読みごたえがある評論家をあげてや

このエントリーをはてなブックマークに追加
1ナニワのショスタコービッチ
 功芳も許永中も、もう飽きた。
 ほかにおもろい評論家おらへんのか?
2名無しの笛の踊り:02/05/19 16:14 ID:???
高瀬広居
3ナニワのショスタコービッチ:02/05/19 16:32 ID:Hzdf9R3o
 高瀬広居ってどんな本を書いてるの?
4名無しの笛の踊り:02/05/19 19:21 ID:???
いない。








と言ってみるテスト。
5名無しの笛の踊り:02/05/19 19:23 ID:???
しょーんばーぐ
6名無しの笛の踊り:02/05/19 21:39 ID:gA2I.S0A
>>1
あなた、大阪府から批判されているのですか?
7ナニワのショスタコ:02/05/19 21:49 ID:8T4HfP/2
 >6
 いや、別にされてへんけど・・・・
8名無しの笛の踊り:02/05/19 21:50 ID:???
じゃ、自己批判せい!
9ナニワのショスタコ:02/05/19 22:05 ID:8T4HfP/2
てゆーか、わし共産党ちゃうし・・・・
10名無しの笛の踊り:02/05/19 22:05 ID:???
じゃ、ショスタコ詐称すんな!
11名無しの笛の踊り:02/05/19 22:20 ID:???
浪花のモーツァルト←→ザルツブルクのキダタロー
韓国のイチロー←→日本のイ・ジョンボム
12宇野珍ポーコー:02/05/19 22:39 ID:???
やはり、まだまだ僕ががんばらねばなるまいといえよう
13名無しの笛の踊り:02/05/19 22:40 ID:???
吉田秀和
14名無しの笛の踊り:02/05/19 22:44 ID:EmGgxI0w
片山杜秀
15名無しの笛の踊り:02/05/19 22:45 ID:???
砂川しげひさ
宮本英世
16名無しの笛の踊り:02/05/19 22:57 ID:???
2ちゃんねらーじゃな、
17名無しの笛の踊り:02/05/19 23:29 ID:???
吉松とかいう人、作曲家らしいけど文才もあるね。
18名無しの笛の踊り:02/05/19 23:32 ID:???
2ちゃんねる出身のコーホーさんとかいう人、味があるね。
19宇野珍ポーコー:02/05/20 22:45 ID:???
ありがとうといえよう
20名無しの笛の踊り:02/05/20 22:46 ID:???
許光俊
21名無しの笛の踊り:02/05/20 22:48 ID:???
長木誠司
22名無しの笛の踊り:02/05/20 22:51 ID:???
本人登場(笑)
23名無しの笛の踊り:02/05/20 22:52 ID:???
高本秀行
24名無しの笛の踊り:02/05/20 22:54 ID:???
>>18

宇野功芳は2ちゃんねる出身じゃないよ。
ずっと前から音楽評論やってます!
25名無しの笛の踊り:02/05/20 22:55 ID:???
マジレスすな!阿呆(笑)
26名無しの笛の踊り:02/05/20 22:56 ID:???
きっとヤフーの信者スレの連中だぜ(笑)
2724:02/05/20 22:59 ID:???
おい、なんで笑われなきゃいけないんだよ。
ヤフーの信者じゃないよ
28名無しの笛の踊り:02/05/20 23:40 ID:???
>>27
恥の上塗り
まだわからんの?
29名無しの笛の踊り:02/05/20 23:42 ID:???
いや24はのレスはボケのギャグだろ
実にとぼけたレスだ(笑)
30名無しの笛の踊り:02/05/20 23:45 ID:db9M7WH.
兼常教授
3124:02/05/21 01:19 ID:???
>>29

とぼけた?
どっちが
32名無しの笛の踊り:02/05/21 03:13 ID:???
加藤鷹
33名無しの笛の踊り:02/05/21 06:53 ID:0TpMoaCI
24は中学生。それ以上だとしたら脳に問題あり。
34名無しの笛の踊り:02/05/21 06:57 ID:???
せっかく>>29がフォローしてあげたのに、>>24って・・・。
35名無しの笛の踊り:02/05/21 17:43 ID:???
いとうしんじ
36名無しの笛の踊り:02/05/24 02:10 ID:???
一昔前のアニメ、特に劇場作品でよく「交響組曲」と銘打った劇判をフルオーケストラで
演奏するレコードおよびCDが売り出されていた。オケは主に在京プロオケだったがバブルの
頃にはワルシャワなどの東欧のオケからロンドンフィル、ロイヤルフィルなどかなりグレード
の高いオケによる録音があった。このまま行けばベルリンフィルやパリ管などの超一流オケに
よるものが出るのも時間の問題かと思っていたらバブルが崩壊。交響組曲の企画そのものを、
殆ど見なくなってしまった。
さてそういった「交響組曲」のなかでかなり出来がよく昔から聴いている物に「交響組曲アリオン」が
あるのだが、ふと思い立って初めてライナーに目を通すと、やけに紋きり調のクラシックの
楽曲説明のような文章で、明らかに映画見てないなという感じの代物。
で、一体だれが書いているのか思い、署名を確認すると・・・。

黒田恭一先生、仕事は選んでください。
37名無しの笛の踊り:02/05/24 07:05 ID:???
BCJ叩きの古戸弁蔵こと、名古屋フィルコンバス奏者・岡崎隆。
毒々しい文章がたまらない。
38名無しの笛の踊り:02/05/24 07:08 ID:???
ポーコーにつきる
ポーコー最強
39名無しの笛の踊り:02/05/24 07:38 ID:???
>>36
選ばないから、いまの地位を築いたと思われ
40名無しの笛の踊り:02/05/24 10:32 ID:???
カレーのおばさん。(中村ピロ子)
ピアノ弾かなくていいです。執筆に専念してください。
41名無しの笛の踊り:02/05/25 00:07 ID:???
ウノ珍ポーコーの信者です。
42名無しの笛の踊り:02/05/25 01:32 ID:???
結局いないっつうことでいいね>読みごたえがある評論家
43名無しの笛の踊り:02/05/25 21:14 ID:J2FTNh6U
長木先生です。
44いるよ:02/05/25 21:17 ID:???
諸石さちお先生


通称
(提灯持ちがいなくて)こまった時の諸石
45名無しの笛の踊り:02/05/25 21:26 ID:1G7CAEss
白石美雪おねーさま
46名無しの笛の踊り:02/05/25 21:28 ID:???
金子建志氏は最近どんなもんでしょう?
47名無しの笛の踊り:02/05/25 21:31 ID:???
出谷啓さん好きだったなあ。
48名無しの笛の踊り:02/05/25 21:35 ID:0AhNKQ7c
ここはやはり現ヒスヲタの神様山崎浩太郎氏を一つ…
49名無しの笛の踊り:02/05/25 21:37 ID:???
>>47
なぜ過去形なの?
50名無しの笛の踊り:02/05/25 21:40 ID:???
最近読んでないもんで
51名無しの笛の踊り:02/05/25 21:43 ID:???
>>50
そういえば見かけませんね
関西系でやはり一番みるのは小石さんかな
この小石さんって有名だけれどどういう経歴の方ですか
52遅松:02/05/25 21:48 ID:???
神戸の西の端に住んでるよ
昔昔からやってるなぁ
朝比奈&関響の設立から知っているって書いてあったから
かなりの古株ってことだろう
どうやって勉強したんだろうね
53遅松:02/05/25 21:48 ID:???
神戸の西の端に住んでるよ
昔昔からやってるなぁ
朝比奈&関響の設立から知っているって書いてあったから
かなりの古株ってことだろう
どうやって勉強したんだろうね
54名無しの笛の踊り:02/05/25 21:54 ID:???
>>36
黒田恭一といえば、ELP(Emerson,Lake & Palmer)の
ロック版「展覧会の絵」のライナーを書いていたね。
実は俺が黒田の評論を読んだのはこれが最初だった。
55名無しの笛の踊り:02/05/25 21:57 ID:???
>>45

声がいいよね。
56カモガワです:02/05/25 21:57 ID:???
小石さんお元気ですか
小澤・サンフランシスコ交響楽団の新世界
聴き直されましたか?
57名無しの笛の踊り:02/05/25 22:08 ID:???
宇野功芳
ファンレター出したが、全く音沙汰なし
58名無しの笛の踊り:02/05/25 22:09 ID:???
どういう内容の?
59名無しの笛の踊り:02/05/25 22:10 ID:???
>>56
まあポーコーも朝比奈の最後のブル8で同じことやったしな(笑)
60:02/05/25 22:14 ID:???
小石さんはもっともっと多方面でご活躍だと聞いてますけれど
61名無しの笛の踊り:02/05/25 22:23 ID:???
関西には響という苗字の人もいるようですね
あれはやはりペンネームなのでしょうね
62名無しの笛の踊り:02/05/25 22:42 ID:???
村田武雄
63名無しの笛の踊り:02/05/25 23:00 ID:???
志鳥栄八郎
64名無しの笛の踊り:02/05/25 23:44 ID:???
福本健一
65名無しの笛の踊り:02/05/25 23:47 ID:EyEpAcro
野村光一 大木まさおき
66名無しの笛の踊り:02/05/25 23:47 ID:EyEpAcro
藁科まさみ
67名無しの笛の踊り:02/05/25 23:49 ID:???
嶋盛
68この人マトモでっか?:02/05/25 23:53 ID:jQnsuEdI
諸岡範澄を絶賛続ける安田和信。
正気の沙汰とは思えんのですが。
神経壊れているのか、正常なのか誰か教えて下さい。
69宇野珍ポーコー:02/05/26 00:16 ID:???
H林君と福祉魔君
70名無しの笛の踊り:02/05/26 00:37 ID:???
遠山一行
71名無しの笛の踊り:02/05/26 00:53 ID:D7vUd1Ok
諸石幸夫 さりげなく、褒め方が上手い。
吉澤ヴィルヘルム この人、あまり考えてないけど、同じタイプがいないから
  貴重。がんばって。
吉田秀和 残念ながら未だに日本で唯一の音楽評論家。
諸井誠 このひとの膨大な著作が最近手に入らない。
  許さんがセルのチャイコの5番を自分の発見のごとく推薦していたけど
 最初に、ベスト盤にあげていたのはこのひと。推薦盤に悪いのがない、という
 観点では実はベストかも。年のわりにポップな文章。
72名無しの笛の踊り:02/05/26 01:01 ID:1DYASBdk
サチヲを誉めてる人を初めて見ますた。
73おーい福祉魔くん:02/05/26 01:20 ID:???
ポーコー先生はやっぱり、僕のことを
ウレスイ!
74名無しの笛の踊り:02/05/26 02:27 ID:EIk9b4lg
やっぱ片山杜秀氏でしょ。
この人の知識量、論法、文体、
いずれをとってもそこらの「音楽バカ」評論家とは格がちがう。
みんな、片山氏にひざまずけ!
75名無しの笛の踊り:02/05/26 02:28 ID:???
濱田じろう
76名無しの笛の踊り:02/05/26 02:39 ID:???
諸井三郎
77カモガワです:02/05/26 02:51 ID:???
まあ新世界はいいけれど、濃い資産は他にもいろいろあるのよ!!
ハッキリ言って・・・・
皆さんもう少しお考えになったら、ホント!!
78名無しの笛の踊り:02/05/26 02:53 ID:???
ウノ珍ポーコー先生
79名無しの笛の踊り:02/05/26 03:02 ID:???
>>77
一見もっともらしいことを言ったり書いたりしているけれど
よくよく検証してみると相当に怪しい言動の数々。
大体大学すら出ていない。
独学という方法もあるが、どうみてもそれをまともに修めたかどうかも
定かではないように思われ、疑問のある存在。
ところが、なんとなく長老なので、皆当たり触らず。
演奏批評にに至っては、自らがなんの修練もせずに、具体的体験を皆無にして
一体なにがいえるのだろうか?
80名無しの笛の踊り:02/05/26 03:03 ID:???
なるほど。ソルフェージなんて全然できないかもね
81名無しの笛の踊り:02/05/26 03:10 ID:wroA0Hrg
素行も評判よくないね
タカリ体質だし、偏執狂的だし
82名無しの笛の踊り:02/05/26 05:11 ID:???
石井宏
83名無しの笛の踊り:02/05/26 05:33 ID:???
>>74

片山ってこけおどし。全然深くない。
あの程度のひけらかしにひざまずく奴は
精神的にドキュソ
84名無しの笛の踊り:02/05/26 07:15 ID:???
野村あらえびす
85名無しの笛の踊り:02/05/26 07:34 ID://1yNluE
西村盤鬼
86名無しの笛の踊り:02/05/26 07:35 ID:???
五味康祐
87名無しの笛の踊り:02/05/26 09:35 ID:???
こんばんわ、俵孝太郎です。
88名無しの笛の踊り:02/05/26 10:28 ID:???
>>83
別にひけらかしてるとは思わんが

いろいろなことを気付かせてくれるじゃない
いいと思うよ
89マジレス太郎:02/05/26 10:40 ID:???
ある寺の仏像を盗み損ねて逮捕された西村氏、
新宿の某店でCDを万引きして警察に突き出された「よしむらこう。」氏。
他の連中よりは
すこしはマシなのだから復帰させてやれ。
もっとひどい犯罪まがいのことをやっている輩は
他にもいるぞ
90名無しの笛の踊り:02/05/26 19:29 ID:WsRnRVGI
20年近く前、高校卒業する前後からだったかな。
小石のあまりに拙劣な批評を笑うのが一つの楽しみ。
不思議と腹が立たないのが特徴かも。

いつぞや、レコ芸での「ドイツ的とは何か?」というアンケート
(この企画自体笑えたが)への答えは、彼の真骨頂だった。
91名無しの笛の踊り:02/05/26 19:31 ID:???
>>85
西条じゃ?
92Hしたい林:02/05/26 19:32 ID:???
盤鬼は僕どえ〜〜〜〜〜す
93名無しの笛の踊り:02/05/26 19:35 ID:???
何の便器みたいな面しおって(笑)
94名無しの笛の踊り:02/05/26 20:53 ID:???
誌上ディベート・「本場物」について考える

志鳥栄八郎VS片山素秀(旧名の時だった)

いろんな意味で読みごたえ(ツッコミどころ)があった。
もはや伝説。
95名無しの笛の踊り:02/05/26 21:53 ID:Mb0SZxSg
あげてみます
96名無しの笛の踊り:02/05/26 21:55 ID:???
>>91
スマソ、そうでした。
97名無しの笛の踊り:02/05/26 22:15 ID:???
>>94

そんなのあったんですか。興味深いですね。
98名無しの笛の踊り:02/05/26 22:48 ID:???
>>71
吉田が評論家?唯のレコード屋の番犬だよ。
あの嫌味で空疎な「評論」を称揚する人がいるのは不思議。
偉ぶった半可通を大量生産した罪は重い。
99名無しの笛の踊り:02/05/26 22:52 ID:???
吉田が唯のレコード屋の番犬だとしたら、そうでない者などいないと思うが?

