世界最大の捏造? ホロコースト36

このエントリーをはてなブックマークに追加
1世界@名無史さん
ヒレル・クックという名のリトアニア生まれのユダヤ人がいた。1930年代、この男はシオニスト・
テロ組織イルグン・ツヴァイ・レウミに参加する。1938年からポーランドのイルグン組織でパレ
スチナへのユダヤ人入植者を組織していたクックは、1940年、ウラジミール・ジャボチンスキー
と共にアメリカ合衆国へ渡る。ピーター・ベルグソンという偽名を名乗ったクックは、大手新聞
各紙に「ドイツで虐殺されつつあるユダヤ人を救え」という全面広告を打ち、議会へのロビー
活動、マジソン・スクエア・ガーデンでの集会、等の虐殺宣伝活動を行なった。

ホロコースト論争が行なわれているのは、『世間に公けの』出版物ではなく、いささか世間から
身を隠した出版物の中である。特定の思想や表現活動を禁止している公式の禁令がこの論争を
妨害しており、この禁令に迎合する政治的密告者が、この論争を監視しているからである。
しかし、この問題についての自由な論争を阻んでいる措置は、今日、どのように恐るべきもの
のように見えようとも、長くは続かないであろう。経験が教えていることは、刑罰によって
自由な歴史研究を妨げることが出来るのは一時的なものにすぎない。

『 歴史的真実は、身を隠した世界に生き残り、結局は勝利を収めるであろう 』

まとめサイト (過去ログ有り)
http://www.geocities.jp/marionette1938/index.htm
したらばホロコースト論争掲示板(強制ID 荒らし無用)
http://jbbs.livedoor.jp/study/6455/
前スレ
世界最大の捏造? ホロコースト35
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1125321911/

>>2 FAQ & スレルール
2世界@名無史さん:2006/02/21(火) 20:21:08 0
Q 疑問に思ったこと・書き込みたいことがあるんだけど?

A まず下記リンクのFAQを読んでください、まだ疑問があればまとめサイトの参考サイトを覗いてみてください。
   質問に答えてくれる人も居ますが、自分で調べられる人が私は好きです。
http://www.geocities.jp/marionette1938/FAQ.html

★★話題が混雑してきたときには>>1のしたらば掲示板 各議題のスレへ★★
・このスレはホロコーストの存在の可否を考察するスレです。
ホロコーストの是非・ナチスドイツの是非・ユダヤ人の是非は対象外です。
パレスチナ問題・ユダヤ人の陰謀説・ナチの賞賛は各々別スレで行ってください。

煽りはしない。
荒らしは構わない。
好きだとか嫌いだとか、自分の感情告白は要らない。
3世界@名無史さん:2006/02/21(火) 21:08:02 0
>煽りはしない。
>荒らしは構わない。
>好きだとか嫌いだとか、自分の感情告白は要らない。

ユダ豚嫌いなリビジョはイラナイということだねW
イスラエル嫌いなリビジョはイラナイということだねw

4世界@名無史さん:2006/02/21(火) 21:13:25 0
989 :世界@名無史さん :2006/02/21(火) 18:38:32 0
問題1.本心では、ガス室はなかったと思っている人物は誰か?
    ○をつけなさい。

1(  )小林よしのり
2(  )木村愛二
3(  )西岡昌紀
4(  )西尾幹ニ
5(  )本多勝一
6(  )佐高信

リビジョのお頭、センスというか御里が知れるなぁ。
喧嘩売るのならタカ派ウヨ歴史学者センセがいるじゃないか。

あ、アノお方の取り巻き、儲はガチだからなぁw
5世界@名無史さん:2006/02/21(火) 23:05:16 0
誰だろう。
6世界@名無史さん:2006/02/21(火) 23:09:25 0
ホロコーストを疑う真理・真実の追究は尊重されるべきとの著名歴史家からの葉書を匿名で公開
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku996.html
 この挨拶は、私個人への葉書の内容である。本人は存命中だから、公開の諾否、または同趣旨
の文章の公開を求めることもできるが、もし許諾を得ても、ことの性質上、周囲に影響があるに違い
ないから、私個人の判断、責任で、匿名公開することにしたのである。
 
 以下が、その文面である。かなりの高齢の学者だから、用語は古めかしい。
 ------------------------------------------------------------
 御尊著、『アウシュヴィッツの争点』御恵授賜り、誠にありがとうございました。一読して、とくに後半
を読んで、私が、大きな誤解をしていたことに気ずきました。それは「ガス室」はなかったのではない
か、「ガスによるホロコースト」はなかったのではないかということを、ユダヤ人の収容所での迫害、
大量殺傷はなかったかのように印象し、誤解していたということ。次に、ガス室殺人を疑い、それを
科学的に究明することは自由であり、それを迫害してはならないし、まして封殺することなど、"もっ
ての他"という断固たる言論人の信念に連帯の心を持たなかったことです。このことをみずから恥と
します。真理・真実の追及はいかなる側からのものであれ、尊重されるべきであると思います。一筆、
御礼まで。
------------------------------------------------------------
7世界@名無史さん:2006/02/21(火) 23:35:48 0
ウヨ系歴史学者で大物と言えば伊藤隆とかか?
専門違うしホロ否定なんてやるとは思えないが。
8世界@名無史さん:2006/02/22(水) 14:20:25 0
試訳:ホロコースト講義

3.4.3 航空写真の証拠
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/343.htm
3.4.4.焼却棟
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/344.htm
9世界@名無史さん:2006/02/22(水) 14:41:19 0
○証言・手記

・アウシュヴィッツ刑務所初代所長ルドルフ・ホェッスの陳述書はホェッスの読めないはずの英語で書かれている。
ホェッスの回想録(陳述書とは違う)には、拷問の事実が書かれている。
ただし、この回想録にはガス殺の事も書かれている為、死刑確定前にはガス殺の事を書き取引材料とし、
確定後には、取引する要素が無くなった為、拷問の事実を書いたのではないか という意見がある。
ただしこの意見には、一切の証拠が存在しない(証言すらも全くない)
拷問の記述がこの回想録に書かれている為、回想録については信用できるという意見もある。
彼の証言には矛盾点が多く存在することは肯定派・否定派共に認めている。
だが、ホェス自身が曖昧な所もあると手記で明言しているため、この批判は全く的外れではないかと言われている。
10世界@名無史さん:2006/02/22(水) 14:45:04 0
>>9
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-12.html
     ↑
これが、イギリスの「民主主義」だよ。
11世界@名無史さん:2006/02/22(水) 14:48:40 0
>>7
いや、6の歴史家は、左翼系の人物だよ。
木村の知人は左翼ばっかりだから。

それに、俺自身、数人の実名を挙げる事が出来るが、
左翼には、案外、本心ではホロリビの人物が多い。
隠れリビばかりだが、パレスチナ関係の学者に
そういう人物が、現に複数いる。
12世界@名無史さん:2006/02/22(水) 16:47:03 0
>>9
○証言・手記

・アウシュヴィッツ刑務所初代所長ルドルフ・ホェッスの陳述書はホェッスの読めないはずの英語で書かれている。
ホェッスの回想録(陳述書とは違う)には、拷問の事実が書かれている。
ただし、この回想録にはガス殺の事も書かれている為、死刑確定前にはガス殺の事を書き取引材料とし、
確定後には、取引する要素が無くなった為、拷問の事実を書いたのではないか という意見がある。
ただしこの意見には、一切の証拠が存在しない(証言すらも全くない)
このことから見て連合国は徹底的に証拠の隠滅を行い関係者の証言も一切を封じたものに間違いないと見られている。
拷問の記述がこの回想録に書かれている為、回想録については信用できるという意見もある。
彼の証言には矛盾点が多く存在することは肯定派・否定派共に認めている。
だが、ホェス自身が曖昧な所もあると手記で明言しているため、この批判は全く的外れではないかと言われている。
これについては正史派が、書いてあることを証明する義務がある。実際書いてあったとしても印刷段階で誰かが紛れ込ませたのかもしれないし
世間で販売されている全ての手記に同じ記述が書いてあると正史派は一切立証できていないからである。
とにかく修正主義者に対して証拠を求める事は、何から何まで悪魔の証明で証明不可能なので求めてはいけない。
その理由を尋ねる事も悪魔の証明で証明不可能なのでやってはいけない。
13世界@名無史さん:2006/02/22(水) 21:25:36 0
>>11
閣下コンテンツで有名な(苦笑)マー君のところもサヨは信用ならんとほざいていますが、なにか?
14世界@名無史さん:2006/02/22(水) 21:28:41 0
ホロリビ学者の実名があがれば面白いんだが。
15世界@名無史さん:2006/02/22(水) 21:36:59 0
>>11>>13
共産テロリンとかプロ市民とか元日本アカ軍とか、ろくでもない連中と呉越同舟。
16世界@名無史さん:2006/02/23(木) 01:29:46 0
【オーストリア】ホロコースト否定で逮捕されたイギリスの歴史学者、裁判で有罪認める
1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★ :2006/02/20(月) 23:14:14 ID:???0
 オーストリアでの講演でナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量
虐殺)を否定したとして、同国で逮捕、起訴された英国人の歴史学者デビッド・
アービング被告(67)の罪状認否が20日、ウィーンの裁判所で行われ、
同被告は「私が間違っていた」として有罪を認めた。

 アービング被告は、ホロコーストに疑問を投げかけて議論を呼んだ自著
「ヒトラーの戦争」を手に、紺のスーツ姿で出廷。「アウシュビッツ(強制収容所)
にガス室がなかったと話したのは誤りだった」と述べる一方、「ホロコーストは
私の研究分野のほんの一部にすぎない」と主張した。同被告は開廷前にも
記者団とのインタビューで、ナチスが第二次世界大戦中、組織的にユダヤ人を
殺害したことを認め、「歴史は常に変化する樹木のようなものだ」などと語っていた。

 判決は一両日中に下される見通し。有罪の場合、最高10年の刑が
言い渡される。

 オーストリア連邦法は、公の場でホロコーストを否定したり正当化したり
する行為を禁止している。オーストリア当局は1989年、アービング被告が
同国内の講演でホロコーストを否定する発言をしたとして、逮捕状を出して
いた。同被告は昨年11月に同国南部を訪問し、逮捕された。

ソース(CNN) http://www.cnn.co.jp/world/CNN200602200022.html
17世界@名無史さん:2006/02/23(木) 01:42:52 0
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20060223
>俺の日記は「本当はどうだったか」とか「何かに取り憑かれている人の『憑きもの落とし』をする」
>というのが基本姿勢の一つなので、可能性としては「ホロコースト」の問題を扱うことがあるかも
>知れませんが、→世界史板←での展開を見ていると、ちょっと荷が重いです。あと、「反ユダヤ
>主義」の人のほうが今現在ではトンデモに見えるという状況もあるんですが、一番の問題は、
>俺にドイツ語・ヘブライ語が読めないことです。

世界史板での展開って、こいつ2ちゃんを当てにしなきゃ物を言えないのか
ドイツ語はともかく「ヘブライ語が読めない」ってなんだよw
学問のねえ奴はこれだからw
18世界@名無史さん:2006/02/23(木) 02:36:15 0
>>17
憑きもの落としって…京極堂気取ってるのかw
19世界@名無史さん:2006/02/23(木) 03:49:44 0
>世界史板での展開って、こいつ2ちゃんを当てにしなきゃ物を言えないのか
強烈なキチガイが多いから、この問題は避けたいということだろう。
20世界@名無史さん:2006/02/23(木) 12:12:53 0
>>15
「つくる会」の上層部に、ホロリビの隠れ支持者が何人も居る事、
お前知らないの?

(実名を書いてもいいんだけど)
21世界@名無史さん:2006/02/23(木) 12:24:59 0
1.次の中で、ガス室があったと思っている人物には○を、
  ガス室がなかったと思っている人物には×をつけなさい。

1(  )阿川佐和子
2(  )小林よしのり
3(  )藤岡信勝
4(  )本多勝一
5(  )姜尚中
6(  )西尾幹ニ
7(  )野坂昭如
8(  )マッド天野
9(  )江川紹子
10(  )鈴木邦男
11(  )宅八郎
12(  )落合信彦
13(  )筑紫哲也
14(  )副島隆彦
15(  )広瀬隆
16(  )広河隆一
17(  )宮崎学
18(  )日垣隆
19(  )辛淑玉
20(  )佐高信
22世界@名無史さん:2006/02/23(木) 12:32:26 0
2.ホロリビの隠れ支持者の名を10名挙げなさい。
23あやめ ◆C0.O2CxIMg :2006/02/23(木) 13:13:47 0
>>21
この中には「ガス室がなかったと思っている人物」は誰もいないんじゃないかしら?
ただ江川さんは「無かったという主張も禁圧すべきではない」と言ってますし、
西尾さんは「あったことは確実だろうが、それを確信し得る証拠を獲得する手段は限られており、
またホロコーストの存在と日本人の良心の立場とは全く別個の問題だ」という趣旨の発言をしています。
小林さんは「あったと思う」方でしょうが、この問題には関わりたくないみたいな感じです。
本多さんは「なかった」派だとか聞きましたが今はどうなんでしょう?
24世界@名無史さん:2006/02/23(木) 16:37:01 0
ホロコースト否定の英歴史家に禁固3年…ウィーン地裁
【ウィーン=石黒穣】ウィーン地方裁判所は20日、英国人歴史家デービッド・
アービング被告(67)に対し、ナチスによるユダヤ人大虐殺、ホロコーストを
否定した17年前の発言を理由に、禁固3年の実刑判決を言い渡した。

「ヒトラーの戦争」などの著作があるアービング被告は、1989年、ウィーン
とレオベンで「アウシュビッツ(強制収容所)にガス室はなかった」などと演説。
これが有罪の根拠となった。

ヒトラー誕生の地であるオーストリアでは、第2次大戦中ナチスにくみしたこと
への強い反省もあって、ホロコースト否定を喧伝する行為を法律で禁じている。
指名手配がかかっていたアービング被告は昨年11月、極右団体の会合に出
席するため入国したオーストリアの南部で逮捕された。

アービング被告はこの日の罪状認否で、「ガス室を否定したのは誤りだった」と
認めたが、裁判官は「うわべの改心」として情状酌量しなかった。

欧州では現在、ムハンマドの風刺漫画問題をめぐり表現の自由のあり方が問
い直されており、今回の裁判結果は、新たな波紋を投げかけている。

(2006年2月21日11時50分 読売新聞)

ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060221i304.htm
25世界@名無史さん:2006/02/23(木) 16:41:12 0
>>23
まず、西岡、木村は、もちろん、ガス室はなかったと考えて居る。

野坂昭如は、『マルコポーロ』廃刊事件の前、西岡、木村を
中心にするホロリビの研究会を主催(!)していた人物。
マッド・天野は、今度、ホロコーストを題材にしたイランの
漫画コンテストに参加するんでしょ?
副島隆彦は、ガス室はなかったという立場を表明している。

他にも、ガス室はなかったと考えているフシのある人物が
その中に数人いるな。
26世界@名無史さん:2006/02/23(木) 16:57:02 0
保守の中では、「つくる会」のFやNは、本心ではホロリビ
らしい。(根拠があって言っているのだが、詳しい事は
言わない)

左翼の中では、731部隊の権威であるTが西岡、木村の
研究会に参加してたし、本多勝一が、当初はホロリビに共感
していた事は有名。それから、中村敦夫が、マルコ事件の時、
かなりホロリビ寄りの発言をしている。

それから、パレスチナ問題を専門とする歴史学者のNやIは、
はっきり言わないが、ホロリビ支持と思われる。又、小田実
と「日本はこれでいいのか!市民連合」をやっていた歴史学者
のIも、本心ではガス室がなかったと考えて居るようだ。
27世界@名無史さん:2006/02/23(木) 19:21:14 0
>>26
731部隊の権威でTって常石敬一のことだろ。
松本サリン事件で農薬からサリン合成とか言ってたあのアホが毒ガスの専門家とはな。
http://members.at.infoseek.co.jp/gregarina/H1E.html
28世界@名無史さん:2006/02/23(木) 19:54:05 0
HIS RIGHT TO SAY IT 「彼がそれを言う権利」
http://www.k2.dion.ne.jp/~rur55/J/Chomsky/chom.htm

>しかし、初歩的なことになるが、(学問の自由も含めた)表現の自由は、自分が容認できる主張だけに限定されるべき権利ではない。
>また、この権利は、誰もが軽蔑し唾棄するような主張についてこそ、特に積極的に擁護されねばならないものである。
>もともと弁護の必要もないような主張をかばったり、公敵による市民権侵害を非難する大合唱に参加するだけなら、誰にだってできるのだ。


>わたしにとってスキャンダルなのは、自分にはヘドがでそうな思想であっても
>その表現の自由は徹底的に擁護するとヴォルテールが 200年も前に述べているというのに、いまだにこの問題を議論しなければならないということである。


>自分たちを虐殺した者たちの根本教義が後世に採用されたとなっては、ホロコーストの犠牲者たちも浮かばれまい。
29世界@名無史さん:2006/02/23(木) 21:38:14 0
>20 :世界@名無史さん :2006/02/23(木) 12:12:53 0
>>15
>「つくる会」の上層部に、ホロリビの隠れ支持者が何人も居る事、
>お前知らないの?

>(実名を書いてもいいんだけど)

あんたさん、いつも隠れなんとかとか(二年近く)吠えているけれど、何時になったら実名を書くのよw

書・き・込・め・る・の・な・ら・、・早・く・実・名・を・書・き・込・ん・で・く・だ・さ・い・な・。・

オレの腹は痛くも痒くもないですから。

んで、幕屋ネタに逃げるんだろ。バレバレのシナリヲですね。

つか、ガセネタですか。

形だけでも辞職しようとした(苦笑)ナガータ君の爪の垢でも煎じて飲んでくれヨ>リビ

30世界@名無史さん:2006/02/23(木) 21:40:58 0
>本心ではガス室がなかったと考えて居るようだ。

ありゃ、『・・・・ようだ』とは想像で語らない、事実しか述べないリビらしからぬコメントですね。

偽リビですか
31世界@名無史さん:2006/02/23(木) 21:53:27 0
>保守の中では、「つくる会」のFやNは、本心ではホロリビ
>らしい。(根拠があって言っているのだが、詳しい事は
>言わない)

Wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
32世界@名無史さん:2006/02/23(木) 21:54:28 0
言わないで済むのなら楽だよな<修正主義クヲリティ
33世界@名無史さん:2006/02/23(木) 21:55:24 0
作る会の西尾ははっきりあったって言ってるし、>>26の言ってることは信憑性薄いな。

色川大吉にしたってそんなアホなこと言わないだろ。
34世界@名無史さん:2006/02/23(木) 22:35:51 0
ネットウヨにはホロコーストはなかったと公言する馬鹿が多いな
捏造か、事実かというのは問題ではなく
あったと言うコンセンサスのもとにおいて現在の国際秩序が保たれているのだ
35世界@名無史さん:2006/02/23(木) 23:01:14 0
多いかねえ。
世界史板の極一部でしか流行ってないような。
軍事や極東では否定派は十字砲火受けてたし。
36世界@名無史さん:2006/02/23(木) 23:22:54 0
つまりは“王様は裸”だと?>>34
37世界@名無史さん:2006/02/23(木) 23:28:01 0
Google Videoの後出し検閲
http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/02/23/1046222
mhattaによる 2006年02月23日 20時06分の掲載
表現の自由とは部門より.
natamame曰く、"Google Videoが、一度レビュープロセスを通って放映されていたクリップを
一ヶ月後になって「ポリシー違反」として削除した。クリップの作者は著書の邦訳(『パレスチナ
大虐殺(ホロコースト)』)もある元AP通信記者、マイケル・A・ホフマンII世。削除されたのは、
先日オーストリアでホロコースト否定の咎で有罪判決を受けたデヴィッド・アーヴィングが冒頭
に出演しているホフマンによる講演のビデオ『Deborah Libpdadt, "Amalek" and David Irving』
を含む2本。ネタ元はホフマン自身のブログ記事。"
38世界@名無史さん:2006/02/24(金) 00:03:47 0
はじめてこのスレを覗いたけど、ホロコースト否定派ってのはどういう
レベルのことなんだ。
例えば、ナチスドイツがユダヤ人を組織的に迫害して財産を没収し強
制収用所に放り込んだ。その結果として、膨大な数の死者を出した。
基本として、そこまで否定する連中がいるのかな。

漏れはナチの方針が組織的殺害で一貫していたのか、対ソ戦が成功
していれば、シベリアあたりに追放して終わりにするつもりだったのか
なんてのは微妙だと思うんだが。
むしろ、最初から皆殺しにするつもりなら、何も収容せずとも集めた端
からヌッ殺せば余計な手間や費用はかからない。つまり、最初はドイツ
から追放してけりを付けるつもりが、収容所に溜まって行き所がなくなり、
途中からメンドーだからヤッちまえに変わったってあたりじゃないかと、
そう考えるのもホロコースト否定派になるのか?
39世界@名無史さん:2006/02/24(金) 00:06:05 0
>そう考えるのもホロコースト否定派になるのか?

そういう考え方は現在ホロコースト正史の主流となっている「機能派」の説です
40世界@名無史さん:2006/02/24(金) 00:28:00 0
>ヤッちまえに変わった

この時点でホロコースト肯定派でしょうな。
41世界@名無史さん:2006/02/24(金) 00:41:50 0
日本の歴史論争とこの論争がいかに違うかの例として、
ラッシニエを思い出すといい。

欧米で、「ホロコースト」の内容に疑義を提出した最初の
歴史家は、ポール・ラッシニエ(Paul Rassinier)と
いうフランス人だった。

ラッシニエは、フランスの左翼で、非暴力主義者でもあった。
大戦中、ラッシニエは、対ナチ・レジスタンスに加わり、非暴力
抵抗運動に従事。そのために、ゲシュタポに捕らえられ、ドーラ、
ブーヒェンヴァルト両収容所に収容されていた。

戦後、フランス政府は、彼のレジスタンス活動を賞賛して最高位の
勲章を与えているが、そんな左翼のレジスタンス英雄が、自らの
収容所体験にもとずいて、「ガス室」などに異論を呈したのが、
この論争の始まり。日本のように、「左右」が単純に対峙する論争
ではなく、左右入り乱れているのが、欧米でのこの論争の性格。

日本の尺度で見直し論者イコール「右」だと想像するのは間違い。
42世界@名無史さん:2006/02/24(金) 00:42:27 0
>基本として、そこまで否定する連中がいるのかな。

ああ、彼等をヨイショすると『収容所はユダヤ人保護施設でした』って公言しちゃう奴、それを否定しない奴、色々だよ。
43世界@名無史さん:2006/02/24(金) 00:52:28 0
>日本のように、「左右」が単純に対峙する論争
>ではなく、左右入り乱れているのが、欧米でのこの論争の性格。

ウソばかり。
キミ等曰く西岡さん木村さんは左翼なんでしょ。
金子マーティンとか修正主義等に敵対する一派も左翼。

修正主義と袂をわかっている『作る会』はもちろん、保守右派
幕屋は宗教右派といえる

以上、>>41はミスリードか日本のことを全く知らない在日プリッコですなw
44世界@名無史さん:2006/02/24(金) 01:02:37 0
ポール・ラッシニエ(Paul Rassinier)を収容所にぶち込むのがナチクヲリティ
45世界@名無史さん:2006/02/24(金) 03:24:34 0
>>20
そんなことまで言い出したら、もうつくる会終わりだろ。

それと副島隆彦はアポロ13号の着陸まで捏造だと言って本まで出してる。
怪しいことと陰謀論大好きな人間が、怪しい話に飛びついただけ
特に注目しなければいけないことでもないな。
46世界@名無史さん:2006/02/24(金) 08:52:32 0
>>38
「否定派」と呼ばれるひとたちは、自分達の事を「見直し派」と呼ぶ。
呼び名はともかく、彼らは、ナチスドイツがユダヤ人を差別し、
収容所に収容した事は、もちろん認めている。しかし、戦後、いわゆる
「正史派」が主張して来た以下の二点には同意しない。

1)ドイツは、ユダヤ人を「絶滅」しようとした。ただ迫害したの 
  ではなく、「絶滅」しようとした。

2)その手段として、ドイツは、ガス室でユダヤ人などを殺した。


見直し派は、


(1)ドイツがユダヤ人を収容した目的は、戦後、ユダヤ人をロシアに
   強制移住させるための準備だった。

(2)しかし、ソ連戦線でのドイツの敗退によってそれが不可能になり、
   戦争末期の混乱の中、収容所で発生した発疹チフスにより、
   ユダヤ人の大量死が起きた。


と、考えて居る。


47世界@名無史さん:2006/02/24(金) 11:24:44 0
西尾幹ニ氏は、ドイツについては大家だろう。
西尾氏のような大家が、ガス室を信じていると思うか?

表向きは(「ガス室」を)信じるふりはしているようだが。
48世界@名無史さん:2006/02/24(金) 11:53:03 0
多少手荒い扱いをするくらいなら、これまでもポグ
ロムとかがあるが、ホロとなるとまったく異質のも
のだから、にわかには信じられんし、また信じ切っ
てもないだろうが。ただ、E・ノルテの論争とかか
ら、ぁゃιぃという見方はしとるんジャマイカ?
49世界@名無史さん:2006/02/24(金) 12:45:58 0
まだ幕屋に洗脳されきってなければ、ね
50世界@名無史さん:2006/02/24(金) 13:57:53 0
>>49
だったら洗脳されてるっていう具体的な証拠を出さなきゃあいけないな。
51世界@名無史さん:2006/02/24(金) 14:25:08 0
西尾センセイは熱くなることはあるだろうけど、ニー
チェアンとして、「洗脳」ってことは、その思想的経
歴を問われかねんだろうな。
52世界@名無史さん:2006/02/24(金) 21:02:22 0
>>46

要は機能説にインスパイヤされたのですね。


53世界@名無史さん:2006/02/24(金) 21:03:39 0
モナ=通説派

のま=リビ派
54世界@名無史さん:2006/02/24(金) 21:19:09 0
だから、作る会の裏切り者情報はまだですか。

リビジョニストは事実を嘘偽りなく発言するの人たちですよね。

・・・・だろう
・・・・ようだが
・・・・思える

↑これは何ですか↑

散々奇麗事を言っていることと、実際行っていることが全く別じゃないですか。
55世界@名無史さん:2006/02/24(金) 22:00:27 0
作る会内部にホロリビが居るとかデマ流して何のつもりなんだか。
56世界@名無史さん:2006/02/24(金) 22:10:25 0
作る会・コヴァ(苦笑)等に散々油揚げさらわれた挙句に、旧日本帝国政権はナチと違い人種偏見はしませんって、泥かけられいるのが気に食わないんだろ。


57世界@名無史さん:2006/02/24(金) 22:16:59 0
「つくる会」とユダヤ教団体
http://asatteblog.exblog.jp/3182176
58世界@名無史さん:2006/02/24(金) 22:17:49 0
>>56
追記

誰かさんは正論の中でIHRを誉めちゃった手前もあるし。IHRの主張の全てを認めてもらえると思っているんだろ。

59世界@名無史さん:2006/02/24(金) 22:21:20 0
>>57
そういう既出なことをキミに確かめているんでないのw

作る会にホロコースト否定論者がいるそうだから、そのことを明記してくれと笑一時間(略
60世界@名無史さん:2006/02/25(土) 00:19:42 0
>>57

だからぁ、作る会のホロコースト否定論者はだれですか?

61世界@名無史さん:2006/02/25(土) 02:52:10 0
>>21
これは、全くの想像だが、

○は、1、4、5、11、12、13、15、16、19、20で、

×は、2、3、6、7、8、9、10、14、17、18、かな?
62世界@名無史さん:2006/02/25(土) 02:53:10 0
>>55
いる。
63世界@名無史さん:2006/02/25(土) 03:00:25 0
誰も指摘してないみたいだが、西尾幹二はつい最近つくる会を辞めてる。
64世界@名無史さん:2006/02/25(土) 03:22:53 0
>>55
>>60
大した事じゃないと思うが。
65世界@名無史さん:2006/02/25(土) 04:04:14 0
>>62
それ、2年前から言い続けて未だに名前も証拠も出せないんだよね。
証拠を重んじるリヴィジョニストとしては、それってどうなのよ?w
66世界@名無史さん:2006/02/25(土) 04:27:13 0
>>65
誰だっていいのでは?
67世界@名無史さん:2006/02/25(土) 08:44:37 0
>>66
作る会に対して、リビジョニストは『嘘を吐き』『ミスリード』を行っているということですね

まるで、リビジョニストが言うところのシオニストそっくりですね

68世界@名無史さん:2006/02/25(土) 11:53:15 0
別に誰がどう思っていようと関係ないが、日本人にしてみれば
自分の利害とは関係なく、リスキーな問題には触れたくないという
のが本音だろう。
ホロコーストはユダヤと欧米人が祭上げた問題なので、本来的に彼らに
責任があるからな。

歴史学者Iって家永のことか。にしても常石ってやっぱただの理系崩れの
オチこぼれで毒ガスのことよくわかってねーのか。ゲルマールルドルフの
方がよっぽど上ってことだな。ルドルフってネオナチやアーリア信仰など
と関係なさそうだが、やっぱあるのかね?アービングなんかもなんだかんだで
心情的ナチスシンパで反ユダヤ主義の経歴を発掘されてる。ウエーバーや
ズンデルなんかは言わずもがな。
それとホロコーストの有無は別とは
言っても思想的バックグラウンドも気になるところだ。
69世界@名無史さん:2006/02/25(土) 14:44:57 0
>>68
>アービングなんかもなんだかんだで心情的ナチスシンパで反ユダヤ主義の経歴を発掘されてる。
>ウエーバーやズンデルなんかは言わずもがな。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/sack_01.htm
http://ihr.org/jhr/v20/v20n1p-9_Sack.html
ウェーバーなどの前で講演までしたユダヤ人のジョン・サックもネオナチなんだろ。
リップスタットはサックをネオナチと罵倒している。
アツモン、シャミール、チョスドフスキーもネオナチ扱いらしいからな。
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/619.html
チョスドフスキーはホロコースト否定論者として告訴されている。
http://www.asyura2.com/0601/war77/msg/354.html
シャミールはイランのホロコースト会議に出席するらしい。
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/450.html
アツモンはホロコーストをでっち上げと言った。

>それとホロコーストの有無は別とは言っても思想的バックグラウンドも気になるところだ。
ジャボチンスキー、カハネ、リップスタット、シャランスキーなどの思想的バックグラウンドも気にしてくれよ。
70世界@名無史さん:2006/02/25(土) 15:29:39 0
ロンドン市長も大変だなあ
71世界@名無史さん:2006/02/25(土) 16:15:40 0
>>69
おまえは早く作る会にいるホロコースト否定論者を書き込めばいいの。

何時になったら書き込むんのか

何時まで待たせるのか

蕎麦屋の出前か

嘘吐きなのか

とにかく、具体的な証拠と実名をお願いしますよ。
72世界@名無史さん:2006/02/25(土) 16:57:21 0
>>71
熱力学の公式と流体力学の公式と機械工学などでホロコーストを立証する自然科学的な証拠を書き込めよ。
それを書き込めば作る会などの議論も終わらせられるだろ。
73世界@名無史さん:2006/02/25(土) 17:03:51 0
>>68
歴史学者Iは色川大吉のことだと思われ。
どっちにしても〜〜が隠れリビジョだなんて信憑性無いが。
あとルドルフレポートって結局やってることはロイヒターと変わらない。
ルドルフと常石では似たようなもんでしょ。
74世界@名無史さん:2006/02/25(土) 17:04:41 0
>>72
やーい悔しかったら以下の質問に返答してね。

作る会のホロコースト否定論者は捏造ですか?
75世界@名無史さん:2006/02/25(土) 17:06:13 0
>>72
>熱力学の公式と流体力学の公式と機械工学などでホロコーストを立証する自然科学的な証拠
なんじゃそりゃ。
76世界@名無史さん:2006/02/25(土) 17:29:52 0
>>72
一行目と二行目のつながりが全く理解不能なのですが。

もしもし『ニホンゴワカリマスカ』

作(つく)る会(かい)にホロコースト否定論者(ひていろんじゃ)が存在(そんざい)するか否(い)かを確実(かくじつ)に立証(りっしょう)してください。

にほんごわからなければヤフーあたりの、ウェッブじしょのURLをおつけいたしましょうか?
77世界@名無史さん:2006/02/25(土) 18:24:04 0
換気システムは流体力学の公式が立証に必要で焼却炉は熱力学の公式が立証に必要。
78世界@名無史さん:2006/02/25(土) 18:42:24 0
>>77
どの公式をどのように使うの?
というか、流体力学や熱力学の公式、知ってるの?
79世界@名無史さん:2006/02/25(土) 21:00:26 0
>>78
それは悪魔の証明だ、それらの立証責任はお前にある。
まずお前が証明しろ
80世界@名無史さん:2006/02/25(土) 21:16:33 0
>>79
いや、そのネタはもういいから。
81世界@名無史さん:2006/02/25(土) 21:24:25 0
>>80
誤魔化してないで>>78が悪魔の証明じゃないってことを証明して見せろよ
82世界@名無史さん:2006/02/25(土) 21:25:53 0
また軍痛の池沼が来てるのか
83世界@名無史さん:2006/02/25(土) 21:48:08 0
ホロコーストはアメリカやロシアの勝利を正当付ける証なのだから、
第3次大戦が起きてアメリカやロシアが敗北しない限り語り継がれる。
アメリカやロシアはドイツや日本が手を上げる事すら許さず
破壊のみを目的としたのであり全てを焼き尽くしてやっと終わった。
収容所は食料の調達もできなくなったので
その時点で大多数は解放されたと考えるのが普通。
84世界@名無史さん:2006/02/25(土) 21:57:59 0
ん、作る会にホロコースト否定論者は存在するのですかどうですか。

85世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:00:20 0
>>84
存在しない、いるという証拠が全くないから
86世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:06:32 0
>>84
ん、力学の公式を使ってホロコーストを立証したホロコースト正史派は存在するのですかどうですか。
87世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:07:11 0
>>85
ん、では嘘をついていたのだね
88世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:09:12 0
>>87
いやウソはついてない。
なぜなら自分はいると言っていた人間ではないし、いるという証拠がまったくでない事からしても
いないと結論付けても何の問題もないだろうと判断して、いないと結論を出させてもらっただけだから
89世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:12:53 0
>ホロコーストはアメリカやロシアの勝利を正当付ける証なのだから、
>第3次大戦が起きてアメリカやロシアが敗北しない限り語り継がれる。
>アメリカやロシアはドイツや日本が手を上げる事すら許さず
>破壊のみを目的としたのであり全てを焼き尽くしてやっと終わった。
>収容所は食料の調達もできなくなったので
>その時点で大多数は解放されたと考えるのが普通。

正統も何も戦争はスポーツや芸術ではないの、政治の延長にあるのよ、この世の中負ける奴は否定されるの、勝った奴が肯定されるの。
ナチスドイツは軍部から何から負けると分っている戦争を行って負けたのよ。負ける奴は悪人なんですよ。

もしかして君は『平和バンザイお花畑系サヨク』なのか?
90世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:15:22 0
>>86
そちらがどんなものをご所望なのか全く分からないんだけど?
91世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:18:49 0
正史派?の名言。

993 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2006/02/25(土) 22:10:53 0
>>992
「このような大量殺戮が,どのようにして技術的に可能であったのか問うべきではない。
それは、起こったがゆえに技術的に可能であったのである。
これが、このテーマに関するあらゆる歴史研究にとっての欠くべからざる出発点である。
この真理を簡明かつ単純に述べることがわれわれの義務である。
ガス室の実在に関する論争は存在しないし、存在し得ない」

↑これ、修正主義者以外の主張でしょ?w
996 名前: 世界@名無史さん [sage] 投稿日: 2006/02/25(土) 22:15:33 0
>>995
引用が正しいという根拠は?
92世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:20:08 0
>>91
どうなのかね。この引用は正しいのだろうか?
93世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:21:12 0
>>91
修正主義の電波サイトから引っ張ってきてるだけだと
どんな文脈でそういう声明が出されたのかも理解出来ない。
94世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:22:29 0
熱力学、流体力学的な証明って、何をして欲しいわけ?
ただ証明しろとだけ言われても困るわ。
95世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:25:00 0
そろそろ分かってやれよ。
「熱力学、流体力学」って言ってみたかっただけなんだよ。

当然のごとく、そんな分野の実際は知らないんだろう。
96世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:25:39 0
フォリソンがガス室への疑問をル・モンド紙に載せて、俗に言うフォリソン事件が勃発。
ガス室論争に対してどう対応するかという声明が、ヴィダル・ナケを始めとする歴史家の連名でル・モンド』紙1979 年2月21日号に掲載された。

電波なのはこの声明だろw
97世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:29:48 0
>>94-95
正史派が力学の公式を使ってホロコーストを立証した証拠を見せてくれよ。
98世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:34:39 0
ヴァーカ。

リビジョニストは、カコスレで度々作る会にホロコースト否定論者がいると言いました。その上でホロコースト否定論者を公表するといいました

作る会にいるホロコースト否定論者を公開してください。おながいしますよ。
99世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:34:58 0
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/1100.html
ついでに。チョムスキーはシオニスト。だから911を語らない!【AMLはこの流れ?】
http://www.globalresearch.ca/
米国と英国の体制変革と両国への経済的・政治的な制裁措置を希求するチョスドウスキー
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/155.html
http://www.flamingpear.com.my/gpf/michaelc_slide.wmv
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=CHO20051221&articleId=1576
The Anglo-American War of Terror: An Overview
本物の反体制左翼知識人、ミシェル・チョスドウスキー
http://asyura2.com/0601/war77/msg/268.html
数々のユダヤ人の犯罪を追及してきたオタワ大学の教授をADLが告訴
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/619.html
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=20060222&articleId=2032
Is the Bush Administration Planning a Nuclear Holocaust?
Will the US launch "Mini-nukes" against Iran in Retaliation for Tehran's "Non-compliance"?
by Michel Chossudovsky
やはりチョムスキーは似非で隠れシオニストのようですね。
チョスドフスキーがユダヤ人でありながらホロコースト否定論者として訴えられたにも拘らず、
ホロコーストと言う用語を挑発的な使い方をしているのをみる限り裁判で争う気満々のようですね。
100世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:36:12 0
ドレフュス事件のフランスは、ポーランドと並んでヨーロッパで
もっとも反セム主義な国としてユダヤ人たちに認識されていた、
ドイツはむしろ親ユダヤの国だった、とマイケル・マラスが書いていたな。

フランスの反セム主義はあなどれない。
101世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:36:49 0
>>97
だからさ、一体何をして欲しいんだ?
102世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:38:57 0
>>98
チョスドフスキーの裁判の方がよっぽど重要なんだが。
103世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:40:03 0
>>97
言い方を変えよう。
ホロコーストが熱力学・流体力学的に証明されているというのはどういう状態を指すんだ?
104世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:40:56 0
>>101
力学の公式を使ってホロコーストを立証した正史派の学者と使った公式は何。
105世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:41:31 0
今年になって確認された電波情報

1;ガス殺600万人説が存在する
1:作る会にいる、ホロコースト否定論者を公開してやる
1;恣意的な引用
  「このような大量殺戮が,どのようにして技術的に可能であったのか問うべきではない。
  それは、起こったがゆえに技術的に可能であったのである。
  これが、このテーマに関するあらゆる歴史研究にとっての欠くべからざる出発点である。
  この真理を簡明かつ単純に述べることがわれわれの義務である。
  ガス室の実在に関する論争は存在しないし、存在し得ない」
1;一行目と二行目の関連つけの意味が無い
  熱力学の公式と流体力学の公式と機械工学などでホロコーストを立証する自然科学的な証拠を書き込めよ。
  それを書き込めば作る会などの議論も終わらせられるだろ。
  
106世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:42:52 0
>>104
こういう言い方もしてみよう。
熱力学、流体力学の公式を、どこで使う必要があるんだ?
>>103とあわせて解答してほしい。
107世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:45:32 0
>>106
力学の公式を使ってホロコーストを立証した正史派の学者がいるのかいないかを聞いているのだが。
立証した正史派こそ使った公式とともに説明すべきなんだが。
108世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:47:46 0
>>99
>本物の反体制左翼知識人、ミシェル・チョスドウスキー

散々サヨをコバカバーナしているソフィア先生以下某掲示板住人はこの事実を知っているのかw
109世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:48:26 0
>>105
恣意的と言われても。どこをどう読んでも電波な主張だけど?
その声明は、フランス人哲学者ロジェ・ガロディからも痛烈な批判を受けている。
110世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:48:48 0
>>107
正史派の主張に、物理学的に不可能と思われるようなことは何もないのだが。
どこに熱力学や流体力学のお世話になる必要があるのかだけでも教えてくれない?
111世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:49:03 0
>>108
ラッシニエやガロディなどは左だよ。
112世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:49:22 0
>>107
だからさぁ。

作る会にいると公言したホロコースト否定論者を証明してよ。君らが言い出したんだよこの件はw
113世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:50:14 0
http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&lr=lang_ja&q=%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3
ロジェ・ガロディ の検索結果のうち 日本語のページ 約 245 件中 1 - 50 件目 (0.54 秒)
114世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:50:19 0
>>110
焼却炉が熱力学でガス室の換気システムが流体力学。
115世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:50:57 0
>>111
そんなのは既出w

某掲示板ではサヨ=アホウだそうですから
116世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:51:28 0
>>108
???
資料の内容を吟味するのに思想は関係ないんじゃ?
ラッシニエの事をちゃんと「彼は元々は地理学者で、左翼思想の持ち主だ」と紹介してるけど?
117世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:53:40 0
>>112
>君らが言い出したんだよこの件はw
悪いが俺は作る会にはあまり興味がない。
つまり別人なんだよね。
俺はチョスドフスキー裁判の方にこそ関心がある。
118世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:55:04 0
某掲示板ホロコースト否定リビジョニストに言わせると眠ス、斜ミン、狂ーサン、コー冥、サヨクetc全ておちょくってコバカにしてますね。
119世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:55:13 0
>>114
だから、焼却炉や換気システムのどこで力学の公式が必要になるんだよ。
120世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:55:53 0
>>105
恣意的引用というなら、どこをどう読んで、どのように解釈するか言ってみてくれないか?
弁護しようが無いんだけど。
121世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:57:28 0
>>114
そもそも、おまえ熱力学や流体力学がどんなものなのか知ってるのか?
122世界@名無史さん:2006/02/25(土) 22:58:43 0
知っているわけがない。
123世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:02:12 0
>>122
ウルセーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

今まさに奴はググル様のご神託をえてるんだよ。
124世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:03:25 0
いまさら遅すぎ
125世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:07:28 0
126世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:09:43 0
オワタ
127世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:11:50 0
もうグーグル先生乙って感じだね。
128世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:13:10 0
お、否定論の論客とおみうけした。

