ソナチネ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1経団連
結局、たけし映画は「ソナチネ」が最強であり、最後だったと思う。
「ソナチネ」はタランティーノ他多くの映画人に影響を与えることができたが、
「HANA-BI」が誰に影響を与えるというのか?
「ソナチネ」は日本映画史に燦然と輝く秀逸なヤクザ映画だが、
「HANA-BI」は、うんざりしてくるぐらい予定調和的なメロドラマだ。
2名無しさん:2000/02/03(木) 09:06
私も「HANA−BI」と「ソナチネ」なら
「ソナチネ」が断然好きですね。
まぁ、どの作品も前の作品よりすばらしい監督なんて
あんまりいないんだもの。
何が一番気に入らなかったかというと、マスコミの
対応かな。ちゃんと批評しなくて勝手に盛り上げる態度。
3名無しさん:2000/02/03(木) 09:21
そうかなあ
ソナチネってもうほとんど内容忘れちゃったし
紙相撲するやつだよね?
個人的には北野作品は評価対象外でどれも好きなんだけど
4ユキヒコ:2000/02/03(木) 11:14
『ソナチネ』と『HANA-BI』っつったら、もちろん『ソナチネ』ですね。
『HANA-BI』は、それまでの北野映画の焼き直しにしか見えなかった。
でも、ああいう映画は北野監督しか撮れないのかも。(←そうかあ?)

で、わたしは、『3-4x10月』がベストなんではないか、と。
(『ソナチネ』は最後の最後でトチるんで……。
 あれがなければ文句無しの最高作)
5名無しさん:2000/02/03(木) 13:00
「3ー4...」のトヨエツさいこー。
6僕も:2000/02/03(木) 13:21
「ソナチネ」がベストだと思う。事故ってからの作品、「キッズリターン」以降
は「普通」の映画になっててツマラナイ。客受けを考えて作ってるような気がする。
初期作品のように映画という容器を破壊するような気持ちで作って欲しい。
次の作品、「ブラザー」もなんだかなーって感じがする。
7名無しさん:2000/02/03(木) 13:28
オールナイトニッポンがサイコー
8経団連:2000/02/03(木) 16:02
C+:その男、狂暴につき
B+:3−4x10月
B-:あの夏、いちばん静かな海。
A+:ソナチネ
B-:みんなーやってるか!
C+:キッズ・リターン
C-:HANA-BI
C+:菊次郎の夏
9名無しさん:2000/02/03(木) 16:35
過剰な暴力が嫌いなんで、キッズリターンが一番す。
10おいらも:2000/02/03(木) 16:43
キッズリターンが一番です。
自転車に乗ったなんの変哲もないおっさん風のヒットマンが、印象に残っています。
11名無しさん:2000/02/04(金) 00:48
僕はNO.1の映画は?と訊かれれば必ず『ソナチネ』を挙げてるくらい好き。
ソナチネは、「その男」「3−4x」の時にはあまり前面に出さなかったメッセージを結構素直に出しちゃってるよね。
映像とか編集とか久石譲の音楽とかももちろん大きなポイントだけど、そのメッセージに共感できたというのが他の作品よりも一層好きになれた理由かな。
まあ、あまり一般受けするメッセージじゃないんだけどね^^;。
さもすれば自殺を奨励してると誤解されかねないから。
12ソナチネは:2000/02/04(金) 01:43
ヤクザに「もう、いやんなっちゃったな。疲れちゃったよ」
なんてセリフを吐かせてしまうところがちょっとスゴイ。
でも3−4の方が衝撃的だったな。
13名無しさん:2000/02/04(金) 11:53
北野作品でベストを挙げるなら、やっぱり「ソナチネ」だなあ。
何の脈絡もなく1カット見ても感じられる緊張感とか、

「あんまり氏ぬのを怖がってると、氏にたくなるんだよ」

と、映画の肝を抜け抜けと一言の台詞に凝縮しちゃうところとか。
90年代の日本映画は、「ソナチネ」の緊張感を超える映像を
生み出せませんでしたね。
#「トカレフ」などの亜流は生んだが。

「HANA-BI」は集大成というか、既に退却戦だったように思う。
14アレキサンドル:2000/02/04(金) 12:45
「3-4」に1票。
あの「バス」のシーン。
幸福な時間だった。
15キタニスト:2000/02/04(金) 14:15
「ソナチネ」は映画史に残る大傑作だと思う。生涯ベスト1っス。
16名無しさん:2000/02/04(金) 15:28
「ソネチネ」は映画オタクにはカリスマ的人気を誇るが、一般大衆には
見向きもされない映画。「3−4x10月」も同様。一般人の感想は一言
「つまんね〜!」「訳わかんね〜!」

