エグゼクティブ・デシジョン

このエントリーをはてなブックマークに追加
1デルタ
面白かったんだけど、スティーブン・セガールが
あんなにアッサリ死ぬのは意外でした。
ギャラ等の面でモメたのか?とか思わず勘繰ってしまいました(笑)
2この映画はもっと語られるべきだろう:2000/02/12(土) 00:04
と言うわけでage
3名無しさん:2000/02/12(土) 03:18
傑作
4ユキヒコ:2000/02/12(土) 03:48
セガールはノン・クレジットです。
だから、宣伝で堂々とセガールが主演の如くに扱うのは反則。
でも、しょうがないですかね。カート・ラッセル、まだまだ知名度低いし。

わたし、この映画、ほとんど情報の無いままに輸入LDを買って、
「外したらやべえなあ」なんて思ってたんですが、
セガールが出てきてビックリした後、
脚本にジム&ジョン・トーマスの名前が出て安心した記憶があります。
でも、この映画、ちょっと長いよ。あれで2時間を切ってたら……。
それと、ラストはもうちょっとお金をかけた特撮をやって欲しかった。
それだけ。あとはOK。同工異曲の『ザ・ロック』よりもこっちですね。
5水野晴夫:2000/02/15(火) 03:29
>ユキヒコさま
私もこの映画大変好きです。ただ「ザ・ロック」のエド・ハリス
にくらべて悪役のあつかいがヒドいですけど(笑)
ところで脚本のジム&ジョン・トーマスって他にどんな映画の脚本
をやったんでしょうか?よろしかったらお教え下さい。
6ユキヒコ(復活したじゃん):2000/02/15(火) 03:38
>水野様
 『プレデター』『プレデター2』です。
 映画としては断然「1」なんですが、
 「2」の脚本のしたたかさに舌を巻いた覚えがあります。
 なんか、もっと凄いタイトルが並ぶとカッコ良いんですが、
 とりあえず、この2本、っつうことで……。
7水野晴夫
>ユキヒコ様
すばやいレスありがとうございました。
それにしても水野様と呼ばれて屈辱を感じている今日このごろです(笑)。
(自分でつけたハンドルなんだけどね・・・)