江村哲二について

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しの笛の踊り
現代音楽界の作曲家の代表者の一人と目されているようですが、
彼の曲に一度も感動したことがありません。
彼の曲ほど、聴いた後に何も印象に残らない作品は珍しいし、
大変に失礼だが、音楽的才能のない理工系人間の単なる落書きに
聞こえる。

なぜ彼が、様々な賞を受賞し、あちこちから作品の委嘱を受けて
いるのか理解に苦しみます。
彼のよさがわかる人がいたら、語ってください。
2名無しの笛の踊り:01/08/31 23:30 ID:4keLngCQ
誰よ?
CD出てんだったら買ってみるから教せーて。
3名無しの笛の踊り:01/08/31 23:34 ID:tBrJI1A2
>1
江村の活動についてレポートキボン!
代表作、作風など
4名無しの笛の踊り:01/09/01 00:46 ID:81b9M5Bw
1960年兵庫県西宮市出身。92年第2回ルトスワフスキ
国際作曲コンクールにて第1位を受賞し注目を集める。翌93年には文化庁舞台芸術
創作奨励特別賞、さらに翌94年第4回芥川作曲賞を受賞する。その後多くの委嘱
作品を次々に発表し、2000年度はオーケストラ・アンサンブル金沢のコンポーザー
・イン・レジデンスを務めた。また99年には《ローレンツの蝶々》が第46回
ブザンソン国際指揮者コンクールの決勝課題曲に選出され同地より招聘される
など、海外においても、フランス「ノルマンディの10月」音楽祭、ドイツ・
ラジオSFB音楽祭、イタリア・ボローニャ音楽祭など他で広く演奏・放送が
なされている。管弦楽曲を主要作品にその色彩鮮やかな音色による音楽を特徴
とする。横浜市在住。
(日本音楽集団のページより引用)
5名無しの笛の踊り:01/09/01 02:46 ID:J1iik7yI
そんなこと言い出したら
原田敬子はどうなるずら
6名無しの笛の踊り:01/09/01 08:29 ID:tCQxudCw
この人、名古屋工業大学出身で作曲は独学、というちょっと変わった経歴
なんではなかったかと思います。

CDは国内盤では見たことがない。輸入盤ではあるのかな?
7名無しの笛の踊り:01/09/01 09:22 ID:wdrtfhzk
「ex−musica」創刊号に載った、江村署名による
「作曲家・作品研究 湯浅譲二「クロノプラスティックU」」と題す
る駄文・雑文の類を読んだとき、この人は馬鹿なのかと思った。

FFTを使って分析し、理工学用語で粉飾した文章で、このジャン
ルに疎い音楽マニアを驚嘆させようと八ページにわたって試みる。

そしてその結論たるや、「ヴァレーズを想わせる短い動機旋律が
与えられ」「塑性変形された時空間が流動する」のだそうだ。

しかし、そのような事はプログラムノートに載っている事をわざわざ
論文調に塑性変形(笑)させて転載しただけではないか!

彼はこの程度の分析に悦に入り、論文調でありながら実際には
ただの駄文・雑文で「クセナキスごっこ」という自慰行為に
暇が無い。

ちなみに、江村の作風はベリオ、ブーレーズの悪しき模倣者とし
てのそれでしかない。
8名無しの笛の踊り:01/09/01 12:52 ID:Qy52KpsA
> 現代音楽界の作曲家の代表者の一人と目されているようですが、
という前提がおかしいだけ。これ以上の弱い者いじめはやめよう。
9名無しの笛の踊り:01/09/01 15:04 ID:AjVdkeFc
「若手の代表の一人」とはいえるのでは?
10名無しの笛の踊り:01/09/05 20:11 ID:iSDA0vMk
いや、いぢめているのではなく、彼の良さを本当にわかりたい
んですけけどね。
11名無しの笛の踊り:01/09/05 21:17 ID:iDpwHpRY
彼の下らなさを本当にわかって欲しい。
12名無しの笛の踊り:01/09/09 12:00
彼の曲を演奏したことのあるプレイヤーの方は、彼の曲についてどう
感じているのでしょうかに、興味があります。
音楽的な喜びを感じる?
13名無しの笛の踊り:01/09/09 12:01
訂正。
感じているのでしょうか→感じているのか
14名無しの笛の踊り:01/09/14 17:26
j
15名無しの笛の踊り:01/09/14 22:10
,
16名無しの笛の踊り:01/09/15 00:14
m
17名無しの笛の踊り
]