瓜生「最近、江南くんが冷たい.……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
鹿谷「うっちーちゃんよ、あいつはいつも冷たいだろ」

瓜生「いつもと比にならないくらい冷たいんだってば!」

鹿谷「んー……そんないつもと違うとこあったかな。アタイがさっき会ったときは普通だったけどよォ」

瓜生「そそそ、それってまさか私にだけ冷たいとかそういうことなのかなってば!」ググッ

鹿谷「くっ、くびしめんな! お前、その癖は封印したんだろうがっ!」

瓜生「ご、ごめん。そこに掴み易い首があったからつい……」

鹿谷「つーか、そんなに気になるなら本人に訊けってーのさ」

瓜生「う、うん。でも訊きにくいっていうかその……」
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:33:10.63 ID:O8Lf7TJB0
::::::::::::::::::::::::::::::::

瓜生「ねぇ江南くん!」

江南「…………」

瓜生「か、江南くんってば、人の話聞いてるのっ!」

江南「…………」

江南「…………」コクッ

瓜生「ど、どうして今日はそんなに私に冷たいのかなって……」

江南「…………」

瓜生「む、むむぅ……。もういいよバカァッ」ダッ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

瓜生「ほら、やっぱり今日の江南くん冷たいよぅ……」グスンッ

鹿谷(……おかしい、いつもとまったく違いがわからない)

鹿谷「」
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします