譚盾(タン・ドゥン)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
1OUT OF 北京
アメリカ在住の中国人作曲家・譚盾。
数年前にN響が委嘱した「オーケストラル・シアターW”門”」に衝撃を受けて以来、注目してきました。
今年はサントリーホールの委嘱作「ホール・オペラ”TEA”〜茶経異聞〜」の初演が予定されています。
武満に見出された鬼才・譚盾について語りましょう!!
2名無しの笛の踊り:02/02/22 00:53
「門」は面白かった。
N凶としても画期的な演奏会だったんじゃないかなー。
再演キボーン!
3名無しの笛の踊り:02/02/22 00:59
去年「Music Tomorrow」で指揮してた人?
4名無しの笛の踊り:02/02/22 00:59
5名無しの笛の踊り:02/02/22 01:01
天地人1997萌え〜〜〜
まも萌え〜〜〜
6名無しの笛の踊り:02/02/22 01:03
>>3
そうだよ。
尾高の交響曲とかも振ってたな。
7名無しの笛の踊り:02/02/22 01:12
いつから五分刈りですか?
8名無しの笛の踊り:02/02/22 01:20
教育テレビで、中国の小学生に授業していましたね。
日本フィルとの「マルコ・ポーロ」、特にネット批評では散々
だったけど、そこまでひどかったかなあ。結構楽しめたけど。
9名無しの笛の踊り:02/02/22 01:24
マルコ・ポーロは、演奏会形式にしたこと自体が失敗だったのです。
CDを聴く限り作品自体は悪くないと思う。
オペラとしての上演で聴いてみたい。
10名無しの笛の踊り:02/02/22 01:24
>>6
北爪の地の風景もふってたよ。
11名無しの笛の踊り:02/02/22 01:44
「門」を生で聴いたときにはホントに衝撃を受けた。
何でこんな子供だましにみんな熱狂してるんだろうと。
(スタンディングオベーション出るんだもん。)

NYではみんな譚盾のいかさまさに気づいてもう誰も相手に
したがらないんだとさ。よーくわかる気がする……。
12名無しの笛の踊り:02/02/22 01:56
>>11
あなたは「気が付いた」んだから、もうそれでイイじゃん。
なぜにあなたの主観を他人に押し付けようとキャンペーンするわけ?

まぁ、でもどこの馬の骨ともつかないあなたなんかが言うことよりも、
譚盾の方が全然価値があることだけは間違いない。
悔しけりゃお前の素性を明らかにしたうえで反論してみな、譚盾に。
13名無しの笛の踊り:02/02/22 02:08
>>11 いろいろ文句もあるかもしれないけど、ああいう形で聴衆を楽しませたことは
間違いない。
聴衆が「何」に飢えているのかを正確にマーケティングしていると思うよ。
つうことで、5回くらい「ひねって」作曲されたことが解からなかった君にバイなら!
14名無しの笛の踊り:02/02/22 02:19
5回しかひねってないことが問題なのに。(藁
15名無しの笛の踊り:02/02/23 00:18
>>14
「5回」ってのはものの喩えじゃねーのか?

初期の譚盾って「いかにも」な現代音楽を書いてたけど、90年代半ば以降に個性的なスタイルに変わったと思う。
ところでギター協奏曲はどうなの?
16名無しの笛の踊り:02/02/24 00:47
>>5
天地人良いか?
17名無しの笛の踊り:02/02/24 15:27
>>15
欧米人なら恥ずかしくてやれないようなクラシックのそのまんまの引用
と、東アジア人なら恥ずかしくてやれないような露骨なエキゾティズム
を、「アメリカの中国人」という特権のもとにヌケヌケとやったことを
もって「個性的」と言うのであればそういうことになるのだろうか....
その路線の端緒が『Ghost Opera』ということになるのかな。
18名無しの笛の踊り:02/02/24 15:45
>>17
何が商売になるかよくわかっていて、「中国人作曲家」
という商品を扱う市場を開拓、ちゅうことでは?
いったん糸口がつけば、もっといろんな種類のものが並べられる、と言うことで。
19名無しの笛の踊り:02/02/24 16:13
>>18
ショービジネスという意味では、オーケストラルシアター1から
(あるいは、九歌からすでに)全開だったわけで、それで晴れて
認知されたのに、ますますああいうことになったわけだから....
20名無しの笛の踊り:02/02/25 01:30
誰も譚盾のことを的確に批評出来ない模様。
彼に関して詳しい奴いねーのかよ?
21名無しの笛の踊り:02/02/25 11:57
>>20
何をもって「的確に批評」って言うんだろう?
「音楽の本質を理解した上で褒めてくれること」
を期待してるんだったら、それは永遠に無理(藁
22名無しの笛の踊り:02/02/26 01:21
みんな譚盾に嫉妬してるの?
23名無しの笛の踊り:02/02/26 01:51
譚盾別に嫌いじゃあ無いんだけど、自分ちでこの人の曲聴こうって気には…ならんなあ。
嫉妬ではないぞ(藁
24名無しの笛の踊り:02/02/26 02:11
パリで1月末から2週間にわたって開かれた現代音楽祭プレザンス。
今年は譚盾をオープニングに持ってきた時点で、すでに終わっていた。
もっとひどいのは譚盾のシンパ、チェン・キガン。
いずれも薄っぺらな中国文化の押し売り。あれに熱狂している聴衆が信じられない。
と言うか音楽祭自体わけのわからん安っぽい中途半端な曲ばかり集めていて、
いつから商業主義に走ったんだと首をひねらざるを得ない。
と言うかこれら全て無料なんだから(藁、商業主義は関係ないか。プロデューサーの趣味だ。
25名無しの笛の踊り:02/02/26 04:30
>>サントリーホールの委嘱作「ホール・オペラ”TEA”〜茶経異聞〜」の初演
なんじゃそりゃ!またイカサマ作曲家かよ。

