アメリカのTV

このエントリーをはてなブックマークに追加
1日本頑張れ!
「映画」じゃないんだけどあえてここで。

最近日本にビデオとして流れてきているアメリカのTVド
ラマ。
「Xファイル」「ER」「ミレニアム」など、ハリウッド
映画ほど金はかかってないけどハマってしまいます。
日本でああゆうのを作るのは無理なんでしょうか。
最近あった日本の救急病院系のドラマなんか「ER」見た
後では臨場感なさすぎて見れたもんじゃなかった。

あれは単に「俳優がイモ」ってだけなのか?
2名無しさん:2000/02/06(日) 07:55
だって日本では、一般人は銃持ってないし、救急病院話でもネタの迫力にかけるし、
やくざのチャカっていっても、臨場感無いし、元ネタもアメリカより
おとなしめになるせいではなかろうか?
31です:2000/02/06(日) 09:09
でも救急病院なんて日本もアメリカも一緒でしょ?
なのにあの迫力のちがいは・・・(^^;
4どす恋ジゴロ:2000/02/06(日) 09:49
お言葉ですが、ヘタな映画より全然お金かかってますよ。
1話製作するのに100万ドルくらいは使ってるし、広告費や人件費
を加えたらもっとでしょう。なんでそんな金掛けるのかというと、
再放送する事を前提に作っているからでしょう。
アメリカじゃ再放送って当たり前に行われているんですね。
それこそゴールデンタイムでもやってるし。
同じコンテンツが10年20年繰り返し使うこと考えるとその位になるんでしょう。
日本は基本的に初回放送だけ稼ぐのを前提としてるからなあ。
まあ日本もこれからコンテンツの再利用は当たり前にならざるを得ないし、
長期間鑑賞に耐えられる作品が増えていくんじゃないのかな?
5放映五年:2000/02/06(日) 09:54
たったらケーブルや他のチャンネルで、いわゆる「シンジケーション」
で再放送できて、それで儲けががっぽりだそうです。基本的にアメリカ
の一シーズンは九月から五月までの八箇月。一クール26話が常です
から、プロデューサーも脚本家も俳優も疲れることなく、短期集中型
でいい作品が作れるのだと思います(シーズン中にも再放送があったり
する)。日本とは、テレビ作りの土壌が全く違うのだと思いますよ。
6雨氷:2000/02/06(日) 11:20
日本のドラマと違って、世界中に売れることを前提で予算組んでるんで、
次元が違うものが出てくるのは当然でしょう。
7もちろん:2000/02/06(日) 12:08
TheNetみたいに数字が取れなければ1シーズンで終わる厳しい
世界。あれも一話、100万ドル以上かけていたとか。
個人的に好きだったんで残念なんだが。そういうなかで生き残った
名作だけが日本で流れるもんだからだいたい評判のいいものに
なってるんでしょうね。
8名無しさん:2000/02/06(日) 12:20
アメリカではTVドラマの著作権は製作プロが持つことが多いです
製作プロはシンジけーしょんを通して番組のプリセールを行い、
成功率を見越してから、ネットに放映権を販売します だから
かける金、得られる金などを製作する側がリスクを背負って
やりますから、真剣に考えます 何とかして面白くしようって
動機があります。でも日本なら著作権や窓口交渉権はほとんど
TV局が持って行きます。すると日本の製作プロは 如何に安く
言われた要求に答えるか、に神経を注ぎます

アメリカには全国ネットというモノが無いので、TV番組の
dealing市場が形成され、そこにシンジケーションという専門
の会社が存在します 製作プロは番組をアメリカ国内であちこち
のネットや独立局に販売できます

こうした状況を考えると、そこから生まれるコンテンツには
大きな違いが生じます
9日本のドラマだって:2000/02/06(日) 12:37
アジアに売れてるし。
あと、問題はお金だけじゃないよね、きっと。
10>9:2000/02/06(日) 13:12
そうですね。でも、ちょっと桁が違います ERのネットでの放映権料いくらか
ごぞんじですか
11:2000/02/06(日) 14:15
知らん(笑)
でも日本のドラマ、制作費はともかく、動く金は邦画よりよっぽど多いと思う。