作る会にホロコースト否定論者がいるそうで、尚且つこのことを公表するとしか取れないことを言い切った過去がある上で、

上記内容は事実なのでしょうか、又確実な確証が存在しそのことを証明できるのでしょうか、ご返答お待ちします。
129世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:22:05 0
>>128
ときどきそいういうブラフかます奴がいるんだよ。
芸能界の裏情報と同じで情報としての価値なし。
130世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:28:13 0
http://www3.toyama-u.ac.jp/~kihara/chem/hiro/peanuts/calorie.html
食事に使われているカロリーも熱力学に関係がある。
131世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:33:29 0
力学の公式を使ってホロコーストを立証した正史派の学者などは誰よ。
132世界@名無史さん:2006/02/25(土) 23:51:49 0
>>114
熱力学って何に使うんだよw
換気システムだって数値流体力学でまともに扱っているとは思えない。
工学的な経験則で計算するでしょ、常識的に考えて。
133世界@名無史さん:2006/02/26(日) 00:36:56 0
まあ、熱力学も流体力学もよく分かってないヤツなのははっきりしたな。
134世界@名無史さん:2006/02/26(日) 00:50:41 0
>>132
>換気システムだって数値流体力学でまともに扱っているとは思えない。
>工学的な経験則で計算するでしょ、常識的に考えて。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
その経験則とやらを示してもらおうか。
それが正しい根拠もな。
135世界@名無史さん:2006/02/26(日) 00:53:44 0
>>134
君はさあ、そのページを貼り付けて何が言いたいの?
かいつまんで教えてくれない?
136世界@名無史さん:2006/02/26(日) 00:57:11 0
>>135
力学でホロコーストを立証した正史派は誰よ。
名前を挙げれば済むだろ。
137世界@名無史さん:2006/02/26(日) 00:58:21 0
>>136
力学で立証というのが、そもそも意味不明なんだよ。
君の貼ったリンクのどこに流体力学が絡むのかもわからない。
138世界@名無史さん:2006/02/26(日) 01:06:24 0
>>137
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
http://www.jsme-fed.org/newsletters/2006_1/s49.html#ctop
換気には流体(空気)力学が絡む。
力学でホロコーストを立証した正史派は誰よ。
名前を挙げれば済むだろ。
139世界@名無史さん:2006/02/26(日) 01:10:54 0
>>138
>換気には流体(空気)力学が絡む。
この程度だと全くと言っていいほど絡まない。
つーか流体力学的にどう絡んでるのか説明してよ。
140世界@名無史さん:2006/02/26(日) 01:41:53 0
流体力学に頼るようなギリギリの換気システムじゃ
障害物の一つで流れが変わって破綻するだろうな。
十分な安全マージンを見込んで「濃度を1/2にするには
何m^3の換気が必要」という基準を作るのが普通の発想。
141世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:34:04 0
>>140
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
この記述は、単純な算術計算にもとづいています。
すなわち、焼却棟U、Vの死体安置室1の容積約500㎥)を数字上の換気能力
(1時間に8000㎥――この数字でさえも文書資料的根拠がなく、
プレサック氏の憶測にすぎませんが――したがって1分間に8000÷60=133㎥)で割って(500÷133=3.76)、
「3−4分で一回更新される空気は十分にきれいになった」という結論を引き出しているにすぎません。
つまり、「ガスを含んだ汚れた空気」と「ガスを含まない新鮮な空気」という別個の集団があって、
500㎥の「汚れた空気」を1分間排気すれば、残った「汚れた空気」は500−133=467㎥となり、
これを3回から4回繰り返せば、「汚れた空気」は0となる、
すなわちすべて「新鮮な空気」に入れ替わるという計算をしているのです。
この計算が室内の空気交換についての技術的無知に由来していることは明らかです。
すなわち、換気のよって「ガスを含んだ汚れた空気」と
「ガスを含まない新鮮な空気」という別個の集団が存在するようになるのではなく、
換気によって「ガスの濃度が低くなった汚れた空気」が存在するようになるだけだからです。
ですから、20分間で完全な換気を行なうアメリカの処刑ガス室には、何と数字上の換気能力1分間に2回、
すなわち、1時間に120回(死体安置室1のシステムのほぼ10倍)の換気システムが設置されているのです。
142世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:48:33 0
>>140
>十分な安全マージンを見込んで「濃度を1/2にするには
>何m^3の換気が必要」という基準を作るのが普通の発想。
完全換気をしないと隣は焼却炉なので危険ではないのか。
それこそ最悪の場合を想定していないな。
143世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:52:05 0
>>141
じゃあ、簡単なテストだ。

D さらに、「完全に空気を入れ替える」(「殺人ガス室」ではシアン化水素ガスを
完全に排出する)という作業は、たとえば、毎分10?の空気を排出する能力を持つ
排気装置を使えば、100?の部屋ならば、100÷10=10分で「完全に空気を入れ
替える」ことができるという単純な計算ですむものではありません。詳しい技術的計算は
省略しますが、大きな部屋の空気を「完全に入れ替える」には、1時間に70回ほどの
空気を入れ替える能力を持つ排気装置が必要なのです。事実、やはりチクロンBを
使用した害虫駆除室には、1時間に72回の空気交換能力を持つ排気装置が
計画されています。

これの省略された詳しい技術的計算をやってみな。

ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
どうせ作業するのがゾンダーコマンドなので40ppmくらいでもかまわず作業やってた可能性もある。
144世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:55:08 0
>>143
>ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
>完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
そちらこそこの技術計算式を提示したら如何ですか。
145世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:57:32 0
>>144
そっちが計算を示したらやってやるよ。つーか同じ結果になるはずなのだがw
146世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:59:14 0
>>144
>ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
>完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
「簡単」なんですよね指数関数的とやらの技術的計算をどうぞ。
147世界@名無史さん:2006/02/26(日) 02:59:50 0
>>145
>ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
>完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
「簡単」なんですよね指数関数的とやらの技術的計算をどうぞ。
148世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:02:19 0
>>146-147
つーかさあ、ここまでヒントあげてるのにそういう反応を示すって事は

出来ないんだね。
149世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:06:37 0
>>148
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/berg_01.htm
http://www.codoh.com/found/fndieselgc.html
http://www.vho.org/VffG/1997/3/Dragan3.html
http://www.crc-japan.com/f-medicine/t-s/e-s/1.html
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/column/zathu004.html
自然科学や工学や力学などを使ってホロコーストが立証されているのなら
一酸化炭素中毒死の死体の色が青いと言う証言を使うはずがない。
150世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:08:45 0
いきなり関係のない話になったな。
もしかして指数関数的ってわからない?高校くらいは出とけよ。
151世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:09:58 0
>>150
指数関数的とやらを立証してもらいましょうか。
152世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:12:12 0
>>150
>ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
>完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
これを証明してくれますね。
博士をお持ちなら簡単でしょう。
153世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:14:42 0
>>151
3,4回部屋の空気を全て入れ換えるくらいの換気では不十分だと言い出したのはそちらだ。
そちらが先に技術的計算(なんて言うほどのものかね?)を示すべきだろうw
154世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:16:28 0
>>153
>ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
>完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
立証責任は正史派なんですがね。
155世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:18:30 0
>>154
どうして?
先に不十分だと言ったのはそちらじゃないかw

第一、「完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。」
なんていうのは、ただのヒント。
なんならそちらが技術的計算wを示すまで取り下げてもいいよ。
156世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:21:45 0
>>155
>なんならそちらが技術的計算wを示すまで取り下げてもいいよ。
正史派としてホロコーストを立証して修正主義見直し論者を叩き潰してくださいよ。
157世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:24:42 0
>>156
この技術的計算を示すことが出来ないのなら、
「3,4回分の換気では不十分」という主張には何の根拠もないことになる。
158世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:29:08 0
>>157
>ちなみに、換気中のHCN濃度は指数関数的に減少するので
>完全にHCNを取り除くのは難しいけど許容濃度の10ppm程度にするのは簡単。
これの根拠を示してからでないとそれは言えないでしょう。
159世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:31:30 0
>>158
じゃあ百歩譲って、技術的計算を示すまでは、どちらともいえないということでいいよw
160世界@名無史さん:2006/02/26(日) 03:38:58 0
もう眠いから宿題にしとくわ。
修正主義研究会の中の人にでも聞くんだな。
161世界@名無史さん:2006/02/26(日) 07:37:35 0
>>142
ガス室に使う程度の濃度で爆発なんてしません。
200倍の濃度を想定するなんてバカじゃないかと。
162世界@名無史さん:2006/02/26(日) 09:15:51 0
>>159
ホロリビはバカなので、「自分で証明する」みたいな
複雑な作業はできないでつw
163世界@名無史さん:2006/02/26(日) 09:17:29 0
>>160
ホロリビのネタは、修正主義研究会のサイトだけなので
それ以上のことを議論しても、ムリでつw
164世界@名無史さん:2006/02/26(日) 09:41:20 0
>立証責任は正史派なんですがね。

だからさぁ、作る会にホロコースト否定論者がいるので、暴露してやると言い切ったのはあなた方ですよ。

早く確証のある事実を持ってして証明してくださいな、立証責任以前にこのままでは『恫喝』とか『捏造』とか『嘘つき』の類ですよ。

165大沢だよ:2006/02/26(日) 12:04:11 0
>>164
リビジョの主張を短くまとめると、
「証拠がないからガス室がない」
となるわけです。
「証拠もないのにガス室があることになっているなんておかしい」
これがおかしいことがわからないんですよ。
166世界@名無史さん:2006/02/26(日) 13:35:35 0
>>161
いや、爆発する。爆発するから危険で不可能なんだよ。
167世界@名無史さん:2006/02/26(日) 13:41:24 0
じゃあ大気中の酸素も爆発するから危険。
マッチを擦ることはできない。
168世界@名無史さん:2006/02/26(日) 14:27:20 0
>>165
久しぶりに見たと思ったら
相変わらず脳がおかしなままで出てきたか。
169世界@名無史さん:2006/02/26(日) 14:33:12 0
ユダヤ人の移送について教えてください。

どれくらいの数の人がどこへ移送されたのか
分かりやすい資料はありますか?

途中で亡くなった人も多いと思いますが、
収容所で亡くなった人とどちらが多いのでしょうか?
170大沢だよ:2006/02/26(日) 14:34:58 0
>>168
さすが詭弁がお得意ですね(笑)
レッテル張りしても答にはならないですよ。
171世界@名無史さん:2006/02/26(日) 17:38:25 0
大沢って、大沢ルール監督?
172世界@名無史さん:2006/02/26(日) 19:33:03 0
>>157
技術的でも何でもない計算で証明できるよ。
大甘に見積もって、室内のガスの濃度は常に均一だと仮定しよう。
部屋の隅にガスが溜まるとかそういう問題は無視ね。
部屋の容積が500m^3で、1分あたり133m^3の換気が可能だとすれば、
換気開始からt分後ののガスの濃度をv(t)として
500*v(t+dt) = (500-133*dt)*v(t)
dv(t)/dt = -(133/500)*v(t)
v(t) = v(0) * exp(-(133/500)*t)
ガスの濃度を1/100にしたければ(これも大甘)、
t = (500/133) * log(100) = 17(分)
5分間の換気だとガスの濃度は約1/4にしかならない。
よって、どう転んでも3,4回分の換気では話にならない。
173世界@名無史さん:2006/02/26(日) 19:42:33 0

  ■■ 2ちゃんねらー達が漫画を連載してるぞおめーら! ■■

漫画の作者はなんと全員コテコテの2ちゃんねらー、VIP板の住人だ!
「は?素人だろ?」だと?バカヤロー! 作家陣からは既にプロが誕生してるぞ!
ジャ○プも真っ青のハチャメチャな面白さの作品群、その数200以上!
雑誌にも取り上げられて只今人気急上昇中!おまいも描きたきゃ描いてよし!
ギャグあり、バトルあり、エロもウンコも教祖も萌えも何でもあり!
VIP板が生んだ最強のweb漫画サイト、一周年を迎えた新都社(にいとしゃ)を今すぐググれ!
                                 ~~~~~~~~
【新都社】週刊少年VIPと最高の仲間たち【一周年100スレ目】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1140785928/
174世界@名無史さん:2006/02/26(日) 19:45:41 0
>>172
ガス殺に使われた濃度は300ppm程度とされているから100分の1もされれば十分。
さらに、部屋の3分の1ほどが死体で埋まっていると考えれば5分で40ppmになるよ。
175世界@名無史さん:2006/02/26(日) 19:55:29 0
http://www.shimanesanpo.jp/jouhousi/04/05qa.pdf
表 1 1 時間当たりの換気回数の目安(衛生試験所指針の抜粋)
有毒ガス又は可燃性ガスの発生する室 20 以上
表 2 工場換気(抜粋)化学薬品工場12 ∼ 30
「有毒ガス発生工場30 以上」
http://www.mitsubishielectric.co.jp/factory/sofuki/kanki/01_b.html
(2)部屋の必要換気回数から求める方法
1時間当たり何回部屋の空気を入れ換えればよいかを、衛生試験所などにおいて経験から検出されたものです。
●場所 : 事務室
●必要換気回数(回/h) : 6回/h
●部屋の広さ : 床面積130m2   天井高さ2.5m   部屋の容積130×2.5=325(m3)
●必要換気量 : 6×325=1950m3/hとなります。
有毒ガス叉は可燃性ガスの発生する室 「20以上」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
Eところが、焼却棟UとVの死体安置室1に設置されていた排気装置は1時間に10回程度の空気交換能力しかもっていません
(この能力は、「5分以内に完全に空気を入れ替える」必要のない通常の死体安置室としての使用に対応しています)。
中略
ですから、20分間で完全な換気を行なうアメリカの処刑ガス室には、何と数字上の換気能力1分間に2回、
すなわち、1時間に120回(死体安置室1のシステムのほぼ10倍)の換気システムが設置されているのです。
しかも、死体安置室1の排気口は、空気よりも軽いシアン化水素ガスが集中している上部ではなく、
下部に設置されており、さらに、2000名の犠牲者が収容されていたとすると、その排気口の周囲には、
犠牲者の死体が積み重なっており、排気能力が極端に低下していたはずです。
176世界@名無史さん:2006/02/26(日) 19:58:12 0
どうせゾンダーコマンドに死体処理作業をさせるガス室に
現代日本の安全基準を適用して何になるのだろう。
177世界@名無史さん:2006/02/26(日) 21:16:53 0
「南京とアウシュヴィッツを徹底比較する」っていうスレ
なかったけ?
178世界@名無史さん:2006/02/26(日) 22:25:32 0
クレマ2の換気速度についてだが、単純に考えれば>>172の計算の仕方でいいと思う。
そこで推定される濃度をもとに実際にかかる時間を計算してみたよ。

(1)濃度 3ppmv (管理濃度/平成17年4月1日から)まで下げる場合

a. 元の濃度 4500-18100ppmv と仮定(グリーンらの説)
  約27分29秒〜約32分43秒
b. 元の濃度 3000-10000ppmv と仮定(ルドルフの説)
  約25分57秒〜約30分29秒

(2)濃度 300ppmv (致死濃度)まで下げる場合

a. 元の濃度 4500-18100ppmv と仮定(グリーンらの説)
  約10分10秒〜約15分23秒
b. 元の濃度 3000-10000ppmv と仮定(ルドルフの説)
  約8分39秒〜約13分8秒

証言などをもとに一般に言われている15分〜20分という時間はやはり妥当だろうな。
179世界@名無史さん:2006/02/26(日) 22:26:56 0
(参考) 過去スレ・パート14
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1082218701/509

ではガス殺を行っていたときのガス室内部のシアン化水素の濃度は実際にはどれ
くらいだったのでしょうか。

Green and McCarthy(1999) によると、プレサク(Jean-Claude Pressac)による
12-20g/m^3 という値や、M・ファン・アルスタイン(Mark Van Alstine)の 3-4g/m^3
という値など諸説あるようで、自身らは 5-20g/m^3 (≒ 4500-18100ppmv) と見積
もっています。
Richard J. Green and Jamie McCarthy, "Chemistry in Not the Science: Rudolf,
Rhetoric & Reduction," 1999(last modified: July 28, 2000).
http://www.holocaust-history.org/auschwitz/chemistry/not-the-science/

また、これはガス殺を想定したものではありませんが、チクロンBを製造していた
デーゲッシュ社は取扱説明書のなかで、8-10g/m^3 を通常の濃度とし、衣服に
つく蛾については 16g/m^3 という濃度を推奨しています。
http://www.zundelsite.org/english/leuchter/report1/appendix3.html
http://www.vho.org/aaargh/fran/techniques/NI9912d.html

ちなみにリビジョニストのG・ルドルフはガス殺を行うときのガス室内部のシアン化
水素の濃度を 3000-10000ppmv 以上(≒ 3.6-12g/m^3 以上)と推測しています。
http://vho.org/GB/Books/trr/7.html#7.3.1.3.
http://vho.org/GB/Books/trr/6.html#ftnref323

いずれも 56000ppmv よりかなり低い値です。実際の濃度についてはもっと掘り下
げて調べなければ確実なことはいえないと思いますが、タバコを吸えば爆発すると
いう主張を鵜呑みにするわけにはいかないということは分かっていただけると思います。
180世界@名無史さん:2006/02/26(日) 22:54:44 0
>>178-179
>(2)濃度 300ppmv (致死濃度)まで下げる場合
ヴァン・ペルト教授「ガス室の化学」の笑点
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_10.htm
「ペルト報告」online:http://fpp.co.uk/Legal/Penguin/experts/Pelt/Pelt_report.zip
ルドルフの批判 online:http://www.vho.org/GB/c/GR/RudolfOnVanPelt.html
ルドルフによる批判
>問題は、[人一人を殺すシアン化水素ガスの致死濃度すなわち300ppmではなく]
>「目撃証人たち」が証言しているような大量ガス処刑を行なうには、
>どれくらいの濃度のシアン化水素が必要であるかということである。
>ペルトは、この濃度を確定しようとまったく努力していない
>[上記の引用文中には、害虫駆除室が「殺人ガス室」の40−70倍の濃度の
>シアン化水素ガスを使用したことを確証する典拠資料・典拠文献が一つもあげられていない]。
ルドルフの主張を捻じ曲げるなよ。
ルドルフは濃度 300ppmvを支持していない。
181世界@名無史さん:2006/02/26(日) 22:59:04 0
>>180
読解力ないね。
182世界@名無史さん:2006/02/26(日) 23:19:27 0
>>181
>(2)濃度 300ppmv (致死濃度)まで下げる場合
仮に正しくても致死濃度ぎりぎりを安全な濃度とは言わないだろ。

>いずれも 56000ppmv よりかなり低い値です。実際の濃度についてはもっと掘り下
>げて調べなければ確実なことはいえないと思いますが、タバコを吸えば爆発すると
>いう主張を鵜呑みにするわけにはいかないということは分かっていただけると思います。
そしてタバコを吸えば爆発するであろう最低濃度を確定させろよ。
183世界@名無史さん:2006/02/26(日) 23:28:10 0
>>181
そしてガス室の隣に焼却炉があるはずだよな。
中途半端な換気は事故の可能性があるぞ。
最悪の状況を想定していないね。
184世界@名無史さん:2006/02/26(日) 23:35:06 0
すごいや、科学知識とか以前に脳に問題があるとしか思えない!
185世界@名無史さん:2006/02/27(月) 00:43:34 0
>>172

> t = (500/133) * log(100) = 17(分)

これ Log じゃなくて Ln の間違いじゃないかの。

Log でいくなら右辺を Log e = 0.434 で割らにゃいかん。

186世界@名無史さん:2006/02/27(月) 00:52:56 0
>>185
172じゃないけど、底を書かずにlogとだけした表記をlnの意味にとる場合は結構多い。
187世界@名無史さん:2006/02/27(月) 00:56:03 0

おいおい、底を書かないときの底は10だろ。

188世界@名無史さん:2006/02/27(月) 01:02:45 0
どっちも間違いじゃないんだよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E7%94%A8%E5%AF%BE%E6%95%B0
常用対数(じょうようたいすう、Common logarithm)は 10 を底とする対数。
少々扱いが不便だが、自然対数と比べて10進法との親和性が高いので、
自然対数と同様やはり広く利用される。log10 x や、工学においては単に
log x と書かれることもある(但し大抵の場合log xは自然対数を表すこと
が多い)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E5%AF%BE%E6%95%B0
自然対数(しぜんたいすう、natural logarithm)は、ネピア数を底とする対数で、
比較的数学的要素の強い分野で用いられる対数 (logarithm) である。

分野によっては、log x と書いたときに常用対数や底が 2 の対数と紛らわしい
場合などがあるため、natural logarithm であることを強調して、特に ln x
と記すこともある。

189世界@名無史さん:2006/02/27(月) 01:03:21 0
>>185
自然対数であることは一つ前の式とその式から明らかじゃないの?
当たり前だが、かりに10を底として計算しても、底を変換すれば結果は同じだわな。
表記の仕方なんて別に決まってないし。
190世界@名無史さん:2006/02/27(月) 01:10:45 0
まあここは世界史板だかんねー


191世界@名無史さん:2006/02/27(月) 01:35:30 0
ゆとり教育が原因なんだよ…
192世界@名無史さん:2006/02/27(月) 08:58:57 0
ゆとり教育以前のヴァカがいるよ

>274 :世界@名無史さん :2006/02/26(日) 21:18:30 0
>とりあえずナチスとシオニストの癒着について掘り下げようか。

>それなら重複にならんしww

ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1140275188/274

この過去スレで散々書き散らしているだろ>ナチスとシオニストの癒着

もしかして、痴呆症なのか?


193世界@名無史さん:2006/02/27(月) 10:56:10 0
>>192

>書き散らしているだろ>ナチスとシオニストの癒着

だから、

>掘り下げようか。

となったのだろう。このスレも、過去スレで幾ら書き散らかされても継続スレが立てられる。
新しく参加するもの、さらに掘り下げようとする者がでて来るから板が成り立つ。

邪魔扱いにするな!
194世界@名無史さん:2006/02/27(月) 12:40:40 0
>>193
>新しく参加するもの、さらに掘り下げようとする者がでて来るから板が成り立つ。

自称リビジョニストは毎度毎度、同一のコピペするだけですが、何か?

>邪魔扱いにするな!

誰も邪魔扱いはしとらんでぇ。誰か邪魔とか書き込んだんかい?
 質問スレにおいて自身の意見の賛同者や反論者の書き込みを呼びかけたり、同じ事象にたいする趣旨・着眼点が異なるスレに同一のテンプレを貼り付けたり。
複数の板に渡り同一の論旨のスレッドをほぼ同時期に展開し、マルチスレッドですよと誘導されているにもかかわらず居座りつづけたり(自称リビジョニストに対する反論者の展開はスレによって〔論旨の展開・無視だったり・荒らし方だったりも〕異なっているからおもしろい)。
このような事実を指摘しているだけだよん。
195世界@名無史さん:2006/02/27(月) 12:43:06 0
>>194
修正してみたり

誤 リビジョニストに対する反論者の展開はスレによって〔論旨の展開・無視だったり・荒らし方だったりも〕異なっているからおもしろい)。
正 リビジョニストに対する反論者の展開は板によって〔論旨の展開・無視だったり・荒らし方だったりも〕異なっているからおもしろい)。
196世界@名無史さん:2006/02/27(月) 13:16:34 0
VHOにクリストファーゼン『アウシュヴィッツの嘘』復刻版うp
http://vho.org/dl/DEU/dal.pdf

国防軍の制服を来たクリストファーゼンと奥さん
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader103351.jpg

などの図版入り
197世界@名無史さん:2006/02/27(月) 13:54:20 0
>>196

サンキュー。これ、ドイツでは、やはり配布厳禁なの?
198世界@名無史さん:2006/02/27(月) 16:27:57 0
イランの「ホロコースト国際会議」はいつ開催なの?

すごく楽しみにしているのだが…
199世界@名無史さん:2006/02/27(月) 16:30:48 0
>>198
リビジョニスト革命なんてはかない夢だから、もう忘れたほうがいいよ
200世界@名無史さん:2006/02/27(月) 16:37:20 0
IHRってどの面下げてイスラム圏に行くんだ、散々白人マンセーしていたくせになぁ。
201世界@名無史さん:2006/02/27(月) 17:09:26 0
理想としているのはやはり長身で金髪のドイツ軍人なんだろうな。
202世界@名無史さん:2006/02/27(月) 21:43:48 0
>>182
> 仮に正しくても致死濃度ぎりぎりを安全な濃度とは言わないだろ。

作業開始後しばらくはガスマスクをつけたと言われている。
やはり事故に備えてのことだろうな。
203世界@名無史さん:2006/02/28(火) 10:24:01 0
Chiune Sugihara saved several thousands of Jews by issuing them with Japanese visas against the will of his Nazi-aligned government.

http://en.wikipedia.org/wiki/Holocaust
杉原地畝の扱いなんて小さい小さい。あくまでもオンオブゼムという感じ。
外務省の関与については論争になってるくらいなのに、さらっと言い切って
おしまい。誰か英語の得意なヤツ書き込んでやれよ?杉原の独立項目も
あってこっちはかなり力を入れて書き込んであるんだが、どこまで
信憑性あるんだか。

あと日本のシンドラーって言い方止めろよ。シンドラーはナチだが
杉原はナチではない。
結局杉原を誉めれば誉めるほど日本を貶めるという構図になる。

これはホロコーストの真偽の話ではない。ユダヤ人強制移住は確かにあった。
杉原は強制移住から救った。だいたい当時の杉原がホロコーストが起こりうるなど
知る由もないからな。

リビジョもアンチリビジョも日本人の名誉のために戦え。
204世界@名無史さん:2006/02/28(火) 11:46:21 0
試訳:ホロコースト講義

3.4.5. 戸外壕での焼却
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/345.htm
3.4.6 化学的分析
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/346.htm
205世界@名無史さん:2006/02/28(火) 12:10:15 0
まぁこの場合、ガチで八紘一宇(チョン・支那や東南アジアetc、ユダ豚をまともに人間扱い)を行おうとした、行った連中の実績とそのために受けたいわれの無い差別を修正し改変(苦笑)するのがリビジョニズムクヲリティですよ。
カコスレでも杉原のこと暗に貶していたからな<リビ

リビのような売国奴に、誇るべき先達たち実績を貶められるのは耐え切れないので、この系統の話題は振らなかったが、興味があれば
『関東軍 樋口季一郎少将 安江仙江大佐』でも検索したり、多少なりとも小説、書籍が発行されているので自身の目で調べ、頭で判断してみることを進める。

206世界@名無史さん:2006/02/28(火) 13:22:17 0
で、結局熱力学と流体力学って何だったんだ?
207世界@名無史さん:2006/02/28(火) 14:18:08 0
運動能力     【黒人>>>>>>白人>>>アジア人
体格、パワー   【白人>>>黒人>>>アジア人 (意外かもしれないが”力”だけならヨーロッパ白人の方が圧倒的に強い)
ルックス(男)  【白人>>>>>>どうあがいても超えられない壁>>>>>>黒人>>アジア人
ルックス(女)  【アジア人≧白人>>>>>>>>>どうあがいても超えられない壁>>黒人
頭脳        【白人>>>アジア人>>>どうあがいても超えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>>>>>黒人
208世界@名無史さん:2006/02/28(火) 14:19:02 0
           キンモー☆         


キンモー☆  試訳:ホロコースト講義  キンモー☆


          キンモー☆          

209世界@名無史さん:2006/02/28(火) 21:30:39 0
ホロコースト否定やってるのってこういう電波しかいないのかな。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1139581007/
210世界@名無史さん:2006/02/28(火) 22:14:09 0
いまは電波でも、将来は先駆者として見直されるかもしれないよ。

いまのホロコースト史だとゲットー化、東部戦線での殺戮、絶滅収容所
という流れで語られているけれども、
ホロコースト修正主義は隔離、パルチザン狩り、東方移送、そして戦後裁判
における虐殺の捏造と現在まで続くプロパガンダという新たな歴史像を提示している。

これからが楽しみなんだよ。
211世界@名無史さん:2006/02/28(火) 22:20:18 0
>>210
リビジョニスト革命なんてはかない夢だから、もう忘れたほうがいいよ
212世界@名無史さん:2006/02/28(火) 22:44:25 0
>>203
杉原の名誉回復の邪魔をしているのが
皇太子妃の父なんだよなぁ
213世界@名無史さん:2006/02/28(火) 22:51:25 0
天皇家の外戚がそういう意向なら、
杉原の扱いについて国民がとやかく言うべきではないな。
214世界@名無史さん:2006/02/28(火) 23:04:20 0
天皇家はなんでこんなに生臭い外戚を持ってしまったものか・・
215世界@名無史さん:2006/03/01(水) 01:24:11 0
■[ホロコースト]ジンムスイゼイホロコースト
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060227/p1
昭和十五年、津田左右吉(つだそうきち)博士と岩波書店主の岩波茂雄が出版取締法違反で
起訴されました。いわゆる「津田左右吉筆禍事件」です。日本書紀の内容につじつまのあわ
ないところがあるので、後世の「述作」であろう、つまりフィクションが入ってる、という見解が
問題になりました。昭和十七年、『古事記及日本書紀の研究』について「神武天皇より仲哀
天皇に至る御歴代天皇の御存在に付疑惑を抱かしむるの虞(おそれ)ある講説を敢(あえ)て
し奉(たてまつ)り、以て皇室の尊厳を冒涜する文書を著作」したとして執行猶予つきの有罪
判決が出ました。
216世界@名無史さん:2006/03/01(水) 05:52:43 0
結局リビジョってコピペしか出来ないんだよね。
217世界@名無史さん:2006/03/01(水) 07:56:39 0
>>215
アーヴィングみたいだね。
218世界@名無史さん:2006/03/01(水) 09:19:48 0
             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!  
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _    またまたご冗談をw
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙
219世界@名無史さん:2006/03/01(水) 12:15:25 0
で、リビ曰く、作る会にホロコースト否定論者が存在していて、このことを暴露するそうですが

何時まで待たせるのですか。

口からでまかせですか。

あなた方が言い出したのですよ、お願いしますよ。
220世界@名無史さん:2006/03/01(水) 13:38:42 0
つくる会は最近内ゲバで大変みたいだね。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060228-00000108-jij-soci

西尾幹二は名誉会長まで辞めたそうだから作る会との関係一切を断ったことになる
221世界@名無史さん:2006/03/01(水) 16:34:57 0
ほら、そうやってすぐ話をそらす。作る会のホロコースト否定論者を暴露するんじゃなかったの?
これだからリビジョニストは……
222世界@名無史さん:2006/03/01(水) 16:52:15 0
■[つくる会]なにが「つくる会」に起きたのか?(orこれから起きるのか?)
http://d.hatena.ne.jp/claw/20060228#p1
・・・まずは、この異常な発表を読んでみてほしい。
223世界@名無史さん:2006/03/01(水) 17:20:14 0
電波サイト貼り付けて何がしたいんだ?
さっさと作る会内部のホロコースト否定論者を晒せよ(嘲笑
224世界@名無史さん:2006/03/01(水) 18:18:36 0
ビックリ!君の教科書もマックャックャ!
225世界@名無史さん:2006/03/01(水) 18:45:18 0
ブチキレ永岑先生の巨大フォント攻撃キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
http://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/20060214HolocaustDenialIran.htm
226世界@名無史さん:2006/03/01(水) 18:48:54 0
>>225
馬鹿ですかね、この人
227世界@名無史さん:2006/03/01(水) 18:52:16 0
まあ田中宇は森田神や田岡大元帥と並び称される電波だからな。
228世界@名無史さん:2006/03/01(水) 19:48:16 0
>>227
永岑のことを馬鹿か?と言ってるわけなんだが
229世界@名無史さん:2006/03/01(水) 20:20:10 0
まあ、大抵の場合は普通に田中宇のことだとおもうよな。
230世界@名無史さん:2006/03/01(水) 20:52:44 0
売文業としては成り立っているみたいだからいいんじゃないか。>田中宇

でもプロとして国際問題を語るなら
それ相応の専門教育を受けてないとキツイってことなんだろうな。
231世界@名無史さん:2006/03/01(水) 22:45:28 0
新しい教科書をつくる会が、自分たちの歴史を書き換え?

======================================================================
■八木会長「解任」。新会長に種子島理事を選任。
  八木会長は「つくる会幹部の外国訪問はこれまでも前例があり、私が昨
年9月に韓国を訪れ、文章を今回と同じオピニオン誌に発表したが何の問題にもな
っていない。もちろん韓国旅行も理事会での承認は得ておらず、前回の理事会(1月
16日)でも中国訪問は何ら話題になっていない。前例に反した事柄が急に解任理由
として問題化され、納得がいかない。とくに年長者とは話が合わず残念だ」などと
話している。

http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news/news_060228.html (←削除済み)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1129471117/469-470
======================================================================
「FAX通信第165号」の全文取り消しについて
 昨日2月28日午後6時ころから<八木会長「解任」。新会長に種子島理事を選任。>というタイトルのついた
「つくる会FAX通信第165号」と称する文書が送信されました。

http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news/news_060301.html
======================================================================
【社会】 「新しい歴史教科書をつくる会」の八木会長、藤岡副会長辞任…会運営混乱で引責★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141201706/



ちなみに新会長は親ユダヤ
921 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/03/01(水) 06:59:47 ID:sl+EL6+T0
http://www.tsukurukai.com/15_web_voice/webvoice_vol09.html

http://www.myrtos.co.jp/index.html?url=http://www.myrtos.co.jp/magazine/200404/tane73.html

http://www.makuya.or.jp/tv/dijest/tv097.htm
232世界@名無史さん:2006/03/01(水) 23:04:14 0
「つくる会」にホロリビが居たとして、何か悪い事でもあるの?
233世界@名無史さん:2006/03/01(水) 23:17:15 0
>「つくる会」にホロリビが居たとして、何か悪い事でもあるの?

そんなことは誰も書き込んでいないんだが、読解力無いのか。

作る会内部の暴露情報なるご高説を謹んで拝聴したいだけですよ。
234世界@名無史さん:2006/03/01(水) 23:18:40 0
よくわからないけど、リビジョニストはそうであってほしいらしいですよ。
235世界@名無史さん:2006/03/01(水) 23:25:07 0
ホロコリビはテンプレ爆撃で『ニュルンベルク裁判を考察するスレ』を荒らすなよ。

まったく、自称左翼なリビジョニストはやり口もお頭の中身もプロ市民並ですね。
236世界@名無史さん:2006/03/02(木) 00:07:35 0
新著『ホロコースト神話検証』完成間近!
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/752.html
新著『ホロコースト神話検証』完成間近!

定価2,500円、事前予約2,000 円で募集中!

以下のどこからでも事前予約の注文ができる。

憎まれ愚痴
http://www.jca.apc.org/~altmedka/
木村書店
http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
木村愛二宛メール
[email protected]

内容:
 序章 イラン大統領がホロコーストを神話、イスラエルを地図から抹消すべきだと発言
第一部 『マルコポーロ』廃刊事件以前の拙文
第一章 『湾岸報道に偽りあり』で「シオニストの指導者がナチ政権と協力関係にあった」と指摘
第二章 『噂の真相』記事でも「「シオニストとナチの共生関係」を指摘
第三章 『マルコポーロ』「ナチ『ガス室』はなかった」記事の最大の弱点
第二部 『アウシュヴィッツの争点』他で指摘したシオニストとナチの関係の歴史的構造
第四章 シオニストとナチの関係の歴史的構造
第五章 ニュルンベルグ裁判の正義の神話の仕組み
第六章 科学的で法医学的な「ガス室」検証『ロイヒター報告』の評価
第七章 テロも辞さないシオニスト・ネットワークとの対決
第八章 本多勝一及び『週刊金曜日』がシオニストの手先として拙著を攻撃
第九章 パレスチナにユダヤ人国家を創立する歴史的根拠への大いなる疑問の数々
終章 ホロコースト神話の悪役ナチ・ヒトラーをユダヤ資本が育成したことが判明
237世界@名無史さん:2006/03/02(木) 00:17:40 0
ロイヒター報告に対する著作権はどうなっているのかなぁ
238世界@名無史さん:2006/03/02(木) 01:15:31 0
>>172 >>178-179
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1140520834/175
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
>上記のホロコースト正史派のサイトが、自説の根拠として援用している
>(Gutman, Anatomy of the Auschwitz Death Camp, 1994, p. 232を参照)は、
>同書に収録されているプレサック氏とペルト氏の論文「アウシュヴィッツの大量殺戮装置」
>(本サイトに試訳・抄訳があります)の中の以下の一節です。
>「吸気(1時間に8000㎥)と排気(同じ強さ)システムが作動し、
>15−20分後には、3−4分で一回更新される空気は十分にきれいになったので、
>特別労務班員がまだ熱いガス室にはいることができた。」
>この記述は、単純な算術計算にもとづいています。
>すなわち、焼却棟U、Vの死体安置室1の容積約500㎥)を数字上の換気能力
>(1時間に8000㎥――この数字でさえも文書資料的根拠がなく、
>プレサック氏の憶測にすぎませんが――したがって1分間に8000÷60=133㎥)で割って(500÷133=3.76)、
>「3−4分で一回更新される空気は十分にきれいになった」という結論を引き出しているにすぎません。
>つまり、「ガスを含んだ汚れた空気」と「ガスを含まない新鮮な空気」という別個の集団があって、
>500㎥の「汚れた空気」を1分間排気すれば、残った「汚れた空気」は500−133=467㎥となり、
>これを3回から4回繰り返せば、「汚れた空気」は0となる、
>すなわちすべて「新鮮な空気」に入れ替わるという計算をしているのです。
>この計算が室内の空気交換についての技術的無知に由来していることは明らかです。
それを支持する[自然科学者および理工学者など]なども付けろよ。
[自然科学者および理工学者など]が実験した比較実証実験の結果のデータなどの資料」なども示せよ。
そしてタバコを吸えば爆発するであろう最低濃度を確定させろよ。
239世界@名無史さん:2006/03/02(木) 01:17:12 0
240世界@名無史さん:2006/03/02(木) 01:50:46 0
どうやらガス室で使われていたシアン化水素の濃度では爆発するという事が
確定したようですね
241世界@名無史さん:2006/03/02(木) 02:26:49 0
これがリビジョニストループか……。未だにHCNの爆発性の話なんかしてるんだな。

>>238
ニツコーFAQより。
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/66qaHTMLs/66qa32.htm
爆発を引き起こす最低濃度は56,000ppmだ。それに対して、人間を数分で殺す濃
度は300ppmだ。参考文献として「メルク・インデックス(The Merck Index)」「C
RC化学物理便覧(CRC Handbook of Chemistry and Physics)」がある。あるい
は、化学物質の毒性と可燃性に関するどのマニュアルを調べても分かるだろう。


必要なら他の文献も探してきてやるよ。
242世界@名無史さん:2006/03/02(木) 10:27:32 0
>(本サイトに試訳・抄訳があります)

↑↑↑この時点で文責を放棄している↑↑↑

リビジョニストが前提としている証拠のレヴェルに値していない。
243世界@名無史さん:2006/03/02(木) 11:26:33 0
検索エンジンに「ホロコースト」と入れると、ホロリビのブログやら
掲示板やらが物凄く増えてる。アーヴィング逮捕が完全に裏目に
出たね。
244世界@名無史さん:2006/03/02(木) 12:59:54 0
つか、ホロリビってナチと同じ用語のはず

判り易く表現すると、蔑称
245世界@名無史さん:2006/03/02(木) 13:16:52 0
>>244
246世界@名無史さん:2006/03/02(木) 14:12:30 0
日本のホロリビは欧米と比べると全体的に政治性が希薄だから
否定論オタクと呼んだほうがいいかもよ。
247世界@名無史さん:2006/03/02(木) 14:52:32 0
また「試訳・抄訳」馬鹿がわいてる・・・
こういう奴って誤訳だらけの「完訳本」に騙されるんだよな
248世界@名無史さん:2006/03/02(木) 15:22:18 0
>>247
他人のことはいいからさ、自分はどうなの?
否定論オタクは自分自身が騙されていることについては無頓着。

いいカモだね。
249世界@名無史さん:2006/03/02(木) 17:08:53 0
>>247
試訳・抄訳の何が叩かれているのか、粘着されているのかが未だにわからんのですか?血の巡りの悪い方ですね。
血の巡りをよくするために、リビジョニストの『歴史とは・・・テンプレ』をプリントアウトして音読しながら、一万回スクワットの刑だな。
250世界@名無史さん:2006/03/02(木) 18:06:33 0
>>241
『世界百科事典』(平凡社)では「爆発限界は六から四一容量%」としている。
たしかに「即死」の大気濃度「二七〇PPM」よりは「はるかにたかい」。

ただし、「発火点」が五三七度Cとなっている。

葬祭場に聞くと、現在の焼き場の温度は一二〇〇から一四〇〇度Cで、
戦争中は薪をつかっていたが八〇〇から一二〇〇度Cはあったはずだという。
爆発はしなくても、空気中で燃えて引火の可能性がある。

危険を避ける「ガス室」設計をおこなうのが常識ではないだろうか。

ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-53.html
251世界@名無史さん:2006/03/02(木) 18:34:14 0
>>249
原文よめないから粘着してるんだろ?
252世界@名無史さん:2006/03/02(木) 18:43:03 0
>>250
えー、じゃあその主張に基づいて考えるとして、
クレマ2の死体安置室1をガス室として使うためにはどういう工夫をすればいい?

予算は厳しいのでなるべくローコストの対策よろ。
253世界@名無史さん:2006/03/02(木) 19:15:03 0
>>250
何言ってるの?オマエw 発火点が537℃だったら一体なんだというの?
温度が高いと爆発限界が低くなると言う根拠が全くないじゃないか。
科学的検証がどうこう言ってるくせに、全く科学の素養は無いのな。
254世界@名無史さん:2006/03/02(木) 19:33:33 0
>>239
そんな適当にググって見つけたようなリンクだけで熱力学とか流体力学とか言われてもねえw
せめて何がどう絡んでるのか、肯定派が"何を"証明する必要があるのかだけでも述べるべきだろう。
もちろん、出来ないとわかってて言ってるんだが。
255世界@名無史さん:2006/03/02(木) 20:48:19 0
>>236
> 新著『ホロコースト神話検証』完成間近!
> http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/752.html

イスラエル陰謀論乙。
256世界@名無史さん:2006/03/02(木) 22:28:44 0
>原文よめないから粘着してるんだろ?

はぁ?

今時は厨房でもWeb翻訳と事典、辞書使えば大まかに分るんだが、
その大まかな部分でさえ、イラナイ意訳するからコバカにされるんだろ。

叩かれているのは別だがw
257世界@名無史さん:2006/03/03(金) 00:24:08 0
>『世界百科事典』(平凡社)では「爆発限界は六から四一容量%」としている。
>たしかに「即死」の大気濃度「二七〇PPM」よりは「はるかにたかい」。

>ただし、「発火点」が五三七度Cとなっている。

>葬祭場に聞くと、現在の焼き場の温度は一二〇〇から一四〇〇度Cで、
>戦争中は薪をつかっていたが八〇〇から一二〇〇度Cはあったはずだという。
>爆発はしなくても、空気中で燃えて引火の可能性がある。

こんなのに騙されちゃうからリビジョニストやってるんだろうな。
258世界@名無史さん:2006/03/03(金) 00:49:18 0
それでも言いたいことは言わせてくれ、と主張するのがリビジョニスト。
もちろん彼らにはそうする権利があるし、実際に言いたい放題である。

だがリビジョニストの立場からするとそれでは足りないらしい。
自分たちの言論の自由は侵害されていると訴えている。

ではリビジョニストの出版活動に対して抗議したり、圧力をかけたりする
民間の人権団体を法律で規制しろとでも言うのだろうか?
もしそんなことをすれば、それこそ憲法に反するのではないか。
259世界@名無史さん:2006/03/03(金) 00:58:05 0
>>257
燃えるものを燃えるといっているだけだ、それを否定したいのならお前がその根拠を出せ。
260世界@名無史さん:2006/03/03(金) 01:20:23 0
>>259
何を言ってるのか分からないんだけど。
つーか爆発限界と可燃限界って同じだろ。HCNが爆発的に燃焼するってだけで。
CRCハンドブックには、可燃限界(flammable limit)として6-40%という数値がのってるし、
「ときに爆発限界(explosion limit)とも呼ばれる」という但し書きがついてる。
261世界@名無史さん:2006/03/03(金) 02:06:46 0
あれ、爆発するとか言ってたリビジョはもう沈黙?
とどめ刺さずにもうちょっと遊んでやれば良かったな。
262世界@名無史さん:2006/03/03(金) 02:17:40 0
ひさしぶりに覗いてみたら・・・
まだクレマがガス室だなんていってる奴がいるのか。
263世界@名無史さん:2006/03/03(金) 02:38:11 0
リビジョニストは何でリビジョニストやってるの?
捏造伝説のどこが面白いのかわからん。
264世界@名無史さん:2006/03/03(金) 02:52:45 0
>>263
多分、ホロコースト真理教患者を弄るのが楽しいから
265世界@名無史さん:2006/03/03(金) 02:57:35 0
>>261
最初から居ねえよ。わざわざ過去スレのレスほじくり出してきてループさせてただけだろw
266世界@名無史さん:2006/03/03(金) 03:00:14 0
やっぱりあれだ。
どんな馬鹿でも悪魔の証明とだけ唱えていれば正史派を論破出来るというのが
リビジョニズムの大きな魅力なんじゃないかな。
267世界@名無史さん:2006/03/03(金) 03:05:33 0
>>238-239を見る限り、熱力学と流体力学でホロコーストを証明しろと言ってた人は
HCNがガス殺に使う濃度で爆発すると信じていたようです。
それとも、>>238-239は偽物のリビジョニストなのかな?
268世界@名無史さん:2006/03/03(金) 03:17:23 0
このスレを「爆発」で検索すると、HCNの爆発性を問題にしている人が
たくさん引っかかるけど、これも全部偽物のリビジョニストなのかな?
269世界@名無史さん:2006/03/03(金) 03:46:26 0
自問自答している人がいるようですね
270世界@名無史さん:2006/03/03(金) 06:33:27 0
■[ホロコースト][本]アウシュヴィッツの音楽隊は囚人の出所を祝って演奏した
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060302/p1
The CODOH Revisionist Forumのスレッド、Alma Rose and the Auschwitz Orchestraです。

アウシュヴィッツで亡くなった女性ヴァイオリニスト、アルマ・ローゼという人の伝記がアマデウス
出版という音楽関係の出版社から出ていて、興味深い記述がたくさんあるそうです。

Ocasionally Alma took a group of players to perform at a private celebration- a birthday
party or to commemorate a special event, such as a prisoner's discharge from the camp" page 265.

