ひながおいたんを殺した…

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
空「残念だけど、ひなを殺さなくちゃいけない。パパの為…」

……ひなを殺す…?
治してくれないお……?

やっぱりおいたんを
治してくれないお?

ひな「嘘つき…」

空(何だ……。何だ、これは……)

もうこれで

終わってもいい

だから

ありったけを
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:05:00.86 ID:0klLMm1/0
死ね
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:05:07.15 ID:ndqUMDzA0
いまだお!
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:11:43.62 ID:9o/qLlKa0
空(やはり私は正しかった……!!)

ひな「貴様を殺す!!……おねーたん…」

空(やはりひなの能力はパパにも届き得た!!ここで止める‼)バッ

空「な!いない」

ザッ

ひな「来いお。家(アジト)はこわしたくない)
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:12:41.91 ID:urwnxj4l0
届き得たもなにももう死んでるんだろ
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:16:47.16 ID:9biiX+gX0
世紀末だ
7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:19:08.14 ID:9o/qLlKa0
空(方法はわからないが、強制的に成長したんだ……!!私を倒せる年齢まで!!)グワッ

ひな「…!」ヒュ

ボ‼

ひなは空の不意打ちを察知した。
常人ではかわすことのできない鋭い攻撃をとっさによけ、そして渾身の蹴りを叩き込んだ。
空は遥か真上に吹き飛び、そして朦朧とした意識の中で急激に失速し、落下していることだけは感じ取っていた

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:24:45.97 ID:9o/qLlKa0
さい

しょは

ひな「グー…」

ギリ ギリ ギリ

ゔぉん

んんん…

キイィィィィィ

ひな「ージャン」

空「…!」

ひな「ーケン」

空「……ぁ‼」

そしてなす術なく落下する空の顔面に重い拳が叩きつけられた。
どこまでも、どこまでも、どこまでも
風を切り、木をなぎ倒し、真横に吹っ飛んでいった
9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:31:06.36 ID:cOJzu45j0
   ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
      !:::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::_::::::::::::|
     |::::::::::__>:::\:_::/:::::::レl::::::|
     ',:::::::> :::::::::::::::::::::::::::::::∠:::::|
     ',__:{ '`'‐ .,_:::::::::::::::::_,. -''`'},...|
      /ヘヾ f'て::)`::::::r''て:カ /ヘ 〉
     ヽ{〈 ',     :::::::::|:::::::  ,'::: /
      ヽ-ヘ    :::::::┘::::  ヒノ
         ト、  :::-‐‐-::::::/|     
        _| `'::::.,`¨´:/:: ト、
.     _,. ‐'", ┘ :::::::`¨´:::::::: \`' 、
,. - '"      \.,_::::::::::::::::::::::::::/   `' - .,_
ヽ        \::::::::::::::::::/        /\
 !        :::::::\:::::/:::::::::          |   \
 |        ::::::::::::::::::::::::::::::::       |    ヽ
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:31:23.39 ID:9o/qLlKa0
ようやく到着した美羽が目撃したのは
既に屑切れのように横たわる空の頭部を
砕く瞬間であった

ひな「おいたん…。教わったとおり…とどめを刺したを。だから……」

美羽「……ひな…なの…?」

ひな「おねーたん…」
11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:32:54.66 ID:KtuYcO4NO
なにこれ
12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:35:58.68 ID:/DAFiUa70
おいたんひまだお
13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:37:11.96 ID:9o/qLlKa0
すぐに祐理を連想した美羽だったが

美羽(祐理さんは容姿が激変しただけで内包するオーラが爆発的に増加したわけじゃない

けどひなは逆!!
何年…!?十数年!?何十年!?
絶え間なくラッパを吹いてようやくたどり着くはずの姿!!)

どれほどの代償を払えば
これだけのオーラを…!!
14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:47:12.74 ID:9o/qLlKa0
美羽はひなの後ろに佇むなにかに気づいた。
美羽はひなを渾身の力、スピードで突き放したが間に合わなかった。
ひなの右腕は宙を舞っていた。

パパのため空の死体が
死後さらに強大となったオーラを纏い
ひなの抹殺だけが目的の骸人形と化し、追撃を加えんと跳躍する構えを見せた。

瞬きすらゆるされない薄く細い時間の切れ目に
美羽は確かに聞いた
15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:49:14.29 ID:9o/qLlKa0
大丈夫

痛くないお
強がりじゃない

少しだけ嬉しい

やっと…

おいたんと同じになれた
あの時の…

美羽(ひな…)

少しだけ救われた

16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:50:50.34 ID:6cXQ/0jzO
ひなさん……
17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:53:32.13 ID:Nqlb/FQd0
なにこれ…
18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:57:13.32 ID:9o/qLlKa0
向かってくる空の骸を左腕でなぎ払い
宙に舞っている自身の右腕を掴み

そして…

ひな「うおおおおおおおおおお」

空に突きたてた

ひな「ー最」

おねーたん…

ひな「ー初は」

右腕はやるお

ひな「お前も」

もう

ひな「ーグー‼」

おやすみ…
19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:57:18.19 ID:20T3fJng0
>>9
7030
20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 14:59:08.53 ID:9o/qLlKa0
美羽「ひなッ!!」

駄目だ!!
そんな!!
もうこれ以上そんな力!!

一体!!
この先!!
どれほどの…!!
21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 15:07:24.35 ID:9o/qLlKa0
ひなが拳を振り下ろす瞬間
美羽はひなの表情を確かに見た
その瞬間理解してしまった。

全て、ひなの復讐も贖罪も、そして僅かにくすぶっていた生命のともしびも…
22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 15:09:46.79 ID:9o/qLlKa0
終わってしまうことを

美羽(……)

しかし美羽にそれを止めることはかなわなかった。

ひな「ージャン、ケン、グー!」

ドゴオッ‼
23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 15:19:56.02 ID:Nqlb/FQd0
まだ飽きないのか
24 忍法帖【Lv=13,xxxPT】
おいたん このおっきいのな〜に?