あと、SFものはたいてい深夜枠で可哀想な程みみっちい。
あれ、プライムタイムでできれば、少しはましになるかもさ。
121です:2000/02/06(日) 19:45
なるほど。 TVでさえそういうシステムになっているわけ
ですか。 『モノがちがう』のがでてくるはずですね。

随分昔にみたのですが、「トワイライト・ゾーン」なんかも
やっぱりTVなんでしょ?
「ぜんっぜんお金かかってなさそうなのになんでこんなに面
白いの?」
って思った記憶があります。
あれなんか有名な人はほとんど出てないですよね?
やっぱり向こうの制作の人は凄いんですね。

日本でも頑張ってああいうの創って欲しいです。
13予算の問題のほかにも:2000/02/06(日) 19:55
シナリオの質に大きな差があるような気がします。展開をどう見せるか、
というストーリーテリングの技術の基本がしっかりしていて、見てて安心感
がありますね。
14:2000/02/06(日) 23:33
シナリオの質が問題なのではないかなあ。
日本のドラマって、例えば恋愛物とか観てても(ほとんど観ないけど)
このシナリオ書いてる人って、ホントに恋愛したことあんのかなあ。
って思ってしまう。なんか、TVの中でままごとやってるみたいな感じ…。
本当に「ドラマ」の部分が描かれていないような…。
15名無しさん:2000/02/07(月) 01:28
 シナリオの質というより、いまの日本のドラマはまず配役があって次にシナリオがあるみたいな感じだから、どうしてもシナリオを書く上で制限されてしまうのでは?もちろんそういう制限はあって当たり前だし、それを割り引いても質が低いと思いますが。
16ERのおかね:2000/02/07(月) 10:41
「コンテンツビジネス」という本によればNBCが支払う
放映権料は3億ドル(年)だそうです。ERの1エピソード
制作費は1@`300万ドルとのことで これはすごい金額ですね。
17>15:2000/02/07(月) 11:14
シナリオだけがあちらこちらで売買されるようなマーケットが日本にも欲しいですねぇ。
そうすれば質も上がるかも。
18>16:2000/02/07(月) 12:47
1300万ドルって・・・日本映画でそんなにかけてるのめったに
ないぞ。
19名無しさん:2000/02/07(月) 12:49
つーか、アクションモノとか、バイオレンスものとか、ばあさんの
センスでついていけてないのわかりきってるのに、大作になると必ず
ばあさんだからなあ。
ばあさんより、映画界のシステムの問題だと思うぞ。
2019:2000/02/07(月) 12:50
ごめん、スレッド間違えた。
21私は:2000/02/07(月) 12:56
「ダイナソー」を楽しく拝見させていただきました
22>12:2000/02/07(月) 14:25
『トワイライト・ゾーン』は「お金がかかってない」わけじゃなく
メリハリを効かせてました。

というのも
指揮していたロッド・サーリングが
自分の脚本は撮影にあまり予算がかからないように書いて
他人に依頼した脚本(主としてSF仕立てのもの)が
予算の制限をあまり受けないようにしていた,とのことです。

あと有名な人っていうか
後に有名になる人たちは結構出ていると思います。

23undefined:2000/02/08(火) 10:07
age
24ERの情報:2000/02/08(火) 13:02
かつては一本あたり200万ドル前後みたいだったようですね。
また、ERのCM料金は30秒で56万ドル、という情報もあります
米国では一時間ドラマのCM枠は総計12分前後だそうなので、
over 1300万ドルって感じですかね

# ちょっと原典にあたって見ますね 制作費と放映権料
# がごっちゃになっているかもしれない
25しなりお小僧:2000/02/08(火) 16:36
まぁ、取りあえず動く金が半端じゃないってことだな
しかし、金の問題だけでもないだろう? 昨日もBSで
ER見たが 確かにストーリーが面白いぞ。しかも、時事ネタ
があまり無いんで 多分3年後でも面白いと思えるな。
立派なシナリオはやっぱ最低限のハードルだな
26三谷こうき:2000/02/08(火) 17:39
「王様のレストラン」は面白かった。
ああいうレベルの作品が毎シーズンに一本でもあるといいな。
271です。:2000/02/08(火) 17:54
「Xファイル」もやはりアメリカでも、「費」、「率」
的に「そ〜と〜なモン」なんでしょうか?
28名無しさん
スレッドを立てた奴を始め、レスしてる連中みんな馬鹿か?
海外テレビ板でやれ!