つぼみ「むにゃむにゃ、ゆりさーん…好きですぅ…」ゆり「あら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
つぼみ「暇ですねー」

えりか「暇っしゅ」

ゆり「こらああああああああああああああああ!!!!!」

えりか「何?うるさいっしゅ」

ゆり「うるさいっしゅ。じゃないわよ!」

つぼみ「どうしたんですか?」

ゆり「わたしの諭吉がなくなってるのよ!!」

第1話 ゆりさんと消えた諭吉
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:45:31.11 ID:F3CvqC/5O
えりか「そんなの知らないっしゅ。あたしじゃないっしゅ」

つぼみ「わ、わたしでもありません」

ゆり「んなこたわかってんのよ!!一緒に探してくれっつってんの!!」
ゆり「あれが家の3ヵ月分の生活費なんだよ!!」

えりか「そうっしゅか」

ゆり「この野郎…!!」

つぼみ「ま、まぁまぁふたりとも落ち着いて」

ゆり「これが落ち着いていられますか!?」
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:46:37.06 ID:F3CvqC/5O
えりか「まぁ待つっしゅ。確かにあたしも悪かったっしゅ」

ゆり「…な、なによ…」

えりか「しょうがないからあたしが探してやるっしゅ」
えりか「あとつぼみも」

つぼみ「ちょ、私はまだいいとは…」
ゆり「ありがとうふたりとも!!さっそく心当たりの場所を虱潰しに行きましょう!!」

つぼみ「えー…めんどくさ…」

ゆり「何かしら?」

つぼみ「いえ、何も…」
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:47:42.46 ID:F3CvqC/5O
ゆり「万札の入ったわたしの財布の経路をたどりましょう」
ゆり「まずは…ももかの部屋ね」
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:48:56.81 ID:F3CvqC/5O
ももか部屋

ももか「あんっ…ゆり…ゆり…」くちゅくちゅ

ゆり「邪魔するわ」スタスタ

ももか「え、ちょ、勝手入ってこないでよ!」

えりか「うわ、ももねぇまたゆりさんでやってんだ」
つぼみ「ハレンチです!これはハレンチです!!///」

ゆり「ももか、わたしの財布知らないかしら?」

ももか「あ、これ?はい。ちょっと濡れたけど勘弁ね」

ゆり「やっぱりここにあったのね…ありがとうももか。この埋め合わせは今度…ね」

ももか「も、もうゆりったら///」

えりか「ちっ…なんだよこいつら、ってうわ」
つぼみ「いい話しです…!ぐすん、わたし感動しました…!ふえぇん」

えりか「やれやれ…うち、泊まってく?」
つぼみ「ぐすん…はい!」
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:50:04.20 ID:F3CvqC/5O
つぼみ「そろそろ暖かくなってきました!春と言えば桜…桜と言えばお花見!」
えりか「お花見と言えばバランスボールだよね!!」
つぼみ「何を言ってるんですか!ところでえりか、コフレを見ませんが?」
えりか「さぁ?知らなーい」
つぼみ「さて来週のハートキャッチプリキュア!ゆりさんに春!?恋人はなんとあのひと!ももか激怒!です!」
えりか「楽しみだね!」
つぼみ&えりか「みんなのハートをキャッチだよ!!」
7屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y

まーくん、まーくんは出てくるの?