旧日本軍の怖い話、怪奇ネタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1あなたのうしろに名無しさんが・・・
キチガイ軍隊だった旧日本軍には色々ネタありそうなもんで。。。
2
3あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/26 22:29 ID:ftrW8d7f
2get
4あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/26 22:43 ID:tF5lPGq7
ま  た  反  日  カ  ル  ト  ネ  タ  か











そういえば、かの水木しげる氏が、南方の最前線に駆り出された折、
一晩中山中をさまよってたんだけど、その際ぬりかべにあったという話を
どこかで聞いたことがある
一反木綿じゃないっけ?
6うさぎ会長:04/06/26 23:03 ID:zLNFgK/V
まえどっかで見たんだけど、
島に上陸した隊が、「多きな碑文を発見した」
って連絡を最後に消息が不明になったってやつ
日本軍に捕まったアメリカ兵は食い殺されたり首チョンパされたみたいね
8うさぎ会長:04/06/26 23:29 ID:zLNFgK/V
>7
いいから死んでこい
イヤだ
戦争に行ってない癖に・・・。
11みゆ ◆kKQDDmSIxA :04/06/27 00:41 ID:MpWE5d9J
水木しげるは南方の島でマラリアか何かにかかって右腕を無くしたんだっけー?
で、その際に原住民と関わって、
精霊とかの話を聞いていくうちに、
昔おばあちゃんから聞いた妖怪の話を思い出した、
みたいじゃなかったかなー。
12あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/27 00:45 ID:sTpq/j3N
336 名前:名無し三等兵 投稿日:04/06/18 21:17 xg43dirH
硫黄島の戦友の腹を切り裂いて内臓を体に巻き付けて死体の様に偽装して突然攻撃してくる日本兵は想像を越えた存在だったろうな

386 名前:名無し三等兵 投稿日:04/06/21 03:09 ???
硫黄島伝説をもう一つ


硫黄島では「メディ〜ック!!」と叫ぶとしばしば「イエァ〜!!」と叫ぶ
米軍の軍服を着て偽装した日本兵が爆弾抱えて突っ込んできたらしいw

408 名前:名無し三等兵 投稿日:04/06/26 17:18 ???
軍事な怪談スレにあった日本兵伝説だが。

ある歩兵小隊が、敵の盛んな銃撃を受けて、竦んでいた。
背後に自軍の砲兵隊の陣地があるが、敵の砲撃に比べその活動は、
どうみても活発ではない。
さらに、自軍の砲兵陣地に敵弾が落ち、沈黙した。
砲の援護もなく、最後かと思った歩兵小隊の背後から、一門の野砲
だけが必死の援護射撃を開始した。
感動を勇気に、小隊は突撃し、敵を撃退した。その最後まで、たった
一門の砲は吼え続けていた。
敵の退却を確認した後、小隊長は、礼を言おうと、たった一門の砲兵陣地
に向かった。砲の横で、最後の砲兵が敬礼をしていた。
背の低い兵だった。
小隊長は、まだ遠かったが、敬礼を返しつつ、砲に向かった。
だが、近づくにつれ、怪訝になった。砲兵の背が低すぎるのだ。
そして、最後の硝煙が晴れたとき、小隊長はようやく、あることに気づいた。
よくみると、その砲兵には、下半身が無かった。
>>12
砲兵の奴、怖いと言うよりはちょっといい話。
14みゆ ◆kKQDDmSIxA :04/06/27 00:57 ID:MpWE5d9J
>>12の話以前読んだことあるけど、
日本兵じゃなくてもありうる話かなー・・・。
>12
軍ヲタ度が高いと泣くかもな でもチョトじーんとした
16うさぎ会長:04/06/27 01:16 ID:Je1ivG0f
狂気の沙汰ですょ
大和魂だな。
英霊達の御霊に報いるために平和を祈念
19あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/27 03:05 ID:sPEGTEdq
南方の島で、生き残っていた恐竜がアメリカ軍を撃退したって聞いたけど。
20あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/27 03:09 ID:L9G/N2TN
千葉の外房の海岸だとこの時期の夜中は旧軍の亡霊が砂浜ざくざく行進してますよ
統一教会工作員様ですかw?
22あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/27 03:27 ID:L9G/N2TN
硫黄島の砂は絶対持ち帰ってはいけないらしいです
>>22
それっていろんな説があるみたいですね。オカルト的なのと単に危険な化学物質が含んでいるという説と。詳しいこときぼん。
24あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/27 03:40 ID:KFP3e4bi
>>22
それって硫黄島が連合国の占領下にあった話が都市伝説になったものだよね。
沖縄が占領されていた頃も甲子園で負けた沖縄の高校球児が
グラウンドの砂を検疫で没収されて涙を流した。
つまり、占領下では本土の土を持って帰ることも、
占領地の土を本土に持って帰ることも法律で禁止されていた。
その話が都市伝説になったんでしょ?
自衛隊板のオカルトスレのアドレス貼ってくれ
>26-27 素早いレスポンス感謝します
>>19 太平洋マーシャル諸島のラゴス島での事だな、その後核実験により恐竜は・・・
と突っ込んで欲しかったのか?特撮板の「ゴジラVSキングギドラ」スレに逝きなよ!
>>1
死ねキムチ野朗
31あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/01 19:43 ID:xM8rQUw/
嫌韓キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
32あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/01 19:52 ID:K7XjUQdI
>>31
当たり前の事を言って何が嫌韓だよ?
言論弾圧かぁ?
33あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/01 20:12 ID:VrfbwzQm
>キチガイ軍隊
違います
半島ネタ引き出す奴は、嫌韓でも嫌嫌韓厨でもなんでもいいからハングル板行け
35sage:04/07/01 20:45 ID:VrfbwzQm
稲川さんの話で、硫黄島だったか何か持って帰ると日本人にだけ恐いことが起きる・・・
なんて話ありませんでした?
昔の日本軍の人は今の日本人を見て言いたいこととかいろいろと有るのかなー。

新耳袋に戦艦大和の図面が置いてあるタンスから汽笛が聞こえるなんて話がありました。
36あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/01 20:50 ID:d1epZ8dO
日中戦争の事件の中でも、「南京大虐殺」ほど多数の証拠があるものはありません。

日米新聞記者、ドイツ外交官、残留したベイツなどの外国人、
日本軍元兵士の証言や日記、戦闘詳報など多数の証拠があります。
また、中国で敗戦処理をすることになった岡村寧次元大将も、
戦前、中国へ発つ前に東京で南京事件のことを聞き、調べさせたところ
南京で「大暴行」があったことは事実と認めています。
[稲葉正夫「岡村寧次大将資料(上)」(原書房,昭和45年)
「第四編 武漢攻略前後 三 戦場軍、風紀今昔の感と私の覚悟」P290-291]

それぞれ、事件を見た場所や立場などが違うために、見たことや、得た情報に違いがあるのです。
「火の無いところには煙は立たない」とは、まさにこのことです。
事件(火)があったからこそ、うわさはもとより、新聞記事、日記、証言という煙がもうもうとしているのです。
『虚構まぼろし=居直り派』が学問的に成り立つと言っている歴史学の研究者がいたら、ぜひご紹介ください。

「歴史修正主義者」は問題を「政治問題」にすりかえたり、研究者としての土俵をわきまえていません。
板倉氏が或る程度研究者に認知されているのは、田中正明、藤岡、渡部らと違い、
この土俵をわきまえているからだと思います。「松井日記」を意図的に改変して出版した田中正明など論外です。
37あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/02 17:11 ID:2sCcgs/R
冷静に見て「南京虐殺」は中国側が喧伝するほど、大規模ではなかったことは事実だ。
考えてみれば解ることで、日本刀(軍刀)は、華奢すぎて大量の殺戮には向かない。
権威と地位を表す示威的要素が強く、兵卒は持てないしろものの上、素人がうっかり首でも落とそうものなら、
あっという間に刃こぼれでオシャカ。
人の脂もダメ。きれいにぬぐったり、磨きをかけないと切れなくなる。
安土桃山期以降、実戦よりも「武士の魂」としての発展をとげたため、武器としては甚だ効率の悪いものに
なっていた。

どうしても殺戮に使いたかったら、吉岡一門に対した宮本武蔵並に、大量の替え刀を用意しなければならない
が、そうした事実はない。
また、機銃などの弾薬も日清日露からの相次ぐ戦いで、特に陸軍はすでに疲弊の兆しが見えていたから、
そうそうは使えない。
これは歴史的事実だ。

「南京虐殺」中国側からかなり歪曲されて誇大に吹聴されているから、我々日本人はきちんと当時の日本軍の現状を
学び知ることで、正しく反パクしなければならない。
それが戦争を知り、過去を知り、再び過ちを繰り返さないということだ。

人道的に見て、大量虐殺ならやはり「東京大空襲」「広島・長崎原爆」を第一にあげるべきだろう。
>36-37
afo?
39こむぎやき:04/07/02 17:39 ID:VEQZVZUB
>36-37
ぉぃぉぃ、そげな話はな、ハン板か極東板か それなりに向いた板があるんだから、
そっちでやりんさいな。…ROMらせてもらうからさ。

それと、>1は氏んでいいよ。
40あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/02 18:43 ID:Hgl4EtCq
>>1はブサヨだろう
ny速やマス板で相手にされないからって
オカルト板来るなって言ってんだろうが
やりたきゃゴーマニズム板か政治思想板逝けや、チンカス
41うさぎ会長:04/07/03 01:24 ID:shwnN4IR
話をそっちにもっていくほうが悪いよ
42あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 02:25 ID:WXLJ62OX
――捕虜の処刑は実際に目撃しましたか。
 
 「はい。私が南京を去ることになる12月15日にも城門のすぐ外の揚子江の水ぎわで
日本軍が機関銃で中国軍の捕虜を射殺しているのを見ました。
 捕虜たちは50人くらいずつにまとめられ、並べられて射殺されるのです。
 そのあとにすぐまた50人ほどの次のグループが引き出され、機関銃の連射で殺され
るのです。この処刑が進行している間に別の日本軍の将兵が近くにたむろしてタバコ
を喫ったり、大声で話し合っていた光景をいまでもよく覚えています」
http://www.history.gr.jp/nanking/dathin.html

これのことだね。当時の記事にもそう書いている。

『ニューヨーク・タイムズ』37年12月18日 T・ダーディン

 上海行きの船に乗船する間際に、記者はバンドで200人の男性が処刑されるのを
目撃した。殺害時間は一〇分であった。処刑者は壁面 を背にして並ばされ、射殺され
た。それからピストルを手にした大勢の日本軍は、ぐでぐでになった死体の上を無頓
着に踏みつけ、ひくひく動くものがあれば弾を撃ち込んだ。
 この身の毛もよだつ仕事をしている陸軍の兵隊は、バンドに停泊している軍艦から
海軍兵を呼び寄せて、この光景を見物させた。見物客の大半は、明らかにこの見せ物
を大いに楽しんでいた。

同じ光景をA・T・スティールも目撃しており、記事にも書いている。

『シカゴ・デイリー・ニューズ』37年12月15日 A・T・スティール 
 首都攻撃が始まってから南京を離れる外国人の第一陣として、私は米艦オアフ号に
乗船したところである。南京を離れるとき、われわれ一行が最後に目撃したものは、
河岸近くの城壁を背にして三百人の中国人の一軍を整然と処刑している光景であった。
そこには既に膝がうずまるほど死体が積まれていた。
>>1
日本軍にこだわらない方がいかったかもな
キチガイ軍隊とか言ってんのはメンドイからスルーしとくけど

オカルトとちと脱線するが
ttp://www.warbirds.jp/heiki/neta/kanamaru/kana_01.jpg
ttp://www.warbirds.jp/heiki/kanamaru2.htm
有名どころだが衝撃的な写真なんで貼る
44あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 10:51 ID:xneh6GVU
>>42
そういった規模の殺戮は、残念ながらどこの軍隊でもあること。
ほとんど体験者が殲滅されてしまっているので、歴史の闇に葬られつつあるが、
大戦末期、ロシア軍侵攻に伴って行なわれた日本人虐殺も、数十〜数百人規模の村々で
現実に繰り返された事だ。
そこにジャーナリストでも立ち会っていれば、>>42が書いたような事実が幾つも明るみに
出ただろうと思うと残念でならない。

日本軍ばかりが非道なのではない。
実際、かの「文化大革命」で中国人が自国民に行なった非道暴虐ぶりは、
こうしたことを許す政府・人民が一旦、「中国軍」として他国に侵攻した場合、
どのような鬼畜悪逆の徒となるか、背筋がうそ寒くなるものだ。



45あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/04 10:58 ID:RvQKlL7k
方向的には映画「ミカロイド」とか「フランケンシュタインの怪獣」
「鉄人28号」のようなのがありそうでオモシロそうだが
スレタイと>>1の内容がアレだからだめだね
ざんねん チョン斬り!
以前、元陸軍将校のうちのじーさんが人を撃ったり銃剣で刺すのは楽しいっていってた。
47あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 03:50 ID:w/b2sK01
日本軍がやったように、多数の人々を一箇所に集めて、
周囲を取り囲んで銃撃を加える方法で、大量虐殺は可能ではないだろうか?

周りを取り囲んで銃撃を始めると、まず人々はそれから逃れようとする。
つまり、弾の当たらない中心部の方に潜り込もうとするだろう、だけど、
人間を掻き分けようとしても、密集していて隙間が無いので、
人間を乗り越えようとするだろう、銃撃を避けようと身を低くしたり、
圧力で気絶したら命取り、それだけで格好の踏み台にされてしまって押し潰される。

つまり、外側の者は銃撃で倒れ、内側の者は人々の圧力で倒れていく、
そうやって銃撃を避けようと中心部に潜り込もうとする人々の物凄い圧力で、
弾が当たらずとも、相当数の人々は圧死してしまうだろう、そういう状況では、
大変な叫び声とパニックで銃声なんて聞こえないだろうし、銃撃を休んでも気づかないだろう、
つまり、パニックに陥らせる程度に最初の銃撃を加えればいいわけで、
後は囲みを破られないように、適当にパニックを持続させるように銃を撃って、
群集が自滅するのを待てば良い。

しばらくすれば処理し易いように自然と遺体の山となる。
運良く銃撃を免れて生きている者がいても、銃剣でとどめを刺したり、油を撒いて火をつければ良い。
生き残っているのは、ほとんど外側の人間だから表面だけ燃え広がれば良い。

これなら、原爆も必要ないし、大空爆も必要ないし、アウシュビッツも必要ない。
一人々々撃ち殺すよりも銃弾を節約できるし、考えてみれば非常に効率的な殺害方法だよこれは・・・。
48あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/05 04:41 ID:omIqMtaZ
「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされ
た。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術
によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国
際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。

49あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 04:57 ID:RUkyFQ3Z
>>47
その考えだったら冤罪は全てなくなるな。

50あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 05:02 ID:1VnjDMzH
50
51あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 06:00 ID:sTOErDb6
いまだにダーディンの記事を信じるDQNがいるのがオカルト!
52あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 06:01 ID:sTOErDb6
というか>>42の分は違法なものじゃないし
53あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 06:08 ID:sTOErDb6
>>36
昔はよく左翼が引きあいにだしたものだけど、現在では
真相が判明してるよ
ベイツなどは中華民国政府顧問で、おまけに彼は虐殺を
唱えるときは匿名だった
日本軍の戦闘詳報や日記にも後の捏造だったり、一部
捕虜の処刑の話なんかもあるけど他の戦闘詳報や証言
と食い違ったりする
岡村寧次はティンパーリ(国民党中央宣伝部顧問だと判明)
の記事を鵜呑みにして、略奪や強姦などの怪しい中国人
の訴えをそのまま記録したものを読んだりしてそう思った
ことがわかってる
54あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 06:11 ID:sTOErDb6
決定的なのは、ベイツもマギーもラーベも欧米人は自分の目で
国際法に反する殺害行為を誰も見ていない
55あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 06:15 ID:sTOErDb6
>>1は単なる無知なDQNってことで
東京裁判以来、日本で続いている「虐殺」議論の争点は、事件の存否と
そして虐殺人数の二つに集約される。
「人数」については、「百万人」論者はさすがに声を潜めてしまったが
「三十万人以上」説も、中国政府の「決定」であることが明らかになった
今日、すでに説得力がなくなっている。
最近では東中野修道氏や鈴木明氏らによる多くの真摯な研究が発表されて
おり、「存否」論争における「存在」説は破綻したと思う。
ようするに「虐殺」は史実として無理があるだけでなく、物理的にも不可能
だったということだ。
問題は、それでありながら反日日本人が「虐殺」を史実として非難し続ける
ことだ。
彼らは“自説を曲げない”との意地だけで、日本が保障する「言論の自由」
に甘え、日本国民の教育とマスメディアを支配している。
これに対し「否定派」は、彼らの嘘を暴きたくとも、あまりに無力だ。
秦郁彦氏はこの問題で、「虐殺派」「中間派」「否定派」と論者を相対的
に仕分けするが、実際は「反日政治活動派」(扇動派)と「純粋学術研究家」
(学研派)に分ける方が正確ではないだろうか。

「日中戦争知られざる真実」黄文雄
歴史捏造ネタなら極東板とかでやれ。
滝沢聖峰のマンガで時々オカルトっぽい話あるな。

戦時中に日本軍が滷獲した宇宙人の話とか、終戦間際に戦闘機に
呪術をかけて式神化させる話とか。。。。
59あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 10:17 ID:f7mRYXd+
>>56
なるほど。
我々日本人は、もっと史実について学ぶべきだね。
そうしないと意図的に捏造された「歴史的事実」なるものが、簡単に流布してしまう。
「南京」問題も、常識的見地から冷静に判断しないと、中国側はとんでもなく不可能な
犠牲者数を、平気で出してくる。
まあ、「白髪三千丈(おおげさなこと)」のお国柄もあるのだろうが、事実を歪曲してまで
言い募るのはよくない。
まして、心理的・倫理的(人道的)・外交的優位に立とうとの意図では、いくら人のいい
日本人でも中国側の良識を疑う。
君の言う、「純粋学術研究家」(学研派)の台頭を期待したい。

>>48
う〜ん、すざまじいな。
中国人の邪知暴虐、残忍非道ぶりは、とても日本人ごとき(笑)の真似できるものではないな!
映画「セブンイヤーズ・イン・チベット」(ブラッド・ピット主演)に、そのあたりのことが
描かれているが、上映禁止など中国側の圧力がかかった。
ま、都合の悪いことはほっかぶりして、無かった事にしたかったんだろうよ。

>>59
中国には伝統的に、歴史を含めてすべては政治に還元して解釈
する、という「政治掛師(ツン ツ クアスワイ)」という伝統的
な考え方がありますからね。
現に中国政府の関係者が歴史カードでまだまだ日本から金を引きだせる
という趣旨の発言をしたことがあるし。
何でも自分たちを尺度に考える日本人だけど、そういった国民性の
違いなんか理解しておかないと手玉にとられてしまう。
61あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 12:44 ID:f7mRYXd+
>>60“現に中国政府の関係者が歴史カードでまだまだ日本から金を引きだせる
という趣旨の発言をした”

そうだね、これは問題発言だな。
日本人は、周恩来が賠償金の支払いを無効にしてくれたのを、単純にとても感謝していて、
何となく「中国は大人の国だ」みたいな感覚を持っているが、中国人はもっとしたたかで
人が悪いのだな。
歴史書を紐解いて見ても、権謀術数では日本人は遠く及ばない。
となると、朝鮮人に対してもそうだが、やはりきちんと事実の累積による歴史観を身に
つけないと、食い物にされるだけだな。
62あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 12:55 ID:l2C2s7o4
日本軍は、死なない兵士の研究をしていたらしい。
1: 【名前】五十六氏ね【面白杉】 其の41(546)  2: もう戦争終わってんじゃねーかと密かに思ってる香具師→ (868)  3: 三八式>>>>九九式 (724) 
4: もう一ヶ月程まともな物食べてないんですが…その2 (441)  5: 【癒し】裕仁(ひろひと)はネ申その18【ますらお】 (98)  6: オレって何で生きてるの?グァム島より (101) 
7: 軍曹の破廉恥画像キボンヌ(4)  8: 二階級特進キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! (774) 9: おまえら普段何食ってんの?4 (547)
10: IDにjiketu、tokkouが出るまでage続けるのだ 其の11 (524)  11: 【鉄拳】今までに出会った最悪の上官【制裁】(213)  12: 配給が
こないんですが・・・ (4)  13: 空気注射マジオススメ (11) 14: 明日、特攻します。(306) 15: ぶっちゃけアメリカマンセー (601)
16:赤紙キチャッタ・・ (28) 17: いまだに童貞のかぐしっていんの? (456)   18: 最近うんこがすごい色なんですが(555)  19: 雑談スレ(992)
20: 特攻も特高も怖い(←ワァラ (834)

↑戦時中に2chがあったら
65あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 14:04 ID:dhso86pk
>>62 大越孝太郎の漫画にそんなのあったよ 先日「死体と戦争」て本を読んだが激しく鬱。太平洋戦争中、旧日本軍てけっこう人食べてたんだな‥
66あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/05 14:20 ID:vFlIFr8u
ゆきゆきて神軍観てみ。
日露戦争に従軍した狸の話って知ってる?
>>67
あー、それ何かで読んだぞ。
四国のなんとか大権現とかいう偉そうな名前の狸でしょ?
>>67-68
伊予の喜左衛門狸は日露戦争に出征した。
ttp://yasai.2ch.net/army/kako/976/976355608.html
70あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 02:49 ID:l3ek2NjM
日本の一般市民は女性も子供も全員竹やりで米兵を刺し殺すように訓練されていたからな。
市民はすべてゲリラと考えて差し支えない。ゲリラになられるとやだからな。
広島と長崎への限定的な核攻撃や、東京「小」空襲での死傷者など、取るに足らない問題だ。
71あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 02:59 ID:2mVSlA5b
>>63-64
携帯だからURL貼れないけど、日本史板にスレあるよ。
結構みな凝ってるから見に来てごらん。
てか、君の才能が惜しい。日本史板で是非力を発揮してくれたまへ。
日本が有事になったら、2chのような媒体は閉鎖されるだろうな。
73あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 03:10 ID:2FSJhK1m
>>71
これだな
戦時中に2chがあったらたってるスレ
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1068733258/l50
74陥落前の南京に20万人しか存在しなかったというのはウソ:04/07/06 03:31 ID:+Sd4HlbP
そもそも、陥落直前に市内を一軒一軒調べて人口を正確に調査したという記録は無い。
実は、人口を調査して20万という数字が出てくるのは、陥落2ヶ月後に安全区の人口を調べた時が最初。
つまり、それを否定派は”陥落直前に南京市全体の人口が20万だった”とすり替えているわけ。

そもそも、20万という人口は安全区内の人口の推測に過ぎないと、当の安全区委員が証言している。
「極東軍事裁判」 速記録第49号 (A.検察側立証段階7)
>○マギー証人 それは一寸幾らいたかと云ふことは申上兼ねるのでありますが、
>我々委員会の「メンバー」の委員の推定によりますと、安全地帯には約二十万、
>或は三十万を超したかも知れませぬ。城外の安全地帯にはもつともつと沢山居りましたが、何れにしても推定は不可能であります。

そりゃ神様でもあるまいし陥落直前後の混乱した状況で、正確に20万人だとわかるわけがないだろう。
だいたい、戦死者がどれだけの数になるかもまだわからないのだからね。
そもそも、12月8日に全城門が閉鎖され、陥落後日本軍により安全区の出入りが、
厳しく制限されていた時に、外へ出て人口調査するのは非常に困難だった。
住民が家の中に隠れていれば避難したかどうかわからない。

南京は事件のほんの9ヶ月前の調査で、人口100万人以上もの大都市だったのです。
南京特務機関『南京市政概況』によれば、南京攻略戦の前後で南京市(本書でいう南京城区)の
人口・戸数は以下のように変化している。一九三七年三月末 一〇一万九六六七人(「南京事件」P219)

それが事件後数年経って、避難民が戻ってきても60万人程度にしか人口が回復しないのです。ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

そもそも、否定派の説だと、安全区外80万人が一人残らず一斉に避難したという、
とんでもない事になるのだが、親類縁者が無く疎開先が無い人、貧しい人、
体力の弱い老人や子供や女性、病人や怪我人、体の不自由な人、どうやって避難したの?
それこそ、プロジェクトXに採用されてもおかしく無い大プロジェクトですね。
なのにそういった話が無いわけです。

そもそも、80万人が一人残らず一斉に避難したというなら、なぜそんなに日本軍は恐れられているんだ?w
75あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 11:24 ID:oVVOWATH
>>70
お前が日本人だとしたら、とんでもない馬鹿だな。
日本人でないとしたら、勝手にほざいてろ!!
76あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 11:50 ID:fj2gl2Xy
スレの育ちの悪さが気になるけど>>1としては
このスレの方向性は満足のいくところですか?
7729:04/07/06 16:52 ID:hL1f3bm7
>>62 お前19だろ、今度は「フランケンシュタイン対地底怪獣」ネタか?いいから
特撮板に帰れよ!
戦争やりゃ、何処の軍隊の兵隊だってキチガイになるんだよ。
日本軍が特に残酷だったわけじゃない。少なくとも敵兵の頭蓋骨を
お土産にもって帰るほど悪趣味じゃない。

そういう話じゃなくて、もっとオカルトチックな事件とか秘密兵器とか
のネタはないのか??
79あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:03 ID:FPkZh/5w
>>74
この嘘も最近左翼の人間が書いたりするけど、陥落以前から人口の推移はずっと
管理されていたし、スマイス博士もちゃんと調べてる。
だいたい、安全委員会は非難民の食料を確保するのが仕事なんだから、非難民の
数をちゃんと把握してなければ仕事にならないわけで。
80あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:11 ID:FPkZh/5w
1937/11/23日「50万」
「調査によれば本市(南京城区)の現在の人口は約50余万である。
将来は、およそ20万と予想される難民のための食料送付が必要である」
南京市政府書簡(南京事件P220 笠原十九司)

1937/11/27日「30〜40万」
在留外国人に対して「避難勧告」が出された。
「市民の脱出は続いているが、市長の話では30万から40万の市民が
まだ南京に残っているとのこと」 アメリカ大使館員「アチソン氏
の暗号電文」
(アメリカ資料編P90)

11/28「20万」
警察庁長「王固盤」は「南京には中国人がまだ20万人住んでいると繰り返した」
(注、この20万を南京城内部のみとする見解もある)
(南京の真実P77 文庫ラーベの日記)

12/10日「20万」
なにしろ、この街の運命と20万人の命がかかっているのだ。
安全区の道路は、避難する人たちでごったがえしている。
〜中略〜残念ながら軍人がまだ大勢、安全区に留まっている。
(ラーベの日記P107)
81あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:12 ID:FPkZh/5w
「12/10後エスピー報告」
「南京の陥落を前にして、人口のおよそ4/5が市を脱出し、主要な部隊は武器、
装備もろとも撤退していった」
エスピー副領事の報告(アメリカ資料編P239)
80万=4/5と考えれば、南京の「戦前人口100万」と合致する。
すでに南京市全域には「避難命令」が出されており、住民は「安全区」に集合
するように命令されている。
だからこそ「12/13」南京陥落時の安全区の人口約20万=南京市民のほぼ総数と
言えるのである。

12/13日
「日本軍の入城時、市民のほとんどが安全区にいた。その数20万」
(安全委員会公文書T-6)
南京の戦前人口「100万」

「スマイス報告」
「南京市の戦前の人口はちょうど100万人であったが、爆撃が繰り返され、後には
南京攻撃が近づいて中国政府機関が全部疎開したためにかなり減少した。
市の陥落当時(12月12日-13日)の人口は二十万から二十五万であった。
我々が三月に行った抽出調査で報告された人員を五十倍にすれば、すぐさま
支部調査で表示されている221150人という人口数が得られる。
この数は当時の住民総数のおそらく80ないし90%を表わしているもので
あろうし、住民の中には調査員の手のとどかぬところに暮らしていたものもあった」
氏ねチョッパリ
83あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:37 ID:FPkZh/5w
>>74
最後の「なぜ日本軍は恐れられて」の部分にも笑ってしまった。
実際に恐れられていたなら、南京で人口が増加していくのもわからんし
満州に年間100万人単位で中国人が逃げ込んでくる原因もわからん。
84あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:38 ID:BzhABueU
 ていうかさ、旧日本軍を非難する事って、自分達の国を命がけで守ってくれた故人達を中傷する事なんだよな。
日本で少しでもナショナリズムを訴えると右翼扱いされるけど、それも左教育の結果。
俺は大学では遊んでばかりだったけど、義務教育や高校では教えてくれないような、日本人の誇りという大事な事を学べた気がする。
 俺は、死んでいった英霊達、そして今でも傷を負いながらも暮らす先輩を尊敬しています。
85あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:40 ID:FPkZh/5w
というか、戦後蒋介石が南京を手中に修めてからの方が悲惨で「重慶鬼」と
恐れられたわけだが。
86あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:41 ID:FPkZh/5w
>>84
同感。
87あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:43 ID:Vr/a7scx
そうな。今、俺等が生きてるのは戦争した人たちのおかげである。
やったことはひどいかもしれないが、俺等は非難できる立場ではない。
88あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:44 ID:FPkZh/5w
金美齢さんは、日本で繰り広げられる首相の靖国参拝問題について
こう述べてられる。

今の日本の平和と繁栄を、国のために戦場で倒れた
英霊は見ることができなかった。
国民を代表してその英霊に哀悼を捧げるのは、一国の宰相
としての当然のことだと私は思います。
それを必要なしと、本当に森さんが自主的に決めたのなら、
救いようのないほどに暗澹とせざるを得ない。
国に殉じた人々の名誉がこうも軽んじられていいものか。
日本国民でなくとも、まともな神経の持ち主であれば誰でも
悲憤に駆られると思います。
東京都知事として敢然、石原さんが公式参拝されたことは、
決定的な堕落からぎりぎり日本人が踏みとどまった
、その象徴といっていいかもしれない。
89あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:47 ID:Sln2hpoK
そのための選挙ですよ皆さん
中傷かー。確かにあなたが言う意味の中では酷い事いってんのかも・・。
そういう考え方もある。でも自分はどうしても許せない。
日本に限らず戦争に関わった人らは何か許せない気持ちでいっぱい・・
なんでだろ。
命がけで自分の国を守ろうとして死んでいった。だから誇りに思ってるとかじゃない。
もうね、ただ許せない。人間としてやってはいけない事。
もうそれだけ。

ああ何書いてんだろ。スルーしていいっす。スンマセン
おまいら、7月11日は神取忍だ。忘れるな。
歴史解釈よりも、もっと直接的な日本軍のオカルト話教えてくださいよぉ。。。(;´Д⊂)
>>91
神取はどこから出馬するの?
94あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:53 ID:GQBP4cQy
とにもかくにも、チョンチョンは日本の掲示板に書きこむな。穢れる。
ここにもいるんだろ、属国劣等民族の朝鮮人が。
いい加減死ねって。
95あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:53 ID:faayGSak
社民党
>>92
ネタがあまりにも微妙な問題を孕んでますからね…。
こういう展開になりがち。
>>95
サンキュー。
>>94
おまいが何人か知らないが、おまいの書き込みみたいなのが
一番スレを穢している。
99あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:56 ID:Vr/a7scx
いや、神取は自民だろ
100あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/06 23:56 ID:iItOK2/w
旧日本軍の体制がオカルトだと思う
だから歴史的見地から見ていくとオカルトすぎて
ぞくぞくする
神取だけはガチ。
>>100
オカルト?
超官僚だよ。
機密管理の杜撰さだけで言えば、たしかにオカルト的に杜撰。
>>90

>もうね、ただ許せない。人間としてやってはいけない事。

ハルノート突きつけられて、石油も禁輸、このまま行ったら
失業者のみならず、餓死者があふれる。
さらに欧米列強の植民地になり国の主権が奪われるかもしれない。

やらなければやられてしまう状況だった、やらなければ国民の安寧
も保てなかった、という事も心に留めておいて下さいね?
105あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 00:05 ID:3eEFc4vC
自民の体制はオカルトぶってるよな
>>105

>自民の体制はオカルトぶってるよな

民主・共産・社民・公明は、どう?
107あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 00:11 ID:3eEFc4vC
>>106
自民が一番オカルト。
みんな、いつも小泉の隣にいる霊体が見えないのか?
もし、見えないのなら俺に言え。とっておきを教えるから。
>>107

ここはオカルト板でしたな・・・。
10984:04/07/07 00:20 ID:fVXThaW/
俺は大学生になるまで、本当に左教育に洗脳されてたなと思う。友達がそういう戦争の話がすごい詳しくて、俺がそいつを右翼呼ばわりした事から始まった。
そして自分で勉強してみて、ある日、「なんで、自分の国を愛したらいけないのか?」という基本的な事に疑問をもつ事すら罪悪感を植え付ける今の教育制度にゾッとした。
>>90の言いたい事はすごい良く分かる。でも、これからどこかの国が占領してくるとなった時、間違いなく自分は国を守るために戦うだろう。
もしかしたら、自分は死ぬかもしれない。仲間も死ぬかもしれない。家族も死ぬかもしれない。
 やがて、その戦いが終わって、国が平和になった時、自分達が死守した子孫に悪者扱いされたり中傷されたら、きっと悲しいだろうな、と思ったんだよ。
映画館でパールハーバーを観て、周りで感動して泣いている女性を見た時、腹が立って、そして悲しくなったのを思い出す。
11084:04/07/07 00:23 ID:fVXThaW/
板違い&長文すいません。これでここには書き込みにはこないので。
111あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 00:25 ID:iQwcMyy/
>>110
いや、もっともな意見だ。
また、来ておくれ!
オカ板でする話じゃないのかもしれないが、
水木しげるの「総員玉砕せよ」だっけ?
あれで、銃撃で倒れた仲間の兵士を助けようとすると
危ないというので、せめて体の一部だけでも遺族に持ち帰るということで
まだ息のある仲間の小指をスコップで切り取って、
仲間を置き去りにするというシーンがあった。
あれ見たときは怖いというか、切なかったのを覚えてる。
113あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 00:36 ID:3eEFc4vC
自民がオカルトとか言ってる場合じゃないな。

戦争は人を殺す。何で日常生活で人を殺すと罪なのに、戦争で人を殺すと罪にならないのか?
人間を殺すという行為は非人道的である。戦争もクソもない。
>113
非日常だから
>>110
御意。
人類が誕生してから今日まで、争いってのは絶えないだろ?
それで何万もの人間が死んでいくだろ?
俺は以前拙い頭で考えてみたんだが、
戦争は人間のDNAに刻み込まれた淘汰の方法なのではないか。
それまで動物は食物連鎖を見れば分かるように、互いに食い食われ
頭数は安定していた。が、人類の誕生によってそのバランスが崩壊した。
人口の増加で地球上の二酸化炭素は増えてゆき、森林は破壊されている。
地球への負担を軽くするために一気に人口を削減するにはどうするか?
戦争だろう。これはもう人間の本能だ。理屈でどうなるものでもない。

言っておくが俺は戦争が嫌いだ。戦争を肯定する気もない。
ただそんな気がしただけ。
俺も大概スレ違いだな…
>>113
そうなんだけど、人間も生物であるかぎりは、欲求というものもあるし、欲求
があれば利益の対立も生じる。
そうすれば争いも起り、争いが起るのを防げない以上戦争というものも発生する。
戦争をなくそうと考えた先人はたくさんいるけど、数千年来それが身を結ぶことは
なかった。
だからこそ、せめて戦争中においても最低限守らなければならないルール、戦時国際法
というものが生まれたんですよね。
身を結ぶ→実を結ぶ
119あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 01:11 ID:3eEFc4vC
まあ、俺は格闘技好きで柔道やってるんだが、よく、人間には闘争本能があるんだなぁって思うよ。
殺してやりたいと思うときもあるよ。
でも、俺等は人間。理性というものがあるではないか。
欲求とか、本能だけで生きてるヤツは人間ではない。ちょっと言いすぎかもしれない。
俺は高3なので、世間知らずです。偉そうな口聞いてすみません。
人は自己を愛するように他人を愛さねばならない、人は他者
の犠牲の上に己の利益を得てはならない、万人は私利追及の欲望
を放棄し、世界全体の平和をこそ人類共通の利益として分かち合わねば
ならないとは、墨家による著名な兼愛の主張である。
兼愛の一環として、さらに非攻を説いた墨家集団は、大国による侵略
の報に接するや、武器を携えて小国の城壁に立ち、凄絶な防御戦闘に
身を挺した。
「火にも赴き、刃をも踏みて、死すとも踵をめぐらさず」(淮南子)
と称せられた彼らの奮戦は、「墨守」として後世に永く語り伝えられた。
墨子の他にも、宋けん、尹文、公孫龍など、「天下の安寧にして以て民
の命を活かし」、「民の闘いを救い、攻を禁じ兵を寝め、世の戦いを救わん」
(荘子)ことを願い、火戦論を唱える思想家は跡を絶たなかったが、そう
した努力を嘲笑うかのように、戦火もまた一向とだえることはなかった。
「呂氏春秋」蕩兵篇は、これら反戦非攻の叫びが現実に対してはついに
無力であった点を批判し、平和は強大な武力を背景としてのみ達成される
と結論づける。
蕩兵篇はつぎのように記す。
「争闘の自りて来たる所の者は久し。禁ず可からず、止む可からず」と。
人間の本性に対する諦観を込めて発せられたこの断言に背かず、以後数千年
に及ぶ人類の歴史は、はたせるかな、止むことのない戦乱の記録でもあった。
孫ぴんは、平和主義者のポーズを気取る斉の威王に向かい、五帝、
三王や周公旦ですら武力で天下を平定せざるをえなかった歴史を
回顧したうえ、「徳は五態にしかず、能は三王に及ばず、智は周公
にしかざるに、我は将に仁義を責め、礼楽に式り、衣裳を垂れて、以て
争奪を禁ぜんとすというは、此れ尭瞬も欲せざるに非らざるも、得可らず。
故に兵を挙げて之を縄せり」と、聖王、賢者の足元にも及ばぬあなたに
なんか、武力抜きで天下を平和にする真似など、とてもできっこない
じゃありませんか、と痛烈に皮肉っている。
>>113
自分や仲間に銃を向ける者でも殺してはいけないというなら、そっちのほうが非人道的だろ。
123あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 04:21 ID:IsEP2pM/
当時、南京市内に住民は二十万しかいなかったから、二十万殺せるわけがないというと、
みんななるほどと思いますが、二十万しかいなかったという根拠もないんです」

ウッと思ったね。

「南京20万」というのは、僕らも初めから疑ってなかったが、この「前提」も疑わしいんだって。
「左翼のウソにだまされるな」という「右翼のウソ」にだまされていたのかもしれないね。

戦後、日本はアメリカの民主主義のおかげで目が覚めたと思った。
ところが福田恆存は「悪夢から覚めたという夢をまだ見ているのだ」と言った。

今の僕らも同じことだ。
二重に嘘をつかれているのだ。
124あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 04:22 ID:BAGb+kWQ
>>123
しかし、証拠を突き付けられても言い張るとは、見上げたもんですね(笑
125あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 04:37 ID:WauCYxIP
>>124
>>123のようなバカはほっとけ。
>>125
そうですね。
硫黄島には戦争当時砂浜だったところが現在は10mくらいの断崖絶壁になってるとこが
ある。火山活動のせいらしい。

ところで硫黄島には普通に島民が住んでいたが(米軍が攻撃してくる前にほぼ全員疎開)
戦後小笠原諸島がアメリカから返還されても現在でも未だに民間人が島に住む事は許されて
いない。(旧島民や旧軍関係者や遺族が一時滞在することはある)
火山活動が危険だからってのが理由だけど、だったら他の人が住んでる火山島は?
それに硫黄島には自衛隊が数百人常駐してるけどそいつらは危険じゃないのか?

もっともらしい理由で島民を排除した「自衛隊専用の島」で一体何が行われているのだろうか?