>偉ぶった半可通を大量生産した
君のことかい?
でも、別に吉田が悪いわけじゃない
まねするアフォが悪いだけだと
100名無しの笛の踊り:02/05/26 22:55 ID:???
>>89
>ある寺の仏像を盗み損ねて逮捕された西村氏

既に亡くなられたと2ちゃんで読んだが……
101名無しの笛の踊り:02/05/26 22:58 ID:???
>>98
はいはい、カラヤンや(かつての)アバドを批判するのが
通ぶっていると思っている98君は、早く寝なさい。
102名無しの笛の踊り:02/05/27 01:02 ID:???
>>90
それ、興味あります。
よろしければもう少し詳しく教えてくださいますか?
103名無しの笛の踊り:02/05/27 01:11 ID:???
>>94
いつ、どこで?
やっぱりレコ芸で?
104名無しの笛の踊り:02/05/27 01:16 ID:???
>98 てゆうか、あんた何様?
105名無しの笛の踊り:02/05/27 22:32 ID:XTbTDZbU
レコード芸術で長年交響曲部門を担当していらっちゃる小石忠男さんって
どういう経歴で、どんなお人柄のかたなのでしょうか
ご存知の方教えてください。
106名無しの笛の踊り:02/05/27 22:41 ID:stZ/sK.o
>>105
経歴は知らないけど、こないだ大阪駅から南へ下がってゆく
地下街ですれ違った。タワーに行ったのかなと推定しましたが、
さて。
107名無しの笛の踊り:02/05/27 22:48 ID:TDEPjCGM
田原総一郎
108名無しの笛の踊り:02/05/27 22:51 ID:???
細川隆元
109名無しの笛の踊り:02/05/27 22:52 ID:???
矢野 暢
110名無しの笛の踊り:02/05/27 22:55 ID:???
響敏也ってどんな方ですか
111ナカタ:02/05/27 23:30 ID:???
やっぱ高本
112名無しの笛の踊り:02/05/28 02:42 ID:???
山根銀二
113名無しの笛の踊り:02/05/28 02:44 ID:Jxs7qMsU
岩井宏之
114名無しの笛の踊り:02/05/28 02:44 ID:Jxs7qMsU
奥田佳道
115名無しの笛の踊り:02/05/28 02:47 ID:???
武田明倫
116名無しの笛の踊り:02/05/28 02:59 ID:???
中河原理
よかったぁ
117名無しの笛の踊り:02/05/28 03:02 ID:htCjAsoI
玉金正之はどうよ?
118名無しの笛の踊り:02/05/28 13:31 ID:???
源氏憲三
119名無しの笛の踊り:02/05/28 13:57 ID:???
>>117
思い上がったド素人
よくいるクラオタよりちょっとは上というくらい

同じ玉金でも、宏樹はおすすめ
120名無しの笛の踊り:02/05/28 15:32 ID:???
堀内修
121名無しの笛の踊り:02/05/28 15:37 ID:???
宝剣清造
122名無しの笛の踊り:02/05/28 15:41 ID:???
筑紫哲也
123名無しの笛の踊り:02/05/28 15:42 ID:hAeqp/SI
藤田由之
124名無しの笛の踊り:02/05/28 16:12 ID:???
やっぱり小石忠男
125名無しの笛の踊り:02/05/28 17:50 ID:???
栗津則雄
126名無しの笛の踊り:02/05/28 17:56 ID:???
論理的に話の出来る人なら誰でもいい。
文章読めばそれはすぐわかるでしょ?
127名無しの笛の踊り:02/05/28 19:03 ID:???
>>126
そうですね。 
でも論理的な文章を書いているようで、実際の行動は不一致というケースも
ありますのでね。
128名無しの笛の踊り:02/05/28 20:44 ID:???
>>127
実際の行動って何のこと?
129名無しの笛の踊り:02/05/28 21:55 ID:???
マネーを直感したいといえよう
130名無しの笛の踊り:02/05/28 22:11 ID:???
>>127
胴衣。文章力があれば、聴いてないものをさも聴いたように書けるもんね。
131名無しの笛の踊り:02/05/28 22:24 ID:gLVHL47M
吉井亜彦、三浦淳司(?)、浅里なんとか。

 吉田氏。文で読むといいけど、FMで聞いてると
ちょっとしんきくさい。
132名無しの笛の踊り:02/05/28 22:28 ID:???
>>109
セクハラ男
133名無しの笛の踊り:02/05/28 22:33 ID:???
お前ら、今日の夕刊見たか?吉田秀和がアバドについて書いている。
お前らのゴミみてえなアバド論とは大違いだ。あらためて吉田に感服した。
ウソだと思ったら、図書館なり会社で読んでみる!
134名無しの笛の踊り:02/05/28 22:47 ID:???
>>133
夕刊って、朝日の音楽展望? 要点うpしてみて! いま新聞とってないんだよね。
頼んます。もしうpしたら、うpしたらだよ、きみはボクらの神になるよ!(w
135名無しの笛の踊り:02/05/28 23:37 ID:???
うp
ゲロゲロゲーッ
136名無しの笛の踊り:02/05/28 23:40 ID:wJ/jMYpg
吉田はね、自己省察をくりかえしながら、かつ他人にも簡潔な文章で
伝えること、読ませることができる唯一の評論家なんだよ。
自己省察のなかに、普遍性がある。だから吉田と好みがちがっても、
彼の文章から得られるものは多いんだ。優れた書き手はたくさんいるけど、
こういうひとは他にいないね。(しいてあげて黒田恭一にはそういう才が
あるかな)
137名無しの笛の踊り:02/05/29 01:16 ID:???
>>136
最後の括弧書きについては少々意義アリ
138名無しの笛の踊り:02/05/29 01:19 ID:???
クロキョウがいいと逝ってるだけで136は糞
139名無しの笛の踊り:02/05/29 01:20 ID:???
T.K.はストーカー的だといううわさ
かなりたちが悪いらしい・・・・
140名無しの笛の踊り:02/05/29 01:32 ID:???
吉田と黒田を同時に評価する人は珍しいと思われ
141宇野珍ポーコー:02/05/29 01:45 ID:???
浅岡弘和
142名無しの笛の踊り:02/05/29 02:06 ID:???
クロキョウはイタリア語を聴いてわかるのか?
143名無しの笛の踊り:02/05/29 02:59 ID:MAhuopsc
糞の136です。評価はね、どんなひとにもできるのだよ。むろんくさすのも
簡単。

黒田の文章は一種の音楽エセーなのさ。つまり、かれ自身の
音楽への感動(もちろん主観的な)を距離をもってかく、ということができる
ひと。文章家として、才があるひとなんだ。一流の批評家としては吉田ほどで
ない。そんな新しい発見は書けない。だけれども、あたりまえじゃん、ということ
のうちに、発見を見いだす才があるひとなのだよ。
現代の音楽文化全体をみわたしていた、といった点で評価すべきひと。
144名無しの笛の踊り:02/05/29 03:05 ID:???
木幡一誠氏の文章はプラクティカルな記述が多く、
演奏している者として読んでて面白いと感じさせられます。
145名無しの笛の踊り:02/05/29 03:06 ID:K.44Tn6c
>>143
漏れもある程度同意。

黒田恭一は講談社現代新書に書いた入門書で好感をもった
彼は音楽の多様な聴き方を認めるという点でも評価できるよ。

同じ現代新書で宇野のばかが「これさえあれば」だとか
「これこそが芸術」と決めつけたのと対極。

ドキュソはだれかに「これ聴け」と決めつけてもらうと喜ぶが
ま、そゆのはファシスト、カリスマに距離を取れないのと同じだな。
146名無しの笛の踊り:02/05/29 12:37 ID:yu7t7.os
136です。 >>145 なるほど。ある程度同意。
宇野もある意味で批評の典型だとは思う。「生くさい評論」とはよくいったもの。
自分のシンパをつくって闘う、というのは芸術に本質的なところがあるから。

80年代前半。カラヤン、ポリーニといえば諸手をあげて絶賛という時代には
意味があったかもしれない。でもいまやネットでもたくさんのひとが宇野と
同じことを平気で書く時代。宇野の発言自体が、日本の音楽の典型的受容に
なってしまった。これは何も考えない聴き手があほなだけだけど、宇野の
発言はマンネリの極地におちいっているのはたしか。聴き手は未だに「カリスマ」
を求めているのは判ったけども。
(宇野とおなじカラヤン批判を平気でして得意がっているあほども)

思考や文章を重視するか、結論(勝ち負け)を重視するか。今の若手の評論家は
吉田的なものと、宇野的なもののあいだでバランスをとろうとしていると
思う。
147名無しの笛の踊り:02/05/29 12:47 ID:???
>>144
プラクティカルというよりスーパーフィシャルだとしか思えないけどね
つまりあまりに凡庸すぎると
148名無しの笛の踊り:02/05/29 13:45 ID:???
>>143
あんたはおかしい
149名無しの笛の踊り:02/05/29 14:26 ID:jtdhhW4Y
>>146
いや何か目から鼻へぬけるような爽快さを
感じました。
 ウノ効果で彼の推すものが「カラヤン、ポリーニ」的
位置をしめるようなおかしな状況になって、全体的に
低調になったような気がする。ウノの後には草も生えない
ような感じだ。受け取る側の問題でもあるけど。
150名無しの笛の踊り:02/05/29 19:43 ID:RhpbEOyI
 宇野とまったく同じといっていいほどの
選曲、選演奏家する人って一時いて気持ち
悪かった。
 今のTVのCMでサウナでフラダンス、ジム
できんちゃん走りやってる絵を見て笑ってたり
してね、コーホー。
151名無しの笛の踊り:02/05/29 19:46 ID:LqZ1E2q6
ウノ信者の人って聴く音楽のジャンルが偏ってない?
あの人は元々声楽畑の人だから声楽系の評論は
とりあえず普遍性があるように思う。
ウノ先生はオペラ指揮者としてのカラヤンも評価している。
が、信者の人はオペラ他声楽関係を聴かないんじゃないのか?
152名無しの笛の踊り:02/05/29 19:56 ID:???
ところでアンチカラヤンの元祖って誰なの?
大木?吉田?ウノ?
153名無しの笛の踊り:02/05/29 20:48 ID:???
この業界にも2世っているのね
堀打地恵贈の子とは気がつかなかった
154145:02/05/30 09:31 ID:???
>>146 3行目は理解できます。

しかし、「シンパをつくって闘う芸術」と言える程に、宇野の音楽「評論」が
「芸」の域に達していたかというと、かなり疑問です。

>>136さんが評価された吉田のように、そこに思考の筋道がうかがえる
文章の彫琢があったかと言えば、宇野の場合は?です。むしろ思考の
怠惰を示すような紋切り型が支配しており、容易にパスティーシュの対
象になっていますよね。吉田の場合、文体を真似しても(←それはある
程度可能)吉田になれませんが、宇野ならば文体を真似すれば即座に
コーホーになることが可能です。

あるいは批評性が確保されていたかと問えば、こちらも危ういです。
例えば80年代前半でもアンチカラヤン、ポリーニの勢力は小さくなかっ
たと記憶しています。そこに芸術や批評と言えるような新鮮な創造性、
あるいは精神の働きをみつけることは難しいのではないでしょうか。
155名無しの笛の踊り:02/05/30 11:04 ID:Vkaiv3YE
>>153
堀内修? 大木正興・正純(親子か?)もいるぞ。
>>152
高橋昭じゃない?レコ芸の1968年版現代の名指揮者で
日本人評論家のなかでは唯一カラヤンに票を入れていなかったと思う。

で今見返してみると68年版、73年版はカラヤン・ベームの2人にはほとんどすべての
評論家が票を投じている。

後にアンチカラヤンになるコーホーや石井宏でさえカラヤンに入れてるんだよね。

で、これが79年になるととたんに票がばらけてくる。はじめてバーンスタインが一位になり、
ここではカラヤンに入れてないのは11人に上る。

少なくともこれを見る限りアンチカラヤンが勢力を増してくるのは70年代後半から
なんだよね。

たとえば五味康祐がカラヤンに対して失望したという文章を書いていたのは
70年代半ばだったと思うが、そのころそういうことを言えるのはごく少数だった。
言えるのはレコード評論を生業としていない作家や脚本家、あるいは音楽評論の大御所のみ。

レコード会社がカラヤンの対抗馬としてバーンスタイン・ベームを持ち上げ始めた時期と、
アンチカラヤンの隆盛は軌を一にしていると思う。
156名無しの笛の踊り:02/05/30 11:08 ID:???
フルヴェンを悪く言う評論家は、さすがに見たことが無い。
誰かいるかな?
157名無しの笛の踊り:02/05/30 11:19 ID:Vkaiv3YE
>>156
許光俊。 音質が悪すぎるために鑑賞の対象にはならないとのこと。
158名無しの笛の踊り:02/05/30 11:26 ID:rFqci/u6
>>154
宇野の音楽「評論」が「芸」の域に達していたかというと、
かなり疑問です。
 先日の吉田氏のアサヒ新聞夕刊の記述を読みながら、UNOの
場合は、文中に「UNO個人」がみそもクソも含めて出すぎて
有益じゃないなあと思えました。
人を振り向かせるための手法、読者の自尊心、カメラ目線
の心理につけこむような技術は巧みだったと思います。
159名無しの笛の踊り:02/05/30 11:37 ID:???
>>156
フクーシマ
160名無しの笛の踊り:02/05/30 11:42 ID:???
>>157
随分肩透かし的なことを言うんだね。

ところで渡辺護氏ってどうよ?
フルヴェンは勿論、シュトラウスの生まで聴いたという羨ましい人だが。
161名無しの笛の踊り:02/05/30 11:47 ID:???
渡辺護、物堅い学者先生という感じ。

フルトヴェングラーやシュトラウスのナマ演奏
を聴いたということは、戦前独逸にいたという
こと?それにしては、カラヤンもそれなりに
評価してたから、けっこう柔軟な感覚の持ち主?
(戦前フルトヴェングラーに洗脳された諸井三郎
など、カラヤンにはなじめなかったらしい)
162名無しの笛の踊り:02/05/30 12:08 ID:???
>>161
戦時中ウィーンに留学していたそうです。
シュトラウスは2回聴いて、
2回目は有名な44年の生誕80年祝賀コンサートで
「ティル〜」と「家庭交響曲」を自作自演で聴いたそうです。

手堅い解説でけっこう好きです。ブルックナーに関しても
吉田と違って最初から高く評価していたようです。
163名無しの笛の踊り:02/05/30 13:46 ID:YcobDG9c
そろそろ、名前あげとこ。鈴木淳史は?
164名無しの笛の踊り:02/05/30 13:51 ID:Dc9pAvCc
136=146 です。
渡辺護は、学者系の批評家の大物という感じです。おれはむかし
かれの研究書を読んだことがあるし、面白いんですが、感性と文章で
ひとを引きつける、ということはあまりないひとだと思います。
手堅い感じで、言葉にできない危険な領域を言葉に
することをあえて避けている気がします・・・多分意図的に。
それに対して、吉田は自分の欠点をあえて出す周到さをもってます。
また危険な領域を言葉にできる点ですごいのです。学者と批評家の違い。

