史上最長の映画は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1246
最近、長い映画にはまってます。テレビの連続ものでなく、あくまで劇場もので、ということですが、史上最長の映画はなんでしょうか?わたしの知るかぎりでは、27年仏の「ナポレオン」が、オリジナル本編720分、70〜72年ソの「ヨーロッパの解放1〜3」がトータル471分、82年ベルイマンの「ファニーとアレキサンドル」が311分といったところですが、他にありますか?
2ストロー部:2000/02/04(金) 14:01
 ショアは10時間越えてたな。
3ジャック・リベットの:2000/02/04(金) 14:06
「アウト・ワン」の上映時間は、何と12時間40分!!!!。
「セリーヌとジュリーは船でゆく」のジャケット裏面に載ってたから
多分本当だと思う。私見ではこれが最長かと。
4名無しさん:2000/02/04(金) 14:42
どっかの精神病院の患者が劇を演じる映画も
長かったような気がしますが…もしかしたらタイトルがだっけ?
5名無しさん:2000/02/04(金) 15:20
あのー ナチのー アウシュビッツのやつー
あー タイトルが思い出せない
6たくお:2000/02/04(金) 17:18
ウォーホルの「エンパイア」は、オリジナルが24時間あったという話
を聞いたことあるが・・
自分は一般に公開された短いバージョンを見たことある。タイトルの
ビルディングが延々と映し出されているだけで、退屈といえばそうなの
だが、じわじわと心地良さを感じたりもする。
オリジナル完成時の試写会では、観客となった人物が椅子に縛りつけ
られて見させられたそうだが、そりゃ拷問じゃないか。

7>5:2000/02/04(金) 19:51
それが「ショア」だ。
8>4:2000/02/04(金) 21:00
この映画は二時間ちょうど位。
題は長いけど、「マラー/サド」って略称しか覚えていない。
9上映時間とは離れますが:2000/02/04(金) 22:37
>8
『マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって
演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺』

ちなみに一番長いタイトルは、『博士の異常な愛情』(副題込み)ですかね。
10名無しさん:2000/02/05(土) 01:34
精神(こころ)の声は?
6時間くらいだっけ?
11名無しさん:2000/02/05(土) 01:56
「1900年」は公開した時、五時間半ぐらいあったかな。
弁当もって映画館に入った記憶があります。
12学生1号:2000/02/05(土) 08:05
「戦争と人間」も長いのでは
13246:2000/02/07(月) 23:22
マニアックな御指摘が多い!
「精神の声」は328分。結構いいセンいってます。
「1900年」は326分のようです。
「アウトワン」「ショア」「エンパイア」はいまいち資料がなくてわかりませんが?
14名無しさん:2000/02/08(火) 01:44
「地上より永遠に」も長いんじゃなかったっけ
15名無しさん:2000/02/08(火) 02:28
リヴェットの「アウトワン」は70年の映画で一度しか上映されなかったらしい。
日本人でただ独り観た批評家がいたと思います。劇映画にしては長いね。
ウォ−ホールの「エンパイア」は八時間。撮影はジョナス・メカス。
同じく「眠り」は6時間。実験映像で観なくても聞けばコンセプトはわかるウォ−ホール
らしい映像です。 
16名無しさん:2000/02/08(火) 02:30
リヴェットの「アウトワン」は70年の映画で一度しか上映されなかったらしい。
日本人でただ独り観た批評家がいたと思います。劇映画にしては長いね。
ウォ−ホールの「エンパイア」は八時間。撮影はジョナス・メカス。
同じく「眠り」は6時間。実験映像で、観なくても話しを聞けばコンセプトはわかるウォ−ホール
らしい映像です。 
17>12:2000/02/08(火) 02:33
「ぴあシネマクラブ」によると
「戦争と人間」第1部・第2部・第3部合計で556分。

あと、邦画で他の長いのといえば、
「人間の條件」第1部〜第6部合計で567分。
18名無しさん:2000/02/08(火) 02:38
リヴェットの「アウトワン」は70年の映画で一度しか上映されなかったらしい。
日本人でただ独り観た批評家がいたと思います。劇映画にしては長いね。
ウォ−ホールの「エンパイア」(1964年)は八時間。撮影はジョナス・メカス。
同じく「眠り」は6時間。実験映像で、観なくても話しを聞けばコンセプトはわかるウォ−ホール
らしい映像です。
キェシロフスキの「デカローグ」は短編としても観れますが、10話で10時間あります。 
19名無しさん:2000/02/08(火) 14:28
「ショア」は Part1: 4時間35分@` Part2: 4時間48分 という説と
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/artjapan/AN-0004-J.html
9時間3分という説がありますな。
http://www.mmjp.or.jp/BOX/database/shoah.html

20246:2000/02/08(火) 16:05
19のかたすばらしい情報をありがとうございます。なにせ私の情報源は主に「ぴあ〜」なので。ちなみに18の「デカローグ」は「ぴあ〜」によると442分でした。これも結構実際のビデオの表記と違う場合があるので、10時間説がただしければ、それはそれですごいのですが。
21ちなみに:2000/02/08(火) 16:16
全洋画ON LINEによると、「デカローグ」の上映時間は567分でした。
今、「1900年」76年ベルトリッチをチェックしている(上巻までしか観ていないので)のですが、デニーロとジェラール・ドパルデューのフリチンシーン(ぼかし入り)はびっくりしました。
その前に観た「ファニーとアレキサンデル」は観念的で話としてはさしてヤマ場もなく、5時間つらかったです。
22>21:2000/02/08(火) 16:27
>その前に観た「ファニーとアレキサンデル」は観念的で話としてはさしてヤマ場もなく、5時間つらかったです。

あれって、言うほど観念的かなぁ。
ベルイマン映画の中ではいちばん親しみやすいほうだと思うけど。
まぁ、話がご都合主義的でさしたるアクションシーンもなくてだれるのは認めますが。

23シリーズを含めて良いのなら:2000/02/08(火) 17:28
寅さんじゃないの?
24名無しさん:2000/02/10(木) 13:43
『東京裁判』は?
8時間くらいはあったと思うけど


25シル少尉:2000/02/14(月) 20:01
旧ソ連の映画って、長い映画が多かったように思う。
『戦争と平和』とか『モスクワ大攻防戦』など。
自分が知ってる中で
たぶん、一番長いと思う映画は北朝鮮の『朝鮮の星』。
26シル少尉
↑一部訂正
たしかに『朝鮮の星』も全10部作で長かったけど、
一番長いのは、やはり北朝鮮の『民族と運命』だ。
この映画はなんと46部作の映画で(シリーズではない)、
しかもまだ、完結していない。
たぶんこれが史上最長の映画ではないか?