サントリーホールは芥川也寸志の響を再演してくれ。
26名無しの笛の踊り:02/02/26 04:32
チェンってメシアン門下のやつでしょ?
けっこうおもろいけど、タンよりは音楽として楽しい。
27名無しの笛の踊り:02/02/26 04:33
サントリーの中国茶マズ〜〜。
28名無しの笛の踊り:02/02/26 04:33
タンって、侍魂でこの前話題にされたエリート中国人の特徴
1、短髪
2、目が鋭い
まさにそれだね。
29名無しの笛の踊り:02/02/26 04:35
>>27 なるほど、そういう事での委嘱か。
じゃあ、サントリーのお茶についてるシールを10枚送ってチケットプレゼントか?
30名無しの笛の踊り:02/02/26 04:36
どうも、侍魂の健です。
いやあうちのサイトのを引用して頂いて…ありがとうございます。
しかし照れるものですなあ。
31名無しの笛の踊り:02/02/26 04:40
>>30 アッ!ニセモノ
32名無しの笛の踊り:02/02/26 04:43
しかしまあ、侍魂は中国ネタ好きだから、タンをネタにすれば
きっと面白い話が書けると思う。
それこそ、タンのオペラに先行者を出して欲しい。
タンと先行者の組み合わせはピッタリだ。
33名無しの笛の踊り:02/02/26 04:44
タンにしろ、中国人ってろくな作曲家が出ないね。
34名無しテノール:02/02/26 04:52
あのミレニアムのやつ萎えるんだけど。
35名無しテノール:02/02/26 04:53
あ、先行者は萌え♪w
36名無しの笛の踊り:02/02/26 13:06
>>24
陳其鋼(あまり自信なし)のCDは持ってる。中国にいた時の
曲はなかなか面白かったけど、フランスにいるうちに酷いこと
になったね。譚盾も中国時代の曲はかなりいいと思うんだけど。

>>33
日本の洋楽受容には曲がりなりにも100年以上の歴史があるけど、
中国は文化大革命で滅茶苦茶になってまだ30年弱だからしかたない
のでは。でも、現在の譚盾が権威では、ますます夜明けは遅れそうだ。
37名無しの笛の踊り:02/02/26 19:09
以前N響が中国公演と直後の定期で2曲取り上げた女性作曲家チェン・イってどうよ?
一応両方ともFM録音は取り損ねたが、ビデオで確認できる。
38名無しの笛の踊り:02/02/26 23:47
チェン・イ、あんまし良くないと思った。
39名無しの笛の踊り:02/03/02 23:55
マーガレット・レン・タン
40名無しの笛の踊り:02/03/03 08:32
>>39
それはピアニスト

演奏家はいいんじゃない?イギリスみたいだ
41名無しの笛の踊り:02/03/06 00:35
不敵な面構え!
42名無しの笛の踊り:02/03/09 00:15
新情報キボンヌ!
43名無しの笛の踊り:02/03/09 00:38
俺的なイメージではジョン・ケージ+武満+ポップス(映画音楽)÷3の中華風
ってとこかな?
やってる事はすごくあざといんだけど、日本人や西洋人と違って大マジメに
やってるから嫌味な感じはしない。
もうひとつ吹っ切れて時代遅れの<前衛>の尻尾を切り落とすと、
クラシック界のジョン・ウィリアムスになれるんじゃないの。
44名無しの笛の踊り:02/03/09 00:41
まあ水野修好よりはずっと評価するよ.
45名無しの笛の踊り:02/03/09 20:23
今、NHK教育に出演中!