むしろ「キッズ・リターン」「HANA-BI」「菊次郎の夏」が
一般の人には受けがいい。マニアは毛嫌いしてるが。

これを見ると、映画オタクってのが、いかに映画見過ぎで、
感性が一般大衆と遊離しているかよく分かる。
日本映画をダメにした元凶はそもそもココにある。
少なくとも僕はこういう人種にはなりたくない。

17以上:2000/02/04(金) 15:35
青年の主張でした
18ま、:2000/02/04(金) 16:28
そういう主張自体が、パターンだね。
19名無しさん:2000/02/04(金) 17:17
一般の人はどうしてもタレント・ビートたけしの先入観から抜け出せず
に映画を見るから

> 「つまんね〜!」「訳わかんね〜!」

となるんじゃないか?

転機は「戦場のメリークリスマス」だったと思う。
大島作品と北野作品の関連性について検討した書籍なんかないですかね?
あんまり難しくないやつ。
20結局:2000/02/04(金) 17:28
自分が面白ければそれでいいじゃん。

映画オタクでも一般大衆?でも他人に何かを押し付けすぎると
興ざめするね。

あと俺もソナチネ好き。3-4…も好き。特に理由なし。
213ー4の:2000/02/04(金) 18:15
トヨエツさいこー!
22>16:2000/02/04(金) 22:17
日本映画に限らず、「一般大衆と映画オタク」などとすぐ単純な
二元論でまとめようとするあなたのような浅薄な人間こそが、
何事もダメにしていくんですな。まことに困った「人種」だ。
23ソナチネ大好き!:2000/02/04(金) 22:40
紙相撲の場面で、たけしが小さい力士をだして、
「何スカそれ」「舞の海だよ」と言って笑っている
のがすごく好きです。
あの場面についてたけしは、
「明日死刑っていう囚人でも、笑うことってあると思うんだ
よ」という、めちゃめちゃ深いコメントしてました。
24>16:2000/02/04(金) 23:21
映画オタクって呼ばれたくないから一般大衆に迎合するわけ?
でも、一般大衆ってなんなの?
あなたの好き嫌いや意見はないの?
25名無しさん:2000/02/04(金) 23:43
いいんじゃないの、たけしの映画って「ウケよう」なんて全然
思ってないんだから。好きな人だけ好きな映画でしょ。
マニアとかそんなレベルの話じゃないよ。
26名無しさん:2000/02/05(土) 00:15
なにがなんでも多数派につきたいという、根性がわからんね。
寂しいのかな?
27>16:2000/02/05(土) 01:16
用はプロの勧める作品と、一般大衆が好む作品とは違うのよ。
映画に限らず、電化製品、車、なんでもそう。
で、大概プロが薦める作品を見に行くと失敗する。
車とか、カメラとか、オーディオとか全部この真理は当てはまるね。
2816だけど:2000/02/05(土) 01:30
じゃあさ、頼むから、「ソネチネ」や「3なんとか」を見て面白い
という、あまり映画を見に行かない人間紹介してくれよ。
映画オタクじゃなくてさ(笑

少なくとも俺の周りの人間は「つまんねぇ」口をそろえて
言ってます。誰に聞いても、ただ一人として「面白い」
なんて意見聞いたこと無い。皆口をそろえて罵倒(笑

一方で映画掲示板とかではみょ〜に絶賛してる痛い奴がいて、
そのギャップが前から不思議だったのよ。
つ〜か、タランチーノが誉めたから、皆ありがたがってる
だけじゃねえの?(笑

別にたけしのイメージどうこうじゃなくって、
ストーリそのものが、何が言いたいんだか全然わかんね〜の!

ついでにたけしは「ソネチネ」や「3-4×10月」の頃に比べて
最近やっと監督として成長して来たね。この頃は単なる
オナニー映画だったのが、やっと観客を楽しませる事に
気が付き始めたからね。
29名無しさん:2000/02/05(土) 02:05
ロバート・ハリスは「ソナチネ」「3-4」の大ファンだって言ってた。
30私は:2000/02/05(土) 02:15
『ソナチネ』『3ー4・・・』は右脳で観る「感覚」の映画なんだと思います。ですから
「>ストーリそのものが、何が言いたいんだか全然わかんね〜の!」
なんて思うこと自体意味がないのです。
この感覚が理解できない人は付いてこなくていいんだと思います。
31>28:2000/02/05(土) 02:30
>やっと観客を楽しませる事に
気が付き始めたからね

