた。
148「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:51:32 ID:EUYKqgVy
 鳴島姉妹と別れて本山に到着した刹那は、まずは本山内部の異様な魔力の量に目眩がした。
 人的要因、地理的要因、また原因不明の時もあるが、平均をはるかに超える魔力が充溢した場所というの
は、日本を問わず世界各地に存在している。そこは宗教でいう聖地になっている場合もあるし、心霊スポットや
怪現象続発の呪いの場所になっている時もある。元々は本山もそういう類の場所である。
 また高レベルの魔法使いになると、閉鎖空間に魔力を充溢させた、専用の別荘や隠れ家的なものを創ること
も可能になる。今は無力だが、あのエヴァならそういったものを持っているかも知れない。
しかし、本山の魔力の量は、その許容範囲を大きく超えつつあった。
 原因は既に判明していて、木乃香の魔力の暴走である。
 外部のからの魔法攻撃を完全に遮断する本山自慢の守護結界だったが、内側の木乃香の巨大魔力の大放
出を押さえようとして負担が増した。
 常に殲滅魔法の爆撃を受けるレベルの負荷がかかり続けてオーバーヒート気味になり、今や結界は空気が
入り過ぎて破裂しかかっている風船状態である。
 そこで刹那に、木乃香をなだめて欲しい、という緊急指令が通達されたのだった。
149「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:53:09 ID:EUYKqgVy
「お嬢様? お嬢様? ……このちゃん、入るよ?」
 刹那は燃え尽きたふすまの残骸を跨いで、木乃香の部屋にゆっくりと足を踏みいれた。
(これは、このちゃんがしたんやろか……?)
 部屋は惨憺たる有様で、まず部屋の半分が炭化していた。
 御見舞いの品や家具の大半は、もう原形を止めていないほどに焼き尽くされていた。食器やら陶器の一部は
ぐにゃりと飴のように変形している。天井には大きな穴が開いていて、月がよく見えた。
 刹那は隣の、炭化した場所と反対側にある部屋を見てみた。
 この部屋はあまり影響がないようだったが、置かれていた御見舞いの果物が沸騰したのだろう、パイナップル
やらスターフルーツやら、洋ナシやらメロンやらがドロドロになって甘酸っぱい異臭を放っている。
「こっちじゃないみたいやね、このちゃん……」
 炭化した側は刹那は見ない。なぜならこの離れの屋敷の半分、つまり木乃香がいた部屋の炭化した側から向
こうは、既に焼失しているのだから。
「このちゃん、この奥におるんかなあ?」
 刹那は内心ドキドキしながら奥のふすまを開けた。いくら大事な人でも、怖い時は怖い。
 狂暴な木乃香がそこにいた。
 木乃香は布団に包まりながら、目に怯えと怒りを浮かべて刹那を見ていた。
 魔力が暴走気味に、陽炎のようにめらめらと木乃香から立ち昇っている。
 刹那は、その木乃香の瞳に動揺する。
 どうしてそんな目で見るの! と刹那は叫びそうになった。
 全ては―――そう、全ては木乃香を守るためだったのに、それなのに……。
150「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:54:35 ID:EUYKqgVy
「せっちゃんはどこ……」
 ぽつりと言った木乃香の一言に、刹那は心が砕けそうになった。
「せっちゃん? せっちゃんは、どこいったん……?」
「ウチはここにおるよ」

 木乃香は虚ろな目で刹那を見て、そして笑った。
 けらけら、けらけら、と笑った。

「本もののせっちゃんはどこぉ? 本もののせっちゃんは―――」
 木乃香はけらけらと笑い続ける。刹那を見て、けらけら、けらけら。
 偽者を見る目、世界の全てが偽物になってしまったような不信が溢れている、木乃香の目。
「亜子ちゃんが……亜子ちゃんが……ウチの代わりに……牢屋に……?」
「そ、それを、誰から……」
「本もののせっちゃんは、そんなことせーへん。あんた、偽者やろ?」
「こ、このちゃん、あのな……」
「あの件はもう許されたって、何で嘘ついたん? 信じられへん! 友達騙して牢屋に入れるやなんて……!」
「………」

「このちゃんのために、そうしたんよ」

 そんなことを言うつもりは無かったのに、無思考に陥った刹那の口からはぽつりと本音が漏れていた。
 木乃香の中で何かが切れた、いや、刹那が切ってしまった。
151「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:56:20 ID:EUYKqgVy
「ふっ、ふふふ、あはははは―――」
 木乃香の瞳からはぼろり、ぼろり、と、大粒の涙が零れ落ち、そして号泣に変わっていく。そして、


 ――――――――――――――――――――――――っ!


 怒涛の魔力が溢れ出して、刹那は爆風のような衝撃波によって屋敷ごと吹き飛ばされた。
 結界自体の崩壊を防ぐべく、守護結界は溜まり過ぎた魔力を上空に向けて放出し、それは光の柱となって夜
空を染め上げていく。

「ウチ、あの事件の件はもう許されたんやって、勝手に思い込んで……ははは……バカみたいや……」
 木乃香は糸が切れた人形ように倒れ、意識を失った。

「こ、このちゃん……ウチらは、このちゃんの、これからの人生を守るために……」
 水が干上がり、錦鯉が焼き魚に変わった池に転がり落ちた刹那は、うわ言のようにそう呟く。
 亜子を身代りにしたことが木乃香にバレた―――そう聞いた刹那は嘘だと信じたかったが、現実だった。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
152「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:56:54 ID:EUYKqgVy
 ―――刹那が去ってしばらく時間が経ち、さゆとふみは再び鳥居の上で戯れ始めていた。
 口では意味のない単語しか言わなくても、2人はしっかりと会話をしている。

(さっきのセツナとかいう剣士、わたくしたちのことを変な)
(目で見ていたわ。あいつムカツク、手足引き千切ってやって<ほーちゃん>の餌にした)
(いわ。けれど我慢するのよ、三条軍の関東侵攻が本格的に始ま)
(れば、思う存分に狩りができちゃうんだもん。そう、人間だって好きなだ)
(け、たっぷりと狩れちゃうの、だから、今は我慢するのよ、我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我)
(慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢我慢―――)

 ―――2人の会話は1つの人格の思考のものだった。
 念話妨害魔法もジェットエンジン並の騒音も、例え喉を完全に破壊しても無意味。
 音を遮断する―――有効な振動媒体の存在しない真空の壁でさえ、鳴島姉妹の会話を止めることはできない。
 彼女たちの<会話>はテレパシーや双子シンクロ現象のレベルのではない。それは「=」ではなく「≡」で結ばれ
るべき同じ記憶、同じ知識、同じ思考回路、同じ感覚―――七夕のカップルを引き裂く数光年の距離でさえ、彼
女たちの<性質>は突破する。
 さゆとふみは、2つの肉体に全く同じ1つの心を共有した、極めて特異な存在なのである。
(ん、何かし)
(らこの巨大な魔力は―――)
 その時、ぐらりと本山は揺れ、そして異変が起こった。
 突然、本山から巨大な光の柱が立ち昇り、色鮮やかに夜空を塗り潰していく。
(<ほーちゃん>、い)
(る―――?)
 テレパシーでそう呼びかけると、地面の下から元気なテレパシーが返ってくる。
153「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:57:38 ID:EUYKqgVy

 きゅしゅるるるううぅおおおおぉぅるるるぅぉぉおおおおおおぉぉぉぉ――― 


(<ほーちゃん>、よく分からな)
(いけれど本山で異変が起こったようなの。結界が弱ま)
(っているかもしれないから、混乱に乗じて一気に解析)
(を進めてちょうだい!)

 鳴島姉妹に与えられた任務、それは本山を丸裸にすることである。
 彼女たちのペットの<ほーちゃん>は、地下に潜伏しながら本山周辺のトラップと守護結界を解析している。
 三条家の計画の実行は近い。その時にはレベルの高い術者だけでなく、レベルがそこそこの兵隊も数百人は
本山に突入させる必要がある。完全に守護結界を破る術式構築は絶対に必要だった。
「ふにゃ〜♪」
「ほにょ〜♪」
 他の警備の術者たちが光の柱に驚いている中、鳴島姉妹は外見は全く驚いているようには見えず、相変わら
ず意味不明の単語を口にしては無邪気に笑っている。

(<ほーちゃん>、三条家が関西を掌握した)
(ら、お腹いっぱい、関東の西洋魔術師たちを食べさせてあげるからね―――)


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
154「綻び始まり」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/15 23:58:12 ID:EUYKqgVy
「先生、今日は司会お疲れ様ですー」
 学会の司会を務めた助教授に、聡美が労いの言葉をかける。
 ホテルに戻ろうとしている教授、助教授、助手、ドクターの学生たち、そして中学生2名+αの集団が、盛り上
がっているが感情はセーブした、温めの風呂のような雰囲気を維持しながら、ぞろぞろ夜の道を歩いている。
「H大学のあの先生、こっちのプロジェクトに誘ってみたらどうですか? こっちじゃ扱わない分野だし、教わるこ
とも多いかも知れませんよ」
「明日は俺の発表か……」
「チャオさん、何か感想は?」
「あの歩行ロボット、どういう機構を採用しているのでしょうー?」
「まあ10%ぐらいには興味を持てたネ。半分以上はどうでもいいレベル」
「素敵な英語が聞けそうや」
「あの人忙しいらしくてそんなヒマないってさ」
「あらら」
「………」
 少しだけ集団から距離をとって、1人の少女が集団のスピードに合わせて歩いている。
 歳は16から17あたりの、黒地の服に金髪のキツメの少女。集団の雰囲気に溶けこむことなく、目線は常に集
団の周辺を監視し、近づく不審な者を警戒している。彼女は関東魔法教会から派遣された、集団の護衛である。

 その集団を、一台のワゴンが追い抜いていった。

「聡美ちゃんとチャオちゃんの姿を確認した。怖い顔の護衛もやっぱりおるな。ホテルに先回りせい」
 三条家の暗部に属している小田原たち5人は、標的の少女2人を改めて視認する。
 小田原は唾液でべとべとになった写真を拭って、専用のアルバムの中に綺麗に飾った。そこには今までの小
田原の仕事の中で取り扱った少女たちの、秘密の写真コレクションが約200人分はあった。
「ほんなら、仕事を始めるとしよか……できるだけ楽しく、有意義に、なあ」

                                                            (続)
155座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/15 23:59:21 ID:EUYKqgVy
ではまた
*― ―)ノシ
156名無しさん@ピンキー:05/01/16 00:43:45 ID:8l4nGHin
久しぶりですな
GJ!
157名無しさん@ピンキー:05/01/16 21:03:29 ID:PoPuuN3h
座薬です
内容は鬼畜、苦手な方はスルーしてください

↑の続き
長編番外編
「ホテル襲撃、その1」
158「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:04:27 ID:PoPuuN3h
(……退屈。バイト代が高くなきゃやってられないって、こんなの……)
 黒地の服に金髪の、どことなく西洋の魔女を連想させる少女はホテルの喫茶店で紅茶を飲みながら、1人で
ぶつぶつ言いながら携帯を弄っている。彼女は国際学会に出席する麻帆良御一行様の護衛としていっしょに付
いてきたが、護衛といっても別に仕事らしい仕事もないのが現状である。
 まあ麻帆良が誇る優秀な頭脳の皆様に万が一のことがあってはいけないとの措置らしいが、1日中訳の分か
らない研究者たちの話を聞かされていればストレスも溜まる。
(だいたい、誰が何をしてくるって言うのよ……あの関西の三条家でさえ、最近は軟化して東西和解路線に切り
換えたっていうのに……今更麻帆良の人間に手を出したら、それこそ東西から袋叩きに……)
 彼女は護衛としての任務の他に、チャオの見張りという仕事もあるが、こちらも仕事らしい仕事はない。
 天才らしく彼女は分かっているのだ―――何かトラブルを起こせば、麻帆良から出してもらえなくなることを。
(さーてと、護衛のバイト代入ったら旅行でも行こうっと。どこがいいかなあ、四国か、北海道か、九州か―――)
 黄金週間のスケジュールを考えながら、彼女は冷めかけた紅茶をずずず、と啜った。

 そんな彼女が座っている席から見える窓の向こうに、黒いワゴンが一台止まっている・・…。

「小田原さん、配置につきました」
「お前らも準備はいいな?」
 運転手役の男の声に、肯定の返事が3つ重なった。
 ワゴンの中にいるのは運転手の他に女装している男が3人、リーダーの小田原はホテルに侵入済みである。
≪小田原サンの部下のみんな、ぱっぴーしてるかなっ?≫
159「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:06:02 ID:PoPuuN3h
 通信用呪符から響く異様にテンションの高い声は、つい先程に到着した増援の術者のものだ。
「ぱ、ぱっぴーしております……光仙様」
≪諸君、この作戦の指揮官は小田原氏だが、万が一のことを考え私も協力する。この意味が分かるね?≫
 180度テンションが逆転している冷静な男の声に、車内の妙な空気が消し飛んだ。
≪予定が狂えば報告したまえ、私がホテルごと吹き飛ばそう。後は予定通りに君たちが動けばよい≫
「に、二階様……わざわざどうも、ありとうございます……」
 光仙と二階は両者とも小田原と同格の術者である。
 女装男3名と運転手は苦笑しながらも感謝の言葉を口にした。

≪…………それは、あまりにも永い負の時代だった≫

「…………」
 通信用呪符から流れてくる男の声は、先程と少し調子が違う。こみ上げてくるものを必死に押さえているよう
な、そんな話し方だった。
≪三条本家と私たち三条に仕えた家々は十分にその力を持ちながら、常に近衛家の影として表に出ることを許
されなかった。協会理事の権限が与えられてからも、近衛家は私たちを常に兵隊として利用し、その手を汚すこ
ともなく政を行ってきた。しかし腑抜けた今の近衛家に、果たしてその資格があるだろうか? 答えは言うまでも
ない―――この国の舵取りは、三条本家こそ行うのに相応しい。私たちの主、三条に栄光あれ!≫

 音声を共有する全員の声が重なり合う。全ては1つの巨大な、そして共通の目的のために―――。


              『三条家に栄光あれ!!!!!!!!』


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
160「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:07:04 ID:PoPuuN3h
 チャオと聡美、そして護衛の少女は同じ部屋に泊まっている。それは護衛と同時に危険人物の監視も行って
いるためであり、この部屋は否応無しに決定されていた。護衛の少女が定時連絡をするというので、聡美とチャ
オはそのまま先に部屋に帰ってきた。
「ふううう、一服ネ。ハカセ、何かして遊ぶネ」
 チャオはそのまま荷物を置いて、ごろりとベッドに横になっている。
「私はちょっと、その前にトイレに……」
 聡美は少し前から我慢していたので、荷物を置いてバス兼トイレに急いで駆け込んでいった
 バタリと扉が勢いよく閉まる。
「溜め過ぎは身体に毒ネ。よく食べてよく出して、それが健康の秘訣ヨ」
 チャオはそう言って笑いながら、荷物から1冊の本を取り出して流し読みを始める。
 2,3ページを数秒で頭に入れていく。小説ではなく専門書なので、要旨が理解できれば問題ない。
 聡美のトイレは意外と長いので、ちょっとした読書タイムになりそうだった。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
161「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:08:23 ID:PoPuuN3h
「え?」
 聡美がトイレに入るとそこには、ぬるぬると滑った巨大なタコがいた。
「入っとるでぇ――――なーんてな」
 たこ焼き屋の屋台に描かれていそうな円らな瞳のタコの足が、素早く聡美の口を塞ぎ、扉をバタリと閉める。
「………………!?」
「麻帆良の葉加瀬聡美博士やな? アホなウチらに色色教えて欲しいさかい、ちょい関西に来てもらうで」
 聡美を締め上げて口を塞いでいるのは、ぷりぷりして刺身が美味そうな肉質を持った、巨大なタコの足。
 2メートルほどありそうな漫画チックにデフォルメされたタコ、しかし、その触手の質感は本物の軟体生物を連
想させる見事な物だった。
 しかし着ぐるみのようなものらしく、中から聞こえてくるのは中年男性の声である。
 そのタコの触手の先にちょこんと乗っかっていたもの。
 聡美がトイレで最後に見た物体―――。
 それは砂の代わりに白いどろりとした液体が入っている、数センチほどの砂時計だった。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
162「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:09:44 ID:PoPuuN3h
「……うーん……こ、ここは、いったい」
 気がついた聡美はゆっくりと周囲を見渡し、そして状況を理解しようとしたが、それはかなり困難な作業だった。
 聡美がいた場所はガラスのような物体でできた部屋だった。形は円錐で聡美がいるのは底面、天井にいくほ
ど空間は細くなっていって、ちょうど頂点のあたりには小さな穴が開いている。
 聡美は衣服を着ておらず、身体中には吸盤の痕跡と締められた痕が痛々しく残っていた。屈折率の大きなガ
ラすの壁に映った自分の姿を見て、聡美はようやくタコのことを思い出す。
 学会のために某県に来ていたチャオと聡美、そして泊まっていたホテルで……。
「そうだ、私はあの時、タコに砂時計を見せられて……砂時計?」
 聡美はふと恐ろしい事実に気付いて、自分のいる部屋を改めて観察する。
 三角錐の空間、天井には穴、ガラス製の材質。ここは、いや、まさかとは思うが、もしかして―――。
「あ、あの砂時計の中―――!?」
 愕然として聡美はその事実を確信する。もしも本当に砂時計の中にいるのなら、自分を襲ってきたあのタコは
魔法使いということになるがしかし、どうして聡美が狙われたのかが分からなかった。
 しかし、あまり自分にとって良い方向に事態が進んでいない、それだけは確かである。
「こ、ここから出してくださいー!」
 聡美はガン、ガン、ガン、とガラスの壁を拳で叩いて、大声で叫んだ。
 声は部屋の中でキンキンと反響したが、返ってくる声はない。
「ここから出してっ! チャオ、どこにいるんですかー! チャオ―――っ!」
 ガン、ガン、ガン、と必死になってガラスを叩くも、ガラスはびくともしない。砂時計のガラスは鉄線が埋め込ま
れているわけでもなく、防弾ガラスでもない、普通の薄いガラスにしか見えなかった。
 聡美の腕力でも、怪我を恐れなければ簡単に破壊できるはず。
 しかし、それができない。
163「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:11:05 ID:PoPuuN3h
「痛い……痛い……」
 ガラスを叩いて痺れた両手に息を吹きかけながら、聡美は壁の前にしゃがみ込んでしまう。
「もしかしてこれは、私が縮んだ分だけ、私の筋肉量も減ったってことでしょうか……?」
 そう考えれば一応の説明はつくが、聡美はそれを否定したくて、必死になって反論材料を探している。
 こうなると機械もなく、茶々丸もチャオもいない聡美は何もできないに等しい。
 聡美の中で急激に恐怖が膨らんでくる。自分はこれからどうなってしまうのか? 何をされるのか?

≪聡美ちゃん、ちょっとだけ大人しくしててもらえるやろか? 今とり込み中やねん≫

 部屋中に響いてきた声は、聞き間違えようのないあの声だった。
「この声は、さっきのタコですね……」

≪小田原のおじちゃん、て呼んでくれたら、嬉しいねけどな≫

「お、小田原さん……ですか? わ、私をどうするつもりなんでしょうか……」
 聡美は深呼吸して気持ちを落ち付かせると、立ち上がって小田原と名乗ったタコ怪人に話しかける。
≪なぁに、すぐに分かるさかいに、ちょっとだけ水泳でもしててもらおか……≫
「す、水泳? 私、あんまり泳げないんですが……」
 下劣な笑い声が混じった小田原の声を不審に思いながらも、聡美はとりあえず言葉を返してみる。
≪だいじょうぶ、だいじょうぶ、むしろ溺れて欲しいんやわ……ふふふ≫
164「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:11:47 ID:PoPuuN3h
 何も分からないが、猛烈に嫌な予感がした。そういえばこの砂時計、上部に詰まっていたのは砂ではなくて、
白いどろりとした液体が入っていた。
 あの液体はいったい何だったのだろうか? そう聡美が思った時、上部の蓋がいきなり開いた。

 どぷん。

 頭に落ちた白い塊は聡美の顔に滑り落ちて、ナメクジのように糸を引きながら身体のラインを伝い落ちる。
 ドロドロしたシャワーを浴びた聡美は、全身を白濁した液体に包まれて思わず悲鳴を上げる。
「うぶうあっ!? うぷ、おえっ…・・!?」
 粘液で覆われた顔を、聡美が必死に手で拭う。息をしようと口を開けると、唇からは粘液が鍾乳洞のように垂
れ下って口内に流れ込み、苦い味が口いっぱいに広がった。
「お、おえっ、おええっ、な、何これ……気持ち悪い……ひ、ひどい臭気です……」
 その白い液体が落下してきた瞬間、生臭い猛烈な臭気が部屋に充満し、鼻がすぐに痺れてしまった。
 ぼたぼたと白濁液を全身から滴らせながら、聡美は顔についた粘液を腕で拭った。ねちゃねちゃしてなかなか
拭えず、腕に擦り付けている構図になった。腕を顔から離すと、白い粘性の糸が何本も引いている。
 身体中に付着した白いネバネバはゆっくりと落下しているが、胸の上などに溜まったものや、髪の毛に付着し
たものは流れ落ちずに残っている。
 蜘蛛の糸に絡めとられたように、聡美の身体に纏わり付く粘液は冷たく、臭く、不快なものでしかなかった。

≪それ、数時間前に出したおじちゃんの精液やねん、美味しいやろ?≫
165「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:13:38 ID:PoPuuN3h
「え、あ……せ、せいえきって……精液!? きゃあっ!」
 悲鳴に近い声を上げた聡美が、ぬるりと足を滑らせて転倒してしまう。
「う、うう…痛あ……や、止めて……かけないでください! き、汚い……!」
 腰を激しく打ってうずくまった聡美に、バケツ数杯分はありそうな牡汁がと降り注いでくる。
 腹から胸にかけてびちゃびちゃと滝のように精液が落ちてきて、聡美の顔は飛び散った汁で再びドロドロにな
る。胸の間に精液の川ができて腹に溜まり、そのまま左右に分かれて腰の方に流れ落ちている。
 床に付いていた手は、既に手首の辺りまで水没している。落下してきた精液の水位がそこまで上がっていた。
(全部流れ落ちてきたら、私が溺れることになる……!)
「うぶうっ、ぺっ! ぺっ!」
 口の中の精液を吐き出した聡美は、白濁した雨の中、犬のように這いながら壁の方に向かっていく。
 落下してくる精液はとちゅうでぐにゃりとコースを変え、絶えず聡美に向けて落下していった。
 びちゃびちゃと背中に当たって腰、胸、脇、そして尻の方に流れ落ちている精液と、まるでシャンプーでもして
いるように髪に落下してくる精液によって、聡美の身体には常にどろどろと精液が流れている。
 じゃぷ、じゃぷ、と、手足を動かす度に、精液のプールに波まで立ち始めた。
「はああっ、やああ、はああ、ああああ……出して……出してぇ……!」
 ガン、ガン、と、精液塗れの髪を振り乱して、聡美は再びガラスを叩き始めた。
 おでこも、目も、鼻も、口も、精液を垂れ流しながら、必死になって、ガラスを破ろうと―――。
166「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:14:39 ID:PoPuuN3h
 ぐらり。

 砂時計自身が60度ほど傾いて、聡美は精液のプールの中をごろごろ転がりながら逆側の壁に叩き付けられ
る。落下した精液は傾斜によって一方向に溜まり、聡美の身体を完全に精液の中に沈めていた。
「ぷはああっ! はああ、はあああ……チャオ……茶々丸……助けて……助けて……」
 べちゃ、べちゃ、と、傾いた床に張り付いて、聡美は精液のプールから這い上がってくる。その姿はまるで地獄
から這い上がろうとする亡者すら連想させる。
 しかし、この傾斜角は蟻地獄に落ちたに等しい。オマケに精液の大雨という障害までついている。
「ああ……あああ……ぶくぶく……」
 半分も登れずに、再び精液のプールに沈んでいく聡美。
 彼女は5回目までは這い上がってきたが、
 6回目で力尽きて完全に沈んだ。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
167「ホテル襲撃、その1」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/16 21:16:11 ID:PoPuuN3h
≪ふんふん、俺の204人目のコレクションやなあ≫
 動物のホルマリン漬けのように、砂時計の精液のプールの底に聡美が沈んでいる。
 サイズを100分の1に縮小する魔法アイテムに少女を捕え、精液で漬け込むのが小田原の趣味。
 黒い髪は精液中にゆらゆらと広がり、一糸纏わぬ姿で精液漬けにされた聡美の顔は穏やかだった。
≪でもこの娘は、まだ生かしとかなあかんねやったなあ。暗殺ならこれで終了やのに。よっこらせと≫
 外から何かの呪文を唱える声が聞こえてくると、聡美の身体は淡いピンクの光に包まれていった。
≪三条様の計画のために、役に立ってもらうでえ……天才ちゃん≫
 胸が微かに動き始める。空気が送り込まれ、聡美の呼吸は回復したのである。
 しかし、聡美は目覚めない。



 砂時計ならぬ精液時計の中で、
 時計が再び動き出すまで、
 彼女の時間も止まったまま。



                                                               (続)
168座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/16 21:16:52 ID:PoPuuN3h
*― ―) 次回
長編番外編「ホテル襲撃、その2」

ではまた
169!omikuji!dama:05/01/16 23:49:54 ID:Q3eM3pIQ
gj
170名無しさん@ピンキー:05/01/17 01:56:03 ID:kQZXakI2
見えない…座薬氏か。
ふむぅ、座薬氏にしてはやけに久々だな?
171名無しさん@ピンキー:05/01/17 21:51:55 ID:IK94xLt2
皆さんに質問です。精液の実際の味を確かめたことがある人はいますか?
172名無しさん@ピンキー:05/01/17 23:03:16 ID:/EOvMxH/
座薬ナイス
待ってます
173名無しさん@ピンキー:05/01/18 09:24:28 ID:eiJtbf8M
>>171
ある。
苦かった。
とてもじゃないが、こんなんゴクゴク飲めるとは思えなかった。
174名無しさん@ピンキー:05/01/18 10:37:51 ID:uJ1mwq5B
>>171が男ならセルフ味見汁。
175名無しさん@ピンキー:05/01/18 15:46:50 ID:oEDCV++m
>174 男じゃなかったら?
176名無しさん@ピンキー:05/01/18 18:10:22 ID:sCSeXQo4
その辺のいい男を路地裏に引きずり込んで逆レイープ。
177名無しさん@ピンキー:05/01/18 22:11:50 ID:lS8I6y13
☆ネギま!はピュアな人にだけ響く漫画☆
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1106053688/
178[email protected]:05/01/19 00:14:44 ID:oC13B7qN
座薬さんお疲れさまです。
確かな文章と構成、いつも拝見させていただいてます。
今日は投下するわけじゃないんですが…やっとパソコン買いました!…でもキーボードが慣れずにまだまだ携帯からになりそうです…
みなさんホント申し訳ないです…
179178 ◆0adlrE6ecI :05/01/19 00:16:47 ID:oC13B7qN
うわぁ、トリップ付けるの失敗しました…orz
180猫なり(明日菜搾精編) ◆1En86u0G2k :05/01/19 00:29:32 ID:nJ+6AnNq
>>126-128

「なんか言いなさいよー」
と、ホッペをプニプニしてくるのを嫌がると余計にやってくるのであうーだ。
「…す、すいません」
「なんで謝るのよ。いいじゃん、ガキとはいえ男なわけだし」
いつものように笑ってくれる。でもそれが今日は無性に情けなく感じてしまった
馬鹿にされてるも同然なのに背中がゾクゾクし勃起してしまう。我ながら本当に情けない…
はたから見ても分かるほどにズボンが盛り上がってしまっている。しかし明日菜は触れようともせず、無性にじれったい。
「一番気持ちよかったのは? 質問には答えなさいよ、これは義務!」
なにが義務なのか分からない、が逆らえないオーラがぷんぷん出てる。
搾精のときはいつも思うけど、自分は年齢も関係あるのか逆らうことができない〜…
「しずな先生、チアのみなさん… あとのどかさん、いいんちょさん…」
「一番なんだからもうちょっと限定しなさいよ」
ぷにぷに。
「ええと…、嬉しかったのはのどかさんですかね…」
ふーん、と聞いたくせに興味のなさそうな返事。
「しかしあんたMよねぇ。バカにされてるのにこんなにパンパンにして。キモいわねぇ…」
やっぱり馬鹿にしてたんだ…。それすら快感になってきてるけど…
なんか、みんな僕のこんな姿を見て可愛いって言うからバカにしてくれる人って貴重で新鮮だなぁ…
こんな姿をお姉ちゃんやアーニャが見たらなんて言うかなぁ…。
「で、あんたそろそろ抜いて欲しいわけ?」
「…」
「ど・う・な・の・よ!!」
強引に突起をもみくだす。痛みもあったが突然の刺激に思わずいってしまいそうになってしまう
「おねがいします…」
「なにをよ、ちゃんとお願いしなさいよ」
このままズボンの中に射精するのは嫌だった。もう声がよく出ない。
とにかく明日菜が小悪魔的に見下して笑っているのが気持ちよくてしょうがない
「ぬいて…、搾精してください! お願いします」
「じゃ、脱ぎなさいよ。しょうがないわね」
ニヤニヤしてベルトをはずしズボンを脱いでる姿を見ながらネギの股下にポジションをうつす。
181猫なり(明日菜搾精編) ◆1En86u0G2k :05/01/19 00:31:30 ID:nJ+6AnNq
「相変わらずグロイわねぇ…」
ネギの肥大化して天高く突起しているものを眺めため息を漏らす
そしていかにもやる気なさそうに握り上から下にしごき続ける。
顔には出してないが握るのは初めてだろうから若干戸惑っているようだった。力加減も強くも弱くもなく、どちらかといえば強く。
だんだん慣れてきてスムーズに動くようになってきた。特に一部の人のようにテクがあるわけでもない。
だけど明日菜さんに(お姉ちゃんに似ている、と。)してもらってるだけで無性に興奮していた。気持ちいい…
早くいきなさいよ、と目で強くにらんでくる。MだったつもりはないけどMなんだろうなぁ…、僕。

明日菜さんの指は叩かれることが多くて、柔らかいというイメージじゃなかった
そんなことはなく他の人と変わらない長くて、細くて、白くて、柔らかくて、綺麗な指だ…
それが僕のモノを握り、しごいている。他の人にもやってもらってるけど快感が違う…

なかなか出ないので床に手をついていた左手を睾丸にのばし優しく揉むしだく。
さすがにここは棒とは違い、大事で敏感なのは知っているのであくまで優しく。
(顔じゃ適当にゾンザイに扱われてるのに…、なんか大事にされてる感じが〜…)
(ああっ、明日菜さん… 明日菜さん…)
「まだでないの? さっさとしなさいよ!」
指で亀頭をピンとはじく。今までの波が一気に押し寄せてるのを感じた。
「で、でますっ!!」
「ええっ!? ちょ、ちょっと待ち…」
慌ててビーカーに手を伸ばす。
「あううっ…! ううっ、ああ…!!」
しかし広範囲に飛び散り一部は顔、髪にかかってしまう
182猫なり(明日菜搾精編) ◆1En86u0G2k :05/01/19 00:33:17 ID:nJ+6AnNq
しばらく放心状態で痙攣しているネギを横目にテッシュで顔と髪を拭く。しかしよく取れない…
「す、すいません…」
「しょうがないわね。あんたも拭きなさいよ。こりゃ洗わないと髪は匂いもとれないし最悪ね… べたべたするし」
「すいませんでした〜 でも気持ちよかったです。」
「う、うるさいわね… そりゃ私がしてる(ゴホゴホ あんたは明日もあるんだから早く寝なさいよ」
ちょっと照れながら、いつものようにふてくされなて明日菜は答えた。
「ほら、ヨダレでてるわよ」
優しく唇の下をふく。母性的でお姉ちゃんのような、こんなとこに僕はやはり惹かれてるんだろう
恋人、とは違う魅力かもしれないけど…

「はい、これです…」
「明日菜さんよく出来ました〜 どうでした?」
「思ったより悪くなかったですけど、ってなにを言わせるんですか!!」
「ふふふ、そろそろ夏休みね。搾精もこんなものじゃ…」
不適に見せた笑顔に不安なものを明日菜は感じた
無事提出を完了。そして、1学期が終わりをつげようとしていた。

終わり
183猫なり(明日菜搾精編) ◆1En86u0G2k :05/01/19 00:36:29 ID:nJ+6AnNq
またの機会に。( ´D`)ノ
184名無しさん@ピンキー:05/01/19 02:21:43 ID:hmKlziPP
GJです!
185エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/01/19 07:37:40 ID:OFgLElEa
搾精編 バンザーイ バンザーイ 超GJ
186名無しさん@ピンキー:05/01/19 21:24:18 ID:oZlVF/sA
*― ―)座薬です

>>183
*― ―)b GJ!
ブツを大事にされるって嬉しいよね

>>185
*― ―)御久しぶりです

グロあり注意
長編番外編「ホテル襲撃、その2」
187「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:25:18 ID:oZlVF/sA


 そして―――爆音と暴力の夜は始まった。


 3枚の呪符が頂点となり空間に正三角形を形成し、さらに3枚の呪符が逆正三角形を形成する。
 2つの図形は融合してヘキサグラムと化し、大気中に散っていた魔力を結集、増幅、そして凝縮されて変換され、
轟轟と猛る炎の弾丸と化して放出方向の決定を待った。
「ふむ、脳天一撃狙いでいくか―――」
 術者から見て、三角形の重心の延長線上に在るのは、紅茶を飲んでいる西洋魔術師の頭部。
 男は短い呪文を叫び、灼熱の魔法弾を発射する。
 ホテル正面に停車していたワゴンから発射された魔法弾は、一直線に標的に向けて加速する。
 進行方向に存在していたガラスは貫通され、赤く変色してドロドロと溶解した。
 ロビーに備え付けの新聞コーナーを掠め、瞬く間に5社の新聞が灰塵と帰す。
 そしてそのまま、少女の脳天めがけて―――。


「―――なっ!?」
 その弾丸に気付いた少女は最大に伸びた携帯のアンテナを振りかざし、無詠唱呪文を瞬時に発動させる。
 少女の前に光の魔方陣が現れて簡易魔法障壁を形勢し、魔法弾は数十の火花になって辺りに散った。
 花火の爆発に似たそれによって煙が起こり、ホテルの客がひっくり返り、悲鳴を上げて逃げ始める。
 少女が飲んでいた紅茶は反動でテーブルから転落死し、携帯の液晶も華麗に破裂した。
「ど……どこのどいつよっ! このクソ野郎ぉ!」
 殺されかけて完全に怒りゲージが一線を突破した少女は、自前の杖を懐から取り出し、躊躇うことなく対抗呪
文の詠唱を始めた。標的は外の黒いワゴンそのものである。
「光の精霊37柱―――!」
 少女を囲むように37本の光の剣が現れてくるくると回転し、ワゴンに剣先を向けてぴたりと静止する。
188「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:26:59 ID:oZlVF/sA

「まさか気付かれるとは! 少々侮っていたか!」
 男も慌てて体勢を整え、アクセルを思いきり踏み込む。
 ワゴンは耳障りな音を立てながら発進し、1秒差で光の剣がその場所に突き刺さった。
「おいおいどうして……けっこうな使い手じゃないか……」
 隠そうとする意志が全く感じられない放出系魔法に男は苦笑しながら、手際良くハンドルをきっていく。
 光の剣数十本を纏った少女がホテルから飛び出すのが、ミラーごしに見えた。


「くっくっく、さあて、こちらも始めっか」
 煙が充満してパニック状態のロビーの中を、先程までワゴンに乗っていた女装男が歩いている。
 麻帆良の研究者たちの護衛の少女は、ワゴンを追跡してそのまま飛び出していった。陽動は成功だろう。
 男が着ている女の服は、まさに護衛の少女が着ているのと全く同じ服である。
 ゴキ、ベキ、ボキ、ベキ、ポキ―――。
 骨の接合部から鈍い音が聞こえる度に、男の体型は変わっていく。
 骨格調整―――それが男の特技であり、老人から子供、異性にもその体型を合わせることができる。男
の背はどんどん短くなり、腕は細長く、胸などには既にシリコンを仕込んでいる。
 ホテルの客たちは先程の戦闘で冷静さを欠いており、身隠しの呪符を持った男には気付きもしない。
 仕上げとして男は、特性の少女マスクを装着する。声は変声の呪符を仕込んだ。
「ふふふ、いい感じね。あー、あーあー。声も可愛いわ」
 男は顔も身体も、声すらも護衛の少女に変わっていた。
189「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:27:50 ID:oZlVF/sA

 護衛の少女と化した男は普通に廊下を歩き、チャオと聡美がいる部屋のドアをそっと開けた。
「あなたたち、ちゃんと良い子にしてるでしょうね?」
 万が一、部屋にチャオと聡美がいた時のために、護衛の少女として男はセリフを喋る。もっとも、本もののチャ
オと聡美がいることはまずありえないが―――。
「うわ、気持ち悪いぃ」
「ここにいた娘は小田原さんと上に行った。まったく、あの人もイイ歳して好きだなあ……」
 部屋にいたのはチャオと聡美ではなく、やはり先程までワゴンに乗っていた女装男の残りの2人である。服装
は勿論、本もののチャオと聡美が着ていた服と同じである。
 ゴキ、ベキ、ボキ、ベキ、ポキ、ゴキ、ベキ、ボキ、ベキ、ポキ―――。
 2人の男は骨格を変え、声を変え、顔を変え―――そのままチャオと聡美に変わっていく。
「入れ替わり成功ネ、ハカセ」
「ええ、実にスムーズに進みましたねー」
 チャオの顔をした人物の声に、聡美の顔をした人物が応える。
 姿を変えた三条家の工作員たち―――諜報活動を専門とした彼らは、お互いの顔を見てにやりと笑った。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
190「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:28:48 ID:oZlVF/sA
 下界には逃走するワゴンと、それを追跡する西洋魔術師の少女。そこから数十メートル上の、強いビル風が
吹いている屋上に、10人の黒服と2人の男女が立っている―――。
「………」
 女の方は白衣を纏った金髪の女性で、背は高く、絵画の女神のように完成された美顔だった。
「……・・・」
 男の方は短髪の黒髪に無地の長袖、黒いズボンを履いている。やはり整った顔だが表情に乏しい。
「ぱっぴーぱっぴー、鬼ごっこだ鬼ごっこだ、やほー」
 外見から連想される性格をことごとく破壊してしまう発言とダンスを披露しながら、女―――名前は光仙という
彼女は、その金色の眼でぎょろりと下界の追跡者を凝視し―――そして標準を合わせていく。

 上空にきらりと、星のような光が1つ―――増えた。

 現れた光から地上に、一筋の光が下ろされる。神が天から糸を垂らしているように、一直線に―――。
 追跡する西洋魔術師の少女の右肩に、それはぴたりと固定される。
 少女は気付かない。
 強力な隠蔽魔法が組みこまれている。
 光はまるで狙撃銃のレーザポインタのように、静かに、しかし確実に追跡している。
 少女は気付かない。
「すりー、とぅー、わぁん、バキュン!」
 ―――ズドン!
191「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:29:33 ID:oZlVF/sA
 天から光が疾り下りた。
 少女の障壁が乾いた音を立てて弾け、右肩が爆ぜて腕が千切れた。右腕はくるくる回転しながら近くの茂み
に落ちる。
 血が噴き出している肩を押さえ、少女が悲鳴を上げながら障壁を張り直し、<何か>から逃げようと加速する。
 ―――ズドン!
 さらに一撃。
 光はやはり障壁を貫通し、今度は前屈みになっていた少女の背中から胸にかけて撃ち抜いた。
 少女は近くのガソリンスタンドに逃げ込んでバタリと倒れ、そして動かなくなった。
「バキュン! バキュン! バキュン! バキュ―――ン!」
 ズドン、ズドン、ズドン、ズドン―――! 
 天から連射される光系放出魔法はガソリンスタンドにいた車や、前の道路を走っていた車の運転席を次々と
貫通していった。
 コントロールを失った車はトラックを初めとしてガソリンスタンドに何台か突っ込み、残り前の道路で玉突き事
故を起こす。しかし、倒れていた少女は強運なのか轢かれることなく、いる場所も変わっていない。
 スタンド一帯の交通は遮断され、爆発を怖れて逃げようとする者と、事故に巻き込まれた人間を助けようとす
る者、野次馬で辺りは大混乱に陥った。
 少女は一般人数人に運ばれている。
「どうしてトドメをささない? 光仙氏」
 横にいた男がそう尋ねる。
192「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:32:48 ID:oZlVF/sA
「えぇぇぇぇ、だってー、二階クンもとってもとってもやりたそうな顔してるし、ゆずろっかなーって」
「私に?」
 二階と呼ばれた男の顔には、まったく感情が浮かばない。
「私は機嫌がとってもいいのー、実験が成功してぱっぴーだからゆずったげる。やりたいんでしょ?」
「私にそのような趣味はありませんよ」
「うそうそうそー、好きなくせにぃ、いいのいいの、やっちゃいなよ。やって二階クンもぱっぴーぱっぴー」
「そのような趣味はありませんが」
 二階は呪符を数枚取り出して、早足でつかつかと光仙の前に出る。
「光仙氏がやらないと言うのであれば、仕方がない」
 呪符は闇の中で膨張し、質量を増し、機動音が鳴り響く。二階は呼び出す、己の式神を―――。

「出でよ、百機夜行―――21、22、85、86、87、88、89、90―――」


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………




193「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:33:58 ID:oZlVF/sA
(あ゛、あ゛………な、何なのよ、これ……)

 どうやって撃たれたかは分からなかったが、気が付いた時には少女の右腕は吹き飛んでおり、胸を貫かれていた。
 痛みはあまりない、というか感じてはいるのだが、なんだか感覚が鈍くなっている。

(……こんなバイト……受けるんじゃなかった……かな……)

 バイトでこんな戦闘に巻き込まれるなど、想定外もいいところだった。
 あいつら―――そう、敵は集団で、しかも相当に武闘派というか、戦闘に特化している印象を受ける。敵は一
般人の犠牲者など全く考えていない、それは攻撃の仕方から分かった。
 魔法使いはその能力ゆえに、戦闘などではいかに人目に触れないようにするか、そして一般人を巻き込まな
いようにするかを第一に考えるべきなのに、そういった遠慮のようなものが一切感じられない。
 そういった魔法使いたちにほぼ共通するのは、驕り、優越感。
 ―――そして、選民の思想。

(あいつら、の狙いは……私……だから……あなたたちは、逃げて……)

 切断された腕や胸の穴からは血が流れ出してしまい、意識は既に失われかけている。
 少女は名前も知らない人々によって、ガソリンスタンドから運び出されようとしていた。ただ、少女がそこに転
がっていては爆発に巻き込まれるので、彼らは少女を移動させようとしているのだった。
 暗くなる視界にたまに映るのは、潰れた乗用車、何かのトラック、逃げ惑う人。
 鼻孔に微かに流れ込んでくるのは、ガソリンの匂い。
 いつ大爆発が起こってもおかしくない、危険な状態である。
 今、自分を運んでくれている人たちは、どうして、こんな危険な場所で、逃げずに自分を―――。
194「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:35:03 ID:oZlVF/sA
(……動けるなら………私なんか、置いて……逃げてよ、ぉ…………)

 少女の叫びは、その口から出ることは無かった。
 声を上げる力は、最早少女に残されていなかった。
 もう助からないと分かって開き直ってしまったのか、少女は自分より周囲の人々の心配をしているのが、自分
でも何だか可笑しかった。利己的な人間だと自分を分析していたのに。
 しかし、どうしても嫌だったのだ―――何の力もない普通の人が、魔法使いの戦闘に巻き込まれて犠牲になる
など―――まして自分を助けるために犠牲になるなど、絶対にあってはならない。
 例え未熟でも、少女は魔法使いなのだから。
 それは一般人を見下していると言われるような考えだったかも知れないが、それ以外の何かが確かに、少女の中に芽生えていた。
 どうせなら、もっと早くそれに気付きたかった―――そう思った。

(……そうだ……私は…………魔法使い…………なんだ…………!)

 学校で習う「魔法使いの心得」なんてくだらない理想論だとバカにしていたが、もう少しきちんと習って自分なり
に考えて、そして生きてみたら良かったかも知れない。
 だが、今からでもできることもある。
 やらなければいけないだろう、魔法使いの自分にできることを。
 このままでは少女を運んでいる人たちは爆発に呑まれるか、魔法の攻撃に巻き込まれるか。
 そんなことはゼッタイに―――。

 どうせ消える命だ、同じ消えるなら、最後の魔力に変えて―――。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
195「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:35:53 ID:oZlVF/sA
 巨大な爆発音が街を震わせる。
 トラックなどがガソリンスタンドに突っ込んだ事故の現場からは、巨大な赤い炎が一瞬だけ立ち昇り、さらに大
量の黒煙が、星空を塗り潰さんとする黒色絵の具のように、風の筆によって広げられていく。

 そこはホテルの屋上―――。
 数百メートル向こうで朦朦と立ち昇った黒煙をバックに、巨大なタコの着ぐるみを纏った小田原が、聡美を捕え
た砂時計を片手に立っている。
「あーあー、相変わらずホットやなあ、二階君。ま、これも若さというもんか」
 そのタコの下の表情を見ることはできないが、けらけらと嗤っている気配が伝わってくる。
 対して正面に立っているチャオの表情は険しく、襲撃してきた一派への不快感を隠そうともしていなかった。
「ずいぶんと派手な御友達もいるようネ。ここで戦争でも始めたカ?」
 チャオは上着をばさりと脱ぎ捨てると、中華風の青紫のチャイナドレスが現れる。重ね着をしていたわけでは
なく、どうやら、瞬時にチャイナドレスを着れるような発明を仕込んでいるらしい。
「始めた―――いや、それはちゃうな」
 タコの足が、ちっ、ちっ、ちっ、と不快な動きを見せた。

「まだ始めてなんかあらへん―――これから、始めるんや」

「……こんなことになるのなら、強力な発明を持ってきておくべきだった」
 チャオは慣れた動きで構えを作り、巨大タコ男の動きを観察する。
 タコはそんなチャオを見て、愉快そうに肩を揺らした。
196「ホテル襲撃、その2」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/19 21:36:38 ID:oZlVF/sA
「東の天才―――悪いことは言わん、関西に降伏せい」
 小田原は砂時計を弄びながらチャオに言う。
「三条様はチャオちゃんがこっちに寝返ってくれるなら、俺らと同じ地位を与えて、幹部として迎えても良い、と仰
せや。どや、悪い話とちゃうやろ?魔法の知識も望むだけ与える。部下もまあ最初は少ないやろが、何人かは
付けてもらえる。そんかわり、俺らはちょっとだけ、その叡智を使わせてもらう。な? むしろ、ええ話や?」
 話を続ける。
「……・・・」
 チャオは答えない。
「もうじき新しい秩序が構築され、古い体制は滅びさる。より優れた、より進歩したシステムが生まれるんや。今
までの底辺どもに合わせるのとは違う、魔法使いが動かす、魔法使いのための―――」
「………」
 チャオの眉がぴくりと動いた。
 小田原はタコの顔をぐらぐら揺らしながら、黒煙と炎を背に、誰かを抱くように両手を広げた。
「チャオちゃん、君は魔法使いやあらへんが―――愚民を管理する側に立つことを特別に許される」
 タコ―――小田原が手を出し、誘い、嗤う。


「さあ、関西へ。三条家へ―――」



                                                             (続)
197座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/19 21:37:31 ID:oZlVF/sA
*― ―) 次回「ホテル襲撃、その3」
ではまた
198アーニャンアーニャン ◆a6ZAIILX0U :05/01/19 22:01:45 ID:quda9sAB
座薬氏ペース早杉!しかしバイオレンスは良いねえ。エログロは正直ちょっと苦手。 
199 ◆pcuugIvvm6 :05/01/19 23:50:58 ID:P0RKcSFL
>>198
そ、そのトリップは…こんばんはさんではありませんか!
こんばんはさんも来るんですね。ここでのHNはそれですか?

>>ALL
現在、リアルで忙しく、SS執筆が事実上停止しています。
俺のSSを気に入ってくださっている方がいるかどうか分かりませんが、
もし期待している方がいるなら、もうしばらく待ってください。
200 ◆pcuugIvvm6 :05/01/19 23:55:10 ID:P0RKcSFL
うわ、IDが豚肉だ
201名無しさん@ピンキー:05/01/21 10:29:02 ID:MXEejlpt
書いてるやつ才能ないから描かなくていいよ、邪魔
202名無しさん@ピンキー:05/01/21 11:12:37 ID:kD4EDVqT
         ,ィ
         〃
          /,' r、__                   /
          ント!  丶   ̄ヽ‐- 、               /ニ
      //ハ| 、_ 、ヽ、丶 ヽ  ヽ              /ニ ノリ・スプリングフィールドや!
     /// /ィ トー、ニュ、_`, `i 丶ヽ         /ニ7 
     /,ィ .i 〃 ',. トヽ, ヽヽ. ', ',',  `ト,\      /ニ7 金を儲ける魔法を教えたる
.   〃7 j i,' __ ', l!ヽ丶‐- 、_', !ト、 !. '、ヾ     /ニ7
    / !ソ| |'´ ,..、ヘ \ュヾ,`、ヽ ! .i! ミトヽ     /ニ7
.   '  i,'l.! ト -・=-, 、-・=-丶├ ト, ト!     /ニ7
     |! lト ト|  .,ノ(・ ・ ( ⌒   リノ.ノ‐' 'マ.  /ニ7
      ! ', キ"┃トョヨコイ┃" u ヶi7   ,>/.ニ7'
          \┃`ニ'´ ┃「'´ヽ|7、i    ン .ニ7'
            丶-',.ィ' ´ / !ハ.ト、.ソ'´ 7/
             / ! /   / \/二 ./
           /! /ヽ、  /    \./
        , ' ´  |!/j_,ヘ /      丶、
      ,.イi      // !  ′       ン,
.     / ‖     /  :|         / ヘ
203名無しさん@ピンキー:05/01/21 13:34:06 ID:QuX0tv15
じゃあ>>201の才能あるSSに期待しようか
204名無しさん@ピンキー:05/01/21 14:13:22 ID:MXEejlpt
描くの恥ずかしいです
205名無しさん@ピンキー:05/01/21 16:47:27 ID:gLUT2uDv
そうか
じゃあ書かなくていいよ
206名無しさん@ピンキー:05/01/21 18:52:29 ID:QuX0tv15
>>201
じゃあそんな事言うな
それこそ邪魔だろ?