>>154 で、その点がコーホーでも重要ではないか?音楽の好き嫌いは
 ある程度理屈より感性だから、理屈っぽいひとはうけないのでないかな?
 宇野ですごいのは、「精神」なのなんのかんのいって、
理屈なしに、白黒をはっきりつける点です。154さんのご意見は全く正しい。
ただ、このひとはこういった音楽を聴くのだ、といった程度の参考には
なるのですよ。「批評家」は頭がいい必要はないのです。
あ、それとシンパをつくるといえば、渡辺和彦などもそうですね。
165名無しの笛の踊り:02/05/30 15:33 ID:jhu6yg96
>>89
よしむらこう。氏の話は初耳。
それっていつのことですか?
166名無しの笛の踊り:02/05/30 16:01 ID:???
諸井三郎氏はベルリンでの「画家マティス」の初演聴いているそうじゃ
ないか!
167名無しの笛の踊り:02/05/30 21:56 ID:???
映画評論家の荻昌弘も、ときどきレコード批評してたね。
168名無しの笛の踊り:02/05/30 22:36 ID:???
親子で音楽評論
門馬直衛と門馬直美
諸井三郎と諸井誠(作曲が本業だが)
169名無しの笛の踊り:02/05/30 23:48 ID:???
>>167
俵こうたろうも居るぞ。
170名無しの笛の踊り:02/05/31 03:17 ID:???
おはようございます。
俵孝太郎です。
171名無しの笛の踊り:02/05/31 03:50 ID:???
なかにし零だっけ?
172名無しの笛の踊り:02/05/31 05:17 ID:???
ローベルト・シューマンの批評はいいね
173名無しの笛の踊り:02/05/31 05:28 ID:???
そらまた、偉く昔の話ですな。
174名無しの笛の踊り:02/05/31 05:40 ID:???
いやいや、ドビュッシー君の批評も
なかなかのものだよ。
175名無しの笛の踊り:02/05/31 06:15 ID:???
ワーグナー先生のベートーベンも嫌いではありません。
176名無しの笛の踊り:02/05/31 06:56 ID:???
E.T.A.ホフマンのベト5の批評も読み応えあるぞ。
吉田はこれをもって近代音楽批評が始まったとまで言ってるっすよ。

ホフマンの存在は、シューマンの音楽批評にも影響が大きかった。
177名無しの笛の踊り:02/05/31 06:59 ID:???
ベルリオーズも音楽批評で糊口をしのいでいたと言われるが、彼の音楽批評は翻訳されてますか?
まだ読んだ事ないっす。
178名無しの笛の踊り:02/05/31 09:28 ID:???
好き嫌い書くだけなら、2ちゃんねらーの漏れらだってできるよ
評論家だってウノに限ったことじゃない
179名無しの笛の踊り:02/05/31 09:50 ID:???
>>176
シューマンには『クライスレリアナ』なんて
曲もあるしね。批評家という以上に、創作家
として尊敬していたのでは?
180名無しの笛の踊り:02/05/31 10:27 ID:tvyOdQjI
ハンスリックはDQNということでいいですか?
181名無しの笛の踊り:02/05/31 10:44 ID:???
>>179
いいんじゃないの?あまりに美学が狭すぎる。
ブラームス(彼はワーグナーを尊敬していた)
だって手を焼いてたのでは?

と、思って、昔の「音楽学スレ」に「単なる
ディレッタント」と書いたら、「最近のハンス
リック研究を知らないね」とたしなめられた。
そんで、教えて君をしたけど、ついに返答は
出ずじまい
182名無しの笛の踊り:02/05/31 11:21 ID:???
>>171
なかにし礼と芥川のN響アワーもおもしろかったね。
とくにマーラーにはうるさかったようで、演歌に通じるものがあったのかな。
183名無しの笛の踊り:02/05/31 11:24 ID:???
>>100
その西村って、似屍村 工事 氏ですか?
もしそうなら詳細キボン

漏れこのシト結構好きダターノネ
ポーコー系の書き手みたいだが、音楽の素養と人格(あくまで文章から読みとれる
ものね)があるんでポーコーにならずに踏みとどまってると感じた。

ある頃からはたっと見なくなったんだよな。
184名無しの笛の踊り:02/05/31 14:04 ID:???
批評と言えばレイボヴィッツ先生がサイコーす
185名無しの笛の踊り:02/05/31 14:11 ID:???
>>180,181

DQNでしょう。
「最近のハンスリック研究」といえば、ハンスリックやってる院生知ってるけど、ハンスリック選んでる時点でDQN確定。
186名無しの笛の踊り:02/05/31 14:20 ID:watxFwBE
学者がハンスリックを選ぶと、19世紀音楽文化論になるほかないね。
あるいは、芸術論の論。
187名無しの笛の踊り:02/06/01 02:56 ID:???
ハンス・リックって我らのブルックナーをこき下ろしたヤツだよな
史上最悪やな
188名無しの笛の踊り:02/06/01 18:57 ID:???
越前大仏
189名無しの笛の踊り:02/06/01 18:58 ID:TbwWkKSo
レコード芸術の交響曲部門を担当するのって権威になるのですか?
>>187
だれやそれ
191ウ・ノコーホ:02/06/01 19:28 ID:???
フルト・ヴェングラ−
192名無しの笛の踊り:02/06/01 19:32 ID:???
>>186
同意。
ハンスリックの評論活動自体に音楽的美学的な興味をもつ学生がいたとしたら、そいつは間違いなくDQNでしょう。
193名無しの笛の踊り:02/06/01 19:42 ID:???
ハンスリックの活動において功を挙げるとしてその最たるものは、一般美学から自立する自立的音楽美学を説き、その結果としてウィーン大学に初めて音楽学の講座を開設するに至ったことでしょう。

しかし、ウィーン大学音楽学の講座でブルックナーが和声学を講じることになるのは皮肉だね。
194名無しの笛の踊り:02/06/01 20:03 ID:PDp9FaV6
宇野功芳VS福永陽一郎の、ムラヴィンスキーをめぐる公開討論、というかケンカ。
レコ芸誌上で、もうかれこれ20年前になるけど。
ヤラセ、デキレースにしては迫力満点だった。
195名無しの笛の踊り:02/06/01 21:02 ID:???
>>194
まるで2ちゃんだった(w
196名無しの笛の踊り:02/06/01 21:19 ID:???
>>36
ドラゴンクエストのライナーもクロキョウだった。
197名無しの笛の踊り:02/06/01 21:36 ID:/e1uEPtE
直感、天才、芸術の語を使えば批評になる。
あとは仮想敵があればいい。
 マクドをこきおろして、モスバーガーをほめ
るとか。あと、自分でサンドウイッチを作って
みせる。
198名無しの笛の踊り:02/06/01 21:51 ID:???
>>197
マクドこきおろして、自分でサンドウィッチ作るおれは
カラヤン大好きだけど、何か?
でもコカコーラは嫌いだyo。
199名無しの笛の踊り:02/06/01 21:58 ID:???
>>194
今となっては伝説の、福永陽一郎のムラ嫌い。
(ついでにトスカニーニ嫌い、カラヤン嫌い)
なつかしいなあ。
それ読みたいなぁ。
200名無しの笛の踊り:02/06/01 22:03 ID:???
キリ番記念に
前田昭雄
201名無しの笛の踊り:02/06/01 22:20 ID:???
前田さんは評論家活動はほとんどしてないと言ってよいかも。
ときどきレコ芸にシューマンの録音を批評しているが。
学者としての仕事にあらずんば個性的な音楽的エッセイ、というスタンスかな。

あと、インタヴューがいつも音楽家のパーソナリティを引き出して面白い対話になるね。
202200:02/06/01 22:26 ID:???
>>201
確かに。
でも10年以上前だけど、レコ芸のブルックナー特集の巻頭言。
泣いちゃいました・・・
(奥様が亡くなられたときのことも引き合いに出されて)
世のブルヲタ諸君、必読ですよ!
203名無しの笛の踊り:02/06/02 01:17 ID:B4E7s3FQ
福永さん。あのひとも生臭い批評家だな。でも生臭いひとが
いなくなると、つまんないんだよ。

ところで中野和雄ってどう?妙な感覚に走る文章だけど、
批評自体は、結構いいせんいってる気がするよ。
204名無しの笛の踊り:02/06/02 01:39 ID:???
>>202
でもまもなく再婚されたのでわ
205200:02/06/02 11:21 ID:???
>>204
それはそれで、おめでとうございます。
206名無しの笛の踊り:02/06/02 11:43 ID:???
>>203

中野氏、もったいないねぇ。レトリックが妙で違和感があったけど、評論自体は
良かった記憶有り。
207名無しの笛の踊り:02/06/02 12:05 ID:j2blhdHk
中野は聴く姿勢がいい。若手奏者が出てくると、一部ではミーハー的に
持ち上げるひとがでて、片方では若いというだけで偏見をもとうひとが
いるけど、どちらの態度もも実は何一つ聴けていない。中野の場合、聴く
ということがあって、その体感を言葉にしているのだから、文章はおちゃらけ
だけど、実は真摯。
208名無しの笛の踊り:02/06/02 12:09 ID:OadMi/0s
まともな音楽評論を読みたいのなら
とりあえず図書館に通って吉田秀和全集を片っ端から読む
海外ではシュトゥッケンシュミットあたり

宇野コーホーは評論ではなく「趣味の本」なので間違えないように
209名無しの笛の踊り:02/06/02 14:21 ID:???
>>208
確かに、「吉田の」全集なら理解できるが、
コーホーが全集なんて出したら鬱だ
210名無しの笛の踊り:02/06/02 18:49 ID:YHq1gx66
>>209
真贋の区別はつけた方がいいと言えよう。
211名無しの笛の踊り:02/06/02 18:49 ID:???
昔いた福本陽一郎というのもすごかったねえ
212名無しの笛の踊り:02/06/02 18:54 ID:???
そんな奴いねーよ。
213名無しの笛の踊り:02/06/02 20:33 ID:???
コーホーは中畑の野球解説みたいなもんだな。
214名無しの笛の踊り:02/06/02 21:01 ID:???
ゼッコーチョーといえよう
215名無しの笛の踊り:02/06/02 21:09 ID:???
コーホーは読み流し用だな。最近の文は特に。
216名無しの笛の踊り:02/06/03 00:13 ID:???
そこがいいんだYO!
217名無しの笛の踊り:02/06/03 02:20 ID:???
>>211
福本健一
テレマン大好きな人だよ
218名無しの笛の踊り:02/06/03 02:57 ID:???
ホメ上手は?
219名無しの笛の踊り:02/06/03 03:16 ID:???
クロキョウ?
220名無しの笛の踊り:02/06/03 17:14 ID:???
コーホー珍は評論でも趣味の本でもないYO!
あれはビジネスモデルと呼ぶべき
221名無しの笛の踊り:02/06/03 22:20 ID:oorfGy82
いやいや、素朴なんだよ。コーホーは。素朴はバカとほぼ同義ですが。
222名無しの笛の踊り:02/06/03 22:55 ID:uAR6KYTA
>>220
ほー。
223名無しの笛の踊り:02/06/03 23:21 ID:???
>>220
>あれはビジネスモデルと呼ぶべき

なるほど確かに
従来のアカデミックな音楽批評スタイルの常識を覆す
個性的であくの強い、それでいて癖になる文章
(自分でライナー担当したディスクを褒めることも忘れない)
そして
自らも指揮をして「信者」を増やしていく・・

おそるべし宇野商法
224名無しの笛の踊り:02/06/03 23:24 ID:???
>>223
そのわりには儲かってないんですが。
奥様の給料で生活なさってこられたのでございますよ。
225名無しの笛の踊り:02/06/04 09:44 ID:???
外国の評論家もあげてみよう。
シェーンベルク楽派のシンパ(ベルク論は面白い)で
激烈なストラヴィンスキー批判をやったアドルノ。

ストラヴィンスキー批判については、シェーンベルク
自身も辟易してたそうな(デームリング『ストラヴィ
ンスキー』閑古鳥訳・音楽之友社)
226名無しの笛の踊り:02/06/04 09:51 ID:???
>>224
本当に売れたのはずいぶんあとになってからだからね。
227名無しの笛の踊り:02/06/04 09:56 ID:???
宇野コウホウがこれほどメジャーになるとは20年前には想像もしなかった。
クラシック・リスナーの教育程度の低下と並行しているのではないか?
228名無しの笛の踊り:02/06/04 10:11 ID:???
たしかに、XoHoがこれだけ売れてしまうようになったことは
分析すべき現象かもしれない
229名無しの笛の踊り:02/06/04 10:34 ID:???
日本のマスコミで読み応えあるものなんて書けないよね。
単行本でも出さなきゃだめでしょう。
これとて売ること考えなきゃ出版も乗って来ないし、
印税も安いしなア。どうしても日銭稼ぎに走っちゃうんだよな。
欧米の新聞雑誌、テレビやラジオみたいに、
十分なスペースと時間くれれば、そして
それに見合った報酬くれれば、よい人も育つでしょうけど・・。
230名無しの笛の踊り:02/06/04 13:08 ID:nUdSBY0.
>>227 禿同 そうリスナーの問題。不思議だけど美術評論とかは
 あそこまであからさまなバカはいないんだよ。ポップス評でも
ああいうタイプはいない。
宇野のファンは、宇野の薦めるCDを聴いて、感動して、かれを信頼する
といっった過程でないかな?で、割と簡単に、彼の趣味を自分の趣味にして
しまう。自分の好みが誰かに支持してもらわないと、みんな不安なんだね。
231名無しの笛の踊り:02/06/04 13:14 ID:???
>>230
いやいや、美術評論、ポップス評論
同じぐらいの困ったちゃんはいますぞ。
232名無しの笛の踊り:02/06/04 13:17 ID:r05l9p4U
[自分の好みが誰かに支持してもらわないと、みんな不安なんだね。]
>>230
その不安が付込むスキなんだろうね。まあ、CDとかはどれもさして
値段は違わないからいいが。100万もする壷やら印鑑を買ったりする
のと似た心理だろう。
233名無しの笛の踊り:02/06/04 13:25 ID:???
昔、出谷啓がレコ芸の相談コーナーをやっていたとき、
自分の好きな演奏を評論家がけなしたら、
「あの評論家が悪く言っているからよい演奏に違いない、
というぐらいのプライドを持て」と言っていたね。
234名無しの笛の踊り:02/06/04 13:28 ID:???
23456789・・・・・・
235名無しの笛の踊り:02/06/04 13:47 ID:???
>>234
何の意味?
236名無しの笛の踊り:02/06/04 23:23 ID:T.WxtYU6
230です。 232さんの意見がすこしうれしい。
他人は他人なんだよね。おれ人があまりいいと言わない演奏で
すごい好きなのがたくさんあるからね。それでいいと思う。

