緊急地震情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しなんじゃ
6月1日から四日以内に岡山市を中心とする
震度5〜6の地震が発生する可能性があるそうです。
いちよー地震対策をどうぞ。
2既出ですか?:2001/06/02(土) 23:53 ID:e3RRQVac
本日の地震予報(6/2 22:20発) 
14日以内にM7.0前後のスラブ内地震の可能性あり

◇緊急情報(5/24 01:00発)の分析結果報告(6/1 24:00発)
予測した地震の可能性
 
場所は周防灘、伊予灘、豊後水道付近の海中か? (5/17〜5/31までの震源分布図)
 
深度70km前後、タイプはスラブ内地震(U型)
 
規模は5/24予測よりやや大きい
 
発生日時は6月中旬までの可能性が70〜80%程度
根拠(場所)

5/24〜6/1までの大気イオン濃度グラフを分析した結果、
イオン増大ピークが全て針状に尖っており(グラフ参照)、
直下型地震(T型)の山波(グラフ参照)とは明らかに異なる。
 
岡山より半径300km以内でスラブ内地震U型(深度50〜100km)
の多発地帯は九州−四国間の海中が考えられる。芸予地震(U型)
付近は先日の地震でストレスが解消され地震は考えにくい。
根拠(規模)

 
海中のスラブ内地震(深度70km程度)を考えると地中イオンは
上昇しにくく、イオン濃度で推定した規模よりやや大きくなる
可能性がある。
 
地震規模が増えるとイオン異常から地震発生までの時間は伸びる。
鳥取県西部地震(M7.3)で丁度100日。この意味で地震発生が先に
延びれば延びるほど地震規模は大きくなる。
 
被害予測は海中の深い震源の地震(直下型ではない)とすると、
震動域は広がるが、集中した大被害に繋がる恐れは少ない。
根拠(時間)

 
最終的には大気イオン濃度の減少が2000個/ccの線まで減少した点が
地震発生日時と考えている(鳥取と芸予の例)。現在、減少傾向は読めるが
明確でない。一応、6月中頃までの日時を仮定し、前後の推移を見守りたい。
3:2001/06/03(日) 00:01 ID:ayuURbAo
思いっきり既出でしたね。ごめんなさい
4名無しなんじゃ:2001/06/03(日) 04:02 ID:0Dw7DJF6
岡山県人はそれを知っているのか?
岡山県は対策本部も全く設けてないらしいじゃないか。
用心しましょう。