日本の諸悪の根源は「大アジア主義者」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1日出づる処の名無し
旧日本陸軍、社会党、共産党、統一教会、創価学会、瀬島龍三、児玉誉士夫、各種暴力団、
朝鮮総連、民潭、パチンコ、サラ金、派遣、朝日新聞etc・・・

日本国内で諸悪を生み出している連中にはある共通点がある。
それはことごとく親中韓台鮮で、反自由主義、反欧米であることだ。
反共かどうかで親中親鮮か親台親韓という差はあるが、そのような差は小さな物だ。
親台親韓派は反共と言う便宜上、親米を唱えるが、その実アメリカの精神の根幹である
「法の支配」「自由主義」「民主主義」を共有している訳でではない。その権威主義的、
全体主義的態度は親中親鮮派と何ら変わらない。

こいつらが内政においては汚職と官僚専制を生み出し、外交においては対大陸、対半島
弱腰外交を招いてきた。
拉致事件以降、左翼の売国性が世間に知られるようになったが、保守派もまた韓国、台湾の不当な要求
の前に日本人の利益を売り渡してきた。統一教会は日本人女性信者を洗脳し韓国の農村に売り渡してきたし、
台湾は日台断交時に不当にも日本資産を接収したが、保守派の政治家は誰一人異を唱えなかった。
最近脚光を浴びている親韓親台保守派(石原慎太郎ら)もまた国民を裏切った売国奴であることに変わりはない。

何の事はない、日本の戦後の政治家はことごとく売国奴だったと言うことだ。
売国奴の特徴はやたらと「アジア」「アジア」と連呼することだ。

戦前日本の偉大な政治家を見ると、アジア主義などという卑小な精神を持っていなかった事が分かる。
陸奥宗光、西園寺公望、原敬、浜口雄幸、吉田茂ら、みな国際的な視野をもち日本において立憲主義と自由主義を
うち立てようとした人々だ。日本の帰るべき点は戦前、戦中の忌まわしき大アジア主義の時代ではなく、明治大正の
立憲主義、自由主義、議会政治にあるのではないかと思うが、諸君の意見は如何?
2改憲派庶民 ◆HeBbkAbCpk :2005/07/14(木) 21:26:30 ID:VlUvIz1Y
激しく同意するが
3改憲派庶民 ◆HeBbkAbCpk :2005/07/14(木) 21:27:58 ID:VlUvIz1Y
激しく同意するが
4日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 21:41:32 ID:jaqw9Hrc
日本では右翼と左翼が真に対立することは無いけど
それは根幹で大アジア主義という思想でつながっているからだと思う。
では、右翼や左翼って何なのかというと、日本の場合は右翼と呼ばれている
連中が偽者なのだと思う。
右翼というものは他の国と一体的になろうとする考え方は絶対にしないからだ。
5日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 21:42:41 ID:f7enRUaI
大東亜戦争で標榜された大東亜共栄圏だが、あれはあれで八紘一宇、五族共和といった高邁な
理想もあったろう。
だが。大東亜共栄圏の思想には様々な思惑を持った人間が群れ集っていた。

戦時の言論統制を仕切った鈴木庫三などは国家社会主義者で、彼の作ったポスターは実は
プロレタリアートのそれに酷似していた。
彼の信念は「日本国民は朝鮮、満州、中国などのアジア諸国と同等のところまで平等に貧しく
ならなければならない」であった。
日本の出版業界がエリート然としていいものを食い贅沢しているのが気にくわなかったという。
彼は貧農の出身で苦学して軍人になった男であり、思想は社会主義に近かった。
6日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 23:08:41 ID:dvXPUZ4X
…左翼だって普通は国を滅ぼそうとはせんと思うんだがなあ。
日本のサヨクは…。
7日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 23:23:49 ID:f7enRUaI
>>6
旧軍=右翼という勘違いが多いと思うが、実はサヨクも大勢いた。

言論統制、思想統制する頭の固い糞軍人検閲官、というイメージがあるが、実はその男こそがサヨクだった。
自由主義打倒は実に社会主義の目指すところではないか。
そして日本を周辺国と同等の所まで貧しくし平等に、ということも。

序でながらドイツ軍の内部にもクライザウ・サークルのような社会主義者の一派もいた。
ソ連にドイツを占領して貰い、赤化革命を成就させるためにヒトラー暗殺計画を実行している。
そして失敗しその他の反ヒトラーグループをも粛清に巻き込んでしまっている。
8日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 23:36:07 ID:AJnB/h0b
日本の左翼は朝鮮人に洗脳されたいわゆるカルトな人達だから
自分達の考え(朝鮮人の)が受け入れられなければ、隣人でさえ悪人に仕立て上げる
91:2005/07/14(木) 23:40:18 ID:4pv7KDX6
どもみなさんレスありがとうございます。
>>7
戦前の国家社会主義運動の共産主義的性格については、戦後のマスコミ、教育を牛耳ったのが共産主義者だったからか、
故意にボカされている嫌いがありますよね。
左翼は「天皇製ファシズム」やら「独占資本主義」やら滅茶苦茶な論理で親米英的だった昭和天皇や財界と国民が忌み嫌っていた
軍国主義を無理やり結びつけて、葬ろうとした嫌いがあります。本当は自分たちが主犯だったのに(w
GHQの改革でも葬られたのは戦争を推進した国家社会主義者ではなく、反対していた保守主義者、自由主義者(地主、資本家など)
でしたしね。
経済では1940年体制と言う言葉がありますが、政治、思想、言論界もそうなのかもしれません。
そう考えると今の与党も野党もみんなインナー(グル)で、真の改革など望めないということがわかりますな。
10日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 23:57:01 ID:zA9NfcEq
11日出づる処の名無し:2005/07/15(金) 00:03:08 ID:4kARNwG5
>>8
サヨってほとんどダークサイドだな
12日出づる処の名無し:2005/07/15(金) 03:03:14 ID:eZuheA0p
【あふがにすタン】商業作家がWinnyで漫画をDLして著作権侵害容疑8冊目
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1121360101/

読売新聞でも紹介され今月中旬に三才ブックスから
商業マンガデビューする予定の「ちまきing」氏がキンタマに感染したらしい。
落としてたエロゲー、フォトショップ、アニメマンガなんと800本以上1000万円!
しかも編集部、とらのあなとのメールまで流れてしまったからもう大変。
現在、ちまき氏は公式HPのBBSを閉鎖して一切沈黙。
果たして「あふがにすタン」は出版はされるのか?今夏、最大の祭りだ。
彼の運命やいかに。

・アプリ Photoshop 7, Photoshop CS, Dreamwaver=25万円
・映画10作品=50,000円
・アニメ12作品(OVA全13話+劇場版+TV全70話+劇場版+OVA全3話+OVA全7話+OVA全1話+ミスター味っ子TVアニメ全99話+ラーゼフォン+エルハザード全13話+全7話+全4話)
・一般アニメ186作品(話数未集計)
・18禁アニメ53作品(話数未集計)
・コミックス286種類(巻数未集計)
・18禁ゲーム856本=684万8,000円(1本8,000円換算)
・同人ゲーム19本=3万8,000円(1本2000円換算)

・一般ゲーム5本=4万5,200円
(「月影のDESTINY」=OPEN(約8,000円)、「新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd」=7,800円、
「シスタープリンセス デスクトップアクセサリー2」=4,800円、「三國志IX」=12,800円、「信長の野望 蒼天録」=11,800円)

・MP3リスト177txt 音楽CDアルバム推定3540枚=1062万0,000円(1枚3000円換算)
MP3がメーカー別、作品シリーズ別で177あるテキスト1つ1つ見ていかなきゃ集計し切れない罠。
(ざっと見た限りでは1テキストにつき20〜30のCDアルバムがあるもよう)
13日出づる処の名無し:2005/07/15(金) 21:21:34 ID:qH8MIOYG
支那や朝鮮なんて日本で普通に育った人間なら吐き気がすると思うんだが、なんで擦り寄る人がいるんだろう?
大アジア主義はまったく理解できない。
14邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/07/15(金) 21:41:58 ID:3wwY9JOq
左翼の右翼批難の理不尽さと執拗さは、同族嫌悪の内ゲバリンチなんだろうか。
15邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/07/15(金) 21:58:46 ID:3wwY9JOq
>>13
反英、反米主義に走れば、アジア大陸が恋しくなるようだ。
もともとは大陸と地続きだったから仕方ないんだけどな。

真の国際派ほど愛国者で現実主義なのも面白い。
畏れ多きことながら先帝陛下は、その良き典型例であらせられたかと。
16日出づる処の名無し:2005/07/15(金) 22:49:36 ID:iXawbn2q
東アジア共同体ってのは大中華圏の別名さ。
17Kyushu ◆or0XnlxUXQ :2005/07/15(金) 23:49:46 ID:Zccsrmqe
戦前の右翼のかなりの人間が左翼からの転向者であったことを忘れるな。
両極端は一致する。左右の全体主義から日本を解放しよう。
それと共に大日本主義を捨て小日本主義を推奨する。トルコも大トルコ主義を捨て
アタチュルクの小トルコ主義を採用して安定した。ドイツも小ドイツ主義を採る
ときは平和だ。列島に安んじ貿易を進める限り祖国は繁栄し続ける。
18日出づる処の名無し:2005/07/15(金) 23:54:12 ID:YhJMsnY/
>>17
>小ドイツ主義

確かに、オーストリアと同盟したり併合したりしたときは
決まってドイツにとってろくな結果にならないしな。
日本にとっての半島みたいなものか?
19Kyushu ◆or0XnlxUXQ :2005/07/15(金) 23:58:39 ID:Zccsrmqe
>>18
そう思う。半島や大陸に二度と口を挟まないほうがいい。敢えて進軍しても沿岸部
を押さえるだけにしとこう。情勢が安定したらとっとと退却。空海の通商路を確保
して後は友好国を維持するのが最善の策。
20日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:08:26 ID:Bx2MkQDH
大中華圏 = 東アジア共同体
21日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:14:52 ID:Hn80DcyV
>>19
>敢えて進軍しても沿岸部を押さえるだけにしとこう。
としたけど、支那軍の攻撃がしつこくて、内陸まで攻め込む羽目になった
んじゃないの?70年前って。
22日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:20:34 ID:mIozIvU9
大東亜共栄圏=アジア共同体
五族協和=多文化共生社会
八紘一宇=地球市民
日鮮一体=日韓友好


そーだよね。
頭山満、宮崎トーテン、孫文なんかが提唱した「大アジア主義」は左翼理念だったんだよ。
で、その左翼理念(大儀)と天皇制が談合し、さらにゼネコン利権が寄生した。

結果、「天皇の赤子たるアジア人に文明の光を浴させよう!」ってな事になって、満州や朝鮮に馬鹿馬鹿しいほどの大金を投下した。
もちろん、日本人の税金だよ。
利益を得たのは、もちろん、当時のゼネコンなど。

で、その朝鮮利権、満州利権に関わったやつらが、「夢よもう一度!」って事でやったのが、1965年の日韓国交回復。
児玉誉士夫なんかを中心に、大変な利権が発生したらしいな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%8E%89%E8%AA%89%E5%A3%AB%E5%A4%AB

結果、韓国は右翼からも左翼からも庇護される「日本最強のタブー」となった。
で、もうひとつのタブー「電通」と癒着して作ったのが、「捏造韓国ブーム」。

電通の成田豊は「平成の児玉誉士夫」なのかもしれないね。アーメン。
23日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:23:52 ID:69qnryiG
大アジア主義はくそだが、
西園寺、吉田茂はちょっと問題あるな。
24日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:24:18 ID:Bx2MkQDH
>>22
まったくさ。
児玉誉志夫は右翼の黒幕だなんて言われているが、中国大陸で略奪やってた強盗団の頭さ。
そして戦後の日本じゃ韓国人暴力団「東声会」などを従えて実質は暴力団として荒稼ぎしていただけさ。
日本の場合、右翼なんて大概はシノギのために政治性を装ってるだけで中身は暴力団だ。
その3割、一説には9割が在日なんだよな。
25日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:30:38 ID:mIozIvU9
>>24
そこで改めて「脱亜論」を読んでみる・・・。
福翁は偉大だ。



福澤諭吉の「脱亜論」
1885年3月16日、福沢諭吉が「時事新報」紙上に掲載した社説を「脱亜論」と呼んでいる。

 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。
全文はリンクからhttp://plaza.rakuten.co.jp/isanotiratira/diary/200506100000/
原文http://www.jca.apc.org/kyoukasyo_saiban/datua2.html
26日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:31:11 ID:Hn80DcyV
そういや、この間の反日暴動で
「日中がいがみ合って喜ぶのはアメリカ」
「反日デモはアメリカの陰謀」

という具合に見事な大アジアっぷりを披露したね。

なぜ日本大使館を襲わせ、外交カードとしようとする
ような愚かな国を信用できるのか分かりません。
70年前も支那に裏切られ(といっても一方的な片思いだが、支那人が日本人の風下に立つわけが無い)
満州国や汪兆銘政権に至ったのに、何で反省しないんだろう。
27日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:33:00 ID:T3Z5UDXV
少なくとも日本陸軍は「反欧米」ではなかったぞ。
28日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:35:29 ID:Hn80DcyV
>>27
石原莞爾あたりは、
「遠い将来にアジアの盟主になった日本と
西洋の盟主のアメリカが戦う」って言ってなかった?
29日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:38:28 ID:IrBS1Op2
ていうか、有史以来ほとんど中国に完敗だったので
今更対等かそれ未満になっても
悲観する必要ってあるのか?
30Kyushu ◆or0XnlxUXQ :2005/07/16(土) 00:48:21 ID:GP1gcpYB
>>21
その前に満州で余計なことしなけりゃね。
31日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:51:56 ID:ZK+91z5E
大東亜共栄圏=東アジア共同体
五族協和=多文化共生社会
八紘一宇=地球市民
日鮮一体=日韓友好

目から鱗が落ちるようだ……
まさにネガとポジの関係だな。
32日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:55:19 ID:Bx2MkQDH
>>31
大中華圏 = 東アジア共同体 = 大東亜共栄圏 な。

大東亜共栄圏は大日本帝国が中心の場合。
大中華圏は中国共産党が中心の場合。
碌でも無い。
33日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 00:56:58 ID:Hn80DcyV
>>29
そうじゃなくて、東洋にEUみたいなのを作るのは無理。
ってスレッド。

恐らく、>>1が言いたい事は脱亜論に凝縮されてるはず。
接近しすぎると危険だ、距離を置こうって話。

>>30
満州事変の前の満州でも日本の権益に嫌がらせが・・・
その前に山東出兵で・・・
中国だって斉南や通州で・・・
その前に21カ条で・・・

と、きりが無いです。やはり深入りしたのがそもそもの失敗。
34日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 01:52:29 ID:kPg5ueZr
大アジア主義の系譜

戦前  知識人 朝日新聞  外務省
      ↓     ↓      ↓
戦後  知識人 朝日新聞  外務省(チャイナスクール)


系譜も糞も、そのままでした。
35日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 03:48:53 ID:v6+aFj3+
半島中国大陸シカトの政治家が現れればいいんだが
マンセー派批判派ともに関わろうとしてんだよねーw
36日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 08:50:08 ID:xetwZoHx
現代の日本で大アジア主義者っていうと、主権委譲を唱える民主党が筆頭かな。
37日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 09:10:35 ID:S9kweW72
ええレスや(´-`)
38日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 09:14:22 ID:VztLeO3B
アジアという概念には中身がない
中身のないものにすがろうとするのは
空しいだけでなく有害
39日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 10:13:01 ID:ZRfdvkOl
東アジア共同体 → 大中華圏の美名。中国共産党が覇権を握るための方便。
北東アジア → 韓国がアジアの覇権を握れると妄想して使う言葉。
大東亜共栄圏 → 大日本帝国が覇権を握っていた頃の勢力圏

現在、EUに加盟国各国が主権を委譲するかどうかで紛糾しており、全ての国が
危険性を感じ取り拒否している。
まして、共産党独裁国家の中国や北朝鮮に主権を委譲するなど有り得ない話だ。
40日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 10:20:11 ID:qIMmXlFL
>>1
頭山満翁こそが大アジア主義思想の生みの親なんだが、頭山満翁も含むのか?
41日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 10:49:34 ID:30eRd+H1
大アジア主義ってのはね、共産主義と同じく貧しい人たちがはまる思想なんだよ。
日本国内で大アジア主義を唱えている団体を見ればわかるが、同和、暴力団、共産党や創価学会のような
あまり社会的、経済的に恵まれない人たちが中心の団体が多い。

つまり、国内においては反資本主義、親共産主義で、国外においては資本主義の権化である英米に反対し、貧民の代表
であるソ連、中国、ドイツに親近観を抱く訳。まあ一言で言えば金持ちへの嫉妬、ルサンチンマンの表れってこった。

同時にこの手の人たちは非常に物質主義的というか、目先の利益のためには既存の秩序、法律を無視する傾向があって、
国内においては暴力革命を志向し、国外においては武力による現状打破、つまり戦争を許容する。
かなり危険な人たちなんだよ。
大日本帝国は貧民出身の陸軍将校に乗っ取られて、あんな悲惨な事になった。
42日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 11:10:48 ID:30eRd+H1
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1121343887/
日本の諸悪の根源は「大アジア主義者」
43日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 13:24:49 ID:Wf074IYa
アジア主義といえば、宮台
44日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 14:47:04 ID:DkKE3/2I
こういう視点でスレが立つ時代になったか。

実に喜ばしいことだ。

大アジア主義の虚構性と夢想性について、視点を提供した1を支持する。
45日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 14:51:29 ID:H1CAdzOy
>>41
貧民だがアジアに興味はないが…
あとオカラとか大陸に進出してる富裕層については?
戦前の似非ウヨク残派がサヨクに裏返っただけの構図だと思う。
46日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 14:55:19 ID:DkKE3/2I
日本では裕福なボンボンほど、共産主義的なものに傾倒してゆく。
現実無視。
それは戦前も、今も同じ。
47日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 16:06:07 ID:mIozIvU9

結局、日本の思想対立は

アジア主義(頭山満)←→日本主義(福沢諭吉)

・・・の系譜が今に至るまで続いていると思う。
また、福沢諭吉は決して「脱亜主義」ではない。
福沢が言った「アジア」というのは、シナ朝鮮の事だが、決してシナ朝鮮に対する蔑視から「脱亜論」を唱えたのではない。

シナ朝鮮の中にある「有害性、有毒性」に危険を察知したから、唱えたのだ。
だからシナ朝鮮が日本にとっての「有益性」を備えていれば、決して福沢は「脱亜論」を書いてはいない。
福沢の頭の中には常に「日本」という枠組みしかないのだ。

それに対して頭山満は何がなんでも「漢籍を古典とする国と共に歩むべし!」というロマンチシズムから抜け出せなかった。
しかし、これは協調主義のように見えて、実は西洋に対する東洋という対立主義であり、「東洋民族」としてレイシズムの表れでもある。

石原莞爾、笹川良一、瀬島龍三、児玉誉士夫・・・。
彼らを左翼は批判するが、それは左翼同士の内ゲバにすぎない。

最近の保守論壇で言えば、西部や小林はアジア主義者の要素があるように思われる。


48日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 16:08:30 ID:mIozIvU9
大体、笹川良一なんて、チンパンを従えて「人類皆兄弟!」と絶叫していたが、そんな「右翼」は世界のどこにもいないw

49日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 16:49:01 ID:1j77gTLw
瀬島は今の若者にはほとんど知られていないと思う。
こいつほど英霊を保身に利用した者はいないと思う。もう死んだか?
50日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 17:23:39 ID:4O5xyq50
お、いいスレ。
まさにアジア主義=ロマン主義だよね。
「ただ隣国だというだけで特別扱いするのは良くない」
諭吉さん、あんたスゴイよ!

