石田いっせい大麻所持の現行犯で逮捕!

このエントリーをはてなブックマークに追加
485ケケケ
◆◆◆サザン大森脱退 創価学会問題で内輪モメ◆◆◆

 昨年『TSUNAMI』でレコード大賞を獲得するなど、78年のデビ
ューから23年を経たサザンオールスターズ。6人組みのメンバーもその
間一度もチェンジしていない。しかし、ここにきてギタリスト大森隆志
(44)がバンドを脱退。大森の「ソロ指向」が強くなったというのが表
向きだが、今週の「週刊現代」によると、じつは背景には「創価学会問題
での内輪モメ」があったのではないかという。

★大森の学会活動は80年からで熱心な信徒として活動、サザンの人気が
高まるにつれ、学会内の貢献度も高くなっていったという。92年には
「聖教新聞」などにも登場、同年7月には公明党候補の浜四津敏子氏の
選挙応援にも駆けつけ、自分の曲を披露するなどした。さらに大森は数
年前に池田大作創価学会名誉会長の側近中の側近と言われる女性と結婚、
サザンのコンサートには学会の「三色旗」を振る姿も頻繁に見られるよ
うになったという。
★サザンとすると「自分たちの名前が学会の宣伝に利用された」というこ
と、そうして大森の学会内での地位が向上するにあたり、本業であった
はずの音楽活動への情熱も失われてしまったということらしい。今週の
「週刊現代」によると『大森の脱退は実質上、クビに近かった。彼はこ
こ数年、完全にやる気を失っていた』と報じている