>>116
それは俺も思ってた。
というか、人間は高い知能を得る代償として戦争を避けられなくなったのかなと。
人間は知能を高めることによって他の生物とは正に別次元の力を得て
生態系の頂点を極め、他の生物により危険にさらされることはなくなった。
しかし、知能が高い故に同種族で対立し合い、知能によって生み出された力を使い
同種族で大きな殺戮をし合う。これは生態系を維持するための「本能」なのかな、と思う。
129あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 07:08 ID:gGRajYsa
>>123
南京に日本兵が行く前に
「机・飛行機以外の食べ物は食い尽くされて」いたんだってね。

だから南京大虐殺は食いしん坊の中国人による犯行だよ。
>>127
別に変わったことが行われてるわけでもない。
自衛隊と米軍の基地があるだけ。

飲み水は雨水しかなく畑も作れない島に戻って自給自足の
生活したいっていう人ってほんとにいるの?漁師するにしても
船を置く港も無いし。
・・・・なーんだァ。

此処、こういうスレなんだ、ガッカリ。


ところで数年前、南方の某島でアメリカ軍の士官が
どこからともなく飛来した弾に狙撃されてシボン。

カートリッジを調べると旧軍規格のサビサビ小銃弾。

MPやっきになって捜査するも、真相はX-file。

・・・・ってガイシュツですか?そうですか。
132あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 10:13 ID:Op1y6NRW
弓なりの中で
金銀をも解かす光が輝く時
捕らわれ人は一方が多方を食う
艦隊も沈むので泳がねばならない
なんだと
134あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 11:53 ID:gn2rwfvr
シンガポールでは4〜5万人が虐殺された
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper41.htm
アジア太平洋戦争における最初の大規模な残虐事件は、シンガポールの華僑虐殺だった。
1942年(昭和17)2月15日にシンガポールの英軍が降伏し、マレー半島全土を日本軍が占領下においた。
その直後、第25軍司令官山下奉文は「最も速かに市内の掃蕩作戦を実施し、
これ等の敵性華僑を剔出処断」せよという命令を下した(河村参郎『十三階段を上る』亜東書房)。
憲兵隊を中心としたシンガポール警備隊が市内の、近衛師団が市内を除くシンガポール島を担当、
18歳以上50歳までの華僑男子は21日までの指定された場所に集まるように布告が出された。
各検問所では簡単な尋問がおこなわれただけで、「抗日」とみなされた者はトラックに乗せられて郊外の海岸などの運ばれ、
機関銃で射殺された。この粛清の事実上の首謀者だった軍参謀辻政信は検問所をまわって、「何をぐずぐずしているのか。
俺はシンガポールの人口を半分にしようと思っているのだ」と憲兵隊を激励してまわった(大西覚『秘録昭南華僑粛清事件』金剛出版)。
この粛清を指揮したシンガポール警備隊長河村参郎の日記には、粛清の途中の23日に憲兵隊長を集め、
そこで「処分人数総計五千名」と報告を受けたことが記されている。

戦後、日本軍関係者が作成した文書では約5000人を「厳重処分」(裁判にかけずに直ちに処刑すること)したとしている。
シンガポールでは4〜5万人が虐殺されたとされている。
>>128
しかしその「本能」でももはや到底追いつかないところまで人口は膨れ上がってますな…
>>131
軍事板にまともなスレあるよ
137あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 18:05 ID:UlZyGOC+
日本軍、大量の「機密」処分を命令 終戦直後
http://www.asyura.com/2002/bd18/msg/896.html

 敗戦の直後、日本軍が組織的に公文書を処分していたことが、
米国で公開された資料から浮かび上がった。
外交上不利益になる公文書の焼却などを指示する日本軍の暗号通信を、米側が傍受し解読していた。
軍による公文書の処分については、証言などでは残っているが、裏付ける資料はほとんどなかった。

 この米側資料は「マジック 極東概略」。
米陸軍省が、第2次世界大戦中に解読した日本軍の暗号通信を要約し、関係部門に配っていた速報だ。
「日本の戦争責任資料センター」研究事務局長の林博史・関東学院大教授(現代史)が米国立公文書館で入手した。

 資料によると、処分の指示は45年8月15日午前0時に始まった。

 「ご真影や連隊旗、天皇の手によって書かれた書類を集め、
部隊指揮官は崇拝の念をもって焼却せよ」と、陸軍省が主な野戦司令部に命令した。
玉音放送が敗戦を告げた同日午後には、「陸軍の機密文書と重要書類は、
保持している者が焼却せよ」と命令を追加。

 翌16日、海軍省軍務局長が主な指揮官に向け、「敵の手に落ちたとしても、
帝国にとって外交上不利にならないもの」を例示。
捕虜のリストや死亡記録は保持するように指示し、暗にほかの文書の処分を求めた。
>>131
おお、やっとまともなレスが。
こういうのですよ、こういうの。
139あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 20:10 ID:iQwcMyy/
マトモなヤツを一つ。
http://www.m-net.ne.jp/~v-qst/0425/index.htm
の右上の端に「これは本当だ」ってコンテンツがある。
その中に11「横田基地には出ない」ってのがあって、何か考えさせられた。
日本人って、霊になってもなんか、パワーが弱いっつーか??
悪霊なんかにはならないんだろうな・・・
140あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 21:50 ID:0DWkSP4z
栄養失調のはずの戦友の顔のツヤが良くなったと思ったら、
○○食べたらしいって話、10年前、本で読んだ。
141あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 22:03 ID:9fM/d9qm
コピペを貼るヤツもそれにレスするヤツも同じぐらい悪質
むしろレスしてるヤツのほうが異常
142あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 23:05 ID:51AV3Znx
日本軍はアメリカ人を白 豚原住民を黒豚と呼んで食べてたみたい
>>142
いったいどっからそんなヨタ話聞いたのやら。。。。
以前、軍板で採取。けっこう好きな話。

ニューギニアのあたりのある戦場でのこと。
大規模な戦闘をした部隊があって、その後、その部隊の前線基地に、 夜な夜な、死んだ兵隊たちが現われるようになったそうです。
彼らはいずれも、足がちゃんとあり、懐かしそうに「よお!」とか
言いながら、現われるのだそうです。いずれも確かに戦死した連中ばかり。
神主の息子の兵士がまじないをやったり、お経をよめる兵士が
お経を詠んだりしても、まったく効き目無し。
そのうち、ズカズカ上がり込んできて、貴重な飯をバクバク食う始末。 しかも、いきなり手がスルスルっと伸びて、木の実を取ったりして、
明らかに化け物化している様子。
怖いやら迷惑やらで困っていたのですが、なんとも手の施しようが無い。
見るに見かねた中尉だか大尉だかの隊長さんが、幽霊たちが
集まっているところへ、ツカツカと歩いていって、いきなり大声で、
「全員、整列!」と言うと、素直に整列したそう。
そして、「貴様らは、全員戦死した兵隊である。よってこの世にいては
ならん。全員あの世へ行って成仏するように。これは命令である!」
隊長が涙を流しながら言うと、幽霊たちは、しばらく呆然とした顔で
佇んでいたが、そのうち全員が泣き始め、やがてボロボロと土人形の
ように崩れていったそう。
あとにはその土だけが残り、彼らは二度と現われることはなかった。
兵隊たちはその土の大部分は現地に埋め、残りを少しづつ日本に
持って帰って、供養したそうです。
>>141
どうして?
考えることもせずに機械的にコピペする相手に意見するのはたしかに利口な
こととは言えないかもしれないけど、そのコピペの内容を真に受ける人が
いるかもしれない、という事実もあるわけで、それを防ぐためにちゃんと
した情報も載せよう、と考える人がいたとしても、異常とまでは言えない
と思うよ。
146あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 02:02 ID:NUfnDllg
あの話はガイシュツ?

テレビでやってた話だけど、ある陸軍将校が
「私は戦争中中国で軍務についていたが
どうしても解せない事があった」と・・・。

その将校の証言によると
敗戦の色が濃くなって来たある日の中国戦線で
部下の下士官だか兵だかと
一緒にテントの中にいたら
その者が突然、テントの外に向ってしゃべり出した、と。
将校には誰が居るのか解らない、見えないが
その者は「おぉ!元気か?」「よく来たな!」とか
内地に居るはずの奥さんや子供としゃべっているようだった。

数日後、空襲でその者の奥さんと子供が亡くなっていたと判明した。
147あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 04:07 ID:2KxMif3r
中国人のやり方見てると吐き気がしてくる。
日本軍主力がいなくなるまで従順で
大部隊の移動が終わると
少数の守備隊や警官隊を一気に襲い、
そのあと無抵抗の日本人の婦女子をゆっくりと狙う。
女子供にばかり屈辱を与えるなんて獣のする事だよ。
当たり前のように、覚醒剤を使っていた当時のひとがこわい。
149あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 05:04 ID:hsD6zSgt
>>148
乱用してたのは中国人や朝鮮人。
日本人も覚せい剤を少量は製造していたが、医療用だよ。
いやいや、ヒロポンしらないのか?
>87
別にひどくはないさ。少なくとも、漏れら以上に他国人ごときにどうこう言われる話でもない。
ベトナムでの韓国軍は? 内戦での中国軍は? WW2のアメリカ軍は? インド帝国でのイギリス軍は?
言い出したらきりがない。帝国主義の時代だし、現在の倫理観で考えるのもね。
だから、俺ならこういう。
「うちの先祖をはじめ日本人は過去、自分たちと国のために戦いますた」
ひどいことと自虐的になるのも、理想ぶって正当化するのもどっちも嫌いだ。
>113
戦争で軍人同士がルールの下で殺しあうのと、平和な状態で一般人同士でルール無用で殺しあうのとを同列に考えてるあんたがオカルトだよ。
殺し合いは別に異常な状況じゃないぞ、漏れらは単に殺しあう必要がないだけ。
152あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 05:52 ID:znW3N2dP
>>150
ヒロポンを乱用してたのは中国人や朝鮮人。
日本人は使ってない。
>>149
戦後復興期にも、ヒロポン(商品名)でがんばったそうです。うちのじいさん。大日本製薬製。いまだに「ポン中」(ヒロポン中毒)ていう言葉ききませんか?
特攻で出撃する人たちの食料に、少しでも恐怖心が和らぐよう
入れてたとか聞いたことがあるけど、よくは知んない
それはそれで酷いことだとは思わんしね
>>152
まあがんばれよ
156153:04/07/08 06:01 ID:Lpg+O9JM
おっと、荒らす気ありません。日本人です。ヒロポンでググッてみてください。確かに三国人の常用多かったと思いますが、復興のための国策でもあったようです。
>>153
そのヒポロンには覚せい剤成分は含まれてない。
覚せい剤を乱用してるのは中国人と朝鮮人。
>>154
どこでそんなヨタ話聞いてきたんだかw
159あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 06:07 ID:WIzkR6IB
ヒポロンって・・・。

でも、昔はヒロポンを日本人も良く使ってたってのは事実みたいよ。
それが覚せい剤に入るのか入らんのか、詳しいことは知らんけど。

当時は合法だったっけ?それなら何を恥じることがあろうか。
>>157-158
              ''"::::::::::::::::::::ヽ
         \   ∠::::ノ│ヘ::::::::::::: ヽ|ヽ ====
          \ / ●   ゞ::::::::::゙ |、|  ======
           '\       ─:::∪:: |、|
         ∠::|  X\   ● イ:::::|-|    そんなエサで私がネヴァ――!!☆
         ∠::、(_/     "/:::i/⌒l
            /\    ∪/::::i/ ̄/  =====
            〈  `ー┬イ::::∠ _ノ  ====
            \ \_ネヴァダ  \
161あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 06:13 ID:NUfnDllg
スレから外れるが、安部譲二が射撫について
かつての現場の生の声を著書で書いてた。
射撫打つと目が良く見えるようになるらしいとか。

あと、一時芸能界のアイドルの射撫利用の有無の
チェック役をしてたそうな。
当時のアイドルの射撫利用率は高かったらしい。
射撫打つとお腹がすかないからダイエットに
利用されてたらしい。
利用の有無の見分け方はライト浴びても
瞳孔が異様に開いている場合はあやしいらしい。
ぱんしゃぶ
163153:04/07/08 06:17 ID:Lpg+O9JM
恥じとはおもわないが、恐ろしい話で(154の話)
ヒロポンは塩酸メタンフェタミンです。ググってね。もう粘着しません。
164あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 06:24 ID:WIzkR6IB
別に粘着ではなかったと思うよ。
  Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <丶`∀´> <  チョッパリはシャブ中ニダ!
 (    )  │ 
 | | |   \__________
 〈_フ__フ
166あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 06:27 ID:NUfnDllg
本で思い出したけど、光人社から「海底の少年飛行兵」なる本があった。
「海底」の「少年飛行兵」。
海軍だと思ったけど、戦争末期、
飛行兵として採用した少年兵に潜水具を付けて浜辺に潜らせ、
米軍の上陸用舟艇が来たら、長い棒の先の爆弾を爆発させる作戦が
あったらしい。

本当に実行されたかどうかは詳しく読んでないから解らないが。
>>158
たしかに与太話かもしれない
本当だったとしても責めるような話じゃないと思うし
それよりも、台湾でアヘンの販売を政府が専売したという部分だけ
を抜きだして日本の悪業と宣伝するやつは許せんね
日本が領有する前には人口の6%がアヘン患者だった台湾で、急に
締めつけて取り締まっても反乱が起きるだけだからと、他民族の習慣
を尊重しながら無理なく中毒者を減らしていくための手段としてそうしたのにね
だから1941年には0.1%まで中毒患者が減った
>>166
なんか、京都嵐山の戦争記念館で見たような?聞いたような?
おれは、なんで、今の時間に、こんなところにいるのだろう?
169あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 06:36 ID:28yDDHdr
 2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
 その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。
170あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 06:40 ID:NUfnDllg
>>168
>こんなところにいるのだろう?

赤い紙が来たんですよ。
>>166
特攻兵器『伏龍』ですな。
まるで戦争末期の帝国の精神が形になったようなトホホ兵器。
172168:04/07/08 06:59 ID:Lpg+O9JM
>>170
やっぱりそうか?早めに来てよかった。あした祝言あげます。
そういえば、餓鬼の時、近所のじいさんナンブ見せてくれた。(復員のときガメたらしい。じじいは歩兵なので他人の装備)以外とさびて無かったよ。製造もとが、東京ガスだったように覚えてる。なぜガス屋が?
ヒロポンについては、戦時中は軍隊公認の薬だし、終戦後は軍隊が
無くなったことで余剰分が一気に市場に流れたって感じだからねぇ。
いつ頃まで出回ってたのか知らないけど少なくともその頃は禁制品
じゃなかった。今のタバコみたいな感覚だったんじゃなかろうか。
こんな広告だって普通の雑誌や新聞に出てたぐらいだし。

http://masashish.hp.infoseek.co.jp/hiro.JPG
戦時中毒ガス作っていた某島には、まだ毒ガスの残留物があります。人は住んで居ませんが、某施設があります。そこにいる小動物は異常に早く死にます。行ったら靴は捨てた方がよいです。
>>173
そうだよなあ。今で言う酒みたいなもんだったんだろう。
176あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 08:23 ID:ZIwGZ9+G
眠気と倦怠除去にヒロポン錠age(製法特許)
♪きんぎょ〜 きんぎょ〜
178あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 08:48 ID:PF6hQAh2
帝国陸軍は毒ガスなど使っていない。アメリカ戦でも中国戦でもだ。
中国戦では催涙弾(通称アカ)しか使っていない。日本政府は催涙弾を毒ガスとして賠償していたが催涙弾は現在でもテロ制圧で使われている。
>>1
戦時中の軍隊なんてみんなキ印だよw
旧ドイツ軍にしたってギャグだかグロだかわからんような程度低い話ばっかじゃん

戦争ネタは被害にあった人・縁者が残ってるから、誰も公に言わないけど
下卑た笑い話やエログロにしかならんと思うぞ
中国各地には反日のための戦争記念館があります。
反日は中国、半島共通の正義です。
冬のソナタだの、中国高速ANAだの、日本人はアホすぎ。

平和ボケ日本人のために解説しておくけど、
半島は、1900年代初頭には経済的に疲弊し国家破綻寸前だった。
清、ロシアにまで戦争に勝った大日本帝国になきすがりつき、
結局、日本の一部にしてもらったのです。
こういう当たり前のことすら、日本人も知らなくってしまった。
南京虐殺20万人も、ありえない。
当時南京には20万人も人口がいなかったのに。
全部、あいつらの嘘と欺瞞の前にひざまづく日本。
拉致までされて、経済援助をする日本。
領海を侵略されてもODAを出し続ける日本。
>>180
基本的に同感。
でも熱くなりすぎると揶揄の対象になるので注意。
182あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 10:55 ID:NUfnDllg
10年前に釣りで知り合ったお爺さんは志願兵だったらしい。
「志願兵だから機関銃持ってた」
ランボーみたい!

南方へ派遣されたらしいが
「アメリカ兵は寝坊助だから夜襲掛けると効果があった」とか。

でもある日火炎放射器で攻撃されて、上手く泥の中に隠れたけど
耳だけ隠せなくて耳たぶが変形してた。
俺のじいちゃんは舞鶴の工場で働いてたそうで何もたいした話は聞けなかったなぁ

じいちゃんの弟は南方の方で戦ってて、本当に飢えに苦しんだそうだ
蛇やカエルを食ったって聞いて、子供の俺が変な顔すると
「そりゃあ、ご馳走だったんだ」って言ってたのが印象的だったな

おやじは家の前の国道を戦車だか装甲車だかが走ってたのを見たって言ってたな

ま、どれもこうやって話を聞けばたいした事ないんだけど、なんか戦争が身近に感じられた話だった
旧日本軍はオカツイ
185unknown:04/07/08 11:07 ID:HKYhnCW/
>>182
だから、あれほど耳にも経文をかいておけと・・・
186あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:31 ID:NUfnDllg
>>185
ハハハ

身長160くらいの当時のお爺さんが
6フィートはあろうG.I.達を
機関銃でなぎ倒すしている光景が目に浮かびます。

前、ニュースステーションでやってたけど
「ジョージ・ブッシュ、もう少しで人肉食になってたかも!?」の話。
ジョージ・ブッシュ元大統領はご存知、
かつて海軍航空隊のパイロットとして活躍。
父島を爆撃しようとしたある日、父島守備隊から
対空砲火を受け被弾後、父島沖に墜落。
運良く友軍潜水艦に救出されるが
もし、救出されなかったら・・・。

当時父島では深刻な食糧難から頻繁に食されていたようです。
187あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:39 ID:yAiOYTbS
だいぶん前、もう9年前かな?
夜寝苦しいし、変な音がするので、目を開けたら
真っ黒な髪の毛が浮かんでました。
髪の毛だけ。
髪の毛は上下に移動していて、そのたびに、かすかに虫の羽音みたいな音がしてました。
188あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:40 ID:yAiOYTbS
続き

ぶーんぶーんって。
心臓飛び出そうなぐらいビビったけど
だからといって消えてくれないし、なんだか、無性に腹がたった記憶があります。
人間耐え切れない恐怖に遭遇すると、可笑しくなるとかいうけど(むしろ壊れた?)
私の場合は、いわゆる「逆ギレ」だったんでしょうね。

そしたら、ぴたっと動かなくなって、下からふーっと消えたんです。

189あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:41 ID:yAiOYTbS
後日談。
霊感のある人にこの話をすると
「あなたは怖がらなかった、だから良かった。怖がってたらあなたは連れて行かれてた。」と言いました。
ホントがどうかは分かりませんが、確かに怖がってはダメだと思いましたね。
むやみやたらに怖がるのは命とりになる・・・のかな〜?
怖がってたら私も今頃、人知れずベッドの中で心臓麻痺で死んでたのかな?
190あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:42 ID:yAiOYTbS
↑激しく板間違いでスマソ
191あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:46 ID:43oJDtqz
キチガイ軍隊とは聞き捨てならん
古今東西、常に誰にでも親切で明るく楽しく友好的な軍隊がどこにおるか
人々がどんな時、何のために軍隊の一員となるのかを考えれば、
キチガイなどとは言えないはずだ

でも面白いレスもたくさんあって良いスレですね。
192あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 11:56 ID:NUfnDllg
零式艦上戦闘機・・・三菱製
>>144
激しくワラタ
194あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 12:08 ID:/GL/Qrt6
182の話にちょっと興味でたんでかいてみる
まず『ランボーみたい!』というところにたまらなく笑えた。WW2の日本軍にそんな大したものはないのによ
世紀の失敗作の100式短機関銃だろう
アメリカ下士官のトンプソン サブマシンガンより遥かに劣る。
威力の低い8ミリ弾、不安定で均整のないデザイン、なぜか銃剣まで付けるアホぶり!!MP18と同じ程度のもの(w
>>194
どうでもいい
>>153
君が正しいんだから何を恥じ入る必要があろうか。三国人とか嬉しそうにいってる
中学生が恥を知るべき。

っていうか、男子中学生はインターネットにアクセスするな。
ヒロポンは眠気覚まし薬として、長距離飛行の多い海軍航空隊に支給されてました。
麻薬としての認識は全く無し。民間にも軍にも。今のエスモカみたいなイメージじゃない?
戦後の乱用もそう、徹夜続きの作家連中から広まって行った。

ベト戦の米兵みたいなイメージで考えるから異様に映る。特攻って、なんじゃそりゃw
198あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 12:54 ID:NUfnDllg
>男子中学生はインターネットにアクセスするな。

そのあとに「勉強して陸士か海兵に行け!」とか言われそう。
>>172
当時は東京瓦斯電てな感じの会社名で
パイプ加工の腕を買われて小火器からエンジンまで作ってたよ。

ちなみにヤマハも、もとは楽器製造だったけど、金属加工技術を買われてエンジンメーカーに。
200unknown:04/07/08 13:50 ID:HKYhnCW/
>>198
「男子」をとるか、「陸士か海兵」を「防衛大」に言い換えないと不自然。
201あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 14:13 ID:XiaDqav2
>195
精薄ランボーは100式で大暴れしてる妄想でもしてろカス(w
202unknown:04/07/08 14:20 ID:gKraCDBf
ウンコー!
ヒロポンといえば、サザエさんでワカメがヒロポン飲んじまった話があったな。
妙にハイにになってるワカメを見てサザエと舟が「あら、ご機嫌ね」と声をかけたのだが、
その後、サザエが机の上のヒロポンの空き箱みつけて、
「あら大変、ワカメがヒロポン飲んじゃった!」
>>199
ありがとう、なるほど管ものですね。
205203:04/07/08 14:26 ID:vLlgSOak
ってびっくりしている話があった。
新装版とかでは削除されている話だけどね。
それぐらい一般的に普及してたんだろうな。戦後すぐには。
>>194
本当に軍オタとネットウヨは空気が読めねえやつらだなあ。
>>196
女子中学生(;´Д`)ハアハアな方ですか?
>203
それほんと!?よ、読みて〜〜〜!!!


(…俺つられてる?)
209unknown:04/07/08 17:13 ID:HKYhnCW/
>>208
おれもなんとなくよんだ記憶がある。で、真相版?ではなくなったんではなく、
酒に書き換えられてたんじゃなかったっけ。う〜〜ん。ずいぶん前のことで自信
がない。
そういえばここはオカ板だな。だれか、マチ子さん光臨させて聞いてみてくれ。
実家にそのサザエさんある
お屠蘇に酔っ払ったワカメなら呼んだ記憶があるけど・・・
>>210ホントにヒロポン?
初め頃のサザエさんだったらありそうだなー。
今よりもけっこう殺伐してたし。
>>206
まあ待て。
機関銃と言われれば普通重機や軽機を想起するだろうに、
生産数が少なくて挺進隊くらいにしかマトモに配備されなかった
100式 短 機関銃をいきなり持ち出してくるというのは、
>182のお爺さんが実は元義烈空挺隊隊員でガクブル・・・という展開を
狙ってたのかもしれん。
(100式短機関銃を装備した義烈空挺隊は沖縄の飛行場奪還作戦で全滅)


そうじゃないなら只の池沼だ。ほっとけ。
214あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 20:39 ID:vErXSPZ4
>>213
h
ttp://www.horae.dti.ne.jp/~fuwe1a/newpage46.html
これですね、読んでて魂が震えましたよ。
215あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 21:02 ID:i63AQ9+4
ババル島事件
http://www.fujishuppan.co.jp/kindaishi/15nen2.html
ババル島事件関係書類
 本書は「閲覧ヲ禁ズ」と表しに記された参謀本部の極秘報告書・原題「「ババル」島事件関係書類綴」の復刻版である。
 太平洋戦争末期の昭和19年11月、日本占領下のババル島(現在インドネシア領)で、
日本軍第五師団部隊が非戦闘員の住民400人以上を虐殺し、ひとつの村を消してしまった事件の事実が明らかとなった。
 本書は、敗戦後42年にしてようやく明るみに出た事件の状況を知らせるだけでなく、戦争犯罪追求を恐れた当事者が、
虐殺を「原住民の反乱」とでっちあげるために報告書の内容を変更してゆく過程が克明に記録されている。

マレーシア住民虐殺事件
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
マレーシア
ネグリセンビラン州 日本軍による住民虐殺があった村々

パリッティンギ、
1942年3月16日、日本軍によって村民600数十人が虐殺された。

セナリンなどクアラピラ県
 1942年3月10日クアラピラの南にあるこの村の中心で商売をしていた4家族20数人はクアラピラに連行され、虐殺された。

スンガイルイ
1942年8月30日村民300数十人が虐殺された。

http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal01.htm
マレーシア
 ネグリセンビラン州 イロンロン(ジュルンドン)とその周辺

1942年3月18日 日本軍によって村民約1000人は虐殺され、村は焼き払われた。
磯野家の謎には「磯野家はヒロポン中毒」とかいう煽りがついてたから
ヒロポンの話があっても全くおかしくないと思う
>>215

殺された、つっても華僑が中心?w

ま、現地人が殺されたんなら、終戦後日本兵が残ってインドネシアの独立
に手を貸すなんて真似はできん罠w
218あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 22:28 ID:T8kFkNxB
ベコベコの戦車がオカルト。祭りのおもしろ山車に出てくるハリボテ並。
>>218
あれはな、戦車と戦うんじゃなくて歩兵相手に戦うために作られた
もんだからあれでいいんだよ。
まぁ、その思想自体が間違ってはいたんだが。
220あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 22:46 ID:z/1a18zY
>213
ミニサイズの当時の日本兵がランボーのように
11式や99式を軽機といえど走り回りつつ片手で撃てるわけねえだろボケ精薄め。そういう意味で100式短機関銃とかいてんだよ。おまえには難しくて解らないだろうけどよ
歴史検証が終わったと思ったら、今度は軍ヲタですか。。。。
本当に軍オタの空気の読めなさは異常だよ。

巣で思う存分兵器トークしてろよ。気持ち悪すぎるんだよ。
>220そんな事は現代のムキムキマッチョな米兵にも出来ない。

〜終わり〜
224あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 23:45 ID:NUfnDllg
学者タイプだんだよ、きっと。
だから自分の中にインプットされている情報と少しでもズレがあると
「え〜!違うよ」と言わずにはいられない。
聞かれてもいないことを延々と語り倒すオタはたしかにウザイが
しかし事実とは違うことを指摘された以上、それはそれとして
「ああ、そうでしたか」と認める姿勢は必要だと思う。
226あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 00:00 ID:zSA2ZWXn
でもそれは一度でいいんだよ。一度聞けば、「ああそうでしたか」と思う。
たとえば、>219聞いて俺は「よくわかった」とか「はあ、そうですか」と
感謝してみたりするんだが、一度で十分。何が楽しくて何度も繰り返してんのか
分からん。知識があるのは、無いより圧倒的に優れたことではあるが。
現在でも広島県呉市周辺では、旧海軍が医療用に栽培していた芥子が自生している。
それも山中とかではなく、普通に民家の庭先とか畑の畦に
ガザリー・シャフェー(マレーシア、元外相、アセアン創設によりハマーシェルド賞受賞)
日本の某代議士の「過ぐる大戦において、わが国は貴国に対しご迷惑をおかけ
して申し訳ありませんでした」という挨拶に対して、「どうしてそういう挨拶をな
さるのですか。
あの大戦で日本はよくやったではないですか。マレー人と同じ小さな躰の日本人が、
大きなイギリス人を追い払ったではありませんか。
その結果、マレーシアは独立できたのです。
大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南アジア
諸国の独立も考えられないんですよ」
「口に出しては言わないけれど、アジアの国々のこれは本音なんですよ。
かって反日感情の強かった国々にも、次第に親日感情が起こりつつあります。
そうしたなかにあって、日本は欧米にばかり目を向けず、アジアに対して責任
を持つ国になって欲しいのです。
日本はかつてアジアに対して責任を感じ、そのために、戦争であれだけの犠牲
を払ったのです。
この尊い戦争の遺産を否定することは、バックミラーばかり見ているようなものです。
自動車は前を見て運転しなければ、進路を間違えますよ」
「とくに私(ガザリー・シャフェ外相)が惜しいと思うのは、日本く
らいアジアのために尽くした国はないのに、それを日本の政治家が否定
することだ、責任感をもった政治家だったら、次のように言うだろう。
「その頃、アジア諸国はほとんど欧米の植民地になっていて、独立
国はないに等しかった。
日本軍は、その欧米の勢力を追い払ったのだ。それに対して、ゲリラ
やテロで歯向かってきたら、治安を守るために弾圧するのは当然でないか。
諸君らは何十年何百年にわたって彼らからどんなひどい仕打ちを受けたか
忘れたのか?日本軍が進撃した時にはあんなに歓呼して迎えながら、負け
たら自分のことは棚に上げて責任をすべて日本にかぶせてしまう。
そのアジア人のことなかれ主義が、欧米の植民地から脱却できなかった
原因ではないか。」と昭和63年9月、先の大戦で詫びる日本の政治家を
批判した。
マレーシアのノンチック氏は思い込みの強い日本の教師に「日本軍はマレー
人を一人も殺していない」、「日本軍が殺したのは戦闘で戦った英軍や、そ
の英軍に協力した中国系の抗日ゲリラだけだった」と言っている。

ジョージ・カナヘレ(ハワイ出身の日本軍政研究家)は「日本軍
とインドネシア独立」の中でこう言っている。
「日本はインドネシア語の公用語を徹底して推進し、インドネシア国民
としての連帯感を人々に植え付け、広域の大衆をインドネシアという国家
の国民として組織した。とくに若者に民族意識を植え付け、革命の戦闘的
情緒と雰囲気を盛り上げた。またPETAの革命における意義は大きく、これ
なくしてインドネシア革命はあり得なかった」。

1950年8月に成立したインドネシア共和国の首相モハマッ
ド・ナチールはこう語る。
もう一人、日本軍の設立した青年道場で軍事訓練を受け、義
勇軍設立と幹部教育に尽力し、独立戦争中は情報面の責任者と
して活躍したズルキフリ・ルビスの言葉を聞こう。
オランダに再植民地化をあきらめさせる中心となったの
は義勇軍出身者でした。日本がインドネシアにもたらした
もの中で、最も素晴らしかったことは訓練ですが、それが
インドネシアの独立にとって最も重要な要素となったので
す。...もし義勇軍がなかったならば、インドネシアの独
立は南米のスリナム共和国のように長期間かかっていたか
もしれません。スリナム共和国は、オランダから独立する
のにインドネシアの独立からさらに30年もかかりましたか
ら。
ジャカルタ郊外のカリバタ国立英雄墓地は、日本軍降伏後、4年
5ヶ月におよんだイギリス、オランダとの独立戦争で、特別な功労
を立てて戦死した人々が祀られている。この中に11名の日本人が
一緒に手厚く葬られている。

1945年8月15日の日本軍降伏後も現地に残留して、インドネシア
独立義勇軍に身を投じた人々は、1〜2千人程度と推定されている。
400名程度が戦死され、そのうちの32名が各地区の英雄墓地に
祀られている。また独立50周年となった平成7年、残留日本兵
69名に対し、渡辺インドネシア大使から感謝状が贈られ、スハ
ルト大統領は官邸に招いて、お礼を述べられた。

インドネシアの独立宣言文を起草したスカルノ、ハッタは宣言を
したその日付を1945年という西暦ではなく、日本の協力なしには
独立できなかったという感謝の念をこめて、17805という皇紀
で記した。
231あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 00:44 ID:etuXx1yq
大君の御代をかしこみ千代八千代万歳万歳万々歳
232あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 01:00 ID:epl3COCy
田舎の知り合いのじーちゃんは、
南部でB29を落としたと自慢していた。
子供ながら、すげーじーちゃんと思っていた。

大人になってから気が付いたんだけど、そんなん無理や。

いろんな意味でオカルトだw

233あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 01:13 ID:RQ1WpNoo

日本は加害者なんだよ。

アジアはもとより、多くの国々に多大なる被害をもたらした

元凶。

どうもそういった視点が抜けている書き込みが多いな。

もっと歴史を学んだほうがいい。


>>233

>日本は加害者なんだよ。

>アジアはもとより、多くの国々に多大なる被害をもたらした

どんな被害?
>>233

>アジアはもとより、多くの国々に多大なる被害をもたらした

って、中国人・韓国人・朝鮮人・華僑の他に、被害を受けたって

言ってる人って、いるの?


>>233
歴史を学んだ方がいいのはその通り。
学ぶべきはあなたの方ではありますが。
>>234-235
簡単に釣られるな。バカだと思われてしまうぞ
漏れも釣られた…。
>>233
まあどこにでも都合の悪いことは全て捏造だと言い、
都合のいいように曲解して解釈するしかしない輩はいるものだ。
いちいち触ってたらきり無いぞ。
>>233はどう見てもネタだろ
241unknown:04/07/09 03:19 ID:PN8TpJ2q
>>235
きっとね、日本が米英等と戦争してまけちゃったばっかりに、支○人とか朝○人
とかが野放しになっちゃって、アジアはもとより多くの国々に多大なる迷惑を
かけちゃったってことだよ。
242あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 06:45 ID:etuXx1yq
/( ´,_ゝ`)これからは仲良くして欲しいアル。
( ■,_ゝ■)そうニダ。過去は過去ニダ。
  ☆ チン     ハラヘッター
            ハラヘッター              
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)< 怖い話まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |  愛媛みかん  .|/
今度細菌兵器使った例の部隊の生き残りの講演会がある
逝って見ようと思うよ!
245あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 09:44 ID:ioXREDrw
>>144

ありがトン
ええ話やないですか〜(号泣
246あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 09:52 ID:H5LeSHMo
軍ヲタは巣にカエレ!

スレタイに「怖い話、怪談ネタ」てあるじゃないか!

怖いのは、おのれの知識をひけらかして他人の揚げ足とって悦に入る

おまえらの存在じゃああああ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!


怖い話きかせろやああああああ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!




人里はなれたつもりでそうもはなれてない山ん中で
サバゲーでもしとれ!
日本軍限定なのが話題を狭める現況なのではないかと愚考いたしますが如何?
>>247
>>1のスレタイから見てはなからオカルトネタは期待しておらず
史実関係の争いが起ることを予想してたてた確信犯かと
スレタイじゃなくカキコの内容
>>214
メイドさんはなんだよ〜。
電子レンジは旧日本軍が開発していた、
殺人音波の技術のフィードバックてほんと?
252unknown:04/07/09 12:46 ID:VVoRJftH
        ヒ
     ‖  ュ.   人
     ‖  |  (___)
     ‖     (___)  / ̄ ̄ ̄ ̄
     ‖    ( ・∀・)< ウンコー
     ‖    ( つ┳つ  \____
     ‖    ヽ )||丿
     ‖    .(_)|__)
     ‖     ⊂§⊃
     ‖  //   §
                ピヨーーーーーン
    ヽ``^' /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>251
アメリカ軍の電波研究所で、チョコレートが溶けたのが切っ掛けとか聞いたが、軍ではなかったかもしれません。
254unknown:04/07/09 12:47 ID:VVoRJftH
>>251
もちろん嘘だな。ぷぷぷ。
255あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 13:28 ID:FOpI3v3i
それ知ってる
二コラスステラコイルで電磁波使って船を消すんですよね
ウソかマコトかその時にできた磁界の壁が現代と繋がってて
最近まで行き来していたと・・・・。
日本軍がマイクロ波を利用した殺人光線の研究をしていたのは本当
ただし、実用化できるほどの大電力の供給は不可能だった。

>>255
はフィラデルフィア実験のオカルティックなうわさ話が元かと
映画にもなりましたね。
実際には磁気魚雷よけの消磁実験だったんですが。
ちなみに似たような消磁電路は日本海軍の
ほとんどの大型艦に装備されていましたw
257動かぬ証拠がでました!:04/07/09 14:11 ID:5R6FsR1p
【中国】南京大虐殺を記録 写真146枚収録の書籍を出版[07/07]

南京大虐殺を記録 写真146枚収録の書籍を出版

「七・七事変(蘆溝橋事件)」67周年を前に、中国を侵略した旧日本軍による南京大虐殺を記した
「侵華日軍南京大屠殺暴行日誌」が南京出版社から出版された。
同書には、極東国際軍事法廷による日本人戦犯への審判に参加した元検察官の裘劭恒さんが
前書きを寄せている。
南京大虐殺遇難同胞記念館の朱成山館長によると、同書は、記念館の歴史家が4年間をかけて、
大量の資料を十分に研究し、分析して書き上げた。
全文26万8千字で、146枚の写真を収録。
旧日本軍が南京入りした1937年12月13日から1938年1月31日の6週間に及ぶ
殺人、放火、女性への暴行、略奪などで、30万人以上の中国人が犠牲になった史実が書かれている。

このほか、「南京占領前の旧日本軍の残虐行為」、「1938年2月から8月の南京における暴行」、
「旧日本軍による南京爆撃」、「旧日本軍の南京における『慰安婦』への暴行」などが記されている。

歴史を鑑(かがみ)として、平和を呼びかけるため、記念館は南京大虐殺の生存者、金陵図書館、南京の小・中学校に同書を寄贈する予定だ。

http://people.ne.jp/2004/07/07/jp20040707_41088.html
258unknown:04/07/09 14:30 ID:PN8TpJ2q
>>254
へぇ、君、「ウンコ」以外にも言えるんだ。
259unknown:04/07/09 14:57 ID:XWUG2rm4
>>201
もともと貴方は論敵ではなかったということですね。
>>202
君、小学生?
小学生にも判る理屈が貴方には判らないと言うことですね。
>>203-204
もし露西亜が住みやすい国だったら、同じ事が言えますか?
257=1って、某板で論破されて逃げ出してきたわけ?
該当する板に行けばいいのにこんな所で何やってるの?
だからコピペは無視しろってのが分からないのか?
262あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 18:30 ID:i4qDSi+8
>>213が昔の11式や99式をもってランボーしてるところを妄想する
263unknown:04/07/09 18:38 ID:PN8TpJ2q
>>259
ちゃんとスレ番工夫しないと、面白くも何ともないですよ。
264unknown:04/07/09 18:39 ID:PN8TpJ2q
263の訂正
×スレ番
○レス番
265あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 18:56 ID:w+b4P1VL
伊丹十三が出ていた「幻化」というドラマで
特攻隊が最後突入の時、モールス信号で
「トツニュウスル」とか打つのを
無線士が聞くシーンは鬼気迫ってました。

無線士だからそれを聞かなければいけない。
2661:04/07/09 19:19 ID:QKypYmrW
すまん。


このスレ立てた後はしばらく2チャン見て無くて今久々に見たんだけどこんな流れになるとは思ってなかった。
2671:04/07/09 19:21 ID:QKypYmrW
たびたびすまん。俺としては>>12のようなネタを期待してました
>>267
本気で言ってるなら「キチガイ」の一言が余計だったね。
誰かの指摘通り日本軍に限ったことも。

[戦争にまつわる怖い話、怪奇ネタ]なら・・・
それでもどのみち軍オタやら南京云々な人の登場は避けられない。
まぁ、こんなもんじゃない?
2691:04/07/09 19:43 ID:QKypYmrW
んじゃその方向でお願いします。

戦争、軍隊に関するカルトネタで
270unknown:04/07/09 20:22 ID:PN8TpJ2q
旧日本軍が恐怖する天敵。それは、毎晩毎晩現れる・・・・・・南京虫。

>>269 1
本当にこんな話でいいのかい?
271あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 21:09 ID:LZIxinQn
そうか!南京虫30万匹大虐殺だったのか!
南京豆茹でるのも虐殺だ罠
273あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 21:13 ID:NH7myTye
>>271
ちと、ハズしたぞ。
南京虫、刺されるとウツる病気があったよな?
なんだっけ??
274あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 21:23 ID:p4T3Catz
>>257

>「七・七事変(蘆溝橋事件)」67周年を前に、

ここ読んで、蘆溝橋事件は共産ゲリラが引き金を引いた、っていう内部リーク
の証拠が出たのかと思った・・・。w

ずいぶん前の話題だな、と思ったけど、違ったかw

>>227
え?医療用というかマスタードガスの原料?
>>174
広島県竹原市にある大久野島のことかな?
当時は地図にも載ってなかったそうだけど、今はウサギがいっぱいの
リゾート地だよ。レンタル自転車もあって気軽に島内を一周できるから、
一度行ってみるといい。