 そーかー?菊次郎の延々続く寒いギャグは苦痛だったけど。
3220だす:2000/02/05(土) 02:44
>16、28
 映画オタが面白いとか押し付けがましく言うんが、少々鼻につくとかい
うのは分かるつもり(つーか世間では俺も映画オタとみなされるだろう)
だ。後、俺にもソナチネのストーリなんか解んねえが、別にどうでもい
い。面白いと思うのに理由なんていらん。

 少なくとも娯楽の範囲で、自分が面白いと思うものについて、周りの
評価で自分の評価を変えるつもりなんか全くないね。タランチーノが誉
めてた? で、それがどうした。つまらん例をだしてくんな。

オナニー映画最高!


>少なくとも俺の周りの人間は「つまんねぇ」口をそろえて
>言ってます。誰に聞いても、ただ一人として「面白い」
>なんて意見聞いたこと無い。皆口をそろえて罵倒(笑

よかったじゃん、悪口分楽しめて。

>一方で映画掲示板とかではみょ〜に絶賛してる痛い奴がいて

こんなどうでもいい場所で吼えてるだけのおまえも痛いよ。
そっとしとけ。きっと、みんな映画好きなだけだ。
33>28:2000/02/05(土) 02:55
自分の友達とか、誰が褒めてるとか
ちまちました狭い世界観、持ち出して、何を偉そうに。
34名無しさん:2000/02/05(土) 02:57
>ストーリそのものが何が言いたいんだか全然わかんね〜の
あんた、自分がアホですって表明してるようなもんだよ。
白痴野郎は生意気な口を叩くんじゃありません。

>最近やっと監督として成長して来たね
どういう身分の方なんでしょうか?

あたしゃ人のオナニーに感動する趣味はないのであしからず。
35名無しさん:2000/02/05(土) 03:05
わかんない物を観せられると、馬鹿にされたような気持ちになる。
ただそれだけでしょ。
対抗措置として、「オナニー」「自己満足」「芸術家気取り」などと
罵倒してみて、精神のバランスを保つのが常。
36名無しさん:2000/02/05(土) 03:24
ソナチネは癖になるね。今まで10回は見たなあ。
ストーリーなんてどうでもいいよ。場面場面のキモチヨサがたまらない。
小理屈こねたってしょうがない。単純に見ててキモチイイ。
そういう楽しみ方ができない人が「つまんねえ」と思うのはしごく当然。
なんでも自分の型にはめようとするからおかしくなる。
3716だけど:2000/02/05(土) 03:29
>わかんない物を観せられると、馬鹿にされたような気持ちになる。
>ただそれだけでしょ。

訳わかんねぇ物を訳知り顔で知ったかぶるよりは、よっぽど
いいと思うけどね。勝手に俺の内層心理まで邪推するとこなんて、
まさしく映画オタクの面目躍如だな。
そうか、救い様がないストーリを、その旺盛な妄想力で補正しまく
ってる訳だな。じゃなきゃあんな欠陥映画楽しめる訳無いモンな。

あ、そういえば「ソネチネ」とか公開当初は散々けなされたよな。
でもイギリスだかフランスだかで高い評価を得たって聞くと
手の平を返したように「あれは傑作だ!」

わはは、白人コンプレックスは痛いねぇ。
38映画オタク代表:2000/02/05(土) 03:38
邦画と洋画を分けて考えてるニンゲンの方が
よっぽどコンプレックスあるんじゃねえの?
しっかし「内層心理」ってどんな言葉よ?
おまえホントバカな。
あと、「痛い」って表現はどうかと思いますよ。
39名無しさん:2000/02/05(土) 03:40
>あ、そういえば「ソネチネ」とか公開当初は散々けなされたよな。
>でもイギリスだかフランスだかで高い評価を得たって聞くと
>手の平を返したように「あれは傑作だ!」
>
>わはは、白人コンプレックスは痛いねぇ。

