「 どうして(現代音楽を)作曲するのか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しの笛の踊り
と問われて(質問する記者も記者だ) 高橋悠治が切った啖呵、
「人類は遠からず滅びるが、
  その後地球を訪れる知的生命体に我々の存在を伝える系として最適なのが音楽だからだ」

それにツッ込んでワタクシ曰く、
「確かに。 但しそれはアンタの『音楽』じゃない」(笑)

という訳で、「現代音楽」に対する賞賛・罵倒・期待・諦観・想ひ出・トラウマ・感謝の念・恨みつらみ…
なんでも結構です、皆さんの心情を吐露してみてください。

「E.T.へ人類の存在を知らしめるに最適」と思われる作品(音楽に限らず)もよろしく。
2名無しの笛の踊り:01/10/05 16:05
>>1
このセリフだけ見ると電波系みたいだ…>ゆーじ
3名無しの笛の踊り:01/10/05 16:08
「どうして(このスレを)立てたのか?」
4名無しの笛の踊り:01/10/05 16:09
知的生命体だから現代音楽がワカルノダ!
5お姉さん♪@Polymorphia:01/10/05 16:10
>>1 名前:名無しの笛の踊りさん
ケージのプリペアードピアノの為のソナタ、よかったよね。<高橋悠治
end of line
6名無しの笛の踊り:01/10/05 16:21
ということで

★★★★★★★★★★★★★終了★★★★★★★★★★★★★
7鈴木靖男(58歳):01/10/05 16:55
********************** 再会 ****************
Muzio Clementi Sinf D-dur op18/2 S4 Allegro assai
を聞くとなぜ悲しくなるのか?
8名無しの笛の踊り:01/10/05 17:14
>7
知らん
9名無しの笛の踊り:01/10/05 19:17
西洋文明の特徴として限りない進歩史観があるから。
偉大な先達が、人間の美的感覚を広げてくれました。
そのレールから外れる事も自由。
でも、そのレールに乗ってもっと発展させたいと思う人もいる。
それを聴きたいという人間もいる。
10:01/10/05 19:34
>5「お姉さん♪@Polymorphia ★」様。
 確かに。 アレ聴いた後では他の演奏は全部ベートーヴェンに聞こえる(オモシロイけど)。
「やっぱりケージは日本人じゃなきゃ弾けませんね」LOVE談。
over & out   
11名無しの笛の踊り:01/10/05 20:08
クラヲタにさえ見放されたゲンダイオンガクなんて誰が聴くんだろ。
誰も聴かない音楽作って何が嬉しいんだろ。この糞オナニー連中は。
12名無しの笛の踊り:01/10/06 01:57
現今の音楽事情
知らぬはクラヲタばかりなり
13名無しの笛の踊り:01/10/06 01:58
終了
この手のスレは定期的に立つな。
15名無しの笛の踊り:01/10/06 02:05
終了取り消し。

昔の音楽にはもうあきた。
現代音楽しか面白くきけるものなし(きっぱり)。
16名無しの笛の踊り:01/10/06 02:07
>>15
それを言う所の現代音楽作曲家の前で言ってみてくれ。
「昔の音楽にはもう飽きた」ってね。
17名無しの笛の踊り:01/10/06 02:13
16>>>>
だれも前でもいくらでも言ってあげよう!!!
18名無しの笛の踊り:01/10/06 02:16
>>17
じゃ、その模様を的確に伝えてね。
画像と音声付で。あぷまってます。
19名無しの笛の踊り:01/10/06 04:06
1. 時代を問わず「同時代の作品」の99%はゴミである。
2. 時間の淘汰を受けなお残った過去の傑作を、同時代の有象無象と
単純に並べただけの現代批判の99%もゴミである。
3. 同時代音楽のライブに行かずCDも聴かず、前線で活躍中の
作曲家の名前すら知らないにも関わらず「同時代」を批判する資格が
自分にあると思える幼児的全能感の持ち主、これは100%クズである。
人によってはごみでも、私にとっては宝とか。そういうこともある。
Johnston、Brantは、マーケットから外されてる。あんなにユニークな音楽やってるのに。
21名無しの笛の踊り:01/10/06 04:29
今日の横浜のテニー、拍手少なかった・・・

日本人のウケ狙い見え見えの派手な新作は
ねらいどおり拍手もらってた。あんなもんなんかね・・・
>>21ほんとに?。かわいそうだなぁ。CalArtsに引っ越してから、あんまり注目されなくなっているかも。
23名無しの笛の踊り:01/10/06 04:39
>>22
ああ、漏れにとってはテニーだけ「別格」だったんだがね。
ダシの取り方から根本的に違うのが伝わらんのかなあ。