当時の毒ガス貯蔵庫や弾薬庫が残ってるんだけど、真夏でも
半地下の貯蔵庫内は冷や〜と涼しくて、保存状態が良いのか
30年以上も前の落書きが、まるで昨日書いたかのように鮮明に
残っているのが少々不気味だった。
毒ガス資料館もあるよ。

ttp://www5.big.or.jp/~koala/okunoframe.htm
ttp://www.city.takehara.hiroshima.jp/kankou/t_dokuga.html
277あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 21:55 ID:FUGywevh

木口小平は氏んでもラッパを吹いていた・・ ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
チョソは終わったことになぜこれまで粘着するのでつか?
http://www.anti731saikinsen.net/
私たちは、中国人180名が起こした「731部隊細菌戦裁判」を支援しています。
裁判は、まず1997年8月、細菌戦被害者108名が日本国を被告に謝罪と賠償を求めて提訴して始まりました。
被害地は、浙江省の衢州・寧波・義烏・崇山・江山、湖南省の常徳でした。また、1999年12月、浙江省東陽、
塔下州、湖南省常徳の市街地周辺の人々など72名が第二次裁判を起こしました。江山はコレラ被害、他はすべてペスト被害です。
現在は、第一次と第二次は併合されて審理されています
この裁判は東京高裁で審理中です。東京地方裁判所は原告らが申請した人証中の証人11名と原告7名の合計18名を証拠採用しました。18名の証人と原告の証言は、
2000年11月から2001年3月までの6回の裁判で、世紀をまたいで行われます。いずれも歴史的な意義をもつ貴重な証言です。
特に細菌戦被害者である原告たちの怒りの声は、日本総体の責任を問うものであり、あらゆる階層の日本人が襟をただして聞くべきものであります。
私たちの願いは、18名の証言の内容を伝えるこれらの文書が、広く普及して多くの日本人に読まれること、また、この貴重な証言が記録として永く後世まで伝えられることです。


279あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 21:59 ID:FUGywevh

 木口小平の名前の各文字は全て左右対称だ・・  ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
280あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 22:02 ID:FUGywevh





っていうか名前が左右対称だ・・  ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
>>276
大久野島で製造されてたのは農薬。
毒ガスなど作ってない。
282あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 22:48 ID:SLO/Irn6
ここは>>213がしょぼい軽機関銃の11式と99式でいかにランボーな戦闘をするのか討議するスレと化した!
>>273
リケッチア
284あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 23:34 ID:vaM2ql0k
>213おまえのランボーのイメージはおとなしく伏せ撃ちしてる普通の歩兵か?それなら、ただの精薄だ
285あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 23:43 ID:QKypYmrW
>>213
義烈空挺隊の義号作戦は飛行場奪還作戦なんかじゃないよ。
敵飛行場に強行着陸して適当に暴れてぶっ壊してこい、その後は知らねーよ!!っていう
特攻作戦。
ノ http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1060181183/l50

軍事板のこのスレもよろしく
287あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 23:53 ID:vaM2ql0k
義烈は火炎ビンをアメリカ航空機の操縦席に投げ込むだけの、ある意味オカルティックな特攻隊
>>281
ふーん
289あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:05 ID:TL7r1GjU
11式や99式でランボーな戦闘してもかっこ
悪いし攻撃力が低すぎ。発射速度は遅いし弾の威力は低いは弾切れは早いはどうしようもない
290あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:11 ID:vIhBBDSx
「侵華日軍南京大屠殺暴行日誌」(笑
超有名な捏造写真ばかり集めた本。
たしか、この本にあった写真を国民党の宣伝部が書いたとわかる部分を
トリミングで隠して教科書に載せて問題になったよね。
291あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:14 ID:p/fvwFXj
>>287
ワロタ



って不謹慎だなオイ。。。
292あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:21 ID:9I2ZBeVg
旧日本軍といえば、731部隊かな、やっぱり。
もぉ、、、興味本位での残酷且つ冷酷なありとあらゆる人体実験をしまくった。
「悪魔の飽食」って本に詳しく載ってるけど、恐ろしい・・・
293あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:25 ID:T+8qFiV/
>>282
>>284
>>289
きもすぎ、いやマジで。
>>292
あれを映画化したのが黒い太陽だっけ?
295あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:31 ID:vIhBBDSx
>>290のは「日寇暴行実録」と間違えた。
296あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:32 ID:vIhBBDSx
>>292
あれは小説でしょ?
日本の古武道、合気道の達人塩田剛三の話

「これを思い出す時、私は不愉快な思いが込み上げてくるのを禁じえません。それほどまでに忌わしい記憶でありますが、
人間がまぎれもなく行った行為のひとつを若い皆さんに知っていただくために、あえて語ることにします。

当時、中国に侵攻していた日本軍の駐屯地での出来事です。あるとき、駐屯地の一隅で何人かの兵士が集まって騒いでいます。
何事かと思って顔を出すと、連中が中国人の捕虜を取り囲み替わるがわる捕虜を殴りつけているところでした。
彼等はそれぞれ空手や拳法の有段者です。そして、自分の突きで本当に一撃必殺かどうか捕虜を実験台にして試していたのです。
無抵抗の相手に向かって、渾身の力を込めた拳が叩き込まれます。
捕虜の中国人がうめき声をあげて体をくねらせます。そこにまた、次の拳が飛んできます。捕虜は体を二つに折って顔ゆがませながら、
それでも歯を食いしばって耐えています。その腹に、また別の拳がめりこみます。目を背けたくなるような光景です。
人が人をなぶりものにして平気でいられる狂気の行為がまかり通っているのです。(中略)捕虜の中国人は、
目に日本人への憎しみを一杯にたたえて、この残忍なリンチに耐えていました。(中略)

みなさんも覚えておいてください。このエピソードのように、武道という素晴しい文化も、
使う人の心のあり方次第で残忍な暴力行為に成り下がってしまうのだということを。
弱い立場にいる無抵抗の人間に向かって面白半分に叩き込まれる拳など、もはや武道の名に値しません。」  
298あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:34 ID:vIhBBDSx
フランスの国際法学者フォーシーユは、日本軍をついて次のように語っている。
「日中戦争で日本軍は、敵が国際法を無視したにも拘らず自らはこれを守り、
日本軍人であることに誇りを持っていた。
中国兵は卑怯にして残虐極まりない軍隊で、例えば中国軍の捕虜になると、
四肢を斬り分けられ、生きながらに火炙(あぶ)りにされたり、磔(はりつけ)
にされたりしたのである。
更に日本兵の屍に対しても、酸鼻を極めた蛮行を行っている。
即ち死者の首を切り落とし面皮を剥ぎとり、或は男根を切り落し、胸部を
切り開いて石を詰め込み、首は両耳を穿って紐や針金を通し、さながら魚
を串刺しにしたように口から喉に紐を通して持ち運びする等々、それが中国
軍の戦争様式であり、日本軍には絶対に見ることのできない支那の戦争文化
である」
>>287
それでも一機が飛行場に突入成功
米機40余機を破壊したという実績有り(米側発表の損害数ね)
>>298
あの頃の八路軍は、国際法もなにもあったもんじゃない田舎者の軍隊、
いや軍隊という規律のある組織でもなかったですから。
水滸伝とかのノリで日本軍相手に戦争してたんです。。
301あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 00:51 ID:vIhBBDSx
銀輪部隊これ最強
>>300
中国では伝統的に匪賊と軍人の境界が曖昧らしい。
303unknown:04/07/10 00:53 ID:qhACDeU9
ほどよい時刻となりました。

では、私の個人的な話をしてみよう。
ちょっと方向性は違うかも知れないが、一応旧軍に関係はある。怖いかどう
かは読んで判断してほしい。また、信じない人は信じなくてもかまわない。

私が生まれたのはとある地方都市からローカル線で20分くらいの炭坑のあ
る町。ようやく戦後の復興期を迎え、間もなくオリンピックも開かれよう
という頃だ(年がばれてしまうが、まぁ仕方ない)。
私のうちからすぐの所に祖父の家があった。祖父の家の向かいには、5mほど
の巾の道を挟んで中学校があった。戦時中は陸軍の部隊が駐屯していたら
しい。

つづく
中国研究家の長野郎氏は「現代支那全集/第四巻/支那兵・土匪・紅槍兵」では
以下のように書かれている。
「兵士は三々五々付近村を略奪するが、時には村の土豪と組んで人民を絞り上げたり
夜間土匪に変じて人質狩りを行ったりする。店に入って人を追いだし、大安売り
を行って金を手にし、次の町へ行軍を続ける」、「女の凌辱は常習的で、この点土匪
より行儀が悪い。戦争に負けて逃げるときは沿道の婦女を蹂躙し尽す。土匪討伐の
ときもやっている。団体で女学校を包囲し、学生全員を侵したこともあった」
305unknown:04/07/10 01:00 ID:qhACDeU9
つづき

祖父の家の二階の押入には一辺が60cmくらいのブリキ製の箱があり、中には
落下傘が入っていた。終戦の時に兵隊さんからもらったと祖母は話していた
が、真意のほどは判らない。あの衣料が貴重な時代に上等の絹で出来た落下
傘に手を付けなかったのも不思議な話だ。その落下傘は立派なもので、広げ
ると祖父の家がすっぽり入るくらいだ。家が小さいせいもあるが。
その落下傘を、バチ当たりな事に、ハンカチ大に切って、ひもを通しておも
ちゃの落下傘にして遊んでいた。体の弱かった私によく兄が作ってくれてい
た。二階の窓から落とすと、おもちゃの落下傘はふわふわと庭に降りていっ
た。兄が庭にバツ印を書いてくれて、うまく真ん中に当てると我がことの
ように兄が喜ぶのが私も嬉しくて、何回も何回も窓から落とした。庭に拾い
に行くのは兄の役目であった。
落下傘の本来のひもは丈夫なもので、適当な長さに切って両端を木の枝に結
わえつけて、兄のブランコになっていた。

つづく
306unknown:04/07/10 01:03 ID:qhACDeU9
つづき

子供のおもちゃなどにせず、そのまま残っていたら今ではずいぶん貴重なもの
であったであろう。何時処分したかは判らないが、祖父が亡くなるときにはそ
の落下傘はもうなかった。
その落下傘について、不思議なことに私の記憶ではシミ一つない真っ白なイメ
ージと、ずいぶん黄ばんだどちらかというと日焼けした汚いイメージの2つが
ある。兄によれば、黄ばんだものであったらしい。念のために聞いたことがあ
るが、落下傘はその黄ばんだものひとつだけだという。白い落下傘はなかった
ようだ。
ところで、私の父は、戦時中まだ学生で、勉学そっち抜けでモッコ担いでせっ
せと飛行場作りをやらさせられていたそうだ。父の作った飛行場から、終戦
の直前にプロペラを後ろに付けた一風変わった戦闘機が飛び立った。最近に
なってその試験飛行の時の映像をネットで見たが、確かにそこにいたという
父の姿は、画質が悪いせいか全くわからなかった。

つづく
307unknown:04/07/10 01:06 ID:qhACDeU9
つづき

父に言わせると、件の落下傘は戦闘機搭乗員の脱出用のものではないかと
いう。それにしては大きすぎる。明らかに重武装した空挺用の大きさだ。
いや、あの戦闘機はプロペラが後ろにあるから、搭乗員が脱出するときは
火薬で座席ごと打ち出すもので、落下傘は座席についていたと父は主張する。
旧軍で射出座席が実用化されたとは聞いたことがないので、父の勘違いであ
ろう。現に祖母は陸軍の兵隊にもらったと断言しているし、父も中学校に陸
軍の部隊がいたことを認めている。
しかし、炭坑の町に駐屯していた陸軍の部隊が何故落下傘を持っていたのか
は疑問が残る。
さて、祖父の家は基本的に日本家屋で、戦時中は軒下というか、床下に鶏を
飼っていたらしいが、私の子供の頃には犬が住んでいた。
その日本家屋の西側に唐突に洋風の建物がへばりついていた。中は一室だけ
の洋間である。
終戦直後に建て増したらしいが、日本家屋に規制するように寄り添って、そ
こだけ地面まで壁があり、とても違和感があった。

つづく
308unknown:04/07/10 01:09 ID:qhACDeU9
つづき

小役人をしていた祖父が、戦後の混乱期になぜ一室だけ建て増したかは今と
なっては判らない。食糧難の時代に沢山飼っていた鶏を食べ尽くし、父が結
婚する際に役所を辞めてその退職金で結婚させたくらいに貧乏とは言わなく
ても余裕はなかったはずだ。
それはともかく、その洋室の下に地下室があることを私は知っていた。
いや、ものごごろついたときには既に私の隠れ家であった。
どうやって、その地下室を見つけたのかは覚えていない。そして、幼稚園に
通うようになると、何故か地下室に行くことはなくなっていた。
ずいぶん後になって兄に尋ねたことがあるが、兄はそんな地下室などないとい
う。そのくせに、他の人には言うなという。頭がおかしくなったと思われて、
キチガイ病院に入れさせられるぞと脅された。
兄に内緒で祖父に話したことがあるが、答えを聞いたような聞かないようなあ
やふやな記憶しかない。その祖父も亡くなって久しい。

つづく
309unknown:04/07/10 01:16 ID:qhACDeU9
つづき

幼稚園に入る前だから、せいぜい5才かそこらか。だから記憶は断片的である。
しかし、一つ一つの断片は鮮明に覚えている。ちょうどアルバムの写真のよう
に、写真に撮られた光景だけは何回も見返すせいか鮮明に記憶しているが、連
続して体験したはずの写真から写真への記憶はあいまいである。
地下室の入り口がどこにあったか、これは覚えていない。
でも、床かなんかの一部をそっと横にずらすと子供なら立って入れるくらいの
大きさの入り口がぽっかり開いていた。その先は真っ暗である。地下へは石の
階段で下る。真っ暗な中、手探りで降りていった。だから、入り口は入ればす
ぐに閉めたのだろう。
だいたい一階分下ると階段はなくなり、大人が一人通れるくらいの高さと巾の
通路である。床は石のような堅いもの。壁は両側とも板塀みたいな感触だった。
天井はわからない。
照明はなかった。でも、真っ暗ではなく、薄ぼんやりと、そう、ここあたりが
壁かなってくらいには見えた。

つづく
310unknown:04/07/10 01:25 ID:qhACDeU9
つづき

その通路がどのくらいの長さであったのか、全く覚えていない。そして、どう
やって地下室に入ったかも覚えていない。でも、地下室にいたことは覚えてい
る。
地下室は1室だけだが、結構広かった。例えは変だが、ちょうど学校のトイレの
大きさだ(といっても学校によって違うか。定員12人くらいの小専用区画)。
床はタイル張り。壁も四周とも真ん中くらいまではタイル張り。タイル一つ
一つの大きさは比較的小さくて、百円ライターの半分くらい。全て、床も壁も
同じタイル。色は薄い緑。タイルの上の壁と天井は土蔵の壁のような白い漆喰。
そう。その部屋には明かりがついていた。裸電球。傘なし。確か2個。
明かりはどうやって点けたのだろう。5才くらいといっても私は小さい方だった
ので、普通の壁スイッチに届くか届かないか。いや、その地下室に最初に行った
のは2〜3才くらいだろうから、スイッチには届かない。やはり明かりはいつも
点いていたのだろう。
あと壁には衝立。ん〜、なんて言ったらいいんだろう。そう。ちょうど、男子
トイレの仕切りみたいな感じで、地下室の一面とその対面にいくつか。衝立も
おなじタイル張りで、高さは壁の真ん中くらいよりちょっとした。大人の肩よ
りちょっとしたくらい。下は床まであった。
だから、そう。例えは変だが、これに便器がついていたら、まさしく学校の男
子トイレ。おしっこする方。

つづく
311unknown:04/07/10 01:29 ID:qhACDeU9
つづき

壁にシャワーでも付いていたら、シャワー室でもいいかもしれない。そういえ
ば、配水口とかもない真っ平らな床だったなぁ。
こうやって書いているといろいろと思い出してくるものもある。
けっこう、埃っぽくはあった。臭いは・・・あまりしなかったかな。熱いとか
寒いとかも感じなかったから、意外と空調のある部屋だったかも知れない。
いや、それはないか。壁には吹き出し口みたいなのもなかったし。
音。音は聞こえていた。外の音。車が通る音。ジェット機の音。そう。父が
作った飛行場は戦後米軍が接収してジェット戦闘機を飛ばしてた。進入路の
直下の建物に落ちたり、橋に落ちたりもしたことがあった。
車の音は鮮明に記憶しているので、その地下室は洋間の下ではなく、表の道
の下にあったのかもしれない。
壁とか、タイルとか、そんなに古い感じはしなかった。ただ、一カ所だけ、
泥みたいなものが床にこびりついていて、怖いという感じじゃないけど、
その泥のようなところだけは近づかなかったような気がする。

つづく
312unknown:04/07/10 01:32 ID:qhACDeU9
つづき

その地下室で、私は何をしていたのだろうか。特に何をしたという記憶はない。
寂しい感じはなかった。何か霊的なものでもいて、一緒に遊んでくれてたのか
なあ。それもなさそうだ。私は特に霊感がある方ではない。金縛りも2回しか
経験ないし、幽体離脱って言うのかな、も1回しかない。友人がとある場所で沢
山の霊を見て大騒ぎになったときも、なんとなく3体くらいしか感じなかった。
そのころは、体が弱く、普通に部屋でも一人ぼぉっとして過ごすことが多かった
ので、きっと地下室でもぼぉっとしていたと思う。
で、不思議なことにこの地下室から元に戻るときの記憶はない。
部屋のどこに通路への出口があったかも覚えていない。
きっと、洋間の入り口のような、一種のからくりになっていたんじゃないかと
思う。

つづく
313unknown:04/07/10 01:51 ID:qhACDeU9
つづき

あの地下室は実在したのか。何か全く異なる記憶と混同しているのではないか。
何度か自分でもそう考えたことがある。しかし、断片的とはいえ、一つ一つは
鮮明な記憶がある。また、落下傘でよく遊んだ二階の階段と洋間はほぼ祖父の
家の端と端であったので、洋間に行こうとすると必ずと言っていいほど祖父か
祖母と顔を合わせることとなる。
地下室に行くのは秘密であり、祖父や祖母に悟られないようにしていたことも
記憶にある。実際に地下室に行くのをあきらめたこともある。
だから、きっとあの地下室はあったのだ。
地下室から戻るときの記憶がないのは、多分隠れて行くときのような緊張感が
なかったからだろう。

つづく
314unknown:04/07/10 01:58 ID:qhACDeU9
つづき

地下室の実在は疑ってはいないが、あの地下室が何だったのかについてはさっぱ
り判らない。
だいたい私の家系は丈夫で、兄はガキ大将でもあった。私だけが家族の中で体が
弱かったが、生まれたときは健康優良児で表彰されたこともあった。今でも賞状
を片手にもって丸丸といかにも健康そうな赤ん坊の私の写真が残っている。
体が弱かった時期と、地下室通いをしていた時期と重なることは重なる。しか
し、そのころは母と祖母の折り合いが一番悪いときで、そのことが私の健康に
大きく影響したと考えるのが自然だろう。
やがて、幼稚園に通うようになり、地下室に行くこともなくなった。
そのころから母は外の世界と言ってもパートや習い事に生き甲斐を見いだして
表面上は祖母を無視できるようになった。そんな家族に冷たくなった母は嫌い
だったが、ともかく私は健康になっていった。

つづく
315unknown:04/07/10 02:11 ID:qhACDeU9
づつき

本当は書きたくない、思い出したくもない。今でも背筋がぞくぞくする。
でも、やはり書いておかなければならない。
一度だけ、女の子と地下室に行ったことがある。いや、行こうとしたような
記憶が残っている。洋間から地下室に行こうとしたときに傍らに女の子がいた
気配がいまだに肩の裏当たりに残っている。
それが何故か私の感覚では妹なのである。もちろん私に妹はいない。これで
子供の頃のアルバムに所々写真を抜いた後でもあればご都合主義の三文ドラマ
だが、残念ながらそのような事実はない。だが妹なのだ。
あるいは近所の子かも知れないが、ほとんど外で遊ばなかった私にそのような
ガールフレンドがいたとは考えにくい。
もっとも小学校に上がる頃にはすっかり二代目ガキ大将になり、女の子の尻を
追っかけるのは得意技となった。女房がいる今でも得意技で、時々家庭争議を
起こしている。
ただ、今でもその女の子の気配を思い出すだけで、寒気が止まらなくなる。
多分、いつものように明日は寝込むことになるだろうが、ちょうど週末でたす
かった。この体調の変化はなんとも説明が付かない。
あの女の子は誰なのだろう。そして、地下室に行く前の気配しか記憶していな
いのは何故だろう。何か、思い出してはいけないことを思い出しそうな、そん
ないたたまれない気持ちをあと何回繰り返すのだろう。

つづく
すでにツッコミどころ満載なのはいかがしたものか・・・
317unknown:04/07/10 02:16 ID:qhACDeU9
どうぞ、突っ込んでください。
次回は最終回です。
318unknown:04/07/10 02:19 ID:qhACDeU9
つづき

やがて炭坑が閉山し、町は廃墟のようになった。兄が遠くに就職を決め、家を
出て行った。あれだけ仲のよかった兄だったが、私が健康になると疎遠になった
ような気がする。だから、兄が家を出るときも寂しくなかった。
祖父が亡くなり、祖母も亡くなった。犬は私が引き取り、祖父の家は更地に
なった。
ある日犬がいなくなり、3日後、轢死体でみつかった。近くに高速道路が開通し
た頃だった。
今は私も田舎を離れ、家庭を持っている。父母は健在であるが、たまに電話す
るくらいで、田舎に帰ることもほとんどない。

兄とはこの5年くらい、声も聞いていない。

おしまい
長すぎて読む気がしないんですけど。
320あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 02:23 ID:sdI9iX6r
全部読みました。
でも、私にはよく理解出来ませんでした。
失礼ながら、遠い記憶を書きつづっただけのような気がします・・・
321unknown:04/07/10 02:23 ID:qhACDeU9
>>319
まとまりがないのは自覚してるけどね。

別に読まんでもいいですよ。たいした話じゃないし。
俺個人の体験だから、久しぶりにいやぁぁぁな気分になって、俺個人としては、まぁ満足。
>>315から>>318の間がいきなり話が飛んでる様な気がするのは、
私の読解力の無さ?
それともちゃちゃが入ってむくれたの?
323unknown:04/07/10 02:26 ID:qhACDeU9
>>320
>失礼ながら、遠い記憶を書きつづっただけのような気がします・・・
失礼でもなんでもなく、まさにその通りです。

こんどは、どっか別のところでこっそりと、軽快タッチのフィクションに挑戦してみますわ。
面白かった。
enigmaスレ向きかも。
325あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 02:28 ID:byZXvhLe
結局何が言いたいのか良くわかりませんでした。
雰囲気を楽しむものですか?
326あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 02:29 ID:sdI9iX6r
>>323
ごめんなさいね・・・
全部読むくらいですから、楽しんで読んでいましたのでご容赦を・・・
327unknown:04/07/10 02:30 ID:qhACDeU9
>>322
いや、本来時系列的には>>315>>312あたりにかぶる話なんで、>>313>>314>>318
だらだらとしたエピローグです。
単に私の文章力のなさが原因です。
328unknown:04/07/10 02:39 ID:qhACDeU9
>>325
訴えるものは確かになんにもありません。
古くからの炭坑の町なんで、いろいろオカルチックなネタはあるんですが、
手始めに体験談って事で、あんまり創作は入れませんでした。嘘はところどころ
入っていますが。結果的に旧軍が関係してるんかどうかさっぱり判らないものに
なっちゃいました。実際自分でもさっぱりわからないんで仕方ないことかも知れません。
一応、どの部隊がいたのか調べたことはあるんですが、結局判りませんでした。
終戦間近のほんの一時期いただけみたいですが。

>>326
少しでも楽しんでいただけたとしたら、とても嬉しいです。
いろいろあるけど、
地下室と落下傘がよかったでつ。
330unknown:04/07/10 02:45 ID:qhACDeU9
>>329
落下傘はねぇ、端切れでも今残ってればねぇ  って思っています。
地下室は、今残っているとしても、とても一人で入る勇気はありません。
最初は落下傘ネタと地下室ネタは、分けようかと思ったんですが。ぜんぜん関係ないし。
怖い話かぁ・・・・

戦死者が多かったから、嫁を義父がやっちゃったとか
結婚後旦那が戦死した出戻りの妹を兄か弟がアレして
それだけでも地獄絵図なのに子供できちゃってしかも
その子供がアレとか

まぁあの時代じゃ今の自販機並にころがってた話しだが
ガ島で全滅した、一木支隊の話は?

全滅後に、北海道(旭川?)の原隊駐屯地に泥塗れ・血塗れの姿で
隊伍を組んで、夜半に帰還してきたってやつ。
あるいは都市伝説の類かも知れないけど。

なにせうろ覚えなので。スマソ。
旭川にすんでますが未だに出ますもんね
>>290みたいに
「その写真は捏造だ」と言う、南京大虐殺否定派の”ウソ”に騙されないために丁度良いページがある。

http://www.nextftp.com/tarari/index.htm
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/zanshu_hen.htm
歴史家は南京大虐殺を写真によって証明しているわけではない。
写真が証拠であるとして主張しているわけでもない。
否定派が「『肯定派』が写真を南京大虐殺の証拠にしている」と騒いでいるだけなのである。
むしろ否定派の「捏造攻撃」にたやすく騙され、否定派になびいていくひとたちをも対象としている。
その意味でばからしいのは承知の上であるが、捏造主張のいい加減さ、
と捏造主張に取り憑かれる否定派の精神構造を明かにしようとして書いたものである。

http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/kage_uso.htm
「影がおかしいから、捏造写真」というウソを見破るための要件
1.光の方向を確かめること。
2.地形データを読むこと。
3.対象物との距離、対象物相互の高低差を読むこと。
4.もし、これらの情報が写真の内部にないときに軽率な判断を下してはならない。

http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/murase.htm
また4.のように後手に縛られた姿勢から上着が脱げることはあり得ない。
これは生前に加えられた暴行の存在を示している。いったい、戦闘というのは後手に縛られてできるものでしょうか?

http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/soushu.htm
というわけで、松尾さんは「夏服が多い(冬服は少数)」と言ってみたり、「全部夏服」と言ってみたり、
私の突っ込み方次第で自在に主張を変えていたのです。みなさん、松尾さんはこういう写真判定をしているのです。
ただし、大きな写真でみると影の短さから夏であることは判断できまし。
松尾氏は、記事からいつ撮影されたかを読んで、南京陥落時の撮影ではない、
いうことを強調しているわけだが、それがどうしたというのか。南京虐殺をした後になっても、
まだ、捕虜の集団虐殺を続けていた、ということを示しているわけだが、それはいいのか。
アメリカの都市伝説で,戦争の終わりを予言する霊というのがあって,
タクシーとかにおじいさんを乗せると,戦争のニュースをやっていて,
運転手が,「いったい戦争はいつまでつづくんでしょうね.」とかいうと
「夏までさ.ヒトラーは自殺するのさ.」といってそのまま消えるという
のがある.そのなかのバリエーションに「日本の西のほうでは一度に
たくさん人が死んでそれで終わりさ.」とか,「沖縄ではたくさん人が
自殺するのさ.」とかいうのがあるけど,そんな話はないですかね.
336あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 09:14 ID:EgErvRNp
明日は自民党が圧勝するのさ
ウチの爺さんは本当に悪党ヅラの悪党でどんだけ世論が左翼に傾いても
「オレはシナでチャンコロどもをぶったぎってやった」
という武勇伝を酒が入ると親族、その他関係なく吹聴する元気なジジイだった。
俺はそんなジジイの話を楽しみにしていたのだが
そういう場になると父は何故かいつもそそくさと宴の場を後にするのだった。
その場に居る時でもジジーの方をチラリと見ては苦虫を噛み潰したような顔をしていた。
それでもジジーの魂は数十年前のシナに飛んで群がってくる娼婦(ジジイは慰安婦の存在を否定している。ヤツラが好きモノなだけだと言い張っている。)
や、便衣の群れの相手をしているので全然気にはしていなかった。

そんなジジーも数年前ガンに倒れた。
その通夜の夜。明るくて、楽しいジジーではあったが性格が性格なので、あんまり友人もなく、身内だけで済まされたその夜
親父がポツリと言った一言に俺は恐怖するより、なんとなく合点がいってしまった。

「・・・・・・もう見なくてすむナァ・・・・背後霊・・・・・・・・」
338あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 11:43 ID:rX1VYDB4
>>337
鮮やかなオチです
なさけねぇ〜自慰様だこと!
>>337
>それでもジジーの魂は数十年前のシナに飛んで群がってくる娼婦(ジジイは慰安婦の存在を否定している。ヤツラが好きモノなだけだと言い張っている。)
や、便衣の群れの相手をしているので全然気にはしていなかった。

ここがわかんない
>>unknown
まあおぼろげな記憶なんてそんなもんだ。
なかなか面白かった。
関東でも丘陵地に造成された住宅地の下に、実は戦時中の地下壕が掘り巡らされ、
実態も明らかになっていまいまま塞がれていて危険だという報道があった。
軍がからんだ場所はそういう地下室がけっこうあるんじゃないかな。
>>340
それはおまいの読解力不足
343あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 11:53 ID:1KqnN7/c
うちの実家は築80年の日本家屋なのだが、20年前まで庭に防空壕跡があった。
その防空壕跡を埋め立てることになった時、近所の老人たちが皆集まった。
東京大空襲でも、この近辺ではうちの実家だけ焼けなかったため、
うちの防空壕は縁起がいいと言われていた。(実際、終戦まで焼けなかった)
崩落の危険があるといわれていたのだが、最後のお別れということで、
防空壕の中を片付け、中でささやかな宴会のようなことをした。
近所の老人たちの思い出話が次々と出る中で、うちの曽祖父の話が出た。
曽祖父は海軍の職業軍人で、近所でも有名な堅物。この家を建てて、しばらくしてから死んだ。
空襲の時、この防空壕で息を潜めていると、その曽祖父の声が聴こえてきたのだという。
「頑張りなさい」「だいじょうぶだ」「しっかりしなさい」「落ち着きなさい」「怖がるんじゃない」と。
誰か一人がそのことを言うと、老人達は口々に「あれは私だけに聴こえてたわけではないのか」と。
皆、恐怖のあまりの幻聴と思い、狂人扱いされたくないので黙っていたのだという。
当時、中学生だった私は「フーン」としか思わなかったのだが、今、思い出すと胸が熱くなる。
ひいじいちゃん、ありがとう。
344あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 12:14 ID:rX1VYDB4
♪海ゆかば
>>342
 そうか。

 では、すまないが詳しく説明してもらえないだろうか?
 「…魂(が)、娼婦や便衣の群れの相手をしている…」てのはどういうこと?
>>345
オカ板でなんでそんな突っ込みが入って、それにいちいち説明まで
しなきゃいけないのか悩むとこだが。。

そのじいさんは酒飲んで、周りの人に、その当時の自分をそのまま
実況してる気分で気持ちよく語ってるってことだろ。
>>345
便衣=軍服ではなく、普段着を着た兵士。日本軍から見れば、一般市民との見分けがつかない
348あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 13:20 ID:jq0kRHi2
>>293にランボー出現!
99式軽機関銃で大暴れするように、このスレを荒らしてやがる。きっと片手で99式軽機関銃のようにゆっくりタイピングしてるんだろ
>333
詳細キボンヌ
350337:04/07/10 13:45 ID:E9rRUMSY
漏れの書き様が悪くて申し訳ないがジジイは便衣の連中が死ぬほどウザくて(本人談。でも本当はビビリまくりと思われ)
上官だかリーダーにほとんど民間人ごと皆殺しみたいな作戦を立案(本人談。でも本当は立案ていうかただ言って見ただけと思われ)
したところ危うく営巣行きになりかけたそうな。とにかくジジーは自分がチャンコロみたいなヤツなので浮いてたらしい。
それを聞くたび漏れは(ジジーとは違う)日本人に生まれてよかったと思ってたね。以下クソジジイの武勇伝

●娼婦相手に抜かずの十連発。
●素手で敵小隊撃退。
●一にらみでベンガルトラ瞬殺。
●小隊長に自分だけ殿付け。
●まぁ俺が本土に居れば原爆はおちなかったわな。

最後のヤツが一番登場頻度が高かったと共に一番意味不明。
351あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 13:59 ID:byZXvhLe
94 :  :03/12/04 11:15 ID:mHETzOWz
日本人がしなければならないことは3つある。
1相手に変化を求める前に自分が変わること、
2過去の「負の遺産」の清算をきちんとすること、
3日本で生活している「在日」の大半が日本名を名乗り、日本人として振る舞っている意味をもう一度考え直すことだ。
> ●まぁ俺が本土に居れば原爆はおちなかったわな。

竹槍でエノラ・ゲイ撃墜か。
>>350の祖父は江田島平八
354あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 15:03 ID:rX1VYDB4
>●素手で敵小隊撃退。

コ、コマンドーと呼ぼう
355あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 15:12 ID:jUpYGyqL
>>350
ジジイの話に目を輝かせて聴いてたお前の姿が目に浮かぶよ プゲラ
356あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 15:47 ID:jq0kRHi2
350はホントならランボー以上だな
特に素手で撃退と本土にいたら原爆は落ちないのところが江田島平八らしい



ホントのわけねえけど
http://home4.highway.ne.jp/deadsoul/ka/guntaitanuki.html
【軍隊狸】

○戦場に赴き、日本軍を影で支えた狸たちのこと。

○当時の日本軍、道理で強いわけです。なんというか、メンタル面で。

  事例1 愛媛県周桑郡壬生川町 松谷みよ子氏の話
 伊予の喜左衛門狸は日露戦争に出征した。小豆に化けて大陸を渡り、上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと
全軍に散り、赤い服を着て戦った。敵将クロパトキンの手記には「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現
れて、この兵隊はいくら射撃してもいっこう平気で進んでくる。
この兵隊を撃つと目がくらむという。赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた」と書かれている。

  事例2 香川県高松市 室津源太郎氏の話
 日露戦争の時、高松のじょうがん寺の狸の総指揮の元、狸たちが出征した。兵隊に化けて山を作り、ロシア兵が
登るなり山をひっくり返したりした。凱旋の時には狸までが提灯行列をしたという。

  事例3 中国上海中支派遣軍八一〇一部隊 松谷みよ子氏の話
 昭和十五年冬。柳橋という場所で友軍の一個小隊が敵軍に包囲されて全滅に瀕しているという報告が入り、K氏
所属の一個小隊は待機を命じられた。その後Kさんと戦友三名が偵察の命を受けた。小高い丘で動き回っている敵軍
を発見し、報告に引き返そうとした途端に銃撃を受け、気がついた時には大陸の広野の果てしない暗闇の中に震え
ていた。その時、一人の戦友が「あっ提灯」と叫んだ。Kさんが振り向くと、目の前には懐かしい大三島神社の定紋
入りの提灯の明かりがあった。「五六だぬきや、五六さんが氏神さんの提灯持って迎えにきてくれたか」そういって
提灯の後をついて走り、無事に帰りつくことができた。

○いずれも『現代民話考(松谷みよ子 立風書房)』より

○どれも大好きな話です。『平成狸合戦ぽんぽこ』も形無しですね。
211 名前:名無し三等兵 投稿日:2001/07/29(日) 04:54
ガキの時分に、鍼灸師のジジイから聞いた話。ちょっと変わった幽霊談です。

ニューギニアのあたりのある戦場でのこと。
大規模な戦闘をした部隊があって、その後、その部隊の前線基地に、
夜な夜な、死んだ兵隊たちが現われるようになったそうです。
彼らはいずれも、足がちゃんとあり、懐かしそうに
「よお!」とか言いながら、現われるのだそうです。
いずれも確かに戦死した連中ばかり。
神主の息子の兵士がまじないをやったり、お経をよめる兵士がお経を詠んだりしても、まったく効き目無し。
そのうち、ズカズカ上がり込んできて、貴重な飯をバクバク食う始末。
しかも、いきなり手がスルスルっと伸びて、木の実を取ったりして、明らかに化け物化している様子。
怖いやら迷惑やらで困っていたのですが、なんとも手の施しようが無い。
見るに見かねた中尉だか大尉だかの隊長さんが、幽霊たちが集まっているところへ、
ツカツカと歩いていって、いきなり大声で、
「全員、整列!」
と言うと、素直に整列したそう。そして、
「貴様らは、全員戦死した兵隊である。よってこの世にいてはならん。
全員あの世へ行って成仏するように。これは命令である!」
隊長が涙を流しながら言うと、幽霊たちは、しばらく呆然とした顔で佇んでいたが、
そのうち全員が泣き始め、やがてボロボロと土人形のように崩れていったそう。
あとにはその土だけが残り、彼らは二度と現われることはなかった。
兵隊たちはその土の大部分は現地に埋め、残りを少しづつ日本に持って帰って、供養したそうです。

「へんな幽霊だね」と僕が言うと、ジジイは、
「日本人の幽霊でも、死んだ場所が変わると、ちょいと変わるんじゃい」
と言っておりました。
359あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 16:08 ID:sX9sNx87
うちの祖父さん
パールハーバー奇襲した帰りに
フー・ファイター見たって言ってたな
>>1
基地外軍隊なら日本軍より韓国軍のほうがネタ取れるよ
361あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 17:00 ID:YhqFLS5G
>>351
こぴぺ?
釣られないな、そんな餌じゃ
あ、Bだけ答えてやる
都合によって使え分けら使い勝手がいいから。
>357
鹿島神宮の武御雷命も出征したけどズタボロになって帰ってきたんだってね。
かしまさんの検証サイトかなんかで見た。
なんつーか、天照大御神直属の神すら叩きのめしたアメリカ軍って。。。
363あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 17:15 ID:sX9sNx87
>>362
武御雷命って大国主命叩き伏せた香具師?
さいこうだぜ
>>350
わろた
吉田佐吉そのものだな
366こむぎやき:04/07/10 20:32 ID:xL8Bv/W8
>343
ええ話だなぁ。
367あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/10 21:18 ID:nL4en+KG
>>358
ガイシュツ
キスカ撤退作戦時に、幽霊艦隊の話があるらしいね。
一水戦がキスカに突入する時、待ち伏せていた米艦隊のレーダーで
南に謎の艦隊の存在が探知され、米軍の注意がそちらに向けられて
いる間に、日本軍は撤退に成功したという…。
ま、レーダーの虚探知と言えばそれまでだけど。

…そういや、虚探知も「ゴースト」って言うんだっけ、アハハ。
369あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 00:08 ID:1wqu6MRh
>松尾氏は、記事からいつ撮影されたかを読んで、南京陥落時の撮影ではない、
>いうことを強調しているわけだが、それがどうしたというのか。南京虐殺をした>後になっても、
>まだ、捕虜の集団虐殺を続けていた、ということを示しているわけだが、それは>いいのか。

あえて指摘するまでもないだろうと思うけど一応
まず、南京虐殺の証拠写真として提示しながら、それが誤りだとわかると
今度は開き直って、南京虐殺があった後に捕虜の集団虐殺を続けていた
ことを示しているんじゃないか、と言う。
なぜ、南京虐殺の証拠が否定されてるのに、それがあったということを
前提に、その後に捕虜の虐殺があったと主張するのか。
もう一つのすり替え。
便衣兵などの処刑を否定するものはおらず、それは安全委員会も不法とは
言っていない。
にも関らず、「捕虜」という前提でその処刑が「南京虐殺」にあたるかの
ように主張している。
370あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 00:14 ID:1wqu6MRh
>>351
1.それは隣国にこそ相応しい提言である。
また、史実から目を逸らして自国を悪玉だと考えたがる
倒錯した自らの心理に気づくべきである。
2.過去の負の遺産とは何のことかわからないが、少なくとも
講和した国との賠償問題は解決している。
3.在日で日本名を名乗ったり、朝鮮名でいることの理由はそれ
ぞれであり、日本人がとやかく言うことではない。
371あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 01:39 ID:ob+VfA5M
>>351
日本人がしなければならないことは3つある。
1相手に変化を求める前に自分が変わること、
2過去の「負の遺産」の清算をきちんとすること、
3日本で生活している「在日」の大半が日本名を名乗り、日本人として振る舞っている意味をもう一度考え直すことだ。


こういう書き込みを見ると、敗戦国は惨めだと思う。
3にいたっては反論するのも馬鹿らしいし。
ふと、思ったんだが、
何で吊るされた生首を持ち出さずに
切り落とされて転がってる生首を引き合いに出したんだ?
法医学教室の午後によると水死体の服は水流で簡単に脱げるとか、
てか、ああいうときこそ上野氏のような法医学者の出番のような・・・
>363
そう。諏訪神社の祭神で、武勇に優れた健御名方命を信濃まで追い詰めて降伏させた神でもある。
ちなみに神武天皇の東征でも天照から神武の援軍を頼まれたが。
「エー、タリーYO。代わりに神剣一本くれてやるからこれでなんとかしる」
と言って動かなかった。
神武天皇には力を貸さなくて、昭和天皇には力を貸すのって一体何が基準なんだろう。。。
>>334

で?w

肝心な多数の死体はどこに行った?