どっちかっつーと、いっつもそれと似たような事をやるのは、
あんたの言うところの一般大衆(あとマスコミ)じゃねえか
な?
40欠陥映画も:2000/02/05(土) 03:46
無いとつまらない。息が詰まる。
41>37:2000/02/05(土) 03:47
あんたの、その異常なまでのソナチネに対する恨みは
どっからきてるの?
42きっと:2000/02/05(土) 03:52
ピカソやマチス、カンディンスキーの絵を観て感動を覚えたりそこから物語を
感じる人もいれば、ルノアールやゴッホみたいな具象画にしか感動を感じない人もいるのと同じじゃないすかね。
43なんだ単なる煽りじゃん>16:2000/02/05(土) 05:28
どんどん頭の悪さを露呈してるねこの人。
要するに自分の気に入らないものが高く評価されるのが我慢
ならないわけだ。それでちょっと論理的な反論をされると「訳
わかんねぇ物」とか「欠陥映画」とか、自分の主観のみによる
説得力のかけらもない批判をやっきになって持ちだす。
よくいるよねこういうカンチガイくん。
最初から主観の押しつけしかできないくせに、他人の評価に
まで口を出そうとしなさんな。おこがましいにもほどがあるよ。
まったく、バカにかぎって権威志向が強い。
44ゆめすけ:2000/02/05(土) 06:51
「3−4×10月」がマイベストです。
「ソナチネ」は整理されすぎててなんかツマンナイ。
「3−4」くらいの雑然さ、なんでもやってみました、て感じの
B級さが大好きです。
45名無しさん:2000/02/05(土) 09:50
うん、たけしの映画って、あの「ぐだぐだ」な感じが良いんだけど、
最近上手くなってきちゃったのか、整理されすぎな感はあるね。
ところで「3−4X10月」はなんて読むの?
4613@`19:2000/02/05(土) 10:00
>23
4713@`19:2000/02/05(土) 10:11
海外での高い評価は、外国人がタレント:ビートたけしについて無知である
ことも大きいと思うんだが。

>23
個人的には、ご指摘の「舞の海」という部分などが後世の日本でどのように
評価されるか、非常に興味がある。
北野武・没後何十年とか経って、コメディアン:ビートたけしも舞の海という
相撲取りも知らない世代が「ソナチネ」を発見した時、この映画をどう評価する
のか。

>45
「さんたいよんエックスじゅうがつ」
「x」は野球のスコアのサヨナラ試合のことでしょうか?
48名無しさん:2000/02/05(土) 12:30
「3−4x」っていうスコア、映画の内容とも微妙にリンクしていると思わない?
もしかしてこの関連性は公然の事実?
49名無しさん:2000/02/05(土) 13:54
>あ、そういえば「ソネチネ」とか公開当初は散々けなされたよな。
>でもイギリスだかフランスだかで高い評価を得たって聞くと
>手の平を返したように「あれは傑作だ!」

でもこれは当たってるね。どうもこの手の映画は、外国からお墨付き
がないと、大手を振って傑作と主張出来ない気の弱さが日本人にはある。

「傑作と思うんだけどな〜。でも誰も誉めないし。どうしよ?」

みたいな。(^^;
50そう考えると:2000/02/05(土) 21:37
淀川さんってやっぱ偉いよ。
51名無しさん:2000/02/05(土) 22:50
淀川さんと、ハスミと、山根貞男は、初期の頃から誉めてたね。
貶されてんのも、あんまり読んだこと無かったんだよな〜。
相手にされてなかったという印象がある。
ヴェネチアで賞とって、大騒ぎになって、武の映画はすごいって
なったのはテレビ、新聞などのマスコミのレベルででしょう。
マスコミなんて、どうせそんな物。マスコミ=日本人の主張じゃないでしょ。
52名無しさん:2000/02/05(土) 23:55
蓮実氏は「ソナチネのような作品ができたのは奇蹟」とベタ誉めだったらしいね。
東大総長もお薦めの映画です。まだ観てない人は是非。

ところで、蓮実氏は北野映画に俳優として出ないのかな?昔そういう話もあったらしいけど。
53名無しさん:2000/02/06(日) 00:37
ここ読んでるとソネチネお薦めする人って、なんかインテリっぽい
人が多いですね。
そんなに難しい映画なの?
54名無しさん:2000/02/06(日) 00:45
淀川さんって、たけしの映画けなしていたんじゃなかったっけ?
「たけしの映画は大嫌いだったが、その夏一番静かな海 は素晴らしい
と思った」
とか言ってたんじゃなかった?
あれは水野だったかな?忘れた。
55雨氷:2000/02/06(日) 01:05
>53
全然難しくないよ。感覚でそのまま受け止めて、面白いと思えれば、
面白い映画だと思ってる。
ソナチネ以前に、「その男狂暴につき」を見て、直感的にしびれて
以来、たけし映画の大ファンです。
56名無しさん:2000/02/06(日) 02:14
「ソナチネ」はなんていうかな、俺には
絶望感というかあきらめとういか虚無感みたいな北野武のテーマが
一番感覚的に伝わってきた映画だった。
あの死というものに対する態度は他に見たことがない。
だから北野武の映画では一番好きです。