書けないなら書けないで黙ってスルーしる
207名無しさん@ピンキー:05/01/21 23:55:09 ID:bc1qoTlQ
心に灯る奈良
208心に灯るTOPMAN:05/01/22 00:39:06 ID:+qDybaWc
殺伐とした流れにに一縷の光
アイムTOPMAN
もう大丈夫!
>>204は俺の作品を読んでみよう!
きっと勇気が湧いてくるから
さあ!皆さんお待ちかね!
今夜もかつてない勃起と射精をお約束!
TOPMAN劇場の始まりだよ
209心に灯るTOPMAN:05/01/22 00:41:52 ID:+qDybaWc
夕色の水面が眩しい
夕影は長かった
もうすぐ日没か
家路を急ぐ雑踏のなかで、俺は独り足を止めた
橋の縁に頬杖をついて、今日の出来事を思い返す


俺は単位を落とし
留年が決定した
友人の前では笑い飛ばしてみたが
独りになった途端空しくなった
怒りも後悔もなかった
ただただひたすらに空しかった

何をやってんだろう
俺はこの一年何をやってきたんだ

その答えはあまりにも空しく
俺はまた肩を落とした

どのくらい時間がたったのだろう
空には月が出ていた
また無駄な時間を過ごした
夜風にさんざめく葦草が俺を嘲笑っているかのようだ
…帰るか
もう…泣きたい
210TOPMAN:05/01/22 00:46:20 ID:+qDybaWc
「ただいま」
言ってみたものの俺は一人暮らし
返事があるはずもない

「お帰り兄貴」
「なっ!」
めちゃくちゃびっくりした
台所から妹がひょこっと顔をだした
「なんだ亜子か…勝手に上がりこんで人の部屋で何しとる」
「何って今日兄貴の誕生日やん。ほらケーキ」
「あ…そうか…」
「はい、どーぞ!」
切り分けたケーキを亜子が差し出す
市販のケーキだった、でも十分うれしかった
「ああ、いま手洗ってくるわ」

なんだか癒されたな
妹に癒されてるようじゃ、俺も末期だけど
手を洗って、ダボダボした楽な服に着替える
脱いだ服は一緒くたに洗濯機に突っ込んだ

居間に戻ると亜子はもう帰る用意をしていた
「もう帰るんか?」
「うん。ケーキとお茶そこに置いといたで」
「お前も食べてけよ」
「う〜ん明日五時起きやから、早めに寝とかんと。今日はかえるわ」
「…部活か?」
「そ!」

亜子は靴を履きながら俺に背を向けたまま答える
少し背、伸びたみたいだな
211TOPMAN:05/01/22 00:57:09 ID:+qDybaWc
少しは女らしくなったのか
俺の妹だけあって、結構かわいいかもな
「亜子…お前彼氏できたか?」
「ん〜まだ…っていうかフラれた。もう気にしてないけど〜」

彼氏はいない…
フラれた…か

「何や?怖い顔して」
「………亜子」
「ん?」



「う、ううう!うおおおお!!!!」
「ひゃっ!」
ズガ―――――――――――――ン

俺は思い切り壁に頭突きをした
何考えてんだ俺は
死ねよ
212TOPMAN:05/01/22 00:59:16 ID:+qDybaWc
「わわわわ、ななな何や一体?」
「フッ、大学生にもなると皆こうやって頭突きするんや」
「ふーん変な兄貴」
訝しげに亜子が俺を見る
「ほっほら、急がんと電車なくなるで!ホレホレ」
「わわっなんや、さっきはケーキ食ってけって言ったくせに」
俺はなんだか慌てて亜子を急かす
「もう!そんじゃーね兄貴」
亜子は小さく手を振ると部屋を出ようとした

「あ、亜子!」
俺は慌てて呼び止めた
「なに?」
「その…今日はほんまありがとな!」
「うん、どーいたしまして」

姿が見えなくなるまで見送ったあと部屋に戻った
頭突きで壁がへこんでた
アホだな俺は
しみじみ思った

ケーキを食ったら少しやる気がでた
あんまクヨクヨすんのはやめた
もっかい頑張ろうと思う
213TOPMAN:05/01/22 01:03:05 ID:+qDybaWc
エロくなかった
これじゃ勃起も射精もできませんね☆
TOPMANも将来に悩む今日この頃です
214名無しさん@ピンキー:05/01/22 10:13:14 ID:hAALUD5e
同人誌のIFシリーズはいい
エヴァ→刹那→楓→あやか→千鶴と続いて、次は誰だろう…?
215TOPMAN:05/01/22 18:38:03 ID:+qDybaWc


連日投下
新田×ネギ

216TOPMAN:05/01/22 18:39:33 ID:+qDybaWc
「に新田先生!!気持ちわるいからやめてくださいっ!」
「ふふーもう逃げられませんよ?もう私のポコチンからは逃げられませんよぉ?」
新田は全裸だった
ネギに圧し掛かり完全に動きを封じている
「なんてかわいい顔だ!!泣きそうな顔もかわいいなああ!ネギ先生はこれからいっぱい犯されちゃうんですよ?」
「ひっ!うう…うわぁわわあああ!アアスナさーん!アスナさん助けてっ!助けっんんー!んっんぅ…んぐぅ」
新田は泣き叫ぶネギの口を強引に塞いだ
ネギの頭を掴んで、べちゃべちゃネギの小さい唇を吸いまくる
「ん…んんっ!やめっんんぅ…」
ネギはもう泣いていた
必死に新田を押しのけようとしたが新田はびくともしない
キモイ中年にヨダレまみれの臭いキスをされまくっている現実を受け入れるしかなかった
眼前でニヤニヤしながら自分の唇を舐めまくる新田に耐え切れず、ネギは目を硬く閉じた
それを見て、新田の興奮レベルをまた一つ上がった
(これは最高だ!瀬流彦には飽きていたところだ。これからは毎日ネギ先生を犯そう!)
フゥ!フゥ!フゥフゥフゥ!フゥフゥッフゥーフゥ
ペチャベチャぺチャペチャブチュッベチュゥペチャ
217TOPMAN:05/01/22 18:41:50 ID:+qDybaWc
新田はネギの柔らかい唇がすっかり気に入ってしまった
ふうふう言いながら必死で吸いまくる舐めまくる
「ぷはぁ!うまいっっ!なんておいしいんだ!ネギ先生は!!」
「ハァッハァッハアッぅぅっうッうッ」
ネギの受けたショックはあまりにも大きかった
怯えきった目から流れる大粒の涙は新田を興奮の絶頂まで押し上げた
「さてと…それじゃあネギ先生には私のポコチンをしゃぶしゃぶしてもらいましょう」
「あっ…あ…誰か…誰か助けてください!もうやだ!!やだやだやだやだもうやだよ!!」
「だ、だ黙れ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 」
バシーン
新田は思い切りネギの頬を引っぱたいた
ネギが吹っ飛ぶ
新田は逃げられてはかなわんと、慌ててネギにまた覆いかぶさる
「うっうっ…ひぐっアスうっサンう…助けてよぉっうっう…」
ネギはまた泣きはじめた
「ああっ!すまんねネギ先生、ついカッとなってしまった!ああかわいそうに!」



(´ー`)<ネギ…続きは後日です
218名無しさん@ピンキー:05/01/22 20:58:52 ID:hy5B7/j1
NG登録・・・っと
219名無しさん@ピンキー:05/01/22 22:27:15 ID:GIto3ukC
今、書いてるやつ才能ないから書かなくていいよ、邪魔
220名無しさん@ピンキー:05/01/23 04:11:04 ID:j48MYv30
じゃあ>>219の才能あるSSに期待






とツッコミを入れてみるテスツw
221名無しさん@ピンキー:05/01/23 10:30:00 ID:uGWdhMIA
>>216
ヤベッ・・・
結構面白かった
つ、続きが見たい・・・
222名無しさん@ピンキー:05/01/23 11:56:22 ID:rYSTWPJl
1時間くらい思い出し笑いしてた
223名無しさん@ピンキー:05/01/23 12:31:14 ID:CsnzQ8hT
>TOPMAN
エロ無しのほうがいいの書けると思う。
224名無しさん@ピンキー:05/01/23 13:46:39 ID:6GoHrIww
*― ―) 座薬です
暴力的表現を含んでいますので、嫌な方はスルーしてください

「ホテル襲撃、その3」
225「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:48:16 ID:6GoHrIww

「ちゅどどどどどどどどどどどどど、どっか―――ん!」

 二階の式神―――<百機夜行>の砲撃によって起こった爆発を、光仙は両手を挙げてそう表現する。
 炎とそれによる黒煙が街に、そして空に色濃く広がるのを観察しながら、オーバーアクションで飛び跳ねる彼
女とは正反対に、やはり攻撃を仕掛けた二階の表情はぴくりとも動いてはいなかった。
 それは、自分の式神がこれだけの攻撃を加えたら、この程度の爆発なりが起こるだろう―――という想像がま
さにその通りだったということで、予想通りの結果に驚くこともない。だから彼は難易度の高い仕事を見事に成功
させても、特に喜びもしないし自慢もしない。
 ただ淡々と、それが当たり前のことだと示しながら、彼は与えられた任務を遂行するのである。

 周囲には彼に召喚された<百機夜行>―――21、22、85、86、87、88、89、90―――が展開し、術者の
次の攻撃指令を待っていた。

 <百機夜行>―――21、22は屋上をぎっしりと埋め尽くし、光仙以外の黒服の男たちは端っこに追いやられて
いた。さらに隣のビルの屋上、さらにその隣のビルの屋上まで占拠し、分厚い装甲と重火器を纏ったそいつらは、
某大国の陸軍で採用されている戦車および装甲車だった。
 同様に空には<百機夜行>―――85、86、87、88、89、90が展開している。多国籍の対戦車用ヘリコプ
ター数十機は音を全く立てずに、二階の頭上でホバリングを続けている
 そいつらは表面にびっしりと魔法隠蔽迷彩、光化学迷彩、魔法障壁発生の呪文が刻み込まれており、操縦者
は存在せず無人で動き、発射するのも弾丸ではなくホーミングの放出系魔法という特徴を持っている。
226「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:50:02 ID:6GoHrIww
「目標の殲滅完了」
 二階は確認をするようにそう言って、火の海と化している下界には何も興味もないように、くるりと背を向ける。
「小田原氏の状況はどうなっています?」
「いつも通り―――標的の天才ちゃんいたぶる気満々みたいねー。マキちゃんと互角のいい趣味だわっ」
 光仙はこの場にいながら、その目で、ホテル屋上の映像を見ながらくすくす笑った。
「ぱっぴーぱっぴー、さて、後はオートで例の天才ちゃんにロックオンしといてえ―――二階クン遊ぼー!」
 光仙もとことこと、二階の後に付いていった。
「………」
 黒服の男たちは言葉もないといった感じで、2人の動きをただ目で追っていく。
 人間の血を吸い、呪力を宿した武器は総じて妖刀と呼ばれることが多いが、二階の式神は刃物の類ではな
く、同じような条件の戦車や武装ヘリなどを集めたものなのである。
 それに魔法による武装を加え、式神にしてユニットを再編し、第1部隊から第100部隊に分けたもの―――
それが二階が操る広域戦用式神連隊<百機夜行>なのだった。
「……俺たちって何で呼ばれたんだ。必要ねーじゃん」
「光仙様の話相手だろう」
 黒服の男たちがひそひそ話している前で、戦車、装甲車、武装ヘリの軍勢は煙のように消えた。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
227「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:50:53 ID:6GoHrIww
 爆発現場から流れてくる焦げ臭い風が、タコを被った小田原とチャオの周りをそよそよと通過していく。
「なるほど、確かにそれは良い条件ではあるナ」
 小田原の誘いにチャオは、にやりと笑いながらそう答える。
「うむ、流石は天才、御利口さんやなあ」
 小田原は愉快げに笑いながら、しかし明らかにチャオをバカにしたような口調でそう言った。砂時計を弄んで
いた指は、既に止まってしばらく経っている。
「しかし、タダでは技術は渡せないネ」
「ほう?」
 タコのつぶらな眼が、不思議そうにくるりと回転する。
「私の技術が欲しければ、まずはハカセを返せ。話はそれからヨ」
 小田原は何かを考えているのか、少しだけ黙り込んでいた。

「それはできんなあ、聡美ちゃんは人質で保険や」

「ならば協力できない」

 チャオと小田原は無言で立ち合っていた。それはもう話すことなど何もないどころか、話す価値すらも無いと断
定したような完全な、しかし次の動きまでにワンアクセントをおくような、そういう沈黙が続いている。
「交渉決裂か、よっしゃ」
 沈黙にピリオドを打った小田原は足元に聡美入り砂時計を置いて、次の瞬間にチャオの視界から消えた。

 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
228「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:52:20 ID:6GoHrIww
(どうやってハカセを助けるか―――)
 チャイナ服を瞬時に装着する装備しか持っていなかったチャオは、内心の動揺を隠しながらタコと向かい合っ
ていた。学会参加の条件で所持品検査をされ、許可されたのが着替えを瞬時に行う発明品だけだった―――
それが今の最悪の状況に繋がっている。
 攻撃や防御に使える発明のないチャオは、徒手空拳でタコを何とかしなければならない。しかし、一筋縄でい
く相手かどうか、それは未知数である。
 舐められないように強気の態度でタコと接していたが、戦闘になればチャオが不利になるかもしれない。
「交渉決裂か、よっしゃ」
 そう考えていた時、タコが視界から消え、チャオはチャイナ服を翻し、構え直し、警戒し、そして、

 目の前に無数の星が見えた。

「ぐっ!?」
 瞬時に距離を詰めてきたタコの触手に顔を横殴りにされたチャオは、世界がぐらぐらと揺れるのを必死に安定
させ、無様に倒れるのだけは何とか免れた。少しふらつきながらも、後ろに下がってタコと距離をおく。
(こ、このタコの触手……速いし……それに重いネ……何発か食らうとちょっとマズイかも……)
 タコは間抜けな外見に反して俊敏で、しかも触手は筋肉の塊のように硬く、そのから繰り出される打撃は強力
だった。いつもなら敵の情報をよく分析して対処法を決めるチャオだが、危険を冒して何発も食らう余裕はないと
判断する。持久戦では不利とみたチャオは口に広がる血の味をぺっと吐き出して、敵を一気に沈めようと全身
の気を拳と足に集中させ、屋上を力強く蹴る。
「はああああああ―――っ!」
 チャイナ服のスリットから繰り出されたチャオの回し蹴りが、タコの丸い頭に直撃してぼこりと凹ませた。
229「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:53:40 ID:6GoHrIww
「まだまだっ!」
 巨大なタコの着ぐるみに気を込めた拳撃を連続で叩き込む。しかしぶよぶよした感触が拳に返ってくるだけ
で、効果があるのかどうか分からない。チャオは肘撃をタコに炸裂させ、掌撃を叩き込み、さらに渾身の蹴りを
食らわせる。流麗な動きで連続攻撃を成功させたチャオの前で、タコはばたりと崩れ落ちた。
「はあ、はあ、はあ、はあ……どうだ、思い知ったカ!」
 顔に少し汗を浮かばせながら、チャオは構えを解いた。全力の気を込めた打撃を何発も食らわせたが、そもそ
もそれは連発する技ではなく、最後の決め技のようなものである。無理に連発したので、消耗も酷い。
「まだ、こいつの仲間がいるはずネ……早くハカセを助けて逃げないと……」
 その倒れていたタコは、どろんと煙に変わって消えてしまい―――代わりに<タコA>と書かれた呪符が残った。

「はい、タコA撃破おめでとさん―――ふうん、まあ大体の力量は分かった。発明がないなら普通の術者やな」

 チャオが殴られてタコから目を逸らした一瞬に、式神と入れ替わっていた本ものの小田原は、<身隠し>の呪符
を解除してチャオの背後でにやりと嗤った。
「―――っ!?」
 チャオの裏拳を余裕で避けた小田原(やはりタコ被り)は、そのままチャオに体当たりをするように突っ込む。
突然、眼前に迫ってきたタコの赤い頭を見て、チャオは反射的にそれを手で防ごうとする。
 予想外の大きな衝撃がチャオを襲った。
(……あ……あれ……!?)
 タコの頭は、同じ大きさの鉄球がぶつかってきたと錯覚するほどの硬度だった。チャオはガードごと弾き飛ばさ
れて、放物線を描きながら枯葉のように宙を舞う。チャオは音も聞こえていなかったし痛みも感じておらず、ふわ
ふわとした浮遊感に包まれて、ただ綺麗な星空が目に飛び込んでくるのを感じていた。
230「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:54:50 ID:6GoHrIww
 自分が何をしているのか、何をされたのか、一瞬だけ忘却する。
 チャオは硬いコンクリートの上に背中から激突し、さらにごろごろと数メートルは転がっていった。星空と冷たい
コンクリが交互に視界に入ってくるが、それが何を意味しているのか理解するのに数秒かかる。
(……あ……ああ……)
 転がるのが止まったチャオは、ぐったりとして星を見ていた。
(…………もしかして………かなり負けそうナ………?)
 チャオの瞳は混濁していて、本来の知性の輝きはない。
 いくら天才的な頭脳だとは言え、その脳がぐらぐら揺れている状態では能力を発揮できなかった。
 チャイナドレスから伸びた白い手足はだらりと大の字に脱力していて、気の力は感じられない。さっき殴られた
頬は赤く腫れあがり、愛らしい顔を歪めている。口からは一筋血が流れていた。
(……私………こんなに、弱かった…………のカ…………)
「ピヨるのは早いやろ。遊びでも拳法やっとるんなら、ちょっとは我慢せいや」
 どこからかタコの声が聞こえてきた。しかしチャオはそれがどこから聞こえてくるのか分からない。
 視界の中にはタコはいない―――そこでチャオの世界は閉じていた。
 その世界の中央に浮かんでいたのは、なぜかおバカなクーの姿だった。クーはそれぐらいで倒れるのかと呆
れており、チャオは弱いと爆笑していた。しかしその目には、残念そうな色が浮かんでいる。
 次に浮かんだのは聡美の姿だった。あの砂時計の中に捕まっている聡美がどうなるのかは分からないが、
ここで助けられなければ、きっと酷い目にあわされるだろう。
(…………私が…………やらないと、いけないネ…………ここで負けるわけには……)
 チャオの身体がむくりと起き上がった。
 ふら、ふら、と足は左右にもつれていて、目もまだ焦点は合っていない。気を抜くと倒れそうになるのを必死に
踏み止まって、普段から鍛練している構えをとった。
231「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:55:56 ID:6GoHrIww
「おいおい、大丈夫かい。でもまあ、そう来てもらわな困るんやわ。思いっきり抵抗してくれやな、面白ない」
 タコがバカにするように笑いながら、ゆっくりとチャオに近づいてくる。
「三条様から俺にこういう仕事が来る時にはな、暗黙のルールちゅうもんがあるんや」
 タコが8本の足を伸ばしながら、いひ、いひ、と嗤い声を漏らした。
「生かして娘を攫って来いって時は、その娘の脳味噌以外は、俺の好きにしてええっちゅう―――」
 チャオは構えをとりながらも、ふらふらと後ろに下がっていく。
 負けるわけにはいかないと思っていても、身体は既に負けを認めているように、前に進んでいこうとしない。
 勝ち目がないという現実的な分析と、逃げるわけにはいかないという葛藤が、チャオの中で戦っていた。
「必死で抵抗するやつほど、ええ声で鳴くんや」
 瞬間、タコはチャオの目の前にいた。
 チャオは愕然としてタコの姿を見つめていた。スピードが早過ぎて追い切れなかった―――と思ってしまう。
 タコはどろん、と煙に変わり、そこには<タコB>と書かれた呪符が残った。それは囮だった。
 本ものの小田原はやはりその隙に間合を詰めていて、着ぐるみから見えている膝が、チャオの腹にめり込む。
「ごふっ!」
 チャオは口から血を吐いて、その細い体躯をくの字に曲げた。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
232「ホテル襲撃、その3」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/23 13:57:04 ID:6GoHrIww
 ………少しだけ離れた場所に、きょとんとしてお互いの顔を見合っている集団がいた。
 彼らは負傷していた少女を助けようとしていたのだが、気が付くと爆発から離れた場所にいたのである。
「おい、どうなってるんだ?」
「さ、さあ……?」
「あの娘はどうした?」
 わけが分からずに、そろって首を傾げる。
 まさか助けようとしていた少女が魔法使いで、彼女が最後の力を振り絞って彼らに転移魔法をかけたなどと
は、普通の生活を送ってきた彼らの想像のおよぶ領域ではなかった。
 そしてもう1つ、彼女は魔法を使っていた。
「あの、娘?」
「って、誰だっけ?」
「えーと、あれ?」
 まるで頭が清水で洗われていくように、助けようとしていた少女の記憶は彼らの中から消えていく。
 少女がそう望んだように―――ぼやけて、かすんで、曖昧になって、そして消える。
「おかしいな」
「思い出せない……」
「夢でも見てたのか、俺たち」
 そして記憶は完全に消えた。
 彼らはこれをきっかけに知り合い、そのまま一生付き合っていく友人になっていくのだが、少女のことを思い出
すことは2度と無かった。


 翌日、ガソリンスタンドの焼け跡から、合わせて1人分の遺体が発見された。
 それは報道されることはなかったが、後に身元は判明する。
 彼女は関東の麻帆良学園高等部に在籍していた―――魔法使いだった。


                                                                 (続)
233座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/23 13:57:47 ID:6GoHrIww
*― ―)次回 「ホテル襲撃、その4」
ではまた

234名無しさん@ピンキー:05/01/23 14:58:42 ID:ONXjpulr
いま、書いてるやつ才能無いから、描かなくていいよ、邪魔
235名無しさん@ピンキー:05/01/23 19:03:57 ID:yE7LrDK7
>>234
お前が来なくていいよw
236名無しさん@ピンキー:05/01/24 04:53:54 ID:ascCMCyh

((゚)Å(゚))30代からのネギま!(゚(00)゚)
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1106509717/
237名無しさん@ピンキー:05/01/24 08:38:44 ID:31a84Zl1
-----------------------------
ハロプロのフットサル写真集がでていたが、あれでは萌えぬ。
女子サッカーはユニがダサすぎるのでは?
ブラッターFIFA会長がいっているように、セクシーなものにしたほうがいいよ。
てなわけで、女子サッカーのユニはどんなのがいいよ?
--------------------------------
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1103196226/l50

おまえら、上のスレに行って、答えてあげなよ。
ハァハァな回答を待ってるぞ!!
238名無しさん@ピンキー:05/01/24 09:20:42 ID:M9YkUCwS
ビブリオンに似てきたね・・
オリキャラ大行進で分けわかんなくなってきた・・。
239名無しさん@ピンキー:05/01/24 10:11:45 ID:tEroOgOi
いっそネギま絡めずに全部オリジナルで書いて新人賞でも目指せ。
240名無しさん@ピンキー:05/01/24 21:12:34 ID:TZrSH+S5
中学生ヲタ同士が見せあってるリレー小説みたいだな。
241m9(^Д^)プギャーーーッ :05/01/24 21:33:27 ID:HHUBnAoq
中学生ヲタ同士が見せあってるリレー小説って何?その例えは何?m9(^Д^)プギャーーーッ
それともお前そんなことして遊んでたの?m9(^Д^)プギャーーーッ
m9(^Д^)プギャーーーッ
242名無しさん@ピンキー:05/01/24 22:06:12 ID:0DRRfI/i
プギャー…
座薬氏オツです!
ホントHPないのもったいないなぁー。
これからもヨロ!!
243名無しさん@ピンキー:05/01/25 01:42:30 ID:sDCyT5yp
誰か楽しいエロ小説も書いてバランスとろうぜ
244名無しさん@ピンキー:05/01/25 16:34:18 ID:t6+gVnrO
綾瀬夕映「恥ずかしいので描きません」
245名無しさん@ピンキー:05/01/25 22:44:54 ID:YRuDFuxS
…見てて恥ずかしくなるぐらいのネギ×茶々丸純愛物はどうか
246名無しさん@ピンキー:05/01/25 22:58:41 ID:CXA7LbJO
ネギX茶々丸じゃないけど、こっ恥ずかしいの
前に書いたやつ↓

ttp://ranobe.com/up/updata/up21261.txt

ココでの雰囲気に合わないと思って、巣に篭ってて。
どうかな?(^^;
247なり猫 ◆1En86u0G2k :05/01/26 00:39:19 ID:ErZhe3Z/
バランス取るってわけじゃないけど夕映のエロ小説書こうと思います
内容的には決めてないけど、仮契約を絡めて。
248名無しさん@ピンキー:05/01/26 11:26:14 ID:fyChw+Wu
249名無しさん@ピンキー:05/01/26 11:57:34 ID:D3xUAHZM
誰かネギ×茶々丸ヨロ
250エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/01/26 12:48:26 ID:yuKdk+om
>>249
俺書く。任せろ 今日中だ。約束する。
251名無しさん@ピンキー:05/01/26 18:49:42 ID:mcLDAqxh
>>250
期待してるぜ!
252名無しさん@ピンキー:05/01/26 19:08:54 ID:kmS2oSfB


     ,.'´  `ヽ
     i iiハハハii
     | $゚∀゚$   うっうっうっ・・
     /   ⊃    ようやく自分の気持ちに素直になれました・・・
    (__⌒) 。   ネギ先生・・大便です、あなたも私と一緒に・・・
    人  (_)  。   
   (  ) ブリッ   。 シ
   (   ) ブリッ   。 ャ
  (    ) ブリッ   。|
  (     ) ブリッ   。
 (      ) ブリッ   。。
(       ) ブリッ   。 。
(______) ブリッ  。 。 。

                )
             , '´ バ `ヽ   
             l リハリ))ヾ
            般(l ゚ ラ゚ノ   はぁ!?

253エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/01/26 19:40:14 ID:RJ0nwlM8
 物言わぬ塊が人の形を取っているだけで見る物に特別な感情を抱かせる。
 人の形をした。人ではないもの。
 人ではないもので良いのであれば、人の形である必要性などありはしない。だが、人形は人の形と書く。
 兎でも犬でも熊も、人形は人形。人の形と書く。
 人形は製作者の人間的なものを形作って存在しているのかもしれない。

「マスターお薬を取ってきました」
 茶々丸が薬局から帰ってきた時に彼女のマスターであるエヴァの姿は無かった。脳内のメモリを3回検索し、判断シークエンスを行って再度検索をかけた。
本日の午後にマスター外出の予定は無かった。思考ロジックにエラーが無いことも確認したが、茶々丸AIにバグは無く、同じようにメモリ検索しても外部からエヴァの予定を改竄した結果は無かった。
タカミチや学園長に呼び出されて出て行ったかもしれない。エヴァの奉仕が最優先事項になっている茶々丸は予定を白紙に戻し、駆動系のメンテナンスプログラムを走らせる。
「私は、今暇を持て余している」
 茶々丸に『退屈』や『怠惰』という感情は無い。作られた物に過ぎない茶々丸にそういう感情は組み込まれていない。
 茶々丸は高度に暗号化したファイルをメモリの奥から取り出す。
「解凍…実行…」
 いちいち口に出す必要はまったく無いし、茶々丸の製作者の一人である聡美が聞いたなら驚くことだろう。
 茶々丸は人ではない人形なのだ。人の形をした物に過ぎないのだ。
 メモリ上に担任の教師の姿が再生される。いつの間にか増えたファイル。基本的に茶々丸は記録した動画データは消さない。消す必要が無いほど、茶々丸HDの容量に余裕があるからだ。重要度ランクは聡美がメンテナンスの時、その都度割り振り…不必要としたものは削除される。
 自分の記憶を他人によって決められる。
 茶々丸は残念だ…人間で言えばそんな感じなことを考えていた。
 メモリには赴任当時のネギ・スプリングフィールドの動画データは無い。茶々丸のメモリの中には2003年2月に担任になった。
 その出来事がテキストしか残っていない。
 記憶としては、それで十分だからだ。
254エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/01/26 20:15:56 ID:RJ0nwlM8
 しばらく前から日課になっている担任教師である少年の動画データを繰り返し再生すること。
 メモリに記憶されたデータは削除するか、されるかしなければ絶対に消えることが無い。記録したデータを再生する必要は茶々丸には無いのだ。
 記録した時にテキストで保存されてメモリの肥やしにするしかないデータ郡をいつしか、整理し、保存して繰り返し再生する。
 茶々丸の表情に変化は無い。無機質に立ち尽くし何処ともつかない視線を漂わせていた。
 元々茶々丸が一人でいるときに表情の変化をする必要が無い。表情や感情的なものは茶々丸を見る他の物の印象や、人間らしさを演出する機能でしかない。
 一人でいる時にやる必要はないのだ。
255エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/01/26 20:17:28 ID:RJ0nwlM8
「ナンダ笑ッテルノカ?」
 エヴァのもう一人の従者であるチャチャゼロが聞く。AIが自動的に判断して副人格を起動。茶々丸は『命令』を無視することはできない。AI人格はあらゆる情報は判断の対象になるからだ。反応するようにできている。
 だが、茶々丸は再生を中止することはしなかった。もっと見ていたいと思い。AIの中に副人格をコピーして動作系を委譲、チャチャゼロとの対話に対応させる。
茶々丸とゼロの間には大きな違いがある。ゼロには主体性があるのだ。『思う』という感情がゼロにはあり、茶々丸には無い。
 茶々丸の思考は製造された物で、ゼロの思考は発生したものだからだ。
 製造という手段で思考する存在になった茶々丸には思考という行為は作り物にすぎず、ゼロの思考は、魔法により意思があるように生み出された存在ゆえに自律してしまった。ゼロの思考方法は人間のそれと同じだ。
 簡単に説明すれば、食物を製造すれば、その過程で味が決定される。食物を発生させればどうなるか?
 製造という手段をすっ飛ばして、いきなり発生した食物の味がどうなるのか? 聡美がエヴァに聞いたことがある。
「ゼロから1に結果だけ持ってきた。数式にすれば 0=1 に魔法でそうしたんだ。だから1は1だ。その結果のみだ」
 つまり、思考するものを発生させれば、その思考形成をすっとばして意思が出来上がってしまうということらしい。科学では絶対にできないことだった。
 科学の塊である茶々丸が態々、副人格を作ってまで再生し続けることを選んだ。ありえないことだった。
「オモシレェ」
 いつもと変わらない茶々丸の返答に殆ど無視してゼロはつぶやいて人形に戻った。
 あるいは人の形を取るというのは、意思を生む魔法なのかもしれない。
256名無しさん@ピンキー:05/01/26 20:32:24 ID:vDox+DnZ
この板最強のネ申キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
257名無しさん@ピンキー:05/01/26 21:49:35 ID:nCGENyVI

      ,.'´  `ヽ
      i iiハハハii
    ヽ| &゚∀゚&ノ  楽しいエロ!失禁小説!脱糞バランス!!
     へノ   /     仮契約は糞尿交換、ヘイ!
        Ф ノ      
        | | >  
        | |   
        | |  ジ
        | |   ヤ
        | |  |
        | |   
        | |  
        | |   
        | |  
        | |   
        | |  
        | |   
        | |  
        | |   
        | |  
        | |   
        | |  
        | |   
        | |  
    (      )
    (       )
   (        )
   (         )
  (_______)
258246:05/01/27 00:55:16 ID:KLwADkRt
やっぱり、漏れの出る幕ではなかったネ。
大人しく巣に帰りまつ・・・・・・_| ̄|○
259名無しさん@ピンキー:05/01/27 00:57:25 ID:DFrg5AAL
>>258
↓に来なよ。今閑古鳥だし…
http://so.la/test/read.cgi/negima/1098160943/
260名無しさん@ピンキー:05/01/27 01:26:06 ID:IMW5Nte+
馬鹿赤=帽子屋だったなんて知らなかった…
261名無しさん@ピンキー:05/01/28 14:08:21 ID:hQih2Gzk
ここの住人って頭おかしいんじゃない?
分別も何もないな
何でこの作品でエロを考えたがるんだろうな
この作品でエロを考えるなんてまじただの基地外
こういう奴が性犯罪犯して人を傷つけるんだろうな
反論できんだろ?
もうちょっとまともに生きろよ?な?
262名無しさん@ピンキー:05/01/28 14:21:07 ID:0XPClL66
目からうろこが落ちました
263名無しさん@ピンキー:05/01/28 18:32:40 ID:V5I92bYF
>>261
性犯罪をする勇気がないから(ry
264名無しさん@ピンキー:05/01/28 18:42:35 ID:9t08WeyZ
先日、孫がビデオを見ているととんでもない言葉に耳を疑いました。
「オッス オラ 極右」
主人公は異星人との紛争を暴力によって解決しようとするものでとても、子どもには見せられる内容ではありません。
また主人公がピンチになると金髪で青い目に変身します。
(元々の主人公は黒髪で黒い目をしています)
時代遅れの脱亜入欧的表現に笑ってしまいましたが、こういう所から同じアジアの同胞への差別が始まるのかと思うと薄ら寒い気がします。

 そして、最後の必殺技は、全ての人々から元気を少しかけてもらい巨大なエネルギーにするというものなのですが、
その表現が更に恐ろしい全ての人々が両手を天に上げる、そう万歳なのです。
万歳をした人から力を奪い取り、敵を撃つという図式は戦中の構図そのものでその衝撃にへたりこんでしまいました。
このような番組を見て育つ子どもの将来が非常に心配です。この国はいったい何処に進んでいくのでしょうか。

>>261
これは某新聞の投書。あなたの言うことはこういった発言をする人に
問題定義するようなもので、意味ないと思います。

少なくともここで小説書いてる人は自分の意見が万人に受けるとは
考えていない分、まだまともだと思う。
265なり猫 ◆1En86u0G2k :05/01/28 18:49:12 ID:H6Xgn87l
こんにちは夕映編

「キスはまずいですよねぇ…」
夕映はネギの力になるためにも仮契約がしたかった
しかしキスをするということはのどかへの裏切りだと思っている
刹那さんも明日菜さんも木乃香さんもしている。それはすべて非常事態があったからだ
のどかのは私の仕業だが、お互いの恋心のためだと思っているのでまったく問題はないと思っている

私がネギ先生に好意を抱いてるのは事実にしても…、キスはまずいだろう
もちろん興味はあるし、したくないかと言われればしてみたいという結論になる。無論ネギ先生前提ナ話だが
「あれ、夕映どこに行くのー?」
「ちょっと図書館に資料を取りに行くのですよ」
「わ、私も行こうか〜?」
のどかに着いてきてもらってはまずい。のどかには幻のドリンク"マキシマムゲソ"を探してきてもらうことにした
これでしばらくは帰ってこれないだろう。と、いうわけで図書室に待たせてあるネギ先生のもとへむかった

図書室に着くとネギ先生が本棚を適当に見て回っていた
「あ、夕映さん。どうしたんですか?」
いつもどおりのキチッとした格好だ。肩にはカモさんがひょこんと乗っている
「早速本題なのですがキス以外に仮契約に方法はないんですか?」
「あーう…」
やはりネギ先生は困っている。
聞いた話だが契約についてはカモさんが指導したらしくネギ先生は分からないのだろう
目線をカモさんに移すとカモは葉巻を吸って口を開いた
「あるんだけどよー、ようはキスじゃなくても相手の液体が出る場所から液体をもらえばいいんだよ」
(液体をもらう…?)
「本契約はセックスなわけだけど、それに準するものなら仮契約できるんだよ」
266なり猫 ◆1En86u0G2k :05/01/28 18:50:16 ID:H6Xgn87l
つまり前戯と呼ばれるモノでしょうか… つまり性的交渉に値するものでないとダメなのでしょうか
しかしそんなことのどかの手前できるわけないですし…、のどかがいなけえばするのかと言われれば即答はできないのですが
やはりのどかを思う気持ちがあるゆえに私はブレーキをかけなければならないのです。あの子が男性が苦手で、ネギ先生を本気で好きだと分かっているからこそー

「キスがダメなら下はどうだい?」
下? 下とは?
「フェラってやつだな」
ネギ先生はキョトンとしている。意味を分かっていないのだろうか。おそらくそうであろう
10歳の子にそんなことをするなんて、その前にそれはキス以上にまずくないだろうか?
「のどかの姉さんもネギ先生のためなら許してくれるんじゃねーか。それにキスはしてないって言えば深く追求しやしないべ」
そうだろうか。論理的に考えようとするものの上手く思考がまとまらない…
キスをするという事実がマズかったのか…、あれ、キスしなければ良かったのでしょうか…
やっぱりマズイです! 精液を飲むなんて、恋人同士でもなければ私達は先生と生徒で…、ああああ〜、頭が熱くなって真っ白に…
後で思えばのどかを裏切ることになるにせよキスで済ませれば良かったんだ。私としたことが…
若さゆえの過ちとはこうも後で情けなくなるものかと痛感したわけですが、この時ばかりは好奇心がブレーキを破壊したわけだった

「ネギ先生、宜しくお願いします」
ネギは自分に協力したい、というのが全面的に出ているためか断るに断りきれないようだ
「力になりたいんです、お願いします!」
ネギは肩をゆさぶられながら思った。ドラゴンを倒すと言ったときの必死さと同じだ
「そんなことまずいですよ、先生と生徒なんですから…」
(兄貴、これは兄貴のためにやってくれてるんだぜ?)
(そ、そうだけど…、フェラってなに?)
267なり猫 ◆1En86u0G2k :05/01/28 18:51:51 ID:H6Xgn87l
(まぁ、大人の階段を上るためには必要なことだな)
何故だがネギの体は興奮しはじめていた。大人の階段という言葉にわくわくしてしまう
「わ、わかりました」
「ありがとうございます!」
夕映は一呼吸つきネギのモノをさする
何故かネギのものはすでに膨らんでいた
「はうっっ!?」
慌ててネギは夕映を静止しようとする
「私に任せてください…、経験はありませんが!」
「え、ええ〜…」

(ふー、こんな時のためにHな気分になる魔方陣をひいててよかったぜ。兄貴も嬢ちゃんも気づいてないみたいだしな
 これも仮契約のためだぜ…、プレイが過激なほど報酬もあがるしな)

(続け)
268なり猫 ◆1En86u0G2k :05/01/28 18:55:10 ID:H6Xgn87l
健康なダメ人間です( ´D`)ノ
後編を後日。
269名無しさん@ピンキー:05/01/28 20:00:23 ID:bvf+4juP
今書いてるやつ才能ないから書かなくていいよ、邪魔
270名無しさん@ピンキー:05/01/28 21:37:38 ID:uBDWtmmx
>>267
そんな事無いぞ。ガムバレ。うん。
271名無しさん@ピンキー:05/01/28 21:40:05 ID:sO3pZot+
まったく面白くはないが頑張れ。
272名無しさん@ピンキー:05/01/28 22:44:23 ID:XTn4/cdq
よく湧いてくるすれだな
273名無しさん@ピンキー:05/01/28 23:56:12 ID:H6Xgn87l
            ,,,-ー'''''''''ー- 、_ 
          ,, '":::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.         /::::::::::::i:::::l::/ ヾ:::!:::iヾ:::::::::i  .。oO(投下されてるんだからまったりしよう)
         !:::::::::::./l///  ヽ!、.i iヽ::::',
.        !:::::::::::l __   ____. i:::::i
         !::::::::::::l           i:::::i
.        !:::::::::::::l      '    .i:::::i
        !::::::::::::::l ヽ,_  ─  ,,/i:::::i
        ! :::::,l:::::l'   ヽ,-- イ ,,_ i::::i
.       !:::: /l:::::l -'''" ヽ_,,,,,!l /i::/
       !::、'ヽl:::/\_,,-, 丶,,,!l -/ / ヽ
         ' `    "  ` '  "  ''  `
274名無しさん@ピンキー:05/01/29 00:40:14 ID:7KBM/ped
まったりした隙に
ぼくちゃんがうんぽこ食べちゃうよ
275名無しさん@ピンキー:05/01/29 00:41:14 ID:7KBM/ped
orz
何言ってんだろ俺
276名無しさん@ピンキー:05/01/29 03:22:09 ID:0fiLidRI
>>274 275
あんたきっといい人だ
277名無しさん@ピンキー:05/01/29 12:08:56 ID:cZK8+CW8
【悦楽】猟奇的な葱魔【退廃】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1106967334/
278名無しさん@ピンキー:05/01/29 19:21:55 ID:Kp9b9ydb


     ,.'´  `ヽ
     i iiハハハii
     | $゚∀゚$   う○こと尿という私の魅力は?
     /   ⊃
    (__⌒) 。
    人  (_)  。
   (  ) ブリッ   。 シ
   (   ) ブリッ   。 ャ
  (    ) ブリッ   。|
  (     ) ブリッ   。
 (      ) ブリッ   。。
(       ) ブリッ   。 。
(______) ブリッ  。 。 。
   (゚д゚;) なり猫 ◆1En86u0G2k
279名無しさん@ピンキー:05/01/29 20:01:30 ID:BLaif0sh
>>なり猫

ごめん、普通に面白くないw
280名無しさん@ピンキー:05/01/29 21:28:46 ID:tJ6Bla7Z


                     ,.'´  `ヽ
                     i ||ハハハ||
                    ヽ| $゚∀゚$ノ 呼んだ〜?
                     へノ   /     
                       Ф ノ      
                       | | >  
                       | |   
                       | |  ジ
                       | |   ヤ
                       | |  |
                       | |   
                       | |  
                       | |   
                       | |  
                       | |   
                       | |  
                       | |   
                       | |  
                       | |   
                       | |  
                       | |   
                       | |            | ̄|
                       | |       | ̄| |  |  冂
     | ̄|                 | |        |  | |  |  | |   | ̄|
| ̄|__|  |┌┐  | ̄|   | ̄|    | |     |  ┌┐| ̄ ̄| 冂  | || ̄| 
     | || |冖L」  |―| ̄| |_厂|-┌┐_冂  |||   | 冂| ̄|    |┌―┐

281名無しさん@ピンキー:05/01/29 22:25:18 ID:2QbQohy3
今書いてるやつ才能ないから書かなくていいよ、邪魔
282名無しさん@ピンキー:05/01/29 22:33:21 ID:9DEbX1aA
;― ―) 今週はアニメ見逃した座薬です
例によって嫌な方はスルーしてください
番外編は今回で終わりっす

長編番外編完結
「ホテル襲撃、その4」
283「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:34:17 ID:9DEbX1aA
 ざあ、ざあ、ざあ、と擦れる音が聞こえる。
 大きなタコを纏った男が、1人の少女の腕を掴んでずるずると引き摺っていた。
「ふうむ、まあまあ楽しめたっちゅうとこか」
 引き摺られているチャオに意識はなく、まるで死んでいるようにぴくりとも動かない。
 腫れ上がった頬に押し潰されるような形の目が少しだけ開いているが、混濁していつもの輝きはない。
 口の端からはどろりと血が零れ落ちている。
 チャオは全裸になっていて、その白い肌にはべっとりと墨が付着している。胸から背中、尻から足まで真っ黒
になっていて、全身にある痣を上手く隠していた。
 ざあ、ざあ、と引き摺られるたびに、擦れている腹や足などの皮膚は破れ、掠れた筆のような赤い痕跡がぽつ
ぽつと付いているが、タコは全く気にしていない。
「小田原氏、御迎えに上がりました」
「ぱっぴー! 小田原サン」
 音もなく屋上に接近してきた輸送ヘリから聞こえてくる剛柔の声は、タコ男のよく知っている者たちの声だ。
「うむ、ご苦労さん。ところで二階君、まさか君が光仙のアッシー君だったとは知らんだなあ」
「違います」
 タコはチャオを抱きかかえ、その式神のヘリにぴょんと飛び乗った。
「……あの小田原氏、本当に違いますからね」



 ホテルで発砲事件発生、ホテルに爆発物が投げ込まれた、などという通報をいくつも受けた所轄の警察は、
近くを巡回していたパトカー3台を現場に急行させた。
 ホテルに警察が到着した時、煙はすっかり晴れていたし、異変の痕跡といえば自動ドアが溶けてできた穴と、
燃え尽きて灰になった新聞紙だけだった。空気には微かに焦げ臭い匂いが残留していたが、人の出入りが激し
くなるにつれてゆっくりと霧散していく。
284「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:35:21 ID:9DEbX1aA
 特に目立った怪我人などはなく、客は皆元気そうだった。一部の客は説明を求めて従業員に詰め寄っており、
そこに火災報知機が作動して非常階段を降りてきた集団が加わってきて、最早収拾がつかなくなっている。客
やホテル従業員の誰もが、起こった現象を正確に捉えきれていなかった。
「いきなり報知機が鳴り始めて……」
「女の子が光の剣をくるくるって」
 自分が見たことに関して熱弁を奮う者も沢山いたが、しかし、「魔法みたいだった」と言う者はいても「あれは魔
法だ」と言う者はいない。心の中では思っている者もいるが、口には出せない。魔法というワードが持った不思
議な力が場に働いていた。
「えーと、すみません、もう一回最初から……」
「だからぁ、いきなり火の玉がロビーに飛び込んできて……!」
 警察の事情聴取に「光の剣」「火の玉」「バリアー」などが飛び交う妙な事態に、聞いている方もだんだん頭が
痛くなってくる。しかも数百メートル向こうのガソリンスタンドでは玉突き事故が起こり、現在進行形で大爆発炎
上中である。両者に関連があるのかないのか、というより何が起こったのかも正確に分からないままに警察は
対応に追われており、ホテルにいた警察の一部は交通整理にかり出されていった。


 混乱が続く中、ヘリが一機ひっそりと、音を立てずにホテル屋上から飛び立っていく。


 この怪事件の捜査は3日後に、有耶無耶のうちに突然打ち切られ、それきりとなった。

 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
285「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:36:25 ID:9DEbX1aA
 京都府某市の街外れに存在している、巨大な邸宅―――。
 かの雪広財閥とも肩を並べる財閥―――「三条」の本家である。

 政財界に大きな影響力を持ち、関西呪術協会理事の中でも近衛家に次ぐ権力を持つ三条家―――。
 その私設軍隊は西日本全域に駐在して治安を維持し、その戦力は中小国の国軍を上回ると言われる。かつ
て<妖怪たちと共謀して大規模な叛乱を企てた>とされていた村が、三条軍の介入により一晩で消滅したのは
「まさか本当に消滅させるとは……」という意味で伝説となっている。
 また、経済面でも三条グループが日本を動かすと謳われるようになって久しい。
 戦後のあらゆる改革の干渉を許さなかったその巨大権力は膨張を続けている。表向きは独立していても、裏
では三条の傀儡という企業も無数にいる。総勢38000社の<組織連合>―――その経済界の都市伝説とされ
ている存在のトップの三条翁は、協会理事の権限でその勢力をさらに肥え太らせた。
 数年前から、近衛家は三条を押さえ付ける政策をとり始めるようになり、その現象はようやく落ち付く。

「葉加瀬聡美、チャオ・リンシェン両博士を拘束、および、護衛の西洋魔術師1名を殺害。小田原たちは2分ほど
前に県境を越えて関西領域に入りました。関東からの追手はかかっておりません」

 濃赤の着物を纏ったその女性は、静静と事態の経過を報告し続けている。度が強そうな丸眼鏡が、その素顔
の印象を全く逆のものにしているが、本人は気にしていないようだった。
 部屋には彼女のほかに、淡い青の着物をきた少女と、背中が直角に曲がった老翁が1人いる。
 女性の肩の上にはふわふわと、異星人のイメージに使われそうなピンクのクラゲが浮かんでいた。大きさは数
センチほどで、女性の声に相槌を打つように「みい、みい」と可愛らしく鳴いて、足をくにゃくにゃ動かしている。
286「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:37:36 ID:9DEbX1aA
「それと、戦闘の過程で爆発事故が起こり、一般人に数十名の死傷者が」

「そのようなことは良い―――」

 凛としたその声は夜の空気を抵抗なく通過し、耳の鼓膜を心地良く震わせてくる。
「いつものように貴女が、その権限で処理しておきなさい。くだらないこと」
 少女はそのような報告をされるのか理解できないように、きょとんとしてそう言った。
 それは拒絶ではなく、そこらの蟻が踏み潰されてもどうでも良いというような、無関心の色が濃い。
「処理いたしますが、それを報告するのは私の義務でございますので、後2分ほど―――御容赦を」
 女性は変わらないペースで報告を終え、そっと一礼して沈黙する。
「みい、みい」
 と、肩のクラゲが可愛らしく鳴いた。
 少女―――三条こずえは報告を聞き終え、
「ふむ、つまり、予定通りに計画は進んだわけね」
 と、一定の評価を下して、ようやくにっこりと微笑んで見せた。
 それは見舞いの時に木乃香に見せたものとは正反対の、牡をばりばりと食べる牝カマキリのような攻撃的な
ものである。端整な顔に浮かび上がる獰猛さは、相乗効果でより美しく、より怖く映る。
「御爺様、いよいよ近衛への御恩返しの時ですわ」
 と、こずえは三条翁に告げた。
 近衛と言った時に、こずえの表情に濃密な殺気めいたものが浮かんで、すぐに笑顔の底に沈んでいった。
 彼女が「近衛」と言う時は、近衛家全体ではなく近衛木乃香のみを指している。
「麻帆良の<闇の福音>が無力化した今―――挙兵にこれ以上の好機はございません」
 合わせるように、報告者の女性は1枚の写真を差し出してきた。
 そこに写っているのは、こずえとほぼ同じ歳の、1人の少女である。
 空色の髪に赤い瞳を持った少女、心なしかその写真からは儚げな雰囲気が滲み出ている。
287「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:39:27 ID:9DEbX1aA
「この娘は?」

「名は和泉亜子、例の隕石落下事件までは麻帆良学園に在籍していた生徒です。しかし、今は事件の犯人とし
て若狭湾の、例の島に投獄されました。<闇の福音>の魔力を奪った人物です」

 三条翁の問いに、報告者の女は淡々とそう告げる。
「こいつはいろいろと使えますわ。こちらに引き込みましょう」
 こずえは唇の端を吊り上げて嗤った。
「問題はこの和泉亜子とかいう娘に、三条に誘われる価値が理解できるかどうかです。下等な教育しか受けて
いないでしょうし、望み薄ですわ。それ以前にあの島の中で、既に頭が壊れている可能性もある―――まあそう
なれば魔力タンクになってもらうしかないのですが、厄介なのは頭が無事で、我々に反発してきた時―――」
 報告者の女性はゆっくりと肯いた。
「はい、こずえお嬢様の指示通りに、和泉亜子の家族、及び近しいと思しき関西圏の親族、合計17名に監視を
付けました。命令を下せば1分以内に彼らは、交通事故やガス爆発に巻き込まれることになります」
 こずえは華のようににっこりと微笑む。

「和泉亜子が駄駄っ子だった時は、そいつらを何人か消すなりして、教育しなければならないわ」

 こずえは立ち上がり、そしてそっと襖を開けた。
 夜風がばたばたとこずえの髪を嬲る。
 浮かんでいる満月はぽっかりと欠けていて、それが満ちるにはまだ数日かかりそうだった。
 魔物の時間、化生の時間。
 そして魔法使いと、裏の世界の住民の時間。
 夜が始まれば世界は変わり、理も全てが変質する。
288「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:40:49 ID:9DEbX1aA
 しかしそれも昔の話だ。
 太陽の時間も、月の時間も、全てのルールは三条が決める。

「そう―――三条に従う以外に道はない―――」

 月を掌に収めようと、こずえは手を伸ばしてみる。
 誰もが1度はやって、結果は同じだったこと。
 こずえの指は月に重なり、やはりそのまま空を切る。
 こずえはうっとりと、
 その実現を見る。
 夢を見る。
 蟻を見る。
 駒を見る。
 空集合を見る。
 三条たる―――三条故に―――三条のための。
 秩序、システム、権威。


「東西の統一は近いわ。全ては<三条>の名の下に―――」


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
289「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:42:18 ID:9DEbX1aA
「綺麗な月やなあ、せっちゃん―――」
 半分消失した屋敷の屋根の上で、木乃香は夜風を浴びながらぼんやりと、欠けた月を眺めていた。
「はい、お嬢さ……そうやねえ、このちゃん」
 近衛家の人間たちははらはらしながら、屋根の上の木乃香と刹那を下から見守っている。木乃香に近づくこと
を許されたのは刹那だけだったのだ。
「これから、ウチはどんな償いをすればええ?」
 月明かりに照らされた木乃香は刹那に、静かにそう問いかけた。
「やってしまったことは仕方がありません。自分の行いはいずれ、自分に返ってくるといいます」
 刹那の言葉に、木乃香は嘆息するように目を瞑った。
「し、しかし、それは悪いことだけではありません。良いことをすればするだけ、それも自分に返ってくるでしょう。
で、ですから、その例えば、和泉亜子さんに謝罪するとか、復讐を受けるとか、そういうことだけではなくて……
これからお嬢様が為されることも大切ではないかと、あ、つまりその、魔法を使って困っている人を助けるとか、
お嬢様は協会の長になるわけですから、世界平和のために貢献するとか、プラスの方向で……。お嬢様には
才能も財力も権力もあるわけですから、やろうと思えば何でもできます。お嬢様が自身を犠牲にして罪を償うの
には反対しませんが、牢屋に入るとかではなく、これから多くの人々を救っていくのも、和泉亜子さんへの償い
になるのではないでしょうか。そうすれば……」
「ねえ、せっちゃん―――」
 木乃香はすっと目を細めて、少しだけ声を震わせて言った。


「それ、本気で言ってんの?」


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
290「ホテル襲撃、その4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/01/29 22:44:20 ID:9DEbX1aA
 人がいなくなった京の街、欠けた月の下を、白髪の少年が1人で足音も立てずに歩いている。
 少年は昼間の京都観光で見つけた、道路に編み込まれた魔方陣の術式を解析しながら、ある場所に向けて
歩いていく。無表情で、まるで感情など存在していないようだった。
 ステルスを展開しているので、誰かに遭っても認識もされない。
 少年の足が、ぴたりと止まった。
 その場所には血痕と、人が倒れていたことを示す白いテープが残っている。
 昼間の京都観光中、少年の眼前で、1人の少女は頭を撃ち抜かれて即死した。誰も気付いていなかったが、
少年はそれを魔法使いの仕業だと確信している。方法はまだ分からないが。
 その時、何かが接近してくる気配を察知し、少年は用心のために素早く建物の影に隠れた。


