??? CDの値段の不思議 ???

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しの笛の踊り

クラシックのCDって新譜ならだいたい同じ値段だけど、ピアノソロもオペラも同じって変じゃないですか?
新人も大スターも同じだったりするし。コンサートなら何倍もちがうのに。なぜ?
2名無しの笛の踊り:02/08/05 21:01 ID:???
再生装置に頼らざるを得ないので。
3名無しの笛の踊り:02/08/05 21:12 ID:???
>>1
質問は質問スレで。

良スレage
4終了:02/08/05 23:35 ID:???
クソスレ立てるな!
回線切って寝ろ、ヴォケ!
===========================終了====================
5名無しの笛の踊り:02/08/06 01:05 ID:???
クラに限らんが、、、そういわれれば不思議かも
6名無しの笛の踊り:02/08/06 01:22 ID:???
>>1
再販制度的な考え方の延長なんじゃ?
7名無しの笛の踊り:02/08/06 03:14 ID:???
質問の意味がわからん。
8名無しの笛の踊り:02/08/06 06:35 ID:???
制作費に応じて価格設定したら、たいへんなばらつきが出て、管理しにくいからだろ。
9名無しの笛の踊り:02/08/06 07:09 ID:???
で、1はどう思ってるわけよ?

新人の新譜は1000円くらいで、大スターは5000円くらいで売れとか
いうわけ?

漏れはそんなのは嫌だね。
10名無しの笛の踊り:02/08/06 07:19 ID:???
1はわざわざスレたてて人に質問する前に自分の頭で考えてみることだね。

コンサートは箱の大きさ(=チケの枚数)が決まってるんだから、スター
なら高くしたって完売するだろ。

CDは値段をあげるととたんに売れなくなるんだよ。売れた「枚数」が人気
の指標になるから、「利益率を倍にしよう。販売数は半分でもいい」って
わけには行かないし。
11名無しの笛の踊り:02/08/06 08:11 ID:???
その論理だと安いほど枚数は捌けることになるから
低コストな録音物はもっと安く販売されて良いということになる
12東芝:02/08/06 08:15 ID:???
宇多田ヒカルが売れるから、
フルヴェンが出せるわけれす。

そこんとこよろしく。
13名無しの笛の踊り:02/08/07 02:19 ID:???
オペラは2枚で10000円
ピアノは1枚で1000円
というふうになるかもね。
解説書のコストもあるだろうし。
14名無しの笛の踊り:02/08/07 03:45 ID:???
>>11

値段をあげると売れなくなるとは言ってるが、安いほど売れるとは
言ってないと思われ。論理の飛躍。
15名無しの笛の踊り:02/08/07 05:06 ID:???
>>14
全然飛躍じゃないじゃん
10は価格と販売枚数が反比例するっていう
漠然としたモデルしか提示してないんだから

そもそも>>1は現在の価格体系に疑問を感じてるわけだろ
>>10はなぜそれが現状のような形なのかの答えになってないのよ
恣意的に価格を高くした場合に生じ得る問題にしか触れてないっしょ?

実際に安くしてもやっぱり売れることはなくて
現在の価格設定とその体系には妥当性があるというなら
そこんとこもちゃんと説明お願いって程度のことよ
16名無しの笛の踊り:02/08/07 15:29 ID:???
age
17名無しの笛の踊り:02/08/07 18:51 ID:.w/4Y62U
>12
黒沢や小津の映画ではそれは妥当しているが、東芝EMIなんて
日本のクラ音楽演奏家の録音には殆ど貢献していないし、単なる
輸入屋ならまだしも、日本語版ライナーノート付きとはいえ、輸
入盤に比してはるかに高価な国内盤をリリースしているだけの悪
徳企業でしょう。誰も国内盤が出なくなっても困りません。
18名無しの笛の踊り:02/08/07 20:08 ID:???
>17
そう思ったら買わなきゃいいじゃん。
お前、対訳無いとわからねえから国内盤買って怒ってんだろ(藁
19名無しの笛の踊り:02/08/07 23:01 ID:???
まぁまぁ、ビールでも飲んで落ち着いて!
CD単品で価格は決められぬ、というわけです。
単品単位でいくらコストがかかったか、なんて関係ないでしょう。
売れる見込みで予算も割り与えられるでしょうし。
LP時代は多かったですが、装丁を凝ると高かったりはします。
結局、会社として、どれだけ売れ線があって体力があるか、
これが価格に反映すると思います。
カスカスでやってるマイナー・レーベルなんて一律3000円前後
だったりするでしょう?
最近、FONTECなど安い価格帯でも出してきましたが。
20名無しの笛の踊り:02/08/08 23:48 ID:???
オペラのCDはなくなって、DVDに一本化されるだろね
で、高くなると
21名無しの笛の踊り:02/08/09 00:06 ID:???
CDなんかまだ良い方ジャン。