>>351
>1相手に変化を求める前に自分が変わること、
憲法を変えて、ちゃんと国民を守れる軍隊を持てるようにしないとね?

>2過去の「負の遺産」の清算をきちんとすること、
中共政府に、過去日本が大陸に残した資産の精算を要求しないとね?

>3日本で生活している「在日」の大半が日本名を名乗り、日本人として振る舞っている意味をもう一度考え直すことだ。
戦後、朝鮮人が犯罪を多数行ったから、朝鮮人=犯罪者っていうイメージ
が定着しちゃって、朝鮮名じゃ生活しにくくなったんだよね?
静岡県の浜名湖に戦車が沈んでるよ。三ケ日町と湖西市の境界辺り。
地元で戦車兵だった祖父さんに聞いたし、ネットでもそういう話はあるからガセでもないだろう。
敗戦直後から沈みっぱなしなので原型保ってるか解からんけど。
八甲田山に訓練中の兵士が吹雪で遭難してその霊が行進している映像とかあったな
久しぶりに覗いたら良スレになってる・・・
378名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 08:47 ID:cmkuVy29
>375
怖い話というわけでもないな。いい漁礁になってるんじゃないの?
戦後残った兵器のうち、解体や接収もされなかった兵器を適当に廃棄した部隊があったとしても
別に驚くほどじゃない罠。
379名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 09:12 ID:DiR2SXOf
>>375
沈んでるだけだったら、この間アメリカ軍が発表したやつ。
五島列島あたりに、戦後処理で日本の潜水艦が20隻ぐらい
沈めたやつの位置が特定できたと。
伊400級が一隻含まれてるってのがすごく気になるところ。
380名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:22 ID:RY0ZEYbC
海底軍艦か・・・
381名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:29 ID:1BmqLthW
遠野物語には,日露戦争のときに,ロシア人の捕虜が「日本兵は通常黒い
服を着ているが,なかには白い服を着ている部隊がいて,そいつらはいくら
うっても倒れないんだ」と言ったという話がある.当然白い服を着た兵などい
ないわけで,という話.
382名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 13:02 ID:0IAAKu3X
戦前、ある海辺に打ち上げられた日本兵の水死体にはみんな腕がなかった。これは船が沈没して非常用ボードで脱出するときに定員オーバーになったボードにしがみついてくる兵士の腕を上官が切り落としたとか・・・・
海軍で囁かれていた、船霊(ふなだま)のおいさみ、ってどうなんだろ。
明け方、女性の姿の船霊が鈴を転がすような音をたてて甲板を走る。
その後、船霊はフネを見捨てて離れていく。すると間もなく、そのフネは
沈む…という怪談。

一大根拠地のトラックで、早朝に白い服の女性が離艦するのを見たという
証言が結構あったんだよね、たしか。その直後、アメリカ軍の空襲を喰ら
って在泊の艦船は、軍民問わずボカ沈の始末。
384名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 14:02 ID:zN3VRY9w
>>376
あれすごかったな「これが日本の心霊スポットベスト100」だっけ?行軍してるのが映ってたやつ
385名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 14:12 ID:RY0ZEYbC
ねずみが逃げ出すとその船もそろそろとか
386名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:51 ID:US8G1TnX
今じゃ開発されて跡形もなくなってしまったが、昔、多摩丘陵の密林を
ヨコハマ方面に向う小さな砂利道があった。
その名は「戦車道」
横浜に戦車を搬送する道とも、試走させる道とも噂されるが良くは知らない。

「白い人が出る」「血まみれの老婆が・・・」「手が追ってくる」「哀れな夫婦」といろいろ怪談話の多い道なのだが、
その名前に反して戦車や兵隊がらみの怪談は一切聞かなかった・・・・
387名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 16:02 ID:DiR2SXOf
戦車の幽霊なら見てみたいなぁ。。。
388名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 16:40 ID:EXBed1e4
硫黄島戦にはプレデターが参加したらすい
「プレデター2」より
389名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 16:57 ID:6etIKP8D
390名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:27 ID:a0lpfJc7
「プレデター2」にそんなシーンあったか?
391名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:52 ID:efunTaCV

2はシュワちゃんでてないからぬるぽ。
392名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:59 ID:6LgkEUfN
2は最初の10分ぐらいがクライマックス
残りは蛇足>>391ガッ
393名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 18:05 ID:/uV+Nvu6
シーンは無いけど、
プレデターが過去地球で狩りをしたと思われる事例がいくつかあって、
その例として挙げられてた様な気がする。
394名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 18:37 ID:jPDZbI16
硫黄島か。現代戦で最も悲惨な部類だよね。
錆びた戦車砲塔がまだ転がってるらしいが。
おバケも普通に出るらしい。現地の石や砂を持ち帰ることは
今でも禁止されてるそーだ。
395名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 19:32 ID:6etIKP8D
ぬるぽ なんていおうとうしたらいけないよ なぐられるから
396名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 20:02 ID:FOzOUmtr
心配しなくても ぬるぽ なんて言わないよ。
がつー..

アメリカではいまだに第二次世界大戦ビデオを宣伝していて,
「灼熱の沖縄の戦い」,「血まみれの硫黄島」とかいうキャッチ
が怖い.
398あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 20:36 ID:RY0ZEYbC
Kill gook !てか
399あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 20:42 ID:GFXJvf5P
384>>
硫黄島へは航空自衛隊入間基地からc1輸送機で行きます
 ついたら則 お参りする決まりになっています
鹿島建設が工事中です
400あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 20:47 ID:RY0ZEYbC

ハイ、千本針。
これが千個集まって持ってくと生きて帰れまつ。
鹿島といえばソネソネの娘婿の会社だね。
原爆のプレ実験場ぽいね。
402あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 20:47 ID:CjNaKNuu
戦地にいる旦那さんの生霊がやってきてエッチをしたら
妊娠したっていうのは外出?
奥さんは、身に覚えがなかったらしい。
403あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 20:48 ID:RY0ZEYbC
ガトーショコラガトーショコラ
404あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 21:08 ID:CjNaKNuu
オカルトではないかもしれないけど、
うちの祖父は、戦地で敵国の人と仲が良かったらしい。
お腹を空かせていると、こっそり呼んでくれて
ご馳走になったそうだ。

>>109
>そして自分で勉強してみて、ある日、「なんで、自分の国を愛したらいけないのか?」という基本的な事に疑問をもつ事すら罪悪感を植え付ける今の教育制度にゾッとした。


ウソウソw
どうせコヴァか2chで感化されちゃったんでしょう
人間ってすごい単純だから自分から歴史認識を変えれるなんてのは
相当なクリティカルな思考(やや電波)入ってる奴だって。
406あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 21:20 ID:Ux/VYkHr
そういや誰もカキコしてないみたいだけど・・・”殺人光線”は?
何でも大戦末期の日本国内にはロクな高射砲が無くってB29にやられッぱなし
だったから軍が極秘に開発してたらしい。 でも、いざ試作品を作ってみたら二
人乗りの攻撃機を一機叩き落とすのに軍艦一隻分の電力を消費するとかで使いモ
ノに無らんかったとか。(;^_^)y−~~
407あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:08 ID:EXBed1e4
旧帝国海軍では、なぜか数字の3が忌み嫌われたらしい
その“3”のついた伊号潜水艦が撃沈された日、乗員の母親が夢枕に息子の声を聞いた
「おかあさん・・ 」
母を呼ぶその声は4日の間、聞こえ続き、そして途絶えたという
沈没した伊号潜水艦の中で、その息子は4日の間、生きていたのであろう
父が祖父から聞いた話です
合掌
408あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:17 ID:EXBed1e4

人間魚雷回天の搭乗用ハッチは、内部から開けることは出来ない
つまり搭乗員は、回天に乗り込んだあと、ハッチを閉められた時点で、既に
死んでいる
409あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:22 ID:EXBed1e4
もしタイムスリップした場所が
@昭和20年2月16日の硫黄島守備隊の地下壕
Aハッチの閉められた人間魚雷回天内部
B海底100メートルに沈没した伊号潜水艦
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
つか本当に幽霊なんか出るのかよ?
第一御先祖様というか同胞だろ?
出たとしても怖いモノか?
つか、幽霊なんて観たことにゃーよ。
411あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:36 ID:RY0ZEYbC
>>410
動物霊か?
412あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:38 ID:EXBed1e4
>>410
まあ漏れも見たことはない  見ても怖いとは思わないだろうね
例えば、それが旧帝国陸軍の歩兵の霊だとすれば、その装備(歩兵銃とか)を興味津々で
観察してしまうだろな
しかし、無念の内に戦死した人々の霊魂は不滅であってほすい
そうか?逆にさっさと成仏して欲しいよ
死にたくないのに戦死して、死んでからもいつまでも彷徨わないといけないなんて
何か虚しくね?
>>412
不滅ってそれいつまでたっても成仏できないって事か?
>>406
登戸研究所で研究されてた『怪力光線』かな。
光線っていっても、マイクロ波みたいな感じだったらしいけど。
416あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:49 ID:wNsXy80C
僕は大東亜戦争で戦った兵隊さん達を
心から尊敬する・・・・

今年も8月15日は来る
僕達のために戦ってくれた
英霊に敬礼!!!
417あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 22:54 ID:wNsXy80C
「宇宙戦艦ヤマト」の原作者が書いた
「ザコクピット」を読んでみ、それに旧軍のストーリーがいっぱいあって
読むと涙が出てくる・・・
でもまぁ、敗れた軍隊に誇りを持つ国民てのも
珍しいわな〜。
ドイツやイタリアンはどんな感じなのだろうか?
419あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 23:07 ID:5cmH7N+d
今のドイツ人

「ナチ?アレは我々とは関係ない」
>419
そんなもんか(´д`)
421あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 23:17 ID:XgZYv2Za
まぁでも、あの時代があるから今の日本の繁栄が有るわけだし。

日独伊は三者とも列強の後発国(1860年代スタート)といふ共通点があるから
大きな時代の流れとして見れば、逃れられない宿命だったのかもしれん。
422あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 23:19 ID:wNsXy80C
>>419

ドイツ戦車兵のエース、オットー・カリウスさんは戦後
死んでいった仲間の汚名を晴らすために奮闘したらしいぞ

まあ、旧ドイツ軍の中には狂信的なファシストもいれば
ただ純粋に国を守ろうとした兵士もいたということだな
本来、軍人は防衛本能以上の政治や思想を自分の職場に持ち込んじゃ
いけないんだよ。
>>405
倒錯した心理を持たないだけだろう。
スレが育ってる、と思ってみたら、軍事雑談になってる
426あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 23:58 ID:Cw46T8FM
靖国のコワい話ってないんですか?
もうすぐみたま祭りだな。
>>426
橋本真矢たちが靖国で奉納試合を行う。
428あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 00:10 ID:0rEquFUC
それ、コワいのか?
ある意味。
>>421
南北戦争などで中国大陸に権益を確保できなかったアメリカが
レインボー計画やら何やらで日本を追い詰めなければ同盟を
結ぶこともなかったと思う。
うちの死んだじーちゃんがよく語ってくれた
戦争の時の怪談はおもしろ買った
真夜中のジャングルでウトウトしてたら、
目の前にちょんまげ袴姿のサムライが姿を現して
そして
アイ〜ン
433あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 07:21 ID:2zchtHj6
>>405

>どうせコヴァか2chで感化されちゃったんでしょう

あなたの中では、今「コヴァ」って単語がはやってるの?w
↑そんな無理矢理な煽りかたはじめてみた(笑)
>>434
この手の女は粘着だからその辺でやめとけw
既出だと思うけど
水木しげるの戦記漫画は怖かった
怖い話かどうかはわからんが、小学校の時に通ってた塾の先生の話。

めちゃくちゃ嫌な上官がいたらしい。その先生を含む部下から嫌われまくってたが
戦時中はもちろん上官命令絶対なので、大人しく言われるがままにしたがっていた。
事件は戦争終結直後に怒った。日本が負けた事で今までたまっていたものが爆発。
数人の同僚と共にその上司を呼び出し袋に入れて殴る蹴る。文字通り袋にした。
気のすむまでやったあと、その袋ごと海に投げ捨てた。
その上官はその後どうなったか知らないという。

先生。。それは殺しちゃ・・・・ 誰も突っ込めませんでした。


ほんとかどうかは分からんけど授業の合間に色々話を聞かせてくれた。また気が向いたら書くよ。
この先生さ、めっちゃいい先生だったけど途中で亡くなっちゃったんだよね。
最後の最後まで教壇に立とうとしてた。最後の授業の時なんて、立つ事もままならず手が震えて黒板に字が掛けない状態だったのに
生徒に代筆させて授業やってた。。。
438あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 11:23 ID:8FCDsyKb
日本兵に犯されて孕み自殺した女幽霊の話は壮絶。ちんこピン立ち!!
439あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 11:25 ID:8FCDsyKb
>>416
サンキュー

>>439

((((;;;゚゚゚゚ддд゚゚゚)))))
441あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 13:07 ID:m3kcUX7l
>>439
♪同期のさくら〜
>>437
「その後どうなったか知らない」ってアンタ!(((( ;゚д゚)))
>>438
うpきぼん
>>437みたいな放置プレイじゃなくて、陸軍じゃ嫌われてる上官は戦闘中どさくさ紛れに
友軍に撃たれて死んだって話は結構大陸戦線で合ったそうな。
だから陸軍の上官も古参兵も、映画に出てくるようなこっぴどい仕打ちをする事は無かったと。
むしろいざ戦闘になったら意地でも協力し合わないと生き残れない海軍の方が上官や先輩の
私刑は惨く、自殺する新兵も珍しくも無かったと。

で、オカ板っぽい話というと、二人乗り戦闘機の、いつも後部に乗る兵隊が元坊さんで
飛行中その坊さん兵隊が縁起でも無いがお経を読んでる間はどんなに不利でも撃墜どころか
事故一つ無かったのが、たまたま彼は何らかの事情で同乗出来なかった時に限って
その飛行機が撃墜されてしまったとか・・・。

後は南方戦線から台湾守備隊に引き上げて来た古参兵は射撃の名手で、幾人ものアメリカ兵を
射殺したが、夜毎彼らの怨霊に悩まされ、内地に戻る間も無くまた最前線に送られて
今度こそ生きて戻る事は無かったとか・・・。

現代でも残る話としては、サイパンのバンザイ岬や全国あちこちの防空壕で写真を撮ると
心霊写真が撮れ易いとか言うのは結構聞いたかな。

グロ系ネタなら、日本軍よりむしろシナ人が日本人居留区で行った非道の方が凄まじいね。
どれくらい凄まじいかというと、文章だけだと様子がピンと来ないくらいと思えば宜しいかと。
やっぱし日常的に動物の屠殺に慣れてる民族ってのは感性が全然違うんだね。
445あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 13:54 ID:0bZatVec
>>157
前学校のはだしのゲンで読んだけど、
戦地で恐がって闘わない兵士にヒロポンを注射すると
恐怖心がなくなって闘うようになるって書いてあった記憶がある。
それで日本は大量生産したが、負けちゃったのでヒロポンが余っていて
戦後の人たちはそれを買って中毒になっていたそうな。
薄い記憶なので間違いもあるかもしれませんので間違ってても貶さないでね。
446あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 15:48 ID:7xshjMK/
海軍の私刑や部下の扱いは酷かったらしい。
戦後、航空自衛隊に海軍上がりのパイロットがいて、そいつが
陸軍上がりの整備兵を海軍のノリで酷い扱いしたら、壮絶なリンチを
喰らったらしい。
>>408
強度の関係で、人間魚雷回天のハッチは内側よりあけることは出来ない。
しかし試作段階では、乗員が脱出する為のカプセル状のものがついていたことを
ここに記す。

用兵側の意見で、脱出装置をつけるのは止めたそうだが。
448 ◆EkxftxvWEw :04/07/12 19:41 ID:5ypO2IXw
幼いころ「飛べわだつみの声」を見た。確か主人公が現代から昭和の戦争時代にタイムスリップするかなんかの物語だった。
捕虜や現地民を銃で虐殺したり軍医が兵隊の対応にあせってるのがトラウマになった。
まだ戦争を知らなかった年齢だったので今でも戦争にトラウマがある。
確かそのとき戦争に行った爺さんと一緒に観てたんだが、ずっと黙ってた。やっぱり昭和の人は戦争が嫌いだったのか?
教育勅語で洗脳されてると思うんだが。
>>415
マイクロ波でつね。
湯川博士まで巻き込んで出来あがったのは超強力電子レンジでした。
パイロットを加熱死させるのが目的だったはずです。
動物実験では一瞬でウサギを絶命させたようですが高空で進入してくる
B29には無力との結論だったんではないですか?
450 ◆EkxftxvWEw :04/07/12 19:48 ID:5ypO2IXw
あと蛍の墓もトラウマになった。あの兄弟の母親が原形をとどめないくらい大火傷を負って包帯に巻かれてた。
あのシーンは今でも脳裏に残ってる。多分今年の夏もやると思うが。
で母親が死んだときかな?運ぶときに死体からうじ虫がぼろぼろ落ちるシーンはびびった。
子供が見る映画にこんな強烈なシーンを入れていいのかと思った。
まあ沖縄戦の写真集はこれ以上にびびったがw
451あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 19:54 ID:dMqVAvAZ
マンシューのことだが守備隊の関東軍は
スターリン2と3を見て恐怖で逃げたというな。記録映像にも写ってるが進行するソ連軍は全く反撃をされてない

これがホントの日本軍の怖い話
スターリン戦車相手じゃ、三式中戦車が配備されてても勝ち目ないだろうなぁ。。。。
>>451
旧ソビエトの記録映像は、すべてが本物だとは考えてはいけない。
後から撮影された”記録”映像も多いことをここに記す。
454あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 20:38 ID:7xshjMK/
>>450
俺もソレ覚えてる!!初めてみた時凄ぇ鬱になったよ。



>>451

スタグラの戦いでも戦意高揚の捏造映像作りまくりだったからな。<旧ソ連

まぁ、そういう事やる国は日本を含めたくさんあったけど
>>444
ピンとこなくていいから詳細きぼんぬ
456あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 21:38 ID:TQhBTMsz
『ほんとにあった!呪いのビデオ』 の最新作「special 5」に
旧日本軍施設の病院廃虚で撮影された驚愕の映像が収録されていまつ。
457あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 21:53 ID:9AfxIK7q
戦争の写真、人々が木っ端微塵となるすがた、、俺は小学校の図書館で見たよ。
トラウマだ。 人間なんて所詮そんなもんだって思った。  
話しても聞く耳持たない相手がいる、じゃーどうする?  殺しあうのさ・
随分さめたガキだったと思うよ・・ 同級生がフランダースの犬や、タイムボカン
や、銀河999ではしゃいでる時に、硫黄島の闘いとか特攻とか、その類
の本を読んでんだもんな・・・・   人は何の為に生きるのか?
 何故人が人を殺すのか? 不思議で仕方なかったよ
>>457友達も戦争写真一緒に見てたときそんな事言ってたよ。戦争写真って洗脳されやすいんだなと。
731部隊の話題キボンヌ
460あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 22:16 ID:5ovSGfBP
サイパンに行くと砂浜に真っ白なサンゴの破片みたいなのがいっぱい落ちてる
あれってサンゴの破片じゃなくて玉砕時に投身自殺した邦人の骨みたいにも見える
なんか胸に迫るものがあって、サイパンに遊びにだけ来た自分が情けなく思えた
>>457
猟奇犯罪に走らないでくださいね。
じゃあ731部隊について。結構すごいことをやったらしい。
補足:マルタとは・・・拘束した軍人捕虜のこと
731部隊は先の戦争中、旧「満州」(現在の中国・東北部)ハルビンにあった
日本軍の細菌戦部隊で、正式には、“関東軍防疫給水部本部第731部隊”と
呼ばれていました。
 731部隊は細菌兵器の開発を秘密裡に進め、同部隊に収容した中国人、
ロシア人、朝鮮人等を「マルタ」と呼び、彼等を“実験材料”とするなど
非人道的な扱いをしました。
 具体的には、ペスト菌等の注入・培養、生体解剖、凍傷実験、全採血(生きて
いる「マルタ」から血液を全て抜取る)、毒ガス実験など様々な人体実験に及び、
その犠牲者は3,000人を越えましたが、一人の生還者すらいません。
 第二次世界大戦の終了後、731部隊がこうして蓄積した実験データを独占的に
入手する為に、アメリカ合衆国は731部隊関係者の
戦争犯罪責任を追及しませんでした。
 これに救われた731部隊関係者の中には、第二次大戦の終了後に
その専門知識を生かして出世し、高い社会的地位に恵まれた者が沢山いました。
 そして、731部隊の歴史は長い間、一般社会から秘匿されて来たのでした。
463あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 22:40 ID:rvaE12i+
>>462
日本人は反省するために歴史をしらなければいけないですね
731部隊って
南京大虐殺みたいな反日プロパガンダなんだけどね。
465あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 22:46 ID:79ILcEyB
場所はどこか忘れたがT34/85に打つ手のない
日本軍が(いつものことだが)戦車の腹の下に潜り込み自爆する方法をフトン爆弾とかいう名前つけてやってしまった

M4シャーマンには通用するらしいとの根拠からやってみたわけだがT34/85には効き目はなく空しく散った。それから履帯を狙うことで故障させるのがやっとだった

なにもできることのない日本軍はなんとなく・・・怖い
ちなみに言い方悪いがそういう類を未だに信じている椰子は
中国共産党シンパかよっぽどの馬鹿ぐらいだと思う。

>>462は腕利きのスパイに違いない。
731部隊に関する資料は全て米・露が持ち去り、
元関係者は、洗脳された者以外誰も口を割らないというのに。
468あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 23:26 ID:mK/UHsE+
>>462
>>463

へぇ〜・・・・、小説が歴史になっちゃう時代なんだ・・・
一応貼っておきますよ

●南京大虐殺
捏造。物理的に不可能。
中共側が第三国を交えた科学的調査を拒否しているのもぁゃιぃ。
●重慶無差別爆撃
捏造。重慶の爆撃は、軍事施設のみを狙ったピンポイント爆撃。
●百人斬り
 ※戦闘中に行われた場合
  合法行為。やられるほうが悪い。
 ※据えもの斬り(捕獲後の殺害)だった場合
  百人斬りに関する資料からは、そのような内容は読み取れない。
  論破された肯定派が苦し紛れに吐いた、何の根拠も無い珍説と思われる。
 ※便衣兵(ゲリラ)だった場合
  便衣兵には国際法違反の非正規戦闘員であり、国際法による保護を受ける資格が無い。
  戦闘中であるなしに関わらず、殺害は合法。
●731部隊による人体実験
アメリカとロシアが資料を全て持ち去り、現在でも非公開。
●大陸毒ガス放置
終戦後、大陸にあった兵器は全て中国側に引き渡された。
管理責任は中国側にある。
●従軍慰安婦
当時の将官級の収入を得ていた。日本人の慰安婦も多数存在。
また、旧日本軍が悪質な人身売買業者に注意を払っていたことが明らかになっている。
●朝鮮人強制連行(徴用)
当時の朝鮮は日本の領土。徴用は本土の日本人にも適用された。
また、徴用によって強制的に連れてこられた者は、大規模な帰国事業により
そのほとんどが帰国済み。現在日本にいる朝鮮人の大半が、
自らの意思で入国・残留したことが、朝鮮側の調査によって明らかになっている。
●創氏改名
元々は無かった『氏』を創るのは強制だったが、改名は自由。しなくてもよかった。
そもそも、ほとんどの一般市民には氏も姓も無かった。
470あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 23:36 ID:mK/UHsE+
>>469

>>463の、

>日本人は反省するために歴史をしらなければいけないですね

は、

日本人は反省するために歴史を捏造(つく)らなければいけないですね

と言いたかったんじゃないかと思う、今日この頃・・・。
471あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/12 23:56 ID:m3kcUX7l
>>469
明日から胸張って歩きまつ。
アメリカ軍ではいやな上官に手榴弾を投げつけて殺害する行為を
隠語でフラグメンテーションと呼ぶそうな.ハードディスクやメモリ
が細切れになる状態と同じ言葉ですな.もちろん,ばらばらになる
ということから来ているわけで.
731の米側資料は94年にほとんど公開されてるよん。
陸軍情報部いって見てこい。
474あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 00:24 ID:TzQKIWmi
>>473

なんかさ、ググッたら反日日本人共のページしか見つからないんだけど?

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=731%E9%83%A8%E9%9A%8A+%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E3%80%80%E8%B3%87%E6%96%99%E3%80%80%E5%85%AC%E9%96%8B

ソースある?
475あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 00:27 ID:s+qLjvJb
>>469
彼らにとっては、政治的に「決定」された歴史に異論は許されませんからね。
476あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 00:30 ID:s+qLjvJb
その真相については、アメリカの機密文書「フェル・レポート」と「トムソン・レポート」
がもっとも詳しく正確とされている。
これらは終戦直後、アメリカ軍が石井軍医中将はじめ同部隊幹部に対して行った
聞き取り調査の報告書である。
それらによると、同部隊の任務とした研究内容は、「防疫・診断・治療・薬品・衣食
代用品・浄水給水・輸送・航空機および弾頭細菌の防疫・ワクチンや血清の製造」で
あり、細菌兵器の開発は総予算の「20%(1〜2%とも)」にすぎなかった、とある。
たしかに細菌兵器の開発は行われていたが、その規模は想像以上に小さなものだ。
細菌兵器の開発に着手した理由については「石井は1922年のジュネーブでの国際連盟
軍縮会議で細菌兵器が公式に禁止されたため、戦争時に潜在的兵器になると考えた」
(「フェル」)、「ソ連・中国軍の細菌兵器による妨害行為の疑いが、石井を細菌兵器
開発に駆り立てた」(「トムソン」)などと述べている。
あくまでもソ・中両軍に対する防衛的な動機だったことを明らかにしている。
ちなみに同文書は、十五ケ所にのぼるソ連の細菌開発所の存在も明らかにしている。
また「細菌爆弾は初期的実験にとどまり、また航空機による細菌散布も実験ののち
非現実性が判明した」(「トムソン」)とし、兵器開発が失敗したことも伝えている。
その理由としては「防御用だったこと、開発に公式指令がなかったこと、資材が
不足したこと、軍上層部に理解がなかったこと、報復を恐れたこと」(同)などを
挙げている。
なおこれら文書には、世にいわれる「生体解剖」「凍傷実験」「真空実験」「中国人
の大量虐殺」を裏付ける記述はいっさいない。
医師で石井部隊の元幹部だった佐々木義孝氏は、「(死刑囚の生体実験は)せいぜい
一週間に二人ぐらい。あくまで細菌戦に必要な生体実験と、その結果必要な専門家
による死体解剖」だけを行い、「人為的に伝染病を起こすことは不可能だった」と
語っている(「世界日報」、昭和五十七年十月十七日付)。
このほか、石井部隊に関する多くの著述が化学兵器開発との兼ね合いを取り沙汰
しているが、いまだそれが実証されないところに何らかの疑念が生じる。
477あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 00:36 ID:TzQKIWmi

>>473>>469と、>>462向けのレスだったんだ・・・。

478あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 00:37 ID:CvgNdVjZ
http://www.nagoya-ben.or.jp/page/library/chukei/c1508.html
ガダルカナル戦記((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル


479あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 00:42 ID:CvgNdVjZ
ガダルカナルで捕虜になり、ニュージランドの収容所に送られた元旧軍兵が
語る捕虜生活中のほのぼのエピソード



アンザック特設病院

私の入ったアンザック特設病院は、比較的軽傷者が収容されていた。病院の前はフェザーストン市の集会所があった。
新聞で事件を知ったニュージーランド市民は、武器を持たない多くの人々がわずか数分のうちに殺され負傷をした、
日本人捕虜に対して、たいへん同情的であった。町の人々は、われわれを慰めるために、病室へときどき花を
持って見舞いにきた。このやさしい好意には捕虜仲間の気持ちもなごみ、心から「サンキュー」といって感謝した。
病院での階級は軍医を除くと婦長、看護婦、看護婦助手、看護兵の順で、上着の色もちがい、中尉が青、
少尉が赤、女性と言えども階級が上であれば威張っていた。
軍隊であれば当然のことだが、ニュージーランドは特に女性が少ないらしく、結婚も女性が男性を選び、
日本とはまるで逆で女性上位の傾向が強かった。
男の看護兵が命令された仕事をしている最中にも、それからそれへと命令し、顎で使う横柄な態度の
看護婦中尉がいた。傷病兵でありながら大和男子の正義感が押さえ切れなくなった者がいて、つい生意気なと、
その看護婦中尉の頬を殴ってしまった事もあった。
 のことが原因で、それから3日たっても全員の治療をしてくれなくなってしまった。

代えて貰えない包帯の下からは、膿が流れはじめ、彼女を殴った者は皆から大いに恨まれる破目になった。
殴った男は英語のできる患者に連れられて、看護婦中尉のところへ詫びに行き、なぜ殴ったかを日本の
慣習によって説明して、平身低頭、誠意をつくして謝った。
中尉も初めて風習のちがいを悟ったらしく、翌日から態度もがらりと変わってやわらかく親切になり、
また治療をしてくれるようになった。
殴った方の男は、今度はかえって彼女から「男らしい男」と思われるようになったらしく、消灯になると、
この看護婦中尉に車付きベットごと何処かへ連れ去られ、朝になると戻っていた。
看護婦中尉殿は特にこの大和男子にご執心になったようで、その後、彼の枕元にはリンゴやチョコレート
などが絶えなかった。戦争の蔭に咲いたちょっと羨ましいエピソードとしてここに紹介した。
4801 ◆XHKDIsPEFA :04/07/13 00:48 ID:9RZM7Rfo
消灯になると、
この看護婦中尉に車付きベットごと何処かへ連れ去られ、朝になると戻っていた

(((((( ゚Д゚))))))ガクガクブルブル
赤痢まみれの川で無理矢理洗濯や水浴びをさせられた捕虜もいれば
ニュージランドで白人とセックル楽しんだ捕虜もいたわけだw


まっ、人生色々だわな
482あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 01:00 ID:9+MbY0Vm
中尉さんの容姿によるよなw
アヴリル・ラヴィーンみたいだったら羨ましいけど
もし「ミザリー」のおばちゃんみたいのだったら。
(((((( ゚Д゚))))))ガクガクブルブルピュ
483 ◆XHKDIsPEFA :04/07/13 01:13 ID:9RZM7Rfo
このミザリーなら大歓迎ですが
http://www.rakuten.co.jp/daiou/img1024204842.jpeg
>>477
あいや、>>476>>473に異論があって貼ったわけではないです。
一応流れで。
>当時の将官級の収入を得ていた。日本人の慰安婦も多数存在。

というか、半島の人は比較的少なかったようですね。
2割くらいだったようです。
中国人にとって「歴史」とはその場しのぎの政治の道具にすぎない。
だから教科書に描かれる歴史など、学者や専門家の研究成果というより、政府の
“指示”“命令”、あるいは党の党史部、文化宣伝部の会議での“決定”による
創作である。
当然それは、政治目的に合わない歴史事実はばさばさ切り捨てる「つまみ食い史観」だ。
よって、中国の近現代史では、日清戦争以降の日本軍の侵略や残虐性、それによる
中国人の被害、もしくは勇敢なる抗日戦争とその勝利を強調する。
反対に、日中戦争以上に熾烈だった中国の内戦についてはほとんど無視・黙殺・抹殺
している。
これほど偏向した教育もなかろう。
(略)
日本の進歩的文化人は日本の「中国侵略」を強調したいあまり、日中戦争の起点を
昭和六年九月の満州事変まで遡らせ、「十五年戦争」と呼ぶようになった。
この呼称は中国でも歓迎され、頻繁に用いられるようになった。
(略)
日本では柳条湖事件(昭和六年九月)に始まる戦争を「満州事変」、蘆溝橋事件
(昭和十二年七月)に始まる戦争を「支那事変」(日華事変)、昭和十六年十二月
に始まる戦争を「大東亜戦争」と、それぞれ別個に呼んでいたが、中国政府はそれが
お気に召さないらしい。
「十五年戦争」と呼びたがるのには、戦争の連続性、一貫性を強調し、日本の「侵略の野心」
を誇張したいという意図が見え隠れしている。
(略)
「教科書誤報事件」で中国の抗議が強まると、日本の進歩的文化人と中国の学者の間
で「時代競争」が本格化した。
つまり「日本の中国侵略」の起点について、日本側が明治二十七年の日清戦争を主張
すると(「五十年戦争」)、中国側はさらに遡り、明治七年の台湾の牡丹社事件や
琉球処分を主張する(「七十年戦争」)といった具合だ。

「日中戦争知られざる真実」黄文雄
そういう論争はよそでやってくれよ。
488あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 02:39 ID:QGv9sfGG
[email protected]@式短機関銃というのが日本軍にあったん
だけど、なぜかあまり使われず終わった。推測される理由が弾の消耗が早いから。日本軍の本当に怖い一面を垣間見た気がしたね
489あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 05:10 ID:UwDIbLat
ベトナムで米軍がAK使ったように
トンプソン使った将兵居なかったのかな?
漏れならそうする。
やっぱり菊のマーク入ってないと駄目とか?
490あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 05:24 ID:FGst5iG7
消灯になると、
この看護婦中尉に車付きベットごと何処かへ連れ去られ、朝になると戻っていた

(((((( ゚Д゚))))))ギシギシアンアン
>>455
日本の民間人(と朝鮮の民間人)がされたことの一例を挙げると
まずは城の中に民間人を集める。そして城門を閉め監禁。
日本人居留民の住宅に火を放ち、女は14,5才以上は強姦した後、ナニに丸太を突っ込む等して殺害。
妊婦は腹を割き胎児を取り出し殺害。子供は手足を切り落とし放置して殺害。
男は目玉をくりぬかれ、蜂の巣にして殺害。
他にもアバラが露出して内臓が散乱した遺体が放置してあったり
飲食店の一家が首と両手を切断され惨殺。
一家6人が首を縄で結ばれ、両手を合わせて鉄線を突き通し、数珠つなぎにして引き回されて殺害。
町は遺体であふれ、池の水は血で真っ赤に染まった。
生存者は鼻に牛のように鉄線を通された幼児や片腕を切り落とされた老婆など。
在留日本人約380名中、殺害されたのは約260名。
もっと詳しく知りたければ「通州事件」とかでググッてごらん。
492あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 08:12 ID:r8ORRAsX
戦争末期の特攻兵に、死への恐怖感緩和のために
ヒロポンを配布していたそうです。
戦後はそれが軍から市中に広まり、
多くのヒロポン患者を生み出しました。
それに慌てた政府が取り締まりの法律を立法化し、
取り締まりの対象となったのです。
493あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 08:51 ID:jA51CqNp
>>491
これも虐殺だよな。
中国は日本に対し、この件について「謝罪と賠償」とやらをしたのか?
そもそも、慰安婦とやらのおばはんらの「虐待・虐殺談」を聞いても、グロだけど
変なところが満載。

逃げようとした同僚の慰安婦が、日本兵に殺されて・・・まではともかく
「生きたまま腹を裂いて内臓を煮て食う」
「首の筋を煮込んでスープを作って無理矢理飲まされた」
なる食習慣そのものが日本人の感覚からは理解出来ないはず。
「首の筋のスープ」というのは、豚からスープを取る時に、首周りの筋肉から取るのが
一番味がいいからだそうが、基本的に雑穀やら野菜・魚が食のメインだった一般日本人から
徴兵された兵士達がそんな事を知るはずも無い。知らない事を実行する事は出来ない。
つまり逆説的に、これらは大陸固有の食習慣から、残虐さを誇張する為に入れた表現である
=つまりウソである事が良く分かる「証言」だと思われ。

逆に終戦後、中共軍らの捕虜となった日本兵が受けた仕打ちは凄まじかった。
何せわざわざじわじわと殺すために、立ったままの姿勢で首元だけで体重を支える形の
縦長の木枠に日本兵を後手に縛って吊るして市中にさらし者にしたりワザと回りを
回っては話し掛けてみたり、銃殺する際も、縛り上げて地面に転がした後、肩や脚などを
狙い撃ちにして散々苦しませた挙句に漸くとどめを刺すという残酷さだった。

人肉食ネタははっきりしないが、この辺はむしろその後の大躍進やら文化大革命とやらの
資料を引っくり返してもらった方が尽きないと思う。
495あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 09:49 ID:pQPFAWVu
そいえば10年以上前に、うちの近所の公園でヒロポンが生えてた。
ってか警察(?)がきて撤去するまで誰も気づかずだったよ。
ちょっと実物見てみたかったなぁ。
496あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 10:23 ID:usG5r4zC
済南事件もそうだけど、通州事件は鬱になるね。
今で言えばコンクリ事件みたいな。
497あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 10:27 ID:/Nujgd6z
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲霊場廃墟怖い話怪談~
http://jbbs.shitaraba.com/travel/611/
▲ オカルトホラー心霊作品探索劇場 ▲
http://jbbs.shitaraba.com/movie/4639/
▼~~~心霊・ミステリー情報 ~~~▼
http://fc2bbs.com/bbs?action=reply&uid=63647&tid=3568219&n=50&type=last
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲ 別館
http://bbs1.fc2.com/cgi-bin/e.cgi/14612/
       (゚∀゚ 〜アヒャヒャヒャヒャヒャ
498あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 10:29 ID:FGst5iG7
>>495
おい。
あんま笑かすなよ。
499あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 10:33 ID:usG5r4zC
  


     【 ヒ ロ ポ ン は じ め ま し た 】
500
>>499

              ブレイク!!
      \\      ブレイク!!   //
 +    + \\    DaDaDa!!  /+
        ((゚∀゚ )) ヽ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)゛ , - ,ミ
  ━━━□=□入))   □ゝ (ヽ[[□jjjニ◎';)  +
  +       < \  .<||>  / > + "'"彡
             .  □
             .  ┃   身体大事に!!!
>486
中国人は古代からかわりゃしないしな。
「勝った香具師が歴史を作る」殷周革命以来のこの伝統に忠実なだけ。
「歴史とは事実の集大成である」という現代的な歴史観を特に理解してくれない民族だ。
>>489
マレー方面の部隊では、捕獲した英軍のステン短機関銃やブレン機関銃は好んで使われた。
米軍の装備も夜襲を行う部隊で、混乱を起こさせるために使われたらしい。
(銃声が味方のに聞こえるため)
>>495
夏は冷やすとおいしいよね。
505あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 12:59 ID:xtAa13Sk
>>504
通は人肌やや高めの温度で楽しむ。
506あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 14:15 ID:OVf1Wyii
ニッポンジン、みんな基地外アル。コワイネー。
507あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 15:11 ID:zYlppVYl
俺もおまえも戦争と言う名の病気だ。
508あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 15:28 ID:UwDIbLat
スレ違いだけど、フレデェリック・フォーサイスの
『シェパード』って小説もオカルトだよ。
迷子になった飛行機を誘導してくれたのは・・・ってオチ。
>>489
十年位前、丸という雑誌に米軍から奪ったトンプソンで戦った方の手記が出ていた。
フィリピン戦線で銃も弾も不足して米軍の偵察兵を襲撃して奪って使っているうちに
分隊の生き残り全員がトンプソンを持つようになったとか。 
終戦になり現地の武装勢力に投降した時、銃や装備が米軍の物では処刑されると
指摘され、武装勢力の持っていた日本の小銃や装備と交換して米軍に投降したとか。

510あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 17:32 ID:CvgNdVjZ
米軍の服奪って偽装して爆弾抱えて突っ込むとかはあったらしいよ。
硫黄島で戦死した伝説のバロン西はその遺体こそ今でも見つかってないが
西中尉の軍服を着せられた米兵の遺体は見つかったらしい。
511489:04/07/13 17:33 ID:UwDIbLat
>>503>>509レス有難う御座います。
今の時代ならニューナンブかな?
ニューナンブで一旗挙げると。
>>493
一応賠償はしたみたいだな。
詳細は知らんが。

中国には通州事件はなかったとか日本の捏造とか
主張する香具師はいるのか?
513あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 19:06 ID:oU9Aq0HJ
>>489 もちろんいた、ていうか組織的戦闘が終わった後や、奇襲攻撃の時は普通に
使われていた。トンプソンやグリースガン、M1カービンが特に好まれたみたいよ。
夜間の奇襲攻撃の時は、着剣した日本の歩兵銃では不利なんだってさ。寡数で大人数を
相手にするから、暗闇の中でガチャガチャと装填している暇がなく、奇襲に不利なんだとさ。
 使いやすかったサブマシンガンは同時に敵に回すと、とても恐ろしい存在だったそうで
ガーランドやカービンは草むらに逃げ込んだり、走ったりすれば結構大丈夫だったそうだが
トンプソンやグリースガンの音を聞いたら「ヤバイ!」ってな感じだったらしい。
>>513
なるほど。
515あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/13 19:26 ID:3ZeSnt5M
いまだにどこかに眠らせてあったトンプソン
があって、10年に1度くらいに整備したとして使用可能とする。それを闇のHPで売るとしたら10000円くらいか。ステン短機関銃2型なら14000円くらい。38式はいらね
うちの爺様が言っていた。

「相手はあんなもん(サブマシンガン)持ってバババババッ!!って撃ってくるのに
にワシらは38式。こりゃ勝てるわけ無いと思ったぞ。」
517あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 00:03 ID:2BF21Zpw
日本軍のオカルティックなところといえば
38式の弾すら不足ばかりしていて、なにひとつ充分ではなかった。アメリカ、イギリス軍はトンプソン、ステン、グリースガン等の短機関銃の補給に支障をきたしたことはない
518489:04/07/14 00:08 ID:ut/nkXHO
トンプソンと言えば、ビック・モローが死んだ時
リア中だったな。合唱。
東京裁判では、通州事件の証拠として証人の宣誓口供書こそ受理された
けど、この事件に関する外務省の公式声明は却下された。
事件後にでも賠償したの?
それと、中国には通州事件を知ってる人などほとんどいないように思う。
520あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 13:16 ID:kFXtpK1V
南京の話はもうやめろよ!!!
うそつき中共の手先になるな!
死んでしまえばいい。中共なんか
"通州事件 賠償"でぐぐったら結構ヒットしたよ。

流れとしては、
通州事件→中国側(冀東防共自治政府)賠償→日中戦争(太平洋戦争)
→東京裁判という感じみたいね。
>>516

うちのじいさんも同じようなこと言ってた
523unknown:04/07/14 17:59 ID:X9CT1Mxf
うちの親戚で戦争に行った人は全員輸送船で移動中にボカチンくらって
一人も帰ってこなかったので、実体験を直接聞く機会はなかったなぁ。
あ、一人生還したのがいた。儂のひいじいさんで、日清か日露かどっちかに
行ったはず。でも耄碌してたし、儂もまだ可愛い子供やったし。
524あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 18:21 ID:P1VaRgWx
>>478
うわ、祖母の弟がガダルカナル島から生還してるよ。
話は母から聞いていたが、リンク先の戦記同様に悲惨な状況だったらしい。
帰還命令が出なくて何もかもが嫌になって刀で自害しようかと思ったが、
「死ぬな!生きろ!」と死んだ父親の声が聞こえて、生きる気力を取り戻したと。
あと、腹が減り喉が渇いて水が無く意識朦朧としていた時に偶然にも椰子の実?が落ちていて助かったんだと。
極限状態の幻覚か?
525あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 18:45 ID:P1VaRgWx
連レスだが、爺ちゃんは満州鉄道に携わっていたらしい。
中国人に好かれていたらしく麻雀をしていたら
「養子に ならないか?」と誘われたらしい。
戦争に出兵時は爺ちゃんは既に4人の子持ち。
爺ちゃんは本気で中国人の養子になる気でいたが…婆ちゃんに話したら大喧嘩にナッタと。
その後、俺のカアチャンは中国ではなく、日本に生まれ、俺も日本人でヨカッタけども…
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
526あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 18:49 ID:qJ/hFYmW
爺さんがシベリアに抑留されてて
日本に帰ってきたとき、もう自分の葬式が終わった後だった。
そのため、祖母ちゃんと大喧嘩したらしい。
祖母ちゃん、再婚してなくてよかったね
527あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 19:43 ID:q9AJv0Ge
父方の祖父は、朝鮮の方にいたらしい。戦争終わってさっさと帰ってきたからシベリア送り
にならずに済んだと。でも戦争のことは生涯、黙して語らずに父が若い頃に死んだと。
遺品整理をしていたら、沢山出てきたセピア色のスナップ写真。後ろ手に縛り上げ、ずらっと
座った人を射殺している真っ最中の写真が沢山…。そんな話を親父に聞かされたよ。
528unknown:04/07/14 19:47 ID:X9CT1Mxf
へぇ、朝鮮の方でねぇ。
529あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 20:07 ID:qJ/hFYmW
>>527
祖父ちゃんSMの趣味があったんだ
530527:04/07/14 20:22 ID:q9AJv0Ge
>>528  よく考えると朝鮮でそんな事する訳ないと思うんだけどね。
    水戸の連隊で、騎兵だったというから、終戦まで馬に乗っていたのは
    騎兵第四師団?だったら中国戦線にいたはずなんだけど…。
    ちなみにスナップに写っていたのは祖父ではなく、祖父が写したスナップらしいとの事。
531unknown:04/07/14 21:12 ID:X9CT1Mxf
>>530
まぁ、終戦ごろ朝鮮の方に居たからと言って、ずぅっとそこに居たとは限りませんし。
単に、朝鮮の方にいた部隊にも、そういう写真(ってのは華南の方で出回っていた
お土産用の写真の類)が出回っていたのかと思っただけで。
でも貴方のおじいさんが移したものであれば、それではないわけですね。
貴方は直接その写真を見た訳じゃないんですよねぇ。まだ残ってるんなら、
どこかにupをと頼みたいところですが。
532あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 22:56 ID:ut/nkXHO
ウチのお爺さんも満州に2回行った。
射ち合いとか仲間の戦死とかも実際あったらしい。

ここのスレの方の家には勲八等白色桐葉章の賞状が
結構あるのでは?w
漏れのじいちゃんは
大糖精製?って感じの会社に勤めてて
台湾で楽に暮らしてたらしい…なんてことだ
怖い話はどうなったんだYO!!!
535unknown:04/07/15 01:30 ID:pXD9Hh4I
身内に体験者がいるという書き込みの本人が実は体験者

だったら怖い?
536あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 01:39 ID:I/mDagVp
漏れ達にとってベトナムって、何だったんだ?
537あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 01:46 ID:IDFwppa3
>>533
別におかしな話ではないような…。
538あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 01:59 ID:I/mDagVp
平和な戦線だと水牛撃って食べて丸々太って帰って来た、
なんて話しも結構あるよね。
>535
知り合いのおばあちゃん(御年80)が、わたしの祖父は、父のむつきを
日清の従軍手当てで賄った、そうだから
別におかしい話じゃない。
>>539
意味がわからない。読解力不足?
漏れもどこが>>535へのレスなのかわからん。
あ、単に「親子2代で戦争体験ある人も普通にいる」ってことを言いたかったのか?
542unknown:04/07/15 11:33 ID:W7m5Vnbv
>>540 >>541
きっと、そのおばあちゃん(御年80)の祖父ってのが、539の書き込んだ本人なんだ
ろうと思います。

別におかしい話じゃない。                       怖いけど。
543あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 11:49 ID:Q6YoElSM
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲霊場廃墟怖い話怪談~
http://jbbs.shitaraba.com/travel/611/
▲ オカルトホラー心霊作品探索劇場 ▲
http://jbbs.shitaraba.com/movie/4639/
▼~~~心霊・ミステリー情報 ~~~▼
http://fc2bbs.com/bbs?action=reply&uid=63647&tid=3568219&n=50&type=last
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲ 別館
http://bbs1.fc2.com/cgi-bin/e.cgi/14612
544あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 12:39 ID:H5vynCP1
ギネスブックに載っているもので
出来事のうち世界一死者の数が多いのは
始皇帝の占領統治らしいよ
あれは内乱や虐殺の類だろう
545あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 13:52 ID:H5vynCP1
小説「戦艦大和の最後」これは名作
でもあの本初めはすごくとっつきにくいよね。
547あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 19:00 ID:ggVXeix2
さっき
『ピースボート』のポスターはらしてくれと、オタクっぽい女が来たが
その子にコノ、スレ教えてあげれば良かったと思った
んで
おれが
「ピースボートおぉぉぉっ!?」
「かんべんしてくれ Y O !」
と拒否したらキョトンとこっち見てましたw
おれは、その手のポスター張らしてるところは、解ってて
張ってたと思ってたが、こういう「飛び込み」でよく解らなくて
腫らしてるんだなぁと思った
もう一度来ないかな?ヒマな時にw
>>547
変な文章だね。
549unknown:04/07/15 20:01 ID:W7m5Vnbv
>>548
オタクっぽい女に惚れたってことじゃないの?
>>547
恋のはじまり
551あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 22:06 ID:/2xYGuOD
ガダルカナルでは人肉が喰われた((((;゚Д゚)))ガダルカナルブルブル
>551
戦争中はもう当たり前でしょ。そうじゃなきゃ死んじゃうし、木の根っことか
虫けらとかを生で食べたりしてたんだからね。ひどい。
>>547
食べてから考えても遅くないYO!
554あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 22:53 ID:/2xYGuOD
フィリピンでも人肉が喰われた((((;゚Д゚)))フィリピンピンピン
555あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 23:13 ID:HCD0by0l
スターリングラードでもドイツ第六軍は人肉喰いまくりだぞ。
当初は馬を喰うソ連軍を馬鹿にしていたが次第に食料が無くなり自分たちも馬を喰った。
そして馬が無くなると死んだ仲間や敵兵を・・・


ガ島やビルマで食料、援軍などほとんど無い状態、蒸し暑いジャングルでマラリアや赤痢に
悩まされながらも進軍を命じられるのとスターリングラード(現ボルゴグラード)などで極寒のなか、
同じく食料尽き、チフスなどの病気に悩まされつつも進軍命じられるのはどっちが良いよ?
食わなきゃ仕様がねえっぺ
557あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 23:17 ID:JBI73IFb
人肉は酸っぱいとか
558あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/15 23:56 ID:HCD0by0l
お尻の肉が美味いそうだ。
559あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:03 ID:lH7kWY3o
そういや、アメリカ人捕虜にキンピラ食わしたら
戦後「木の根を食べさせて虐待した」って事で、戦犯として処刑されたんだよね?
560あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:04 ID:KETrvtsH
アメリカ人の事を兵士も民間人も食べてたらしい
561ダヌル・ウェブスター:04/07/16 00:05 ID:MCu3JeB1
人肉は包丁で細かく叩いて、生姜・にんにく・ネギをまぜて、醤油と酒に漬けて20分。

宅配ピザが届いたら、それらは捨てて、おねーちゃんとピザを食います。
562あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:25 ID:lH7kWY3o
チキンラーメンのパクリか?
563あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:37 ID:pIW1h7Rr
朝日はニューギニアで日本兵が人肉を食ったとかいいかげんな
こと書いてたね。
聞き取り調査や文書を調べた結果事実無根とわかったらしいが。
564あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:45 ID:Ts3StlNM
>>559

ゴボウ喰わせて捕虜虐待で処刑ってよく聞くよね。これってマジなのかな?
都市伝説臭い気もするけどどうなんだろう
565あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:48 ID:xPmkK6Qv
>>564
はだしの元に出てたんだっけか?
それ以外では、>>559みたいな伝聞調のしか聞いた事無い。。
アメリカ兵は戦闘で死んだ日本兵の首を切ってそれを移動用の
船から海に何日もぶら下げて、白骨化したらそれをお土産として
国に持って帰ってた
567あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 00:58 ID:ieGK2Bk8
>>559
>>564
>>565
「私は貝になりたい」でググってみ?
568あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 01:12 ID:KETrvtsH
ゆきゆきて神軍て映画でやってたから本当
キチガイ右翼は空気嫁
へいたいさんはひとつほしい
いっぱいほしいちもくさん
570567だが:04/07/16 01:18 ID:ieGK2Bk8
ググってみ?なんて偉そうに言ったが
漏れの記憶違いだったみたい、すまんね。
その伝説と本の内容がごっちゃになってたよ。
571あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 01:29 ID:KETrvtsH
まあ、日本軍なんかたたけば埃が出てくるなんてもんじゃないから
572あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 01:33 ID:pIW1h7Rr
ない埃を作る馬鹿がいるからね。
573あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 02:06 ID:gViqJXGh
漏れは幼少の頃、母親に木の根を食べさせられた。
幼児虐待だ!
うったえれば〜
575あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 02:42 ID:Nq9SFI1Y
>>567
「貝になった男」だな
576あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 02:43 ID:1IOq8tpA
腰痛の米兵にお灸してあげたら後になってそれも捕虜虐待とされて
そいつは火あぶりにされたとか。。。
577あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 03:00 ID:1IOq8tpA
ゴメン、お灸の件は誤解が解けて釈放されたそうだ

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog122.html

■6.お灸は「火あぶりの刑」?■

 薬もないために、日本軍兵士が、灸をすえて治療してやった
のだが、これを「火あぶりの刑で虐待した」と誤解され、訴え
られたのである。そういう容疑者が数十人いた。

 この事を耳にした笹川は、巣鴨プリズン所長のハーディ大佐
に面会を求め、「捕虜の病気を治すために、灸をして罪になる
というのならば、病気を治す医者は罪人になるのか、あなたの
国では医者は罪人ですか?」と論理的な抗議をし、さらに自ら
灸の効用を証明してやろうとした。

 早速、灸をとりよせ、野菜不足のために、手に炎症ができて
いたのを治して見せようと、背中に大きな藻草を燃やした。周
囲のB級容疑者たちは、「そんな大きな藻草を使うと、血管が
破れて命がありませんよ」と心配したが、「私一人の命で、何
十人、何百人も救えるのだから結構なことだ。自分の墓まで作
ってあるのだから心配するな」と大見得を切った。

 一ヶ月もすると手の炎症は治ってしまった。これを米軍の軍
医に見せると、自分が与えた薬では治らなかった炎症が、灸で
きれいに消えてしまったので、驚いて「早速、検事に説明して
ください。私が証人になります」と言った。

 これには検事も同様に驚かされて、「火あぶりによる捕虜虐
待」容疑で捕らえられていた数十名を即座に釈放した。論理的、
実証的に真実を明らかにしようという笹川のアプローチは、良
心的なアメリカ人にはよく通じたのである。[
キチガイ右翼は緊急処断令の存在も知らないのか…
さもなきゃ、意図的に無視しているのか?
へー笹川のおっちゃん、いいとこあるじゃん。見直した。
せめてこのスレでは右翼・左翼言うな
581あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 06:10 ID:gtBf/WBq
バカ朝鮮人はハーグ陸戦協定も知らんのか…
それとも意図的に無視してるのか?
582あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 06:16 ID:gtBf/WBq
人格障害左翼は戦闘ニ関スル教示の存在も知らんのか…
それとも意図的に無視しているのか?
草間、それでも軍人か!
584あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 14:04 ID:qQdpR2MI
>>418
> でもまぁ、敗れた軍隊に誇りを持つ国民てのも
> 珍しいわな〜。
> ドイツやイタリアンはどんな感じなのだろうか?
イタリアは戦勝国じゃなかったっけ?
585あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 15:43 ID:Ts3StlNM
イタリアは戦勝国ですよ。最後の最後で連合国に寝返って終戦1ヶ月前の7月に
戦後賠償目当てで日本に宣戦布告w まぁ日本軍との交戦は当然なかったけどね。

こういう事してたから「イタ公」って蔑称が出来たらしい


WWUで最もヘタレなのはイタリア?オランダ?
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1062389624/l50
ドイツに行って、日本から来たってことがわかると
「今度はイタリア抜きでやろう」ってギャグを
かまされるっていうのは有名な話
>>386
一部だけだが、今でも「戦車道」は残っている。
地元民は今でも「戦車道」と呼ぶし、立派な生活道路。
戦車道で「兵隊さんが敬礼しているのを見た」なんて話は聞いたことあるが、
俺は一度も見たことが無い。今は桜並木になっている場所もあり、
日中は犬の散歩や、マラソンをしている人が多いのどかな道だ。
今じゃ跡形もない、なんて無責任に断言しちゃいかん。
硫黄島の話。

施設関係の仕事で、自衛隊の航空機に乗って硫黄島に渡り、1週間ほど滞在したことがある。
島内には自衛隊しか居らず、寝泊りしたのも自衛隊の施設内なんだけど、その建物の一室が
いわゆる開かずの間だった。隊員さんから聞いた話によると、そこは出るらしい。
部屋の中にはコップが置かれていて、毎日、新鮮なお水をお供えしていると言っていた。
その部屋だけでなく、まあ色々なところにコップに入った水が置かれているのだけど、
ちゃんとコップの水係りを決めて、毎日新鮮な水をお供えしているのだと。
案内してくれた隊員さん曰く、日米関係なく先の大戦で亡くなった多くの兵士のための供養
だと。俺はそれを聞いて、水不足で苦しんだのは日本の兵隊さんだけだよな・・・と思いつつ、
自衛隊のその心に感動したよ。ちなみに、コップの水はエライ勢いで減るんだと。

島内には娯楽施設はなく、非番の隊員さんたちが何をしているのかというと、釣りをしたり、
時には遺骨収集をしたりもすると言っていた。
で、島内には自然の間欠泉があり、隊員さん達で作った、自然のサウナがある。
そこに案内されて、一緒に天然サウナを楽しんでいたときに年配の隊員さんから聞いたのだが、
その天然サウナ(洞窟)には兵隊さんの幽霊が出るらしい。
その話を聞いて俺がビビっていると、その隊員さんが、
「大丈夫!怖がる必要はないよ。同じ日本人なんだから。
出たら頭を下げて、ご苦労様でした!と労ってあげればいいんだよ」と言っていた。
その通りだと思った。
589あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 18:45 ID:oNs3giby
>>588
心霊ちょっとイイ話
590あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 18:52 ID:/t1C6itL
>>588
いい話ですね。
幽霊話というより上質のエッセイのようです。
最後の年配隊員のセリフが特にいい。
591あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 19:08 ID:jQI7OH9Q
じゃあ、怖いほうで一つ

沖縄南部、当時激戦地だった場所の一つでの話だ。
数年前、夏休みを利用してその近くのホテルで住み込みバイトをしたんだが…
そこの従業員の方に教えてもらった場所が、いわゆる出る場所だった。
なんでも、戦争末期に日本軍が近隣の住民と一緒に立て篭もって、アメリカ軍
に火焔放射器で丸焼きにされたという天然の洞窟で、その従業員の叔父に当た
る方もそこで亡くなっているそうだ。
で、その従業員さんは毎年終戦記念日には必ずそこに出向いて供養しているん
だが…あんまりにも恨みが強く残っているせいか、行くたびに憑かれるらしい
。幸い、その従業員さんの知り合いに、凄く力のあるノロ様がいるので毎回祓
ってもらって事無きを得ているとの事だ。
ちなみに俺も他のバイト仲間と夜、興味半分で行ってみたことがあるが…
近くまで行って挫折した。
それまで俺は、そういうの信じなかったし、見えもしないんだが…
見えるんだよ。そこだと。
何があったかは…すまん、肩が急に痛くなってきた、怖いんでパス
592あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 19:17 ID:Ts3StlNM
米軍は塹壕に潜む日本兵相手にガソリンをブチ込み火炎放射をして蓋をした。
すると中から人間のモノとは思えない叫び声が聞こえたという・・・
593あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 20:02 ID:ngqdlVwQ
>>592 中には防御手段をとった日本軍もいた。
入り口付近が騒がしくなり、やがてガソリンが流し込まれてきたので、即行で
手前に溝をほり、ありったけの軍用毛布を持ってきて溝の内側に垂らした。
流し込まれたガソリンは溝に溜まりはじめ、総員その奥に移動して毛布を
持って待ち構えた。 火炎放射で火をつけられパッと燃え上がり始めた。
一斉に皆で毛布を広げて溝の手前に立ち、壁の代わりとした。熱気は伝わってくるが
火は来ない。やがて炎は酸素を求めて入り口に向かって強烈に噴き出した。
すると騒がしかった入り口の外からアメリカ兵の悲鳴が聞こえて、やがて静かになった。
アメ公 逃げてったらしい。   生還者談との事
594あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:00 ID:6npJw2V0
>>577
>「そんな大きな藻草を使うと、血管が破れて命がありませんよ」と心配した
お灸の治療効果の証明をするところで死んじゃったら
逆に虐待証明、しかも殺人未遂級の証明になるところだったな。
この手のおおげさなかっこいい任侠映画的なエピソードって都市伝説かな
595あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:03 ID:nzGzvse3
>>593
作り話に決まってるだろ・・・。
火炎放射器はガソリン入ってるって思ってるのか?w
596あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:21 ID:xbfaz70G
■徒然なるままに、思い出しながら6発

 漏れの親戚の叔父さんは、シベリアに抑留されていた。
帰ってきてからしばらくは、自分の母親に対して、
「働かざるもの食うべからず!」とか言っていたらしい。
向こうで洗脳教育を受けたのだろう。もちろん今は
普通のおじいさんだけど。

 もう亡くなった知人の叔父さんは、海軍で南方へ行った。
艦上で敵の大砲?かなんかの弾が方をかすめた。
漏れが保育園ぐらいの時に一緒に風呂に入った事が
あったが、肩にに窪みが残っていた。

 リアル消房の時に剣道をやっていたんだけど、その時の
師範が先輩の年代から聞いた話として教えてくれた。
敵の捕虜に穴を掘らせ、そこへ腰まで埋める。そして
一気に首を切り落とす。うまい人がやると苦しまずに
逝ける。だから君達も竹刀を振り下ろす時には、
最後に雑巾を絞るようにするんだよ、と教えられた。

 リアル消房の時の担任は、戦争中の話になると授業が
止まった。それを漏れらは期待していた。爆撃の後に
電線に人の手がしがみ付いていたとか。

 高校の古文の先生は実戦経験のあった方で、はっきり
「いやーー、私は人を殺しましたよぉ」とよく言っていた。
「地蔵背負い」という絞殺方も教えてくれた。授業中に。

  漏れの親父はS14年生まれだが、餓鬼の頃に、
突然、米軍機が空のドラム缶を上空から捨てて行った
事があった事を覚えていた。田舎なので空襲はなかったが、
これが唯一の空襲だったのかもしれない。
597あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:27 ID:gflaax0n
( ゚Д゚)ハァ?
598あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:30 ID:nsZ94QIX
>>596
日本人ってのはホント残虐な民族なんだねぇ。
授業中に殺人の仕方を教えてるのか・・・。
599あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:36 ID:LQRNS2xo
>>595 だから、ガソリンを流し込んで火炎放射器でそのガソリンに着火したんだよ。
   野戦病院の洞窟の軍医の指示だったそうだ。
600あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:50 ID:4yZKtobl
>>599
という作り話を聞いたってことだね。
601あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:57 ID:w3yM5HO2
作り話にしちゃ具体的だね。
毛布ぐらいなら余裕で酸素を通すと思うが。
酸欠になるのは洞窟の中じゃないのか?
又聞きと憶測で言い合いするのはバカらしいと思う。
>418
> でもまぁ、敗れた軍隊に誇りを持つ国民てのも
> 珍しいわな〜。
そんな事はないやね
フランス人はワーテルローの戦いは忘れたがってもナポレオンは忘れないし、
アラモ砦はアメリカ人の誇りでしょ。
そういやアラモ唯一の生還者を巡る話もオカルトというか都市伝説的。
605あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 01:32 ID:rirjQ6p0
>>598
オマエは何人なんだよ。
イイ話にほんの少し誇張を入れて美談にする。
あまり深く掘り過ぎると朝日新聞と同じだぞ(藁
>>605
んも〜う、わかってるくせにぃ〜w
>>604
> そういやアラモ唯一の生還者を巡る話もオカルトというか都市伝説的。
そういう話をしてください
609あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 02:23 ID:rirjQ6p0
いいか坊主、毛布ってのはな
濡 ら し て 使うもんだ。
殺しを楽しむのはモンゴル人

今はんなことないだろうけどな
少し前に本屋で偶然見つけた『発禁本』というムックw
明治維新の頃の春画から加納典明まで載ってるんだけど、
その中に昭和14年ごろ?流行したという絵葉書が載っていた。
中国大陸の兵士が日本の家族に送った葉書で、
絵柄は自分が仕留めた中国人の首を持って笑ってるようなのばっかりww
軍当局もさすがにこれはマズイと思ったか、
家族には届かないように密かに処分していたらしいが何通かは普通に配達されたらしい。
オカルトに関係ない話ですが
ごぼうを食用にしているのは世界中で日本だけなのだそうです
中国でも生産しているけど、それは日本への輸出用なんだって


>>612
北京行ったとき、普通にゴボウの炒め物出てきたよ。
614あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 03:11 ID:OXV9j8bn
>>598
いえいえ、中国人や韓国人の足元にも及びません。
615あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 03:21 ID:OXV9j8bn
>>611
中国には凌遅刑で肉を切り取られてるところとか斬首されてる
写真などが絵葉書にされていて欧米人がお土産に持って変える、と
いうのは聞いたことがあるけど。
ちなみに朝鮮人(韓国人)の人種的ルーツはモンゴルで
彼らの使うハングル文字もパスパ文字というモンゴルの文字が基になったらしい
国名の韓国についても
チンギス・ハンのハンからとってハングック(韓国)になったという説もある
617あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 03:34 ID:OXV9j8bn
満州あたりの朝鮮族は渤海国の民族(まつかつ)の末裔をもって任じてるし
北朝鮮は高句麗の末裔とか言ってるんじゃなかった?
つまり、ツングース系。
618あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 04:12 ID:Wm6XDQEZ
うわっ何このスレ
どんな恐ろしい怪談があるかと思えば
うぜー議論ばっか…
在日チョンはほっといて、恐い話キボンヌ
620あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 08:45 ID:+Gu4JC2e
>>618
もう一度戦争したい香具師がいっぱいなんだよ
>>599
洞窟の中に可燃性液体を流し込んだのなら、火炎放射器なぞ使わなくても
手榴弾を放り込めば良いのではないかと思われ。

それにガソリンでなくてナパームのような気もするんだが。
    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < 怖い話読みたい!!よみたい!!
       `ヽ_つ ⊂ノ 
              ジタバタ
【そうだ選挙にいこう@オカ板名無しさん】
オカルト板の名無しさんを決定する選挙です。
現在の名無しさんと新しい名無し候補の中から投票を行います。

■日時■2004年7月23〜24日
■投票所■22日にhttp://ex5.2ch.net/vote/内に投票スレッドを立てます

投票ルール、その他詳細についてはこちらのスレッドをごらんください
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1086969648/l50

624あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 11:26 ID:HLb6/sRu
毛布 云々の話は別に俺が作った作り話じゃない。
1984年に放映された硫黄島のドキュメント番組で、実際に野戦病院洞窟の
生還者の軍医がじかに語ってた。毛布は濡らして使用したのかもしれないが
そんなに水の蓄えがあったのかは不明。
水以外でもぬらす手段はありそう。おしっこかけるとか。
でも、じわじわ燃やすんじゃなくて瞬間のことなら、毛布でさえぎっただけでも
酸素をもとめて逆流しそう。
今の毛布は通気性がいいけど、昔はもっとみっしりしてそうだし。
ここ見てると、理屈坊主が自分の経験の範囲内の想像だけで「そんなこと
あり得ない」とか言ってるの多いな。
 そもそも何でオカルト板にいるのかが非常に疑問だわ。それで霊は信じてる
とかいうのは止めてくれ。
627あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 18:55 ID:8/uls0aM
.
>>626
自分の経験じゃなくて、一般的な知識、あるいは軍事的な知識から
考えて理屈ではありえないだろう、という感じでは?
629あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 22:52 ID:+r3qGfk1
どうも、軍事がらみの話になると突然知ったかチャン増えるよな。
いいからテルアビブあたり見学して来い。
沈んだ潜水艦を引き上げると中の人がえらい状態で死んでいるそうな
631あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:28 ID:R4RsS1m5
沈んだ潜水艦を引き上げる話では、
吉村昭の「総員起シ」は必読。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167169061/250-4652852-4749854
えらい状態ってどんな?
633あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 04:31 ID:j1U2rWSM
パンジャンドラムに匹敵する日本軍のバカ兵器って何かないの?
オカルト的にいうと何だろう?怨霊爆弾とか。想像できん。
634あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 04:33 ID:hPdOKqUX
海底深く沈没した船の中で、乗組員が数日の間、生きていたという話は聞く
JAL123便の事故ではないが、その様なカタチ、死を待つ状況下で
人間は・・・

635あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 04:38 ID:99cAACbn
>>633
あるよ。そのものずばりな名前の爆弾が。
>631
きっと酸素を求めて
艦内の引き出しが全部開いてたり
その中に顔を詰め込んで死んでたりするんじゃない?
ところで>631の本は実話?
アンカーミスったけど…まぁいいか(´д`)
>>636
吉村の「総員起シ」は実話に基づいた小説。
9年ぶりに引き揚げてみたところ、みんな
ちゃんと寝床に行儀良く納まって死んでたそうな。
一人首を吊って自殺してた人がいたらしい。
そいつの陰茎が力強く勃起したままだったのが
印象的だったとあった。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/sub-i33.htm
>638
レスはやっ!w
んじゃ、今度読んでみようかな…
んでも、史実を元にした展開の分かる小説程
読んでて哀しいものはないな(´д`)
640\_________/:04/07/18 07:43 ID:R8UoH7IO
       V    
   彡川三三三ミ
   川川 ::::::⌒ ⌒ヽ
  川川::::::::ー◎-◎-)
  川(6|::::::::  ( 。。))    カタカタカタ
 川川;;;::∴ ノ  3  ノ   ______      
    \_;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   |  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
       .__         
        ,.._,/ /〉___o ○(ぬるぽ)
      ./// //──∧_゚∧ ─::ァ /|
     /// //~~'~~(‐∀‐ ,)~~/ / .|
    .///_//     "'''"'''"'" / /  |
   //_《_》′─────‐ ' /  ./
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /
    |                    | ./
    |__________|/

  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ
  _/し' //. V`Д´)/>>641
(_フ彡
643あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:17 ID:ueeTXaTI
戦犯として殺されないように証拠を隠滅しようとしたけれども,
手違いで隠滅できなかったのが 上の防衛庁に残されている旧軍関係史料:

日本軍公式記録の焼却、隠匿

 8月10日、ポツダム宣言受諾が決定されると、すぐに、内閣の閣議決定で
公文書の焼却が決定された。それはポツダム宣言にあった「あらゆる戦争犯罪の
処罰」という一節に対する被告の対応であった。敗戦に際して日本国家がおこなった
第1の行為は、証拠の隠滅だったのである。

とりわけ軍関係の証拠隠滅は徹底しておこなわれた。
公文書の焼却は、閣議決定の上、組織的に徹底的に行われた。
「鈴木貫太郎内閣の蔵相であった広瀬豊作が、『私もご承知のとおり終戦直後、
資料は焼いてしまえという方針に従って焼きました。これはわれわれが閣議で
決めたことですから、われわれの共同責任のわけです』と回想しているし、
元陸軍法務中将の大山文雄が、法務省の調査に対して、『書類の湮滅は政府の命令に
基づいてなされた』回答しているのも、このことを裏づけている。

この焼却命令は、広瀬と大山の同想が示唆しているように、明らかに戦後に
予想される戦犯裁判を強く意識しての措置であった。」
(甲294『現代歴史学と戦争責任』127頁)

 次にこの閣議決定に基づいて、各省庁で公文書の焼却が行われた。
 ポツダム宣言の受諾が決定し、天皇の「玉音放送」のある8月15日、
陸軍省では連絡会議が開かれ、そこで阿南惟幾陸軍大臣からの証拠湮滅の指示が
出された。
644あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:18 ID:ueeTXaTI
 後にそのことを明かした田村浩俘虜情報局長の記録が残っている。
1946年3月7日、極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)の国際検察局
(IPS)のG・S・ウールワースの尋問に答えて、田村局長は、 

「連合国側に見せてつごうの悪いような軍の文書は全て焼却せよ」
(甲106の1、38頁)という命令を副官から口答で伝えられ、
その命令に従ったと述べている。


東京裁判で国際検事により提出された証拠の中に大本営から司令官に出された
秘密命令があった。その命令は

兵士が日本に帰還した後は中国での虐殺のことは口にしてはならぬというものであった。

また、中隊長からの兵士への命令も証拠として提出されている。
事を済ました後に不必要なトラブルを避けるための日本兵の処方箋:
1) 金をやること。
2) 殺すこと。
第十軍兵士、東京の岡本健三は告白する。「私たちは杭州湾に上陸した時から女に飢えていま
した。上官から、女に手を出したら、後で殺せ、しかし、銃剣で刺殺したり、銃殺はするな、と
いう不文律のようなものを聞きました。これはおそらく証拠隠しのためでしょう。しかし、処罰
規定など事実上空念仏でした。今まで処罰された者は一人もいません。
645あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:22 ID:1yQ642qP
米側にも証拠隠滅した文書がたくさんあるけど、問題はその内容だよね。
646あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:26 ID:1yQ642qP
>>644
虐殺を口にしてはならない、などという指示工作がなかったのは
日本兵やマスコミ人などの証言などからも明らかだよね。
647あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:26 ID:h/uxU5pv
良い悪いは別として、敗戦時に関係記録などを処分するってのは
普通のことなんじゃないの?
都合の悪いものもたくさんあったと思うけど、今となっては当時を
知る貴重な資料みたいなものも灰になっちゃったんだろうね。
648あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:29 ID:1yQ642qP
中国には今もあるようだけど、出してくれない。
649あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:31 ID:1yQ642qP
それに東京裁判では検察側の証拠は普通証拠とはなり得ないものまで
受理されたのに対して、弁護側の提出した証拠はどれだけ却下されて
いるか。
650あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:35 ID:5/YCqF7N
>>647
ポル・ポト派支配下のカンボジアで、百万人単位の虐殺が行われたのは
有名な話だが、それが明るみになったのは、プノンペンのS21尋問センター
(現ツールスレン博物館)所長ドゥイが、ベトナム軍が予想外に早く侵攻して
きたため証拠隠滅が間に合わず、決定的な証拠のほとんどが残ってしまった
からというのがある。ドゥイが証拠を完全に隠滅していれば、カンボジアの
大虐殺はなかったことになっていたかもしれない。

ポルポト派幹部、ヌオン・チアは後にドゥイにこういったという。

「党の文書は、すべて焼き払われた。おまえのを除いてな。お前は馬鹿だ」

「なぜ同胞を殺したのか」井上恭介 藤下超 NHK出版
651あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:42 ID:KwbWf7Jd
>>650
この手のおもしろい話しが載っているHPを知りませんか?
652647:04/07/19 00:47 ID:h/uxU5pv
日本も「本土決戦」なんてやってたらそんな暇なかったかもね。
その前に米軍の空襲などで焼き払われてたかも知れんけど。
653あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 02:40 ID:eOK7EtQm
海上封鎖と爆撃(原爆含む)だけで日本はつぶれると分かっていたので米軍は
ハナから本土上陸なんて考えていませんでした
小説だけど檜山良昭の『日本本土決戦』ってのがよく出来てる。
石神井あたりで国民学校の先生と生徒が地雷抱えてシャーマン戦車に
飛び込むシーンはちょっとトラウマ。
虐殺だのレイプだの言ってる良識派アメリカ人諸氏には
自分らの先祖がフィリピン、ヨーロッパ、その他諸々で何をやったかを知ってもらいたいもんだ。
>>655
ネィティブアメリカンの皆さんにしたことも忘れちゃいけないよね
死んだじいちゃんに色々聞けばよかったなぁ。
戦争の話は聞いたけど、怖い話も聞いとけば良かった。
658あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 15:17 ID:nRbM/ngq
差し入れてもらったおにぎりを食べられなかった日本人兵士の話

そのうちの一人の兵隊がなぜか憑かれたように立ち上がり、傍に建てられた粗末な墓に握り飯を添えて、
全身をふるわせながら「オレにはこの握り飯は食えない」と慟哭するのである。
「どうしたのですか?」福島報道班員はきいた。傍の兵隊が、それを説明した。
「あの墓には、Bという高砂義勇隊員が眠っているのです。ニューギニアの作戦の当初から、
われわれはBとともに戦ってきました。食料のない日が何日も続きました。
ある日、Bはずっと後方の兵站基地にさがって、食料を運ぶことになりました。
ところが、その次にBに出会った時には、Bは死んでいました。五十キロの米をかついだまま、
Bはジャングルの中で飢え死にしていたのです。背中の米には一指もつけずに・・・・・・」
659あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 17:02 ID:UcSG6Yx8
昔、山梨の山中で沢ルートを間違えたら落ちている飛行機みたよ。
戦争中の飛行機。
なんだか新品みたいにピカピカしててさ、ひょっとして最近のだったらと思って警察に届けた。
そしたらやっぱ戦争中の飛行機、日本軍のだった。
ライデンとかいう戦闘機だそうだ。
飛行機ってアルミだから錆びないんだそうだ。
塗装が剥げてアルミが剥き出しなんだろうって
あんたよく見つけたな、地元じゃあるには知っていたが、かなり山の奥だし実際に見た人は少ないんだってさ。
戦争中落っこちて当時の軍隊が調査の為、地元の山師に案内させて行ったきり、その後行った人は少ないんだって。
沢登りか・・・
クマーに遭わないように気をつけろよ
その飛行機も今は解体されて跡形もないのだろうね。
モッタイネー
>>659
本当に雷電だとしたら、国内に見学可能な実機は無いぞ。
貴重なモノを見ましたな。うらやましい。
663あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 02:34 ID:aZy5WoDp
沖縄戦の戦艦大和特攻とかは結構美談にされたりしてるけど
実際は壮絶な地獄絵図だったんでしょうな。
664あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 04:16 ID:Nf80inWX
>>658
感動しました、我々は高砂族の忠義を忘れてはいけないと思う
665あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 04:47 ID:8CvrGCjS
>>664
まぁ、高砂族の一部は戦時中も台湾で反乱を起こして日本人の首を刈っていたりも
するんですがね。
666あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 05:25 ID:Nf80inWX
>>665
その話キボンヌしつつ666get
>663
そりゃまあ、戦艦一隻が護衛艦を引き連れて自殺したわけだから
地獄絵図だったろうよ。
近海は強風、嵐の後で海流も冷たく、また巨大戦艦の沈没で発生する大渦に巻き込まれ、
へし折れた鉄板やスクリューに切り刻まれ、敵駆逐艦にぶつかり逃げることもならず。
水中衝撃波は容易に人体を吹き飛ばし。
嵐のような爆撃に対し、海に飛び込んでも死、ボートに乗っても死、船に残っても死。
小学生のころ、8月15日が近づくと決まって校長先生が各教室を訪れて、
戦時中の話をしてくれた。みんなからは、「またか」と不評だったけど、
俺は毎年校長先生の話が楽しみだった。

どこだかは覚えてないけど、ある日、校長先生は戦友と共に前線から比較的離れた
兵站所で立ち話しをしていたそうだ。遠くでは何かが爆発する音や、大砲の音が
聞こえていたそうだ。すると、突然、目の前で立ち話しをしていた戦友がドサッと
倒れた。何事かと思い戦友を助け起こすと、後頭部に爆弾の破片が刺さっており、
既に絶命していた。遠くの戦地から破片が飛んできて、校長から僅か数十センチ
の場所に立っていた戦友の頭に命中したと。

後年、校長は激戦のうちに負傷し、本土に後送されたそうだ。
本土に戻ってから休暇をもらい、一日だけ故郷に帰った日、運悪く敵の空襲にあった。
裏山に小さな山を貫通させたトンネル上の防空壕が掘られてあった。当然、近所の
人達とその防空壕に隠れたのだが、敵は戦闘機を連れてきており、戦闘機が低空まで
降りてきて、執拗に機銃掃射を浴びせてきた。すると、敵戦闘機が山を貫通させた
トンネル防空壕の存在に気付き、両側から中に向かって機銃を撃ってくる。
弾がひゅんひゅん掠めるなか、中に非難していた人達はだんだんとトンネルの真ん中
の方まで追い詰められたそうだ。もう駄目だ、と観念し地面に伏せていたところ、
敵の戦闘機の音がしなくなった。恐る恐る顔を上げてみると、自分の両側の人達は
敵機銃にやられて事切れていた。トンネル防空壕に逃げた人達の中で無事だったのは、
校長と、女性が一人だったが、その女性も負傷しており、後日それが元で亡くなったそうだ。

校長がこの手の話をするのは、
人はいつ何が起こって死ぬか分からない。だから一生懸命生きてね。
ってことを教えるのが目的だった。

俺の中では、寸でのところで生き延びてる校長がある意味オカルト。
669あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 19:51 ID:0zGVyyVP
>>631
いわゆる死蝋化ですね。
密閉空間で酸欠になると、死体は腐敗せず
蝋燭状に溶けてしまう現象です。
昔、仕事の関係で死蝋体の写真を見ましたが
映画「遊星からの物体X」に出てくる、ノルウェー基地で
見つかった変死体そっくりでしたよ。
2つに割れてはいませんでしたけどw

>>666
霧社事件
投げるウンコが無くなって、シマイには手榴弾まで投げたという(以下略
671幸運艦?いや・・・:04/07/20 21:51 ID:T9z18LwG
>663
そんな戦場から生きて帰ってくる船もあるんですよね・・・。
>>667
そんな船の乗組員でも生きて帰ってくる人がいるんですよね・・・。
>>670
そんな戦場から生きて帰ってくる人もいるんですよね・・・。
674あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 23:57 ID:iAG8O9tW
旧日本軍があるなら新日本軍もあるのか?
当然ガチなんだろうな?
新日本軍=自衛隊
常識でつが何か?