 一匹のヘリ状の式神が低空を、音も立てずに飛んできて、少年の頭上を通過していく。
 それは東海地方某市でホテルを襲撃し、そして京都に戻ってきた二階の<百機夜行>だった。
 しかし、中にチャオや聡美たちが乗っていることは、少年はこの時点ではまだ知らない―――。


 少年はふむ、と唸って、
「どうもはっきりしないことが多いな。計画実行前に少し情勢を探っておくか―――」
 そう言って水溜りの上を通った瞬間、最初から存在しなかったようにふっ、と消えた。




                                      長編番外編―――完
                                      to be continued 亜子長編PART4 「京都事変」
291座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/01/29 22:45:34 ID:9DEbX1aA
*― ―) というわけで長編番外編は終了、亜子長編PART4に続きます
内容は>>43にある通り

次は長編の続きか短編か考え中
ではまた
292名無しさん@ピンキー:05/01/30 01:42:12 ID:VVY1WV5F
オリキャラに詳しい設定や名前までつけるというのが厨臭いと感じるのは俺だけ?
作品の設定段階でのキャラ名をそのままつけたりするのも
293名無しさん@ピンキー:05/01/30 02:55:31 ID:AAHjtqwi
エロパロスレって面白いかってよりエロいかエロくないかだな
294名無しさん@ピンキー:05/01/30 04:34:01 ID:0+S5oUBG
最近オリキャラが混じってても違和感を感じなくなった
それはそうと職人方乙です
295シンデレラ夏美・舞踏会編:05/01/31 17:27:46 ID:oIObxwS6
昔々、あるところに貧乏だけど仲の良い3姉妹がいました。
優等生だけど、どこかがズレてる長女のあやか。
家事も仕事もこなすけど、怒らせると超恐い次女の千鶴。
そしていまいち目立たない三女の夏美。

今度ネギ先生のお宅で、舞踏会を行うそうです。ネギ先生が3度のメシより
好きなあやかは、息をするごとく当然、といった具合に申し込みました。
そして…

あやか「これ!ネギ先生のところから舞踏会参加のお返事が!」
千鶴「あらまぁ、私達も伺ってよろしいのね」
夏美「あれ…私の分が無い…?」
千鶴「アナタはお友達との約束があるんでしょう?
    だから2人だけにしておいたじゃない」
夏美「あ、あれは無しになっちゃって…」
要領の悪い夏美は、こういうところで2人と差が出てくるようです。

あやか「それは残念ですわね。…あぁ〜何着ていこうかしら♪」
夏美「え〜〜やだ〜!私も行きたいよ!」
  ばちーん
夏美「あばっ!?」

何の前触れもなく、千鶴は夏美の横っ面を張りました。
3人の知り合いであり、武術の達人でもあるクーちゃんは千鶴のことを
「無拍子で打撃を放つことのできる天才アル」と評していました。

千鶴「アナタは『行かない』と自分で行ったのよ。たとえ予定が変わったと
    しても、自分の発言には責任を持ちなさい」
あやか「べ、別に殴らなくてもよろしいんじゃ…」
夏美「うう…ごめんなさい…」
296シンデレラ夏美・舞踏会編:05/01/31 17:32:26 ID:oIObxwS6
マジギレ3歩手前の千鶴を前に、あやかもフォローできません。
三女の夏美は、大人しく家で留守番することになりました。


夏美「あ〜あ…どーせこの世は美男美女が得をする世界なんでしょ。やだやだ」
そのとき、いきなり扉を蹴り開けながら3人の女の子が入ってきました。

パル「そんなショボクれたあなたにご朗報〜〜!」
のどか「え、え〜と、毎度どうも。ま、魔法便利屋です」
夕映「魔法であなたの望みを叶えてさしあげるです」
3人の女の子は、ファミレスの店員のように一方的にまくし立てました。

夏美「わぁ、何!?何!?」
女の子の一人が本のようなものをめくり、読み始めました。
のどか「え〜と…『むらかみなつみ』さんは…何々?
     舞踏会に一人だけ行けなくて、落ち込んでるんですね」
夏美「な 何でそれを!?」
夕映「魔法使いですから」
パル「5000円で舞踏会に行けるようにしてあげるけどな〜〜?」
夏美「5000円〜!?そんな大金あるわけないでしょ!」
事情も説明しないまま、話を進めようとする3人。夏美は腹いせの分も含めて
悪態をついてみました。単なる事実を話しているだけですが、彼女にとっては
立派な悪態のつもりです。

夕映「本当ですか?のどか」
のどか「えっと…本当みたいだよ。エキセントリック貧乏なんだって書いてある」
夏美「何に書いてあるのよ!もういい、ほっといて!」
パル「わかったって!1000円に負けてあげる」
夕映「ちょっと待ってください。それじゃ雑誌一冊買ってお終いです」
のどか「し しかたないよ。図書館でリクエストしとこ?」
夏美が3人に依頼をした、ということがいつのまにか前提になったまま
内輪で話し始めました。夏美は「無視すんな」と心の中で突っ込みました。
297シンデレラ夏美・舞踏会編:05/01/31 17:37:17 ID:oIObxwS6
夕映「それでは魔法をかけるです。チンチンプイプイ〜〜♪」
   ぼわん!
夕映が珍奇な呪文を唱えると、夏美の周りから煙が吹き出ました。

夏美「やったぁー、これで私もお姫さ… って何この格好!?」

夏美はてっきりシンデレラのようになれると思っていたら、現れたのは
網シャツに紫色の上着、スカートに網タイツ、といった「こんなヤツ2次元か
風俗にしかいねーよ」といった具合の忍者☆STYLEでした。

パル「この2人があんたのお供ね。」
楓「どーもでござる」
アキラ「よろしく」
2人の背の高い女の子が、のそっと現れました。

夏美「ちょっと待って!コスプレじゃなくて舞踏会に行くんだよ?」
夕映「そうです。こっそり忍び込むです」
夏美「ええっ!?ドレス着て参加するんじゃないの?」
パル「チケット配ってるからできないでしょーが。偽造するわけにもいかないし」
夏美「忍び込むのも同じくらいマズいでしょうが!」

夏美が一通り喋り終えると、両親が子供を引っ張るように、お供の2人に
腕を引っ張られました。まるで宇宙人を連行するNASAのようです。
楓「つべこべ言わず行くでござる」
アキラ「忘れ物はないよね。よし出発」
夏美「ちょ ちょっと! た 助けてちづ姉〜〜!」

半ば強制の形で、それも正規じゃない方法で夏美は舞踏会に
参加することになりました。


                           様子見て続く
298名無しさん@ピンキー:05/01/31 18:36:54 ID:cRS5WfbA
エロくならない予感
299名無しさん@ピンキー:05/01/31 22:33:40 ID:SSX2DlX2
乙〜。期待してます〜。
300名無しさん@ピンキー:05/01/31 22:41:39 ID:mi1VaDLD
最近上手い人いないな。
301名無しさん@ピンキー:05/01/31 23:37:16 ID:1xzi64zH
>>300
ならば君が上手なSSを書けばいい。
302名無しさん@ピンキー:05/01/31 23:52:04 ID:mi1VaDLD
登場人物とネタを用意してくれ
303名無しさん@ピンキー:05/01/31 23:57:15 ID:1xzi64zH
>>302
まき絵がいいな。ネタは王道で告白→やるでいいと思う。
304名無しさん@ピンキー:05/02/01 00:21:49 ID:HCmIwCrr
他には無いか?
305ジョニー ザ バイパー:05/02/01 00:27:30 ID:vif+/t81
「ネギ君、そんなに怖がらなくてもいーよ♪」
桜子はいつもの口調で言ったが、ネギにとっては怖い状況が起きていた。
「こ、こんなことして 一体なにをする気なんですか!」
ネギは後ろ手に縛られ、ズボンとパンツだけ脱がされていたのだ。

桜子は困惑するネギをしりめに、猥褻な行為を始めた。
ネギの睾丸の形を確かめるかのように指を袋にからませ、かるく握る。
優しく咬むと 手をペニスに移した。

「ネギくんの、ちょっとおっきくなったねぇ♪」
しかし、未熟なペニスは勃起しても包皮に包まれていた。
おもむろに剥きはじめると、ネギが激しく反応した。
はじめて外気にさらされた亀頭が今まで経験したことのない
感覚をネギの神経を支配したのだ。
「いたい!いたいです!!」
「いたい」と云う感覚とはいささか違うが、10歳のネギは
この感覚をそう認識した。
「えー じゃぁやさしくしてあげるね」
そう言うと桜子は 亀頭を口にふくませ、舌で舐め回し始めた。
306名無しさん@ピンキー:05/02/01 00:27:32 ID:YoLS5xYq
レオタードでプレイがいいな
307名無しさん@ピンキー:05/02/01 00:29:11 ID:RMRalMlW
確かにレオタードはいいな。
308名無しさん@ピンキー:05/02/01 00:48:49 ID:HCmIwCrr
まき絵、告白、レオタード
以上?
309名無しさん@ピンキー:05/02/01 00:55:31 ID:YoLS5xYq
じゃあどうぞ
310名無しさん@ピンキー:05/02/01 02:51:21 ID:KejyTnIZ
ヒモも追加キボン
311名無しさん@ピンキー:05/02/01 17:29:00 ID:ZntGDAfR
座薬超!つまんね、消えろや
312名無しさん@ピンキー:05/02/01 19:22:57 ID:++d1er7K

     ,.'´  `ヽ
     i iiハハハii    それでは魔法をかけるです。
     | $゚∀゚$   チンコプリプリ、うんこブリブリ!!!
     /   ⊃
    (__⌒) 。
    人  (_)  。
   (  ) ブリッ   。 シ
   (   ) ブリッ   。 ャ
  (    ) ブリッ   。|
  (     ) ブリッ   。      ぼわん!
 (      ) ブリッ   。。
(       ) ブリッ   。 。
(______) ブリッ  。 。 。
  γ´⌒^ヽ 
  J ,/´从、 
 ノ从l.゚_-゚从  
  ⊂ナツミつ  やめて…何するの…
   く_/_|〉  
    しノ  
313名無しさん@ピンキー:05/02/01 22:23:44 ID:hHyBjkfW
チアの姿で柿崎にリードされるネギというのを希望したい。
314名無しさん@ピンキー:05/02/02 20:05:43 ID:41dEzSD/
>>311
なら座薬氏を超える文章出してみろよ。
315名無しさん@ピンキー:05/02/03 00:37:17 ID:ZetlyTUJ
座薬なんか誰でも越えられる壁だろう
言うなら、エロゲ屋氏(ネ申)だな
316名無しさん@ピンキー:05/02/03 01:28:28 ID:xDBJQz8b
まぁ、求めてるモノは人それぞれだからナー
317名無しさん@ピンキー:05/02/03 13:41:12 ID:9X80rzNW
ここの住人が何回も言ってることだけど、座薬氏はHP立てないのかな。
長編はHP、こっちは短編みたいな書き分けもできると思うんだけどなぁ。
318名無しさん@ピンキー:05/02/03 18:37:26 ID:tCK6i+ke
>>317ナイスアイディア!アッタマいー!
319名無しさん@ピンキー:05/02/03 19:07:53 ID:c0fqC0uf
本人にやる気がないから意味がない
320名無しさん@ピンキー:05/02/03 22:54:19 ID:aLU2fUT0
+MsjtAH+タソハケーン。
321名無しさん@ピンキー:05/02/05 04:35:59 ID:EXg/ZEk6
とりあえず関西連中に相応しい因果応報が下りますように。
322名無しさん@ピンキー:05/02/05 15:18:07 ID:O473RKIO
>>295
アホでスットコドッコイでオモロイw


…で、舞踏会場のステージでSMショーでもやるんかいw
323名無しさん@ピンキー:05/02/05 20:55:55 ID:dI8sCJb4
座薬です
内容は鬼畜、苦手な方はスルーしてください
324「序、」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/02/05 20:57:38 ID:dI8sCJb4
 ………
 ………………
 京都を主戦場にした一連の事件の、何もかもが終わった後、そして痕―――。
 爆発によって地表面は吹き飛ばされ、地形も変化し、あちらこちらから衝撃の残滓である煙が上がっている。
 木の1本も残っていない荒れ果てた地に、2人の少女が向き合っていた。
「<生身>でやっと会えたなあ、ほんまに嬉しいわ。亜子ちゃん」
 にっこりと微笑んだ少女の顔には疲労と、そして安堵の色が濃い。
 彼女は麻帆良学園3−A、出席番号13番、近衛木乃香。
 橙の着物を纏った木乃香は、ふわりふわりと風に乗るように歩を進め、もう一方の少女の方に近づいていく。
「亜子やない。もうウチはどこにもおらへんの。ここにいるのはもう、ただの化物……」
 白髪の吸血鬼は自嘲するようにそう答えた。黒いマントがぱたぱたと風に靡いている。
 魔法的な意味での名前は、戸籍などよりも変えるのが難しい。しかし彼女は名前を変えるのが可能なほど、
別の存在に変質してしまっていた。少なくとも人間ではない。
 彼女は麻帆良学園3−A、出席番号5番、元々の名前は和泉亜子。
「そっか……人間の亜子ちゃんを見たのは、あれが最後になってもうてんな……」
「あれが、って?」
 木乃香は過去の忌まわしい事件を思い出しながら、続ける。
「ウチはあの女子寮の事件があった日、亜子ちゃんを放課後に見てるんよ。たこ焼き食べながら、エヴァちゃん
と茶々丸さんを尾行してたやろ? あの時にウチが声をかけたら、亜子ちゃんと周囲の運命は変わっていた」
 占い師の顔で木乃香は、亜子にそう告げる。
「変わってたやろなあ。でも、例えば?」

「麻帆良学園都市は滅んでた。みんな死んでしもて、街は跡形もなくて、どっかーんって」

 そこで木乃香も亜子も声を上げて笑い始めて、もう可笑しくて可笑しくてたまらないといったように腹を押さえた。
 全てが根こそぎ抉られた爆心地の中央で、2人の少女の笑い声が陽気に響き渡って―――。
325「亜子長編Part4」 ◆FePZUCQ9Q6 :05/02/05 20:59:55 ID:dI8sCJb4




                               亜子長編
                                Part4

                     「―――  京  都  事  変  ―――」



                           「新たな始まりの日(前)」


 AM1:00
「何を話しているのか……ええい、分からない」
 木乃香と刹那が屋根の上で会話しているが、何を話しているかは分からない。
 関西呪術協会の長、近衛詠春は苛立ちを隠そうともせずに、周囲の巫女たちに当り散らすように声を荒げた。
 彼がハイデイライトウォーカーと化した和泉亜子を、木乃香の身代りとして投獄してから数日が経過している。
 いずれ事件が風化し、人々の記憶のアルバムから取り出される回数が減ってきた時に、ひっそりとその事実
を関東でも公開するのが、近衛家の最初のシナリオだった。隕石事件の当事者の中でも、木乃香が犯人だと
知っている者は少ない。しかも、数ヶ月、数年後に、仮に真実を知る者が告発したとしても、既に亜子は廃人に
なっているだろうし、木乃香の記憶も消去されており、どうすることもできないまま有耶無耶になる。
 しかし、それが―――。
「何をぼさっとしているのです! 今すぐ屋敷の者たちを集めなさい。尋問を始めます!」
「は、はい?」
 詠春の命令に、巫女たちは疑問形で返事をした。
「裏切者を探して処罰するのです! 誰が、いつ! 木乃香に和泉亜子の件の情報を漏らしたのかっ!」
「わ、分かりましたっ」
「ただちに集めます!」
 詠春の激昂に、巫女たちが怖がるように走って去っていく。
「絶対に許さんぞ……見つけだして厳罰を与えてやる……」
 詠春はぶつぶつとそう呟いた。
「しかし、本当に、いったい誰が木乃香に情報を漏らしたのだ―――木乃香が犯人で和泉亜子は身代りだと
知っているのは、信用できる一部の者だけだというのに……」


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
 AM3:00
 捕らわれたチャオが最初に要求されたのは、麻帆良学園の研究施設へのアクセスコードおよび、その天才と
呼ばれるほどに常軌を逸した科学の産物だった。チャオと聡美が誘拐された理由には、麻帆良ロボット工学の
機密を奪うことも含まれていたのだ。
 最近、魔法使いの社会で<魔法機械工学>という分野が注目されている。魔法動力の機械への適用、魔法に
よる機械動力の負荷の軽減、その相互関係を構築していくことにより科学と魔法の理論の一体化を行う、一種
のモデルケースとしての魔法ロボット、魔法エンジンの開発、さらに生じる問題点から魔法と科学の方向性の違
いを明確にし、その融合性、および発展性のポテンシャルを評価する―――というものである。
 麻帆良の研究所はこの分野においては世界最先端であり、世界中の魔法使いから一目置かれている。ところ
が関西はこの分野では数年は遅れていると言われており、実際にそれは妥当な評価だった。そんな関西側に
とって、茶々丸を開発した天才少女たちのノウハウは喉から手が出るほど欲しいものなのだ。
「……何だ、わざわざ私たちを攫ったのは、そんな詰まらないことのためだったカ」
「勿論それだけではない。しかし、我々のような凡人にとってはそれも重要でね」
「それで―――はいそうですか、と素直に教えると思うカ?」
「この状態でそんな口がきけるのは大したものだな」
 チャオは全裸で鉄製の椅子に座らせられており、数名の黒服の男たちがそれを取り囲んでいる。
 両足はふくらはぎの辺りをそれぞれ、椅子の左右の前足に鎖で縛り付けられており、きつく食い込んでいるの
か鎖の付近の肌は仄かに赤い。さらに足首の一部が椅子の足に融合している。魔法によって椅子の足の鋼鉄
は変形し、チャオの足を包み込んだ形で硬直した。両手は椅子の背で鎖で縛られている。
 両手足の指の爪は、尋問の過程で失われた。剥がれた後の指を炎で炙られたが、しかしチャオは苦痛に耐え
て機密を吐かなかった。
 その後の様々なステップを経て、チャオの待遇は今に至る。
「……じろじろ見るんじゃないネ。それほど安くないヨ、私」
 足が左右に開いて固定されているので、股間も必然的にそうなる。チャオの股間は70°ほどの角度で左右に
開いており、控えめな黒い森が男たちからまる見えになっていた。それだけではなく乳房も当然丸見えなのだ
が、身体中がホテル屋上でできた蒼痣だらけで、乳房も無惨に変色している。
「ははっ、誰がこんな身体してるやつをじろじろ見るかよ」
「生意気な口聞く天才も、こうなるとなんか哀れだな」
 男たちもそんなチャオの裸体を、性的魅力を感じる以前に見世物のように扱っている。チャオにもそれが伝
わっているのか、悔しげに男を睨んでいた。
「仕方がない。先にこれをしておくか」
 男は懐の黒いケースを開け、中から注射器と黄色い薬品を取り出す。
 薬品を吸い上げた注射器の針から、薬品がぴゅっと飛んだ。
「自白剤か?」
 険しい顔のチャオを見て、男は笑った。
「頭をどうにかする薬物の使用は、お前には禁じられているよ、ドクターチャオ」
 男は慣れた手つきで黄色い薬品を、チャオの右腕静脈に注入する。
「う、ぅ……利き腕にするのカ?」
 得体の知れない薬物を注射されて、チャオも少しだけ呻いた。薬物でぱんぱんに膨れた血管を、丁寧にガー
ゼで押さえた男は、そんなチャオの様子を見て愉快そうに言う。
「安心しろ、ただ筋肉を溶かすだけの薬だ。逃走防止のな」
「なっ、何……」
「せいぜい6時間で、中国拳法どころか右手で箸も持てなくなる」
 そう言って男は、チャオの左腕にも同様の注射を行った。筋肉を溶かす薬物はチャオの右腕だけでなく、左腕
にも同じように染み込んでいった。
「や、止めて……そんなもの打つな!」
「自分で何も持てなくなるし、歩くこともできなくなる。動けないってのは予想以上に辛い」
 男は淡々とチャオの左足静脈にも筋肉溶解の注射を打つ。
「ちょ、ちょっと待つネ! お、お前―――」
「安心しろ、何時間も同じ姿勢だと問題もあるからな、2、3時間に1回はごろごろ動かしてやる。飯は流動食か
点滴かどちらがいい? 紙オムツも慣れれば快適だぞ」
 チャオの右足静脈にも同様の注射、つまりこれでチャオの四肢の筋肉がじわじわ溶けていくことになる。
「せ、せめて注射の成分だけでも教えて欲しいネ……」
「そんなの俺だって知らねーよ。このクスリ作ったの小田原さんだし。ああ、お前捕まえたタコの中の人な」
「あ、あのタコが、作った?」
 チャオが言いたいことに察しがついたのか、男は苦笑いした。
「……見かけによらねーけどあの人、タコなのに専門は呪薬だ。頭いいぞ」

「よらねーで悪かったなあ、つか紹介するならもっと誉めまくってやなあ、俺にくしゃみでも出させんかい」

 暗い部屋に光がさした。ドアを開けて入ってきたのは、チャオにとっては忌々しい件のタコだった。
 チャオに注射をしていた男は失言を聞かれて気まずそうだったが、それほど焦っている風でもない。チャオは
少し観察していたが、周りの男たちの様子を見るに、タコ男はそういう発言で怒る人物ではないようだった。
「なんや強情らしいけどなーチャオちゃん、そういう態度はこの映像を見てから言ってくれるかな」
 タコが取り出した呪符は光を放ち、そのまま即興のモニタになった。どういう理屈か、蜃気楼のように空間が歪
み、その奥に別の部屋らしき光景が見えている。
「チャオちゃんが秘密をお話してくれへんから、聡美ちゃんをいきなり砂時計から解放することになってもうた」
 タコが嗤いながら見せているその映像、それは―――。
「は、ハカセ……!?」
 チャオは愕然として、それを見る。
「チャオちゃんが秘密をお話してくれたら、すぐにでも止めさせるんやけどなー。さてどうする?」
 付き付けられた映像の中で、聡美は男たちに輪姦されていた。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
 AM3:35
「うっ、ふうう、う、うっ、う、う、うっ、う、う」
 両手にかけられた手錠は音を立てるだけでびくともせず、服は砂時計から解放された時点でなくなっていた。
 男は5人で聡美は1人、機械弄りでは世界にも通用こそすれ文化系クラブの中学生の少女である。その筋肉
量だけでも勝ち目がないのは明白だった。
「4人目だとそろそろ慣れてきたんじゃないか」
「いんや、まだけっこう辛そうだなあ」
「まあ早く慣れるこったな」
 血とローションで濡れた聡美の穴に、どろどろと大量の蜜が混じり始めている。
 聡美の膣はペニスを突き入れるたびにきつく収縮した。
 男は動きに緩急をつけて、聡美を導くように腰を動かす。
「ちょっとは感じてるだろ」
「はぁ、はぁ、はぁ、う、はぁ、あ、はぁ」
 髪を乱した聡美は枯れた悲鳴とも喘ぎ声とも聞こえる声を漏らして、涎と涙を垂らしながら男たちを見
ている。少し前までは許しを乞うていたのだが、その気力もなくなって言葉自体が少なくなっていた。
 バックから犯されている聡美の細身が、テンポ良く前後する男の腰に合わせて内側から軋む。
 <気>まで操れる男たちは共通して平均を超越した体格の持ち主で、結合されている聡美だけが針金細工のよ
うに華奢だった。冗談ではなく聡美の身体はいきなり折れそうである。
「あ、はぁー、あー、あー、あー」
「おーおー、よちよち、泣かないでくだしゃいねー、聡美ちゃん」
「もう、やめて、くださ、いーっ。おねがいー、です」
「何、もっともっとやって欲しいって?」
「あ、はー、そんにゃこと、言ってな……」
 ぺちぺちと聡美のほっぺを叩きながら、男がふざけてそう言った。
「おいおいへばるなよー、まだ順番待ってるやついるんだぞ」
 聡美を犯している男根は、十分に硬いが射精の気配はない。男は聡美の子宮口をごりごりと突きながら、馬
にムチを打つように、ぱあん、ぱあん、と聡美の尻を叩く。
「ひいいっ! ひゃああっ! いやああっ! あっ!」
「おいおい、俺たちも混ぜろよ」
 ドアが開いて、ぞろぞろと10人ほどの男たちが入ってくる。
「俺たちもまだ、全然し足りないよ」
 最初に自分を犯した男根が、衰えることなくいきり勃っているのを見て、聡美は本格的に泣き出した。
 ローションを塗られていきなり突っ込まれた聡美にしてみれば、苦痛による涙も悔し涙も無理はない。しかし今
は絶望の涙に変わっている。
「尻の穴もいこう。ローションもってこい!」
「いやー、いやぁー、あー」
 支配される恐怖に、得体の知れない男に弄ばれているという現実がゆっくりと身体に擦り込まれていき、聡美
の高性能思考回路はもう焼き付きかけていた。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
 AM3:50
「……アクセスコードは教える。14桁あるからメモを用意するネ。発明品は全て、私の研究室にあるヨ」
 聡美が輪姦されている映像を見たチャオは、ぽつりとそれだけ言った。
「だから、こんなことは今すぐ止めさせて……」
「はい、よくできました。お利口さん。うんうん、そやそや、若いうちは友達は大切にせなアカン」
 しょんぼりとしたチャオの頭を撫ぜながら、小田原は満足そうに笑う。
「ではさっそく、ホテルのあいつらにも連絡せんとな」


 AM4:00
「―――尋問にずいぶん手間取ったんですね、小田原さん」
≪うっさい。それよりアクセスコードはそっちに送った通りや。お前等、麻帆良に行ったら分かってるな?≫
「はい、対麻帆良工作部隊の先発隊と合流し、計画を実行に移します」
≪うむ、東西緩衝地帯で爆発を起こすこと、そしてチャオ、葉加瀬、両博士の拘束は完了した。任務達成はまあ
良かったわな。しかし、緩衝地帯での爆発なんぞは下準備に過ぎん。本番はこれからや≫
 通信用呪符の向こうで、くっくっくっ、と、小田原の嗤う声が聞こえてくる。
≪次は関西呪術協会も関東魔法協会も大騒ぎや≫
「なるでしょうね」
≪お前ら、麻帆良の奴らを軽く震え上がらせてこい≫
「了解。実行は今から16時間後です。楽しみにしていてください」

 チャオ、聡美、護衛の少女の姿に変わっている工作員の男たちは、爆発の近くのホテルの一室でお互いを見
て、にやりと口元を歪めた―――。


  (続)
334座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/02/05 21:10:02 ID:dI8sCJb4
*― ―) ではまた
335名無しさん@ピンキー:05/02/05 22:44:27 ID:f4eGN/TH
336名無しさん@ピンキー:05/02/05 22:48:28 ID:H/qwLHVQ
筋肉を溶かすクスリだと…!?
せめて鎮静剤か何かにしてやってくれ…
337名無しさん@ピンキー:05/02/05 23:51:52 ID:ZMTl3IQk
>>320
いっそお前が代わりにうp汁。
このせつ神復活キボン。
338名無しさん@ピンキー:05/02/06 00:24:47 ID:vnD4eL2S
>>308マダー?
339名無しさん@ピンキー:05/02/06 00:30:15 ID:WSabs65I
21歳未満のガキのクレクレぶりがウザいです。シンデクダサイ。
340名無しさん@ピンキー:05/02/06 00:59:51 ID:Ks/rewoY
初投稿です。
不備があったら申し訳ないです。
まき絵のレオタードものですが、告白じゃないです。
♪多用してるのでキツかったらすいません。
あと序盤はエロくないです。
341名無しさん@ピンキー:05/02/06 01:01:32 ID:Ks/rewoY
「だめですってばぁー!」
人気のない夜の体育用具室に、ネギが悲鳴をあげながら転びこんだ。
いつも顔にのっているはずの眼鏡はなく、それどころかスーツの上着もなく、なぜか緩んでいるベルトに白いYシ

ャツの裾が垂れている。
困惑しきって泣きそうな表情で立ち上がろうとしたその瞬間に、
「えーいっ♪」
楽しげな声と共に、廊下からリボンが飛んできて、ネギの胴体に巻きついた。
「はぅっ!」
驚き、ネギは自分に腰に巻きついたリボンを見て慌てて取り外そうとする。
しかしあたふたと手をかけている間に、そのリボンを放った当の本人が部屋に飛び込んで、
「ネギくんつーかまえた!」
後ろからネギを抱き締めた。
両腕を押さえつけるように抱きすくめるその腕は、レオタードに包まれている。
「あぁっ!ま、まき絵さん!」
首を曲げて後ろを振り向いたネギが見たのは、いたずらっぽく微笑んでいるまき絵の顔だった。
「もー、ネギくんってば逃げちゃうんだもん。ひどいよー」
何とか逃れようともがくネギを抱きしめたまま、まき絵は耳元で軽く怒ってるようにささやいた。
「そ、そんなの当たり前ですっ!あんなことしようとするなんて!」
しかりつけるような口調で言うネギ。
しかしまき絵はそんなネギの言葉などどこ吹く風で、
「だってネギくんがかわいーのがいけないんだもーん」
しれっと答えた。
「そんなの答えになってませんっ!僕は教師なんです!生徒とああいうことはしちゃいけないってお姉ちゃんが・

・」
「ネギくん、あたしのことキライ?」
突然言葉を遮るように、まき絵が言った。
「え・・?」
まき絵の顔を見つめると、それまでの調子を一変させて不安そうな表情になっている。
「ネギくん・・あたしのことキライなんだ・・」
体を抱き締める両腕から少しずつ力が抜けていく。
342名無しさん@ピンキー:05/02/06 01:03:04 ID:Ks/rewoY
そしていかにも悲しそうな表情になっていった。
そのとたん、ネギの胸には申し訳ないような、なんとかしなければいけないというような焦りの気持ちが満ち始めた。
「そ、そんなことないです!まき絵さんのこと嫌いなわけありません!」
必死になってネギが言うと、まき絵の顔がパッと明るくなる。
「じゃ、あたしのこと好き?」
「えっ?」
正反対の問いに、頭が一瞬カラッポになる。
一瞬前までの調子が嘘のように、まき絵の瞳はキラキラ輝いていた。
「え、えっと・・・その・・・えと・・・」
しどろもどろになるネギをからかうようにまき絵は続ける。
「答えられないってことは好きなんだ〜♪」
そして抱き締める腕にぎゅーっと力をこめる。
「あわわっ、だ、だから違いますー!」
ますます逃れようとするネギ。
と、その時。
不意に腕から力が抜けた。
「え・・」
拘束から突然解放されて戸惑う。
不思議に思ってまき絵の方を体ごとを振り向こうとすると、肩に手がかかり、そのまま勢いよく振り向かせられた。
目の前には微笑んでいるまき絵の顔。
声をかけようとすると、まき絵はニコッと微笑み、
「ネーギくんっ♪」
フワリとネギを抱き寄せて、キスをした。
「・・・んむっ!?」
唐突に唇に感じる柔らかい感触に、思考回路がショートする。
混乱している頭が感じているのは、その甘い感触と、伝わってくるまき絵の体温だけだった。
343名無しさん@ピンキー:05/02/06 01:05:14 ID:Ks/rewoY
思いっきり不備が出てすいませんでした・・。
あと、続き行くべきでしょうか?
344名無しさん@ピンキー:05/02/06 01:18:36 ID:A95AQaCA
うん、続けて
345名無しさん@ピンキー:05/02/06 01:21:37 ID:vnD4eL2S
うむ、悪くない。どうぞ。
346DT60V ◆tsGpSwX8mo :05/02/06 09:01:45 ID:RVB9vm7h
お久しぶりで、GJ!
347名無しさん@ピンキー:05/02/08 08:15:14 ID:0PSmpO+k
せつな強姦もの頼む
348名無しさん@ピンキー:05/02/08 16:48:39 ID:ewAdFZTz
やめてけろ
349名無しさん@ピンキー:05/02/08 18:41:21 ID:FDZUmr1y
けろけろ
350名無しさん@ピンキー:05/02/08 21:48:14 ID:I9p57OsX
大人版ネギvs亜子をリクエスト
351名無しさん@ピンキー:05/02/08 21:54:47 ID:Al8SPH3G
書こうとしてるが、上手くいくかは微妙
エロが入るかどうかも…
352名無しさん@ピンキー:05/02/08 22:22:37 ID:FDZUmr1y
かまわんから投下してくれ!
353名無しさん@ピンキー:05/02/08 22:34:25 ID:fBwMBfTV
転んだネギの手首がのどかのケツ穴に突き刺さるSSはいかが?
354名無しさん@ピンキー:05/02/08 23:34:11 ID:zVsAcLCW
イラネ
355名無しさん@ピンキー:05/02/09 01:32:58 ID:eRKTOZ7Q
*― ―) 座薬です

亜子長編PART4
「新たな始まりの日(中)」
 AM8:00 京都某所
「う、うううう、ハカセ……私の手足、どうなってるカ?」
 聡美とチャオは全裸で地下牢に入れられていた。部屋にあるのはトイレだけで、造りはごつごつした岩であり、
御世辞にも快適な環境とは言えない。待遇を改善して欲しければ、さらに技術、知識面で協力しろという無言の
メッセージが存在していた。
「どうした? 早く教えるネ」
 妙な注射によって手足どころか全身の自由さえ失ったチャオは、仰向けに寝転びながら自分の手足―――注
射を打たれた辺りを聡美に診察させていた。数時間で回復すると言われたが、今のチャオは視力も失っていて
自分では何もできない。
「え、えーとですね……」
「そのまま報告すればいいヨ」
 言うのを躊躇っている聡美の背中を押すように、チャオは聡美に命令する。
「……ずぐずぐというか腐っているというか……注射の打たれた場所から壊死しているように見えます……」
「手足を壊死させる……どんなネタか知らないが、くだらない細工。 あいつらゼッタイ許さんヨ。 この屈辱は数
十倍にして返す。このチャオ・リンシェンを敵に回すのがどういうことか思い知らせてやる」
「ひえー!」激昂したチャオに聡美が怯える。「落ち付いてくださいー」
 ここでチャオは盗聴を警戒して、聡美に耳を近づけさせてぼそぼそと言った。

 ―――<人工太陽>弾を、連中の頭にぶち落としてやるネ。

 聡美の顔は見えないが、どういう顔をしているかはチャオには想像がつく。そもそもタコに教えた研究所のコー
ドは本物だが、チャオの発明品はそこにない。敵に与えた情報のみでは、チャオの叡智には辿り付けないのだ。
 まだチャオたちは負けたわけではない。
 だから聡美もにっこりと嗤っていられるのだ―――おぞましい負の感情を発散させながら報復の時を想って。
 PM0:40 麻帆良学園臨時女子寮
≪えへへー。ネギ先生にアスナも、元気そうで良かったわあ≫
「亜子ちゃんも元気そうねー。何ていうか、寂しくない?」
 苦笑しながらそう言った明日菜の前で、モニタの中の亜子はにっこりと微笑んだ。
 その映像はテレビ番組の生中継ではない。麻帆良学園都市の明日菜たちの部屋と、魔法使い 専門の医療
施設に入院している亜子の部屋がテレビを媒体に、魔法の力で映像として繋がっているのである。水晶玉によ
る投影魔法の応用だった。
≪まき絵とかからも結構メール来るし、お医者さんもいい人ばっかやから、寂しくないよ≫
 亜子はまるでハッピーエンドを迎えた物語のヒロインのように、満面の笑みでそう答える。

 件の「無人都市隕石落下事件」から5日が経過していた。都市の復興が急ピッチで進む中、都市のど真中に
堂々とできたクレーターはマスコミの注目を集め、そのまま麻帆良の観光名所として保存されることが決まっ
た。さすがに隠蔽できるレベルを超えていたため、関東魔法協会も開き直って公開を決めたが、魔法関連の情
報は「怪現象」「奇蹟」などの便利なワードで誤魔化された。

 近衛木乃香は桜咲刹那と共に、関西地方の実家に戻ることになった。明日菜たちに詳しい事情は分からな
かったが、心配しなくていいと学園長は言った。木乃香はいずれ麻帆良に帰ってくる予定らしいが、ただ、それ
がいつになるのかは未定である。
 亜子は専門設備が整っている医療施設に入院し、そのまま吸血鬼化の治療を受けることになった。人間に戻
れるかどうかはまだ分からないが、治療を受ける価値はあるだろう。書類上の和泉亜子は麻帆良学園から、関
西の私立中学校に転校したことになっている。不自然がられないよう、まき絵や裕奈とはメールなどのやり取り
も続けていた。木乃香同様、いずれ麻帆良に帰ってくる予定だと説明されたが、まき絵たちが卒業するまでに
帰ってこれる可能性は低い。 亜子の親にはどう説明したのか、明日菜は少し気になっている。
「亜子さんも治療、頑張ってくださいね。僕たちみんな、亜子さんが帰ってくるのを待ってますから」
 ネギも笑顔を作って、亜子に励ましの言葉をかける。
≪ネギ先生も、ありがとう。あっ、これから検査の時間やから、それじゃあ、また―――≫
 亜子は本当に楽しそうに、嬉しそうに、最後までにこにこと笑っていた。
 まるで事件などなかったかのように、あどけない笑みを浮かべていた。
「………」
 亜子の顔が消えたモニタの前で、ネギと明日菜は重い沈黙に浸っていた。
「これで、最後か……。ネギ、もう仮契約は解約したの?」
「はい、今朝カモ君が……亜子さんには伝えていません」
 魔法使いとその従者として、ネギと亜子が話すのはこれが最後になるはずだ。
 本人には知らされてなかったが、亜子は女子寮事件から無人都市隕石落下事件までの記憶を全て消去され
る。友人に犯され、吸血鬼に噛まれ、蜘蛛の大群に体感10時間も輪姦された記憶など、存在していても幸せな
方向には作用しないだろう。人間に戻れても戻れなくても、それは亜子の重荷を少しだが減らすことができるは
ずである。記憶の整合性については専門家に任せるしかない。
 果たして、亜子の未来がこれからどう転がっていくのか。
 それが少しでも、明るい方に進んでいくことを願いながら、ネギと明日菜は部屋を出た。
 臨時の女子寮は少し狭いが、住めば都という言葉もあるように、慣れてしまえばどうということではない。それ
に、あと3日で半壊した女子寮の修復も完了する。戦場と化した忌まわしき寮も、綺麗な姿でかつての住民たち
を迎えてくれるだろう。
「はん、呑気そうでいいねえ、お二人さん。何も知らない幸せと、知ろうとしない罪かな、さて」
 ネギたちの前に、二つの人影が立ち塞がった。
 長瀬楓と長谷川千雨である。
「……な、何よ、あなたたち」
 戸惑う明日菜に向けて、二人は謳うように言う。
「お主たちには話しておかなければならない。それがせめてもの、拙者の贖罪でござる」
「まあ、取り敢えずは事件の収束を祝っておくか? あの日、結界を復旧してやった者として、な」
 明日菜とネギは言葉を失った。
 麻帆良学園でネギは楓に助けられていたが、まさか千雨が楓の仲間だとは思っていなかった。
「教えてやるよ。―――真実を」


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
 PM4:30 麻帆良学園都市、隕石落下跡
「えーとね、それはちょっとできないんだけどなー」
「なんでなんで?」
「茶々丸は飛べるよー」
 子供たちの無邪気な視線の集中砲火を受けている「お姉さん」は、困った顔で横の「レスキュー君」を眺めた。
 数メートルの円柱にサッカーボールのような頭部を乗せたロボット、ボディには「三条コーポレーション」と大き
く書かれている彼―――「レスキュー君」は隕石落下の麻帆良復興支援ロボである。
 関東魔法協会は三条家を含む対関東過激派との和解を示すように、麻帆良への20人の三条家関係者とロ
ボ1台の出入りを許可した。「お姉さん」は「レスキュー君」の広報担当である。
 しかし茶々丸で目が肥えた麻帆良の子供たちは「レスキュー君」の性能が少し不満のようで、空を飛べと執拗
にリクエストしてくる。「お姉さん」はちょっとうんざりしながら、笑顔で子供たちの追及を避けていた。
 その「お姉さん」目が鋭く、ぎらりと光った。それは集団の前を通り過ぎていった別の集団の、一部の人物とア
イコンタクトをしたのだが、子供たちはそれに気付かなかった。


「あれが三条の「レスキュー君」ですか。こっちの茶々丸の敵じゃないですね」
「まったくだ。まだまだ我々が前を行くさ」
 国際学会から帰ってきた機械工学科の教官や学生たち一行は、少し疲れた顔でさきほど見たロボットに厳し
い評価をつけていた。昨夜のホテルでの白煙騒ぎや近くのガソリンスタンド大爆発の騒ぎでドタバタしていて、
少し寝不足気味である。
「………」
 チャオ、聡美、そして護衛の魔法使いの少女に変わっている工作員たちは適当に返事しながら、集団に紛れ
込んでいた。元々天才ということで少し浮いていたチャオと聡美、部外者である護衛―――今日は発言が少な
いな、と思っている者は集団に数名いたが、そっくり偽者になっていると考える者はいなかった。
 PM6:10

 黒鏡宮の玉座にはウェーブがかかった髪の、しかし幼稚園児の体型の少女がどっしりと座っている。
 その幼稚園児サイズの王の前に控えているのは、ボロボロドレスを纏う灰かぶり姫と、白衣の科学者。
「おのれ魔法少女ビブリオンめ!」幼稚園児が怒りを顕にする。「何とか維持できた肉体はこのレベルか……」
 幼稚園児の胸に抱かれた黒い本が、園児に呼応するように怪しげな赤い光を発してガタガタ揺れる。
 前回で魔法少女ビブリオンに敗れた<黒の導>は、弱体化して肉体も幼児化していた。
「我の復活のために、血肉となる人間の恐怖や絶望を集めるのだ。―――やってくれるわね? なつみ?」
 口調の変わった王の指名を受けた灰かぶり姫は、嬉々として頭を垂れる。
「<黒の導>の復活、この<書剣の3使>「灰かぶり姫の復讐」にお任せください―――」


「……って、何アホっぽい番組見てるんですか小田原さん」
 部下の男が小田原のラボを訪れると、小田原はビデオで録画しながら変なアニメを見ていた。
 ≪魔法少女ビブリオン≫≪ビブリオ・ピンク・フレア・シャワー≫とかテレビから流れている中年の部屋、その光
景はなんだかギャップがすごい。
「おいおい、チャオちゃんにも妙な紹介しやがって、あまり俺をバカにすると、俺の最強の護鬼<ビブリオっち>が
黙っとらへんぞー。お前に熱いキスを御見舞いしまくりや」
「まだ死にたくないので御勘弁を。それより―――例の作戦のことですが、予定通りにPM8:00決行です」
 ふむ、と小田原は唸った。
「じゃあ明日は報道特別番組ばかりで、アニメは中止やなあ」
 PM8:00 京都府某市郊外―――。
 そこはいつもと何も変ることはない。同じ日常の範囲に止まるような微細な変化こそあれど、それは大きく波打
つグラフラインの微弱な振動のようなもので、人々の大半は気にもせずにそれぞれの生活を送っている。
「え?」
 誰かがそう言って空を見て、つられて周囲にいた者も空を見上げる。UFOやスーパーマンにのみ許されるリア
クションを人々にとらせた光景は、まるで赤い怪物が夜の空に飛びたとうとしているように、巨大な炎の塊が盛り
上がっていくという悪魔的な爆発現象だった。
「ち、ちょっとま……」
 人々の顔が炎色に染まり、そして目が眩んだ。

 どおおおぉぉぉおぉぉおおおおおおぉぉぉおおおおおぉぉぉぉ――――!!!

 爆音がワンテンポ遅れて人々を貫いたが、誰も何が起こったかを理解できていなかった。
 ただ、その大爆発は妙な映画や安い特撮に出てくるような甘っちょろいものではなく、至近にあるものを全て
木っ端微塵にしてしまう、圧倒的な破壊力を持った災厄であることは疑いようがなかった。
 赤く染まった星空の下、熱量により発生した上昇気流は巨大なキノコ雲に成長していく。
「う、うわあああっ!」
「逃げろおおっ!」
 誰が先かは定かではなく一斉に走り出す人々の流れに逆らうように、爆発に近づこうとする男が1人いた。彼
は偶然そこにいた近衛家の関係者だった。
「な、なんてことだ……! 核、いや、炎系の魔法か―――し、しかし、あの爆発の場所は―――」
 男は総本山に報告しようと慌てて携帯電話を取り出し、繋がると悲鳴に近い声で叫んでいた。

「き、緊急事態! 三条の本家が殲滅魔法と思しき爆撃を受けた! とにかく、すぐに人をよこしてくれ―――」


(続)
363座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/02/09 01:44:01 ID:eRKTOZ7Q
*― ―)今回はハッピーエンドを考えています

一応、レスキュー君は>>52にもいます
ではまた
364名無しさん@ピンキー:05/02/09 01:44:27 ID:c4n8yTLY
久々にリアルで見たけどエロないぶんいまいちやな。
まあGJ
365名無しさん@ピンキー:05/02/09 12:29:38 ID:iqIwxA3C
エロパロに存在し続けるためのおざなりなエロなんていらねえよ
さっさと消えろよ屑
366名無しさん@ピンキー:05/02/09 13:22:51 ID:KRCJ2E0P
まずは藻前が消えろ
話はそれからだ
367名無しさん@ピンキー:05/02/09 18:01:10 ID:ge4ss5E2
思ったんだが……別に自分でHP作らんでも、何処かのサイトに投稿するとかすれば?
十八禁SSが置いてあるサイトさんに片っ端から声掛けてけば、おkしてくれるとこ一つぐらいあるだろうし。
こういうシリーズは、こんな場末の板でやるよりどっかのサイトでやるべきだと思う……
368名無しさん@ピンキー:05/02/09 18:12:13 ID:bShlZwVj
やつにとってこここそ”どこかのサイト”なんじゃないか?。
場末だから好きなようにやれるとか思ってるんじゃないのか。
あとパートナーを見つけたとこでここと同じこといわれて、組んだ相手がかわいそうな気もする。
369名無しさん@ピンキー:05/02/09 19:34:56 ID:PBBkjCbs
と、>368が意味不明なことを申しております。
370名無しさん@ピンキー:05/02/09 19:37:01 ID:ZkwLqVMM
座薬はうpロダに上げてリンクだけ貼れ。
371名無しさん@ピンキー:05/02/09 20:06:17 ID:tU3rKD3w
どうせほっといたって誰も使わないんだし、
ありがたく拝ませてもらっとく。
372名無しさん@ピンキー:05/02/09 20:44:11 ID:aXU2sJeI
読むのが嫌なら、このスレ来なければいいのに
373名無しさん@ピンキー:05/02/09 20:45:19 ID:63F7rANk
職人であふれていて、一週間もたたんうちに
次スレ移行するスレなら座薬など必要ないが…
374名無しさん@ピンキー:05/02/10 00:58:52 ID:ocLecbnP
載せられたから読まなきゃいけないわけでもねーし。軽くスルーすりゃいいよ
読みたくないのは俺は当然のようにスルーしてるし

…嫌いだからってだけで読まずに否定するのは(ry
375名無しさん@ピンキー:05/02/10 01:45:35 ID:knLmOPs0
江川達也の理想の女性=水野遥、オオアヤマリ
赤松健の理想の少女=しのぶ、のどか


赤松健はロリコン
376名無しさん@ピンキー:05/02/10 06:41:43 ID:9IUF5vEU
>>375
何をいまさら。
377エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/10 07:38:02 ID:avpWPWaA
規制解除おめ。
ようやく規制が解除されました。
まさか茶々丸投下した直後に鯖全体を規制されるというタイミングの悪さ。

今週の魔法生徒(女子)がツンデレWスールで
全裸に剥かれて、羞恥に震えながら裸で女子寮に帰るも、
師匠(あの黒人の眼鏡教師)に交互にお仕置きされるのを妄想。
需要あるかなぁ。

あと、茶々丸需要あったんですか?
378名無しさん@ピンキー:05/02/10 07:53:08 ID:x1X1FdB/
エロゲ屋さんおめっとさんです!
379名無しさん@ピンキー:05/02/10 09:40:58 ID:fmQx7Lq1
>>377

 : : l : + ll: :|ミ=l|l| | | |〃〃〃〃| l|〃' '  仁||三三ニ三
  - -:. ll: :り |l| ``""     | l|   ニ三||三三ニ三
: l .: l : .: ll /lミ |l|          l ||   ニ三||三三ニ三
:+-: :.:.: :ll/ :|リ 乂         ノリl     ̄||三三ニ彡ィ
: | :.:.:.:.:.: :l::.:._|'           _斗-―‐  ||カミツ rゥ }彡||
: : :,:'' ; : :l:._[^‐-=、l  、 k=ィチr=r==ォ=  ||リミ /}`} |〃||
: : ':,.,,'.. l : :弍_ほテぅ_ r  イ-tin^` ̄ r彳ミ└ | }イ| ||
: :  :  l : : |  i:'´ l i     ヽ i  :  ,イ/|l リ )フ ,イ| | ||
: : : : : l   l  li  | i l     i i   /,1 ll fノ,イ | | | ||
 : : : :: l : : ハ i.  l l l     i i    |l{ | (l|__.ィ| | | | | ||
    l l ,'  ヽu   、__-      .i   |川 f.l|/| | | | | | ||
    : l .l   ヽ   L     il  :    / l| | | | | | | ||
   : : ヽl : : :  リヽ   -ー‐→  :i :   /l  :l|.| | | | | | ||
 : : : : : : |`    | : .ヽ   ̄     li : / l  ,'l | | | | | | ||
: :     l  :   l :  ヽ         i /. :.: l / .l | | | | | | ||
      l  : : l   /ヽ      /: : : ::  /  l_| | | | | | ||
      ヽ  : :  ,'  `ーr┬イj    : : /: :  ソ`ア}| | | ||
        : :  ノ    ノ |        ,'   / / ヽ|.| ||
     . . : : : : ´ : : / /|         l  / /   `ー


ようやくまことの萌えにめぐり会い申した
あなたが規制されていた月日 今は悔ゆるのみ
今日ただいまより そのSSをキボンさせて頂きたく…
380名無しさん@ピンキー:05/02/10 14:12:00 ID:ZcRxtwHZ
>>375
「巨乳の熟女系が好みのタイプ」とどっかで読んだ覚えがあるが?
381夕凪:05/02/10 20:48:19 ID:2ESJ2HUW
http://gomingo.asianbum.com/ifcode01/index.html
エヴァファン必見・・・はっていいのかな?
382名無しさん@ピンキー:05/02/10 20:50:24 ID:ArwTgOJJ
>377
>あと、茶々丸需要あったんですか?
待ち焦がれている訳で…
383名無しさん@ピンキー:05/02/10 21:33:16 ID:OfmH3NWT
座薬は空気読めよ…荒らしよりタチ悪いな。
384名無しさん@ピンキー:05/02/10 21:53:54 ID:x1X1FdB/
誰もSSださねーんだから別にいーだろ。
385名無しさん@ピンキー:05/02/10 22:25:26 ID:n7r+fSCR
むしろ藻前が空気嫁

むしろ座薬が居ねぇとスレ落ちんぞ?

