たけしの新作

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん
「BROTHER」ってすごい不安、、、
「菊次郎の夏」がヒドかっただけに
大丈夫かなあ〜。
2名無しさん:2000/02/25(金) 13:52
見に行く予定
3名無しさん:2000/02/26(土) 05:23
渡哲也の出演にはびびった
無理やり入れてもらったんだろうな
久石譲の音楽ももう飽きたし
最近のたけしの「世界のキタノ」的態度にもうんざりです
お笑いの方もかなり詰まらないし
初期のような濃い作品はもう見れないんだろうか
ベネチアなんかあげなければ良かったのに
もう一回事故って心機一転を望みます
とかいってすごい面白かったらすいません
4名無しさん:2000/02/26(土) 05:55
>3
御意。
ソナチネ、その男、のブットビはもう見れないんでしょうか。

5>1:2000/02/26(土) 13:33
「菊次郎の夏」は江戸前のフェリーニだったんじゃないの。
たまにはいいじゃん。何回か続けて薄味だったら、そのうち又良いのも有るよ。
6名無しさん:2000/02/26(土) 14:30
キッズリターンから低調傾向を感じているので、
このまま下降線をたどらないことを期待。
逆に「BROTHER」で復調望む。
7名無しさん:2000/02/26(土) 15:07
「キッズ・リターン」、最初見たときは、「ソナチネ」が頭にあったので、
あれっ・・・て感じだったけど、もう一度見たら、いい映画だった。
「ソナチネ」までの、武の映画は、余計な物を省き、純粋化する事で、
突出していったと思えるけど、あのまま続けてたら、単なるパターンになってただろう。
「キッズ・リターン」以降は、良い意味でルーズになって、
これも有りかな、というカットを平気で入れるようになった。
映画監督を続けていくのには、いい方向だと思うんだけどね〜。
なんか、とんがった物にしか、反応しない連中て、嫌なんだよな。
「ソナチネ」「ソナチネ」って、うるさいよ。
8名無しさん:2000/02/26(土) 15:17
ソナチネ好きなんだから、いいじゃんか。
それをうるさいってどういうことさ。
褒めてるんだからけなすよりいいでしょうに。
「とんがった物にしか、反応しない連中」
とかいう言い方で一括されて7みたいな意見は不愉快。
9名無しさん:2000/02/27(日) 00:58
「ソナチネ」もいい。けど、「キッズリターン」もいい。キッズリターンは急に洗練された感がしたので、離れていった人も多いのかな?
私個人的には、何度か繰り返して観れるのは「キッズリターン」までが限界。

「HANA―BI」からは、アラさがなくなってしまって、正直、タケシ、丸くなったのか、それとも感性が鈍ったのか、わからん。
きっと、丸くなって狙ってんだろうけど(と推測)。

 次回作もやはり、気になるなあ。
10俺はたけしが大っ好きだ:2000/02/27(日) 03:22
やっぱり「BROTHER」は心配だよね。
「キッズリターン」までは本当にいい映画だったけど、
「HANA−BI」はただのいい映画で、
「菊次郎の夏」に至っては、良かったのはテーマ曲だけって感じだった。
なんとか期待したいけどね。
たけしは芸人としては終わっちゃってるから、本人の振り子理論からいっても
監督としての資質もやばいね。
ほんとに最近の「世界の北野」っぷりには頭痛くなっちゃうね。
11名無しさん:2000/02/27(日) 07:43
マーケットとして、国内オンリーでないのは、いいと思いますが・・・。
マスコミが騒ぐのは、ほっとくしかないし、
「菊次郎の夏」の、いい加減さも、好ましいですけどね。
12すいませんが:2000/02/27(日) 08:39
北野映画ファンの方にまじめに聞きたいんですが。
北野映画の魅力って何でしょう?
できるだけ具体的だと助かります。