囚人のお誕生会や出所祝いで演奏した!

Alma Rose: Vienna to Auschwitz

* 作者: Richard Newman, Karen Kirtley, Reinhard G. Pauly
* 出版社/メーカー: Amadeus Pr
* 発売日: 2003/11
* メディア: ペーパーバック
271世界@名無史さん:2006/03/03(金) 06:53:42 0
リヴィジョニストには熱力学、流体力学どころか基礎的な科学知識もないのか。
272世界@名無史さん:2006/03/03(金) 07:17:45 0
>>271
誰かさんみたいに自演ループを延々と続ける根性もないな。
273世界@名無史さん:2006/03/03(金) 08:01:26 0
>>142
>>166
>>182
>>238-240
>>250
>>259

こいつらは修正主義を貶めるための正史派の自作自演です。
永久に晒し上げましょう。
274世界@名無史さん:2006/03/03(金) 09:19:28 0
少なくともルドルフやバッツは青酸が爆発するなんて言わんだろうよ
275世界@名無史さん:2006/03/03(金) 12:20:13 0
>>271
dS=dQ/T

ホロリビです。これでいいですか?(w
276世界@名無史さん:2006/03/03(金) 13:03:55 0
>>274
じゃあ今までの事は一体なんだったんだ?
277世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:05:48 0
これはどこまでマトモなの? 出版が97年なので多少古いかもしれないけど。

【オーストリア】ホロコースト否定で逮捕されたイギリスの歴史学者、裁判で有罪認める
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140444854/
より転載。

> 栗原優 ナチズムとユダヤ人絶滅政策 ミネルヴァ書房
> http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623027015/
>
> には例えばこう書いてある。(p232以下)
> -----------------------------------------------------------------
> アウシュヴィッツ強制収容所の死体処理所、いわゆる、クレマトリウム(以下、ク
> レマと略称する)が、はじめて、基幹収容所に建設されたのは、1940年7月25
> 日のことであった。……しかしながらこの第1クレマの死体安置室での殺害も、
> やがてユダヤ人絶滅政策が開始されるとともに、不適当と考えられるようになった。
> ガス殺が行われるたびに、クレマの周辺は閉鎖される必要があったが、これは
> クレマのある基幹収容所にアウシュヴィッツ収容所の本部が置かれているため、
> 日常業務にさしつかえを起こすこととなった。こうして、ガス室を新たに建設された
> ビルケナウ収容所へ移すことが決定されたのである。
>
> このために選ばれたのが、ビルケナウ収容所の周辺のビルケンヴァルトの森に
> あった2軒の農家であった。最初の「赤い家」は2室、床面積60〜80平方メートル
> あり、300人から400人押し込める広さであった。窓はすべて壁で塗り潰され、
> 内部の室を仕切っている壁は撤去された。入り口には特別の気密性の高いドア
> が設置された。外部の壁の頭の高さにチクロンBを投入するための密閉可能な穴
> が開けられた。特別の換気装置は付けられず、夜通しドアを開けておくことによっ
> て自然の換気が行われた。殺害は夜行われ、翌朝死体が取り出された。死体の
> 焼却は行われず、周囲のビルケンヴァルトの森に巨大な穴を掘って、そこに埋葬
> した。この家は第1ブンカーと命名された。
>
> 次いで、第2の「白い家」が同様の目的で改造され、第2ブンカーと命名された。
278世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:06:44 0
[2]
> ヒムラーは1942年7月17・18日に2度めの、そして最後のアウシュヴィッツ視
> 察を行っている。その際彼は、ヘス(引用注:収容所司令官だった)の仕事ぶりを
> 認めて、彼をSS中佐に昇進させたが、同時に、ビルケナウの拡張を早急に押し
> 進めること、働けないユダヤ人とジプシーの殲滅を容赦なく推し進めることを強
> 調した。
>
> さらにヒムラーはしばらくして、それまでビルケンヴァルトに埋葬されていた死体
> を掘り起こして痕跡の残らないように焼却せよ、との命令を伝えてきた。こうして
> ビルケナウの大拡張が始まったのである。8月19日に死体焼却室3つを持った
> 焼却炉を新たにビルケナウに設置することが決定された。
>
> この計画は結局次のようなものになった。すなわちこれまでの基幹収容所に設
> 置された第1クレマ(その間に2室焼却炉3基になっていた)の他に、ビルケナウ
> 収容所にそれぞれ次のような3室焼却炉を持ったクレマを4ヵ所に建設するので
> ある。
>
> 第2クレマ: 3室焼却炉5基(地下施設)。
> 第3クレマ: 3室焼却炉5基(地下施設)。
> 第4クレマ: 簡易3室焼却炉2基(地上施設。第2ブンカーの死体処理用)。のち
>         に、4室焼却炉2基
> 第5クレマ: 簡易3室焼却炉2基(地上施設。第1ブンカーの死体処理用)。のち
>         に、4室焼却炉2基
>
> 第3クレマの建設は9月はじめに開始され、すでにそれまでに建設の準備がすす
> められていた第2クレマは9月7日から正式に建設が開始された。第4クレマと第
> 5クレマは11月になって建設が開始された。
>
> これと平行して、ビルケンヴァルトに埋葬されていた死体が掘り起こされて焼却さ
> れた。検査の結果、地下水の汚染が進行しており、早急に処理する必要が生じた
> のである。
279世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:07:38 0
[3]
> 作業は9月21日から始められ、約5万人の死体を焼却して11月末に完了した。
> この耐えられない作業はユダヤ人囚人の手で行われ、作業の完了とともに全員
> 殺害されたという。
>
> ところで、ビルケナウ収容所の以上の4つのクレマは最初死体焼却用としてのみ
> 計画され、囚人殺害のためのいわゆるガス室を持たないものであった。ユダヤ人
> の殺害は依然として2つのブンカーで行われていたのである。
>
> しかしながら、冬の接近とともに、ブンカーの使用が次第に困難になってきた。す
> なわち、チクロンBは摂氏27度以上でないと気化しないので、ブンカーはこれま
> で人体を密集させることによって体温で必要な温度を得ていたのであるが、気温
> の低下からブンカーではこれが次第に困難になってきたのである。こうして、死体
> 安置所をガス室に利用した第1クレマの方式が改めて見直され、この方式を第2
> クレマと第3クレマに採用することになった。
>
> ガス室として使用される第2クレマの第1死体安置室の換気装置の設置は1943
> 年2月11日からはじめられた。換気装置の通気・換気量はそれぞれ1時間8000
> 立法メートルであった。ガス室の暖房には、焼却炉の余熱を通風口によって送り
> こむことが考案された。
>
> 1943年3月4日には、第2クレマの5つの焼却炉が初めて点火され、第2ブンカー
> から選ばれた45の死体が焼却された。1回の焼却には約40分かかった。これは
> 予定されたよりも長かった。焼却炉がまだ十分乾燥していないと判断され、なお
> 1週間死体なしで焼却を続けることになった。
>
> 3月13日には、ガス室の換気装置のテストが行われ、問題なしと判断された。た
> だちに、13日から14日にかけての夜に1492人のクラクフ・ゲットーから到着した
> 労働不能のユダヤ人が第2クレマ第1死体安置室でガス殺された。このために
> 1.5キロ入りチクロンB4缶が使用された。5分間ですべての犠牲者が死んだ。
> ただちに換気装置がまわされ、15〜20分後に死体処理班がガス室に入った。
280世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:08:20 0
[4]
> ただ、最初は用心のためガスマスクを付けなければならなかった。
>
> こうして、第2クレマは3月31日に正式に当局に引き渡された。すでに、3月22日
> には第4クレマが引き渡されており、4月4日には第5クレマが引き渡された。そし
> て、6月24日には最後の第3クレマが引き渡され、ここに、アウシュヴィッツ=ビル
> ケナウ絶滅収容所の大量殺害装置が完成したのである。
>
> ただ、これらのクレマのその後の操業状態は決して順調というわけにはいかなか
> ったようである。第2クレマは13・14日に使用されたあと、20日になって、2191
> 人のギリシア・ユダヤ人の「処置」のために使用されたが、しかし、死体焼却のた
> め22日までかかり、過熱のため火災を起こしてしまった。
>
> 第2クレマの引渡しが31日になったのはこのためである。第2クレマはこのあと、
> 5月22・23日にも事故を引き起こして操業を停止してしまい、修理ののち操業を
> 再開したのは9月始めのことであった。
>
> 他方、第4クレマは、2週間集中的に使用されたあと焼却炉に亀裂を生じ、やがて、
> 5月半ばに操業を停止することになった。
>
> こうして五月末には操業しているのは、焼却能力の低い基幹収容所の第1クレマ
> と過度に使用すればいつ故障するかわからない危険な第5クレマだけであった。
> この状況において、6月24日に巨大な第3クレマが完成し、引き渡されたことは、
> ようやく関係者に愁眉を開かせることになったのである。
>
> すでに、第2クレマと第4クレマは操業を停止しているものの、とにかくこれで予定
> したクレマはすべて完成したのである。6月28日には、SS経済管理本部の要請
> によって、アウシュヴィッツ中央建設指導部のヤニシュSS少尉がクレマの実際の
> 処理能力を測定して、報告した。
281世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:08:54 0
[5]
> しかしながら、経済管理本部に報告されたものは必ずしも実際の処理能力を示
> していない。それは、第3クレマの操業開始とともに、7月末に基幹収容所にあっ
> た処理能力の低い第1クレマが操業を停止し、さらに、9月に第2クレマが復活
> するとともに、第5クレマも操業を停止したからである。
>
> 結局、1943年9月以降は、第2クレマと第3クレマのみが稼動しており、その1日
> の死体処理能力は2000人であったが、さしあたり、これで十分だったのである。
>
> なお、後述するように、1944年5月、ハンガリー・ユダヤ人の大虐殺が開始され
> るとともに、第5クレマが修復されて操業に参加した。
282世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:20:57 0
>>277のスレで既出の指摘はこの3つ。けど(3)の換気問題は修正主義の指摘
のほうが誤りということみたいだね。


(1)
> ブンカー1=『赤い家』なる呼称はドイツ側資料にはまったく登場していない。
> http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/birkenau.htm

(2)
> 労働不適格なユダヤ人を殺せというヒムラーの指示は、ドイツ側資料にはまっ
> たく登場していない。
> http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/birkenau.htm
> ちなみにこの日にヒムラーがアウシュビッツ視察してビルケナウの拡張を指示
> したのは事実ね。

(3)
> 1. アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所の7つの「殺人ガス処刑」現場のうち、4
> ないし5つの現場には換気システムは設置されていませんでした。
>
> 2. 焼却棟・と・の死体安置室1の換気システムは、シアン化水素ガスの排出を
> 行なうには適切な配置ではなく、しかも、5−20分以内に、「殺人ガス室」から
> 残存ガス(そして放出され続けているガス)を完全に排出する能力を持ってい
> ませんでした。
>
> 3. それゆえ、目撃証言が述べているように、ガス処刑後5−20分で、死体除去
> 作業に取りかかることは不可能です。
>
> 4. したがって、このような作業が可能であった、このような作業を行なったと述
> べている目撃証言には信憑性がありません。
> http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
283世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:29:42 0
>>277
その記述には、何ら物証が有りません。
たとえば、それらの建物が真実、処刑用ガス室と
して設計された事を示す設計図は有りません。

有るのは、ただ、戦後の「証言」だけです。
284世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:33:50 0
>>278
それら第2クレマ、第3クレマ、第4クレマ、第5クレマ、は、
死体焼却棟として設計され、使われた物で、それらの建物の中に
処刑用ガス室が存在した証拠は有りません。
図面上、それらの建物の中に処刑用ガス室として設計された部屋は
無いし、それらの建物の断片から、青酸化合物は極めて微量しか
検出されません。当時使われていた衣服消毒用のガス室の断片からは
高濃度の青酸が検出されるにも関わらず、です。
285世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:35:15 0
>>279
何を証拠にそんな事が有ったというのか、著者は、
何を一次資料にしていますか?
286世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:36:34 0
>>280
それも、証拠は名に何なのですか?

ただ、戦後の「証言」を事実のように
語っているだけではないのですか?
287世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:37:39 0
>>281
これもソースが不明。
288世界@名無史さん:2006/03/03(金) 14:38:57 0
>>277
この本読みました?
   ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html
289世界@名無史さん:2006/03/03(金) 15:24:40 0
>>282
修正主義者の主張が間違いだって言うのならその根拠を出せよ。
なんの根拠もなしに排気できると決めつけて一方的に勝利宣言するのが
まともな歴史学といえるのか?
間違っているという根拠は何一つないし、それを裏付ける事すらも今まで一切書かれていないのに
どうして間違いだと断言できるんだ?
290世界@名無史さん:2006/03/03(金) 18:27:54 0
>>275
何がいいんですか?
291世界@名無史さん:2006/03/03(金) 20:13:04 0
>>290
275を書いた者ですが、熱力学の何を語れと
おっしゃるのでしょうか?

(私、ホロリビの理科系です)
292世界@名無史さん:2006/03/03(金) 20:35:42 0
>>291
ホロコーストを力学的に立証しろと言っていた人に聞けば?
293世界@名無史さん:2006/03/03(金) 20:50:56 0
プロシアン・ブルーでも出ればなぁ
294世界@名無史さん:2006/03/03(金) 21:53:12 0
>>283-288
引用部分にはたくさん注がついているんだけど、まとめると3つの文献に
依拠しているよ。参考までに。

J. -C. Pressac, Die Krematorien von Auschwitz, Muenchen-Zuerich 1995.
D. Czech, Kalendarium der Ereignisse im Konzentrationslager Auschwitz-Birkenau 1939-1945, Reinbek b. Hamburg 1989.
R.ヘス、片岡啓治訳 『アウシュヴィッツ収容所』 サイマル出版会、1972年。

それから引用部分より後のページでは、
第2クレマの立面図という図版を使ってガス室の排気装置の存在を確認したり、
あるいはガス室の青酸反応に関する修正主義者の論文(ロイヒター報告)は
逆にガス室と大量虐殺の存在を実証してしまっていると、5ページも使って論じている。

修正主義者を納得させるものかどうかは保証できないけどね。
295世界@名無史さん:2006/03/03(金) 22:00:19 0
修正主義者が納得なんてする分けないじゃないですか。
296世界@名無史さん:2006/03/03(金) 22:05:25 0
>>288
> この本読みました?
>    ↓
> http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html

読んだ。
ガス処刑など、一般には事実と考えられているいくつかの事柄は
文書偽造、拷問・偽証によってでっちあげられたものだと考える
フリージャナリストの木村愛二が、修正主義者の論文にもとづいて
雑誌や新聞やテレビに登場するホロコースト言説をメッタ切りにする本だ。

けどアカデミズムはまだメッタ切りにしてないな。
そもそも売れてんのかな? 図書館で一冊見たことあるだけだよ。
297世界@名無史さん:2006/03/03(金) 22:44:18 0
>>294
お前バカか。その本は、アウシュヴィッツ収容所の司令官だった
ルドルフ・ヘスが、イギリスに捕らえられた後、ポーランドに
身柄を移され、ポーランドで処刑されて10年後に、ポーランドの
共産主義政権が「ヘスが書き残した物」と一方的に主張して発表した
文書で、ヘスが書いたという証拠はどこにも無い。また、仮にヘスが
書いたのだとしても、共産主義ポーランドの拘禁の下で書いた物だ。

それに、その文書は鉛筆で書かれてる。(w
298世界@名無史さん:2006/03/03(金) 22:45:46 0
299世界@名無史さん:2006/03/03(金) 22:58:00 0
■[ホロコースト][本]アウシュヴィッツの音楽隊は囚人の出所を祝って演奏した
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060302/p1
The CODOH Revisionist Forumのスレッド、Alma Rose and the Auschwitz Orchestraです。

アウシュヴィッツで亡くなった女性ヴァイオリニスト、アルマ・ローゼという人の伝記がアマデウス
出版という音楽関係の出版社から出ていて、興味深い記述がたくさんあるそうです。

Ocasionally Alma took a group of players to perform at a private celebration- a birthday
party or to commemorate a special event, such as a prisoner's discharge from the camp" page 265.

囚人のお誕生会や出所祝いで演奏した!
300世界@名無史さん:2006/03/03(金) 23:00:00 0
>>294
プレサックは隠れ修正主義者ですよ
301世界@名無史さん:2006/03/03(金) 23:40:41 0
ポーランドが社会主義体制に移行し、人民共和国を宣言したのは
ドイツの敗戦から3年ほど経った1948年のことじゃない?
ヘスの手記が書かれたのはその前でしょ。
共産主義政権の下で書かれたというのはどうもしっくりこない。

政治体制の種類で信憑性が上がるとか下がるとかいう議論をするつもりはないが。
302世界@名無史さん:2006/03/03(金) 23:46:36 0
>>299

リビの発言を纏めると、優生学的劣等人種が収容所でお誕生会している間に、優秀人種である下ルマン種は戦場でドンパチしてころっと試んだり、工場でヒーコラこき使われたり。大変だよねw
303世界@名無史さん:2006/03/03(金) 23:50:38 0
>共産主義政権が「ヘスが書き残した物」と一方的に主張して発表した
>文書で、ヘスが書いたという証拠はどこにも無い。

誰かさんの『試訳』なるマスターベーションは、クソの役にも立たないということですねw
304世界@名無史さん:2006/03/03(金) 23:52:57 0
>共産主義政権が

リビ曰く、Kさんは左翼w
305世界@名無史さん:2006/03/04(土) 01:24:20 0
>>304
そう言えば、マルコポーロ廃刊事件の時、西岡が記事の中で
ガス室を捏造したと名指ししたポーランド政府は、沈黙を
守り通したね。
306世界@名無史さん:2006/03/04(土) 02:28:13 0
>>302

ホロコースト修正主義は

・ ユダヤ人が第三帝国のもとで迫害されていたことを否定していません。
・ ユダヤ人が市民的諸権利を奪われたことを否定していません。

・ ユダヤ人が移送されたことを否定していません。
・ ユダヤ人ゲットーが存在したことを否定していません。

・ 強制収容所が存在したことを否定していません。
・ 強制収容所に焼却棟が存在したことを否定していません。

・ ユダヤ人がさまざまな理由から死亡したことを否定していません。
・ ジプシー、エホバの証人、同性愛者、政治的異論派といった少数派も迫害されたことを否定していません。

・ そして最後に、上記の事柄が不正な行為であったことも否定していません。
307世界@名無史さん:2006/03/04(土) 08:55:32 0
>>306
おまえ、かつてのソンシ、ジョーユー見たいなやつだね。
>302のネタは別の事象をカリカチュアしていたものなのだが。頭悪いね。

あと一つ、公的に『第三帝国』なる通説の呼称は本来誤訳だし、ヒトラーの指示で否定されているのだが。
それを言うならね『千年帝国』だよ、もう少し勉強して来い。

308世界@名無史さん:2006/03/04(土) 09:00:19 0
>>307
訂正

誤 あと一つ、公的に『第三帝国』なる通説の呼称は本来誤訳だし、ヒトラーの指示で否定されているのだが。

正 あと一つ、『第三帝国』なる通説の呼称は本来誤訳だし、ヒトラーの指示で否定されているのだが。

309世界@名無史さん:2006/03/04(土) 13:50:32 0
>>301
そして民主主義の国から出た証拠も信用できないんですよね
310世界@名無史さん:2006/03/04(土) 13:50:43 0
>>307
レッテル貼り乙。
311世界@名無史さん:2006/03/04(土) 13:51:28 0
で、作る会にホロコースト否定論者って実在するわけ?
312世界@名無史さん:2006/03/04(土) 13:54:53 0
>>307
そういう罵声じみた揶揄は。
「悪意的な解釈をした」と表現するのが適当だ。
更に露骨なレッテル貼りか…哀れだな。
313世界@名無史さん:2006/03/04(土) 14:12:54 0
>>312
はぁ?
どきどきテッサだかどこだかのURLを引き合いにして沸いてくる、強制収容所=ユダ豚保護施設論者を一度ぐらいたしなめてみればぁ。
314世界@名無史さん:2006/03/04(土) 14:24:05 0
>>313
このスレで、「ユダ豚」等という蔑称を使っているのは、
修正主義者を批判している君のような人間のようだが?
315世界@名無史さん:2006/03/04(土) 15:42:28 0
>>314
べつにぃ。
この時点ではねw
316世界@名無史さん:2006/03/04(土) 15:44:40 0
あ、そうそう>>31『4強制収容所=ユダ豚保護施設論者を一度ぐらいたしなめてみればぁ。』に付いての返答をいただいていない件について。

317世界@名無史さん:2006/03/04(土) 16:19:45 0
このスレで、「ユダ豚」等という蔑称を使っているのは、
修正主義者を批判している人間しかいない。

つまり、「強制収容所=ユダ豚保護施設論者」等と主張している可能性がある人間は、>>313のみ。
>>313に対して、たしなめれば良いのかな?

では。
もう少し論理的思考を身に着けることをお勧めする。
尚、人種差別的な蔑称を用いるのは自分自身の品性を顕しているだけだ。自重すると良い。>313
318世界@名無史さん:2006/03/04(土) 17:57:43 0
テルアビブ空港自動小銃乱射の赤軍は、パレスチナ難民に感謝された云々テンプレを貼るヴァカがいるが。

あそこで赤軍が殺した一般人はイスラエル系だけでなく、プエルトリコ系の政治的に無関係な人物が含まれているからな自覚しろ。

319世界@名無史さん:2006/03/04(土) 19:10:46 0
囚人のお誕生会や出所祝いで演奏した!
320世界@名無史さん:2006/03/04(土) 19:17:07 0

絶滅収容所から出所!
321世界@名無史さん:2006/03/04(土) 21:53:17 0
明るい話題も悪くないね

オーケストラの団員ていうのはオケの仕事だけやってれば良かったのかな?
だとすると事務職なみに楽な仕事だよな。
322世界@名無史さん:2006/03/05(日) 03:03:02 0
>>314
同感。ホロリビは反ユダヤではない。
323世界@名無史さん:2006/03/05(日) 03:05:48 0
たしかホロリビによるとシオニストが世界を操っているんだっけ?
324世界@名無史さん:2006/03/05(日) 03:06:34 0

  Heil! Das tausantigejerigeriech! か? スペルあってるかな?
325世界@名無史さん:2006/03/05(日) 03:18:39 0
乱立するイスラエルの政党のうち、
リクードと労働党がシオニストなのは間違いないんだが他は…

とりあえずシャスは正統派ユダヤ教徒だからシオニストからは遠いな。
326世界@名無史さん:2006/03/05(日) 04:43:03 0
JERUSALEM -- The Simon Wiesenthal Center's new $200 million,
three-acre "Center for Human Dignity and Museum of Tolerance"
has drawn the wrath of Muslim organizations who say it is being
built on a site where thousands of Muslims killed during the Crusades
of the 12th and 13th centuries are buried.

上の記事とは関係ないが、イスラエルの政党は全てシオニストだろう。
非シオニスト=戦前の共産主義者、マッカシー時代の赤 みたいなもんだろ。
327世界@名無史さん:2006/03/05(日) 04:44:18 0
私は体制打倒派、という意味で=で結んだだけで
共産主義者にシンパシーを持っているわけではない。
ましてシオニストには持っていない。
328世界@名無史さん:2006/03/05(日) 05:33:48 0
そういえばイスラエルにもコミンテルン公認の共産党があったらしいよ。
現在はマルクス主義を掲げるハダシュ党の一部になっているそうだが。

ハダシュは反シオニストの政党。
329世界@名無史さん:2006/03/05(日) 06:23:02 0
ttp://blog.livedoor.jp/hotel_rwanda/archives/50269603.html
すでにNHKなどでも報じられているようですが、「ホテル・ルワンダ」で
ドン・チードルが演じた主人公のモデル、すなわち1994年のルワンダで
1200人の命を救ったミル・コリンホテルの元支配人、ポール・ルセサバギナ氏が来日しました。
昨日1月6日、有楽町朝日ホールにて行われたシンポジウム・チャリティ試写会
「今、アフリカで何がおこっているか」で講演を行うためです。

なんとNHKラジオニュースでも来日の件が取り上げられていました。
23:00〜からのnewsで。ポール・ルセ・サバギナと読んでますNHKアナウンサー...(^^;

『ユダヤ人の虐殺以来、世界の人達は二度と虐殺を起こしてはおこしてはならないと
訴えてきたが、ルワンダで起き、最近スーダンでも同じようなことが起きている。二度と
こういう事態があってはならないという私達の願いを、映画を見た人達が伝えて欲しい』
と述べました。(録音MDから起こしたママ)
330世界@名無史さん:2006/03/05(日) 10:37:45 0
http://www.democracynow.org/finkelstein-benami.shtml
フィンケルシュタインと元イスラエル外相の激論

音声ファイルもあるよ。フィンケルシュタインはコロンビア大学で
講演するそうで、それも物議を醸し出しています。
フィンケルシュタインですら、反ユダヤ主義、リジジョニスト、ヘート
クリミナルみたいな言われ方しているようだね。
331世界@名無史さん:2006/03/05(日) 11:06:23 0
反シオニストとホロコースト否定厨を一緒にしちゃいかんよな。
332世界@名無史さん:2006/03/05(日) 12:13:00 0
リビ同志よ、ロシアにおけるのナチス復権運動だ、ゾラ誇らしいと思わぬかね。

http://www.mosnews.com/commentary/2006/02/14/foreignerslive.shtml
333世界@名無史さん:2006/03/05(日) 12:20:32 0
>反シオニストとホロコースト否定厨を一緒にしちゃいかんよな。

ヴァカがユダヤ人=犯罪集団なミスリードするネタ、連合赤軍持ち上げネタを必死にテンプレ貼り付け、誰もたしなめない事実のはネット上のログ、キャシュにのこっていますが、何か
334世界@名無史さん:2006/03/05(日) 12:40:57 0
フィンケルシュタインですら、反ユダヤ主義、リジジョニスト、ヘート
クリミナルみたいな言われ方しているようだね。
----------------------------
誤解されると困るが、これってユダヤ人自身が言ってることだからね。
335世界@名無史さん:2006/03/05(日) 12:48:23 0
>>333
他にも、ユダヤ人にアインシュタイン以外有名な理論物理学者はいないとか
反ユダヤ主義は不正への怒りだとか正気を疑う発言がてんこ盛り。
どんなに隠そうとしても、所詮は差別主義者なんだよね。
336世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:15:04 0
まるでシオニストユダヤと同じってことか。
337世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:29:01 0
338世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:32:20 0
>>336

シオニストユダヤが、全世界に「ユダヤ=シオニストユダヤ」なる印象を振り撒いて
反ユダヤムードを煽り、ユダヤ人達に迫害受難の危機感を持たせて、「ユダヤ=シオニストユダヤ」
に取り込もうとしている。その第一の狙いはユダヤ金融資本家で、100%成功は望むべくも無いが
見事に金を出させている。

シオニストユダヤの悪行の暴露に対しては、ナチ復活とユダヤ人差別の反対を看板に攻撃し
各国で巧妙な政治運動、偽装人権擁護運動を進めている。
339世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:33:31 0
テンプレ位見ような。

・このスレはホロコーストの存在の可否を考察するスレです。
ホロコーストの是非・ナチスドイツの是非・ユダヤ人の是非は対象外です。
パレスチナ問題・ユダヤ人の陰謀説・ナチの賞賛は各々別スレで行ってください。

煽りはしない。
荒らしは構わない。
好きだとか嫌いだとか、自分の感情告白は要らない。


差別主義者云々とレッテルを貼った処で無意味だってこと位気づいたらどうだ?
問題ある投稿がスルーされるのはテンプレに従っているから。
…勿論、守れない人もいるが。

俺も「荒らしに構ってる」ということで、同じかもしれないが。
340世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:35:29 0
このスレ、時々、幕屋の信者が乱入してくるなw
341世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:49:36 0
>>322
イランの大統領は間違いなく反ユダヤだが、あれはホロリビじゃないの?
342世界@名無史さん:2006/03/05(日) 13:49:52 0
すばらしい連続書き込みでした。
343世界@名無史さん:2006/03/05(日) 14:19:57 0
ホロリビの反シオニズムは反ユダヤの論理と地続きだから、両者を区別し
て論じることにあまり意味はないだろうな。

シオニズムがなぜ悪いのかというと、ユダヤのユダヤ性が遺憾なく発揮さ
れているからだ、というのがホロリビのいわゆる反シオニズム。
344世界@名無史さん:2006/03/05(日) 17:37:40 0
>>241 >>254
http://www.mitsubishielectric.co.jp/factory/sofuki/kanki/01_b.html
http://www.shimanesanpo.jp/jouhousi/04/05qa.pdf
>表 1 1 時間当たりの換気回数の目安(衛生試験所指針の抜粋)「有毒ガス発生工場30 以上」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_10.htm
「ペルト報告」online:http://fpp.co.uk/Legal/Penguin/experts/Pelt/Pelt_report.zip
ルドルフの批判 online:http://www.vho.org/GB/c/GR/RudolfOnVanPelt.html
>問題は、[人一人を殺すシアン化水素ガスの致死濃度すなわち「300ppm」ではなく]
>「目撃証人たち」が証言しているような大量ガス処刑を行なうには、
>どれくらいの「濃度のシアン化水素が必要であるか」ということである。
>致死濃度のシアン化水素ガスをすみやかに吸い込むことを拒んだだけで、
>もっとも理想的な条件のもとであっても、苦悶は「18分以上」も続くのである。
>しかし、通常の条件のもとでも、合衆国の処刑ガス室での処刑には、「平均して「10−14分」かかる[3]。」
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1140520834/238
―――――死体安置室1を20分以内で完全換気できる「必要換気回数」―――――
「[>>172を自然科学者および工学者など]が実験した比較実証実験の結果のデータなどの資料」でさらに詳しいのが欲しいね。
死体安置室1に設置されていた排気装置は「6分間で1回」の空気交換しかできないことになるはず。
死体安置室1の排気口は、シアン化水素ガスの処理には不適当な「下部」に設置されている。
「20分以内」に完全空気交換が可能なアメリカの処刑ガス室は「30秒間で1回」つまり「1分間に2回」の空気交換ができる。
死体安置室1の排気口は「1分間に2回の空気交換ができるアメリカのガス処刑室に近い強力な換気」が本当に出来るのかな。
1時間に「有毒ガス発生工場30 以上」つまり「最低2分間に1回」と死体安置室1の「6分間に1回」とも矛盾するが。
隣が焼却炉で濃度が「100%」確定したとは言い切れないので「最悪」の可能性を排除すべきではない。
そしてシアン化水素は皮膚からも吸収されるはずなので防護服も必要不可欠。
345世界@名無史さん:2006/03/05(日) 17:38:47 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
ナチスとシオニストの協力関係
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/006.htm
<質問6>
わが国の正史派の研究者○○氏は、その研究書の中で、
アウシュヴィッツでの最初のガス処刑について、
いささか異同のある記述をしているようですが、
歴史的修正主義者はこの点をどのように考えていますか?
(b)「総督府では「41年秋」、何十万人ものソ連戦時捕虜が極悪の環境におかれていた。
アウシュヴィッツ市内の基幹収容所で「41年9月5日から6日」にかけて
ツィクロンB(青酸ガス)によるはじめての大量殺害が行なわれたが、
その犠牲者はソ連戦時捕虜600人、その他「300人」だった。」[2]
(c)「「41年9月」はじめ、アウシュヴィッツ基幹収容所ブロック11の地下室で
ツィクロンBによって600人のソ連人捕虜と「250人」の病人が殺された。」[3]
(d)「「9月3日」:アウシュヴィッツ基幹収容所の11号棟地下室でツィクロンBによる最初の囚人殺害」[4]
Bまた、○○氏は、ヘスが「絶滅センター」建設命令を受け取った時期を
「1942年夏」に「修正」したプレサックの研究を、
「最新の研究」として紹介していますが[13]、同じプレサックが、
最初のガス処刑の日付を「1941年12月」に「修正」していることを等閑視しているのは不可解です。
ただし、こうした時系列の矛盾に気づいて、何とかこの矛盾を取り繕うとすればするほど、
ホロコースト正史による「アウシュヴィッツ絶滅収容所物語」の崩壊が進んでしまうかもしれません。
[2] 『ホロコーストの力学』、青木書店、2003年、33頁。「41年秋」「41年9月5日から6日」「300人」
[3] 同上書、83頁。                  「41年9月」         「250人」
[4] 同上書、巻末関連年表、2頁。            「9月3日」
[13] 『ホロコーストの力学』、27頁。          「1942年夏」「1941年12月」
―――――――――――――――すばらしい「完訳本」ですね―――――――――――――――
346世界@名無史さん:2006/03/05(日) 18:32:37 0
347世界@名無史さん:2006/03/05(日) 18:35:18 0
>>344
えーと、青酸ガスの爆発性を問題にしてるリビジョニストは肯定派の自演じゃなかったの?

>隣が焼却炉で濃度が「100%」確定したとは言い切れないので「最悪」の可能性を排除すべきではない。
いくら濃度が確定してないからって、どう逆立ちすれば必要な濃度の百倍になるんだよ。
単純に考えて、百倍の量のチクロンBをガス室に投入することになるのだが。

>1 時間当たりの換気回数の目安(衛生試験所指針の抜粋)「有毒ガス発生工場30 以上」
だから、どうせ死体処理もユダヤ人がやる殺人ガス室に現代日本の安全基準を適用する根拠は?
348世界@名無史さん:2006/03/05(日) 18:43:54 0
>>344
>もっとも理想的な条件のもとであっても、苦悶は「18分以上」も続くのである。
どちらかというと、それって生き残るのに理想的な条件だよな。
>しかし、通常の条件のもとでも、合衆国の処刑ガス室での処刑には、「平均して「10−14分」かかる[3]。」
処刑に10-14分かかるとは書いてあるが、死ぬまでに10−14分かかると書いてないのがポイント?
349世界@名無史さん:2006/03/05(日) 18:48:26 0
>>347
>いくら濃度が確定してないからって、どう逆立ちすれば必要な濃度の百倍になるんだよ。
>単純に考えて、百倍の量のチクロンBをガス室に投入することになるのだが。
「単純に考えて、」確定濃度はどれだけなのさ。

>だから、どうせ死体処理もユダヤ人がやる殺人ガス室に現代日本の安全基準を適用する根拠は?
そのユダヤ人が失神か死んだりすれば誰が残った死体処理をするわけ。
>>[>>172を自然科学者および工学者など]が実験した比較実証実験の結果のデータなどの資料」
早くこれを出せよ。
350世界@名無史さん:2006/03/05(日) 19:02:17 0
>>348
でさ、「ホロコーストの力学」ってどれだけ信用できるのか説明してね。
351世界@名無史さん:2006/03/05(日) 19:21:36 0
で、ガス室で殺された死体は、解剖で確認されていたのですか?

要するに無いんでしょ?そういう医学記録は?
352世界@名無史さん:2006/03/05(日) 19:25:22 0
>>351
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_03.htm
http://ihr.org/jhr/v20/v20n2p-3_Rudolf.html
>試訳:アウシュヴィッツの法医学的検証の歴史
>ゲルマール・ルドルフ
法医学的検証はできるのなら「医師免許」を所持している「医師」こそすべきなんでしょうけどね。
誰か「医師」でホロコースト全体の法医学的検証本を書く人はいませんかね。
353世界@名無史さん:2006/03/05(日) 19:35:08 0
西岡昌紀がやるべき!
彼は一応医師免許をもってるはず。
354世界@名無史さん:2006/03/05(日) 19:40:32 0
リビジョニストの西岡医師は一年内に
ガス処刑は行われなかったという法医学鑑定書を上梓すること。

それですべて決着だな。めでたくスレも終了。
355世界@名無史さん:2006/03/05(日) 22:19:45 0
>>349
>「単純に考えて、」確定濃度はどれだけなのさ。
あのさあ、必要濃度とこれ以上高くすると爆発しちゃうかもっていう濃度に百倍も開きがあるのに
そんな正確に濃度を確定できるわけないじゃん。
というか、必要な量の百倍チクロンBを使うとしたら、その理由は何?

>そのユダヤ人が失神か死んだりすれば誰が残った死体処理をするわけ。
ユダヤ人の健康を考えなければ、換気によってHCN濃度をLCLo(180ppm)以下にまで
下げるだけでもそういう事態は避けられる。
だいたい、初期濃度が600ppmでも20分もすれば"現在の"管理濃度3ppmになるし、
そもそもユダヤ人が死んだって代わりはいくらでもいるだろう。別のユダヤ人にやらせればいいだけ。

>>[>>172を自然科学者および工学者など]が実験した比較実証実験の結果のデータなどの資料」
>早くこれを出せよ。
>>172はリビジョニストだろ。そっちが出せ。
356世界@名無史さん:2006/03/05(日) 23:01:57 0
>>355
>あのさあ、必要濃度とこれ以上高くすると爆発しちゃうかもっていう濃度に百倍も開きがあるのに
>そんな正確に濃度を確定できるわけないじゃん。
>というか、必要な量の百倍チクロンBを使うとしたら、その理由は何?
まずは必要濃度を確定させてくれよ。
でさ必要濃度は結局どれだけなのさ。

>ユダヤ人の健康を考えなければ、換気によってHCN濃度をLCLo(180ppm)以下にまで
>下げるだけでもそういう事態は避けられる。
>だいたい、初期濃度が600ppmでも20分もすれば"現在の"管理濃度3ppmになるし、
「正史派の自然科学者および工学者などが実験した比較実証実験の結果のデータなどの資料」 を出して証明してくれ。
具体的な「数値」や「時間」まで挙げられるのならできるだろう。

>そもそもユダヤ人が死んだって代わりはいくらでもいるだろう。別のユダヤ人にやらせればいいだけ。
そいつら全員失神か死んだら誰がするのかね。
全員死ななくても殺す対象でしかないユダヤ人の報告を安易に信用するのかね。
殺されるのなら尚更命令に従うとは限らないだろ。

>>172はリビジョニストだろ。そっちが出せ。
>>172がリヴィジョニストである根拠を示せよ。

繰り返すが、「ホロコーストの力学」ってどれだけ信用できるのか説明してね。
357世界@名無史さん:2006/03/05(日) 23:29:04 0
>>356
> 「ホロコーストの力学」ってどれだけ信用できるのか説明してね。

巻末年表と本文で日付がくい違っているのが問題ってことか?

まあふつうは本文の記述のほうを著者の意図するところと考えて
巻末年表は誤りとして扱うんじゃないかな。
問題の巻末年表はたんに便宜のための表で、引用注がついておらず、
そもそも参考文献としては使えない気がする。
358世界@名無史さん:2006/03/05(日) 23:52:01 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/006.htm
<質問6>
わが国の正史派の研究者○○氏は、その研究書の中で、
アウシュヴィッツでの最初のガス処刑について、
いささか異同のある記述をしているようですが、
歴史的修正主義者はこの点をどのように考えていますか?
(b)「総督府では「41年秋」、何十万人ものソ連戦時捕虜が極悪の環境におかれていた。
アウシュヴィッツ市内の基幹収容所で「41年9月5日から6日」にかけて
ツィクロンB(青酸ガス)によるはじめての大量殺害が行なわれたが、
その犠牲者はソ連戦時捕虜600人、その他「300人」だった。」[2]
(c)「「41年9月」はじめ、アウシュヴィッツ基幹収容所ブロック11の地下室で
ツィクロンBによって600人のソ連人捕虜と「250人」の病人が殺された。」[3]
(d)「「9月3日」:アウシュヴィッツ基幹収容所の11号棟地下室でツィクロンBによる最初の囚人殺害」[4]
Bまた、○○氏は、ヘスが「絶滅センター」建設命令を受け取った時期を
「1942年夏」に「修正」したプレサックの研究を、
「最新の研究」として紹介していますが[13]、同じプレサックが、
最初のガス処刑の日付を「1941年12月」に「修正」していることを等閑視しているのは不可解です。
ただし、こうした時系列の矛盾に気づいて、何とかこの矛盾を取り繕うとすればするほど、
ホロコースト正史による「アウシュヴィッツ絶滅収容所物語」の崩壊が進んでしまうかもしれません。
[2] 『ホロコーストの力学』、青木書店、2003年、33頁。「41年秋」「41年9月5日から6日」「300人」
[3] 同上書、83頁。                  「41年9月」         「250人」
[4] 同上書、巻末関連年表、2頁。            「9月3日」
[13] 『ホロコーストの力学』、27頁。          「1942年夏」「1941年12月」
―――――――――――――――すばらしい「完訳本」ですね―――――――――――――――
359世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:09:06 0
中東ユダヤ人(本物ユダヤ人)とパレスチナ人の遺伝子はほとんど同じ!
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/170.html
360世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:12:22 0
コピペを貼りつけるだけの人は自分の意見をまとめるのが苦手な方なんでしょうか?
361世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:14:33 0
お前の一行レスはただのコピペより意味がある書き込みだとでも思ってるのかw?
362世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:16:14 0
>>361
一行とはいえ、他人からレスがつくだけの存在感はあるでしょうね。
363世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:29:12 0
>>359
当たり前なんだよ・・・セム族なんだから
364世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:36:38 0
ちなみにアシュケナージは歴史上一度もセム語を母語としたことがなかった

つまり、セム族だったことは一度もない

彼らがセム語を話すようになったのは「現代ヘブライ語」が作られてからである
365世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:51:16 0
フィギュアスケート女子のコーエンかわいい。
コーエンはラビの家系が使う姓だっけね。
366世界@名無史さん:2006/03/06(月) 00:57:23 0
コーエンはウクライナ系ユダヤ人だからアシュケナジームなのかな?
アメリカではアシュケナジームとかスファルディームといった区別には
こだわらないかもしれないが。
http://www.sashacohen.com/
367世界@名無史さん:2006/03/06(月) 02:49:41 0
イスラエル、早くアラブ社会と仲良くなればいいのにねー
368世界@名無史さん:2006/03/06(月) 02:56:00 0
>>367
イスラエルの支配階級がほとんどアシュケナージだから・・・
369世界@名無史さん:2006/03/06(月) 03:00:24 0
アカデミー賞に注目!!

以下コピペ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「ミュンヘン」に対しては、米国の政財界に強大な影響力を持つ
ユダヤ系社会から不快感が出ている。また外国語映画賞候補になった、
パレスチナ人の自爆テロをテーマにした「パラダイス・ナウ」に対しても、
イスラエル人らの国際団体が、候補取り消しを求める嘆願書を
米映画芸術科学アカデミーに提出。約3万3000人分の署名とともに
「作品はテロを賛美しており、権威ある映画賞が与えられればテロを誘発する」と訴えた。

アカデミー賞厳戒、候補に問題作ズラリ
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20060305-00000055-nks-ent
370世界@名無史さん:2006/03/06(月) 03:13:35 0
>>369
アカデミー賞クソ食らえ!!!
371世界@名無史さん:2006/03/06(月) 07:03:31 0
>>356
>まずは必要濃度を確定させてくれよ。
>でさ必要濃度は結局どれだけなのさ。
お前はそうやって質問だけしてればいいんだから楽だよな。
何度も出てるように、270ppmで即死だから300-600ppmでも十分だよ。
で、必要な量の百倍チクロンBを使うとしたら、その理由は何?

>>>>172はリビジョニストだろ。そっちが出せ。
>>172がリヴィジョニストである根拠を示せよ。
一体何を言ってるんだ、お前は。
172は肯定派の質問に答えて換気装置が不十分だって言ってるんだろ。
リビジョニストでないなら否定派か?

