まどか「動物に好かれるほむらちゃん」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
―教室 HR―

早乙女「では暁美ほむらさん、入ってきてください」

ニャーニャーワンワンクルッポーカーカー

まどか「……動物の塊?」

さやか「あれって多分大量の猫や犬が人にくっついてるだけだよね……てか頭には鳩に烏?」

仁美「ですわね……」

ほむら「暁美ほむらです」

まどか(猫がぶら下がってて顔が見えない……)

早乙女「……えー、暁美さん……ペットを連れてきてはいけませんよ?」

ほむら「私はペットは飼っていません……」

早乙女「え!?」

ほむら「登校時に野良なのか飼われてるのかわからないのですがついてきて……離れてくれなくて……」

早乙女「そ、そうですか……」

まどか「す、すごい子だなぁ……」

さやか「そ、そうだね……」
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:10:28.83 ID:rVIdYG/m0
にゃー
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:15:09.07 ID:msIJk9vB0
早乙女「って後ろにも猫や犬の大量の行列!?」

仁美「そういえば今日はお外に烏がすごいですわね……」

ほむら「……すみませんちょっと離せないか試してきます……」

早乙女「暁美さん私も手伝いますね」

ほむら「ありがとうございます先生」

まどか「暁美さんが出ていったらあんなにいた動物が全員出ていっちゃった……」

さやか「どんな体質なんだろあれ……」

仁美「というか名前と女の子ということしかわかりませんでしたわ……」

―――――
―――

まどか「もう1時間目終わったのに暁美さん戻ってこないね」

さやか「そういえばそうだね、ちょっと見に行ってみよっか」

まどか「何か手伝えることがあるかもしれないもんね」

さやか「そうそう、転校生独占のチャンスだよ」
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:19:47.90 ID:3/ED+zW30
ほむほむ
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:20:31.87 ID:msIJk9vB0
―外―

まどか「うわぁ、まだ朝なのに烏が多すぎて暗い……」

さやか「しかも足元も猫や犬が多すぎて下手に動くと踏んじゃいそう……」

まどか「あ、早乙女先生だ」

ほむら「あ、先生、あまり乱暴に引き剥がすと」

猫「シャッ!」

早乙女「痛ッ」

ほむら「だ、大丈夫ですか?やっぱり私……今日はもう帰って……」

早乙女「新しい担任として、そうは行きませんよ」

ほむら「ありがとうございます……」

さやか「どっかのドラマの先生役みたいなこと言ってるよ……」

まどか「引き剥がしても引き剥がしても群がって行ってるね……」

さやか「あ、猫の餌とかが落ちてる……」

まどか「全然食べられてないね、餌よりも暁美さんのほうに行くほうが重要みたい……」
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:29:53.65 ID:msIJk9vB0
まどか「先生!何か手伝いましょうか?」

早乙女「鹿目さん!では今から玄関から暁美さんを入れてすぐに閉めますからそのまま連れていってあげてください」

早乙女「美樹さんはすこしでも動物が入らないようにしてもらえますか?」

まどか「分かりました!」

さやか「了解です」

早乙女「行きますよー」

―――――
―――

まどか「なんとか取り巻いていた猫だけになったね」

ほむら「えぇ、といっても全身を覆っているように感じるけど」

まどか「というか覆ってるね……」

ほむら「そう……」

まどか「あの、暁美さんはいつも動物がこんなに?」

ほむら「今までは病院だったから……」

まどか「ご、ごめんね」

ほむら「気にしないで、むしろ迷惑をかけて謝りたいのは私なのだから」
7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:33:37.70 ID:loHGcGJa0
ほむぅ
8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:35:09.48 ID:lZhoP5oH0
常に動物に覆われてたら、身体にかなりの負担が掛かりそうなもんだが…
9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:36:02.45 ID:jla0sCbj0
  _, -‐''''"´´ ̄ ̄ ̄ ̄``゙゙゙゙''''ー-、、
   /                    ー-、
  /          _,,,,,---‐‐‐--、,,,,,_     \
.  i        ,ィ彡シ'i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヾニ=、     ヽ
  ヽ     /彡i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!`゙゙''ヾ、、   i
   ヽ    /彡i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヾミヽ l
    \ ./ィ彡i!i!i!i!i!i!i!i((・))!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヾミヽi
      `i彡彡i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iミミミi
      i彡;;:'i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iミミミi
       ヾ〃.,i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iヾミi
     ,-、=ニi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!((・))i!i!i!i!i!i!i!i;ニ='_
     i i 、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ii´ `i
     ',.',( l!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ilノ^i l
      ',ヽヽ!i!i!i((・))!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!il )//
      ヽ i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i/ /
       `、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l,,ノ
        ヽ!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i((・))!i!i!i!i!i!i! /
          \!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/
            ∧!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ii!i!i!i!i!i!/
       _,-‐/ !\!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/ iヽー-、
   _, -‐'"  /  \ \!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i/ ノ i   `ー-- 、__
--‐'´       |    \ `ー---‐一´ ./  i
         ヽ     \       /     i
         ヽ      `ーt--t‐'´    /
           ヽ      / ◎ヽ、    /
             ヽ     /i    iヽ   /
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/09(日) 21:41:06.36 ID:msIJk9vB0
ほむら(といっても今までこんな事はなかったはずだけど……)

まどか「それにしてもすごいね……」

ほむら「えぇ、多分新品の制服もボロボロよ……」

まどか「その……フンとかは?」

ほむら「不思議とフンは問題ないわ」

ニャーワンニャークルッポー

まどか(未だにどんな顔なのかすら見えない……)

ほむら「ありがとう鹿目まどか」

まどか「え?」

ほむら「さっき先生が呼んでいたでしょう?違ったかしら?視界が悪いから違ったらごめんなさい」

まどか「あ、ううん、あってるよ」
11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
キュゥべえはどうなるんだろ