ロマン主義者は未だに↓こんな未練たらたらの番組を作るし。
ttp://www3.nhk.or.jp/korekara/nk03_asia/ques.html
51日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 17:32:22 ID:CTA9hIRP
>>48
チンパンを従えてワラタ
52日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 21:08:44 ID:oS8bb/3b
>>50
マッタクだな。
福沢諭吉翁は偉かった。
明治の頃は命を賭けて道を追求していたから未だに参考になるものが多いですね。
いや、明治維新前後の頃以来、それ以上のモノは日本に現れていない様な気さえする。
政治に関して。
53 :2005/07/16(土) 21:31:28 ID:GmK4Ud2P
日本には各方面で偉人とよばれる人がたくさんいるね。
ところで韓国で偉人といえばだれなんだ?思いつかないよ。
54日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:01:46 ID:DkKE3/2I
>>52
別スレでも書いたが、ここでも書く。

幕末を生き残った明治の元勲はなぜ外交において大筋で過ちを犯すことがなかったのか?
一般国民を含めると十分に欧米に留学できた人は一部だろうし、情報量は現在とは比べ物にならないくらいに手に入りにくい。

現在の日本人は、世界中に自由に旅行も留学もでき、自宅でもネットで海外の情報を得ることができる。
にも関わらず、外務省の外交オンチはますます悪化している。
諸国の人や物の往来と反比例するかのようだ。

これは何故か?


55日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:07:18 ID:GOVwrnAH
>>47
小林・西部は既に保守論壇を追放されて久しいのだが。
最近では赤旗が小林よしのりの「沖縄論」を絶賛していたという出来事があった。
56日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:08:39 ID:DkKE3/2I
そもそも一般日本人の『国際感覚』とやらは、明治の頃より向上しているのだろうか?

自由に海外に出てゆける環境、インターネットなどの情報の流通、明治の頃より
飛躍的に外国に接する機会は増えているのにも関わらず、日本人の『国際感覚』とやらは
全く比例していない。
むしろ、反比例して悪化しているのではないか?


リアリズムの欠如。
一言で表すならばそれが原因ではないだろうか?


57日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:15:19 ID:QHuttiCT
今や小林よしのりでさえ大アジア主義論者だしな。
日本に下ろした根は深いよ。
58日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:15:30 ID:DkKE3/2I
政治家のリアリズムの欠如は、戦争を語らないことに集約されている。

過去の戦争も、今後起こりうる戦争も、そしてその備えに関しても、
何も語らない政治家は現実から逃げているだけだ。
明治の頃から戦争が国家の一大事であることは全く変わっていない。
59日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:20:31 ID:GOVwrnAH
>>57
小林はサヨク時代、保守時代、現在と一環してアジア主義的だよ
60Kyushu ◆or0XnlxUXQ :2005/07/16(土) 23:21:41 ID:GP1gcpYB
言葉を変えれば考えなければならないことから目をそらして思考停止に陥るのが
ロマン主義、反リアリズムだ。戦争=外交こそは国家の一大事なのに。
61日出づる処の名無し:2005/07/16(土) 23:29:18 ID:mmyD311u
中国との貿易が止まると失業者が増えます。
中東との貿易が止まると餓死者が出ます。
北米との貿易が止まると餓死者が出ます。
中国と共同体を作ると賃金が下がります、密入国者が増えて治安が悪くなります。

戦争を語らなくても少しも共同体の意味がありません。
62日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 00:45:33 ID:33w8L69Y
>>59
以前、朝生で北朝鮮と国交を結んでもあんな基地外国家は信用ならんから
そんなことしても意味無い、またアメリカに頼んでも北朝鮮を打倒してくれる
はずが無いとか言っておきながら、今は同じく朝生で中国に北朝鮮を
倒してくれるように頼むべきだ。コキントウの立場を悪くするようなことはいけない
とか言ってるのを見て「???」とか思ったよ。
63日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 00:49:44 ID:9bsQeqJG
>>62
よしりんはわざと敵作ってる希ガス。
考える機会を作ってくれてる。
まあギャグ漫画描けよと(ry
64日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 00:57:23 ID:33w8L69Y
>>63
んー、まぁいい方向に考えればそうなのかもしらんけど、
62に書いたことが余りにも中国寄りのダブスタに見えてならないんだよなぁ
靖国参拝を棚上げするからバーターで北朝鮮を討てとかそれはいくらなんでも
無茶だろって言い分だし、結局根本の部分で彼が最も批判する他国依存な結末なわけだし。

大体、彼の中で中国と北朝鮮とどれくらい基地外という意味において差があるんだろ。
2ちゃんでもよく中国はむこうの面子立てて利害が一致すれば理性的に付き合えるって
意見を見るけど、今現在の奴らの言い分(こないだの戦死者数5000万とかw)の
基地外っぷりやチベット等の民族浄化を顧みると、とてもじゃないけど
北朝鮮と大差ないように思えるんだけど。
65日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 00:59:09 ID:qpKxYYsm
>>64
中国と理性的に付き合えるのは経済的なことだけだよ
66日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 01:06:13 ID:33w8L69Y
>>65
でも、結局政治と切っても切れないことじゃないの?
靖国とか経済におけるアドバンテージを取るための手段であって
なんだかんだでそう仕向けてるのは中国でしょ?実際ガス田はあのザマだし。
67日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 07:54:47 ID:Cnl6X9fi
大アジア主義の何が悪かったのか?
日本発の進歩思想であり、極東において、教育の普及と貧困の解消を目指した
すばらしいものだと思うのだが。
戦後世界の流れは、八紘一宇をアングロサクソンが横取りしたものだと
思うのだがどうか?

日本に大アジア主義が生まれずに、世界が今のレベルの恩恵を受けれたかは
大いに疑問だ。
親を失い、思想孤児となった戦後日本人の嘆きと取れるスレですね。
68日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 08:18:07 ID:ysO7csBK
>>67
ウヨサヨの臭いとこだけを悪い意味でいいとこ取りした斬新なレス乙
69日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:02:46 ID:4vYg48BX
>>67
>戦後世界の流れは、八紘一宇をアングロサクソンが横取りしたものだと
>思うのだがどうか?
現在のアフリカの混沌をも八紘一宇の体言というなら、同意しかねる。


戦後に範囲を限定しての過去と、現在及び将来について悪いといってる。

ロマンは結構だが、批判的検証なしで突っ走るのは止めて欲しいね。
利他は結構だが、自己が余りにも無さ過ぎ。
国力に見合わぬことすると、国が傷つく。
主導者を失うと、何だって潰れて元も子もなくなってしまうだろ。

>日本に大アジア主義が生まれずに、世界が今のレベルの恩恵を受けれたかは
>大いに疑問だ。
世界がどんな恩恵を受け取ったか知らんが、
冷戦構造とパックスアメリカーナの揺らぎが現状を生んだだけだろう。
大アジア主義が、「アジア」の枠を超えて「世界」までいってるのは何故だろうかな。

我が国の大アジア主義は、軍国主義とレッテル張りされて世界から拒絶されたよ。
その象徴が、国連だと思うがね。アジアにあっては中国と朝鮮が顕著だが。
最も理解できないのは、大アジア主義者はこの中国と朝鮮と「のみ」仲良いのだ。
しかも、靖国などで中国朝鮮の言い分を積極的に飲もうとする。

そもそも、独立者としての誇りを持つアジアの民族なり国民なりは、
我が国が内政に関与してくることに不快を持つだろう。
大アジア主義は、日本=先進的な存在、日本以外のアジア=遅れた存在という認識が根底に在る。
植民地だらけの時分ならともかく、今にこれでは難しかろう。
70日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:07:48 ID:NQP2qEMW
>>67
EUは統合を拒否する方向になっているじゃないか。
ブリュッセルに主権を委ねる気は無い、とね。
相当に相互理解が進んでいる地続きのEUでさえそうだ。
体制もほぼ民主主義、資本主義で一緒なのに、だ。

まして中国共産党や朝鮮労働党の独裁体制と日本が一つになれるワケがないだろ。
大体、中国は日本を侵略しようとしているし、台湾にも戦争を仕掛けると言われている。
台湾への侵略戦争の勃発もそう遠くないと考えられる。
北朝鮮は知っての通り対日テロ犯罪国だ。
韓国は反日国。

当面、敵対国として冷ややかに対応していくしかないだろ。
日米同盟を強化しながらね。
日米英豪のシーパワー連合が望ましいさ。
71日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:47:45 ID:QtC8TE2S
日本では左翼が日本の左(中国)寄りで右翼が右(アメリカ)寄りって
感じだから分かりやすいよねぇ
中国・韓国・台湾・日本というこの4つの地域というのは
古くから呪術の盛んな「呪いの文化圏」で、呪いが前近代的なものになって
ると思ってる日本人でも、根っこには呪いの感性が宿ってる
韓国の奴隷根性も、日本の部落差別なんかも呪術が深く関連してるし
政治家や芸能人が宗教に熱心なのもこのダークサイドがあったお陰。
大アジア主義ってのは極東に呪術大帝国をつくって森羅万象を一元化させる
っていうSF小説の悪の秘密結社が企んでることと中身は同じ
72日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:48:56 ID:fZq2nZ3B
>>71
右翼でも反米思想は多いですよ
73日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:51:45 ID:dkx+ziS1
>>72
いろいろ要因あるけど鎖国を崩壊させたのがアメリカだからなあ。
戦後大損した人らも恨み持ってるだろうし。
74日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:51:52 ID:NQP2qEMW
>>71
ウヨサヨはどっちも結局同じで、特に極左極右なんて反日でしょ。
極右なんて在日3割だし、極左なんて言うに及ばず。

寧ろ、日米が戦後60年間、多くの価値観を共有するに至った結果、日本の保守と
アメリカの保守が共通の目標に近いモノを持ち始めたって事だな。
民主主義と資本主義を発展させること、コレに対するテロから防衛すること、だからね。
75日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 11:59:50 ID:4vYg48BX
>>74
テロがらみは微妙だけど、中国朝鮮よりは分かり合える気がする。
76 :2005/07/17(日) 12:40:14 ID:M9O/C44D
大アジア主義ってこれのことか?
http://www.yorozubp.com/asiaism/asiasunwen.htm

すばらしい。
中共工作員が必死になって否定する靖国神社の本質。
日本の先人が目指したアジアの姿を見た気がするよ。
目からうろこだね。

>>67
>戦後世界の流れは、八紘一宇をアングロサクソンが横取りしたものだと
>思うのだがどうか?

ちょっと漏れは違うことを考えた。
日本の八紘一宇とアングロサクソンの合理主義が一体化したのが今の世界の流れだと思う。

77日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 12:55:35 ID:oqF8Gix3
>>76
このお馬鹿。
その孫文の講演こそまさに典型的な「日本と英米との離間工作」なんだよ。
孫文が英米でどういう講演をしてるか知ってるのか?
日本を「残虐な帝国主義者」とプロパガンダをばら撒いて日英同盟の廃棄を画策してたんだぞ。

日本では大アジア主義を説き、欧米では「残虐な日本、可哀想な中国」というプロパをばらまいて相互の憎悪と不信を煽る。
これが今も変わらない支那の戦略。
まあ、春秋戦国時代からやってる事変わらんのだけどね。

日本人やアングロサクソンのような島国の単純バカはすぐに大陸の専制主義的政権(ドイツ、ロシア、中国)の
謀略工作に騙されるんだよ。
大東亜戦争だって「東亜新秩序」という思想の背景には共産主義思想があったんだしな。
7877:2005/07/17(日) 12:58:54 ID:oqF8Gix3
>>76
そのリンク先から:

東方の文化は王道であり、西方の文化は覇道であります。王道は仁義道徳を主張するものであり、
覇道は功利強権を主張するものであります。仁義道徳は正義合理によって人を感化するものであり、
功利強権は洋銃大砲を以て人を圧追するものであります。感化を受けた国は、仮令宗主国が衰微しても、
数百年の後に至る迄、なお其の徳を忘れるものではないと言うことは、ネパールが今日に於てもなお且
つ中国の感化を切望し、中国を宗主国として崇拝しようとして居る事実に依って明らかであります。これに
反して圧迫を受ければ、仮令圧追した国が非常に強盛であろうとも、常に共の国家より離脱せんとするもの
であることは、英国に対するエジプトおよびインドの関係がこれを示して居ります。

これこそ支那人一流の欺瞞だよ。支那の歴史に王道政治など現実には存在した事はない。徹底した専制と
抑圧があっただけ。ネパールが支那を宗主国として崇拝しているだなんてちゃんちゃらおかしい(w
支那の周辺国がどれだけ支那に苦しめられてきた事か。
79 :2005/07/17(日) 13:28:09 ID:M9O/C44D
>>77
策士孫文の頭の中がどうなっていたか知らないけど言ってることはほとんど正しいだろ。
80日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 13:28:28 ID:vllzgsKL
>>76
西村スレで知ったけど八紘一宇は中国の准南子から来てるらしい。
世界を統一させようって思想は基本的に大陸勢力と結びついてるんじゃないだろうか。
81日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 13:28:56 ID:NQP2qEMW
>>79
孫文でも有り難がってろ。
碌でも無いぜ。
82 :2005/07/17(日) 13:32:22 ID:M9O/C44D
>>81
孫文の問題点は、彼が中華思想の持ち主だったことと自分がその親分になりたいという願望があったことだけ。
83日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 13:52:16 ID:09Q3uvzz
>>79
そう、まさしく正しく見えることが最大の問題。

100年前の大アジア主義は
「同じアジアだから、抑圧されている人々を解放しなくてはいけない。」
実際にそれをやった結果300万人もの日本人が死んでしまう大損害を受けた。

それが大アジア主義が「キチガイ」でも「売国」でもなく
リアリズムに欠けたロマン主義と批判される要因。

ところで、今の大アジア主義は
「同じアジアだし、EUみたいに一つになって欧米の横暴を食い止めようぜ」だ。
実際にそれをやれば日米安保は有名無実化するが、
アジア諸国軍は役に立たないので、数万キロもの長大なシーレーンを自前で守らなくてはいけない。
しかも仮想敵は米国。
負担だけが増える事になる。

軍事面を考えなくても、不法移民は急増して日本人の生活は破壊される。
何もいいことが無い。
84日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 14:03:13 ID:9LZr4+LO
>>82
それは致命的じゃん。
85 :2005/07/17(日) 14:17:16 ID:M9O/C44D
>>84
藻舞は、同じ人でもいいところは認める。悪いところは非難するという二面性を考えたことが無いのか?
そういうところは欧米の方が優れているのかなと思う。
86日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 15:02:56 ID:QtC8TE2S
>>72
たしかに右翼の中にも反米の人いっぱいいるよね、西部とか
そういうことも含めた意味で中国寄りと欧米寄りに分けたんだが
本当の意味での右翼(保守主義・伝統主義)の人なんてごく僅かだから
右翼と左翼という二項対立自体が成り立たない
日本にあるのは中国寄りのユートピアンと欧米寄りの功利主義者だけ
87日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 15:21:21 ID:iVA4pRXO
>>86
右とか左とか以前に、「空気」の世界の住人ってのもあるでしょうね。
また、そうであることを如何に評するかもあるでしょう
88日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 21:20:46 ID:QyQcdQ9a
>>85
構想は素晴らしいけど、
俺の給料が増えずに税金だけ増えそうな感じだよ。


なるほど、言われてみれば利己主義だ。
89日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 21:43:00 ID:iXMM/GyH
あげ
90日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 22:17:34 ID:uIvl3L38
>>1
統一の犬、フジ産経も入れとけ。
勝共韓国人系在日に侵されてる。
91日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 00:54:18 ID:mURyJ/pI
名スレだなあ。ここは。本当に
諸兄の孫文に関する見解などは刮目して読まねばならん。
漏れもアジア主義についてよくわかる素晴らしい本を紹介したい。言わば迷著(藁

「宋慶齢 中国の良心・その全生涯」
著:イスラエル・エプシュタイン 訳:久保田博子 サイマル出版会

著者名を見ればわかるようにユダヤ人。宋慶齢や国民党共産党関係者と交流の深かったUPI記者。
マルクス主義者の親中反日リベラルユダヤ人という、ある意味典型的(藁)な人だ。
何が凄いかというと、上下巻で900ページを超えるこの分厚い伝記には日本の「大アジア主義者」たちが大量に登場するのに、肝心の頭山満に関する記述がたったの半ページ!しか無いことだ。
しかもその記述内容も無茶苦茶曖昧で、著者自身が混乱しつつ苦慮しているのがよくわかる。
笑えるので以下引用する。
92日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:00:16 ID:mURyJ/pI
「宋慶齢 中国の良心・その全生涯」上 P98

日本の大アジア主義者の中でも極右で、拡張論者の最たる人物としてあげられる頭山満は、狂信的愛国主義者であり、また謎めいた存在でもあったが、一時期、孫文としきりに付き合った。
一人の人間の中に人民主義者と帝国主義者が混在しているありさまは、他の国にもみられる。
頭山の場合、彼の追随者は、都市や農村の中流下層の階級から出ており、日本陸軍の青年将校や下士官はこれらの階層出身者が多い。
彼の目に映った西欧勢力は、日本の覇権への道をさまたげるものであり、西欧に強く反対するために、戦術的な目的で、中国や他のアジアの革命家たちとの接触を求めた。
これらの人間関係のいくつかは、孫文が活動資金をあつめようとしたさまざまな時に、日本の実業界や財界に入っていくのを有利にした。
彼は行けるところにはどこにでも行って、自分の考えを訴え、支持を求めた。
93日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:02:24 ID:q9OhyMBu
東アジア共同体 = 大中華圏

チャイナ・スクールの夢でつね。中国共産党は涎垂らしてるだろうな。
94日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:08:22 ID:yijWQn+p