あと、ティエンスーの「ソーマ」はパイオニア的なところは無いが
良質の娯楽作。クラヲタ向けのプログラムに入れても大丈夫だろうな。
>>23ティエンスーはBISにそそのかされて、人が変わった。
25名無しの笛の踊り:01/10/06 04:48
>>24
つーか、もともと志の高い奴でもないんじゃ?
娯楽に徹すればよいよ。ダメなウケ狙いよりマシ。
26名無しの笛の踊り:01/10/06 05:04
27名無しの笛の踊り:01/10/06 07:05
ここは現代音楽制作者のオナニースレですか?
28名無しの笛の踊り:01/10/07 00:55
自分が聴きたい曲を書く。
29名無しの笛の踊り:01/10/08 02:48
テニーの「ダイアパーソン」はCDになっていたよね。確か。
B♭を基準にした自然倍音のうち、23までの素数の比系列に連なる倍音を
もとに作曲された音楽。テニー流にいうと、これが彼の考える新しいハー
モニーの概念を作品化したものらしい。

            Λ_Λ
           ( ´ー`)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           )) l l。テニーはガムランとピアノのための曲があるんだけど、ピアノは9平均律で調律。自然倍音だけに固執はしていない。
     , , -‐´,‐-、 /  l\_________
3121:01/10/08 03:08
>>30
誰も固執してるとは書いてないだろ。
本人もレクチャーでそういってたしね。
一言多いんだよキミはいつも。
32名無しの笛の踊り:01/10/08 03:29
「現代音楽」の根底にある考え方について、マジで
このスレの人に訊きたいことがあるんだけど、
このスレに粘着質なHazumoererがいるようなので
訊くのがためらわれます…
尊大で粘着質なんだもん…
33:01/10/08 18:57
>32様。
私もお訊したいです、貴方の言われる「根底にある考え方」。

どうもスレッドのヴェクトルが「現代音楽の『今』を語る」になって行きそうなので、
イヤそれも面白いのですが、もっとざっくばらんに、「この手の」音楽について皆さんが
感じ考えているのはどんな事?と言うのが主旨で立てた私としては大歓迎。

ためらわず是非、お願いします。  倉庫落ちはイヤじゃぁ〜(泣)。
34:01/10/08 19:10
誤記。

「お訊したい」→「お訊きしたい」

「お尋ねしたい」にしとくべきだったかな。  いずれにせよ陳謝。
なかなかいいタイトルなので、今度からはここに書くことにしましょう。
私の簡単な自己紹介です。ご参考までに。

894 :名無しの笛の踊り :01/10/08 14:39
報復ねぇ。
どこからどう見ても報復に躍起になってるのは
オマエさんのほうだがな。「警告」なんていっちゃって。
リアル厨房でももうちょっとマシな対応見せるだろうに。

音楽の話にしても、どっかの引き写しをそのまま開陳する事しか
できない。

オマエさんの正体は、田舎の名もない大学でピアノを学ぶ性的倒錯者。
それ以上ではありえない。
逝ってヨシ

このように、何時でも煽り軍団(通称プロ固定)が常駐していますので、注意が必要です。

877 : :01/10/08 12:07
マジで迷惑しているんですよ。
固定ハンドル用のスレッドはガイドラインに反するのに
それを無視してひたすら書き込みまくり。
しかも最近はすさまじい妄想を繰り広げるときたもんで。

自業自得ですね。削除を怠り、煽り屋を雇って、返り討ちにあっているようではだめですね。
37名無しの笛の踊り:01/10/10 12:42
コメットさん、ちゅ。(←浮気確定)
38名無しの笛の踊り:01/10/10 12:56
とんでもない闖入者のおかげで早速荒れそうですね。
ハズスレも終了したことだし。
スレ主が気の毒。
39名無しの笛の踊り:01/10/10 13:05
葉月りおなに萌えてるんだったら、Ha'd'umoere にしなきゃ、ダメじゃん
「はずき」じゃなくて「はづき」だよっ!
んもう、オタのくせして甘いんだからっ・・・ ちゅっ(ハート)
↑あまり効果的でない煽り方。マニュアル通りに動いていると思われる。
41名無しの笛の踊り:01/10/10 14:21
煽ってるんじゃなくて、注意してるだけなのに…
42 :01/10/10 14:26
>>41これでも読めば?