みすず書房の本の単価安くしてくれョ!
なんであんな薄いのが¥4、500もすんだよ。
まあ、返品率60〜70%じゃあの単価も仕方ないんだけどね。

頭では納得してるんだが、予算がアレなんでね。
22名無しの笛の踊り:02/08/12 16:21 ID:+lpFjxPF
もともと、クラ部門単独ではどこのレコード会社も赤字なんじゃないの?

クラは、すでに対象になる曲数が決まっているからね。集めだすと、全部集めて
みたくなるんよ。その時に、値段が買い気を左右する。安いのなら、全集買おう
っていうことになって。

たとえば、バックハウスのべト・ソナタ全集は、輸入盤で探せば6000円を切る値段で
見つかる。国内版が一枚1500円として、4枚分で8枚全部買えてしまう。たとえ定価
が同じだとしても、市場価格は半額近くになる。こういう全集ものを揃えているのは、
「定評がある」演奏家に限られちゃうでしょ?結果的には、新人の演奏よりも、過去
の名人の演奏のコピーが(さらに全集というまとまった形で)市場に出回ることになる。

たとえ無名の演奏家でも、全集ものを安く提供すると売れるというのは、ブリリアント
クラシックスが健闘していることからも証明できる。NAXOSもそうだね。
23名無しの笛の踊り:02/08/12 16:43 ID:???
>>21
CDの話ではないので、すまんけど、
みすず書房の話、気になるなあ。
みすずの本は、もともと限られた店にしか行かないし、
わりと決まったお客さんがついてるから、
返品率は、そこまで高くないと思うのだけど。
返品率というより、もともと作る部数が少ない。だから高い。
というのじゃないかな。
ぼくも細かいデータを持ってるわけではないので、
推定で書いてますが。
あなたが資料を元にして書いてらっしゃるのなら、ごめん。
みなさん、話題、それてすみませんでした。
24名無しの笛の踊り:02/08/12 18:10 ID:G7RYV6bB
歌曲の歌詞対訳などは適当な書籍を求められれば良いから何の問題も
生じない。一例を挙げれば、長木誠司さんの『グスタフ・マーラー
全作品解説事典』(立風書房刊)など。定価3800円のこの本は
ブックオフで千円で購入できた。
国内盤が拠って立つクラ音楽市場は今後J−classics路線を
別にすれば、先細りする一方ではないかな。
みすず書房の話が出てきたので一言。専門書の最低部数は2000部
なり。図書館や研究者の需要で半数は固いので、残り半数の販売に目
途が立てば、出してくれる。残り半数が売れない場合でも、数百万円
出せば、出版に値する内容の本であれば出してくれる版元もある。
例えば、『せりか書房』とかね。
25名無しの笛の踊り:02/08/12 18:18 ID:a9EUTvq3
>>21
原価がぜんぜん違うだろ
みすずも白水社もギリギリの値段でやってるよ

CDは定価600円で元が取れるんだよ。こっちのほうが遥かに暴利。
26名無しの笛の踊り:02/08/12 19:51 ID:+lpFjxPF
>25

では、Brilliant(1枚300-450円位)は、どうやって益出ししてるんだい?
27名無しの笛の踊り:02/08/12 20:01 ID:???
ブリは単に音源買い叩いてるんだろ。
新録にしてもアホみたいなギャラなのは間違いない。
600円は日本盤の話だよ。
28名無しの笛の踊り:02/08/12 20:10 ID:G7RYV6bB
海外の演奏家の新譜の場合、輸入盤と国内盤の販売枚数の統計など
きっと出ているでしょうが、国内盤の枚数はジリ貧どころか、廉価
盤を除けば急減しているのではないかな。地方でもウェブ通販ショ
ップで手軽に輸入盤を購入できるようになっているから、今後は
ますます加速されるでしょう。放っておいても十数年後には単に
日本語ライナーノートが付加されただけの国内盤は淘汰される
でしょう。市場規模が著しく異なり、かつ大きな価格差が生じて
いる場合、弱者が淘汰されるのは必然です。その時には国内盤へ
の郷愁が生じるかもしれないので、国内盤CDタイトルが中古シ
ョップで人気が出ることもあるかもしれませんね。クラ音楽CD
・DVDの場合は世界市場で一物一価の原則が貫徹する商品になる
可能性が極めて大きいでしょう。
29名無しの笛の踊り:02/08/12 22:35 ID:???
>>24
> 専門書の最低部数は2000部なり。
> 図書館や研究者の需要で半数は固いので、
> 残り半数の販売に目途が立てば、出してくれる。
最近はもっと厳しいね。図書館の購入が×らしいから。

