「処女ゲバゲバ」の音楽「迷宮世界」を教えて!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1
若松孝二の「処女ゲバゲバ」「ゆけゆけ二度目の処女」で音楽担当の
「迷宮世界」というバンドについて詳しい方、おられましたら教えて下さい。
現在、彼等の音源は入手可能でしょうか?
 是非、手に入れたく、探していますのでよろしくお願いします。
2名無しさん:2000/02/09(水) 04:47
音楽を担当したのは秋山道男や小水一男といった人です。
サニーデイ・サービスのライブと若松映画をいっしょに見せる
新宿マッド’98というイベントがあったんですが、
そのときのパンフレットに割りと詳しく音楽について書いてあります。
でかい本屋ならまだ買えるかも。発行はクイック・ジャパンとかの太田出版。
それによると曽我部さんが若松映画の音楽のコンピレーションものを作ってる、
みたいなことが書いてあるんだけど、その後どうなったのかわかりません。
「迷宮世界」については、秋山氏曰く「その辺のやつら集めて
バンドみたいなものを瞬間的に始めたりとか」とかそんな感じみたい。
3:2000/02/09(水) 07:04
そのパンフ(?)本(?)欲しいんですけど、なんて名前で売られていますか?
私は地方に在住なので、大都市にあるようなでかい本屋に発送してもらおうと
考えています。
詳細・名前について教えて下さい。レスありがとうございました^^。
4名無しさん:2000/02/09(水) 12:15
秋山ミチヲって、最近あちこちに出演してるな。
「ママ、ぼく出かける〜」が耳に残るな。
5名無しさん:2000/02/09(水) 15:32
本の名前は多分『BLOW UP』です。あと表紙には小さく、
「-Quick Japan Presents- Sunny Day Service meets Koji Wakamatsu」、
とか書いてあります。『クイック・ジャパン』っていう雑誌のイベントだったんで。
イベントの名前は「新宿マッド’98〜若松孝二セッションズ」です。
ただ、本という感じでなく、薄いパンフ(A5サイズ)って感じなので、
本屋にあったのはイベントで売れ残ったのを回しただけなのかもしれないので
いまだに手に入るかは微妙ですが。発行は1998.2.11。500円。

ちなみに、今ちょっと本棚を見たところ、イベントのきっかけになった、
若松監督とサニーデイの曽我部さんが対談してる『クイック・ジャパン』は
vol.16@`vol.17です。こっちの方が手に入りやすいかも。
6ねの
どうも、ご親切にありがとうございました。探してみます〜^^。