柏村〜〜〜〜。なんで、江藤亀井派に入るんや〜〜〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1有権者さん。
予想通りやな。あは。
2名無しなんじゃ:2001/09/27(木) 08:48 ID:eWGFoGO.
増原義剛も亀井派だしな
亀井の動きには要注意
3名無しなんじゃ:2001/09/27(木) 15:09 ID:JyD1VgDk
亀が暗躍してそうな気配、、、


次期衆院選の広島2・5区 官僚3人絡み活発化 '01/9/27

 広島県内の衆院小選挙区で唯一、自民党が議席を得ていない広島 2区で、中央官僚二人の立候補が取りざたされている。一方、5区 では現職の元外相に対抗して元通産官僚が立候補の準備を進めるな ど、次期衆院選に向け水面下の動きが活発になってきた。

 2区は過去二回の選挙で、現職で無所属の会の粟屋敏信氏(75) と、自民党第2選挙区支部長で元職の桧田仁氏(59)が、自民支持層 を二分する争いを演じてきた。次期衆院選では、粟屋氏が六選に挑 むかどうかが焦点になっているが、官僚二人の動向が絡み、選挙区 事情は混とんとしてきた。

 立候補が取りざたされるのは、国土交通省の局次長(53)と、元資 源エネルギー庁部長で地域振興整備公団の常任理事(49)で、ともに 2区内が出身地。国土交通省の局次長は建設官僚で事務次官を務め た粟屋氏の後輩で、衆院選のたびにうわさに上る。公団の常任理事 は今月八日、広島市中区でライフスタイリストの妻とトークショー を開き、「衆院選をにらんだ動きでは」との見方が一気に広がっ た。

 現職と元職に、官僚二人が絡む図式。次期衆院選について粟屋氏 は「米国テロや経済情勢への対応が迫られ、解散は当分ない。まだ 何も考えていない」と進退を明確にしていない。一方、新たな選挙 区情勢に危機感を強める桧田氏は街頭演説を重ね、「今まで以上の 激戦になる可能性があるが、必ず勝利する」と受けて立つ構えだ。

 注目が集まる国土交通省局次長は「現職官僚なので、今は政治的 発言は控えたい。区切りが付いた時点で、話すことができるかもし れない」と含みを残す。一方の公団常任理事は「七月に今の職場に 移ったばかりで、仕事のことしか考えていない」としている。

 一方、池田行彦元外相が議席を得ている5区では、昨年六月に通 産省大臣官房総括参事官を辞職した山本敏明氏(51)が立候補の動き をみせる。今年五月には郷里の呉市に後援会事務所を構え、活動を 始めた。山本氏は「楽ではない戦いになるが、地道にこつこつやり たい」と話している。