俺が山奥の新鮮そうな湧き水を飲んで腹を壊したときの話をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
1サイスコピ ◆PSIZsuKopI

と思ったけどやっぱりやめた
代わりに俺が幼い頃おばあちゃんが良く歌ってくれた歌を紹介しよう


題:ニャンホホホイ  作:おじいちゃん

ニャンホホホイ、ニャンホホホイ
悪い悪魔がやって来る
闇を切り裂けニャンホホホイ
ホッホー、ホッホー
集え聖なる光の勇者
ニャンホホホイ、ニャンホホホイ
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 22:44:25.08 ID:pKIcUcQ30
まさか・・・この歌をここで聞くことになるとはな…


うぅ…クソッ!
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
ばあちゃんが言った。
「1番は1番いいけど1番大変だよ。2番目くらいがいいんじゃないかねぇ」
僕は聞いた
「でも2番は2番目に大変なんでしょ」
ばあちゃんは言った。
「そうだね。でもね2番には1番になるって目標があるからね、頑張れるよ」

そんなばあちゃんが病気で倒れたとき僕はばあちゃんに言った。
「ばあちゃん、僕、ばあちゃんのことが世界で1番好きだよ。早く元気になって。
 僕をひとりにしないで」
ばあちゃんは一生懸命笑って言った
「こればっかりはやっぱり1番が1番嬉しいねぇ」

ばあちゃん、覚えてますか?
その1番はばあちゃんがずっと持っていてください。

僕は1番になる目標を持った2番でいいんだ。
ばあちゃんが好きだった2番が大好きなんだ。

ばあちゃんに届け!2ゲット!