104 名前: ワイン比呂有紀 投稿日: 2000/05/12(金) 21:01

コラ事情通。
お前、あんま調子こいてっとマジでやっちまうぞ?
テメェが誰なのかはもう皆知ってんだぜ?
俺もお前と同じで止めた口だが、最低限のルールってもんがあるだろうが。
なんで今頃になって暴露するのか意図が全然見えねぇよ。
それに、お前がクビになった理由をまだ気づいて無いようだな。
お前の作ったスレッドやレスに顧客がつかねぇのはお前自信の問題だ!
43名無しの笛の踊り:01/10/10 16:03
            Λ_Λ
           ( ´ー`)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           )) l l。Hazu警報発令中。
     , , -‐´,‐-、 /  l\_________
44ナナフシの笛の踊り:01/10/10 16:45
>>39様。
「葉月りおな」 だったんですか。
私ゃてっきりおジャ魔…
45名無しの笛の踊り:01/10/10 21:19
葉月を「はずき」ってタイプしたらATOKに<<「はづき」の誤り>>って注意されちゃったよ!
なるほどー
「はづ」ぅ、訂正した方がいいよ。
46名無しの笛の踊り:01/10/11 08:36
>>44
39さんは間違い。というかネタか荒らしと思われるが、
不明。念のため。
47間違ってないよ:01/10/11 15:20
葉月りおなに萌えてるんだったら、Ha'd'umoere にしなきゃ、ダメじゃん
「はずき」じゃなくて「はづき」だよっ!
んもう、オタのくせして甘いんだからっ・・・ ちゅっ(ハート)
48名無しの笛の踊り:01/10/11 21:14
>>39様。
「葉月りおな」 だったんですか。
私ゃてっきりコメット…
49名無しの笛の踊り:01/10/12 20:09
そんな事より>>1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、高橋悠治の演奏会行ったんです。悠治。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんかロビーのCD売り場に人が群がってて、バッハやサティのCDばっかり売れてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、「フーガの技法」如きで普段来てない高橋悠治なんか聴きに来てんじゃねーよ、ボケが。
フーガの技法だよ、フーガの技法。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でコンサートか。おめでてーな。
よーしパパ、クリストフ・ヴォルフ校訂の初期稿買っちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、クリスチャン・ウルフの「エクセサイズ」のスコアやるからその席空けろと。
悠治の演奏会ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
ホールの隣に座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、水牛楽団がどうとか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、水牛楽団なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、水牛楽団、だ。
お前は本当に西沢幸彦のケーナが聴きたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、成田闘争の追憶に浸りたいだけちゃうんかと。
高橋通の俺から言わせてもらえば今、高橋通の間での最新流行はやっぱり、
「BridgesT」、これだね。
初期シンセの懐かしい電子音の明滅。これが通の聴き所。
「フォノジェーヌ」以来の晦渋だがとぼけた味わいと、グラフ理論によるメロディ生成。これ最強。
しかしこれを演奏すると直ちに、後期作品群しか聴き慣れていない前衛知らずの世代からブーイングが出る危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らは、「この歌をきみたちに」でも聴いてなさいってこった。
50名無しの笛の踊り:01/10/12 20:17
Bridgesって、初期シンセじゃなくて電気チェンバロだったような気が。
51名無しの笛の踊り:01/10/12 20:56
>>49
「フォノジェーヌ」って聴いたことないんだけど、どんな感じ?
52名無しの笛の踊り:01/10/12 22:13
普段、現代音楽は聴かないが、
数年前ブーレーズが東京で現代音楽祭やったのはTVで見た。
なかなか面白い音楽だったと記憶している。
アナーキー(死語)なやっちゃなぁーと思った。

ところで「現代音楽」という名称は変えたほうがいいよね。
一応、アイデンティティがあるんならさ。
「自分はこういうスタイルですっ!」ていう何かがないとさ。
聴くほうも何を期待すればいいのやら。

「ブーレーズ流」「武満流」としか言いようのない世界なのか。
53名無しの笛の踊り:01/10/12 22:33
>>52
一応作風を表す言葉はいろいろあるけど一般には広まらないよね。
新しい複雑性、新しい単純性、ネオロマンチシズム、スペクトル楽派
とか?
54名無しの笛の踊り:01/10/12 23:50
現代音楽マンセー!!!!!
55名無しの笛の踊り:01/10/12 23:56
というかね、あまりにも価値観が細分化し過ぎたせいで、昔に比較して、同時代の共通性とか
様式みたいな物がこれまた細分化しているよね。
56名無しの笛の踊り:01/10/15 17:37
 
57名無しの笛の踊り:01/10/15 20:16
現代音楽というか、今作られている音楽を聞くのは当然じゃ。
それを気に入るかどうかは別にしてね。まず聞くこと。聞
いてわけがわからんかったらなぜわけがわからんのかを考えること。
ごくふつーの行為だと思うけど。

作曲するのも当然。誰が聞くかなんて考える必要まったくなし。どれだけの人に
聞かれるかとかさ、いくら売れるかってのは産業の問題であって、
音楽にとって本質的な問題じゃない。
もちろん「音楽と産業」について考えるのは大事なことだけど、
まず分けて考えなければならないと思いますです。

