星奈「小鷹にマン肉グリグリ抉られて気持ちいいのおおおおおおおお」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
夜空「」
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:07:02.67 ID:MbiM1mqn0
これは酷い
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:08:34.31 ID:JTYDoA8o0
おい
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:13:50.80 ID:Sx9SavGT0
はよ
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:14:08.23 ID:kxdAk2ty0
嫌いじゃない
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:14:55.96 ID:zsZ1IzvqO
マジキチ
7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:15:25.08 ID:StplXkAq0
よし
8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:40:21.45 ID:StplXkAq0
夜空「な、貴様らは神聖な部室でなんてこと!」

星奈「きゃ!?夜空!?い、何時からいたの!?」

夜空(……小鷹の姿はなし)

夜空「エロゲー、か」

星奈「これはそのあの」

夜空「貴様がエロゲーをするのは勝手だが、せめてヘッドホンくらいしろ」

星奈「別にエロゲーをしていたわけじゃなくてでもそれに近いような」

夜空「それにしても先程の声は随分と肉に似ていたが、まさか貴様が声優をしているんじゃないだろうな」

星奈「確かに声を出したのはあたしだけどそれは止むに止まれぬ事情というか」

夜空「何?本当に肉が声優をしていたのか。本当にビッチなやつだな」

星奈「そもそもエロゲーじゃなくて」

夜空「またぞろ純愛がどうとか言い出すのか。先ほどのようなセリフのある純愛ものがあるか!それに何だ、そのエロゲーの主人公の名前は!」

ガチャ

理科「楽しんでますかー」
9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:41:49.59 ID:fATv2rt30
元気ですかー!!
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:44:01.11 ID:kxdAk2ty0
ほほう
11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:48:47.85 ID:StplXkAq0
星奈「ちょっと理科!これやっぱり欠陥品よ!」

理科「おや。どういったところがご不満でしょう」

星奈「声が出ちゃうじゃない!」

理科「声が出ちゃうくらい良かったですか」

星奈「それはまあ、うん」

夜空「おい肉」

星奈「なによ」

夜空「一体何の話をしているんだ。貴様がやっていたのはエロゲーではないのか」

理科「私から説明しましょう。以前私が持ってきたゲームがありましたね」

夜空「あのつまらないやつか」

理科「あの技術は惜しいと思いまして、あのあと私が少し改良したんですよ、よりリアルさを追求した全感覚投影型のゲームに」
12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:56:35.19 ID:StplXkAq0
夜空「それをそこの肉がテストプレイしていたと」

理科「脳に直接信号を送ることで、現実と変わらない感覚が得られる、私の自信作です」

夜空「それはかなり画期的なのではないか?」

理科「まあコストとか安全性とか耐久性とか諸々を考えると定期的なメンテナンスが必要でしょうし、
   一般用に流通する価格になるのは10年は待たないといけませんね」
   
夜空「その最新技術を利用してエロゲーか……」ちらっ

星奈「なによ!」

理科「ああ、いいんですよ、それは。だってまだエロゲーしか作っていないんですから」
13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 16:57:24.29 ID:kxdAk2ty0
がんばれ
14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:01:51.25 ID:StplXkAq0
夜空「ちょっと待て。現実と変わらないと言ったな」

理科「はい」

夜空「そしてプレイしているのはエロゲー」

理科「はい」

夜空「つまりそれは……」

理科「セ○クスが体験できます」

夜空「なんて破廉恥なものを作るんだ!」

理科「処女を守ったままセ○クスができるんですよ?理想のシチュエーション、ありえない肉体構造、もちろん自身が参加しなくとも、
   自分が設定した掛け算を鑑賞することもできます!」はぁはぁはぁ
15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:07:00.35 ID:StplXkAq0
夜空「つまり肉、貴様は小鷹と……その……破廉恥なことをしていたのか!」

星奈「いいじゃない!興味あったし、でも現実にそんなことは……は、恥ずかしくて頼めないし」

夜空「当たり前だ!!」

星奈「それでやってみたら意外と良くって、その、つまり」

夜空「それであの淫乱極まりないセリフを叫んでいたと」

星奈「でもしょうがないよ!夜空もやったらああなるって!」

夜空「うわぁ……」
16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:12:46.82 ID:StplXkAq0
理科「確かに声が出てしまうのは問題ですね。プレイしている最中に暴漢が部屋に侵入し、
   その熱く火照った身体を×××××したあと△△△、そのあと○○○○○……」クネクネ