本筋と関係ないのでsage
30名無しの笛の踊り:02/08/14 01:56 ID:???
>>22
>クラは、すでに対象になる曲数が決まっているからね。集めだすと、全部集めて
>みたくなるんよ。その時に、値段が買い気を左右する。安いのなら、全集買おう
>っていうことになって。

5000枚くらい集めれば、古楽から現代音楽まで
一通りすべて抑えたことになるかな?

輸入盤、平均して一枚1500円として・・・750万円か。(゚∀゚)アヒャ
31名無しの笛の踊り:02/08/14 02:09 ID:???
あのう、CDのプレスって、自社で行なってると思い込んでるでしょ?
実は、このプレス原盤費がバカにならないのよ。
アマ・オケで自主制作のCD作ってる人なら、解るよね?みんな、¥3,000以上
出して買ってるよね。メーカー製品も同じで、一枚辺りの制作費が500〜600なんて
日本じゃとてもとても。
プレスからパッケージまで入れると新録音だとどうしても一枚¥1,300以上になっちゃう。

金儲けしたいんだったら音盤屋なんかなるもんじゃないよ。殆どボランティアだよ、この業界は。
32名無しの笛の踊り:02/08/14 02:10 ID:???
> すでに対象になる曲数が決まっているからね。
この時点で大笑い。
つーか、この趣味を投げとる。

レコ芸愛読者?
33名無しの笛の踊り:02/08/14 05:13 ID:???
>>32
食指が動く曲が限られてくる傾向にないですか?
34名無しの笛の踊り:02/08/14 07:50 ID:???
そりゃ、貴方が田舎で輸入盤漁りが出来ないと
「限られてくる」でしょうよ。
35名無しの笛の踊り:02/08/15 05:13 ID:???
対象となる曲数が決まってるか。フフフ・・・、決まってる人は良いよね。つーか、逆に
羨まシー。
36名無しの笛の踊り:02/08/15 05:22 ID:???
>>すでに対象になる曲数が決まっているからね
>>22さん、いじめられすぎ。
まあ、まちがいといえば、まちがいなんだけど、
言わんとしていることはわかる。
クラシック以外のジャンルを想定しての言とぼくは見たけど。
たしかにポップスなんかでは、曲を集める、揃える、という意識は
ずっと低いでしょう。
37名無しの笛の踊り:02/08/15 07:17 ID:nlVYmwz/
東芝本体の東芝EMI株売却構想はどうなったのですか?
38名無しの笛の踊り:02/08/15 07:31 ID:???
>>31
アマオケの自主制作盤が高いのは業者が単にボッテいるだけ。
1000枚以上のプレスなら@200円くらい。東南アジアにプレスを依頼
すると、もっと安くなる。嘘だと思ったらSound & Recordingという雑誌
に出ているCD制作の広告わ見てごらん。国産が高いのは、余分な広告費と
更に余分な評論家の原稿料と彼らへの接待費などが重なっているから。
現にバルシャイのタコ全集は11枚組で2800円出ているでしょ
39名無しの笛の踊り:02/08/15 08:24 ID:???
> 国産が高いのは、余分な広告費と
> 更に余分な評論家の原稿料と彼らへの接待費などが重なっているから。
そういうを総称して「経費」っつーんです。
もちろん、これから削れるものは削られていくでしょうが、
例えば、産地直送や無印良品を例に挙げて、他を暴利という考えはどうかと。
40名無しの笛の踊り:02/08/15 20:05 ID:???
>>39
ちみちみ少し物分かりが悪いんじゃない。余計な経費を掛けていると言っているのだよ。
アマオケ.録音業者について言うと@50円のCDR原盤に音楽をコピーしてラベル
とジャケットの印刷をして2枚組3千円以上の値段を取るのは誰がどう考えても暴利
41名無しの笛の踊り:02/08/15 20:07 ID:???
  >>37
 買い手がいるんですか??
42名無しの笛の踊り:02/08/15 22:29 ID:???
> アマオケ.録音業者について言うと@50円のCDR原盤に音楽をコピーして
ヴァカ、最初っからそう書け。
真面目に国内マイナーのこと考えて、内部からカキコしたのに。
まぁ、ちみが買い手か売り手かわからないけれど、作り手じゃないのは
わかったよ。参考にするよ。