そんなのも分からんのか?藻前は?
386名無しさん@ピンキー:05/02/11 01:55:50 ID:n+IYNvHa
いや、別にそれはないよ
387名無しさん@ピンキー:05/02/11 22:24:15 ID:q2K7aE73
うん。この板そんなに流れ速くないからな。
空気の読めなさはかなりのレベルだ。
もはや板違いの領域にまで達してきたのに延々と続けて。
オナニーの見せつけなら自サイトでやれよ。
388名無しさん@ピンキー:05/02/11 23:24:54 ID:+CYA+TrA
ごちゃごちゃうるさい
無能な名無しは黙ってろ
無能は黙ってろ
389名無しさん@ピンキー:05/02/12 00:38:50 ID:iwtq6UFy
座薬が嫌い=無能 書けないのにうだうだ言う=無能

らしいですぜ姐さん
390名無しさん@ピンキー:05/02/12 00:57:15 ID:D/KdSx/P
>>389
>書けないのにうだうだ言う=無能

当然だろう
391名無しさん@ピンキー:05/02/12 03:09:00 ID:5n03+7xS
>>390
……確かに。
392名無しさん@ピンキー:05/02/12 11:38:57 ID:orjJ+IET
↑座薬乙。
馬鹿か。書き手がいて読み手がいて成り立ってるんだろうが。
393名無しさん@ピンキー:05/02/12 14:27:03 ID:DgAawNnj
座薬さんはフォローが早いネー。
394名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:18:59 ID:UJGGw47w
>>392
読み手は黙って読んでればいいんだよ
無能なくせに生意気なんだよw
395名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:22:36 ID:tpbpI0/x
>>394
コテ出せ糞職人
396名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:25:45 ID:i1hbYziF
誰か、座薬さんのために鬼畜専用スレでも建てれば?
397名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:28:42 ID:UJGGw47w
>>395
無能な名無しはただ「乙です!」とか「神キター」とか「期待してます!」とか言ってればいいんだよw
無能なくせにごちゃごちゃ言うんじゃねーよw
398 ◆C.P.qAcSPY :05/02/12 21:34:32 ID:tpbpI0/x
ごめんなさい調子に乗りすぎました
399名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:39:18 ID:UJGGw47w
>>398
一番糞な職人は誰だと思う?
400名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:41:36 ID:KE3Cf91s
そうやって藻前らがすぐ議論するから職人さんたちが投下しずらくなってることに何故気付かん
401名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:43:18 ID:UJGGw47w
>>400
ID変えるんじゃねーよ馬鹿赤!
この腰抜けが!
402名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:44:24 ID:tpbpI0/x
>>399
お前
403名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:46:21 ID:KE3Cf91s
>>401
馬鹿赤と一緒にしないでくれ
404名無しさん@ピンキー:05/02/12 21:47:01 ID:UJGGw47w
>>403
すまなかった
405魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:01:32 ID:GyZ9ibdR

                秘密のスクールライフ



 み、みなさん、こんにちは。
 わたし、麻帆良学園中等部3−GA組の桜葉(仮)っていいます。
 まだ本当の名前はないしょなの、ごめんなさい。
 えっと、それで……これって本当はみんなにお話しちゃいけないんですけど、わたし実
は麻帆良学園で秘密の魔法生徒をやっています。トレードマークは頭の後ろの髪飾りと、
いつも持ってる魔女の箒。一応、美化委員なのは、お掃除の振りをして学園内をパトロー
ルしているからです。まだまだ未熟なわたしだけど、ウルスラ女子高に通うお姉さまと二
人一組で学園の治安維持に頑張ってます。だけど、今日はちょっとショッキングなことが
ありました。
 その原因は、今年になってこの麻帆良学園へ新しい魔法先生としてやってきたネギ・ス
プリングフィールド君。最初は10歳の魔法先生なんて、本当に大丈夫かなと思っていた
けど、実際に現れたネギ君はとってもかわいくてお利口そうな男の子でした。あれなら、
中等部の女の子がみんな夢中になってしまうのも仕方がありません。いまでは、3−A女
子の人たちのことをクラスのみんながうらやましがっています。もちろん、わたしを含め
て……。でも、本当はそうじゃなかったのかも。
406魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:02:14 ID:GyZ9ibdR
 こんなこと、自分で言うのは厚かましいと思われちゃうけど、最初はネギ君のお世話を
わたしが出来るんだって信じていました。だって、わたしは魔法生徒として麻帆良学園に
入学していたんだし、わたしのクラスにネギ君が担任として赴任すれば、いろいろとフォ
ローしてあげられるから。だけど、実際はちがいました。ネギ君は学園長先生のお孫さん、
近衛木乃香さんがいる2−Aの担当となりました。そのときは少しさびしかったけれど、
しょうがないと感じていました。なんといっても木乃香さんは関西呪術協会の長を務める
方の娘さんであり、おじいさんの学園長先生は麻帆良学園をふくむ関東魔法協会の協会長
さん。はっきり言って、わたしなんかが太刀打ちできるお嬢様ではありません。それに木
乃香さんはとっても美人だし……。
 わたし、本当に相手が木乃香さんだったらネギ君のお世話が出来なくても、それはしょ
うがないんだってずっとあきらめていました。

 それなのに……。
 それなのに、わたし見ちゃったんです。
407魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:03:14 ID:GyZ9ibdR


 今日は麻帆良祭を間近に控えたお休み前の週末。放課後のパトロールを終えたわたしは、
夕食前にちょっと早いバスタイムを取りました。いつもならたくさんの人であふれている
寮のお風呂も、泊まり込みで設営の準備を進めている生徒たちが多いのか、わたし以外に
は誰の姿も見当たりません。浮かれて、さして上手でもない鼻歌を奏でていると、脱衣所
のほうから物音が聞こえてきます。気恥ずかしくなってわたしはつい、物陰に隠れてしま
いました。だって、いつもそんなに目立つような女の子じゃなかったから。
 様子を伺っていると、ガラスの扉を開けて誰かがお風呂場に入ってきました。湯気の中
から姿を現したのは、髪の長い女の子。その格好を見て、ちょっとビックリです。彼女は
水着をつけていました。
 入学したての一年生じゃあるまいし。
 そう思っていると、彼女のうしろからもう一人、別の人物の声が聞こえてきます。少し
キーの高い男の子特有のソプラノ。驚いて正体を確認すると、そこに見えたのは間違いな
く腰にタオル一枚だけを巻いた裸のネギ君でした。もう、この時点で何がなんだかよく分
かりません。ドキドキする胸の鼓動を抑えながら、成り行きを見守るだけです。
408魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:04:36 ID:GyZ9ibdR

 女の子はネギ君をプラスチック製の腰掛に座らせ、まずは頭からお湯を浴びせます。
 それから、逃げ出そうとするネギ君の肩口を押さえ、桶の中から取り出したシャンプー
を彼の頭に降り注ぎました。

「あ、明日菜さん! 自分で出来るから放してください!」

「だーめよ。そんなこといって、また水で流して終わらせるつもりなんでしょ! 明け方
にあんたの髪の匂いで起こされるわたしの身にもなってみなさい。まったく、駄目だって
いっても毎晩毎晩、いつの間にかベットの中にもぐりこんで来るんだから!」

「あううううぅ……」

「ほーら、これで頭はおしまい。つぎは体よ! さっさと背中を向けなさい!」

 女の子は慣れた手つきでネギ君の頭や体を洗っていく。
 彼女の名前、『明日菜』さん?
 そういえば聞いたことがある。学年でも有名な3−Aのバカ五人衆、通称バカレンジャー
の一人でバカレッド、そして近衛木乃香さんのルームメイトである神楽坂明日菜さん……。
 以前からちらほらとうわさは届いていました。ネギ先生のお姉さん役を自ら買って出た
という奇特な人。なるほど、この様子を見ればそれも納得です。口ではなんだか面倒くさ
そうなことをいっていますが、本当にいやなら赤の他人の男の子の裸なんて、絶対に見た
くはないはずですもの。
409魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:05:21 ID:GyZ9ibdR

「ほら、背中流すわよ。背筋伸ばしなさい」

「あう……。あ、あついですよ、明日菜さん」

「わがまま言わないの。まったく、先生の癖にお風呂が嫌いだなんて、ほかのクラスの人
に知られたら、受け持ちのわたしたちが恥をかくんだから。はい、うしろはOK! あと
は前のほうを洗うだけよ」

「あ、あとは自分で出来ます! もういいですから、明日菜さん!」

 ネギ君は恥ずかしそうに訴えて、明日菜さんの腕を振り解きました。それから、あわて
たように腰のタオルを手に取って自分の体を磨こうとしたのですが、どうにもうまくいき
ません。どうやら、さっき頭にかかったお湯が目にしみるらしく、うまくまぶたを開けら
れないようでした。

「もう、しょうがないんだから……」

 あきれたように明日菜さんがつぶやき、ネギ君からタオルを奪い取ります。そして、ゆっ
くりと彼の肩や腕を洗っていき、次第にその手が下半身へと伸びていきました。

「あ、明日菜さん。ぼく……」

「もう、何、恥ずかしがってんのよ? あんたみたいなおこちゃまの裸なんて、わたしは
別にどうってことないんだから、おとなしくしていなさいよね!」

「は、はい……」
410魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:06:48 ID:GyZ9ibdR

 明日菜さんは堂々とした態度で半べその男の子を制してしまいました。返事をしたネギ
君の声は今にも消え入りそうなほど小さいです。
 でも、そのあとに展開された光景はわたしにはとても信じられない代物でした。

「あ、明日菜さん……」

 うしろから明日菜さんに抱きつかれた格好のネギ君。その口から漏れる声音が少しずつ
艶を帯びたものへと変化していきます。突然、どうしたんだろうと思って目を凝らすと、
わたしの視界に力なく開かれたネギ君の足の間が飛び込んできました。白いボディソープ
の泡に包まれた、まだちっちゃな男の子の部分。その場所で怪しくうごめく白く細い女の
子の手のひら。

「こら、バカネギ。あんた、まさか生徒のわたし相手にいやらしいこと考えてるんじゃな
いでしょうね? そんなことじゃ、先生失格よ」

「ち、ちがいます、明日菜さん。でも、ぼく。ぼく……」

 いつの間にか、背中越しに腕を伸ばした明日菜さんは手にしたタオルを捨てて、直にネ
ギ君の大事な部分をまさぐり始めている。ぴったりと上半身を相手に密着させ、いやがお
うにもネギ君に胸の部分の感触を強く意識させようとしていた。

「わたしはあんたのお姉ちゃんに頼まれて、仕方なくやってあげてるんだからね。まった
く、赤の他人の女の子にお風呂の手伝いをさせるなんて、本当にガキなんだから!」

 辟易した様子で明日菜さんはネギ君に向かって悪態をつきます。でも、わたしはその瞬
間、見ていました。うしろからネギ君の股間を覗き込んでいる明日菜さんの表情は、かい
がいしく弟の面倒を見るやさしいお姉さんのものではなく、どこか悪戯を企む好色な女子
中学生のものに相違ありませんでした。
 まだ幼い男の子の芽生え始めたばかりの性感を思いのままもてあそんでいく指の動き。
そのリズムに合わせて、わたしはいつしか自らの股間に自分の指先を沈めこんでいました。
411魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:07:46 ID:GyZ9ibdR

「ほら、ネギ。もうちょっとできれいになるんだから、身動きしないの」

「だ、だって、明日菜さん。ぼく、ぼく、ぼく……ぼく、もうぅっ!」

 一瞬、ネギ君は大きく上半身をそらせ、すぐに力なく背中を明日菜さんに預けてぐった
りとしてしまいました。みだらな手淫からようやく開放されたネギ君のまだ剥け切ってい
ない白鞘。いまだ精通を迎えていなかったからなのでしょう。そこからは白濁したほとば
しりではなく、一筋の放尿が滴り落ちていました。

「う、う、う……うぅ〜っ!」

 我に返ったネギ君は、あまりの羞恥心からか両のまぶたから止め処なく涙をあふれさせ
ています。

「なによ、ネギ? また泣いちゃったの」

 怪我した悪戯小僧をあやすような明日菜さんの声。

「だ、だって。だって、ぼく……先生なのに、お風呂でまたおしっこ……」

「あ〜はいはい。でも、しょうがないわよね。いっつも最後まで我慢できないあんたがい
けないんだから。そのおかげで、あんたの体を洗うときはこうして人気のない時間帯を選
んでばっかり。ほんと、いい迷惑よ」

 巧妙にすべての責任をまだ性の意味すら理解していないネギ君一人に押し付け、明日菜
さんはシャワーで男の子の股間と尿で汚れた足元を手早く洗い流していく。

「う、う……。ご、ごめんなさい……明日菜さん」
412魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:08:30 ID:GyZ9ibdR

 すっかりしおらしくなってしまったネギ君は、背中を丸めるようにして相手のなすがま
まを受け入れた。じっと体をこわばらせたまま、明日菜さんが濡れた頭や背中を絞ったタ
オルで拭きあげていくのを我慢している。

「はい、これで全部おしまい。それじゃ、さっさと上がるわよ。こんなところ、またいい
んちょにでも見つかったら、なに言われるか分かったもんじゃないんだから」

「はいぃ……。ありがとうございました」

 すっかりお姉さん役に戻った明日菜さんがネギ君をイスから立ち上がらせ、片手をつな
いだまま脱衣所のほうへと引き上げていく。

「まったく、そうやって素直な振りした夜に限って布団の中にもぐりこんでくるんだから、
あんたってば」

「だ、だって……。村にいたころは、お風呂を我慢した日の夜はお姉ちゃんがご褒美に添
い寝してくれていたから」

「はいはい。お姉ちゃんの夢を見たあとはさびしくてたまらないから、わたしのところへ
来るんでしょ? まったく、夜になるとただの子供なんだから……」

 二人の話し声がガラス戸の向こうに消えた。
 わたしといえば、いつの間にか果ててしまった体を床に横たえている。
 上気した肌にタイルの冷ややかな感触が心地良い。
 秘所をまさぐり続けた指先。ようやく股間から抜き出して、手の平にまとわりつくぬめ
り気の多い蜜の量を確かめる。こんなに濡れたことはお姉さまに悪戯をされたときでもな
かった。
413魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:10:15 ID:GyZ9ibdR

「ん……。ネギ君」

 体の奥底でくすぶり続けている何かの残り火。その誘惑に抗しきれず、わたしはついさっ
きまでネギ君たちがいたあたりに場所を移し、誰も入ってこないのを確かめながら何度も
何度も自分を慰めました。
 そしていま、今日起こったことを秘密の日記帳に書き込みながら、左手をパジャマのズ
ボンの内側に滑らせて……。ふ……う、くぅっ……! 
 ネ、ネギ君……………………。
 好き、とっても大好き……。


 もうすぐ麻帆良祭です。
 期間中、ちょっとでもネギ君と一緒になれる機会があったらいいな。

414魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/12 22:11:41 ID:GyZ9ibdR
ちょいあとがき

あー。箒娘タソ、可愛すぎですね……。勢いで仕上げた小品なのに、なぜか描写が始まると
字数が増えてしまいます。ま、中身はよくあるようなアスネギものなんで、あんま箒娘タソ
かんけーなかったわけですが……。
そういうわけで、お暇でしたらちょろっと目を通してやってくださいますよう、お願い申
し上げます。スレ住民の皆様方、ではでは。
415名無しさん@ピンキー:05/02/12 22:21:40 ID:Cp84SWgj
>魔法先生らぎ氏
こんな流れの中、正統エロパロSSを投入してくれたあなたに敬意を表する


そして改めて思った「ほんと座薬はイラネーな…」
416名無しさん@ピンキー:05/02/12 23:13:49 ID:wPzhp3PF
>>415に同意。
417名無しさん@ピンキー:05/02/12 23:20:03 ID:UJGGw47w
>>415に反対
418名無しさん@ピンキー:05/02/12 23:20:47 ID:UJGGw47w
>>414
GJ
すごいよかった!
419名無しさん@ピンキー:05/02/12 23:30:48 ID:+hOZ5wVn
ここで糞職人が登場して総叩きの予感
420名無しさん@ピンキー:05/02/13 00:15:45 ID:c1tm+9gn
>こんなに濡れたことはお姉さまに悪戯をされたときでも
雪広せりか(仮名)とそーゆー関係なのは、既成事実でつかw

まぁ、何にせよ、新規の書き手に対して、閉鎖的な雰囲気は否めないねぇ・・
421名無しさん@ピンキー:05/02/13 12:55:41 ID:tI1a/GHQ
新たな書き手が誕生したことで盛り上がって欲しい。
正直、何でもいいので投下して欲しい。
422名無しさん@ピンキー:05/02/13 15:18:22 ID:1YvLIbm6
他スレで既出の上、エロくなくてもいい?
423名無しさん@ピンキー:05/02/13 15:29:03 ID:tI1a/GHQ
全然OK
424名無しさん@ピンキー:05/02/13 15:29:13 ID:8OTb39fK
よろしくお願いします。
425422 ◆a6ZAIILX0U :05/02/13 15:40:45 ID:1YvLIbm6
リンクだけ。萌えスレ全部見てる人も少ないだろうから、未見の人も多かろうかと。
絵が消える前に。 

【ネギま!】ウェールズ関係者萌えスレ【魔法の郷】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1096801274/373-380

続編も書いてる(描いてる)けど、遅筆ゆえ、このスレが落ちるまでには間に合いそうもない・・。
426名無しさん@ピンキー:05/02/13 16:07:37 ID:8OTb39fK
座薬と同じじゃねーか・・・。
427名無しさん@ピンキー:05/02/13 16:35:40 ID:hHCa2cot
しかも挿絵が精神的ブラクラ……
428名無しさん@ピンキー:05/02/13 16:42:28 ID:MuVQwMre
>>422
一つだけいっとこーか







  も  う  来  る  な
429    ◆a6ZAIILX0U :05/02/13 16:49:12 ID:1YvLIbm6
予想通りの反応だったか、まあいいや。
430名無しさん@ピンキー:05/02/13 17:25:42 ID:J1mYUc8d
ここじゃやめたほうがいい。
あなたもHPつくりなさい。
431名無しさん@ピンキー:05/02/13 20:30:57 ID:z7fOX3wZ
ねえ皆が一番好きな職人は誰なの?
432名無しさん@ピンキー:05/02/13 20:47:34 ID:CJ0pGkXV
どなたか楓ドS責めのこのか受け 書いてくれる人いませんか??
433名無しさん@ピンキー:05/02/13 21:01:50 ID:z7fOX3wZ
どなたかじゃだめだよ
頼むときは指名しなきゃね!
434名無しさん@ピンキー:05/02/13 21:26:44 ID:CZZOhA6C
書いてみたいがエロが書けない・・・。
( ´A`)ダメポ。
435名無しさん@ピンキー:05/02/13 22:47:28 ID:CJ0pGkXV
えっと〜…指名ってどなたがいるんですか??
436エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/13 23:00:12 ID:bKhU7jW5
>>432

わ、わたしは駄目でしょうか?
437名無しさん@ピンキー:05/02/13 23:09:57 ID:UXcXj7tT
>>436
いや、あんたしかいないよ
限界を超えた域に達してるのはあんたしか・・・

受けに鳴滝姉妹も入れくれれば嬉しいな、と
438名無しさん@ピンキー:05/02/13 23:16:56 ID:CZZOhA6C
>>436
確かにあんたしかいない。
オレはかなりの期待を持っている。
良SSが投下されそうな予感。
439名無しさん@ピンキー:05/02/13 23:17:32 ID:CJ0pGkXV
436
書いてくださるんですか?!
おもいっきり楓メインでよろしくお願いします!
440エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/13 23:25:11 ID:bKhU7jW5
あの、助けに入った刹那も陵辱という展開はありですか?
441名無しさん@ピンキー:05/02/13 23:27:13 ID:CZZOhA6C
さらに良SSが投下されそうな予感。
442名無しさん@ピンキー:05/02/14 00:41:12 ID:yCSA5QnS
440
それもアリアリです!
これはかなり久しぶりの激エロSSの予感…
443名無しさん@ピンキー:05/02/14 00:44:55 ID:ZbNB2e4L
このスレに投下した職人達。一部。

84氏 “インタビュー・ウィズ…………” (>>122最後。完結してない。)
猫になりたい ◆1En86u0G2k(>>268最後。完結してない。)
>>135-136
TOPMAN
シンデレラ夏美・舞踏会編(続きは書かれないのか?)
魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i(>>413 完結。)

完結してないのは完結させてほしいね。とりあえずエロゲ氏に期待なのですよ
444エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/14 01:37:16 ID:+oX6+na8
楓ドS責めのこのか受 その1 楓。依頼を受けるの巻き。

「拙者このような命令は聞けないでござる。修行中の身。命令を聞く義務はないでござるよ」
「甲賀の忍は個人的な感情で任務の遂行を妨げるようなことはない。どうやら、学校とやらに通わしたのは失敗だったな。すぐにこちらに戻ってまいれ、手が汚せないとならば、だれぞ変わりに派遣するでござらん」
「そうはいってないでござる。修行中の身に任務を受ける大役、務まる自信がないといっておるのです!」
 楓の語尾が荒い。いつもの余裕が感じらない。焦っていた。
「それで、だれぞ変わりのもを派遣すれば、薬でも使って追い返す腹だろう。楓!」
「そ、それは…」
「わたしとて、年端もいかぬ小娘をかどかわす任務、進んで受けるほど性根は腐っておらぬ。だが、我らは所詮、影に生きる身。この手は血で汚れるのは必然なのじゃ。結局、楓、お前が必死になっても甲賀のだれかが、お前の友達を…」
「わ、わかりました。」
 楓は姿を現し、地面に片膝をついて頭をたれた。
「甲賀中忍長瀬楓、近衛木乃香の依頼、期日まで必ずや…」
「わかった、もはや何も言わぬ。つらい任務になるであろうが…いや、拙者がかける言葉でもあるまい…」
 あたりに気配が消えた。どうやら足早に立ち去ったようだ。
 楓は手にあった胡桃をゴリゴリと弄ぶと一思いに潰した。まるで、わずかに残った良心を握りつぶすかのように。
445名無しさん@ピンキー:05/02/14 02:03:14 ID:y0WOtXw0
はやっ!
早すぎるよあんた。
考えながら書いてるのかな?
ある意味座薬氏より凄いかも。
446エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/14 02:06:16 ID:+oX6+na8
楓ドS責めのこのか受 その2 楓。木乃香を浚う

 ターゲットの近衛木乃香とはクラスメート。挫けそうになる。こうするのが当たり前でそのための技術だったはず。自分の力はけして人助けのようなものではないとわかっていたはずだ。
 楓の格好は学園、中等部のいつも着ている制服。ターゲットが一人でいる時間はほとんど無い。
日中は神楽坂明日菜と大抵一緒で、放課後は図書館探検部の3人か桜咲刹那と一緒にいる。
 友達をどこの誰とも知らない誰かに売り飛ばすというのに、私はまだ、この生活を続けようとして痕跡を消すことを考えている。
自分なら『まだ』、正面から堂々と獲物を浚える。
あのかわいらしい先生が本気になって刹那や明日菜を従え、のどかに心を読ませてやっても叩き潰せるだけの力がある。そうしてしまえば、いっそ完全な悪役になってしまえば気分はいくらか晴れるかもしれない。
 葛藤をほとんど顔に出さずに楓は部屋の前に来た。
 気配は完全に消している。部屋の中の気配は一つ。間違いなく近衛木乃香に間違いなかった。
 朝、ネギは教師ゆえにかなり早く登校する。明日菜も同様だ、バイトの時間が長引けばそのまま学校に行く、ふたりをそういう風に仕向けたのは自分だ。
 今、部屋の中にいるのは木乃香一人に間違いなかった。
 楓は短刀を抜くと一息でドアの隙間に切り抜いた。
音も立てずにロックを切り離すと、開くと同時に中に入る。その間、足音する出さないで目標の背後に回り、薬で眠らせる。そのままぐったりと床に倒れる木乃香。
 楓はやっと一息をついてあたりを見回した。残念ながら誰もいない。静寂が耳に痛かった。
 ほんとうに小さい。普通の女子中学生の体はこんなにも小さかっただろうか。
 抱きかかえるとその軽さに楓は戸惑った。
 思わず自分の腕と触り比べてしまう。細い腕が柔らかい弾力を返し、自分が凶悪な獣のような気がする。
気がするのではなく、獣にならなければならない。
 楓の存在意義はそれぐらいしかないのだから…。
447エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/14 02:32:29 ID:+oX6+na8
楓ドS責めのこのか受 その3 楓。木乃香を汚す。−1

 薬が良く効いているのか、木乃香は軽い寝息を立てて寝ている。寝ているわけではない、楓が自分の意思で木乃香の意識を奪ったのだ。
 楓は、木乃香のブラウスの袖をまくり、アルコールに浸してある脱脂綿で消毒して、注射器を静脈に打つ。
 木乃香は潜在能力で言えば高レベルの治癒の術を誇る術者だ。並みの薬では早く覚醒するかもしれない。少し強めの睡眠薬と、甲賀の性奴隷を調教するときに使う媚薬をブレンドした薬液を注入しておく。これでもう後戻りはできない。
 木乃香の口に猿轡をして、後ろでに縛り上げる。足を折りたたんで、身体も折りたたむ。焦らずおちついて誰にも気取られないように。
 楓は持ってきた大きな麻袋に木乃香をいれる。その跡に学園指定のかばんに入れると軽々と肩に担いだ。
 そそくさに、玄関に近寄って廊下に気配が無いか探る。
 2分、楓にしては長いが入念に探ってからゆっくりとドアノブをあけて外に出た。
 心臓が思いのほかに早鐘を打つ。
 まず、木乃香に軽い調教を施すために、学園の裏手にある廃校舎に連れて行く、その後は、週末に甲賀にある専用の監禁部屋で人格を変えるほどの調教を加える。
そういう風にやると子供のころに教わった。他の誰かにやられるぐらいなら自分の手で友達を壊した方がいい。
手早く木乃香を鞄ごと置くと、楓は全速で、それこそ学園都市を縦横に走る電車より早く教室についた。
まだ来ているのは部活組だけで、他の一般生徒の姿は無い。
授業が始まり、一日が過ぎる。近衛木乃香の姿が無い。一時間目が終わると桜咲刹那の姿も無くなった。おそらく探しに出て授業をエスケープしたんだろう。相変わらず仲がいい。
 楓は教室の暖かな雰囲気がとても遠くに感じた。古菲や鳴滝姉妹に声をかけられたというのに頭に入らない。すごく、遠くに感じるのだ。
 放課後教室を後にしようとする時に
「あの…楓さん…今日はちょっと調子悪いんですか? あの、ぼく、楓さんにいっぱいお世話になっていますから何でも言って下さい。なにか困ったことでも?」
「なんでもないでござるよネギ坊主。子供は自分のことをがんばればいいでござるよ」
 そういってネギの頭をなでてやった。
448エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/14 02:44:18 ID:+oX6+na8
楓ドS責めのこのか受 その3 楓。木乃香を汚す。−2

 放課後、廃校舎に注意して近づいて中に入る。
 無ければいいと思うのに、鞄はそこにあった。アンモニアの匂いが鼻につく、朝から8時間近く其処においておかれたのだ。漏らしてしまったようだ。薬が効いているから意識があったのかあったとしても微妙だがドロドロだろう。
 鞄をあけて、木乃香を引っ張り出すと、持ち込んであるベットに四肢を縛る。
 そのあと、気付け薬をしみこませたハンカチを木乃香の鼻先に近づける、
「ん…んんぅ…」
 中学生らしいかわいい寝言。
 瞼が開かれる。いっそ、目隠しして調教してやれば良いと思ったが、それは虫が良すぎた。木乃香は他ならぬ自分を恨んでもらわなければこの先の人生つらいだろう。
 薬が効きすぎて意識が朦朧としている。焦点が定まらない目で自分の身の上で起こったことを整理しているのだろう。
 哀れな生贄を傍で見守る。ココまで来ればほっとけば勝手に覚醒する。問題はそのあとだ…。
「あれ? どうしてん? わたし、なんで? あれーあすなー。せっちゃん? どうなってん?」
 小声を出しながら木乃香は四肢を動かそうとしていた。
449エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/14 02:54:25 ID:+oX6+na8
あれー・・・エロが中々始まらないのにタイムアップ。
もうしわけねぇ。
おかしいな楓の葛藤にこだわって、それ以後カタルシス的崩壊で
木乃香を超責めるはずだったのに手前で時間になってもうた。
この後、ストレートに木乃香を責めます。これ以上引かないので。


>>445
 考えながら書いてますよ。一応…。

>>437 >>438 >>439 >>441 >>442 >>443
期待に答えるようにがんばります。

>>437
な、鳴滝姉妹ですか…。
難しいなぁ…

他に希望があったらどぞ、答えるように善処します。
それではおやすなさーい
450名無しさん@ピンキー:05/02/14 02:56:50 ID:Hi5PMfk4
>>449
いやはや、乙です。
鳴滝姉妹は気にしないでくだちぃ・・・orz

それはまた別のお話・・・。
451445:05/02/14 03:06:20 ID:y0WOtXw0
>>449
考えながらというかアドリブ全開で書いてるのが凄いです。
452名無しさん@ピンキー:05/02/14 03:56:49 ID:GIesFtTp
>>449
あんたやっぱり ネ申 だよ
続き期待してまっせ

(細かいこと言えば木乃香の一人称は「ウチ」ね)
453名無しさん@ピンキー:05/02/14 09:25:32 ID:yCSA5QnS
楓Sのこのか受けを頼んだものです。

エロゲ屋さん≧最高ですね!楓っぽいですね〜 次のドS楓期待しちゃいます!
454名無しさん@ピンキー:05/02/14 12:21:30 ID:20Xwfhqo
>>443
TOPMANは頭がおかしい
455名無しさん@ピンキー:05/02/14 21:59:01 ID:shocc8rQ
鳴滝姉妹とネギの3Pを短編でぜひ書いていただきたいです。
456名無しさん@ピンキー:05/02/14 22:40:28 ID:Hi5PMfk4
>>455
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
お願いしますです。
457猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/02/15 00:10:17 ID:6tvqPWso
>>268
「ネギ先生…」
さて、どうすればいいのでしょうか。
ネギ先生の少し膨らんだ物をさすってみる。
「はうっ…」
硬くなってるものをさするのを激しくすればするほどネギ先生は声をもらした
もうズボンごしにパンパンになっていてるのがよく分かった
(硬いです… 強く握ると感じてるのが分かって面白いです…)
「ゆ、夕映さん…」
「なんでしょうか?」
「で、できれば直接お願いします…」
こんなこと生徒に言っちゃまずいのに。でも服ごしじゃもどかしくて…
「生徒にこんなことをさせるのはまずくないのですか?」
「そ、それは… 夕映さんよだれがでてますよ。」
夕映はバツを悪そうにヨダレをふきニヤッと笑った
チャックに手をかけようとするものの大きくなりすぎててうまく下ろすことができない
「ネギ先生腰をあげてください…」
ベルトをカチャカチャとはずしネギのズボンに手をかけ下までおろした
そしてパンツをおろそうとすると
(ひっかかりますね…)
ネギのモノがひっかかってうまく下ろすことができない。
それを無視し無理やりおろすと開放感を味わうかのように勢いよく飛び出した
(これがネギ先生の…)
ネギのはまだ亀頭が少し出ている程度であるものの想像よりもずっと大きくグロテスクだった
そそり立つものをジッと眺めているとネギがやり場のない表情を浮かべていることに気づいた
指でピンッとはじいてみるとネギ先生は声をまたもらした。

どうすればいいのか初めは分からなかったがパルの漫画を参考に手を動かす
握って上下に動かす…という単純作業を繰り返す。初めは弱弱しかったもののだんだん慣れてきたので
強く握り早く動かしてみる…と
458猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/02/15 00:11:45 ID:6tvqPWso
「ゆ、夕映さんちょ、ちょっと強すぎです…」
ネギ先生はだらしなくよだれをたらしながら弱音を吐いた。そんな姿を可愛いと思うのは何故でしょう
「すいません強すぎましたか…、ではソフトに…」
「はぁぅ…」
ネギ先生のものを舐めてみる。赤黒く変色した物は不思議なしょっぱい味がした
先っぽからあふれてくる物を舐めるとなにか心地よい快感を感じた

夕映さんの舌は手とは違うザラッとした感触が快感を頭に走らせる
なにより暖かくて…、今までに感じたことがない心地よさで…
「口に含んでいいでしょうか?」
軽くうなづくと夕映さんは僕のモノにふたたび口を近づける
舐められただけでこんだけ気持ちいいなら口に含まれたらどんだけ気持ちいいんだろう…
口に入る寸前で夕映さんは動きをとめる。暖かい息がかかり僕のモノはビクビクと痙攣してしまう
「ふふふ…、ネギ先生私の口に早くはいりたいしだいですか?」
「あ、あの…」
「ネギ先生よりこの子のほうが素直ですね。早くして欲しいと言ってますね… 可愛く感じられてくる心持です…」
普段は無表情なほうの夕映さんが笑顔で僕のモノを可愛いとなでている
なんだか満たされるものがあるのはなんだろう…

「じゃあいきますよ…」
先を含まれなんともいえない状況になる
普段はそんなことをしない小さな口が僕のモノを口に入れてると思うと興奮がとまらない…
口が小さいから全部を入れるのは難しそうだがなんとか無理していれているのを見ても興奮してしまう
舌が絡みつき唾液の陰湿な音がクチャクチャと音を立てる…。できるだけ長く感じていたかった
「あぁ…、夕映さん… 凄くいいです…」
思わず頭をつかんで腰を振りたい思いにかられるがさすがにそれは自制した
「あぅ…、そ、そろそろ…」
射精の衝動にからられた
「で、出ます…!!」
459猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/02/15 00:14:43 ID:6tvqPWso
とっさに抜こうと思うものの、思うだけでむなしく口内に出してしまう
一度、二度と精液が口からあふれ出ているのを見て吐いてくれと言おうとしても声が出ない
「はぁはぁ…」
ゴクン…と喉をならすのが聞こえるほどに大きな音がした
「ゆ、夕映さん! そ、そんなの飲んじゃダメでふ!!」
「本来の目的は精液を飲むことでありまして…。私としたことがこの行為に快感を覚え我を忘れたのもまた事実でありますが…」
「これで仮契約になったのでしょうか…」
「あ〜、大丈夫だぜぃ。ほれカードだ。」
計2枚のカードをネギと夕映に手渡す。
「夕映さん…」
ネギがポケットから出したティッシュで夕映に飛び散った精液を拭く
「洗わないと取れなそうですね… すいません…」
ネギからティッシュを2枚ほど出し、本人は気づいていないようだったが出しぱっぱなしのモノを拭く
「あ、す、すいません…」
「ネギ先生…、元気ですね。あんなに出したのに…」
夕映の手の中でまたも大きくなりだすモノに夕映はテレを隠せなかった。さっきまであんなに舐めていたというのに…
「はははっ…、すいません…」
「ちょ、ちょっと私はトイレに…」
(私としたことが…、またネギ先生に触れたく…。あれはのどかのためであって…!)

(ちっ、カードできたから魔法陣といたのは失敗だったな…)
(こりゃ、あのまま盛り上がらせれば本番いけたかもな…)
(夕映の姉ちゃんも本番やらせるまたチャンスがあるかもな…。)
(ネギの兄貴ハーレム化で仮契約しまくり大金持ち作戦もスタートしたばっかりだし気合いれてかねぇとな…)

「のどかには内緒ですよ? こんなことをやってしまって顔向けするのも正しいのか分かりませんが…」
「はっ、はい! あうう…のどかさん…」
ため息交じり。
カモが裏でニヤッと笑ったことに二人は気づかなかった。

終わり
460猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/02/15 00:19:00 ID:6tvqPWso
書いたものの諸事情でまったく投下できず。酷評されてたけど一応書きました。
次書くときはリクエストか搾精編を書こうと思います。
461エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/15 00:37:22 ID:wj/8KJxs
搾精編 リクエスト!
462名無しさん@ピンキー:05/02/15 01:08:40 ID:XNzRet0U
>>460
GJです!

とにかく痛くない話が読みたいですね>リクエスト
463猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/02/15 01:16:10 ID:6tvqPWso
エロゲ屋さんのは素敵すね、と読んでて思ったり。
もうちょい様子見て書こうと思います(あんまり早いほうじゃないんで)書くにしても誰書くかな…。
464178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:21:23 ID:0HUhPqey
こんばんは、おひさしぶりです。
実は今盲腸で倒れて入院中です…でも執筆する時間ができたので投下します。
また話がかわって千草×刹那になってしまいますがごめんなさいです。
465教育@178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:23:30 ID:0HUhPqey
「…ぅ…」
どこからかの冷たい隙間風に刹那は目を覚ました。
部屋は相変わらず暗くて今昼なのか夜なのかもわからない。
ぼやけたままの頭でとりあえず自分の置かれている状況を確認する。
(ああ、そうだ…私はお嬢様を助けに…それで…)
「…あいつらの言いなりに…」
金属音と手足、そして首筋の冷たい感触に自分の立場を再認識させられた。
吊されてはいないけれど手足は鎖手錠で拘束され、新たに付けられた首輪が刹那の身体の自由を奪っていた。
首輪に付けられた鎖は入り口とは反対の壁に繋がれていて、動き回ることができても部屋を抜け出ることはできなそうだった。
それにこの状態では地面を這ってしか移動はできそうにない。
(これじゃまるで…)
「ふーん…まるで獣やなぁ?」
聞き覚えのある声が部屋に響いた。
466教育@178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:24:59 ID:0HUhPqey
「っ!?」
目をやるとそこにはかつて木乃香をさらった京都での事件の首謀者、いまは処分を受けているはずの天ヶ崎千草だった。
そしてその隣にいるのは月詠と…
「ひさしぶりだね、刹那」
「お師匠…さま…!」
京都神鳴流宗家の長だった。
「これは…どういうことですか!?なぜ反逆者の天ヶ崎千草といっしょに…」
「反逆者?裏切り者は君じゃないのかね?」
「なっ…」
刹那の身体が強張った。
「西を捨てて東に下ったと聞いたが?」
「違いますっ!私は木乃香お嬢様の護衛として…誤解です!」
「ふふふ、まぁ実際にそんなことはどうでもよいのだよ」
不意に男の手が刹那へと伸びていく。
ビクッと反射的に拒絶しようとするが、鎖で繋がれているためにどうすることもできない。
「刹那、私たちは表向きは協会に従ってはいるが内心では今の体制に不満でね…東を何故潰さないのかと思っているんだよ」
「何故ですか…?東西が争っても西には何も利益はないではないですか…!」
「違うのさ、神鳴流にとっては意味のあること…」
「あっ…!」
スルリとブラウスのなかに手が滑り込み、刹那の胸が揉みしだかれた。
媚薬の効果が残っているせいか感度はいつもより高く、上ずった甲高い声が上がる。
「東西が争えばお互いに深手を追うことは必死…東が敗けようが西が敗けようが大した変わりはないのだよ」
「ぁ…じゃぁ…なんで…ぇ…?」
「木乃香様の力と神鳴流の技を以てすれば手負いの呪術師など簡単にかたがつく…!」
467教育@178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:26:20 ID:0HUhPqey
言葉が終わると同時に、刹那の胸に刺激が走った。
「ゃっ!」
爪先で先端をいじられ、未熟な身体が小さく跳ね上がる。
「おやおや、感じているのかい?刹那」
「ち、ちがっ…!」
「そのために西の反体制派と手を組み、木乃香様を連れ出すと同時にその魔力で東に先制攻撃を仕掛ける…つもりだったんだよ…!」
乱暴に、それでもねっとりと絡み付くような指の動きで刹那を愛撫し続ける。
「でも君が邪魔をした…!刹那、分かるかい!?君のせいで計画は狂い、反体制派の呪術師大半は処分を食らった…!君は神鳴流を裏切ったのさ!」
「ちがぅ…ぅらぎって…なんかぁ…!私は…おじょうさまがぁ…!」
「言い訳など聞きたくない…!だから君には罰として生け贄になってもらう…そのために身体中の性感を目覚めさせて…千草!」
刹那の胸から手を離し、四つんばいのまま震えている刹那のもとを離れる。
「刹那の身体を徹底的に開発するんだ…手段は問わない、呪術でも何でも…」
「わかりました」
「頼んだぞ…」
それだけを言うと長は部屋を後にした。
「お師匠様…まってください!」
しかし刹那の叫びも虚しく扉は塞がれ、中には千草と月詠だけの三人となった。
468教育.178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:27:45 ID:0HUhPqey
「まぁここであったが百年目、この前の分も含めてたっぷりとお仕置きしてあげますえ」
ゆらゆらと刹那に歩み寄ってくる千草、逃れようとしても先程と同じですぐに捕まってしまう。
「や、やめろっ…触るなっ…っ…!」
さわさわと刹那の身体に触れてくる。
胸から腰、下へと下っていきながら刹那の反応をうかがうようにして手を動かす。
「やたら感度ええなぁ月詠はん、どんなことしたん?」
「えーっと、ローション塗ってくすぐりとか…媚薬も飲ませましたね〜」
「媚薬か、どうりで…」
月詠と話しながらも手は緩める事無く刹那の肌の上を行き来する。
敏感な部分を刺激されるたびに刹那は小さな喘ぎ声をあげる。
「んはっ…ぅぁ…やめ…ろぉ…!」
「ここはどうやろなぁ?」不意に千草の手が刹那の双臀に触れた。
「ぅっ…!」
何かに気付いたのか、スパッツにぴったりと密着した刹那の臀部をマッサージするように行き来を繰り返す。
「あんさん、ここはまだみたいやなぁ…反応が他のとこより淡泊やで」
「な、なにがっ…」
「とぼけても無駄や、まだケツはいじられてないんやろ?」
469教育.178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:29:11 ID:0HUhPqey
刹那の胸に不安が押し寄せてくる。
(まさか…)
「月詠はん、まだこの子のケツの穴はいじってないやろ?」
「はい〜…でもそんなところまでやれるもんですか?」
「だめやなぁ、やるときは徹底的にやで」
(う、うそ…!)
二人の会話に身体が凍り付きそうだった。
身体中をあれだけいじられたのに今度はお尻の穴…悪夢なら覚めてほしかった。
「や、やめろっ…絶対…やめろぉ…」
「ええやないか、一般人よりもっと気持ち良くなれるんやで」
「そんなのやだ…や…あっ!」
言うが早いか刹那のスパッツの中に指が入り込んだ。
お尻の割れ目に沿って少しづつ下りながら刹那のアナルを探り当てていく。
「ひ…っ」
皺を伸ばすようにしながらマッサージを施される。
排泄器官に触れられるという味わったことのない感覚に、身体中総毛立つような感覚が走る。
(な、なにこれ…!なんかお尻が…)
「いや…だ…こんなの…!さわるなぁ…っ!」
「最初は誰でも抵抗あるもんや、でもなぁ…どんどん好きになっていくんやでぇ」
「ん…くっ…!っ…!」
四つんばいの格好で刹那は歯を食い縛って必死に千草の辱めに耐える。
そんな心情を知ってか知らずか、千草は笑みを浮かべながら執拗なまでに刹那のアナルを指で解し続けた。
470教育@178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:30:48 ID:0HUhPqey
やがてわずかながら指の先端が窄まったそこを行き来しはじめる。
「頃合いやなぁ…」
もちろん刹那にも指が浅く行き来しはじめていることは感覚でわかっている。
でも四肢を拘束された状態では抵抗することも許されず、自分の身体が異物に侵されていく感覚をただ受け入れてたえるしかない。
(やだっ…もうやめて…!)
―ズッ…
「あっ!?」
不意に押し広げられるような感覚が走った。
それに伴って何か指とは違う異物が刹那の腸内に入り込んでくる。
異物感が刹那を支配する。
「ぁ…うぁぁ…!やめ…ぁあ…っ!」
「挿入完了や」
千草の拘束から解放され、身体をびくびくと震わせながら床に倒れこむ。
「な…何を入れた…」
「さぁなぁ?すぐに分かりますえ…」
「何を入れたか聞いているんだっ…!」
「仕方ありまへんなぁ」
そう言うと千草は再び刹那の下半身へと手を伸ばす。
嫌がる刹那を捕まえ、今度はスパッツの上からアナルを強く指で揉み解す。
「ぁあぁ…やめろ…はやく…答えろっ…!やめろぉ…!」
「あんさんのケツに入れたのはなぁ…気持ち良うなれるための薬、つまりは媚薬や」
「なっ!?」
媚薬…聞いただけで身体中に鳥肌が立った。
「いまやってるのはなぁ、はやく身体に吸収できるように解してるだけや…直に効いてくるでぇ」
「ふ、ふざけるなっ!早く抜けっ…!」
千草の顔もまともに見れず、刹那は四肢を床に付けた状態で抗議する。
「これは効きますえ…最初に全体が熱くなってきて次に腸液がぎょうさん出てきて…疼きだしたらとまりまへんからなぁ…そろそろ熱くなってきたんとちゃいます?」

471教育@178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:32:06 ID:0HUhPqey
千草の言うとうりだった。
さっきから解された辺りが熱を帯びはじめてじんわりとした感覚が内壁のほうまで広がりはじめている。
(あ、熱い…変になってくる…でも…)
「…っ!全然熱くなんか…!」
ここで態度に出してしまえば相手の思う壺、そう思った刹那は虚勢を張って千草を睨み付ける。
「ふん、いつまで耐えられるんか見物やなぁ…手足の鎖は解いたるから好きにしいや」
カチャリと音がして刹那を戒めていた鎖が外すと、千草は再び刹那を解放した。
刹那は今すぐにでも千草から離れたかったが、下半身に広がる熱とぼやけた感覚に足をうまく動かすこともできない。
「なんや、熱いのがくるしゅうて動けないんか?」
見透かしたような千草の言葉。
「…私はあんな薬に屈したりなんか…」
「じゃあこれは何なんかなぁ?」
「…!?」
千草が指差す先、刹那のスパッツには自分自身でも信じられない事が起きていた。
「な、何…!?」
472教育@178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:34:37 ID:0HUhPqey
自分の股間の…肛門の辺りに小さな黒い染みができている。
当然何か液体が染み込まなければできるはずもない。
「さっきのマッサージで弛んだからなぁ…腸液が漏れてきてるんやで」
「あ…ぁ…!」
自分の身体に起こっている変化に刹那は驚きの色を隠せない。
いつもは勇敢な少女剣士も自分のアナルを辱められ、そこに恐ろしい薬を投与されてしまった現実にすっかり抵抗する意志を無くしてしまっている。
「こうすればもっと出てきますえ…」
千草の指先がスパッツの濡れた部分にあてがわれた。
そのまま振動を与えるように強く指をぐりぐりと押しつける。
「ぁああ…!やめ…ろぉ…!やめ…んぁ…!ゃぁああ…!」
ぐちゅぐちゅと音を立てながら強制的に腸液が吐き出される。
すでに『最後の段階』に入り始めている刹那は、この感覚に悦楽を覚え始めてしまっていた。
後側も感じると濡れてくる身体に仕立てあげられた刹那は、拒絶する心と悦楽を感じる身体との板挟みで崩壊寸前だった。
473178 ◆0adlrE6ecI :05/02/15 02:36:58 ID:0HUhPqey
きょうはここまでです。
これからハードになりますがアナルプレイ苦手な方、誠に申し訳ありません…
では、また何かあったらお願いします
474名無しさん@ピンキー:05/02/15 03:07:40 ID:JIISVbto
無理をしなさんなよ。
ゆっくり休め。
475赤帽子:05/02/15 04:05:26 ID:Bx4X2ZaX
ネギまはじめての一作目・・・
学校じゃあ結構うけたので書いてみます・・おもろっかったら幸いです
                               
             ネギちゃん

          あのー 先生?   ニコッ
          
         な、なんですか?  ニ、ニコッ?
       ちょっとカモさん?はずしてもらえます?
ギュピーン     刹那の目がネギにわからないように光る・・・
「は、はい?!!わ、わかりました!!大佐!」  ビューン  フッ
「早!!」
             ところで先生ー
「はっはいなんでしょう!?」
      先生ー・・・女でしょう?・・・・
「はっ?」
「何言ってるんですか!僕は正真正銘、れっきとした男ですよ!」あたふた
「そうですか?ほんとうにそうですか?・・・じゃコレ着てみてください。」
     ・・・・・ニヤ
476赤帽子:05/02/15 04:22:45 ID:Bx4X2ZaX
「こっこれはー」 ゴクリ
「水着?(しかも女子用・・)」
「そう・・・水着です。」
「なんでっボクがこんー」
「着たくないですか?じゃあみとめますね?」
「いえ!そうゆうわけじゃなくてー」
「じゃあ着て下さい、だが今じゃない・・・夜、十時に水泳部の更衣室に来てください。じゃ、そうゆうことで」
刹那はどんどん行ってしまった
「はうー」
             ー地獄の始まりー
             夜、十時を時計は刻みつつある
あとは今日のいつかに書きます 中二 赤帽子でした 
477名無しさん@ピンキー:05/02/15 08:47:53 ID:ZKgEMiif
天然か釣りか知らんが
21……
478名無しさん@ピンキー:05/02/15 11:55:14 ID:Do6n6KJg
>>475
うむ、楽しみにしてるよ
479名無しさん@ピンキー:05/02/15 17:13:34 ID:VAHTlgKn
“インタビュー・ウィズ…………”>>122 の続き

「でもね……もっと気持ち良くなるには…………」
 朝倉は中学生が会得するには早すぎる艶然とした微笑を浮かべると、だら〜んと腰の両脇に力なく垂れていたネギの手を取り、
クラス内オッパイランキングNO.4のボ〜〜ン級と称される乳房へと誘う。
“にゅむん……”
「あ……」
 制服を内側から持ち上げる形のいいふくらみが、ネギの掌の下でいとも簡単につぶれた。
「一人じゃダメなの……」
 マイク片手にカメラの前でしゃべっているときとは違う、媚を含んだようにも聞こえるかすれた声。
「二人じゃないと…………気持ち良くなれないの」
 朝倉は乳房に添えられたまま、ピクリッともしないネギの小さな手に自分の手を重ねると、はちきれそうな肉球に更に強く押し付けた。
 ネギの心臓の鼓動は“ドッドッドッドッ……”と危険なほどのハイペースで早鐘を打っている。
「お願いネギくん…………私も……気持ち良く……して……」
 そしてそれはなにもネギだけではない。お姉さんぶった口調でリードする朝倉の心臓も、ネギと同じペースでリズムを刻んでいた。
 その反応に勇気づけられて、ネギの指先にわずかに力が込められる。
“ふにゅんッ……”
「あ……」
 ジットリと汗ばみ始めた手のひらに、それを跳ね返そうとする強い弾力が感じられた。
 ネギは女性の胸に触れたことは何度もあるが、こうして自分の性を意識しながら乳房に触れるのはまったく初めての経験である。
 しかも相手が、こんなことになるとは想像もしなかった(じゃあ誰を?というわけではないが)朝倉だからだろうか……。
 乳房を掴む手に思わず力が入り、柔らかい肉に指先がめり込んだ。
480名無しさん@ピンキー:05/02/15 17:14:29 ID:VAHTlgKn
“にゅぐ”
「痛ッ!?」
 小さな悲鳴を上げて朝倉が顔をしかめる。
「あ!? す、すいません」
「ネギくん、女の子の身体はデリケートに出来てるんだよ……だからこうやって優しく…………」
 熱いものを触ったときのように、慌てて手を離そうとするネギを押し留めると、朝倉はその言葉通りに『こうするの』と教えるように
重ねた手を、ゆっくりと円を描くように優しく動かして、自分の乳房をこね回した。
「わかるネギくん」
「は、はひ」
「じゃあ今度は一人でやってみよう」
 朝倉はそう言って重ねられていた手を離す。膝小僧に手を置くと、『はい』とでも言わんばかりに、自慢の胸をネギへと突き出した。
 こういうのを日本の諺では“据え膳食わねば……”と言う。
 それをネギが知っているかどうかまでわからないが、膳に手を伸ばす少年の緊張した顔に、朝倉の方がドキドキした。
 もう少しで指先が乳房に触れる。でもその前に、
「ちょっと待ってネギくん」
「あ……」
 身体を捻って“スゥッ”と朝倉はネギの手から乳房を離してしまった。ネギの顔はそれだけで泣きそうである。
 だがなにも朝倉はイジワルをしたわけではない。(泣き顔がカワイイと思ったのは事実だが)
「どうせなら……直接触って」
“プチップチッ……”
 朝倉は制服のベストのボタンを、そしてその下のブラウスのボタンを次々に外していく。そこには躊躇というものはない。
 肩口からブラウスをベストごと抜くと、意外に可愛いブラジャーに包まれている白い胸の谷間が、ネギの網膜に飛び込んできた。
「はぁ〜〜〜〜〜〜〜」
 ネギの唇からは感嘆の声が洩れる。
 これまたネギは下着姿も、ワンランク上の全裸だって見たことがあるのだが、今日はなにからなにまで感じるものが新鮮だった。
481名無しさん@ピンキー:05/02/15 17:15:31 ID:VAHTlgKn
 ネギの視線を充分に意識しながら朝倉がブラを外すと、
“ふるるん”
 なにも着けてないDカップのバストがまろび出る。
 若さが地球の重力に勝っている為、ブラジャーの支援がなくても張りのある乳房はきれいな半球形を保ち、垂れる気配は微塵もない。
 白くて大きなふくらみには、唇の色と同じピンクの乳首が“チョコン”と鎮座している。
 それを頂くふくらみが大きいので、いやに小さく愛らしく見えた。
「私とお姉ちゃん、どっちがオッパイ大きい?」
「え? あ!? ええっと………あの…………その……………お……お姉ちゃんのほうが……」
 ネギはまだまだ半人前である。ここで一人前の紳士であれば“嘘をつく”とまでは言わないが、もう少し巧い言い方をするだろう。
 正直は必ずしも美徳とは限らないのだ。
でもとうの朝倉には、気を悪くしたような様子はない。
「そっかぁ……ネギくんのお姉ちゃんのほうがオッパイ大きいのかぁ…………」
 ネギの顔がまたまた赤くなる。
“オッパイ、オッパイ”と連呼されるだけでも、この年頃は恥ずかしいのだ。しかも“お姉ちゃん”のオマケつきである。
 そんなネギをバレないように、こっそりと観察していた朝倉は立ち上がると、
「じゃ、はい」
 ゆっさりと重そうに揺れる乳房を誇らしげに突き出した。こんどは制服もブラジャーも、柔らかさを味わうのに邪魔するものはない。
 赤い顔をしながらも、目は大好きな“オッパイ”に釘付けのネギの口元辺りに寄せられる。
「な、なにが、はい……なんですか?」
「あれ? ネギくん知らないんだぁ……女の子のオッパイはね……」
 キスをしたときのようにネギの頭を引き寄せると、
「好きな男の人に揉まれると大っきくなるんだよ」
 優しくそっと抱きしめた。
 柔らかさと幼き日を思い起こさせる“ふんわり”とした匂いに包まれたからなのか、まったくイヤらしさを感じさせない自然な動きで、
“ちゅむ……”
「んンぅッ!?」
 ちょっぴりの期待込みで予想はしていたが、それでも朝倉はネギの口撃に白い喉を晒して仰け反る。
482名無しさん@ピンキー:05/02/15 17:16:30 ID:VAHTlgKn
「ぅあッ……は………んぅッ!!」
 舌先でチロチロと乳首をくすぐられたりすると、快感と愛おしさのダブル攻撃に朝倉は“ギュッ!!”とネギを掻き抱いた。
 思いっきり強く乳房を押しつける。
「うぶぅッ!?」
 口の中が乳肉でいっぱいになっているのかネギは苦しそうな声を出すが、それでも“チュウチュウ”と赤ん坊のように無心に乳首を
吸いながら舌先を動かし続けた。
 そうやってけなげにくり返していると、朝倉の乳首はネギの口内でますます硬度を増してきて、愛撫と呼ぶには拙すぎる自分の動きが
年上の少女に快感を与えてるんだと思うと、なんだかひどく少年を誇らしい気持にさせる。
「ん……んぁッ……んふ………はぁッ………ン……んふぁッ……」
 だから艶やかな声を上げる朝倉の反応に勢いを得て、もっともっと感じさせたいと思うのは、オトコの子として当たり前のことだった。
 朝倉にレクチャーしてもらった“女性の胸の揉み方”を参考にして、舌先で小さな円を描いたり、乳首に軽く歯を立てたりしてみる。
「んッ……ふぁ……あ……んンッ!!」
 そうすると朝倉の唇からは面白いように、あきらかな快感を訴える声が零れて、小さなネギの身体に“ギュッ”としがみついた。
 ここでアッサリと二人の立場が逆になったが、そんなことは朝倉は気にもならない。まぁ、というよりも、
「ンッ、ンッ……ふぅッ……はぁ……んぁッ……うぁッ!!」
 それどころじゃない、というだけの話だが。
「はぁ……くぅんッ……んンッ………ん………んぅッ……はぁ……んぁッ……ぅああッ……」
 二人の身体のサイズが違うのでけっこう苦労しているのだが、触らずともヌルヌルになって濡らしている恥丘を、ネギのビンビンに
硬くしている勃起に親しげに“スリスリ”と擦りつける。
 それに答えるようにネギも秘裂の上で、腰を“カクカク”と振っていた。
 二人のヌルヌルが混ざり合って、“クチャクチャ”とショーツをベトベトにしながら淫らな音を立てている。
483名無しさん@ピンキー:05/02/15 17:17:23 ID:VAHTlgKn
「ネ、ネギ、んンッ……くん……もう…ひぅッ!?……んンッ………オ、オッパイは……んッ……いッ!?、いいから…………」
 朝倉は『そろそろ次の段階に進んでほしいなぁ……』と考えているのだが、オッパイに夢中のネギには一向にそんな気配がない。
 しょうがないから多少強引に乳首から引き離す。未練たっぷりでネギが吸いつくものだから、乳首がちぎれるかと思った。
「あ……」
 悲しそうな顔をするネギを見ると『可哀想なことしちゃったかな?』とも思うが、『でももっと気持ちよくしてあげればいいよね』
そう考えて“ニヤリ”と微笑む。
「ネギくん……もっともっと…………二人で一緒に気持ちよくなりたいでしょ?」
 いまの自分の顔が余裕たっぷりのカッコいい女に、ネギに対して映っているかどうか、朝倉にはもう自信がなかった。

今回はここまで。
484名無しさん@ピンキー:05/02/15 18:19:16 ID:12H+HE23
作品オンパレードだな。新旧入り乱れてわっしょいわっしょい。
どいつもこいつもGJ!!
485魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 18:33:48 ID:i6vuyd1H
うーんと、なかなかに活況を呈しておりますね。
それでも、オリ展開には厳しいご意見が見受けられますので、ろくに設定も
公表されていない箒娘タソとナース帽姐さんのSSをまた投下するのはちょっと
躊躇してしまいます……。
いかがでしょうかね、スレ住民の皆様方?
ちなみに題名の方は、『箒娘、剥いちゃいました☆ ついでにナース帽も。SP』です。

頭の悪さが全開のネーミング……。
486名無しさん@ピンキー:05/02/15 18:52:40 ID:9gSTXMGN
>>363
ここまでやっといてハッピーエンドってどうなの?
俺は原作的なライトなエロ好きなんで、座薬氏の作品は軽く流し読みしてるのだけど
座薬氏のファンってグロや痛モノ好きなわけだし、救いがない全員死亡などの鬱エンドでもいいのでは?
これまでのノリを受け入れている層を対象とした終わり方でもいいんじゃないかなぁ?