夜空「不愉快だ!今日は帰る!」ガタッ

ガチャ

小鷹「おいーっす」

理科「あ、小鷹先輩。実は理科、すごい発明をしてしまったんですよ!それは」

夜空「ばっ!!小鷹!今日は解散だ!帰れ!!」

小鷹「お、おい。何なんだよ一体」
17 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/12(月) 17:18:36.94 ID:jlLEvWYE0
そんなエロゲー有ったような
オナホと連動するようなやつ
18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:21:51.91 ID:StplXkAq0
・その日の夜、夜空宅

夜空「何が全感覚だ。なにがセ○クスだ。これだから肉はhentaiなんだ」

夜空「友達にはそんなものは必要ない。ただ心が通じ合っていればそれでいいんだ」

夜空「それはたしかに結婚するとなればそういうことも必要になってくるかもしれない。子供を産み育てるのは必要だからだ」

夜空「でも、気持ちいいからするだなんて、そんなの不健全だ」

夜空「まずは友達なんだ。互いに裏切ることのない、唯一無二の」

夜空「……タカ」
19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:25:24.86 ID:K7W2ysAq0
オーモロォォォォォォゥ
20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:30:54.89 ID:jyctsHXK0
はよ
21 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2012/03/12(月) 17:32:00.64 ID:fU7iFGjm0
gj
22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:32:29.54 ID:StplXkAq0
・翌日、放課後、隣人部


夜空「……遅くなってしまったな」

夜空「小鷹があの淫堕な世界に落ちてしまわないように、先に片付けなければ……」ガチャ

小鷹「うへへへへへ」

夜空「っ!もう着ていたかっ!」

小鷹「最高だ……なんて素敵な世界なんだ」

夜空「くっ」ベリ

小鷹「あ、何すんだよ夜空!今いいところだったのに!」

夜空「こんな卑猥な機械を部室で使用するな!」

小鷹「卑猥?」

夜空「女を侍らしていい気になっていたのだろう!」

小鷹「何のことだ。俺はただ友達と一緒に遊んでいただけだぜ」

夜空「とも、だち?」

理科「あのあと少々AIのアルゴリズムをいじりまして。高校生の特定インプットに対するアウトプットの応答、
   つまりコミュニケーションの平均像をサンプリングして、仮想世界内のNPCをより人間らしくしました」
23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:39:29.18 ID:BLTi54yK0
  |:::::| /レ':::::::/::::::::://:::::::/.:.',
  |:::::|´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ.:.ト、
  |:::::|:::::::::::::::/!::::,イ:::/::,:<イ.:.:.トj
_|:::::|::::::::::::::! 、レ' //レ' f外ソ/レ'
  |\!:::::::::::::::〉、     乂/イ          _ -− ´`ヽ
  |:::::|:::::::::::::::l `i       i        _∠_ '´ ̄ `ヽ \_______
  |:::::|:::::::,、∧!  !       〉         ,<|     ̄ ̄` 、_) ̄           |
  |:::::|/レ'    丶    __ノ         ./ |            i             |
_|:::::| ̄ ̄  ` 丶     /      /   !             |              |
  |\!-−- 、_   `ト- '       /    |   日 日 日百  ナ ヽ / ヽ   |
  |:::::|     `  ̄ `ヽ、    , ´    ,.イ   | 口_| .疋ハ  (メ、 レ  ノ    l
  |:::::|              ,`<       / !          ̄            |
  |:::::|             /   `ヽ /   |   ー−−-        -−−    |
_|:::::|         /      ハ'    |                      |
  |\!           /           !     !  ー- 、  ー- 、l l  i _|_ ーァ   !
  |:::::|         /          l.    |     _ノ    _ノ   |  !  /‐、  .l
  |:::::|        ,'             l   |              ノ    _ノ   !
  |:::::|        l             !   |           !              |
_|:::::|         {          l    |___, -‐ 二,ニ)、______|
  |\!        ',          l         /      ` /
  |:::::|        ヽ       _ -l       ノ       _ノ
  |:::::|         ト--− _ ̄-− ´|     /   ,r‐--‐'´
24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:42:15.59 ID:StplXkAq0
夜空「……だが、ただ決まった応答を返すだけなんだろう?それを友達などと……」

