★★フルレンジユニットファンの広場★★

このエントリーをはてなブックマークに追加
242228です
>>240さん
貴方のご意見の一部に賛同します。
私ごとき若輩者がランシングに付いて語るのは、
おこがましい事だと思っています。誤りがあったらお教え下さい。
ランシングは、家庭用の美しいスピーカーを作りたい、と言って
アルテックを飛び出したはずです。
その頃出来たユニットがD208、D130。
アルテックのスピーカーより美しく、音もリファインされいます。
聴いた感じは、アルテックより繊細と思う方がいらっしゃってもおかしくないでしょう。
しかし、JBLがその後ワイドレンジ、繊細、リファインを極めていったのは
ランシングの自殺直前に開発されたHFシリーズユニットと、それを使ったシステムによってです。
そのHFユニットを開発した技術者の名前は忘れてしまいました。
パイオニアのHPM100や、TADのユニットにも、JBLのHFユニットの技術者が大きく関与しています。
ランシングのユニットの特徴は、エネルギーの大きさ、能率の良さに表れる反応の良さに有る、と私は考えます。
その特徴は現代のスピーカーには無い物だと思っています。