だいたいレコードとかCDとかってさ、ごく最近のものじゃん。
58名無しの笛の踊り:01/10/17 21:26
娘。だって現代の音楽だ
59名無しの笛の踊り:01/10/19 12:17
>>58
同意しちゃうよ。
クラの現代音楽って習得がえらく困難な方言って感じ。
まあ俺もそれを好きこのんで聴いてる面もあるけどな・・。
60名無しの笛の踊り:01/10/19 12:29
>>57
>作曲するのも当然。誰が聞くかなんて考える必要まったくなし。どれだけの人に
>聞かれるかとかさ、いくら売れるかってのは産業の問題であって、
>音楽にとって本質的な問題じゃない。
>もちろん「音楽と産業」について考えるのは大事なことだけど、
>まず分けて考えなければならないと思いますです。

でもさ、音楽って聴かれなければ何の価値も無いでしょ。
たとえ「この音楽は価値がある」と作曲家自身が考えていたとしても、
実際に「繰り返し」演奏されることなく埋もれていくことになるとしたら、
それはその作曲家のオナニーに過ぎないような気がする。

むろん、だからといって大衆受けをねらった作品が優れているというつもりで毛頭無い。
61名無しの笛の踊り :01/10/19 12:52
>>60

俺は57じゃないけど、半分くらい賛成だな。
つまり、たくさんの人に聴かれたり繰り返し演奏されることをどう考えるかということも、
最終的には、作曲家の個人的な満足という話になるんじゃないか。
いい作品が埋もれていくことだってあるし、後世が発見してくれることもあるだろうし(笑)。
もちろん、食えなきゃ困るわけだろうけど、
あとはどういう層に向かって書くのか、どこまで金儲けをするかという話じゃない?
仲間内で楽しく生きていければいいと考えるか、もっと広い聞き手を望むか。
62名無しの笛の踊り:01/10/19 20:04
>>60
大友良英がどこかに書いてたけど、作曲家の個人的なヴィジョンで
完結して、演奏家には「作曲家の意図に忠実であること」を求める
近代西洋音楽のあり方自体が、既にオナニーなんじゃないか?

部屋で一人でするオナニーは駄目なオナニーで、大勢の観客の前で
何度もするオナニーは立派なオナニーだってもんでもなかろう。
63名無しの笛の踊り:01/10/19 20:10
いや、大勢の観客の前で、ついでに観客も一緒になってオナニーする、作品があってもいいと思うんだよ。
64名無しの笛の踊り:01/10/19 20:12
健康的ね。ドイツ人とか真顔でやっちゃいそう。
65厨房:01/10/19 22:23
台所の金物を一斉にぶちまけたような「現代音楽」を聞きました。
はっきり言ってちっともいいと思えません。笑えます。
調子はずれで不気味で、うるさくて退屈。
音楽ではなく雑音です。
近所の夫婦喧嘩のほうがマシです。
音楽を馬鹿にしているみたい。
ああいう音楽なら才能とかなくても、誰でも作曲できますよね?
五線紙にインクを霧吹きで吹きかければいいのですから。
それか瓶とか缶をがむしゃらにガチャガチャ鳴らせばいいのですから。
66名無しの笛の踊り:01/10/19 23:06
激しく同意で、ございます。21世紀を生きる、子供達の教育上にもよくありません。おねがいです、これ以上多くの罪のない子供達を恐ろしい毒牙の犠牲者にしないように。いえ、私はいいんです。子供達が・・・。
67名無しの笛の踊り:01/10/19 23:34
説得力のあるオナニーなら可。理由付けはいらん。
68名無しの笛の踊り:01/10/20 00:42
もう現代音楽といっても、一定の聴衆がいて、水準や評価というものがある程度固まっているんだから、
いまさらそんなに特別視する方が変だという気がするよ。
俺なんか日本の雅楽なんかより、ブーレーズやクセナキスやウストヴォリスカヤを聴いている方が
楽しいし、美しいと感じるし、よっぽど退屈しないけどね。
69名無しの笛の踊り:01/10/20 01:08
<<68
「一定の聴衆がいて、水準や評価というものがある程度固まって」いる
とはとても思えませんが。
ブーレーズはともかく、「クセナキスやウストヴォリスカヤ」の評価が
定着することはありえないと断言していいのでは?
現代音楽というのは、いろいろあるなかで自分の感性にあったものを
見つけて理解を深めていくのが面白いのであって、「水準や評価という
ものがある程度固まって」などというのは違うと思うし、そもそも関係
ないのでは?
70名無しの笛の踊り:01/10/20 01:15
「固まって」はいいすぎたかもしれないけれど、
評価や水準を議論できないジャンルではないというだけのことです。
>>65みたいな意見が出てくるからさ。そうではないだろうと。
71名無しの笛の踊り:01/10/20 01:27
>>69
あんた本当ヴァカだね〜。面白いよ。
「感性」云々いうところが、厨房曝してて良いね。
だいたいクセナキスの評価についての御断言がすごいね。心底感服した。
とてもまともにクラシック(現代音楽を含む)を聴いてるとは思えんね。
まぁ、御批判も結構だけど、やる事やってから御高説するんだね。
物事なんでも思い込みで発言するところは、厨房の独壇場なんだけどさ。

それから << じゃなくて >> だから。
72名無しの笛の踊り:01/10/21 00:20
クセナキス?
そりゃブーレーズとは比較にならんでしょう。
だいいち、50年代、60年代の現代音楽をとりまく環境がどんなに
熱かったか。
それに比べて、もはやアンダーグラウンド化した今の現代音楽シーンからは
もう「評価の定まった」存在は出ないのでは?
それにしても、現代音楽オタクの社会的無知はもはや救いようがない。
陰険なマニアのあいだでいくら評価が高くても
それが世間での評価につながらないことぐらい解らないのかな?