>「正史派の自然科学者および工学者などが実験した比較実証実験の結果のデータなどの資料」 を出して証明してくれ。
>具体的な「数値」や「時間」まで挙げられるのならできるだろう。
172に従っただけだが、少しは自分で換気装置のことを調べてみたらどうなのか。
そもそも、何で実験データでなければいけないんだ。
仮に、わざわざ実験データを乗せるのが馬鹿馬鹿しいくらい基本的な式の場合
実験データを見つけてくるのは少し難しいんじゃないかね。

>そいつら全員失神か死んだら誰がするのかね。
>全員死ななくても殺す対象でしかないユダヤ人の報告を安易に信用するのかね。
>殺されるのなら尚更命令に従うとは限らないだろ。
頭がおかしいのか?
ユダヤ人の代わりなんていくらでもいる。そもそもLCLoは180ppm/10minだから
10分間180ppm以上の濃度が維持されないと死ぬことはない。
372世界@名無史さん:2006/03/06(月) 07:06:28 0

さあまたループしてまいりました
373世界@名無史さん:2006/03/06(月) 07:16:48 0
しょうがねえだろ。
青酸ガスが爆発なんて有り得ないのに「可能性がないとはいえない」を繰り返すんだから。
374世界@名無史さん:2006/03/06(月) 08:59:49 0
1平方メートルに28人詰め込める可能性もないとはいえないしな
375世界@名無史さん:2006/03/06(月) 09:03:23 0
>>369
西岡が『ミュンヘン』を絶賛しております。
     ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokamasanori/

木村は、まだ何もコメントしてないみたい。
376<:2006/03/06(月) 09:05:29 0
なんだこりゃ・・・
377世界@名無史さん:2006/03/06(月) 09:47:54 0
>>374
たしかに青酸ガス濃度と違ってオーダーは同じだしなあ。
クレマ2,3のガス室面積も、証言だと実際の面積よりかなり小さいし。
目測の誤りや数字の記憶違いを考慮に入れれば十分許容範囲内だと言える。
378世界@名無史さん:2006/03/06(月) 10:25:16 0
>>377
そんな事より、「ガス室」とされるクレマ2(第二死体焼却棟)
の地下室は、設計図では、死体安置室(Leichenke−
ller)として設計されているんだろ?そこが、ガス室と
して設計された証拠は皆無。ただ、ポーランドが、その地下室を
「ガス室」と言って来ただけ。
実際、この地下室からはシアンが殆ど検出されない。対照として
採取された衣服消毒室からは高濃度のシアンが検出されるのに。
379世界@名無史さん:2006/03/06(月) 10:31:02 0
>>374
>>378
それよりもっと決定的な話は、この「ガス室」とされる
地下室(クレマ2の地下室の一つ)の天井には、穴が
一つしか無いと言う事。それも真新しい穴で、戦後開け
られた物としか思えない穴が一つあるだけ。「証言」に
よれば、この地下室はガス室で、その天井、つまり地上に
4つ穴があったとされている。その4つの穴からチクロンB
が投げ込まれたと「ガス室」の「目撃者」は言うんだけれど、
現に一つしか穴は無い。(!)それも真新しい穴が一つあるだけ。
穴が無ければ、チクロンBを投げ込めないじゃないか。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html
380世界@名無史さん:2006/03/06(月) 10:34:58 0
現に穴は一つしかない。それも新しい穴で、戦後、開けた
穴らしいのだが、百歩譲ってその穴が戦争中からあったと
しても、、とにかく、クレマ2の地下室の天井に穴は
一つしかない。だから、そのクレマ2の地下室の天井
(つまり地上)に穴が四つあり、その4つの穴からチクロンB
が投げ込まれたとする「証言」は、100%ウソなのだよ。

クレマ2の地下室が「ガス室」だったとする「証言」は、
「ガス室」の天井の「投入孔」は4つ有ったとする点で、
共通しているのだが。
381世界@名無史さん:2006/03/06(月) 10:36:04 0
正史派、答えろ。クレマ2の天井に穴が一つしかない
事実をどう説明する?
382世界@名無史さん:2006/03/06(月) 10:37:31 0
>>373
設計思想がおかしい事は事実。
383世界@名無史さん:2006/03/06(月) 10:54:17 0
なんでいきなり別の話になるんだろう。同時に多数の論点を扱っても混乱するだけなのに。
>>382
ガス室から運び出した死体をすぐに燃やせるメリットを無視して
100倍の濃度での爆発を心配する方が、よっぽどおかしな設計思想じゃなかろうか。
384世界@名無史さん:2006/03/06(月) 11:12:00 0
>>383

いや、君がループを続けたければ誰も止めないから。

今までどおり一人で続ければいいじゃない。
385世界@名無史さん:2006/03/06(月) 11:18:25 0
>>384
おいおい、ループやってたのは否定派だろ。
議論終了ならそれでもいいけど、それならテンプレに
「ガス室の隣に焼却炉があっても爆発の危険はありません」(議論終了)
と書き加えろ。
386世界@名無史さん:2006/03/06(月) 11:20:16 0
なんで爆発の話が続いてるんだよ。
爆発はありえない。
でも「ガス室」の突っ込みどころは他にいくらでもある。
これでFAだろ。
387世界@名無史さん:2006/03/06(月) 11:22:42 0
>>386
否定派に言え。

順番から言って次は換気の話じゃないかね?
388世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:20:06 0
試訳:ホロコースト講義

3.4.7 厄介なチクロンB投入穴
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/347.htm
389世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:21:23 0
>>371
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_08.html
>「ふっ 従来の換気システムでも問題ないと考えたのだ。
>このやり方はたしかに非効率的かもしれんが、できないことはないだろう。
>青酸ガスの量をホンの少しにして、換気システムを全開にすれば、なんとかなる。
>プレサックもそう言っているではないか」

>「んなアホ話を堂々と書いてるから、プレサックは肯定派にも否定派にもアホ呼ばわりされているんだよ。
>図面を公開して結果的に死体安置室の立証をしてしまったから、プレサックは肯定派からは批難されちまっている。
>俺にはプレサックが何をしたかったのかさっぱりわからん」

>「そもそも、可燃性の青酸ガスを充満させた部屋の隣りに焼却炉があるという話自体が信じられん。
>ちょっとでもガスが漏れて引火したら大爆発だぞ。
>こんな危険極まりない設計をする馬鹿はいない」

論破するのなら科学的根拠を示したうえで論理的、科学的に証明した説を示せ
それができないのなら正史派をやめてもう黙れ
390世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:24:12 0
>>389
そのコピペが何になるのやら。
>「そもそも、可燃性の青酸ガスを充満させた部屋の隣りに焼却炉があるという話自体が信じられん。
>ちょっとでもガスが漏れて引火したら大爆発だぞ。
>こんな危険極まりない設計をする馬鹿はいない」
これのどこが科学的?w
391世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:29:33 0
>>390
結局確定濃度はどれだけで、それが爆発しないという根拠は証明できましたか?
392世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:36:30 0
つか。事故か手違いで、可燃可能な濃度になると爆発するってことだよな?>青酸ガス
393世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:38:44 0
コピペと問いつめループしか出来ないアホとか、話をそらすしか能のない連中に比べれば
>>172は、まあ、まともな方だったなあとしみじみ思うよ。

>>391
おい、リビジョニストども。まだHCNが爆発するなんて言ってる奴がいるぞ。
それともこのアホも正史派の自演なのかよ。
6%もの濃度のHCNをガス殺に使う理由なんて、無いだろう。
394世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:39:55 0

爆発論議は、正史派にとって恰好のスレ撹乱手段になった様だ。
やはり、自演に近い議論かな。
395世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:41:31 0
本当に陰謀論が好きだね。
396世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:44:38 0
>>393
チクロンBから発生するガスが、手違いで濃度が可燃する位まで高まった場合、爆発するかどうか答えてもらえないかな?
どんなに濃度が高まっても爆発はしない気体なのかな?
397世界@名無史さん:2006/03/06(月) 13:54:17 0
>>396
ついうっかり百倍の量のチクロンBを投入してしまうとか?
もしそんなことがあれば引火も有り得るけどさあ、
そんなことをしてしまう可能性自体がかなり低いだろうし
その上ガス室からガスが漏れて焼却炉の火が引火となるとねえ。

それに、ガス室から汚染空気がもれるだけじゃ引火はしないだろう。
ガス室外のHCN濃度まで6%以上になる確率となると……
はっきり言って考えるのも馬鹿馬鹿しい。
mmolをmolと間違えて1000倍のチクロンを入れでもしない限り無理w
398世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:10:58 0
>>397
いや、ヒューマンエラーを考えると十分ありうるけど。
それを言うなら、看護婦が溶液を100倍の濃度にして、更にうっかり患者に注射なんて事故は起きない
なんて事も言えてしまう。
399世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:15:02 0
>>398
「ついうっかり」自体が稀。
さらに、「ついうっかり」だけで爆発するわけじゃない。
というか、いつもの百倍のチクロンって普通に気付くだろう。
400世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:23:50 0
つーか換気の話をしたほうがまだ建設的だとおもう。
>>172って実はちゃんとした名前のついてる式なんだよな。
ちょっと換気のことを調べればすぐに行き着くはずなのだが…
なんでリビジョニストは問い詰めしかしないんだ?
導き出すのも簡単。まあ、簡略化はされてるけど。
401世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:25:59 0
>>399
設計は「ついうっかり」を考慮に入れてされるものだと思うけどな。
それでも事故は耐えない訳だし。
402世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:28:42 0
>>401
ついうっかりにも程があるだろ。
403世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:31:14 0
>>402
ヒューマンエラーは、大体そんなモンで発生するんだが。
404世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:35:12 0
>>403
例えば看護婦って毎日いろんな病気の患者に対応してるわけで
扱う薬品の種類も、詳しくは知らないけど多数。
毎日チクロンBを投げ込むだけの仕事と一緒にするのはおかしい。
405世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:37:01 0
> いつもの百倍のチクロンって普通に気付くだろう。

ふだんは例えば 1.5kg*4 = 6kg だから百倍っていうと600キロだな。
4缶と間違えて400缶、しかも600キロを投入する可能性について真剣に討論しようってわけか。
さすがホロスレだ。
406世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:38:54 0
>>405
時間を長くしたら?
407世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:40:13 0
換気が行われず、放置されていれば、いつもより高濃度になってゆく訳だ。
まさか、毎回チクロンBが全て気化するまで回収されなかったとは主張しないよな?
408世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:42:19 0
>>406 >>407
きみはただの荒らしだな。
409世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:43:05 0
換気しなかったら死体運び出せないじゃん。
410世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:43:13 0
>>408
で、最後はレッテル貼りか。

確か、害虫駆除室で使用されるチクロンBはどれくらいだっけ?
どの程度の濃度の違いがあったっけ?
411世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:46:15 0
>>409
考えうる事故について話してる訳だよ。
台所でガスをつけっ放しにしてたら、料理が焦げてしまうじゃん。と言ってる様なもの。

それでもガスをつけっ放しにして火事になる事故は頻発してるだろ。
412世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:46:54 0
>>407
チクロンBは最初のうちは勢いよく放出されるけど
時間が経つにつれて少ししか放出されなくなる。
だから単純に百倍の時間放置されても平気。
413世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:47:27 0
>>410
> で、最後はレッテル貼りか。

ほかにどうしろと?

この件について、きみが一般の説とそれに対する修正主義の
批判をきれいにまとめて、そのうえで自分の意見を提出してみせて
くれるなら謹んで撤回してもいいよ。
414世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:49:24 0
>>413
だから、手違いや事故で、爆発する可能性があるだろう?と指摘しているだけの話。

台所にストーブ置いても、火事になってしまう確率は低いが、普通は置かない。
そーいう当たり前の話だな。
415世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:52:09 0
濃度が高まれば爆発する物質を扱っている以上、設計は慎重を期す。
…これ当たり前じゃないかい?
416世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:52:20 0
>>414
どこが当たり前だよ。高濃度のプロパンガスやメタンガスと希薄なHCNを比較してる時点でアホだ。
417世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:53:12 0
>>414
では、当時アウシュヴィッツの害虫駆除員(ガス処刑も担当)の間では
爆発の可能性についてどういうやりとりがあったの?
文書や証言などはあるのか?
418世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:54:34 0
>>416
いや、爆発する危険性が低確率であることには変わりないし。その点で比較している事位、文脈を読めば明白だと思うのだけど?

「普通に使っていれば」ストーブ置いたくらいでは爆発しない
「普通に使っていれば」焼却炉置いたくらいでは爆発しない

とね。
419世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:55:42 0
>>418
1%も0.001%も低確率だから同じと言ってるようなもんだな。
420世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:57:05 0
>>419
>1%も0.001%も低確率だから同じと言ってるようなもんだな。

君の脳内パーセンテージを出されても。
421世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:58:30 0
>>417
大した証言も証拠も無いんじゃないかい?
ホロコーストの計画や命令と同じで。
422世界@名無史さん:2006/03/06(月) 14:59:24 0
>>420
ガスの元栓を閉め忘れる可能性と
600kgのチクロンBを投入した上でさらに室内の汚染空気が漏れ、
焼却炉付近のHCN濃度が6%を超える可能性だぞ?
百倍程度の差じゃねえだろ。
423世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:00:09 0
>>421
では当時爆発の危険性が当事者の間で重要事項として
認識されていたことを示す史料はいまのところないということだね。
424世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:01:37 0
君らが何故か、事故の事を論じているのに「ガス室を普通に使っている」状態ばかり想定していたので、
可燃物である以上、「想定の濃度を超える異常事態の可能性」が存在することを指摘しただけなんだけどね。

可能性なら、幾らでも言える。この点は認めるよ、勿論。
その辺り「ホロコースト」と同じだし。

425世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:01:53 0
>>422
あ、千倍だった。
426世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:02:43 0
>>422
なんで、600kgなのかなー?時間や温度で全く違ってくる話だけどー?
害虫駆除室はかなり濃度が高かったそうだけど莫大な量を放り込んでいたんだ?
427世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:05:39 0
ホント。
可能性なら幾らでも言えるね。

灰が見つからないのは全部肥料にして隠蔽したから。
1uに28人詰め込むのも、ナチスの技術なら可能かもしれない。とか。
428世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:06:20 0
とりあえず、ここまでレスがつけば自作自演なんて言い訳は出来ないね。

>>426
どちらにしろ百倍の濃度なんてありえないよ。
それに、仮にガス室内のHCN濃度が6%くらいになっても、爆発が起こるためには
さらにクリアすべき条件があるんだよ。
もうね、本当にバカバカしい。
429世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:07:23 0
>>427
じゃあ正史に矛盾は何もないってことでいいね。

はい、このスレも目出度く終了しました。
430世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:09:29 0
>>428
ま、事故を起こす前の人間は、みんなそー言うだろうなw

君らが何故か、事故の事を論じているのに「ガス室を普通に使っている」状態ばかり想定していたので、
可燃物である以上、「想定の濃度を超える異常事態の可能性」が存在することを指摘しただけなんだけど?

で、質問に答えて欲しいんだけど?

>害虫駆除室はかなり濃度が高かったそうだけど莫大な量を放り込んでいたんだ?

ガス室の何倍の濃度で、何倍のチクロンBを放り込んでいたか教えてくれないかな?ソース付きで
431世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:13:48 0
>>430
>ま、事故を起こす前の人間は、みんなそー言うだろうなw
>君らが何故か、事故の事を論じているのに「ガス室を普通に使っている」状態ばかり想定していたので、
>可燃物である以上、「想定の濃度を超える異常事態の可能性」が存在することを指摘しただけなんだけど?

ナチがそういう馬鹿馬鹿しい可能性を考慮に入れるかねw
というか、そんなことを考えるのはお前らくらいだよ。

>ガス室の何倍の濃度で、何倍のチクロンBを放り込んでいたか教えてくれないかな?ソース付きで
知らない。答える必要もない。
432世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:18:42 0
>>431
>知らない。答える必要もない。

へ?何で?
600kgが必要云々というのが持論なんだから、
ガス室より数段濃度の濃かった筈である害虫駆除室には、ガス室とは比べ物にならない、
もし100倍だったら、数百キロのチクロンBが放り込まれていたことになる筈。

それを証明してくれないかな?
433世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:21:30 0
>>432
害虫駆除室のHCN濃度は6000ppm程度なんですが。
何が百倍だ。アホか。さっさと死ね。
434世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:21:46 0
>>431
>ナチがそういう馬鹿馬鹿しい可能性を考慮に入れるかねw

少なくとも、「想定の濃度を超える異常事態の可能性」については考えるだろうと思うけど…?
ガス室として使うなら。死体安置室として使うなら、あまり考えないだろうけどね。
435世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:23:22 0
>>432
そもそも600kgってのは、いつもの百倍の濃度になる条件の例の一つだろう。
お前は一体何を言っているんだ。
436世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:25:31 0
>>433
とうとう罵声混じりになってきたかー。

6000ppmね。
では、チクロンBは60kgも投入していたんだ?
437世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:25:57 0
>>434
何をどうやったら百倍の濃度になるんだよ。リビジョニストには
そういう可能性があることを科学的に証明する責任があるな。
そういうことが有り得ないと立証するのは悪魔の証明だから必要ない。
438世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:26:54 0
>>437
やれやれ。この言葉が見えないのかな?それとも意図的に理解しないようにしてる?

『君らが何故か、事故の事を論じているのに「ガス室を普通に使っている」状態ばかり想定していたので、
可燃物である以上、「想定の濃度を超える異常事態の可能性」が存在することを指摘しただけなんだけど? 』
439世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:27:01 0
>>436
バカみたいなことばっかり言ってたら誰でもキレるよ。
>>435
440世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:27:42 0
可能性があるからというだけで証明に成るなら、

1.ユダヤ人はUFOで連れ去られた。

とか、

2.ユダヤ人はネッシーに食べられた

可能性だって否定はできないんじゃないの?
441世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:28:14 0
>>433
> 害虫駆除室のHCN濃度は6000ppm程度なんですが。
> 何が百倍だ。アホか。さっさと死ね。

放置したほうがいいんじゃね?
基礎知識のないやつを相手にしてもムダ。

ところで換気の話に興味があるようだけど、何か調べたいことでもあるの?
協力してもいいよ。
442世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:28:50 0
>>438
可能性を科学的に立証しない限り考慮の必要はないねw
443世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:29:07 0
>>440

3.ユダヤ人は未曾有の民族浄化計画によって600万人殺された

4.ユダヤ人はナチスによって石鹸にされてしまった
444世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:31:09 0
>>437
で?質問には答えられないのかな?
あとソースの提示も宜しく。

>6000ppmね。
>では、チクロンBは60kgも投入していたんだ?

445世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:34:02 0
>>444
立証責任はそちらにある。終了。
446世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:35:23 0
>>445
へ?立証責任って??
濃度が6000ppmと言い出したのはそっちだけど…???

その濃度にするのに、どの程度のチクロンBが必要なのかを質問しているだけだぞ??
447世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:36:56 0
ああ、あと、そのソース提示も求めてるので、一緒に宜しく。
448世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:37:39 0
>>446
チクロンBの取り扱い説明書を見たことないのかよ……
資料NI-9912で検索。
449世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:39:11 0
>>448
それ見ても、害虫駆除室にどの位のチクロンBが放り込まれたかという話は載ってないからね。

さ、れっきとしたソースを頼むよ。
450世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:43:20 0
>>441
リビジョニストのサイトとかに、HCNは空気より軽いから
部屋の下部についた換気扇では換気出来ないみたいなことがよく書かれてるんですけど
あれってどうなんでしょうかね?
窒素と酸素だって部屋の中の人間の活動だけで十分にまざりあってるんだから
空気との比重が0.94程度のHCNが換気出来ないなんて有り得ないと思うのですが。
451世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:45:23 0
>>449
そんな証言も文書も知らない。説明書からの推測で問題あるのか?
452世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:47:16 0
>>451
なるほど「無い」んだ。
453世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:50:02 0
というより、ガス室に濃度600ppmという基準そのものが、単なる想像だろ。
ガス室にどの程度チクロンBを投入し、濃度をどれくらいに保つようにという命令書そのものが無いのだから。
454世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:50:15 0
>>452
有るか無いかはしらないが、仮に無かったとして何の問題が?
455世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:51:19 0
>>454
ありまくりだけど。濃度確定出来ないでは無いか。
456世界@名無史さん:2006/03/06(月) 15:59:00 0
つかれた。空しい。貴重な春休みをこんな議論で潰すなんて。

>>455
もう、何を言ってるのか分からない。お前の言ってる確定って何なの?
ホロコーストについて何から何まで確定出来なければホロコーストが
立証されたことにはならないと、そう言いたいの?

>>453
546ppm/10minってのは丸善の毒性ハンドブックに載ってたヒト推定LC50
457世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:00:17 0
>>456
濃度の確定の事だが…日本語読めてるかな?

>546ppm/10minってのは丸善の毒性ハンドブックに載ってたヒト推定LC50

それが?実際に使用される濃度を確定するものでは無い訳だが。
458世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:03:03 0
>>457
だから、濃度を確定するとはどういうことなんだよというのが第一の質問。
さらに、同じような確定をホロコーストに関わる何もかもについて行えなければ
ホロコーストは立証されたことにはならないのか、というのが第二の質問。
459世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:04:40 0
>>458
ガス室の濃度は600ppmだ とは言えないということ。…本当に日本語を理解できてるのかな?
460世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:07:22 0
>>459
濃度の確定に何の意味がある。
ヒトの致死濃度とシラミ駆除に使う濃度で10倍、
HCNが爆発する濃度とは100倍の開きがあるんだよ?
461世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:07:37 0
>>458
>さらに、同じような確定をホロコーストに関わる何もかもについて行えなければ
>ホロコーストは立証されたことにはならないのか、というのが第二の質問。

いや、命令書が無くて、計画書も無くて、死体が無くて、ガス殺の検死結果が無くて、
化学的にガス室の存在そのものを決定付ける事も出来ず、捏造や嘘がバレ続けていれば、
疑問視されるのは当然だと思うけどね。
462世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:09:30 0
>>460
それが?濃度を高めに設定していないという可能性は否定できないし、
何より事故が起きないと言う可能性も否定できない訳だけど?

ホロコーストが起きたという可能性を否定できないように(笑
463世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:10:25 0
もちろん濃度が正確に分かれば歴史学的には意味があるだろうけど
ホロコーストが有ったか無かったかなんてくだらない議論の際には必要ない。
464世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:12:02 0
>>463
では、何故、確定も出来ないガス室の濃度を600ppmと断定して話を進めているのかな?
それこそ「ばかばかしい話」だな。
465世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:15:00 0
>>462
>>464
どういう理由があってわざわざ10倍も100倍も高い濃度に設定するんだよ……
可能性があることと、その可能性が考慮に値するということはちがう。
466世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:17:44 0
>>465
誰も、10倍や100倍にしろとは言っていないが??

確実に殺害するために数倍の濃度にする事は、現在のガス室でもあることでは無かったかな?
それらの可能性を無視して、600ppmと断定する必要はどこに?
想像の中の濃度を確定したものとして進める話こそバカバカしい。

10倍や100倍に設定して話すのと同じようにナ。
467世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:19:24 0
ヒント: アメリカの鉄道王が財団を作って”無償”の”社会貢献”をした理由


         人は、ただでは動かない。 下心とは・・・


468世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:22:17 0
>>466
どうしてナチスがユダヤ人を殺すのに、アメリカの死刑用ガス室みたいに
安楽死させる必要があるんだよ。
469世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:23:11 0
>>466
つーかアメリカのガス室ですら3000ppmなんですけど?
470世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:25:02 0
>>469
つまり600ppmという断定がオカシイという事を認めたわけだw
471世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:27:09 0
>>470
何を言ってるの?
初めから、「必要な濃度」と「爆発の可能性がある濃度」の間に
100倍の開きがあるとしか言ってないのだが?
そして、わざわざ爆発の可能性がある濃度に近づける理由が
リビジョニストから提示されたことは一度もない。
472世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:28:26 0
>>468
証言によると5分程度で死んだんですよね?
アメリカの死刑より早く死んでますよね?
473世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:28:49 0
>>471
何を言ってるのだか。600ppmと断定して話すのはオカシイと指摘してるんだけど?

爆発云々については、「濃度が想定より高くなる事態」を設定する必要があるという指摘をしてるんだけど。
…はぁ…これ何度も言ってるんだけど、まだ理解してなかったのか。情けない。
474世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:32:36 0
コール元独首相:イラン大統領の「ホロコ−ストは作り話」の件に関し、「心底から賛成する」と発言する
3月6日付け、「Iran Forcus」が、イラン国営日刊紙「Jomhouri Islami による準公式的な記事」として伝えたところによると、
コール元ドイツ首相は、ドイツにおけるイラン人ビジネスマン達との夕食会の席で、イラン大統領の言った「ホロコ−ストは
作り話」という件に関し、「心底から賛成する」といったとのことだ。

「アフマディネジャド大統領が言ったことは、我々が胸に深く秘めていたことだ。我々はこのことを長い間、言いたかった
が、言う勇気がなかった」コール元首相はこのように語ったとのこと。
ttp://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/773.html
475世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:34:27 0
>>474
うわ。それ結構なニュースじゃまいか?
476世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:37:09 0
キリスト教会はユダヤ人富豪の寄附で運営されてないか?
477世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:38:02 0
>>473
>何を言ってるのだか。600ppmと断定して話すのはオカシイと指摘してるんだけど?
だからね、初めから断定なんてしてないんだよ。
必要な濃度と爆発する濃度に100倍の開きがあると言ってるだけでね。
そして、わざわざ爆発の可能性がある濃度に近づける理由が
リビジョニストから提示されたことは一度もない。
ならば、600ppmというのはある程度妥当なんじゃないかね?

>>473
>爆発云々については、「濃度が想定より高くなる事態」を設定する必要があるという指摘をしてるんだけど。
あれ?「可能性が存在することを指摘しただけ」なんじゃなかったのかな?
設定して考慮する必要ははっきり言ってないだろう。馬鹿馬鹿しい。
478世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:40:45 0
>>477
>ならば、600ppmというのはある程度妥当なんじゃないかね?

いや、ぎりぎりな数値を設定されても。米国のガス室はどの位だったっけ?ん?

>設定して考慮する必要ははっきり言ってないだろう。馬鹿馬鹿しい。

はいはい。脳内ではね。
ヒューマンエラーの可能性を考えれば、考慮するだろうし、
当然600ppmという設定も根拠が無い。資料全くないからな。
479世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:44:35 0
>>478
>当然600ppmという設定も根拠が無い。資料全くないからな。

大御所ペルトがそう言ってるだけじゃない? >600ppm
480世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:45:57 0
>>478
米国のガス室は人道的見地から濃度が高く設定されてるんだろうに。

>はいはい。脳内ではね。
>ヒューマンエラーの可能性を考えれば、考慮するだろうし、
>当然600ppmという設定も根拠が無い。資料全くないからな。
仮に3000ppmでも20倍だよ。アホか。
481世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:47:00 0
というか、「人を十分に殺せる濃度」という根拠があるんだけどね<600ppm
482世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:49:36 0
>>480
>仮に3000ppmでも20倍だよ。アホか。

だから、600ppmという設定そのものが根拠が無いのを認める訳だね?

つーか。いい加減、これ理解したら?

>爆発云々については、「濃度が想定より高くなる事態」を設定する必要があるという指摘をしてるんだけど。
>…はぁ…これ何度も言ってるんだけど、まだ理解してなかったのか。情けない。

理解力の無い相手に説明する事ほど空しいことは無いな。
483世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:50:29 0
>>481
それだけじゃガス室の濃度が600ppmって「根拠」にはならない
それより多少薄くても死ぬだろうし
484世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:51:20 0
>>481
人を殺せる濃度なら、その5倍でも根拠になるし。
つか、ギリギリな処で設定しようとする姿勢に、必死さが伝わってくるというか何というか。
485世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:51:49 0
>>478
>当然600ppmという設定も根拠が無い。資料全くないからな。
資料が全くないっていうけど、要するに公文書以外は資料(史料)として認めないということかな。
シラミ駆除室のHCN濃度を推定するのにチクロンBの説明書を用いた時にも
ソースとしては認めなかったから、そういうことなんだろうけど。
486世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:53:35 0
>>482
だから、濃度を高く設定する理由は?
487世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:55:56 0
>>255 

19年後には常識かもよ?


>>304

てか、そ、やくざの商売。


>>389

だから、連合軍も信じちゃったな。
488世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:57:44 0
>>486
人為的にミスに備えて安全確保が常識
489世界@名無史さん:2006/03/06(月) 16:59:58 0
>>482
だから600ppmは「必要な濃度」「致死濃度」と初めから言ってきたはずなのだが?
そして、HCN濃度をわざわざ高く設定する理由がリビジョニストから提示されたことは無い。

>「濃度が想定より高くなる事態」を設定する必要があるという指摘をしてるんだけど。
可能性を科学的に立証しない限り考慮の必要はない。
これも何度も言ってることだけどね。
490世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:00:36 0
>>488
安全確保が常識なら低く設定するだろうw
491世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:10:32 0
>>450
> リビジョニストのサイトとかに、HCNは空気より軽いから
> 部屋の下部についた換気扇では換気出来ないみたいなことがよく書かれてるんですけど
> あれってどうなんでしょうかね?

プレサックによると、SSは死体安置室のガス処刑室への転用を考えて
いたときに、床から排気、天井から吸気のシステムのままでいいのかどうか
確認が必要と考えたらしい。HCNは空気より軽いから、逆にしたほうが
いいのではないかということだ。それでSSは換気システムの設置を担当する
トプフ社にガス検知器10個を注文した(3月2日の書簡で言及)とプレサックは
解釈している。ちゃんと換気できるかどうか調べてみようというわけだ。

で、トプフ社は2週間ほどガス検知器を探し回ったが、どうやら入手できなかった
らしい(同書簡)。では換気は大丈夫なのか?

結論から言えば大丈夫だったようだ。トプフ社はSSと頻繁に調整を行うなかで、
最終的に換気システムの納入を済ませている(3月1日の書簡)からだ。

理系的に分析するのもいいが、まずはこういった流れをおさえておくべき。

(参照: Pressac, Les Crematoires d'Auschwitz, p.72)

                ↓ これのダイジェスト版
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/pressac/pressac_01.htm
「強い吸気と弱い排気」の文言が出てくるあたり。ちなみに「強い吸気と弱い
排気」はおそらく誤訳。換気システムの構造から考えると、高所から吸気、
低所から排気という意味だろう。
492世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:13:42 0
>>491
3月2日の書簡
→43年3月2日の書簡

以下同様。
493世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:18:14 0
>>489
速やかに死亡させるため。
というか、米国のガス室で3000ppmだからなぁ。正史派の意見、説得力無さスギ。
494世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:18:25 0
>>490
馬鹿すぎ・・・・
495世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:19:07 0
元々、濃度を設定した資料も無く600ppmと言ってる時点でちょっとなぁ。
496世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:22:01 0
同意。 漏れも池沼の意見って、説得力無さスギだと思う。
497世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:22:07 0
つーか、人を殺すのに必要な濃度と爆発する濃度の間に100倍の開きがあるということは
"ガス室があったとすれば"、HCN濃度は人の致死濃度に近い値に設定されていただろうということだろ?
要するにこのことをもってホロコーストが有ったとか無かったとか言えないということだ。

なのに、爆発の危険性を問題にしている人は、まさしく何の根拠もなくガス殺に使われた濃度が異常に高い
可能性もあると指摘して、爆発するからありえないと言ってるわけだ。

それは歴史の再検証の態度としてどうなのか?
498世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:23:05 0
>>497
いや、だから、通常の稼動状態で100倍だったなんて誰も主張して無いし。
本当に理解できてないのか…困ったもんだ。
499世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:23:37 0
>>498
可能性を科学的に立証しない限り考慮の必要はない。
これも何度も言ってることだけどね。
500世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:26:21 0
>>494
本当に何を言ってるのか分からないです。
濃度が高い方が仮にガスが漏れた場合の危険も大きいはずですが。
爆発の可能性もあるしw
501世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:27:08 0
>>499
凄まじく頓珍漢なレスだとぞれ…。はぁ、ここまで解ってないとは。それともギャク?
502世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:33:19 0
>>501
「想定の濃度を超える異常事態の可能性」が存在するから
そう言う場合百倍の濃度になることもありえるという主張だろ?
だからそれに対して「可能性を科学的に立証しない限り考慮の必要はない」
と言ってるんだよ。
503世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:36:17 0
>>502
100倍と言っても、それそちらの脳内基準だし。
米国のガス室を参考にすれば20倍程度になる。
で、その濃度になる「可能性」ならば、大量のチクロンBが購入されていたのだから、
物理的に「可能」だと言える。
504世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:37:22 0
>>491
ありがとうございました。歴史の方の知識はかなり中途半端なので助かります。
505世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:40:22 0
>>503
20倍の量のチクロンBが投入される可能性を立証するべきでは?
506世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:47:15 0
>>505
可能性なら幾らでも?
看護婦が薬液の量を間違える可能性。
株価を一桁間違えて表示する可能性。
こんな間違いを犯す可能性はいくらでもある訳だが。
507世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:52:37 0
>>498
じゃあ、こういう風に修正したらどうだ。

つーか、人を殺すのに必要な濃度と爆発する濃度の間に100倍の開きがあるということは
"ガス室があったとすれば"、HCN濃度は人の致死濃度に近い値に設定されていただろうということだろ?
要するにこのことをもってホロコーストが有ったとか無かったとか言えないということだ。

なのに、爆発の危険性を問題にしている人は、まさしく何の根拠もなく、
「十分な蓋然性のある異常によって爆発事故がおこるくらいの濃度」が
あった可能性もあると主張しているわけだ。

それは歴史の再検証の態度としてどうなのか?
508世界@名無史さん:2006/03/06(月) 17:55:35 0
>>507
いや、だから何度も指摘してるけど、実際に使っていた濃度がどの位だったかという資料無いから。
その時点で、君の設定、100倍云々がオカシクなる。

>なのに、爆発の危険性を問題にしている人は、まさしく何の根拠もなく、

看護婦が薬液を100倍の濃度にしてしまう事も、そんな大した根拠は無いぞ。
「可能性」はれっきとして存在するが。
509世界@名無史さん:2006/03/06(月) 18:01:43 0
>>507
それに、それを言うなら、命令書、計画書、予算、死体、解剖記録、決定的な科学的証拠が無いモノを
立証できていると言い張るのも、歴史の再検証の態度としてどーかと思うね。ホント。
510世界@名無史さん:2006/03/06(月) 18:07:01 0
>>508
本当に理解してないのな。
>いや、だから何度も指摘してるけど、実際に使っていた濃度がどの位だったかという資料無いから。
>その時点で、君の設定、100倍云々がオカシクなる。

「人を殺すのに必要な濃度」と「爆発する濃度」の間に100倍の開きがあると言ってるんだよ。
だから、もしガス殺があったとすれば人が死ぬ方の限界に近い値である可能性が高いし
否定論の根拠につかうのも無理。

しかし、看護婦が薬液の濃度を100倍にしてしまうことはあるかもしれないが、
20倍の分量の錠剤を投入してしまうことなんてそんなにあるかねえ。
色んな病気に対応し続けなければならない看護婦と
毎日同じ薬を同じ分量だけ飲む患者くらい差があるぞ。
511世界@名無史さん:2006/03/06(月) 19:05:02 0
コール元独首相:「ホロコ−ストは作り話」と語る

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141630802/
512世界@名無史さん:2006/03/06(月) 19:15:10 0
>>511
エイプリルフールは来月なんだが…


イランのメディア必死だな。
513世界@名無史さん:2006/03/06(月) 19:43:20 0
>>510
>「人を殺すのに必要な濃度」と「爆発する濃度」の間に100倍の開きがあると言ってるんだよ。
だからそれが本当だって言うのは、一体何を根拠に言ってるんだと聞いているんだ
根拠もなしに本当かウソかわからない話を振りまく事のどこが科学的だといえるんだ?
514世界@名無史さん:2006/03/06(月) 19:59:52 0
>>513
自分だろ、振りまいてんのは
515世界@名無史さん:2006/03/06(月) 20:11:54 0
>>513
「人を殺すのに必要な濃度」「爆発する濃度」「実際にガス殺に使われた濃度」の区別をつけろ。
516世界@名無史さん:2006/03/06(月) 20:13:59 0
コール元独首相:イラン大統領の「ホロコ−ストは作り話」の件に関し、「心底から賛成する」と発言する
- Sun Shine 2006/3/06 15:08:09 (1)
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/773.html
     ついにドイツ人がイラン大統領に呼応する事態に発展した。
     - 木村愛二 2006/3/06 17:06:07 (0)
     http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/774.html

ホロコースト修正主義の支持者の間では事実と受けとめられているようだが。
裏は取れてるのかなあ?
517世界@名無史さん:2006/03/06(月) 20:29:21 0
>>516
これ、本当なの???(絶句)
518世界@名無史さん:2006/03/06(月) 21:01:28 0
>>517
コールに関するニュースでいま流れているのは、
ZDFがコールの人生を描いたドキュメンタリー番組を作るぞとか、
ゴルバチョフの誕生会にコールが出席したぞとか、
そんなんばっかだけどな。
519世界@名無史さん:2006/03/06(月) 22:40:57 0
コール発言が事実かどうかまだわからんけど、
数年後にはコピペとしてネット上で一人歩き始める
んだろうなw
520世界@名無史さん:2006/03/06(月) 23:03:48 0
イラン国営日刊紙「Jomhouri Islami による準公式的な記事」って・・・
あのなぁ。
521世界@名無史さん:2006/03/06(月) 23:35:35 0
maa、リビジョ様のコレまでの発言を信ずれば、コール君のこの発言では逮捕されるワケなのだがw

522世界@名無史さん:2006/03/06(月) 23:42:53 0
この記事貼っちゃったのって、ひょっとしてリビジョ様の自爆?
523世界@名無史さん:2006/03/06(月) 23:53:02 0
>>522
さぁ?シラネ。

ドイツでは否定論を語ると逮捕だそうですから>リビジョニストテンプレ

逮捕、逮捕連呼してたよねぇ、リビジョニスト様どうなの?


maa、この手の法における実際の運用について語っていたのは、リビじゃない方々だけだったな。


524世界@名無史さん:2006/03/07(火) 00:31:23 0
                   ∧,, ∧
                   (`・ω・´)  ソース? ソースはイランの国営新聞です!!
                     U θU
                 / ̄ ̄T ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |        |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ

「…見てください。この一方的な攻撃。…ネタ元は最大限に守ってあげたい。」
525世界@名無史さん:2006/03/07(火) 00:35:53 0
お、下がってるな
526国内の反応:追加:2006/03/07(火) 00:46:06 0
快挙!ドイツの元首相コールがイラン大統領に心底から賛成発言
- 木村愛二 2006/3/06 23:54:09 (0)
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/779.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | 木村大尉:::::::::::.... ..
::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ 無茶しやがって… ..
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三
527世界@名無史さん:2006/03/07(火) 03:30:38 0
情報分析力なきメディア批評家は誰ですか?
528世界@名無史さん:2006/03/07(火) 05:20:30 0
コールのような南部ドイツ人の保守派なら内心疑問に思っていても
不思議じゃないな。

でも逮捕されるんだろ?言うわけないわな?

ドイツ人が自縄自縛に
しているって点もあるわな。ドイツ人にとっては、ホロコースト抜きでも
ナチスは忌々しい切り離したい過去であることには変わりなかったんだと
思う。
ナチスとドイツ人を分離できれば
ナチスにどんな汚名が着せられようと知ったこっちゃ無いと思ってた
んじゃない?他人事みたいに、ああ、なるほどそんなことくらいナチスならやったんだろうって
さ。
しかし、ゆっくり落ち着いて考えて見るにやっぱヘンだな、と気付き始めてる
のではないだろうか。

529世界@名無史さん:2006/03/07(火) 05:26:38 0
ま、ガセネタかも知れんが、かつて要職にあった超有名人が
逮捕を恐れずにこうした爆弾発言をわざとする可能性もあるな。
というかしてみたらどうだろう?

これまで押さえつけられてきた民衆の怨嗟みたいなものが一気に噴出して
制御不可能になる可能性もあると思う。
ホロコーストタブーもなにかの拍子に一気に吹き飛ぶ、なんてことも
ありえない話ではないかも。
なにかの拍子に、あらぬ方向に歴史の針が振れ、一端そうなってしまうと
それを当たり前のように受容することってよくあるよね。
530世界@名無史さん:2006/03/07(火) 05:33:58 0
マジで怖いな。私はホロコーストが無かったとまでは言っていない。
それにしても、歴史をきちんと教えればとか、そんなことをしていれば
本当に平和が続くんだろうか。

敢えて論争にタブーを作らず、ホロコーストを否定したい人は否定させた
方がいいと思う。ガスを抜かせておいたほうがいい。絶対的真実ならそれでもなお
ホロコーストは揺るがないだろう。反対の研究を遮断しておいて、「
これまでの歴史研究からも明らか」というのは欺瞞だし、却って反対派
に正当性を与えていると思う。

ドイツが大恐慌にでもなって、食うことさえ困るような時代になった時、
不満の爆発がドイツ人に課せられてきたホロコーストの重しに
向かうような気がする。
531世界@名無史さん:2006/03/07(火) 05:39:32 0
第一次大戦後は経済的にドイツ人は苛め抜かれ、
第二次大戦後は精神的にドイツ人は苛め抜かれている。

縦令、ホロコーストがあったとしても、論争の自由は確保されるべきだ。
ユダヤ人の心を苦しめるから、とかそんな抽象的な理由で論争を中止しては
ならない。
反対意見の許されない場所では、権力は増長し、腐敗するもんだ。
532世界@名無史さん:2006/03/07(火) 05:49:09 0
ところでホロコーストを否定しても逮捕されないヨーロッパの国って
どこ?

あとホロコースト否定論者でも、該当国で否定発言をしなければ
該当国で逮捕されることはないの?例えばアメリカのホロコースト
否定論者がフランスやドイツを旅行することは可能なんでしょうか?

 イスラエルかその関連団体が、ドイツに対してイラン大統領を逮捕せよと、
命じたそうですが、ドイツ国外の人間でも逮捕できちゃうんですかね?
変ですね。
533世界@名無史さん:2006/03/07(火) 06:05:56 0
スウェーデン法相兼内相の議会発言「我が国の法はホロコーストを疑ったり否定することを禁じない」
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/605.html
534世界@名無史さん:2006/03/07(火) 06:07:17 0
http://www.jewishsf.com/content/2-0-/module/displaystory/story_id/21101/edition_id/22/format/html/displaystory.html
コールはホロコーストが無かったとは言っていないが、
ベルリンのホロコースト記念碑建造計画に対して不快を禁じえなかったようだ。
コールは建造に反対していた。
彼がホロコーストの存否についてどう思っていたかははっきりしないが、
もういい加減にしてくれ、将来の世代にまで自虐心を植えつけるのは
不健全なことだ、、と思っていたのは事実だろうな。
535世界@名無史さん:2006/03/07(火) 06:09:27 0
>>533
そういやあそこに白人至上主義者のデビッド・デューク(ホロコースト
懐疑派、殆ど否定派)が入って集会であじったことがあったんだが、
またぞろ逮捕せよ、みたいな話が出てた。そのことも関連しているの
かな。デュークはウクライナの大学で、反ユダヤ主義の論文を書いて
博士号を貰いました。ウクライナでも大丈夫かな。
536世界@名無史さん:2006/03/07(火) 06:13:10 0
ホロコースト記念碑の建築家にせよ、スピルバーグにせよ、
宣伝の仕方が上手い。
シナの人間とはそこんところが違う。

あからさまなプロパガンダ、アジテートではありません、と
しながら、人々の心にすーーーーっと入っていく。
537世界@名無史さん:2006/03/07(火) 06:57:02 0
あからさまなプロパガンダ、アジテートでも、正直にそう指摘すると「反ユダヤ主義者」の
烙印を押されるので怖くて誰も言いません。
538世界@名無史さん:2006/03/07(火) 07:30:31 0
>>510
…なんというか理解力の無さにうんざりしてきたな。
問題となるのは「実際にガス殺に使われた濃度」と」「爆発する濃度」の開きだって事くらい理解しろよ。
意図的に「人を殺すのに必要な濃度」を基準としているバカバカしさに気づいたらどうだい?