小鷹「コウ君を馬鹿にするな!」

夜空「!?」

小鷹「コウ君はいいやつなんだぞ!普段は多少適当だけど、俺が困ったときにはいつも助けに来てくれるナイスガイなんだ!親友なんだ!」

夜空「馬鹿らしい!機械相手に友情が育まれるか!」

小鷹「お前だってトモちゃんとか言って妄想の友達と会話していたくせに!」

夜空「それは、その……」

小鷹「俺はコウ君と会ってくる。邪魔するなよ」

小鳩「あんちゃん、次はうちの番……」

マリア「あははは!ご飯が山のように出てくるぞ!ここは天国か!?」

小鳩「次はうちの番じゃー!!このうんこー!!」
25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:49:20.39 ID:AbAv/SON0
これは全員ノイローゼになる
26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:50:57.35 ID:StplXkAq0
幸村「あにき、あにきについてきたおかげでわたくしはこんなにおとこらしい体になりました。ひいてはお礼をしたいのですが」するっ

星奈「おちんぽみるくもっとかけてぇぇえぇ!!」ビクンビクン


理科「なんというカオス。まさかこんなことになるとは」

夜空「これは、機械の副作用か?」

理科「どうやらそのようですね。脳に直接信号を送るときになんらかの悪影響を及ぼしているのでしょう。本能というか、
   その人のもつ欲望がにじみ出ているような感じです」
   
夜空「その割に貴様はなんとも無いようだな」

理科「理科はいつでもエロい妄想をしていますから、あの機械を着けていても妄想と大して変わらないんですよ。強いて言えば
   つけたほうがよりリアルな世界を見ることができますが」
   
夜空「つまりあれは欲望を増幅する機械だと?」

理科「どうやらそのようですね。これは一から理論の見直しをしなければならないようです」

夜空(欲望の増幅……友達を欲する……私は……?)
27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 17:59:18.93 ID:StplXkAq0
理科「えいっ」ドガン!

小鷹「あ!理科何をするんだよ!」

理科「すいません。つまずいて壊してしまいました。修理しますので明日まで使わないでください」

小鷹「ちゃんと直しておいてくれよ。それが無いとコウ君に会えないんだから」

小鳩「うう……結局使えへんかった……」

マリア「なあなあお兄ちゃん、あんなにいっぱい食べたのにお腹が減ってしょうがないんだけど……」

小鳩「うんこでもくっとれあほー!!」

マリア「なにおー!!この腐れ吸血鬼ー!!」

小鷹「幸村」

幸村「は」スッ

マリア「おお!おにぎりがでてきた!魔法使いかー!?」

幸村「いえ、わたくしはあにきのぱしりです」

マリア「パシリになるとおにぎりが出せるのか?ならお兄ちゃんのパシリになる!」
28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:07:35.36 ID:BLTi54yK0
29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:12:04.94 ID:StplXkAq0
星奈「……ねえねえ小鳩ちゃん、あたしをパシリにしない?今なら何でもいうこと聞くよ?」

小鳩「やっ!」

星奈「……いいもん。あの機械の中の小鳩ちゃんで我慢するから」にたぁ

小鳩「うう……」ブルッ


ゾロゾロ


夜空「本当に欲望全開だな。肉もいつも通りに見えるが」

理科「ええ、こんな欠陥があるだなんて。さて、ちゃっちゃと修理するとしますか」

夜空「まて」

理科「あ、やっぱりこんな危険なものは処分するべきでしょうかね。そうですよね。家に持ち帰って私のオナネタに使わせてもらうことに」

夜空「使えるようになったら私にも使わせろ」

理科「ええ?危険ですよ。何が起こるか」

夜空「私も自分の欲望とやらを知ってみたい」

夜空(小鷹は夢の中で友達を求めた。そしてその姿は見るに耐えないものだった。私はどうだ?
   ただ一人の親友を求める姿は、私の1人よがりではないのか。この欲望は何処へ向かう?)
30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:18:54.18 ID:QnLUCpoH0
ペースをあげろ
31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:20:16.53 ID:StplXkAq0
・翌日、放課後、隣人部

理科「すみません、まだ修理に時間がかかりそうで」

小鷹「ちぇー。じゃあ今日は帰ろうかな」

小鳩「あんちゃん……」

マリア「今日はごちそうなしかー」

小鳩「ふふん。あんちゃんの料理を毎日食べられるうちがうらやましいじゃろ」

マリア「うん……」

小鳩「……」

星奈「生返事されて落ち込んでいる小鳩ちゃん可愛い!」スリスリ

小鳩「がぁ!やめっ!」ガブッ

星奈「甘噛みね!親愛を深め合うのね!」ダラダラ
32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:21:42.13 ID:StplXkAq0
夜空「……あいつら元に戻るんだろうな」