>>all

気を付けろ、1は北鮮工作員の臭いがする。
中国及び北鮮との拘わりを日本が放棄する事は、北鮮の現体制にとってはこの上ない福音となるはずだからな。

残念ながら我が国は、経済的理由から中国と、拉致被害者問題及び核開発
疑惑問題から北鮮と、この2ヶ国との「関係」を捨て去る訳には行かない。
アメリカ主導の、6ヶ国競技から、一人抜け出す訳には行かない。
95日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:11:14 ID:mURyJ/pI
上記のどこまでが孫文の考えで、どこからが孫文夫人宋慶齢の考えで、どこからが(彼女を傀儡に抱えた)中国共産党の考えで、どこからが著者イスラエル・エプシュタインの考えなのか、漏れには判断できない。
だけど孫文と頭山満の関係を知る日本人ならば、笑うしか無い内容なのは言うまでも無い。
イスラエル・エプシュタイン本人が、孫文と頭山満の関係がそのようなものだと信じていたのか、それとも知っていてあえて嘘を書いたのか、それは漏れにはわからない。
ただひとつだけ間違いの無いことがある。

欧米の親中反日リベラルにとっては、日中の大アジア主義者の関係はほとんど理解されていないと言うことだ。

邪悪な日本軍国主義者がアジア征服のために純粋な中国人を騙しにかかる。
田中上奏文の世界だな。あるいは日本人版シオン長老の議定書というべきか。
彼ら欧米の親中反日リベラルは、そういう世界観を本気で信じこんでいたりする。
96日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:12:40 ID:q9OhyMBu
>>94
とは思わんな。
東アジア共同体だの北東アジアだのを否定すべきっていう点は正論だ。

そして拉致問題や北の核について6ヶ国協議を続けていくことは別問題だし。
大アジア主義に同調していないロシアもアメリカも参加してるじゃないか。
97日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:39:25 ID:2riAV9t2
>>94
× 中韓と断交しろ。
○ 「同じアジアの隣人」という理由で特別扱いしないで普通の外国として接すべし。
98日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:40:47 ID:KC6GSpgN
>>95
日本も日本で他国のいうこと無批判に信じる人多いし
この問題は根っこが本当に深い…
99日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:45:30 ID:2riAV9t2
こんな書き込みを見つけますた!
いち技術者にも浸透してた大アジア主義。
「アジアの盟主」とか「亜州これ一家」とか素敵だもんな。
今でもアジア解放のために戦った事を誇りにしてる旧軍の人も居るし。


【社会】B29迎撃用の新型戦闘機、完成していた…その技術は車へ、日本繁栄に一役★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1121577733/

 632 名無しさん@6周年 New! 2005/07/17(日) 22:29:08 ID:rp1eb93M0
 日本車って、一つ一つの部品は精度が高いけど、ユニットとして
 組み上げた際の総合的な性能は欧米にかなわないと思う。
 
 ところで、昔勤めてた会社って戦前からあったんだけど、資料室の
 ロッカーには戦前の技術資料がたくさんあったよ。余白の書き込みとか
 見ても明らかに優秀な技術者のものだった。しかも、「列強の一員として」
 とか「アジアのリーダーとして」とか、今の技術者なら絶対に言わない  (←ココに注目!)
 ようなこと沢山書いてあって、密かに萌えた。
 
 ・・・今じゃ技術者も、派遣会社に売り買いされる物でしかないけど、
 このままじゃ国が滅ぶよね。

100日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 01:53:42 ID:KC6GSpgN
>>98
自己レス。
他国のいうこと無批判に信じるっていうか自国(取り入れたい人)に
都合のいいように作り変える(偏向させる)のが問題なのかなあ。
101日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 02:02:20 ID:0xxCdCSd
>>96
EUの様な意味での、アジア共同体なんぞは少なくとも等分の間は不可能だ。
そんな事は分かり切っている。
それは、今の日本が東アジアの関係を絶つ事なんぞ不可能であると
同じくらい真実だ。

金正日は恐れている。
中国国境から北鮮に流れ込んで来る日本のイメージが、
今まで指導者達が喧伝していた極悪のイメージとは違う事を。
金正日は何としても、鬼畜日米のイメージを保ちたいのだ。

さあ見ていろ
しばらくすると、このスレにユダヤ陰謀論を語る奴が出て来るぞ。
いにしえのニュース議論板のガイキチスレのようにな。

北鮮と親密だった日本赤軍が、その昔テルアビブ空港で乱射事件を
起こした事実を忘れるな。
102日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 02:15:56 ID:2riAV9t2
>>101
いや、このスレの論旨でも、中韓と仲良くしていいんだよ。
将来、仮に、万が一、韓国の一人当たりGDPが4万ドルくらいになって
「アジア連合」とか作っても、そこに加盟したり、友好関係を
結んだりするのは実に結構。

でも国境を開放すべきじゃない、
共同防衛機構には加入すべきじゃない
通貨統合はすべきじゃない。

いずれも日本の手足を縛る物に過ぎないから。
日本の景気変動に合わせた金融政策も無理になるし。
鴨緑江やアムール川の防衛に責任を持つなんて真っ平だ。

イギリス様の狡猾さは素晴らしいかもしれない。そんなスレ。
103長文書いちゃうよ:2005/07/18(月) 03:42:58 ID:uxHejWGC
漏れが思うに、要するに大アジア主義が無理なのは
「将来『アジア国民』と言うものが誕生するか」ということが無理だからだ。
軍事的、経済的利害は副次的な理由。釧路の防衛に三沢基地の航空戦力を使っても本州人は怒らない、同じ日本人の土地だから。
でも、アムール川の防衛に、第7師団を派遣したら、疑問に思うだろ。他人の土地じゃんって。

「紀伊沖でタンカーが衝突して5名がおなくなりになられました」
「中国の炭鉱で事故があって30人くらいがくたばった」

この二つのニュースを何十年、何百年か後に同じように同胞の死として
悲しめるかといったら、少なくとも俺には無理に思えますよ。
じゃあ何年か一緒にやってれば「アジア人」になれるかって言えばそうじゃない、
チェック人はハプスブルク家に、セルビア人はオスマンに、リトアニア人はロシアに
それぞれ何百年も支配されたが、ハプスブルク人にもオスマン人にもロシア人にも同化しなかった。
まして、一度も一つになったことの無い「アジア」がどうして一つになれるって言うのか。

テキサス人やルイジアナ人はアメリカ人に同化したたがアジアにも、ヨーロッパにも無理
だってもう民族固有の歴史を持ってるじゃん。

それに俺らは実例を体験してる。朝鮮人だ。
千年も属国でありながら中国に同化せずに朝鮮人国家を維持してきた。
そして、近代ではあんなに日本人に同化したがってたのに、
あんなに「日本国民」として支那満州で好き勝手やっていたのに、
戦争に負けると手のひらを返して「戦勝国民」を自称。瞬時に朝鮮人に変身した。

アジア人が生まれない以上、「アジア共同体」は速攻で利害対立して内輪もめで瓦解しますよ。そんな不幸な歴史はいらないです。
以上、糞長文おわり。
104日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 04:17:28 ID:uxHejWGC
オスマン人なんていねーだろボケ、って突込みが入ったらあれなので。
蛇足しちゃうよ。

そう、トルコ人は居てもオスマン人なんて1人もいなかった、
帝国を作った当の本人たちでさえ「バルカン中東共同体」の一員じゃなかったんだ。
青年トルコはエジプトとかシリアより、中央アジアのトルコ人たち
のほうが重要みたいだったし、ケマルパシャは「シリアやエジプトでトルコの若者が氏ぬって馬鹿らしくネ?」
って言ってる。
自分らで勝手に征服した領土でもこれだもん。
105日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 08:21:15 ID:+r/fhOiU
ネオコンと大アジア主義者は同じ臭いがする

共通点を挙げると(以下ネ:ネオコン、大:大アジア主義者)
1)どちらも観念論で、武力をもってしても現状(Status Quo)の変更と世界新秩序の樹立を企む
ネ:「世界の独裁政権の民主化」
大:「東亜諸民族の団結と欧米への対抗」

2)どちらも外来人、外来思想の信奉者で、国際主義的であること
ネ:亡命ユダヤ人が中心、思想はドイツ観念論
大:儒教やマルクス主義に教養の基礎を置く人が中心

3)隠された目的のためには手段を選ばない。真実性の追究よりもプロパガンダを優先。
ネ:「イラクには大量破壊兵器がある」
大:「英米帝国主義は日本の不倶戴天の敵」

4):大衆に訴える正義を掲げる
ネ:アメリカ人の大半は民主主義の祖国としての自負心を持っていたから、これをうまく利用すれば思いのままに動かすことができる。
大:日本人の大半が有色人種の雄としての自負心を持っていたから、これをうまく利用すれば思いのままに動かすことができる。

「東亜新秩序」を呼応した尾崎秀実が実はソ連の手先だったのは皆さんご周知の通り。
その他の大アジア主義者も中国に浸透されていた奴は多い。(というかある時期までは
蒋介石とソ連は提携していた。対日戦の最大ドナーはソ連だった)

日本の国力を落とし、英米と日本を対立させて英米日をまとめて大陸から追い出すという大目標は達成できた訳だ。

今回のアメリカのネオコンも外国勢力の浸透を受けてる可能性は高いと思う。
中東の不安定化を狙うイスラエルか、アメリカの国力弱体化を狙い中国が工作したっぽいな。
アメリカの現実的な保守派はほとんどがイラク戦争に反対していたのを見てもネオコンが極めて「非アメリカ的」な
勢力であることは分かる。
106日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 11:54:23 ID:bbyYqRJI
>>105
全然共通点が無いよ。
どう考えても今なら大中華圏だろ。で、中国中心の大東亜共栄圏が東アジア共同体で、
韓国中心の大東亜共栄圏が北東アジアなわけで。

大アジア主義 = 大東亜共栄圏(大日本帝国中心) = 大中華圏(中国共産党中心)
 = 東アジア共同体(チャイナ・スクール) = 北東アジア(韓国の妄想)
107日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 12:02:19 ID:pEP1MBdr
>>105
「アジア」をア・プリオリに優先する大アジア主義は
国際主義を真っ向から対立すると思うが
108105:2005/07/18(月) 12:36:54 ID:+r/fhOiU
>>106-107
「アジア」なり「民主主義」なりの「観念」をア・プリオリに優先するって点で似てるって意味で、
もちろん内容に共通点はないよ。
国際主義ってのは国民の共同利益を第一におく国家主義の対義語という意味で使った。
例えば、日本国民の利益を一番に考えれば「アジア」が解放されようがされまいがどうでも良い訳で、
現に明治、大正時代は帝国主義の権化である英国と同盟を結んでいた。それを大アジア主義者は日本は
イギリスの「極東の番犬」に成り下がったって憤慨したんだけどね。あ、今でも「アメリカのポチ」とか言う奴はいるけど(w

本来、アングロサクソンと日本民族は極めて実際的、経験主義的、機会主義的で、日英の土着思想にはこの手の観念的な物
はない。中江兆民が「日本に哲学なし」とか言ったけどまさにそうだ。
キリスト教にしろドイツ観念論にしろ朱子学にしろ、大陸発祥の外来思想でしかない。

戦前期の大アジア主義は元を辿ると、江戸時代の文治社会で武士階層に儒教の教養が広く受け入れられたことが原因であるように
思われる。明治維新の原動力となった水戸学、皇国主義も朱子学のパクリの観念論で、極めて「非日本的」なものだった。
律令制崩壊後の日本人の大多数は長らく「社会を観念に基づいて設計する」という設計主義の発想を持っていなかった。

これと同じことがWW2前後のユダヤ人のアメリカへの大量亡命で起こったんだよ。アメリカは元々建国の成り立ちから宗教的で、
ドイツ人移民が多いことからイギリスより観念的色彩が強いが、亡命ユダヤ人がドイツ観念論を持ち込んだことで、観念論的
発想がますます強まった。今回のネオコンも極めて観念論的色彩が強い。
109日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 12:40:55 ID:bbyYqRJI
東アジア共同体なんて大中華圏の別称だろ?
チャイナ・スクールのな。
そして民主党の岡田なんぞが浮かれて「日本の主権の委譲又は共有」という信じ難い主張に繋がっている。
下等紘一とかな河野洋平とか野中とか古賀とかな。
社民党、共産党なんぞもな。
110日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 12:48:25 ID:ivY+ro00
左翼は右翼と比べてまともではないだろうか?
日本が右傾化しないように街頭で繰り返し述べている。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが左翼である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?
111105:2005/07/18(月) 12:55:23 ID:+r/fhOiU
>>109
アジア主義者にも2種類がいる。
「日本を中華としたアジア共同体」を志向する連中と「支那を中華としたアジア共同体」を志向する連中。
前者の代表例が>>1の親韓親台派で、戦前右翼の大部分と今の石原慎太郎なんかが代表例で、
後者の代表例が>>1の親中親朝派で戦後左翼、民主党だね。
もちろん、支那人にとって見れば前者の「日本が盟主のアジア」なんて有り得ないから、
前者の連中は戦後は「対中侵略を企んだ日本帝国主義」というレッテルを貼られて葬られた訳だ。

まあ、どちらにしろ、反欧米、反自由主義って点では同じだから戦争の危険をはらんだ思想であることは同じだ。
112Kyushu ◆or0XnlxUXQ :2005/07/18(月) 13:18:12 ID:hxXo7iGm
ネオコンは民主党リベラルの転向者だよ。香具師らは特定の観念で世界を解釈しよう
とする。解釈できない現象はその存在を否定するか意義を可能な限り認めようと
しない。物事の多面的な解釈、バランスの取れた判断力がない。本来の保守とは
相容れない思考形態だよ。
113日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 13:18:37 ID:NgqJLwWu
脱亜はいいが入欧は嫌だな。
あえて日本独自の立場を持って欲しい。
114日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 13:19:31 ID:ikTfRp9w BE:46633267-
とても面白い視点のスレだ。うまくパクれば本が1冊書けちゃうぞ。
『大アジア主義の夢―島津斉彬から東アジア共同体まで―』とか
『ロマンとしての大アジア〜トランスナショナリズムの可能性』とか。
115日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 13:24:30 ID:Bjb81Nkj
|||||||||||||||||||:      ..┠ +20    ||||||||||||||||||||
|||||||||||||||:        ┃         :||||||||||||||
|||||||||||:          ┠ +10    ./'| :|||||||||||        |\      ∧    .:д.
|||||||||:         ∧_∧   ,/'  |  |||||||||        .|  \     .< ∵..・∵. >>110
||||||||┣┿┿┿┿  ( ・ω・)/┿┿┿┿┫||||||||  ───....|  .─\─・∵.:¨ 丶 . .: >────── ━
||||||||     ._  (  つつ@'_    |  :||||||||       .|  _[email protected]⊂   ..)____
|||||||||:     \ ̄ ̄  ̄ ノ    |   ..|  |||||||||      ...|  |―――| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./
||||||||||| ~ ゜~~。゜ ~彡~ .┠ -10~ ゜~~ ~。゜ ~||||||||||||   ~~ ~~~ ゜~ ~ ~~~゜゜~~゜~~~~ ~ ~~ ~~~゜~~~゜゜~~~゜~~゜゜~
|||||||||||||||:        ┃        :|||||||||||||||
|||||||||||||||||||:      ..┠ -20    ||||||||||||||||||||
116日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 13:39:16 ID:K7kg35j5
中村慶一郎さんは日本派が欲しいって言ってたなあ
117日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 13:47:04 ID:bbyYqRJI
大アジア主義なんざイラネ
118日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 13:53:28 ID:GsefKc2P
>>112
まだネオコンとか言ってる奴がいるのか。
ブッシュに代表される共和党の対外強行派は70年代の
ネオコン(民主党からの転向組)とは何の関係もないよ。
ブッシュらはリベラルから保守に転向したわけでもなければ
リベラル的な経済政策を主張しているわけでもない
(かつてのネオコンは、共和党に鞍替えしたあとも経済政策に関しては
リベラル=大きな政府を志向していた)。

119日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 15:10:18 ID:mBrd0Ki7
>>110
ここは左翼批判のスレじゃありません。
腐れ儒者を批判するスレです。
120日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 16:39:30 ID:HeurigIR
>>110 は第1行をいじったために縦読みできなくなった例
121日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 18:11:30 ID:FBYFP5Mo
EUのトルコ参入問題では「ヨーロッパの同質性を損ねるのでは?」という批判が伴う。
しかし、「アジア」には元々、その“同質性”が無い。
ヨーロッパ人が作った差別語だからだ。

「ヨーロッパ以外の場所」・・・これが本来の「アジア」である。
この「アジア」という粗雑なカテゴリに“同質性”を与えようとしたのが大日本帝国であった。

その同質性とは「日本が支援するアジア」である。
朝鮮や満州のゼネコン利権と密接な「アジア」であった。

つまり「同じアジア人なのだから」という理屈で「日本国民の血税を湯水のように投下するアジア」である。
だから破綻した。

戦後、日本人は「もうアジアはいいや」と思った。
当然である。

しかし、「日本と同じアジア人」でなければ困る人々がいた。
コリアンである。
何故か?
日本が支援してくれないと、何も出来ないからだ。

そして彼らは同時に「日本の被害者」でなければ困る人々でもある。
何故か?
反日以外に依存できる文化が全く無いからだ。

つまりコリアンは「日本人と同じアジア人」である事と、「日本の被害者」である事を同時に求めている。

このジレンマをどうやって解消するか?
答えは1つである。
「アジアの同質性」を「日本の被害者としてのアジア」にしてしまう事である。

122日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 18:15:03 ID:FBYFP5Mo
(上の続き)
この「日本の被害者としてのアジア」が成立すれば、「同じアジア人!」という言葉で日本に寄生できる。
また「怒っているのはコリアンだけではない!アジアの国々も怒っている!」という言葉で「被害者の地位」を火事場泥棒できる。
※御承知のように、本来コリアンに“被害者の資格”は全く無い。

更に在日コリアンはコミュニティ形成の為に、より強く、この「アジア」を望んでいる。
(文化のボリュームが無い為、在日華僑のような文化に依存したコミュニティ形成は不可能)
そして、これは日本のマルキシストやアナーキストが望む「アジア」でもある。

彼らが日本メディアに与える影響力の絶大さは御承知の通りである。
「朝日新聞」などの反日メディアは中国や東南アジアに「反日の放火」を行なった。
彼らが望む「日帝の被害者としてのアジア」を実現するためである。

東南アジアでは華僑以外には成功しなかったが、中国では成功した。
中国もまた「中華世界」という「アジアの同質性」を求めているからだ。
その前段として「日本の被害者としてのアジア」は有効なのである。




