ジャンヌ・ダルク

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん
試写会行ってきました。かなりイイ!!!
「フィフスエレメント」以来げんなりしてたけど、
見直したよベッソン!!!
2ほんと?:1999/11/28(日) 02:45
やったね。見に行こーっと。
3げっ:1999/11/28(日) 04:35
サイテーでした。ミラがどなってるだけ。やめといたほうがいい。しかも2時間半!
4The Messenger:1999/11/28(日) 05:48
ドラマの出来は上質です。

しかし最近の邦題は何とかならないものか。
分かりやすけりゃ良いってもんじゃないだろう。
5ダイハツ:1999/11/28(日) 20:03
ミラ萌え!ミラ萌え!!
6 :1999/11/28(日) 20:38
7:1999/11/28(日) 23:25
うん。たしかにジョボビッチどなりっぱなし。
うさぎちゃんのようにぷるぷる震えるのも好かん。

ただストーリーはいいよ。昔ジャンヌダルクの裁判記録を再現した映画を
観たことあるけど、後半のやり取りはそれとそっくりだった。
史実にものっとってるんじゃないか? それであの落ちを導き出したなら
素晴らしいと思う。クリスチャンにとっても救いがある結論じゃないだろうか。

重いドラマ物、戦闘アクションもの、美人好きの方におすすめナリ。
8いいぞ:1999/11/29(月) 14:45
 戦場を剣をかざして叫ぶミラの声が、悲しくって、泣けた。
9ジャンヌダルクって:1999/11/29(月) 18:59
グルみたいなもんでしょ?(わら
10名無しさん:1999/11/30(火) 06:06
ジャンヌダルクって実話だったのかい!!
おとぎばなしじゃないの!あれ!
11名無しさん:1999/11/30(火) 09:41
ドキュン発見。
12>10:1999/11/30(火) 12:36
アイタタタタ…
13名無しさん:1999/11/30(火) 16:55
9もイタイ。
14名無しさん:1999/12/01(水) 16:52
ジャンヌはすごい好きだから早くみたい、、、
15ジャンヌダルク:1999/12/02(木) 07:09
ってヴィジュアル系バンドの名前でしょ?
16ベッソンは:1999/12/02(木) 12:07
ジャンヌダルクをどう描きたかったのでしょうか?最初は
いい者っぽかったのに、後半から悪者扱いされてたみたい
なんですが、、、
いったいどういうことが言いたかったのでしょうか?
17>16:1999/12/02(木) 12:42
まさにそれが言いたかったこと
18うん:1999/12/02(木) 18:48
彼女の存在は善悪では図れないということじゃないかな。
いろいろ感想はあるけどあんまり言うとネタバレになっちゃうので。
19ムハンマドや:1999/12/02(木) 23:43
ジャンヌは神の啓示などうけていません。
嘘をついて人気者になろうとした、とんでもない糞やろうどもです。
20神の啓示というより:1999/12/03(金) 10:33
強力な電波が入力されたように見えましたが
21電波さん:1999/12/03(金) 15:35
元祖不思議少女ですね
22名無しさん:1999/12/05(日) 06:42
ベッソンと、結婚して妊娠して離婚した事を
雑誌等ではほとんど取り上げないけど子供はどうなったんだ?
撮影中は妊娠中でしかも撮影中に離婚したんだよね。

ミラ、レニクラのPVに出てる。
2人、おにあい。
23今回:1999/12/05(日) 14:23
ジャン・レノは出てんの?
ジル・ド・レ役で出てるなら見に行く。
24age:1999/12/13(月) 14:22
age
25ベッソンって:1999/12/13(月) 20:16
自分の映画に出る女の子たちみんな食ってそう・・・。(笑)
26>25:1999/12/13(月) 20:46
じゃあ、「レオン」のあの子もやっぱり?
27名無しさん:1999/12/14(火) 22:53
今日見た。
面白かった。

フランスでの評価はいかがなものなのでしょうかね。
神が神が神がって連発は痛かった。

予告の「アンナと王様」?という映画が楽しみ。
28>23:1999/12/15(水) 03:53
ジルは、ドーベルマンのヴァンサン・カッセル。文句なしっしょ?
2枚目役になんでレノなの?
29本当は:1999/12/15(水) 04:00
レノがジルをやるはずだったらしいのですが
レノは「ビジター」(中世の騎士がタイムトラベルする
おばかコメディー、何故かフランスで大ヒット)の
騎士ゴドフロワのイメージが強すぎて、
中世のかっこをしただけでフランス人はゴドフロワだ…と言って
笑うから…という事でヴァンサンになったそうな。
お気の毒というか結果オーライというか…
30中村江里子が:1999/12/15(水) 12:18
雑誌で「涙が溢れ出て止まりませんでした」とかいってるのを見て
一気に観る気が失せた。
31名無しさん:1999/12/15(水) 12:31
ベッソンってなんだかバカっぽいからいやだにゃ〜。
32>32:1999/12/15(水) 18:57
つうか、広末が広告で「始まって1時間は震えがとまりませんでした、
夜は寝れないし」っていう中学生並の感想言ってるのをみて
観る気が失せた。
33>30@`32:1999/12/15(水) 19:40
人に影響されやすいおバカさん。
34ジャンヌダルクの:1999/12/16(木) 22:29
あまりのキレ具合に、「ニキータ」かと思っちゃいましたぁ。
やっぱあの系統の女性が、ベッソンの好みなのかな?
でも、この映画は確かに史実に近いかも・・・ジャンヌダルク
って、実は精神分裂症だった、ってウワサあるから。
(幻聴や幻覚はその症状らしい・・^^;)
35マルセロ・サラス:1999/12/17(金) 11:36
昨日観てきました。
ベッソンの映画はあんまり好きじゃなかったけど、これは結構好き。
ジャンヌが自分の良心と語るシーンは良いねえ。
結局ジャンヌは病気で、紙のお告げは幻聴と幻覚だったのかな?
それだとあまりにもかわいそうだな・・・
そんな気にもなるぐらいジョヴォヴィッチが綺麗だったな。