>>485
オリ展開も原作の雰囲気が残っていれば拒否反応も良くないかと。
前作も良かったのでぜひ公開をお願いします。
487486:05/02/15 18:54:50 ID:9gSTXMGN
×拒否反応も良くないかと

少ないかと、でした。orz
488魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:41:41 ID:i6vuyd1H

       箒娘、剥いちゃいました☆ ついでにナース帽も。SP


 夜の風に吹かれ、桜の花びらが舞う。
 少女は唇を強く噛みしめ、手にした箒を堅く握っていた。
 身につけているのは麻帆良学園中等部の制服。頭の後ろで二つに分けた長い髪。年の頃
はまだ十代の前半と見て取れる。少女らしいほっそりとした体つき、そぐわぬ険しい表情。
彼女の瞳には、決意にも似た強い輝きが宿っていた。
 空には満月。怪しい輝きがもう一人の少女の姿を浮かび上がらせる。見たところ、前述
の少女よりもさらに幼く、まだ小学生ほどの背丈だった。女の子は黒のマントで身を包み、
長い金色の髪を風にたなびかせている。
 少女の名は、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル。その正体は「人形使い」、
「闇の福音」等々、幾つもの呼び名を持つ真祖の吸血鬼であった。エヴァは視界に現れた
哀れな子羊の表情を伺いながら、愉快そうにほほえんでいる。

「よく来たな。社原今日香(やしろはらきょうか)……」

「ダーク・エヴァンジェリン! せりかさんはどこ!?」

 今日香と呼ばれた少女は開口一番、語気を強めてエヴァに詰め寄る。つい先刻、使い魔
によってもたらされた一方的な呼び出し。無視すれば、いつもコンビを組んでいるウルス
ラ女子校の魔法生徒、雪広せりかの身の安全を保証しかねるという内容であった。

「ん? 待っているさ。お前のことをな……」

 しかし、相手には動じる気配など微塵もない。それどころか、余裕を思わせる口振りで
意味ありげな言葉を発した。

489魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:42:44 ID:i6vuyd1H

「なっ!? ど、どこにいくつもりなの?」

 唐突にエヴァがきびすを返して今日香に背中を向ける。

「ついてこい。あの女に会わせてやろう」

 そういって、彼女はろくな呪文詠唱もなしに身体を中空に舞い踊らせた。そのまま、う
しろを振り返ることもなく飛行を開始する。返事を聞かなくとも相手がついてくるのだと
いう自信の現れであった。

「くっ……!」

 口惜しさに歯がみしながら、今日香は手にしていた箒を腰の下に添えた。瞬間、彼女の
身体がふわりと宙に浮く。

「待ちなさい! ダーク・エヴァンジェリン!」

 気合一閃そう叫ぶと、先行するエヴァの後を追いかけて一気に加速した。


 桜咲き誇る夜の街。月の光の中をそれぞれの姿勢で飛んでいく少女二人。
 千々に乱れ飛ぶ花びらは彼女たちの運命を象徴していた。
 散る者と散らせる者。咲いた花が可憐であれば、手折る定めの短い命。

490魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:43:22 ID:i6vuyd1H

「ここは……?」

 ほどなくして、二人は街の喧噪から少し外れた林の中に降下した。徒歩で雑木林を抜け
ると、一軒のログハウスが見えてくる。

「別に驚くような場所でもなかろう。お前たちもよく知っている、わたしの隠れ家だ」

 今日香を先導し、ここまで歩いてきたエヴァがようやく後ろを振り返って短く告げる。
 確かにこの場所であれば、いろいろ都合もいいだろう。しかし、何かあったときには、
まず最初に様子を探られるのもここなのだ。大胆というよりほかがない。あるいは、絶対
に大丈夫だという自信があるのか?
 怪訝そうに罠の存在を警戒している今日香。その様子を視界にかすめたエヴァが、ここ
ぞというタイミングで甘い餌をちらつかせる。

「ほら、そこの窓からお前が探している人物が見えているぞ」

 顎先でログハウスの玄関脇、木枠で小さく分けられたガラス窓を示した。つられて今日
香の視線がそちらに流れる。

「!! せりかさん!」

 ガラス越しに垣間見えた人影。癖のない長い髪とその上に乗せられたナース帽。つり目
がちではあるが、女性らしい気品に満ちた眼。間違いない。家の中にいたのは秘密裏にエ
ヴァンジェリン・A・K・マクダウェルへの内偵を命じられ、数時間前から連絡が途絶え
ていた魔法生徒の雪広せりかであった。
 我を忘れて走り出してしまう今日香。その後ろ姿を見送りながら、エヴァが妖しくほほ
えむ。
 少女は階段を駆け上がり、玄関のドアノブへ手を伸ばした。自分の至らなさを思い知ら
されたのは次の瞬間だった。

491魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:50:51 ID:i6vuyd1H
「え!? ま、魔法陣?」

 足下で不意に隠されていた円陣が浮かび上がり、発光を開始する。魔法陣は踏みつけた
人間の魔力で効力を発生させるタイプのものだった。

「しまった!」

 気がついたときにはもう遅い。いま現在のダーク・エヴァンジェリンには、まともな魔
力などほとんど残っていないという情報がかえって災いした。魔法に長けるということは、
何も数多くの呪文を行使できるということでない。その証左である。
 今日香の視界が暗転し、急速に意識が遠のいた。零距離での『眠りの霧(ネブラ・ヒュ
プノーテェイカ)』、障壁は実質、無意味であった……。

 声が聞こえる。どこか聞き覚えのある懐かしい声。
 でも、その声が奏でる音階はどこか淫猥な響きを感じさせた。

「ん……。せ、せりかさん?」

 ついつい、声色から連想してしまった人物の名前を呼ぶ。

「あ、あっ……。だめ! こ、これ以上されたら、せりか、おかしくなる……。あの子が、
あの子が…目の…前に……い、いるのに」

 それが夢でないことを確認するまで、ゆうに十秒を要した。開かれた視界の中に映る光
景。一糸まとわぬ姿のまま、後ろ手に縛られている雪広せりか。糸は天井へと続いて、せ
りかの身体を支えている。彼女は冷たい床の上につま先立ちの姿勢で、休むことなく押し
寄せる快楽と抗っていた。後背からせりかを攻め立てている女性。萌葱色の長い髪。滅多
に表情の変化を見せることがない顔の造形。身につけた黒と白のメイド服。そこにいたの
は、ダーク・エヴァンジェリンの忠実なる『魔法使いの従者(ミニステル・マギ)』、絡
繰茶々丸であった。
492魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:53:51 ID:i6vuyd1H

「マスター、今日香さんがお目覚めになりました」

 茶々丸が自分を見つめる視線に気づき、抑揚の乏しい声で報告をする。その間にもせり
かを陵辱する腰の動きには容赦がない。彼女の股間に増設された張り型のオプション。黒
く光るシリコン製のディルドーを、茶々丸はせりかの膣腔へ常に一定のグラインドで挿入
しつづけていた。

「あ、あ、あっ! いや! もういやぁぁっ! 入れないで! こわいの! こわいのぉ!
頭、狂っちゃう。せりかの身体、おかしくなるぅ! しないで、もうしないでぇぇ!!」

 瞼を伏せ、髪を振り乱しながら訴えるせりか。いいながら、彼女の口からはだらしなく
涎が落ち、下の口からは止めどなくあふれ出した愛液が彼女の太股と足を伝って床に大き
な染みを生み出していた。

「くくく……。たいした乱れようだな、雪広せりか。お前の後輩が驚いた顔をしているぞ。
まったく、妹と同じで普段はすましていても、いざとなればぎゃあぎゃあとうるさいこと
だ」

 今日香の後ろに控えていたエヴァが、好色そうな顔つきを浮かべ意地悪く伝える。
 その言葉に一瞬、せりかの身体の震えが止まった。面を上げ、眼を開いて目の前の様子
を確かめる。そこに見えたのは、声ひとつなく表情をこわばらせたままのかわいい後輩。
彼女もまた、せりかと同じく身につけていたものをすべて剥ぎ取られ、天井から黒い糸で
吊り下げられていた。

「きょ、今日香……」

「せ、せりか……さん」

 視線を交わし、互いの名前を呼び合う二人。
 今日香の方は思いがけない展開で長い間、憧れの存在であった女性の激しい痴態を見せ
つけられ、どうしていいのか分からないという表情をしている。
493魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:54:49 ID:i6vuyd1H

「だめ、見ないで! 見ないでちょうだい、今日香。 わ、わたしの…わたしのこんなと
ころ、見ないでぇぇっ!」

「マスター。観測対象の膣圧、心拍数ともに上昇。急激な興奮状態です。ご指示を」

 ディルドーを通して生体モニタリングを行っていた茶々丸が、せりかの突発的な異常を
検知し、エヴァに有効な対処法を乞う。

「ふふ…後輩に見られることで却って性感を刺激されたのか? 難儀な性分だな。茶々丸、
せっかくだから存分に愉しませてやれ」

「ハイ、マスター」

 命令を受けた茶々丸が腰の回転速度と勢いに一層の弾みをつけた。たまらず、せりかは
大きく体をのけぞらせ、激しくなる一方の快感から逃れようとする。

「ひぃぃぃっっ! ら、らめぇ! ひょんなにいちゃ、らめぇ……。ひょわれるぅっ! 
せりあのあひょこぉ、ぼろぼろになっひゃうぅぅっ!!」

 哀れな少女はまともにろれつも回らぬ調子で、あえぎ声なのか許しを求めているのか、
もはや判然としない嬌声を上げた。

「ダーク・エヴァンジェリン! もう、やめなさい! せりかさんにこれ以上、ひどいこ
とをしないで!」

 常に憧憬を抱き続けた女性の淫らな嬌態。その姿を見せつけられた今日香が叫ぶように
声を発した。だが、少女の願いをエヴァは残酷なまでの真実で踏みつぶしていく。

494魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:55:41 ID:i6vuyd1H

「ひどいことだと? 馬鹿か、お前は……。あれは喜んでいるんだよ。何より、お前に見
られることをな」

「う、うそ……。そんなの、そんなのちがうわ!」

「ちがうもんか。それにお前だって、あいつのよがり狂う姿を見て、ここをこんなにして
いる」

 そういって、エヴァは背中から手を滑らせ、今日香のふくらみかけた胸をまさぐってい
く。指先がすぐに乳首の先端をとらえた。少女の未成熟な情動はすでに精一杯の自己主張
を見せ始めている。

「ひゃうん!!」

 体の中を電流が駆け抜けたような快感。思わず声が漏れる。

「もうカチカチだな。ほら、ここを潰されると痛いだろ?」

 指の腹でこねくり回していた両の乳首を一気につまみ上げる。

「くふぅぅぅぅっ!」

 しびれるような鈍い痛み。つづけざまに押し寄せる甘い享楽。
 今日香は堅く瞳を閉ざして刺激に耐えた。それでも瞼の内側と熱く火照った足の間から
自然と涙の粒があふれてくる。両腕を捕らえている黒い紐。なぜかこの紐によって魔力が
封じられ、抜け出すこともできなかった。それだけではない。肌をやさしく撫でられると、
ゾクゾクした感触が背筋を駆け上っていく。通常では考えられぬほどに知覚が過敏になっ
ていた。

495魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 21:56:34 ID:i6vuyd1H

「ちょっと胸をいじられただけでこの有様か……。これでは、下の方はもっと大変だろう
な?」

 少女の耳元にエヴァがささやく。その声を聞くと、女の子は大きく頭を振ってこれ以上
の責め苦を拒んだ。

「やあぁ! いやあぁぁっ! もう……もう、いじめないでぇぇ!」

「ふふん♪ 無駄だよ。その紐は、わたしの術式を編み込んだ『戒めの暗闇(オブスクー
リー・カプトゥーラエ)』だ。お前ごときの魔力では到底、逃げ出せまい。おまけに性感
を増大するようにもできている。ひとりで自慰を愉しんでいるよりもずっと身体が敏感に
なっているはずだ。この状態でこっちを攻めれば……」

 小さな手のひらが女の子の胸を離れ、脇から下腹部へと滑り落ちた。そして、まだろく
に毛も生えそろっていない薄い茂みをかき分け、花園の奥に潜む堅いつぼみを探り出す。

「や! ……いや、許して。もう許してぇ!」

「さあ、いってみようか♪」

 宝物をやさしく包み込んでいた皮をめくる。すると、中からすっかり充血しきったクリ
トリスが顔をのぞかせた。

「い、いたい! いたいの! 無理矢理にめくっちゃやだ!」

「なんだ? 直に触ったこともないのか。それじゃ、ここを刺激すれば……」

「きゃうっ!」
496魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:00:22 ID:i6vuyd1H

 エヴァが指先で今日香の真珠を軽くこすり上げた。ただそれだけで女の子の肉体は過剰
なまでの反応を示し、意識を吹き飛ばす。全身から一気に玉のような汗が浮かび上がった。

「あ、ああっ……。か…ふ……」

「あれでいったのか? ふふ、可愛いものだな……。いいだろう。素直な反応にを見せて
くれたお礼に、もうちょと遊んでやるとしようか」

 少女の初々しい反応に興味をかき立てられたエヴァは、乳房をもみしだいていたもう片
方の手を臀部に移した。うしろから尻肉の隙間を割って溝の中心に中指を沈めていく。や
がて指先が幾つもの小さな皺に囲まれたもうひとつの性感帯に達する。

「な、なに? いや、こ、これ以上、変なことしないで……」

 これから始まるであろうおぞましい経験に今日香はおののいて不安を口にする。しかし、
心とは裏腹に身体の方はすっかり弛緩しきって、未知なる喜びをいつでも受け入れる準備
が整っていた。

「遠慮する必要はないぞ。さあ存分に泣き叫ぶがいい!」

 かけ声とともに、エヴァの細い指が少女の菊門に飲み込まれていった。あまりの衝撃に
今日香は悲鳴を上げることすら適わず、ただパクパクと口を開閉する。その間にも挿入さ
れた指は深さを第一関節、第二関節と進めていき、とうとう根本まで肛腔内に埋まりきっ
てしまった。

「ふん……。一本程度ではご不満だったかな?」

 期待したような声が上がらず、エヴァはつい不平を鳴らした。そして、深く差し込んだ
指を一度、引き抜こうとする。直腸内を満たしていた異物が自らの意志とは無関係に外へ
出ていこうとする感覚。奇妙な排泄感に今日香の身体が大きく震え出す。
497魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:01:23 ID:i6vuyd1H

「ひゃふっ! やだ、やだやだやだ! 抜いちゃだめ! いま、そんなことされちゃった
ら、わたし、わたし、わたし……。わたしぃぃぃっ!」

「はは、これはこれは。どうやらお前、前よりは後ろの方がお好みのようだな。よかろう、
このまま天国へ送ってやる」

 突然、激しく反応を見せ始めた今日香。その姿にエヴァは自分の直感が正しかったこと
を再認し、ゆっくりした動作で抜いていた指をひと思いに引っ張る。瞬間、女の子の身体
がこれまでにはないくらい大きく跳ね上がった。だが、休む間も与えずエヴァは再び今日
香の尻穴にねらいを定める。今度は二本の指を束ね、あふれ出した腸液を潤滑剤にしなが
ら、もう一度アナルを押し広げていった。

「あ、うっ……。だめ、だめだよぅ……。わたしのおしり、ひろがっちゃう。そんなにの
ばしたら、ひろがっちゃうからぁっ!」

「ご満悦だな? だが、もっともっと愉しませてやるさ。茶々丸! そっちもラストスパー
トをかけろ! 二人同時に逝かせてやるとしよう!!」

「ハイ、マスター。モーター出力上昇。ギア比を変更、インパクト最大……」

 主の命令を受け、茶々丸の動きがさらに加速する。せりかを突き上げる腰のグラインド
は、いまや彼女の身体を貫くばかりの勢いとなっていった。

「ひっ! ろ、ろろいてる! おにゃかのひゅくろのいひりくちがコツコツしえるぅ! 
もう、らめぇ! ひゃんなことひゃれたら、もうひょひょれないのぉぉっ!」

 もはや意識すら危ういレベルで、せりかは自らを苛む快感に心を委ねるしかない。
 これほどまでに激しく攻められては、あとは良くて肉人形となってしまうか、悪くすれ
ば廃人である。いずれにせよ、彼女の脳裏にはすでに家族の存在も自らの使命も消え失せ
ていた。
498魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:03:10 ID:i6vuyd1H
「……さすがだな、茶々丸。では、こちらも!」

 自身の使い魔が見せた想像以上の阿鼻叫喚。自尊心に火を付けられた思いのエヴァが、
負けじと指の動きに一層の変化を加えていく。

「あひゅっ! 中で、おなかの中で指をひろげちゃいやぁぁっ!! でちゃうの! この
ままだと、中身がでちゃうからぁぁぁっ!!」

「ふははははは! 出る? 出るだと!? 一体、何がお前のここから出てくるというの
だ? さあ、いってみろ! 大きな声でいえたら、楽にしてやる。それとも、このまま無
様に撒き散らすか? さっさと好きな方を選ぶがいい!!」

 二本の指と羞恥をあおる言動で、思うがままに今日香をなぶり続けていく。常にも増し
てのハイテンション。その状態は彼女の精神の高揚度と密接にリンクしていた。

「い、いえるわけない! いえるわけがないじゃない、そんなのぉぉっ!!」

「では、どうする!? どうするというのだ! いっそ、わたしがこの指でお前の中に溜
まっているものを掻き出してやろうか? そして、すぐ隣で気を失いかけている、お前の
同僚の気付け薬代わりにしてやろう! どうだ、うれしいか? 大好きな相手に自分の恥
ずかしいところを見られる喜びをお前にたたき込んでやるぞ!! さあ、逝け! このま
ま、体中がバラバラになるくらいの快感を引き出してやる! そして、何もかもぶちまけ
てしまうがいい!! 社原今日香ぁぁぁっ!!」

「いやあぁぁっ! ごめんなさい、ごめんなさいぃぃぃっ! せ、せりかさぁぁんん!!」

「みょう、らめっ。みょう、ひゃまんでひまいのぉ! ひょうかぁぁぁっ!!」

「膣腔内収縮、全身痙攣。瞬間的な網膜散大を確認。対象、オルガスムスを迎えました。
ミッションコンプリート。モーター駆動系、アイドリング状態にて待機します。ご命令を
……マスター」
499魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:04:32 ID:i6vuyd1H
「あ……う…。いやぁ……。が、我慢できないぃ。もう、我慢できないよぉぉっ!」

 ビクビクと全身を大きく震わせたあと、今日香の肉体は糸が切れた人形のように力の支
えを失った。弛緩した筋肉がいままで堪えてきたものをついにあふれさせてしまう。
 次の瞬間、少女の股間から黄金色の液体が両足を伝って大きく床にひろがる。気温が低
く、閉鎖された地下空間で聖水は白い湯気を立て、ほのかなアンモニア臭をそばにいるも
のたちに感じさせた。

「ふ……ふふ。まあ、初めての経験としてはこんなものだな……」

 すっかりゆるんだ肛門から腸液と結腸内の残存物で汚れた指を抜き、エヴァは醒めた口
調で評価を下す。

「ほら、お前が汚したんだ。舐めてきれいにしろ」

 そういって、今日香の口の中へ強引に指をねじ込む。なま暖かい少女の唾液と手に付い
た彼女自身の分泌物をじっくりとブレンドし、それを舌の腹へ転がすように塗りつけていっ
た。口腔内を乱暴に犯される嫌悪感、さらには咽頭を通じてかすかに伝わってくる苦み。
それらすべてが急速な悪寒へと変化し、のどの奥底からこみ上げてくるのを今日香は感じ
た。

「うっ……。うぷっ」

「ん? 何のつもりだ。まさか、口の中のものを吐き出して、わたしの手を汚すんじゃな
かろうな? 分かっているのか、貴様。そんな醜態を演じれば、あとでどうなるのかを…
…。くく……まあ、それも一興だな」

 エヴァは相手の様子の変わり目を即座に察知し、容赦ない恫喝で機先を制した。
 残酷な支配者を見上げる少女の瞳がまたしても潤んでいく。非難と抗議と屈辱のすべて
を涙腺からあふれてくる涙の粒で洗い流し、彼女はのどの中程まで上がってきた吐瀉物を
懸命の思いで堪えてみせた。
500魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:06:10 ID:i6vuyd1H

「いい子だな。さあ、ひと思いに飲み干してみようか?」

 つづけて声を出す。呵責な命令を受け、今日香はいま一度、瞼を閉ざした。それから、
意を決したように大きくのどを鳴らし、口の中に含んだすべての内容物を一息に嚥下する。

「ふふ……。よく頑張ったな。なかなか面白い見せ物だったぞ」

 エヴァは満足げにほほえむと、少女の唇から二本の指を引き抜いた。その手は唾液にま
みれているが、ひとかけらの付着物も残されていない。すでに限界を迎えた今日香は意識
を失っていた。茶々丸によって絶頂へと導かれたせりかも一足早く、気絶している。

「さて……と」

 エヴァが小さく指を鳴らして、二人の身動きを封じていた『戒めの暗闇(オブスクーリー・
カプトゥーラエ)』を解除した。途端に今日香とせりかの身体が床に崩れ落ちていく。少
女たちは自らの汗や分泌物で作られた薄い水たまりの中に身を沈め、息も絶え絶えに全身
を震わせる。

「いかがいたしますか? マスター」

 茶々丸がこのあとの処遇をどうするか確認を取った。少し逡巡したあと、エヴァはさし
て興味もない様子で答えていく。

「まあ、記憶を消してから、その辺にでも放り出しておけ」

「ですが、それでは彼らの警戒心を招くおそれがあります。もし、意識下の記憶を探られ
でもしたら……」

「ふん、それもそうか。さすがに、あの坊やの生き血を飲み干すまで無用な面倒は極力、
さけておきたいところだな」
501魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:07:34 ID:i6vuyd1H

「ハイ……」

 従者の的確な指摘に、さすがのエヴァも鼻白んでより有用な善後策を模索し始める。
 未熟とはいえ、歴とした魔法生徒を使い敵が探りを入れてきている以上、学園側もこち
らの暗躍を薄々は気づいているという証明。下手を打てば、追いつめられるのは自分たち
の方であった。

「よし、ならばこうするとしようか。大きい方の記憶だけを消し、代わりに無断で行動し
た挙げ句、窮地に陥ったあのちっちゃいのを助け出したという偽の記憶を植え付けろ」

「了解です、マスター。それではもうひとりの方は?」

「ほっとけ。何もする必要はない」

「そ、それでは……」

「いいんだよ。これでちっさい方は真実を伝えようとすれば、必然的に自分と相手の痴態
をすべて公にしなくてはならなくなる。プライドの高そうな先輩のことを思えば、黙って
いるしかないという寸法だ。それどころか、きっと進んで口裏を合わせてくれるはずさ」

「なるほど。了解しました……」

 乙女心を巧みに利用したエヴァの計略。その狡猾さゆえに露見の可能性を排除した茶々
丸はおとなしく主の命に従う。
 エヴァは階段を上り、窓から月を望むことのできた一階のロビーに身体を移した。

「これで前菜はもうおしまいだ。次はいよいよお前の番だぞ。覚悟しろ、ネギ・スプリン
グフィールド!」
502魔法先生らぎ ◆Us473Sn4i. :05/02/15 22:11:13 ID:i6vuyd1H

 遠くに浮かぶ蒼い月。その中心に適わぬ恋心を抱いた過去の男の面影を持つ少年を思い
浮かべ、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルは復讐を胸に誓った。




                                  了





                ちっとあとがき。


 まあ、なんというか『ノリノリねー、エバちゃん』といったところで……。
 結構、えちシーンも頑張ってみたので、もし感じるものがありましたら、モラーが股間
押さえているAAでも貼って誉めてください。
 でも最初はたしか、千草と月詠がせっちゃんこのちゃん(W をイジめる話として考え
ていたような気がする。もっとも、展開その他はほぼ同じで、違いといえば月詠が「ほら、
これでセンパイも二刀流どすえ♪」とかいうくらいのもの。何というかくだらないです…
…。
 それで、名前の方ですが、ナース帽の方はこのスレの>420をそのまま採用。設定も
何となくお気に入りです。箒娘タソの方は、キャラ板でも『明日菜妹』説と『成瀬川メイ』
説で揺れている感じですね。とにかく固有名詞だけは付けないとどうにもならないので、
明日菜の名前を適当にもじっておきました♪
 そいでは、長い上に描写も所々でエグいので。耐性のない方々には不評だとは思われま
すが、よろしければご一読ください、ニンニン♪ ……と。

503名無しさん@ピンキー:05/02/15 23:46:16 ID:12H+HE23
ちょっとあとがきが長すぎるな。
504にらたま:05/02/15 23:55:22 ID:Y+m3VTLH
はじめて来たんですがいいSSがたくさんありますね。
9巻出たら俺も何か書こうかな。
ネギ×さよあたりで。
505名無しさん@ピンキー:05/02/15 23:56:53 ID:saQ2asKO
あげあしですまんが
ダークエヴァンジェルな。
506名無しさん@ピンキー:05/02/16 00:51:48 ID:ysf0HXnU
>らぎ
パル×亜子じゃなかったんだな・・。
507名無しさん@ピンキー:05/02/16 01:02:22 ID:tCiPKnwn
おめぇらサイコーだぜ

自分の好きなキャラがあるとハァハァだな(´ー`)(朝倉)
508赤帽子:05/02/16 01:19:41 ID:M8WnZYt6
すいません、遅くなりました赤帽子です
478さんありがとうございました。んじゃ書きます

「ふふっ来てくれましたね。」ニヤ
「じゃあ早速着て下さい・・っとメガネと髪留めははずしてくださいね(はぁと)」
「ううーあっち向いてくださいよー。」ごそごそ
「きっ着ましたよ。刹那さん・・」(何とか、なんとかしなきゃ)
「ほーら先生、あるべきものがないじゃないですか。」ネギのあそこを見てニヤっとしながら言葉で
せめたてる
「僕のは小さいんですよ!!」(うぅ)
「そのままプールに入ってくださいよ」
「えっ?なんでー」
「男なんだよね?先生?」ネギの言葉をすべてきかずに刹那はどんどん言葉でおいつめていた
「うっ」
509名無しさん@ピンキー:05/02/16 02:14:31 ID:ysf0HXnU
もう終わりか?
やっぱガキのメモSSだな。
学校でうけたって何よ?
キモイやつら。
510名無しさん@ピンキー:05/02/16 02:43:47 ID:ppewY+SP
(はぁと)とか書く奴はすごくイタイと感じるのは俺だけ?
511名無しさん@ピンキー:05/02/16 02:44:20 ID:ksD0Xwb4
せめてメモ帳とかで全部書いてから投下しろよ…と。
512赤帽子:05/02/16 02:45:30 ID:M8WnZYt6
       ボチャン ブクブクブク
「ぷはー・・あれ?刹那さんが消えた?」
「先生、上ですよ?」ネギが落ちた近くの台にのぼっていた
「やはり、かぞえで十歳・・胸がぜんぜん大きくないな、ふふっ」
「ムッ、そんなことなー、いっいえボクは男です、胸が大きくなるわけないゴニョゴニョですかぁー!」(セーフ!!)
キラン、スラっと刹那が夕凪をぬく           
     
        逃がしませんよ?先・生?
「ひっ」(きっ気絶させなきゃ!」
「ラステル・マステル・マギステル!!風花ー」
「おそい!」
刹那はプールの壁に修学旅行のときのアノ状況に持ち込んだ・・・・

ーーーーーーーーーーそお、アノ状況にーーーーーーーーーーー
「きゃう」(なんか前あったような感じになちゃった・・ハッ」カァァ
「なに赤らんでんですか?フフッ思い出しましたか?アノ時はあえてアノ状況に持ち込んだのですよ?」
「あなたが女だとわかってなっかた、男にしては髪留めとメガネをはずしたら女の子ぽかったから・・・」
「言ったじゃないですか!僕のは小さいームグ?」(ケホッケホッ)
「ッッ・・・ネギちゃんやっぱかわええなぁあ」(カワイすぎて京都弁が・・まっ、いっかこのほうが自然だし)
「じゃあこの穴ってなにかな?〜」グチュ ズチュ
(プールの中だけにすごい音だな)
「ふぁ、あっあっ」(いやぁ、ヤダぁ、やだ、いやぁ)
「そんなにイヤがらんでよぉ、じゃあこれでどうや、これ、ネギちゃんの国ではフレンチキスゆーんでしょ?」
くちゅ クチャァ レロ グチョ
「なっなんで、私が (チュ、クチョ)はぁ、はぁ、やめぇ、あっ」(舌がぁ 舌がぁ)
「ネェギィちゃん(はぁと)こっちの舌だけじゃなくあっちの下もいこうかぁ」
「まずは一本・・」クチっジュプ
「いやぁ、もっ いやぁ、やめ、やめてぇ、ハァ(はぁと)」(生徒に犯されるなんて・・)
「ウチは感じてるようにしか見えへんよぉ?ネギちゃんの身体の希望どうり二本・・いや、子の小さい身体なのにいやらしい子には・・」
グチャァ 夕凪の鞘の先をつっこむ・・・
「特性バイブやぁ、そして・・嵐 性 童!」刹那は夕凪に術をかけた
513赤帽子:05/02/16 02:49:03 ID:M8WnZYt6
すんません・・体力の限界です、寝ます。
また読んで感想おねがいします、できれば

中二 赤帽子でした・・・ハア
514赤帽子:05/02/16 02:54:30 ID:M8WnZYt6
すんません(はぁと)なんていりませんね・・
そこらへんの小説読んでたらついてたんで・・・
以後、気をつけます、ほんますいませんでした。
515名無しさん@ピンキー:05/02/16 02:56:57 ID:9hjlx+J+
>>514
お願いだからもう来ないでね(はぁと)
516名無しさん@ピンキー:05/02/16 02:58:17 ID:M8WnZYt6
読者は黙っとけ
517名無しさん@ピンキー:05/02/16 02:58:50 ID:ksD0Xwb4
他がレベル高いだけにな…
せめてsageれるようになってから来い
518名無しさん@ピンキー:05/02/16 03:00:02 ID:M8WnZYt6
てめーがくんなよゲスヤローが
つーかしんでろ
519赤帽子:05/02/16 03:01:20 ID:M8WnZYt6
さげってなんすか
520名無しさん@ピンキー:05/02/16 03:01:55 ID:ysf0HXnU
二度とこないでね。
へたくそ!
521名無しさん@ピンキー:05/02/16 03:04:47 ID:M8WnZYt6
515死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ねそしてさっさと落ちろ
522名無しさん@ピンキー:05/02/16 03:07:03 ID:M8WnZYt6
くだんねーことやってんじゃねーよ
てーめらガキか
523名無しさん@ピンキー:05/02/16 03:08:30 ID:M8WnZYt6
つーか、てめーが書いてみろ520
524名無しさん@ピンキー:05/02/16 03:09:23 ID:M8WnZYt6
うざ520うざ
525507:05/02/16 04:18:49 ID:tCiPKnwn
>>516
>>518
>>519
>>521
>>522
>>523
>>524

1回で言えや
あとsageろボケ




(´ー`)あとはマターリ
朝倉×ネギ(逆か?)でも待つとするか


いつまでも待つぞい
526名無しさん@ピンキー:05/02/16 09:43:08 ID:0gejAP8X
なんにせよ(モノと書き手にも因るが)
来るものは拒まず去るものは逃がさずじゃだめか?
527名無しさん@ピンキー:05/02/16 10:58:15 ID:egJnyaq7
>>526
同意。21以上だとしたら精神異常者多すぎ。
528名無しさん@ピンキー:05/02/16 11:25:48 ID:6GxMyLId
裕奈を強姦してください
529名無しさん@ピンキー:05/02/16 14:05:03 ID:G6d3Y7Sz
>>513
<中二 赤帽子でした・・・ハア

中 二 ・・・。
み、未成年はこ、こんなとこ来ちゃだめですよ!

530名無しさん@ピンキー:05/02/16 14:10:39 ID:G6d3Y7Sz
514 名前:赤帽子 投稿日:05/02/16 02:54:30 ID:M8WnZYt6
516 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/16 02:58:17 ID:M8Wn
ZYt6
518 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/16 03:00:02 ID:M8WnZYt6
521 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/16 03:04:47 ID:M8WnZYt6
522 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/16 03:07:03 ID:M8WnZYt6
523 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/16 03:08:30 ID:M8WnZYt6
524 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/16 03:09:23 ID:M8WnZYt6

中二がネタなのか、IDで自作自演ばれてるのもネタなのか・・・。
それらも全部含めたネタなのか・・・・。

それとも本物のガイキチなんでしょうか?
531名無しさん@ピンキー:05/02/16 16:43:33 ID:J+Ykm3FT
中ニという響きに少しだけ萌えてしまったよ
532名無しさん@ピンキー:05/02/16 17:18:07 ID:b3Rzphde
>>531
非は節操がなくて嫌いです
533名無しさん@ピンキー:05/02/16 20:28:18 ID:aOJ3Y5y2
赤帽=早漏だろ
534名無しさん@ピンキー:05/02/16 21:01:48 ID:XEpw6a7D
早漏非にしては品がなさ過ぎる
あんなレスなんか返さないと思う。
535名無しさん@ピンキー:05/02/16 21:05:39 ID:aOJ3Y5y2
早漏に品?あんな屑に何を求めてるんだ。
536名無しさん@ピンキー:05/02/16 21:53:10 ID:41aiI8xh
>>530
漏れは敢えて指摘せんで眺めていたが…


(ノ∀`)アチャー
537名無しさん@ピンキー:05/02/16 22:27:04 ID:U4hAGDG0
ネタにしろ本物にしろ、とてつもなく痛い奴であることに変わりはない
538名無しさん@ピンキー:05/02/16 22:43:31 ID:zVmy2OwQ
エヴァタン・鳴滝姉妹のロリ系を調教などしてもらえるとありがたいのですが。
539名無しさん@ピンキー:05/02/16 22:49:17 ID:9KgJPmGe
*― ―) 座薬です

内容は鬼畜、嫌な方はスルーしてください
「新たな始まりの日(完結編)」
 PM8:00 関西呪術協会 四国院
 男は今夜、警備の役についていた。
 関西呪術協会理事の1人が居住しているこの≪四国院≫こそが、協会の支部にして四国地方の魔法使い
ネットワークの中枢なのである。万が一のことも許されない聖域なのだ。
 そして今、男は警備していた領域で珍客と出会い、
「で、お前はこんな時間にこんな場所で、いったい何をしているのだ? 「レスキュー君」?」
 などと会話をしている。
 巨大円柱にサッカーボールを伸せたような、シンプルな外見の彼―――いや、<それ>。
 それは三条家が開発した魔法ロボット、通称「レスキュー君」だった。開発成功とほぼ同時に三条家が積極的
に宣伝していたこともあり、関西呪術協会ではそれなりに有名なロボである。
「確か君は麻帆良に派遣されたはずじゃあ……いつもの「お姉さん」はどうした?」
 「レスキュー君」にはパートナーというべき「お姉さん」がいつも近くにいる。ポジション的に「レスキュー君」は
「お姉さん」の護鬼にあたるのだ。
「なあ「レスキュー君」、 黙ってないで何とか言ってくれよ……困ったな、どうしよう」
 どうして三条家のロボットが1台で四国まで来たのか、男には分からない。
 その時、遅滞魔法の応用で作られた時限爆弾の作動が始まった。
 そのロボットの内側に溜め込まれた数百数千数万の魔方陣はたがいに相乗効果で力を増し、1つの魔方陣
が基本単位となった圧縮巨大魔法陣系を形成していく。その力は一気に増幅され、押さえられ、増幅され、押さ
えられを繰り返しながら、明らかにある一定のラインに収束する。
「ここに来た目的は、ここを殲滅するためです」
「はっ? なんだっ      」


 術者の声はロボットの大爆発にかき消され、≪四国院≫はキノコ雲の中で消滅した。
 PM8:05 関西呪術協会 総本山
「該当者なし、ですか。一体誰がお嬢様に、和泉さんの情報を漏らしたのでしょう……」
「分かりません。本当に、分からない……」
 桜咲刹那と近衛詠春は、内部調査の結果にどんよりと肩を落としていた。
 亜子を木乃香の身代りにしたことを木乃香に漏らした裏切者、その正体を突き止めようとしている2人だった
が、調査の結果は容疑者がいないというものだった。
「外部からお嬢様に接触するのは不可能、ですよね」
「700名近い警備兵、および守護結界を突破してくる術者……考える価値のある仮定とは思えません」
 その時、どたどたと侍女の足音が聞こえてきた。
「詠春さま、詠春さま、大変でございますぅうぶう!」
 慌て過ぎていて転んだようだった。
「何事ですか、騒々しい」
 呆れた声で詠春が言った。
「三条、本家が……ば、ばくはつ」
 まだ起き上がっていない様子の侍女は、一刻も早く伝えようとしているのか、襖の向こうで叫んでいた。


 この夜、西日本の九州地方、中国地方、四国地方の魔法使い社会を統括する≪九州院≫≪中国院≫≪四
国院≫、および京都の三条本家が大爆発によって完全崩壊した。
 全ての爆発により、警備の術者267名、一般人55名、関西呪術協会重要幹部18名が死亡。
 幹部の中には≪九州院≫≪中国院≫≪四国院≫にそれぞれいた、協会理事3名も含まれていた。
 対関東の強硬派だった協会理事の天ヶ崎家の失墜、さらに今回の事件により、13名いた関西理事たちは近
衛家、三条家、神鳴流の青山家を含む9名となった。
 PM8:00 麻帆良学園都市、臨時女子寮
 鳴滝姉妹を追い出した長瀬楓と長谷川千雨の部屋には、担任の魔法先生ネギ・スプリングフィールドと神楽
坂明日菜、さらにロボットの絡繰茶々丸が集まっていた。昼間に楓と千雨がネギたちに近づいた時、監視役だと
いう茶々丸が突然物影から現れ、この「亜子ちゃん救出作戦」極秘会議を提案したのである。
 「亜子は吸血鬼化の治療のため入院、木乃香は療養で帰省している」と近衛家に言われたネギと明日菜。
 「ネギたちに亜子投獄が露見しないよう、極秘裏に監視せよ」と命令を近衛家から受けた茶々丸。
 近衛家を最初から最後まで信用せずに、独自の調査と手段で事件に介入していた千雨と楓。
 それぞれの立場は違えこそ、件の事件が終わった今、ついに彼女たちは1つになったのである。
 テーブルの上に広げられたのは、木乃香の父親の名前が入った亜子投獄の秘密文書。さらに刹那が置いて
いったという口止め料の札束。楓と千雨がこっそりと集めていた、占い研究会に潜伏した時の吸血鬼木乃香一
派の映像や写真、盗聴テープ。亜子の戸籍が消えているという事実。
「じゃあ、昼間、私とネギが話していた、画面の向こうの亜子ちゃんは何だったの?」
「おそらく誤魔化すための偽者でしょう」明日菜の質問に淡々と答える茶々丸。
「し、信じられない……」明日菜の呟きには、自分を育ててくれた近衛家への、様々な想いが込められていた。
「と、とにかく、亜子さんを早く助けないと!」
「ネギ先生、貴方が妙な行動をとれば、近衛家は報復として貴方の研修を拒否するかも知れません。そうなれ
ば貴方は―――」
「……」
 しん、と部屋は静まった。
「……か、かまいません! もし、今回のことを見逃して研修に合格しても、僕は自分を許せません」
「覚悟はあるのですね。了解しました」
 茶々丸は続ける。
「しかし、話はそう簡単ではありません。今回の情報操作を行っているのは、東西の魔法社会の長である近衛
本家。その組織はネギ先生の想像以上の規模と力です」
「近衛だってあれだけ反則気味に強かったのに、兵隊を沢山用意していたからな」千雨が言った。
「彼女は関東魔法協会との戦いを意識していたと思われます」
「和泉殿をこっそりと救出できないでござるか?」
「和泉さんが投獄されたのは若狭湾の孤島。警備も厳重です」
「ダメじゃん」明日菜がはあ、と溜息を付いた。
「何か手はないのか? 長瀬」
「話を聞く限り、魔法協会の協力者が不可欠でござるなあ。組織には組織で対抗、近衛家に政敵とかはいない
でござるか?」
 茶々丸は少し思考、というか計算をして答える。
「いないわけではありませんが、協力を仰ぐ相手はよく考えないといけません。近衛家の政敵の協力を得るとい
うことは、近衛家に付け入る隙を与えるという事です。これまでと逆のことを言うようですが、近衛家の弱体化は
悪影響が大きいのです」
「例えば、どんな悪影響が?」
「関西の理事の中に、問題のある人物が何名かいるのです。特に、三条家」

「「「三条家?」」」

 声が綺麗にそろった。
「関西の三条って、あの三条財閥?」千雨が少し考えて、言う。
「御存知でしたか」
「昔、ネットに妙な噂が流れてた」千雨がしみじみと言う。「日本経済を乗っ取ろうとする、48000社の<組織連
合>―――そのトップが三条財閥とか、そんな噂。ちょうど私がネトア始めたころだった」
「ネトアって何?」明日菜が質問したが千雨は無視する。
「その噂は真実です。発信者は既に消されました」
「えっ、本当だったの?」千雨が驚いて身を乗り出した。
「その話は後で、2人でゆっくりするでござるよ」楓があっさりと止めた。「さっぱり分からぬ」
「失礼しました。要約すると最近の近衛家は、その三条家を押さえ付けていたのです。最近は関東との和解を進
めている三条家ですが、元は対関東の強硬派筆頭。近衛家が権力を失えば、関西のトップはその三条家にな
ります。そこで三条家が従来の路線に戻れば、下手すれば東西全面せん―――」
 その時―――、

 どおん、どおおぉぉん、どん、どん、どどどおおおん、

 と、大砲を遠くで発射しているような、低い、腹に響くような音がいくつも聞こえてきた。
「何事でござるかな?」
 楓が窓を開けて外を観察する。
 学園都市のあちらこちらから、赤い炎と黒い煙が上がっていた。
 赤と黒、破壊の色。
 どおおん、と大きな音がまた聞こえる。
 そして新たな炎が夜空を照らし、煙が上がる。
「……どうやら何者かが暴れているようでござるな」
 険しい顔の楓の背後では、茶々丸が淡々と爆発現象の場所を観察して、
「狙われているのは学園都市に点在する、結界の発生デバイスのようです―――」
 と言った。
 PM8:07 麻帆良学園都市 某所
「くっくっくっ―――作戦は成功だ。下準備御苦労だった」
 暗闇の中でチャオの顔をした男は、仕掛けた爆破装置が全て作動したことを確認して、にやりと笑った。
 その背後には聡美と、もう1人、魔法使いの少女―――チャオたちの護衛をしていた少女の顔をした男たち
の姿もあった。ホテルで入れ替わった彼らは任務の1つ、結界システム完全破壊を実行したのである。
 少女の姿をした3人の男たちの前にいるのは、前もって隕石落下の復興支援隊として麻帆良に入っていた、
三条家の部隊、および関連会社の人間、およびロボットだった。
「復興の手伝いしながらの下準備は大変やわあ。そこらへん、小田原さんにもきっちり報告しといてや」
 復興支援として麻帆良に入ったロボット「レスキュー君」の前にいるのは「お姉さん」。いかにも慌てて飛び出し
ましたと言わんばかりのパジャマ姿に長い髪、顔だけはおっとりした大和撫子。しかし彼女は、対関東工作部隊
の上位幹部でもある。

「さて、爆発<事故>となれば私たちの出番ね、「レスキュー君」! 助けを求める人々の声が聞こえるわ!」
「いきましょう、「お姉さん」! レスキュー! レスキュー!」

 営業のノリに戻った「レスキュー君」と「お姉さん」その他は、自分で準備した爆発の現場処理に向かっていく。
「さてと、こっちも次の作戦の準備にかかるか」
 チャオの顔をした男がそう言うと、聡美の顔をした男が「それ」を茂みから引きずり出してきた。
「ん……! んん……!」
 ガムテープでぐるぐる巻きにされた―――四葉五月。
 その怯えた眼を見て、男はチャオの顔でにやりと嗤った。
 PM8:40 京都 三条分家
「お前たちの価値は大幅に下がったからな、もう好きにさせてもらう」
 突然牢屋を開けて入ってきた数人の男たちに、聡美は驚いて立ち上がり、背中が壁に当たるまでじりじりと後
退していった。チャオはようやく視力が回復してきた眼で、男たちの姿を薄っすらと眺めている。
「お前たち、何しに来たカ?」
 ぞろぞろと牢屋に入ってくるガタイのいい男たち、そして全裸の聡美とチャオ。チャオは来るべきものが来たと
言わんばかりの冷めた目で男たちを睨み付けて、そしてゆっくりと目を閉じる。
「いやー……いやぁー」
 聡美は部屋の隅で針金のような身体を縮こまらせ、その細い腕で胸の膨らみを押さえて、男たちの好色の視
線から何とか自分の肉体を遮っていた。早朝に陵辱されたばかりの聡美の身体は正直で、これからされること
に対してぶるぶる震えている。淫液が乾いてほどなく、身心の傷も癒えていないのに、また犯される―――。
 顔に浮かんだ男たちへの嫌悪と恐怖が逆に男たちを悦ばせることを知ってか、知らずか―――許しを乞う小
動物の視線を向けて、逆に男たちを昂ぶらせてしまう。

(最悪の展開の1つとして予想されていたことネ……。ハカセ、キツイだろうけど、ここは耐え抜くしかないヨ……)

 チャオは抵抗どころか、大の字に寝転がったまま動くことすらできないのだ。両手両足は壊死している有様で
ある。抵抗不可能、脱出不可能、移動すら不可能の状態なのだ。男たちの目に晒されている乳房も、開いたま
ま閉じられない股も屈辱以外の何でもないが、チャオは体力温存のために無駄な抵抗はしないと決めていた。
 発明品は研究室にあると教えたが、実際のチャオの発明はそこにはない。
 しかし、それなりの技術を用いた玩具はいくつか置いてあり、何らかの方法でそれを回収した連中が……。
 チャオの技術はこの程度のもので、わざわざ慎重に扱うほどの価値はない、と、誤解したとしたら、どうなるか?
 平均以上の外観を持ったチャオと、髪下ろしヴァージョンの聡美がどのような目に遭うか、その可能性の1つ。
 期待値が非常に高かっただけに覚悟はしていたが、いざ現実になると完全には割り切れない。
「いやあー、は、離してくださいー。や、やめてー!」
 聡美があっけなく男に押し倒された。「やぁー、やぁー!」と注射を嫌がる幼児のような悲鳴を上げて、聡美は
のしかかってきた男をぽかぽか叩き、他の男たちは聡美の抵抗をにやにやしながら観察している。