…つまり、コリアンという「歪んだ大アジア主義者」こそが、反日の総本山であり、日本のガンなのである。
この「歪んだ大アジア主義者」をなんとかしなければ日本に未来はない。
123日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 18:54:20 ID:KJGbXLxe
このスレ見て目から鱗。
朝鮮人右翼の連中が戦中前の日本は良かった
今の日本が駄目だみたいなことを盛んに主張しているのを
よく見かける。もうアホかと(ry
124日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 20:01:20 ID:CFtJU/kS
>>103
東アジア共同体は知らんが少なくともEUは同化とは全く対極の方向を目指してる。
むしろ少数民族やその文化の保護を加盟条件に掲げているくらい。

>チェック人はハプスブルク家に、セルビア人はオスマンに、リトアニア人はロシアに
>それぞれ何百年も支配されたが、ハプスブルク人にもオスマン人にもロシア人にも同化しなかった。

それが帝国というもの、多民族の集まり。
自分でも自覚しているようだがほんとただの糞長文だな。

>>121
>ヨーロッパ人が作った差別語だからだ。

また捏造が始まったか。「アジア」という言葉を作ったのはアッシリア人かフェニキア人。
エーゲ海の東西を日の出側と日没側で分けたのが始まり。
125日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 20:06:57 ID:F3Zie9MB
>アジア

いろんな語源があるんだな。

・BC133にトルコがローマに降伏。「アシア属州」とよばれたから
・古代フェニキア人の言葉で日出ずる国をアスと呼んだ
・古代ギリシャ人がトルコ地方をそう呼んだ
・アッカド語で「日が昇る」の意味
126日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 20:08:58 ID:sp0Bdpxx
〉1

では、貴方は石橋湛山の「小アジア主義」を評価しますか?
127日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 20:17:19 ID:5g6a5jaY
ていうかEUたって本格的に始動して拡大したのは
割に最近だ。それすらEU憲法まで行き始めたら雲行きが
怪しくなってきているが。東西冷戦が共産陣営の崩壊屈服
におわって以降だ。加速したのは。ロシアは排除だけど。
そういう伝で行くなら中国を排除した共同体をまず作るか
中国を崩壊屈服させるのが大前提だな。
128邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/07/18(月) 20:20:20 ID:pNUpebB7
>>124
戦前戦後を問わず、アジア主義者の多くがアメリカみたいな大東亜合衆国を志向しているので、
>>103氏のレスは、それだけで汎アジア主義のプロバガンダの虚妄を突いている。
貴君の言うことも正鵠を得ていることだけれども、マターリ行こうよ。。。
129邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/07/18(月) 20:21:46 ID:pNUpebB7
>>127
いや。日本は一国平和主義でよい。
もうひたすらに国益追求外交でよい。
130日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 20:26:59 ID:ZxyXyevj
>>126
そのEUはドイツ人の所得を何ユーロ押し上げましたか?
負担ばかりが増えてはいませんか?
不況に苦しむドイツ人のために、好況のスペイン人が恵んでくれますか?
というのが、たぶんこのスレの趣旨だよ。

アジア云々も、ヨーロッパ人が名前をつけた地理的な区分に過ぎない。
ってのが問題なので、103や210が糞であっても、
それじゃ反論じゃなく、ただの揚げ足取りだよ。
131日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 20:45:44 ID:uQd3Nw+i
そういえば「EUの父」と呼ばれる人物は、日本人を母に持つ

リヒアルト・栄次郎・クーデンホーフ・カレルギー伯爵

と言う人らしい。
132日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 22:14:05 ID:onUXdEIH
大アジア主義 = 大中華圏 = 東アジア共同体

中国の侵略を美化する表現には気をつけないとなー
133日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 23:55:57 ID:l3TNz1wL
小難しいこといわねえで日本は西欧だけ向いてればいいんだよ。
他は眼中ナシ
134 :2005/07/19(火) 00:20:50 ID:0cvegT8G
大アジア主義はすばらしい思想だけど中韓はいらね。
135日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 00:33:46 ID:pRxRCL9L
日本の闇は大抵大アジア主義者+朝鮮人が絡んでるからなあ・・・
下手に探ると殺される。すべてが明らかになる日は来るんだろうか?
136日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 00:47:59 ID:73KIEebL
日本は西には目を向けない方が良い。太平洋ならいいが。
137日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 00:55:35 ID:kGqP36nc
スペインがドイツのために恵んでやるのかよww
  ↓
と言うわけで、大アジアを作るために
日本は中朝韓に施しました。
拉致事件もスルーしました、竹島侵略もスルーしました。

ふざけるな。
138日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 01:05:36 ID:kGqP36nc
姉妹スレ、かな?
電通も戦中の伝統を引き継いだっぽい。
しかも中韓を含めた大アジア。

電通の「韓国ブーム捏造」の奥に潜む本当の怖さ 18
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1113187009/
139日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 11:39:57 ID:/3msTDMi
戦前軍国やってた企業がそのまま温存されてるからなー
志向性は手法が違うだけで変わってない。
140日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 14:19:51 ID:pRxRCL9L
大アジア主義・国家社会主義って登場当時はそれなりに意義があったんだよ。
外交では白人帝国主義が紛れもなく存在したし、内政でも自由放任の古典的自由主義が
巨大な貧富の差と社会の混乱を生み出していた。

でも、今は両者も存在しない。今、大アジア主義、国家社会主義を唱えるのはかえって脅威を生み出すだけだ。
141日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 14:21:52 ID:hQNLJbnz
>>140
社会主義なのに巨大な貧富の差が社会混乱を招こうとしている
中華人民共和国…
142日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 14:26:42 ID:0lcu8Igr
在日に手厚い保護を与えて舐められてやんのwwwテラワロス
朝鮮総連・民団の脅迫暴力に屈してやんのwwwテラワロス
工作員に未来を担う子供の教育乗っ取られてやんのwwwテラワロス
朝鮮学校、日本国内で反日教育&工作員養成wwwテラワロス
池田チョン作創価学会にマスコミ乗っ取られてやんのwwwテラワロス
国会議員に朝鮮系工作員当選させてやんのwwwテラワロス
野党第一党民主党党首が工作員シンガンス釈放署名してやんのwwwテラワロス
人権擁護法案で朝鮮人に警察以上の権限与えてやんのwwwテラワロス
親北朝鮮ノムヒョンに内政干渉されてやんのwwwテラワロス
反日外国人に参政権与えようとしてんのwwwテラワロス
テレビつけると古館の隣に北朝鮮工作員が座ってやんのwwwテラワロス
朝鮮資金源パチンコにはまってやんのwwwテラワロス
日本の円送金されまくってやんのwその金でまた工作活動されてやんのwwwテラワロス



国民の大半が状況に気が付かず寒流ブーム日韓友情年wwwwwwwwwwwwペタワロス
マジ( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノwwwwwwwチョッパリどもwwwww
143日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 17:05:18 ID:eMHvwBvo
>>141
いまや中国共産党は資本家の入党を認めたシナ
144日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 17:11:01 ID:Vt+DgWhc
今頃は上海のボロアパートで中国革命党がひそかに結成されている頃さ。
145日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 16:17:17 ID:MMexChtT
アジア主義の根は深い…


>249 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2005/07/20(水) 15:49:16 ID:XnG5Hu4z
>いつの時代も、こういう民族差別をするのは低学歴、低所得者。


>310 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2005/07/20(水) 16:01:12 ID:mYL+A+4G
>>249
>そうなのよ。中小企業や観光地なんか”嫌韓”みたいな下衆なナショナリズムに
>囚われていたら、商売あがったり。企業人はエスキモーに冷蔵庫売るくらいの
>根性がなけりゃならん。厨房の厨房たる由縁は、現実社会との乖離。
>韓国でもNAVERで暴れているのは厨房。韓国政府は煽ってるだけ。
>踊る阿呆が日韓双方にいるかぎり反日は終わらんよ。
>現実社会で最大利益を生むもの(民主の岡田代表とか)の理論が
>最終の勝利を得る。国粋原理主義はマンガ売りがせいぜい関の山だな(笑


>334 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2005/07/20(水) 16:05:18 ID:Duti26I2
>>310
>それは両国関係を本来あるべき力関係にもどしてからだ。
>半島との国交というのは搾取の対象としてしか許さない。
146日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 17:45:41 ID:8SV4trvW
日本の左右思想の大きな相違は国体論(天皇観)であって、
双方の根底にはアジア主義や階級闘争的側面があると思う。
そして、古くは日韓合邦、大東亜共栄圏、現在の地球市民まで脈々と受け継がれてる。

明治時代のアジア主義、日韓合邦に関して言えば、
右翼黒竜会の内田良平氏は日韓合邦を強烈に後押しし、韓国内でも一進会を支援してきてる。
彼の思想では、日韓両民族を同一視し、両民族を平等である併合であると堅く信じてたものである。
しかし、現実には、日韓両民族には階級差が生まれ、彼の理想からはかけ離れたものとなる。
この事実を内田良平氏は障害の恨事として悔やんでる。
思想としてのアジア主義はロマンであり、理想であるが、
実政治におけるアジア主義は本音の実利追求の側面が強かったのではないか?
これは、満州国、大東亜戦争の大東亜共栄圏におけるギャップも同じだと思う。
理想論、思想としてのアジア主義をそのまま実政治に持ちこむのは危険であると思う。

大川周明氏は、独立国としての政治単位は自給自足の一大経済単位でなければならない。
即ち、大英帝国、北米合衆国、ソビエト連邦、中華民国のような国が国際舞台で独立を堅持できる。
フランスは、実現が困難である事を承知しつつ欧州連盟を唱え大経済単位の構築を以って英・米・露に対抗。
日本も同様に自給自足経済ブロックを欲したのが満蒙であると主張している。事実、この流れで世界は動いた。
実政治において、生存してく為のアジア主義的は必要な部分もあり一概に否定は出来ないと思われます。
現在の日本にしても、ASEAN接近しており、中国も然りである。

もっとも自給自足(食料、資源他)に対する危機感・警戒感を感じ、
代替エネルギーの開発やら食料増産等である一定の自給自足率を堅持できるかが、
アジア主義なるものと決別に至れる可能性を見出せるのではないでしょうか?
147日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 18:30:20 ID:KuLAKVIB
>>146
そもそも自給自足圏という考え方そのものがドイツ経済学の「広域経済圏」って発想で、
英米経済学の自由貿易システムが基礎になってる現代ではまったくのナンセンスなんだが。
東アジア共同体論者やEU論者はそこのところがまったくわかってない。
そもそも完全に自給自足できる国家なんて存在すると思ってるのか?
148日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 18:40:34 ID:8SV4trvW
>>147
大川周明氏の自給自足の話は帝国主義時代下のお話であろう。
自由貿易システムが基本になっていれば、将来的な資源確保が保証されるのか?
資源確保問題で世界がどのように動いてるかを考えたらわかると思う。

それに完全に自給自足等と言う妄言はどこでも吐いてない。
149日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 22:25:22 ID:4PWgwRVh
帝国主義時代で、既にブロック経済は成り立たなくなってんだよ。
大恐慌以来、合衆国の回復が鈍かったのは、世界経済に積極的でなかったからだ。
ニュー・ディールとか後になって宣伝してるが、その実10年前の水準に戻ったというだけ。
自然回復と見分けがつかない程度。合衆国経済の本格的な回復は、戦争への関与を
待たなければならない。

で、合衆国はナチスドイツと巨額の取引をしてたわけだが。自給自足?
150日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 00:23:10 ID:n3JgsS8+
コピペを読んで、ふと疑問が。

>>145
>そうなのよ。中小企業や観光地なんか”嫌韓”みたいな下衆なナショナリズムに
>囚われていたら、商売あがったり。企業人はエスキモーに冷蔵庫売るくらいの
>根性がなけりゃならん。厨房の厨房たる由縁は、現実社会との乖離。
>韓国でもNAVERで暴れているのは厨房。韓国政府は煽ってるだけ。
>踊る阿呆が日韓双方にいるかぎり反日は終わらんよ。
>現実社会で最大利益を生むもの(民主の岡田代表とか)の理論が
>最終の勝利を得る。国粋原理主義はマンガ売りがせいぜい関の山だな(笑

民主の岡田の理論の、どのあたりが「現実社会で最大利益を生む理論」なんだろう・・・・
誰か解説して〜
151日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 00:40:32 ID:flICsusi
>>150
そこは釣りっしょw
最後の否定しておきながら関わろうとするレスも
アジア主義的だと思う。
152日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 01:44:22 ID:aY0nWU8I
ブロック経済が有効か否か、じゃなくて
自給できてれば何かあったとき安心じゃん、って理由だと思ふ。
つまり実利より安心感。

もしくは英仏もやってるから俺も、というバスに乗り遅れるな心理。
こっちかな、当時も今も。

「欧州も共同体を作ったからアジアも作るべきだ」
というわけの分からない理由が、もともと中国に夢を抱き安い
日本に再び大アジア主義を復活させた、そんな気がする午前二時。
153日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 02:12:30 ID:LiqM61nu
大アジア主義は日本にとって鬼門だな。常に。
154日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 02:20:36 ID:PwTnvlfj
自給とは言うが、米が無くても麺やパンで代用できるわけだしな。実際漏れは米不足の時そうしていた。
今アメリカ産牛肉が無くても、さほどの不自由は無い。
国内産の米やアメリカ産の牛肉は、代替が利く代物だということだ。代替しうるものが世界市場にある限りにおいて、致命的なものとはならない。

逆に台湾製マザーボードが無いと、2ちゃんねるにも接続できずこのスレにも書きこめない。
仕事にも交友関係にも支障を来す。
代替性という点で 台湾製マザーボード>>米 という現実がすでに存在する。
日本製品や日本しか作れないパーツがたくさんあるという点では、日本は台湾以上に重要だ。
155日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 02:29:18 ID:PwTnvlfj
もちろん食糧安保は重視すべきことだが、それ以上に食糧流通には燃料資源が重要だ。
太平洋戦争での日本本土の飢餓発生も、食糧不足そのものというよりも輸送手段の障害(米軍による船舶大量撃沈、機雷封鎖、燃料不足、港湾・鉄道・橋梁・主要道路への空爆、軍による輸送車輌徴発)によって起こった。
それこそが食糧が余っている農村部と、餓死者が発生している離島と都市部というアンバランスな状況を招いた。
それは現在も同じだ。あなたの近所のコンビニエンスストアに弁当やおにぎりを運んでいるのは、トラックによる24時間体制の流通網。
この脆弱なネットワークが震災などで簡単に破壊されれば、あっというまに食料品が無くなって補給も利かないことは記憶に新しいが、ガソリン不足や高騰によっても同じ状況は発生しうる。
やはり大戦時以上に、石油資源こそが日本の生命線。石油さえ、つまりシーレーンさえ確保できれば、後のものは人命以外いくらでも代替しうる。
そしてシーレーンとは、タンカー船団をエスコートする海自護衛艦隊とアメリカ第七艦隊と沖縄台湾方面の基地のことと言い換えても良いくらいだ。
シーレーンがある限り、日本は大丈夫だ。世界規模の大災害でも起こらない限り。

そのシーレーンを危うくする唯一の思想が、日米安保破棄と日中同盟成立を目指す大アジア主義だ。
156 :2005/07/21(木) 02:50:08 ID:gtHvh6XA
今のところ、共産主義で経済植民地である中国は、常に日米の監視下に置かなければ危険。
「大アジア主義」が現実的なものにするのは、中国の国力を疲弊、解体、分裂、弱小化、かつ民主化させてからだな。


157日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:00:42 ID:hSDHMZe/
>>152
まあ、当のEUも失敗に終わりそうなわけだが
158日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:01:39 ID:Byv3ObVU
元々、大アジア主義が日本に登場したのは孫文の神戸での演説からだと記憶している。
当時の大陸は西欧列強に侵食され青色吐息だった。孫文は帝国主義に対抗する為にアジアが一つのブロックとしてまとまらねばヤバいと考え、そこで中国より先に曲がりなりにも民主化していた日本をアジアの盾とした大アジア主義をぶち上げたワケだ。
これが当時の日本人の自尊心を大いにくすぐって、以後紆余曲折を経て現代までしぶとく生き続けてきた。
159日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:08:35 ID:Byv3ObVU
だが時は過ぎ、今やどこにも帝国主義国家は無い。
…いや、有る。有るのは共産主義者の脳の中だけだ。つまり現代の大アジア主義とは共産主義国家が西側帝国主義から『彼らの赤いアジア』を守る為の方便に堕落してしまったのだ。
それが証拠に彼らは中国主体の大アジア主義を述べたがる。
我々真ん中から右までの人が思い浮かべる『大アジア主義』とは性格も目的も違う。だから今日の大アジア主義論争がややこしくなってしまうのだ。
160日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:10:16 ID:rCmQIavb
>>159
>だが時は過ぎ、今やどこにも帝国主義国家は無い。

つ中共
161日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:12:15 ID:Byv3ObVU
長文スマンカッタ。
大アジア主義を隠れ蓑にした、中国のアジア赤化に手を貸してはならない、と言いたかった。
チベット・モンゴルで食い止め反撃せねばエラい事になるぞ…と。
162日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:26:37 ID:PwTnvlfj
辛亥革命以前の、日中の大アジア主義者たちが知る欧米帝国主義の悪辣さは凄まじい。

英帝国主義=阿片戦争での国単位での麻薬王じみたふるまい。娯楽の狩猟でタスマニア民族を絶滅させる。
米帝国主義=ちょっと前まで黒人奴隷制度を維持。対インディアン戦争の終幕。ほとんど民族浄化のような死亡率の強制収容キャンプに隔離。
露帝国主義=ユダヤ人に対するポグロム(大虐殺)。
独帝国主義=アウシュビッツのプロトタイプと言うべき、ナミビアのヘレロ族への絶滅政策。

もう滅茶苦茶だ。
後世の大アジア主義が「劣等感」「野望」「西欧への反発」が原動力になっているとすれば、辛亥革命以前の大アジア主義はあまりにも具体的な「恐怖」が原動力なのかも知れない。
日中が協力してこの恐怖の支配者に立ち向かわねばならないと信じたのも理解できる。
163日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 03:50:57 ID:VCyf/d1k
アジア主義者の西欧に対する反発で扇動されて楯にされるんじゃなあ。
中国なんて日米その他を刺激して正にそれをやってのけたんじゃん。
大東亜戦争で亡くなった方々は楯にされたって側面も
あるんじゃないだろうか。
164日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 08:54:18 ID:Byv3ObVU
あると思う。
当時の日記等の文献を見れば、純粋に東亜の為に盾になろうと死んで行った兵士は少なからず居る。
懐古主義者はこのノスタルジーに酔っている畏れがあり、更にこの問題をややこしくしていると思う。
165日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 11:13:46 ID:QntMvQp+
>>163
>>146はそれを言ってるんじゃないの?
思想としてのアジア主義とそれを政治で具現化した時の大きな差
166日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 14:05:42 ID:dq4hfTvA
敵は同調者を求めている
http://nokan2000.nobody.jp/switz/page02.html
 ヨーロッパ征服を夢みる、ある国家の元首が、小さなスイスを武器で従わせるのは無駄だと判断することは、
だれにも納得できる話である。単なる宣伝の力だけでスイスをいわゆる「新秩序」の下に置くことができると
思われるときに、少しばかりの成果をあげるために軍隊を動かしてみたところで、何の役に立つだろうか。
 国を内部から崩壊させるための活動は、スパイと新秩序のイデオロギーを信奉する者の秘密地下組織を
つくることから始まる。この地下組織は、最も活動的で、かつ、危険なメンバーを、国の政治上層部に
潜り込ませるようとするのである。彼らの餌食となって利用される「革新者」や「進歩主義者」なるものは
、新しいものを待つ構えだけはあるが社会生活の具体的問題の解決には不慣れな知識階級の中から、
目をつけられて引き入れられることが、よくあるもんだということを忘れてはならない。
 数多くの組織が、巧みに偽装して、社会的進歩とか、正義、すべての人人の福祉の追求、
平和という口実のものに、いわゆる「新秩序」の思想を少しずつ宣伝していく。この「新秩序」は、
すべての社会的不平等に終止符を打つとか、世界を地上の楽園に変えるとか、文化的な仕事を重んじるとか、
 知識階級の耳に入りやすい美辞麗句を用いて・・・・・。
不満な者、欺かれた者、弱い者、理解されない者、落伍した者、こういう人たちは、すべて、
このような美しいことばが気に入るに違いない。ジャーナリスト、作家、教授たちを引き入れることは、
秘密組織にとって重要なことである。彼らの言動は、せっかちに黄金時代を夢見る青年たちに対して、
特に効果的であり、影響力が強いから。
 また、これらのインテリたちは、ほんとうに非合法な激しい活動はすべて避けるから、
ますます多くの同調者お引きつけるに違いない彼らの活動は、”表現の自由”の名のもとに行われるのだ。

共産主義、大アジア主義のような「新秩序」運動って外国に付け入られやすいってことか。
167日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 14:14:14 ID:Byv3ObVU
>>166
長々とお疲れ様。ほぼ同意だが
大アジア主義は『既に』秘密組織に付け入れられていて、我々のような素人目にもその痕跡は明らかである
と思う。
168日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 14:35:32 ID:faYRHp4C
新たな文化マトボッククリコレクション
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1121880483/
169日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 14:40:15 ID:gcvZSTj0
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_16&nid=1442816&work=list&st=&sw=&cp=3


韓 : 日本人はこのごろ何の楽しさで暮していますか?


