廉価盤総合スレッド2

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しの笛の踊り
前スレは倉庫行きの様なので新たに立てました。
お勧めと質問が中心になるのでしょうか。

ロンドンの千円シリーズって古い録音が多いですが、
やはり演奏も古き良き内容なんでしょうか?
敢えてストコフスキーは外してお聞きしたいんですが(藁
2名無しの笛の踊り:2001/06/04(月) 08:19
ストコフスキーは全部買いだな。
3名無しの笛の踊り:2001/06/04(月) 11:26
展覧会の絵、冒頭聞いてびびっとけ>1
個人的にはハイティンクのショスタコ5・9が1000円は安すぎ。
4名無しの笛の踊り:2001/06/04(月) 17:37
おれはスターウォーズが良いと思うよ。
5名無しの笛の踊り:2001/06/10(日) 00:05
あげ
6名無しの笛の踊り:2001/06/10(日) 01:59
オラオラ!! 情報足りねーんだよ
7名無しの笛の踊り:2001/06/10(日) 09:08
千円シリーズのメータの録音はどれも悪くないね。正に古き良き時代だ。彼は昔は良かった。
8名無しの笛の踊り:2001/06/10(日) 14:49
んだ
9名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 00:49
あが
10名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 01:20
すいません。ロンドンの千円ってどんなのがでてるのでしょうか?
11名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 01:25
http://www.universal-music.co.jp/classics/release/decca100/index.htm

>>10
君ねえ、インターネットやってるんだったら自分で調べろよ、ほら。
12名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 01:28
13名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 01:31
負けた
14名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 01:32
>>11
>>12
ありがとうございます。すんません。これからがんばります。
15名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 02:24
がんばれ。 っつーか、今なら店逝けば必ずズラ〜〜〜〜って並んでないか?
とりあえず頭使えねーんだったら、足つかえよ。
16名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 09:05
国内盤の廉価盤であと良いのって?
日本語解説欲しいんで。
17名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 09:14
廉価盤に付く解説なんて解説に非ず。
フルプライス盤でも殆どは同じか?
輸入盤は音が良いぶんお得だ。
18名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 21:49
ヨッ踏むのベト全どうなんだか教えれ!
19名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 23:16
REDラインシリーズはバレンボイムのモーツァルトpコン22/23。
ワーナーはインバルのブルックナー7番。
ロンドンはストコフスキーの小品集。
が良かった。

ところでドラティのカルミナブラーナはどんな感じなの?
20名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 23:18
カラヤンの400円シリーズって???
(ダイエー内のCDショップでチラッと見た)
21名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 23:50
>>18
サイテーです
22名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 23:53
イッシェルシュテットのベートーヴェン、デッカで帰ってきたのは
嬉しい話だ。

フランスデッカ廉価のメータのブル9は結構良かった。
長らく探していただけにそう感じたかもしれヌ。
23名無しの笛の踊り:2001/06/11(月) 23:55
>>20
ダイソーの100円CDじゃなくて?
24名無しの笛の踊り:2001/06/12(火) 00:15
>>18
わしゃヨッフムは好きだしベトも好きじゃが基地外突蛾含む
猫連の復刻したようなものは死んでも買わん。
25名無しの笛の踊り:2001/06/12(火) 00:20
>>24
あれは猫連の大嘘
だまされてはいけませぬ。
だいたい こんな↓ 一桁の数字で企業は説得できません。
http://hpcgi2.nifty.com/182494/ClassicManekineko/hukkoku/hukkokuvoting.cgi
26名無しの笛の踊り:2001/06/12(火) 00:29
>>25
嘘とはどのへんのこと?
猫連の手柄にみせてるところだろかのう。
どっちにしろ絶対買わない。
今またいちだんと価格下がってるけどそれでも買わない。
27名無しの笛の踊り:2001/06/12(火) 00:42
ダイソーの100円カラヤンほとんどきいてねーや
28名無しの笛の踊り:2001/06/12(火) 22:20
クラシック招き猫のスタッフの仲間連中って卑劣な中傷やいやがらせ
ばかりやってるので有名だよね。
29名無しの笛の踊り:2001/06/12(火) 22:38
>>3
デッカのストコフスキー「展覧会の絵」買ったよ。
うーん、面白いのか下品なのか微妙。
ストコフスキーの「どうよ?」って声が聞こえてきそうな
演奏なのは確か。
アンコール曲集もこんな感じなのか。買おうかなあ…。
30名無しの笛の踊り:2001/06/13(水) 06:37
>>29
>ストコフスキーの「どうよ?」って声が聞こえてきそうな