(発明品が手に入れば、逆襲は可能……ハカセ……そのチャンスまで何とかがんばって……)

 男が手を振り上げ、半泣きの聡美の顔を殴った。
「あ゙ぁー、あ゙ぁー」鼻血を出して泣き出した聡美を、男が馬のりで押さえ付けている。ばたばたと動いている足を
他の男が押さえ付け、まだ陵辱されて1日も経っていないアワビにべたべたとローションのようなものを塗り始
めた。痩せた聡美の、1度は精液付けにされている身体の中で、男たちが興味があるのは穴だけだった。
「は、ハカセっ!」チャオが思わず声を上げた。「ハカセだけでも、もっと優しく扱って……ううっ!」
 チャオは男に肩を掴まれて、無理矢理起こされる。
 しかし、手足が使えないので起こされても何もできずに座っているだけである。聡美の悲鳴が聞こえる中、男
たちはチャオを取り囲むように円陣を組んだ。
「この状況で他人の心配なんかしてる場合かよ? ほら、1人じゃ立つこともできねーのに」
「……」チャオは男を睨み付けて、何も言わない。
「ふん」
 男はチャオと目線を合わせるようにしゃがむと、
(な、何を……)
 ぐい、とチャオを引き寄せて、その唇を奪った。
(え……?)
 男の分厚い唇が、チャオの唇に重ねられる。ヒルのように吸い付いてくる唇と、口の中に流れ込んでくる男の
唾液を、チャオは必至に無視しようとする。下手な抵抗はこの状況では逆効果だった。
「うっ、ううん、んむ……」
(私、今、キスされてるのカ……?)
 男のキスが上手なのか、キスは始めてのチャオには分からない。天才でもデータがないと評価はできない。
 ただ、絡んでくる男の舌や唾液、没頭してしまうような得体の知れない何かは、決して心地良くはなあった。
「んー、んん、んん―――、んっ」
「そんな嬉しそうな顔するなよ」
 男の嗤う声がした。チャオ自身は意識していないが、チャオの顔には明らかな屈辱の色が浮かんでいた。
 それに、チャオがいくら男を振り払おうとしても、手足を動かすこともできない。
 ―――ぞくっ、
 と、チャオの背筋に寒気が走った。
「痛っ!」
 唇を噛まれた男がチャオを突き飛ばし、チャオはどさりとその場に崩れる。
「あ……ああ……」
 チャオは怯えた顔で、自分を取り囲んでいる男たちを見た。どうしてかは分からないが―――何をされても抵
抗できないと改めて思った瞬間、急に怖くなって男の唇を噛んだ。頭では分かっているのに、身体が命令を聞
かなかった―――そんなことは、自他ともに認める天才少女にとって、初めてのことだった。
「私に、さ、触るな!」チャオが男たちに怒鳴った。
「へえ、いい顔するじゃねーか」
 男たちの手がチャオに再び伸びる。伸びてくるのに、チャオは動けない。
 かちかちかち、と音が聞こえた。それは自分の歯の音である。

(わ、私、どうしちゃったネ……どうして、どうしてこんなに―――)

「あぁー! あぁー! いやあっ!あっ、あ、あああっ」
 その時、聡美の悲鳴のパターンが変わった。チャオが聡美を見ると、聡美はアルコールが入ったような緩んだ
 顔で、甲高い奇声を上げている。聡美の腕には怪しげな―――注射の跡があった。
「ハカセ!? は、ハカセに何をしたっ! お前らっ!」
「すぐにお前にも体験させてやるよ」
 男たちの腕がチャオに伸びる。
 チャオは―――悲鳴を上げた。


 ………………………………………………
 ………………………………
 ………
 赤い―――。
 かつて三条本家が在り、多くの人間がいた。
 その世界が今、赤く、熱く、消え去った。

「さ迷う御魂たちよ―――」
 
 赤い世界に照らされながら、
 少女は炎に謳う。

「三条は代代、御魂たちを神と奉らん―――」

 老爺は少女の横で、静かに謳う。
 肩にピンクのクラゲを乗せた眼鏡の女性、兵器の姿をした式神を操る少年が、2人の背後に控える。

「誇るがよい―――御魂たちは、新たな時代の築く礎となろうて―――」

 少女―――三条こずえは、三条に仕えていた多くの者を呑んだ炎を、うっとりと眺めている。

「これで我々は、関西の実権を握れる。そして総本山を獲って近衛家を追放すれば、<闇の福音>のいない
関東など一捻り―――。ふっ、ふふふっ、ふはははははははは、はははははははははは――――っ!」

高らかに嗤うこずえの横で、老爺はその皺だらけの顔をぐにゃりと歪めて、微笑んだ。


                                                       (続)
551名無しさん@ピンキー:05/02/16 23:05:48 ID:6biPSwl+
おいおい、どーでもいいが178に誰かかまってやれよwまぁみんな読んでないんだろうがな
きれーにスルーされてるぞ。
552座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/02/16 23:06:53 ID:9KgJPmGe
チャオとハカセは次回に続きます
ではまた

553名無しさん@ピンキー:05/02/16 23:07:47 ID:eB8zlH/J
座薬よう、もういい加減キャラ借りただけのオリジナルの投下はやめねーか?
554名無しさん@ピンキー:05/02/16 23:16:13 ID:ckg5eFoN
>>553
お前こそ止めるんだな
嫌なら読まなきゃいいんだ
ただそれだけのこと
頭わるいんじゃねーの?
555名無しさん@ピンキー:05/02/16 23:28:31 ID:zVmy2OwQ
ダメだな、座薬がこのスレにいる事自体ダメだな
556名無しさん@ピンキー:05/02/16 23:40:35 ID:MwTq2ix6
>>553

366 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/09 13:22:51 ID:KRCJ2E0P
まずは藻前が消えろ
話はそれからだ

372 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:05/02/09 20:44:11 ID:aXU2sJeI
読むのが嫌なら、このスレ来なければいいのに

だ、そうだ。
557名無しさん@ピンキー:05/02/16 23:45:04 ID:0gejAP8X
『嫌なら見ない』で解決するのに
何でわざわざ書き手に文句言うかな。
558名無しさん@ピンキー:05/02/17 00:19:11 ID:/BQnRYOF
嫌われてるからだろう
559赤帽子:05/02/17 00:36:34 ID:6khkeCpN
このサイト見るの怖くなってきましたよ・・・・
 
まっ、そーっすねごもっとです、自分でも痛いような感じしました。
525さん、ごめんなさいsageかたぜんぜん知りません、あとよくわかりましたね
次の小説は現場を見られていたネギが逆レイプ?される話になります・・・。

ほかの小説のと自分のとでは月とスッポンの差ですね。
560赤帽子:05/02/17 00:42:49 ID:6khkeCpN
一応、いやいやでも僕の小説見てる人いるみたいなんで書こうかなと思います。
561478:05/02/17 00:46:59 ID:M5/4JIkL
社交辞令を真に受けなくて良いよ

562名無しさん@ピンキー:05/02/17 00:48:40 ID:SG9SvSpe
>>ALL
とりあえずNGワード登録よろ。
563名無しさん@ピンキー:05/02/17 00:54:02 ID:xW0ugenT
とりあえずメール欄に「sage」って入れてみるのが初めの一歩
564名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:06:26 ID:3rzoQ2fc
>>533
早漏というよりむしろ馬鹿赤なんじゃないか?ハンドルネームも・・・
565名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:06:39 ID:SRjPPHmr
>>560
ぜひ書いてくれ
わざわざ文句言ってくる馬鹿は無視しなされ
566名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:09:35 ID:bbof62Je
いや、本物の未成年はいくら優れた書き手でもごめんこうむる。
これはこの板のルールだ。
567名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:11:15 ID:xW0ugenT
釣りとして考えたら一流だよなぁ
…まぁ、こうやって言ってると別の職人が書き込みにくいからスルーで。
568赤帽子:05/02/17 01:13:20 ID:6khkeCpN
んじゃまた書きます・・この小説書いたあとなんていわれるか恐ろしいです。


「ちょっ、やめ、やめてください!刹那さん!こ、これ以上変なことやられると・・あっ、はぁっ・・・そ、そんなとこ入れないでください!」
ズプ
「い、痛い、ひあ・・あっあああ!」
ぐちゃぐちゃ、ジュプ
「ひっ・・・はぁ、んんっ、ぁう!・・た、助けて、なんかっ、身体がぁ、・・・わかんないけどっ、なんかきそうだよぅ・・。」
こんなことは初めてのネギにっとって快楽は恐怖だった・・・
569赤帽子:05/02/17 01:17:44 ID:6khkeCpN
sageやってみました。できてますか?563さんや565さんありがとうございます。
ほんとに感謝です。
570赤帽子:05/02/17 01:22:42 ID:6khkeCpN
あっ、できましたね。566さん、すいません・・あなたは僕にとって小説や人生などのことでは天の人ですが
書かしてもらいます。
571名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:34:20 ID:B0KtoaSM
>>178
座薬氏オツです!
572赤帽子:05/02/17 01:41:21 ID:6khkeCpN
書きます

「そんなに助けてほしいんやなぁ・・うーん・・そやな」
刹那はふところから呪符を取り出した・・
「なんやぁ、ぬれまっくとんなぁ・・まぁそれはそれでええかもしれん、ネギちゃんちょとまってぇな。」
刹那は呪符を片手に呪文を唱えだした
「うう?」
呪符から放たれた神々しい光はネギの視界をうばう・・・・・
光が放たれ終わったあとネギは目を疑った、なんと刹那に立派なあれがはえていた
「なっなに?」
「これ・・・・なめて?」
「い、いや、そんなの!」
「うちも気持ちよくしてよ、そしたら助けてあげるよ?・・・」
573名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:45:25 ID:MjGXpBC5
赤帽子さんへ、
未成年なら出て行ってください。
574名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:45:51 ID:CWwVwNQV
千草×刹那書いてるコテハンの178のことじゃねーの?>>571
確かにみんな反応が淡泊だなw
575名無しさん@ピンキー:05/02/17 01:56:39 ID:xW0ugenT
>>571に敬礼!!
576赤帽子:05/02/17 02:07:51 ID:6khkeCpN
「こ、コレで助かるなら・・・」
ちゅ、レロ、ちゅぷ、ぴちゃ
「夕凪にかけとった呪文、・・・今やっと解けたなぁ」
ネギのあそこからずるりとさやが落ちる
「ふぁああ」
「ちょっと抜けたからってフェラやめてそんなカワイイ声だすなんて・・下のお口はさぞかし感度良好みたいやなぁ・・上の口は」
じゅぷじゅぷ
「えう?」(何でそんなにウマイん??これは調教されたぐらいのテクニックだぞ・・まさか)
ガシ・・
ドン
ネギの首を前から押さへ、壁に打ち付けた・・・
「どこで覚えた・・・」
577赤帽子:05/02/17 02:09:38 ID:6khkeCpN
未成年・・ではなかったら?
578赤帽子:05/02/17 02:13:11 ID:6khkeCpN
さあホントのとこわかりませんねぇ
直接会ってるわけじゃないから・・・
579573:05/02/17 02:14:50 ID:MjGXpBC5
別に、わたしは言論統制する趣味は無いので御随意に、
ただ、未成年は見ても居てもいけない場所なので
立ち去りなさいというのは21歳以上の大人の義務です。
580名無しさん@ピンキー:05/02/17 02:16:49 ID:Tf2QPO2R
アニメ見たがドラム缶風呂で楓さんが水着だったのが残念だ
581赤帽子:05/02/17 02:18:59 ID:6khkeCpN
573さんには悪いですけど・・・
僕も争う気はないっすけど・・ただ、時代が変わったと・・
582573:05/02/17 02:21:15 ID:MjGXpBC5
>>581
意味わかんないですけど? 時代が変わった?
少なくとも未成年かどうかはっきりしてください。
583赤帽子:05/02/17 02:21:34 ID:6khkeCpN
580さん、そうなんですか?
忍者は水着なんて着ちゃいけないっすよね・・修行中は・・
584名無しさん@ピンキー:05/02/17 02:26:25 ID:xW0ugenT
>>582
楽しいだろうけどもちつけ
585赤帽子:05/02/17 02:26:56 ID:6khkeCpN
まぁ、小説のうまさで判断してくださいってこんな小説じゃあ未成年と思われちゃいますね
そんなことなると、濡れ衣だなっと。
586赤帽子:05/02/17 02:30:32 ID:6khkeCpN
ホントはどうかわかりませんが・・・僕も小説書きたいんで・・584さんのゆうとうり
おちついてください・・あとここまで食い下がってすみませんでした。
587573:05/02/17 02:31:04 ID:MjGXpBC5
いや、申し訳ない。成人なされていれば何も言いません。
>>513
中二であると自ら表記しているので気になりました。
成人していれば何歳であれ、文章力がどうあれ対した問題ではないので
わたしのような過剰反応する人間は忘れてください。
申し訳ありませんでした。
588名無しさん@ピンキー:05/02/17 02:32:26 ID:B0KtoaSM
ん?中学生っていってなかったっけ?
それが事の発端じゃないかと思うんだが。
589赤帽子:05/02/17 02:32:33 ID:6khkeCpN
ネタ?っすよどうかわかんないけど・・・
590名無しさん@ピンキー:05/02/17 02:36:18 ID:xW0ugenT
だからもちつけ!っすよどうかわかんないけど・・・
591赤帽子:05/02/17 02:36:37 ID:6khkeCpN
でもどっちがいいんですか?
僕は年齢制限とかきらいっすけどねえ
萌駅とか年齢制限とかないっすからいいですよね・・
592赤帽子:05/02/17 02:37:26 ID:6khkeCpN
590さんナイスギャグ
593赤帽子:05/02/17 02:38:56 ID:6khkeCpN
明日ちこくとかしそうですね、僕
594赤帽子:05/02/17 02:42:24 ID:6khkeCpN
一言、ストレス解消とかいて小説書かせろと読ませたい・・・
書いていいですか?この雑談とか楽しいですけど
595573:05/02/17 02:42:34 ID:MjGXpBC5
おまえの主義主張を聞いてんじゃねーよ。
お前の好みの話をしてるんじゃない!

未成年が少年漫画のエロパロ書いてるという事実が
世間に広まって、講談社週間少年マガジン編集部及び
原作者の赤松健に迷惑をかけるかもしれない
ってのを頭を使ってよく考えて発言しろ。

おまえが未成年でエロ話を書きたいというのは勝手にやってろ。
だがmここで書くということは最悪原作そのものを抹消する
まで飛び火する可能性があるから未成年は出て行けという
話をしてるんだ。
596573:05/02/17 02:45:33 ID:MjGXpBC5
っていうか
>>593とか見ると一級の釣り士に思えてくる…。
おれは入れ食い何だろうか・・・。

それとも本物の馬鹿なんだろうか…。
どっちにしろ相手しちゃってる俺も対外な馬鹿だな・・・。

解かってて発言してるから釣りだろうな・・・。
597名無しさん@ピンキー:05/02/17 02:49:47 ID:1Yua6D6h
『作品÷作品以外の発言』がゼロに近づくほど厨度が増す法則のいい例だな。
598赤帽子:05/02/17 02:51:58 ID:6khkeCpN
ほお、正当な意見っすねぇあなたなら僕が未成年か違うかわかるんじゃないですか
あとこのサイトはネギまの作者には関係ないと書いてないですか?僕が未成年
とか別にして話するとここは小説がよければよしととみえますがね。
大体ほかの人とか絶対に未成年じゃないやつが入ってくるとはかぎらないっすよ。
599赤帽子:05/02/17 02:55:01 ID:6khkeCpN
596さん、あなたはあたまいいよ
だけど僕が大学生だったらってことも頭に入れてくださいね
600名無しさん@ピンキー:05/02/17 02:55:53 ID:AEDQCMYr
荒らし的にはなかなか良スレのようだが、手を下すまでもないのはつまらんな。
書き手読み手双方に厨がいないと荒らし甲斐がない…
現状馬鹿ひとり喚いてるだけ見たいだしな。
もう少しうまい神経の逆撫での仕方があると思うぞ。
601赤帽子:05/02/17 02:57:07 ID:6khkeCpN
こんなに理屈で話して楽しいの初めてですよ
602573:05/02/17 02:59:35 ID:MjGXpBC5
>>僕が未成年か違うかわかるんじゃないですか
わたしが問題にしているのは、貴様が未成年であることをぼかしていることです。
違うなら違うと言及し、>>593的発言のような挑発行為はやめろ。


>>あとこのサイトはネギまの作者には関係ないと書いてないですか?
すいません。本気で日本語の意味が解かりません。

>>僕が未成年とか別にして話するとここは小説がよければよしととみえますがね。
ええ、あなたが未成年とか別にすると問題ないですよ。
問題にしてるのは、あなたが未成年かどうかという話ですから。

>>大体ほかの人とか絶対に未成年じゃないやつが入ってくるとはかぎらないっすよ。
ええ、まったくそのとおりです。
ですが、あなたは未成年であると主張し、そのことに対して否定していません。
だから問題にしています。
603赤帽子:05/02/17 02:59:54 ID:6khkeCpN
このスレ荒らしたらみんなの反感かうっすよ600さん
キリバンなのにいやなことぬかしますね
604名無しさん@ピンキー:05/02/17 03:04:59 ID:OSw0OOG4
座薬の身勝手さがマシに見えたので収穫。
605赤帽子:05/02/17 03:08:45 ID:6khkeCpN
いやぁ、いい答えだ・・・・
ネギまエロパロを管理しているサイトではそう書いてましたよ、原作者
に関係ないって
606名無しさん@ピンキー:05/02/17 03:10:08 ID:B0KtoaSM
ここは赤帽子のサイトみたいだな。自分専用のネギまSSスレ作ったら?そしたら読ませたいを解消できるんでねーの?ほかにもメルマガとかね。
あらしはスルーが原則。ネット上で喧嘩してもイラつくだけだろ。
要はほっとけってこと。
607573:05/02/17 03:11:00 ID:MjGXpBC5
うん。原作者は関係ないよ。
でもな、未成年がエロを堂々と書いているのが世間で問題になったら
関係ないも何もないだろ。
話は著作権の問題じゃなくるんだから。

わかりますか? 理解できますよね?
608赤帽子:05/02/17 03:11:32 ID:6khkeCpN
今日はもう小説かけそうにないっすね
609名無しさん@ピンキー:05/02/17 03:13:08 ID:B0KtoaSM
>>603
あと、前にも言ったが、事の発端はお前だよ。
中二と書いたのは事実なんだからあやまれば丸く収まる。ホントに大学生ならわかるだろ?ガキじゃあるまいし。
610赤帽子:05/02/17 03:14:05 ID:6khkeCpN
けっこう楽しんでません?607さん
あと今日じゃないや今は書けそうにないですね
611赤帽子:05/02/17 03:16:23 ID:6khkeCpN
すいませんてか?
それじゃあもう書けなくなるってことですよね。
612573:05/02/17 03:16:47 ID:MjGXpBC5
もういいんだ。俺が悪かった。
何とかにつける薬はないとこれでわかっただろう・・・。

俺は良くわかった。今後赤帽子にはレスしない。
赤帽子は大学生。
それでいい。本人が「それはどうだろう?」みたいな発言しても
赤帽子は大学生それでいい。
613名無しさん@ピンキー:05/02/17 03:19:05 ID:1Yua6D6h
573もいい加減にしろ。荒しにレスつけるのも荒しだ。
614赤帽子:05/02/17 03:20:17 ID:6khkeCpN
ごめんなさい、マジですいません、なんか罪悪感じました。僕が悪いのに
でも僕、小説書きたいんです、読んでもらいたいんです。
615赤帽子:05/02/17 03:22:27 ID:6khkeCpN
荒らすつもりないのに自然にあらしてましたね
本当にごめんなさい皆さん。
616名無しさん@ピンキー:05/02/17 03:24:26 ID:B0KtoaSM
書いたらいーやん。
ただ、誤解を受ける事を書いたことだけを謝ればいいと言ってるだけ。
俺は赤帽子のSSも普通にイイと思うし。
617赤帽子:05/02/17 03:24:30 ID:6khkeCpN
今度からまじめにとりくむんで、すいません・・・・
618赤帽子:05/02/17 03:27:57 ID:6khkeCpN
616さんありがうございます!こんなヘタな小説にいいなんて
もうちょっとがんばって書きますんでこれ終わったら寝ます。

619赤帽子:05/02/17 03:49:36 ID:6khkeCpN
「えっいやその・・・」
「どこで覚えたんだ!!」
ネギはあきらめのついたように肩を落とす
「う、うぅ・・・わ、私が日本にきてから教師としてはたらくまで一週間だけ余裕があったんです・・」
ネギは決して思い出したくない過去を口にする・・・
「初日・・道に迷ってしまってある暗い路地裏にでたんです・・・」
「そしたら5人ぐらいの男があらわれて・・・監禁されて・・うぅ・・犯されて・・・」
「好きで男のかっこうしてるんじゃないんです・・・。」
「処女・・・とられたん?」
「いえ、・・・・ほんとの変態だったのであっちの穴だけでした・・たぶん大丈夫と思います・・・」

恋愛ものになってきた?
620名無しさん@ピンキー:05/02/17 05:25:49 ID:ecseUNmq
イタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタッタタタタタタタタタタタタッタッタタタタタタタタタタタタタタタタ
コンナイタイヤツハジメテダ
621名無しさん@ピンキー:05/02/17 05:41:10 ID:m9mohbD2
まぁ、まったりといきましょう。
合わなければ読まなきゃいいだけの話ですし。何度も繰り返されてますが。
622名無しさん@ピンキー:05/02/17 11:11:29 ID:yc+UdFMb
m9(^д^)プギャーーー!!!
623名無しさん@ピンキー:05/02/17 11:31:10 ID:vDRxf2D3
つーか赤帽子が荒らしなのは514〜524のレスで確定だろ。
質問したってまともな返答がないのは既にわかってるんだから、
大人として紳士な対応(スルー)すべし

……なんとなくGAスレの悪夢を思い出してちょっと鬱
624名無しさん@ピンキー:05/02/17 11:43:22 ID:l+TpV7C0
赤帽子は全然面白くない
才能もない
消えてください
お前が未成年だろうが成人だろうが関係ない
面白くないから消えてください
625名無しさん@ピンキー:05/02/17 11:43:40 ID:1VYgqGX6
俺は待ってますよ!エロゲ屋さん〜
楓ドSを待ってますよ〜
626名無しさん@ピンキー:05/02/17 11:46:55 ID:l+TpV7C0
俺的ランク
1・エロゲ
2・その他
糞・赤帽死
627名無しさん@ピンキー:05/02/17 12:18:37 ID:NqRYzCO/
おまいらこれ以上赤帽子の話題禁止
レス数が進んでるかと思えばこんな状態だなんてがっかりだよ
628名無しさん@ピンキー:05/02/17 12:20:53 ID:B0KtoaSM
俺的ランク
一位エロゲ屋
二位座薬氏
三位その他
だな。
629名無しさん@ピンキー:05/02/17 12:21:32 ID:n67AEHhT
http://so.la/test/read.cgi?bbs=negima&key=1098160943

エロゲ屋さん。SS書いてないぞ・・・。
630名無しさん@ピンキー:05/02/17 13:38:06 ID:8RQZ7qOu
オレ的には

1位:朝倉×ネギ書いてる名無し様
2位:エロゲ屋氏
3位:短編の座薬氏




朝倉×ネギ待ち
(´ー`)待ってるヨー
631名無しさん@ピンキー:05/02/17 15:48:17 ID:DFOByY/2
>>627
カコイイ!
632赤帽子:05/02/17 17:04:52 ID:6khkeCpN
ああそうっすか・・あんたら低次元
633赤帽子:05/02/17 17:06:51 ID:6khkeCpN
読みたくないやつは読まなくていいです
634名無しさん@ピンキー:05/02/17 17:09:39 ID:6khkeCpN
ここのサイトつぶそ・・・・・・・
バグらそっかな。ダチに頼んで
635名無しさん@ピンキー:05/02/17 17:23:59 ID:ecseUNmq
自分で出来ないなら止めとけ
 _, ,_
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
636名無しさん@ピンキー:05/02/17 17:32:08 ID:l+TpV7C0
>>633
読みたい奴なんていないよ☆

>>634
もう来なくていいよ☆
637名無しさん@ピンキー:05/02/17 17:51:54 ID:eeQ8h1Ny
みんな、少し言いすぎじゃないでしょうか?初めて小説を描いてくれた赤帽子さんに感謝すべきだと思いますよ。
いつから名無しは偉くなったんでしょうか?あくまで読ませていただく姿勢を忘れてはいけないと思いますが。
638赤帽子:05/02/17 18:00:42 ID:6khkeCpN
637さんありがとうございます
なんか助かります
639名無しさん@ピンキー:05/02/17 18:03:31 ID:6khkeCpN
自分でつぶせたらいいのか?
640名無しさん@ピンキー:05/02/17 18:07:25 ID:/BQnRYOF
>>638-639
低脳杉だよ、チミ
ガキはまんまのおっぱいでも吸ってな
641名無しさん@ピンキー:05/02/17 18:19:21 ID:T/X4mhEO
電波キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
642名無しさん@ピンキー:05/02/17 18:20:41 ID:6khkeCpN
成人したやつの意見がそれか・・640
643名無しさん@ピンキー:05/02/17 18:20:58 ID:m9mohbD2
言葉の端々からすると、どうもここを2chとわかっていないみたいだな・・。
ま、それはともかく赤帽子さん。
仮にも小説を書いて、それを読んでもらいたいんだったら
作 品 で 語 れ 。
良作書けば誰も文句言わないよ。
644名無しさん@ピンキー:05/02/17 18:22:12 ID:pUzTbn8c
>>639
>>642
赤帽子乙
645赤帽子:05/02/17 18:23:10 ID:6khkeCpN
もちょっと修行したほうがいいみたいですねえ
646赤帽子:05/02/17 18:25:45 ID:6khkeCpN
このまんまだと、昨日みたいな雑談になってしまいますね
647名無しさん@ピンキー:05/02/17 19:06:01 ID:jN946NMh
読みたくなければ読めなければいいだけだろ。
その程度のことも出来ないのか。
648名無しさん@ピンキー:05/02/17 19:21:26 ID:lEGfJ7cs
エロゲ屋氏歓迎のムード、ってか投下しやすい空気を作りたいので
皆さん協力ヨロ。
649赤帽子:05/02/17 19:24:09 ID:6khkeCpN
まっ、暇だし書いとこ、痛いと思うなら見るな

「・・・特徴・・覚えてるか?」
半泣きのネギが縦に首を振る、刹那は深刻な表情で
「言え・・見つけ出してこの夕凪のさびにしてやる!!」
「えっ?だめです!やめてください!!私の・・・こ、こんなくだらない理由で刹那さんの手を汚さすわけにはいきません!!」
ネギのやさしすぎるその言葉が刹那の脳天をかけめっぐった・・・
刹那の平常心は吹っ飛び思わずネギを抱いてしまった
「ハッ?す、すいません・・・」
刹那はネギからスッと離れた
「・・・刹那・・さん?」
「私は・・・そんなことも知らずに、こんなひどい行為を・・・」
ただ欲望のためだけに、行為にはしっていた自分に罪悪感を感じ始めていた
「刹那さん・・・もう、いいんです・・刹那さんとのセックスは、あの路地裏にいた人たちと同じようでいて・・・」
「ちゃんと温かみがあって・・・この人なら、安心して身をゆだねられると思っちゃってましたから・・」
「ははっ、なに言ってんでしょうね私は・・・・」
ネギは今まで何もかもなかったと感じられるような、苦笑いをみせた。



650エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/17 19:52:28 ID:ioUOrpcU
楓ドS責めのこのか受 その3 楓。木乃香を汚す。−3

 顔に不安の表情が浮かぶ。瞳に光が宿ると自分の状況を把握できないでいた。
 たしか朝、学校に行こうとして意識を失ってずっと嫌な夢を見ていた気がした。全身が汗で汚れて群れて、制服が汗で肌にしっとりとまとわりつく。
 とりあえず立ち上がろうとして木乃香は四肢を引き絞る。
「なんや、これ? うち、どうなっとるん?」
 大の大人でも拘束する。拷問用の拘束具で木乃香の四肢はしっかりと固定されて、身じろぎぐらいしかできない。
「どないなってるん? この前の修学旅行みたいにさらわれとるん?」
 数ヶ月前の記憶を反芻すると木乃香は再び誘拐されてしまったと思い巡らせる。
「あれ…長瀬さん?」
「………………」
 楓にかける言葉はない。
 木乃香は無言で厳しい顔の楓を見て、自分の置かれている状況を考えると、自分を誘拐したのはクラスメートの目の前の人かもしれないと頭によぎった。
 それでも、その事実を口にすることは何か大事なものを壊すみたいで口にできない。
 楓は相変わらず無口だ。
 お互い押し黙ったまま、最初に視線を逸らしたのは楓だったが、口を開いたのも楓だった。
「気分はどうでござるか? 近衛 木乃香殿」
「何をいってるん?」
 楓の声がわずかだが震えている。木乃香は楓を信じようと思った。なんとなく、自分より楓の方が困っていると思った。
「気分がどうかと聞いているでござるよ?」
「平気や…あの…うちをどうするん?」
 木乃香の目はまっすぐと楓を見ていた。
651エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/17 20:15:33 ID:ioUOrpcU
楓ドS責めのこのか受 その3 楓。木乃香を汚す。−4

 木乃香のまっすぐな視線を見るとくじけそうになる。
 ああ、この娘は拙者を信じている。闇雲に、この世に汚いものなんか無いと思っている。大事に育てられたんだろう…。
 そう思ったら、楓の心の奥に黒い棘がチクリと刺さった。
 両腕を伸ばし、足を開いて無防備な姿。何の抵抗もできない姿で楓を信じてまっすぐと見つめ返す木乃香。
 腕は細くやわらかそうで、足はほっそりと長く、制服から伸びた四肢は白い。
 瑞々しい黒い艶やかな黒髪。成長する前のやわらかい肉付き。うっすらと滲む汗すら絹の香りがする。
 これほどの獲物…。
 獲物? 拙者は何を? 獲物と…クラスメートを…この後に及んで信頼してくる木乃香殿を獲物と思ったのか…。
「平気でござるか? こんな何もできない格好にされるのが怖くないでござるか?」
 木乃香は返答に困った。怖い。でも、そんなことを言えば楓はすごく困るだろう。何もいえなかった。
 普通に考えれば楓は木乃香を裏切っている。でも、そんなことに木乃香は考えが及ばなかった。
 楓には何か事情があるに違いない。
「すごく怖いでござるよ。木乃香殿は今、残虐で非道な忍者に身動きできないように誘拐拉致されているでござる」
「うちな…こ、怖くなんかないえ…それより、これ取ってほしいんや」
 今にも泣きそうな声で手首をきつく縛る拘束具を差し出す。
「怖くないでござるか? 嘘ではござらんか?」
 ぶんぶんと首を振る。楓の言葉に殺気がこめられる。
「…ひん…怖ないで…」
「拙者は木乃香殿を苛めるでござるよ。木乃香殿が泣いて謝っても、手加減もしない。苛めて苛めて苛め抜いてやるでござるよ…」
「やや…嘘や…長瀬さん…う、家をお家にかえしてや」
「駄目でござる」
 楓は言い切った。
652エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/17 20:17:38 ID:ioUOrpcU
休憩終わる…少ししか書けなかった。
俺ガンガル超ガンガル
後でまた投下します。
653名無しさん@ピンキー:05/02/17 20:24:09 ID:/BQnRYOF
ネ申(,,゚Д゚) ガンガレ!
654名無しさん@ピンキー:05/02/17 21:11:06 ID:jN946NMh
>>652
(m9゚∀゚)GJ!
とにかくガンガレ!
655名無しさん@ピンキー:05/02/17 21:30:52 ID:eeQ8h1Ny
>>649
赤防止さん期待してます。

>エロ毛屋さん
他人のSSに関して感想が付くまで自分のSSを投下するのは控えるべきでしょう。
それが最低限のルールだと思います。最低限のルールすら守れないのであれば、
いずれ2chが貴方を排除するでしょう。
656名無しさん@ピンキー:05/02/17 21:41:17 ID:Ky/EM+gX
エロゲ屋のマイペースさに黄金の精神を見た。
657名無しさん@ピンキー:05/02/17 21:55:33 ID:9EFDkOlI
レスが大量にあって大物大量投下キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!
と思って見たら…ここホントに21禁かよorz

>>652
何はともあれ、ガン( ゚д゚)ガレ
658名無しさん@ピンキー:05/02/17 22:10:42 ID:ySZYFzFB
>>655
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1059480377/

俺もエロゲ屋が気に入らない。赤帽子がんばれ
エロパロの削除要請板だ依頼して来い。
659名無しさん@ピンキー:05/02/17 22:25:21 ID:B0KtoaSM
エロゲ氏オツです!
赤帽子、できればSSのあとに今日はここまでとか言ってくれるとうれしいんだが。まだ投下してくれんのかと期待するだろ?
660名無しさん@ピンキー:05/02/17 22:47:01 ID:gbSTlkjQ
エロゲ屋氏GJ!

>>655
なんのレスも付けずにいなくなった赤帽子にはお咎めなしですか?
そして>>637で、「小説を描いてくれた赤帽子さんに感謝」と書いてますが
エロゲ屋氏に感謝の気持ちはなしですか?
あなた「読ませていただく姿勢」を忘れていますよw
661名無しさん@ピンキー:05/02/17 22:58:39 ID:ySZYFzFB
赤帽子は超初心者なんだからしょうがない。
むしろエロゲ屋は自作自演してまで神とか言われてるのが笑える。
>>655が言ってるのは常識だろ。
662名無しさん@ピンキー:05/02/17 23:40:40 ID:2fMVbC/i
              変  話
                         ト、  lヽ ∧
                 え  題      、_, ヽ::\l::::∨:::ヽ
                       ー、-ヽヽ!:::::::::::::::::::::::
                よ  を    -=ニ_:::::::::::::::::::::::::::::::
                      ,_.-'´:::::::::::;::::ト,::i;::i_:::
   ___        う        `ヽ、:::::::A:lヾ!ェ'、l'_!、
/´ 、 , 从`ヽ、,             ∠;;ィ:(´___,ハ . K_⌒フ
,   ハ、ヽ ヽヽヽ!   !?  ,、       /' 'i´   | |i  |
' , ヾ、i!、lト、!、l!ヾ!        ',.'、       '、|  kぅ   |
イ l l! -=・ッ!r!トトl!        ',_',_         ヽ'^,ニ,^'/
i'! l. l! ` ´ _ゞレ!l!       /i ',',}´)    ,-‐-、_ヽ-r'´
ytハ.l! u. /´ソ/        i ニ},┴'1   /:::::::::::ヽ`'ヾ、
 `ヾ!'ッ、 `ー'/         ヽ  ! r'  (,:::::::::::::::::l:::::::::::`ー
\、_゙k'   ̄        /) ,-ヽ,-´ヽ  !:::::::::::::::::l::::::::::::::::::
:::::::::`ヽ        _∠4 (/:::::::::::ヽ l:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::
:::::::::::::::!、       r'´r'ツト, ヽ:::::::::::::::∨:::::::::::::::/::::::::::::::::::::
:::::::::::::l::::::\_    ,へ ヾ,ツ  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::l:::::::::::::`ー'´::::::::ヽ‐'    ヽ::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::
663名無しさん@ピンキー:05/02/17 23:43:05 ID:+esmWv7Q
超初心者なら超初心者に分相応な態度ってもんがあると思うがね。
新参者が我が物顔をしていたら、誰だって腹が立つと言うものだよ。

それよりエロゲ屋氏は楓の話を書いてくれてありがとう。
664名無しさん@ピンキー:05/02/17 23:47:31 ID:qoVEMGV0
>662
   __,, , , , _ 、 ,,, ... ,, _ ..,_
 ー=、 、ー-、`ヽ、、ヽ`!i' , ,i",r'",-'"=ミ
    `ヽ`ヾ`、 ! ヽ ! l! i! !_i_/_<'"``
     `,ゝ、iliー'" "、,"、',  i, リ
      !/!,li ,;;-=o=-,ッィ=。ゥィ
  __  i、`!', '; `ー /;;!i、''; ,!
ー''`ヽ`,ーi'`''"!、ヽ , `一'、 /   __
    `il `i ! ヽ、   ̄ ̄ / iヽ、/ ,.ヽ_
     i! !`   `ーァ、-ー'  ! ノ!トi,!'",ノ-、
   ,..=、i! iヽ-、 rィ',;'!ヽー-、!  `/_,i' _,.!'、
ーニー-、._ `ヽゞニ-、.;' i! ! ,  `ト_ノ`x-'" ノ
=ニヽ、 , `, /ヾ=ソ ノ !/   !、`ー`''イ、
-ー-、 `i, / / ヽ `イ_,  i -'" ̄`! !   ヽ
   ゝノ /-'"  `   ' !    ヽ     !

もといた スレに かえるんだな
おまえにも かぞくが いるだろう・・・
665名無しさん@ピンキー:05/02/17 23:59:55 ID:1VYgqGX6
エロゲ屋さん乙!!!!次の展開がかなり楽しみです!!


あの、SSが投稿される度に『書くのヤメロ』的な事言うのやめない?多少の批判とかは出ると思うけど、いきすぎてはないですか。
書いてる方も人ですから、過度の批判はへこむと思いますから。


…マジレスごめん。
666名無しさん@ピンキー:05/02/18 00:00:35 ID:bRsB9LYH
とりあえず、職人さんが降臨しにくい状況を作るようではだめだよ・
667名無しさん@ピンキー:05/02/18 00:03:27 ID:0B4D2Eot
>>634見たら恥ずかしさでたまらない気持ちになった。
そのセンスを作品に生かせればいいのが書けるんじゃない?
つか赤帽子、名前入れたり名無しにしたりを細かく使い分けるのは何故?
あぼーんしててもたまに見えて困るんだけど。
668名無しさん@ピンキー:05/02/18 00:18:28 ID:qmHs3Ppi
赤帽子のやり取りを見てて楽しむべし,笑ってやれ
669名無しさん@ピンキー:05/02/18 00:26:34 ID:hEDf4TRY
赤帽子のSSは糞だが、その厨っぷりが笑える
670名無しさん@ピンキー:05/02/18 01:26:01 ID:R36Jwlbe
IDに出た数字のキャラで書いてみよう
671名無しさん@ピンキー:05/02/18 01:26:44 ID:R36Jwlbe
36って…_| ̄|○
672エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/18 01:31:42 ID:gkCI1Fi3
3と6で
朝倉和美と大河内アキラで書けと言うことですよ!
がんばれ
673名無しさん@ピンキー:05/02/18 01:34:11 ID:R36Jwlbe
接点無いなあ…
674猫になりたい ◆1En86u0G2k :05/02/18 01:59:44 ID:9aT6GZ+u
鳴滝風香&史伽の搾精編を書こうと思います。他にも考えたんですけど…
以前ハカセ+双子はありましたが双子単体のまったく別物で。

IDで出た数字で書くのは面白いカモ
675エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/18 02:13:55 ID:gkCI1Fi3
楓ドS責めのこのか受 その3 楓。木乃香を汚す。−5

「拙者は甲賀の中忍として、近衛木乃香を誘拐し、洗脳した上で。何でも言うことを聞く人形にしろという命令を受けたでござる」
「なんやて…そんなん…うち。わからん」
「身体で覚えるでござるよ。木乃香殿」
 楓の両手が木乃香の制服のブラウスの上から小ぶりの胸を握りつぶすように力をこめて握った。
「なんや! やめてや! うちな…いやや、いやや」
 何の前触れもなく握られたことに激しく抵抗する木乃香。
 楓は木乃香の悲鳴を無視して小ぶりの乳首を捜すかのように揉み砕いていく。膨らみはじめた胸は硬い手ごたえを返した。
「なんや! こんなんへんや。やめぇ。はなしてーな」
 子ネズミのごとく木乃香の四肢は拘束され、身じろぎしかできない。楓は木乃香の反応を確かめるように入念に揉み解していく。
「これだけで終わりではないでござる。これからもっと酷いことをするでござるから、今からこんなに暴れた後が持たないでござるよ」
676エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/18 02:20:13 ID:gkCI1Fi3
IDが13 木乃香だから守ってるな偶然だけど。

朝倉和美と大河内アキラ

和美がスクープ欲しさにアキラに張り付いていると
おなーにはじめるアキラタン。
それを見ている和実タンもおなーに。

と、あとはがんばって話を転がすとか考えたがこれ以上手広くやると切が無いので
言ってみた。

>>674
搾精編は大好きなのでよろしくお願いします。
本日はココまでで、応援ありがとうございます。
677名無しさん@ピンキー:05/02/18 09:01:09 ID:qCpet52C
エロゲさん乙です!!
678赤帽子:05/02/18 15:18:01 ID:s+p5aITY
昨日、636みたいなやつから精神ダメージうけて、早退してしてきてこのサイト見てるってボケーだな
俺。
期待してくれる人に感謝、659さんみたいな。昨日の小説は下書きしていた小説に
どうやったらおもろいかって途中で直感してやり直しました、案外、下書きしたやつよりおもろかったんかなーと・・・
みんなの反応見たら・・・まあ所詮、初心者小説だけどね。
んじゃ、書きます、遠慮して。
679名無しさん@ピンキー:05/02/18 15:39:23 ID:mmuR34Vh
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、 ここはお前の日記帳じゃねえんだ
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  チラシの裏にでも書いてろ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /
680名無しさん@ピンキー:05/02/18 15:41:04 ID:vir7MyZQ
揚げ足取るようですまんが
早退してしてきて・・・って

言葉言葉に学生の雰囲気が漂う赤帽子
681赤帽子:05/02/18 15:53:47 ID:s+p5aITY
ナイスギャグ679
680さん、僕が大学生だったら?なんでもいいや、書きます
682名無しさん@ピンキー:05/02/18 15:59:04 ID:FLQ7AoiB
大学生になったら「早退」じゃなくて「自主休講」だろ。
683名無しさん@ピンキー:05/02/18 16:01:44 ID:R3Y0AB9N
581 名前:赤帽子 投稿日:05/02/17 02:18:59 ID:6khkeCpN
573さんには悪いですけど・・・
僕も争う気はないっすけど・・ただ、時代が変わったと・・

585 名前:赤帽子 投稿日:05/02/17 02:26:56 ID:6khkeCpN
まぁ、小説のうまさで判断してくださいってこんな小説じゃあ未成年と思われちゃいますね
そんなことなると、濡れ衣だなっと。

586 名前:赤帽子 投稿日:05/02/17 02:30:32 ID:6khkeCpN
ホントはどうかわかりませんが・・・僕も小説書きたいんで・・584さんのゆうとうり
おちついてください・・あとここまで食い下がってすみませんでした。

592 名前:赤帽子 投稿日:05/02/17 02:37:26 ID:6khkeCpN
590さんナイスギャグ

パターンができてるんだよな。他の人の煽りには反応しないでいいから、
別に書くのはかまわないけど小説の文の量が少ないからある程度書き終わったら投下してください
意見を取り入れるとかならともかく、そういうのがあるようにも見えんので。
684680:05/02/18 16:12:17 ID:vir7MyZQ
一般的に大学生は早退って言葉
使わないだろ。←自分基準ですまんが。

赤帽子本人の口(?)からはっきりと彼が21歳以上で
あること聞いていない(?)。耳にする(?)言葉は
挑発のようなその場の誤魔化しのような
本当に大学生なら「〜だったら?」といわないしな・・・

何が言いたいかというと・・・
嘘つくならさっさとお前の口(?)から嘘をつけ!
周りの反応に頼るな!!
              説教になった・・・鬱・・・
685名無しさん@ピンキー:05/02/18 16:40:39 ID:VOdTpXyT
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sakud/1064929490/243

赤帽子の発言にお上にお伺いしてきました。削除議論エロパロスレ
荒らしならスルー。未成年でもスルー。電波でもスルー。
お上の判断を待ちましょう。
686赤帽子:05/02/18 16:48:45 ID:s+p5aITY
「ネギちゃん・・・・」
「うれしかったです、こんなに刹那さんに愛されてるなんて・・・・・あうっ??」
「どうしたんっ?」
ネギの足は振るえ今にも倒れそうな様子である
絶頂のまえに止められたネギの身体はすでに限界だった
「ど、どおってこと・・・んっ・・な、ないですよ?・・・ただ・・・下半身が、ムズムズしてっ・・はあぁ」
刹那の胸に倒れ、そのまま顔をうずめる
「あうっ!」
偶然、胸を握られた刹那は敏感に反応した
刹那だって女だ胸が小さいだけに異常に感じてしまうのである。
ちょっと後退しながらも、ネギをしっかりささえている
「刹那さぁん・・助けてくれるんだよね?」
赤らみながら下から刹那を涙でぬれた目で見つめる
思いもよらないネギから誘惑に刹那が反応しないわけがない
刹那は驚いた様子で
「助けてあげるね・・・・うちで・・いいなら」
ネギはやさしさで満ちた笑みで刹那にかえした
687赤帽子:05/02/18 16:53:00 ID:s+p5aITY
未成年じゃないです、まじで、まっいいけど
688名無しさん@ピンキー:05/02/18 17:01:09 ID:myjogXtD
出てけ未成年。
少なくともお前の発言は大人がするものじゃないんだよ。
689名無しさん@ピンキー:05/02/18 17:09:35 ID:ojDDDeCU
みなさん
ここはNGワード登録でスルーですよ?
これはこの板の住人の義務ですからね。
一切反応しちゃいけませんよ?
守れない人は便乗荒らしと断定しますからね。
完全無視で空気のごとく扱って何事もなかったかのように雑談を楽しみましょう♪
690赤帽子:05/02/18 17:10:20 ID:s+p5aITY
未成年なら出て行かなくていいならいいんだろ
ならいいんじゃないか、本人にあってないのにえらそうな発言するな
書くがわだからちょっと敬語使っていれば・・・いいきになってるんじゃないよ
688
691名無しさん@ピンキー:05/02/18 17:21:51 ID:6CAik+rC
出て行く出て行かないはいい、空気読んで発言して。
692名無しさん@ピンキー:05/02/18 17:43:19 ID:qCpet52C
てかここエロパロだから。
SS書く人、それを読む人、でいいじゃないか。こんなんで無駄にスレのびてるのはうっとうしいかぎり。

693680:05/02/18 17:44:34 ID:vir7MyZQ
赤帽子> 失礼した、あなたの発言があからさまに、成人で21歳を越えて
いるという言葉を言いたくないと思わせる書き方であったため、失言をし余
分な火の手をあげてしまったようだ。 すみません。
だがどうだろう・・・
成人であったら尚のこと、自分が書き込むことに注意して欲しい。
あなたのレスポンスを見るかぎり、反抗期のガキにしか思えない。
自分を量れずに人を試そうと躍起になっているような。
わざと書いているのだろうが、褒められた物ではない・・・。


685さん 689さん 事を荒立てて申し訳ありません。

本人が未成年じゃないと言ったので、私はここらで、

ドロ〜〜〜〜〜〜ンっと
694赤帽子:05/02/18 17:58:42 ID:s+p5aITY
それではかきます、いざこざも終わったことだし・・・

「壁に、てぇついて?・・・」
ちょっと恥ずかしみながらも手を壁についた
さすがのネギも次に何されるかわかっているので、不安そうな顔で刹那を見つめる
「こう?」
「ネギちゃんのとってもキレイだよ?・・・」
ちょっと悪戯をいだきながら刹那は言ってみる
「い、いや・・・そんなとこ見ないで・・・んっ」
ツー
ネギのあそこからでてきた愛液は刹那の心をとちらせる
どろどろになったあそこも、赤らみながらながら見せる顔もすべて刹那を誘っていた
はやる気持ちをおさえながら刹那は指でネギの中をもみほぐす
「案外、淫乱やなぁ・・・・見られただけでこんなにエッチな汁だして」
「あっ・・んっ・・そ、それは刹那さんが見てるからぁぁっ・・・あはっ・・・」
ネギの言葉が刹那のタガをはずした
刹那はネギにきずかれぬよう呪符で付けた巨根をゆっくりちかずけた
クチュ
「ひゃん!!?」
「ほらぁネギちゃんのあそこにからめさせるだけで気持ちいいよぉ・・」
695赤帽子:05/02/18 18:03:34 ID:s+p5aITY
680さん、僕は今回からそうゆう発言をやめますんで・・・
おとなげなっかたです。すいません
あとよければ、僕の小説の悪いトコをおしえていただけませんか。
696名無しさん@ピンキー:05/02/18 18:16:23 ID:Zu5XIyc+
                    / <
                  __>    ̄
                  /   /\ |\
               ハ  // ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                / | | きたろう! スルーが基本じゃ!
          ( ◎) / .| <
         _ノ(ノヽノ  .ヽ-ヾ _ \__________
       /           \
      /  ノ人         ヽ
        | イ・ヽ\)        )
      | .|   |   ヾ)        )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ヾ人__ノ(。。` ヽ       /  | 父さん!
       | ⌒     |   ノ  ノ <
       人   |     レノ   /   |  強い電波です!
        ヽ、 ⌒   ノノノノ    \__________
       /~/`ーーーー´/___/ヽ
       / | ̄~|ヽ/\/|   | |
      /  |__|   o  .|__| |
697名無しさん@ピンキー:05/02/18 18:19:04 ID:Zu5XIyc+
________.  |  ・・・「からけ」?
|||          | \____ __
|||          |  )\       ∨
|||    空  気.   <⌒ヽ ヽ
|||         \ ( ´ー`)    ∧∧
|||_________V(   丿V^  ●Д゚,,)
|,,|          |,,| ヽ (      と 赤 ,)
              ノ )     | 坊 |〜
            ∧          .し`J,,.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄\
 空気読めてネーヨ

スルーだ! スルーするんだ。
698名無しさん@ピンキー:05/02/18 18:49:05 ID:qagPrZ+Z
ギャグでもなんでもなく、ここはお前の日記帳じゃないから。
Notepadにでも書いてHDDの肥やしにしとけ。
699名無しさん@ピンキー:05/02/18 19:19:03 ID:cfyjobcX
なんだよ。
他スレでここに「活きの良い厨がいる」って聞いたからやって来たのに。
これじゃ何処にでもいる普通の糞厨じゃないか。
がっかりだな。
700名無しさん@ピンキー:05/02/18 19:22:51 ID:rwQKHNy5
NG初めて使った記念火気庫ヽ( ´∀`)ノ ボッ
701赤帽子:05/02/18 19:36:56 ID:s+p5aITY
オラえもんですがなにか?・・・・スルーか・・へーい
こちとら熱でてんだ、わかったからもちつけ

「いくよ?ネギちゃん」
グチュ
刹那は動物みたいに後ろからいれてやるとネギは身体を震わせのけぞった
「ひッ!!痛いいたいよ・・」
そのままゆっくり腰を動かしてやるとブチブチっと処女膜がやぶれる感じが自分のあれでわかる
「痛い!刹那さんお、お腹が破けそうです!・・・・ああっ・・でもなにか・・・ひあっ」
「たぶん破けないから安心してください・・・」
彼女は処女がまだあるのでこの痛みはわからない、ましてや十歳で巨根に処女をとられるなんて普通は
ありえないのだが刹那も痛いことぐらいわかっていた、だが手がぬけないのだ
腰をゆっくり動かそうとしても、意識とは逆に身体が言うことをきかない
刹那の身体は欲望に身をまかせさらに激しく腰を動かす

702赤帽子:05/02/18 19:40:13 ID:s+p5aITY
一時休戦だ知人が来る、もうかかないならそう書いてくれって言われたんでこれだけは
書くぞ、カンベン
703名無しさん@ピンキー:05/02/18 20:36:54 ID:KaScu6n2
・・・・わかったぞ・・・・
ぼくがなんで、この糞コテに圧倒的な力を感じていたかが・・・・
この人は、自分が悪いことをしているつもりは、全くない。
自分のためになることは全て「いいこと」なんだ!
この人はまるで・・・どす黒く燃える太陽だ!
全てを燃やし尽くしてそれでも平然として揺らぎもしない。
この人をこのままにしておけば、
きっと荒らされるのはこのスレだけじゃ終わらない!
止めなくちゃ!!
704名無しさん@ピンキー:05/02/18 20:43:44 ID:f5ZlQnyi
良いとか悪いとかじゃなく
読んでて面白くないんだよ
君のSSって
705名無しさん@ピンキー:05/02/18 20:53:46 ID:/z1dyMnc
>>703
ジョジョの第一部っぽい。
706名無しさん@ピンキー:05/02/18 21:26:05 ID:FLQ7AoiB
>>705
からくりサーカスだよ。
707名無しさん@ピンキー:05/02/18 21:55:51 ID:ZPaLCPva
>>703
止めなくても泳がせておけばよろしいかと。
好きにさせとけ。
708名無しさん@ピンキー:05/02/18 22:21:02 ID:feVv2rkt
680、いい加減オマエも荒氏の片棒担いでることに気がつけよ
709名無しさん@ピンキー:05/02/18 22:37:57 ID:VRvd4gfl
てか、しょ〜もないことで荒れてるな。
もう一歩ひいた視点から見ようぜ皆。カリカリするのはお互いに良くない。
710名無しさん@ピンキー:05/02/18 22:44:44 ID:mbPMs5se
座薬の長編の続きを予想しよーぜ
711にらたま:05/02/18 22:50:25 ID:bn+FYEiF
もしかしたらこんな未来かも……?」

夏の初めのある日の夕方、
ここは麻帆良学園から少し離れたマンション。
ここの一室、3−1号室の表札には「スプリングフィールド」と書かれている。
ネギはその部屋のドアをがちゃりと開ける。

「ただいま、のどかさん。」

ネギがそう言うと奥からエプロンをつけたのどかが走り寄ってくる。

「お……おかえりなさいです……ネギ先生……」

「………………」

「………………」

のどかが言葉を返すと少しの間沈黙が流れる。

「あの……のどかさん?」

「は、はい……?」

「『先生』ってのはやめてくれませんか?ボクはもう担任じゃないし、
 それに夫婦の間でそう呼ぶのも変だと思いますし……」

「は、はい!!す……すみません!!」

玄関先でおおよそ夫婦らしからぬ会話をしている二人をカモは遠くから眺めている。
712にらたま:05/02/18 22:54:47 ID:bn+FYEiF
短いですが一旦ここまでで。
初めてでうまく書けませんが。
もっと練習しないとダメかなあ・・・・・・
713名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:00:27 ID:+n/lMSPI
とりあえず、まだなんとも言えんの。もうちっと書いて味噌。
714名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:02:09 ID:ZPaLCPva
結構期待が持てそうな予感。
715名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:10:05 ID:mbPMs5se
続き期待
716名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:24:48 ID:LP20mmC6
誰も彼も、一レス分ずつだけ書くんじゃなくて
一旦メモ帳とかに書いてからまとめてうpしろ。
717名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:29:59 ID:FFSjuCDH
>>716
同意。
書いたものをすぐ見てもらいたい、反応が欲しいという気持ちは痛いほどわかるが、早漏野郎はエンターテイナーとして減点だ。
エディタに最後まで書いて、さらにそれを一日寝かせて推敲を2回以上するが吉。
718名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:30:54 ID:jN5OpKko
赤帽子タンまだ〜?
719名無しさん@ピンキー:05/02/18 23:40:50 ID:CAlmOMuD
赤帽子は2ちゃん内をまわって>>1などの
レスのつけ方などを勉強したほうがいいと思う。
早い話がROMれ。
720719:05/02/18 23:41:31 ID:CAlmOMuD
sage忘れた・・・スマソ
721名無しさん@ピンキー:05/02/19 00:07:41 ID:7ZS25QE8
>>711
717も言ってるけど、ゆっくり一編分が錬れたらどうぞ。
まだ台本段階だねそれ。
722名無しさん@ピンキー:05/02/19 00:08:47 ID:yWqLzWLH
祭りと聞いて飛んできました!