もちろん他人を説得させるだけの論理を身につけなければならない、
とは思うけども。吉田秀和なんかの場合、かれと好みが違っても
面白いんだよ。それは自分と違う聴き方が理解できる、ということなんだ。
そのレベルで考えると、コーホー程度さほど気にすることはないはずだよ。

よければこの際、美術評論・ポップス評のこまったちゃんの例をあげてよ。>>231
237名無しの笛の踊り:02/06/04 23:55 ID:???
>236
ほんとだったら、吉田と宇野は同列でくらべるようなもんじゃないんだよね
映画評論でいえば、ハスミとおすぎをいっしょにするバカはいないだろ
映画評論にくらべても、クラ評論はレベルが低いと思われ
238名無しの笛の踊り:02/06/05 01:57 ID:???
小石忠男ってどうなのよ
239名無しの笛の踊り:02/06/05 01:59 ID:???
保守本流
240名無しの笛の踊り:02/06/05 02:06 ID:???
小石っていつでも小澤の録音に高い点をつけて、
小澤の守り神という感じだったな。
昔はアンチ小澤の評論家が多かったし。
241名無しの笛の踊り:02/06/05 20:07 ID:???
スレ違いになるが蓮実の映画評論っていいの?
なんか当たり前のこと言ってるだけに思えるんだけど。
242名無しの笛の踊り:02/06/05 21:01 ID:YBSe2oPA
蓮実さん。ぼくはそんなに好みではない。かなり悪意を感じるときも
ある。映画は、映画学も映画批評も確立されているとは思えないね。
もちろん、中には優れたものもあるが。
クラシックでも、吉田は大変だよ、彼と同格の批評家がいればよかったの
だけどいなかったから、彼の批評が演奏者の人生を左右することになる
からね。
243名無しの笛の踊り:02/06/06 01:18 ID:???
>>240
あんまり客観性がないような気がする。
文章の感じでなんとなくごまかされてしまうかもしれないけれど
案外個人的な理由があるんじゃいかな。
例えばアーティストと親しいとか、何か個人的な理由があるんじゃないかな
もちろんそんなことはわからないけれど、演奏をよく吟味してから読んで見ると
なんかフィットしないことが多い。
なんか裏を感じてしまうのは私の考えすぎなのだろうか?
244名無しの笛の踊り:02/06/06 01:43 ID:???
245名無しの笛の踊り:02/06/06 03:07 ID:???
>>244
こういう見方はおもしろいね。
Line Guys Chord Guys
日本語だとなんていうのかな。
しかしフルベンはLine Guyか?
246名無しの笛の踊り:02/06/06 03:17 ID:???
アドルノの告ぐ
247名無しの笛の踊り:02/06/06 11:39 ID:tQ80MVp6
>>243 いや客観性がない、というのはむしろ当然でしょう。表現が
常套的になればなるほど客観性はないはず。
248名無しの笛の踊り:02/06/06 12:52 ID:???
「評論家」ではないけれど、柴田南雄。(がいしゅつ?)
西洋音楽にとどまらない視野の広さ、音楽体験の豊富さ、
感覚の柔軟さ、日本人としての主体的なアプローチ等々
いまどきの評論家連中にはないもの。

高橋悠治が「かれ自身のような視野と非権威主義をうけ
ついだものは、残念なことにだれもいない」と慨嘆して
いたっけ。
249名無しの笛の踊り:02/06/06 12:58 ID:???
柴田南雄はレコード評・演奏会評のような時事的文章も切れ味が鋭くて、
いま読んでも十分価値がある。
一時期、日本の音楽書で金を出して買っていたのは柴田のものだけだったよ。
250249:02/06/06 13:07 ID:???
いまは、日本の音楽書は買わないよ。

ただ、残念なことに柴田の作曲は頭脳的すぎて音楽的感興を覚えるには
いたらなかった。
251名無しの笛の踊り:02/06/06 13:25 ID:???
柴田南雄で印象的なのは、フルトヴェングラーや
カラヤンみたいな、いわゆるカルト的、カリスマ
的指揮者に対して、一定の距離を保っていたこと。
(もちろんそこそこホメてはいるが)

ヴァインガルトナーやヴァルターみたいな、純粋に
音楽美を追求するタイプの指揮者がお好みのよう
で、それからすれば、FやKみたいなのは異常な
感じがするのであろう。
252名無しの笛の踊り:02/06/06 13:29 ID:???
>>249
彼の「グスタフ・マーラー」を持っている。何回も読み返している。
他におすすめの著作はありますか?
253名無しの笛の踊り:02/06/06 13:31 ID:???
>>251
>FやKみたいなのは異常な感じがするのであろう。

オフレコでは「天下泰平な」といってバカにしておられた
254名無しの笛の踊り:02/06/06 13:36 ID:???
>>252
249じゃないけれど、
柴田南雄という著者名があれば、殆んど外れは
ないと思ってるくらいのファンです。ただ、
あまり専門的なやつは見てないけどね。

私個人のお奨めは、岩波(だったかな)から出てる
自伝『わが音楽 わが人生』。
255252:02/06/06 13:41 ID:???
>>254
ありがとうございます。
今度の休日に是非探してみます。
256名無しの笛の踊り:02/06/06 13:42 ID:???
>>253
「天下泰平」というのは、FやKのことについて?
この二人にはあまりそぐわないような言葉にも
思えるけど、どういう文脈で出てきたの?

この二人のかもし出すカルト的な雰囲気に対する
違和感は著作の中でもよく出ていたけど。
257名無しの笛の踊り:02/06/06 13:50 ID:???
>>256
脳天気ってことだろ>天下泰平
穏やかな演奏ってことじゃなくて
258名無しの笛の踊り:02/06/06 14:00 ID:5gdiob8U
柴田南雄の功績は佐野船山武田の産婆鹿を世に送り出した罪によって相殺されているといえよう。
259名無しの笛の踊り:02/06/06 14:06 ID:???
>>257
正解
260名無しの笛の踊り:02/06/06 14:11 ID:???
>>257,259
ゲルマン的精神主義(柴田氏はKにもそれを
かぎつけている)から一歩も出ていないこと
をさしているのかな?
そういう意味では「天下泰平」という言葉は
FやKをありがたがってる連中にも当てはまる
かもね。

>>258
ほんとに、柴田の真の後継者といえる人って
出てないよね。
261名無しの笛の踊り:02/06/06 14:33 ID:???
>>247
でも、もしその一連の著述やその他の賞などの審査という部分で、いわゆる
賂のようなものに左右されているとしたらどうだろうか?
これはあくまでも仮定としての話だが、そう見ると非常にその行動は理解しやすくなる
とおもうのだがどうだろうか?
262名無しの笛の踊り:02/06/06 16:26 ID:CmBG54cU
>>261 あるでしょうね。でも一部の親しいひとは、無理にでも褒めないと
生きていけない、というのが大人の生き方じゃないかしら?
逆に、あのひとの演奏は貶したほうがいい、というのも政治的文脈で
決まってるところもあるのでないかしら?それを見破るのも、
読み手のつとめでしょう。
263名無しの笛の踊り:02/06/06 17:21 ID:???
>>245
フルベンはline-guyだよ。
そのフルベンをcode-guyのバレンちゃんが
響きだけ猿真似するから、悲惨なのだ!
264名無しの笛の踊り:02/06/07 00:42 ID:???
吉田を神棚に祀る一方で、宇野や小石を叩くのが常套化してるけど、
何か変じゃない?
叩きネタの幾つかは、吉田にもそのまんま当てはまる気がするがな。

批評家の営為は、人気商売の生臭さとセット販売だよん。
吉田だけがそういうものから自由ってわけでもないだろ。
265名無しの笛の踊り:02/06/07 08:41 ID:???
>>264
もちろん吉田だって生臭さから自由じゃない あたりまえだよん
けど、吉田には知性という優秀な消臭剤がある
宇野や小石は腐臭ぷんぷんのくせに、消臭剤すらない

文章を読む力があれば、そのことは明白なだけ
266名無しの笛の踊り:02/06/07 14:26 ID:???
>>265
ハァ???
つーか、このセンセ前にTVで
「私の批評読めば音楽が聞こえてくるはずだ」
なんて言ったドキュソですけど・・・・・・???
267名無しの笛の踊り:02/06/07 18:24 ID:???
日本に音楽評論が育たない理由はいろいろあるでしょう。
教育の場がない。教える人がいない。発表する場がない。
マスコミが評論に対しゴミ扱い、まともなスペースを与えない。
よって社会的地位が低い。
よって情緒に流れる軽薄もの書きのみが通用する。
この環境で吉田、柴田が育ったということでしょう。
生活が保障されるわけでもなく、将来的にも希望は持てない。
生活の保障された若手人気評論家??が、何を書いているか?
268やっぱ:02/06/07 19:04 ID:.scrlk6.
奥田昌道
269名無しの笛の踊り:02/06/07 19:07 ID:8qq1cIAA
>>268 民法学者?
270名無しの笛の踊り:02/06/07 19:31 ID:V3jRlgVY
>>264 あなたは、「批評」「評論」の意味を理解していない
と思われる。人気取りの生臭さは批評にはつきもの。その生臭さを
避けたければ差し障りのないことを書く、音楽学者を崇拝すればいい。
>>266 ナルシズムは人間にはつきもの。そんなのでは批判できん。
271名無しの笛の踊り:02/06/07 19:33 ID:rxmMz4GA
●藤×由△ 演奏者の紹介を削ったら中味がなくなってしまう
      例)・・のような気がしないでもないような気がしないでもない・・
●宇×功△ ライナーとレコ芸の論評がだぶる場合、文章はまったく同じ。但し、
      ライナーの方からは中傷記事は落とす俗物
      例)小林・日フィルのチャイ5
        文章は同じ。但し、レコ芸には書いたファゴットがめちゃくちゃ
        という記載はライナーからは削除。
●諸○誠  意味不明の論陣により高尚を醸す。
      例)ブラームスが9曲のシンフォニーを作ったと主張。ピアノ協奏曲
       やヴァイオリン協奏曲、二重協奏曲がシンフォニーだと。確か一曲
       は悲劇的序曲やなんやかんやで1曲になると豪語。ほとんど音楽
       鑑賞上意味がないことを宣う。   
●諸○幸△ 何でも誉める評論家は存在価値がないという見本。最近はわざとか、
      非難がましい点を付け足しているのが様子
●許○俊  意味ありげな短文の名手(だった)。
●片○杜△ 評論の詐欺師。何度この人の文章に騙されたことか。
272名無しの笛の踊り:02/06/07 19:44 ID:b8Bpimc2
弦にかぎっていえば
渡辺和彦
N饗の鶴賀おばさん

はきしゅつですか?
273名無しの笛の踊り:02/06/07 19:47 ID:???
だからAIONのIZUMIのほうがこいつより早いっつーに
274名無しの笛の踊り:02/06/07 19:48 ID:???
>>271
第二の鈴木淳史を目指して研さん中ですか。
せいぜい頑張りなはれ
275264:02/06/07 21:03 ID:???
>>265
消臭剤・・・
いくらなんでも、齢九十になろうかという長老を
消臭剤呼ばわりは失礼と思われ。
特にファンじゃないが、吉田が気の毒・・・
>>270
イキんで書いてるわりには的外れだなぁ。
生臭さは批評家に共通のものだ、とは書いたが、
批評家は生臭いからダメだ、なんて一言も書いてないだろーが。
そういう批評家に共通の生臭さを論って宇野や小石を叩く奴がいるから、
それなら、ここでは尊敬されてるらしい吉田も同じ論理で叩けるでしょ、
どうしてそうしないの、と言ってみただけ。
むしろその言葉は、>>261、262あたりに向けられるべきと思うがな。
それとも、吉田をネタに使っただけで血圧が上がるぐらいの信者か?
276名無しの笛の踊り:02/06/08 00:14 ID:ywrv4E0c
吉田と宇野を同列に扱えないのは、生臭さなんかとは別の観点だろうな。
鈴木淳史も書いていたけど、吉田は近代批評の流れをくんでいるし、批評の言説の
意味について繊細だから。
宇野は、大衆的人気を獲得したところ、その独自のパワーが魅力であって、知的な
ところに魅力はないでしょう。自分なりに演奏に向かいあった点ではどちらも魅力は
あるな。おれは完全に吉田派ではあるけど。
277名無しの笛の踊り:02/06/08 10:48 ID:???
gage
278名無しの笛の踊り:02/06/09 18:02 ID:DatyjKU6
>>275
吉田は優れた批評家だけど、その評価の仕方を間違えるとやばいよね。
結局、吉田のくるしさはそこにあるんだろうけど。
「消臭剤」ってのはたんに比喩だろうからつっこむ必要はないと思うけど。
279名無しの笛の踊り:02/06/09 18:40 ID:oiwmmxNw
 そこがUNO(うーの)とかいうオムニバスCD
が出ていたことがあった。
280名無しの笛の踊り:02/06/10 01:23 ID:QTGRuJiU
>>272
N響の鶴我さんの文章、僕も大ファンです!
前にN響アワーでシェリングのベートーヴェンの協奏曲
やったとき、ゲストで出てましたね。
美人てんじゃないけど、やっぱチャーミングな方でした。
最近、どこかに書いてらっしゃいます?
281名無しの笛の踊り:02/06/10 12:35 ID:???
でもレコ芸の吉田記事読んでると
この人は何でこんなクソ演奏をもったいぶってほめてるのだろう?
と思うことがある。
282名無しの笛の踊り:02/06/10 16:15 ID:X3sgyen.
志鳥
283名無しの笛の踊り:02/06/10 16:36 ID:???
>>281
それは君の読解力が(以下略)
284名無しの笛の踊り:02/06/10 17:46 ID:???
>>281
それは、彼は音楽から聞こえてくるものを批評してるから。
自分の聞こえてきたものと違うかなという時もあるけれども、彼の生きてきた
年月、彼の心をうばわれたもの、思想性などかんがえるとなるほどと思うことも多い。
285名無しの笛の踊り:02/06/10 22:26 ID:opzxcnPs
吉田秀和ってひとは、やはりモダニストだな、とおもうことがおおい。かれ自身
わかいころは調性のある音楽をつくるのはいまじゃ罪だなんて、考えていたことを
のちに恥じていたりする。モダニスト的な好みと、自己批判を重ねる近代批評精神
とが同居している。(かつ読ませるのも上手い。)
だからかれのとり挙げる演奏にもかたよりがあるのは確か。ヴァントのブルックナーは
評価してもチェリのを評価しなかったり、ウゴルスキを評価してもアファナシエフを
評価しなかったり。こういう部分に注意すると好みがみえる気がする。
逆に、ぼくはこの点でかれから距離をおくこともできる気がする。
286名無しの笛の踊り:02/06/11 02:40 ID:???
吉田が日本では極く一握りの、確固としたスタイルを持った大家なのは確か。
だからこそ畑違い?の荷風やらセザンヌやらをも論じて、
なおかつ秀逸なものを作れる。