いずれにしても、世評にとらわれないで現代音楽を聴くということが
大事だと思う。
「レコ芸」の月評のように武満だったら何でも特選というのはひどすぎる。
現代音楽市場そのものが武満に頼り切っているのが見え見え。
73名無しの笛の踊り:01/10/21 00:30
>>72
クセナキスが最も衝撃的だったのがそもそも50〜60年代だよね。
それでも彼の評価は定まっていないわけ?
ちょっとおかしいんじゃない?
74名無しの笛の踊り:01/10/21 00:33
>>72
>それにしても、現代音楽オタクの社会的無知はもはや救いようがない。
>陰険なマニアのあいだでいくら評価が高くても
>それが世間での評価につながらないことぐらい解らないのかな?

ここの部分が良く分からない。
陰険なマニアのあいだで評判が高くても世間で評価されてない音楽、って
いったい具体的に誰のどういった曲のことを指してるの?
あまり思いつかないんだけど?
75名無しの笛の踊り:01/10/21 00:35
>>72の「世間」が狭いだけ。
76名無しの笛の踊り:01/10/21 00:39
72は本当にクセナキス知っててモノ言ってんの?
77名無しの笛の踊り:01/10/21 00:43
「現代」音楽スレって、どれも荒れてるね。
それだけまだまだ不安定でおもしろい音楽って事ぢゃ。
78名無しの笛の踊り:01/10/21 00:44
クセナキス知らぬはクラヲタばかりなり
79名無しの笛の踊り:01/10/21 00:45
クセナキスも世を去ってしまい、「過去」の人となってしまったわけで
漏れは「現在」作品を発表してる人の話を聞きたいぞ。
(漏れの中ではクセナキスの評価はすでに定まっているので)
80名無しの笛の踊り:01/10/21 00:45
つまりはクラヲタ以外はクセナキス知ってるってこと?
よくわかりません
81名無しの笛の踊り:01/10/21 00:50
>>72
ブーレーズを知っていて、クセナキスは知らんということは、
72の唯一の情報源が他ならぬ「レコ芸」であることを、はからずも語っている。(w
82名無しの笛の踊り:01/10/21 00:52
>>80に解説
クラヲタ以外:
a.現代音楽を多少なりとも聴いている
b.知らないことを自覚している
クラヲタ:a,bいずれにも該当せず
83名無しの笛の踊り:01/10/21 00:58
海外ではクセナキス>>>武満です。
84名無しの笛の踊り:01/10/21 02:42
武満の音楽がいまだに禅スピリットだとかで語られてる以上、
その不等式は変わらないだろうね。>>83
85名無しの笛の踊り:01/10/21 03:18
>>83
これって常識だよね。
しかし69=72みたいなヴァカにお目にかかれるから、2ちゃんはやめらんないね。
86名無しの笛の踊り:01/10/21 17:49
>>72はノイズもテクノも知らない、音楽市場という概念の把握が出来ない
社会性の欠如してクラヲタと思われ。
87名無しの笛の踊り:01/10/23 20:27
>>72
ブーレーズは古臭くてクセナキスとは比べ物にも
ならないという評価は確立していると思うが(藁
88名無しの笛の踊り:01/10/23 21:21
クセナキススキナクセニ
89名無しの笛の踊り:01/10/24 14:47
a
90名無しの笛の踊り:01/10/25 04:03
現代音楽って、サスペンスドラマのBGMのために作ってんじゃななかったの?
91名無しの笛の踊り:01/10/25 11:13
>>86
音楽に社会性をもとめてもねえ。
92名無しの笛の踊り:01/10/25 11:17
いや、「社会性」の意味を>>86が取り違えてるだけだと思われ
93名無しの笛の踊り:01/10/25 11:45
武満は、まあ一種孤高な詩人的な立場だからね。
方向性としては開いた扉というより閉じた扉という感じかな。

クセナキスは、戦後の一時期の前衛の中心的立場に立った人間だから、
その評価は確固たるものだろう。
94名無しの笛の踊り:01/10/25 12:30
「孤高な詩人的な」というのでは、クセナキスも似たようなもの。
ちなみに私はT氏もX氏も大好きです。
95名無しの笛の踊り:01/10/25 14:33
でも武満は自らの孤高を美化していたような気がする。
クセナキスの方が妥協がなかった。
96名無しの笛の踊り:01/10/25 23:06
>>93
と、いうよりクセナキスがクラシック以外のジャンルに与えた影響
を考えれば、音楽史的な位置付けが確固たるものになるのは当然。

