フェリーニに捧ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1たくお
「女と女と井戸の中」面白かった。あのエンディングは「カビリアの夜」
ですよねえ・・
そんなわけで、フェリーニ映画を意識したような作品、そんな場面のある
作品を挙げてみてください。
2名無しさん:2000/03/05(日) 01:28
プレタポルテでのマストロヤンニの役所はフェリーニ作品でのマストロヤンニ在っての物だと思った。
ソフィア・ローレンとの絡みも一寸ジンジャーとフレッドを思い出した。
3ge:2000/04/29(土) 09:38
去年確か、Otto e Mezzoを女性版にカーバーしたものがあったような。
日本でもうででます?
4ge:2000/04/29(土) 09:45
あと確か、「旅芸人の一座」と「ベルリン天使の歌」で
Ferriniの「サーカス」「ジンジャーとフレッド」のカメラ割を
意識したものがあったような気がします。
5たくお:2000/04/29(土) 10:58
映画化されてないだろうが、「81/2」のミュージカル化作品で「ナイン」って
ありましたよねえ。
ポール・マザースキー監督版「81/2」である「不思議の国のアレックス」って、
なぜ日本にまったく入ってこないんだろう?
6水晴:2000/04/29(土) 11:23
ウディ・アレンの「スターダストメモリー」はそのまんま「81/2」
って感じでした。
ウディ・アレンはフェリーニ相当好きらしいですね。
7ZEROES:2000/04/29(土) 11:45
>水晴(6)さん
確かに『ラジオ・デイズ』は『アマルコンド』風だし、『セレブリティ』は『甘い生活』を意識してるでしょうね。

フェリーニの祝祭感覚に、セルジオ・レオーネの土着性を足すと、エミール・クストリッツアかな。
8ge
「道」「甘い生活」「81/2」「アマルコルド」などの有名どころ
はかなりパロがあるでしょうね。
「インテルビスタ」を意識した場面が「Good Morning Babyron」
にあったような気が。
テロ・アンゲロプロスなどはかなりFerriniを見ている感じがするのですが。
ベドロ・アドモドバルの奇顔趣味や「神経衰弱ぎりぎりの女達」で
オートバイで逃げ回るシーンは「Rome」の暴走シーンを思い起こさせます。