ただね、あの文体の独特の気取りと韜晦趣味は、実は結構苦手。
あれは吉田の批評のスタイルと分かち難く結びついていて、
必然的結果というべきものなんだろうけど、
時々ウザくて興が殺がれてしまうんだよな。
宇野なんかとはまた別の意味で、強烈なニオイを感じる。

吉田を好きな人は、そういうところも含めて好きなんだろうけどね。
287名無しの笛の踊り:02/06/11 12:12 ID:???
宇野や許などの所謂名盤選びガイドとして吉田を読むのがそもそもの間違い。
>281
288名無しの笛の踊り:02/06/11 17:32 ID:???
吉田秀和よりも柴田南雄のほうが、音楽の
よろこびがじかに伝わってくると思うのは
私だけ?吉田さんは柴田さんよりも美学と
いうか趣味が狭い感じがする。
289名無しの笛の踊り:02/06/11 18:38 ID:???
>>283-287
きちんと作った料理よりコンビニ菓子のほうが好きなひとだっているってことじゃない?
煽りにきこえたらゴメンね、そんなつもりはないんだ<281
290名無しの笛の踊り:02/06/11 19:52 ID:XKtIMnXE
本日ガッケンのエッセンシャル150とかいう本を買ってきた。
挙げられた「名盤」のラインアップを眺めつつ、むらむらと怒りを
覚えるのは私がヒネクレてきたせいであろうか。



クソ本決定。
291名無しの笛の踊り:02/06/11 20:59 ID:???
>>290
この手の本は相も変わらず同じ面子が選んでるから期待するだけ無駄というものれす。
292名無しの笛の踊り:02/06/11 21:00 ID:XqJvDTyk
>>284,285
とても、適切な評価だね。
吉田も、納得するのじゃないかしら。
293名無しの笛の踊り:02/06/11 22:04 ID:???
>>290

あれはひどいね。選盤はともかく、選曲があまりにも時代遅れ。現代作品が
ストラヴィンスキーとショスタコーヴィチの定番だけとは。
294名無しの笛の踊り:02/06/11 22:06 ID:???
>>293
それで十分。ショスタコなんて糞。
古典を聴け古典を。厨房どもよ。
295名無しの笛の踊り:02/06/11 22:21 ID:U8toalzY
>>294
今時こんな人がいるとは...
ひょっとして執筆陣のヒトリ?
296名無しの笛の踊り:02/06/11 22:54 ID:???
>>294

誰もショスタコがいいとは言ってない。
297age:02/06/11 22:56 ID:U8toalzY
>>古典の名曲もずいぶん雑な紹介ですが何か?
298名無しの笛の踊り:02/06/12 22:53 ID:???
age
299名無しの笛の踊り:02/06/12 23:25 ID:???

Michael Tanner
300名無しの笛の踊り:02/06/12 23:27 ID:???
300
301名無しの笛の踊り:02/06/13 02:28 ID:???
小石忠男
なくなった女性ピアニストヘの生前からの異常な執着は有名
302名無しの笛の踊り:02/06/14 02:35 ID:???
weekdayでなんかいきなり勢いがなくなったなage
303名無しの笛の踊り:02/06/15 18:30 ID:???
漫談的評論家はもういらないので、学者先生にがんばっていただきたいです。
304名無しの笛の踊り:02/06/15 18:34 ID:???
もっと酷いヨ!
305名無しの笛の踊り:02/06/15 18:42 ID:???
「グラモフォン」の常連執筆者で言うと、リチャード・オズボーンが
面白い。まず、文体に特徴があって、ブラインドでもすぐそれとわかる。
(対象がベートーヴェン・ブルックナーにまず限定されているという理由
もあるが。)内容は、判断が個性的ではあるが、好きだ。この人の書いた
CD評は注意深く読む。カラヤン伝を出版しているが、これもいい本。
他には、ピアノを受け持っているジョウン・チッセルとブライス・モリソン。
判断を信頼している。同感する場合も多い。いちばん沢山書いている人は、
ロブ・カウエン。バルトークは大体この人。あんまり面白くないけどね。
(名前は日本風に転記しました。ホントの発音だと大分違う。)
306名無しの笛の踊り:02/06/16 16:39 ID:???
sage
307名無しの笛の踊り:02/06/17 01:22 ID:???
sagesage
308名無しの笛の踊り:02/06/17 11:31 ID:???
sageますsageます
309 :02/06/17 19:42 ID:dxo5fg6U
漫談的評論家はたしかによくないが、学者がそのままで批評が
できると思っているのは、もっとよくない。
310名無しの笛の踊り:02/06/17 21:52 ID:???
>>309

だれそれの演奏が最高だとか、そんなのどうでもいいので、学術的、文化的な
側面からの評論が読みたい。そういう点はさすがに学者先生のほうが知識も豊富
なはずなので。
311名無しの笛の踊り:02/06/17 21:55 ID:???
>>310
知識が豊富な学者先生も居るには居るが、そうでない人があまりに多すぎる。
312名無しの笛の踊り:02/06/17 22:18 ID:???
Arthur B. Lintgen
知ってる人いるかな?
313名無しの笛の踊り:02/06/19 11:13 ID:???
>>312
この人はレコードの溝を見てなんの曲が当てることができる。
314名無しの笛の踊り:02/06/19 12:29 ID:???
>>313
TASに書いているのは、こうゆうインチキな連中ばっかり。
315名無しの笛の踊り:02/06/19 12:49 ID:???
ドナルド・キーンの音盤風刺花伝
316名無しの笛の踊り :02/06/19 23:27 ID:???
>>310 
一般の音楽雑誌のCD評などは、まあそうかもしれん。
でも、ひとつの側面がわかると、全体を理解したみたい
な錯覚を持ってしまう。学者の文章を読む我々も、学者
自身も。せいぜい理解するのは知識だけ。

遠山一行や、昭和一桁生まれの作曲家の文から比べると
この20年ほどの学者の文章は貧しい。
317名無しの笛の踊り:02/06/19 23:29 ID:???
>>316
遠山でも貧しい。しかも彼は学者ではないでしょ。
318名無しの笛の踊り:02/06/19 23:32 ID:???
>>317
アホ。遠山は金持ちだyo。
319一読者:02/06/20 02:54 ID:???
最近、どういうわけか影の薄い、出谷 啓がホームページで批評を書いている。
どうもその日のうちに書くらしい。 すぐに出てるから。
でも、時折どうも話の筋が通っていないところがあって、これで評論というのは
おこがましいのではないか? と思われるところ多々アリ。
失笑だらけ。
320 :02/06/20 04:08 ID:MUd7IRZM
鈴木敦史はひどいですね。着想はともかく、文章があまりにもひどすぎる。
本人は面白いと思って書いているのでしょうか? あそこまで寒いひとは
そうはいないように思います。

それから、諸石、平野、藤田あたりは悲しいくらいに主体性がないですね。
まあ、あの業界で生活していくために仕方なくああいうものを書いている
んでしょうけど。彼らの褒めているものは、それだけで敬遠してしまいます。

ところで・・・ まだ名前が挙がっていないところで、喜多尾道冬や宮澤
淳一などはどうでしょう?
321名無しの笛の踊り:02/06/20 07:15 ID:???
>>319
この人、なんだかまずいことをして、評論業からほされてるんだろ?
書くところないから、こんなところで書いているんだね。
たぶん嫌いだっていう先入観がまずあって、それを改めてたたくためにわざわざ
書いているかんじがする。 それとももっと意地悪な意図があるのかな?
322名無しの笛の踊り:02/06/20 08:01 ID:???
むかーしの志鳥英八郎よかったかも
わかりやすかったから
323名無しの笛の踊り:02/06/20 09:43 ID:???
許光俊・・・、レインボーマンにあんなにはまれるとは。いやなことでもあるのかい?

>>320
鈴木淳史は共著で少しずつ書いている頃は文章に非常に才気を感じたのだが、
自分で本を書き始めたらあっという間に。引出しが少ないのだろう。
ところで鈴木が「ブール、ギーレン、ロスバウト」って唱えつづけているのって
ある意味コーホーが「ヴァント、朝比奈」って唱えつづけているのと変わらんよな。
思ったら一途と言うのは日本人の特性かな?
324名無しの笛の踊り:02/06/20 10:55 ID:???
でも、コーホーは息が長いよね
読みごたえはあるんじゃないか?
325名無しの笛の踊り:02/06/20 11:08 ID:???
>>320
喜多夫は声のことが分かっていると思えないな。
けれども歌詞についての知識と印象批評だけであれだけ原稿が書けるのは、ひとつの才能でしょ。
326名無しの笛の踊り:02/06/20 11:27 ID:???
喜多尾道冬って、独文学者だったっけ?

「音楽」評論家じゃないけど、面白い人として、
独文学者の川村二郎、仏文学者の杉本秀太郎、
科学史家の村上陽一郎など。
327名無しの笛の踊り:02/06/20 12:26 ID:???
突然だけど、吉村渓とよしむらこう。って同一人物?
328名無しの笛の踊り:02/06/20 12:48 ID:???
別人らよ
329名無しの笛の踊り:02/06/20 19:22 ID:???
マン引きしたのどっち?
330名無しの笛の踊り:02/06/20 19:31 ID:???
畑違いだけど、塚本邦雄が好きだ。
それにしても、三島由紀夫が生きていたら一級の評論活動だけでなく、
新作のオペラの可能性もあったし、日本のワグネル上演などのクラシックシーン
にも影響を与えていたかもしれないのに。。
331名無しの笛の踊り:02/06/20 19:36 ID:???
>>329
こう。
332名無しの笛の踊り:02/06/20 20:58 ID:???
>>314
どうやって当ててたかを知ったら、インチキとはとても言えないはずなのだが・・・
だいたいリントゲンの文章も読んだこともないんじゃないか
彼は凄いよ
あ、英語じゃ314には読めないか、スマソ
333名無しの笛の踊り:02/06/20 21:02 ID:rjRsNHH.
レコゲイって器楽曲分野のギターのディスクの時だけ
濱田兄弟のスカイラブ批評になるんですが
武田先生はお呼びでないんですか?
334名無しの笛の踊り:02/06/20 21:59 ID:???
ゆら内閣メールマガジン ================================== 2001/06/23
解除はこちら  http://homepage1.nifty.com/yurambo/

★☆ 発行部数180万部突破すればいいな! ☆★
--------------------------------------------------------------------

□ 目次

[ゆらいおんはーと 〜 ゆら総理のメッセージ]
● 感動の音楽

[ゆら内閣の動き]
● ゆら総理、間一髪感電死(01/06/12)
● あの「た号」作戦成功する(01/06/06)
● 童顔禿頭主任をアダビデコーナーで目撃(01/06/04)
335名無しの笛の踊り:02/06/20 22:00 ID:???
>>333
武田はもう辞めた。
336名無しの笛の踊り:02/06/21 00:10 ID:5aPSaTKg
>>317
学者じゃない遠山が、学者よりよいということでしょ。
  
337名無しの笛の踊り:02/06/21 01:49 ID:???
前島ナントカさんというサウンドビジュアルライターは?
ミニマルとかを書いてる人だが
338名無しの笛の踊り:02/06/22 13:00 ID:???
>>319
私も読みました。
くだらない人よね。時代遅れって感じ。
全然勉強してないんじゃない?
これじゃあ、単なるレコードマニア代表のレベルよ。
まあ、自分のHPで勝手にやってるんだからおめでたいわね。
339名無しの笛の踊り:02/06/22 13:05 ID:???
関西の評論家F
いつも音友でテレマンのこと褒めているけれど、耳聞こえないのか? 頭が悪いのか?
あるいは延原氏と特別な関係があるのかのいずれかに違いない。
テレマンのことだけは、音程が悪かろうが、リズムが不正確であろうが、音が汚かろうが褒める。

文章も下手だし、恐るべき無教養。あんなのに批評なんて書かせていいのか?
340名無しの笛の踊り:02/06/22 15:28 ID:???
Fはダメ。全然勉強不足なんじゃない?フリーだって聞いたけれどどうやって食ってるんだ?
袖の下を渡したら誉めてくれるのかもね。たまに不自然な絶賛批評があるもの。
関西評論陣と言えば音大のNも厚顔無恥・無知無能。
341けっこう有名な話だよ:02/06/22 19:05 ID:???
>>319

>最近、どういうわけか影の薄い、出谷 啓

数年前、盗作が問題になって全てのメジャー誌からパージされた。
342名無しの笛の踊り:02/06/22 19:10 ID:???
>遠山一行や、昭和一桁生まれの作曲家の文から比べると
>この20年ほどの学者の文章は貧しい。

遠山一行はひどかったよー!(笑)
その独断、その偏見、恐るべきものがあった。
最近は出てこなくなってせいせいしたよ。
343名無しの笛の踊り:02/06/22 19:14 ID:???
要約しますとね。
私のようなごく一般のシロートから言わせてもらうと、
日本の音楽評論で読むに耐える文章になっているのは、
吉田秀和と柴田南雄(評論のジャンルで書いたもの)のみ。
もちろん、音楽学者や作曲家の書いたものはまた別です。
ただ、私は後者をほとんど繙かないので。悪しからず。
344名無しの笛の踊り:02/06/22 19:27 ID:???
学者は一部を除いて、読み物として面白いか、美しいかは別として
大体論旨は通っている・・・・と思っていると例外もあってビックリ!!
レコ芸室内楽曲再発売担当のN教授は、方々で不可解な執筆等多々アリ
345名無しの笛の踊り:02/06/22 21:16 ID:cdWcxZTA
関西って読んでいるとレベル低いネ
346名無しの笛の踊り:02/06/23 00:50 ID:???
吉田秀和は、昔、現代音楽の運動に関わったせいか、武満の晩年の
作品に、無理に音列作法の流れを読み取ったりしている。
60年代に、晩年の作風も考え方も的確に予言した遠山一行の圧勝。
尋常でない洞察力。

今の作曲家と学者はグルみたいなものなので、仮に「予言」が的中
しても八百長だが、遠山は「保守的」とされていて、武満とは仲が
悪かった。今となっては却って、それぞれの才能を証明する結果に。

>342 「出てこない」のは、もとからじゃない?
だいたいレコード評はほとんどしてないのでは?
347名無しの笛の踊り:02/06/23 00:58 ID:???
>>344
論旨が通ってるのが学者、通っていないのがライターと、思って書いているようなのがイタイ。
学者は肩書きで原稿が書けるので論旨が多少通っていなくても、少し学者らしさをちらつかせておけば許される。
フリーライターは肩書きは最悪なので、せめて文章が良くないと許されない。これが普通。
もっともクラシック音楽批評はそうでもないのか? よく知らないんだけどさ。
348名無しの笛の踊り:02/06/23 01:12 ID:???
海外のヒストリカルの特に弦でよく出てくるタリー・ポッターはどうなん?
日本のヒストリカル(?)といえば盤鬼こと西条卓夫は?
349名無しの笛の踊り:02/06/23 01:21 ID:???
クリストファー・N・野澤
350348:02/06/23 01:27 ID:???
西条卓夫門下(?)の
「ラジオ技術」で執筆している五十嵐なんとか
「SPレコード」で執筆している平賀義一

丸山眞男とその門下(?)中野雄の音楽評論(?)

