広島周辺の「かき色の屋根瓦の建物」について

このエントリーをはてなブックマークに追加
1Красная Армия
 新幹線に乗っていると、広島の周辺の景色のなかの家や倉庫といった建物
ののほとんどが特徴ある「かき色の屋根瓦」で、屋根の形状も独特の様式で
こしらえてありますね。不思議に思ったので由来やその理由について情報き
ぼーん。
2チーズ:2001/02/19(月) 01:07 ID:sOag8FZI
茶色だと山とか木とか自然とマッチするからだよ。
3名無しなんじゃ:2001/02/19(月) 01:11 ID:vlYsU2Ds
そういや山陽方面のほうでしか見掛けんな〜。
4名無しなんじゃ:2001/02/19(月) 01:18 ID:ROSEFZgw
広島と山口の一部しか見かけんぞ!
5名無しなんじゃ:2001/02/19(月) 21:01 ID:VTSV3uJw
 福山や尾道では見かけませんね。そこより西へ、山口県あたりまでは同じような
家が数多く見られる。この辺の伝統なのだろうか?
6名無しなんじゃ:2001/02/19(月) 21:33 ID:yVhwS41U
あまり気にした事無いので良く分からんが、5の言う通りなら盆灯篭の地域と似とるんじゃないか?
7名無しなんじゃ:2001/02/19(月) 21:37 ID:RZrtwvE2
多分、昼夜の気温差が激しい事により、瓦が割れない
よううわぐすりが塗ってある関係ではなかったか。
以前にもどこかの板で同じようなレス見たなー。
違ってたらごめんよ。
8名無しなんじゃ:2001/02/20(火) 03:25 ID:JPndMGxA
>7
理由は多分そんなとこ。あとは積雪地帯とか。
山陰の石州瓦が有名ですね。やっぱり茶色い色しています。
9名無しなんじゃ:2001/02/20(火) 04:25 ID:9a2f/Idw
10名無しなんじゃ:2001/02/20(火) 05:18 ID:AeeCkGLg
西条のあたりに多いみたいだね。
http://www.jr-odekake.net/tips/exploration/009.html
11たま:2001/02/20(火) 19:53 ID:x8Vw0q9w
>8の名無しさん
>>あとは積雪地帯とか。
正〜解〜!
雪が解けやすくて落ちやすいんだよね。
あっ、9さんと10さんが貼り付けしてたら重なってごめん。
あとで見てみます。
12Красная Армия:2001/02/23(金) 23:35 ID:XZoQU4x2
 長年ののどのつかえがとれた思いです(大げさ?)。このような理由があったとは…
みなさん、情報ありがとうございました。