韓国で日本映画がヒット

このエントリーをはてなブックマークに追加
1転載
ついに日本映画の波が押し寄せた。
 旧正月連休(4、5、6)に合わせて公開された降旗康男監督の
「鉄道員」が、旧正月の連休三日間で5万5000人を動員し、大ヒットを記録した。
 これは昨年末に公開された岩井俊二監督の「ラブレター」がソウルで記録した
 観客動員70万人に継ぐ大ヒットだ。


2
寅さんあたりも韓国人受けしそうな気がするな。