>37
いっとくけど、俺はタランティーノ嫌いだよ!
タランティーノは明るくて前向きすぎる。
訴えかける悲壮感がないんだよな〜
57>54:2000/02/06(日) 02:42
キネ旬増刊の淀川さんが責任編集した『北野武』を読むと淀川さんのタケシへの愛が伝わってきます。
彼の中では黒沢、溝口と並列の扱いになっているようです。
58?M???Y:2000/02/06(日) 04:54
ソナチネの銃の音いいねえ。日本でいい銃の音は北野映画だけだね。
エレベーター内のやっきょうの落ちる音グッド。
59ユキヒコ:2000/02/06(日) 05:04
すみません。関係ない話ですが……
>58様
 アニメーションだと、けっこういい音してるのありますよ?
 『攻殻機動隊』とか、いい鳴りっぷりだと思いますが。

で、『ソナチネ』に話を戻しますが(バレあり)、
上のほうにも書きましたけど、やっぱり、
ラストで「とちった」という感じが強いんですけれども、
『ソナチネ』を推してらっしゃる皆さんはどうお感じになったのでしょうか?
(わたしは、もちろん、『ソナチネ』は大好きな映画ではありますが、
 あの自殺するラストだけは納得いかないんです)
60?}?b?n??:2000/02/06(日) 05:16
そっ! 甲殻機動隊のあのマシンガン! 最高でしたね。どぶ河のところでの。
61名無しさん:2000/02/06(日) 11:29
「その男凶暴につき」からの全北野作品、押井守の「攻殻機動隊」ともども
ガンエフェクトの第一人者である納富貴久男氏が銃器アドバイザー等として
作品に関わっているはずです。

>59
「その男…」「3−4x10月」でも主人公は最後に死にましたよね。
少なくともバイク事故前の北野武は、映画を通じて死を疑似体験するというか、
自らの死をシミュレートしていたように感られます。
62名無しさん:2000/02/06(日) 16:50
ソナチネの最後の自殺はまあいいとして、HANA-BIの最後の銃声は無い方が全然良いのにと思いました。

その男、3-4X、ソナチネの三本はどれも甲乙つけがたい傑作ですね。どれも同じようで、全く違った魅力がある。

あと16のひとは可哀想だなあと思いました。損してるなあと。
63jojo:2000/02/07(月) 12:31
「3−4X10月」の読み方は
「よん あるふぁ たい さん じゅうがつ」です。
たけし本人が言ってたので間違いないと思います。
前出のとおり野球のサヨナラ試合のことです。
64名無しさん:2000/02/07(月) 12:36
もしかして「よん」と「さん」勘違いしてません?
65jojo:2000/02/07(月) 14:52
いいえ、これでいいです。
野球のスコアは、常に勝った方を先に読みます。
表記的には、9回裏のサヨナラなので「3−4×」となるのです。
66名無しさん:2000/02/07(月) 15:28
そうなんすか。俺は根本的に間違った読み方をしてたわけですね。どうもです。
67名無しさん:2000/02/07(月) 16:01
『ソナチネ』の原題は、『沖縄ピエロ』だったと思います。
つまり、『気狂いピエロ』を沖縄でという映画だったのですが、
まぁ、青いレビンの中で自分の頭を拳銃でぶち抜いて自殺する
ところなんか、『気狂いピエロ』のラストまんまですよね。
『3−4x10月』にも『気狂いピエロ』のオマージュシーンが
多数あり、『ソナチネ』の肩馴らしだったのかも知れません。
68経団連:2000/02/07(月) 17:33
「HANA−BI」のラストでの銃声二発は、
妻と自分自身とを撃ったいわゆる心中ではなくて、
後輩の刑事二人を撃ったものとする見方がありますね。
6962:2000/02/08(火) 04:22
>経団連
えええ?いくらなんでもそりゃないんじゃ・・・