日:
         ∧_∧   ┌────────────
       ◯( ´∀` )◯ < 僕は、マトボッククリコレクション!
        \    /  └────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll
170日出づる処の名無し:2005/07/21(木) 16:09:54 ID:dq4hfTvA
創価、ヤクザ、朝鮮総連とかやばい団体に限って大アジア主義なのはなぜ?
171日出づる処の名無し:2005/07/22(金) 21:06:04 ID:qtZFkXmy
瀬島は二重スパイ疑惑まであり、
昭和天皇に名指しで批判されてたしな。

さすが、「赤いナポレオン」だけある。
172日出づる処の名無し:2005/07/23(土) 07:37:38 ID:vaNngryw
やっと書き込めた!人大杉は困る。
173日出づる処の名無し:2005/07/23(土) 08:15:03 ID:QIpp/jQS
>>170
普通に出自がアジアだからじゃないの
日本を除くさ
174日出づる処の名無し:2005/07/23(土) 14:25:38 ID:aBHgMPLj
>>173
はっきり半島といえよ・・・
175日出づる処の名無し:2005/07/24(日) 11:37:57 ID:XYmYFdWA
良スレ、あげ。
176日出づる処の名無し:2005/07/24(日) 11:51:41 ID:ABvdsSa+
>>174
ヤクザに関しては、中国系も熱い!
177日出づる処の名無し:2005/07/24(日) 12:57:43 ID:2V7rMSQZ
それより統一教会の自民党、官僚組織への浸透の方がやばい。
昨今のジェンダーフリー叩きも統一教会が主導している。
まあジェンダーフリーを推進してるのも朝鮮系だから、マッチポンプのような気もするが。
178日出づる処の名無し:2005/07/24(日) 13:34:04 ID:g7MvDXvb
近衛スレも面白いね

【ねえ】近衛文麿【フーミン】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1095180632/l50
179日出づる処の名無し:2005/07/24(日) 23:56:20 ID:NlN1HyhN
「大アジア主義者」なんて言わないで
ハッキリと「中華思想」と言えばいいのに・・・
180日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 00:10:37 ID:NOSaqRb0
東アジア共同体 = 大中華圏
181日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 00:20:57 ID:t8mKoQnW
>>179
素直に一致し難いんでね、、、。
182日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 01:41:04 ID:gTlAdO/b
コピペですがなかなか面白いと思います。どう思われますか?

朝日が日露戦争をマンセーした事をもって保守化したとか言ってる奴がいるが、
日本の思想対立の構造が分かってないな。
日本の対立構造は

親大陸派(共同体主義、ランドパワー)=親アジア主義、親儒教、親社会主義、親官僚制(=中央集権)親全体主義、親人治主義、親合理(観念)論、親水戸学、親平田派国学、親朱子学
親英米派(自由主義、シーパワー)=親国際主義、親資本主義、親封建制(=地方分権)、親自由主義、親立憲主義、親法治主義、親経験論、親仏教、親国学(本居宣長)、親徂徠学

なんだよ。
親大陸派は天皇制を認めるかどうかで国家社会主義(親ドイツ)か共産主義(親ソ連)に分かれ、
親英米派は伝統の重視の度合いで保守主義と自由主義に分かれる。
183日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 01:42:54 ID:gTlAdO/b
今風の言葉で言えば、反米保守は親大陸派で、親米保守は昔ながらの親英米派なんだよ。
両者は戦後、反共産主義という一点で手を組んだ訳だが、元々は水と油。
共産主義が崩壊した90年代以降、元の親大陸派vs親英米派の構図に戻っただけの話。
戦前の革新官僚や軍部の中の国家社会主義者に儀装した共産主義者が沢山いたってのは
有名な話で、この両者は天皇の扱いを除いては対立点はないから、転向は簡単。
西部邁、小林よしのりも何度も転向してるでしょ。
でも、親大陸派は絶対に親英米派にはなれない。逆もしかり。根本の思想が違う。

で、日露戦争の評価について言えば、「白人に対する被支配者有色人種の勝利」と言う点を重視するのが
親大陸派の特徴で、英米日の文明国が専制的(=アジア的)なツァーリのロシアに勝利したと言
う点を重視するのが親英米派の特徴。当時の人々はどう思っていたかと言うと、圧倒的に後者
が多いだろね。当時の一般の日本人は文明の度合いを肌の色よりも重視した。

このように考えると、朝日が日露戦争を賛美したのは何の不思議も無い。国家社会主義と共産主義
の間は容易に転向できる。そのうち、大東亜戦争の「白人支配からの解放」という面について
賞賛する日も近いだろうね。そして孫文のアジア主義の訴えだが、中国は伝統的に日本と英米との
離間を企てるのに熱心で、孫文は日英同盟にも強硬に反対していた。今の中国の日米同盟反対と同じだな。
これに東洋の王道だなんて感動してる奴は馬鹿としか言いようが無い。
184日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 02:18:07 ID:qZXOjwFY
戦後民主主義も大東亜戦争肯定史観もすべて戦後日本の巨大な闇のカモフラージュにすぎない。
カモフラージュを取り去り事実を素直に見れば、そこには目を背けたくなるような現実が広がっている。
でも真実を知ってしまった人は不幸なのかもしれない。
185日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 03:00:53 ID:lGbHo+le
戦後民主主義の人はアレだが
民主主義の人は、戦前も戦後も親英米。

民主主義の人は「大東亜戦争の結果、植民地が独立したね」
という感じの話は、論の筋が通っていればすんなり受け入れられるが、
戦後民主主義の人は「アジアに迷惑をかけた侵略戦争」じゃないと困る人。
だって、「アジアが中心!」ってイデオロギーだから。
なので、戦争で植民地主義が終わった事を認めちゃうと
戦後民主主義の人では居られなくなるので、逆の方向に転向するのであります。
アジア中心って芯の部分は変わらずに、劣化石原莞爾になるのです。

こんな感じ?
186日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 03:59:05 ID:Sx4XWWFw
>>185
×>だって、「アジアが中心!」ってイデオロギーだから。
○>だって、「支那朝鮮が中心!」って信仰だから。
187日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 04:42:07 ID:Rh2Bf5RL
思想的に転向した人なんていくらでもいるだろ。柄谷行人でもブントで活動していた時と今じゃ、違う事言ってるって。

よりによって、西部邁と小林よしのりを例に挙げなくてもいいだろう。

しかし、戦前の大アジア主義者は、民度の高さ・民主主義・法律遵守の精神がシナ・朝鮮にも学び得る事だと思い込んでいたのが

大間違いだったね。

あれから60年も経つのに、進歩が見られない。
188日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 04:48:27 ID:pZeZkDDv
おちんちんが小さいのはだあれ?
189日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 05:12:02 ID:qxJT3Cdc
>>182
面白い。人権擁護法案をめぐる議論がまったくかみ合わない状況もその構図にあてはまる。
賛成派は合理論で法律の条文のみを語り、反対派は社会経験事例の帰納的推敲を議論スタイルにとる。
大陸観念論とイギリス経験論のすれ違いで、お互い相手を無知と言い合っている。漏れは強硬な反対派だけど。
190日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 05:20:39 ID:qxJT3Cdc
福沢諭吉が学問の進めで述べた言葉「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」は
理念を示したものとして引用される事が多いが、そうはいっても現実は平等じゃないから学問に励もうと続けている。
脱亜論とあわせて経験主義のイデオローグと位置づけたほうが正確だ。
191日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 07:08:57 ID:qxJT3Cdc
>>79
>>82
この人の破綻っぷりは何?
192日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 07:09:50 ID:gTlAdO/b
>>185
>なので、戦争で植民地主義が終わった事を認めちゃうと
>戦後民主主義の人では居られなくなるので、逆の方向に転向するのであります。
>アジア中心って芯の部分は変わらずに、劣化石原莞爾になるのです。

逆 じゃなくて「アジアのリーダー」を設定してそれを日本にするか中国にするかということ。

アジア主義者は>親儒教なので、アジアを誰かが正しい方向へ教え、導くべきであると考える。
(上の者は下の面倒を見る)
上となるリーダーが中国の場合、戦後(サヨク)民主主義。日本がアジアを率いるべきと日本を
上にもってくるのが劣化石原莞爾。

と書きかけたが、

反日運動見て「(信用できない)中国はおいといて、日本はアジアで民度がもっとも高く(西欧化してい
る)、世界に誇るべき平和主義国家であるから、積極的にアジア各国の先頭にたって、国際平和への
働きかけをすべきである。」、正しければ皆ついてくる、平和は正しい、よって皆(そのうち中国も)つい
てくる、などというハイブリッドタイプもいるのでややこしいw

193 :2005/07/25(月) 07:38:03 ID:89rNrQXU
>>191
破綻しているのは藻舞w
194日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 09:58:44 ID:sOpXkWvE
では逆に、左の連中で非アジア主義的な論者はいるのかといわれれば
実は戦後左翼のリーダー格の丸山正男がそれに当たる。
丸山は福沢諭吉を高く評価したほどの脱亜論者だしな。

しかし、いつの間にか左巻きの間では脱亜論者は絶滅してしまったようだ。
195日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 09:59:30 ID:sOpXkWvE
丸山真男の間違いね
196日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 10:31:25 ID:BOhcFaXN
>>189
賛成派とは異なるが、「法案には反対だが2chを中心とした反対勢力にも反対」
という連中(例:若隠居)も前者の条文中心の観念論に当てはまる。
個人的には、若隠居やbeweedの主張は正論であって、2ch反対派のいうような
ナチズム法案にはなりえないだろうが、かといって人権を守るための法律として
正常に機能するとも考えがたい。特定団体の利権の温床になり、
部落や在日以外のマイノリティはその恩恵にあずかることができなくなると思う。
解同や朝鮮総連はマイノリティ全体の代弁者とは程遠いし。
その意味で、俺は法案反対派だ。
197日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 12:37:20 ID:DehY5OjC
アジア主義には近代の超克の契機があるが、
脱亜論にはない。
198日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 15:42:56 ID:KbQXK5YJ
中華思想に彫刻のケーキ?んなもんあるか
199日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 18:10:24 ID:dOsvsG+p
>>197
前近代→近代→近代の超克→前近代だろ(w
近代主義(立憲主義、自由主義)が気に入らない奴が「もう近代は限界だ、近代は終わった!」とか喚いてるだけ。
結局代替案は出せないか、出せても碌でもないものばかり。
戦前の国家社会主義やマルクス主義なんて思いっきり前近代への回帰でしかない。
マルクス主義者は反対派に「反動」とかレッテル貼ってたけど、奴らこそ近代主義への「反動」だからな(w
大アジア主義もまさにそうだ。
今でも近代主義は有効性を失っていない。修正はされてるけどね。
200日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 22:06:27 ID:TKDA1jo8
東アジア共同体 = 大中華圏 = 大アジア主義

日本は米英豪らと共にシーパワー民主主義連合が良いね。
201日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 22:12:15 ID:Xsz0hRwj
為政者、権力者だけでなくて一般人までそれなりに大陸幻想みたいなのがあるのが厄介。
島国根性って言葉はこういうことにこそ言うべきと思う。
202日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 23:23:28 ID:Z91O3twJ
というか、アジアなんて自力でまともに近代までたどり着けなかった
国ばかりだし。
203日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 23:30:43 ID:30TFu3I9
大陸からつねに一定の距離を保っているイギリスを見習おう。

キーワードは「名誉ある孤立」。
204日出づる処の名無し:2005/07/25(月) 23:33:14 ID:TKDA1jo8
>>203
大陸、半島からは距離を置くけど米英豪とは連携し決して孤立しないのがいいな。
205日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 00:37:33 ID:wqW9wWmv
>>204
こういうのは、大アジア主義批判の方向からは
どう評価されるの?

×同じアジアだから仲良く
○共通の利害があるから仲良く
って感じで歓迎される?
206日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 03:17:50 ID:/n1vI6Ar
>>191
>>79はたぶん孫文の発言だけを追っかけただけで時系列を無視してるような気がする。
・孫文自身は中華思想の持ち主と言うよりは愛国者で憂国の士って感じで、中華思想にどっぷりつかった同胞の覚醒の為に世界を飛び回った印象が強いんだが…
207日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 04:33:01 ID:A4GXkMe+
>>206
そういう奴がマトモだろうが一番タチ悪い
208日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 15:32:38 ID:Jq1pmx06
大アジア主義と海洋主義(適当につけた。要は米英系の通商派とでも考えられたい)の思想的な分岐点は
やはり黒船だったのだと思う。

欧米の帝国主義という暴風から身を守らなければならないと考えたのはどちらも同じ。
その上で、前者は帝国主義に支配された地域を糾合することで欧米に対抗する力を備えようとした。その為
には武器が必要で、欧米の技術を手に入れなければならなかった。おおざっぱに言えば、相手の「力」を見た。

一方後者は、武器、具体的に言えば軍艦と大砲を揃えれば相手に対して自国の意思を強制できることを
学んだ。というか軍艦と大砲を揃えれば相手を交渉のテーブルに着けさせられると理解した。
こちらは、相手の「手法」を見た。

結果から言えば明治の段階では両者の利害が一致し、富国強兵が有ったし、条約改正とかの流れを考えると
後者よりの流れだった。問題は、日露に何とか判定勝ちし、WW1による最初のガラガラポンで「アジア唯一の
一等国になった」あたりからだ。「アジア唯一の一等国」という立場は、前者的なイデオロギーに力を与え、今こそ
欧米に対抗する軸を作り上げる時だ、という空気が生まれてしまった。

一方で後者はそこまでイデオロギー的な力はない。極論を言えばテーブルに着ければ後は、秩序の維持者として
動くだけ、あとは淡々と利益追求のゲームをプレイするだけだからそこまで力がない。そしてなおかつ主に社会的な
未成熟(なのか、それとも別の要因があるのか不明だが)から、前者に付け込まれる隙が大きかった。そしてまだ
日本は貧しかった。

政治的に「力」がありながら、経済的にはまだ貧しい部分がある不均衡は、現状を維持するよりも魅力的な
「大アジア」という幻想に人々を引き寄せた。仙人は霞を食べて生きていくが、人は食べ物が足りなければ
どういうわけかイデオロギーで腹を満たそうとする。その意味で「大アジア主義」は魅力的で美味なイデオロギー
だったのだろう。何せ、そのころの海洋主義勢力は「腐敗している」と喧伝されていたわけだから。

そして、その結末は核兵器の実戦テストと8月15日。
一億全てが懺悔したかもしれないが、コトの本質まではたぶん整理されてない。

と、長々書いたが……すまんかった。
209日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 16:10:11 ID:sbqRBSC9
>>206
んなことない。孫文こそバリバリの中華思想だよ。
大体中華思想のない人間なら「中華」民国なんてつけるわけない(w
こいつが清朝の版図を領土だと主張するために中華民族なんて概念をつくり
だしてモンゴル人やチベット人などの周辺諸民族が同化を強いられるようになった。

魯迅のような人間が中国近代化の主流になればまた違ったんだろうけどね。
210日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 16:20:27 ID:P+Ch8oN5
>>1
馬鹿じゃないの?
中韓朝が隣国なんだし、昔からの付き合いも深い同じ文化圏なんだけど、他にどこと仲良くするのさ??
211日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 17:40:55 ID:3Q75EiBN
>>210
遠交近攻
212日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 17:48:21 ID:NBlEM8fz
>>210
仲良くする、以上のことを求めるから
「諸悪の根源」なわけで。
213日出づる処の名無し:2005/07/26(火) 22:51:53 ID:Wf18r00e
大中華圏なんて悪夢だな。
214日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 02:15:38 ID:it8mWPBe
戦後日本で大アジア主義的傾向のない保守勢力(親英米派)と言うと・・・
皇室と自衛隊ぐらいか(w
215日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 02:20:16 ID:N4XxH1Ic
>>208
そうなると本当の意味での日本の独立自尊の気風は
明治維新の段階で既に無くなっていたとみるべきなのかな。
216日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 07:53:44 ID:vRO0+Lvx
>>207まぁ隣国の愛国者が迷惑なのはどこの国も同じだね。ただ明治の日本人達はまだサムライの気質を色濃くのこしていて、一臂の力を貸す人が少なからず居たようだ『義を見て成さざるは』ってヤツだな。
>>209孫文が中華思想から中華民国と命名したワケじゃ無いぞ。独立当時の民国は内憂外患でフラフラだったろ。せめて民族の誇りを高く掲げようと、哀しい願いを込めて『中華民国』と付けたんじゃないか?
それを後から来て政権を算奪した中共が国民統合と周辺侵略の為に悪用したと思うが?