クセナキスなんか演奏したくないとゴネるオーケストラプレイヤー
が未だにいるのは事実だけど、クセナキスからの影響をもとに表現
活動をしている人がクラシック以外のジャンルに大勢いて、彼らは
多数のファンに支持されているわけですよ。
97∴箱出た・・・。:01/10/25 23:14
クセナキスしらん。ナイマンがすきだ。
98名無しの笛の踊り:01/10/26 01:35
>>97
クセナキスぐらい聴けや。
ナイマンばっかり聴いてるとヴァカになるぞ。
ていうか、現代音楽の本流を聴かずして、ナイマンの良さもわからんでしょーが!
俺は嫌いだが.....
99名無しの笛の踊り:01/10/26 08:42
>>96
>クセナキスからの影響をもとに表現
>活動をしている人がクラシック以外のジャンルに大勢いて、彼らは
多数のファンに支持されている

具体例を挙げてください
100名無しの笛の踊り:01/10/26 10:32
>>99
武満もそうだし、クセナキスの弟子の高橋悠治もそうでしょう。
また、ポピュラー音楽の分野でテクノ系の人間にとってはシュトックハウゼンやクセナキスは
始祖というか神みたいなもんみたいですよ。
101名無しの笛の踊り:01/10/26 13:10
>>99
こういう質問をする事自体がイタイ。99クンは厨房ですか?
ちゃんと答えてくれた100さんは、ホント優しい。感謝しとけよ。
102名無しの笛の踊り:01/10/26 13:27
>>100 >>101
あのう、答えになってないんですけど?
「クラシック以外のジャンルに大勢いて」っていうから質問したのに…
具体的なバンド名とか、ミュージシャン名を知りたいなぁ
イタイとか言われたってかまわないっす(2ちゃんで慣れましたから…てへへ)
だって、誰もが「知ってなけりゃいけない」ような事じゃないからね
質問しないで知らずに通すよか、よっぽどましでしょ
103名無しの笛の踊り:01/10/26 14:03
>>102
尼ったれんナ。
>100にヒントがあるだろ、あとは自分で調べろや。
104名無しの笛の踊り:01/10/26 14:07
105名無しの笛の踊り:01/10/26 14:08
106名無しの笛の踊り:01/10/26 14:16
>>102
つーか、ロックの歴史にみられる数々の特殊奏法が、
現代音楽からの密輸入だっていうことは、消防並みの知識と想像力でも解るんじゃないの?
こんなの具体例がどーのとかの問題以前だろ?
107名無しの笛の踊り:01/10/26 14:18
108名無しの笛の踊り:01/10/26 14:23
>>104.105.107
優しい、優しすぎるぜ!
102よ!昔の2ちゃんだったら、メタクソにボコボコにされてたぞ!感謝しろよ!
クソッ、涙でかすんで画面が見えん......
109名無しの笛の踊り:01/10/26 14:41
現代音楽は自己満こです。
110名無しの笛の踊り:01/10/26 15:08
>>109
敗北宣言っていうことで(不戦敗)......
111名無しの笛の踊り:01/10/26 15:59
>>101
まずメルツバウを聴け!彼らにはじまるノイズシーンの音楽家は、
直接的にしろ間接的にしろ(もちろん、メルツバウの秋田昌美は
直接に影響を受けたクチだが)クセナキスの影響を受けている。

