DIO「時は」プロシュート「『動き出した』なら使ってもいいッ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
―DIOの舘―

バァ---z___ン

DIO「!」

DIO「何だ? 我が『止まった時の世界』に入門してきた『ヴィジョン』が見えた……」

DIO「どうやら…ジョースター一行に私の知らないスタンド使いが加わったようだな」

DIO「フン……私の『世界』に対抗するスタンドが発現するようなことがあるとは思えないが、奴らの戦力は削いでおく必要があるか」

DIO「行け、『皇帝』の暗示を持つホル・ホースよ。そして……貴様もだ」

「DIO……アンタの命令が、俺の勇気と安心を与えてくれるんだ。行くぜッ! 『セックス・ピストルズ』ッ!」

『イィィィィヤァァッハァァァーーーーーーッ!』
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:43:29.55 ID:YHJpv8Qb0
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:45:03.42 ID:G3mtJcvZO
終わり
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/14(土) 12:53:18.44 ID:svbERClJ0
おい
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
つづきはよ