何にせよ今時、『大アジア主義』なんて言ってるヤツは右でも左でも胡散臭すぎるな。
217邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/07/27(水) 08:11:19 ID:Q+etN2vO
>>201
当の福沢翁御自身が、熱心な汎アジア主義者からの転向者なんだから、仕方ないさ。

>>215
違うと思う。あくまで日本の独立自尊を安泰とすべく、
周囲に強い親日同盟国家を求めたが故のアジア主義。
危機に瀕し混迷を窮めた極東地域に、明治維新を輸出しようとしていたわけ。
現代サヨクの卑屈なアジア主義とは違い、日本中心のアジア主義。
218日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 08:34:45 ID:SZijGW7b
>>210
脱亜主義で行くのがベスト。
>>1
その通りと主多
219日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 10:41:07 ID:BaVnS+T2
>217
ただ、その「明治維新の輸出」はかつてのソ連における「革命の輸出」と印象が被る。
明治維新「だけ」ならばまだそうでもないのだが、そこに続くことが予想される文脈、西欧との対決
姿勢はかつての資本主義に対する共産主義の姿勢と同じものがあるように思う。

故に。
意図していたかどうかは別として、それは近代化という表面を持っているものの、実質的な側面は
極めて中華的な華夷秩序をもったものでは無いかと思ったりする。
まあ、ただそれは当時の情報において、確かに取り得るオプションとしてそれなりには有力だった事は
否めない。清帝国は蚕食されつつあったものの一応眠れる獅子であり、取り込めれば一つの軸と
なり得る、という幻想は成立し得た。
ちなみに言えばたぶん、満州領有や、今日における十億人市場の幻想のルーツはそこではないか
等と書き捨ててみる。
実際には腐り溶け落ちた黄河・長江文明を中華という枠で何とか保たせているだけなんだろうが。

>210
むしろ西欧、それも米国、英国の方が本質は似ている。
ついでに言えば遣唐使の廃止以来、日本にとっての大陸は商売相手ではあったが、それ以外の
関係は一部の例外的時期を除いて希薄なのだが。
220日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 10:47:09 ID:8upTwBYm
>>219
社会を成り立たせている価値観は、明らかに東アジアより
英米寄りの部分が多いよな、日本は。
221日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 18:26:10 ID:/Af51IwI
>>220
自分に都合のいいものとかは疑問も持たずに受け入れるけど
根源のところで受け入れられないものも少なくないと思う。
そこを大陸勢力に上手く利用されるわけで。
日本じゃキリスト教も平和カルトと密接に結びついちゃってるし
勢力均衡のための軍事力は昔のイギリスみたいに傲慢だと思われるんかな。
シナ半島の軍備拡大はスルーなのに。
222日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 19:06:31 ID:ZdDD7QYT
>>217
>>当の福沢翁御自身が、熱心な汎アジア主義者からの転向者

恥ずかしながら漏れも。
本気でアジアとの強調を考えていた人間ほど、手酷く裏切られて徹底した脱亜論者になるってパターンは多いような。
223日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 23:14:12 ID:SPrFQA8z
>>220

封建体制を経て成立した近代社会という共通点かな?

中朝韓人民の民度の低さは良く話題になるけど、
幕末でも非武士の庶民は相当民度が低かったらしい。
別の民族のようだ、という当時の欧米人の意見をどっかで見たことがある。

それを考えると、明治日本の一つの成果は、
非武士の民衆を武士に近づけて国民国家を成立させたことかもしれない。
それも敗戦でほとんど失われてしまったが。。。
224日出づる処の名無し:2005/07/27(水) 23:34:02 ID:rSieP1tX
>>223
英米もフーリガンだのパパラッチだの場合によっちゃ
日本より民度低いと思うよ。
皇室扱き下ろしの記事とか見たらファビョる人続出だろうし。
225日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 00:23:14 ID:DRsz6YC6
>>224
自己レス。イギリスみたいな国になると皇室叩きが
激しくなるんだろうか。
大半の人は興味ないと思うが復古主義は通用しないだろうし
天皇なり思想なりによって均質化される社会はアジア主義的?
226日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 01:51:45 ID:jQxwCLLS
英国とドイツのタブロイド紙が互いに相手国を叩き合うことが多いそうだが
「ナチス」と「英王室のスキャンダル」の話題は暗黙のタブーらしい
227日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 08:28:14 ID:eMRXC6Lz
やっぱむこうは長く戦争やってきた国同士で仲悪いなりの付き合いが
東アジアと日本より格段に上手いな。
228日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 13:28:48 ID:DtqBe9yU
>>227
と言うよりキリスト教の影響と思われ。
イギリスとフランスやドイツとフランスみたいに隣国と仲が悪くとも、キリスト教が思想の中心にある限り
文化的に似通うところがあるから、或る程度つき合うのに苦労しないと思われ。
それにキリスト教徒以外は蛮族という認識があるから、それ以外の国は蛮族として扱えば済むという単純な
理屈ですわな。
229日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 14:33:10 ID:srihTAI5
・津村喬【気功家・評論家】
「日本は地震のおかげでようやくアジア並みになってきたのである。」
「アジア人の生活に近づいた、という実感があった。」
「いま神戸市民はやっとアジアと目線が合ってきたのではないか、神戸は国際都市になったのではないか。」
「難民になったようでちょっとわくわくする。」
出典元:津村喬『神戸難民日誌』(1995年)より

http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/

>>5にもあるけど、大アジア主義者って戦前、戦後とも変わってないな(w
なんでそんなに日本に恨みがあるんだろう?
230日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 14:53:42 ID:HmUi+/mx
前のレスにあったけど呪いの文化から脱出しようと
してるからじゃないの?
それを封じるのにアジアアジアと連呼する。
231日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 16:57:56 ID:eMRXC6Lz
>>229
「良い暮らししてる日本人が散々な目に遭って土人みたいな生活でいい気味だ」
としか解釈の仕様が無いな。それ。
232日出づる処の名無し:2005/07/28(木) 23:50:31 ID:M5DNHy+s
>>231

同意だが、自分が属する社会集団に対してそういった感情を持つというのが、
非常に捻れていて理解に苦しむ。

個人的には
 彼らは「間違った日本人」とは違う「素晴らしい人間」であるという自己規定を
 アイデンティティの源としていて、日本と日本人を否定し続けなければ
 自我が崩壊するのではないか?
という考えを抱いている。
要するに、自己愛の発露として日本を否定していると考えると、
彼らの捻れた精神構造が少しだけ理解できるのだ。
233日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 00:36:48 ID:ZSRJrKXO
日本人を自虐には誘導するけど主張する自身は
傲慢限りなく感じる
234日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 01:50:21 ID:zU1jhGot
西洋の覇道、東洋の王道、中華の外道
235日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 09:19:29 ID:chRO8kiv
>>233
日本語が不自由な方が訪れたようです。
236日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 09:53:04 ID:FcuomoUc
自民党よ統一教会とパチンコから手を切れ
朴チョンヒ以降誰が見てもまともな大統領は出てこない
国民を打ってまでそんなに金が欲しいのか?
フジも片棒担ぎヤメレ
237日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 09:54:27 ID:chRO8kiv
>>236
自民党からは朴大統領は出ていませんが?
238日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:02:08 ID:wMmMa26K
●韓流ブーム??? Page-1
一体今何がこの国日本で起っているのか?
http://www.geocities.jp/ez_shawn007/world/world-now1.htm

先ずその実態を探るには、韓国という国を知る必要があります。 そこで我々は再度海外における
韓国の扱われ方に注目してみました。やはり移民の扱いで最先端を行くアメリカが良い例でしょう。

 「世界中の外国人のみなさん! さあ移民の国アメリカへいらっしゃい!」と高々と看板を掲げる
アメリカ。ところがその移民の国アメリカ政府は、「韓国人のみは、来ないで欲しい! 断固お断り!」
という政策を掲げているのです。 

ご存知(建前上)移民を推進するアメリカは、永住権を抽選でばら撒くという行為を毎年しています。

 「さー、さぁー、世界中の皆さん、いらっしゃい!」ってな具合です。 勿論共産主義の中国や敵国
イランは除外されていますが、何と韓国も中国や北朝鮮やイラン等と同じく米国は断固拒否している
のです。移民のプロ米国は、私達(外国人の扱いに慣れてない)日本人が気付いていない部分を
敏感にキャッチし、危険国民=韓国民という風に、しっかりと認識しているのです。意外とこの
事実を知らなかった日本人は多いのではないでしょうか?

「(韓国)国民だけは、米国にこれ以上絶対入れてはならない!」とアメリカ政府は躍起になって
いるのです。しかしあいにくもう手遅れというのが実情です。答えはその国民性にあります。
239日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:03:17 ID:wMmMa26K
韓国文化とは、一言でいうと「踏み倒し」文化です。 「やった者勝ち」文化とも言います。韓国が
経済破綻を経験した時の事を覚えているでしょうか? 当時韓国人は一斉にアメリカに民族移動を
試みたのです。 「こんな最低国家に住んでたまるか!」と吐いて、アメリカに民族大移動をした
のです。 しかしそう簡単に永住権など手に入りません。 そこで嘘八百で「私は牧師です!」
などと主張し、法の目をかいくぐって(当時牧師は永住権を簡単に取得しやすかった)もぐり
込んできたのです。 そして既にアメリカで永住権を持つ在米韓国人は、こぞって韓国人を招き
入れ、永住権の取得に協力したのです。  そこからが韓国スピリット全快です!

「郷に入らば踏み倒し!」この精神は、韓国文化そのものです。 どんどんと都市の中心部を占領し、
ハングル文字だけで街を作り上げていったのです。それは丁度日本の繁華街である東京赤坂を
韓国人街に塗り替えていっているのと同じ事です。アメリカ政府が最も驚いたのは、韓国人は日本人
(郷に入らば郷に従う精神)と同じと思っていたからです。恐らくこの記事を読む日本人の皆さんも、
「日本と韓国は殆ど同じ」と思っている方が多い事でしょう。 特に最近の日本人受けを狙って製作
された韓国ドラマのせいで。 しかし現実は、0.1%の相似性も無いのです。
240日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:06:21 ID:wMmMa26K
アメリカ政府が気付いた時には既に手遅れで、韓国ギャングがヒスパニックギャングを追い越す
勢いで街中で犯罪を繰り返し、踏み倒して行ったのです。 ロサンゼルスの中心に構える巨大な
韓国街では、英語すらなく、消防隊も文字が読めなく右往左往する始末です。「一体ココはアメリカか?!」 

アメリカ警察も消防隊もカンカンに怒る始末です。その後異例の法律で、強制的に韓国人街に
英語を入れるよう市が発令したのです。(誇りに思ってもらいたいのが、米国には韓国ギャングや
中国ギャングは巨大組織で悪評高いのですが、日本ギャングは存在しません。 これは思想の違い
から来るものです。だからこそ日本だけが愛され、支持されきたのです)

アメリカは移民で沢山の失敗を繰り返して来ました。 在米中国人を、アメリカ生れアメリカ
育ちという事で気を許し、国家機密の多いNASAに入れたところ、最先端技術を全部盗まれた事も
有名です。 その事件の数年後であるつい最近、中国が人をロケットに乗せて打ち上げに成功
しています。
241日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:07:15 ID:wMmMa26K
現在日本は外人の扱いに右往左往し、トンチンカンな行為があちこちで垣間見れます。国際社会に
なるとは、「世界は一緒! 人類は皆兄弟!」と、現実を無視して外人を受け入れるというものでは
ありません。国際社会になるとは、違いを認め理解する事ではないでしょうか?実際ロサンゼルス
のような多民族都市では、国籍毎にそれぞれ分かれ、お互いけん制し合って生活しているのです。

異なった民族同士混ざり合うという事はあり得ません。 それは移民の国アメリカが既に立証して
いるのです。因みにこれが多民族国家アメリカでいうところの、ホンモノの国際感覚です。外人
(外国)にむやみに媚びて近づこうとせず、賢く距離を持ってお付き合していれば、現在のような
(日本は)金ズルとして中国や韓国に利用される事が無いのです。

我々日本人と韓国人の思想には、0.1%すら相似性が無いという事実を認識し(少なくとも米国は
既に認識しています)、自分たち祖先が何百年もかけて磨き上げた崇高な(世界一モラルレベルの
高い)ジャパニーズスピリットを大事にする必要があります。 さもなくば、この国も「踏み倒し」
文化に成り下がってしまいます。 そうなれば、世界中が悲しむ事でしょう。
242日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 10:09:40 ID:wMmMa26K
韓流ブームは明らかに在日韓国人と韓国が共同で盛り上げたものでしょう。それは丁度民族
大移動を試みた頃、民族が一致団結してデタラメでアメリカに潜り込んだ時と酷似しています。

油断すると、大変な事になります。特にメディアに進入させると、よじ曲がったコンプレックスの
塊の報道をし、国民を惑わす事となります。先の室伏選手金メダル獲得した時も、韓国系日本
メディア(在日韓国人による運営)はこぞって妬みを撒き散らし、侮辱をし、それに協調する
かのように一部日本のメディアも反日報道をしたものです。

移民の国アメリカからも、締め出しを食らう程の自己中心的な思想を持つ韓国。 我々は今、
アメリカと同じく厳戒態勢で既に入国している外国人(特に反日思想を持つ韓国や中国人)を
監視しなくてはならないのです。ココは日本です。 我々日本人が主役です。当たり前の事を
再度認識してもらう必要があるのです。
243日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 16:51:13 ID:MaoD69y1
清貧が良かれって精神が都合のいいように
利用されるのかな。
富んで清貧の人も富みたい人もそのほうが都合いいし
死の恐怖と官能への情動が人を人たらしめるのか。
244日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 20:01:47 ID:bkB7IGtz
自殺したがりも個人の精神的な病としてなら見過ごしてもいいけど、
他人や子孫を、つまり社会を巻き込む民主党みたいのはごめんだなあ。
245日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 23:54:40 ID:121gQs1h
右派の内鮮一体論と左派の地球市民論が朝鮮人の対日工作の
絶好の隠れ蓑になってるよね。政治家も相当浸透されてるし、このまま
だとマジで日本人は朝鮮人の奴隷にされるかもしれん。
246日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 05:43:52 ID:UZlsb3sh
>>241
>自分たち祖先が何百年もかけて磨き上げた崇高な(世界一モラルレベルの
>高い)ジャパニーズスピリット

もはや謙虚を美徳とする日本は終わったんだな…。
247日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 07:05:03 ID:i5DhRkzj
その反対が徹底的な自虐なのがこの国の病んでるとこだ。
それよりかはましだと思うが。
248日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 12:00:50 ID:77+O7eWv
現在、中国共産党や朝鮮労働党は独裁体制であり、日本とは全く異なる圧政国家なのであって、
どうやっても接近することなど出来はしない。

そんな有り得ない事をマジでやってる阿呆が韓国。
韓国の悲惨な末路は約束された。
249日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 12:14:05 ID:FBZ+5qSA
朝鮮民族のDNAは長い歴史の中で無意識に圧制を望んでるのですよ。
変に自主自立してしまうと不安でしかたないのです。
250日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 12:16:42 ID:77+O7eWv
>>249
そういうのは有るのかもね。
そして支配され圧政を布かれて、その支配者に文句だけ言って行動せず、責任も取らず、
独りよがりで朝鮮が根拠もなく偉いと信じたがる、ということですかね。
251232:2005/07/30(土) 16:30:36 ID:wrzXjDUz
>>246

誇りとは内に秘めるものだと思う。

今のウヨには無闇に他者を攻撃して自らを高めようとするやつもいる。
それは自己愛の発露として他者を攻撃していると言う意味で、
サヨクとも朝鮮人とも近いといえると思う。

批判は悪くないが、中傷は良くない。
しかしその境は非常にあいまいだ。
一人一人の日本人が、自らに誇りを持つことで自制するしかないと思う。
252日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 20:53:04 ID:RRmu/H3L
>>251
愛国心には様々な形態があるのだよ。
ステレオタイプな、丁度オマイみたいな在日街宣右翼的な偽の愛国心しか
思いつかない奴はもっと自分を磨け。
253日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 21:07:40 ID:sXHe38aC
誇りなんて無形のもんに騙されるのが良しとは思わない。
明らかに大陸人の方がタフさは日本人より勝ってる。
愛国心ってのも中韓と共倒れすることを是とする勢力が
国益だの愛国だのって叫んでもいいわけだからなあ。
254日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 21:10:44 ID:fdTE+AS4
>>253
>中韓と共倒れすることを是とする勢力

サヨク及び大アジア主義的似非右翼のことですな。
俺には関係ない。
255日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 21:13:08 ID:RRmu/H3L
>>253
愛国心には様々な形態があり、人それぞれだ。

中韓と共倒れする事を是とする勢力・・ってチャイナ・スクールとか北のシンパとか
売国勢力で決してこいつら、愛国者じゃないけどな〜。

まーいずれにせよ、愛国心はひとそれぞれ、持ちたいように持てば良し。
少なくとも、「持つな!」なんて押しつけはオカシイ。
256232:2005/07/31(日) 01:18:36 ID:TWKD46jJ
>>252

文意を良く理解していただけていないようだが、
私は生産的な愛国心を持つ方が望ましいと言いたかったのだが。
自分が愛国的であると信じているだけの「愛国心」は、自己満足でしかないと思うのでね。
そういう意味で、様々な形態の一つを否定している、という指摘は正しいね。

どちらにせよ、「反日的なものをネット上で攻撃するだけ」の愛国心を否定すべきでない、
と言う意見もあること自体は認めるよ。
他者の意見の表明を認めるのが民主主義ってやつの基本だからね。
257日出づる処の名無し:2005/07/31(日) 01:48:09 ID:vxtY3MP/
>>256
なんか聞いたこともない意見を一人で言って一人で認めてる変なのがいる・・
258日出づる処の名無し:2005/07/31(日) 02:05:42 ID:vpJVa8B4
国家が国民の自由を保障している限り
愛国心なんてものは自動的に沸いてくるし
その発露の形が間違ったものにはならないと思ふ

思うに、目的を持った愛国心は傲慢の至りだと
259日出づる処の名無し:2005/07/31(日) 03:51:23 ID:YB5E7SlV
>>258
とかなんとか、それぞれが愛国心って何だろって考えて自由に意見が言えれば
それだけでいいと思うよ。
答えは一つじゃないし。
260日出づる処の名無し:2005/07/31(日) 05:51:17 ID:E25OyrlP
>自分たち祖先が何百年もかけて磨き上げた崇高な(世界一モラルレベルの
>高い)ジャパニーズスピリット