テクノ系では、近いうちにクセナキスのテープ音楽:「ペルセポ
リス」をリミックスしたCDが出るから、そこから辿れ。

ロックでは、ヴェルベット・アンダーグランドのジョン・ケール
がクセナキスを賞賛していたな。

そういえば、坂本龍一や細野晴臣がクセナキスや高橋悠治と同じ
フレームに収まって、和やかに談笑している写真もあったなあ。

こんなのは、ほんの一部だよ。
112名無しの笛の踊り:01/10/26 16:27
クラヲタの無知と傲慢がみるみる暴かれていきまする
113名無しの笛の踊り:01/10/26 16:41
>>100
クラヲタの世界ではシュトックハウゼンとクセナキスでは全然キャラが
違うと思われているけど、ポピュラーの世界では、両方ともノイズ製造機
といった扱いということなのかしら。
114名無しの笛の踊り:01/10/26 16:49
>>113
違うでしょ。彼らの現代音楽に対する理解はもっと深い。シュトックハウ
ゼンの直感音楽のような、クラシックの世界では全く受け入れられなかっ
たようなものも、ポピュラーの音楽家は、即興を大きなテーマとして活動
していることもあって、真摯に受け止めたりしているよね。
115名無しの笛の踊り:01/10/26 17:35
>>113
むしろクラヲタの方が、2人の違いをわかってないんじゃないの?
なんせY松やグレツキ、そしてミニマルしか知らない連中なんだから(w
116113:01/10/26 17:54
>>114
レスありがと。シュトックハウゼンでもセリー時代の曲(電子音楽含む)
よりいわゆる直観音楽に注目が集まっているというのは知らなかった。
日本ではこの時期の曲人気がないからね。高橋悠治の影響かな?
117名無しの笛の踊り:01/10/26 19:38
ウストヴォリスカヤがすっかり話から脱落しちゃったね。
あれは聞き手を選ぶ音楽かもね。限定されたパターンを
凶暴な激しさで繰り返すというのは、僕はちょっと苦手かも。
118名無しの笛の踊り:01/10/26 20:12
>>117
私、厨房なものでウストヴォリスカヤっていう人のこと知らないんですけど。
117さんもし良ければお教え下さい。
119名無しの笛の踊り:01/10/26 20:26
ださいねーみんな
120117ぢゃないけど:01/10/26 20:27
121名無しの笛の踊り:01/10/26 20:31
ノイズ、テクノ系聴いてる友達がみんな痛いタイプなのは何故か、この板読んでたら
よーく理解できちゃった
122名無しの笛の踊り:01/10/26 20:32
ガリーナ・ウストヴォリスカヤは、1919年生まれのロシアの女性作曲家。
ショスタコーヴィチに師事したこともあるそうだけど、音楽は対照的。
クセナキスやジャチント・シェルシ同様、いかなる流派にも属さない
まさに「孤高」の呼び名がぴったりする人です。まだ生きてるのかな?
初期のクラリネット3重奏曲は、暗い曲だけど、比較的なじみやすいと思う。
他にはピアノソナタや、チェロとピアノのデュエット曲、ヴァイオリンと
ピアノのデュエット曲などを聴いたことがあります。
メジャーレーベルからのCDリリースがあまりないのが残念。
123118:01/10/26 20:38
>>120
サンクス!
124118:01/10/26 20:45
>>122
たった今、ネットで「交響曲第3番」の入ったCDを注文しました。
どんな曲か非常に愉しみです。しかしちゃんと入荷するんだろうか....
125名無しの笛の踊り:01/10/26 23:09
>>121
クラシック以外の音楽は認めない、とか言っている友達のイタさには敵いません。
126名無しの笛の踊り:01/10/27 00:04
>>113
要はさ、19世紀にロマン派という思想が全ての芸術を結び付けたのと同じで、
一見多様化して価値観の食い違いを見せる20世紀の音楽も、電子技術という一つの手段の
元で価値観を一致させる事もある、という事です。

まあ、簡単に言うならば、電子技術によるボーダーレス、という事なんだけどさ。

勿論、音楽の感性の領域は幅広い訳で、全ての場合で価値観を共有する事は無いんだけど、
その中でも一つの線でもって結び付ける事が出来る事は貴重だよね。

だから、捨てる神あれば拾う神あり、という事でクラシックの音楽では忘れられているよーな事も
他の分野の音楽のクリエーターには圧倒的に支持される、という事もあり得る。
これは、音楽の優劣の問題ではなくて、単なる価値観の流動、移動という事ですね。

余談ですが、俺は、芸術音楽と所謂、(悪い意味での)商業音楽を分けて考える時に、この価値観の
流動、移動に加わらない音楽を後者としている。
127名無しの笛の踊り:01/10/27 00:39
音コン:
作曲部門の第1位に名倉明子さんを選ぶ
第70回日本音楽コンクール(毎日新聞社、NHK共催)本選会シリーズ
4日目の26日は、東京・上野の東京文化会館で作曲部門の審査が行われた。
今年の課題は室内楽曲。予選の譜面審査を通過した6人の作品が初演され、
池辺晋一郎、西村朗ら11氏の審査の結果、第1位に名倉明子さん(32)
=栃木県出身・東京芸大大学院修了=の「モンタージュ」が選ばれた。

他の入賞・入選者と作品名は次の通り。(入選は演奏順、敬称略)