未来への教室
「譚 盾(タンドゥン)」(2)− 民族の宝が眠る村へ −
46名無しの笛の踊り:02/03/09 20:24
おおっ、譚盾だ〜
47名無しの笛の踊り:02/03/09 20:36
「八卦」とタン・ドゥンか・・・
興味深い内容だ。
48名無しの笛の踊り:02/03/09 20:39
「ゴースト・オペラ」の意図するところがわかったような気がする。
ところでこれ再放送デショ?
49名無しの笛の踊り:02/03/12 00:12
おざわとやったやつさいこー
50水野スレの住人:02/03/12 01:17
水野をバカにするなよう!
51名無しの笛の踊り:02/03/13 01:43
このレスの少なさ・・・
結局おめーら誰一人として譚盾のことを良く知らないことが判った。
52名無しの笛の踊り:02/03/13 11:42
tan2 dun4          
53名無しの笛の踊り:02/03/13 11:53
さいこうっだね、
54名無しの笛の踊り:02/03/15 02:14
オペラ「マルコ・ポーロ」ってどうなの?
感想キボーン!
55名無しの笛の踊り:02/03/17 02:18
age
56名無しの笛の踊り:02/03/18 22:43
誰か〜マルコポーロについて教えてくれ〜
57岡田克彦 ◆PXG5trJ2 :02/03/18 23:03




2チャンネラーのヴァカ共へ

思い上りもほどほどにしなさい。私のような頭の切れる文化人の
復活も失脚もあーたのような低能な2チャンネラーに出来ると思ってるの?

ちゃんちゃらおかしな事です。もっと勉強しなさい、このヴァカ共。
ま、もともと感受性が欠落しているから、何やっても大成しないでしょうけどね。

そして、私のしていることを、「荒らし」とは何事。2チャンのヴァカ共に
私の高邁な思想をお話するきっかけをつくって差し上げているのです。
有難く私の音楽を下記ホームページで拝聴なさい。
岡田克彦の音楽ホームページ「K.OKADAワールド」
(URL;http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5933/
58名無しの笛の踊り:02/03/21 12:05
最近 ギター協奏曲のCDを見たが、あれ良いのか?
59名無しの笛の踊り:02/03/21 12:26
タン・ドゥンはともかく、誉める奴は難聴且つ弱視及び低脳。
60名無しの笛の踊り:02/03/21 14:15
>>59
みなさんごめんなさい。
59は病気なんです。許してくださいね。
61名無しの笛の踊り:02/03/21 14:19
>>58
イスビンのやつだな?どうなんだ?誰か買ったやつはいないのか?
62名無しの笛の踊り:02/03/21 14:41
>>61
タワーで視聴して買うの止めちゃった。
じっくり聴いてないので何とも言えないけど、パッと聴いた限りは・・・
63名無しの笛の踊り:02/03/21 14:44
>>62
それだけじゃ、肝心な情報がないじゃないか!
どうなんだ?曲がだめなのか?ギターがだめなのか?
64名無しの笛の踊り:02/03/26 03:08 ID:nuWv4GMQ
マルコ・ポーロ良いねえ。
なにげにテノール高い音要求されてるんだよなあ。
合唱はホーミーだし。
65名無しの笛の踊り:02/03/26 03:09 ID:nuWv4GMQ
手書きの楽譜見てると面白いよ。
66名無しの笛の踊り:02/03/26 03:11 ID:???
67名無しの笛の踊り:02/04/08 00:49 ID:???
すんげー遅い突っ込みだけど、>>66そりゃぁ「マルコポーロ」違い。
引き続き、タン・ドゥン情報キボンヌ!
68名無しの笛の踊り:02/04/16 21:27 ID:???
ミレニアム企画で2000年の大晦日の晩、世界中を繋いだ中継番組で演奏された
2000トゥデイってどうよ?
漏れはCDも買って聴いたけど、うーん・・・って感じだった。
1回しか聴いてない。
69名無しの笛の踊り:02/04/16 23:31 ID:6rhzxjy.
譚盾の新作公演情報っす。
------------------------------------------------
ホール・オペラ「TEA」〜茶経異聞〜
サントリーホールオペラコンサート・シリーズ 2002
10/22,24サントリーホール(大) 【S】4/18
指:台本:作曲:タン・ドゥン 台本:シュウ・イン
演:ピエール・アウディ(ネザーランド・オペラ芸術監督)
出:ハイジン・フー(Br)/ナンシー・アレン・ランディ(S)/他
---------------------------------------------------------
譚盾は「生演奏で面白く、CD聴いてがっかり」タイプだと思う。
取りあえずいってみようかな。
70名無しの笛の踊り:02/04/16 23:50 ID:???
>>69
それは言い得て妙だ。
視覚的要素が強いのか?
いや、それだけとも思えないなー。
ナンシー・アレン・ランディは「門」でも歌ってたね〜
71名無しの笛の踊り:02/04/16 23:51 ID:???
>>69 チケット発売された?
72名無しの笛の踊り:02/04/17 01:01 ID:bZgU2GsQ
うってるんじゃないかな
73名無しの笛の踊り:02/04/17 12:41 ID:???
マルコ=ポーロ。本当に皆面白いと思って聴いているのか。
舞台で見たしCDで予習もしたが、覚えているのは褌一丁の
坊主頭の女が四六時中舞台上をのた打ち回っていたことと、
マラ大地の歌の引用があったことくらい。
台本もよーわからんし。(台本執筆のPグリフィスの批評は好きだが。)
現代音楽アレルギーは無いつもりだが、残念ながら駄目でした。
74名無しの笛の踊り:02/04/22 10:11 ID:4.hruHmg
よく指揮もしてるけれどどうなの?
とくに自作以外の場合を知りたいんだけれど
75名無しの笛の踊り:02/04/22 11:33 ID:???
自作以外はしないんじゃないの?
76名無しの笛の踊り:02/04/29 00:53 ID:???
>>75
昨年は「Music Tomorrow」で尾高の「交響曲第1番」など振ってたけどねー
指揮者としてのアイデンティティは無いんじゃない?