小林秀雄の音楽評論(?)

こういった連中はどうなん?
351名無しの笛の踊り:02/06/23 01:33 ID:???
中の雄は丸山に五回か十回、話聞きに行っただけでしょ。
丸山はけっこう誰とでも会って喋る人だった。それで門下と言われちゃ、中のは喜ぶだろうが、丸山はあ然とするだけ。
352名無しの笛の踊り:02/06/23 02:33 ID:IjZpXBks
>>345
そうですね。学者さんとか定職をリタイアした人は別として
ずっと専業の人が特に。小石忠男、出谷啓、福本健一
小石は大学すら行ってないらしいよ
353名無しの笛の踊り:02/06/23 03:08 ID:???
>>352
小石が大学に行ってないからレベル低い、という言い方してるなら問題あるなあ。
学者でもレベル低いひとはいるし、専業で学歴が低くてもいい人はいいんでない?
俺は別に小石ファンでもなんでもないけどね。
たとえば、一応学者を名乗ってる許より、小石の方が信頼できると思うし、それなりに
勉強してるし、文章も許よりは遥かに格調があるよ。まあ、形容詞の貧困はときどき感じるけど。
354名無しの笛の踊り:02/06/23 05:43 ID:???
>>337
舞え島氏だけ先月?のレコ芸に写真がのってなかったね
なぜ?
355名無しの笛の踊り:02/06/23 07:08 ID:t/RurGek
>>354
「著者の都合により」とありましたね。顔写真は載せない主義でしょうかねえ?
356名無しの笛の踊り:02/06/23 08:06 ID:???
>>343は、あまり読んでなさそうだし言ってることも恐ろしく独断だけど、
結果的に正しいこと言っちゃってるってのがこの業界の悲しいところ。
357名無しの笛の踊り:02/06/23 11:50 ID:???
>>353 そうですね。Fなんて音大出て調律してたらしいけれど相当のバカよ
ホント信じられない。もうちょっと謙虚に勉強するか廃業するかね。
恥さらしもいいところよ。
358343:02/06/23 12:03 ID:???
>>343は、あまり読んでなさそうだし言ってることも恐ろしく独断だけど、
>結果的に正しいこと言っちゃってるってのがこの業界の悲しいところ。

失礼な・・・(w 「正しい判断と的確な要約」と言ってください。
これでも昔はいろいろ読んだのです。最近は本すら出てないように
見受けられる。で、さらに簡潔に言うと、人材の枯渇、ってことです。
ホントは音楽評論をするためには金と時間の蓄積が必要なのだろうが、
人材を育てる環境がないのでしょう。どこかでダメになったのかと。
359名無しの笛の踊り:02/06/23 12:34 ID:???
>ホントは音楽評論をするためには金と時間の蓄積が必要

それをごまかしてきたんだよ
楽器もさわらない、楽譜も読めない、海外の文献も取り寄せないし読めない
でも「俺でもできる」みたいな評論ばかりでしょ
360名無しの笛の踊り   :02/06/23 12:43 ID:???
>>359
同意
361名無しの笛の踊り:02/06/23 12:45 ID:???
漏れ達と大差なし(泣
362名無しの笛の踊り:02/06/23 12:50 ID:???
>>361
それが狙いだったんでしょ
高所からでなく、「同じ目線」の評論(キモいなあ)
でなかったら、ウノとかその模倣者たちがなんで跋扈してるの
363名無しの笛の踊り:02/06/23 13:01 ID:???
>>355
まさか二目と見られない顔なのか
364名無しの笛の踊り:02/06/24 17:18 ID:???
>>332
どこが凄いんだよ、アホか?
彼はキースジョンソンの太鼓持ちして、下らんRRのCDを
誉めてるだけじゃないか。
365名無しの笛の踊り :02/06/24 21:29 ID:???
>>359 禿胴 358 の「人材の枯渇」以下も。

文献、楽譜の問題だけでなく、論文の業績と同じ考え方で芸術の評論が
できると思っている輩も救えない。
「どこかでだめになった」・・・大学がA級戦犯のひとりかも。
366名無しの笛の踊り:02/06/25 03:02 ID:???
関西専業評論家、小石、出谷、福本
小石は幅広く活動しているが、後の二人はオワッタね
もう限界なんじゃない? 
廃業か?
367名無しの笛の踊り:02/06/25 03:08 ID:pD3Zxa3M
>>366
不勉強って感じだもんな。
批評になってないぜこいつら。
たぶん好き・嫌いとかしかないんじゃない?
368名無しの笛の踊り:02/06/25 04:07 ID:???
吉田秀和が古楽器演奏を評するときの
楽器や演奏スタイル、調律法に関しての
「よく知らないが」「わからないが」の連発。
本人は率直さをアピールしているつもりだろうが
十年一日のごとく濫用しつづけていると首を傾げざるをえない。
まあ「知る気もない」のだろうな。
369名無しの笛の踊り:02/06/25 22:22 ID:uTiHYTJ6
福本逝ってよし!
370名無しの笛の踊り:02/06/26 00:58 ID:???
強く同意!!!!
あんな楽界寄生虫はいらない!!!
371名無しの笛の踊り:02/06/26 01:29 ID:???
 音楽学系の評論家はどうかね?
 バッハ研究の磯山雅とか、ベートーベンの平野昭とか、白石美雪とか・・・
特に平野昭はずいぶんブッとんだディスクを推薦するが・・・・・
372名無しの笛の踊り:02/06/26 01:37 ID:???
371は本人か(笑)
マジでブッとんでいて虚よりバカだと思われ
373名無しの笛の踊り:02/06/26 03:06 ID:???
礒山でしょ(笑)これは大物だね。
弔旗の元愛人、白石たんは美人(トウがたってるけど)だけど無個性
平野はクソです
374名無しの笛の踊り:02/06/26 03:25 ID:???
でも、関西専業三羽烏&大音館長教授よりは雲泥の差でマシじゃありません?
375名無しの笛の踊り:02/06/26 03:34 ID:???
音楽学系で評論も手がけるひとでは、礒山雅と三宅幸夫が冴えてると思う。

しかし、世界的に一流と認められている音楽学者は前田昭雄と小林義武の二人だろう。
いわゆる評論活動はほとんどしていない。
376名無しの笛の踊り:02/06/26 06:34 ID:???
>>364
RRのCDをほめてるのはJV REG HPもそうなのだが、読めないのかな
まあ、ABLの文章を読むのは広い知識と教養が必要らしいからね
君には荷が重いかな
377名無しの笛の踊り:02/06/26 06:41 ID:???
>>354
店員さんなんじゃない?
378名無しの笛の踊り:02/06/26 06:47 ID:???
>>376
JV REG HPがRRのCDをほめていないと何時書きました?
君が、日本語にも弱いようだね。
ま、頭が悪そうだから当然だろ。
オーヲタはアサイラムにでも逝ったら? 君には投稿できる訳ないが、、、
379名無しの笛の踊り:02/06/26 10:31 ID:???
>>371
白石が学者と岩れてもな。
380名無しの笛の踊り:02/06/26 18:43 ID:???
>>369 福本ってテレマンと何か特別な関係があるの?
381名無しの笛の踊り:02/06/26 18:51 ID:???
「この著作(宇野功芳『モーツァルトとブルックナー』)は、処女出版の『たてしな日記』と、
それにつづく『名曲とともに『オーヴェルニュの歌』とともに、音楽評論家・宇野功芳
の偉大な思索の歴史であり、たんなる名曲名盤ガイドを超えた演奏論、
芸術書、否、哲学書と行ってもいい。」
福島章恭『モーツァルトをCDで究める』
382名無しの笛の踊り:02/06/26 19:43 ID:???
なんだ、なんだ、このスレCDオタの読む評論家だけが対象じゃねえの?
383宇野珍ポーコー:02/06/26 20:15 ID:???
さすがの僕も穴があったら入りたいといえよう!
384名無しの笛の踊り:02/06/26 20:18 ID:???
さすがの穴も僕があったら入りたいといえよう!
385プシコ:02/06/26 20:21 ID:???
ポーコーちん、私の穴でよかったら存分にお入り下さいな(笑)
386名無しの笛の踊り:02/06/26 20:40 ID:???
栗津則雄はがんらい美術のほうだが、音楽にも造詣が深く
読み応えがあった。
387名無しの笛の踊り:02/06/26 20:45 ID:???
高城重躬もがんらいオーディオのほうだが、
スタインウエイのフルコンを買って弾いていた
だけあって音楽にも大変詳しく、その辺の
音楽評論家の水準を遥かに越えていただろう。
388名無しの笛の踊り:02/06/26 20:50 ID:???
安原謙はがんらいJAZZのほうだが、クラシックについての文章
もハチャメチャで面白い。
389名無しの笛の踊り:02/06/26 22:07 ID:???
許初期評論集の話をしようよ。性急から出た。
いい本だと思うけど。
390名無しの笛の踊り:02/06/26 23:15 ID:???
出谷啓のほうがなんぼかまし。
391名無しの笛の踊り:02/06/27 01:14 ID:???

そもそも読みごたえってなによ?
392時代遅れの男たち:02/06/30 19:28 ID:???
小石忠男、出谷啓、福本健一・・・・大野敬老はすでに逝ってしまったが。
393名無しの笛の踊り:02/07/01 02:24 ID:???
>>386
粟津の音楽は読み応えなかったな、漏れ的には。
ついでに鍵谷幸信もめちゃくちゃだったね、今思うと。
394名無しの笛の踊り:02/07/01 02:54 ID:???
許の評論活動がピークだたのはいつだろうか??
すでに彼の歴史的役割=規制概念の打破は終わったと思われ。

ところで「話の泉」=「音楽の泉」=堀内敬三先生はどうした??
塩入亀輔はどうした??えっ?誰だか知らんだと???
っていうかこれで漏れの年齢ばれた?
395天の声:02/07/01 03:34 ID:???
悔い改めよ。
小石、出谷、中村、福本、響
哀れな五人衆
396名無しの笛の踊り:02/07/01 03:38 ID:PlBABnWk
>>394
堀内も塩入も死にましたよとマジレスしてみる
397天の声:02/07/01 03:56 ID:???
>>395
関西大バカ五人衆か(W
398名無しの笛の踊り:02/07/01 03:57 ID:MbAkbdUA
大野というのも鬼籍いりしたけどいい加減なジイサンだった
399名無しの笛の踊り:02/07/02 00:26 ID:???
>>393
そーかなー。鍵谷の文章は、漏れには面白かったがな。
コリン・ウィルソンなんかと同じで、評論としてはともかく、
ディレッタントのエッセイとしては、なかなか気が利いていたと思うが。
音友に連載されてた「音楽雑々日記」、もう一回読みたいなっと。
400名無しの笛の踊り:02/07/02 02:49 ID:???
六甲!六甲!六甲!!!六甲!六甲!六甲!!!!
401名無しの笛の踊り:02/07/02 02:54 ID:???
ストーカー○石
402名無しの笛の踊り:02/07/02 02:55 ID:???
お里が知れる福○
403名無しの笛の踊り:02/07/02 03:02 ID:S3llZAwI
レコ芸の新譜批評はどれも毎回ひどいものです。
吉田秀和はさすがに読ませる箇所もありますが、内容には
老いの影を感じますね。20年前は好きでしたが・・・・・・。
404名無しの笛の踊り:02/07/02 03:52 ID:???
>>403
出谷、福本、響の批評よりはマシなんじゃない?
いくらなんでもねぇ。
405名無しの笛の踊り:02/07/02 08:06 ID:???
古戸弁蔵!
406名無しの笛の踊り:02/07/03 11:02 ID:???
>>405
誰、それ?フルトヴェングラーのこと?

フルトヴェングラーなぞより、シェーンベルク
やストラヴィンスキーやヒンデミットのほうが
今の読者には興味が深いのでは?
407名無しの笛の踊り:02/07/03 11:25 ID:???
5でちらっと出てレスつかなかったけど、ショーンバーグはいいっすよ。
みすずの「ショーンバーグ音楽批評」を読んで目から鱗がどすどす落ちたYO。
今は品切れみたいだけど、古書で見つかると思うし、他にも割と邦訳は
出てる。
408名無しの笛の踊り:02/07/03 12:01 ID:???
みすずは復刊続いてるYO!
409名無しの笛の踊り:02/07/04 19:25 ID:???
評論家ではないが五味康祐の文章は好きだったな。現在絶版かも知れないが。
広報や去などと似ていなくもないが、切実さにおいて比較にならない。
410名無しの笛の踊り:02/07/05 01:32 ID:???
南朝だぜ
411名無しの笛の踊り:02/07/05 01:43 ID:???
加茂川センジとかいうペンネームでだれかが新潮45に書いた
評論家批判のエッセイが読みたいのだが、何年何月号だがわかる?
412名無しの笛の踊り:02/07/05 01:45 ID:???
五味康祐は批判はあるだろうが、それでも宇野や許とは比べるのも失礼だぜ
もちろん五味康祐に対して失礼だから、ボケルなよ
413宇野珍ポーコー:02/07/05 01:51 ID:???
五味さんが一刀斎なら僕も一本斎といえよう!
414名無しの笛の踊り:02/07/05 01:54 ID:???
ポーコーちんの正宗、ぶっといんだよね(笑)
415名無しの笛の踊り:02/07/05 01:58 ID:???
>>411
90年頃だと思われ。
うちにコピーが残っているが、何年何月号かは残ってなかった。
あれが出た時、レコ芸編集部は針でつついたような大騒ぎになったそうな。
416名無しの笛の踊り:02/07/05 02:52 ID:???
石井宏といえよう
417409:02/07/05 10:12 ID:???
>>412
宇野や許とは比べるのも失礼だぜ