>jojo
以前テレビで北野特集やってたとき『さんたいよんえっくすじゅうがつ』
って言ってたと思うんですけど。いずれにせよ、読みにくいタイトルですね。
70jojo:2000/02/08(火) 09:26
>62
あ、そうなんですか。じゃ、気分で呼んだのかな?その時たけし自身が
野球に凝ってたし。
>経団連
うーん、それはちょっと・・・。「見方」ってことはけっこうそういう
解釈をする人がいるのですか?よかったら教えてください。
71>経団連 :2000/02/09(水) 12:08
なるほど〜。
そういう解釈もあるんだね。
ぜんぜん考えもしなかった。 フムフム。
72名無しさん:2000/02/10(木) 11:21
たけしは、「ソナチネ」までは本当に凄かった。天才だった。
でも「キッズリターン」以降全然ダメになった。「HANA−BI」なんてクソだ。
やっぱり事故って頭おかしくなったのかな。頼む北野監督、「正常」に戻ってくれ。
あと北野映画の寺島進は最高やね。メチャメチャ、ファンですわ。
「あの夏〜」のオマワリと喧嘩するオヤジ役には大笑いした。
73a:2000/04/30(日) 03:50
たけしって、鈴木清順から影響受けてる部分あるかな?
74ユキヒコ:2000/04/30(日) 04:26
ひさびさに上がってきたんで、前回の質問の蒸し返し。
(しつこくて、ごめん)

『ソナチネ』のラストの自殺。
死ぬのを怖がってると死にたくなっちゃう(でしたっけ?)から、
主人公が死ぬ。これ、物語の構成的には納得するんですよ。
ただ、ラストの自殺は蛇足なんじゃないかな、と。
最後の銃撃戦で、どう考えたって死んでるんだから、
表層的には、あの場面を「死の描写」として、
無理に、きっちりと死の場面を見せる必要は無かったんじゃないでしょうか。
逆に、待ってる女のところにひょっこりと帰ってきちゃったほうが、
作品としての衝撃は、もしかしたら薄まったかも知れないけど
(オレは薄まるとは全然思わないけど)
そのほうが、より、心に染みたように思うんです。
ホント、そこさえなければ、間違い無く、
別スレッドの90年代ベスト1に推すし。

みなさんは、いかがお考えでしょうか?
(あなたのハートには、なにが残りましたか?)

あ、それと、『HANA−BI』の銃声2発が蛇足って件。
まったくそうだと思います。
75名無しさん:2000/04/30(日) 05:07
冷めた自棄への共感
76「ソナチネ」はキライじゃないけどね:2000/04/30(日) 07:34
でもやっぱりオナニー映画だね。
16はけっこうまともなこと言ってるよ。
そういうのにムキになってかみつくあたりが
初期北野映画ファンのイタいところだね。
77名無しさん:2000/04/30(日) 07:52
「ソナチネを誉める人で、あまり映画を観たことのない人」
は実際あんまりいないような気がする。
それは真実じゃないか?
ただ、それにどういう意味を求めるかが違ってくるけど。
78名無しさん:2000/04/30(日) 08:00
映画を必要としてない人なんですね、76さんは。
どっかで自分の意見をこき下ろされた恨みでもあるんですか?
7976:2000/04/30(日) 08:09
>78
だからそういうのがイタいんだよ。
べつに恨みなんてないよ。スレを1から読んでみた感想だよ。
80>78:2000/04/30(日) 10:58
ていうか、ソネチネ好きな人って、どうしてけなされると
ムキになるんだろ?
映画なんて人それぞれなんだから、適当に流せばいいじゃんと
思うんだが。
8122の続き:2000/04/30(日) 12:14
ソネチネや3-4×10月は、これだけカルト的人気を誇っている
からには、やはり物凄い物があるんだろう。僕は素人だしよく
分かりませんが、プロと素人ってのは、どうしても作品評価に
差がでる。プロにならなきゃ分からない事って沢山あるから。