しかし、ちみの論理からいくと初代柿右衛門やゴッホは1000円以下だね(藁
43名無しの笛の踊り:02/08/15 22:45 ID:???
>>42
>しかし、ちみの論理からいくと初代柿右衛門やゴッホは1000円以下だね(藁

全く意味が通じないが。論理の飛躍ってやつ?
何でそうなるのかもう少し詳しく書いて欲しい・・・
44名無しの笛の踊り:02/08/15 22:54 ID:???
おお、早速レス、なんかうれしい・・
必要経費だけを突き詰めると、陶器も絵も、土や絵の具捏ねただけやん、
って言いたかったんだ。
書き方にムカついいたらすまんです。
45名無しの笛の踊り:02/08/16 05:49 ID:???
ヲイヲイ
4643:02/08/16 15:32 ID:???
>>44
なるほど。
って言っていいのか分からないけど理解は出来た。
今は値段、購入方法、他諸々、
買い手の望む形がこれまでにない位
実現されてきているけど、要求は果てしないからなー

個人的にはカップリングのセンスをもっと上げて欲しいと思う。
演奏家主体でリサイタルの内容がそのままCDになるのが理想。
作曲家主体なら最低でも70分は収録して欲しい。
最悪なのは全集物で曲を2枚に分けられたとき。萎える。
スレ立てて愚痴をこぼし合いたい位だ。
47名無しの笛の踊り:02/08/21 05:49 ID:???
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      `゙゙'ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;゙、
  ソ;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,..--‐‐==‐--、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;ミ
  /;;;;;;;;;;;;;/      ,、       'i;;;;;;;;;;;;;ヾ
 {;;;;;;;;;;/ 彡ミミミミヾ/八ゞヘソソ彡  .i;;;;;;;;;;;;ノ
  〉彡;/ r‐------、―-┬---==....,,_ i;;;;;;;;/
 彡;;;;l_,.┤,,.-==-、 ヽ_/ ‐-==、.,_ ヽ, 〉;;;》
 -‐''7 {     ,,..  /=ヽ 、.,___,`゙''' ├|;;;ミ
 /⌒i  |   '" // ヽ、`、.,,____,.-‐'"`};ミ
 ! ヘ |  `゙‐‐-‐ツ'/l  ,' `)`、     |/ソ
 | し|     / ‐=‐、,.‐=‐'  'i ・   iヘ|
 ヾゝ|::    /  _,.===-、  |  ・ |;/
  ヽj::::    !  ,'ェェ工工エェ  }  :::/ノ
    |::::    〈 `´゙''~`´¨'"〉 /  ::::l
    'i::::     \ェュョェ、,.ノ/   :::/
    ゙、::::   i, ヽ=二=ノ / :::/

【アゲ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━!!!! 】
48名無しの笛の踊り:02/08/26 03:20 ID:???
良スレじゃないかっ
49名無しの笛の踊り:02/08/26 03:25 ID:???
まあパソコンソフトなんかは同じCD-ROM一枚でも1000円から
100万円まで値段は違うわけですよ。そりゃ中のソフトの価値が
違うのだから当然。

音楽CDに限って1枚あたりの値段が判で押したように同じなんて
そんなのバカげてるに決まってるじゃないか。
50名無しの笛の踊り:02/08/26 12:05 ID:???
とにかく国内盤のレギュラー価格はどうにかならんのか?
5122
>>32-35

おっ、居らんうちにイジメられてたか。その場に居らんでスマソ。

私は貧乏人なんで、一人の演奏家の全集を手に入れたら、擦り切れるまで(CDは
擦り切れないか...)聴いて元を取ろうとするわけだ。バッハだけで、1000曲は
越えるぞ。カンタータの全集だけでCD60枚、200曲以上になる。ところが、国内
版なら、名盤の評判高いリヒターの選集(20枚あまり)が一昔前5万円だったのに
反して、輸入盤なら2万円でおつりが来る。こうなると、今度はアーノンクールの
全集(輸入盤で6万円程度)が視野に入ってくる。いよいよ金欠が酷くなったら、
2万円ちょっとで全集が揃うBrilliantという手もある。

要するに、CDの値段が半額になれば、クラオタの心境としては、買う枚数が2倍どこ
ろかそれ以上になるってことだよ。買えば買うだけ得した気分になるからな。