ごめん、空気読んでなかった・・・・・・
^(*・。・)ノ~~~βyё βyё
723名無しさん@ピンキー:05/02/19 00:31:02 ID:tzYV+aEg
赤帽子って最悪だな
マジ迷惑
自分がどれだけ糞みたいなSSを垂れ流してるか全くわかってない
そこがむかつく
724名無しさん@ピンキー:05/02/19 00:34:49 ID:HM/yJx+K
赤防止は広島出身
725名無しさん@ピンキー:05/02/19 00:54:28 ID:EvcNp8vr
            .__
           ヽ|・∀・|ノ
        三  |虫唾|
             / >
     """""""""""""""""""""""""""""""
726名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:09:05 ID:cnZHjyfC
自分の文章を「小説」と言い切っちゃう度胸は清清しい
727名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:09:33 ID:9LA2snKZ
赤帽子って2chに別ルートで来たっぽくない?ここの事を「サイト」って言ってる辺りが2chて気づいてないっぽい?
…まぁ、ガイシュツならいいんだけどさ
728名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:17:13 ID:xYge94xv
初心者で厨房なだけだろ。スルーしようぜ
729名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:31:47 ID:9LA2snKZ
赤帽子さんへ
インターネットで2chって検索してみて下さい。そこがこのサイトの母体です。ここは世界最大の掲示板「2ちゃんねる」と言うサイトなんです。インターネットに接続出来る人のほとんどが訪れるというスゴいサイトなんですよ。
だから何千、何万、何十万人という様々な人がいます。誹謗中傷をなんとも思って無い人から思いやりの有る優しい人まで。
ですから、その一つ一つに答えて居てはいけません。ですが、ここ2chは道端に転がっているようなサイトとは訳が違います。2chには2ch独特の【マナー】【決まり】【受け答え方】【悪乗りの仕方】まで様々な長年の暗黙の了解があります。
赤帽子さんにはまず、その辺から世界最大の掲示板、「2ch」に順応し、それからSSを書く事をオススメします。
730名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:37:38 ID:tzYV+aEg
2chの読み方がわからない赤帽子
731名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:38:47 ID:ravhYN78
じゃあ俺は壮大な釣りに2000ぺリカ。
732名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:47:15 ID:+3SNnGiq
赤帽子単独スレたててくれよ
こんな小さいところじゃ彼のセンスは理解されない
733名無しさん@ピンキー:05/02/19 01:54:57 ID:fipERMEf
座薬も単独スレで隔離しとけ
734名無しさん@ピンキー:05/02/19 02:19:14 ID:xMyuBaY1
赤帽子の自作自演が痛い。
透明アボーン推奨。
735桃太郎:05/02/19 04:53:14 ID:JFA+3ur8
のどか搾乳SSは需要ありますか?
736名無しさん@ピンキー:05/02/19 05:02:14 ID:lt6IP+e2
ぜひとも。
737名無しさん@ピンキー:05/02/19 07:58:39 ID:8+XLqtCX
>>717がいいこと言った。てか人に見せるなら基本かと。もうテンプレに入れてしまえ
738名無しさん@ピンキー:05/02/19 09:33:46 ID:qL8GEIBv
赤は俺よりヘタ。
739名無しさん@ピンキー:05/02/19 09:52:52 ID:UTrRwE6C
赤はこのスレを一つのサイトと見てる
740名無しさん@ピンキー:05/02/19 11:04:54 ID:9LA2snKZ
さすがにここまで言われちゃ赤帽子は書けないだろうな。
提案なんだが雑談スレから軌道を戻さないか?┐(´ー`)┌この雰囲気だと神も投下しづらいと思うんだが…
741名無しさん@ピンキー:05/02/19 11:18:26 ID:qL8GEIBv
神々(主に座と寿)は別に気にしないんじゃないかな?
期待して待とうよ。
742507:05/02/19 11:52:14 ID:UTrRwE6C
朝倉×ネギの続き待ち(´ー`)待ってるヨー
743名無しさん@ピンキー:05/02/19 12:07:13 ID:A80rumJG
ネギま!アンチ赤帽子総合スレッド
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1108782044/
744名無しさん@ピンキー:05/02/19 13:17:16 ID:xW4FkO0p
>>740の提案に賛成。
雰囲気を戻せば新しい神の登場も夢じゃない!と思う。
さらに現存の神もいいのが書きやすくなるはず。
745赤帽子:05/02/19 15:09:37 ID:7GffsOwd
自作自演はもうしてねーよ、だいたいてめーらが雑談してんだろーが
それに広島出身じゃねー、ちけーけど。ウルセーお前ら俺も黙るから静かにSS
書かせろ
746名無しさん@ピンキー:05/02/19 15:20:26 ID:mJ2/mJaB
>>745
今更何を言った所で、本当の事なんて何も解らないし。
藻前が本物か便乗犯の騙りかどうかもわからんし('A`)
747赤帽子:05/02/19 15:23:07 ID:7GffsOwd
お前、俺のなに知ってんの?
俺の気持ち考えたことある?
748特厨非FAN ◆AntiT24WoA :05/02/19 15:32:26 ID:6csWx7y4
>>747
赤帽子タン、最高!
僕は君のことを全面的に支持するよ!
叩きにめげずに頑張って(o^−’)b

特に>>619

>ネギは決して思い出したくない過去を口にする・・・
>「初日・・道に迷ってしまってある暗い路地裏にでたんです・・・」
>「そしたら5人ぐらいの男があらわれて・・・監禁されて・・うぅ・・犯されて・・・」

この時のことを、詳しく描いて欲しい。(;´Д`)ハァハァ
回想みたいな感じでね♪

(o^v^o)モジャー
749名無しさん@ピンキー:05/02/19 15:34:05 ID:NNpOdnQe
>>747
お前の気持なんか知るか、良いSS書いてれば誰もたたかねーよ。
荒らしがえらそうな口利くな。
750名無しさん@ピンキー:05/02/19 15:37:23 ID:8+XLqtCX
赤にムカついたら>>743に書き込めばいい。せっかく専用スレ立ってんだから。有名人はいいな。
ここではもう奴はスルーしる。感想だけ書いてやれよ。 マターリいこうぜ(´ー`)y─┛~~
751赤帽子:05/02/19 15:50:18 ID:7GffsOwd
大体荒らしする気はこれっぽっちもねーんだよ、ただなお前みたいみたいな
やつがいるから、反論してんじゃねーか、それに赤帽子アンチスレみたいなのできたんだ
そこで俺を馬鹿にしろよ、748さんみたいな人に迷惑だろ、書き込む時にニックネーム
も入れられないやつが調子乗ってんじゃねーよ
皆さんスマソ、俺に不満があるヤツはだれかが勝手に作った赤帽子アンチスレで言ってくれ
もうここには書くな、俺は何も言わない、馬鹿にするんならしてもいい、だが赤アンチスレ
に書いてくれ、あんまり人に迷惑かけたくないの俺、俺のせーでここが雑談スレになるのや
だし、もーいいから。
752名無しさん@ピンキー:05/02/19 15:51:45 ID:9LA2snKZ
>>751
それでは赤帽子さん。さっさとSS書き上げて下さい(´・ω・`)あぁ神の降臨はまだか…良質な作品を投下して下さい
753名無しさん@ピンキー:05/02/19 15:57:22 ID:Q2FW9wTw
━━━糸冬━了━━━

以降マターリで
754名無しさん@ピンキー:05/02/19 16:11:53 ID:B8/q97es
やっぱり楓の乳はもちょっと大きくしてほしくないですか??
755名無しさん@ピンキー:05/02/19 16:16:46 ID:oKRiytFu
あんまり人に迷惑掛けたくないの俺
あんまり人に迷惑掛けたくないの俺
あんまり人に迷惑掛けたくないの俺
あんまり人に迷惑掛けたくないの俺
あんまり人に迷惑掛けたくないの俺
あんまり人に迷惑掛けたくないの俺




爆笑しますた。
756名無しさん@ピンキー:05/02/19 16:38:00 ID:eNmckdJe
赤帽子さんへ

個人的な感想を。
どうも会話で無理にストーリーを進めている感じがするので、細かい描写をうまくいれるといいと思います。
そのためにも、思いついたアイデアをただ文章にして投下するのではなく、下書きをして推敲を重ねる、という基本的なことをしっかりとやっていくべきだと思います。

このスレの方々も悪い人ばかりではありません。
しっかりと練られた文章ならば、アドバイスはあっても、誰も文句は言わないでしょう。
私は期待しているので、がんばってください。
757赤帽子:05/02/19 17:04:21 ID:7GffsOwd
普通の敬語で話します、僕は神にはなれないけど、ただ誰かのいい作品がでるまで
暇つぶしのSSとして読んでください・・・もうそれで満足です

「ど、どうしたんです?・・まえより・・動きが・・いっそうはげしくなって・・・・ッッ・・ああっ」
もう刹那には何も聞こえない、欲望にとりつかれた身体はすべての音を受け入れず
ネギのを抱くことに専念した
もちろん気配も感じ取れない・・・更衣室から見えるレンズも鳴り響くシャッター音も
「あうっ・・ぅあああああ・・激し・・・すぎ・・はぁあん」
ネギもシャッター音は聞こえないぐらいなる自分のあそこにすべてを集中して我慢して
いるのだが、それは逆効果なようだ
「あああっ、それ以上激しくしないでぇ・・変になりそうでぇぇ・・・はあぁぁ、な、なんかきたぁぁ」
「うちもやぁあ・・はあはあ・・・これは・・男のあれで初抜きにくわえ・・・中だし・・かな?」
「ええ!!・・はんっ・・あっ・・せ、刹那さん、中に出すって・・・妊娠しちゃいますぅ!」
「あはんっっ・・・き、きちゃうよ、・・はうっ・・ひぁぁぁぁ!!」
我慢はしたのだがあれだけ突かれたらさすがにイッテしまったようだ
「はぁんっ・・あああっ・・・男ので抜くのも・・案外悪くないんやなぁ」
ネギのあそこのにはあふれんばかりの精液みえる
「ハァ、ハァ・・・あはっ・・刹那さん・・・責任とってください・・・」
また、ネギは苦笑いを見せる自分からさそってきたのだから満更でもないだろう
「もちろんや、ネギちゃん・・・だけんなぁ、もう一回・・・な?」

タッタッタッタ
「ネギ先生っ女の子だったの??大スクープだな〜・・・んっ?まてよ?このネタつかえば・・ねぎせんせいを・・」
758名無しさん@ピンキー:05/02/19 17:07:02 ID:cPXoiM14
ホントへんなのが住み着いたな・・・
759名無しさん@ピンキー:05/02/19 17:10:34 ID:sCnz9I6M
なぁ…某赤○大佐とは無関係だよな…
760赤帽子:05/02/19 17:15:09 ID:7GffsOwd
だーかーら赤アンチスレに・・・・・書け!
761178 ◆0adlrE6ecI :05/02/19 17:21:38 ID:M+GFPmbn
お互いに反応しあうのが良くない…と思います…
762名無しさん@ピンキー:05/02/19 17:28:46 ID:lt6IP+e2
批判するのも一つの自由。
批判を甘んじて受け入れるのも一つの自由。まぁそいつの度量次第だと思うが。
763名無しさん@ピンキー:05/02/19 17:57:42 ID:B8/q97es
エロゲ屋さん、この状況では出しにくいとは思いますが…俺は待ってます!
764名無しさん@ピンキー:05/02/19 18:12:11 ID:tzYV+aEg
>>757
クズ
765名無しさん@ピンキー:05/02/19 18:50:13 ID:IbEngeBT
赤帽子、来なければ丸く収まるさ
766名無しさん@ピンキー:05/02/19 22:55:21 ID:rHrc3eOd
ネギま先生! 赤帽子くんを、先生のクラスで教育して!
767名無しさん@ピンキー:05/02/19 23:55:19 ID:qdevpERW
まぁ段々うまくなればそれでいいじゃないか
768名無しさん@ピンキー:05/02/20 00:05:57 ID:kjIhKapN
赤帽子の問題はSSが上手い下手以前だと思うんだけどなあ。
氏には半年書き込まずにここのルールを学んでもらいたい。
それはそれとして、特厨非FANの発言について行けないのは俺だけ?
769名無しさん@ピンキー:05/02/20 00:10:55 ID:3jLhJXnc
>>768
お前だけじゃない。
オレもだ。
770名無しさん@ピンキー:05/02/20 00:11:29 ID:gxmXlHxR
>>768
彼には自演癖があるから、まずそれを疑ったけどな。
どっちにしろほっとけ。
771名無しさん@ピンキー:05/02/20 00:12:58 ID:je+u1WUa
どこの話?
772名無しさん@ピンキー:05/02/20 00:54:53 ID:oZh/8EsF
>>757
また一レス止まりですかヽ(゜▽、゜)ノメモつかったらどうかね…
しかし彼…自分に不利な発言には無触だな…ただの自己中なのか池沼なのか…
773名無しさん@ピンキー:05/02/20 01:00:55 ID:o2UYvH+L
非が赤を援護するとは思わなかった。
正直ショック。
774名無しさん@ピンキー:05/02/20 01:26:21 ID:OTTfNueO
このまま投げっぱなしジャーマンだったら赤至上最低だな
775名無しさん@ピンキー:05/02/20 01:59:00 ID:gxmXlHxR
>>773奴は荒れれば誰にでも尻尾を振るよ。ネギまコテ一のクズ野郎だからな。
776名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:18:19 ID:o2UYvH+L
>>775
十分わかってる。
ただ、エロパロSSに関しては神々と交流がある奴なので
こういう人は相手にしないで欲しかった。
(同調して神々が名無しを装って赤を援護したりすると思うと・・)

777赤帽子:05/02/20 02:21:40 ID:eTjNAaZ+
いつからここは雑談スレになったんだ?応援やアドバイスならまだしもお前らの存在証明をすこしワロタ
あなた達はこのくずが認めた、カスですよ
お前らのせーで1レス止まりなんだよ、書くなとか来んなとか勝手なこといいやがって
俺はお前らみたいなの荒しって思ってんだ人の楽しみ奪うヤツラをな
778名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:30:15 ID:je+u1WUa
>>776
奴と同調しかねないコテなんてネギまスレ全体でもSAKURAと馬鹿赤ぐらいじゃないか?
779赤帽子:05/02/20 02:36:51 ID:eTjNAaZ+
赤とか調子乗っていってんじゃねーよ、俺を赤と呼べるのは俺と同調したヤツ
だけだ、かってに決めたことだが、いつか俺のレスがすべて暴言になるぞ?
778
780名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:40:29 ID:LfgpmdPt
だからマジもうヤメロって。
どっか違うとこでやれ。
781赤帽子:05/02/20 02:43:29 ID:eTjNAaZ+
だからてーめーらがだまって赤アンチにでも暴言かいてりゃいいのよ俺は。
何もいわねーから、俺もSS書きてーんだよ
782名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:44:09 ID:HgsONBny
…なんか最近このスレの雰囲気悪いよ。
誹謗中傷はお互いに泥沼にはまるし気分悪いし。
作品を楽しみにしてROMってる人も気分悪くなっちゃうよ。

そういうことはやめて以前の良質なスレにみんなでしていかない?
どんな作品にでも賛否両論があるのはあたりまえ。
でもあまりに過激になりすぎず、ちょっとはおたがいに自制しなくちゃ。
783名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:44:53 ID:je+u1WUa
>>779
つ#R1シ^ヲxH~
784名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:46:33 ID:bNKbRwCF
>>776
交流って具体的にどんなの?

ついでに赤胞子見てると座薬が素晴らしい人間に思えてくる。
785赤帽子:05/02/20 02:46:42 ID:eTjNAaZ+
はっ?763なにいちゃってんの?ガイキチ?
786名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:47:00 ID:gxmXlHxR
バカレッドを知らんとなると、やはり天然物の厨房なんじゃないのか?
787赤帽子:05/02/20 02:50:02 ID:eTjNAaZ+
786は帽子って漢字わかる?ユーアンダースタンド?
788名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:51:00 ID:o2UYvH+L
>>784
避難所での会話など。
789名無しさん@ピンキー:05/02/20 02:55:36 ID:je+u1WUa
>>785
とりあえず名前欄に「#R1シ^ヲxH~」をコピペしてみろ。
790 ◆bakaReDVdw :05/02/20 02:57:38 ID:gxmXlHxR
バカレッドってネギまの共通コテのことなんだが。
生きがいい厨房が釣れたな。
791赤帽子:05/02/20 02:58:15 ID:eTjNAaZ+
漢字がわかんないんで避難所に逃げたらしい・・・カスにはカスなりの考え方
があるわけよ。んでもってカスも消えたことだしSS書きまーす
792桃太郎:05/02/20 03:01:38 ID:VE0aneUk
赤帽子好きだ。芸風も含めて。
793名無しさん@ピンキー:05/02/20 03:01:39 ID:LfgpmdPt
こんなんだったら普通に荒れた方がマシだわ…

もうロムるわ…
794有添加:05/02/20 03:09:14 ID:oZh/8EsF
赤帽子さん
ここがなんて名前のサイトか言ってみてください。
795784:05/02/20 03:10:59 ID:bNKbRwCF
>>787はひょっとして俺のことを言ってるのか?(番号違うけど)
もしそうなら何でわざわざ胞子という字を使ったか教えてやるよ。
テメエがここでクソみたいなSSとレスを胞子みたいにばら撒いて
このスレを汚染したからだよ、わかったか低脳。
796名無しさん@ピンキー:05/02/20 03:11:20 ID:jR7B9ydL
赤帽もなんだかんだで用語を使い始めてきたなぁとほのぼのしてみる
797赤帽子:05/02/20 03:15:51 ID:eTjNAaZ+
2チャンネル
798赤帽子:05/02/20 03:18:00 ID:eTjNAaZ+
かってに感染したんでしょ?あなたみたいな人が
795
799名無しさん@ピンキー:05/02/20 03:22:11 ID:Q1aegeEj
赤帽子はいちいち意見にレスせずにSSだけ投下しとけ。
800507:05/02/20 03:25:31 ID:AWGbDFRn
このスレが赤胞子に感染して
神達のSSが読めないんだボケ(´‐`)ノ
801東京特許許可局 ◆cDMTUm92HE :05/02/20 03:31:55 ID:8voytz33
とにかく、赤さんも含めてスレの雰囲気を良くして神が光臨しやすくする環境を整えましょう、
また、書き投げは(・∀・)モウヤメレ!!、ある程度書いたら投下するという方向でお願いします。
読みたくないものなんかはスルーで、嵐は一切無視の進行が良いかと。
802名無しさん@ピンキー:05/02/20 03:45:56 ID:ijiwfAFP
気に入らないカキコは華麗にスルー。
803 :05/02/20 03:46:16 ID:5/ZWvwd4
>801

まあ、スレ住民が一体となって、赤帽および、それ名前を
語ってあおりに来る連中を礼儀正しくスルーできるくらい
冷静さを取り戻すまでは、職人も早々投下できるものじゃ
ないと思う。そろそろ意識改革が必要かも……。
804名無しさん@ピンキー:05/02/20 03:52:31 ID:mWJJm9Gp
意識改革の前に、精神改革したほうがええんじゃない?
ヤバイヨココ・・・。
805名無しさん@ピンキー:05/02/20 03:53:23 ID:tmSk3gdQ
NGワードに入れればよいと思うよ
806名無しさん@ピンキー:05/02/20 04:05:15 ID:je+u1WUa
>>790
しかも元祖の別ハンが帽子屋w
807名無しさん@ピンキー:05/02/20 04:28:51 ID:oZh/8EsF
次回スレから立て直せる事を期待
ここはもう壊死してるっぽ
言うならばゾンビ。死んで居ながらにしてウィルス蔓延で動いている感じだな
808赤帽子:05/02/20 04:53:44 ID:eTjNAaZ+
800おだいじに。もうほっといてSS書くわ俺

刹那とネギが付き合い始めてもう一週間になる・・・・・

今日は朝倉がいいものを見せてくれると言うことでで放課後3−Aだけ居残り、ネギは放送室に来るよう言われた・・・。
ネギだけを放送室に連れて行く理由を聞かせてくれない朝倉に刹那は少しばかり不安をいだいていたのだがネギの方は
ぜんぜん警戒していない・・・見せ物にされるのは自分だとも知らずに・・・・・・・・


ガン、ガタガタ、ガッ

「ぷはっ、朝倉さん!!こんなことしてなんになるって言うんですか!」
そこには椅子に縛られ目隠しをされてサマになっていたはずの服がぼろぼろで
半裸状態の姿があった。
「カメラセットアップ終了ーっと」
「ひっ、何するんですかっこんな僕の姿、みんなに見せて?!・・・えぐっ・・」
さすがのネギも泣き始めそうである。
「いーの、先生の身体は私にたくしてさぁ」
あいからわず軽い口調の朝倉だがその言葉にはすこし企みがありそうな感じで
ネギも安心しきれない。
「こんなヒドイことする人を信じられません!この縄ほどいてください!!」
「うっるさいな〜うるさい子にはお仕置だねっ」
朝倉はネギの露出している片方の乳首を指でつまんだ
「きゃうっ」
「次、うるさくしたらもっとヒドイからね!もうすぐ始まるんだから観念しなさいネギせんせー」
「イヤです!助けてく・・イタっ」
朝倉はネギのヘアバンドを強引に取った
「ううぅ・・・・」
「ほんっと、ネギ先生女の子だにゃー」
「が、外見だけでしょ?ははは・・・・・」
「な〜にごまかしてんだぁコイツぅ、身体も女のくせにぃ!」
809赤帽子:05/02/20 04:55:15 ID:eTjNAaZ+
一時休戦、俺寝るわ
810507:05/02/20 06:24:32 ID:AWGbDFRn
>>809
もう起きるな
811名無しさん@ピンキー:05/02/20 06:34:44 ID:OVCMpeUm
>>808やっぱり一レスなのね。
812名無しさん@ピンキー:05/02/20 10:14:38 ID:LLme+NSk
>>809
クズ
813kinako:05/02/20 11:39:31 ID:rRwkqdyr
>>341-342
の続きです。名前表示してみました。
まき絵レオタードのヤツです。

十秒だったのか、一分だったのか。
まき絵がそっと唇を離したとき、ネギはキスをしていた時間がどれくらいだったのか、とっさにはわからなかった。
キスをするのは初めてじゃない。
明日菜ともしてるし、のどかとも(事故とはいえ)している。
しかし、今のキスはそれまでにしたどれとも違う感触だった。
ネギはぼやけた頭で、目の前で微笑んでいるまき絵を見つめる。
たった今まで触れ合わせていた桜色の唇が、やわらかな光を放っていた。
「んふふ……キスしちゃったねー」
小悪魔的に微笑みながら、まき絵が言った。
呆然としていたネギは、その一言で我に返る。
「あ……ダ、ダメです……こんなことしちゃ……」
声にさっきまでの勢いがなかった。
まき絵の手が動き、リボンが巻き取られる。
束縛が解けた今なら逃げることができたが、できなかった。
「ネギくんの唇やわらかかったなぁー……ね、もう一回しよっ?」
さらにまき絵が恐ろしいことを言った。
さっきの感じが思い起される。
教師として、それ以前に10才の少年として、これ以上まき絵の好きにさせることは危険であると理性が告げていた。
しかし、
「だ……」
だからダメです、のだを言おうとした時点で、有無を言わさずまき絵の唇がネギの口を塞いだ。
「ん……んんっ!」
今度はさっきよりも激しかった。
離れようと腕を伸ばすも力が入らず、それどころかまき絵は左手をネギの腰の後ろに回し、引き寄せ二人の体を密着させた。
そして右手はネギの首の少し上にあて、頭を固定した。
逃れようのないネギの唇を、じっくりと味わうようにまき絵は吸う。
「ふむっ・・・!ん・・ん〜〜〜!!!」
ジタバタと暴れるが、まき絵の拘束は揺るがない。
814kinako:05/02/20 11:41:46 ID:rRwkqdyr
唇への攻撃は依然として続いていて、それはゆっくりとネギの意識を蕩けさせていく。
それでも必死で抵抗を続けていたが、やがて体に力が入らなくなるほどの甘い官能が全身を支配していった。
まき絵の体をつかんでいた手が力なく垂れる。腰にも力が入らずへたりこまんばかりだった。
もはや、まき絵に支えられてその唇を味わられているといった状態だった。
熱に浮かされているような時間が小一時間ほど続いたあと、まき絵がやっと唇を離した。
「ふぁっ・・・」
全身をまき絵の腕にもたれかけさせ、ネギは荒い呼吸を繰り返した。
ネギは、完全にまき絵の手玉にとられていた。
そして考える。
なんだかわからないけれど、今まき絵が自分にしている行動は俗にいう「エッチなこと」に入るのではないか。
担任である自分の担当、3−Aの女子生徒にはいつもこんな感じことをふざけ半分にされている。
しかしそれもある種のスキンシップのようなものとしてとらえていた。
が、今のまき絵はそんなスキンシップを越えたことをしているようだった。
そしてそれは、「先生と教え子がしてはならない」ことなのではないだろうか。
おぼろげながらも性を理解しはじめているネギは、今の状況は非常に教師として危機的であると判断しはじめていた。
しかし、そんな理性もまき絵のキスによって風前の灯と化している。
これ以上のまき絵の振る舞いを許すことは、自分の教師生命を、そして何より男としての何かを奪われる予感がビリビリと感じられていた


そう覚悟を決めたネギは断固としてまき絵に注意すべく、力の入らない体をむち打ってまき絵を見上げた。
そこにはネギを独り占めできていることの幸せとキスできたことの喜びに浸っているまき絵の顔があった。
キッと顔を引き締め、
「ま・・!」
まき絵さん、と言おうとしたネギの目の前に、ひょいっと何かが現れた。
まき絵の手に握られているそれは、ラベルの貼られていない栄養ドリンクのような茶色の小ビンだった。
「ネギくん、これなーんだ?」
あっけにとられているネギに、うれしそうにまき絵が問いかける。
「え、え・・・?」
戸惑って答えられないネギに、
「エッチになっちゃうクスリだよー♪」
その言葉を理解していくにつれ、ネギの顔色がますます赤くなっていく。
815kinako:05/02/20 11:44:17 ID:rRwkqdyr
つまりまき絵は、これを飲ませて、自分にさらなる「エッチなこと」をしようとしている。
単なるキスでさえこの状態だというのに、そこにクスリなどを持ち出されたらどうなってしまうのか。
どうなるのかさえ、想像がつかない。
そんなネギを前にしながら、まき絵は脳天気な様子でキュポキュポと小ビンの蓋を開け、クイッとその中身を口に含み、
「んー♪」
カマン、という風に顔を近づけ、ネギにキスをするよう促した。
もちろん口を開けるはずもない。
ネギは全力で口を貝のように閉じ、ささやかながらも逃れようと抵抗を再開する。
しかし、そんなネギのことを見越していたかのように、まき絵は、普段見せないような悪っぽい笑みを浮かべ、腰に回していた手を前にも
ってきて、ネギの股間をさわりとなぞりあげた。
「んあっ!!?」
そこにはいつの間にか自己主張を始めていたネギのものが、ズボンをこんもりと盛り上げていた。
予想だにしながって刺激に思わず声をあげ、そしてしまったと思った次の瞬間、まき絵の唇が口を塞いでいた。
「んぅ〜〜!!」
焦りつつ必死で顔を背けようとするも、まき絵の腕はガッチリと頭を固定していた。
侵入してくるとろっとした液体の、甘いような、苦いような味が妙に意識され、のどを滑り降りていくそれと共にやってしまったという後
悔の念が胸にせり上がってくる。
たっぷり30秒ほどかけて、液体の口移しは終わった。
チュ、という音と共に唇が離れる。
途端にネギは荒く息を吐きながら、どうしようどうしよう僕飲んじゃったよぅという焦りの言葉がぐるぐると頭の中を回転するのを感じた
816kinako:05/02/20 11:45:31 ID:rRwkqdyr
が、しかし。
本当の恐怖はここからであった。
茫然自失のネギに、再びまき絵はキスを開始した。
どうしようもないという絶望にかられているネギは、もはやどうしようもないとばかりになしくずし的にそれを受け入れた。
が、その唇を割って舌が侵入してきたとき、その目が再び驚愕と共に開く。
まき絵の舌はまずネギの上下の唇をじっくりと舐め、それからネギの舌をからめとる。
二人の唾液と残っていた媚薬が混じりあい、それをすりこませるように舌を丹念にからみつける。
暴力的といってもいいその仕草に、もはやネギは抵抗する気さえ奪われた。
再び唇が離れた時、ネギの顔は赤く染まり、十才の少年には激しすぎる官能の刺激によって目尻に涙の玉を浮かべていた。
体全体が刺激に震え、その動きを抱き締めるまき絵に伝えていた。
泣きそうな顔でまき絵を見ると、まき絵もほんのりと頬を桜色に染めて、かすかに呼吸が乱れている。
しかしその顔はネギを思うままにしているというSっ気的な笑みが浮かんでいた。
「ウフフ・・・ネギくんクスリ飲んじゃったね・・・これからエッチなことしたくてたまらなくなっちゃうよ・・?」
辱めるように、いじわるな口調で言った。
「う・・うぅ・・う・・まき絵さん・・・どうしてこんなことするんですかぁ・・・」
今にも涙をこぼしそうな感じでネギが言うと、まき絵は耐え切れないようにネギをさらにギュッと抱き締めた。
あぅぅっ・・と声を漏らすネギの、その耳に口を近づけ、
「それはねー・・ネギくんが大好きだからだよ・・?」
と、ささやくように告げた。
817名無しさん@ピンキー:05/02/20 13:15:46 ID:1oH2TVN9
>>813
この状況の中、よく投下してくれました。GJ!!

赤帽子さん、一応毎回読ませてもらってます。書くのは自由だと思いますが、完結編ならともかくある程度長編の場合は、最低限何レス分かまとめて投下したほうがいいと思います。
818名無しさん@ピンキー:05/02/20 13:21:58 ID:b3A5ohx3
おれハ赤帽子さん好きだけどナー
819DT60V ◆tsGpSwX8mo :05/02/20 14:16:55 ID:vkpTsIax
>>813-816
本編連載開始時頃の座薬氏のSSを見てるみたいで
すごくイイです!続き頑張って下さい。
820名無しさん@ピンキー:05/02/20 14:32:45 ID:8voytz33
>>813
ネ申..._〆(゚▽゚*)キタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!! 乙です。
821名無しさん@ピンキー:05/02/20 14:42:18 ID:knMBMnDr
>>813エロイ!w マジ(*^ー゚)b グッジョブ!! です!
822赤帽子:05/02/20 14:47:37 ID:eTjNAaZ+
507よ、起きなくていいのは君だからそして812、君はカスだ

ぐちゃぐちゃと拷問するかのようにネギの泌部をかき混ぜる
「あっ!はぁあっ、ああ・・・・な、なんで僕が女だってしって・・あは・・っ、やめてぇ」
「ずーいぶんノンキだね、カメラまわってんだけど・・・?」
「えっ?」
ネギの顔はどんどん青ざめてゆく
「3−A組みの皆に見られてんのよ?・・・ネギ先生のエロい姿をね・・・わかる?」
(見られてる?生徒たちに・・・・刹那さんに?)
ぐちゃ!
「へ〜・・・ネギ先生って結構マゾ娘なんだぁ・・生徒たちに見られてるって言っただけで・・ほら」
ズボッ、ネギの愛液がついた指をネギ自身の口におしこんだ
「自分の汁はおいしいですかぁ?エッチいなぁあネギ先生は・・・んっ、舌の使い方うまいよねー、こっちも気持ちよくなちゃった・・・」
「ちっひゃいます!こっひは抵抗ひてるだけでっ・・・プハッ・・・けほっけほっ・・・」
「ウフフっ」
「はあっ・・なんでもいいから縄をはずしてくだい!・・・よぉ・・・あっ」
朝倉はネギの顔に手をそえ、自分の顔をちかずけて囁いた
「ネギ先生・・・キスしようよ・・みんなの前でさぁ・・・」
「ダメです!私には刹那さんが・・・ムグッ・・んんっ?」
朝倉はネギの口をふさぐようにキスをする
823名無しさん@ピンキー:05/02/20 15:00:36 ID:LLme+NSk
>>813
素晴らしいよ
824名無しさん@ピンキー:05/02/20 15:05:56 ID:oZh/8EsF
>>813
GJ!!
良質な風が吹いてきたな
825名無しさん@ピンキー:05/02/20 15:11:09 ID:PAFCSP1q
>>813乙。愛してる。頑張れ
826赤帽子:05/02/20 15:29:28 ID:eTjNAaZ+
グチャ、チュパ、ピチャ
(?舌がからみついてきて・・・っ・・ああっ・・なんか・・・気持ち・・いい?)
(ふふっネギ先生目がうつろになっちゃてるよ・・クラスの皆はどうなってるかな?・・うまくあの子がやってればいいけど)
そのころの3−Aの教室では生徒たちに異変が起こっていた
「な、なんや?和美とネギ先生のキス見てたら・・・か、身体が・・・熱くなって・・・」
亜子が口ずさんだ
「わ、私もです・・・なんか、下半身が・・」

用事があるんでちょっとやめますね
827名無しさん@ピンキー:05/02/20 16:38:32 ID:gsWRPxCH
座薬です
長編は新展開構成中です
今回は萌えBBSで書いていた短編SSのリメイクをば
エロは次から

「すごいよ、つっきーさん」(前)
 これは運命という歯車の反比例定数が狂ったのか、
 それとも必然かつ絶対のものなのか、
 それは私の及ばない領域の議論になってしまうので、あえて今は避けようと思う。
 確かなことは、奴は私にとって相容れぬ存在であり、倒すべき敵でしかないということだ―――。

 「うふふ。これからもクラスメイトとしてよろしくお願いしますわあ、桜咲刹那セ・ン・パ・イ」

 フリフリしてヒラヒラした、はしたないピンクの洋服。妙に違和感がなくて逆に怪しい水色のロングへヤー。
 教壇の上で長短の2刀を振り回して腰をくねらせ、妙なポーズを決めている1人の少女。
 この、脳味噌の代わりに生八つ橋がみっちりと詰まっていそうな女、名は月詠という。
 私と同じ京都神鳴流に所属しているらしく、最悪なことに今日から私のクラスメイトになるというではないか。
 悪夢の始まりは朝のホームルームの、ネギ先生の何気ない言葉からだった。
「今日はみなさんに、新しいお友達を紹介します―――関西から転校生の方が来ました!」
「転校生―――っ!?」
 椎名さんはアンパンマン殺しの巨大な口を開いて、祭の火蓋を切った。
 暴走したら王蟲のように突っ走るのがこのクラスである。転校生イベントなどキャンプファイヤーに手榴弾
を投げ込むようなものであり、瞬く間にクラスはメルトダウン寸前の大騒ぎになった。
 釘宮さんと椎名さんはキャラ属性トトカルチョを始め、クラスメイトの保有する銅資源を収拾し始める。
 鳴滝ツインズは意味もなくドタドタ走り回っているし、長瀬さんは例によって傍観者に徹するつもりらしい。
 静粛にと呼びかけるいいんちょの向こうでは、憂鬱そうな顔の長谷川さんが流し目で遠くを見ている。
 朝倉さんは特ダネを逃したのを悔しがっていて、ポルターガイスト現象で無人の机まで揺れた。
「転校生ですって! 大変よのどか! 夕映! 転校生よっ、転校生が来ちゃうのよ!」
「何をそこまで狼狽しているのですかパル。転校生が来ると寝癖が酷くなる病ですかあなた?」
「転校生は嵐の前触れ! 主人公のライバル! 次の日からは怪事件続出なのよ! 来たらきっと禍を招
くっ! 明日の放課後にはきっと、ちょい役の生徒が謎の怪物に襲われる!」
「わわわ分からないよハルナあああ〜、ななな何言ってるのかさっぱりわわわ分からないよおおお〜!」
 早乙女さんは迫り来る世界の危機を予知したような顔で、宮崎さんの襟を掴んでがくがく揺らしている。
「八つ墓村の入り口にいるババアですかあなた?」
 綾瀬さんは呆れたようにそう言って、持っていた巨大な本で早乙女さんの後頭部をゴッ、と殴って黙らせる。
「早乙女さんが強い電波をキャッチしました。汚染除去しますか? マスター」
「知るかそんなもの。今は大事なところだ。話かけるな」
「はい、マスター」
 「ヒカルの碁」を夢中で読んでいるハイデイライトウォーカーは、それだけ言って漫画の世界に戻っていった。
「………………! …………! …………! …………!」
 クラスメイトの―――名前は何だったけ?―――少女M・Kさん(便宜上の仮名)が何かを必死に訴えていた。
「転校生ですって、どんな人かしらねえ……あら、今、私に何か言ったかしら? 夏美」
「ううん、私は何も言ってないよ、ちづ姉」
「じゃあ気のせいね。まったく嫌ねえ、でもたまにあるのよねえ、空耳って」
 存在感のないM・Kさんの声は那波さんと村上さんには届かなかったようだった。
 そんなうちに私もM・Kさんを見失ってしまった。教室のどこにもいないがそんなはずはないので、おそらく私の
視界に入らないどこかにいて、誰かに何かを言っているのだろう。
 きっとどこかに彼女はいるはず。
 コマとコマの間……じゃなくて、きっと、みんなの心の中に。
「亜子、関西から転校生なのに、どうしてそんなにグロッキーなのよー?」
「う、うう……ゆーな……ウチのことはほっといて……うぐう……」
 明石さんの心配そうな声に和泉さんはどんよりとした表情で、細々とそう言った。
「亜子、どこか具合でも悪いのか? また私は保健委員を保健室に運ぶのか?」
「アキラ、ちゃうねん。なんか変な夢を見ただけやねん。まき絵と史伽と風香がピンクで、明日菜が魚類で、長谷
川さんが緑色で、裕奈が茶髪で、なんか、そんな夢を見てもうて……なぜかダメージ受けてん」
「な、何言ってるの、亜子!? 私、茶髪じゃないよっ!?」
「油揚げで、タンノくんが……ふ、不思議な踊りを……たっかはったせんせいらーぶらーぶ……がくっ」
「あ、亜子、しっかりして! ナマモノがどうしたの!? 亜子っ! 亜子ぉぉぉぉぉぉぉっ!」
「………」
 そこにザジさんが無言でやって来て、ぽん、と煙といっしょにマクラを出現させる。
「あぁー……マイマクラや……えへへ……むにゃむにゃ……」
 クラスの喧騒から逃れるように、和泉さんはマクラの上で幸せそうな顔で眠ってしまった。朝なのに。
 ……ネギ先生、そろそろ紹介してください。
 四葉さんにそう言われて、ネギ先生はやっと転校生を紹介した。
「では入ってください。京都から来た月詠さんです」
 ネギ先生が黒板に名前を書いた。月詠……どうもカタギとは思えない名前で、私は少し悪寒を感じていた。
 入ってきた女はとろりとした目の少女で、眼鏡をかけていて、髪は白に近いブルーで腰の辺りまである。
 何か得体の知れない、お弁当にカステラを一箱持ってきてそうな不思議な空気を私は感じた。

「初めましてみなさん、京都からやってきました、月詠です〜」

 ―――悪魔は現れた。


                                                            (続)
831座薬 ◆LsUrNEsQeQ :05/02/20 16:43:40 ID:gsWRPxCH
*― ―) ではまた
832名無しさん@ピンキー:05/02/20 16:49:44 ID:4jgIap7m
GJ!あんたやっぱり短編だけ書け。アニメネタワロタ。
833名無しさん@ピンキー:05/02/20 16:53:13 ID:knMBMnDr
す…すさまじいな…。乙。
834名無しさん@ピンキー:05/02/20 16:54:31 ID:LfgpmdPt
ヤバい〜!!普通におもしろいです!!

もしかしてこれは月詠Хせつな リョージュクですか!!(^o^)/
続きまってます〜
835名無しさん@ピンキー:05/02/20 17:12:26 ID:8voytz33
わーい、こんな状況でも投下していただける神に(TдT) アリガトウ。

"(#  ̄ー ̄)〇""グッ"ジョブ
836名無しさん@ピンキー:05/02/20 17:38:21 ID:FOGdx3SA
よくワカンネ
837名無しさん@ピンキー:05/02/20 17:54:48 ID:xxyhxOJO
普通に続きが楽しみだ・・・・・!!
こういう冷めた一人語り大好き
838名無しさん@ピンキー:05/02/20 18:55:25 ID:Z0C3rJuJ
アニメネタ笑いました(w
続きガンガッテ下さい!楽しみだ!
839名無しさん@ピンキー:05/02/20 18:56:03 ID:ePi3QH8B
美空なめんな
840名無しさん@ピンキー:05/02/20 19:19:51 ID:trtjW19H
アニメネタはマジで笑った(w
やっぱ神は最高!!
続きが楽しみでここにくるのも楽しみになるよ。
841名無しさん@ピンキー:05/02/20 21:52:43 ID:OVCMpeUm
座薬氏オツっす!
長編短篇両方たのしみにしてますぜ!
842名無しさん@ピンキー:05/02/20 21:58:46 ID:V6A2cISZ

アニメネタと美空ワロタw
がんがってください
843名無しさん@ピンキー:05/02/20 22:00:58 ID:G4nYyOuC
長編だとアンチとか入り乱れるのに、短編における座薬氏へのこの反応は如何なものか。
844特厨非FAN ◆AntiT24WoA :05/02/20 22:04:21 ID:gmSd23q6
>>808
ダークな朝倉が良いね〜。僕、悪女すごい好きなんだけど。
今も「Mの悲劇」ってドラマで悪女やってるハセキョーに(;´Д`)ハァハァ言ってたところです。

僕は朝倉が好きだからこういう展開は大歓迎だよん。

>ぜんぜん警戒していない・・・見せ物にされるのは自分だとも知らずに・・・・・・・・

うまいなー、この手の煽り文句。
続きが読みたくなる。
何気にけっこう昔からSSとか書いてたでしょ?


>>813-816
乙です。うーん、キスだけで良くここまで引っ張れますねぇ・・・技量を感じますです。
しかしネギきゅんは相変わらず恐怖しか感じてないようですが、
脳内飛び出るほどうらやましいシチュだと思うのは僕だけ?
スマソ。
スッチーよりも、看護婦よりも、何よりもレオタードが好きなものでw
845特厨非FAN ◆AntiT24WoA :05/02/20 22:05:45 ID:gmSd23q6
>>822 >>826
キャラ同士のセリフのやりとりがなかなか上手だね。流れを感じさせる。
君に羞恥物をかかせたら無敵だね!