もちろんその通り。広報や挙を引き合いに出したのはいかにこいつらが腐りきってるかを
言いたかったため。
五味の文章はときに独断的ではあるが、聴くことに関してこれほど切実な思いを持っていた人を知らない。
これに比べれば凡百の評論家風情の文章など便所紙にすらならない。
418名無しの笛の踊り:02/07/05 12:49 ID:???
八田利一
419名無しの笛の踊り:02/07/05 13:39 ID:???
石医ヒロし=ハッタリ初めはクソ。これ定説。まさに便所紙。
420名無しの笛の踊り:02/07/06 02:18 ID:???
そう?でも小石よりずっとインテリだし,実はまともじゃない?
421宇野珍ポーコー:02/07/06 02:23 ID:???
石井君のコロンビアアーチスト=音楽マフィア説は傾聴に値するといえよう
422名無しの笛の踊り:02/07/06 02:24 ID:???
ハッタリコーホー(笑)
423名無しの笛の踊り:02/07/07 00:12 ID:???
マジで石井宏「誰がヴァイオリンを殺したか」は読みごたえがあった。
軟弱なだけで世界観も思想も何もない吉田秀和とは大違い!
424名無しの笛の踊り:02/07/07 00:16 ID:???
それって渡辺和彦じゃなかったっけ?
425名無しの笛の踊り:02/07/07 18:10 ID:WhNmgros
>>423,424
俺も読んだ。著者は石井宏。渡辺氏が書いてもおかしくないような内容ではあったが。
423の言う通り、目から鱗の落ちるような一冊だった。この本に書かれていることの
どこまでを額面通りに受け取っていいものかは難しいところだが、彼のやっていること
はやはり評価せざるをえない。
426名無しの笛の踊り:02/07/07 21:27 ID:???
ご案内は石井宏でした。
427名無しの笛の踊り:02/07/07 22:03 ID:???
石井宏はイロモノ扱いされているが、この本を読む限りは凄い!
ことによると21世紀の最初の10年間に刊行された音楽書ではナンバー1になるかも
同じイロモノでもコーホーとは大違いだぜ(笑)
428名無しの笛の踊り:02/07/07 22:07 ID:???
>>419
>まさに便所紙。
まさかなくちゃ困るって意味じゃないよね?(w
429名無しの笛の踊り:02/07/07 22:08 ID:???
石井ひろしってユダヤとフリー目え損の区別もつかないアフォだったっけ?
430名無しの笛の踊り:02/07/07 22:19 ID:???
まあ読んでみな耳なしくん(笑)
431名無しの笛の踊り:02/07/07 22:24 ID:???
これは失礼脳なしさん(ワラ
432名無しの笛の踊り:02/07/08 03:19 ID:???
>>429
そんなことちゃんとわかってるに決まってんだろ。
433名無しの笛の踊り:02/07/08 10:16 ID:???
石井宏って、カラヤンがモーツァルトで大編成のオケを
使うことについて、「作曲者自身が巴里で大編成のオケ
を賞賛していた」といって弁護してるのをみて、ピント
はずれなこと言ってると思った程度。
434名無しの笛の踊り:02/07/08 10:22 ID:???
>>429
石井の知識はユダヤとフリーメイソンが本来反目していることも知らない程度。
435名無しの笛の踊り:02/07/08 15:39 ID:???
石井宏って特攻隊の本書いている人ですよね?
436名無しの笛の踊り:02/07/08 20:10 ID:???
お前ら石井の「18世紀のモーツアルト」って読んだことあるのか?
あれ読めば石井の知的レベルがわかるぜ
429&434が吐く痴だってことも!
437名無しの笛の踊り:02/07/08 20:18 ID:???
石井宏って731部隊の隊長だった人ですよね?
438名無しの笛の踊り:02/07/09 09:27 ID:???
>>435
これのことだろ?本人だよ。いい本だからよんでみそ。
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30834493
439名無しの笛の踊り:02/07/09 13:09 ID:???
age
440名無しの笛の踊り:02/07/09 18:09 ID:iCcezHRk
>>411
1991年8月号。
石井 宏氏の本と近い内容があったから
石井氏が書いたのだと直感したけど。
さがしてみてください。
441名無しの笛の踊り:02/07/09 23:00 ID:???
批評家を批評している皆さんに質問。
なんの恨みがあるの?
教えて。
442名無しの笛の踊り:02/07/10 00:43 ID:???

:::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ::::::|
::::::::::::::::::::::::::/ / //::/
::::::::::::::::::/::/// ///
:::::::::::::::/::/ / ∨     _____________
:::::::::::/::/    、)   /
:::::::://   _ソ  < 平林・・・うそ
\/\    -ノ    \
::::::::::::::\____ノ        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::>
:::::::::::::::::/
:::::::::::::::::\
443名無しの笛の踊り:02/07/10 00:47 ID:???
平林とうそコーホー?
あと福祉魔くん?
444名無しの笛の踊り:02/07/10 19:53 ID:???
 ハッタリって小澤が大好きだよね。
新潮45で、毎月のように「小澤の演奏はクソだった」みたいな
こと書いてたが、そんな嫌いならコンサート行かなければいいし
無視すればええやん?てなことを思ったりする・・・・
445名無しの笛の踊り:02/07/12 23:00 ID:u3v1VB96
age
446八田:02/07/13 03:00 ID:???
小澤大好き!!
447石井宏(本物):02/07/14 17:01 ID:???
小澤大好き!
レコ芸大好き!
448大町陽一郎:02/07/15 01:48 ID:???
僕のことはどう?
449名無しの笛の踊り:02/07/16 01:15 ID:KqYA49N.
大木正興。(故人)どう?
自分と女性演奏家に甘い批評は読み応え
あったが。
450名無しの笛の踊り:02/07/17 10:57 ID:???
単なる古臭い教条主義者にしか思えないが
芸術的にも政治的にも当時からカビ臭さが漂っていた
451名無しの笛の踊り:02/07/17 13:18 ID:???
出谷はバカ
福本もバカ
452名無しの笛の踊り:02/07/17 13:34 ID:???
横溝亮一先生はどうしているのでしょうか。
453名無しの笛の踊り:02/07/17 15:33 ID:hG9bCP76
石井の「誰がヴァイオリンを殺したか」はいいね。書いてあることを認めろ、
という意味ではなくて。今のヴァイオリン観とは正反対のものだから、
是非ヴァイオリンスレのひとに読んでもらいたいよ。結論は渡辺とは
逆だよね。
454名無しの笛の踊り:02/07/17 15:35 ID:???
>>452
金田一耕助の遺産で悠々自適の生活
455名無しの笛の踊り:02/07/18 11:36 ID:cJUzuwx.
>>451
もう、いいよ。バカなことは先刻ご承知地さ。
丸出し!!!!!!!!
456名無しの笛の踊り:02/07/18 14:42 ID:???
20世紀のNo.1音楽評論家 宇野功芳
21世紀のNo.1音楽評論家 許光俊

って感じかな。
457名無しの笛の踊り:02/07/18 14:45 ID:???
>>456
煽らないでね
458名無しの笛の踊り:02/07/18 14:45 ID:???
>456
ふたりがさほど違わないという意味でならYesだね
459名無しの笛の踊り:02/07/18 14:51 ID:???
>>456
ナンバー1って言ってんだよ。さほど違わないって何よ?
460名無しの笛の踊り:02/07/18 15:00 ID:???
>>458
くたばれ、引きこもり野郎め
461名無しの笛の踊り:02/07/18 15:08 ID:???
宇野はあれで一種の芸になっているけど、許の最近の醜態は見てられない。
もう少し耳を養ってから書いてくれ。
462名無しの笛の踊り:02/07/18 15:12 ID:???
いい耳を持っているのに、読者に対して謙虚で演奏家に対して誠実であろうとする → 許 光俊
転調も聞き分けられないのに、読者にハッタリ、演奏家に傲慢 → 吉田秀和
463名無しの笛の踊り:02/07/18 15:18 ID:???
許も吉田と並べられてはうれしいだろうが、名前が入れ替わってるよ。直してあげる。

転調も聞き分けられないのに、読者にハッタリ、演奏家に傲慢 → 許 光俊
いい耳を持っているのに、読者に対して謙虚で演奏家に対して誠実であろうとする → 吉田秀和
464名無しの笛の踊り:02/07/18 15:26 ID:???
20世紀のNo.1音楽評論家 吉田秀和
21世紀のNo.1音楽批評家 片山杜秀

って感じかな。
465名無しの笛の踊り:02/07/18 15:31 ID:wBtgj2y.
>>464
あ、その意見に同意!
466名無しの笛の踊り:02/07/18 15:35 ID:???
>>463
許にショパンのマズルカでも何でも2〜3分の小曲を聞かせて、
転調を全部書き取らせて見たいな。
どれくらい正解できるだろう。
467名無しの笛の踊り:02/07/18 15:37 ID:???
>>464
片山さんの著書名を教えていただけますか?
468462:02/07/18 15:41 ID:???
>>463
フォロースマソ。その通りですた。
469名無しの笛の踊り:02/07/18 15:48 ID:???
佐渡裕はコンクールで、曲の最後の和音で二番クラリネットと二番オーボエが
入れ替わっているのを指摘できたそうですが、「プロの評論家として」佐渡を糞味噌に
けなすなら、少なくとも同程度以上の耳を持った上でけなすのでなければ不公平だと
思うのですがどうでしょうか?

素人が好き嫌いを言う分には何を言ってもかまわないと思うのですが・・・。
470名無しの笛の踊り:02/07/18 16:02 ID:r2w47ZGk
>>469 でも、そうするとブーレーズを評論することのできる人間は世界に
一人もいないということに……
471名無しの笛の踊り:02/07/18 16:06 ID:???
>>470
なるほど。
それでは、後期ロマンは程度の和声進行は全て聞き取って説明できる程度の耳、
ではどうでしょうか?
472名無しの笛の踊り:02/07/18 16:11 ID:???
>>466
元の調が何かもわからないという罠。(w
473名無しの笛の踊り:02/07/18 18:40 ID:???
片山って、すごく面白いし、すんごく評価もしてるんだけど
21世紀のNo.1音楽批評家ってかんじじゃないなぁ。
なんか文芸評論でいうと、福田和也を持ち上げてる気分。

もちろん福田より片山の方が全然面白いのはいうまでもないです。
あくまでも方向性の問題。実際福田に似てるのはむしろ許。

良い意味で「ヒョーロンカ」になんないで、ディレッタントでいてほすぃ。
474名無しの笛の踊り:02/07/18 18:47 ID:???
>>473
>実際福田に似てるのはむしろ許。

その比較は福田がかわいそう。
許は本業でもっとがんばれ。
475473:02/07/18 18:50 ID:???
>474
確かにそうでしたね(wスマソ
476名無しの笛の踊り:02/07/18 19:18 ID:???
むむ
477名無しの笛の踊り:02/07/18 19:24 ID:???
>>473

同意。
片山は異端の大物ってとこだろ。
ナンバー1とかいうのとは全然違う。
478名無しの笛の踊り:02/07/18 19:41 ID:???
>>477
片山を異端と位置付けようにも実力のある正統が誰もいない罠。
479名無しの笛の踊り:02/07/18 19:47 ID:???
実力のある正統ってほんと居ないね。秀和どころか遠山にすら太刀打ちが...
480名無しの笛の踊り:02/07/18 19:54 ID:???
>>479
同意。
音楽評論家のつもりなら、演奏家いじめる前にちゃんとした作曲家論をひとつでも
書いといてほしいね。遠山のショパン論程度のものでいいから。
481名無しの笛の踊り:02/07/18 20:00 ID:J.orbRDs
ガクリ科出身者全員
482名無しの笛の踊り:02/07/18 20:11 ID:???
>>478
俺としては現代音楽周辺から吉田と比較できるような才能が現れて欲しい。
しかし、耳と思考能力と文才と三つ兼ね備えるのは至難のことだとつくづく思う。
20世紀は吉田がいて幸いだったというべきか、吉田しかいなくて不幸だったというべきか・・・。
483名無しの笛の踊り:02/07/19 02:13 ID:???
転調などはおろか、音楽そのものをわかっていない福本健。
終わったホモバカ。
484名無しの笛の踊り:02/07/19 02:28 ID:???
>>482
吉田秀和ってそんなにあがめ奉るべき存在?
485名無しの笛の踊り:02/07/19 06:22 ID:hNpoTfXg
>>484
崇める必要はないけど、他の連中とはきちんと一線を画して評価しないといけないんじゃない?
486名無し:02/07/19 06:29 ID:???
評論家自体、信じられない。
お金少しあげればいい事かいてくれるよ。
487名無しの笛の踊り:02/07/19 06:38 ID:???
>>485
それなら同意。ていうか、他の評論家ってのは皆、彼になりたくてなれなかった人たちだとは言えるかも。>>486も九割方の評論家にはあてはまりそう。
488名無しの笛の踊り:02/07/19 07:56 ID:???
評論なんかで日本なんかじゃ食べては行けない。評論家を養成する場もなければ、
評論家が生活できる場もない。いまの評論はホビーか片手間の遊びと理解すべき。
489名無し:02/07/19 08:36 ID:???
だいたい、どの世界でも、○○評論家とかって言うのが多いけど
どれもこれも、胡散臭い人が多いのは気のせい?
評論家なんて、私たちでもできるよねぇ。
専門はどうであれさ。
基本的に評論家はどれも信じない。
まともな評論にもあたらいし。
危険なのは、素人が評論家の言う事を鵜呑みにして、
自分で聞く耳を持たないこと。
あくまで好みだしねぇ。オンガクなんてさ。
490名無しの笛の踊り:02/07/19 09:14 ID:???
>>488-489 とてーもいーことゆてーる
491名無しの笛の踊り:02/07/19 15:34 ID:???
>>489
本質を突いているといえよう。
自称評論家または単なるガイドではだめなのだ。
しかしまだ自分の好みもわかっていない素人には
必要なのかもしれないということを付け加えておこう。
492名無しの笛の踊り:02/07/19 16:37 ID:???
>>491がいいこと逝った。

自分の好みもわからない素人に、奇演を「これがあれば他は要らない」
などと逝っている評論家は、困ったといえよう。
493名無しの笛の踊り:02/07/19 16:39 ID:???
>>491
そう。必要なんだけど。
それにかこつけて、エセが草の根を腐らせていくのは見るに忍びないね。
494名無しさん:02/07/19 18:31 ID:???
そうなんですよね。変なエセさんが多すぎるから、
一度それを吸収しちゃうと、結構大変なような気がする。
洗脳される感覚だよな。
私、思うのだが、評論家の皆さんに、演奏者の名前は伏せて、
カーテン越しに聞かせたら、どうやって評論するか見てみたい。
そのなかには、結構いけてるアマオケとか、コンクール歴はないが
上手いと評判の学生とか、(だって、コンクール歴によわいでしょ?みんな)
に弾かせてみる。
以外とわかんないと思うな。
先入観ってあるからね。
495名無しの笛の踊り:02/07/19 21:40 ID:???
だから無理だって!評論家教育の場がないんだから・・。
そろそろ外国で教育を受けた人が第一線に出てきてもいいと思うが、
既得権を守ろうとするおじさんたちの縄張りに阻まれてるのかなあ。
それに、1000字くらいでコンサートの評など書けるわきゃない。
筋書きと出演者の名前で終ってるような評論?多いと思わん?
496名無しの笛の踊り:02/07/19 21:44 ID:???
オントモが悪い!
497名無しの笛の踊り:02/07/20 00:37 ID:???
芳岡正樹。ヒストリカルならこの人。
498名無しの笛の踊り:02/07/20 01:42 ID:???
>>497
レコ芸名曲選愛読者のカキコですか?