▽第2位 信長貴富(30)=東京都出身・上智大卒=
「バラッド〜テノール・ヴァイオリン・チェロ・ピアノのために〜」

▽第3位 岸野末利加(30)=京都府出身・リヨン・フランス国立音楽院在学
=「6人の音楽家のための“ASTRAL”」

▽入選 土井智恵子(23)=京都府出身・相愛大学音楽専攻科在学=
「捻れる気海」、日下部進治(29)=神奈川県出身・武蔵野音大大学院修了=
「樹海の扉」、酒井健治(24)=兵庫県出身・京都市立芸大卒=
「淀む時間の層状」
128名無しの笛の踊り:01/10/27 13:57
>>125そうやってつい反応しちゃうところが………ぷ
129名無しの笛の踊り:01/10/28 04:33
>>!
それは、そこに現代音楽界があるからだ。
130名無しの笛の踊り:01/10/28 04:38
>124
ウストヴォリスカヤなら、MEGADISCが良いよ。
MDC7854が交響曲第2〜5番入ってる。
131名無しの笛の踊り:01/10/28 11:57
>>124
たぶんcol legno盤だと思うけど、???でも諦めずに、
130さんの言っているmegadisc盤を探してみるといいよ。
132124:01/10/28 12:19
>>130 >>131
情報ありがとうございます。早速探してみます。
133名無しの笛の踊り:01/10/28 12:57
もし気に入ったら、PHILIPSからもコンポジション1〜3が
デ・レーウ指揮で出てるのでそちらもどーぞ。
134132:01/10/28 13:12
>>133
サンクト・ペテルブルク・ソロイスツの演奏の方(MEGADISC)を昨日注文しちゃいました。
メジャーからも出てたんですね。デ・レーウ盤の方が良さそうですね・・・・・
135阪京:01/10/28 13:18
>>1
仕事だから(爆)。
136 :01/10/31 04:02
gendai
137名無しの笛の踊り:01/11/04 23:47
135の駄レスでこのスレは氏んだね
138名無しの笛の踊り:01/11/06 22:26
>>137

否。フカーツ!! (藁
139名無しの笛の踊り:01/11/10 03:49
よいスレじゃないすか
140名無しの笛の踊り:01/11/13 22:26
私見では、最近(特に日本の)若手作曲家の多くが、本来作曲などやめたほうがいいという、真の音楽性とは縁のない人間が、大挙して作曲という領域を踏み荒らしているように思う。
音楽の本当の奥深さを侮っているように思えて。「音楽」が何か言葉や理屈のゲームかなにかと勘違いしているのではないのか!

あと、現代音楽とかなんとか逝っておきながら、相変わらず旧態依然としたオーケストラや室内楽とかの決まり切った楽器編成で、これ以上斬新なサウンドなど生まれないということに気がつくべきでは?
141名無しの笛の踊り:01/11/13 22:42
>>140
おぬしはなにものか?
142名無しの笛の踊り:01/11/16 23:21
島岡譲「フーガの学習」ってどこで手に入ります?
143名無しの笛の踊り:01/11/19 13:12
saru
144名無しの笛の踊り:01/11/20 22:08
60l
145名無しの笛の踊り:01/11/26 13:27
せっかくだからage
146名無しの笛の踊り:01/11/26 14:36
>>114
グバイドゥーリナとアストレイアってのは
どう見られているのかな?
見られてないか?
147名無しの笛の踊り:01/11/29 18:47
>>146
アレは、即興音楽の水準を知らないクラヲタのための見世物
148名無しの笛の踊り:01/12/01 00:42
終わりのない質問だ
149146:01/12/01 14:21
>>147
なるほどage
150名無しの笛の踊り:01/12/02 00:25
内的必然性を持って作曲しない奴はクズ
151名無しの笛の踊り:01/12/02 00:30
結局現代曲でもなんでもいいが、人気が出ない曲には存在価値ねんだよ。
まずい料理と同じってことよ。
能なしほどテメエの作品に理屈をつけやがる。
詐欺師どもめ・・・。何がクラスター和音だ。
ただ適当に鍵盤押してるだけでないかい。
152名無しの笛の踊り:01/12/02 00:55
>>151
ベートーヴェンの弦楽4重奏曲とかもか?

人気があるということを至上命題にしたいのなら、クラシックなんか聴かず
にモー娘。の追っかけをやれば良いのに。

人気とは他のものを音楽に求める人間が、クラシック音楽を聴くんではない
のか?
153作曲家:01/12/02 13:12
>>1
そこに締め切りがあるからだよ、きみぃ!
154名無しの笛の踊り:01/12/02 14:00
現代音楽って、ホラー映画のBGMのために作ってんじゃななかったの?
155名無しの笛の踊り:01/12/03 15:36
ピエロ リュネ−ルが暗譜できん。
156aaaaaaa:01/12/10 15:20
aaaなんな
157名無しの笛の踊り:01/12/10 15:44
>>1
そこに現代音楽があるからだよ
158名無しの笛の踊り:01/12/10 19:44
>>157
どこ?
159名無しの笛の踊り:01/12/11 23:18
>>29,30
そう作曲の興味の行き着く先のひとつはEq-Tと倍音系にわかれる。
もしくはその鬩ぎ合いだ。
160名無しの笛の踊り:01/12/13 16:13
>>134
hathutからでている。
161名無しの笛の踊り:01/12/13 18:30
>>155
ラトルのトコ逝ったらドデスカ? ダニエル君みたいに
「この子はなんと難しい曲をやろうとしてるんだ。面白いっ!」
アンプはツライと思われますがね
162