それにしても朝倉の奴、カメラでみんなに公開するだけでなく、
それを録画しといて、後からネギきゅんをゆすったりしそうだなw
続きもガンガレ(o^−’)b


>>828-830
懐かしいな。一年前のアレだよね?
以前のと見比べながら読んだけど、神鳴流の諸々の話が、クラスのハイパーコミカルダタバタ劇になったんだw
相変わらず喜劇はテンション高いね。
あ、あの時の月詠のかっこいいアクションもう一度見たかったな〜。
特撮ヒロインネタも好きなんで、個人的には前回のVersionの方が好きっス!
846名無しさん@ピンキー:05/02/20 22:20:15 ID:4TnKqN1M
初心者です。。よろしくです
847名無しさん@ピンキー:05/02/20 22:30:25 ID:sUV3aWlO
【また韓国か】ネギま!のパクリドラマ韓国で放送【赤松激怒】
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/comicnews/1108720704/
848名無しさん@ピンキー:05/02/20 22:43:07 ID:nxEmAMPS
座薬氏は短編のみに徹するべきだといってみるテスツ。
GJ!
849名無しさん@ピンキー:05/02/20 22:48:09 ID:G6r4y6JR
>>813
あの空気の中投下した勇気ある行動
そしてこの質の良さ、まさに神。GJ!
850名無しさん@ピンキー:05/02/20 23:22:52 ID:HgsONBny
職人頑張れ!
851名無しさん@ピンキー:05/02/21 01:05:24 ID:h2SM0Y8s
767 名前:名無しかわいいよ名無し 投稿日:05/02/20 09:59:21 ID:fYhJ8/5C
廊下の影となるところちょうど教室の入り口付近に男の人影。制服を見ると麻帆良学園
男子高等部のものである。しかしここは女子中等部。放課後とはいえそうそう男子の立ち入りが許されるはずもなく
本来なら侵入だけで厳罰ものだが本人臆することはなにもなし、という雰囲気である。

さて、視点を教室内に移すとそこにも女学生が1人。机に向かい必死の形相でなにやら書いている。
『先輩のおっしゃるとおりでした。この学園には一般生徒が決して触れてはならない
禁忌とされるものが存在しています。これは私の最後の記録になるでしょう。
時間がありませんから要点だけを書いておきます。詳細は私達、今は亡き報道部員の
調べ上げた資料を読んでください・・・・』
よく見れば女生徒の身体は徐々に意思へと姿を変えていっている事に気づくだろう。
もう既に下半身から下腹部へと石化は及んでいる。
『禁忌とされているものは魔法とそれを行使する人たちの存在。これを知った一般生徒は
 先輩達のようにある者は殺されそしてある者は石化され美術室の彫像の仲間入り。
夜な夜な聞こえてくるといわれる美術室の泣き声の怪談は石化された生徒の、いえ
ことを書いている時間はありません。とにかく知ってしまったものは消され、朝礼時に
かけられる記憶消去魔法によって存在したことすらなかったことにされてしまいます。
勿論家族の記憶や戸籍の抹消も魔法協会の力で行われます。魔法と魔法使いのことは
先輩達の犠牲のもと纏め上げた資料があります。これを公表して消えてしまった人々の
魂を安らげることが最後に残った私の仕事でしたがそれももう叶わないようです。
私は、このメモと資料を残します。最後のお願いです。これを読んだ方は』

女生徒の筆は止まった。既に石化は両腕を超えていた。
「やっぱりいやだよ、怖いよ、石になんてなりたくないよ、助けてだれかお母さ」
石化は完了した。廊下の少年は溜息をつくと教室に入り少女の顔を見た。
少女は嗚咽を漏らした表情のまま溢れ出ようとする涙もろとも完全な石となっていた

852名無しさん@ピンキー:05/02/21 01:06:18 ID:h2SM0Y8s
「見事なお手並みでしたよ。さすがは近衛家の次期当主ですね」
「春日先生…」
少年に続いて入ってきた春日と呼ばれる男は少年などいないかのように淡々と続けた。
「強すぎる好奇心は身を滅ぼす…報道部の子たちにわかってもらえなかったのは残念です」
残念、とはいうものの残念という気持ちは彼の口調からは全く伝わってこない。
「まったく…よくもこれだけ調べ上げたものだ…その熱意学業に向けて欲しかったですね」
春日は手にした報道部の資料を揺らしながら机の上の書置きを取り上げ資料に混ぜる
「さて、これらは焼却炉行きですね。これで秘密は保持されました。ご苦労様近衛君。
もう帰ってもよいですよ」

「……先生…手を下した僕が言うのもなんですが、彼女達に対してここまでする必要が
あったのでしょうか…」
少年は少し考えた後に前々から疑問に思っていたことを口にする。記憶を消す魔法がある以上、
記憶消去だけでことはすんだのではないか、命まで奪う必要があるだろうか、と。
「学園長からのお達しでね。そういう疑問は私ではなく学園長に言ってもらいたいな。
 学園長に掛け合えばあるいは君の意見が通ったかもしれないね…
 最も私個人の意見を言えばこれでもまだ生ぬるいぐらいだとおもうけどね」
思いもよらない答えに少年の表情が厳しくなる。
「近衛君、このご時勢で大きな声ではいえないけどね…私の家は代々クリスチャンなんだよ。
 遡れば戦国末期のキリスト教伝来の時期まで戻れるぐらい古いね…いわば隠れ切支丹だね」
853名無しさん@ピンキー:05/02/21 01:07:57 ID:h2SM0Y8s
春日は続ける。
「生き残るためには秘密の保持は不可欠だった。このご時勢…魔法のことが公になるのは
 非常にまずい…それに秘密主義で私達魔法使いは共存し生き残ってきたのだからね。
 さらに言えば私に言わせれば魔力も少なく操れない一般人など私達魔法使いからすれば
 選ばれなかった者たち…神に見放されたものたちだ…」

少女の石像に近づき思い切りけり倒す。石像は倒れた衝撃で砕け少女は―――――死んだ。

「そんな屑などどうなってもいいだろう?ちがうかい?選ばれし近衛家次期当主君?」
もういい、少年は叫びたかった。この男と早く離れたかった。
その意を察したかのように春日はにやりとわらうと
「その塵の掃除は担当のものを呼んでいる。君ももうかえっていいよ」
といって教室を出て行った。

少年―――――近衛コノウエモンは持っていた手帳の「抹消対象者」と書かれたページの
最後の1人「報道部員・相坂さよ」の名の上に傍線を引き溜息とともに手帳をしまい教室を去った。

時は1940年。大日本帝国が米国と開戦する一年前の出来事である。

なんかさよスレにこんなのがあった
854猫なり(姉妹搾精編) ◆1En86u0G2k :05/02/21 02:07:08 ID:OamUTnAm
双子で搾精編

5月も半ばで涼しくなってきていた。背伸びしながら二人は掲示板を見ていた。
「あ、明日の当番は私達ですー、お姉ちゃん。」
「ウン、そうだね。」
「お姉ちゃんやってくれるよね?」

姉である風香は今回搾精をやるにあたり困ったことを感じていた。
妹の史伽はもともと好奇心旺盛だけど結構おとなしい性格だ。
毛深くて長いモノが苦手なのは知ってるが、ネギ先生のモノを見てもそれと同じのを感じてるみたいなのだ。
これじゃあ将来が不安なのです。風香はコレを機に矯正したいと思っていた。ネギ先生のは子供だしね。まだまだ。

職員室を覗くと丁度ネギ先生が座っていた。
「ちあー!」
「あれ、鳴滝さん。どうしたんですか?」
ネギ先生はこっちに気づくと笑顔でこっちを見た。
「大きな声で言っちゃっていいんですかー?」
ネギ先生の耳に近づかせてささやく。
「さ・く・せ・いの話なんですけど…」
顔を赤くして慌てて「ろ、廊下で話しましょう!!」
「場所は散歩部の部室でやるよー! 放課後!」
「も、もうちょっと小さな声で…」
あはははー、慌ててる慌ててる♪ 他に人がいないの分かってるから大丈夫なのに〜
「部室って誰か来ませんかね…?」
「大丈夫だよ! 部室なんて使う人ほとんどいないしね。活動休みの日だし!」
散歩部ってちゃんと活動日が決まってるんだ…と感心した。もっといい加減な部だと思っていたからだ。
「それでね、ネギ先生。お願いがあるの。」
「なんですか?」
「簡単にいかないでねー♪」
慌てながらプンプンしてるネギ先生はほうっといて真面目な顔になる
「本当に… 史伽のためだから。」
目を白黒させていたが「バイバーイ!」とそそくさと退場する。
「えーと、散歩部…、散歩部…」
聞かされていた場所を探すもののこの学校は部室が多くて分かりにくい…。
10分ぐらい地図とニラメッコしてようやく見つけることができた。ドアをノックする。
「はーい♪」
中から可愛い声が聞こえてきた
「失礼します…って、なんでブルマなんですかー!?」
二人の格好は見事にブルマだった
「うちの学校はブルマじゃないでしょー!!」
いくら背が小さいとはいえ健康的な太ももに目がいってしまう
「先生喜ぶと思ってさー」
「えへへー 先生の目えっちぃですー」
子供いえどやっぱり大人なんだなぁ、と思ってみたり。身長は私達と変わんないんだけどね。
「そ、そんなことないですよ!」
思わず股間にそそいでいた目を慌ててそらす
「そんなこと言って先生たったら興奮してるくせにー!」
「先生ったら目が釘付けだったですしねー」
「あ、あの、その…」
(はー、もうこの双子は〜…)

「じゃあ先生そろそろやりましょーか!」
散歩部の部室は畳になっていてる。靴を脱ぐように言われ靴を脱ぎ畳に腰掛ける。
「な、なんですかそのロープは?」
史伽さんの手にはロープが握られていることに気づく。
それを柱に僕の手とともにくくりつけて身動きをとれないようにされた
「あ、あのー、な、なんでこんなことを?」
「いいの〜 先生、早く股開いて!」
「あ、あう…」
おずおずと股を開くとそこに二人が手を伸ばしてくる。
完全に勃起はしてないもののサッキのブルマの衝撃と縛られている感覚で微妙に興奮していた
二人は交互になでるように触るとネギの口から「あうっ」と声が漏れる。
(ちょっと硬いねー)
(少し硬くなってるです…)
「やっぱり直接触ってみないとよく分かんないよねー」
「そ、そうです…か…?」
史伽はそう言うと少し気落ちしたように言葉を窄めた。
風香はカチャカチャとベルトをはずしズボンを脱がす。チャックをはずすよりそのほうがネギの羞恥心をかきたてると思ったからだ。
そして…。そしてネギのモノが出てくると二人は目を丸くした。
(この前見た時よりなんか凄い…。近くで見てるからかなぁ。完全に勃起してないからかなー)
(あわわ…、大きいです…。興味はある…けどなんか怖い…)
風香は史伽を横目で見るとやはり物怖じした様子でよく見ないようにしていた
子供の頃の毛虫を無理やり見せられた事が原因なのか、はたまたなにが原因なのかは分からないが…。
やはり反応を見る限り黒くて長いものが苦手、というのはネギのモノも含まれているようである
観察を続けていると先生はがやり場の無い表情で限界を感じているようだった
このままにしていても史伽も触る様子はなかった
「きゃ、先生いくよ!」
風香は手を伸ばすと軽く触れ、そして指で上から下になぞる。
なんともじれったく、微妙に感じてもどかしい感じだがー…だんだんと膨張しマックスになってしまう
(はうう…、凄く大きくなって… な、なんか怖い…)
「あれれ、先生興奮してんね〜。口では乗り気じゃないようなこと言ってるけど〜」
「あうう…」
「服全部脱いじゃおうか! 服着てるともどかしいっしょ〜?」
そう言い終えるとネクタイをはずし服のボタンに手をかける。
目で促たし、史伽ちゃんもボタンはずしに参加する。少しだけ縄をはずし服を脱がした。
そして僕は全裸で縄を縛られた状況になる。はたから見ればSM…かもしれない。
そんな状況に僕は興奮してますますギンギンになってしまう。
「あれー、先生変態さん?」
「そうなんですかー?」
「い、いや僕は…」
「全裸で縛られて興奮するなんて変態だけだよー?」

(続け)
あいやっ、双子搾精編でございやす。
書くにあたって「ススめ!お子ちゃま探検隊」の回を何回も読んでます。ではまた。
858エロゲ屋正寿  ◆w7Q5ywREpw :05/02/21 02:26:46 ID:kWg8fPvS
ばんざーい ばんざーい 搾精 ばんざーい。
859名無しさん@ピンキー:05/02/21 03:01:07 ID:J9O0snFA
いえーい!
搾最高です!続き禿げいキボン
860名無しさん@ピンキー:05/02/21 09:01:44 ID:slYoJ9qv
(・∀・)ニヤニヤ
<856
続け!
861名無しさん@ピンキー:05/02/21 13:44:06 ID:j7N6pgE5
9巻で今更ながらエヴァに萌えたので書き始めてみたんですけど、オチが浮かばなくて…
ハッピーな方がいいでしょうか?純愛なんですけど、需要はありますか?
862名無しさん@ピンキー:05/02/21 14:37:57 ID:ee/EVNQV
当然。
というよりよほど常軌を逸したものでない限り、どんなジャンルでも
需要はあるので気にせずお書き下さい。
期待して待ってます。
863名無しさん@ピンキー:05/02/21 14:46:11 ID:2YngljHT
ガン( ゚д゚)ガレ!アップワクワクキタイアゲ。
864名無しさん@ピンキー:05/02/21 18:58:29 ID:t6q5NhMg
糞胞子マダー?
早くしないとこのサイト友達のスーパーハカーに頼んでバグらすぞコラ
865名無しさん@ピンキー:05/02/21 19:14:41 ID:4WBuG+Ze
864死ね。。。
866名無しさん@ピンキー:05/02/21 19:22:19 ID:+5AMv8CH
赤帽子さんこんな冷たいスレにいることありません。
↓スレなら赤帽子さんはネ申になれます。

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1108206902/l50#tag3
867名無しさん@ピンキー:05/02/21 20:11:37 ID:t6q5NhMg
>865
糞胞子乙w
868名無しさん@ピンキー:05/02/21 22:27:10 ID:5BiK53C6
>>864 >>867
分かりやすい書き込み乙
869名無しさん@ピンキー:05/02/21 22:40:07 ID:gSo+HnOI
>483の続き

コメントくださる方、毎回ありがとうございます。
特に507さん。書くの基本的に遅いんですがモチベーション上がりました。熱心に応援してくれて素直に嬉しかったです。

 立ち上がると、
「ほら…………私のここだって…………ネギくんのが欲しくて……」
 言いながら朝倉は、ほんの少しだけネギと距離を取る。自分から離れていく乳首に、雛鳥のようにネギが首をのばしたからだ。
 ショタコンなのをちょっと自覚し始めた朝倉はその姿を“カ、カワイイん”とは思ってしまったが、いつまでも母親役は中学生には
ぶっちゃけてしまうとシンドい。
 そろそろネギには彼氏役を、自分には彼女役をやらせてもらいたかった。
 それにはまず、オッパイ離れとまではいかなくとも、女の子の身体の他のパーツにも興味を持ってもらうのが手っ取り早いだろう。
 朝倉は短いスカートの両端を“チョンッ”と摘むと、ゆっくりゆっくり捲り上げていった。
 後少しでも上げれば下着が見える、そこまでいって朝倉はネギを見た。澄んだつぶらな瞳を、期待でいっぱいに見開いている。
 心の中で朝倉は“よしよしっ”と笑みを浮かべ、それと同時に“ホッ……”とした。
 ここまでやってネギがオッパイにしか興味を示さないようだと、自分が物凄く女性としての魅力がナッシングみたいではないか。
 なし崩しでリードしている朝倉だって、余裕っぽく振舞ってはいるが中学生である。
 スカートを摘んでいる指先は柄にもなく“ふるふる”と震えて、頬は乙女チックに真っ赤になっていた。
 その甲斐あってなのかどうなのか、ネギは主人からお預けを喰らった子犬のように“ハァハァ……”息を荒くさせながら顔を寄せると、
“ぺちゃ……”
「んぅンッ!」
 舌をのばして朝倉の内腿を舐め上げる。
“ぺちゃ……ペチャペチャ………ちゅる……ぺちゃ………”
「ん……ンッ……ふぅ……ぅあッ……は………んぅッ!!」
 もちろんネギが美味しそうに音を立てて舐めているのはミルクなどではない。
 濡れてうっすらとショーツにその姿を浮かび上がらせる秘唇からは、愛液が溢れて内腿を“ツゥ――”と涙のように零れ落ちていた。
 それをネギは舌で掬い取っては舐め、掬い取っては舐め、酔っているかのように上気した顔で厭きることなく繰り返す。
870名無しさん@ピンキー:05/02/21 22:41:28 ID:gSo+HnOI
「ん……やんッ………んんッ…ネギくんくすぐっ……ひぅッ!!」
 窘める言葉とは裏腹に、歓迎するような口調で身をくねらせていた朝倉は、短い悲鳴を上げて身体をくの字に折った。
 スカートがふわりと舞広がって、ネギの頭をスッポリと覆い隠す。
 雛だと思って決して油断したわけではないのだが、朝倉の想像よりもこんなときのオトコの子は大分ワイルドだった。
“ジュッ・ジュク・ジュル・ジュルル…………”
 薄い布地をフィルターにして、ネギは一心不乱に口内に流れ込んでくる愛液を啜り上げる。
 お尻に“むにゅっ”と手を廻して朝倉を力づくで引き寄せると、ネギは舌先を秘唇の上で荒々しく嬲るように蠢かせた。
 その動きは“もっともっと”とねだるように執拗に秘裂を舌で舐め上げる。
「ひッ……あ…あ……んぁッ………ふぁッ…………ぅんぁッ……うぁあッ!!」
 ネギがショーツの薄い布地ごと“女の子の粘膜”に尖らせた舌先を突き込んできた。
 舌が躍るたびにピチピチッと白鮎のように朝倉の身体が跳ねる。
 もう年上のカッコいいお姉さんの余裕は、遥彼方のお空に綺麗さっぱり気持ち良く吹き飛んでいた。
 これが他人に見られでもしたら非常に情けなく、またはからかい混じりに可愛いと言われるかもしれない。
 朝倉はネギの小さな頭を抱え込むように秘唇に押し付け、与え続けられる快感に見っともないほど膝を“カクカクッ”させている。
 そしてそんな朝倉の崖っぷちの頑張りにトドメを刺すかのように、
“ちゅ〜〜〜〜うッ!!”
「ひゃうッ!!」
 真空状態になるくらいに強く激しく、ネギは“女の子の真珠”を口内に吸い込んだ。
 痛みを伴うほどの快感パルスが“女の子の真珠”から一瞬で脳天へと叩き込まれ、そのままの反動で爪先まで一気に突き抜ける。
 いまの自分を朝倉がマイク片手にリポートしたらそんな感じだ。
 足腰にはまるで力が入らない。ネギにお尻を鷲掴みにされてなければ、無様に尻餅をついていただろう。
「だいじょうぶですか?」
「…………う、うん…………ありがとね……ネギくん……」
 でもお尻だけで支えられてるのかと思うと『あたしそんなにお尻大きいかなぁ?』そんなことを考えて顔を赤くしてしまう朝倉だった。
871名無しさん@ピンキー:05/02/21 22:42:47 ID:gSo+HnOI
 なにか朝倉はどんどん、
“ジ――――ッ”
「なんですか? あ!? お、お尻、その……痛いですか?」
 この幼い紳士(まだ半人前)の顔を見てると、思考が小っ恥ずかしいくらいに乙女チックになってしまう。でもそれが、
「……うぅん……すごく…………気持ちいいよ…………」
 言った後で、真っ直ぐ自分を見つめてくるネギの瞳から、逃げるように朝倉は目を逸らしてしまった。
 それは自分が一番良くわかっている。頬を染める赤さは更に濃度を増していた。
 淋しさで死ぬ動物はいるが『自分は恥ずかしさで死ねるかも?』朝倉和美の乙女心は天井知らずで上昇中である。
 ただそれでも、純情可憐(笑)な乙女にクラスチェンジしつつあっても、朝倉が口火を切らないことには話しがすすまない。
 歳からすればしっかりしてるしカッコよろしいが(乙女朝倉アイ)、なにしろ基本的にネギはお子チャマである。
「これで…………二人で一緒に……気持ちよくなれるね…………」
 このとき本屋ちゃんこと宮崎のどかの苦労が、朝倉にははじめて理解できた。
 冗談ぽく軽く言っていたセリフがこんなにも覚悟を決めなくては口に出せない。乙女も考えものだな、朝倉はそう思った。

今回はここまで。ちょっと短いですが次の投下で最終回にします。
872名無しさん@ピンキー:05/02/21 22:51:51 ID:slYoJ9qv
パチパチ(拍手)
873名無しさん@ピンキー:05/02/21 22:53:43 ID:gNEUSwG0
サイコー!
( ゚∀゚)ガンガレガンガレ!
874507:05/02/21 23:12:31 ID:7DFfhdIz
待ってたヨー(´ー`)神さまー
875528:05/02/21 23:49:29 ID:7DFfhdIz
>>869
ゴメン…
507じゃなくて528だった
勘違いしてたorz
今、気づいた俺は(´ー`)
本物507ゴメン
876絡繰 茶々丸 ◆CHA2/hnZyQ :05/02/22 00:23:02 ID:MYC63BEe
>869
長期間にわたってこれほど先を読みたくなる感が持続するSSは
個人的にこのスレ初でございます。
完成したらtxtファイルにまとめてとっておく予定。
877876:05/02/22 00:23:59 ID:MYC63BEe
トリ残りorz
878507:05/02/22 00:40:13 ID:vEBI4vnR
507で良いのかorz
何か俺の壊れてるorz
皆のレスが順番バラバラになってる(((((( ;゚Д゚)))))
どーすりゃ直るんだよー(´・ω・`)
879名無しさん@ピンキー:05/02/22 00:43:38 ID:ob9/eSci
ああ、彷徨える>>878に愛の手を!!
なんか座薬が書いた辺りからいい流れが戻ってきてるな
880名無しさん@ピンキー:05/02/22 03:05:24 ID:oSw8qwqL
ここで座薬長編or赤帽子登場で大荒れに!
881名無しさん@ピンキー:05/02/22 03:13:09 ID:YYgeI2LK
だが断る!
882名無しさん@ピンキー:05/02/22 04:00:00 ID:RgHARwOq
マジレスすると荒れるのはもう勘弁。
ハァハァ+マターリじゃ駄目なのか?
883名無しさん@ピンキー:05/02/22 04:18:52 ID:ibXr7we3
いや全くおまいは正しいよ…。
この流れが続けばそんな黄金時代も夢じゃないな
884名無しさん@ピンキー:05/02/22 07:12:00 ID:mp/JRlrD
うむ。濱中アイスレみたく常時マターリ&ハァハァでいきたいものだ。

容量は…まだ大丈夫か。
885名無しさん@ピンキー:05/02/22 17:42:27 ID:VkrJH2UT
可愛いだけじゃダメかしら?
886名無しさん@ピンキー:05/02/22 18:17:36 ID:LY7bcnaX
450k超えてるね
887名無しさん@ピンキー:05/02/22 18:48:40 ID:7hn2U8AN
やばいです。
ここに投下するつもりでのどかSS書いてましたが、最近の本編で
萌え分を補給してしまったため続きを書く気力が……
888名無しさん@ピンキー:05/02/22 21:50:56 ID:mxWtknbZ
明日いっぱい2chが止まるかもしれないらしいんで、それがすぎたところで次スレを立てればいいかと。
889名無しさん@ピンキー:05/02/22 23:33:44 ID:s9Ucoe2J
ソース
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1109075281/
2ちゃんねるサーバのバージョンアップの為、今日の深夜〜明朝まで
2ちゃんねる全体に繋がらない、スレが立てられない、書き込めない等があります。
尚今回の作業では、掲示板を閲覧する機能には影響はありませんので混乱しないでください
890赤帽子:05/02/22 23:45:48 ID:sN3gERUh
非さん達にはホント感謝。赤帽子登場!でも荒らすきねーよ、うっざーいヤツラは皆スルーすんのでイッチマエ。
891名無しさん@ピンキー:05/02/22 23:54:38 ID:4GW7KwoK
>>880が見事に的中したぞ!すげー
892名無しさん@ピンキー:05/02/23 00:07:42 ID:ufgG5fjB
>>890
スルー出来てないじゃん。
893名無しさん@ピンキー:05/02/23 00:09:24 ID:FBLn2Qn9
祭りか?祭りだな?
894赤帽子:05/02/23 00:29:20 ID:oJwqC+/X
んじゃ、スルーしないほうがいいのかい?いちいち答えろってか・・・
いいよ、じゃあスルーしねー
895名無しさん@ピンキー:05/02/23 00:29:25 ID:StcEwWLb
たとえ本当に大学生だとしても精神年齢低杉。
赤帽子が世の中うまく渡れるか心配なんですが。
896名無しさん@ピンキー:05/02/23 00:31:45 ID:StcEwWLb
>894
なんかお前って会社の上司にブチキレてクビにされそうな印象。
マジでこの先大丈夫か?
897赤帽子:05/02/23 00:32:47 ID:oJwqC+/X
俺もなんか心配になってきたぞ
898名無しさん@ピンキー:05/02/23 00:37:38 ID:FBLn2Qn9
なんだ?またまた単発のSS投下しにきたわけではないんだな?
899名無しさん@ピンキー:05/02/23 00:42:17 ID:vh0QcWdy
今週のネギまエロ杉
900赤帽子:05/02/23 00:42:26 ID:oJwqC+/X
いっきに書き込む方法わかんねーのな、俺
だから単発なんだよ、俺もいっきに書きたいよ・・・・ホント
901名無しさん@ピンキー:05/02/23 01:32:56 ID:vh0QcWdy
まず、スタート−ファイル名を指定して実行−notepadと入力してOK
メモ帳が出てくるので小説を入力。
完成したら32行で区切って時計を見ながら1分ごとに投稿していく
902名無しさん@ピンキー:05/02/23 02:34:16 ID:mQ/iO0LV
赤帽子は実は美青年だから、人生勝ち組。
903名無しさん@ピンキー:05/02/23 06:31:32 ID:FBLn2Qn9
(´_ゝ`)フーン
904名無しさん@ピンキー:05/02/23 10:15:34 ID:FR2XOiI0
早いとこ次スレ立てようぜ。
他の職人さんたちは次スレに投下してもらって、
赤帽子だけここに残ってSS書けばいい。
905名無しさん@ピンキー:05/02/23 11:22:33 ID:BeNJibxy
>>900
死ね。お前のssなんて非しか読みたくないんだからあいつにメールで送ってやれ
もう次スレには来るな
お前の糞みたいなssみるとイライラすんだよクズ
906名無しさん@ピンキー:05/02/23 13:14:42 ID:7dZSJT4P
早すぎたかもしれないけど
次スレたてた
魔法先生ネギま!エロパロスレ11
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1109131625/l50
907名無しさん@ピンキー:05/02/23 15:28:56 ID:RQF+uCaK
>>906
御疲れさまです。450KB超えてますから(500KBで書込み不能の仕様)全く無問題。
そもそもこのスレで、1000近くまで行っても容量が埋まらないって方が珍しいです。
908名無しさん@ピンキー:05/02/23 20:11:30 ID:yeqreZOX
あと30KBって、32行ギチギチに書くと12,3レスくらいかな 
909名無しさん@ピンキー:05/02/24 15:37:43 ID:I5q48oSy
最高32行だったのか…。
初歩な質問すぎてマジ申し訳ないんだが一行の文字数って最高何文字くらいまで?
910名無しさん@ピンキー:05/02/24 16:18:45 ID:NLa2rca/
>>909
さっき調べたけど255byteだから全角だと127文字。
環境にも依るだろうけど自動改行でだいたい2行くらいかな。

http://hhh111.s4.x-beat.com/pukiwiki.php?1%A5%EC%A5%B9%A4%CE%CD%C6%CE%CC%A4%C8%B2%FE%B9%D4
911909:05/02/24 20:54:48 ID:NGCjuutI
うおおマジサンクスです!
初心者なもんで…参考にしまつ
912特厨非FAN ◆AntiT24WoA :05/02/24 21:41:53 ID:9Y6u7EPy
赤帽子たんマダ〜?
913\____________________/:05/02/24 21:52:09 ID:sp5A7IH2
            V
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\     
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|     
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ      
  |::( 6  ー─◎─◎ )         
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)         
/|   <  ∵   3 ∵>          
::::::\  ヽ        ノ\       
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\
914名無しさん@ピンキー:05/02/25 00:32:41 ID:kDwsnC78
あ〜…マターリ(*´Д`)=з
旦旦旦旦旦旦←みなさん、お茶でもどうぞ。SS読みながらマターリしませう
915名無しさん@ピンキー:05/02/25 13:44:40 ID:37EbAAo0
こりゃどうもご丁寧に…


∧_∧
( ´・ω・) イタダキマス
( つ旦O
と_)_)
916 ◆C.P.qAcSPY :05/02/25 21:31:28 ID:e/xHTJUp
ttp://rakuasa.hp.infoseek.co.jp/127.htm

ごめんなさい、ただの著作権侵害なコピペなので消去してください>管理人さん
917名無しさん@ピンキー:05/02/25 22:54:11 ID:eKXztFZq
管理人さんは こんなとこ見てないと思うよ・・・。
918楽麻 ◆jjWTI8ewtY :05/02/26 00:04:10 ID:E5yOdUZZ
>>916
消しときました。早とちりして申し訳ない。
919 ◆C.P.qAcSPY :05/02/26 00:05:20 ID:KOZzy8a8
こちらこそ、紛らわしくてすみませんでした(つーか犯z(ry
920名無しさん@ピンキー:05/02/26 00:43:41 ID:kHRaKeJy
残27KB
921うめ:05/02/26 10:31:25 ID:3aIsbDpp

                                              / ̄ ̄ ̄ ̄
\ニャー/       \にゃー/               |〜〜〜〜〜〜|| みんなでスレ片付けだ!
                        \ニャー/     | かたづけ隊..||\ 次のスレに引越!
                                    |  ┳━┳  ||  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    〜〜〜〜〜〜||..∧ ∧
..∧∧    .∧∧     ∧∧    .∧∧    .∧∧     ∧∧    ||..(,,゚Д゚)
(,,・-・)   (,,・-・)   ..(,,・-・)   (,,・-・)   .(,,・-・)   ..(,,・-・)   .|||つ┳━┳
(つ┳━┳ (つ┳━┳ (つ┳━┳ (つ┳━┳ (つ┳━┳ (つ┳━┳ (| |
 U..U    ..U..U     .U..U    ..U..U     U..U     U..U      U..U
922うめ:05/02/26 10:32:37 ID:3aIsbDpp
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
923名無しさん@ピンキー:05/02/26 10:35:42 ID:3aIsbDpp
↑しくじったぁ…スマソorz

           ヽヽ   , '             \      //, ‐'´-─
            ,>',´ /               \   // " ,/!
          /  / /   /              `'rく. ヾ ‐-‐'´  |
  E三ヨ_     ̄`フ/ / /  ,'  / i|  |           Yi ',  ・   `¨´ア
  耳又    `く , / /  ,'  /  ||  ト'´"´"'´``ヾ    i ! l.  ・    /
          、、i  l  ,'  ,'i  ||  ト、      ヾ、  |.l |.  ・     /
  ,王臣    ̄/  |  l. / ! ! |   ||  | ヽ       ヾ、 ドl i.  ・    ,'
  /ヾ _,ノ   ノヽ イ! ! ハ.|| ! |   ||  |  '、   u   ミ | /  ┃   i
           |‖ ! ! !| ,' ‖ .!l   ト、  '、      ミ !/_.   ・   ト、
  ナ "   -ィ´| | l |ド!く| |!  l| l  ト.ヽ   _, -‐'´ ヲ∧、 !   , --、r'
  / こ      ! | ! |レ斗=ミミ、」! L」 ヾ ,.彡壬 `=、 / 「 iヘレヘ   i ヾ
           ・ヘ l  iヾ  f ,i `'¨´    `´ f' ,`!  ク| |' ノ   i  l
  ┃ ┃    ・ ト、!  ! 、 ゝ '.ノ         .ゝ ソノ /ニ!.レ'_  l  l
.  ・ .・      ・   !  トi `ー‐ ´    ,i    `¨´ /   !|    `ヾ!l  l
           ・   l  |,イ 、                /   ||       |\ l
            l/l│ 丶、   f三三 ヲ   / |   |l      |  \
           / !  l !   `丶、    ,ィ     |   ||   i   /
        , '´   !  l !     ヾ=-‐ ' /     |   ||   ド /
       /     l  l l      \ /、    |   リ.   ! i
     ∠ --、      !  l l     / ヾ〃 ト 、   !       │!
      /    \   l  l│  / ヽ    {  \ |      │|

素でこのAAを使う日が来るとは。
924名無しさん@ピンキー:05/02/26 10:38:41 ID:3aIsbDpp
            r'ヾ
              /  !
           l  _,,..........---......,_
          ,.ノ' ´:::::::::::::::::::::::::::::::::.` 、
        ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .....:::::` 、
      /        :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /:::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::l、:::::::::::::::::::::::::::`、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}‐t、::::::::::::::::::::::::、'、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| キ'、::::::::::::::::::::}ヾ
    /オ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'Tヽ、、|:::::|::::::::::iヾ
   / {::::!l::::::::ト:::::::、::ト:::::::::::::::::! |‐' | i!|:::::トi:::::|i:l !
.      |::| !:::::::|ヾ、::i'、i '、:::::::::ソ ヽ__ノ ' |::::::l |::::||:|
.      ヾ!.|::::::::|. |Lキヾ ヽ:::/ソ /// |::::::|.l:::| |!      特に急いで埋める理由も・・・
      ヽ|:::::::l|/// ヾ     U オ:::::!.!::| |
.        {:::::::|:'、     ,.. _      ,<:!:::::|.レ"       無いですよね・・・
         |::::::|::{:::> 、   `‐ '   / `|::::||
        |:|::::|i:r'   ` t. 、 _ イ {    |::/
         | |:::|'     r' ´>、  , ーヽ |/
           | |/   /~ ´  `ヾ、  '、!
         | |    {       }、 /ヽ、
         , . r::'::´::|     }/!ヾ‐:::::::::丶、
.     ,r ' ´   }::::::::::::}     li;;;iヾ;ヽ、:::::::::::7 、
     ハ       }::::::::r‐' 、   ハ;;Vヾ;;ノ::::::::::::{   `ヽ、

925うめ:05/02/26 10:55:31 ID:3aIsbDpp
                     __
                    /  ヽ,
               __   ヽ   l!
         ,.....‐:::''::::":::::::::::::::::::'':‐....., ァ
      ,..イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
     /  ::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::、::ヾ:::::ヽ
.     / .:::::::::::::../.... /    !:::::::::::::::::::: l  ベ....\
    /:::::::::::::::::/::::::::/::::::::::::/:::l:::::::::::::::: !:l::l:::ヘ:l::ヘヽ
.  f::::::::::::::::::/::::::::f:::::::::::::/l::::l::::::::::::::::::l:::}::!::::l::l:::ヘヽ
  l:::l::l::::::::::::l::::::::::l::::::::::::/│::!::::::::::::::::::!::li::l::::l::l::::::l、'、
  !:;l::l:::::l:::::::!i::::::::l::::::::::/  !:::!:::::::::::::::::リ::!l::!:::l::ll:i::::l ';',
.  l::オ:!:::::l::::::l:!::::::::!:::::;/--- !::l::::::::::::::::オ:リ_!:!:::!::l!l::::l i:!
.  l:l !:l::::::l::::::!l:::::::::!:/ _,,,.-!::li:::::::::::::/リ ! l`!リ:::l:ll:::l  l!
.  l:!.l;:!::::::!::;r !::::::::f. ,ィ"!:ハヾ!:l !:::::::::/,イiヽ リ/::::!l l::!  |
  l l!l::::::l:{ f.!::::::::l !|~´::リ  l:! !:::::/f'"リ リオ:::::::!l l/
  l  !L::::lヘ. !::::::::l  ヽ '   'l l::/ !_/ i|:l:!:::::l:! !
      `ヾ;f:!::::::::!//     ' ///l:l:!:::::リ
        ヾ::::::::ト 、   ‐--‐   ,.ィ l:ll:::::::!
           |::::::::!  `‐ .,   ,. - "   !ll:::::::l
           l::::::::l!    T' "      l:!!::::::l
           j、::::::!!    'ヽ、. _     |l:::::::l
      /`ーヤ:::!l        / `t. 、  !h:::::l
      / ` 'ーヽ:ll!`ー  ,_  _/___/..., ` '' ';:ト、
    /        ヽ!ト 、 ( ''´‐‐- `..,''`ー 、 !i! ヽ
  f            l |  ` ヾ、`'' ‐- 、   |ト 、 \
  !       ヽ         ゙ ー、        \. ヽ
.  l        ヽヽ         ヽ、        ヽ 丶
926うめ:05/02/26 10:56:49 ID:3aIsbDpp

                  ,,. -──- 、 _
          __r‐┬ 、_,.‐'"´''´:::::::,,:::::::::::::!:::::::ヾ、'"´`ト`‐-、_
      ,,.‐'"´:/:::/::::/::/:::::::::,.‐'´:::::::::::::::::::、:::::::ヽ::::::l!ヽ‐、-=‐-、
    /,,.-''"フi:::::l::,:':::/:::::::::/:::::::,,.-'"´ー ヽ、!::::::::iヽ:::l!:::i:::::ヽ
   /' ´  ,:'´:l:::::i/:::::/:::::::::/ヽ、/      ヽ::l:::::::!:ヽ|!:::ト、::::ヽ
        /::::::|:::i!':::/::::::::::,ヘ、/           i::l:::::::l::::i|::::,ヘ:::::::',
      /::::::, ''ソ::::/::::::::::/:::∠_      _,. -─-、:!::::::|::::Y´ ヾ::::',
      /:::::/  !:::/!:::::,.ィアフ   `          ヽ:::::::!!::::i    ヽ:i
     .l::::/  |:/|l!:::::::/::/  _ 、     ,ィ  _   !:::::|:ト、::!    l:!
     |:::/   l! |!:::::/l/ , '´ィテミ     ィ´テ`iヽ !::::|:| i:!.     i|
     l:,'    !  l::::,イ!. i f::':::::::!     i´::::::::!. l! }i!::|!  !    ! 
     l!      l::::!r:l ! l:::::::::j       !::::::::;j ! ,! li!ノ
            l |ヽ、i  `  ´  丶   ` ´  ,ヒン
            !ト-ユ、.      ,...      /
              !   d、     ! !     ,ィ´
                f:::」丶、  `「 ! ,.ィ "L::Z
               く::」   ! `` | i´ !  ゝ::L
              く:ノ ,,.-'´,,.:-‐! l! \ └i::L_
              くン'"´  ヽ     l!  丶 └L:┐
927うめ:05/02/26 10:59:44 ID:3aIsbDpp
                      _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                    ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                    /, ' // 〃 / ,イ‖│ | l. ヽ \
                   /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
                /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',
                   ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                  '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                  ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                 ,',' ‖ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!
    r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
     \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||
      ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !‖!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
      ,ム  Y  !    ','   i|   !‖!| |!`ー‐ ' ´!. i l‖ | !!  |! ||
     / 、 \j  l    ,','  :i!  .|‖i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
     ノ 、 \__」   ,.  ','   ‖  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i
   ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
     ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
      丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!
928うめ:05/02/26 11:01:20 ID:3aIsbDpp

        ,. :r──‐ - .、
      , ィ:´/:::::::::::::::::::::::::丶、
     /'.:.:/.:.:'.:./:.:.:/.:.:.:.:/.:.:\
    / /::::/::::/::,':::::/::::::::///::!:!:|:ヽ   ,.、
   '  !::::i::::/:::,'::::/:::::/:::〃::/::|::!:i::ヽ. / r¬っ┐
     |L::|::冫'i|::::|ド‐'-</::〃/!:|::|i:トi 〈  ' '´H
     ! ヽてう||::::!r'7なト! `' 'ヾ、|:!:リ|:! ! ',    ヾ
      ∨、ゞ!:::|| ゞ '   /か,イレ! リ│ ゝ    }
      ∨ ヽヾ! , -、   ー,.イ:::! !     〉   /
       l  丶(  ン _,〈:::レ/  '、   /   /
.       / ⌒ヽ、!`-‐'    `!ヘ.  ヽ  /    '
     /    ヾー一'⌒丶  ヽ   ∨   '
      /        丶、 ,. \ ', /   ,'
.     i   、       ゞ、  丶∨    '
      !     丶、      `` -〈     ∧
      l     , `  、       `   /  i
     ',     !     ヽ、、        /   !
      ',    、    丿ゝ二> 、  /丶-‐'
      i     ` ー '    }    `´
929うめ:05/02/26 11:06:22 ID:3aIsbDpp
                       _,...... _
                   r─‐'::::´:::::::::::::::::::.丶、
                  , -{::::::::::::::::::丶:::::::::::::::::.:.:.ヽ
               ,r=::ァ.::::::::::::、::::.:::::::.:::.丶::::::..:.::. ::.::ヽ
              /::.::/.:::::.::ヽ :..ヽ:: 丶:.:.  ..ヽ .: ..:. ..:',
                /:,.イ:.:i i: .: 代 .、ヽ::..::ヾ.、::::::ヽ:.::.::::::::::.:!
            /:/ i:. ::|.::| .:::.::i \:ヽヾ.>、:弋ヽ:::丶::::::::::::::i
             /.'  |:.::::!:::!.:::::::|,. - ヽ::ヽ\.,>ニミ、ヽ'ニヽ:::|
          〃  .l:::::l:::i:::::::::! rャミ. \'. ´'´マハヽ ヾレ'!リi:|
           ′   i:::::!::i|i:::::::ト!.じヘ  丶  ゞノ   ノ:::!::i
              l:::::l;:!!:|',::::iミ、`ー' ,        / .「:::::::!、',
                 l::::| ! |! ',:::iヘ  `  __     /  |:i::ト::l `ヽ
                   l:::| ‖ ヾ! `丶..、__   /   ゝ! ヾ ,.ニ.. _
               l::!  !   `   i:::,イ:::了こ     >'´    ヽ
                     !|        レ し'  !  / , '        丶
                !    , '´ ̄ ̄      //            \
                   /         /′
                      i   ,               _、
                   ,'   !{                 入
                       ,'     i      ,           /   丶
                      ,'   ., '     /           ,'     ヽ
                      ,'   /       /          i
                      ,'   ,'       l           l
930うめ:05/02/26 11:09:43 ID:3aIsbDpp

                 ,.':,.'::::!i::::i::::::::!;イ_          i/ ',:::ト,l::::!::i::::::::::::::::||::::i
               ,. ':, '::::;イl::::|:::::::!:i 丶、        ′  マ i::::|i::! ::::::::i::::li:::::!
              /::, ':::,.:':,イ!::::|::::::i::!、ュ、_ \               l::i|!:l:i::::::::|::::!|:::i'
            /::,::'::::〃〃:!|::::!:::::|:li`!爿ヘミヾ;            ヤ:!:,':::::::,'::,'/::,'
              , '::::; '::::://::;';':::,!i::::l:::::!;' ! ゞレノ `    -‐ ニ  ̄ ̄   ,'::,':::::::,'::,':':::,'
             , ':::, '::::::, '/::/,'::/:i|::::!::::l,ヘj.  ̄       ‐アャュェ、  ,'::,':::::::,',:-ナ'´ ̄``
            , ':::, ':::::, ':::,'::/:,':/;ハ!::::!::::i!:::入    、      {、セ'ク ゞミ,'::,'::::::/::, '
        /:::,.':::::; '::::::;':/::,':,','::::i|:::|:::li ´  ヽ  、       ` '    ,:i|:,'::::,.':, '
.        /:::,.'::::, '::::::::/,':::/,.. - ' マi:::,!i  ,. .や、 ` ̄`ュ      ,ィーi!,':::/, '
       /:::,.'::::/::::::::://ィ´__ /:::!/::ハ / /. ゙、\      _,. -;7´  _,'ノ:,.'/
.       /:::,.'::::/:::::,.._/ ./ー- ニ二¬テ、/    ゙、. `ー‐ '  〃 ,ィ'::17ハ″
      /:::/:::::/::::/   ̄`ヾストエリクサ‐,ヘ !    '、      ,'/  !i:::,'/'::::!i
    〃:/::::, ':/  ‐ュ-.、  ヽ微炭酸ムヘ 〉    '、    // ,. -':::, '::;.. '
    ,'/:/:::;イ:::i  _   丶丶  ヽ. //ミミ〉/ ',     '、  // !:::::/::::i

大きいAAのほとんどが使えない…
931うめ:05/02/26 11:11:56 ID:3aIsbDpp
                                   r┐ ,、
                r┐「 ! _  _, -‐ ' ¬──‐- 、  !│'7
                , ´イ',「「>,`丶   !`    、 丶ヽi_,レ'-、
              /´ ム i // ,. 冫、 ! │ヽ \  ヽ\  ヘ
             /   〃 ア/  / ./` ヘ| │、ヽ  `,  丶ヽ  ゝ
            ′  jノ /,イ  / /   l  ト、ヽ ヽ  ヽ.  ヽ アノ
               、ヶ'/│  | /     ! i ヽ‐ ¬‐-、  i | ',
             , 7´//7 !  ,!ィ' ´ ̄`  ' !  丶.\' ヾ !| ト.',
           // /i/,イト.|  i|/ ,r=ュ、. ', ',  ,ィユミ、 、ト l! | |!
          / 〃 /:レ |ハ! |:!. / h `i` ヾ!   r'´ } i.リ ! ト | !
        / / /:/  ! 爪. iト.丶 ふcj      `ひ:ノ '/〃i| .!.|
       / / / /    ヾ マヾヽ ` ´   '       //  |!イ |
     / / ,イ  :/      ゞ_ヽ\    、__,   ,',.ケ´ !│,!
    / / / /  /            ``ヾ`           //!   .イ.|
  / / / /  /             ヽ  、  _,. ィ  i||   | | |
../ / / /  /             入!    ̄  ト   |||   | | |
' ./ / /  /        ,r──‐-、/  \.    iハ. |||   | | |
932うめ:05/02/26 11:13:43 ID:3aIsbDpp

                  .:   /    /    ' /    / //   〃  ./   ,'  /
             .. : , .  ,'  /    ' ,'    / ,ベ,   /,'  /  ,'  /l
              ..: :, / : ,' ., '     / ,'   / / ,'  ヽ、,'   /   !   ,'│
           ..: .:::::/ : : ,' /      / /   /_/ !-‐'  L /    i  '| i|
         ..: : :::::::' : : : i /        / ,.ィ!   '   ,r==、  `     !__/ヵ┼
         : : ::' ; : : : : !'      / i i|  ,'  {{    }}        レ ヾ
        : : : :: :: : .,. - 、      /  ! !l  /i  ``='"         _,.
          : : : : : _,f:ニコ !     /  /7'  i !|               f"  ``
        >-レ ̄ド、_,ハ   /  /〃  ! ト!             ゞ、__,丿'
         i'´ ‐-' ニ二]   i  / 〃‖  l !|ヘ     `r‐-  、_      ̄
       ,ゝ    `ニミ、  |! / / i !  ,' ,' ! ト、    {      >‐'
       〈  `丶、___ノ  lレ/  │i|  ! i|│lハ丶、  ゝ _, '´
       ト、     ‐,つ  /″   ! !| .! !.| ||! l   i、           ,ノ /
       l `丶, =='´  `丶- 、   ヾl| l l .|‖  !,rマ ` 、 __ ,. - 'i  〃
────‐ `ー三三==‐-=    丶   l ! l !.!! /  丶、  _ト,   / / i
 ̄ ̄ ̄てづ ̄                  \!│! !|! /     イテ'´    !/i ./ !
    r=云¬'  ´ ̄ ̄           ヽ!.| _,ムイ   / 〉〈ヽ    ! , /  !
    ゝr'-、--------              丶  ヽ / , ' ! li ヽ / 丶'、 l
     ` -', 、 __               ヽ / ,イ ハ. |! ∨    ヽ'
      / 丶 、   ̄`              、`ー!' / ./ l !、 ヽ    / ,〈
       /    ` ‐- 、_             ヽ ∨ /   | !冫´    / /
933うめ:05/02/26 11:15:19 ID:3aIsbDpp
             ,/1/i / i   | i|  |! i |   i!i   |i! i i| i!   |i ! i|  !.i  i   li  !  !iト、
           ,. '7' l,' ,' i l   | | ‖ ! l   l!i   !i! ヽ l! ',   i|!  i  | !  !i  li  l  ヾ \
___ ,.. -‐' ´,. / ,'./ :.‖!   !.|  !i,.」ィ' ¬弋マ  |i|  マ, 弋´ ̄!トヽi!  i|  .l.!  li  ヽ i|! ヽ
` ー─── ' ,´ '/  /1'  ,' li |.  | |/!l i」   ` `⌒ `     ー‐- ! l i`ヾ、 ,! !  |i   i ヽi  \
     , '´, '´ /'./  / i i! !  | l|'´   , r┬-ミ、       ',. ┬ュ、   ``L_」!i.   l.i  ヽ ヽi   ヽ、
  ,. -' ´ /  ,. '/,'/  / / |! l!  | i!   ,.'´/ノ:::::::i          ´ム.':::::ハ ヽ   从‐、   i i  ヽ iヾ、   丶
' ´ ´,.  '´ ,  ' ´ .//  / / ,'l i!  i lヘ. i′ {::::::::::::l          l:::::::::::::!  i.  .ィト iリ!   ! i   ヽ ! ヽ.
 /   /   , '/  / 1 , l! i|  i| !ト, `  マ::::::::,'        ヤ:::::::::,'r-、′,'/.ノ lト1i.  l ト   `、 `、丶
/   /    //   ,'/ /,' ! i!i,  ‖!ー,   ` ー'′        `ー ' ー' /' ´ ,.ィ1l| !  i| i,   ヽ ヽ \
  /      //  , ',1 // i  !.|!  i トム,        `           ,'__,.ィ l !i l  i|! ヽ  ヽ ヽ \
. /      ,イ  /./,' ,'/  l .l ‖   ,.! i.入.       、──‐┐       /l l  ', i!‖l !.  ‖、ヽ  丶 ヽ
/      //  / / .l 〃   l  ! .l!   i.マ/リ冫 、    ヽ.    ノ    , ィ' \i !  l li ! l i  i|!ヽ ヽ  丶 ヽ
      //  / / ,' /   ,'  l! ,!i!.  !.マ/  `、ヽ、、  `   ´  ,. イ/ /   \. i  l! l i l,  i| \ ヽ   \
.     //  / /  i /    |   !. l !i.  l !    i `i、丶  _ ,  '´ i/ /      丶、 i| ! l l!  il  \ヽ
    // ,/ /  ,!.i    !  ,! 」'ヤi   !.i    ヽ ヘ          / /       i  ` i|!‖i|   i!\ 丶\
934うめ:05/02/26 11:16:04 ID:3aIsbDpp
          ,. =-、     / ̄ 丶
         /    ヽ /     ヽ
          〃      ∨ __     ',
       /    ,. ‐'  ̄``´   ` 丶 、
        ,ィ _,. -────‐-- 、__丶
       ,〃ィ─ ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``ー-ヾ ,
.       / /  / i /    i l ヽ   ヽ i:ト,
      ,' .,'  /  イ.ハ!    |! !i. `,   ヽ, i i!
     ,'  i  l /,!」__トi    !| !」__」ヽ.  i !. i
    ,' , i  , r7 ´| ! i:l!   .i| ! i! lヽ!  |i l !
     i:/! !  l|! ,r左ミ.i !  ,!リ,rナュ, !l |i i  !
     !' l |!  i|〃 f‐':ハ i ト、 i' '  {ヒ'jルi!.i  |! i  ',
.    i  i |! i l. ! {じシ! ,.-リ、i.  ゞニ ケ i  i|/   ヽ
       !|ヽ! !iL. 二 -┘i └── ┘'   !i     i
.        i  | L!   ┌‐─ ┐    ノ-|! |i !    ヽ
        ! i|   ト    i   ノ  ,ィi! | i|. !l i    `,
        |. ‖  i !`丶.`  ' ,  トi i|!i !l  !i i!  i  ヽ
        |: !i| i ! l!.  ヤ`‐ '   ヽ川r、!! l !i |i  !i  ヽ
        |: | i|! l il |i 冫      ン  | i、 !|i !   i|!   ヽ
        |  ! !l i !i:y' ハ      /   l ! ヾト!i   !i    ト、
       !  l i l !/  /    , '     |! l    ヾ.  l!|i i  '、ヽ
       |  i 」ルi !  ,ト---‐7      l ,'       \!l|! !  '、ヽ
       |  '´ ヘ!|   ヒ二三!      |!        丶 |i  i i
935名無しさん@ピンキー:05/02/26 11:19:36 ID:kHRaKeJy
残り5KB。がんがれ埋め隊。
936うめ:05/02/26 11:59:08 ID:3aIsbDpp
                    _
                 ,,.-‐''´::::::二ニこ:、___
              ,;:‐'"´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::丶、
            /:::/::::::::::_r::::::::::::::::::::::::::┐:::::::ヽ、:丶、
          / : /: ::::,ィァ´::::::::,ィ::::::::,:::;:::::」::::、ヽ、.ヽ.ヽヽ、       /
            l::::l : : :// : ::::::/ ::::::/,イ::::/、┐::l ::l: ::l::i::::ヽ   l  //
          l::::l : : :/ : : ::/ : : .;'/ ,l::::/   l: :l: :l:::::l::ト、::ヽ `‐'´ /
            |!::l : : /::::://::::.;'/   /::/     l:::|:::|:::::|::l::l:::::ヽ   ゝ-ァ
         ||::|::::::/::::メ;/:://'´   /:/     |_:|::::|::::|:::|::ヽ::::ヽ.  ,'´
          |:|:|::::::|::::::/.|_メ、/    //   _,.-‐'´.|::|:::|:::::|:::|i:::::ト、:ヽ
           |:|::|:::::|i::ソンラ'7::丶 ,ィン' ,ィ彳、ヽ、 .|:|::::|::::|!:::ト、:::l ヽ;ヽ
         |: |::|:::::|:::! ! .|'´;;;:::| '´     !‐';;::l i!|ソミi!::::|;::::l l;:::|. ヽヽ
          |:::l!:|:::::l|!,r‐、ゝ::::ノ   _     !::::丿‐、l'´i.!,|::::|l::::| l:::l  ヾ!
        l:::l'|!:|:::::!l;ト、´    r───-、   ̄ソ,ン´|!::::|l::::|. l::|   `
          l::/ .l::l::::::|! l丶、.  !、      /  /´:l|:::::l|::::| l::::|  l;!
        l/  l::l!::::|l|ト、::::フ!ヽ、    ',.ィ. !ヾ、:::l l::::l.|:::l l::|  !
         ,ソ   l::l|::::::|´了 〈ゝ、二二イ!l  l  `ヾ〈 l|::l  ||!
       '    ,.-''ヘ:::l:| |  ヽ     /   l    |::iヘ、|!_
        ,.-'"´   ヽl:| .|   \    /   .|.    |ソ  |! `入
      /´      ヽ:| |     \/    |     '´  '  l  ヽ
     / \        !,|   /´;;;;;;`\.  |         |   ヽ

最後までやっちゃいますか…?
937うめ:05/02/26 12:00:28 ID:3aIsbDpp
                        _,.. _, .. -- ...._
                     ,. ::'´:::!::::::::::::::il:::、::::::丶
                    ,ィ' :,':::,イ::l:::::::::::::::lト:::ヽ:::i:::::ト
                   〃:::,':::/::ィ:::!:::::::::::::|!:l .:.ヽ. ! ! i
                    ,':,'. ,! .l !i l    ..:.l! ト......!,.l...',::`,
                   ,'::!:::::l...,'...:| l:::i!:::::::::::::|!:::!.i::::i:::l::::i:::::l
                  ,':::|:::::l::::!|:::!.:.',::!:::::::::::::l!:::| l::::!::l::::::l::::i
                  ,!:::::|::::l::::|.l::!.:.:.ヽ`、::::::::l、:r─-!、!::::::l::::l
               ,.'!::::::i:::::l:,.ィナ「 ̄``ヾ::::::j.:.,.. .. ._ !」 :::::!:::!
               ,'::|i:::::::l::::::、! rリ'丁i`.:.:.:ヽ'.:.:.! ! jり.:.!::::::l:::|
               ,イ::::l:::::::::!::::::ト!ヽ丶 ′.:.:.:.、.:.:.:` '′.,':!::::::|:::l
            , ':/:::::|!:::::::::|:::::::!ヘ.:.し.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:,'::::l‐-!:::|
           /, ','::::::,!:::::::::::ヒニトン、.:.:.:.:.:.:.-─.:.:.:.:.:ノl:::::ト、/!::!
         /::, '/::::::::l::::::::.,. iトヘソ!|! `、 、.:.:.:.:.:.:.,.ィ::::::!::::レヘ.|:i
          , '::::, ', '::::::::::,!, ‐¬、!ンイ、!|.  ', .:` ー 7 ! :::::|:::::L::」:|
       , ',. ', ' ,.':::::::::∠    ', l':::::::! !   '、.:.:.:/  | ::::::ト、::l:::::!:i
      /, '/ ,.'::::.:::::i'  ヽ  ! ン「ニ:l! l  ,ムく  ハ:::::::l l:::!::::::!ト,
   , ', ', ' , ':::,.'/ :::l    ヽ l,イj:::::::::|. レ'´!::::::ハ ,! |!:::::| |:::l::ト、:::ヽ
  // , ' , ':::::,.','/:::::|    ヽ ! l::::::::l !  lーi  ,!  l ::::i.!:::l::| i、:::'、
938うめ:05/02/26 12:08:32 ID:3aIsbDpp
      )    《
   , '´ バ `ヽ  .》
   l リハリ))ヾ〃
  般(l ゚ ラ゚ノ 〃
   ⊂)_k£ltつ
     L__i__l〃
     し' し'

スレ汚し失礼しました。次スレの繁栄を祈ります。ネ申の皆様がんばって!そして次こそ荒れませんように…
939うめ:05/02/26 12:09:48 ID:3aIsbDpp

                                     ??????????
     ????     ?????????      ???????????  ??????
    ???? ??  ???? ?????        ????      ????
   ??? ??????????????                ?????
 ????????? ??  ?????                  ????
 ????????      ???????                 ???
    ??? ???   ???  ??????              ???
  ????????? ?????   ????????           ???
  ????  ?????   ?????  ???????         ???
?   ??? ????      ???                  ???
???  ???  ??                           ???
 ???  ?        ??????             ????????
  ?              ?????             ??????
940うめ
死に損なった...( ´・ω・`) ノ――――――――――――――@