女子学生の安全情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
1防犯理事会
「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の裁判記録を公開 
(東京高等裁判所 事件番号=平成2う1058)

1989年、足立区立東綾瀬中学を卒業した少年らは、女子高生を監禁し、40日の間に仲間ら計100人位に強姦させ、殺害した。
 被害者の陰毛を剃り、全裸で雪の降る屋外に出し虐待する。「何でもするから家に帰して」と泣く被害者に自慰(オナニー)をさせ、約束を破る。膣にマッチを入れて点火し、灰皿としてタバコを入れる。膣や肛門に極めて太い鉄棒など蹴込み、花火を入れ爆発、性器と肛門を完全に破壊する。身体のあらゆるところに火を付けて焼く。目には溶けたロウソクをたらす。
 被害者は苦しさで何度も気絶するが、水をかけて意識を戻し、強姦、虐待を繰り返した。被害者は「いっそのこと殺して」と哀願した。 被害者のご冥福をお祈りします。
 凶悪少年のほとんどが6年以内に出所した。

法務省への抗議は TEL O3−3580−4111
参考資料:http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/lynch.htm
21:2005/05/21(土) 21:15:35 ID:b86Sp9mk
すみません、板違いでした><