ワラタ
31名無しの笛の踊り:2001/06/13(水) 08:02
>>29
バッハ・トランスクリプションズがおすすめ。
32名無しの笛の踊り:2001/06/17(日) 20:21
33名無しの笛の踊り:2001/06/17(日) 22:07
わーたって。もう引っ込め。
34名無しの笛の踊り:2001/06/17(日) 22:41
32は逝ってよし。
35名無しの笛の踊り:2001/06/18(月) 01:37
CDみーんな安くなればよいのに
36名無しの笛の踊り:2001/06/18(月) 01:56
現代音楽のCDが特に安くなって欲しい。
西村朗のCDが一枚3000円!高い!
37名無しの笛の踊り:2001/06/18(月) 02:52
>>36
同意。マイナーな曲は手を出しにくひ。
38名無しの笛の踊り:2001/06/18(月) 19:02
ワーナーのアーノンクール
シューベルト二枚組みはどう?
made in koreaってのが気になるんだけど・・・
この人のモーツアルトも旧盤のほうがヨカッタ気がするんだけど。
39名無しの笛の踊り:2001/06/23(土) 18:48
ほんとにKOREA?
どこで買ったの?
40名無しの笛の踊り:2001/06/25(月) 00:02
>>29
あれ買った。展覧会は貴重な音源だな。
41名無しの笛の踊り:2001/06/25(月) 00:05
なんだそれ?
42名無しの笛の踊り:2001/06/28(木) 12:16
>>38
ワーナーグループの廉価CDはだいたい韓国プレスだよ。
ピリス(エラート)やカツァリス(テルデック)の¥1000なCDはmaid in korea って書いてある。
まぁ、そういうところで制作費を落として安く販売してるんじゃない?
43名無しの笛の踊り:2001/06/28(木) 13:06
>>42
音質はいいの?
44名無しの笛の踊り:2001/06/28(木) 14:45
クラ板って、なんか質問する奴がいるたんびに、「自分で調べろ」「前から言ってるだろヴォケ」
などと絡んでくるヲタがいて、うざい。2chの中でもそういう傾向が強い板だと思う。
45名無しの笛の踊り:2001/06/28(木) 14:56
>>44
頑張って、言われる方ではなく、言う方になって下さい。
46名無しの笛の踊り:2001/06/29(金) 21:56
ザンデルリングBOX(16CD)
http://www.hmv.co.jp/mu/g/cl/ae/0001/0042text03.asp

ケーゲルBOX(15CD)
http://www.hmv.co.jp/mu/g/cl/ae/0001/0061text2.asp

とりあえず、ケーゲル未体験者は逝っとけ。
47名無しの笛の踊り:2001/06/30(土) 00:07
>>46
ザンデルリングのシベリウス交響曲全集買ったばかりなのに。
ウトゥダ
48名無しの笛の踊り:2001/06/30(土) 00:57
>>47
まあまあ。そっちの方がかっこいいよ。
49名無しの笛の踊り:2001/06/30(土) 01:42
>>45
アタマワルイ
50名無しの笛の踊り:2001/06/30(土) 01:50
俺はNO−NOISEのキンキンした金属音
が苦手なので、こないだ古いマスタリングの
やつを買った。
51名無しの笛の踊り:2001/07/08(日) 12:21
arte novaあげ
52リリースまだ?:2001/07/15(日) 00:14
マニアに大人気のドイツ人指揮者、ヘルベルト・ケーゲル[1920-1990]が残した
録音はどれも傾聴に値する優れて個性的なものですが、HMVでは今回、15枚組の
ボックス・セットを企画して業者に依頼、ケーゲル未体験のお客様にもその魅力
を味わっていただけるよう、廉価でお取り扱いする運びとなりました。収録作品
は、いずれもケーゲルの鋭利な感覚が投影されたマニアに人気の高いもので、独
特の硬質なサウンドに彩られた初期の演奏から、グロテスクなまでの暗い情念を
盛り込んだ晩年の演奏に至るまで、とにかく強い表情づけのなされているのがポ
イント。ケーゲルの場合、あのヴィヴァルディが悶絶するように聴こえ、“カル
ミナ・ブラーナ(旧録)”では狂躁のリズムが爆発、シベリウスの4番や幻想交響
曲では絶望的な孤独感が、“モーゼとアロン”や“グレの歌”では不条理の悲嘆
が激しく表現されているのです。おまけに人生の最期はピストル自殺。こんな指
揮者ほかにいるでしょうか?
53リリースまだ?:2001/07/15(日) 00:16
BCB001
ドイツの大指揮者、クルト・ザンデルリングは、ヴァントやチェリ
ビダッケ、ショルティと同年の生まれ。いまだに客演活動を展開す
るなど老いてますます盛んなのはヴァントと同様ですが、ザンデル
リングの場合はマーラーやショスタコーヴィチ、シベリウスなども
レパートリーにしているのが大きな相違点。ユダヤ系ドイツ人だっ
た彼はナチスの台頭を嫌い、1935年にスイスを経てロシアに亡命し
、結局、23歳から48歳まで同地で活躍することになるわけですが、
ドイツ人指揮者には珍しくオペラを振らず(しかも元々は歌劇場の
練習指揮者)、北方レパートリーが得意なのもそのあたりの事情を
反映してのことでしょう。また、重厚長大型スタイルながら情感が
非常に豊かな演奏を聴かせるのもこの指揮者の目立った特質で、先
頃リリースされたブルックナーの第7交響曲なども大変な話題になっ
たものです。そこでHMVでは、ザンデルリングの魅力をより多くのお
客さまに手軽に味わっていただくべく、お買得なセット物を企画し、
業者に依頼してリリースすることに致しました。それが今回の16枚組
ボックスで、交響曲19曲に管弦楽曲5曲というヴォリューム満点の演
目によってザンデルリングの芸風を味わえる内容となっています。
54名無しの笛の踊り:2001/07/17(火) 04:22
ケーゲルもザンデルリングもドキュソ指揮者。
コンヴィチュニー萌え〜
55名無しの笛の踊り
>>54
アホウの煽ラー