>30,32
そうだねえ、なんかこういう芸能人の感想を宣伝に載せるのは嫌ですね。
凄い安っぽい感じが映画にもたれるんじゃないかな。
この感想を載せることが、観客動員に影響するのだろうか?

広末さんの「始まって数秒で涙があふれてきた」という感想は意味不明。
何で始まって数秒で映画の内容に感動できんだよ。

でも、面白いからお勧めしておきます。
36>35:1999/12/17(金) 16:04
>結局ジャンヌは病気で、紙のお告げは幻聴と幻覚だったのかな?
>それだとあまりにもかわいそうだな・・・

私は彼女から最後の懺悔を引き出して、納得して火刑に処せられるよう
計らった、神の慈悲だと解釈しました。いや、そうとも読める、という意味。
あのプロセスがないと、なぜ神から選ばれたはずの彼女が悲惨な目に
遭わなければならないのか、キリスト者には納得いかないでしょう。
信者の人がいたら意見が聞きたいな。
37監督が:1999/12/17(金) 17:34
世界に入り込むため自分も鎧を着て撮影にチャレンジ!
というのを聞いて思い切り笑った。ディレクターズ
チェアが壊れそうだ〜〜
38あれは:1999/12/17(金) 17:55
世界に入り込むためだったのですか。
私は剣とかで殴られたときの為の
防護服代わりだと思っていました(笑)
おちゃめですね。
39昨日観て来た:1999/12/22(水) 14:17
戦争のシーンがお粗末だったなー。
イギリスの砦もあんなに脆くちゃイカンでしょうに。

でも面白かったぞ。
40サリー:1999/12/22(水) 14:39
ところで、原題の "joan of arc"ってどcTリー
41メメメ:1999/12/25(土) 10:43
これから見に行ってきまふう。
なんか↑みる限り楽しみ〜。
42マッハ野郎:2000/01/02(日) 03:04
砦攻略の時に出てくる、開いてがたのいろいろな仕掛け武器に、
新しく知るものばかりで、興奮した。
なに、あの、石玉を、ゴゴゴゴゴゴゴーーーーーーってな風に発射するの。そんで、食らって
飛んでいく聘しをもう一介みたかったが、煮止めにまわってくるまでは
かなりまたなだめなので、一介で出たけどね。
あと、グルングルン扇風機みたいなの(羽のかわりに、鎖につながった
ハンマーの先っちょがついてて)、で、頭がバシュっと飛散するのは
よかったよ
お金のぶんあったね。1000等親がよかった。。
43う〜む:2000/01/02(日) 20:16
考証はいい加減で史実的にデタラメだらけ。
ベッソンは新しいジャンヌ像を描きたかったらしいけど、それならきちんと
考証をしろって感じ。
フィクションにこだわるんならもっと無茶苦茶やっても良かったのに。
感想としては金のかかったクズ映画。やっぱりベッソンはダメ監督。
しばらく映画撮るのをやめてリハビリした方がいいと思う。
44名無しさん:2000/01/05(水) 11:21
ジャンヌは電波系でヒス入ったやかましい
女としか思えなかった。ラストでは自分を
総括してるし。エヴァじゃないんだから。
ベッソンも終わった。
45名無しさん:2000/02/15(火) 21:15
進ぬ!オルレアンの雷波処女!
46MATT:2000/02/17(木) 05:56
ミラ・ジョボビッチの金髪がきれい!
彼女とともに映像もなめらかで美しい。
観ていて心地よい映画であったことは確かです。
後半のジャンヌが裁判にかけられるに至るシーンに関しては、
一回見ただけでは解釈しかねるって感じです。
私自身、何か意味ありげでいいなあ。
くらいにしか分かっておりません。
それでも十分に満足できるものであったといいたいです。
47名無しさん:2000/02/17(木) 07:06
いままでにあったジャンヌの話を全部ごちゃ混ぜにして、
キチガイテイストをプラスしただけ。
映像もなんか平凡だった。
48名無しさん:2000/02/17(木) 09:17
1対1の戦争シーンは迫力あって素晴らしいと思ったけど

愛しい子供をホームビデオ撮るお父さんの視点でバトル撮るとこーなるのね的な
49フォロゥミィ!:2000/02/17(木) 09:18
なんて叫んでも、ついてくるのはイギリス兵だけだと思うが
50寅二郎:2000/02/17(木) 10:36
それを言っちゃあおしめえよ
51>40:2000/02/17(木) 14:45
ジャンヌ・ダルクを原語(仏)で書くと Jeanne d'Arc
これの英語表記が Joan of Arc
52名無しさん
in english speaking countries@` the movie is titled "the messenger"