ただ、16の言うとおり、殆ど映画を見ない人にはちょっとお勧め
出来ない映画ですよね。
8281ですが:2000/04/30(日) 12:15
22の続きってのは間違いです。
83>76:2000/04/30(日) 14:25
オナニー映画だというのは、誉めてる人間も
認めてんだよ。
16は、なぜ誉めるのかというその捉え方が的外れだから
攻撃されてんの。
84>83:2000/04/30(日) 18:06
つうかオナニー映画って最初に言い出したのは16なんだけど。
85名無しさん:2000/04/30(日) 18:13
的はずれな議論がすきだね、みんな。
86名無しさん:2000/04/30(日) 18:17
俺の場合、バックトゥザフューチャーとかダイハードぐらいしか観た事なかった時に、たまたまソナチネをレンタルした。
それでも楽しく観れたよ。
確かに最初はなんとなくいい雰囲気の映画だなあっつう程度だったんだけど、あとからいろいろと自分なりに意味付けとかしていってハマって行った。
シロウトでも楽しめた、という例でした。
8783:2000/04/30(日) 22:26
ナニ当たり前の事言ってんだよ。
84はホント馬鹿だね。
どうせ言ってる意味もわからなかったんだろ
88名無しさん:2000/05/01(月) 03:34
オナニー的映画に一般性を持たせるのは並大抵のことじゃないよ。
これだけの支持を受けること自体ものすごいことだと思う。
89名無しさん:2000/05/01(月) 05:13
オタクは人に価値観を押し付ける、と言って批難しながら自分の価値観を押し付ける
人って多いですよね。一般大衆とやらいう人を子供に例えては失礼だとは思いますが、
一部の人しか楽しめないものを批難するのならタイタニックだって子供達には分から
ないんだから誰にも分かる内容ということで、俺はポケモンやアンパンマンしかみな
いよ、とまで言うのならまだ納得できますが、一般大衆なんて中途半端な言葉を使わ
ないで欲しいですね。タイタニックもソナチネも面白いっていうほうが得じゃないで
すか。まあ好みは人の勝手で、僕も実はソナチネはあまり好きじゃなくて、菊次郎の
ほうが好きです。
90名無しさん:2000/05/01(月) 06:45
>89
要するにソナチネより菊次郎の方がすきって言いたい訳?
91名無しさん:2000/05/01(月) 07:26
>88
>オナニー的映画に一般性を持たせるのは並大抵のことじゃないよ。
>これだけの支持を受けること自体ものすごいことだと思う。
一般性とかこれだけの支持って根拠は何なの?
2ch映画板だからあーだこーだ言ってるだけじゃん。


92名無しさん:2000/05/01(月) 13:02
だったらそれでいーんじゃねーか?
93>91:2000/05/01(月) 15:52
単純に数の問題だろ。
すこしは考えろや。
94名無しさん:2000/05/01(月) 22:48
>93
へぇー2ch映画板でこれだけ支持を集めたら一般性を持った映画になるんだ(ワラ
95名無しさん:2000/05/01(月) 22:54
もめてるところをすまんが「みんなやってるか〜」はどうなの?
おすすめですか?
96名無しさん:2000/05/01(月) 23:52
たけし映画はやっぱり3-4に尽きるよ、ほんと!
2度と出来ないよ、あんなの、本人にも。
若い頃のたけしのトークみたいにね。
97名無しさん:2000/05/02(火) 01:48
2度と出来ないっていうならソナチネもそうだし、
みんな〜も別な意味で出来ないでしょ
しかしどうでもいいネタで煽り煽られご苦労なこってすな
98>:2000/05/02(火) 02:07
>94
オマエは頭が弱いのか
言葉を知らんのかどっちだ。
88は
1.たけし映画はオナニー映画のくせに一般性を持っている。
2.(2chで?)これだけの支持を受けている。ものすごいことだと思う。
この2点しか言ってないだろ。
誰も2chで支持を集めたら一般性を持った映画になるなんて言ってないだろ。
バカなのか?
99>94:2000/05/02(火) 02:08
>94
オマエは頭が弱いのか
言葉を知らんのかどっちだ。
88は
1.たけし映画はオナニー映画のくせに一般性を持っている。
2.(2chで?)これだけの支持を受けている。ものすごいことだと思う。
この2点しか言ってないだろ。
誰も2chで支持を集めたら一般性を持った映画になるなんて言ってないだろ。
バカなのか?
10093.98.99:2000/05/02(火) 02:11
やっちった。二重書き込み。はずかち〜!
101名無しさん:2000/05/02(火) 03:13
公開当時に見に行ったんですけど、
本当に寂しかったです。
伊勢丹の側の松竹の劇場で鑑賞したんですが、
俺含めて10人足らずでした。

「みんなやってるか」も伊勢丹の側の別の劇場で
みたんですが、
その時は映画おたくっぽい人が多くて、
私の彼女はかなり引いていました。
(映画の内容にも引いていましたが)
102灰猫:2000/05/02(火) 06:21
「ソナチネ」大好きです。
僕も新宿で観ましたが、ガラガラでした。うろ覚えですが、制作費4億で配収1億だった気が。
(間違ってたらすみません)
銃器の効果音ですが、「ブラザー」ではさらにマニアックな人が付いて、厚みが増したそうです。
103ピンポイント:2000/05/02(火) 06:45
たけしがテレビで、
「薬莢の落ちる音を世界で最初につけたのは俺だよ」
って言ってた。
個人的には、「あの夏〜」が好きです。
駄目北野映画は「みんなぁ〜」と「菊次郎〜」くらいかな。
「キッズ〜」もイマイチ。
104横レス失礼。:2000/05/02(火) 14:02
>94、99
88はそもそも一般性を持ってないと言ってるんじゃないの?

