【織田裕二】椿三十郎 十四刀目【森田芳光】

このエントリーをはてなブックマークに追加
202名無シネマ@上映中
映画の中でずっと「ウスノロ」扱いされていた城代家老が、
最後に颯爽とした風情で出てきたのには呆れた。これでは物語が根底から崩れるではないか。
最も批判されるべきは織田でも豊川でもなく、藤田まことだと漏れは思う。
リメイクを見た後で旧作を見る香具師には、伊藤雄之助が演じた城代家老の池沼っぷりに驚いて欲しい。