この>>246で引用されたフレーズが発端かと思うんだが、これを恥ずかしいと思うのは
まぁ日本人ならではの感覚だと思う。身内の過大評価を好まない性質。これは理解できる。

でもこれをもって、本来の日本人的美徳が損なわれているように煽り気味に語ったり(>>246)、
ネットで反日を叩くだけのサヨクが言うこところのネットウヨ(>>251)のように言うのは
ちと話を飛躍させすぎ。悪く言えば妄想しすぎ。少なくとも上の引用した部分に
能動的な攻撃的要素はみられないし、むしろ攻撃的なのは>>246>>251のように見えるぞ。
261日出づる処の名無し:2005/07/31(日) 09:49:35 ID:gqsG0pxU
日本の経済社会構造とヤクザ

http://www.edp.eng.tamagawa.ac.jp/~sumioka/paper/hpaper/1992yakuza.pdf

考察 安企部(KCIA)の対日マスコミ工作

http://www.infovlad.net/underground/asia/nkorea/bbs/nkoreabbs4327.html#top
262日出づる処の名無し:2005/08/01(月) 21:36:25 ID:UWMSZjJY
思うに電通こそ終戦時解体すべきだったのではないか。
今からでも5社くらいに分割すべきだと思う。
263日出づる処の名無し:2005/08/01(月) 23:28:42 ID:yw6yu+Pv
戦前軍国やってたのが逆転換してるだけだし
変えるってのも難しいもんだねえ
体に沁みたものはなかなか変わらない
264日出づる処の名無し:2005/08/02(火) 10:03:23 ID:rWUfFBMB
電通の分割ねえ。分割したら分割したで露骨に外資が入ってきそうな気がするが。

善悪は別として、バブルあたりの頃までの広告産業というのは言うなれば河原者の系譜にあったわけで、
日本社会における一つの隙であることは否めない部分があると思う。
別にそういった産業が悪い、というわけではないのだが、そういった宣伝や世論誘導について、日本の社会
というのはあまりにも素人というか善人な部分は否めないような気がする。

本来はその為のメディアリテラシーなわけだが、どういう訳か教育がらみで聞こえてくるメディアリテラシーという
のは「政府の嘘を見抜く」になっているのがいかんともしがたく。
265日出づる処の名無し:2005/08/02(火) 16:27:21 ID:pZN7wa9g
メディアって言うからにはまずメディア自体を疑う物なのにね
266日出づる処の名無し:2005/08/02(火) 21:23:12 ID:rrp/pdso
結局、日本の問題は未だに戦時中の全体主義体制が残存してるってことなんだよな。
メディアが権力機構に組み込まれたのだってあの時からだし。
右左関係なくこの体制自体を突き崩して自由主義を復活させないと日本に未来はないだろう。

内にあっては全体主義、外にあっては反米大アジア主義な連中こそ日本国民の真の敵だな
267日出づる処の名無し:2005/08/03(水) 18:51:47 ID:KKhsKVh1
そろそろあっちじゃ串使って同調するレスが出てくるころだな。
268日出づる処の名無し:2005/08/03(水) 19:10:28 ID:ZIYK7WH7
予想通り勝利宣言きてたねw さすが支那蓄クオリティタカスwwwwっうえwwwwうえwwww
269日出づる処の名無し:2005/08/03(水) 19:30:54 ID:tiVKLWpG
>>267-268
何の話してるの?
270日出づる処の名無し:2005/08/03(水) 20:31:09 ID:BXCW6wxg
太平洋戦争は共産主義者の陰謀
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1121091165/l50
271日出づる処の名無し:2005/08/03(水) 23:17:13 ID:I4rhMbPF
■■■■■■ 緊 急 ! ■■■■ 緊 急 ! ■■■■■■ 
2ちゃんねる 非 常 事 態 宣 言 !

民主党が1日午後、「人権侵害救済法案」を提出し受理されました。
この法案は言論の自由を制限するものです。
しかも、このことをマスコミは一切報じていません。

2ちゃんねるが 潰 さ れ る 可能性大!

この法案の成立を何としても阻止しなければなりません!
成立阻止に協力してくださる方は大規模OFF板へ!
http://off3.2ch.net/offmatrix

■■■■■■ 緊 急 ! ■■■■ 緊 急 ! ■■■■■■ 
272日出づる処の名無し:2005/08/04(木) 22:35:06 ID:av0f2Oxi
>>1
なんでCIAが児玉なんて国家社会主義者を日本の窓口に使ったのかが謎だ。
もっと筋の良い親英米派の人間を使えば良かったのに。
児玉によって張り巡らされた日本の裏社会が結果としてアメリカの極東戦略の足を引っ張っている。
まあ、CIAはこの手のマヌケな工作が多いんだけどね。
273日出づる処の名無し:2005/08/05(金) 06:05:23 ID:CnfvvcQu
日本軍・日本軍特務機関と関わりの深かった戦後アジア政治指導者

朴正熙(日本陸軍軍人)
スカルノ
タキン・アウンサン
スバス・チャンドラ・ボース
リー・クアンユー(シンガポールの日本陸軍情報機関に関わる)
李登輝(日本陸軍軍人)


米軍・CIA(OSS)と関わりの深かった戦後アジア政治指導者

蒋介石
宋美齢
孔祥煕
宋子文
フェルディナンド・マルコス
イメルダ夫人
李承晩
ゴ・ディン・ディエム
ゴ・ディン・ヌー
マダム・ヌー


漏れは決して大東亜共栄圏を肯定するものではないが、日本軍特務機関には人を見る目だけはあったな。
逆にアメリカ人の人の見る目の無さには驚く。ここまで腐敗して近代意識からかけはなれた人物ばかり、よくもまあ選んだものだ。
児玉は両方に属しているが、やはり後者に近いな。

法則としては、どうもCIA(OSS)はクリスチャンのアジア人が大好きらしい(藁
しかしなんで児玉を選んだんだろ。日本帝国にはクリスチャンでリベラルの政治指導者が結構いたっていうのに。
上の表から見ると、やっぱチャイナ・ロビー絡みからかもな。児玉機関と宋財閥は戦中からズブズブだったって話だから。
274日出づる処の名無し:2005/08/06(土) 08:07:42 ID:EpYbqYTS
>>273
俺は前者も評価出来ないな。
特に朴正熙なんて日韓癒着の源流と言っていいし
そのコネクションは勝共人脈そのもの。
そして青嵐会以来、石原、森派に脈々と続いている。
小泉創価政権下の捏造韓流なんて、電通を含め
こいつらの全面的な後押しあってのこと。

韓国絡みの経済事件、例えば阪○銀行副頭取射殺事件
マ○チモーター社長宅放火殺人事件、豊○商事事件には
在日勢力も含め、これら日韓地下人脈の暗躍が見え隠れしている。

まとめると一見、靖国参拝など国内向けには
口当たりのいいパフォーマンスをしている保守派政治家も
フタを開けてみれば売国奴だらけということだ。
275日出づる処の名無し:2005/08/06(土) 12:40:59 ID:4zZmc0j3
>>274
>>273は「己の本分を誠実に全うしたか」どうかで評価しているのだと思うが。
「腐敗して近代意識からかけはなれた人物」ってあるじゃん。

まあ、(工作側の)国益にプラスなら腐敗していようが無能だろうが関係ないんだが。
276日出づる処の名無し:2005/08/06(土) 14:27:19 ID:nquh2Uo5
宋美齢。マダム・ヌー。イメルダ夫人。
独裁者を後ろから操る猛夫人の存在も共通する。
最近は女政治家そのもの(アキノ、アロヨ、メガワティ、アウンサン・スーチー)をやたら持ち上げたり引き落としたりして、アジアのコントロールを狙っているようだ。
辻元清美ですら「未来のアジアのリーダー」100人リストに載ったりしたわけだしなあ。
ほんと人を見る目が無いな。アメリカのリベラルは。

さすがに真紀子みたいなのじゃどうにも対処しようが無かったようであるがw
277日出づる処の名無し:2005/08/06(土) 23:25:11 ID:RZdZl60m
賠償マネーと商社と政治家、フィクサーがらみの話も
しれくれませんかね。
278日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 01:48:49 ID:TmeWJgOV
>>277
それは現在進行形の問題だから中々表に出にくい。
社会党の北朝鮮、中国コネクションなんて所詮は野党だからたいしたことないんだが、
自民党のアジアとの腐れ縁は現実に日本国民に多大な害をもたらしている。
まあ、自民党が下野しない限りせいぜい断片的な情報が週刊誌に載るぐらいで、全貌が明るみになる事はないだろう。
279日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 03:20:04 ID:cWHkPy8Q
自民党が下野してもオカラだの小沢だのが大口開けてるしなあ
280日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 04:18:33 ID:4lM2bgVD
児玉機関マネー→鳩山自由党→自由民主党 の流れを忘れちゃ行かん罠。
鳩山一郎の方ね。

別に自民をかばうわけじゃないが、旧鳩山民主党(今のポッポの方)が母体となった現民主党は、自民以上に児玉機関との関係は深いことは指摘せざるをえまい。
281日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 19:22:40 ID:TmeWJgOV
戦後日本の政治腐敗の最大の原因は在日朝鮮人や大アジア主義者の政治への浸透。
あいつら、暴力でも賄賂でもなんでもためらいなくやるからね。
あいつら、向上心はないのに権力欲だけは非常に旺盛だから、日本の政党、市民活動
は左右関係なくみな朝鮮人に浸透されている。
韓国と完全に断交して在日を追放しない限り、政治改革は無理。
282日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 20:56:21 ID:6wtFfxgD
別にそこまで日本人は清浄じゃないと思うが。
あるいは在日やら大アジア主義者やらにのみ「敵」を絞るとそれはそれで何かを見失う。

きっと政治の世界は思っているより単純であり、同時に複雑怪奇。
その上であえて言えるのは、「明快な結論(明快な「言葉」ではない)で明快に敵を示す人々は、
何らかの理由で大多数の民衆を弾丸として使い潰す意思をもっている可能性が高いということ。

アジテーターには気をつけて、と。
283日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 22:09:46 ID:Nqyrvhe5
そいつらが最もアジってるわけだが
284日出づる処の名無し:2005/08/07(日) 23:31:57 ID:8xIX7jjC
日本人が清浄であろうと無かろうと、日本人でないものの影響力は削ぐべきだろう。
日本人として、その歴史や未来、社会に責任を負い、より良いものを求めぬ者をというか。
285日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 12:33:22 ID:nOMJyyxE
>>282
大アジア主義がもっとも耳さわりが良いアジテートだった事を
スルーしちゃいけませんな。
286日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 14:50:34 ID:PTZAtZEu
アジアは一つ
アジアは一家
287日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 18:15:55 ID:/JwQIFZi
大アジア主義に限らず共産主義や宗教もそうだけど、観念論って
いつの時代も政治的なアジテートの道具に使われるんだよな。
大陸の国家って何時の時代も少数のアジテートする奴がされる奴を支配
するって政治形態しかなかった。共産主義にしろカトリシズムにしろどれも同じだ。
思想なしでのほほんとやってきたのは日本とイギリスぐらいだな。
とにかく、観念論を見つけたら怪しいと思った方が良い。
中ソ朝の対日工作の道具に使われてきた戦後日本の平和主義や人権思想
なんてまさに観念論だし。
日本人の常識に照らしておかしいことは大抵の場合おかしいんだよ。
288日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 18:34:39 ID:4N0+RSFv
でもアメリカとかロシアとかいきなり列強が押し寄せてきたんだから
当時の日本人は死ぬほど焦っただろうな。
極東は鎖国やってたから表面的には安定してたけど鎖国破られたら
めちゃくちゃバランス悪いし島国だけどドイツを真似たのもわかる。
しかし理想論は置いといて現実主義取らないと日本はホロン部。
289日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 19:12:17 ID:y0fCeDLf
>>288
禿同
290日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 23:34:50 ID:IhPd/bbv
民主党岡田のトンデモ発言
「参政権がほしいなら国籍を取れということは、人権にかかわる」
「中国の役割は米国と並んで非常に大事だ。総理が自らの考えを押し通して靖国参拝をしたことは、非常に国益を損ねている」
「(拉致被害者)5人を(北朝鮮に)返さないと政府が決める必要はない」
「国会で北朝鮮の名前を出すのは相手の気分を害するからやめろ」
「イラクの子供は10年も綺麗な水を飲んでないから、自衛隊の給水復興支援は必要無い」
「『国歌君が代』は民主主義にふさわしくないので違和感を感じる。民主主義国家にふさわしい国歌があっていいんじゃないか」
「200議席突破しない場合は執行部が責任を取る」※現実は180議席ですた(・∀・)ニヤニヤ
「そのサインが本人のものだと確認したんですか。名誉毀損ですよ(ファビョーン)」
  ※菅代表の拉致犯釈放嘆願署名についてファビョって安倍に食ってかかる@2003年総選挙NHK
「九割方単位を取っているので、経歴を詐称したことにはならないのではないか」
「私は戦争に責任を持つ人が一緒にまつられていることに非常に抵抗感を覚える」靖国問題@朝日新聞
「9月で解任してもらおうと思ったが(時期が)早まった。読みたい本もあるし、家族サービスもしたい」※代表固辞の理由w
「これ以上の計算は社会保険庁のスーパーコンピューターを使わせて貰わないと計算不可能なんですよ」
  ※民主党年金法案の現実性の無さのイイワケ@TV出演
「金大中前大統領が言われた未来志向のレールの上をうまく走っていないとすれば、主に日本側に問題があると思う」
    ※2004.5.28羅鍾一駐日大使との会談で
「国家公務員法(兼職禁止規定)を知らず、設立手続きの中で名を連ねた」と自らの兼職について釈明。
「日韓両国で共通の歴史教科書を持つ必要があるのではないか。議論の場を作るべきだ」
「ミサイル問題を議論するときに”北朝鮮”という具体的な国名を挙げるのは
相手国に対して失礼だ」
「近隣諸国との関係悪化は小泉外交の結果」


291日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 00:14:02 ID:MPrCrzNc
実際自分んちの隣に、在日やリアル三国人がいたら?
擁護派は体験してからもの言えってんだよ!
ジャスコなんて元々、二木(ふたぎ)商店じゃんよ。
書きやすい字面だから、ひょっとして在日不法在留人の末裔か?
一応左右対称苗字だしな。
292日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 00:15:39 ID:V3owAJbq
天皇、靖国信者なんかはもろに観念論者だが。
293日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 00:35:15 ID:uTDEfz5M
>>292
実際、日本会議系保守派には大量の勝共右翼が紛れ込んでるよ。
294支持派の歴史はハルノートから始まる。。。常に:2005/08/09(火) 00:42:00 ID:9PQru3h6
いわく、「ハルノートが飲めないから戦争するしかなかった・・・・」


     ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
295日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 00:54:15 ID:SthtidJ6
アメリカも共産主義との戦いで、半島で4万ベトナムで5万人の若者の
戦死者を出したから身勝手も許す。
296日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 02:08:29 ID:qfldw9HD
諸悪の根源はチャンコロをまともな奴扱いをし、チョンを受け入れちまった事だよ
そう言う意味じゃアジア主義者だわな
とりあえず、チョンチャンの扱いをもう間違えるな。キチガイをまとも扱いするなつーの
297日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 10:10:54 ID:BF4x69eI
韓国面にとらわれているな。

アンチ巨人も巨人ファン。
直接実害を受けたのならともかくとして、そうでないのに「大アジア」に対する強烈な敵意を
持つ、というのもある意味で大アジア主義者に近づく気がしないでもなく。

近隣の途上国からの貧民の流入による治安悪化というのは結局先進国共通の悩みであり、
淡々と違法行為は違法行為として取り締まればそれで問題はないのでは無いかと思ったり。
298日出づる処の名無し:2005/08/09(火) 23:24:02 ID:Y96rV8t0
>>297
わざわざ更に悪化させようとする輩に好意はもてまい。
敵意ならともかく。
299日出づる処の名無し:2005/08/10(水) 06:41:37 ID:S1626Ov2
>>297
左翼の戦争体験至上主義による反戦スピーチよろしく
直接被害を受けていないから敵意を持つのはおかしいと言葉巧みに心理的武装を解き、
中朝の世界トップレベルのストーカー気質と反日教育で生まれた犯罪者送致を
「世界でどこにでもあるもの」と一般化、陳腐化してすりかえる。
日本版民間防衛にでも載せたいくらいのわかりやすい工作活動だな。
300日出づる処の名無し:2005/08/10(水) 21:26:35 ID:Wo4sHbH1
>直接被害を受けていないから敵意を持つのはおかしいと言葉巧みに心理的武装を解き、
敵意を持たなければならない、と一般人が納得しがたい前提を突きつけることで自らの異質さを示し、

>中朝の世界トップレベルのストーカー気質と反日教育で生まれた犯罪者送致を
>「世界でどこにでもあるもの」と一般化、陳腐化してすりかえる。
ソースも示さずに相手の存在を決め付けた上に、テキストを都合のいい部分だけ抽出して自分に
都合よく受け取る。

テキストに載せたいくらいに政治的意図が見え見えの書き込み、乙。
あるいはどこか縦か斜めに読めるのか? そうなのであれば教えていただきたい。
301日出づる処の名無し:2005/08/10(水) 21:56:55 ID:nt3rhV/X
>>300
異質か異質でないかは比較対象による。誰と比べて?

どこが抽出なんですか?
抽出でない部分(都合の悪い部分)をソースつきで示しなさい。

政治的意図があったらいけないという意味でしょうか?
だとしたら、なぜいけないのでしょうか?
302分かり易く対応表記:2005/08/10(水) 21:59:39 ID:nt3rhV/X
> 敵意を持たなければならない、と一般人が納得しがたい前提を突きつけることで自らの異質さを示し、

異質か異質でないかは比較対象による。誰と比べて?

> ソースも示さずに相手の存在を決め付けた上に、テキストを都合のいい部分だけ抽出して自分に
> 都合よく受け取る。

どこが抽出なんですか?
抽出でない部分(都合の悪い部分)をソースつきで示しなさい。

> テキストに載せたいくらいに政治的意図が見え見えの書き込み、乙。
> あるいはどこか縦か斜めに読めるのか? そうなのであれば教えていただきたい。

政治的意図があったらいけないという意味でしょうか?
だとしたら、なぜいけないのでしょうか? 庶民が政治活動を禁じている国の人?

