黒井「悪夢にうなされる呪い・・・だと?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
黒井「下らんな…こんなオカルトじみたものなど誰が信じるというのだ」

黒井「このようなまやかしに頼るのはまさしく弱者の極み。高木のような屑で無能な輩にお似合いだ」

黒井「……」

黒井「…765プロの星井美希が最近少々目障りだな。我が961プロの障害になるとは思えんが出る杭は叩き潰さねばならん」

黒井「……私は呪いなど毛頭信じていないが、少しだけ試すか。ほんの少しだけ。ちょっぴり」

黒井「このような真似する必要無いが、遊びだ。たまには良いだろう。ただの暇つぶしなのだからなっ!」
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:08:24.24 ID:i0uarS580
名演出家の黒井社長じゃないですか!
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:10:30.00 ID:g+kvbwlB0
美希「ハニ…プロデューサー!ミキ、やったよ!IA大賞に!」

P「俺は分かってたぞ、いずれ美希はトップアイドルになると!よく頑張った!」

美希「あはっ、ミキとプロデューサーの2人で不可能なことなんて何もないの!」

P「確かにそうだな。…よし、特別だ!今日は何でも言う事を聞いてやる!」

美希「本当に!?やったー!プロデューサー大好き!」

P「それにプロデューサーなんて言い方もやめてくれ。俺は美希のハニーだろ?」

美希「ハ、ハニー…じゃあ今まで言えなかった分思いっきり言うの!ハニー!ハニー!!ハニー!!!」

P「…意味無く連呼してどうするんだ」
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:14:50.34 ID:g+kvbwlB0
P「ほら、美希の大好物だ!たくさん買って来てやったからな!」

美希「ありがと、ハニー!先ずはイチゴババロアから!」ガサガサ

P「そんなに急がなくても誰も取りゃしないさ」

美希「その油断が命取りなの!ミキは常に全力なの!」

P「昔の美希からは想像も出来ない台詞だな」

美希「む〜、昔の話はいいの!…そうだ、ハニー食べさせてくれる?」

P「ん?ああ、お安い御用だ。ほれ、あーん」

美希「あーん。…やっぱりハニーに食べさせてもらうと100万倍おいしいよ!」モグモグ

P「そこまで喜んでもらえると嬉しいな」

美希「今度はミキが食べさせてあげるね!はい、あ〜ん」

P「おっ、おぉ…ありがとう。…うん!俺も美希に食べさせてもらうと1000万倍おいしく感じる!」モグモグ

美希「もうハニーったらぁ…でも嬉しいな」
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:19:59.56 ID:g+kvbwlB0
美希「…ハニー、お願いがあるの」

P「何だ?遠慮せずに言ってくれ」

美希「キスして…ほしいの。今ここで」

P「…美希が望むのなら俺は構わない。だが本当に俺で良いのか?」

美希「うん!ミキね、初キスがハニー以外の人だったら絶対後悔するの。だから…」

P「そうか…分かった。いくぞ。目をつぶってくれ」

美希「ん…」

コツン

美希「はぅ…、ハニー酷いよ!ミキの乙女心を弄んだの!」

P「いや、つい…デコピンして下さいって顔してたし」
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:25:18.51 ID:g+kvbwlB0
美希「そんなわけないの!言うの結構恥ずかしかったんだよ!?」

P「ごめんごめん、許してくれ。冗談だ」

美希「許さないの!もう、ムードぶち壊しって感じ!」プイッ

P「…これでもダメか?」チュッ

美希「…!」

P「……」

美希「…ダメ!もっとしてくれないと…今みたいな軽いのじゃなくて…熱いのを…」

P「…分かった」
7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:30:09.05 ID:g+kvbwlB0
P「誰かに目撃されたら大スキャンダルだな…IA大賞受賞者が当日にこんなことするなんて」

美希「…ミキは全然良いよ。それでファンの皆が怒って、総ブーイングで応援されなくなっても」

P「おい、何てこと言うんだ!」

美希「だって誰に何言われてもミキの気持ちは変わらないもん!」

美希「自分の気持ちにウソついてアイドルするぐらいならやめた方がマシだよ!」

P「…美希」

美希「…ごめんね、ハニー。またミキ、ワガママ言っちゃった…」

P「確かにワガママだな……こんなワガママなのは俺じゃないと面倒見切れないな」

美希「そうだよ!ハニーじゃなきゃミキはダメなの!これからもプロデュースよろしくね!」

P「…全く、仕方ない…今まで通りお互い足引っ張り合いながらやってこうな」
8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:35:44.84 ID:g+kvbwlB0
美希「ハニー、今日1番のワガママお願いして良い?」

P「ここまできたら何でも来いって感じだ。さあ、どんと任せろ!」

美希「…ミキと」

P「美希と?」

美希「……ミキと結婚してほしいの!」

P「…流石に無理だ」

美希「あはは…そうだよね。無茶言いすぎってミキも分かってるの…ごめんね突然」
9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:40:40.53 ID:g+kvbwlB0
P「今はな」