>>495
技術さえあれば1000字でかけます
499名無しさん:02/07/20 05:16 ID:???
オントモの批評って、「え?それでいいの?」って言うのが多くアリマセンカ?
気のせいかな。。。。
なんだか、妙に褒め上げちゃってるのもあれば、けなしてるのもあって、
そこまでしなくてもいいだろうっていうのが、ある。
一般から、2-3人公募して、評論家さんと一緒に聞きに行って、
結果を見ると言うのは?一般の方にも評論してもらう。
だって、危険すぎる。評論家って。。。
評論家のおかげで、なんでもない人が、スターになっちゃったりして。。
500名無しの笛の踊り:02/07/20 05:47 ID:???

  | ___________________  |
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  ザー
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | ザー
      | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::| |
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ::::::::::::::::| |
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐ l::::::::::::::::| |
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|
      | ̄「 ̄|  ||||||貞|||||||i ̄川リ ̄| ̄|
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|
        /    ||||||||||||||||||
        /    /||||||||||||||||||
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||    バカガバカヲケナシテル・…
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll
    / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l
    ノ川        ||l||l|
501名無しの笛の踊り:02/07/20 12:31 ID:???
500ゲットおめでと!!
502名無しの笛の踊り:02/07/20 17:15 ID:???
>>498

>技術さえあれば1000字でかけます

見本書いてみせてねん。
503名無しの笛の踊り:02/07/20 17:50 ID:???
>>502
新聞批評のできのいい千字くらいのやつを勝手に探して読め。
504名無しの笛の踊り:02/07/21 14:44 ID:???
字数の問題なのかな?
出谷なんて、干されてるので最近は自分のホームページで独り言のような批評を
書いてるけれど、それでも中身はないよね。
理解度の低さを結局露呈させて自爆しているケースが多くてあまりにも愚劣。
505名無しの笛の踊り:02/07/21 15:31 ID:???
字数の問題ではないと思う。能力の問題です。
能力のある人は多ければおおいなりに、少なければ少ないナリに書きます。
短い方が得意な人、長い方が得意な人というのは居ますが。

能力のない人は1000字でも2000字でも大差ありません。
506名無しの笛の踊り:02/07/21 15:42 ID:9rKaBDEs
吉田秀和は水戸黄門。
だから頭の悪い他の連中は彼の書いたことには少しも反駁できない。
戦前の東大仏文科卒の大先輩にはなにも通用しない。
ひかえおろーーーっていうわけだ。
反駁してるつもりでも、吉田のように品性がないからインテリから
嫌われ無視される。
要するに鑑賞力よりも文章力が問題なんだな。
507名無しの笛の踊り:02/07/21 16:17 ID:???
>>506
じゃ、助さん格さんは誰と誰?
508名無しの笛の踊り:02/07/21 16:40 ID:???
>>504
出谷氏のホームページ教えれ。
509名無しの笛の踊り:02/07/21 17:37 ID:BE0WiQTs
出演
>水戸黄門・・・吉田秀和
>助さん・・・朝日新聞の文芸欄責任者
>格さん・・・レコ芸の編集責任者
>風車の弥七・・・小澤セイジ
>悪代官・・・ウノ後方
510名無しの笛の踊り:02/07/21 17:43 ID:???
>>509
>悪代官・・・ウノ後方

あまりにハマリ役といえよう。
511名無しの笛の踊り:02/07/21 18:07 ID:???
吉田の権威は音楽界の中では音楽評によって確立されたが
一般読書人のあいだではむしろ美術論では?
よって出演
>水戸黄門・・・吉田秀和本人
>助さん・・・音楽の文章
>格さん・・・美術の文章
>風車の弥七・・・朝日新聞
512名無しの笛の踊り:02/07/21 18:40 ID:???
>>508 知ってどうする?
盗作で除名処分を受けたヤツの負け犬の遠吠えだぜ
ほっとけよ。
そういえば仲良しの福本の批評も最近あまりみなくなったな。
あれはもっと無知だから当然だけど
もっと勉強しろよな、話にならんぜ。
513名無しの笛の踊り:02/07/21 18:40 ID:???
吉田は中原中也のお友だちってのがすごいよね
中也なんて生前は注目してる人がいなかったんだからねえ
例の小林秀雄とのいざこざもいわば当事者のひとりだったんでしょ?

最近の評論家のお仲間グループなんて、ちんぴらが群れてるだけだもの
514名無しの笛の踊り:02/07/21 18:54 ID:RaaMv1Vc
吉田秀和は、音楽評論家である以前に批評家という感じだな。
少し前の世代から、日本には「批評家」というカテゴリーの人々
がいた。小林秀雄、河上徹太郎、吉田健一、など。
その中で、吉田秀和がどの程度に位置するのかはわからない。

いまは、「批評家」という人種が消滅してしまった。いるのは、
専門家・技術者のみ。だから、ことは音楽評論だけの問題では
ないのではないか、と。

ちょっと無責任な感想だけど。
515名無しの笛の踊り:02/07/21 18:56 ID:???
>>512に同感
そもそもコイツら全然何もわかってないのさ
オーケストラとかホールとか、なんであんな愚劣な連中を
招待するんだろう?
特に出谷なんてどこにも書くところがないんだったら、
ただの普通の人じゃない。おかしいよ。
しかも悪いことして干されてるのに。
福本だってなんだかわかんないぜ
516名無しの笛の踊り:02/07/21 19:24 ID:???
>>497
山崎浩太郎の方が好きだしいい文章書くと思うんだけど。
517名無しの笛の踊り:02/07/21 20:48 ID:???
芳夫かってどういう人なの?
518名無しの笛の踊り:02/07/21 20:51 ID:???
>>513
ちゅうやとの関係なら河上や諸井の方がずっと深いだろう。
秀和なんて端の方にちょこっといただけ。
とにかく昔は世界が狭かったのさ。
519名無しの笛の踊り:02/07/21 22:52 ID:oX7AEpxw
>>518
いまは某CDショップのクラシック売り場責任者。LPも昔からよく集めていて
よく聴いている。昔はフツーのサラリーマンだったが趣味がこうじて現在の
職に。
520名無しの笛の踊り:02/07/21 22:53 ID:oX7AEpxw

訂正スマソ。
>>518>>517
521名無しの笛の踊り:02/07/21 23:18 ID:???
>>518
諸井って親父の方?
関係解説きぼんぬ。
522名無しの笛の踊り:02/07/22 02:29 ID:???
>>515
ああそうか、それならただのタカリじゃない。
出谷とか福本とかいう人は、ならば乞食同然なのか?
523名無しの笛の踊り:02/07/22 02:38 ID:???
まあ、そんなものだろうね。
大体何して食ってるんだか不明だろ。
怪しいよ。なんであんなヤツに原稿書かすんだ。
コンサートのプログラムなんかでも、福本の原稿なんて
お話にならないよ、どこかからの受け売りを適当に再構成しただけ。
まあ、品のない嫌味な感じのやつだから、そんなものだろうけれど。
524名無しの笛の踊り:02/07/22 02:48 ID:???
525名無しの笛の踊り:02/07/22 03:00 ID:???
>>518
河上の紹介で中原はスルヤの準同人だったろうが、諸井と中原がそんなに
私生活までつきあいのある親しい間だったのか?
吉田は周辺かどうか知らないが、例の小林と中原の鞘当てに立ち会っていたわけだし
それより諸井のほうが深いとは知らなかった
諸井とのつきあいは中原の日記とかに出てくるのか?
526名無しの笛の踊り:02/07/22 03:10 ID:???
中原ってのも評論家?スルヤって?
527名無しの笛の踊り:02/07/22 03:20 ID:???
528名無しの笛の踊り:02/07/22 03:31 ID:???
>>522>>523、さかのぼって>>515>>512
の出谷、福本両氏への批判を読むと、
読者として彼らの批評を読んだらレベルが低かったので怒っている
という以上の、炎がメラメラと音を立てて
燃えさかっているような怒りというか憎しみを感じるのだけど、
このスレに来ている皆さん、どうお感じになる?

ぼくは自分が行った演奏会の評をあとで音友で読むと、
福本氏の担当だったということがけっこう多いので、
同氏がそんなへんな批評家だったら、困るんですよ。
529名無しの笛の踊り:02/07/22 05:27 ID:???
なんか吉田粘着ヲタが出てるのか。気味悪いのう
530名無しの笛の踊り:02/07/22 06:58 ID:???
>>525 オマエ、まだ若造だな、冷静に考えろよ。
如何に本人達に才能があったにせよ
傷ついて早逝した人間を祭り上げて神話化させ
それに絡んだ当事者として、オレ達はそんじょそこらの
評論家たちとは訳が違うんだよな、ていうのを
ある面で売りにしてたとも言えるのじゃないのか?

世界の隅々まで情報がいきわたり、それに対してあらゆる人が
あらゆる意見を言い、たとえば死んだ個人のプライバシーを
開示することだけでも問題になるような現代に彼らがいたら、
それこそ単なるチンピラにしかすぎないのではないのか?
531名無しの笛の踊り:02/07/22 08:14 ID:???
とりあえず評論家云々と言うより人としてどうしようもないのが多い。
532名無しの笛の踊り:02/07/22 12:34 ID:???
>>525>>530 ぜんぜんかみあってないと思うけど???
533名無しの笛の踊り:02/07/22 18:24 ID:???
 てゆーか、ほんとに出谷のHPってあるんか?
サーチエンジンにまったくかからないぞ・・・・

>512

 出谷の盗作ってなに?
534512じゃないけれど:02/07/22 18:50 ID:???
535名無しの笛の踊り:02/07/22 18:50 ID:???
たしかに>>530は何を切れてるのかサパーリわからん
文章もよくわからんし
単なるアフォか?
536名無しの笛の踊り:02/07/22 19:50 ID:???
>>528
関西の批評家を中傷しているのは多分一人だね。
ま、よっぽどの恨みでもあるんじゃないかな。
だったらネチネチしてないでハッキリ言えよ。
537名無しの笛の踊り:02/07/22 22:04 ID:???
>>518
諸井はスルヤがらみで中原の詩に付曲した以上の付き合いはなかったんじゃないか?
吉田が中原に家庭教師をしてもらっていたのはちょうど長谷川の妊娠の頃だろ?
書いていること以上にいろいろと見てるんじゃないの?
538名無しの笛の踊り:02/07/22 22:59 ID:???
>>536
でもデーヤンの批評は、レベルの低い感想文程度であったのも事実。
(なぜ今頃ここで話題にされる?)
539名無しの笛の踊り:02/07/22 23:00 ID:???
永岡浩一先生はデーヤンと志鳥栄八郎の影響を受けているな。
540名無しの笛の踊り:02/07/23 00:35 ID:???
>>535

中也と知り合いだったとかさ、そういった材料をいろいろ使ってさ、
成り上がった秀和先生の卑しさを530は語りたいんだと思うよ。
よく分かるけど。
541名無しの笛の踊り:02/07/23 03:18 ID:???
志鳥栄8郎って、忘れられた名文とかという本にも取りあげられていたが、そんなにいいかね?
読みやすいのは確かだが
542名無しの笛の踊り:02/07/23 03:34 ID:???
>>538中村孝義さんはどうでしょう?
543名無しの笛の踊り:02/07/23 03:41 ID:???
読みごたえってことは、読みやすいだけじゃダメでしょ
544名無しの笛の踊り:02/07/23 04:28 ID:???
>>541
確かに解り易いね、志鳥の文。まあ、それ以上でも以下でもない、内容の薄い作文程度の文だけどね。
545名無しの笛の踊り:02/07/23 04:49 ID:???
いま、「現代文学理論」つー本を読んでんだが、特に日本のクラシック業界(そう、音楽界
ではなく、業界なのだ)ってつくづく『評論』が無い不毛地域だな。
ロゴス中心主義に陥るのは危険だが、2ちゃんを見てても、最低限のコンセンサスってゆうか、
同じ土壌でものを語るための基準となる装置がまったくないじゃない伝々・・・

脱構築するには、元となる構造がそんざいしなければやろうにも出来ない訳だからさ。

まぁ、そんなことを考えたということで。
546名無しの笛の踊り:02/07/23 04:55 ID:???
パトス中心主義ってことでよろしく。
547名無しの笛の踊り:02/07/23 05:06 ID:???
アパッショナート
548名無しの笛の踊り:02/07/23 06:09 ID:???
アジャパー
549名無しの筆の踊り:02/07/23 06:20 ID:???
中也の個人教授を受けていた吉田より、
大ワルターの親友であったぼくの方が格が上といえよう。
550名無しの笛の踊り:02/07/23 06:33 ID:???
大体、音楽評論家って、自分が何のために評論活動を行なっているか自覚しているんだろうか?
発見は喜びであり、理解は支配に繋がる。結局、求めているのは自分の気持ちよさだけなんだよな。
551名無しの笛の踊り:02/07/23 08:13 ID:???
中村紘子は、現在最高の評論家でもある。
552名無しの笛の踊り:02/07/23 12:19 ID:???
>>550
オマエモナー
553名無しの笛の踊り :02/07/23 18:21 ID:???
>>545 「評論のない不毛地域」に同意。

ただ「最低限のコンセンサス」の必要性が実感できない。
経験的に、「コンセンサスを形成しよう」という場面には、
学者の都合か、業界の都合しか感じたことがない。
   
554宇野珍呆功:02/07/23 19:33 ID:???
 宇野 崇高な精神 宇野 高邁な理想 宇野 溢れる才能
 宇野 天賦の才  宇野 美しい精神 宇野 偉大な魂
 宇野 叡知 宇野 美徳 宇野 謙虚 宇野 質素 宇野
 功芳 唯一無二 功芳 公正無私 功芳 懇切丁寧 功芳
 きゃあの☆ きゃあの☆ 宇野功芳 といえよう。  
555 :02/07/23 20:28 ID:???
UNO先生は何時からメータの「復活」好きになったんですか?
556宇野珍呆功:02/07/23 21:19 ID:???
「巨チン」を聴いてからといえよう
557UNO後方:02/07/23 21:27 ID:???
振込を確認してからといえよう
558 :02/07/23 22:18 ID:???
最近のメータはユルフンといえよう!
559名無しの笛の踊り:02/07/23 22:23 ID:???
ユルフン=ゆるんだフルトヴェングラー
560名無しの笛の踊り:02/07/23 23:20 ID:???
uno厨が交じるととたんにレベルが下がるな。
561名無しの笛の踊り:02/07/24 02:40 ID:???
他人のことをユルフンなどと言ってるヤシこそユルフンといえよう!
562名無しの笛の踊り
宇野珍呆功はユルチンといえよう