理科「それも含めて検討中です。それで、本当にいいんですか」

夜空「ああ。私もおかしくなってしまったら、ハリセンで叩くなり何なりして正気に戻してくれ」

理科「……本来であれば危険があるとわかっているものを使わせるなんて、科学者として許されないのですが」

夜空「これは私が望んだリスクだ」

理科「いいでしょう。それでは機械をセットしてください」

夜空 カチャ「いいぞ」

理科「それでは、いきますよ」ポチ


夜空(さて、鬼が出るか蛇がでるか)
33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:25:21.43 ID:TxHoa8GHO
ふむ
34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:28:22.67 ID:v/my4fc40
ちっちゃいの二人の掛け合いウメーな
35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:37:35.59 ID:StplXkAq0
・仮想空間内、夕方、何処かの公園

夜空「ん……ここは……公園?」

夜空「……タカと出会った」

夜空「ふふふ……やはり私の思いは純粋だったな」

夜空「タカと出会ったこの公園で、私はタカともう一度親友になりたいということ。私と親友になるのは『誰か』ではなくタカだけなのだ」

夜空「そうとわかれば直ぐにでも戻って……ん?」


「お前生意気なんだよ!」

「仲間がいなけりゃなんにもできないのか!」

「だまってないで何とか言ったらどうだ!」

金髪の少年「うう……くそっ」


夜空「いじめっこか。人間のクズめ……よし」
36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:42:48.64 ID:StplXkAq0
黒髪の少年「そこまでだ!」

「うわ!きやがった!」

「今日はこっちはいっぱいいるんだ。囲んじまえ!」

黒髪の少年「大丈夫?」

金髪の少年「おう、こんなやつら、お前ならいっしゅんで倒せるぜ」


夜空「うむ。友達がいたか。なら大丈夫だな。背中を預けられる友達さえいれば何も怖いものはない」


黒髪の少年「うおぉおお!」

金髪の少年「せやぁぁああ!」

「けいせいが悪い!」

「たいきゃくだ!たいきゃく!」

「うわー!」

黒髪の少年「へへ、やったな!」

金髪の少年「言ったろ?お前と一緒ならいっしゅんだって、ソラ」

金髪の少年「そうだな、タカ」
37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:44:42.87 ID:HSDYMt/w0
なんという……
38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:50:52.41 ID:StplXkAq0
夜空「っ!?」

夜空「あれは、昔の私と、小鷹か」

夜空「そうそう、よくこうやっていじめっ子を退治していたっけか。第三者の目からみると、こんな風景なのか」


黒髪の少年「ずっと一緒にいような」

金髪の少年「もちろんだ!」


夜空「……どうやら、そううまくは行かないみたいだぞ。親友は町を離れ、再開した時には私の顔さえも忘れている。
   まあ、あの日女だと告げられなかったから、当然といえば当然か」
   
夜空「……まあそれでも、一緒にはいられるみたいだから、約束を完全に破ったわけではない、か」

――ユラッ

夜空「景色が歪んできた。これで戻るのかな」

夜空「久しぶりに懐かしいものが見れた。欲望を露わにする機械も、私のように清廉潔白な人間が使えば思い出投影装置として有効活用できそうだな」
39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 18:55:18.00 ID:StplXkAq0
・隣人部

夜空「ん……」

理科「やっと目覚めましたか。遅かったから心配したんですよ。何か変化はありますか?」

夜空「いや、大丈夫だ」

理科「そうですか。一応ハリセンを用意したのですが」

夜空「本当に用意する馬鹿がいるか」

理科「あんたが用意しろいっていったんやろ!」スパーン!!

夜空「な!?」

理科「ツッコミです」

夜空「……面白くないぞ」

理科「中々帰ってこないし、心配かけた仕返しです」

夜空「帰ってくるも何も、帰り方を教わっていないが」

理科「あ」

夜空「なんでやねん!」スパーン!!
40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:04:23.81 ID:Ott+Y50n0
aaaa
41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:04:43.99 ID:StplXkAq0
理科「夜空先輩もツッコミとかできるんですね」