私としては「HANA−BI」だけ合格点で「ソナチネ」は好きですが
ちょっと物足りない。最初の2作はダメって感じです。
13名無しさん:2000/02/27(日) 13:04
映画かくあるべしみたいな構えがかんじられないこと。
撮り方にオリジナルティがある。
黒澤の影に呪縛されているような感じがない。
テーマが暴力、哀愁、お笑いと自身の中から染み出してくるようで
共感できる。
役者の選びかたにセンスを感じる。よくいえば安心感。
たんたんと流れていくストーリーにハリウッド的な強制的盛り上がり
を演出されてる感じがない。
次のアメリカでとった映画がどうなるのか心配であり楽しみ
である。
14名無しさん:2000/02/29(火) 03:51
>「HANA−BI」だけ合格点
どうかなぁ…。
さわいでるわりに私はピンと来なかった。
最後の女の子のカットで引いたな。
なんだそりゃ!?って。
まだ、「キッズ・リターン」の方が浄化されるかんじ。

最近、北野武の人間性が薄くなっている様な気がする。
ビートたけしとしても、ぜんぜんつまんないからよけい。
誰でもピカソとかで、もっとこうしたらいいんじゃないかな
などと意見するそんなあなたは見たくありません。

だから新作、全然期待してないんだなぁ。
15ラストシーン:2000/02/29(火) 04:27
すごいらしい。すごく泣けるとか。戦メリに匹敵するくらいのラストだと
スタッフが言い合ってると言っていた。
浅草キッドが......。信用ならん。
16たけちゃんの映画って:2000/02/29(火) 09:03
すごいドライな感じがする。登場人物の感情が
これみよがしに出てこないとこが好き。
あと、必要以上に状況説明しないとこ。

それから、登場キャラに、たけちゃん(呼び方わりぃ。昔のファンだもんで)
が入ってるとこ。いろんな人のいろんなとこでに見え隠れしてる。
例えば「キッズ・リターン」でもマサルの口調ってたけしだし。
17山内:2000/02/29(火) 11:46
うるせぇ!
18>14:2000/02/29(火) 13:06
知ってるかもしれないけど
ラストシーンの女の子はたけしの娘さん、北野井子ちゃんです。

そういえば、彼女最近みないけど何しているんでしょ?
19しょうこちゃん:2000/02/29(火) 13:22
留学しているんだって
20名無しさん:2000/02/29(火) 13:32
「菊次郎の夏」先週ビデオで見ました。
内容的には、寅さんが好きな人は結構はまるんじゃないかなー
って感じでした。
それよりも子役の子供が 石井館長にそっくりで、
それが妙に気になった。
後、義太夫やらっきょを軍団じゃなくて1俳優とみれれば、
笑えると思った。
新作も ビデオが出たら見ます。
21名無しさん:2000/02/29(火) 20:12
見に行きます。
22?±?:2000/03/01(水) 15:25
スポーツ報知でレポートの連載が始まった。
相変わらず「青い眼のスタッフ」とか書くブン屋のセンスにがっくし。
23毛無しさん:2000/03/04(土) 06:55
菊次郎の夏といったらやっぱり
「ほら、早くパンツ脱いで。おじさんも忙しいんだから」でしょう。
あれの印象が強すぎて後はあんまり覚えてない
24名無しさん:2000/03/05(日) 03:10
その男の前半と、3−4xだけは文句無しに天才だと思った。特に
3−4は、他に似たものを見た事なかったから。ほとんどみんなの
意見、ファンならではって思うね。新作心配。
25ハリウッド進出:2000/03/05(日) 09:28
と言っても、ハリウッドメジャーの作品ではないからね。
だから編集権も手に入れたんだろうけど。それにプロデューサーの
ジェレミー・トーマスって戦メリの人でしょ。つくづく戦メリの
人脈って凄いと思う。
26戦メリ:2000/03/05(日) 09:49
人の人生、分岐点チャンスってあるものだなあ
坂本も最初音楽はオファーされてなかった
ジェレミー・トーマスに
「市民ケーン」を参考にしろと
耳打ちされたのは有名な話

27ラストエンペラー:2000/03/05(日) 14:59
ジェレミー・トーマスにとっても戦メリは分岐点チャンスだったんだよ。
大島渚がベルナルド・ベルトルッチと友人で、ベルトルッチを
トーマスに紹介したのがきっかけで「ラストエンペラー」が実現した。
「ラストエンペラー」の坂本の役は当初、大島が俳優として予定され
たんだって(わら
28勃起:2000/03/05(日) 15:10
不安なら期待しなければいいだろ馬鹿氏ね
29名無しさん
お、勃起だ
てめーは翻訳スレでひきこもってろ
不安と期待がいりまじったりしないのか?
ほんとにニュアンスわかんねえ駄目な翻訳者だな