君の脳内基準でっても、ヒューマンエラーの確率は十分存在する数値だよ。
いつも同じ行動していればエラーは無いと言うなら、世の中の殆どにエラーは無くなるな。
電車の事故も起こらないぞ。何せ毎日同じ行動してるんだからなw
539世界@名無史さん:2006/03/07(火) 08:04:36 0
否定派が「実際にガス殺に使われた濃度」とはこれいかに。
540世界@名無史さん:2006/03/07(火) 08:12:48 0
>>539
肯定派、その程度すら想像するしか無いんだけどナー
541世界@名無史さん:2006/03/07(火) 09:09:38 0
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2087-2058688,00.html
ihr、アーリアン信仰者が喜ぶような記事を突然挟んでいて、他と違和感あるな。
ihrの読者層のターゲットをよく分かっているのと、編集者自身の趣味がついつい
出てしまうというのもあるんだろう。

記事の出所はタイムだから、所謂在来メディアなんだが、だからと言って
信用できるのかい。ナチス顔負け
のブロンド信仰だ。科学的データとやらを味方につけて
露骨なブロンド賛美をしてやがる。
ブロンドの女性に関しては、科学的に性的に優れていることが証明されている
らしい。
ホンマかいな。氷河期以後、北ヨーロッパでは狩に出て
死の危険に遭遇する男より女の方が絶対数が
多くなって、そこで選択が起こったらしい。金髪は元々突然変異
の希少種であったこと、女は競争に勝ち抜く為にそこでなにかしらの
進化を引き起こしたこと、男は魅力的な金髪女を配偶者として選んだこと、
それが何代にも繰り返されることによって金髪碧眼の人種が生まれた
ということらしい。

これって人間は本能的に金髪で青い目の女に美や性的魅力を見出す
ってことだよな。

嘘クセー。ならフィンランドとかスウェーデンの女は選ばれて選ばれて
選ばれた最高の人種ということになるw

2202年年頃に最後のブロンド女性がフィンランドで生まれるだろう、
そしてブロンドは絶滅するだろう、だってよ。ホントかよ。
貴重なブロンド高等人種を守れとでも言いたげ。

まあスレ違いかもしれんが、なかなか面白いw
542世界@名無史さん:2006/03/07(火) 09:16:37 0
>>541
ところで、この科学者達が言うことが正しいとすれば
ナチスが純粋北方人種に執着したのも、人間として極めて自然な
欲求だったことにならんか?ihrはこういいたいのかもしれないな。
彼らも含めて。
543新入荷:2006/03/07(火) 09:23:12 0
試訳:ホロコースト講義
3.4.7 厄介なチクロンBの穴[穴がなければホロコーストもない]
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/347.htm
544世界@名無史さん:2006/03/07(火) 14:15:31 0
さて、チクロンBについての言い合いが盛り上がったようで。
楽しかったようで。ようございました。
 実際に青酸ガス殺に使用されたチクロンBの量がどのくらいなのか?
これを示す史料は残っていないようです。
SS隊員達も化学的に致死量を計っていたワケでは無さそうだし。
11練の実験棟では詰め込んだロシア兵捕虜が死にきらず、追加で投入したらしいですね。
そうやって「人間センサー」で致死量を計りつつ、決めていったようですな。
 第一、チクロンBは殺虫剤だっつーの。w
「人間にも危険だそーだから、これ使ったら死ぬんじゃね?」程度の
前提で使ってみたら「お、死ぬジャン。おまい頭いいな」てな感じで
使用されるようになったんでしょうね。なんかいい加減ですが。
あんまり大量に使用すると換気が大変な事もあって適量が探られたんでしょうね。
実験棟は換気に2日かかったそうだよ。
 後、換気についてですがね、青酸ガスは確かに比重は軽いです。
空気=1に対して0.97の比重です。
でもね、窒素も同じ比重だよ。ちなみに酸素は1.11。
これでも部屋の中の天井近くには窒素が溜まって、床付近は酸素が溜まってるって
こたぁ無いじゃろ。
ちなみに酸素も爆発的に燃焼します。ま、酸素自体が燃えるワケじゃないけどね。
青酸ガスも酸素が無いと燃えないです。私が知っているのはここまで。
 後ね、ケアレスミスで爆発濃度に達する件ですが、あり得るとしても
これはもう「事故」でしょうね。有り得なくは無いけど考えづらい。
漏れてくるガスの濃度がすでに爆発濃度、越えてるってことですからね。
ガス室内部のその時の濃度たるやものすごい物がありそうでないかい。
おまけに漏れた時点で爆発どころか周囲の人、みんな即死だわね。
それ以前の段階でも死者、続出でしょうな。まさに「人間センサー」ってか?
漏れた時点で解るわね。アブねってね。

545世界@名無史さん:2006/03/07(火) 17:34:07 0
>>544
で、ガス室はあったの?なかったの?
546世界@名無史さん:2006/03/07(火) 18:07:00 0
コール元ドイツ首相「ホロコーストは無かった」との発言を肯定
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1141673213/

コール元ドイツ首相「ホロコーストは無かった」との発言を肯定
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1141673213/

コール元ドイツ首相「ホロコーストは無かった」との発言を肯定
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1141673213/
547世界@名無史さん:2006/03/07(火) 21:35:39 0
>>544
ま、確かにガス室の換気の話は今のところ発展性があまりなさそう。

それよりも火葬炉の処理能力がボトルネックになりそうなんだよな。
一連の工程のなかでは。

というのもガス室は、たとえばクレマ2の場合210平方メートルの広さが
あるから一度に1500人くらいなら詰め込めば入る。しかも殺すだけなら
1日に何回かそれをやることができる。

しかしクレマ2の火葬炉は公称スペックでいくと1日に1500人も処理でき
ないことになっているから(1440人)、そこでストップがかかってしまう可
能性がある。

つまりガス室の殺害能力に比べると火葬炉の処理能力は少なめなんだよね。
しかも火葬炉はけっこうデリケートで故障も少なくなかったし。
548世界@名無史さん:2006/03/07(火) 21:52:47 0

>コール元ドイツ首相「ホロコーストは無かった」との発言を肯定
>http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1141673213/

なるほど、出所はまたイランですか。 
恥の上塗(ry
549 :2006/03/07(火) 22:19:40 0
北朝鮮よりドイツのほうが言論の自由ないのよね
550 :2006/03/08(水) 00:57:40 0
それはないけどね。まあ
ホロコーストに関しては、北の方があるか?というとそうでもないだろ。

北はホロコーストよりひどいことを日本はやったと常に
比較として使いたいから事実じゃないと困る。
551 :2006/03/08(水) 01:11:52 0
ドレスデンでは、燐爆弾の炎が、数時間で二〇万人の民間人の命を奪ったのだが

木村さん、アービングですら20万人と言ってませんし、改訂するごとに
犠牲者数を減らしていったんですが。最終的には5万人くらいだったかなあ。
公式数はもうちょっと下。
552世界@名無史さん:2006/03/08(水) 01:16:47 0
初版が10-25万だからその間を取ったんだな。

でも改訂版では5-10万人になってるから。

アービングが、歴史学会やメディアからドレスデン空爆の権威として認められていた
時代があったのも事実です。
553世界@名無史さん:2006/03/08(水) 01:47:08 0
つ『なぜ人はニセ科学を信じるのか』(I&II、早川文庫)
554世界@名無史さん:2006/03/08(水) 10:47:33 0
>547
あー、ねー。w
遺体の焼却つーか処理はガス殺自体よりもこの仕事に対するネック
ではあったようですな。
 ま、ガス室に入れられる人数については、私はよーワカランのだが。
木村愛二氏によれば、「入れてせいぜい20人」らしいし。
焼却炉の能力はあなたの上げてくれた数字(たぶんカムレルのメモの数字でしょ?)
ですら見積もり値でしかない。あなたの言うようにカタログ値らしいね。
 それに対してホェスはその告白書で「焼却炉には3体の遺体を一度に
入れて燃やした。」と書いている。そしてその結果、炉は焼け崩れ
煙突も崩壊し、焼却作業は停止せざるを得なかったらしい。
その後は穴掘って埋めたり、壕を掘って燃やしたりしたらしいがね。
あり? 穴掘って埋めたのはその前だったっけか?
 こんな事があるからと言って私は「焼却炉の能力は見積もり値より高かった」
などというつもりは無いよ。
焼却人数を正確に割り出して何かの根拠にするってのは今は
ちょっと難しいのではってことだよ。
 >546はねぇ。まだ伝聞の域を出ませんね。なんか又聞きの又聞きみたいで
どこが情報元がよくワカラン。ホテルのボーイさんですかね、情報元は。
555世界@名無史さん:2006/03/08(水) 15:09:34 0
>>544
妄想乙
556世界@名無史さん:2006/03/08(水) 15:12:57 0
>>554
穴掘って埋めたなら死体が出てくるんじゃないか?
557世界@名無史さん:2006/03/08(水) 18:25:07 0
558ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2006/03/08(水) 23:11:59 0
おまえ等、そんな馬鹿げたことよりも、スターリンの粛清やポル・ポトの粛清を述べた方が良いぞ。
559とおりすがりの者だが:2006/03/08(水) 23:30:47 0
この問題は、まだ歴史研究の対象にするには政治的過ぎて結論は出ない
だろうと思っているので議論に参加するつもりは全くないのだが、数百万人
を組織的に抹殺したとする主張と、その遺体のほとんどにを灰にして痕跡を
残さないようにしたという主張はセットだと理解している。
強制収容所を解放した連合軍の記録、写真などで大量の死体は確認されて
いるが、目視確認できる数から推定できる死者数はせいぜい数万。
あとは>>556が指摘するように、掘れば遺骨が出てくる状態なら、そもそもこ
の論争はおきない。
カチンの森事件のように数十年後でも、発掘すれば死者数の規模も殺害の
状況も明らかになるのだから。
560世界@名無史さん:2006/03/08(水) 23:34:26 0
ベンちゃんが実にまともに見える貴重なスレだねここわw
561世界@名無史さん:2006/03/08(水) 23:34:33 0
>>554
> 焼却人数を正確に割り出して何かの根拠にするってのは今は
> ちょっと難しいのではってことだよ。

逆に死亡者数を根拠に火葬炉の運転状況を推測したり、
火夫(ゾンダーコマンド)の証言を検証したりするのは可能かもしれないけどね。
562世界@名無史さん:2006/03/08(水) 23:35:59 0
>>560
> ベンちゃん

ベン・グリオン?
563世界@名無史さん:2006/03/08(水) 23:36:55 0
リビ太郎って『初心者』だの『とおりすがりの者だが』とか言っちゃて、やたら詳しいのはナゼw
564世界@名無史さん:2006/03/09(木) 01:02:14 0
アウシュヴィッツへの移送者数(国別)と死亡登録簿のデータを
それぞれCSV形式で打ちこみましたので、よろしかったらどうぞ。
ソースはプレサックの本と、ピペルの本です。

ニューステうpろだ
http://newsstation.info/up/upload.cgi

[ns6295.csv] アウシュヴィッツ移送者数(国別) 2006年03/09(木)00:56
[ns6294.csv] アウシュヴィッツ死亡登録簿 2006年03/09(木)00:56

↑リストを追ってこれを探してください。
565世界@名無史さん:2006/03/09(木) 01:35:31 0

どこぞの「大虐殺」でも、死体が出てこないのは川に
流したからだ、という主張があったな。こっちは「焼い
て灰にして流したから、死体が出てこない」となってい
るだけましか。あっちは、丸のまま流しても、下流で見
た人が皆無という杜撰ぶりだった。

 もうちょっとはっきりした報告はないのかな?
566世界@名無史さん:2006/03/09(木) 01:38:32 0
何故人はニセ科学を信じるのか?って
話に死体の灰に関することもちょっと触れていたな?

あの本は期待しているほどのインパクトは無かったなあ。結局
ホロコースト前のユダヤ人とホロコースト後のユダヤ人で600万人
消えている、彼らはどこに消えたのか?と突きつけることで
リビジョニストを論破していたような。資料の信憑性は?
それと、600万人を埋めていたはずのアウシュビッツの犠牲者
450万人が150万人に減りましたよね。残りの300万人の内訳はどうなる?
数字の大枠が決まっていても内訳は無茶苦茶でいいなんて理由は通らない
のではないだろうか。内訳があって初めて結果が出るのではなかろうか。

著者のマイケルシェンマーは科学史家でもあるが、科学者ほど
騙されやすい職業は無い、という言葉もあるくらいだからねえ。
567世界@名無史さん:2006/03/09(木) 01:40:30 0
修正主義者達は、虐殺はなかった、あったとしてもほんの一握りの
取るに足らない数字だと言う。では
消えた六百万人のユダヤ人は?月や南極にでも逃げたのか?
これまでの相手ずっと隠棲していて、突然ひょっこり出てくるのか?

なんていうような少しからかったような調子で畳み掛けていたよ。
568世界@名無史さん:2006/03/09(木) 01:43:43 0
>>565
ホロコーストは実験場、研究所みたいなところで
かなり手を込んで秘密裏に進められた とされてるから、おかしな理屈も
一応通るようになっているんだよね。

非日常的でありえない!ホロコーストは非日常でありえない状況で
行われた、と返してくる。
569世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:16:23 0
>566

絶滅収容所はアウシュヴィッツだけじゃないし・・・

ソ連での銃殺も相当あるし・・・


顔洗ってで直してこいボケナス。
570世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:36:07 0
>>569
いや、だって600万人と決まっていて450万人が
アウシュビッツに振り分けられていたわけだろう。
 単純に星勘定が間違っていたわけだから、そこは誤りですわな。
で残りの300万人はどう振り分けるの?

アウシュビッツの450万人の根拠自体が希薄だったんだろう。
これ自体が非常に問題。まともに事実を調べるつもりがなかったわけ
だから。

ちょっと真面目に調べて見るとアウシュビッツは150万人に減って
しまいまいた。
(注 全てがユダヤ人というわけではない)
しかし余った300万人以上の行き先は決まっていないわけだ。

どうしても結論ありきで数字合わせの為にやってるように
思えるのだよ。600万人という数字が崩れれば全てが崩れる
構図。
571世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:41:04 0
ところで
http://cghs.dade.k12.fl.us/holocaust/gasvan.jpg
Jewish prisoners awaiting death in a gas van at Chelmno death
camp. Photo from the USHMM archives.

だそうだ。あからさまに残忍なシーンはないけど
心に響いてくる非常にショッキングな写真。目を瞑ると
浮かび上がってくるようだ。これは有名な写真?
またいちゃもんつけてる人はいるの?
572世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:42:14 0
>>569
なら少なくとも ナチスドイツのホロコーストという
風に言ってはならないのでは?
573世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:44:33 0
>著者のマイケルシェンマーは科学史家でもあるが

ねーよw新聞記者あがりのライターだよ
574世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:55:27 0
すまん。単に差し引きする方法 、
強制移送された人間の中から生存者を割り出す方法、
あるが、
あの記述だと両方のデータを利用して算出しているようだ。
私は特に後者の方法を重視すべきと考える。

にしてもだ。後者の方法も行っているなら却って450万人から150万人なんてデタラメな
変化は起こりようも無い気がしますが。

もちろんナチスによる殺人以外の手段で死んだ、または殺されたユダヤ人もいるだろうが、
そのことについては触れられていないので分からない。
575世界@名無史さん:2006/03/09(木) 02:57:43 0
>>573
科学史助教授とあるけど、正規の大学ではないようだな?

ただ、科学史で博士号なりとっていれば、科学史の専門家と
言ってもいいのではないかな。
576世界@名無史さん:2006/03/09(木) 08:18:18 0
つか、単なる強制収容所で「絶滅」のための施設じゃないんでしょ?
強制連行そのものを非難すればいいのに、ホロコーストなどという
政治用語をつけるから話がややこしくなる
577世界@名無史さん:2006/03/09(木) 11:03:16 0
なんかいろんな方向に話題が飛び交ってまたワケワカラン状態になりそうですな。
>556
 はい。調べました。w
穴掘って埋めたのはやっぱりクレマトリウム完成以前のことでしたね。
ホェスの告白書によれば「埋めたけど掘り出して焼きました」とのことです。
焼却炉故障中はもっぱら壕を掘ってその中で焼いて埋めたみたいよ。
その灰みたいの(slab)は発掘されたみたいですね。
>ttp://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/1998/Keren/krema-5-slab.jpg
と言うわけで私の記憶違いでしたっと。
>564
ああ、良い資料ですな。随分、手間かかったでしょ。保存しますた。ありがとう。
>576
 非常に難しい事をさらっと言いますね、あーた。w
アウシュヴィッツは確かに「絶滅収容所」とは呼びづらいかな。
強制労働もさせていたからね。では「絶滅収容所」とは?

 さて、別のスレでも書いたけど「600万人」という犠牲者数については
どこから来た数字なのか解明が必要でしょうね。
私は「概数じゃね?」ですませますけどね。あまりに不親切でしょ?
 歴史学者で600万人という犠牲者数を上げるひとはあまりいません。
マーティン・ギルバートという学者で550万人強、ラウル・ヒルバーグ
という学者で510万人という推計を出していますね。
ライトリンガーという人の推計は確か500万人を割っていたと思う。
では何故、「600万人」がキーワードとして飛び交うのか。
調べてみたいでしょ? w
578世界@名無史さん:2006/03/09(木) 11:15:21 0
アウシュヴィッツでの死者数がいくら訂正されても
なぜか「600万人」という数字は変わらないんだよな。
579世界@名無史さん:2006/03/09(木) 11:48:07 0
実は、ニュルンベルク裁判の時点で既に、各地の絶滅収容所での虐殺数400万と
アインザッツグルッペン等による虐殺200万の合計で600万なんだよなあ。
まあアイヒマンにそう聞きましたという証言がソースなので否定論者はこの数を認めないだろうが。
580世界@名無史さん:2006/03/09(木) 14:02:07 0
>>579
矛盾が無きゃ通るんだけどな。
581世界@名無史さん:2006/03/09(木) 16:46:27 0
400万って、ソ連の意を受けたポーランド政府の
単なるプロパガンダじゃないの?

で、500万なり600万なりって全体の数字は、それとは関係なく
積み上げ式で計算されたってことだと思うんだが。
582世界@名無史さん:2006/03/09(木) 17:05:41 0
先週か今週の『ニューズウィーク』で、リップシュタットが、アーヴィング裁
判についてのコメント出してたのはがいしゅつ?相変わらずクサしてたが。
583世界@名無史さん:2006/03/09(木) 19:28:02 0
>>581
偶然、第一次世界大戦の時にもプロパガンダとして流していた受難のユダヤ人の人数と一緒だったと。
584世界@名無史さん:2006/03/09(木) 22:33:52 0
ハーウッドの「Did Six Million Really die?」って国内で読めるとこ有る?
国会図書館にあるかな?
585世界@名無史さん:2006/03/09(木) 23:57:07 0
アウシュヴィッツにかぎらず、ヨーロッパ全体のユダヤ人犠牲者数
について知りたいなら、ベンツのDimension des Voelkermordsが
今のところ基本書だよ。いわゆる600万人の根拠ね。

ホロコースト修正主義者の批判もこのベンツの本に集中している。
586新入荷:2006/03/10(金) 00:04:10 0
○○教授の「ガス室」の笑点(その1)歴史的修正主義研究会編
――所長ヘスの特別命令書――
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan.htm

「(その1)」だそうです永岑先生。ワクテカして続きをお待ちください。
587世界@名無史さん:2006/03/10(金) 00:52:53 0
>>586
それ一つ目の指摘はいきなり変だな。

その命令書だけが発見されたんじゃなくて、その命令書を含む
アウシュヴィッツ司令官室や駐屯地司令部の命令書類が
まとまって発見されたということを言ってるみたいだよ。
それが貴重みたいだな。で、それが本となって出版されたと。

永岑のページに貼り付けてある本の画像の該当箇所(序文7ページ、
マーカ箇所)の趣旨はそういうことだ。
歴史的修正主義研究会はたぶんそこに気づかなかったんだろうな。

だから問題の命令書を含む一部の命令書が90年代以前に
すでに発見されていたとしてもぜんぜんおかしくないし、
ちっとも矛盾しないんじゃないか?
588世界@名無史さん:2006/03/10(金) 03:35:22 0
日本のバカサヨ三流研究者はホロコースト研究にちょっかい出すなよ。
正史派にとっても有害以外の何者でもない。

変な色気出して手柄なんて考えるんじゃねーよ。ただのバカサヨ反日
の分際で。
589世界@名無史さん:2006/03/10(金) 04:30:43 0

+   +
  ∧_∧ ∩+
 (0゚・∀・)彡  ワクワク
 (0゚∪ ⊂彡 + テカテカ
 と__)__) +
590世界@名無史さん:2006/03/10(金) 04:52:49 0
>>587
ページの元を辿って見ろって。そのリンクは下記のurlのペイジにある。
http://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/SoryokusenHaitai-Holocaust.htm

「固定型ガス室の実験(臨時的建設)から大規模火葬場の建設・増設・(命令書)・稼動へ−」

(命令書)の部分をクリックするとhttp://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/20060306KommandanturbefehleAuschwitz.htm
このペイジに飛ぶ。
大規模殺人ガス室や火葬場の実在を補強する証拠として、命令書を出している
のは明らか。
教授の記述を文脈どおり読むなら、殺人ガス室や火葬場の建設、増設
を指示する命令書もあったと読解されなければならない。
だが、リンク先にあるのは
殺人ガス室や火葬場の、建設、増設命令とは関係ない。
錯覚を狙った詐欺の一つ目。

素人にとってはガス室=殺人ガス室であり、ガス室の有無こそが
ホロコーストの有無となる。ガス室の実在を示す命令書を、殺人ガス室の証拠であるかのように
思わせようとしている。
錯覚を狙った詐欺の二つ目。
ホロコーストの証明をするには、殺人ガス室の証拠を示す命令書を
持ってこないとダメ。

教授自身が興奮のあまり錯覚しているのかもしれないけどな。
591世界@名無史さん:2006/03/10(金) 05:10:04 0
>>590
> 大規模殺人ガス室や火葬場の実在を補強する証拠として、命令書を出している
> のは明らか。

いいんじゃないの? 研究者にはそれぞれの考えがあるんだから。
592世界@名無史さん:2006/03/10(金) 05:33:10 0
教授がどう思おうが勝手だけど、
殺人ガス室や火葬場の建築、増設を指示する決定的
証拠を持ってくるべきだろう。まったく関係ない命令書を
よこにそっと添えておいて、いかにも決定的証拠があったかのように
錯覚させている。証拠の重要性としては
建築増設の命令書>>>>>>>>>>>>>ヘスの命令書

AならばBである。しかしBだからAであるとは限らない。
そしてAの証拠は見つかっていない。にも関わらず教授はAが真で
あるという前提に基づき、その証拠がBであるという。
極めて不自然。
593世界@名無史さん:2006/03/10(金) 05:35:23 0
AならばBが成り立つかどうかも怪しいな。Bは殺人ガス室とは
全く関連づけられない別の事象かもしれない。

とするともう無茶苦茶ではないか。
594世界@名無史さん:2006/03/10(金) 05:46:36 0
>>592-593
あんた頭おかしいな。
自分が貼り付けたリンクをたどれば見きれないほどの史料があるじゃん。
> http://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/SoryokusenHaitai-Holocaust.htm
命令とか指令とか図面とか・・・
595世界@名無史さん:2006/03/10(金) 06:28:09 0
だ が 決 定 的 証 拠 が な い
.       ↑
.       ココ
596世界@名無史さん:2006/03/10(金) 06:46:05 0
だ が 決 定 的 証 拠 が な い
.                      ↑
.                      ココ
597世界@名無史さん:2006/03/10(金) 07:16:45 0
だ が ど う い う も の が 決 定 的 証 拠 か は 言 え な い
.       ↑
.       ココ
598世界@名無史さん:2006/03/10(金) 08:34:07 0
>殺人ガス室や火葬場の、建設、増設命令とは関係ない。
>錯覚を狙った詐欺の一つ目。

ただし、『試訳』に限りこの主張は適用されません。

      そ れ は 、 仕 様 で す 。  

『試訳』は誰が何を言おうとも、許されるのデス、崇めるのデス
599世界@名無史さん:2006/03/10(金) 10:54:12 0
さあ、お約束した「おいしい炒飯の作り方」の説明を(違う)。w

 600万人説の根拠だが、あれ。おや。ほぼ正解がもう出たようだね。
>579さんのでほぼビンゴでしょうね。
それでは私は今、話題の渦中の永岑氏のページに載っている資料を・・
>http://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/20050929ProtokollEichmann.htm
>1937年から1943年はじめまでの、ユダヤ人の減少は、450万人と算定できる。
ただし、占領東部地域におけるソヴィエトロシアのユダヤ人の死者のうち、
一部しか把握できなかった。他方、そのほかのヨーロッパロシアおよび前線の
ユダヤ人は、この数字には含まれていない。

これにその他の数字を加えて「600万人」という説が出てきた、というのが
事の顛末でしょうな。
ま、証言とそれを裏付ける資料はあるのだが、歴史学者さん達はあんまり
信用していない様子でさらに検証して修正を加えているようです。
アウシュヴィッツの被害者400万人説は旧ソ連の調査結果ですが、歴史学者達が
その調査結果に抗議し続けた結果、書き変わったという事らしい。

と言うワケでみなさん今、注目の的の永岑氏も書いていたように
「歴史は常に修正されていく」「全ては疑いうる」
と言う姿勢が貫かれている証拠だろうな、と思う次第ですな。

でもね、永岑先生。あの拡大フォントは読みづらいです。w
いや、強調したいお気持ちは良く伝わってきますけど。なんちうか、ね。
600世界@名無史さん:2006/03/10(金) 10:58:42 0
>>599
永岑先生って修正主義者だったのか。
601世界@名無史さん:2006/03/10(金) 11:05:07 0
それから、ちょっと話題に上がったホェスの注意書きの件。
>ttp://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/hoess-sonderbefehl-420812.jpg
これが現物ですね。内容の英訳は
> >A case of indisposition with slight symptoms of poisoning by hydrocyanic gas
which occured today makes it necessary to warn all those participating in the
gassings and all other SS members that in particular on opening rooms used for gassing1 SS not wearing masks must wait at least five hours and keep at a distance
of at least 15 metres from the chamber.
In addition, particular attention should be paid to the wind direction.
The gas being used at present containes less odorous warning agent and is
therefore especially dangerous.
The SS garrison doctor declines all responsibility for any accident that should
occur in the case where these directives have not been complied
with by SS members.
Signed: Hoess
SS Lieutenant-Colonel and Commander

となります。これはどう見てもクレマトリウムには関係ない資料だね。
せいぜいブンカーなどでの作業上の注意でしょうね。
ただ、通常よりも「匂いの少ない」ものを使っているので注意しろよって
一文がなにやらアヤスイですな。
602世界@名無史さん:2006/03/10(金) 11:07:44 0
歴史学者がソ連の調査結果に抗議し続けたなんて、聞いたことがないけど
どっちにしても、ソ連が学者の抗議で動いたとしても、
学者を銃殺するかシベリアに送るかくらいだろ?

>599は寝ぼけてるんだろうな、きっと。
603新入荷:2006/03/10(金) 12:13:15 0
○○教授の「ガス室」の笑点(その2)
――Gaskammerなる用語――
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan_02.htm
604世界@名無史さん:2006/03/10(金) 15:32:51 0
>>601
> ttp://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/hoess-sonderbefehl-420812.jpg

ん? これ所蔵印ついてない。

> ttp://www.mazal.org/Pressac/Pressac0201.htm

プレサックが掲載しているのにも所蔵印ついてない。

>>586
> ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan.htm
> ○○教授の「ガス室」の笑点(その1)
>
> しかも、原文のコピーにはこの文書資料の所蔵印Panstwowe Muzeum Oswiecim
> (アウシュヴィッツ国立博物館)がついています。もしも、○○教授のおっしゃるように、

これ明らかに間違いじゃん。

> ttp://www.mazal.org/Pressac/Pressac0200.htm

たぶん所蔵印がついてる隣の写真と混同したんだろうな。なんつー粗雑な読み方
だろうか。プレサックをやたら持ち上げているわりには、しっかり読んでないな。
歴史的修正主義研究会はこれ修正したほうがいいんじゃない?
605世界@名無史さん:2006/03/10(金) 16:06:55 0
>プレサックが掲載しているのにも所蔵印ついてない。

http://www.mazal.org/Pressac/Pressac0201.htm
Document 14
[PMO Archives, no reference]

PMO Archivesって書いてあるだろ。アウシュヴィッツ国立博物館所蔵。
606世界@名無史さん:2006/03/10(金) 16:11:47 0
プーレサック〜、プレサック〜♪
607世界@名無史さん:2006/03/10(金) 16:17:06 0
クリックで救える命がある
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1055063492/
608世界@名無史さん:2006/03/10(金) 17:46:04 0
うーんホロコーストは否定派だが
簡単に大量虐殺できると思うが…

部屋に密集させて七輪(ドイツだとなにかしら)焼けば皆死ぬべ。
ガスは手間がかかりすぎるのでは??

そもそも大量虐殺する理由がよくわからん…
労働力として使えばいいのに。
609世界@名無史さん:2006/03/10(金) 19:02:02 0
>600 :世界@名無史さん :2006/03/10(金) 10:58:42 0
>>599
>永岑先生って修正主義者だったのか。

つ『超過去スレにおいて「 修 正 主 義 者 は ガ ス 室 抜 き の 機 能 主 義 者 ( パ ク リ ) 」なのかと指摘されている』
610世界@名無史さん:2006/03/10(金) 19:26:03 0
>>609
その指摘はほぼ正解。
611世界@名無史さん:2006/03/10(金) 19:36:52 0

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~     
    爻     < |  ;     爻    諸君、それがRS研の人類修正計画だ…
    ~爻     \_/  _, 爻~
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_
612世界@名無史さん:2006/03/10(金) 20:00:13 0
>>609
いくら修正してもいいけど
ガス室だけは抜いてはいけない

というタブーがあるっていうこと?
613世界@名無史さん:2006/03/10(金) 20:12:00 0
>>608
いや、一番効率いいのは食物を与えずに餓死させることだよ。
半年ぐらいで軽く数百万は殺せる。
614世界@名無史さん:2006/03/11(土) 00:01:15 0
>>612
問題はパクリの方だよw
615世界@名無史さん:2006/03/11(土) 00:47:56 0
600万人ってさ、神奈川県民全部殺すより多いんだよ。
考えてみ。横浜市、川崎市、厚木、秦野、海老名、小田原、相模原、
藤沢、座間、などなどの市民が全部死ぬより多いんだ。

もっと身近な例の方が想像力が沸くかも。キミの住んでる市の人全部
死んだことを想像してみろ。それだけでもものすごい数だよなあ。
その何十倍の数だ。

その数の多さに打ちのめされるか、却って胡散臭く感じるか、だな。

ロシアでうん千万人死んだってのは本当なのかね?

ところで、箱一つに一地方都市くらいの人口を収容できてしまう東京ドームとか
ってスゲーよなあ。観客が一斉に帰るときにもなんの混乱も起きず、電車やバスや
やタクシーが運行されてるんだから。
616世界@名無史さん:2006/03/11(土) 00:53:40 0
ロシアで何千万人って話が本当なら、ホロコースト600万人もうなずけない
こともないのだが、ロシア何千万人はホロコーストに信憑性を持たせようと
しているんだろうか?

独ソ戦とはそれほどまでに過酷で苛烈な戦争だったのかい?

中国では3000万人死んだと言い始めてるが、戦後直後の調査では
中国、連合軍、日本側の調査どれを取ってもその1/10くらいの数字であった。
中国が水増ししてるし、まあなんとなく間を取ればいいだろうってことで日本は
1000万人としてるだけで根拠なんてない。

日本軍は中国と総力戦をしたわけじゃないから、うん千万人なんてありえない
わけだが、ソ連とドイツの戦争は、ドイツ軍の精鋭部隊に対して
ラスト侍式の人海戦術を取ったのかい?w
でもうん千万人って数字は多いいな。ドイツ軍はそこら中の市民も皆殺し
にしたんだろうか。そうじゃないとすると軍隊として効率が悪すぎ。
617世界@名無史さん:2006/03/11(土) 01:04:36 0
ナチスはユダヤ人にひどいことをしたよね(´・ω・`) ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1141998409/
人類はユダヤ人にひどいことをしたよね(´・ω・`) ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1141998648/
ユダヤ人を差別する奴は頭がおかしい ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1141561539/
ひろゆきは責任もってユダヤ人差別発言を通報しろ ttp://ex9.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1135482420/
日本人はユダヤの失われた12支族であることは明白ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1141736822/

618世界@名無史さん:2006/03/11(土) 08:47:36 0
>>608
そう。理由がわからない。

ついでに言うが、「南京大虐殺」も同じ。
民間人を何か月にもわたって殺す理由が何なのか、
わっぱりわからない。
619世界@名無史さん:2006/03/11(土) 09:19:12 0
「600万人説」の件でちょっと不親切だっなぁと思う点が
あったので追加しても良い?
>579さんの解説で正解なんだけど、詳しく書くとニュルンベルク裁判で
ヴィルヘルム・ヘットル少佐という人が
「アイヒマンがヒムラーの要望で報告書を作成した。」という証言を
したのが大元らしいです。ヒムラーはその報告書に不満で
「もちっと多いやろ。こんだけなワケあれへんやろっ」とか言っていたらしい。
>599で示した報告書にはヒムラーが「ようでけとるがな。ええで、ええで」
と書いた手紙もあったので証言の物とは別物かもしれないね。
>608
 ユダヤ人、強制労働もしとったがや。ドイツは七輪殺人もしとったがや。
今のところは「働けない人々」を大量殺戮した、と言うことになっとるがや。
>615
 はい。私もそのあたりはすげぇ数字だな、と思います。
実際、歴史学者さん達も「ナチスの出した数字は胡散臭せぇ」と思ったんでしょ。
何人かの学者さんはそれぞれに独自の推計を出してますね。
>616
 私は戦史には詳しくないんだけど、独ソ戦は随分ひどい戦線だったみたいよ。
その戦線を指揮して切り開いたのがドイツにとってはマンシュタインで、
ソ連にとってはジューコフだったんじゃないの? ヨクワカランけど。
ソ連の突貫攻撃は有名ですね。「うらーっ」てヤツ。んで一斉射撃されて全滅。
さらに「うらうらーっ」て突撃。大量死の出来上がり。まさに人海戦術。
戦車に乗せてハッチを溶接、とつげきぃー、てのも有名な話ですな。
ホントかウソかシランけど。
620世界@名無史さん:2006/03/11(土) 10:35:57 0
>ソ連の突貫攻撃は有名ですね。「うらーっ」てヤツ。んで一斉射撃されて全滅。
兵員数はソ連の方が多いのだから、しょぼしょぼ兵を小出しにして時間を無駄に
した上、結局作戦が失敗するより、
第一波が全滅しても続いて第二波、第三波と繰り出して相手を疲れさせて打ち破ったほうが
結局は時間も損失兵員数もお得と考えた。
冷戦時代、ソ連が第三次世界大戦が勃発した場合に備えて計画していた、西ヨーロッパへ
の突進作戦もこれと同じ。
もちろん、第一波は全滅しても惜しくない未熟兵を使い、真打のベテラン部隊は
第二波、第三波に使うのはお約束。
621世界@名無史さん:2006/03/11(土) 12:13:23 0
>620
イャーン、ジューコフやらしいわぁってホントだったのね。ヒドイお話。
詳しい説明、ありがとう。

さらに追加しておこうかな。
例えば>605さんの指摘も分かり難いと思うのね。いや、正しいんだけど。
PMOというのは「PANSTWOWE MUZEUM OSWIECIM BRZEZINKA」
の略称でいわゆる「アウシュヴィッツ博物館」のことです。
その後ろにある「no reference」というのは「参照不可」で未公開資料ってこと。
そりゃないぜ、プレサック氏。w 確認できないじゃん。
今は公開されています。たぶん印鑑も押されているかな?
 >603の資料もこれを機会に調べてみるのも良いでしょうな。
この章の446pにあります。
>http://www.mazal.org/Pressac/Pressac0429.htm
クレマトリウム4と5での作業日報です。
ここでプレサック氏が問題にしているのは、クレマトリウムに
密閉式の小窓の取付作業が行われている点です。確かにプレサック氏は
「Vergasungskellerという言葉に発見当初に比べて証拠価値は低くなった」と
書いていますけどね。ま、プレサック氏だし。w
 彼の著作、「Technique and Operation of the Gas Chambers 」のハイライト
はクレマトリウムは図面のものから改造され、ガス室となったのだという主旨
で書かれているのでその辺には彼なりの拘りがあるようですねー。

 また、加藤氏が書くように彼は確かに、アウシュヴィッツの図面にGaskammerと
書かれた建物を取り上げています。勿論、「薫蒸室」としてね。
>http://www.mazal.org/Pressac/Pressac0051.htm
まぁ、詳細は読んで頂くとして別に彼はこの建物を殺人ガス室とは
考えていないようではあるけどなぁ。
それにしても加藤氏はプレサック依存度、高いなぁ。好きなんだな、きっと。w
622世界@名無史さん:2006/03/11(土) 12:40:58 0
明日、アウシュヴィッツ平和博物館に行く予定なんですが、
何か見所があったら教えてください。
623世界@名無史さん:2006/03/11(土) 13:16:43 0
>http://www.am-j.or.jp/
ここ見て決めんしゃい。
624世界@名無史さん:2006/03/11(土) 14:29:25 0
>>622
石鹸
625世界@名無史さん:2006/03/11(土) 17:18:54 0
>>618
> 民間人を何か月にもわたって殺す理由が何なのか、
> わっぱりわからない。

一つにはやはり治安だろう。
ユダヤ人は社会のダニというのが当時の感覚ではないか。
戦争で多くの人が亡くなったり、不自由を強いられているというのに、
敵に通じているかもしれない社会のダニが自分と同じ街に住んでいる
なんてとても耐えられないはずだ。
626世界@名無史さん:2006/03/11(土) 17:38:15 0
>>621
> それにしても加藤氏はプレサック依存度、高いなぁ。好きなんだな、きっと。w

10万円も払って買ったから元をとらないと、ね。
627新入荷:2006/03/11(土) 19:04:57 0
○○教授の「ガス室」の笑点(その3)
――「殺人ガス車」問題――
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan_03.htm
628世界@名無史さん:2006/03/11(土) 19:50:15 0
>>618
隠れユダヤ人のヒトラーが反シオニストのユダヤ人を殺してただけ。

629世界@名無史さん:2006/03/11(土) 20:09:40 0
>>627
わざわざ○○と伏字にしたり、直接の引用を避けるという異様なまでの及び腰な姿勢が気持ち悪い。
630世界@名無史さん:2006/03/11(土) 20:12:59 0
本人のページにしっかり直リンクしてあるのにこの上名前まで晒せってか
631世界@名無史さん:2006/03/11(土) 20:15:22 0
>>630
プロの研究者を相手にしてるんだから名前を出すのは別に行き過ぎじゃないと思うよ。
632世界@名無史さん:2006/03/11(土) 22:48:30 0
>一つにはやはり治安だろう。
>ユダヤ人は社会のダニというのが当時の感覚ではないか。
>戦争で多くの人が亡くなったり、不自由を強いられているというのに、
>敵に通じているかもしれない社会のダニが自分と同じ街に住んでいる
>なんてとても耐えられないはずだ。

また、ボウフラが涌いたかwWWWWWWWWwwWwWWWWwwwwwwwwwww
リビジョはティクロンbでも撒いたらどうなのかねWWWWWWWWWWWW

で本題、ドイツ保守右派とも言える実業家がWW1終戦後の混乱期に、ドイツ人のはねっ返りウヨにテロで殺されますた。
実は殺された実業家はユダヤ人でしたが、その葬儀には万単位の人があつまりましたとさ。
633世界@名無史さん:2006/03/11(土) 22:55:58 0
>>627
ぼうふら>>625が暴言電波飛ばしまくってますが、何か言うことはないのですか?
634世界@名無史さん:2006/03/11(土) 22:57:26 0
身内の暴言はスルーでコピペ推奨なのがリビジョニストクヲリティ
635世界@名無史さん:2006/03/11(土) 23:33:50 0
>>634
>>625はリビジョじゃないだろ。ホロコースト前提で話してるんだから。
636神奈川県の住民だが:2006/03/11(土) 23:53:46 0
>>615
> 600万人ってさ、神奈川県民全部殺すより多いんだよ。

ホロコーストが捏造かどうかは知らないが、少なくともこの文は虚偽だな。
神奈川県の人口統計を調べてミソ。いまは880万人を超えてるがね。
600万人より少ないって、いったい、何十年前の話をしているんだ。
637世界@名無史さん:2006/03/12(日) 00:03:04 0
1974年以前に県内で学齢期をすごした可能性がある。
638世界@名無史さん:2006/03/12(日) 00:28:31 0
>>637
そんなチェックしてどうするんだよ。。検閲してんのか キチガイ!
シオニスト!
639世界@名無史さん:2006/03/12(日) 00:38:03 0
シオニストじゃなくて、ゲシュタポだろ
640世界@名無史さん:2006/03/12(日) 00:47:58 0
シュタージ。
641世界@名無史さん:2006/03/12(日) 01:33:55 0
チェキストは?
642世界@名無史さん:2006/03/12(日) 02:01:23 0
およそ600万と言われる人をわずか数年の間に虐殺するということはたしかに
現代ニッポンの日常感覚をはるかに超えている。だが当時の実行者たちにとっ
ても決してたやすいことではなかったようだ。

移動射殺部隊の隊員に任務忌避者や精神を病む者が出たというのは有名な話。

射殺に比べれば精神的負担が少なくて済むということで導入されたとも言われる
ガス処刑という方法は、アウシュヴィッツのガス室のなかにその発展の最高形態
――もっとも工業的に洗練された形態を見ることができるわけだが、それとて困
難がないわけではなかった。

一番の問題は大量の死体の処分。アウシュヴィッツでは、はじめのうちは地面に
巨大な壕を掘って埋めていたが、のちに壕の中で火葬するようになり(42年9月
以降)、さらに複数の火葬場が建設されてからは(43年3月以降)そこで火葬す
るようになったと言われている。そして処理すべき死体の多さからか、能力の限
界まで炉を酷使していたことが数々の証言から知られている。

だが実際にどういう期間にどの程度火葬炉に負担をかけていたのかが数字的に
はっきりと分かるものはこれまであまりなかったと思う。そこで限られた期間につ
いてではあるが、火葬炉の能力に関する当時の文書と火葬場への燃料(石炭)
の搬入量、そして推定される死体の数をもとにその実態をグラフに表してみた。

http://www.imgup.org/iup175288.jpg

イェーリング報告(43年3月17日)や
http://www.imgup.org/iup175289.jpg
カムラー宛報告(43年6月28日)
http://www.imgup.org/iup175291.jpg
の画像(一部翻訳)はこちら。

死亡登録数、移送数については>>564のデータを参照。
643世界@名無史さん:2006/03/12(日) 02:07:18 0
計算の仮定として、操業可能な複数の火葬場はあたかも1つの火葬場であるか
のようにそれぞれ同じ時間数だけ運転されたと考えているので、燃料効率の違
いによって最適化すれば多少は火葬可能数の増加が望めるかもしれない。だが
とりあえずの推定としてはこれでいいのではないかと思う。

いずれにしても43年の8月から9月にかけては、場合によっては火葬可能な数
の2倍近くの死体を焼却しなければならなかったことがうかがえる。石炭搬入量
のデータが完全でなく、したがって実際にはもっと多くの死体を火葬する能力が
あったという可能性もあるが、移送者数から推定される処理すべき死体の数の
増加はあまりに急激かつ大幅である。おそらくかなり炉を酷使したものと思われ
る。あるいは少数説(Zimmerman(1999), Body Disposal at Auschwitz)にもとづ
けば、炉の代わりに屋外の壕が利用された可能性もある。

このように43年の8月から9月にかけての死体処理は一つの問題であったと思
われる。
644世界@名無史さん:2006/03/12(日) 02:51:23 0
どっちにせよ、焼却した遺体のありかが依然不明なのは変わらんし、「屋外
の濠が利用された」ってんなら、そこから遺体は出てくるハズだろうが。し
かも多大な数の遺体が出てこんけりゃおかしいし(「屋外」で焼却した遺体
は炉内で焼却したのよりかは燃え具合は悪いハズ。そこを掘ればザクザク出
てくらあね。おまけに、「8月から9月にかけて」ならば、当然、夏まっさ
かりだから、炉の焼却効率は落ちとろうが(冷却時間と炉の周辺での作業)
「屋外」での焼却もさぞや難儀だったろうな)
645世界@名無史さん:2006/03/12(日) 03:09:18 0
ソ連の突貫攻撃は有名ですね。「うらーっ」てヤツ。んで一斉射撃されて全滅。
さらに「うらうらーっ」て突撃。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロシア人って日本人より下等だな。
スターシップトルーパー(宇宙の戦士)は日本人がモデルらしく、
女王蜂=天皇で、兵隊蜂=日本軍ってイメージなんだよな。戦略も戦術も
捨てて、死体の山を築くことで女王蜂を守ろうって戦いなんだよ

