DAIGO「全てNHKの所為なんスよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
DAIGO「ガチでやる気起きないんスよ」

DAIGO「大学中退してから、もう4年も経ちますけど、マジずっとニートしてましたもん」

DAIGO「おじいちゃんの遺産も少なくなって来て、生活マジパネェッスヨ」

DAIGO「これもあれも全部、日本ひきこもり協会の所為っス」

DAIGO「NHKッスヨ。つーか俺の事、事実上の出禁にしてる見たいだし」

DAIGO「そっちは違うNHkだろって、はぁ、一人ノリツッコミ、ガチヤベェ……」
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:02:57.62 ID:CS3IpZEN0
面白くなくて完結できないならやめろ  面白くて完結できるなら書け
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:06:56.66 ID:DPZMm+c60
DAIGO「バンドも解散しちゃったし、ギターの手入れだけはしてるけど、もう路上ライブ
出来るくらいの体力なんて無いっスヨ」

ピーンポーン

DAIGO「だ、誰っすか……」ビクゥ

DAIGO「が、ガスとか水道なら、ひ、引き落としだから、全然そんな人たちじゃないって
事っスか」

DAIGO「あ、もしかしてhydeさんっスか? ちょっと出ちゃお〜」
ガチャ

BBA「あら失礼、私たちはこういうもので」

DAIGO(誰っすか、このおばちゃん)
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:13:34.88 ID:DPZMm+c60
BBA「そういえば知ってます? この広報見て、ニートって、働かずに親の脛をかじる人たちの事で〜」

DAIGO(な、何スか、いきなりニートって、もしかして、俺がニートしてるの知ってて?……)

BBA「ね〜酷いお話でしょ〜」

DAIGO(そういえば、さっきから後ろに居る日傘の女の子は誰っすか。この怪しげな教団に
囚われの乙女さま? マジぱねぇ)

岬 ペコ

BBA「そういえばお宅さん、ずっとお部屋に居る様ですけど、何なされてまして? 」

DAIGO「えっ」

BBA「いえ、最近ここよく通るんですけどね、失礼ですけど、お宅さんずっとお部屋に居る
様でしたので、一体何なされてる方なのかなと」
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:15:04.33 ID:GKeaIwkCO
これはつまらない
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:16:26.27 ID:VCvn6tpX0
ワケがわからない
7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:18:02.26 ID:y9yJNeYj0
DAIGOはニートはニートでもクールなニートになるやり直し
8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:19:39.56 ID:WMkoYNCe0
おわったーっ!
前回超えしないよう、コンパクトにまとめたはずがこのザマだよ!
「マミのおっぱいは宇宙を救う」をやりたかっただけなんだ。
中二病色のすくない、みんなのお母さんなマミさんを目指しました。
マミキュウよりもマミほむ度の方が高くなったかも?

これでも、さやかちゃんと恭介の初体験描写や、
マミさんのおっぱいに憧れたまどかが
キュゥべえコーチの元で巨乳になるべく猛特訓をしたり
痴漢された仁美が「杏子さまぁぁぁぁぁっ!」と杏子を追っかけるようになる、
などのネタをカットしていたり。

ちなみにラストは
ワルプルギス戦のなか、外で台風エッチをしていた恭介とさやかが飛ばされ、
落下した衝撃で恭介の腕が奇跡的に回復。さやかちゃんは怪我をして入院。
マミ「美樹さんが落ちたのね」
QB「さやかが落ちたということで、この話も落ちるとしよう」
との、さやか落ちを予定してたけど、
前作でゾンビなったさやかちゃんが不憫との某所の感想で反省し、
おもいっきし幸せにしてあげました(゚∀゚)

こんなバカながい作品を読んでくださってありがとうございます。感謝です。
9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:21:23.10 ID:DPZMm+c60
DAIGO(俺、もしかしてニートって疑われちゃったり? ここはズバっと否定しとかないと
いけないっスね)

DAIGO「いや、全然、全然っすよ。マジぱねぇくらいニートじゃないって言うか、ニートって
そんなの存在しないって言いますか、まぁそんな感じっスね」

BBA「は、はぁ」

DAIGO「おばちゃんちょっと過敏なんじゃないのってガチで思うっスよ。そもそもニートってぇ、
こう、色々な心がダークネスな人たちだと思うんスよ」

BBA(な、何かこの人おかしいわ)

DAIGO「ヴァンガード的な視点に立てば分かると思うんスけど、まぁいわゆる惑星クレイって
言うか、簡単に言うと異世界って事なんスけど」

BBA「い、異世界」

DAIGO「そうなんスよ。それがっスね〜」

BBA(こ、この人はヤバイわ)

BBA「岬ちゃん行きましょう」
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:28:10.40 ID:DPZMm+c60
DAIGO(ちっと自分でも何言ってるか分からなくなって来てるっスよ)

BBA「ほ、ほら」ガシィ

岬「あ」
タタン タタン タタン

DAIGO「あ、行っちゃいましたね」

DAIGO「何だか騒がしい人たちっスね。つか、そろそろマジでバイト見つけないと
ガチヤバイっすよ」

DAIGO「どこが良いっスかね〜あ〜そうだ、漫画喫茶とか良さそうっスね」

DAIGO「履歴書書いたっスよ。ウィッシュ☆」

DAIGO「人と話するのガチで久しぶりなんで、行きながら練習しとこうっと」

DAIGO「えー、ここでバイト募集してるって聞いたんスけどぉ〜」

DAIGO「あ〜あ〜何か行けそうな感じっス」
11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:30:02.75 ID:JFnjvIFEO
仗助でもこんなしゃべり方しない
12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:33:15.15 ID:DPZMm+c60
ガララン

DAIGO「失礼しま〜す。ここで、バイ……」

DAIGO(あれ、この子さっきの日傘の子じゃないっすか)

岬「バイ?」

DAIGO(何か恥ずかしいっすね)

DAIGO「ば、バイバ〜イ」タタタッ

岬「ちょっ、ちょっと」タタタッ

DAIGO「え、何スか」

岬「はぁ、はぁ、ば、バイ」

DAIGO「バイ、何すか?」
13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:35:50.94 ID:A28qFDd1O
まさかのNHKにようこそ
14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:37:40.17 ID:tNZ0tTYC0
ちょっと待って、DAIGOってNHK出禁なの?
15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 20:38:40.28 ID:DPZMm+c60
岬「そ、それはこっちの台詞だよ、DAIGOくん」

DAIGO「えっ、何で俺の名前」

岬「秘密」

DAIGO「えぇ〜ちょっとマジ怖いんスけどぉ〜」

岬「あっ、バイト戻らないと」

DAIGO「あ、行っちゃった」

DAIGO「あの子何がしたかったんスかね」

DAIGO「かーえろっと」
16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
DAIGO「ふわぁ〜夕方起きるのってマジ最高っスねー」

DAIGO「ん? 何かポストに封筒入ってるんスけど」

DAIGO「あ、俺の履歴書。そっかー漫喫に忘れちゃったんすねーつーかあの子
届けに来てくれたんスか」

DAIGO「ん? 何か違う紙も入ってるスけど」

DAIGO「何なに、『あなたは私のプロジェクトに抜擢されました』」

DAIGO「一体なんのプロジェクトっスか」