ところで最近、演奏会場で配るチラシに例の新作オペラ「TEA」を良く見かける。
サントリーホールの委嘱作品だけど、宣伝費かなりかけてる模様だ。
しかしチケット高すぎねーか?
77名無しの笛の踊り:02/04/29 00:55 ID:???
お茶?(藁
78名無しの笛の踊り:02/04/29 01:06 ID:???
>>77
そう、邦題「お茶」。
「茶経異聞」というサブ・タイトルを持つ「ホール・オペラ」だ。
オケはN響、チョト意外だが、「門」以来の縁だろうか。
S 18,000円
A 16,000円
B 13,000円
79名無しの笛の踊り:02/04/29 01:34 ID:???
>>76
「演奏会形式」ではなく、「ホールを会場にしたオペラ」で、委嘱料とかも
込みならこんなものでは?新国の新作初演並みというか。高すぎると感じる
としたら、だいたいどの程度の曲かすでに予想がついているからだと思われ。
80名無しの笛の踊り:02/04/29 02:19 ID:???
>>79
「オペラ」として考えれば、決して高いとは思わない。経費は莫大なものだし。
しかしそうは言ってもこれは「新作」、世界中の誰もこの曲を聴いていないし、作曲家ですら作曲中だ(w
単に「期待料」として譚盾のオペラに投資するにはリスクが大き過ぎる気がしてならない。
オーケストラル・シアターW「門」のように、割り切ってエンターテインメント作品に仕上げれば、
観客はそこそこ満足するだろうけど。

ところで、2年前に世界ツアーで公演してた「新マタイ受難曲」はどうよ?
漏れは結局行かなかったんだけど、聴いた人感想キボンヌ!
81名無しの笛の踊り:02/04/29 02:25 ID:???
>>78
パンフのどこかに宣伝書いてそーだな。

『烏龍茶は、3トリーのこと』
82名無しの笛の踊り:02/04/29 02:41 ID:???
>>80
オペラだとしたらステージと通路だけでは辛いので、2階席のステージ
側も使うんじゃないかなあ。それだけ客席が減れば、高くもなるのでは。

「新マタイ」、漏れも行かなかったけどけっこうな値段だった。客は相当
入ったらしいけどそれでも大赤字で、ソティエが潰れた直接の原因らしい。
83名無しの笛の踊り:02/04/30 23:21 ID:???
「新マタイ」情報、継続してキボーン!
84名無しの笛の踊り:02/05/01 14:56 ID:???
さっき、本人とすれちがったよ。女連れだったけど。
85名無しの笛の踊り:02/05/01 21:52 ID:???
>>84 
え?
86名無しの笛の踊り:02/05/03 15:04 ID:???
>>85
METの地下で。ドミンゴ聴きにきてた。
なんでも、今度はドミンゴにオペラを書いているとか。
87名無しの笛の踊り
>>86
そりゃすごい。
日本にいるかと思ってワラタヨ
オペラにハマってんのね、譚盾って。