美希「え?」

P「日本の法律のおかげで今は無理だ。だが2年後」

美希「あと…2年経ったら、ミキと…結婚してくれるの?」

P「ああ、お前は俺じゃないとダメになるってのは身をもって知ってるからな。困った困った」

美希「そうなの!ミキは困ったヤツなの!だから、これからもずっと!一生一緒だよ!約束だよ!」

P「あぁ、約束だ」

美希「ウソついたら針1000本飲ますからね!」

P「俺がウソついたことあったか?」

美希「どうだったかなー」
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:47:22.10 ID:g+kvbwlB0
P「おいおい…まぁファンに殺されるかもしれないがその時は諦めてくれ」

美希「ミキが命をかけて守るから安心してほしいの!安心安全一生保証!」

P「あはは、フル稼働でお願いするよ」

美希「あはっ…嬉しいな…嬉しくて、涙が出るなんて…初めて…」

美希「IA大賞取ったことよりも…ずっとずっと嬉しいよぉ…ふぇぇ」ポロポロ

P「美希…」ギュゥ
11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:53:54.67 ID:g+kvbwlB0
P「…ここまでくっつかれると歩きにくいんだが」

美希「気にしない、気にしない♪今日は特別なの!」

P「…俺にとっても今日は特別な日だよ。美希、ありがとう」

美希「ううん、全然やる気が無かったミキをここまで引っ張ってきてくれて…キラキラさせてくれて…」

美希「ミキの方こそ、本当に!本当に!本当に!ありがとうなの!」

P「…今日は一生忘れられない日になりそうだな」

美希「うん!ミキも一生忘れないよ!」
12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 16:59:41.92 ID:g+kvbwlB0
美希「あっ、見て!ハニー、道の向こう側にネコがいるよ!」

P「…また車道に飛び出すなよ」

美希「分かってるよ!ミキ、二度も同じ間違いはしないの!ちょっと見てくるね!」

P「分かってるなら良いが…本当に気をつけてくれよ!」

美希「はーいなの!結構車通り多いなー」

ドンッ

美希「えっ…?」ドサッ
13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:02:19.50 ID:55WuiMVa0
許さない
14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:05:32.97 ID:g+kvbwlB0
黒井「……」ニヤッ

美希(…!!ダメ…轢かれ…)

P「美希いいいぃぃ!!」ドンッ

キキィー グシャッ

美希「……イタタ…ハニー…?」



美希「ウソだよね…?ミキ、こんなのイヤだよ…あ、あぁ…」



美希「ハニイイイイイイイ!!」
15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:11:36.31 ID:g+kvbwlB0
美希「なんで…なんで、なんでぇ…どうしてぇ…?」

美希「ず、っと一緒だっ…て…!言った……のに…ひっ…く…約束…した、のに…」ポロポロ

美希「ハニーの…う、うそつき……ミキ…どうしたらいいの…」ポロポロ

黒井「何を言っている。全てお前のせいではないか」

美希「全部…ミキの…?」

黒井「貴様がネコなど見つけなければこのような事にならなかったのだ」

美希「ミキ…のせいで…ハニー…が」

黒井「愚かにも貴様は同じ過ちを繰り返したというわけだ」
16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:16:08.90 ID:g+kvbwlB0
美希「ミキがハニーを……ミキが…」ガタガタ

黒井「そうだ。貴様は今までの恩を最悪の形で返した」

美希「ごめんなさい……ハニー…ごめんなさい…ごめんなさいぃ…」ポロポロ

黒井「いくら泣いて謝ろうと戻るはずなかろう」

美希「何でもするから…ミキはどうなってもいいから…神様…お願い…ハニーを返してよぉ!!」ポロポロ
17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:21:12.13 ID:6nOfHmFo0
さすが黒井社長
18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:21:56.06 ID:a2NIrDE80
支援
19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:22:01.58 ID:g+kvbwlB0
美希「ぅぅ…ひっ…っ…ぐっ…」ポロポロ

黒井「貴様が」

美希「…戻ってきて…返ってきてよぉ……ミキを1人にしないでぇ…」ポロポロ

黒井「貴様がプロデューサーを」

美希「ハニーじゃないとイヤだよ…ハニーがいないとミキ死んじゃうよぉ…お願いだからぁ…」ポロポロ

黒井「この人殺し」

美希「やめてえええええええええ!!いやああああああああああああ!!」
20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:27:42.72 ID:g+kvbwlB0
ガバッ

美希「……」ハァハァ

美希「…夢?」

美希「……途中から最低な夢だったの」グスッ



P「……美希さん、少々ベッタリしすぎじゃありやせんか」

美希「うぅぅ……ずっと一緒…だからねぇ…ハ゛ニ゛ィ゛…!」グスッ

P「なぜ泣くぅ!?」



コソコソ

黒井(……星井美希の様子を見に来たが…効果があったのか無かったのかよく分からんぞ)

黒井(他の連中にも試さねばならんか。暇つぶしにな!)

おわり
21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:32:09.35 ID:a2NIrDE80
おい
22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:35:54.59 ID:i0uarS580
えっ
23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 17:37:19.11 ID:g+kvbwlB0
最近オムニバス形式流行ってるみたいだから期待して立てただけです
24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
そうか