ジャーヘッド-JARHEAD-

このエントリーをはてなブックマークに追加
439名無シネマ@上映中
>>406
そこは、たいした問題ではないと思うな。少なくともこの映画の本質ではない。
訓練で毎日銃を握り人を撃ちぬく練習をさせられて、
戦争に関係なく最終的には社会に戻る事になる。
だが、訓練を受け戦場で異常なことを経験した人間は永遠にジャーヘッドでしかない。
最後のパレードのときに汚い軍服来たオヤジがバスに乗ってきて
海兵隊を賞賛していた時の主人公の目は軽蔑感にあふれていたように感じた。
恐らくあのオヤジはベトナムで出兵した。そしてジャーヘッドのなれの果てでもある。
自分も同じなのかと嫌悪感を感じたんだろう。
しかし、嫌でも永遠にジャーヘッドはジャーヘッド。砂漠の中をみんなで歩いてる。
この映画は退役後に兵士が抱える問題と現在の制度に焦点を当てたドキュメントだよ。
ひさびさに見た良い映画だと思った。