僕はカバじゃなぁい!(ムーミンの叫び)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1ジミーヘンドリクス病
「少年時代」て、「小便したい」に聞こえるトキあるよ!
寰рフ心は夏模様〜ってか!?(゚∀゚)/

・・・ 故・井上用水 先生の名曲をバカにするなぁ!(怒)ヾ(。`Д´。)ノ☆彡


↓オレのうpろだよかたら見たって↓

http://f32.aaacafe.ne.jp/~opaimix/up/moe1.htm
2名無しなんじゃ:2004/03/13(土) 16:39:53 ID:1K3QyGf2
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ〜!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」
それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。
君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。
天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む
        2 ゲ ッ ト
3名無しなんじゃ:2004/03/14(日) 06:10:56 ID:nfIGAvrQ
きょうは あめでした
きのうも あめだったので あしたもあめかもしれません

きょうは あさは ココアを のみました
おいしかったです

きのうは