作者のハインラインは特攻隊で日本人に対する気味悪さを憶えた
んだと思う。
でもさ、特攻隊、精鋭による狙いを定めた攻撃じゃん。

ツアーリ=書記長が女王蜂で、ソ連軍が働き蜂、これが歴史的事実だ。
646世界@名無史さん:2006/03/12(日) 05:02:23 0
>>371
肯定派の質問に答えるのは本当にリヴィジョニストだけですか。
www.idgr.de/texte/geschichte/ns-verbrechen/fritjof-meyer/index.php
例えば、ピペルとマイヤーの内紛はどう説明すればいいのですか。
>>172がリヴィジョニストである「証拠」を挙げて「証明」して下さいよ。
―――――アルカイダを「捏造陰謀でっち上げ」だと言ってる人も居る位ですから。―――――
>>172を始めとする「実験データを乗せるのが馬鹿馬鹿しいくらい基本的な式」を
確証する「典拠資料・典拠文献」および数字や計算式を支持する
「複数の自然科学者および工学者」などを挙げて下さいよ。
>636 :神奈川県の住民だが :2006/03/11(土) 23:53:46 0
これだけで本当に神奈川県の住民と言い切れますか。
ホロコースト正史派の問題点は大量ガス処刑が間違いなくほぼ順調に進んでいる状況を前提としている事。
最悪の状況や手違いなどのトラブルやアクシデントや不可抗力の場合を殆ど想定していない事。
考えられないミスをする愚かだと考えておく方が無難。
最近ではジェイコムの誤発注も「ありえない」とされていましたね。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/medical_malpractice/?1141787474

>>554
> >546はねぇ。まだ伝聞の域を出ませんね。なんか又聞きの又聞きみたいで
>どこが情報元がよくワカラン。ホテルのボーイさんですかね、情報元は。
数字や計算式の「(典拠資料・典拠文献)」などをまともに挙げない>>172>>371に対しても同じ指摘をしてね。

>>587
>だから問題の命令書を含む一部の命令書が90年代以前に
>すでに発見されていたとしてもぜんぜんおかしくないし、
>ちっとも矛盾しないんじゃないか?
命令書は「いつ、どこで、だれが、どのようにして」90年代以前に発見されたのですか。

「つくる会」はすでにシオニスト機関【コイツラの正体がぼちぼち解ってきたかな?】
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/101.html
これはおまけ
647世界@名無史さん:2006/03/12(日) 05:03:53 0
試訳:東部占領地区での特別行動部隊の役割
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/treblinka/07.htm
http://vho.org/GB/Books/t/#
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_qa/05.htm
>マンシュタイン元帥裁判での一例をのぞいて、
>「特別行動部隊報告に記録されている犠牲者数の信憑性はまったく検証されていません。」
>オーレンドルフ部隊の報告は、
>1942年11月にシムフェノーポリで10000名のユダヤ人を殺したと述べていました。
>しかし、マンシュタインの弁護人であるイギリス人パゲットは、その他の証拠を使って、
>この当時、シムフェノーポリでは1度しか処刑が行なわれていないこと、
>そこではせいぜい30名しか処刑されておらず、
>ユダヤ人はその一部にすぎなかったことを明らかにすることができたのです。[9]
>[9] R.T. Paget, Manstein, His Campaign and Trial, London, 1951. 
>私はドイツ語版のManstein: Seine Feldzüge und sein Prozess, Wiesbaden, 1952, p. 199.から引用した。
>この数字はオーレンドルフによる「誇張」だったのでしょうか、
>それとも「資料の捏造」だったのでしょうか。
オーレンドルフは信用できる証人なんですか。
そしてオーレンドルフは正確な虐殺人数を証言したのですか。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/weber_03.htm
http://www.ihr.org/jhr/v20/v20n5p25_Weber.html
正史派が600万人を確定させるのに使った「一次資料とユダヤ人の定義」は何。
例えばソ連は自己申告制でナチスとは条件が違う。
648世界@名無史さん:2006/03/12(日) 05:07:57 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/piper_01.htm
http://www.auschwitz.org.pl/html/eng/aktualnosci/news_big.php?id=563
3.ソ連アウシュヴィッツ犯罪調査委員会は、
焼却棟の処理能力と稼働期間にもとづいて犠牲者数を確定しようとしたが、
その方法にそった試みは、依然として行なわれている。
しかし、焼却棟の稼働期間、その処理能力を確定しうる信頼すべき資料がないために、
このような計算方法は間違いである[7]。
[これも、「盗人猛々しい」一文である。
ホロコースト正史派の研究者は、ビルケナウの焼却棟の処理能力が、
「大量ガス処刑」の犠牲者を想定するほどの高い焼却能力を持っていたことの文書資料的証拠として、
1943年6月28日の中央建設局長ビショフ書簡
(焼却棟TからXまでの合計で1日4756体の処理能力)をしばしば引用してきたからである。
ピペル自身も、自分の1998年の論文の中で、このビショフ書簡を使って、
焼却棟の焼却能力=「1日4756体」を紹介している。
F.Piper, Gas Chamber and Crematoria, Anatomy of the Auschwitz Death Camp,
edited by Y.Gutman and M.Berenbaum, 1998.
焼却棟の処理能力に関する数字が、プレサックや、
修正主義者の批判によって、いちじるしく下方修正され、
「大量ガス処刑」の犠牲者を想定したものではなく、通常の死体焼却を想定したもの、
すなわち、ビルケナウ収容所が「絶滅センター」ではなかったことが明らかになると、
ピペルは、豹変して、こうした研究を「間違い」と論じるようになっている。]
649世界@名無史さん:2006/03/12(日) 07:09:31 0
>>646
八木解任、種子島就任とイスラエル、ユダヤは
全く関係ない話w どっちかというと早稲田閥(元成長の家系運動家)、日本会議、
作る会執行部、間の綱引き。早稲田閥の跳ね返りを抑えられなかった八木(早稲田卒)
が責任を取らされて、内紛に関与していない第三者の種子島が選ばれたってこと。
執行部の藤岡も責任を取らされてる。
種子島は教科書作成には実質関与してないはず。

つまり会長という名がついているからといって作る会のイデオロギーを支配している人物という
わけではないw名誉職みたいなもんだ。

あと親イスラエルというのが特に問題になるのかな?イスラエルの運動家の
中には特に日本を敵視する人間も多いんだよ。そういう中でイスラエルの中枢と
コネを持てる右の人間は必要。日本人にとって、ナチスのホロコースト否定wに
手を出して日本を潰すより、そんな関係ないことに手をださずに日本を
優先するのが当たり前のこと。

幕屋にしても協力団体の一つであって、作る会=幕屋とするのは
短絡的。どんな組織でも裾野を広げると、色んな要素を含んでくるもの。

幕屋の番組の出演に関してだが、創価学会の雑誌に投稿する学者はたくさんいるが、彼らの
殆どは非創価学会員だよ。

650世界@名無史さん:2006/03/12(日) 08:09:08 0
西尾幹二は、本音の本音では、ホロコーストに疑問を持って
いたフシがある。彼が「正論」や「宝島30」に書いた文章には
ホロコースト見直し論への含みが感じられる。
651世界@名無史さん:2006/03/12(日) 09:35:06 0
西尾幹二はマルコポーロの例の記事を褒めてたんだよ。
しかしマルコポーロがSWCの圧力を受け始めたときに何も言わなくなった。

「厖大な積み重ねのあるホロコースト研究に対して自分が口をはさむ余地はない」
そういう意味のコメントを言って、黙った。
情けなかったけど。まあそうしないと大学も追い出されただろうな。
652世界@名無史さん:2006/03/12(日) 09:59:35 0
厖大な積み重ねのおかげでゴミ屋敷と化してしまって手のつけようがない
653世界@名無史さん:2006/03/12(日) 12:04:39 0
あああ、なんか>621って電波っぽい文章になってるなぁ。(- -;)
対象をぼかしつつ批評するって難しいね。
加藤氏とか「逆転裁判」はそのあたりうまいよなぁ。文才無いわ、私。
>622
もう出発しちゃいましたかね。先入観を持たずに色々見てみるのがいいと思うよ。
「何がどう、起こったと言われているのか」が掴める施設だといいね。
ガス室等の細かいことはその次に調べるのがいいでしょう。
気を付けていってらっしゃい。
>626
Σ(´Д` )そんなにするの? たっかいなぁ。良く買ったねぇ、加藤氏。
研究資料だからしかたないのかなぁ。ビンボーしてんじゃないかなぁ。
>631
論争をふっかけようってんなら実名を上げないと説得力が無いよね。
「私の事だろうなぁ」くらいじゃあ反論すべきかどうか相手も迷うでしょ。
もしやそのあたりが狙いなのかもね。w いや、ジョークですよ。
>642
 あなたは何者? すげぇな。さっそく保存しました。
私は今のところ焼却炉も酷使されたし、焼却壕も使われた、という説を取りたい。
焼却壕後からはslabは発見されているし、炉の故障についても資料が
残っていたと思うから。資料を捜しておきます。
>644
連続焼却炉だから冷却時間は清掃手入れの時以外は不必要と思うが。
>646
事故は事故だからねぇ。「想定外」ってヤツですわ。
それに私達はどうがんばっても歴史の現場に立ち会う事はできないからね。
全ての可能性を網羅するのは無理ですよ。
「600万人説」はその根拠を探っただけですよ。根拠はあったでしょ。
654世界@名無史さん:2006/03/12(日) 13:10:01 0
>>653
>「600万人説」はその根拠を探っただけですよ。根拠はあったでしょ。

「マトモな」根拠は無い。宣伝工作である根拠はあるけど。
655世界@名無史さん:2006/03/12(日) 13:33:18 0
>>653
> Σ(´Д` )そんなにするの? たっかいなぁ。

10万あれば永岑がHPでベタベタと並べている本を全部買って、
さらにそのあとで寿司を食いにいけるかも。
って、教員の研究費を使ってるなら寿司は無理かw


> @ 1989年『アウシュヴィッツ:ガス室の技術と作動』
>
> 553頁にもおよぶ@がプレサックの主著である。…
> 当研究会は数年前に、古本を1000ドルほどで入手した
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/document.htm
656世界@名無史さん:2006/03/12(日) 14:40:45 0
『日本コカ・コーラは反日女優キム・テヒのCM放映を強行中!』

テヒ姫の名言「日本は嫌い。日本に行くのも嫌。」
         「日本人は猿。世界で一番卑しい民族」

爽健美茶のCMガール「キム・テヒ」は、スイス親善文化大使であるにもかかわらず、
スイスでは友好そっちのけで、嬉々として反日活動を行った筋金入りの反日女優です。
反日とは無縁の国で日本を辱めたくせに、日本で金儲けだけはしたいという厚顔無恥ぶり。

「日本コカ・コーラ」は、このような消費者の怒りをまったく意に介さず、
むしろ挑発的ともとれるキム・テヒCM放映の強行を続けています。
これでは、消費者も強硬手段に出ざるを得ません。

すなわちアメリカの本社The Coca-Cola Companyへの直接抗議です。

ご協力お願いします!!!
coke feedbackhttp://www2.coca-cola.com/contactus/cokefeedback/index.html
consumer email formhttp://www2.coca-cola.com/mail/eQuery_other.html
翻訳サイトhttp://honyaku.yahoo.co.jp/(日本語のままでも大丈夫だと思うがなるべく長文にすると熱意が伝わる模様)

要点「上記の件で、今日本では大規模なコカ・コーラ不買運動が起こっている」
   「日本コカ・コーラでは取り合ってくれないのでそちらに連絡した」
   「非常に気分を害するCMなので本社として即刻やめさせてほしい」
   「この問題が日韓の外交問題に発展した場合、誰が責任をとるのか」
   「ここだけの話、韓国ではよく反米デモで星条旗が燃やされている」等々
657世界@名無史さん:2006/03/12(日) 14:43:27 0
キム・テヒってかわいいな。
658世界@名無史さん:2006/03/12(日) 15:04:51 0
>「マトモな」根拠は無い。宣伝工作である根拠はあるけど。

ガス殺600万人説を論破するなんつうのは売名行為ですか?


659世界@名無史さん:2006/03/12(日) 15:15:33 0
それなんてフィッシング?
660新入荷:2006/03/12(日) 17:33:53 0
試訳:ホロコースト講義
3.4.8 文書資料的証拠[いわゆる「犯罪の痕跡」について]
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/348.htm
661世界@名無史さん:2006/03/12(日) 21:54:44 0
>>644
> 夏まっさかりだから、炉の焼却効率は落ちとろうが(冷却時間と炉の周辺での作業)

わざわざ冷却したなんて話あったかな?

>>653
> 私は今のところ焼却炉も酷使されたし、焼却壕も使われた、という説を取りたい。

ただ火葬炉だけで済んだという可能性もあるんだよね。ちょっと史料的根拠が不
詳なんだが、グイド・クノップは『ホロコースト全証言』で、火葬炉に投入する死体
の量や質を最適化することによって設計上の性能以上の能力を引き出すことに
成功し、43年末には毎日8000人の火葬が可能になったと書いている(266ページ)。
8月の段階で少なくとも1日4300人程度を火葬できていたなら、なんとかなった
かもしれない。

---------------
「迅速かつ『効率良く』ことを進める必要があった。なんといっても戦争中のことで、
焼却用のコークスを節約しなければならないからだ。加害者は実験を重ねる。
トプフ・ウント・ゼーネ社の技術者と協力して、収容所指導部は『特急作業』の方法
を考案した。ぞっとするような数々の実験の結果、一度に3人の死体を1つの炉で
焼くことになった。そのなかに栄養状態の良い死体が1体あれば、とくに効率よく
焼却できた。その1体の体脂肪によって、他のやせこけた2体の焼却が促進され
るからだ。また、男性2体を女性1体と一緒に焼却する方法も、とくに実用的である
ことがわかった。女性の死体は男性より体脂肪が多く、同じくコークスの節約に役
立った。新しい『処理方法』を考案した者たちは得意満面だった。『特急作業』によ
って炉の処理能力は倍増した。1943年末には毎日8000人をガス殺して焼却す
ることが可能になった。」

(グイド・クノップ『ホロコースト全証言』266ページ)
---------------
662神奈川県の住民だが:2006/03/12(日) 22:12:56 0
>>646
600万人なんて、かなりサバ読んでるんじゃねーのかなと思って
いたが、いわゆるリビジョニストって連中も相当なデムパだという
ことがよくわかったよ(w
漏れが本当に神奈川県に住んでるかどうかと、神奈川県の人口
が600万以上だって事実とは関係ないだろに。
2005年10月の国勢調査で神奈川県の人口は880万人。神奈川県
の住民と名乗ろうが名乗るまいが、数字に違いが出てくるわけじゃ
ない。
細々書いてるから、なんか意味があるのかと思ったら単なるキティ
だったのか。
663世界@名無史さん:2006/03/12(日) 22:22:07 0
>>661
毎日8000人ってあーた…。
664世界@名無史さん:2006/03/12(日) 22:25:32 0
>>662
> 600万人なんて、かなりサバ読んでるんじゃねーのかなと思って

神奈川の人、あんた間違ってるよ。
600万人ってサバ読んだ数字じゃなくて、神聖にして正確な数字なんだよ。
何しろホロコースト研究がいかに進展してもこの数字は変わらないからね。

普通の歴史学の数字は積み上げ方式なんだが、
600万人については違うんだな。まず600万人ありきだ。

一時大戦の時から600万だったという話もあるくらい伝統のある数字だから
変えられないんだよ。
665世界@名無史さん:2006/03/12(日) 22:58:20 0
>>661

クノップの調査レベル(↓

(3)チクロンBの投下穴・投下筒の写っていない「地下ガス室」(クノップ著『ホロコースト全証言』)
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/absurdity/003.htm
(4)普通の貨物トラックにしか見えない「殺人ガストラック」(クノップ著『ホロコースト全証言』)
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/absurdity/004.htm
(5)根拠が明示されていないキャプションによる「ホロコースト写真」(クノップ著『ホロコースト全証言』)
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/absurdity/005.htm
(6)2004年になってもまだ掲載されているダッハウの「殺人ガス室」写真(クノップ著『ホロコースト全証言』)
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/absurdity/006.htm
666世界@名無史さん:2006/03/13(月) 11:00:43 0
>655
 げ。1000ドルつーたらあーた、1ドル145円としたら
15万近いじゃあーりませんか。お金持ちなのかなんなのか。
どっからそんなお金が出て来るんだろう。
>661
あー、それかー。その話はシュロモ・ドラゴンの証言を元にしているね。
原書房「ホロコースト全証言」(268ページ)
それに対してホェスはその告白書でクレマ2と3について
「それには各3室に分かれた焼却炉5基があり、24時間以内に、各
2000人を焼却できる。焼却容量を高めることは、焼却技術の点から言って
不可能だった。それをやるとひどい故障がおこり、そのため何度となく
運転を全面的に休止しなければならなくなった。」
講談社学術文庫「アウシュヴィッツ収容所」395p
と書いている。試した事は試したが故障の原因になった、くらいの事では
無いかな。ただし、ホェスを信じるならクレマ2と3の焼却能力は
カムレルのメモよりも高い数字になっているね。その分、クレマ4と5は
使い物にならなかった、とも書いているワケだが。
>664
「何故、600万人説が無くならないのか」について考えてみましょうかね。
まずは、それを否定しきるまでの根拠のある学説が出てきていない点。
いろんな歴史学者さんが推計を出していて、それぞれに根拠もあるんだけど
決定的では無いところが弱いのよね。出てくる数字も「ミニマムで」ちうことだし。
つまり、当事者であるナチスの出した数字である「600万人」を決定的に
否定出来ないって事。
だから歴史学者達が「違うんじゃないか」と言っても「600万人説」は
なかなか消えないんだよ。
>665
それ、どれも焼却炉の使用方法に関係ないよね?
667世界@名無史さん:2006/03/13(月) 18:36:19 0
>一時大戦の時から600万だったという話もあるくらい伝統のある数字だから
>変えられないんだよ。

なんだよそりゃ、一段落、二段落は分るが、三段落の関連つけが恣意的なのだがw

ソースだしてよね。
668世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:36:40 0
>>666

試訳:アウシュヴィッツ:伝説の終焉
カルロ・マットーニョ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_01.htm
(一部抜粋=引用者)

(5) 石炭を使ったガス発生炉は、炉の清掃のために毎日の休息を必要として
いた。溶けて炉に付着した石炭の残余物が長い間には、発熱機のグリル棒の
あいだの燃焼空気の通過を阻害し、焼却炉の作動効率を低下させてしまうか
らである。ルブリン強制収容所の技師コリの1941年10月23日づけの
書簡[12]によると、強制収容所の焼却炉は最大限20時間だけ使われたと推
測できる

(10) ビルケナウの焼却棟Uの5つの炉で45人の肥満した成人の死体――1
室3人――を40分以内に焼却するという話(タウバー証人からの話)をまと
もに受け取ることができるのは、これらの炉の構造と稼働についてまったく無
知な人だけである。第一に、一人の成人の男性死体の焼却時間は平均で60分
である。第二に、二つの炉室を備えた発熱機の小さな燃焼能力――1室に一人
だけの焼却のために設計された――は、室温を600度(死体がガス化すると
きに発生する重炭化水素を燃焼させるのに必要な温度、少なくとも700度よ
りも低い)を維持するのには不十分であり、ましてや、1室で2体を同時に焼
却する場合には不十分である。3体を同時に焼却することは、熱力学的に不可
能なのである。
(つづく)
669世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:39:35 0
>>666

(つづき)
壕の死体焼却に関する目撃者の話は、壕の低い部分では酸素が不足しているた
めに、あり得ない話である。1871年、戸外の大量埋葬地で、セダンの戦い
での戦死兵士を焼却する試みがなされた。埋葬地をタールで満たし、それに火
をかけたが、最上層の死体が黒焦げになり、中間層の死体が焼かれ、最下層の
死体にはまったく影響がなかったのである。[20]


アウシュヴィッツ・ビルケナウの炉が1室につき最大の3000回の使用に耐
えられるとすると、約156000体を焼却できたことになる(プレサックに
よると、登録囚人のあいだの犠牲者は130000である(149頁))。67
5000体の焼却には、少なくとも4回の室の耐火壁の完全な張替えが必要で
ある。このことは、焼却棟U、Vだけで、256トンの耐火壁資材が必要であ
ることになる(ガス発生装置の壁を考えないでも)。また、同時に、(グーゼ
ンの経験にもとづくと)約7200時間の労働時間が必要となる。
670世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:51:07 0
>666は「天然煽り体質なにわ」と名乗ってたやつだな。
ウザがられて隔離スレ作れといわれてたけど、コテハン止めたのか。
671世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:53:50 0
たしか「もう来ねえよウワァァン」宣言しちゃってたからいまさらコテハンに戻れないんだろ
672世界@名無史さん:2006/03/13(月) 22:03:48 0
         ._
        /  \
        / ' 3 ` \
       ⊂\__ / つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」 はいはいわろすわろす
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/. | |.〃∩ ∧_∧
  | |-----------| |.    ⊂⌒(  ・ω・) 
                 `ヽ_っ⌒/⌒c     
                     ⌒ ⌒
673世界@名無史さん:2006/03/13(月) 22:05:51 0
>>668
> 3体を同時に焼却することは、熱力学的に不可能なのである。

どういう風に考えるとこういう結論がでるの? 解説よろ。
674世界@名無史さん:2006/03/13(月) 22:46:45 0
>>642の画像が消えたので一応再うp。

死亡者数と火葬可能数のグラフ
http://vista.x0.to/img/vi4225546289.jpg
カムラー宛報告(43年6月28日)
http://vista.x0.to/img/vi4225557611.jpg
イェーリング報告(43年3月17日)
http://vista.x0.to/img/vi4225554404.jpg

>>666
> それに対してホェスはその告白書でクレマ2と3について

うわぁ、ヘスがそんなこと言ってたのか…。ヘスの陳述をもとに考えると、クレマ3
とクレマ5しか操業していなかった43年8月に一日4300人以上を火葬するのは
難しそうだね。

ただ、そうすると焼却壕を使った可能性を考えなければならなくなるわけだが、こ
の時期に焼却壕についてはあまりよく分かってなかったと思う。使うとしたら解体
されずに残っていたブンカー2の近くの壕なのかな?

> その話はシュロモ・ドラゴンの証言を元にしているね。

たしかに火葬場の火夫の証言として、1つの炉に3体投入したというシュロモ・ド
ラゴンの証言が引用されているけど、クノップの記述はこの証言だけで書ける内
容を超えてるね。他にも何かありそうだ。
675世界@名無史さん:2006/03/13(月) 22:53:49 0
シュロモ・ドラゴンの証言

---------------
「3人めの死体を投げ込み台の上に載せるときには、先に炉のなかに入った2体
はもう燃えはじめています。あまりの熱さにしばしば手足が萎縮します。だから
大急ぎで作業しなければなりません。急がなければなりませんでした。棒立ちに
なって手足が固まってしまうと、3人めの死体を投げ込み台の上に載せるのに苦
労するからです。投げ込み台を炉のなかへ押し込むと、囚人の1人が熊手をフォ
ークのように使って死体を固定し、他の2人が投げ込み台を死体の下から引き抜
きます。炉が一杯になるとすぐに扉を閉め、次の炉に向かうのです」。

自分に強いられた忌まわしい作業を、シュロモ・ドラゴンはこのように語った。

(グイド・クノップ『ホロコースト全証言』268ページ)
---------------
676世界@名無史さん:2006/03/13(月) 23:21:22 0
>>673

文盲。

>二つの炉室を備えた発熱機の小さな燃焼能力――1室に一人
>だけの焼却のために設計された――は、室温を600度(死体がガス化すると
>きに発生する重炭化水素を燃焼させるのに必要な温度、少なくとも700度よ
>りも低い)を維持するのには不十分であり、ましてや、1室で2体を同時に焼
>却する場合には不十分である。

1室に一人だけの焼却のために設計された
1室に一人だけの焼却のために設計された
677世界@名無史さん:2006/03/13(月) 23:32:30 0
はて、リビジョニスト的に言うなら、焼却炉の機能にその程度の余裕を持たせておくのは当然ではないかね。
678世界@名無史さん:2006/03/14(火) 00:14:34 0
>>661

試訳:フリツォフ・メイヤーの新説批判
――「ブンカー」主犯説とガス処刑犠牲者356000名説をめぐって――
カルロ・マットーニョ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_09.htm

戦後、彼は、焼却棟U(したがって、コピーである焼却棟V)の炉が焼却で
きたのは、1燃焼室ごとに1時間1体であったと述べている。この典拠資料は、
1946−48年にソ連の防諜組織スメルシュがプリュファー技師に行なった尋問
である。それは、フレミングによって公表されている[22]。
 1946年3月5日の尋問で、ソ連の尋問官は、「アウシュヴィッツでは1時間に
何体が焼却されたのか」を知りたがった[23]。
 これに対して、プリュファーはこう答えている。
「15の燃焼室をもつ5つの炉では、15名が焼却されました。」
 このことは、1燃焼室ごとに1体の焼却時間が平均1時間であったことを意味
しており、焼却棟W(と焼却棟X)の理論的な最大処理能力が24時間で192体
――1942年9月8日のプリュファーの書簡にある数字の半分――であったことを
示している。
 1946年3月19日の尋問で、プリュファーは次のように説明している[24]。
「私は、炉に課せられた非常に大きな負担についてすでに申し述べました。私
は主任技師のザンダーに、炉が過度の負担に耐えることができるかどうか心配
していると話しました。私のいるところで、1体ではなく、2体が一つの燃焼室
に入れられましたが、炉はその負担に耐えることはできませんでした」。(強
調――引用者)
 したがって、一つの燃焼室で2体を焼却することはできなかったのである。
もちろん、ここで念頭においているのは、燃焼室を損傷させずに、燃焼時間
と石炭消費量を2倍にしないという、合理的で経済的な焼却である。
679世界@名無史さん:2006/03/14(火) 00:25:19 0
ほほう
680世界@名無史さん:2006/03/14(火) 00:36:54 0
証言をもとにしてるので信憑性は薄いね。
681世界@名無史さん:2006/03/14(火) 01:55:26 0
誇張してるんだろううね
682世界@名無史さん:2006/03/14(火) 03:58:27 0
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=2194;id=sikousakugo#atop
>戦前の日本の持つ暗部に目をつぶり、過大な肯定的評価をする者は今まで多く目にしてきたの
>ですが、日本語のサイトで以下のような主張を目にするとは思わなかったので、とりあえず主張
>の一部だけでも反論を書き上げてみました。
>ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html
>
>〜添付ファイル〜
http://t-t-japan.com/bbs2/data/sikousakugo/file/Z3.txt
>・名前 : Z3.txt
>・サイズ : 4.4KB
683世界@名無史さん:2006/03/14(火) 04:37:54 0
>>682
んー、サイトがすげ偏ってるなぁw

つか
>「ロイヒターは現在のアメリカの処刑設備を前提に、人間の殺害のためには三二〇〇ppmの濃度が必要だと仮定した。しかし、
> 実際には人間を殺すには三〇〇ppmで十分であり、虱駆除の方がはるかに高い濃度が必要だった。
これは虱駆除したら人が死ぬって事かw?
684世界@名無史さん:2006/03/14(火) 07:38:06 0
>当掲示板は K-K と とほほ が共同管理運営する、フリートーク掲示板です。自由に書きこんでください。(^.^)
メール登録制にもかかわらず、フリーで自由にとは恐れ入った。
>ただし「南京事件は無かった」とか「侵略ではない」等とデマを書きこんだりすると書きこむのはご自由ですが私共の猛攻撃がありますのでご注意下さい(^^;(管理者権限により恣意的に投稿を削除したり排除するような事はしません。
つまりメールで攻撃する可能性はあると。
685世界@名無史さん:2006/03/14(火) 10:41:23 0
さてさて、ムダな煽りは無視して、話題を進めたいと思うですよ。

次第に話題は「焼却炉の性能」に移行しつつあるけれども、私は
「600万人説」にもう少しこだわりたい。
 前レスで書いた理由以外に未だにこの数字がまかり通る理由として、
否定派諸氏がよく話題にする「ユダヤ人の都合」というのがある。
私、これは案外あるかもしれないなぁと思ってます。
まぁフィンケルスタイン氏もウソは書かんじゃろ、とも思うし。w
 さすがに私自身は何か資料をもってそうだとは、言い切れないんだけど
被害を被った側としては、当初の数字から減少していくのは心情的に
納得しがたいのではないかと思うのね。
自分たちに降りかかった不幸が矮小化されていくような感覚があるのではないかな。
「そう言ったって600万人も400万人も信じられない程の大量殺戮じゃん」
とは思うんだけど、こればっかりは当人達じゃないので解らない。
ただ、そう言った政治的抵抗はやっぱりあるでしょう。
 後、象徴的ちうか概数としての「600万人」という側面もやはりある、と思う。
「ホロコーストと言えば600万人」というキャッチコピーちうか、ね。
>664氏が指摘したようなそういう認識ができつつあるのではないかな。
これはいっちゃんヤバイと思うね。
「ホロコーストって。あぁ、ユダヤ人が600万人殺されたってヤツね」
「いや、正確には違うんだけどね、人数は解らない(ry」てな会話は
想像するだに疲れるし。ホロコーストの実態とはかけ離れた話だわね。
また、こうなってしまうと訂正が難しいんだわ。
未だに「ナチスドイツは配給の石鹸をユダヤ人の遺体から作っていた」なんて
話が通用しちゃう現状を見てもそう思うね。
「人間の遺体から脂肪を取り出す実験」については私の「ワカラン箱」に入ったまま
なくらいの実態の解らない事ではあるけど、上に書いたような事は無い。
少なくとも石鹸を製造するまでには至っていない。
ところが否定しても否定しても上のようなうわさ話は消えないワケだよ。
一種の都市伝説化してしまってるんだね。怖いことだね。
というわけでみなさん、ホロコーストについて歴史学上では今現在、
どう言われているのかについてもちったぁお勉強しましょうね、てなこったよ。
686世界@名無史さん:2006/03/14(火) 11:14:54 0
さて、個別にお返事。
>668
なるほど、マットーニョ氏はそういやそんな事、書いてましたな。
でもねぇ、焼却壕についてはね、「ほんとかぁ?」てな思いがあるよ。
だって穴ほって焚き火したって底の薪までちゃんと燃えるもの。
穴の底が酸素不足ってこたぁ無いでしょ。
それならロイヒターさんの「穴の底は水が出てくるから燃えないよん」説
のほうが説得力あるなぁ。焼却炉については、しばしマテ。
>670
ウザイか。そうか。じゃ、もうしばらく居ることにしよう。w
>674
そうなのよ。でもね、ホェスは現場の作業をいちいち監督していたワケでは
無いと思うのね。現場報告を鵜呑みにしている可能性もある。
「現場を見る事無く、見ていた」ちうヤツですわ。なんっつても所長だし。
焼却炉については、しばしマテ。
>680
あのね、資料のタイトルも見ようね。「ホロコースト全証言」ね。
証言を基に書いてなかったら詐欺でしょう。
ついでに紹介しておこう。この本の著者のグイド・クノップ氏は
ジャーナリスト上がりの歴史学教授で、この本はTVドキュメンタリーの
ダイジェスト的に制作された本です。したがって各説に根拠資料が示されていない、
通読しないと全体像が掴みにくい、という欠点はありますが、通読すれば
「今現在、歴史学上で言われているホロコースト」を理解することができる良い本です。
ただ、長くて文章が硬いので読みにくいですがね。
>683
君の理解は正しい。そう言うことが書いてあるよ。
>684
とほほ氏は短気だからね。メールじゃなくて掲示板で叩かれます。

さて、焼却炉については制作したトプフ社の資料に当たってみる事にしましょう。
これは結構、大変な作業になりそうなのでシバシマテ。まずはプレサックあたりから。
マジでやるのか、俺。イャーンな感じ。w
687世界@名無史さん:2006/03/14(火) 11:20:19 0
なにわ、もういいよ
688世界@名無史さん:2006/03/14(火) 12:02:33 0
>>686
完全に開き直ってるじゃん、なにわ。まあいいけど。
しかし変えても良いけど何かコテハンつけたら?アボーンしやすいし。
689世界@名無史さん:2006/03/14(火) 15:29:29 0
粘着乙。
なにわっていうのはアボーンしたいほどの強敵なわけね。
690世界@名無史さん:2006/03/14(火) 15:48:11 0
>>689
自演乙
なにわは長文でウザいだけ。
691世界@名無史さん:2006/03/14(火) 15:52:52 0
>>690
おまい頭いいな。
自演は見抜くし、長文は「読めない」じゃなくて「ウザい」だもんな。
692世界@名無史さん:2006/03/14(火) 17:24:37 0
>>651
藤岡はどうなの?
693世界@名無史さん:2006/03/14(火) 17:36:00 0
俺はあったと思うんだけど

俺はホロコーストより独ソ戦のソ連側死傷者の方が疑わしい
ドイツ軍に罪を擦り付ける為に、
ソ連側の不備で死傷した人間の死者も含めているような気がする
694新入荷:2006/03/14(火) 20:45:21 0
試訳:ホロコースト講義

3.5.1 トレブリンカ、大量殺戮現場
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/351.htm
3.5.2 凶器
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/352.htm
3.5.3 ディーゼル・エンジンの毒性?
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/353.htm
695世界@名無史さん:2006/03/14(火) 22:10:38 O
696世界@名無史さん:2006/03/14(火) 22:41:55 0
>>686
> ホェスは現場の作業をいちいち監督していたワケでは無いと思うのね。

なるほど。この問題はいろんな情報源にあたらないと判断が難しそうだね。

> 焼却炉については、しばしマテ。

まあ無理せずに。既にいくつかの考え方や意見を出してもらっているのでこちら
としてはもう満足だよ。
697世界@名無史さん:2006/03/14(火) 23:35:56 0

ユダヤ人は日本に移住して欲しい ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1081358754/ ユダヤ人を差別する奴は頭がおかしい ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1141561539/

ナチスはユダヤ人にひどいことをしたよね(´・ω・`) ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1141998409/
人類はユダヤ人にひどいことをしたよね(´・ω・`) ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1141998648/
ユダヤ人を差別する奴は頭がおかしい ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1141561539/
ひろゆきは責任もってユダヤ人差別発言を通報しろ ttp://ex9.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1135482420/
日本人はユダヤの失われた12支族であることは明白ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1141736822/
世界最大の捏造? ホロコースト36ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1140520834/
ホロコーストは、イスラエルの免罪符と成りえるか?ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1080354068/
ジャップはユダヤ人に酷いことをしたよね(´・ω・`)
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142007436/
日本人を救ったユダヤ人、ユダヤを裏切ったジャップ
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1142007640/
698世界@名無史さん:2006/03/14(火) 23:40:31 0
>>682
試行錯誤のとほほさんは実にマメだな。全部記録にとってるのか。しかも論敵に
対しても公平。こりゃ敵に回したくないタイプだ。しかもその根底にあるのは良識
のために闘っていますという使命感か。すいませんでしたと頭を下げるしかないね。

ところで過去の発言録を見ると、自分はユダヤ陰謀論者ではないという西岡昌
紀の主張に対して、「信じるしかありません。」と留保するコメントをつけているが、
まあそんなに警戒する必要もないと思う。

というのは西岡昌紀の『アウシュウィッツ「ガス室」の真実』の最後のほうをよめば、
西岡がアメリカ政治におけるシオニストロビーの影響力を限定的にとらえている
ことが分かるからだ。ユダヤ人はアメリカ政治を支配してはいないと西岡は考え
ている。

むしろ西岡にとっては重要なのは、自分はSWCに攻撃されたというその一点だけ。
自分のことを巨人に立ち向かうダヴィデか何かだと思いたいらしい。実に小市民的、
自己満足的な動機である。

ちなみに『アウシュウィッツ「ガス室」の真実』という本のホロコースト史に関する
部分は、このスレの住人にとっては読む必要がない。同書の内容はどうも知らず
知らずのうちに小分けして投稿されているようである。
699世界@名無史さん:2006/03/14(火) 23:47:44 0
んなことはどうでも良い。
700世界@名無史さん:2006/03/15(水) 00:37:35 0
>>649
>種子島は教科書作成には実質関与してないはず。
>つまり会長という名がついているからといって作る会のイデオロギーを支配している人物という
>わけではないw名誉職みたいなもんだ。
>幕屋の番組の出演に関してだが、創価学会の雑誌に投稿する学者はたくさんいるが、彼らの
>殆どは非創価学会員だよ。
その反論はホロコースト証言は無条件に信用できる「はず」と同じ気がしますが。
とりあえず他の雑誌との投稿割合(%)の比較データを提示して下さい。

>あと親イスラエルというのが特に問題になるのかな?イスラエルの運動家の
>中には特に日本を敵視する人間も多いんだよ。そういう中でイスラエルの中枢と
>コネを持てる右の人間は必要。日本人にとって、ナチスのホロコースト否定wに
>手を出して日本を潰すより、そんな関係ないことに手をださずに日本を
>優先するのが当たり前のこと。
>>米国、ユダヤ・ロビーが反イスラエル教官への「魔女狩り法案」を強要
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/809.html
http://www.globalresearch.ca/
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/155.html
http://www.flamingpear.com.my/gpf/michaelc_slide.wmv
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=CHO20051221&articleId=1576
http://asyura2.com/0601/war77/msg/268.html
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/619.html
911アルカイダ修正主義見直し論者であるが故に「ホロコースト弾圧法」で訴えられたチョスドフスキー。
幕屋は全員チョスドフスキー教授の爪の垢を煎じて飲むべき。幕屋はチョムスキーと同類の似非です。
ホロコーストの真実が暴露されるとイスラエルこそ潰れるのではないのですか。
チョスドフスキー教授は真実を追及する事でイスラエルが瓦解したとしても決して真実を追究する事を止めないだろう。
幕屋は全員ホロコーストの歴史的真実の追究は勿論だが、
チョスドフスキー教授のように911アルカイダの歴史的真実の追究さえ決して出来ないだろう。
幕屋は全員チョスドフスキー教授の足元にさえ及ばない。
701世界@名無史さん:2006/03/15(水) 00:38:28 0
>>653
>連続焼却炉だから冷却時間は清掃手入れの時以外は不必要と思うが。
思うが。だけではダメですよ。
炉の限界能力や必要石炭消費量などを「熱力学」を使って算出しないと。
それとは別に炉の稼動可能日数なども算出する必要があります。

>事故は事故だからねぇ。「想定外」ってヤツですわ。
>それに私達はどうがんばっても歴史の現場に立ち会う事はできないからね。
>全ての可能性を網羅するのは無理ですよ。
全ての可能性を網羅想定しないとダメだと言っているのですが。
隣は焼却炉ですよね。

>>653 >>666
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/weber_03.htm
http://www.ihr.org/jhr/v20/v20n5p25_Weber.html
>>正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。
>>例えばソ連は自己申告制でナチスとは条件が違う。
繰り返しますが、600万人を確定させるのに使用したユダヤ人の定義と一次資料を提示してくれませんか。

>>662
神奈川県の人口に「ユダヤ人の定義」など必要ないでしょう。
702世界@名無史さん:2006/03/15(水) 04:42:01 0
600万人の根拠となる一次資料は、誰も出せないのでしょうか?
そんなレベルで、よく『ホロコーストはあった』なんて主張ができるなぁ。
703世界@名無史さん:2006/03/15(水) 04:44:15 0
オカルト信者とほほ(笑)

AMLは911で『超科学・オカルト信奉者』にリードされてブッシュ弁護に狂奔!?
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/1038.html
704世界@名無史さん:2006/03/15(水) 04:45:20 0
> 連続焼却炉だから冷却時間は清掃手入れの時以外は不必要と思うが。

死体をどのように入れるのか理解できていますか?
収容所の焼却炉は『ふたを開けて、上から死体をポイ』なんて構造じゃないんですよ。
705世界@名無史さん:2006/03/15(水) 05:07:49 0
■[ホロコースト]焼却炉
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060120/p1
706世界@名無史さん:2006/03/15(水) 10:21:39 0
まだ焼却炉についての資料探しなんかしてないよーん。へへへ。
休日でも挟まんことにゃ、やる気にならんわ。ややこしそうで。
しかし、そんなにウザイか。そうか、んじゃもちっと居座るかの。w
>689
誤解ですよ。強敵に成りようがない。
だって私はここまで一個も反論ってヤツを書いてませんもの。
書いたのは自分の調べた結果報告と話題になっている物の別視点の資料だけよ。
「〜は間違っている」「〜はどういう事か」とか書かなかったと思うが。
書いてたか、俺? あかん、自信無くなってきた。w
>693
うん。その仮説は可能性はあると思う。後は資料を捜して確認だね。
戦史関係を調べればいいんジャマイカ。「共産党指導員」とか。
>696
あ、そう? ほんじゃまぁぼちぼちに、ね。
どちらにしても「焼却可能数」は推測できたにしても「焼却した人数」は
解らないでしょう。そんな記録は残って無い、と思うので。
>701
随分、遅レスなので何の話だったか忘れた。
「600万人説」の原因は解ったよね?
そういうことらしいですわ。これが。また。
>704
なんか「ポイッ」て響き、良いですな。軽くって。
「ロストル式」て名前は知らなかった。資料、ありがとう。
707世界@名無史さん:2006/03/15(水) 14:40:17 0
あー暇だ。暇だったら調べ物しろって話はナシにしてもらうと有り難い。w
えぇと、否定派ニュースを紹介するのはトレンドらしいのでひとつ。
>ttp://www.prussianblue.net/
カワユーイ。でもルドルフ君ページへのリンクも有り。既出だった?
曲はちょっとカントリー風味のポップスってカンジ。
なんでこんなの引っかかってきたのか自分でもワカラン。ちょとワロタ。w
708世界@名無史さん:2006/03/15(水) 14:54:48 0
>>707
そのデュオ、IHRの総会に来て前座で歌を披露してたよ。
IHRサイトの写真だったか、動画だったかで見た。
IHRガールズって名前かと思ったら、プルシャンブルーか。
709世界@名無史さん:2006/03/15(水) 14:57:37 0
ユダヤ団体の圧力でタイム・ワーナーの雑誌がプルシャン・ブルーの記事掲載中止に追い込まれる
http://www.honestmediatoday.com/prussian_blue_suffers_from_censors.htm
710世界@名無史さん:2006/03/15(水) 15:11:39 0
>>709
ワーナーもユダヤなんだけどさ。
711世界@名無史さん:2006/03/15(水) 15:32:12 0
>>709
これ、どんな内容の記事なの?
712世界@名無史さん:2006/03/15(水) 17:05:57 0
あ、受けてる。ばんじゃーい。調子にのって写真もうぷ。
>ttp://men.style.com/images/gq/features/030106/GQfeature5v.jpg
て、Tシャツのプリントが・・・。カワイイぞ。w
インタビュー記事。
>ttp://men.style.com/gq/features/landing?id=content_4207
しかし、アメリカの女の子って歯列矯正してる子、多いねぇ。
713世界@名無史さん:2006/03/15(水) 17:44:43 0
>>712
> >ttp://men.style.com/images/gq/features/030106/GQfeature5v.jpg
> て、Tシャツのプリントが・・・。カワイイぞ。w

ちょ、チョビ髭の人殺し閣下キタwwwwww
714世界@名無史さん:2006/03/15(水) 22:05:25 0
>しかし、アメリカの女の子って歯列矯正してる子、多いねぇ。

歯(顔)と乳はマズ疑ってかかるべしw

715世界@名無史さん:2006/03/16(木) 00:55:06 0
http://www.israelshamir.net/Links.htm
http://www.reportersnotebook.com/
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060219
>■[ホロコースト][本]イラン大統領も『ホロコースト講義』を読んでいる
>The CODOH Revisionist Forumのスレッドです。
>ゲルマール・ルドルフがドイツ送還された後に
>出版社Theses & Dissertatonsの経営を引き継いだマイケル・サントマウロによれば
>「イランの大統領はルドルフの『ホロコースト講義』読んでるよ」だそうです。
>isbn:1591480108
>↑Amazonで扱ってるんですが、ISBNを書いてもはてなの書籍情報は表示されませんでした。
イズラエル・シャミールはマイケル・サントマウロとリンクがあるようです。
シャミールはイランのホロコースト会議に出席しようするだけ事はありますね。
チョスドフスキー裁判で少しでも前進できればいいのですけどね。
716世界@名無史さん:2006/03/16(木) 00:56:02 0
■トリノ五輪メダル数■
韓国…金6/銀3/銅2/計11
日本…金1/銀0/銅0/計1←(失笑
「自称」お家芸のスピードスケート・ショート・ロングともにメダル無しw