105ユキヒコ:2000/05/02(火) 14:33
>ピンポイント様
 たけし、そんな事、言ってたんですか。
 冷めるなあ。
106名無しさん:2000/05/02(火) 14:56
映画オタクの定義ってのが不明朗なんだけどさ、
おれは、流行の映画(ルーカス、スピルバーグとか)しか見ない人。
さらに、スタッフの名前なんて絶対覚えない人。パンフレットも買わない人。
つーか、看板だけ見て、適当に何見るか決める人。
女に連れてってもらって羊たちの沈黙みたことあったんだけど、
おれは、映画が始まるまでずーっと恋愛ものだと思ってた。
(だって、女が薦める映画で、タイトルに「ひつじ」って入ってれば・・そりゃねぇ)

で、ビートたけし、との名前につられてソナチネをみたら、
面白かったぞ。
107>103:2000/05/02(火) 17:04
世界ではなくて日本で最初に、って言ってたんですよ。
10899:2000/05/02(火) 19:59
>104
なるほどね。そう読めんこともないね。
109ああいう系統(意味なし)だと:2000/05/02(火) 20:18
「ワイルドアットハート」のほうが上だと思うな。
映像のシュール度もリンチのほうが上。

たけし映画はオナニー気味でちとつらいです。
岩井俊二と同レベルというか・・。

110名無しさん:2000/05/02(火) 22:04
北野映画が好きな人はやっぱりウォン・カーファイの映画も
好きなんですかね?
111名無しさん:2000/05/02(火) 22:36
大体、たけしの演技がダメでしょう。
どうしてああいう動き方しか出来ないのか、、、
112ユキヒコ:2000/05/03(水) 05:58
>107様
 それでも、冷めるなあ。
 実写で、ってつくならまだしも。
113>112:2000/05/03(水) 06:07
たけしにアニメまで意識してほしいんですか?
114ユキヒコ:2000/05/03(水) 06:30
そういうことを言ったのなら、ね。
(=安易に口にすべきじゃない)
115ユキヒコ:2000/05/03(水) 06:36
ごめんなさい。
上の書き込みは、「>113様」です。

あと、「アニメ」はジャンルじゃないんで、
アニメまで意識する、しない、というのは違うと思いますよ。
作品として意識できないなら、たけし監督はその程度の人です。
(わたしは、たけし監督の映画は好きです。為念)
116名無しさん:2000/05/03(水) 06:46
ソナチネ、公開前に試写会観に行きました(今となっては自慢話
です)。そんで上映前のトークでたけし自身がギャグにしていまし
たが「ドラえもん映画祭」のような下敷きを貰いました。
それにしてもビートたけしのオーラって凄いですね。
117113:2000/05/03(水) 06:47
レス早!
そして厳しいすね〜!
単に口が滑っただけじゃないです?
たけしってもともとべつに映画専門の人間じゃないし、
彼の作品性からいえば、
逆にアニメまで全部知っててほしくないって俺は思ったんですが。
118113:2000/05/03(水) 06:55
ユキヒコ様。
なんかまぬけなことになってしまいました。
でも俺はアニメはジャンルだと思いますよ。とくに日本のは。
119ユキヒコ:2000/05/03(水) 07:24
>113様
 そうですね。
 たけし監督、そういうこと、ひょいっと言いそうですね。考えてみたら。
 その場の空気で言っちゃうもんな。
 そんな感じ(場のノリ)で言ったんなら、全然、OKです。
 いや、よく誰がオリジナルかって揉める部分じゃ無いですか。
 だから、私もちょっと気にしすぎでしたね。失礼しました。
 (アニメ=ジャンルか?という話は長くなりそうなんで、
  機会がありましたら、別スレッドででも)

スレッドに則する感じでちょこっと書きます。
『3―4x10月』は、
1カットで、同じシーンの別テイクを見せる場面がありましたよね。
というか、
バーで、たけしとトカちゃんが呑んでて(トカちゃんは黒人女性とダンス中)、
ヤクザ2人に絡まれて、1人はたけしがビール瓶で頭を殴り、
もう1人は、とかチャンがパンチで倒す場面を、そういうテクニックだと解釈したんですけど。
あの場面が強烈に印象にあって、これは凄いな、と。
全体の完成度というか空気も凄かったけど、とくにその場面に打ちのめされたんです。
こういう事を考える監督がいるのか、とね。もう、それだけでOKです。
『3―4x10月』をベストに推す所以の一つであります。
120113
しょーもない噛みつきにつきあっていただいて
ありがとうございました。アニメ=ジャンル? の件了解しました。
3−4観てみます。