      (゚д゚ )・・・*
    (:) 殺(:) ミミミ
    <(::)ヽ二ゝ ミミミミミ
/ ̄ヽ二二二二ーー、
ヽ_ノ三三二二ニニ′三二ニゴ――

いま>>1の所に
世界一の殺し屋“桃白白”が向かっています
677あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 01:43 ID:ZT9YiH3y
旭川在住なんだか、20日から護国神社祭なのよ。
戦時中に旭川に集められた軍人さんが大勢、戦地に出向いてるから、
なんかコワーな祭なんだよな。

うちの母の話だけど幼少時に祭に行ったら、神社の建物の扉が開いていて
好奇心で覗き込んだら、泥の付いた古い軍靴が飾ってあってガクブルったと。

この護国神社、軍人さんが列をなしたような規則正しい軍靴の足音が
境内の砂利道に響き渡る怪奇現象があるんだよ。

…でも、怖がってはイクナイよね。感謝と鎮魂を願わないと。
怖いかもしれませんが出来たら煙草の一本でも献上してやって下さい ノシ
霧社事件は戦前でつ
680あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 02:05 ID:UQuTHz+8
>>674
ノアだけはガチ
681あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 02:08 ID:LWhZg16F
※※※ 高 知 の 廃 墟 ※※※
http://www.kochibbs.com/kitan/mibbs.cgi?mo=p&fo=Xg&tn=0200
3代目@高知BBS(高知掲示板) : 生活情報板
http://www.kochibbs.com/kitan/Xg/index.html

4月20日は、廃墟マニアの聖地「軍艦島」が無人島になった日だそうです。
「今日はなんの日」でやってました。いつかは行ってみたいと常々思っていたの
ですが、現在は建物が老朽化して危ないので、立ち入り禁止だそうです。
廃墟が好きなら……
http://www2.ttcn.ne.jp/~hexplorer/

    人         ☆
  〃 __ ヽ.
  ! (・e・) ,!    霊などいない!
   ゝ-ー'-く .
682あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 02:13 ID:oELBY9DO
  A
(・e・)    きーくんひよこじゃないっピ!
角ずれてるよ
684あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 02:33 ID:1v1NhlsM
第1水雷戦隊の木村昌福少将は殆どネタみたいな奇跡的な人物
685あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 03:05 ID:y2UqFT5o
硫黄島の遺骨収集であった話。


「80年代半ば頃、地面を掘り返していたら地下壕跡があり、遺体1体を発見した。
その遺体は地下壕の高温のためミイラ化しており、最期の苦悶の表情が見てとれた。
その凄まじい形相に、遺骨収集に慣れていた人でさえ立ちすくんだ」
686unknown:04/07/21 13:32 ID:XaTBz48C
>>675
新日本軍は近い将来に出来る正規の軍隊のためにとっておきたいなぁ。
自衛隊? n〜〜 つなぎ日本軍とか。
ファッション日本軍
688 (゚∀゚ 〜アヒャヒャヒャヒャヒャ :04/07/21 15:18 ID:k9MqFVXV
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲霊場廃墟怖い話怪談~
http://jbbs.shitaraba.com/travel/611/
▲ オカルトホラー心霊作品探索劇場 ▲
http://jbbs.shitaraba.com/movie/4639/
▼~~~心霊・ミステリー情報 ~~~▼ (゚∀゚ 〜アヒャヒャヒャヒャヒャ
http://fc2bbs.com/bbs?action=reply&uid=63647&tid=3568219&n=50&type=last
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲ 別館
http://bbs1.fc2.com/cgi-bin/e.cgi/14612
689あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 15:40 ID:PNrzPJKe
>685
ミイラはほっとくと筋肉組織がこわばって張りだしてくるから、どんな人のミイラでも
苦しみに叫んでいるよーな顔になるんですよ。
690unknown:04/07/21 16:37 ID:XaTBz48C
>>689
確かに、にっこりほほえんでいるミイラの方が怖いような気がします。
691あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 17:47 ID:qehI2L5A
観光にいくと場所によっては英霊がまつられてる所ってあるよね。
しらない人の墓は拝んじゃいけないって心霊話ではよくあるけど
英霊の場合ってどうなんですかね?。いつも拝んでるんだけど。
靖国とかもいってみたいと考えてます。
>>670
それって逆でないかい?
693あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 17:59 ID:NGv5B/FM
>>691
みたまに毎年行って参拝してるが御霊と言ってももう神様ですから。
おれは、「出てきて」もらいたいとむしろ思ってる
今の日本のあまりにも惨めで英霊を軽視している世情を訴えられればと
思ってる。
>>691
神様ですか、そうですよね。
戦争で死んだ人を犬死だとか批判する人もいますけど
私はそれは違うだろと感じる人間ですので
これからも感謝の念をもって拝むようにします。
間違えました。
>>694>>693さんへのレスです。
696あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 18:33 ID:X6yWW+uL
>>685 それって、「地下壕の奥深く、ガスマスクを着装したままミイラ化していた。」
   という兵士の事かな?ガスマスクの中で凄まじい形相をしていた、という。
697あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 22:46 ID:vRrjvPTu
小野田さんと日本兵の心霊写真はガイシュツですか?
オヅラさんがコメントしてたんですが
698あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 22:49 ID:1v1NhlsM
>>697
詳しく
699697:04/07/21 23:29 ID:vRrjvPTu
小野田さんが見つかった時、新聞に写真が載った。
ジャングルで生活していた小野田さんが現地で撮影されたもので
背景に樹木、真ん中に小野田さんが写っていたんだけど
小野田さんの周りに軍服を着た日本兵が複数名写っていたものが、新聞の一面に載ったそうです。
オヅラさんが言ってました。
みんなが守ってくれたんだねぇ... 合掌
>>699

あれ、小野田さん発見時には撮影できなくて、後で撮り直した写真。

その辺の経緯は「写真のワナ」と言う本に詳しく書いてあったはず。
702あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 01:06 ID:AieT+Vg8
小野田さんは存在事態がオカルティック。戦後30年もジャングルでゲリラ戦続けるなんて無理。
しかもその理由が「命令解除がなされてないから」って・・・
703あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 01:10 ID:pIekM38I
>>702
「死ぬまで有効」ってなめ猫の免許証みたいだな
>703
それでいえば、ジェンキンも同じでは?


705あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 02:21 ID:wDTMwT6Q
左翼が集まりだしたな。
706かあぺんたあ:04/07/22 02:24 ID:qAXU1ZFx
ウヨサヨは無関係だな。
ジェンキンスさんはマジで脱走兵なの? 確定?
708あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 02:53 ID:/sH13lnu
>>707

北に入国した経緯がどうであれ、
脱走兵と認定した米国が脱走兵という方針が働けば、
確定間違いなし、、、

米国国内でも公になっていることから、
今後、政府はメディアを利用してでも、
脱走兵だと自国民に伝えられる可能性があるな。
>>脱走兵だと自国民に伝えられる可能性があるな。
伝えられてるだろ、すでに。
米国の家族と日本政府がごねる、司法取引でチャラじゃないの。
710704:04/07/22 03:03 ID:ZRakwqds
ごめんね、思想とか関係なく、時間たってると、思っただけ。
ジェンキンは、スレチガイです。
連書きすまん。
ところで、京都の嵐山の博物館の、移転先とかてん末情報ありませんか?
712あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 07:54 ID:ZSspv7FO
ジェンキンスレチガイ
713あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 19:03 ID:TOf7ZhqQ
>>707
脱走、機密漏洩、扇動(北の反米プロパ映画に出て米国を非難

どれか一つでも重罪なのに全部そろったあのじいさんは役満クラス。
714あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 22:43 ID:/79l7oUN
実はCIAのスパイでした、ってオチ。
報酬タップリ、終身警護付き、やったね曽我さん!
>>711
零戦は伊勢白浜パークにあるよ。
ってこれもスレ違いか。
>>711
疾風は知覧に移転
717あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 23:51 ID:QBg5UMm8
>>706
スレ違いだけど、映画板の遊星からの物体スレと同一人物?
ミリタリーはドイツ軍からが基本です!
719あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 00:13 ID:Hb8FKSE/
戦車はやっぱドイツ軍だよなー

日本でドイツ車が人気があるのはその影響じゃないか?
720ダヌル・ウェブスター:04/07/23 00:14 ID:xDxIuXXM
>日本でドイツ車が人気があるのはその影響じゃないか?

・そうそう、本当にそうだね。

なんていう奴がいるのかな。(笑)
721あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 00:55 ID:VJ1yHVNO
やっと全部読んだ・・・。
俺が知っている『大久野島』についての話。

『大久野島』は戦時中に地図から抹消されてた。
線路が海岸沿いを通ってて、ある地点に差し掛かると大久野島が見えるポイントがある。
その地点に行く前に、憲兵か車掌か知らないが、外を見えなくするようにカーテンみたいなもので遮っていたらしい。
軍事機密かなんか知らないけど、知られてはまずいらしい事をやっていたためと言われている。
(大久野島で何が起こっていたか>>276参照)
この辺の話しは実際に何人からか聞いたので信憑性は高い(←小学校時代に「平和と戦争」について調べる授業の一環で)

確か大久野島では砒素が扱われていたらしく、終戦間際に薬品などをドラム缶に詰めて海に沈めたり、
そのまま海に垂れ流していたそうだ。
ちょっと前(4〜5年ぐらい前かな?)にも「大久野島の海岸で砒素発見」とかそんなニュースが流れたりもした。

さてさて、本題。

大久野島でキャンプができるんだけど、そこは出るという噂がある。
海岸でバーベキューをしていた人が見たとか、テントで寝ていたら誰かが入ってきた気配はするものの
中には誰もいないって事があったりなどなど。
(この辺のソースはテレビ番組なので、信憑性は薄い)

昼間は結構いい所なんだけど、夜は確かに何か出ても不思議じゃない雰囲気だね。
オカルト住民なら、この夏のキャンプ場所は広島県竹原市の『大久野島』で決まり!
数の議論に終止符!
犠牲者354,780人以上

ttp://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/fujioka.htm

右翼はこれをよく見て目を覚ましなさい。それでもまだ
信用できないのであれば、ここにある記念碑を一つ一つ訪れて
「これほんとにほんとう?どうやって数えたの?」と失礼な
質問をして廻ってみればいかがですか。
>>722
うぁ・・・
かなり電波なHPだ・・・(゚Д゚)
中国って
紀元前から内戦では多くの民が死んでいても記念碑は建てないけれど
東にある中国的には蛮族に殺された件に関してはは殊のほか強調するんだな。

金の絡む話だからだろうけれどさっ、すれ違いスマソ。
>>723
デムパにデムパといっちゃいけません
おまけに撫順戦犯管理所に収容されていた日本兵の証言とか、はるか昔に
それが嘘であったと判明しているようなのばかりだし
というか、よく見ると何の証拠にもなってないものばかりだしw
こんな資料は昔からよく知られたもので、誰も否定してない処刑が
あった事実や、その一日の埋葬数に関するものばかりじゃん
否定派はこういったものをもとに埋葬数の算出とかしてるっての
君たち三国人が必死で持って来た資料になんて事をw
729あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 02:45 ID:F87FP76R
沢田小次郎(1915年9月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 第1大隊某中隊指揮班

 この中隊には「男も女も子どもも区別なしで殺せ」という命令が出ました。
つまり虐殺でした。残虐な攻略戦で、その残虐さは南京に入ったらすぐそうでした。
(略)
 南京攻略戦はちょっとやりすぎでした。反日の根拠地というので、南京に入るまでは
家を全部焼けという命令がずっと出てました。するとまた後続部隊が泊まる所が
ないからといって、家を焼くのを中止したんです。

とにかく「家は全部焼いて、人間は全部殺せ」という命令でした。
命令が出てなかったらこっちはしませんよ。

北支の戦争では「兵隊以外の者は絶対に怪我人を出したらあかん」という命令が
出ていました。だから北支は戦争しにくかったです。
 でも南京攻略戦は手当たり次第やったので、戦争がしやすかった。
それももちろん命令があったからです。皆伝え聞いて分かっていました。
中支では、上陸してからずっとやりたい放題にやっとったんです。
その代わりこっちの被害も多かったですな。あそこは支那の部隊も集中してました。

『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P312〜314

http://members.tripod.co.jp/NankingMassacre/
>>729
そのソースに出てくる自称兵士って、普通戦地に行ってたら
間違えるはずのないことを間違えてたりしてるんでツッコミ
が入ってたよなw
16師団の生き字引と言われた人は、「仲間に聞いても取材には
こなかった。まともな人間には取材しなかったようです。書いて
ることはむちゃくちゃで論評するに値しない」みたいなこと
いってる
http://www.history.gr.jp/nanking/books_seiron0211.html

「本当にばかばかしい本です。私のところに聞き取りには来ませんでしたが、元気なり
2人の戦友に尋ねたら、2人にも来なかったと言っています。まともな話をする人には行
かないようです。確かに予備役には悪い事をする人もいましたが、この本をざっと読んだ
ところ、強姦などの話は、創作8割、本当2割でしょう」

歩兵第33連隊第5中隊の第1小隊長だった市川治平さん
732あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 03:06 ID:Dqq0oTeh
韓国エステとか中国人のホテトルの女の子達と
動機は同じだったんじゃない、慰安婦。
733あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 03:12 ID:bhyI/E+q
「正論」阿羅雑文を批判する
ttp://www.nextftp.com/tarari/arazatsubun.htm
ネット右翼の妄説批判
ttp://www.nextftp.com/tarari/net_uyoku.htm
だ〜か〜ら〜


そういう話はよその板でやってくれよ
http://www.asahi-net.or.jp/~KU3N-KYM/tyousa03/nank2.htm
いままで実名の加害証人は全てが、そのウソを暴露されているので、この本では
全員仮名か匿名である。
ただし、部隊名や内容から特定された人も分かってきていて、確認にあたっている人がいる。
そのうち発表されるだろう。

やはり松岡環会長は一撃離脱の聞き取りを敢行しており、言葉尻を捕えて美味しい
部分だけ恣意的に選択して掲載したもので、その上、インタビューした人に、この本
の刊行を知らせていなかった。
>>733
以前誰かがそのHP出したから読んでみたんだけど、むちゃくちゃ
だったからそのときもツッコミ入れまくったけどW
737あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 03:30 ID:0eRei8y0
日本人の虐殺の手口

1932年9月16日、平頂山村に住んでいた3000人ともいわれる村民が、事件の前日
満鉄の経営する撫順炭坑を襲った「匪賊」、すなわち抗日ゲリラに通じている
という理由により、老若男女を問わず一カ所にかり集められ、機銃掃射によって
血の海のなかに倒れてゆきました。

しかも、機銃掃射後、まだ息のあった者は、一人ずつ銃剣や日本刀で突き刺されて
いったといいます。

ゲリラに通じているとの理由で村全体を焼き尽くし、老若男女を問わず全ての住民を
虐殺する。後に、日中戦争で日本軍が行ったいわゆる「三光作戦」や、ベトナム戦争
での米軍によるソンミ村虐殺事件の原型を、ここに見ることができるのではないで
しょうか。
 
事件後、日本軍は遺体の山にガソリンをかけて焼き、崖を崩して埋め、同時に、
この事件の存在自体を隠蔽してしまいました。

http://www.suopei.org/index-j.html

南京大虐殺も平頂山と同じやり方だが,殺した人数が多すぎ,ガソリンも足りなかったので
証拠は完全には隠滅できなかった.
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200209020000000000013290000
 昨日のニュースステーションで現れた、いわゆる『南京虐
殺??』を行った「元日本兵達」の経歴は明かに詐称であり捏
造である。下記のように全ての元兵士と称する証言が事実とし
てあり得ない。明かに”偽兵士”と断言できる事例もある。

三上翔(83歳・仮名)
1919年生まれ
当時18才
支那方面艦隊第3艦隊大1船隊第24○○艦隊

→戦争の始め頃に18歳の兵士はいないと思われる

鬼頭久ニ(76歳・仮名)
1926年生まれ
当時11才 
第16師団歩兵第33連隊第1大隊

→11歳では兵役に就けない。

報道についての歪曲点
1.鬼頭久ニ(76歳・仮名)
  ・南京で一般市民を大量に殺害、女性を強姦したことになっている。 
当時、11歳! 果たして、11歳(小学校五年生)が日本軍人になれたか。 
そして、大人の女性を強姦できたか。そんなことはあり得ない。

以下略
[特集]南京大虐殺「100人斬り訴訟」が暴いた大新聞の「歴史的ウソ」

南京大虐殺の象徴として、今でもことあるごとに引き合いに出されるのが、日本兵に
よる「100人斬り」である。
大新聞が盛んに喧伝した、その「歴史的ウソ」が法廷で暴かれようとしている。
創作された記事がもとで、戦犯として銃殺刑に処せられた日本兵の遺族が、昨年名誉回復
を求めて提訴。
裁判は山場を迎えた。
以下略

「週刊新潮」平成16年7月22日号
・三光作戦とはなにか
  三光とは殺光(さっこう=殺しつくす)槍光(そうこう=奪いつくす)焼光(しょうこう=焼きつくす)をいう。

日本軍はこの作戦を南京で行っていたのだろうか。
もともと三光作戦とは中国語が語源である。
日本の辞書に、「光=しつくす」と書いてあるだろうか?

  なお、『中国人民述語辞典』中華人民共和国の辞書には、蒋介石の国民党軍が
  人民を殺害するために使ったスローガンだと説かれている。

  『中共述語彙解』中華民国の辞書には共産党軍のスローガンだとして
  「分光」(分け尽す)「吃光」(食い尽し)「用光」(使い尽す)の意味だと解釈している。
  つまり地主や資本家を粛正する清算闘争の用語だとの説明がなされている

  岡村将軍は昭和十六年(一九四一年)十一月三日の明治節に司令部高官への
  訓示で、皇軍の誇りにかけて「焼くな、犯すな、殺すな」と強調している。
  さらに翌年四月八日にも全将兵に同様の訓示をしているのが真実である。

おそらく岡村の訓示をプロパガンダに利用したのだろう
満州では卑俗と軍閥に一般の人たちは苦しめられていたので、日本が軍閥
を追い出し、卑俗を討伐したのは喜ばれた
だからこそ内乱の激しい中国から年間100万人者中国人が流入していた
742あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 04:25 ID:Dqq0oTeh
2chって日本人だけの書き込みじゃないんだね
唯一つの情報をなんの疑いもなく信じる。
これってヤバイ事だぞ。
744unknown:04/07/23 05:47 ID:1mtiZePJ
>>722
354,780人ですか、すごいですねぇ。運良く1発の小銃弾で一人殺せたとして、
弾の重量は25gくらいですから、小銃弾だけで約90tも使ったんですねぇ。

で、ガソリンぶっかけて焼いたんですって。人一人生焼けにするのにガソリンが
どのくらい要るんだろう? コップ一杯ってことはないですよね。バケツ一杯
くらいは欲しいかな。まぁ、でも簡単のために一人1リットルとして計算しま
しょうか。ってーと、全部で270〜280tくらいですか。180リットル入りドラム
カンで、約2,000本ってとこですか。ゼロ戦52型が増槽込み満タンで890リットル
ですから、400回出撃できる量なんですね。今、町のGSでそんだけのガソリンを
買うと、4千万円くらい必要なんですねぇ。

で、何人くらいでこの偉業を成し遂げたんだろう? いやぁ、たいしたもんだ。
沖縄でユタを撮影中のテレビカメラに写ったの見た人いる?
不思議な映像だったな
746あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 06:41 ID:7hsXi4vf
>>744
どっかでそれを正確に計算してたよ。
結果は、国内の備蓄まで持ち出して焼かないといけなかった。
とかのはず。
>2chって日本人だけの書き込みじゃないんだね
在日が相当数いると思われ。
日本軍が南京に入る以前に撤退していった中国軍や政府機関、大学。
それに伴って移動していった民間人。
その分の人口も日本軍に殺されたってなってんだろうな。
749あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 10:46 ID:l+zf/B5P
>>722
いやらしい・・・実にイヤラシイ・・・・
おまいさ、立場逆になって「あったんだよ!ほら、こんなに証拠が!」って
おいら達を説得しろや
そうすれば「失礼な質問」もしないで済む。
750unknown:04/07/23 11:02 ID:1mtiZePJ
>>749
>>722 すでに現存しない碑もあるようなので貴方の提案は実行不可能です。
 すなわち、貴方の言うことは虚構です。」
とでも言っとけばいいんだよ。真剣に反応するだけ疲れちゃいますよ。、
怖い話、怪奇ネタまだ?(・ω・` )っ/凵 ⌒☆チン
752 :04/07/23 12:03 ID:v3pfsWQz
既出だろうけど、
俺はインパール作戦の最中にミャンマーの奥地で目撃された
大蛇やら巨大ワニの話が好きだな
中国語わかる奴、ここで一説ぶってくれ。

ttp://viewjinghua.qianlong.com/00/00/82/47/824744.html
精神疾患のウヨサヨども
空気嫁
>>751
ケンダリーの幽霊、なんて話はどう?
>>752
ああ、そういうん大好きだ!
虐殺ネタの下らない検証よりももっと面白い話キボン。
757あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 23:24 ID:hBAbeW1j
キスカ撤退作戦の時にアッツ島から沢山の兵が手を振っていたという。

作り話だろうけど好きだ。
>757
ttp://kurohune.hp.infoseek.co.jp/shiken/kisuka.htm
同じキスカネタ。
下の方がちょっとミステリアス。
>>758
これだよね→>>368
760あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 04:15 ID:qAw1ybCs
鈴木が史料批判も何も知らないDQNであるだけでなく、悪質右翼なので、
南京大虐殺と直接の関係のない百人切り競争の本に「南京大虐殺のまぼろし」というタイトルをつけただけよ。
「幻の南京大虐殺」ではない。一部におかしいところがあるといって全てをなかったかのように装ったって、
国際的には相手にされないと思うけど、それ以前。百人切りは南京大虐殺の前の話だろう。

それから、包丁で8人死んだのでわかるように、出血させ治療されなければ死ぬので、
何も骨まで切る必要はない。文筆サギ師山本の珍説にいつまでこだわるのか。単なる推測ではないか。
・虐殺の大半が日本刀による(銃剣のほうが多いと思うけどなあ)・骨まで含めた刃のこぼれるようなきり方しかしなかった
というようなありそうもない仮定に対する単なる山本の妄想だよ。(ユダヤ人が遊牧で肉食だとか一度でもいったことあればかけないようなことを平気で書くのが山本だよ。)
ちなみに、俺の実家には長刀・短刀(手裏剣つき)ともあって、子供のころよく突き刺したり振り回したりして遊んだ。
天井のはりに数十回突き刺したと思うが、別に刃こぼれはしなかったよ。ちなみに、梁は欅材。
だから、日本刀で豚を100匹殺せといわれれば、殺せる自信はあるな。
761あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 04:27 ID:r4rkPdTh
南京大虐殺については混乱期で信用できる資料などがあまりないため今でも事
実の有無についてさえも議論の対象になってしまっているんだと思う。

ただ、「火のないところの煙は立たない」と言うように、何も無かったとい
う事は多分ないんじゃないかと思うよ。
中国側が主張するほど大きくはなかったとしても相当酷いことがあったこと
だけは間違いないと思うぜ。

日本人は同じ日本人の僕から見ても野蛮なところがあるよ。
マニラ空港の喫煙所で旧型日本人オヤジの買春ツアーと思われる一行が女の
話と現地人の悪口ばっかり言っていたのを見て「こいつら日本の恥だ」と思
った。こんな連中が数千人もいて、戦勝に浮かれていたらどんな蛮行でも
やりかねないもん。
最近の若い人(僕も若いけど)はこういうオヤジ達よりずいぶんクリーンに
なったはず。先代の残した負の遺産はあるけど、21世紀の新型日本人は違
うんだということを迷惑をかけた国々の人たちに理解してもらう必要があ
ると思うね。
762あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 05:27 ID:sl+G40/k
これだから左翼親父は始末に負えない。
南京大虐殺の根拠として散々喧伝しておきながら、嘘だとバレると「虐殺とは
関係ない!」と言い出す。
プライドの欠片もないのかねぇ、しかし。
原爆落とされて、たくさんの日本人がなくなって、もう十分でしょう?
日本が負けて、そのあと中国や韓国のひとたちはなにをした?
いまだに敗戦国イコール金づる扱いでは?
764あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 05:29 ID:sl+G40/k
>>76
いや、虐殺があったとか中国政府に都合のよい資料がないだけで
たしかな資料はあるよ。
安全委員会の記録を戦後国民党が編纂したやつとか。
しかし、その後の彼らの主張とあまりにかけ離れてるから、左翼親父
はあまり好まないみたい。
765あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 05:32 ID:sl+G40/k
>>760
それと、いまだに日本刀で何十人も斬り殺せるなんて言うのはどうかと
思うよ。
刃こぼれしない斬り方ってそんなこと達人でも不可能で、いい刀を使って
も何人も斬れば刃こぼれなんてするに決まってるじゃない。
合気道の創始者は、一本の日本刀で何人も切り殺したければ、後ろい鍛冶屋
でも用意しておくんだな、と言ってるし。
766あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 05:51 ID:sl+G40/k
2001.05.12
■日本軍南京攻略「百人斬り」やはりねつ造
--------------------------------------------------------------------------------
 【ワシントン11日=古森義久】1937年(昭和12年)の日本軍の南京攻略の際、日本軍将校
2人が日本刀で中国側100人をどちらが先に殺すかの競争をしたという「百人斬(き)り」事件
について米国人の歴史学者がこのほど詳細な学術論文を発表し、この事件はねつ造であり、
戦後にその2人を処刑した軍事裁判も不当だったという結論を打ち出した。
(略)
ワカバヤシ教授はこの事件をめぐり七〇年代の論争や、その対象となった毎日新聞記事、日本国
内の英字紙「ジャパン・アドバタイザー」に掲載された同新聞記事の英訳、南京軍事裁判での各証拠
書類などを点検し、当時の南京での戦争の状態などをも調べた結果、(1)日本側の当初の報道では
二人の将校は南京近くの句容から紫禁城までの何キロもの区間で「百人斬り」競争が実行されたとし
ている(2)当初の報道では「百人斬り」の対象はあくまで中国側の将兵だったが、後の本多勝一氏らの
報道ではいつのまにか、一般住民にまで広げられた(戦争で敵の将兵を殺すことは犯罪ではない)(3)当初
の記事の筆者の浅海記者らは二人の将校が実際に中国人を殺すところなど、みたことはないと証言し、
東京裁判では二将校を拘留し、尋問しながらも解放した(4)当時の日本軍は日本刀で敵を殺すことは一
般的ではなく、また将校の日本刀はそれほど頑強ではなかった−などという点を強調している。
 ワカバヤシ教授はこうした諸点を踏まえて、「提示された証拠は二将校の有罪を十分には立証してい
ない。
私としてはこれら証拠を総合して『百人斬り』事件というのはねつ造だという結論を得た」と述べ、さらに
「事件は虚構であり、二人の将校は不当に処刑された」と明言している。
 「百人斬り」に関して日本や中国以外の第三国の学者がこうした研究を発表したのは初めて。
ワカバヤシ教授は米国オハイオ州生まれの日系米人で、カナダの大学で歴史を教え、日本の近代史を
専門としている。
767あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 05:58 ID:sl+G40/k
>>761
それと、台湾の人は、戦前の日本人と現在の日本人とでは前々別人の
ようだ、といってる。
戦後の教育に問題があったんだろう、と。
台湾で「日本精神」という言葉が今も残ってることがその証拠。
768あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:10 ID:yHzZd+2/
日本刀の殺傷力

刀剣研究家成瀬関次氏は、戦時中刀剣修理の技術者として大陸に渡り、
多数の損傷刀の修理を行った。氏は、実戦で使われた軍刀を修理した経験から、
「研ぎべりのした、刀身のへなへなと薄い刀、焼け身、中心を焼きつぎにしたもの、
洋鉄を延して焼きを入れただけの昭和刀、手に合はぬ直刀等は、避けねばならぬ」
と断りつつ、「概して日本刀は強靭なものである」とその実用性を保証している:

 或る暑い日であつた。開封城内の修理班へ時目といふ変つた姓の少尉が自身刀を
持つて修理にやつて来た。…無銘古刀の武家伝来らしいよい刀を持つてゐた。
それで南京攻略の軍中三十七人を斬り、徐州戦で十人、都合四十七人を手にかけ、
縛り首は一つも斬らなかつたといふ。
 …
 刀を見ると、血糊で白くなつてゐる。性質のよい古刀で骨ごと斬ると、
必ず刃まくれの出来るのは一つの定則であるが、中央から上、物打下にそれも型の
如くに出来て居り、刃こぼれも三ヵ所、刀全体がジツトリしてゐた。
769あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:20 ID:sl+G40/k
>>768
日本刀は切れ味鋭く耐久力が無い、というのは専門家の間では常識なんだ
けど、それって小説かなにか?
伝来の刀で何十人も斬ろうとしたら刀は駄目になるけど、よほどの金持ち
なのかな?
770あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:24 ID:sl+G40/k
しかも、南京攻略の時にどうやって白兵戦をしたんだろうか?
戦史を読む限り、そのような状況じゃなく、逃げようとする
中国軍に壊滅的打撃を受ける部隊もあったくらいなんだけど。
処刑のときならまだわかるけどね。
771あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:36 ID:+GHWslR4
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=686388
会社で日本刀のお店を経営しています。

処刑に利用した刀や、実際に切りあいをした刀を入手することがあります。
名刀とは、実際の切れ味というよりも出来の美しさを指します。刀の見方は奥深いので手にとり、光を当てながらじっくりと鑑賞して欲しいですね。
回答された方がおられましたが、峰で受けた刀は曲がっています。
戦闘での連続使用は、刃こぼれの前に刀身が変形して使用不可になるのではないでしょうか?

#10の回答の中で
>あれは砥石の粉を刀について,
>常に刀を研いでいる状態にしているのです.

正確には大理石の粉です。
手入れの悪い状態の刀以外は、そんなことしたら逆に錆びてしまいます。
普段は、鞘から抜いて再び鞘に収めるとき丁子油を薄く塗る程度です。
これで錆びません。
772あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:38 ID:+GHWslR4
日本刀はすごく繊細なのです.
よって毎日手入れをしていないと
すぐに錆びてしまいます.
これは日本刀が限りなく純粋な鉄であり
また,表面がフライパンのように酸化第二鉄になっていない(黒くなっていない)ためです.
時代劇で,大名,代官が耳かきについている綿のような物で,刀をたたいているを見たことないでしょうか?
あれは砥石の粉を刀について,
常に刀を研いでいる状態にしているのです.
それぐらい錆びやすいのです.

で,どんな有名な刀匠が作った名刀であっても,
暴れん坊将軍や松平長七郎のようにバシバシと斬ってしまえば(峰打ちと仮定しない),
血はつくし脂肪はつくしで,
とたんに錆びてしまいます.
また,はじめは切れ味は良いのでサクッと切れますが,
切れ味よすぎて刃が骨にあたってしまい,
刃がこぼれてしまいます(ヒトの骨って結構堅いのです).

よって,連続斬りは3〜5人程度で,
最後の五人目は,ボロボロの刃で斬られるので,
ものすごい激痛の中,あの世へ旅立つか
小石川療養所の榊原伊織先生のもとで治療を受けることになるのです
773あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:40 ID:Qft08HcK
でも、中国の教科書には何も、「一本の日本刀で」斬ったとは書いてないよね?

 野田はおもむろに血糊を布で拭いたが、さすがに10人斬った後は松やにの
人間の肉や血、骨の油が刀身に貼りついていた。刃こぼれも3箇所ほどあったが、
それは野田は特に気にはしていなかった。なぜなら刃こぼれができてから、首を
斬られる人々が苦悶の叫び声をあげるようになり、それが野田にはたまらなく心地
良いものだったからである。
「しかし、油がついたのではこう、切れ味と言うか爽快さがないよね君達」
野田はそう言うと、隣にいた将校の軍刀を無言で、しかし互いに笑顔を交わし
ながら手にとった。次に首を切られる男は、刀が変わっただけで自分が数瞬後には
殺されることに変わらないこと悟り、静かに涙を流していた。

王萬幸著 中田氏好造訳, 1970, 『証言者たちの語る百人斬り』, 朝焼出版, pp.65
http://www.yamazaki.90.kg/moe/hankaku09.html
774あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:41 ID:j4VVwoOd
小平義雄連続殺人事件

小平義雄は戦地より帰って以来、性的に突如放縦になった。

放縦なだけでは留まらず海軍被服廠の軍属であった戦争最後の年に、同じ職場の
女子工員を強姦した上殺害している。
以後、終戦直後の混乱の中で女性を食料をエサに誘いだし、次々と6人も、犯しては殺していった。
小平が女性を犯して殺す、その味を覚えたのは、中国の前線だった。

予審調書の中で小平は言っている。

「大怙では強姦のちょつとすごいのをやりました。…父親を縛り上げて戸棚の中入れ…
クーニャン(娘)を出せと言って出させました。
…強盗強姦は日本軍隊には付き物ですよ。
銃剣で突き刺したり、妊娠している女を銃剣で突き刺して子供を出したりしました。
私も5,6人はやっています」

取り調べと裁判の段階で明らかになったことがあるんですね。それは、彼の戦争体験
のことだったんです。

「済南事件」:南京大虐殺の先駆けですね。住民の殺戮です。その時にもの凄く多くの
中国人の女性が日本兵によって強姦されて殺された。この小平という人物は、その時の兵隊だったんです。

「連続強姦殺人魔」と言われた人の犯罪を重ねる下地が「戦時強姦」で培われていた、
っていうことです。そのことが日本が戦争で負けた後に一気に吹き出してきた事件なんですね。

http://www.imadr.org/japan/interview/ikeda/hirosiikeda2.html
775あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:42 ID:+GHWslR4
百人斬り報道は一本で百人、という報道だったと思うが
776あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:43 ID:+GHWslR4
>>774
そういうのは中国軍においては常識だけど、日本軍では厳しく罰せられるね
777あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:45 ID:+GHWslR4
778あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:47 ID:+GHWslR4
あと、腹を裂いてどうの、というのは、通州事件やそのほかの事件で
もわかるように、中国では正史にもある古典的な殺し方
そういったものを日本兵に当てはめたんだろうね
779通州事件とは?:04/07/24 06:50 ID:gQn54XAC
満州と中国の国境線確定のために関東軍が天皇の制止を無視して中国に侵攻し、長城以南の回廊地帯に設定した
中立地帯(中国側名称は戦区)に「冀東防共自治 政府」を立てた。その政権は親日傀儡政権であり、殷汝耕を首班とした。

ここには中国軍の進入、駐屯は一切許されず、親日的な中国保安隊が秩序維持に当たることになった。
関東軍はその保安隊の一部に日本の傀儡であった現地の土匪を転用した。

冀東防共自治政府は中国にあって、日本のいうなりになる傀儡政権であり、アヘンや麻薬の密売の根拠地となって
中国人の反感を買った。満州との国境はないも同然となり、密輸入がやり放題となった。

廬溝橋事件がおこって、中国二十九軍と日本支那駐屯軍の間に戦端が開かれ、形勢を観望した保安隊によって
日本人居留民260名の殺害がおこった。この事件は日本政府と殷汝耕政権の間で謝罪と保障が成立した。

居留民に対する犯罪は本来、外交交渉の課題であり、現にそう処理されている。現地保安隊の素行が不良であり、
残忍な事件であったが、日本軍は保安隊責任者と政府主席の処分すら求めず、その後も、この保安隊は日本軍と
共に行動していた。殷汝耕氏はその後毎年、命日に線香を捧げ冥福を祈った。日本が敗れ中国国民党軍がこの地を
回復するにおよび、殷汝耕は親日反政府分子として処刑されたのである。

この事件は「北支事変」の拡大の口実としてさえ利用されなかった。それはこの事件が対中国、ないし対中国人の
問題ではないことを政府も軍も認識していたからである。

しかし、日本国民の中にはこれを機に中国人への反感が生まれ、またそれを利用して侵略戦争を正当化する勢力が
この事件を誇大に宣伝した。

今また、南京大虐殺を無化し、相殺するためにこの事件はことある毎に持ち出されている。しかし、正規軍が無辜の
中国市民を大量殺害した南京大虐殺と傀儡軍兵士の犯罪とはそもそも問題が違う。スケールも違う。国際的にも、
通州事件はほとんど関心を惹かず、報道も小さな扱いである。

通州事件をもって南京大虐殺を相殺しようとする試みほど醜いことはない。
780あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:54 ID:+GHWslR4
フランスの国際法学者フォーシーユは、日本軍をついて次のように語っている。
「日中戦争で日本軍は、敵が国際法を無視したにも拘らず自らはこれを守り、
日本軍人であることに誇りを持っていた。
中国兵は卑怯にして残虐極まりない軍隊で、例えば中国軍の捕虜になると、
四肢を斬り分けられ、生きながらに火炙(あぶ)りにされたり、磔(はりつけ)
にされたりしたのである。
更に日本兵の屍に対しても、酸鼻を極めた蛮行を行っている。
即ち死者の首を切り落とし面皮を剥ぎとり、或は男根を切り落し、胸部を
切り開いて石を詰め込み、首は両耳を穿って紐や針金を通し、さながら魚
を串刺しにしたように口から喉に紐を通して持ち運びする等々、それが中国
軍の戦争様式であり、日本軍には絶対に見ることのできない支那の戦争文化
である」

中国研究家の長野郎氏は「現代支那全集/第四巻/支那兵・土匪・紅槍兵」では
以下のように書かれている。
「兵士は三々五々付近村を略奪するが、時には村の土豪と組んで人民を絞り上げたり
夜間土匪に変じて人質狩りを行ったりする。店に入って人を追いだし、大安売り
を行って金を手にし、次の町へ行軍を続ける」、「女の凌辱は常習的で、この点土匪
より行儀が悪い。戦争に負けて逃げるときは沿道の婦女を蹂躙し尽す。土匪討伐の
ときもやっている。団体で女学校を包囲し、学生全員を侵したこともあった」
781あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 06:57 ID:+GHWslR4
>>779
それって逆だよね?
はっきり存在している通州事件を隠したり、チベット侵略から
目をそらすために南京虐殺とか言ってるわけでしょ?
782あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:04 ID:+GHWslR4
これも「誇大」なのかな?
中国人の伝統的な惨殺方ばかりのようだが・・・

旭軒(飲食店)では40から17〜8歳までの女7、8名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま
射殺されており、その中4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。商館や役所に残された日本人
男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し、言語に
絶したものだった。

陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。帳場や配膳室は足の踏み場もない程散
乱し、略奪の跡をまざまざと示していた。

男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。
階下座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。1年前に行ったこ
とのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の死体があった。その裏の日本人の家では親子2人が惨殺されていた。子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。南城
門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内臓
が散乱していた」
783あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:08 ID:+GHWslR4
あと、日本の傀儡云々というなら、当時ソ連の傀儡、米英の傀儡、日本の
傀儡があった
だいたいさあ刺し殺すだけなら大虐殺でもなんでもないじゃん(w
その辺の石で殴り殺してもいいし 木の枝といだリ 竹やりで突き刺したり
わざわざ虐殺対象のために日本刀やら自分の愛刀をぼろぼろにする馬鹿などおらんだろ(w
785あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:20 ID:+GHWslR4
で、通州事件が起こったのは、国民党がラジオで日本敗走と嘘の情報
を流して、次は冀東偽政府の漢奸を血祭りにあげると言ったから
786あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:21 ID:+GHWslR4
>>784
刀を使って何本、何十本駄目にするより弾薬使ったほうがはるかに
安上がりだしね
787あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:31 ID:C5NxqzOj
二人の軍人は裁判の時にも 100人殺した事自体は否定していない.