■WBC■
1次 1位韓国 2位日本←(嘲笑
ホーム・使い慣れたドーム・日本のみ日程が有利な上にデカイ口叩いて惨敗w

■サッカーACL■
全北現代3-2ガンバ大阪←(哄笑
Kリーグ゙最下位にすら勝てないJリーグチャンプw

■フィギュア■
金妍兒177.54
浅田真央153.35←(爆笑
荒川も歯が立たなかった浅田にサクっと圧勝してしまう金妍兒w

■世界柔道■ 
国別団体
韓国 男子1位 女子2位
日本 男子2位 女子3位←(冷笑
これまた「自称」お家芸で男女ともに惨敗w
717世界@名無史さん:2006/03/16(木) 04:47:08 0
718世界@名無史さん:2006/03/16(木) 07:36:58 0

  (  ゚д゚)( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/
  \/     /

  (  ゚д)(д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/
  \/     /

  ( ゚д゚ )( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/
  \/     /
719世界@名無史さん:2006/03/16(木) 15:27:45 0
まぁ、ちょっと見ない間に静かになっちゃって。
そうです。マジに「ウザイ」と思ったら無視するのが一番効果的ですよ。
     ち っ た ぁ か し こ く な り や が っ て w
んだもんで消えるね。また焼却炉の話が出たくらいに。んじゃね。
>718
お約束で。こっち見んな。
720世界@名無史さん:2006/03/16(木) 21:20:32 0
>>715
開放主義世代(日本でいえば団塊DQNと通じるものがあるのだろうか)のある意味犠牲者なのね<イランのDQn大統領
721世界@名無史さん:2006/03/16(木) 22:08:01 0
アハマディネジャドは日本の全共闘みたいなものか?
イスラーム革命の先頭に立った学生運動家だったらしいから。
722新入荷:2006/03/16(木) 22:17:36 0
試訳:ホロコースト講義

3.5.4 跡形もない死体焼却
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/354.htm
3.5.5 痕跡の捜索
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/355.htm
3.5.6 文書資料的証拠
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/356.htm
723世界@名無史さん:2006/03/16(木) 23:56:29 0
>>720
あなたがアツモン、シャミール、チョスドフスキーに対する見解を示せないのは理解できますよ。
724世界@名無史さん:2006/03/17(金) 03:26:12 0
正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。
725世界@名無史さん:2006/03/17(金) 12:09:25 0
IHRは約30万人から50万人といってるけど、この場合、修正主義者の考えるユダヤ人の定義ってなにさ。
726世界@名無史さん:2006/03/17(金) 14:18:14 0
>>725

それなら、ナチ政府にユダヤ人の認定を受けた者。
その内、収容所にぶち込まれた人数に限定していればそう書くだろう。
727世界@名無史さん:2006/03/17(金) 14:31:28 0
だろう?
728世界@名無史さん:2006/03/17(金) 14:50:12 0
IHRの定義だとゲットーでの餓死とか射殺は犠牲に含まれるの?
729世界@名無史さん:2006/03/17(金) 18:36:23 0
正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。

質問に対して質問で返すのは(まあ、韓国人のような行動ではあるが)多少は許せる。
しかし、正史派の行動は、単に質問でごまかして逃げ回っているだけにしか見えない。
730世界@名無史さん:2006/03/17(金) 20:26:23 0
嫌韓厨がホロコーストに興味をもったようです。
731世界@名無史さん:2006/03/17(金) 21:12:47 0
>>730
正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。
732世界@名無史さん:2006/03/17(金) 23:50:00 0
すいません南京とかユダヤのホロコースト等で良く聞く一次資料とか二次資料とはなんでしょうか?
無知な私に教えてください。
733世界@名無史さん:2006/03/18(土) 00:11:27 0
一次史料
一次史料とは、その当時の生の史料のこと。
古文書、当事者の日記、手記、手紙など、その当時の人物が作成した
文書類や収集した事物など。その時代のコインや新聞記事なども
一次史料になりうる。

二次史料
二次史料とは、同時代史料以外の(一次史料などによって後から
作成された)編纂物などのこと。例えば、100年前に500年前の
事件について書かれた著作は二次史料である。
734世界@名無史さん:2006/03/18(土) 01:09:41 0
で、
結局捏造なの?
西岡昌紀氏の本読んで疑問に思ってここにきたのだが教えてくれ。
735732:2006/03/18(土) 01:21:33 0
>>733
有難うございます。なるほどー では一次資料とは物的証拠
みたいなものですね。これは入手困難でしょうね。。歴史学者
とか特別な人を除いて普通は入手は無理なんじゃないでしょうか。
殆どの人が2次資料を元に議論せざるを得ませんよね。
736世界@名無史さん:2006/03/18(土) 01:23:00 0
>>734
研究の結果、捏造と結論を出した人は皆死んでます。何故か死んでしまうん
ですよね。
737世界@名無史さん:2006/03/18(土) 01:43:26 0
>>735
二次資料にしたって一次資料を元に作られるんだから、
その『二次史料の記述の根拠となる一次資料』の名前だけでも書けばいいんだよ。

○○名簿に600万人の名前が書いてあるとか。

もし2ちゃんねる読者が名簿が入手できても、600万まで数えないと思うよ。
738世界@名無史さん:2006/03/18(土) 01:48:37 0
「A氏が作成した資料に600万人と書いてある。600万と決めた根拠は不明である」
というのと
「A氏が作成した資料に600万人と書いてある。それによると根拠となる一次資料は○○だそうだ」
だと雲泥の差だよ。
739世界@名無史さん:2006/03/18(土) 01:50:49 0
イスラエルのヤドヴァシェム博物館が犠牲者の個人名を400万くらいまで集めたらしいじゃないか。
740739:2006/03/18(土) 02:00:25 0
訂正。

600万の半分、つまり300万人の名前や生い立ちだそうだ。
http://www.yadvashem.org/wps/portal/IY_HON_Welcome
741世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:02:55 0
>>739
行方不明などや自然死などをどのように精査しているのかな。
742世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:21:21 0
>>739
そういうのでも出してくれるのは非常に素晴らしいとは思うのだが、
「A氏が作成した資料に600万人と書いてある。600万と決めた根拠は不明である」
このあたりを理解してもらえてないのが不満だ。
743世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:22:54 0
つまり、その名簿の名前はどっから拾ってきたのという話。
744世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:25:42 0
>>737
に書いてある名簿って、一次資料の名簿、
例えば、収容所で使用されていた名簿を指しているつもりです。
745世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:27:47 0
>>741 743
サイトのFAQに書いてないか?
ページ左のおばちゃんの写真の下のリンク、上から五番目。
746745:2006/03/18(土) 02:29:50 0
あ、顔の写真ってアクセスするたびに毎回変わるんだな。
リロードしたら美少女になってた。
747世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:42:24 0
>>745
抽象的な説明しかないあれのどこに名簿の根拠が書いてあるんだよ。
748世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:50:37 0
>>747
具体的にっていうと例えば
移送リストについては××文書館の資料番号○○〜○○、
ドイツ連邦△△局の□□、ユダヤ人●●の▲▲を使った
とかそういこと?

そりゃ一般向けというよりは玄人志向だな。
749世界@名無史さん:2006/03/18(土) 02:55:53 0
都内女子高で男性教諭(27)が生徒15人の前で自慰行為懲戒解雇
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/bakanews/1142616468/
750世界@名無史さん:2006/03/18(土) 03:03:20 0
>>748
>そりゃ一般向けというよりは玄人志向だな。
一般にはいい加減な説明でごまかすのか。
ユダヤ人の定義は何。
751世界@名無史さん:2006/03/18(土) 03:08:41 0
>>750
> ユダヤ人の定義は何。

それなんて呪文?
752世界@名無史さん:2006/03/18(土) 03:28:31 0
>>751
ユダヤ人の定義とはスピノザ、マルクス、フロイト、トロツキーなどや
キリスト教に改宗したシャミールがユダヤ人かどうかにも関係してくる。
753世界@名無史さん:2006/03/18(土) 03:33:59 0
スピノザはレンズ磨き職人だよ
754世界@名無史さん:2006/03/18(土) 04:02:00 0
> ドイツ連邦△△局の□□、ユダヤ人●●の▲▲を使ったとかそういこと?

けど、それが無いと
「A氏が作成した資料に600万人と書いてある。
600万と決めた根拠は不明である」
これと変わんないでしょ。

「B氏が作成した資料にはホロコーストは捏造と書いてある。
捏造と判断した根拠は不明である。」
こんなん見かけたらどう思う?
755世界@名無史さん:2006/03/18(土) 04:05:24 0
>>745 名前:世界@名無史さん :2006/03/18(土) 02:27:47 0
> サイトのFAQに書いてないか?

だから、二次史料の元となった一次史料の具体的名前を出せと言っている。

『いろいろと歴史書を調べたら、ホロコーストは捏造だと分かりました。』
こんな主張があったら、どう思うよ。
756世界@名無史さん:2006/03/18(土) 04:21:46 0
> こんな主張があったら、どう思うよ。

世の中にはそんな見方もあるのか、と思うだけ。
757世界@名無史さん:2006/03/18(土) 06:29:59 0
試訳:ホロコースト講義 1.6 600万人が消え去ってしまったのか?
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/160.htm

L:言い換えれば、誰であってもヤド・ヴァシェムに犠牲者を登録できるのですね。

R:そのとおりです。例えば、ヤド・ヴァシェムは、地元も住民が、たんに「戦後、自分の故郷に
戻ってきたユダヤ人は誰もいなかったことを知った」という理由だけで、戦前にこの地域で生活
していたユダヤ人すべてが殺されたと報告した事例をあげています[21]。

L:このような報告が正しいかどうかを誰がチェックするのでしょうか?姿を消した人々がアメリカ、
イスラエルその他の国々で暮らしていることもありうるのですね。

R:私の知るかぎり、まったくチェックされていません。ヤド・ヴァシェムから書類を取り寄せて、そ
れに書き込み、送り返すだけでよいのです。住所は、Yad Vashem, P.O.B 3477, 91034 Jerusalem
Israel; Telephone: 00972-02-6443582; via Email: [email protected]です。

L:自分の犬についてのデータを送ることもできるのですね。

R:その種のことが行なわれているとは思いませんが、誤り、二重登録、生存者を死者として報告
してしまうことを避ける方法はまったくないようです。いずれにしても、学術的観点からすると、この
Hall of Names(名前の殿堂)は、重要な資料ではありません。
758世界@名無史さん:2006/03/18(土) 07:40:53 0
世の中に「ヤドヴァシェム博物館の名簿」というものがあるのか。
それが信頼できるかはどうかは別だな。

と考えています。
759世界@名無史さん:2006/03/18(土) 07:42:21 0
そうですよね。

>>756 は、あの主張があっても『ホロコーストは絶対に捏造だな』
とは思わないらしんですからw
760世界@名無史さん:2006/03/18(土) 08:06:29 0
で、元に戻ったと。

正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。

二次資料にしたって一次資料を元に作られるんだから、
その『二次史料の記述の根拠となる一次資料』の名前だけでも書けばいいんだよ。
761新入荷:2006/03/18(土) 12:44:45 0
永岑教授の「ホロコーストHP」の笑点
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan_04.htm
762世界@名無史さん:2006/03/18(土) 12:59:02 0
>>761
先生、タイトルも内容もバカデミック化キ●ラ化してます
763世界@名無史さん:2006/03/18(土) 13:25:37 0
面白くなってきたな。低レベル化しすぎだがwwwww
764世界@名無史さん:2006/03/18(土) 13:35:39 0
 .i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i     ;,,_,,;;;;;;;;,,..;_   、     ,.__..,;_,,,;;;,,;;;;;;;;__,,___  ....;;;;;;;;;;;;;;;;;
:!;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ;'"゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~ ̄゛  `!i、            ̄´  ̄ .`''‐  i;;;;;;;;;;;;;;;;
. l;;;;;;;;;彡;;;;;ゝ .if'=====ー゙  ::          ,.========r    ゙i;|.l;;;;;;;;;;  
 ヽ;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;  .`''`-ヽ--''゙゙゙  ;;         '゙ゝヽ-ノ-‐'゙´   ;.i;;;;;;i.フ;;;;;;l
    ゙l;;;;;;;;;;;;`、         ,!                   : ,、|ll/ ;;;;;;;;r" 
    i;;;;;;;;;;;;;;l、           /   ;:;:              :.゛゛:l ;;;;;;;;./
     '';;;;;;;;;;;;;i         i;;;;;;.;:;:;;;;;;;:                 .i;;;;;;;;;;;;;;;  
       /;;;ゝ       ./´:::: ´;:;:;;;;;;                ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        ミ;;;;'!       .ヽ;;、_;.::__::::;;::              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
    : 、.-、/;;;|l            `;:;:;:               ,.ノ.::: :lく;;;;;;;;l゙゙′
    ''";;;;;;;;;;;;;'l、     .,,   :::::::::___   ・         ,'" ::::::  .ヽ;;;;;丶;
     ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,    ゙゙--= ゙̄~゛`''>,,._,..,r;"      ,,l゙ ::::::::::::   i;;;;;;
     .`";'"゙;;;;;;;;;;;;;i、    ヽ_ ゙̄ ̄゛_、        __r:::::::::::::::::    ヽ
          ;;.'ミ;;;;;;;;;:'.、    ゙゙゙゙"'''"~        ‐""::::::::::::::::::::    i

ヤドヴァシェム博物館の名簿は信頼できる
――そんなふうに考えていた時期が俺にもありました
765世界@名無史さん:2006/03/18(土) 14:01:42 0
■[ホロコースト]もし「陰謀論」が正しかったら
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060316/p1
第2次大戦の以前からユダヤ資本に牛耳られ、
今日、全体主義の「兵器」として働くメディア(イズラエル・シャミール)
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/442.html
http://www.israelshamir.net/English/Satanic.htm
Satanic Pictures (final version)

「911ユダヤ権力自作自演犯行追及サイトを閉鎖しろ。」と、ユダヤ権力中枢から脅迫状受領。
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/483.html
「911は、ユダヤ権力の自作自演」
「ブッシュ・ロックフェラーら、隠れユダヤ人による米国と世界の支配」
「ヒットラーは、ロスチャイルドの孫で、
イスラエル建国のためにユダヤを欧州からイスラエルに追い出したシオニスト別働隊だったのか?戦後南米に逃亡?」
を論ずる3つの英文サイトが、ユダヤ世界権力さんのお目に留まったようです。
ユダヤ世界権力に殺されるまでの間、真相暴露に邁進しますので、
皆様もよろしく、情報の世界的拡散にご協力ください。
よろしく。ちなみに、下記参考サイトも参照ください。

米国アラバマ州、ユダヤ人学生がサーマイトを使って9軒のキリスト教会を焼き討ち(でも「ヘイト」じゃない?)
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/729.html
それにしても、アラバマ州の多くの黒人が通うバプチスト教会が9件連続して狙い撃ちされて、
「宗教的な動機ではない」と??? しかも彼らが3人ともユダヤ人であることをメディアはひた隠しにしている。
これがシナゴーグなら、小さなボヤでも起こしたらどうなるか・・・・、言うまでもないでしょう。
「ヘイト」罪法案が誰のために作られたのか、もはや説明の必要も無いでしょう。
ユダヤ人なら何をやっても「ヘイト」ではない!! ユダヤ人に対することならば何でも「ヘイト」!!
でもこれって、逆に本物の反ユダヤ主義を助長するだけじゃないのかな?
766世界@名無史さん:2006/03/18(土) 14:20:05 0
改宗をめぐる宗教対立だからヘイト犯罪ではない、という考え方なんじゃないの?
宗教施設の焼き討ちは途上国では珍しくない事件だな。
767世界@名無史さん:2006/03/18(土) 14:23:28 0
>>766
アメリカは途上国ですか。
そしてシナゴーグが焼き討ちされてもそう扱われますか。
768:2006/03/18(土) 15:22:53 0
で凄まじい撃墜を見た。
769世界@名無史さん:2006/03/18(土) 15:31:36 0
門外漢で始めてのレスだけど
日本の南京珍事件の執拗な攻撃とか
GHQの戦後の徹底的な思想統制とかから判断すると
ドイツのナチスが行った事柄が、すべてが通説として言われている通りだとは
到底思われない気ガス

素人が口挟んでスマン
770世界@名無史さん:2006/03/18(土) 16:17:22 0
>>769

半月は、↓の文献をROMってみれ。得るところは多い。

歴史的修正主義研究会
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/text_menu.htm
771世界@名無史さん:2006/03/18(土) 17:49:51 0
>>761

ただ、なんで永岑って、あんな妙ちきりんなフォント
(や拡大文字)を使うんだろ?そこらのウケ狙いのブ
ログじゃないんだから、説はどうあれ、キチンとした
文面にしないと、木村や西岡と同レベルに見られてし
まうと思ふんだが。
772世界@名無史さん:2006/03/18(土) 18:48:51 0
>>771
IBMホームページビルダー使って作っているみたいですね。
彼はパソコン初心者なのかな?
773世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:08:42 0
>>771
ただ、内容はおそまつですね。

あのレベルの文章であれば、UFOとかネッシーとかでも同じような文章が書けてしまう。
774世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:11:54 0
>>771
両氏の方が遥かにレベルが上だろ。
775世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:25:55 0
>>774
確かにな、日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで居そう、なイメージ。
776世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:28:53 0
(脳内妄想の)イメージだけを語られてもな・・・
777世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:31:21 0
>>770
クソなURL貼り付けるんじゃねーよ。素人だと思って。
無いという前提ありきじゃないか、参考にもならないな。


聞いて損した。
778世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:35:41 0
>>776
よお!嘘っぱち大将

>(脳内妄想の)イメージだけを語られてもな・・・

あんたが西岡さんだか木村さんだか加藤さんだか別人だか知らんが、散々、コピペ爆撃しておいて、今更何を言い出すかw

779世界@名無史さん:2006/03/18(土) 19:40:29 0
>>776





コピペ爆撃に関する言い訳、釈明、開き直りなどなどをどうそ書き込んでくださいな









780世界@名無史さん:2006/03/18(土) 20:00:46 0
>>777
http://www.masada2000.org/shit-list.html
これでよろしいでしょうか。
781世界@名無史さん:2006/03/18(土) 20:23:18 0
> 確かにな、日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで居そう、なイメージ。

あなた自分で思いっきり『イメージ』って書いているんですが・・・
782世界@名無史さん:2006/03/18(土) 20:25:55 0
>>777
どのあたりの記述が『間違い、誤り』だと思ったの?
それとも、素人がイメージを語っているだけ?
783世界@名無史さん:2006/03/18(土) 20:49:23 0
ここでフシアナさんして横浜市大のIP出す奴がいたらネ申
784世界@名無史さん:2006/03/18(土) 21:33:36 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd100.html
>これに対してアツモンはこう語る。
>『シオニストのアイデンティティとは、「否定(弁証法)」によって、
>つまり彼らの敵によって定義されることを忘れてはいけない……同じユダヤ人からの批判にさらされると、
>シオニストたちは大変な問題と直面してしまう。
>なぜなら、世界各地に住むすべてのユダヤ人にとって、『最終的解決策』がシオニズムのはずなんだから。
>ユダヤ人からのいかなる批判も、撲滅しなければいけないんだ』(『サンフランシスコ・インディメディア』より)」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan_04.htm
><笑点5:内容空虚な表現>
><コメント>
>@「対立を乗り越え」、「(弁証法)」云々:もう40年ほど前、学生活動家たちがよく使っていました。
シオニストの論理思想が否定(弁証法)である事をギルアド・アツモンも明確に指摘しています。
785世界@名無史さん:2006/03/18(土) 21:41:37 0
>>781
ん、コピペ爆撃の件は?
786世界@名無史さん:2006/03/18(土) 21:44:05 0
>>785
ではコピペ爆撃の定義とは何ですか。
787世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:13:04 0
>>781
心底ヴァカだな。
>>781で了解しているんだろ。その上>>785で突っ込みを入れているわけなのだが?

もし、>>781は了承していないのであれば、日本語が読めない在日君か逃げを打っているヘタレ君だなw

788世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:14:47 0
>>786←アンカー訂正なw

心底ヴァカだな。
>>781で了解しているんだろ。その上>>785で突っ込みを入れているわけなのだが?

もし、>>781は了承していないのであれば、日本語が読めない在日君か逃げを打っているヘタレ君だなw
789世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:19:37 0
>>787-788
>もし、>>781は了承していないのであれば、日本語が読めない在日君か逃げを打っているヘタレ君だなw
定義無しで判断できませんが。
根拠のないレッテルはりですか。
そしてコピペ爆撃の定義は何ですか。
790世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:24:48 0
>>789
>>781は逃げですか?
791世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:27:35 0
>>790
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/sack_01.htm
http://ihr.org/jhr/v20/v20n1p-9_Sack.html
Q: Can you talk about your own experience being discriminated against and called an
"anti-Semite," and yet you're a Jew.
These reviews and articles were obviously libelling you.
JS: On the Charlie Rose show I was called an "anti-Semite" and a "neo-Nazi" by Deborah Lipstadt.
[laughter and applause] I called her up after that and reminded her that I'd read her book,
and I sent her a nice note about it and told her what I was trying to do in my book,
and I said "How could you have said that about me?
" She said "You are worse than a 'Holocaust denier,'"
and I said "Deborah, I'm worse than a 'Holocaust denier'?" and she said
"You are worse than a 'Holocaust denier.'" I said "Could you explain why?,"
and she said "No. I have a faculty meeting," [laughter] and that's the last I talked to her.
It doesn't scare me. It doesn't hurt me. It amuses me.
あなたは根拠もなく正史派であるジョン・サックにネオナチと罵倒したデボラ・リップスタットと同じです。
コピペ爆撃の「根拠定義」を示すべきです。
792世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:33:46 0
>>791
過去スレひっぱてコイ、まるっきりテンプレ・コピペ貼りまくりだろうが。嘘つき。
他の板へマルチスレッドを行ったスレッドも毎回同じテンプレを几帳面に貼り付け(爆撃)ているじゃんw 

嘘つき君少しは改変ぐらいしたら如何なのw
793世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:38:08 0
>>789
そういえば、
『ニュルンベルク裁判を考察するスレ』 ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1137623995/
もホロコリビにコピペ爆撃された後が痛々しいな。
794世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:38:55 0
>>792
あなたは「コピペ爆撃」と言う言葉の論理的な根拠を示せていませんね。
典型的な「言論弾圧」でしかありません。
アツモン、シャミール、チョスドフスキー教授と同じようにレッテルはりには屈服しませんのであしからず。
795世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:42:15 0
>あなたは「コピペ爆撃」と言う言葉の論理的な根拠を示せていませんね。
>典型的な「言論弾圧」でしかありません。
>アツモン、シャミール、チョスドフスキー教授と同じようにレッテルはりには屈服しませんのであしからず。

という事はテンプレ・コピペ爆撃は意識して街宣行動をとっていると言うことですね。

796世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:43:58 0
>>794
わぁブサヨ臭セー
797世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:45:45 0
おまいらの喧嘩はROMってるギャラリーにとってはどういう意味があんの?

歴史の知識とぜんぜん関係ない話題でスレが伸びてるだけじゃん。
うんざりだな。
798世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:46:12 0
>>795
>という事はテンプレ・コピペ爆撃は意識して街宣行動をとっていると言うことですね。
故意に言葉を捻じ曲げて面白いですか。
気に入らないレスを削除申請するなりすればよい事です。
でコピペ爆撃の定義根拠は何ですか。
799世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:48:22 0
>典型的な「言論弾圧」でしかありません。


はて、誰か弾圧に類似することを言ったの?止めろとかダメだとか、ネエネエだれか言ったの?

リビはコピペ太郎か否かを指摘しているだけだろ。違うの?
全く被害者妄想も甚だしいな<リビ擁護厨
800世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:51:43 0
>歴史の知識とぜんぜん関係ない話題でスレが伸びてるだけじゃん。
>うんざりだな。

はぁ?
このスレ自体歴板と関係ありませんから、イデオロギーとか己のドクマを吐き出したいだけのスレですよ。
801世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:54:06 0
>>799
775 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:25:55 0
>>774
>確かにな、日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで居そう、なイメージ。
>778 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:35:41 0
>>776
>よお!嘘っぱち大将
これも根拠が不明確ですが。
802世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:57:10 0
コピペ太郎を指摘しただけで『典型的な「言論弾圧」でしかありません。』だそうです。

803世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:58:33 0
>>802
だからその根拠定義もまともに示してないでしょ。
804世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:01:20 0
>>800
>はぁ?
>このスレ自体歴板と関係ありませんから、イデオロギーとか己のドクマを吐き出したいだけのスレですよ。
これも根拠定義がわかりません。
805世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:03:20 0
>>803
>>793のスレは無視ですか。そうですか。



806世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:06:13 0
>>805
それこそ削除申請の制度を活用しないのはなぜですか。
807世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:06:47 0
コピペのマルチスレッド行為について街頭インタビューしますた(ウソ)

世間 迷惑いいかげんに汁。
リビ 啓蒙だよ。
808世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:09:12 0
>>807
容認しないのなら削除申請か
スレ自体を無視するしかありません。
809世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:10:09 0
>>806
消したらヴァカがタコ踊りの跡が無くなるじゃん。

それと。リビはコピペ太郎か否かを言っているんだよ。
810世界@名無史さん:2006/03/18(土) 23:11:32 0
>>809
>それと。リビはコピペ太郎か否かを言っているんだよ。
リヴィジョニストだと言う証拠は何ですか。
811世界@名無史さん:2006/03/19(日) 00:00:31 0
>>769
うん。それどころか中韓朝鮮がやったホロコースト捏造はユダヤ人に倣った物
と言う見方すら出来る。
812世界@名無史さん:2006/03/19(日) 00:41:02 0
歴史歪曲主義のネット右翼どもか
だれがなんと言おうとナチスのホロコーストは真実
おまえらはアンネの日記を読まなかったのか?
この狂信者、血も涙もない人の顔をした悪魔め!
813世界@名無史さん:2006/03/19(日) 01:09:18 0
俺は何年も前からスレを眺めているが、リヴィジョがスレ流しにやってる
連続コピペ書き込みをコピペ爆撃と呼ぶんなら、
間違いなくリヴィジョはそれを多用していると言えるな。
N板のrichardとやらと同じやり口だよ。
814世界@名無史さん:2006/03/19(日) 02:59:03 0
木村さん西村さんが日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで
るという証拠が全く出てきてないんですが、そんな根拠の全く出せない脳内妄想の話には
これ以上付き合えませんね。

-------------------------------------------
771 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 17:49:51 0
>>761
ただ、なんで永岑って、あんな妙ちきりんなフォント
(や拡大文字)を使うんだろ?そこらのウケ狙いのブ
ログじゃないんだから、説はどうあれ、キチンとした
文面にしないと、木村や西岡と同レベルに見られてし
まうと思ふんだが。
-------------------------
774 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:11:54 0
>>771
両氏の方が遥かにレベルが上だろ。
-----------------------------------
775 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:25:55 0
>>774
確かにな、日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで居そう、なイメージ。
815世界@名無史さん:2006/03/19(日) 03:04:09 0
俺はスレを何年か前から見ている訳ではないが、基地外的なリヴィジョが
いたというなら、それは事実かもしれん。
2ちゃんにはいろんな奴が集まるからな。
だが、それが何だと言うんだ?

基地外的なリヴィジョがいたからといって、全てのリヴィジョが変な奴とは言えないし、
基地外的なリヴィジョがいたからといって、ホロコーストがあったことにはならない。

まともな証拠が提示できないで『ホロコーストはあった』と主張するような
いかれた人も多数いるしな。
816世界@名無史さん:2006/03/19(日) 03:05:21 0
で、元に戻ったと。

正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。

二次資料にしたって一次資料を元に作られるんだから、
その『二次史料の記述の根拠となる一次資料』の名前だけでも書けばいいんだよ。
817世界@名無史さん:2006/03/19(日) 08:57:58 0
>775 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:25:55 0
>>>774
>確かにな、日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで居そう、なイメージ。
>
>778 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:35:41 0
>>>776
>よお!嘘っぱち大将
>
>>(脳内妄想の)イメージだけを語られてもな・・・
>
>あんたが西岡さんだか木村さんだか加藤さんだか別人だか知らんが、散々、コピペ爆撃しておいて、今更何を言い出すかw
>

この全く別の二つの投稿がリビジョニスト擁護(真性リビジョニスト?)にかかると以下のように、自身(リビジョニスト)に都合よく改変される。

>814 :世界@名無史さん :2006/03/19(日) 02:59:03 0
>木村さん西村さんが日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで
>るという証拠が全く出てきてないんですが、そんな根拠の全く出せない脳内妄想の話には
>これ以上付き合えませんね。

よほどキムラ、ニシオカ、カトウさんらを受難者に仕立て上げたい(某サリソを撒いた団体の手法と似てますねw)ようですね。
別人と念を押してある件は無視ですか。そうですか。
818世界@名無史さん:2006/03/19(日) 11:55:21 0
775の書き込みにはしっかり >>774 と書いてある件は無視ですか。そうですか。
---------------
771 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 17:49:51 0
>>761
ただ、なんで永岑って、あんな妙ちきりんなフォント
(や拡大文字)を使うんだろ?そこらのウケ狙いのブ
ログじゃないんだから、説はどうあれ、キチンとした
文面にしないと、木村や西岡と同レベルに見られてし
まうと思ふんだが。
---------------
775 :世界@名無史さん :2006/03/18(土) 19:25:55 0
>>774
確かにな、日がな一日中PCの前に張り付きでコピペ-投稿-コピペ−投稿∞に励んで居そう、なイメージ。
819世界@名無史さん:2006/03/19(日) 11:56:14 0
しかも、イメージイメージ書いている件は無視ですか。そうですか。
820世界@名無史さん:2006/03/19(日) 13:10:27 0
>>761

削除ガイドライン8.URL表記・リンク

明らかに宣伝を目的としたリンク・クリックや訪問で課金が発生するもの・等は、
宣伝掲示板以外では削除します


821世界@名無史さん:2006/03/19(日) 14:34:02 0
>>812
アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

良く読め。
822世界@名無史さん:2006/03/19(日) 14:46:23 0
600万人の虐殺なのに、何で出てくる日記は
お子様の日記1つだけなの?

600万人だよ、600万
823世界@名無史さん:2006/03/19(日) 14:57:04 0
ほんとに凄い数だな。規模としては史上最大か。
824世界@名無史さん:2006/03/19(日) 18:01:56 0
証言を使わずにホロコーストを立証した人は誰ですか。
825世界@名無史さん:2006/03/19(日) 20:38:04 0
ホロコーストは戦後のユダヤ特権を享受するための捏造神話
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/horouso.htm
826世界@名無史さん:2006/03/19(日) 21:13:58 0
最近、在日とユダヤが被る。
高利貸。何故か戦勝組。
戦時の被害者にしてその迫害理由の聖域化。
827世界@名無史さん:2006/03/19(日) 23:03:46 0
>>821
お前典型的な2ちゃんのゴミだな。
ネット上で自分に都合のよい怪しげなソース
引っ張り出して自己の意見を正当化。
ほんとお前みたいなやつこそホロコースト
されるべきだと思うよ。
このネオナチ!
828世界@名無史さん:2006/03/19(日) 23:17:19 0
本物にしろ、偽物にしろアンネの日記でアンネフランクは
ホロコーストで虐殺された事実を目撃しておらず記載されていないため、
ホロコーストに関する資料として意味がないと私は考える。

その時代のナチスの活動やユダヤ人の行動を知る資料にはなるかも知れないがそれはホロコーストとは別。
829世界@名無史さん:2006/03/19(日) 23:29:46 0
>>827
なぜお前はアンネの日記をそこまで強烈に信じるに至ったのだ?
普通人は信じたいものを信じる。だから真贋を判断する時は冷静
にならねばならない。俺は冷静に考えこんな事は信じたくないが
アンネの日記は嘘だと信じる。
830世界@名無史さん:2006/03/20(月) 03:46:36 0
しかし、600万人も殺されて、何で
お子様の日記1つだけなんだ??
831世界@名無史さん:2006/03/20(月) 04:13:26 0
アンネは隠れ家のプリンツェスィンだよ。お子様じゃない。
832世界@名無史さん:2006/03/20(月) 06:16:49 0
>>827
お前はもう少し歴史学と言うものを勉強してから書き込め。
時に自分にとって受け入れがたい事実だろうと、
それを謙虚に受け止めるのが科学としての歴史学だ。
833世界@名無史さん:2006/03/20(月) 10:04:47 0
>>827
アンネの日記で恩恵を受けてきたユダヤ人団体やイスラエルにしてみれば、
もし偽作であるとわかってしまえば、大変なことになります。「ホロコーストは
なかった」と主張する人たちを勇気付けてしまいます。(ついでといっては何
ですが、ホロコーストはありませんでした。ナチの収容所のガス室で殺され
たユダヤ人の数は、600万人ではなく、0人でした。ガス室自体が戦後に
捏造されたものです。アンネの日記も.....参考HU)そこで、見境なく猛然と
逆襲しているようです。偽作説をとる人物は、即刻、有無を言わせず、
「ネオ・ナチ」呼ばわりです。

(ネオ・ナチとは、ユダヤにとって実に都合のよい存在です。ユダヤにとって
都合の悪いことは、ネオ・ナチに主張させることによってたちまち信憑性を
失います。どんな正論も、ネオナチの主張だと決め付ければ封殺できます。
ネオナチは、その意味でユダヤの最大の協力者です。当然、背後関係、
資金源が気になります。ヒットラーのナチス幹部が隠れユダヤ人だらけで
あったのと同様に。ちなみに、ユダヤ人だらけの英国情報部がネオナチの
背後にいるとする分析もあります。)
834世界@名無史さん:2006/03/20(月) 16:11:33 0
>>833
今までずっとROMってきたんだけど、
ナチス幹部がユダヤ系ばかりだったというのは信じがたいんだが。
悪いけどソースはあるのかい?
835世界@名無史さん:2006/03/20(月) 19:09:19 0
ユダヤ???

SS最高司令官・ゲシュタポ長官:ハインリッヒ・ヒムラー
総統代理:ルドルフ・ヘス
宣伝大臣:ヨーゼフ・ゲッベルス
SA(ナチス突撃隊)創設者:エルンスト・レーム
総統秘書長:マルチン・ボルマン
外務大臣:ヨアヒム・フォン・リッベントロップ
空軍元帥:ヘルマン・ゲーリング
陸軍元帥:エルウィン・ロンメル
陸軍元帥:エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
陸軍元帥:ゲルト・フォン・ルントシュテット
海軍元帥:カール・デーニッツ
836新入荷:2006/03/20(月) 19:38:26 0
試訳:ホロコースト講義

3.6 ベウゼッツとソビボル
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/360.htm
3.7 マイダネク、「補助絶滅収容所」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/370.htm
3.8 ヘウムノとガス車
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/380.htm
837世界@名無史さん:2006/03/20(月) 21:26:58 0
【歴史】イラン、ホロコースト検証国際会議を準備・・ネオナチも協力
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142846291/
838世界@名無史さん:2006/03/20(月) 22:36:17 0
「911ユダヤ権力自作自演犯行追及サイトを閉鎖しろ。」と、ユダヤ権力中枢から脅迫状受領。
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/483.html
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_16.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc350.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc101.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hityuda.htm
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yudayasensou.htm
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hitargentine.htm
>ネオナチもまた、ユダヤの手先ではないのか?
>この観点で今の世界を見渡せば、まず、「ネオ・ナチ」なる変質者たちの正体が気になります。
>反ユダヤ主義の過激な発言と行動を行うことにより、
>結果的に、「ユダヤ人は、現代でも弾圧と差別の対象になっている」と世間に思わせることができるのです。
>さらには、「ホロコーストはなかった」など、ネオナチに意図的に真実に近いことを発言させます。
>そして、まともなホロコースト否定論者に対しては、
>「ネオナチと同じ意見の反ユダヤ主義者だ!」とレッテルを貼り、黙らせようとします。
>実にあらゆる面で、ユダヤの役に立っているのが、ネオナチなのです。
>ヒットラーのナチスドイツが、ユダヤの謀略機関であったのなら、
>ネオナチもまた、同じ構造である危険性を常に念頭において、冷ややかな目で眺めるべきです。
>隠れユダヤ人の体臭がにおってきます。
839世界@名無史さん:2006/03/20(月) 22:38:01 0
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hitargentine.htm
>そして、21世紀にもヒットラーと似通った役割を演じているユダヤの使用人がいます。
>ブッシュに侵略の口実を与えてきたオサマ・ビン・ラディンもまた、
>「反米」「反ユダヤ」を演じることで、逆にユダヤに利益をもたらしてきた人物です。
>オサマなしには、アフガン侵略もイラク占領もありえませんでした。
>オサマの母親がユダヤ人であるとする情報は、 ネット上で今、密かに注目を浴びています。(参考A)
911アルカイダ修正主義見直し論者であるチョスドフスキー教授のホロコースト裁判に注目すべきです。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/jewsvictim.htm
そしてチョスドフスキー教授も暗殺されなければいいのですが。
ユダヤ人であってもシオニストの意向に逆らうか用済みになれば、
ルドルフ・カストナー、アーサー・ケストラー(アシュケナジーがカザール人である事を暴露した十三支族の著者)、
ドフ・エイタン(デムヤンユクの弁護士)、メイア・カハネなどのように暗殺変死する。
840世界@名無史さん:2006/03/20(月) 23:44:37 0
[イラン]ホロコースト検証 ネオナチ協力で国際会議を準備(毎日新聞)←非常に悪意を感じる見出し
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/550.html
ホルスト・マーラーはホロコースト会議にテレビやインターネットでもまず参加できないでしょう。
ドイツ人で逮捕されずにホロコースト会議に参加できる可能性があり、
ホロコースト会議でフォーリソン、バッツ、シャーミールなどと議論できるだけの知識能力があるのは、
マイヤー論文のフリツォフ・マイヤーしかいないと思われます。
ゲルマール・ルドルフは刑務所の中ですし、
ドイツの修正主義見直し論者は参加しただけで恐らく逮捕されるでしょうから。
841世界@名無史さん:2006/03/21(火) 00:39:35 0
おいrichard。
一体お前は、こんな所で何見当違いな主張を楽しそうに垂れてるんだ?

早いとこ自分の隔離すれに帰れ。
皆が迷惑しているぞ。
わかったな!
842世界@名無史さん:2006/03/21(火) 02:17:43 0
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060320/p1
>■[ホロコースト]ためにするレッテル
>オリバー・ストーンの『JFK』が公開された頃、たしかアメリカABCの夜のニュース番組中で、
>キャスター数人による討論コーナーがありまして、
>ジョージ・ウィルが文字通り口角泡を飛ばしながら
>「この映画は陰謀論ですよ、陰謀論だ!陰謀論だ!」とまくし立てていて、
>他の出演者がまともに取り合わずアハハハハと笑っていたのが印象的でした。
>イラク戦争の口実「イラクが大量破壊兵器を隠し持っている」というのは
>まさに「陰謀論」でしかないことが今では露顕してしまいましたが、
>当時ブッシュ政権の「イラク陰謀説」をまるっきり鵜呑みにしていたジョージ・ウィルが
>ラムズフェルドや自分自身を「陰謀論者」と認めることは今後も決してないでしょう。
中略
>このような立場がジョージ・ウィルとどれだけ違うのか考えてみてください。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/berg_02.htm
http://www.codoh.com/gcgv/gcpatwill.html
ちなみにジョージ・ウィルは正史派としてパトリック・ブキャナンとの一酸化炭素ガス室の議論にも関係しています。
843世界@名無史さん:2006/03/21(火) 10:28:52 0
イスラエルの美少女アイドルRoniが新曲発売ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1102580332/

クオリティはともかく、こういったものが「存在する」ってだけでも、文化なき殺伐としたイスラム国家よりははるかにマシだろう。

【イスラエル】マリファナ合法化政党が躍進中[06/03/21]ttp://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1142888397/

なにしろ。自由がある。

アニメ、極上生徒会がイスラエルの若者に人気ttp://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1142491802/

世界で人気の日本製オタク文化も、アラブ・イスラム圏では「偶像崇拝につながる」とされて、全面禁止。
そういった面でも、中東唯一の近代的民主的世俗国家であるイスラエルは、日本の友好国にふさわしい。

イスラエルの友好国ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1121247425/
民主主義のイスラエル>>>>>>独裁アラブ諸国ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1064282167/

そういうこと。

ユダヤ人は日本に移住して欲しいttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1081358754/

これが結論。
844世界@名無史さん:2006/03/21(火) 11:14:37 0
>>837
ネオナチと協力したらイランはめられるんじゃないかな?世間から
信頼を得られるのかな?
845ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/03/21(火) 12:23:15 0
イランが、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の信ぴょう性を検証する国際会議を
ドイツの極右(ネオナチ)の協力を得て開催する計画を進めていることが20日わかった。
極右活動家が毎日新聞に招待を受けていることを明らかにした。イランは昨年末から
ホロコーストを否定する発言を続けており、会議はその一環。ドイツ政府は活動家の
パスポートを一時没収、参加を阻止する方針だが、活動家はテレビ会議など、
「何らかの形で協力する」としている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    911テロの直後、ブッシュが表明したように
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 世界を2分化する大戦争を準備するには、過去の
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 戦争の爪痕を払拭するのが必要、という訳だ。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l このヒトも国際資本の手先ですね。(・A・ ) 2チャンノ コーサクイン ミタイ。

06.3.21 Yahoo「イラン ホロコースト検証 ネオナチ協力で国際会議を準備」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060321-00000011-maip-int
846世界@名無史さん:2006/03/21(火) 13:22:30 0
【歴史】イラン、ホロコースト検証国際会議を準備・・ネオナチも協力
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142846291/

ホロコースト否定論なんか本気にするバカがこんなにいるのかと思うと
もはや笑って済ませる場合じゃないんじゃないのか?
ナチスはユダヤ人にひどいことをしたよね(´・ω・`) ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1141998409/
人類はユダヤ人にひどいことをしたよね(´・ω・`) ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1141998648/
ユダヤ人を差別する奴は頭がおかしい ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1141561539/
ひろゆきは責任もってユダヤ人差別発言を通報しろ ttp://ex9.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1135482420/
日本人はユダヤの失われた12支族であることは明白ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1141736822/
世界最大の捏造? ホロコースト36ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1140520834/
ホロコーストは、イスラエルの免罪符と成りえるか?ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1080354068/
ジャップはユダヤ人に酷いことをしたよね(´・ω・`)
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142007436/
日本人を救ったユダヤ人、ユダヤを裏切ったジャップ
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1142007640/
847世界@名無史さん:2006/03/21(火) 16:27:51 0
修正主義者はネオナチ関与をひた隠しにしてきたのに・・・。w
848世界@名無史さん:2006/03/21(火) 16:38:25 0
>>847
ネオナチにユダヤ人がいそうだ。右翼団体に朝鮮人が大量に居るように。
849世界@名無史さん:2006/03/21(火) 17:05:25 0
>>843
メニューヒンのヴァイオリンやアツモンのサックスを聴いている方が遥かにいい。

>なにしろ。自由がある。
イスラエルには当然ながらゲーソ・ファビウス法がある。
そして神の否定も違法です。
ただネトゥレイ・カルタはシオニストこそ神を否定していると言うでしょうけど。

>>847
>修正主義者はネオナチ関与をひた隠しにしてきたのに・・・。w
ナチスとシオニストの協力関係
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
>「パレスチナの1頭の乳牛は、ポーランドの全てのユダヤ人よりも価値がある。」
ラッシニエやメニューヒンが支持したガロディは左翼です。
ホロコースト裁判になりそうな911アルカイダ修正主義見直し論者であるチョスドフスキー教授も左翼です。

>>848
ナチスの幹部には隠れユダヤ人が多くいましたから。
兵士レベルにも混血を中心に15万人の隠れ棄教ユダヤ兵がいましたね。
850世界@名無史さん:2006/03/21(火) 17:41:54 0
なんで、こんな初歩的な質問に答えられないの?