夜空「ふん。少しいいものを見たから機嫌がいいんだ」

理科「どんな欲望を?小鷹先輩と組んず解れつ」

夜空「貴様らと違って私はそういうhentai的なものは欲していない。――昔の、思い出を見た」

理科「ほほう」

夜空「互いを無二の親友だと思っていた日のことだ。つまり私は友達を」

理科「過去」

夜空「え?」
42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:05:12.99 ID:StplXkAq0
理科「欲望を見る機械で過去を見たということは、つまりそれは過去に戻りたいということですね」

夜空「それは」

理科「小鷹先輩を一人で独占できた時代に戻りたい。夜空先輩も中々おセンチな人だったんですねえ」

夜空「私は」フラッ

理科「先輩?顔色悪いですよ」

夜空「ああ、もう帰る」

理科「気をつけて帰ってくださいね。何が起こるかわからないですから」

夜空(……私は唯一無二の親友を欲しているのではなく、ただ楽しかった過去に戻りたいだけだったのか!?)
43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:14:56.31 ID:StplXkAq0
・翌日、隣人部

理科(夜空先輩、来ませんね。やはり何かあったのでしょうか)

理科「小鷹先輩、今日夜空先輩は」

小鷹「夜空?あいつなら今日来ていないぞ」

理科「そう、ですか」

小鷹「あいつがいないぶん、たっぷり時間をとれるな」

マリア「おなかすいたなー」

幸村「」ぼー

星奈「小鳩ちゃん小鳩ちゃん小鳩ちゃん」

小鳩「うきゃー!!」ジダバタ

理科(何だか、隣人部の雰囲気が……私のせい、ですよね。何とかしないと)カリカリカリ
44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:15:05.25 ID:HSDYMt/w0
しえん
45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:15:15.40 ID:ay431q0K0
しえん
46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:15:21.59 ID:jL4HaaOB0
ふう
47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:23:19.70 ID:StplXkAq0
・数日後、隣人部

理科(あー、もう!何で出来ないでしょう!理論は間違っていないはずなのに!)ガリガリ

ワイワイガヤガヤ

理科「あの、静かにしてくれませんか」

ピタッ

小鷹「集中できないならどっか静かなところいったら?お前専用の部屋があったよな。理科室、だっけ?」

理科「!?」

小鳩「あんちゃん、それは」

小鷹「それよかさ、この機械もう1つ、いや2つ3つ作れない?そうすれば待ち時間も少なくなるし」

理科「……っ!」がたっ

小鳩「あ、あの」

理科「すみません。少し出てきます」


理科「あの優しかった小鷹先輩があんなに冷たい眼で……夜空先輩もずっと学校に来ていないみたいですし」

理科「……少し、連絡を取ってみますか」
48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:32:57.33 ID:StplXkAq0
・同日、夜空宅


ブーンブーン

カコカコ

夜空「理科、か」

夜空『私は何も問題ない』

夜空「私は最低だ」ブツブツ

夜空「恋愛はいらない、親友がほしいなどと言っておきながら、その実、小鷹のことなんて何も見ていなかった」

夜空「私が見ていたのは過去、あの幸せだった日々のことだけだ」

夜空「親友?バカにするな。過去の関係になりたいと望み、強制する。結局私は何も渡していないじゃないか」

夜空「困っていたら必ず駆け寄って、何の秘密も存在しない。それは、互いが渡し合って初めてできるものだろう」

夜空「はは……秘密を抱え込んで、小鷹が妄想に囚われている今ですら何もしない。私は何をやっているんだか……」
49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:33:14.04 ID:StplXkAq0
メシ食ってくる
50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:37:20.15 ID:ay431q0K0
51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:38:45.97 ID:wzJAIKZg0
なかなか面白い
52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 19:45:01.09 ID:BLTi54yK0
  バン    はよ
バン(∩`・д・) バン  はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/   
 ̄ ̄\/___/


53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
夜空「動けない。動くのが怖い。元通りになったとして、私はどんな顔をして小鷹と向きあえばいいんだ」

夜空「……このまま、ゆっくりとフェードアウトするのが」

ブーンブーン

夜空「……」

ブーンブーン

ブーンブーンブーンブーン

ピッ

夜空『……しつこい。もしもし』

理科『もしもし。本当に大丈夫なんですね』

夜空『大丈夫だ、問題ない』

理科『少々古いですよ。大丈夫なら少し手伝ってほしいことがあります』

夜空『私が体調不良で休んでいるとか思わないのか』

理科『それならもう少し弱った声を出してください。明日はちゃんと隣人部に来てくださいよ。それじゃあ』

ピッ

夜空「……あいつ、こんなに強引な奴だったか?」