彼ら2人の主張は 100人は縛られた捕虜を 据え者切り で切ったのではなく
(つまり捕虜虐待ではない)戦闘行為の中で正々堂々と殺したというだけの事であった.

いずれにしろ,2人が日本刀で100人の首を切った というのは否定できない.
788あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:42 ID:+GHWslR4
>>787
おひおひ、裁判で思いっきり否定しとるじゃないか
いい加減なことを堂々と言いなさんな
789あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 07:44 ID:+GHWslR4
唯一の証拠が日日新聞の記事だけだからその事実が焦点になるんで
自白してるなら何の問題にもならんよ
>>786
アメリカ軍みたいに銃弾も豊富にあったわけでもないから、小銃や
拳銃による虐殺も可能性は薄いかと。機関銃なんてもってのほか。
791あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 08:03 ID:+GHWslR4
>>790
そんなものは軍もちで自分でわざわざ持ってきた名刀を駄目にする
馬鹿はいないっしょ
792あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 08:04 ID:+GHWslR4
それに「もってのほか」って、処刑方法は機銃掃射がもっとも一般的
だったわけだが
日教組の組合員がいるスレはここですか?
794あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 09:27 ID:4bOki55H
俺の心は日本刀のやうに繊細なのです。
このまま1000まで逝っちゃいそうな悪寒
どう考えても通州事件はウヨの捏造だろ?
中国の人たちは皆、親切でやさしい人ばかり。
彼らは決してそんな残酷なことはしないはず。
>>796
もっと美味い釣り餌を頼むよ
恐い話マダー?
虐殺の検証噺、つまんねー
ケンダリの幽霊
801あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 12:43 ID:Srp6orH9
「三光作戦」は中国人の呼び方で,日本人は「燼滅掃蕩作戦」と呼んでいたそうです:

一九四〇年八月二〇日夜を期して開始され、一〇月上旬にいたるまで二次にわたって
展開された八路軍の百団大戦で、甚大な被害をうけた北支那方面軍は、
対共産党軍認識を一変させ、反撃と報復のための大規模な「燼滅掃蕩作戦」を
展開する。「燼滅作戦」とは、八路軍の根拠地を燃えかす同様になるまで徹底的に
破壊して消滅をはかれ、という作戦であり、中国側のいう
「三光(焼きつくし、殺しつくし、奪いつくす)作戦」の本格的な開始であった.

「三光作戦」において、日本軍の性犯罪はもっとも非道・残虐になる。
青壮年男女を拉致・連行して、男子は東北(満州)・日本へ強制労働へ送り、
女子は監禁して長期強姦をおこなった。
802あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 12:47 ID:eZmfNmFQ
いい加減にしろ。
Do it Do itu 日曜日には 作戦
>>787
人を殺さなければ戦争なんてそもそも言わないわけだが?
戦争があった以上多かれ少なかれ殺すのが仕事だろうが?
あーうぜーこれだから夏は嫌なんだよ
806あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 13:56 ID:alv3EUXc
旧日本軍の怖い話、怪奇ネタという割りには
日本刀の薀蓄や歴史、軍事評論家の自慢話ばかり。
>>801の話なんて怪奇でもなんでもない。
いい加減にせいや!
807あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 13:57 ID:i7Ltq0RB
。゚゚(´□`。)°゚。 もう軍隊のお話しはやめてっ・・・!
808あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 14:00 ID:u6vldazw
んじゃオカルティックネタを投下



ジャネット・デルポートと関行男大尉
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog214.html


神風特攻隊第一号の関行男の霊が乗り移った女性
809こういうのを望んでんねん:04/07/24 14:08 ID:alv3EUXc
硫黄島の戦友の腹を切り裂いて内臓を体に巻き付けて死体の様に偽装して
突然攻撃してくる日本兵。

硫黄島では「メディ〜ック!!」と叫ぶとしばしば「イエァ〜!!」と叫ぶ
米軍の軍服を着て偽装した日本兵が爆弾抱えて突っ込んできたらしい。

ある歩兵小隊が、敵の盛んな銃撃を受けて、竦んでいた。
背後に自軍の砲兵隊の陣地があるが、敵の砲撃に比べその活動は、
どうみても活発ではない。
さらに、自軍の砲兵陣地に敵弾が落ち、沈黙した。
砲の援護もなく、最後かと思った歩兵小隊の背後から、一門の野砲
だけが必死の援護射撃を開始した。
感動を勇気に、小隊は突撃し、敵を撃退した。その最後まで、たった
一門の砲は吼え続けていた。
敵の退却を確認した後、小隊長は、礼を言おうと、たった一門の砲兵陣地
に向かった。砲の横で、最後の砲兵が敬礼をしていた。
背の低い兵だった。
小隊長は、まだ遠かったが、敬礼を返しつつ、砲に向かった。
だが、近づくにつれ、怪訝になった。砲兵の背が低すぎるのだ。
そして、最後の硝煙が晴れたとき、小隊長はようやく、あることに気づいた。
よくみると、その砲兵には、下半身が無かった。
810あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 14:30 ID:6osMfVrj
>>801
こういうの貼るやつって普通の神経の日本人なのか?
っていうか、おまえ日本人か?
811あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 14:33 ID:9Q2cjM84
もういいから怖い話しろよ。
そんなことはオカルト板でやるな。
ほかにいくらでもあるだろ。
812あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 14:53 ID:6osMfVrj
>>801って日本人なら、猫の首とか切って喜ぶようなやつだと思う
そういう意味じゃサイコだから、オカ板にふさわしいと思うがな
クックック

もめろ もめろ

クックック
814あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 15:06 ID:RosgLDtP
左翼なんてそんなもんだろ。
大久野島て言う毒ガス島に学校の修学旅行でいかされたときの話

部屋で友達とくつろいでて、なんか外で花火やるらしいみたいな話でじゃあ外いこうてなったとき
友達がでて俺が一人になった、そんで部屋の戸締りして靴はいたらTVがいきなりついた・・・・
もちろんリモコンなんてありえない旧式でボタンじゃなくてカチッて右から左にひねって
電源をいれないとTVはつかないやつだった。
さっきつけたときは普通の番組映ってたはずなのに砂嵐がザー−−−−−−−−−て
だんだん明るくなってくるのが怖くて部屋を飛び出して、花火のあと部屋に帰ってきたらTVついてなかった
816あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 18:52 ID:MpHFoETa
自らも連続9人の据え物斬りを体験している鵜野晋太郎氏は、軍刀で50人以上を斬ったと
噂されていたある下士官について、次のように書いている:

 そのころ大隊本部に、公式には「喇叭長兼本部書記」の肩書の藤井曹長がいたが、
私は彼に妙に心をひかれた。もともと幹候出身将校に対し、下士官は悪意を以て
接するものだが、彼のさり気ないさっぱりした気風は好感が持てた。それにもまして
確度の高い噂では、藤井は軍刀で50人以上、一説では100人以上斬っていると
言われていた。(略)彼との交わりは半年に満たなかったが、彼の“殺人訓”を
要約すると、次のようになる……

「私が50人なのか100人なのかと聞かれても答える口はもちませんよ。
差し料(自分の所持している刀剣)が普通程度のものであれば、白兵戦で敵と
渡りあってガタガタにならない限り、据え物だったら相手が抵抗できんように
痛めてあるから、100人位十分殺れるんじゃないですか。
…そして相手を人間と思わんことですよ。まあ私は犬コロくらいにしか
思ってませんから、まず失敗なんてありっこないですよ。ホラ見てください、
これを……」
おい早く続きかけ!
虐殺厨ウゼー
右も左も言い訳一つせず板違いを書き込み続けるアホばかり
昔から家に伝わる刀を軍刀ごしらえにして持っていった、なんて話は
よく聞くが。
南方の島での日本兵によル人肉食の話はないですか?

知っているところだと亀井宏・大岡昇平ぐらいですかね。
  ,,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/
_,-ー| /_` ”'  \  ノ  < ちょ、ちょっとまって!>>811がいま良い事言った!!
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ、_
 ヽ  `、___,.-ー' |   `ー-、
  |    | \   / |
  \   |___>< / ヽ
「野火」に不思議な玉(人魂?)のエピソードがあったな
823あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 20:38 ID:dnv3RoXG
なんか、話しずれているので…修正な。
大久野島の話でもしようか。
あの島には戦時中陸軍と海軍陸戦隊の一部が駐屯していた。
なぜなら、ここでは俗にいう毒ガスの研究をしていたから。
万が一の事故と防諜のため、あんな島でやっていた。
で、先の大戦中には、中国あたりから捕虜や民間人調達して
当然人体実験していたわけだが…
実験が終わったら、一応焼却して、灰は海に捨てていた。
そんな経緯のある島だけに、もちろん出る。
キャンプ場というか宿泊施設があるが、そこの電気関係の工事
をした人の話だと、工期の2週間ずっと何かあった。
例えば、夜中に部屋の隅に首のない男が立っている(幽霊だが足は見えたらしい)
風呂の水道がひとりでに緩んで水が流れ出す。
ラジオやテレビが勝手について、うめき声が流れる…
おまけに直しても直しても電気関係のトラブルが続くらしい…
ラジオやテレビが勝手について、うめき声が流れる…

これは上に書いたがたしかに俺も体験したわ
うめき声はしらないけどね

風呂の水道がひとりでに緩んで水が流れ出す。

施設がぼろいだけだと思うぞ
おれのころにすでにぼろかったし
あと人体実験よりもむしろ無数のウサギが実験されてたわけだし
動物麗のほうがでるんじゃない?
まああんま雰囲気のいい場所ではないのは確かだったよ
826あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/24 22:30 ID:EZRVB1Lb
>>816

鵜野晋太郎でググると、中帰連絡みのページが多いんだが、これがオカルト?

ttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E9%B5%9C%E9%87%8E%E6%99%8B%E5%A4%AA%E9%83%8E
大久野島、子供の頃からキャンプとか海水浴とか何度も行ったけど
特に何も出会わず。
沖縄の親戚のおじさんの話です。

おじさんは第二次大戦中子供で、逃げこんだ壕の中で
陸軍の兵隊さん達と出会い、とても親切にしてもらったそうです。
激戦のなか、兵隊さんたちは死を覚悟してみんな自決するということになったときに
「軍曹、子供は国の宝です。それにまさか敵兵も女子供までは撃たないでしょう。」
といいだした兵隊さんがいて、おじさんたち民間人は先に逃がしてもらったそうです。

戦後しばらくたってから、おじさんは夢をみました。
あの優しかった兵隊さんたちが咽喉が渇いた、乾いたといって苦しんでいる夢でした。
おじさんは近所のユタ(拝み屋さん)に相談して、言われた通りに
その逃げ込んだ先の壕の跡に行き、
日本酒とおまんじゅうとお水をお供えしておがんできました。
すると今度の夢ではあの兵隊さんたちがニコニコしながら敬礼してくれたそうです。
もう何十年も前の出来事ですが、それから毎年終戦記念日には
おじさんは必ずその壕のあったところに行き、冥福を祈っています。
>>828
そうそう。こういう話がききたいのよ!!!
>>828
。・゚・(ノД`)・゚・。
>828 GJ!
大久野島といえば、心霊より廃墟のスポットって感じが強いなー


>>828
(・∀・)イイ!

×:旧日本軍の怖い話、怪奇ネタ

○:旧日本軍のちょっといい話
834あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:00 ID:8fjw8spa
ジョンのヒゲは長い
835あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:20 ID:TO6u9BSu
>>819
逆に、当時日本兵が持っていたのは象徴的な意味があるだけでペラペラの
ものだった、と聞いてますが、何かソースありますか?
名刀でも数人程度で刃こぼれとかするなら、そのような軍刀ではどうにも
ならんように思いますが。
836あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:22 ID:D6pA1gn8
日本刀は一度斬ったらダメになる?

これはよく聞く質問なのですが、結論から言ってそんなことはありません。
ただ脆い刀、折れやすい刀などというのは確かに有ります。「業物について」
でも解説していますが、芯鉄の入れ方、硬軟の鉄の組み合わせ方など作る側の
技術面も大きいですが、斬る側の人間の技術面も大きいのです。素人が遊び半分で
木などを切ろうと思っても、なかなか上手く斬れません。斬る角度、スピード、
柄の絞り方などが揃って初めてスパッと切れるのです。軟らかい物なら簡単に
斬れるでしょうが、硬い物を斬るにはそれなりの技術が要るのです
柄の絞りが悪いと刃が物に当たった瞬間に刀身がぶれて刀が曲がったりします。
また刀の刃は剃刀の刃のように薄っぺらい物ではありませんし、綱ですから
そう簡単にはダメになりません。

よく二、三人斬ったらダメになるとか言う人もいますが、それは日本刀がわるいのではなく、
その刀が武器として失格なだけなのです。

その程度でダメになるようなら日本刀としてと言うよりも武器として失格です。
陸奥爆沈の数ヶ月の後。
某海軍中佐が夜中、妻に起こされた。
彼女は言った。
「たった今、○○さんがびしょびょの白服のまま、『やっと海から
 上がりました』って私の枕元に座ったの。」
某中佐はぞっとした。なぜなら、その○○大尉は陸奥乗り組みで、
爆沈の際、艦と運命を共にしたからである。

という話を聞いたけど、ほんとうかなあ?
838あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:26 ID:TO6u9BSu
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=686388
会社で日本刀のお店を経営しています。

処刑に利用した刀や、実際に切りあいをした刀を入手することがあります。
名刀とは、実際の切れ味というよりも出来の美しさを指します。刀の見方は奥深いの
で手にとり、光を当てながらじっくりと鑑賞して欲しいですね。
回答された方がおられましたが、峰で受けた刀は曲がっています。
戦闘での連続使用は、刃こぼれの前に刀身が変形して使用不可になるのではないでしょうか?

#10の回答の中で
>あれは砥石の粉を刀について,
>常に刀を研いでいる状態にしているのです.

正確には大理石の粉です。
手入れの悪い状態の刀以外は、そんなことしたら逆に錆びてしまいます。
普段は、鞘から抜いて再び鞘に収めるとき丁子油を薄く塗る程度です。
これで錆びません。
839あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:27 ID:TO6u9BSu
日本刀はすごく繊細なのです.
よって毎日手入れをしていないと
すぐに錆びてしまいます.
これは日本刀が限りなく純粋な鉄であり
また,表面がフライパンのように酸化第二鉄になっていない(黒くなっていない)ためです.
時代劇で,大名,代官が耳かきについている綿のような物で,刀をたたいているを見たことないでしょうか?
あれは砥石の粉を刀について,
常に刀を研いでいる状態にしているのです.
それぐらい錆びやすいのです.

で,どんな有名な刀匠が作った名刀であっても,
暴れん坊将軍や松平長七郎のようにバシバシと斬ってしまえば(峰打ちと仮定しない),
血はつくし脂肪はつくしで,
とたんに錆びてしまいます.
また,はじめは切れ味は良いのでサクッと切れますが,
切れ味よすぎて刃が骨にあたってしまい,
刃がこぼれてしまいます(ヒトの骨って結構堅いのです).

よって,連続斬りは3〜5人程度で,
最後の五人目は,ボロボロの刃で斬られるので,
ものすごい激痛の中,あの世へ旅立つか
小石川療養所の榊原伊織先生のもとで治療を受けることになるのです
840あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:31 ID:BswWJN3R
日本刀で人の首を毎日切っていた人間は沢山いました。

吉亮は生涯で三百人の首を刎ねたと言ってますが、時と場合によりこんな
過密スケジュールもこなしたようです。

「年を越すより年内に片付ける、という風があって大晦日なぞには総勢二、三十人
ぐらいは斬ることもありました。同じ事件の仲間は同日同所で斬ります(やります)。

岩倉大臣を喰違で狙撃した高知県貫属の時は、一度に九人斬をやってのけたものです。」

http://busino-ikuji.hp.infoseek.co.jp/katana6.htm
841あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:33 ID:pW1W9Gr4
百人斬りの実行当事者である向井氏は処刑前に遺書を残しているが、この遺書には、
東京日日新聞による報道は彼ら自身の話した内容を記事にしたものであることが
明記されている。つまり、向井氏本人が、記事は浅海記者による捏造などではない
と言っているのである。更に、「公平な人が記事を見れば明かに戦闘行為であります」
と述べているとおり、向井氏は記事に書かれた百人斬り競争を行ったこと自体は認めている。
むしろ100人も刃物で殺したいなら丈夫なナイフみたいなあまり長すぎなくて適度に切り刺しができて強度がある武器のほうがよいだろ
100人切るだけ日本刀振り下ろすだけでものすごい大変だししかもそれで100人しとめるなんて、まさに殺してくれといわんばかりだと思うんだが?だいたい遺書の捏造なんていまだに良くある話なんだし 東京日日新聞 これ以外のソースがないのが怪しすぎ
どう考えても公正なものとは思えない100人切りが仮に事実だとしてもその裏づけには
843あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:43 ID:TO6u9BSu
>>841
遺書に、記者が持ちかけた話だと書いて歩けど、引用しようか?
844あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:46 ID:Z9q0XC8b
市ヶ谷台の東京裁判で、南京虐殺事件の検事側証人として喚問された際、特に二人が
強調したのは「二人とも逃げるのは斬っていない、立ち向かう敵だけを斬った、
虐殺ではない」ということだった。

死刑判決を出した南京の軍事裁判はこの嘘を見抜き,「百人斬り」が
<捕虜の据え物斬り> だと正しく判断したという事です
845あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 03:46 ID:lrKsR4aD
ネットで出玉を調整 福知山 パチンコ店店長ら逮捕
「当たらない」客通報で発覚
 インターネットを使った遠隔操作で出玉を調整できる違法な装置を
パチンコ台に取り付けたとして、京都府警生活安全企画課と福知山署
は二十一日、風営適正化法違反(遊技機の無承認変更)の疑いで、
同府福知山市駅南町の遊戯施設会社部長、朴潤明容疑者(二九)と、
同市のパチンコ店「ローレル」店長、右田大作容疑者(三三)を逮捕
した。

調べでは、二人は昨年九月、府公安委員会の承認を受けずに、
同店など二店のパチンコ台計約六百四十台のうち約百四十五台に、
ノートパソコンのインターネットを使った遠隔操作で「大当たり」
確率を調整できる違法な装置を取り付けた疑い。

同署などは朴容疑者らが営業利益を上げるために設置業者に
依頼したとみている。
利用客の男性が昨年四月、
「朝からパチンコに十万円を注ぎ込んだのに、一回も当たらない」
などと通報したことから同署が捜査。
朴容疑者らは「まったく知らない」と容疑を否認しているという。


846あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:01 ID:TO6u9BSu
産経新聞2001.6.18
野田少尉“百人斬り”虚構裏付け

南京で死刑前の獄中手記発見
戦意高揚記事「記者が創作」
日中戦争の南京戦で“百人斬り”競争をしたと当時の新聞に報じられ、戦後、記事を理由に中国・南京
で処刑された野田毅少尉が獄中で書き残した手記が、十七日までに見つかった。手記には新聞記者と
の会話が記され、記者が「記事ハ一切記者ニ任セテ下サイ」などと戦意高揚記事を持ち掛けた様子が
生々しく伝えられている。
“百人斬り”の創作説は、過去にも指摘されてきたが、手記の発見は記事が作り話であったことを改め
て裏付ける資料となりそうだ。
野田少尉の手記は今年三月、鹿児島県在住の実妹、野田マサさん(七二)が保管していた遺品の中か
ら見つかった。
B4判のわら半紙の表裏に鉛筆の細かい文字で書かれており、執筆時期は昭和二十二年十二月十八
日に死刑判決を受けてから、翌年一月二十八日の処刑までの間とみられる。
手記で野田少尉は「被告等ノ個人的面子(めんつ)ハ一切放擲(ほうてき)シテ新聞記事ノ真相ヲ発表ス」
として、自分と向井敏明少尉の二人が昭和十二年秋、中国・無錫で、記事を書いた東京日日新聞の記者
(故人)と交わした会話を再現している。
当時の新聞記事では、野田少尉ら二人が戦場で“百人斬り”競争を始め、その途中経過を記者らに逐次
伝えたことになっている。
しかし、野田少尉の手記によると、記者が6月18日に「ドウデス無錫カラ南京マデ何人斬レルモノカ競争
シテミタラ。記事ノ特種ヲ探シテヰルンデスガ」と逆に持ちかけている。向井少尉が冗談として「ソウデス
ネ無錫附近ノ 戦斗デ向井二〇人野田一〇人トスルカ、無錫カラ常州マデノ間ノ戦斗デハ向井四〇人野
田三〇人…(中略)無錫カラ南京マデノ間ノ戦斗デハ向井野田共ニ一〇〇人以上ト云フコト
ニシタラ」と数字を挙げて応じると、記者は「百人斬競争ノ武勇伝ガ記事ニ出タラ花嫁サンガ殺到シマスゾ」
「記事ハ一切記者ニ任セテ下サイ」と二人に話したと書かれてい る。
847あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:02 ID:TO6u9BSu
手記によれば、二少尉と記者は無錫で別れ、その後、野田少尉が記者と次に会ったときには既に“百人
斬り”競争の記事が日本で話題になっていたという。
野田少尉は「被告等ハ職務上絶対ニカゝル百人斬競争ノ如キハ為ザリキ」と「百人斬り」を否定。
「被告等ノ冗談笑話ニヨリ事実無根ノ嘘報ノ出デタルハ全ク被告等ノ責任」と自分たちの責任を認めなが
らも、「記者ガ目撃セザルニモカカハラズ筆ノ走ルガママニ興味的ニ記事ヲ創作セルハ一体ノ責任アリ」
と記者を批判している。
野田少尉と向井少尉は戦後、記事を理由に処刑された。
昭和四十六年に朝日新聞で連載された「中国の旅」でも取り上げられたが、その後、ノンフィクション
作家、鈴木明氏が、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作「『南京大虐 殺』のまぼろし」で、記事中にある二
少尉の行動経路が事実と異なっていることなどが書かれた文書の存在を明らかにし、虚構だったことを
指摘している。
848あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:04 ID:TO6u9BSu
カメラマンの人も、ホラ話とわかってたけど、記者が本当に書いちゃった
みたいなこと言ってる記事もありましたね。
849あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:05 ID:TO6u9BSu
合気道創始者植芝盛平翁
「どうしても日本刀で何十人も切り殺したかったら
後ろに鍛冶屋を用意しとくんじゃな」

合気道創始者植芝盛平翁
850あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:06 ID:QCYtcHvZ
 辞 世

 我は天地神明に誓い捕虜住民を殺害せる事全然なし。南京虐殺事件等の罪は絶対に受けません。
死は天命と思い日本男子として立派に中国の土になります。然れ共魂は大八州島に帰ります。
 我が死を以て中国抗戦八年の苦杯の遺恨流れ去り日華親善、東洋平和の因ともなれば捨石となり幸ひです。
 中国の御奮闘を祈る
 日本敢奮を祈る

 中国万歳
 日本万歳
 天皇陛下万歳
死して護国の鬼となります
 十二月三十一日 十時記す 向井 敏明



  遣 書

 母上様不孝先立つ身如何とも仕方なし。努力の限りを尽しましたが我々の誠を見る正しい人は無い様です。恐しい国です。
 野田君が、新聞記者に言つたことが記事になり死の道づれに大家族の本柱を失はしめました事を伏して御詫びすると申伝え下さい、との事です。
何れが悪いのでもありません。人が集つて語れば冗談も出るのは当然の事です。私も野田様の方に御託ぴして置きました。
 公平な人が記事を見れば明かに戦闘行為であります。犯罪ではありません。記事が正しければ報道せられまして賞賛されます。
書いてあるものに悪い事は無いのですが頭からの曲解です。浅海さんも悪いのでは決してありません。我々の為に賞揚してくれた人です。
日本人に悪い人はありません。我々の事に関しては浅海、富山両氏より証明が来ましたが公判に間に会いませんでした。
然し間に合つたところで無効でしたろう。直ちに証明書に基いて上訴しましたが採用しないのを見ても判然とします。(後略)
851あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:08 ID:/mcKkPgr
百人斬りの実行当事者である向井氏は処刑前に遺書を残しているが、この遺書には、
東京日日新聞による報道は彼ら自身の話した内容を記事にしたものであることが
明記されている。つまり、向井氏本人が、記事は浅海記者による捏造などではない
と言っているのである。

向井、野田両氏が浅海一男氏に報告しただけで浅海一男氏は百人斬りを実際に
見た訳ではありません:

向井、野田両氏がわれわれのところから去るとき、筆者らは、このコンテストの
これからの成績結果をどうしたら知ることができるかについて質問しました。
かれらは、どうせ君たちはその社旗をかかげて戦線の公道上のどこかにいるだろう
から、かれらの方からそれを目印にして話にやって来るさ、といった意味の応答を
して、元気に立ち去っていったのでした。

両少尉は、その後三、四回われわれのところ(それはほとんど毎日前進していて
位置が変わっていましたが)に現われてかれらの「コンテスト」の経過を告げて
いきました。

百人斬りは向井、野田両氏の部下が記録を取っていました:

“あんた方、斬った、斬ったというが、誰がそれを勘定するのか”と聞きましたよ。
そしたら、野田少尉は大隊副官、向井少尉は歩兵砲隊の小隊長なんですね。
それぞれに当番兵がついている。その当番兵をとりかえっこして、当番兵が数えて
いるのだ、という話だった。
852あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:11 ID:/mcKkPgr
信頼性が高い資料は日本政府が隠して公開していない

日本軍が毒ガスや細菌兵器を使ったり、捕虜を虐待したり、占領地の住民を虐殺した
という史料は公開しないということが防衛庁内部で勝手に決められているである。

先ほど、アメリカが没収した史料が返還されたと書いたが、これらの史料を
扱っていたアメリカの関係者は731部隊関係の史料があったと話しているが、
日本に返還されてからは誰も見ていない。隠されているとしか考えられないが、
史料リストがないために何を隠しているのかもよく分らない現状である。

2003年の2月、国会での追及によって防衛庁は、旧軍関係史料約11万6000件のうち
約7000件を非公開にしていることを明らかにした。

http://plaza18.mbn.or.jp/~modernH/paper33.htm
853あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:26 ID:TO6u9BSu
http://www.history.gr.jp/nanking/chang.html
佐藤振壽氏も偕行社「南京戦史資料集」の中で「どうやって、中国兵を斬ることができるのか、大きな
疑問が残っていた。」と、述べている。 
ただ、なぜこのような記事が書かれたのか?それを知る手がかりと言えるものに鈴木明著「南京事件の
まぼろし」文藝春秋の中に当時の「南京法廷」において向井少尉の弁護人が提出した上申書が参考と
なるだろう。 

  (1) 被告向井ノ中支ニ於ケル行動 

 向井は富山部隊の砲兵中隊に所属。丹陽に向かって前進中、12月2日迫撃砲弾によって脚及び右手
に盲貫弾片創を受けたため、後続の看護班に収容され、12月15日まで加療した。向井が、富山部隊に
担架に乗って帰隊したのは15、6日だが、それからも治療を続けていたので、東京日々新聞にあるように
十日紫金山で野田少尉とも新聞記者とも会っているはずがない。 

  (2) 特派員浅海ガ創作記事ヲナシタル端緒(原因)を開明スル処、次ノ如ク解セラル  

 記者は「行軍ばかりで、さっぱり面白い記事がない。特派員の面目がない」とこぼしていた。
たまたま向井が「花嫁を世話してくれないか」と冗談を言ったところ、記者は「貴方が天晴れ勇士として
報道されれば、花嫁候補はいくらでも集まる」といい、如何にも記者たちが第一線の弾雨下で活躍してい
るように新聞本社に対して面子を保つために、あの記事は作られたのである。
向井は、自分がどんな記事を書かれて勇士に祭り上げられたのかは、全然知らなかったので、半年後に
あの記事を見て、大変驚き、且つ恥ずかしかった。
浅海記者がこの記事を創作したのは、当時の日本国内の軍国熱を高揚しようとしたためで、また、記者
の内容が第一線の白兵戦戦闘中の行動であるから、誰からも文句が来ないと思い書いたものと思われる。 
854あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:29 ID:TO6u9BSu
  (4) 犯罪の事実ノ無根ナル証拠、新聞記事ノ事実無根ナル証拠左ノ如シ

 1、向井は白許浦に上陸し、丹陽迄歩いて行き、丹陽から湯水まで担架で運ばれたので、その他の
場所へは行ったことがない。
 2、向井は浅海記者と無錫以外で会った事がない
 3、向井は無錫と丹陽の砲撃戦に参加したのみで、他の戦闘には参加してない。
 4、向井は無錫と丹陽で双眼鏡で中国軍を見た以外、翌年1月8日まで、一人の中国人も見ていない。
 5、向井は砲撃の指揮官だったから、第一線の白兵戦に参加しているはずがない。
 6、向井は野田と丹陽で別れて以来12月16日まで会っていない。
 7、記者達は無錫より自動車で行動しているのだから、向井たちを見つけたはずがない。
855あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:31 ID:TO6u9BSu
>>852
不法な処刑など数えるほどしかなかったことが「敵側」の資料で
判明し、それを裏付ける日本側資料もあり。
856あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:32 ID:TO6u9BSu
毒ガス兵器などのことにしても、アメリカが公文書で公開済み。
857あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:41 ID:JLjr172X
儂のじいさん、攻略3年後に総軍司令部に赴任。
その前から軍隊内で聞いた虐殺の噂の真実を知りたいと、赴任して暫くのち、
仲良くなった南京市民に聞いたそう。
すると、何人もから同様に、ある特定の池に
数十人の他殺体がぎっしり=血でどろっと臭いにおいが充満・・・
とのこと。
民間人だか敗残兵だかしらんけど、無抵抗の人間を虫けらみたいに
殺して、それが国際法的には云々とは馬鹿げた話・・・とは、爺の言だすよ。
858あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:42 ID:TO6u9BSu
>扱っていたアメリカの関係者は731部隊関係の史料があったと話しているが、
>日本に返還されてからは誰も見ていない。隠されているとしか考えられないが、
>史料リストがないために何を隠しているのかもよく分らない現状である。

………。
859あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:46 ID:TO6u9BSu
>>857
督戦隊に殺された人とか、略奪などで見せしめに殺された人たちと、
日本兵に殺された人の区別はついてましたか?
それと、終戦直後国民党が何とか証拠を集めようと南京市民から聞き取り
調査をしたら、誰もそんなことを言っておらず、明確に否定するものまで
いたと言われてますが?
860あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 04:48 ID:TO6u9BSu
ただ、池で処刑したのは事実でしょう。
それは安全委員会の記録にもあるし。
合法か不法かは別にして。
オカ板でつよ
回線2つ使って自作自演してるんじゃねえ?
ブサヨの妄言を斬る!みたいな感じでw
バレた?違うって。
864涼月 1/2:04/07/25 05:53 ID:w4lJPbJU
上の方で沖縄の水上特攻作戦の事触れてたけど、その生き残りの艦の話を。
九十九神ってよく言うけど、艦にも魂が宿っていたんだなとオモタ。

http://homepage3.nifty.com/tsujiura/suzutsuki.html

涼月は途中で沈んだのであろう。沖縄決戦で失われたのは、大和、矢矧、磯風、浜風、霞、朝霜の6隻に、
涼月を加えて七隻となる。そう考えていたとき、午後2時20分、涼月は後ろ向きのまま9ノットのスピードで、
佐世保に帰って来た。
(中略)船体はかろうじてバランスを保っていた。いや、どこからかしみこんでくる海水で、
状態は少しずつ悪化していた。それは賭けでもあった。

佐世保まで約290キロ。このまま艦を沈めては戦死した57人の英霊と、
泳ぐことのできない34人の負傷者に申しわけない。
また、戦闘中に沈まなかった涼月を、我々の努力が足りなかったために
沈めては申しわけない。
よしやろう。駆逐艦乗りだ。負けるものか。
涼月の乗組員達はそろそろと後進をかけた。めいめいがコマネズミのように働いた。
「フネを沈めるな」を合言葉にがんばった。
865涼月 2/2:04/07/25 05:53 ID:w4lJPbJU
ふたたび見ることはあるまいと覚悟を固めていた故郷の春の緑が、涼月の乗員達の目にしみた。
しかし、彼らにはそれを見つめる余裕はなかった。
ブイにつなごうとしたとき、急に船脚が低くなり始めたのに気づいた。艦が沈みかかっている。
一分一秒が貴重だった。ドッグに入るやいなや、涼月は、ズズズズとドッグの底に座り込んだ。

「感動しました。我々も頑張ったが、フネも頑張ってくれたんです。フネも生きているんです。
我々の仲間なんです。やったなあ、涼月。すごかったぞ。」鴫之沢砲術長が、目を潤ませてそういった。

砲術長はそのあと艦内を調べていたとき、一番砲の弾薬通路の左舷側、
水線下にある一部屋に、下士官、兵長、兵の三人が倒れているのを発見した。
見るとその部屋は丸太で隔壁を支え、カスガイを打ち、完全に海水を塞ぎ止め
てあった。

砲術長は電気でうたれたように、その三人の遺体に向かって頭を下げた。
涼月は前に10度傾いていた。
それ以上前部が沈下すれば沈没は免れなかった。
この三人は、最期までこの部屋の空間を守って、浮力がそれ以上減るのを
身をもって防いでくれていたのだ。人も艦も、一体だった。
涼月がそれを、証拠だてた。

吉田俊雄著「壮烈!水雷戦隊より」
ここマルゴト削除依頼するしかないな・・・
>>864-865
怖くないけどいい話だ。゚・(ノД`)・゚・
>>828
いいお話だね・・・
「コミック新耳袋」とかに出てきそうなお話だとオモタ
>>837
読んでぞっとしたよ。
○○さん、なんで中佐の夢には出てこなかったのかな。
ずぶぬれの姿のまま、奥さんの枕元にたって、それからどこへ行ったのか・・・

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
 「あそこでみんな死んでいったんだ・・・」
 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。
 太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
 老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
 日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
 やがて戦況は日本に不利となり、
 いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
 仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
 日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
 それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
 「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
 日本人は仲間だと思っていたのに…みせかけだったのか
 裏切られた想いで、みな悔し涙を流した…
 船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
 村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
 しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
 そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
 先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。その瞬間、彼は悟ったという。
 あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・。
870あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 10:29 ID:faYY1cvT
目黒福治 陣中日記

山砲兵第19連隊第3大隊大隊段列・編成 伍長

十二月十六日 晴天 南京城外
 午後四時山田部隊にて捕い(え)たる敵兵約七千人を銃殺す、
揚子江岸壁も一時死人の山となる、実に惨たる様なりき。

十二月十七日 晴天 南京城外
 午前九時宿営地出発、軍司令官の南京入場式、歴史的盛儀に参列す、
午後五時敵兵約一万三千名を銃殺の使役に行く、二日間にて山田部隊二万人近く
銃殺す、各部隊の捕慮(虜)は全部銃殺するものの如す(し)。

十二月十八日 晴天 南京城外
 南京城内外に集結せる部隊数約十ヶ師団との事なり、休養、午後五時残敵一万三千程銃殺す。

http://members.tripod.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/hohei19.html#HMeguro
871あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 11:42 ID:WAwFvNkC
日本軍の陰陽師伝説
ttp://am.tea-nifty.com/ep/2004/07/eth.html
>>870
貧乏な日本軍に
>敵兵約七千人を銃殺
>敵兵約一万三千名を銃殺
>午後五時残敵一万三千程銃殺す
なんてことが出来るほど弾丸があったんだろうか?
日本軍の歩兵1人が携帯している弾丸は120発だし、それも戦闘で使用しているから
もっと少ないはず。
それと、日本軍で使用していた三八式小銃の弾丸は殺傷力が低いから、
人1人を撃ち殺すのに何発必要だったことやら。
873ひまご 1:04/07/25 12:03 ID:0O9gcgiL
>>828
うちのお婆ちゃんの話と似てる・・・
(ちょっと長いので面倒な人は読み飛ばしてね。)
874ひまご 2:04/07/25 12:03 ID:0O9gcgiL
うちのお婆ちゃんは第二次大戦の沖縄戦の最中、
お母さん(自分からすると曾祖母)のおなかの中にいたらしい。
身重の体を抱えて子供(お婆ちゃんの兄)を連れて逃げまわり、どうやらひとつの壕(ガマ)に
逃げ込んだ。そこには住民何人かと沢山の日本兵がいた。
日本兵は残り少ない食料を民間人にもわけてくれた。
「丈夫な子供を生んでください」といって、わざわざ自分の配給の分から
ひいばあちゃんに乾パンをわけてくれる日本兵もいた。
そのうちに爆音が近くなってきて、いよいよ危ないというときに
避難民の女学生が「私達は帝國婦女子です。今のうちに殺してください」と言い出した。
するとひいばあちゃんに乾パンをくれた人(若い将校さんだったそうだ)がいきなり
「今からこのガマは本部隊の作戦本部とする!お前ら民間人は全員出て行け!!」と怒鳴りだして、
みんな追い出されてしまった。
何日かぶりに見るまぶしい太陽に目を細めながら
さあこれからどうしよう、とみんなでとぼとぼ歩いていると
後ろでいきなりドッカーンという爆発音がした。
ついさっきまでいたガマが崩れて、煙がもくもくあがっている。
そのときやっと、民間人だけ逃がしてくれて、覚悟の自決をとげたのだとわかったそうだ。
(それまではみんないきなり追い出されて、めちゃくちゃ大ショックだったらしい。)
875ひまご 3:04/07/25 12:07 ID:0O9gcgiL
みんなでワーワー泣きながら歩いていると、米軍に捕まってしまった。
ひいばあちゃんがガタガタ震えながら子供を抱きしめていると
一人の米兵が子供を見てお菓子を差し出してきた。
ひいばあちゃんは『毒が入っている!』と思っていっそう強く子供を抱きしめた。
その米兵は自分で少し食べて見せてから、またこっちに差し出してきた。
(どうやら安心しろといいたかったらしい。)
ひいばあちゃんはそのときに『あーアメリカーも鬼ではないサー』と思ったそうだ。
みんなで収容所?みたいなところに連れて行かれたそうだが
そのときに子供が大事そうに小さな包みを持っているのに気がついて
ひいばあちゃんがそれは何だと聞いたら、さっきガマを出るときに軍人さんから
もらったと答えた。ひいばあちゃんは日本兵から渡されたものを持っているのを
見つかったら殺されるかも、とも思ったので隠して持っておくことにした。
家に帰ってからひいばあちゃんがそれを開けてみると
中から人の爪と懐中時計と、助けてくれた将校さんが奥さんと子供と写っている
写真が出てきた。
写真の裏に住所があったので、ひいばあちゃんが是非遺品をお渡ししたいと
手紙を出してみたら返事が返ってきて、それからとても上品な奥様と利発そうな息子さんが
ひいばあちゃんのところまで訪ねてこられた。
(当時はパスポートが必要だったのでものすごく大変だったと思う。)
将校さんの最後を話し、ひいばあちゃんと奥様は泣きながら抱き合った。
話をしていくうちに将校さんは戦前にヨーロッパに留学経験がある、ものすごい
家の出の方ということがわかった。
(これは自分の推測に過ぎないけれども、当時の人にしては欧米に明るかった将校さん
だからこそ、米軍のいるなかで民間人だけで行動するように仕向けたのではないか?)
876ひまご 4:04/07/25 12:10 ID:0O9gcgiL
さて、ここからがやっとオカルトなのだが
ご遺族を港まで見送りに行き岸辺から離れていく船を見ていたら、子供が変なことを言ったらしい。
「ぼくは見たんだけれども、軍人さんも一緒に船に乗っていったよ。」
「こちらを振り返りしながら、船に乗っていったよ、わらっていたね。」
それを聞いたひいばあちゃんは、ただただ、遠くなっていく船に向かって手を合わせたという。
・・・・という話を毎年、田舎に帰るたびにお婆ちゃんからきかされて育ちました。
そんなお婆ちゃんの願いは
『一度でいいから靖国神社にお礼をいいに行きたい』ということ。
(足を悪くしているので、遠出ができないのです。)
ものすごい長文でスマソ。
しかし全部書かないことには、後半のオカルト部分が生きてこないので、つい・・・。
877あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 12:32 ID:x22ymUMg
ついつい涙を誘われるいい話でした。
ありがとう
渡辺洋二さんの「飛燕」より
昭和20年初夏の飛燕の特攻隊員(学徒動員)の方の会話

Aさん「この戦争は負けるのか?」
Bさん「・・・・」
Aさん「命が惜しくて言うんじゃないが戦争に負ければ、日本が負けるって判って
るなら俺達が死んでも意味ないじゃないか・・・」
Bさん「私たちが死んでも、日本人の何人かは生き残るでしょう。その人たちを信じて
死ぬしかありません」
Aさん「そうか!そうだな。その人たちを信じて死のう・・」
>>866
残したい良い話も、ちらほら(本当にちらほらだけど)
あるんだけどねえ。
クソレスが多過ぎて、選別するのもたるい。
もし選んで削除依頼してもまたコピペしに来るんだろうしな。
性質の悪い悪霊みたいだ。
>>879
悪霊退散
881やれやれ・・・:04/07/25 14:34 ID:aiiQECgg
百人切り否定派って粗悪な「昭和刀」をわざと「日本刀」と混同させて「日本刀」は弱いと印象操作してただけなんですね・・・

トリビアの泉と百人切りの矛盾
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news2/1089594287/398-436
いってるそばから悪霊がw

産経新聞2001.6.18
野田少尉“百人斬り”虚構裏付け

南京で死刑前の獄中手記発見
戦意高揚記事「記者が創作」
日中戦争の南京戦で“百人斬り”競争をしたと当時の新聞に報じられ、戦後、記事を理由に中国・南京
で処刑された野田毅少尉が獄中で書き残した手記が、十七日までに見つかった。手記には新聞記者と
の会話が記され、記者が「記事ハ一切記者ニ任セテ下サイ」などと戦意高揚記事を持ち掛けた様子が
生々しく伝えられている。
“百人斬り”の創作説は、過去にも指摘されてきたが、手記の発見は記事が作り話であったことを改め
て裏付ける資料となりそうだ。
野田少尉の手記は今年三月、鹿児島県在住の実妹、野田マサさん(七二)が保管していた遺品の中か
ら見つかった。
B4判のわら半紙の表裏に鉛筆の細かい文字で書かれており、執筆時期は昭和二十二年十二月十八
日に死刑判決を受けてから、翌年一月二十八日の処刑までの間とみられる。
手記で野田少尉は「被告等ノ個人的面子(めんつ)ハ一切放擲(ほうてき)シテ新聞記事ノ真相ヲ発表ス」
として、自分と向井敏明少尉の二人が昭和十二年秋、中国・無錫で、記事を書いた東京日日新聞の記者
(故人)と交わした会話を再現している。
当時の新聞記事では、野田少尉ら二人が戦場で“百人斬り”競争を始め、その途中経過を記者らに逐次
伝えたことになっている。
しかし、野田少尉の手記によると、記者が6月18日に「ドウデス無錫カラ南京マデ何人斬レルモノカ競争
シテミタラ。記事ノ特種ヲ探シテヰルンデスガ」と逆に持ちかけている。向井少尉が冗談として「ソウデス
ネ無錫附近ノ 戦斗デ向井二〇人野田一〇人トスルカ、無錫カラ常州マデノ間ノ戦斗デハ向井四〇人野
田三〇人…(中略)無錫カラ南京マデノ間ノ戦斗デハ向井野田共ニ一〇〇人以上ト云フコト
ニシタラ」と数字を挙げて応じると、記者は「百人斬競争ノ武勇伝ガ記事ニ出タラ花嫁サンガ殺到シマスゾ」
「記事ハ一切記者ニ任セテ下サイ」と二人に話したと書かれてい る。
こいつらの脳みそがオカルトだな。
右だろうが左だろうがきしょいレスでスレを汚すな
885フジヤマ ◆ixmq8tRkbU :04/07/25 14:59 ID:QFe2oUG6
>>874
呼び捨てにしてしまって申し訳ないです。
いいお話を聞かせていただきました。

でも、左翼には前半部分を都合よく使われて
『鬼畜日本兵は民間人だけ壕から追い出した!』
というんでしょうね・・・・・。

その将校と部下の方々に黙祷。
(奥様に迎えに来てもらえてよかったですね 将校殿)
そして
おばあさまが靖国に詣でれますように!

手記によれば、二少尉と記者は無錫で別れ、その後、野田少尉が記者と次に会ったときには既に“百人
斬り”競争の記事が日本で話題になっていたという。
野田少尉は「被告等ハ職務上絶対ニカゝル百人斬競争ノ如キハ為ザリキ」と「百人斬り」を否定。
「被告等ノ冗談笑話ニヨリ事実無根ノ嘘報ノ出デタルハ全ク被告等ノ責任」と自分たちの責任を認めなが
らも、「記者ガ目撃セザルニモカカハラズ筆ノ走ルガママニ興味的ニ記事ヲ創作セルハ一体ノ責任アリ」
と記者を批判している。
野田少尉と向井少尉は戦後、記事を理由に処刑された。
昭和四十六年に朝日新聞で連載された「中国の旅」でも取り上げられたが、その後、ノンフィクション
作家、鈴木明氏が、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作「『南京大虐 殺』のまぼろし」で、記事中にある二
少尉の行動経路が事実と異なっていることなどが書かれた文書の存在を明らかにし、虚構だったことを
指摘している。

佐藤振壽氏も偕行社「南京戦史資料集」の中で「どうやって、中国兵を斬ることができるのか、大きな
疑問が残っていた。」と、述べている。 
ただ、なぜこのような記事が書かれたのか?それを知る手がかりと言えるものに鈴木明著「南京事件の
まぼろし」文藝春秋の中に当時の「南京法廷」において向井少尉の弁護人が提出した上申書が参考と
なるだろう。 
http://www.history.gr.jp/nanking/chang.html
100人斬りは、ここでウヨが完全に論破されてますよ。
この人に論戦を挑んだらどうですか?
ttp://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/otayori/trivia.htm
1本の日本刀で100人斬りが出来るかどうかの話と、実際にそれが
行われたかどうかは別の問題だと思うけどな。
さらに、こんなこと書いておきながらなんだけど、スレ違い、板違いの
問題だと思う。
米兵から奪った物資をルーズベルト給与って呼んでたらしい。
現代でいうと親父狩りのノリ。
米兵と会話ができる距離まで接近する場面があった時、
米兵が「東條のツルッパゲ」みたいな事を言ったらしい。
ちょいムカッときた日本兵は、負けじとルーズベルトの悪口を言い返したんですが、
米兵らは「そうそう、その通りだ」と平然としてる。
次に米兵が天皇の悪口を言った時、
「なんだとー」と数人の日本兵が怒って立ち上がり、
すぐさま銃弾の的となって死んでいったそうです。
現代でいうと体を張ったコント。
891あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 16:16 ID:JK0QXHzx
>>874
いいお話、ありがとう!
×:旧日本軍の怖い話、怪奇ネタ

○:旧日本軍のちょっといい話
>>890
あの当時、最前線で米兵と普通に英語でやりあえるようなインテリの
兵隊が東條や天皇の悪口言われたぐらいで簡単に切れるとは思えん。
アメリカ兵が日本語で東條や天皇の悪口言う可能性はもっと低い
だろうし。
NGワード指定でうまくクソレスだけ消せないかなぁ。

日本刀
百人斬り
895あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 16:39 ID:IBkNKfjb
左翼ってどこにでも変なコピペするなぁ・・・。
節操の無い連中だ。
896あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 16:55 ID:Jt1OZlvY
>890

それは映画化なんかの一場面がもとじゃないのか?

米兵「天皇なんて基地外だ」
日兵「なんだと! じゃあ、ルーズベルトはくそったれだ」
米兵「てめえらよく判ってんじゃねえか! あいつはチンポしゃぶりのカマ野郎だ!」
日兵「……………」

確か、こんな感じだたーと思う。
つうかそんなシーン実際におこりえんだろうが
「ケンダリの幽霊」(坂井三郎空戦記録より)

ケンダリ飛行場のある兵舎では深夜に飛行兵が寝ていると
突如として足を引っ張られるという。
「よし俺が!」と大力の者がその兵舎に泊まったが深夜に
やはり足を引っ張られ青い顔でとなりの兵舎に飛び込んで
きた。ある者が灯油缶を二つ持ってきて「これに足を突っ
こんでおれば引っ張りようがあるまい」とその兵舎に泊ま
ったが、やはり足を引っ張られた・・・
>>898
足とっちゃえばいいんじゃない?
900あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 17:55 ID:ux74m36P
>>888

>この人に論戦を挑んだらどうですか?

自分じゃ手に負えないからって、他人に頼るんだ・・・。
自分の言葉では議論出来ない人なんだろうな・・・。
901あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 18:03 ID:BUoePKpQ
 57年前、昭和20年1月。比島・マバラカット基地。
 前年10月以来特攻作戦を展開してきた第一航空艦隊も、圧倒的な米軍の前には
如何ともし難く、遂に1月5日、残存の零戦5機を以って最後の特攻攻撃を
行うこととなった。
 この5機が出撃してしまえば、残った搭乗員達は陸戦隊となって玉砕する他無い。
誰もが出撃を熱望し、飛行長中島少佐の元に押しかけた。中島少佐は熟慮の末、
中野勇三中尉はじめ5名を選出した。
 16時45分。猛烈な空襲の合間を縫って、発進が始まった。中島少佐は自ら特攻機を誘導し、
滑走路へと導いた。と、一番機の中野中尉が突然座席から立ち上がり、大声で叫んだ。
「飛行長、飛行長っ!!」
 驚いて駆け寄った少佐に、中尉は満面の笑みを浮かべて、
「飛行長、ありがとうございましたっ!!」
 夢中で手を振る少佐の前を、一番機が轟音と共に進発していった。
 続く二番機も、
「飛行長、ありがとうございました!私を選んでくださって・・・・・・!」
 三番機も、四番機も五番機も、みな同様であった・・・・・・。
 たった5機の攻撃隊は、基地の上空を一度旋回して編隊を組むと、
夕陽に銀翼を輝かせながら、北方の空へと消えていった・・・・・・。

 ・・・・・・ずっと昔に読んだ「神風特別攻撃隊」で、とりわけ印象に残っているシーンです。
元クルガ兵(ネパール人)の証言。

我々は世界最強の傭兵だ。
第二次大戦で英軍の傭兵の時、マレー軍を3時間で撃破した。
インド軍は1日で降参させた。

だが、日本の正規軍との戦いは過酷で一週間不眠不休で戦わされ、我々も
半数以上が戦死した。
これだけの死闘は初めてで、勇敢な敵軍を尊敬したのはこの時だけだった。
玉砕した日本軍の所に行ってさらに驚いた、日本軍は貧弱な武器なうえ
食料も、わずかな米しかなく、日本軍の死体はみんなやせ細っていた。
戦友が死んだ時には泣かなかったが、敵である死んだ日本人を見て皆泣いた。
903あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 19:29 ID:tWu6RjEd
これが右翼の書き込みか…
街宣車に乗っかってるところはたまに見かけるけど、
いったい普段はどんな仕事をしてらっしゃるんですか?
普通に疑問。
904あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 19:31 ID:U9kz5o/b
>>902
クルガって(w

グルカ兵の事か?
905あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 19:40 ID:U8FXRi9o
ひまごさん、とっても良い話ありがとう。
>>903
それが左翼の書き込みか…
オカルトと関係ない話の口火を切ってるのは必ずアンタらの日本軍糾弾なんだけど、
スレ違いさえ理解できないほど頭悪いんですか?
普通に疑問。
ウヨもサヨもうぜぇ。
大虐殺とか100人切りとかの下らない検証は他所でやれ。
908あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 20:33 ID:kO3kh7vT
>>903

>街宣車に乗っかってるところはたまに見かけるけど、

街宣車に乗っかってる、と言う事は朝鮮右翼?

ttp://www.mkimpo.com/image/yasukunix/2003/P8150003s.jpg
>左翼ってどこにでも変なコピペするなぁ・・・。
>節操の無い連中だ。

まあこれも幼少時からの洗脳教育の賜物であろうが
これこそが怪奇ネタであろうか
910あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 22:08 ID:TbDjaDnx
戦艦長門の最期はオカルティックというよりもドラマチック。
泣ける。
終戦まで沈まなかった駆逐艦不知火は、
いろいろと不思議な話があったと思うが、忘れた。
912ひまご:04/07/25 23:58 ID:0O9gcgiL
拙い文章でしたが、読んでいただけてなによりです。

ちょっとスレ違いになってしまうかもしれませんが
『一木一草焦土ト化セン 
糧食六月一杯ヲ支フルノミナリト謂フ
沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ』
この打電の内容の意味がわかるような年になったときに
胸がとても熱くなりました。
直接ではありませんが、ものすごく間接的に沖縄戦に関係あるものとして
そのように感じました。
913あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 00:06 ID:K3y2qIOO
大戦後、日本海軍連合艦隊で唯一生き残った戦艦である長門は米軍に徴用され、
核実験の標的鑑として公開レイープされる運命にあった。
昭和21年7月1日、マーシャル諸島ビキニ環礁第一回の空中核実験が行われたが、
長門は殆ど無傷であった。7月25日第二回の水中核実験が長門の至近距離で
行われたが、約5度の傾斜を生じたのみであった。
そしてその「長門、沈まず」の報を聞き元艦長の未亡人曰く
「幾万もの英霊たちが水底をささえているのですよ」
その後長門は、29日夜間に誰にも見取られる事なく静か、静かに沈んでいった。
日本海軍が最期の最期で米軍の度肝をぬいた瞬間であった。


核の直撃を受け傾斜したものの未だ浮いている長門に驚嘆した米海軍の被害調査隊の
一人は 艦橋にこう書き残したという。
"Old Navy Never Die!(海の古強者は死なず!)"
914あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 00:15 ID:r03Qs1pf
>後世特別ノ御高配

県土の何割かをアメちゃんにタダ貸しして、連中がわずかに落とすドル
に縋って生きるよーにするっていうありがたーい、御高配なわけだが。
915あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 00:22 ID:Lia9oYka

同意見だ。
もうちょい、配慮できないかね。
直接交戦地になった場所の悲哀を考えろ。
いくらなんでも薩摩の時代は終わったろうに。
>>914

ハン板のキャデ?w
917あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 01:24 ID:1pqRwK+F
>>870
目黒陣中日記は最終的な処刑を記す典型的な一例で幕府山のことを書いてるけど、彼は両角部隊
じゃなくて、山砲兵第十九連隊の所属だった。
おまけに、この陣中日記に「限って」致命的な事実誤認がある。
たとえば十二月十三日(実際には十四日)敗残兵十万が投降とか、十七日十八日(実際には十七日のみ)
一万三千人づつ処刑とか、肝心な点が根本的に間違っていた。
次スレを立てないことが最良の対策なのだろうか
右も左も戦争ネタには敏感でも板違いであることには鈍感だな。
右だか左だか知らんが他所でやれ。
現実社会でも浮いてんだろうな、、こういうヲタ臭い連中は。
921あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 02:57 ID:3zhkoik9
私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
一通りの祝いの言葉の後に、

自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には苦労を
掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。
同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき
神妙に聞き入っていました。挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」
と尋ねると、新郎は小声で「大和です」
それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。

私はその後は仕事になりませんでした。
ウェイトレスの女の子達は不思議そうな顔をしておりましたが。
922あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 03:04 ID:ATsgOZ5V
>>913
。・゚・(ノД`)・゚・。
>>921
似たような話を軍板で見かけた事がある
924あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 03:12 ID:jBcXzx+K
 今から十五年ほど前、アジア各国の軍部代表がマニラに集ったときのこと
だ。例によって韓国軍の代表が、延々と戦争当時の日本軍と日本民族と現在
の日本企業を罵倒する演説を打った。列席のアジアの親日家たちは「韓国代表
の演説は痛烈無残で聞くに耐えなかった。だが列席の日本の自衛官はひと言も
発しなかった。」 
 そこで、列席していたインドネシアのアリ・ムルトブ准将は韓国の軍人に
向かって次のように日本を擁護した。彼はASEAN結成の仕掛け人である。

<日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示した
もので、チンギス・ハーンとともにアジア人の誇りである。/ここで、インド
ネシアの日本民族の価値について申し上げる。今、忽然として日本民族がこの
地球上から消えたら、アジアとアフリカは非常に困る。その時に韓国が一番
困ると思う。韓国は工業大国の日本と競争したから、立派な工業国になれたので
ある。近くに強力な競争相手がいることは素晴らしいことだ。/つまり日本の近く
に位置していることは幸運なのだ。経済的支援を連続的に受けているといってよい
くらいだ。インドネシアが日本に近ければ今のような貧弱なインドネシアではない。
 つまり、我々インドネシア人は「日本はなにもしてくれなくてもよい。」と考え
ている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分アジア・アフリカに尽くして
いる。
 だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したいと思っている。日本から援助
をもらうだけで応援しないのでは運命共同体の一員とは言えないし、対等のパートナー
とも言えないのではないか。>

                「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画より
925あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 03:28 ID:MNKMN8MZ
>>921

大和に乗っていた人で
生き残った人は非常に少ない。
926自らの命を捨ててまで住民を守った大空の勇士たち:04/07/26 03:30 ID:SRC/NF2H
命かけ住民守った13秒 
なぜ、航空自衛隊のパイロットは「ベイル・アウト(緊急脱出)」を二回叫んだのだろうか。

平成十一年十一月二十二日午後、航空自衛隊入間基地所属のT33ジェット練習機が
埼玉県入間川の河川敷に墜落した際、東京電力の高圧送電線を切断し、東京・埼玉の約八十万世帯で停電となった事故で死亡した二人の乗員と管制塔との交信記録が示す疑問である。

今年四月、空自の事故調査委員会が発表した調査結果によると、パイロットは「ベイル・アウト」を通報した後、十三秒後にもう一回、同じ言葉を叫んでいた。
航空自衛隊関係者は「いったん脱出しようとしたが、さらにもうちょっと頑張ろうとしたためではないか」とみる。

事故当時、私立狭山ケ丘高校(埼玉県入間市)の校長、小川義男さん(六七)は、国道16号を車で移動中、突然、停電で信号機が消え、白バイなどが大急ぎで走り去る中、立ち上る白煙を見た。
その後、校長仲間である私立西武文理高校の佐藤英樹校長が「あのジェット機は私の学校の上を飛んで河川敷に飛び込んでいった」と小川さんに語った。

おそらく、最初に「ベイル・アウト」を叫んだ後、航空総隊司令部所属、
門屋義広・三等空佐(四八)と航空幕僚監部人事教育部所属、中川尋史・二等空佐(四七)
の目に映ったのは、住宅街、さらにはそこに点在する狭山市立柏原小、中学校、西武文理高だったのだろう。
事故機を十三秒間操縦し、住宅地を避けるように東側に進路をとり送電線に接触する直前、緊急脱出した経緯を事故調査結果はこう記述する。
続き
「継続して操縦し続け、安全な脱出に必要な高度および速度の余裕を失った。
その結果、緊急脱出の際、機体が前のめりになり、適正な脱出姿勢がとれず、首の骨を折った」
墜落現場から住宅街までわずか五十メートル。
小川さんはパイロットの犠牲的精神をたたえずにはいられなかった。
昨年十二月一日号の生徒・父母向けの学校通信『藤棚』に思いをつづった。

「彼らは、助からないことを覚悟した上で高圧線にぶつかるような超低空で河川敷に接近しました。
そうして他人に被害が及ばないことが確実になった段階で、万一の可能性にかけて脱出装置を作動させたのです。
死の瞬間、彼らの脳裏をよぎったのは、家族の顔でしょうか。それとも民家や学校を巻き添えにせずにすんだという安堵感でしょうか。
他人の命と自分の命の二者択一を迫られたときに、迷わず他人を選ぶこの犠牲的精神のなんと崇高なことでしょう」

小川さんはさらにこうも訴えた。「愛の対象を家族から友人へ、友人から国家へと拡大していった人を英雄と呼ぶのです」 >>473
928あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 03:43 ID:QunJox4p
全然オカルトじゃねえぞ
SRC/NF2H
イイ話ではあるが、趣旨とずれとるゾ。
930あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 05:19 ID:mCZ9WCi3
旧日本軍のちょっとイイ話スレ
931あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 06:17 ID:21mytRh6
バロン西が硫黄島で玉砕された事を
ウラヌス号に聞かせたら
数日後(失意の内に?)死んでしまった話しも
ジーンと来たな。

バロン西でググるといっぱい出てきます。
ウヨサヨの糞の役にも立たんコピペよりは
何十倍も良いだろう

>>927
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~
やらないか?
ウヨサヨはデーターや文書のコピペ貼ったら貼りっぱなしでそれに
付いての自分の意見とかフォローとか無いからまともな議論にも
なりゃしない。まぁもともとが板違いだからそれぐらいでいいのかな。
934あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 11:44 ID:pKgAx3Dv
南方総軍からの死守命令(玉砕命令)を受けた
ミイトキーナ守備隊指揮官、水上源蔵少将の
最後の作戦命令文

「ミイトキーナ守備隊ノ残存シアル将兵ハ南方ヘ転進ヲ命ズ」

部下将兵を助けるため、あえて抗命をした水上少将は、
部隊がイラワジ川を渡河し、撤退を見届けた後、自決。

明治二十一年山梨県出身
陸士二十三期
935あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 13:19 ID:3ssvwnmO
↑確か、戦闘終了後に蒋介石が奮戦を賞賛したそうな
936あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 14:14 ID:UOWLRK0u
「インドネシア独立のために、誇り高く戦った日本人兵士たち。
祖国への想いを断ち、彼らはなぜ戦ったのか。
―――これは、真実の物語である。」

【ムルデカ 17805】
1945年8月15日―
無条件降伏で終戦を迎えた大日本帝国。激しい混乱と動揺のなか、日本は平和国家として
祖国再建への一歩を踏み出そうとしていた。そして同じ日。遥か南方の地では、銃を手に
異国の人々と運命を共にすることを決意した日本兵たちがいた。スカルノらが勝ち取った
「インドネシア独立」の陰には、祖国に帰ることを選ばず、
自らの意志で異国の地に残った名も無き幾千の日本兵士の姿があった。
【17805の意味】
後の正副大統領・スカルノとハッタは、日本への感謝を表し、インドネシア独立宣言文に
日本の皇紀「2605(=西暦1945年)8月17日」で年号を書き入れ署名した。
これを、日・月・年の順に並べた5ケタの数字は、独立を宣言した日として、
いまもインドネシア国民に記憶されている。
>>936
この独立宣言文、まだ現存してるんだよね。おいてあるとこ観光スポットだよ
938あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 17:33 ID:i42mVqKZ
日本人として日本に生まれたことを、心から誇りに思います。
939日本軍はやっぱり悪魔の軍隊だった!!:04/07/26 18:38 ID:pMgPeXDO
★豪軍兵士に毒ガス人体実験 太平洋戦争中に旧日本軍

・太平洋戦争中の1944年11月、旧日本軍が捕虜のオーストラリア軍
 兵士らに対し、南太平洋のカイ諸島で猛毒の青酸を使った毒ガス兵器の
 人体実験を行っていたことが26日、オーストラリア国立公文書館
 (キャンベラ)で見つかった戦後のBC級裁判の記録文書から明らかに
 なった。
 中央大の吉見義明教授(日本近現代史)が発見し、田中利幸・広島市立大
 教授の協力を得て入手した。

 関東軍防疫給水部(731部隊)が中国東北部で中国人らに生物・化学
 兵器の人体実験をしていたことは広く知られるが、吉見教授によると、
 オーストラリア軍兵士に対する人体実験の詳細が判明したのは初めて。
 旧日本軍が最終兵器と位置付けていた青酸ガスの効力検査が目的で、
 連合国軍の攻勢に対抗するため毒ガス兵器を重視していた実態が
 明らかになった。

 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=TKM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004072601002200
940あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 18:42 ID:2CuVGoSj
>キャンベラ)で見つかった戦後のBC級裁判の記録文書から明らかに
>なった。

胡散臭すぎ。
941あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 18:44 ID:JBfy+qY2
そうか
旧日本軍が最終兵器と位置付けていたのは青酸ガスだったのか。
てっきり、伏龍だとおもってた。
まったく怖くないが、オカルト絡み終戦秘話ってコトでひとつ。

「ry)小野田少尉は島田伍長と一緒にいて、島田伍長がコックリさんをやった。そして、日本は
負けていない、お前らおりて行くと、アメリカ本国に連れて行かれて、銃殺されるか、キンタマでも
抜かれるのが関の山だ、といわれたときいた」

「ry)島田伍長は帳面にいつどこででもコックリ占いができるように、イロハ四十八文字を書いたものと、
小枝を切って"また"にしたものを用意していたからな。だが、島田伍長はコックリさんを信じておりないに
しても、小野田少尉はインテリだから、なにか心に期するものがあっておりなかったのだろう(ry」

(「陸軍中野学校終戦秘史」畠山清行著、新潮文庫、P478から引用。適当に省略アリ)

このお二方は昭和21年当時、米軍の捕虜収容所にいたが、ルバング島に潜伏する日本兵に敗戦を
知らせるため、志願して派遣された人たち。
呼びかけても返事は無く、遭遇してもスパイ扱いで銃を突きつけられ、正に命がけだったみたい。

ちなみに、小野田少尉が受けていた命令は、
「占領地に残り、何があっても生き延びて、日本軍の再来に備えてゲリラ活動と情報収集に努めろ」
>>702で「命令解除がなされていないから」で居残ったのを不思議がってるが、命令内容が元から
こうなんだから当然ちゃ当然なのである。
>>939
>>940

>中央大の吉見義明教授(日本近現代史)が発見し、田中利幸・広島市立大
>教授の協力を得て入手した。

ここがこのコピペのツボですな?

つか、日本軍捕虜を飛行中の輸送機から突き落としたのも豪軍でしたっけ?w
http://www.google.co.jp/search?q=cache:Zm18-kyHjeYJ:wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist3_3_1.htm+%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%80%80%E7%AA%81%E3%81%8D%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97&hl=ja
コピペ厨は、ほんとにコピペしかしないな。
少しは自分で解釈したもの書き込めば面白くもなるのに。
久々に来てみたら、ほとんど関係のない話・・・
ちゃんとそれ用の板があるのに、なんでわざわざオカ板にこんなものを貼り付けに来るんだ。
>>945
ウヨサヨは、空気読めないからね。
オカルト板で話すな!!
他の板に池!!ここはな。怖い話・もしくは怪奇ネタを話す場だ。いい話も結構、ウヨサヨさん論議も結構、
だがな、場を間違えんな。
>>947
おまいもその板違いの仲間入り。同志よ。
949あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 03:09 ID:ME+9zg6/
吉見義明出た!!従軍慰安婦の日本軍による強制連行を否定する内容の
文書を、強制連行があった証拠だと言い張って宣伝した人!
950あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 03:14 ID:ME+9zg6/
>>939
それに、そういったことをした証拠が見つかったんじゃなくて
そういった容疑で裁かれた、という話。
反対尋問も偽証罪もない裁判の名に値しないものだというのは
他の裁判と同じでしょ。
951あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 06:45 ID:d4H/2tho
特攻の父 海軍中将大西瀧治郎

特攻隊の英霊に申す 善く戦ひたり深謝す 最後の勝利を信じつつ
肉弾として散華せり 然れども其の信念は 遂に達成し得ざるに至れり
吾死を以って旧部下の英霊と其の遺族に謝せんとす

次に一般青壮年に告ぐ 我が死にして軽挙は利敵行為なるを思ひ
聖旨に副い奉り自重忍苦するの誠ともならば幸せなり
隠忍するとも日本人たるの矜持を失うことなかれ 諸子は国の宝なり
平和に処しなら猶克く 特攻精神を堅持し 日本民族の福祉と
世界人類平和の為 最善を尽くせよ

終戦の天皇放送の流れる直前まで無条件降伏に反対し、全軍特攻を
提唱し神州不滅を叫んでいた闘将とは思えないほどに、この遺書には
冷静な祈りが織り込まれています。
徹底抗戦の主張から一転し、軽挙をつつしめと。生き残った若者達には
「国の宝」と呼びかけ、日本の復興と世界平和の為に特攻隊のような
自己犠牲の精神を以って尽くせ、と願っています。

辞世 これでよし百万年の 昼寝かな
(神風特攻隊の現れるような民族が、そうやすやすと滅びるはずはない。
暴風の後にはより美しい月が洗い出されてくるのが悠久を貫く大自然の
すがた。しかし詫びねばならないことには詫びてゆく。死はいささか長い
昼寝にすぎない。)

昭和20年8月16日 自決

自ら「特攻は統率の外道」と称していた大西中将。彼の死を聞いた海軍
関係者は誰も驚かなかった。
「大西はたとえ戦争に勝ったとしても、腹を切っただろう」
戦死した兵隊たちが、怨霊になって敵兵をやっつける、
という行為は、やはりジュネーブ条約で禁止されてるのか?
ちょんえいが
ttp://www.rpoint.co.kr/
もう終わらせようや…
ウヨサヨ隔離スレとしででも使うのか?
>901

1月5日のマバラカット出撃の特攻隊を調べたところ
                  爆装    直援/戦果確認 
神風特攻 第十八金剛隊 零戦16機  零戦4機
神風特攻      旭日隊 零戦 4機  零戦1機
神風特攻 第十九金剛隊 零戦15機  零戦2機      計特攻35、直援6

((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル  増えてる!?

とオモタら、1月6日 第二十金剛隊5機、旭日隊1機、戦果確認彗星1機でこっちのほうか……

戦果報告、戦艦に1機命中、巡洋艦に1機命中、大型輸送船に3機命中   全機命中セリ

ちなみに、この日のすべての特攻出撃25機のうち、命中16機以上 
復員後PTSDになったひとっていたの?
キティガイウヨサヨが来なきゃ
いいスレになったかもしれないのになあ
PTSDって聞かないね。
そこに至るまでの、復員後の日々の生活の余裕と
周りの状況がそうさせなかったのかな?
>>939
たしかに旧日本陸軍では、青酸ガス手榴弾を対戦車兵器として採用していたんだが。
ちび弾と呼ばれているガラス製の球体で、中には青酸化合物と安定剤が入っており、
戦車にぶつけると、ガラスが割れて青酸ガスが発生して乗員を殺傷すると言う代物。
ところが、うっかり落として割ってしまう兵士が続出し、結局全部回収されたのだとか。
ぶっちゃけ、ここで長文書いている奴は
誰かが読んでくれてるとでも思ってんのか?

同人板でオタク共の「俺は一般人だ」理論を読んでいた方が面白いや。
PTSDって言う概念自体が、かなり新しいモノだし...(ベトナム戦争以後)

病気と言うのは、その定義によって新しくできたり、変わってしまったりするモノで、
今まで病名の無かった症状に、現在PTSDと言う病名が付いてるだけの話ですな。
>>961
とりあえず俺はキョンシーvs旧日本軍南京大決戦
な話を書いた側の文章を読むことにする。
964あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 20:06 ID:xkIIKYQC
>>958
>>1の内容からしてそれはない。
戦後復員してマラリアに苦しんでる人の話はよくあるけど
PTSDの様な症状で苦しんだって話は聞かないんだよな
因みにベトナムには夜中に寝てるとき微かな物音がすると、むっくり起き上がる人とかまだいるらしい
966あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 20:44 ID:Gc0k0dqB
>>965
>因みにベトナムには夜中に寝てるとき微かな物音がすると、むっくり起き上がる人とかまだいるらしい

ベトナム帰りの海兵隊員の中には朝起こしに来てくれた自分の母親を殺しかけた方も居たそうです。
米海軍は神風特攻の恐怖によって狂人続出しました
Right
Wing
969あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 22:52 ID:zfvw+Yb9
>>960
半分正解、半分間違い。
でもここで旧軍ネタ開陳してもしょうがないので詳細はなしで。
一般的には、戦時中は精神病患者は減るらしい。
(それどころじゃない、って感じなのか)

ただ、兵士の間では第一次大戦のときも
シェルショックとかあったんで、第二次大戦のときも
精神を病んだ人は相当いたと思います。
今で言うPTSDになった人も相当いたんじゃないですかねぇ。
戦後は復興とか食うのに必死で精神状態がどうだのトラウマがどうだのって
空気じゃなかったんだろうな。
なんだかんだ言ってそういうのが省みられるってのは社会に余裕があるんだと思う

じいさんばあさんは確実に戦後生まれの俺らより精神強い
だから無念の内に死んだりすると強い霊になるんじゃね?と無理にオカルトに繋げてみる
972あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 00:17 ID:OHCp+oBa
今で言うPTSDはいたよ、専門家ではないから詳しい事は
わからないが、親戚のじいさん戦争帰ってきてから鬱→ノイローゼに
なってそれでも子供3人育てあげてみんな独立させ(結婚させ)
末娘の子(孫)を見届けて間もなく自殺した、24年前のこと。
身内の話だと戦争で色んな現実(非現実)の体験が後々まで響いてたと
言っていた。自分だけ生き残った事でも苦悩したようだし。
>>970さんの仰るとおりイギリスでは第一次大戦戦後の精神病んだ人急増
というのをNHKの戦争と精神病を特集した番組みたことがあります。
ちゃんとフィルムやデータも残っていましたよ。ただ日本にそういう資料が
あるのかワタシはわかりませんが、、、、、

973あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 01:13 ID:Gi6vAnQt
ベトナム帰還兵でPTSDになった人たちの脳を調べたら、海馬が8%
小さかったらしいよ。
974あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 01:25 ID:Gi6vAnQt
身体的(心臓をどきどきさせたり、手のひらに汗をかくといった)な無意識の記憶というのは以前は
記憶に無関係と言われていた扁桃体に蓄えられるらしいんだけど、記憶がある程度の強さで
扁桃体に焼き付けられると、もう自分の意志では抑えられずに、身体が反応して感覚がリプレイ
されてしまうらしい。
で、こういった状態がひどかったり長時間続くと、ストレスホルモンで海馬がダメージを受けたり小さく
なったりして、そのトラウマを残した事件の記憶が断片的になったり不完全になったりするそうだ。
975unknown:04/07/28 01:58 ID:Sk4BuRx1
さて、番号も進んできたことですし、ちょっくら書きますか。軽ネタで。

前に、私のとーちゃんが陸軍の飛行場作るのにかり出されたという話をしましたが、
終戦間際のこと、飛行機はたいてい穴掘って、そこに隠して空襲から逃れるよ
うにしていたらしいんですけれど、例の海軍の局地戦闘機も隠してたんだそう
です。で、米軍が進駐してきて、引き渡せってんで、穴から掘りだして外観だ
け整備して引き渡して今は梱包詰めのままスミソニアン博物館にあるらしいん
ですけど。
実は、完成品が、あと何機かあって、そのうちの一機はジェットエンジン装備
機にする予定で、完成品のエンジンと機体が、工員もろとも埋まっていて、工
員に出された命令が、「何があっても完成させよ」ってなもんで、糧食水1年
分も一緒にとか、まことしやかな噂がうちの地元ではあったんですよ。
今でも当時の防空壕やら飛行機を隠してた穴やらが陥没事故を時々起こしてい
るんで、いろいろあったのは事実なんでしょうが、橘花があんな状態でしたか
ら、まるっきり嘘っぱちの話ってのは判ってるんですがね。でもね

つづく
976unknown:04/07/28 02:02 ID:Sk4BuRx1
つづき

儂、子供の頃、布団に入っていて確かに聞いたんですよ。
明らかにセーバーとは違う単発ジェットの始動音。

おわり
>976
そんな、こともありうると思うが、燃料ないのに、数分しか飛べない機体に防空力あるのでしょうか?(悪意ないです、単純に知りたいだけです)Meとか数分しか飛べないと聞いたことがあったので。
978本当にあった怖い名無し:04/07/28 07:43 ID:Bzj6X9jJ
>>977
数分しか飛べないのは、ロケット戦闘機のMe163だと思われ。

ジェットはもっと飛ぶよ〜。プロペラ機よりは燃費悪いだろうけど。
979unknown:04/07/28 11:17 ID:x5pnq1cn
>>977 ななしさん
秋水(ロケットエンジン)は確かに数分ですね。ロケット推進飛行機と言うより
ロケットによってとりあえず超高空までいく滑空機(グライダー)ですね。
でも、圧倒的に高速ですからうまく会敵すれば、かなり強力な迎撃が出来るよう
です。もちろん格闘戦なんかは出来ませんが。

橘花(双発ジェットエンジン翼吊り下げ(?)型)はともかく、震電はもともと
局地戦闘機なので、長大な航続距離は不要です。従って、震電改(ジェット化
震電、もちろん未成というより計画前の段階)も航続距離への要求はさほどな
いでしょうが、普通に跳べる飛行機です。ジェット化による高速化も確かに魅
力でしょうが、当時としてはガソリンでなくても(灯油程度で)跳べるという
のが切実な要求だったようです。

震電改のエンジンは一は当時としては珍しい胴体内エンジン+サイドインテーク
というものですが、今ではこの配置はジェット戦闘機などの主流ですね。
980本当にあった怖い名無し:04/07/28 11:52 ID:bUOg1YxW
本当に神様がいるんだったら、靖国に奉られてる神様達は
そろそろ、神様たらん行動をとらないと撮り返しのつかない
事になると思うので、「天誅」を下して日本と日本の周りを
浄化していただきたいと思います。
981本当にあった怖い名無し:04/07/28 12:04 ID:bgViwKMi
旧首相官邸にでる皇軍兵士に
某駐屯地にでる三島に
国会議事堂もわやわや出るそうで
開かずの間があるそうです
982977:04/07/28 12:34 ID:Q6hmNtzj
>978 979
ありがとう、ロケットと混同していました。
983本当にあった怖い名無し:04/07/28 15:15 ID:n9jQJegb
怖いと言うよりグロな話だけど、このロケット戦闘機、燃料の扱いが
かなり難しいらしく、単に機体のトラブルだったり着陸に失敗したりで燃料が
漏れようものならものすごい勢いでパイロットの身体を溶かしたそうだね。

燃料漏れしたロケット戦闘機(秋水の姉妹機のコメート)のハッチを開けたら
薄ピンクのゼリー状の元パイロットだったものがコクピットに充満していたとか。
984unknown:04/07/28 15:27 ID:x5pnq1cn
>>983
整備の方も、なかなか悲惨な目にあわれた方が多かったとのことです。
985本当にあった怖い名無し:04/07/28 15:28 ID:mmAvA2qV
で、次スレどうする?
986unknown:04/07/28 15:31 ID:x5pnq1cn
>>985
もうある。
987本当にあった怖い名無し:04/07/28 22:41 ID:3dA6aEKH
最高速度300キロ弱、傾いてしか飛べなかった震電に何期待してんだか。
988本当にあった怖い名無し:04/07/28 23:00 ID:huAXK0M9
なに怒ってんの
989本当にあった怖い名無し:04/07/28 23:06 ID:4JHBbjm3
おまいら村上龍の『共生虫』読んでみそ。
基地外ヒッキーが防空壕跡に隠された旧日本軍の毒ガスをハケ−ンするという話だが、その過程がイイ。
『コインロッカーベイビーズ』もコンクリ詰めで海底に沈められた旧日本軍の毒を東京にばら撒くっていうオウムみたいな話だ。
990本当にあった怖い名無し:04/07/29 00:30 ID:UIZYRjSS
ダチュラだっけ?
991本当にあった怖い名無し:04/07/29 12:22 ID:P47FxVjp
992unknown
>>987
1回目か2回目の試験飛行で、低空でそんだけ出れば、立派なもんだ。