士郎「蔵の蔵書からサーヴァントが…」アンデルセン「黙れホモ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
凛「部屋の蔵書からキャスターのクラスでシェイクスピアが…」

言峰「ゲーテとサルトルで今回の聖杯戦争をかき回すとしよう」

先生「ダンテ…ベアトリーチェ…」

イリヤ「ドフトエフスキー、狂化してこの弱さ…」

シンジ「くそっ、何だよこのキャスター!Kouta Hirano!?何だよHentaiMangaArtistって!」

臓硯「やはり聖杯自体がおかしくなってきとるのか…」
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:20:15.60 ID:uYEB4QSH0
言峰「天草四郎…?」
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:25:17.50 ID:wTZM1EOY0
Kouta「おい、小遣いをくれ」

シンジ「またかよ!どうせまた同人誌とかいうのを買いに行くんだろ!」

Kouta「すまんね」

シンジ「待てよ!」

Kouta「?」

シンジ「僕も一緒についていく。何をしでかすかわからないからな」

Kouta「ほぉ…」ニヤニヤ

シンジ「な、何だよその顔は///」

シンジ「いいから行くぞ!」

桜(……)
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:33:15.56 ID:wTZM1EOY0
Kouta「瀬川おんぷ…。この題材の薄い本はいいものだ」

シンジ「はぁ!?そんなキャラ、まだ全然ガキじゃないか!僕なら断然こっちの薄い本を推すね!」

Kouta「なるほど。しかし、この広い同人誌即売会会場。二人で欲しいものを買うには手が足りんと思わんかね?」

シンジ「そりゃ、まぁ、確かに」

キャスターのクラスであるKoutaが何事かを呟くと、三人の男が現れた

シンジ「すごい…!これだけの人手があれば…!」

太った男「よろしい、ならば購買だ!」

眼鏡の学者風の男「もちろん!」

寡黙な大男「……」
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/14(月) 20:35:19.27 ID:bwl8JU4rO
これならヒラコー一強じゃね?
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
こいつホモ 
 
神戸市東灘区西岡本 
 
前川直也