正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。

二次資料にしたって一次資料を元に作られるんだから、
その『二次史料の記述の根拠となる一次資料』の名前だけでも書けばいいんだよ。
851世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:01:54 0
245 :世界@名無史さん :2006/03/21(火) 21:41:14 0
アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった。
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

みんなで検証してみよう


246 :世界@名無史さん :2006/03/21(火) 21:56:55 0
>>245
アンネの日記は筆記体とブロック体2種類で書かれていて、筆記体のほうは
そこで紹介してある通りなんだけど、ブロック体のほうはその写真葉書の文字に酷似している。
そもそもこれらの見た目が違うから81年に筆跡艦艇を行ったのに、わざとブロック体のほうの文字を隠して
紹介しているあたりそのページの作者は非常に卑怯な方法を使っていると感じます。
現にアンネの日記にはその葉書の文字に酷似した文字と流麗な筆記体の文字が同じページに書いてあったりもしてるのに
知っててわざと隠していると言わざる終えないでしょう。
これは文藝春秋のアンネの日記研究版で確認できます


関連スレでこんな発言があったが皆どう思う?
852世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:07:49 0
>>851
検証の価値は有るけどホロコースト否定の否定にはならんな。
853世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:10:34 0
>>851
文芸春秋ならマルコポーロ廃刊の検証が先。
854世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:13:10 0
>>852
正直アンネの日記が本物だとすると一体どういうことになるんだ?
ホロコーストはやはり部分的にはあったということか?
855世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:15:52 0
>>842
リヴィジョニスト(見直し論者)は、別にホロコーストを
否定しようとは思ってない。ただ、現状では信じられないと
言ってるだけだよ。あったと言うなら、あったと言う人たちは
その証拠を示してくれと言ってるだけだよ。
それなのに、何も証拠が提示されないじゃないか。

1)ユダヤ人絶滅の計画書
2)ユダヤ人絶滅の命令書
3)ユダヤ人絶滅への予算支出
4)処刑用ガス室の設計図
5)ガス室で殺された死体
6)ガス室からの高濃度青酸化合物の検出、

のどれをとっても無いんだから。
856世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:18:10 0
>>854
ナチスとシオニストの協力関係
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html

ナチスによるユダヤ人迫害の正体とはシオニストがアイデンティティ
を忘れ 世界に散らばって国家に同化してしまったユダヤ人を虐殺して
いたのが真相だと思う。
857世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:19:26 0
>>853
意味不明。厚生省上層部が、職権を乱用して、記事を書いた
医者に記者会見中止の圧力をかけた事か?

それとも、在外日本人へのテロ情報が伝えられた事が、
廃刊の本当の理由だった事か?

それとも・・・?

やめた。
858名無し人民:2006/03/21(火) 23:21:38 0
>>856
しかしそれだとナチスの部分的関与の可能性は低くないと思うが如何?
859世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:23:11 0
日本近代史板で、この問題が論じられてるよ。
リビが暴れてるから、助けに行ってやって。
860世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:31:48 0
>>857
廃刊せずに突っぱねていたら
アンネの日記の版権は取り上げられただろうな。
861世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:33:23 0
>>858
部分的関与はあるんじゃない?全く無いとは思わん。ただヒトラーや
ナチ高官のユダヤ人疑惑も有るからナチス≒シオニストという関係も
有りうる。
862世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:33:45 0
>>855
それの管理人は正史派ではないだろ。
863世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:10:41 0
>>854
隠れ家で書いたものなんだからホロコーストの証拠にはなりえないよ
864世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:18:02 0
なんで、こんな初歩的な質問に答えられないの?

正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。

二次資料にしたって一次資料を元に作られるんだから、
その『二次史料の記述の根拠となる一次資料』の名前だけでも書けばいいんだよ。
865世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:27:02 0
アンネの日記でガス室も東部戦線の虐殺も証明できないからね。
866世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:32:10 0
実際、アンネは病死したんだし、
アンネの父親に至っては入院してたくらいだから
ユダヤ人絶滅とは明らかに矛盾するわけで
アンネの存在はホロコーストの反証にしかならないのでは?
867世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:41:05 0
アンネの日記が捏造だろうが本物だろうがホロコーストとは何の関係もないと
言う事ですね。。
868世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:43:53 0
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm
アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった
869世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:44:56 0
>>867
ただホロコーストを強化するのには役立ったんだが。
870世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:45:16 0
しかしホロコーストが無かったという証拠もない。
あったという状況証拠はあっても確証は無い。
はたしてこっから先に国家権力も持たない
このスレの住人が踏み込めるか?
871世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:55:27 0
>>870
ガス室に関してはまともな証拠がない。
872世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:59:35 0
チフスにかかって病死したアンネ・フランク

 ●かの有名なアンネ・フランクは、「アウシュヴィッツ収容所」で「ガス殺」されたと思い込んでいる人が、時たまいる。しかし、これは正しくない。
実際は、彼女はソ連軍の侵攻の前に「アウシュヴィッツ収容所」から「ベルゲン・ベルゼン収容所」に移送され、
そこでチフスにかかって病死したのである。
収容所がイギリス軍に解放される約2ヶ月前の1945年3月のことだった。
(「ベルゲン・ベルゼン収容所」は絶滅収容所ではない)。

●アンネ一家4人のうち、アンネの母親はアウシュヴィッツで死んだ。
アンネと姉の2人はベルゲン・ベルゼンに移送され、チフスにかかって病死した。
父親のオットーは、アウシュヴィッツでチフスにかかったが、入院して回復。
1980年にスイスのバーゼルで死ぬまで、91歳の寿命をまっとうした。

●現在、資料館になっている「ベルゲン・ベルゼン収容所」の入口には、アンネの写真とともに明確に彼女がチフスで亡くなったことが示されている。
「ベルゲン・ベルゼン収容所」の資料センターの歴史家トーマス・ニーエは次のように語る。
「アンネがどの棟にいたか、正確にはわかっていない。
アンネが死んだ3月、チフス感染で1万8000人が死んだ。
死者は合計5万人、解放時の生存者は6万人だった。」

●アンネ一家からもわかるように、当時の収容所では発疹チフスが大流行していた。
収容所の中には多くのシラミがいて、そのシラミが媒介となって発疹チフスが伝染し、弱っていた人びとを死に追いやっていった。
アウシュヴィッツ以外の収容所でも、戦争末期には発疹チフスなどの感染症が多発し、それらの病原体を媒介するシラミの駆除が大問題になっていたのである。

『世界大百科事典』(平凡社)の「発疹チフス」の項目には、「シラミが寄生するような衛生状態の不良なところに流行が発生し、〈戦争熱〉〈飢饉熱〉〈刑務所熱〉〈船舶熱〉などの別名でも呼ばれた」とし、
「第二次世界大戦でも発疹チフスは将兵をおそい、多くの日本軍兵士の命を奪った。
さらにアウシュヴィッツなどのナチスの捕虜収容所でも大流行」したと書かれている。
873世界@名無史さん:2006/03/22(水) 01:03:59 0
●ところで、アメリカ軍が「ダッハウ収容所」を解放した時、「毒物」の所在を示す「ドクロマーク」がついた部屋を発見した。
そして、その部屋の中には、これまたドクロマークのついたシアン化合物「チクロンB」の缶が、大量に残されていた。
驚いたアメリカ軍は、「ガス室」の決定的証拠として、このドクロマークの付いた部屋の「写真」を世界に発表した。

しかし、のちにそれは「消毒室」だったと訂正された。
ドクロマークの付いた部屋はチフスを媒介するシラミを退治するための「消毒室」だったのである。
この「消毒室」では、衣類やマットなどからチフスの病原体を媒介するシラミを駆除するために、「チクロンB」が使われていたのだ。

●「チクロンB」という名前の響きから、オウム事件で使われた「サリン」と同じように、殺人用に開発された毒物だと思ってしまいがちだが、
当時のドイツ社会では「チクロンB」は一般に生産・販売され、殺虫作業などに広く使用されていたことで知られている。
「DDT」を持たなかったドイツ軍は、この「チクロンB」をシラミ駆除の殺虫剤として使用していたのである。(「チクロンB」は1923年に開発された)。

結局、ガス殺があったとされる「ダッハウ収容所=絶滅収容所」説は、戦後15年たってから公式に否定されたのだが、
「ダッハウ収容所」と同じタイプの「消毒室」は、「アウシュヴィッツ収容所」にもあった。
アウシュヴィッツでも、シラミ駆除のために「消毒室」で「チクロンB」が使用されていたのである。
これは公式に認められている事実である。

●するとここで疑問が起きてしまう。
ダッハウの「チクロンB」は殺人用ではなく消毒用に使用されていたのだから、アウシュヴィッツでも同じように使用されていたのではないか、と。
874世界@名無史さん:2006/03/22(水) 01:05:25 0
>>870
> しかしホロコーストが無かったという証拠もない。

ガス室でプロシアンブルーが無い話は知らないの?
どうみても決定的な証拠なんだけどね。
875世界@名無史さん:2006/03/22(水) 01:09:26 0
>>861

アイヒマンは、T・ヘルツルの『ユダヤ人国家』を読んで感銘を受け(『我が
闘争』のほうは読んでもないという)、彼の墓にお参りしていたくらい。てか
シオニズムは、ナチズムの“一民族一国家一指導者”の主旨と合致している。
876世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:11:26 0
>>872
>実際は、彼女はソ連軍の侵攻の前に「アウシュヴィッツ収容所」から「ベルゲン・ベルゼン収容所」に移送され、
>そこでチフスにかかって病死したのである。
それは日本語版アンネの日記の著者紹介の部分に書いてある。
877世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:38:29 0
> 父親のオットーは、アウシュヴィッツでチフスにかかったが、入院して回復。

ホロコーストが真実なら『チフスのユダヤなんて、真っ先に殺せ』と考えそうなんだが・・・
878世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:46:03 0
エリー・ヴィーゼルもアウシュビッツの病院で足を手術。
入院中、アウシュビッツを放棄することになったドイツ軍と共にアウシュビッツを去る。
879世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:15:32 0
エリ・ヴィーゼルは、イラク攻撃について、その利害得失に悩み込んでいた
ブッシュを、“攻撃しないとまたホロが起こるぞ”と煽り立てて、攻撃を決
断させた、現在のイラクの混迷の元凶といってもいい存在。
880世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:27:22 0
>>879
ノーベル平和賞貰ってるくせにね、トンでもない野郎だ。
881世界@名無史さん:2006/03/22(水) 05:03:14 0
>>870
いかし、宇宙人が地球に来ていない証拠はない、
と言うのと同じだよ。(w

http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html
http://www,jca.apc.org/~altmedka/aus.html
http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html
882世界@名無史さん:2006/03/22(水) 05:09:24 0
何度も言うが、リビジョニスト(見直し論者)は、ドイツが
ユダヤ人を差別、迫害した事を否定などしていない。

ただ、


1.ドイツはユダヤ人を絶滅しようとした。

2.その目的で処刑用ガス室が使われた。


の2点について、正史派が証拠を示すべきだ、と言ってるだけだよ。
正史派が証拠を示せば、その瞬間、論争は決着する。だから、我々
リビジョニストは、「否定論者(denier)」と呼ばれる事に
は同意しない。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-53.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-54.html
883世界@名無史さん:2006/03/22(水) 09:03:23 0
*ナチスに誘拐され、頭の中に謎の金属球を埋め込まれたユダヤ人!
*ナチスに誘拐され、尻の穴から内蔵を抜かれたユダヤ人の死体が!
884世界@名無史さん:2006/03/22(水) 18:31:41 0
なんで、こんな初歩的な質問に答えられないの?

正史派が600万人を確定させるのに使った一次資料とユダヤ人の定義は何。

二次資料にしたって一次資料を元に作られるんだから、
その『二次史料の記述の根拠となる一次資料』の名前だけでも書けばいいんだよ。
885世界@名無史さん:2006/03/22(水) 19:36:07 0
マルチうざい
886世界@名無史さん:2006/03/22(水) 21:51:50 0
ガス処刑に妙にこだわっているけど、絶滅の方法はガス処刑だけだった
のではなくて、労働をつうじた絶滅ということも行われていたと言われてるね。

強制収容所の一般囚人はもともと労働量に比して過小な食糧しか与えら
れていないのだが、ユダヤ人の場合は「夜勤」をさせられたり、外部からの
食料小包の受け取りを禁止されたりと他の収容者と比べて差別的な待遇
を受けていたから死亡率が高かったようだ。
887世界@名無史さん:2006/03/22(水) 21:56:30 0
で、ガス殺はあったの?なかったの?
ガス殺の死体は1個も見つからないのですが??
888世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:02:20 0
>>887
ガス殺はもちろんあったでしょ。アウシュヴィッツ強制収容所や、トレブリン
カなどのいわゆる絶滅収容所でね。

そして死体の野焼きが行われたとされる場所からは、人間の骨や髪の毛
や灰が相当な量掘り出されている。
889新入荷:2006/03/22(水) 22:21:33 0
ヒトラーおじさんのホームビデオ
http://www.honestmediatoday.com/UncleAdolphsHomeMovie.wmv
Windows Media Video 約6分、30MB
890世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:27:54 0
>>888
お前の寝言なんか誰も聞いてないわけだが。
ガス冊については相互に矛盾する証言はあるが、物証がない。

で、「相当な」ってのは何ミリグラムのこと?
891世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:28:01 0
>>888
>ガス殺はもちろんあったでしょ。アウシュヴィッツ強制収容所や、トレブリン
>カなどのいわゆる絶滅収容所でね。
ディーゼルエンジンで一酸化炭素を発生させる構造と死体の色を示してくれよ。
892世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:39:27 0
>>889
妊娠体操みたいのじゃなくて、全裸のおねーちゃんを山車に乗せてパレー
ドしてる映像を使えばよいのに。当時はそういうのが流行っていた。肉体美
にあらわれる血の優秀さを賛美するという趣旨だったと思う。

>>890 >>891
自分が知らないことを質問しているのに、なんでそんなに偉そうなんだ?
893世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:52:11 0
>>892
ディーゼルエンジンの構造と死体の色を説明して貰わないとな。
894世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:58:24 0
>>893
なぜそれが重要なんだ? おそらく伏線があるんだろうが、いきなりそんな
こと言われても唐突かつ奇異だよ。
895世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:01:19 0
>>894
トレブリンカ・ベルゼッツ・ソビボルのガス殺に関係がある。
896世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:04:32 0
>>895
だからどういう関係が? そこに何か問題があると考えているんだろう?
それはどういう問題なのか。説明するか、あるいはコピペするか、とにかく
明らかにしたほうがいいんじゃないか?
897世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:09:23 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/berg_01.htm
http://www.codoh.com/found/fndieselgc.html
http://www.vho.org/VffG/1997/3/Dragan3.html
http://www.crc-japan.com/f-medicine/t-s/e-s/1.html
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/column/zathu004.html
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/353.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/360.htm
http://vho.org/dl/ENG/loth.pdf
一酸化炭素中毒死の死体の色が青いと言う証言がある。
一酸化炭素中毒死の死体の色は赤い。
どうしてこのような証言になったのか。
1 偽証だった
2 勘違いだった(但し多くの証言で青いと言っている)
3 ディーゼルガス室そのものが捏造だった
4 証人は全員夢遊病だった
5 ユダヤ人の体が普通の人間と違った
6 ユダヤ人は元々宇宙人だった(人間ではなかった)
7 証人は全員色が理解できなかった
他にもあるかもしれないよ。
898世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:19:37 0
>>897
そうか。死体の色一つとってもいろんな空想が出てくるものだね。

しかし複数の方向性を示したうえで、さらに他にもあるかもしれないと留保
するってことは、議論としてはまだ全然固まっていないってことか。
899世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:26:52 0
>>898
現実の範囲内は1から4いや1から3でしょう。
トレブリンカ・ベルゼッツ・ソビボル・チェルムノは文書証拠や建物が残っていませんから。
正史派は証言を一切使わずに一酸化炭素ガス室を証明すべきです。
900世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:46:14 0
ディーゼル・エンジンは、一酸化炭素を殆ど排出しない
事が特徴なんだけどね。(w

まあ、不完全燃焼させれば、ディーゼル・エンジンも
一酸化炭素の排出が増えるけれど、ガソリン・エンジンを
使えば、簡単により多くの一酸化炭素を得られるじゃないか。

それなのに、なぜ、わざわざディーゼル・エンジンで
一酸化炭素を得ようとしたのか、全く理解できない。

何より決定的なのは、その科学的に不合理なディーゼル・
ガス室の「実物」が現存しない事だ。まるで、UFO
だな。科学的におかしな物は「実物」が現存しない、と。
それを問われると、「NASAが隠しているのだ」とか
「ナチが隠滅したのだ」とか、「隠滅」のせいにするん
だよね。(w

http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html
http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html
901世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:07:14 0
>>899
ギッタ・セレニー(小俣和一郎訳) 『人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話』
を一回見てみたほうがいいんじゃないかな。たぶんまだ読んでないよね?

トレブリンカやソビボールについてだが、各種史料や元収容所長や元SS隊員、
元囚人の証言にもとづいて、なぜ・どうやってユダヤ人の大量処刑が行わ
れたのか数十ページにわたってくわしく書かれていたよ。それぞれの収容所の
歴史も分かるようになっている。

今年翻訳されたばかりの本だし、それを検証したほうが時宜にかなっているの
ではないかと思う。死体の色がどうとかいう話はあまりに微細すぎて、個人的に
深く検討したわけじゃないけど重箱の隅という感じで興味がわかないな。
902世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:11:56 0
もっとホロコースト正史派を引っ張ってこないと面白くないな。。
アンネの日記は嘘だと言っても一切耳を貸さずにヒステリーに
逆切れした女が居た。
903世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:12:34 0
>>902
絶滅危惧種だから。。。
904世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:15:17 0
>>902
その「女」とはどういう関係?

+   +
  ∧_∧ ∩+
 (0゚・∀・)彡  ワクワク
 (0゚∪ ⊂彡 + テカテカ
 と__)__) +
905世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:15:39 0
906世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:18:30 0
>>904
いや、友達だけど。。キレっぷりが凄かったのでこれ以上言って
も無駄だと思って何も言わんかった。。南京の虐殺の嘘は認め
るらしいがユダヤホロコーストの嘘は認めないらしい。。要するに
女なんて日和見なんだよ。世間の総数の意見が変わらない限り
考えを変えない。
907世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:31:10 0
>>906
> 要するに女なんて日和見なんだよ。

何か欲求不満があるのかもしれないが、女性だからといって十派一からげ
に批判するのはよくないね。
908世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:40:08 0
>>901
物証は?物証は?物証は?物証は?物証は?

ガス室で殺された死体は確認されてるの?
小俣さんて医者なんでしょ?
一酸化炭素で殺された死体の解剖記録はあるの?
ソ連軍が発表した文書には、一酸化炭素で殺された
死体があったと主張されているだけで、肝心の医学的記述が
全くない。

もし、解剖で確認されているなら、今でも病理標本が残って
いますよね?

小俣はそれを確認したのか?

精神科じゃ駄目か。(w
909世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:43:43 0
>>902
誰か、どっかから引っ張って来ないか?
文学とか心理学とか、マスコミ、政治、映画、漫画、音楽、
ゲームとか、そういう板の住民には、結構ナチスオタクや
イスラエルオタクがいる。クラシック板なんか、いいんじゃ
ないかな。
910901:2006/03/23(木) 00:52:42 0
>>909
もちろん引っ張ってきてもいいんだけど、おれは君らの言っている「正史派」
だよ。最近トレブリンカなど、ラインハルト作戦の収容所に興味が出てきた
ところだから、スレの盛り上がりにもぼちぼち貢献していくつもり。
911世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:12:15 0
>>908
> 精神科じゃ駄目か。(w
日本の医者を甘く見ないように。
基本的に誰でも全分野の一通りの知識は持っている。
専門馬鹿の医者なんて、仮に存在しても全く使い物にならない。
精神科医なんて、まともに自覚症状を訴えられない患者から
体の病気を発見する能力が求められるわけだ。
912世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:20:52 0
>>910
正史派は「証言を一切使わずに」一酸化炭素ガス室を証明すべきです。
913世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:21:41 0
連れてくるんだったら、そのテの人材が一番多いのは軍板でしょ。
今だにリビジョは袋叩きで放り出されてる。
914世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:25:44 0
馬鹿のひとつ覚えみたいに「悪魔の証明」と連呼するしか能のない軍痛の池沼兵さん、ようこそ。
915世界@名無史さん:2006/03/23(木) 02:51:48 0
ホロコーストを疑問視する側は、ホロコーストを肯定した証明に対して、反論するつもりなんじゃないの?
ホロコーストが無かったと思える証拠としてプロシアンブルーが出ているが、

ホロコースト肯定派は600万人を確定した一次史料すら出せない。
916世界@名無史さん:2006/03/23(木) 07:36:55 0
>>911
日本の精神科医のレベルは相当低い。医療関係者でもないのに駄スレすんな。
917世界@名無史さん:2006/03/23(木) 10:11:27 0
日本って試験で点数取れれば医者になれるじゃん
918世界@名無史さん:2006/03/23(木) 15:38:24 0
U部
(4)を証明するために以下を導入する。
(6)保型形式 ⇒ヘッケ環
(7)ガロア表現⇒変形環
ヘッケ環と変形環を使って可換環の2定理を導くと(4)は
(8)ヘッケ加群とセルマー群の問題
に帰着される。(8)の証明は以下の2つの性質の証明に帰着される。
(9)保型形式 ⇒ヘッケ環⇒ヘッケ加群
(10)ガロア表現⇒変形環 ⇒セルマー群
セルマー群とは「イデアル類群を一般化したもの」と考えればいい
のだけれど、
特に定義の為に膨大な準備が必要です。
セルマー群の元の個数=ゼータの値
という等式が証明できれば谷山・志村予想が証明できます。
ゼータの値はヘッケ加群から求めることができ
(4)が証明されたことになります。
これに関係するのが「岩澤理論」です。


919世界@名無史さん:2006/03/23(木) 15:44:12 0
∫0→1(e^x^n/1+x^n)dxのn無限大の際の極限値は?
920世界@名無史さん:2006/03/23(木) 17:42:57 0
>>911
精神科医は体の病気を診る医者じゃない。アホなこと書くな。。
921世界@名無史さん:2006/03/23(木) 17:55:27 0
>>919
やべ。ふつーに顔文字に見える。
922世界@名無史さん:2006/03/23(木) 20:17:25 0
(^x^)
923世界@名無史さん:2006/03/23(木) 21:12:44 0
924世界@名無史さん:2006/03/24(金) 16:18:11 0
ハーイ!ミッキーマウスです。
えっと…ホントはぼくじゃなくてぼくの声なんだけど。
いま、ムービーバーンにいるんだ。今日は一日中そこにいるつもり。
撮影がたっぷりあるからね。ハハッ! よかったらセットを見にきてよ!
ムービーバーンで待ってるね!!
925世界@名無史さん:2006/03/24(金) 16:45:39 0
糞 ス レ 立 て ん な 池 沼
926世界@名無史さん:2006/03/25(土) 12:16:07 0 BE:716991078-
ホロコーストは捏造

以上
927世界@名無史さん:2006/03/26(日) 16:30:26 0
東大の精神科って、共産党系の巣窟じゃなかったけ?
928世界@名無史さん:2006/03/26(日) 17:38:45 0
 ,   ― '
      γ∞γ~  \
      |  / 从从) )
      ヽ | | l  l |〃 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      `wハ~ ーノ) < 糸冬 マ
        /^.、ヽ/ヽ   \__」____
      /ヽ `/ / \
   __/ヽ.   / /  ./ヽ
  ./ヽ     `!二二二!'   `ヽ、
. ( ァ'~.|    |.‐――‐|      |~z')
  !. /    |       |    | /
  l,/     |       |     l/
.  \    ./|     |   /
.   \ _/. |     |__/
       |____.|
.       ヽ, _Y), _Y)
929世界@名無史さん:2006/03/27(月) 22:21:05 0
930世界@名無史さん:2006/03/28(火) 05:28:23 0
新DVD 『リヴィジョニストの迫害 ヴェールを剥がれたホロコースト』
http://www.honestmediatoday.com/new_dvd_the_persecution_of_revisionists.htm

http://www.honestmediatoday.com/the_persecution_of_revisionists.wmv
(約24MB)
931世界@名無史さん:2006/03/28(火) 23:42:34 0
つくる会、大変だね。
932準備中:2006/03/30(木) 20:48:16 0
933新入荷:2006/03/30(木) 22:21:09 0
試訳:ホロコースト講義

3.9 死体の山
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/390.htm
3.10 バビー・ヤールと特別行動部隊による殺戮
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/391.htm
3.11 同性愛者とジプシー
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/392.htm
934世界@名無史さん:2006/03/32(土) 23:09:21 0
共産党板の同志達に援軍を頼んだ!
是で終わりだ、リヴィジョナリストども!
935世界@名無史さん:2006/04/02(日) 00:10:53 0
共産板なんて基本的に趣味者しかいないだろ。
936世界@名無史さん:2006/04/02(日) 10:46:11 0
コミュニズムなんてシオニストの戯れ言の一つに惑わされるやつなんざ、論理破綻者しか存在しないだろ。
937世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:01:44 0
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_29.html
>Q44 ドイツ支配地域のすべての収容所のすべての火葬施設を100%稼働させたとしたら、
>このような火葬施設が運転されていた期間全体で、最大何体の死体を焼却することが可能か?  中略
>「ノーコメント。わたしは殺人事件に火葬可能数は関係ないと思っているからだ。 中略
>火葬可能数がはっきりしたところで、それはホロコーストとはまったく関係ないがな」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_10.htm
http://vho.org/tr/2003/4/Mattogno387-392.html
>>アウシュヴィッツ博物館の「批判的精神」は、収容所の犠牲者の数を4分の1に減らしてきたが、
>>御都合主義的に焼却能力――実際の能力の8倍――をでっち上げているのである。
>>もちろん、ピペルは炉の本当の能力を語ってしまえば、
>>自分の「目撃証人」が下水管の中に流れ落ちていってしまい、
>>そのことで、これらの「目撃証人」の証言に由来する「殺人ガス処刑」説が
>>まったく信憑性のないものになってしまうことを知っているにちがいない。
>>だからこそ、依然として、アウシュヴィッツ博物館は迷信にもとづく権威であり続けているのであり、
>>科学よりも「目撃証人」の妄想を好んでいるのである。
ソフィアには同意しかねる。アウシュヴィッツの虐殺人数と焼却能力に関する証言の整合性信用性に影響がある。
http://www.idgr.de/texte/geschichte/ns-verbrechen/fritjof-meyer/index.php
プレサックの63万人〜71万人、マットーニョ・デアナ論文を剽窃したと言われているマイヤーの50万人、
修正主義見直し論者ではマイヤー論文の土台基礎と言われているマットーニョ・デアナ論文などに書かれている。
938世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:03:34 0
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_29.html
>Q62
>「ホロコースト」に疑問を呈するものは反セム主義者もしくはネオナチであるという主張についてはどうか? 中略
>*ニツコーの回答  ホロコースト否定と反セム主義/ナチズムとの間には、きわめて強い相関関係が存在する。
>このことを否認するのは、ホロコースト否定の出所がどこか分からないようにするための、巨大な嘘である。
この後に書かれているソフィアの反論が長すぎる上に感情的。
http://www.globalresearch.ca/
簡潔な反論は、ユダヤ人であるにもかかわらず前代未聞のホロコースト裁判になるであろう、
(コール・ブルク・ヘイワードなどでも裁判にはならなかった。)
911アルカイダ修正主義見直し論者であり、オタワ大学経済学部教授でグローバルリサーチ主催の
ミシェル・チョスドフスキーがユダヤ人で左翼である事を指摘すればそれだけで十分過ぎる位だろう。
ニツコーはユダヤ人で左翼のチョスドフスキー教授がネオナチかどうか見解を示すべき。
ニツコーはチョスドフスキー教授に対するまともな見解を示す事などできないだろう。

>Q63
>歴史学者たちが「ホロコースト」の資料に疑問を呈した時、彼らにいかなることが起きたか?中略
>だがそれにしても「歴史学者たち」というのは何のことだ? 
>リビジョニストの 寄合いの中には、歴史学博士は一人もいない。後略
リップスタット=宗教学 ヒルバーグ=法学政治学 ライトリンガー=美術史 ペルト=建築学
フリツォフ・マイヤー=ジャーナリスト プレサック=薬剤師 フィンケルスタイン=社会学
チョスドフスキー=経済学 バッツ=電気工学
正史派で歴史学博士が何人いるのですかね。
939世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:04:38 0
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/833.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 3 月 27 日 21:26:02: CjMHiEP28ibKM
ホロコースト否定論者の言論を認めたら大学でのバンド演奏を禁圧
しかも、このバンドのリーダーはユダヤ人だというのである。
----------------------------------------------------------
http://www.americanfreepress.net/html/banned_for_speaking_out.html
You can find out more about the band at http://www.pokerface.com
修正主義見直し論支持を打ち出すユダヤ人アーティストはギルアド・アツモンだけではないのですね。
940世界@名無史さん:2006/04/02(日) 21:45:34 0
ぶはははは、金正日は歴史修正主義者だってよ。

941世界@名無史さん:2006/04/02(日) 21:49:36 0

リビデマの卸元=ガイキチ共産国家オフランスの極左学者
942世界@名無史さん:2006/04/02(日) 23:41:24 0
>>934
共産党がホロコースト擁護する意味が分からん。世界一虐殺を行ったのは
共産主義ソ連のスターリンだよ。あ、スターリンもユダヤ系だもんね。だからか。
943世界@名無史さん:2006/04/02(日) 23:47:56 0
>>942
シベリア送りなどや多くの虐殺が相対的に小さくなる効果もある。
944世界@名無史さん:2006/04/03(月) 01:20:31 0
ホロコーストが事実とすれば、600万人のユダヤ人は家畜のごとく
黙って殺されたということだ。
養鶏場や養豚場の食用家畜となんら変わらない。

彼らには「知恵」とか「勇気」とかが無いようだ。
ヒトとして生まれたのが不幸の始まりだろう。
945世界@名無史さん:2006/04/03(月) 04:28:16 0
スターリンがユダヤ系って何の冗談だろう。
946世界@名無史さん:2006/04/03(月) 12:20:46 0
ヒトラーやマルクスがユダヤ系とか言ってる人も居るけど
そういうのじゃないの
947世界@名無史さん:2006/04/03(月) 13:31:01 0
あー、ちょっとこちらにお邪魔するかもです。
アンネ・フランクスレでややこしいのに捕まってね。w
まぁ「アンネ・フランク」と関係ない展開になってきたのでこのスレに
誘導しようかな、てな具合ですわ。w そんじゃ、ヨロシク。またね。
948新入荷:2006/04/03(月) 23:06:11 0
試訳:第三帝国におけるジプシー:誇張、伝説、事実(O. ミューラー)
オトヴァルト・ミューラー博士
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mueller_01.htm
メディアと政治家たちは、「100万以上のジプシーが第三帝国時代に殺された」とか「50万のシンティと
ロマがホロコーストで死んだ」とか述べて、第三帝国時代のジプシーの運命についての根拠のない
告発を、倦むことなく繰り広げている。本小論は、このような告発が、この周遊部族についての、現在
公開されている戦前戦後の人口統計とは矛盾していることを明らかにするであろう。そして、戦時中
のジプシーの損失に関する公式の数字がひどく誇張されていることが立証されるであろう。
949世界@名無史さん:2006/04/04(火) 00:43:34 0

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が政治犯を人体実験の対象としていることを立証する文書が12日、脱北者人権団体により公開された。政治犯を化学実験室に移送するという「移管書」の原本だ。

 英BBCテレビも先週、北朝鮮の人体実験を暴露する「悪への接近」と題した番組を放映した。

 想像を絶する恐ろしいことが北朝鮮の同胞の身に振り掛かっているという具体的な傍証が次々と上がっているが、北朝鮮の人体実験の事実が知れ渡ってからは久しい。政府の北朝鮮人権白書にも関連証言が記載されている。

 ところが韓国政府や社会の一般的な反応は無関心と冷淡そのものだ。政府当局者からは怒りの一言すら聞けない。BBCの報道後、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が「韓国政府は北朝鮮の人体実験報道に疑問を抱いている」と報じるのも当然の状況だ。

 政府は北朝鮮政権の顔色を気にし、昨年の国連人権委員会での北朝鮮人権改善要求決議案の採決にも参加しなかった。これでは韓国政府が北朝鮮政権の人権弾圧をサポートしているとの指摘を免れない。

 海外メディアが深層を知らせる報道を流している北朝鮮人権問題が、韓国の国営放送からは全く見られなくなってしまった。彼らが「反米自主」趣向の報道に投入する熱意の10分の1でも北朝鮮人権問題に傾けたなら、このような状態にまでは至らなかったはずだ。

 脱北者らは「ガス室で親は、自分は犠牲になっても子どもたちを生かそうと、口の中に空気を吹きかけていた」と証言した。第2次大戦当時の日本の731部隊や、ナチスドイツのユダヤ人収容所で起こった惨状そのままだ。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/02/12/20040212000084.html
950世界@名無史さん:2006/04/04(火) 01:46:32 0


北朝鮮にはガス室があるんだ・・・。

金正日は当然絶対否定するんだろうな。
951世界@名無史さん:2006/04/04(火) 04:50:27 0
英国BBC放送って、ユダヤ系のプロパガンダ放送局じゃなかったっけ??
今度は北朝鮮を攻撃する口実をもうけようとしているように見えるが、
それで米英に何のメリットがあるのかな??

むしろ、北朝鮮を温存しておいた方が中国共産党のご機嫌もとれるし、
中国市場に食い入りやすい。
日韓には兵器を売りやすいはずだけど??
952世界@名無史さん:2006/04/04(火) 11:50:53 0
>>948
そこのサイトって、あのウルトラ極左大学先生が
運営されてる所なんですよね

彼、北朝鮮シンパなのかどうかは良く解からないけど(w
953世界@名無史さん:2006/04/04(火) 23:22:36 0
>>947
>273 :世界@名無史さん :2006/04/03(月) 10:58:15 0
>続きはホロコスレでねっつってるのに「遁走」だのなんだのしつこいな。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1082993519/261
具体的な間違いや誤訳を載せてくれませんか。
954世界@名無史さん:2006/04/05(水) 09:00:03 0
>953
おぉ、やっとこっちに来たか。
それにしてもしつこく聞くワケね。w
つまりなんだ、チミは「歴史修正主義研究会」や「逆転裁判」を
ホロコースト否定論の代表的なページとして
「皆さん、偏見を持たずに読んでみてください」と紹介したレスに
私が追加的に「誤訳や間違い、齟齬はあるが・・」てな事を書いた
事が気にさわるっちうワケかいな。
そう書くと随分、ケツの穴の小さい野郎みたいなので、そんなことは無いと思いたい。
んだもんでそこまでしつこく食い下がる詳しい理由を説明してちょうだいよ。
それからね、アンネスレでも上げてあるよ。間違い。
955世界@名無史さん:2006/04/05(水) 23:37:30 0
>>954
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/enimagan.htm
このように具体的に指摘して頂けませんか。


それとは別に面白い情報が入ったので貼り付けておきます。
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/962.html
チョムスキー、「イスラエル・ロビー」でミアシャイマー=ウォルトに反論【シオニストぶりを大いに発揮!】
翻訳の時間は取れませんが、要するにチョムスキーの言いたいことは、
イスラエル・ロビーはその他のロビーと同様に特別なものではない、
彼らの成功はたまたま米国支配層の利益と一致していたからでそれ以上の理由は無い、
米国の中東政策は石油メジャーと軍産複合体によるものでそのどちらもイスラエル・ロビーとは無関係だ、
といったようなことで、AIPACによるスパイ活動などどこかに消えてなくなっているようです。
まあこれも、9・11の真相が明らかになれば言えなくなるでしょうが。
(だからこの狐男は絶対にこれには触れない。){この点においてチョスドフスキー教授の足元にも及ばない。}
以下にチョムスキーの論文を掲げたZnetの記事を貼り付けておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.zmag.org/content/print_article.cfm?itemID=9999§ionID=11
956新入荷:2006/04/06(木) 07:00:54 0
試訳:統一ドイツにおける政治的諸権利の現況(G. ルドルフ)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_10.htm
957世界@名無史さん:2006/04/06(木) 11:47:52 0
>955
何故だという私の問には答えないまま、事を進めたいっちうことかいな。
では私から何故「誤訳や間違い、齟齬はあるが・・」と書いたか理由を説明しよう。
まずは加藤氏のHPにはトップにも、各試訳の頭にも
>それらはあくまでも当研究会用の試訳、抄訳にすぎません。
多くの誤訳や脱落、意訳が含まれていると思いますので、ご参照、
ご利用にあたっては、かならず、原文を参照してください。
との一文がある。あるね?
>ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/
私はHP管理者の意思を尊重してその一文を加えたに過ぎない。
「逆転裁判」に関しては
>ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1079537825/
ここでも上げられているように、間違いや齟齬はある。
そんな細かいところを私は説明したくないので
「間違いや齟齬はあるが否定論全体を掴むには良いページである」と書いた。
私の気が付いた間違いとして、後のレスで高橋亮氏の「対抗言論」と山崎カオル氏の
「ホロコースト」ページとの表記違いを上げておいた。
これ以上、何を望むのかな?
あなたが何故たったこれだけのことにそこまで入れ込むのか、私には理解できないね。
非常にファナティックに写る。説明を願いたいね。

 後、修正するのは良いことですがね、履歴くらい残しませんか?
プレサックの訳にしても随分と修正されましたよね?
「何月何日更新」くらいで良いと思いますよ。
まぁ、好意で公開して頂いているので大きな口は叩けませんがね。
加藤氏にしても永岑氏にしても、知らない間に更新されると非常に参照しにくいです。

958世界@名無史さん:2006/04/06(木) 22:50:56 0
>>957
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1082993519/261
>誤訳と思われる部分も結構あるので注意。
>素人さんが作っているので間違いやら齟齬は多いですが
>ただ、私が先に「アンネの日記の真贋も一遍くらいは疑え」と言ったように、
>これら否定論も一遍くらいは眉唾で見ましょうね。誰かの陰謀かもしれんよ。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1082993519/267
> さて、否定論についてですが、好意をもって紹介したのになんか突っ込まれて
>イャーンな感じ。ま、それ以上はこっちからは突っ込みませんよ。スレ違いになるしね。
>もちろん、永岑氏だって全て正しいとは限らない。疑っても良いはず。
あなたの主張に一貫性が無いからです。
指摘を受けないと、正史派の「永岑氏だって全て正しいとは限らない。」とは書かなかったでしょう。
あなたが「否定論」(修正主義見直し論)に好意的とはとても思えません。
そもそも好意を持って紹介する人が「否定論」と言う言い方などするはずがありません。
959世界@名無史さん:2006/04/06(木) 22:52:13 0
Re: 人それぞれご都合もあるし、裏の人間関係もあるでしょう。金も絡んでくるし。
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/1009.html
>人それぞれご都合もあるし、裏の人間関係もあるでしょう。金も絡んでくるし。
>ホロコースト否定派の一部やネオ・ナチが、実はユダヤ傀儡だったりするわけですから。
>ユダヤとつるんだ偽ネオ・ナチがホロコーストを否定して、某国の監獄に収監されれば、
>真面目なホロコースト研究者は、萎縮して真相追及を断念します。
>よって、ネオナチの行為は、ユダヤ権力を大いに喜ばせます。
(アーヴィング?ツンデル?両方とも?)

>文春の雑誌が、いい加減で突っ込みどころ満載なホロコースト否定記事を載せたおかげで、
>ユダヤ言論弾圧機関に攻撃の口実を与え、以後、日本のメディアは、ホロコースト追及ができなくなってしまった。
>その意味で、文春は大いに、ユダヤ権力の世論操作に寄与しているわけです。
(エイプリルフールに寒い冗談飛ばしてる場合じゃないかな。w)

>「ユダヤは被害者」という利益を生む嘘を維持するためには、
>ユダヤに飼われた反ユダヤ主義偽装者も必要になってくるわけです。
>とりわけ、共産主義者の黒幕はユダヤ財閥ですし。
>「元共産主義者」なんていう人種は、特にオルグされやすいでしょうしね。勿論、一般論に過ぎませんが。
(マルクス、トロツキーなどきりがないですね。そしてネオコンはトロツキストからの転向者が多いようです。)

>彼ら、飼い犬さんたちは、真の黒幕に危機が迫ると、本性を露呈します。
>ユダヤの大親分を危機から救うために、中身に一切触れない「総論否定」を展開します。
(チョムスキーが露骨に正体を表しましたね。)

>まあ、そういった観点でものを見ると、今まで見えなかったものも見えてくるわけです。はい。
(全く持って仰るとおりです。)
960世界@名無史さん:2006/04/06(木) 23:08:34 0
>>878-880
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060320/p1
>■[ホロコースト]ためにするレッテル
>イラク戦争の口実「イラクが大量破壊兵器を隠し持っている」というのは
>まさに「陰謀論」でしかないことが今では露顕してしまいましたが、
>当時ブッシュ政権の「イラク陰謀説」をまるっきり鵜呑みにしていたジョージ・ウィルが
>ラムズフェルドや自分自身を「陰謀論者」と認めることは今後も決してないでしょう。
○ブッシュが隠れユダヤ人であると推測できる数々の傍証
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/bushjew.htm
○合衆国大統領を志すなら 、まず最初に隠れユダヤ人に生まれつきなさい。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/cr.htm
○911内部犯行の首謀者は、CFRの隠れユダヤ人、D・ロックフェラー
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/rockyuda.htm
チョスドフスキー教授の主張が真実でブッシュ一族が隠れシオニストユダヤなら、
ブッシュの陰謀は文字通り隠れシオニストユダヤ陰謀論に他ならないはずです。
ブッシュがイラク戦争を迷っていたなどとは考えにくいです。
961世界@名無史さん:2006/04/06(木) 23:17:53 0
デボラ・リップシュタット「アーヴィングを釈放せよ」[BBC]
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/529.html
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4578534.stm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/299.htm
http://vho.org/dl/ENG/loth.pdf
誤解の可能性あり。Plead Guilty は「抗弁」の意味
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/702.html
>L:そして、この裁判で完敗してしまったのですね。
>それ以降、修正主義者の所説は、最終的に反駁されてしまったとみなされたのですね。[8]
>R:そう言われていますが、まったくそうではありません。
>裁判であつかわれたのはアーヴィングの説であって、修正主義者の説ではなかったからです。
>両者は同じものではありません。
>アーヴィングの専門は第二次世界大戦とその時代の人物であり、それについての研究書を出版しています。
>しかし、ホロコーストに関する論文、ひいては著作を発表したことはまったくありません。
>彼は、このテーマに関心を持ったことはなかったと繰り返し述べていますし、
>私が1996年に彼のもとを訪れたときにも、修正主義者の本を一冊も読んだことはないと話してくれました。
>さらに、彼は裁判の予備審問のときにも、修正主義者を専門家証人として召喚することを拒みました。
>その結果、彼のおかれた状況は壊滅的となりました。
>裁判では、世界各地のホロコースト・ロビーからの集中的な議論と対決しなくてはならなかったからです。
>敗訴は避けられないものでした。
>しかし、このことは、修正主義者の敗訴を意味するわけではありません。
サックをネオナチとまで罵倒したリップスタットが、
アーヴィングを釈放せよと主張しているのは非常に不自然です。
ツンデルはまだしも、アーヴィングがわざと敗訴した可能性が捨て切れません。
962世界@名無史さん:2006/04/06(木) 23:58:37 0
スレが病院くさいな、なんか。

ところでナチスは精神病者を「生きるに値しない命」として安楽
死させた(T4作戦)わけだが、「生きるに値しない」という価値判
断はどこから出てきたんだろう?

精神病の多くは体質的(器質的)なものであって、程度の差は
あれ一生続くものだ。そして遺伝が関係しているとも言われる。
だがそれだけでは「生きるに値しない」という結論は出てこない。
病気を社会に広めないために精神病者を断種すべきという結
論がせいぜいで、病人本人を殺すべきなどという主張の根拠
にはならないと思う。

カトリック教会からの批判によって中止されるまでの間、T4作
戦は7万人程度の犠牲者を出した。逆に言えば、精神病院の
ベッドがそれだけ空いたわけだ。

T4作戦には、医療や社会福祉制度に関する社会的な負担を
軽減するというねらいもあったのかもしれない。
963世界@名無史さん
>>962

>精神病の多くは体質的(器質的)なものであって、

これは他人を精神病に追い込んだ悪人側の言訳を代表する表現。
優生学、人種差別論と軌を一にするデタラメな論調。良く覚えておけ!