山口山陽本線電車事故について・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しなんじゃ
なんかくわしい事知ってたらおしえてください。
2名無しなんじゃ:2001/12/17(月) 10:05 ID:lq6U8Rfw
<踏切事故>電車と車が衝突 一家4人死亡 山口県JR山陽線

 16日午後2時40分ごろ、山口県防府市台道(だいどう)のJR山陽線下水上(しもみずかみ)踏切で、下関発岩国行き普通電車(2両編成)と、山口市湯田温泉6、無職、杉山拡誉(ひろよし)さん(35)運転の乗用車が衝突。乗用車は大破し、杉山さん一家4人が死亡した。電車の乗客約50人にけがはなかった。

 防府署とJR西日本によると、他に死亡したのは妻真由美さん(30)、長男勇稀(ゆうき)君(9)、長女美優(みゆ)ちゃん(3)。いずれも頭を強く打ち、ほぼ即死とみられる。

 現場踏切は幅が1・6メートルしかなく、警報機はあるが遮断機はない。2輪車と耕運機など小型特殊車以外は進入禁止だった。車は電車から見て右側から飛び出し、左側面が電車前部と衝突。電車下にもぐりこむ形で約200メートル引きずられた。

 山陽線の上りは小郡―徳山駅間で約3時間不通となり、JR西日本は同区間を貸し切りバス6台で代行輸送した。電車に乗っていた同県柳井市の男性(71)は「ぶつかった後ガリガリと音がして、白い煙みたいなものが見えた」と話していた。 【船木敬太】(毎日新聞)
[12月16日21時51分更新]
3名無しなんじゃ:2001/12/17(月) 10:09 ID:EL1wSsns
私から皆さんへメッセージを贈りたいと思います。
 
この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり

その一足が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ

アリガトォ〜!!
4マイケルA:2002/01/01(火) 03:18 ID:W1FuHEws
事故後何度か行きました。3,4日の間現場に大破した車が放置して
あった様です。県警と地元が事故防止にこれからどうするか話合って
ました。丁度一週間後の同じ時間に行ってみたら、普通列車の方が先に
踏み切りを通過、貨物列車が後から通過していました。もし、事故当日
もこの順番だったら家族は亡くなることはなかっただろうなと思いました。