303日出づる処の名無し:2005/08/10(水) 23:57:11 ID:7w116vlx
>敵意を持たなければならない、と一般人が納得しがたい前提を突きつけることで

「敵意をもたなければならない」なんてどこにも書いてないのに
どこからこんな電波受信したんだろ。>>300は。
304日出づる処の名無し:2005/08/11(木) 01:25:15 ID:VHzpgPNl
貧民流入による治安悪化→反アジア主義、
という矮小化はいかがな物か。

それに反アジア主義じゃねーし。
305日出づる処の名無し:2005/08/11(木) 04:42:41 ID:ZVZ0u7Pa
そそ。
大アジア主義批判であって反アジア主義ではない。
あえて言えば反「大アジア主義者」だな。
306日出づる処の名無し:2005/08/12(金) 03:24:55 ID:FihhR/0G
トルコ人が反トルコ主義に、ロシア人が反スラブ主義に、ドイツ人が反ゲルマン主義には絶対ならないのと一緒。
だって日本人だってアジア人なんだから。
黒人ラッパーが「ニガー」と叫んだら、黒人差別者として糾弾されるべきなのか。そんなことは無い。
単に力不足から不可能だった汎トルコ主義、惨事を引き起こしただけの汎スラブ主義や汎ゲルマン主義と同様、大アジア主義も無意味だ。日本主導であれ中国主導であれ。

一番悲劇的なのは汎トルコ主義だろうけどな。これだけは同情の余地がある。
究極的にはナチス人種論の擬似科学しか基盤の無い汎ゲルマン主義や、民族と宗教(ロシア正教)しか共通点の無い汎スラブ主義や、本当に全く何の科学的地理的民族的宗教的裏づけもありえ無い(藁)大アジア主義とは異なり、
ロシア各地や新彊のトルコ民族は、本当に普通にトルコ語を話すトルコ人だから。イスタンブールの街角にいきなり放りこんでも問題無いくらい。
そんな国外のトルコ民族を切り捨てて、小トルコ主義と西欧化を進めたケマル・アタチュルクのトルコはその点近代日本に勝り、そして悲劇的ではある。
日本語世代台湾人を切り捨ててしまった戦後日本も、小トルコ主義下のトルコに似たところのある国だ。
日本人として共感できるトルコ人の経た歴史的な痛みに同情しつつ、脱亜を進めるべきだ。
307日出づる処の名無し:2005/08/14(日) 14:44:15 ID:Bxhwc32L
あげてみよう
308日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 00:53:47 ID:nc7N70XP
結局、大アジア主義者が、後から後から湧いてくる根本的な原因は何なのだろう?
やはり無知からなのだろうか?
彼の福沢諭吉先生も当初は大アジア主義者っぽい訳だし…。
309日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 01:06:24 ID:tgewEEFu
世界は異なっても、それぞれの世界に、
日本人と同様の連中がいるはずだ、
という楽観主義の錯覚。
310日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 01:10:34 ID:rDtBVKLa
×大アジア主義
○大中華思想
311日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 01:11:21 ID:nc7N70XP
>>309
では、やはり日本の不治の病なのでせうかね・・
312日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 01:16:31 ID:tgewEEFu
話しても分からない、
それぞれに、それぞれの正義があるから、
戦争になるんだってことを押さえとかないとねぇ・・・。
313日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 10:29:51 ID:NtKqefGb
安倍晋三なんかも韓国保守(韓国系パチンコ屋)との癒着が酷いからな・・・
支那、朝鮮と関わってから日本はろくなことが無いな。
314日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 15:52:49 ID:6bU0sB7T
アジア主義者はいつか根絶しなくてはいけないな。
どんな手段を使っても日本文明を守る引き替えにアジア主義者を犠牲しなければ日本は滅ぶよ。
みんな覚悟は出来ているかい?
でもさすが極東板だよなここまで議論できるなんて
315日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 15:57:00 ID:Z1NzWJoD
>>251
>誇りとは内に秘めるもの

誇りを持つ者を個々に孤立させ、自虐報道の洪水で押し流そうとするマスメディアにとっては、持って来いの姿勢だな。
こいうった匿名の掲示板で、日本人同士という”仲間内”で、自分の姿勢について確認しあってる分には良いんじゃないか?
316日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 16:00:31 ID:nbkvyc72
>>313

 それをいったら、日本国民のほとんどが、そうだな。

 だから何をいいたいのだ?チョン
317日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 18:16:49 ID:9yiX7Cpn
>>308
漏れの場合

アメリカって酷くネ?EUって凄くネ?→アジア連邦で超大国→ウハww夢が広がりんぐ・・・・・数年経過・・・・
→中韓っておかしくね?→色々→諭吉様の脱亜論マンセー
318日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 21:33:35 ID:teW/DIP7
>>308
地理的に近いし〜
→同じ漢字文化圏だし〜→日本の文化のルーツは中国や朝鮮だよね〜
→だから、考え方だとか価値観とか共有できちゃうんじゃないの〜?
→そういえばEUなんてのもあるし〜→アジアでも出来るんじゃない〜?
という悲しい勘違い
319日出づる処の名無し:2005/08/15(月) 22:12:59 ID:E8ot64UB
>>318
だな。
隣接国で宗教戦争やっているところはいくらでもあるのに、
隣国の儒教社会と日本社会とで価値観が相容れないことを考えてもいない。
320日出づる処の名無し:2005/08/16(火) 00:24:07 ID:pBi8gMxp
あげ。
アジアなんてロクなもんじゃねえ。
321日出づる処の名無し:2005/08/16(火) 00:36:10 ID:YGoiaDP7
日本人はアジア人ではなく地球人です。
322日出づる処の名無し:2005/08/16(火) 17:56:11 ID:EVeM5nhk
小渕は江沢民と会談するために2回も賄賂を贈ったらしいが、
大アジア主義者って本当に馬鹿だな。
323日出づる処の名無し:2005/08/16(火) 21:17:28 ID:8M/JK6/a
隣国同士は仲が悪いと、4000年前の中国の本にも書いてあるのに
日本人は能天気杉。
324日出づる処の名無し:2005/08/16(火) 21:25:33 ID:8M/JK6/a
春秋戦国時代はそんなに前じゃないや・・
325日出づる処の名無し:2005/08/17(水) 02:04:00 ID:pYvBgj+j
326日出づる処の名無し:2005/08/17(水) 10:01:55 ID:uEoDlalZ
しかし、「仲が悪い」前提ってのもとうかと思うが。

有効も敵対も金儲けの道具。
まして、中国に対して独力で対処できる能力を持つことについて極めて困難な状況にある
状況では、相手がどうこう言うのはともかくとして、日本側がむやみやたらと敵対を煽っても
利はない、と思うのだが。
まあ、しっぺ返し戦略とか考えると「敵対」をとってきたらこちらも「敵対」、「友好」をとって
きたら「友好」というのもまた悪い手では無いが、そこまですっぱりと切り替えられる程、日本の
世論は誰かさんのものになっている訳ではないからなあ。
327日出づる処の名無し:2005/08/17(水) 11:22:27 ID:uEoDlalZ
補足。
だからといって、相手の言うことに唯々諾々と従えばいい、と言うわけではないので悪しからず。

「バカはバカとして相手にしない。聞く耳を持たない。話せる奴とだけ話す」というだけのこと。
328日出づる処の名無し:2005/08/17(水) 19:39:50 ID:mBeS01tf
相手をしないなんて素敵な選択肢があれば苦労しないわな…
329日出づる処の名無し:2005/08/17(水) 21:59:44 ID:d9IT0iCB
>>328
ヒント:鎖国
330日出づる処の名無し:2005/08/20(土) 18:43:14 ID:N0BuZ5eY
離れもせず、近すぎもせずっていうのが理想だな。
331日出づる処の名無し:2005/08/20(土) 22:54:13 ID:I3vA2ibX
日本の最も親密な同盟国はアメリカ、最も危険な仮想敵国は北朝鮮。
もうアジアという意識自体が政治的、外交的には必要ないだろ。
332日出づる処の名無し:2005/08/20(土) 23:26:28 ID:oeLg8G26
石平の本良かったよ
福沢諭吉の脱亜論(中朝決別論)は今も生きている
333日出づる処の名無し:2005/08/20(土) 23:29:30 ID:hyF2DUcZ
文藝春秋のオピニオン雑誌、「諸君!」9月号で取り上げられた
「20XX年、中国はアメリカと激突する」
中国の膨張の危険性をいち早く指摘した米国の知性が語る、米中戦争勃発の危機回避策とは

の、ジョン・ミアシャイマーという地政学のシカゴ大学教授の理論は参考になるね。
特に目新しくは無いのだが、大国の行動原理とその能力をただひたすらに国力のサイズだけに
求め、結局はどの国も覇権国家を目指す、その結果衝突が起こる、という徹底した単純化が特徴だ。

体制の違い、即ち内政は一切考慮しないという徹底ぶりで、オレはそれはどうかと思うわけだが、それでも
一理ある。

中国は世界最大の人口、近年急激に伸びてきた経済力、これによる急激な軍拡によって潜在的に
アメリカを上回る最強国になる潜在能力があるとしている。これは納得。必ずそうなるとは言えないが、
ミアシャイマー教授によればこれを助長する米国の政策(特にクリントンのような)はアメリカにとって致命的
な間違いとなる、としている。

マキャヴェッリも言っている。敵に利する行為を行う者は破滅する、と。お人好しは滅びるのみだ。
野蛮な権力闘争が続く国際社会では。(とはいえ、同盟などは重要だが。)
334日出づる処の名無し:2005/08/21(日) 09:44:13 ID:1nZWeyop
シナ朝鮮を信用した頭山満はGHQからも中国からも「極右」よばわり。
信用しなかった福沢諭吉は万札の肖像。

偉い差だな。
まあ頭山を責める事は出来ないけどね。
335日出づる処の名無し:2005/08/21(日) 11:17:47 ID:jpCCotBF
>>334
”武士道”を著した新渡戸稲造もお札の肖像に何度もなってますもんね。
336日出づる処の名無し:2005/08/21(日) 21:23:59 ID:68WYtYms
福沢よりも頭山に惹かれてしまう「おれ」が自分の中にいるんだ。
なんでだろうな。
337日出づる処の名無し:2005/08/21(日) 23:07:06 ID:JqnKxsUv
>>336
知ったこっちゃねぇ。
338しまりす:2005/08/21(日) 23:23:28 ID:XmUdLM/z
「大アジア主義者」は賛成
白だの、黒だの、黄色だの・・・おっと 順番もか 黄色、黒、白
ただ明確に事大から遅れをとったアジアはそこで挽回すべき
そんで独立をね
敵は作らなくても問題ないのでは?
朝鮮、中国一回白の支配受けてみてください
日本は上手に鎖国しながらもわたってきましたが
事大する国事大される国の思考では外の情報は日本以上にだめでしょうね
339日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 14:01:58 ID:QQ3NiR1v
>>336
福沢の冷徹な現実主義より頭山のほうがロマン溢れるから。
人情あふれる大岡裁きやら赤穂浪士でグッと胸にきてしまうのと同じ。

端で見ているぶんには良いかもしれないが、実際の被害者になったらたまらん。
三方一両損?オレ達の税金勝手に使うなよ!
吉良討ち取ったり?最初に暴力振るったのお前らの上司じゃん!

社共と同じで人間同士の連帯やら理解といった人の持つ根源的欲求から出てきているからタチが悪い。
加えて、日本人の義理・人情、自分が誠意で行動すれば相手もそれに応じた行動をとるはず、といった、
ある種、日本共同体の中だけで通じる約束ごとを世界中で展開するわけで。

肌の色、文化に関係無く、外国は日本と違うとよく肝に銘じて対応すればいいだろうが、自己とまったく
異なる他者(とくに前近代の人たち)と付き合うことに慣れていない日本人には中々難しい。

あとニ、三百年は民間レベルでハラスメントや被害を受け続けて認識を変えていくしかないのかなと
悲観的になることもある。
340日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 15:18:58 ID:m4gtm+vj
結局のところ、三馬鹿人は民度が低すぎなんだろうな。
341日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 21:23:20 ID:ISPbUxUh
亀井がやられたからか知らんが、最近の二階堂は飛ばしてます。
小泉が金正日に握られた弱み、出生がらみの疑惑はまさに
ブレードランナー症候群を彷彿とさせる。

小泉が日本よりも南北朝鮮を優先する理由はこれなのかね?
342日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 21:42:25 ID:bmFVneug
諭吉さんの本は必読ですか?
343日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 21:47:28 ID:9g1v8JXm
>>341
どこで詳しくわかりますか?
344日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 21:56:58 ID:YJuSkeXU
「英 対日戦勝60年記念式典」

太平洋戦争でイギリスなど連合国が日本に勝利して60年になるのを記念する式典が21日、
ロンドンで開かれ、チャールズ皇太子らが戦没者の慰霊碑に花束をささげました。
会場となったロンドン中心部のホワイトホールには、アジア各地で旧日本軍と戦ったイギリスの
退役軍人や家族など900人が集まって戦没者に黙とうし、チャールズ皇太子やプレスコット
副首相が、慰霊碑に花束をささげました。旧日本軍との激戦地だった当時のビルマ、いまの
ミャンマーでは、戦闘や捕虜生活のさなかイギリス軍兵士およそ6000人が死亡しており、
チャールズ皇太子は「ヨーロッパ戦線とは異なり、アジアでは敵と間近に向きあって長く
厳しい戦いが続いた。アジアの自由のために犠牲を払ったひとびとに心から敬意をあらわす」
と述べました。終戦から60年のことし、イギリスのメディアでは、靖国神社への参拝や
歴史教科書の問題をとりあげて「日本は過去のあやまちを十分に反省していない」とする
論調がある一方で、アメリカによる広島と長崎への原爆投下の是非を問うテレビ番組が放映
されて反響を呼ぶなど、さまざまな議論が起きています。

引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/ (08/22 05:08)
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/08/22/k20050822000015.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/08/22/d20050822000015.html

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1124710451/


俺は大アジア主義は大嫌いだが、こういう報道を見ると大アジア主義の言う事もわかるような気がする。
支那、朝鮮はゴミだが欧州もゴミだな。

345日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 22:04:35 ID:ISPbUxUh
>>343
詳しくというか、ここ以外知らないけれど、、、
http://www.nikaidou.com/column01.html
346日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 22:39:21 ID:t1/6y6yj
二階堂の言う事を真に受けるのはどうかと。
347日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 22:40:53 ID:KPSAX8m1
   /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::|   中共政権誕生 .|ミ|
 |::::::::::|              .|ミ|
 |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ|   
  |彡|.  '''"""    """'' .|/   
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |     
 | (    "''''"   | "''''"  |     
  ヽ,,         ヽ    .|     対岸の火事、高みの見物
    |       ^-^     |       漁夫の利作戦成功です!!
._/|     -====-   |       
::;/:::::::|\.    "'''''''"   / 反中・嫌韓半島主義者は政治犯収容所に入れますよ?
/:::::::::::|. \ .,_____,,,./::\  
348日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 23:06:46 ID:NsCzp6QT
>>344

「大英帝国には永遠の友も永遠の敵もない。存在するのは永遠の国益だけである」
(イギリス首相パーマストン)

「フランスには特定の仮想敵国は無い。フランス以外は全て敵である」
(フランス大統領ドゴール)


無論、英仏にもそれぞれ友好国も同盟国もあるが、そんなものは
情勢次第で変わりうるもので、自国とあらゆる点で国益が一致する
(しかもその状態が永続する)外国などは有り得ないわけで、自国を
最終的に守るのは自分達だけだという意識は常に必要だ。
アジアだろうがアメリカだろうが欧州だろうが、国益上付き合いを
避けるのは今更無理だが、本来外国に求められる以上の期待感と
幻想を持ち、精神的に依存するのは危険極まりない。
349日出づる処の名無し:2005/08/22(月) 23:58:23 ID:O3qnNnRX
>>344
まぁ、NHKが得意気に流している事から判断するに
英と日本の関係に楔でも打ち込みたいのかなと。
350日出づる処の名無し:2005/08/23(火) 03:12:45 ID:7f6gx4nz
アジアの自由のために犠牲を払った人々・・・
植民地の人は日本vs欧米で敵味方分かれたろうけど、みんな自由のために戦ったんでない?
見たこともない宗主国よりも自分たちの国のために頑張ったんでない?

まあ、英国も英連邦のためにとか言わないだけでもマシです。
あんまり自分サイドのこと言うようだったら現地の人の抗議に任せましょ。
欧州も日本もアウトサイダーですからに。

NHKはまた、随分と組合におもねっていますねえ。
首領クラスの方々はあと5年ほどでで定年ですのでせいぜい頑張ってください。
351日出づる処の名無し:2005/08/23(火) 10:41:29 ID:jhRXE/5Q
>>350
NHKは海老江を追放してから左傾化・反日化がひどい
352日出づる処の名無し:2005/08/23(火) 10:45:45 ID:jhRXE/5Q
海老沢の間違いね(海老江って誰だ?)
353日出づる処の名無し:2005/08/23(火) 20:09:40 ID:Ya0+QJgv
>>350
「自由」だって誰も観た事無いさ。

> みんな自由のために戦ったんでない?

その中には辻ーんみたいのもいるわけで。
理想に殉じた人を叩くのは気遅れするが、
「理想主義の巻き添えを食ったら大変だ」ってのが
このスレの本義だと思うぜ。
354日出づる処の名無し:2005/08/23(火) 23:16:48 ID:A7mi8BqA
>>351
海老の時代から左傾化し始めたような
355日出づる処の名無し:2005/08/24(水) 10:25:07 ID:Zm29Ka5T
GHQのニューディーラーによる改革によって戦前の親英米勢力であった財閥、地主、華族などが解体され、
革新官僚、共産主義者などの反米勢力が勢いついた訳だ。
ニューディーラーに対抗したウィロビーなども手を組んだのは児玉とかこれまた碌でもない連中だった。
アメリカの友となりうる穏健な保守主義者、自由主義者を弾圧して、国家社会主義者や共産主義者を
助けるなんてアメリカ人は本当にアホだな。
356日出づる処の名無し:2005/08/25(木) 03:29:29 ID:mfxUKeY8
あと海軍親英米派な。
ある意味戦前最大最強の親米勢力だったにも関わらず、まとめて戦死して生き残りは全員パージ。さすがに東京裁判食らった香具師はいないけど。
旧海軍の下士官兵は戦後割とすぐの段階で海保に組織化されたが、親英米的だったはずの将校クラスは海自(警察予備隊)設立まで放置プレイ。

何考えてんだろアメ公。
357日出づる処の名無し:2005/08/25(木) 05:02:41 ID:w7A0t+6I
その大アジア主義を今中国が体現している件について
358日出づる処の名無し:2005/08/26(金) 20:15:13 ID:wCkmLW4Q
中国の大アジア主義にはロマンが無いよ。全然無い。
ロマンがあれば良いと言うものではないが(藁
359日出づる処の名無し:2005/08/26(金) 21:44:10 ID:gBzLZ8lf
アメリカは責任を持って統一教会を始末しろよ
360日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 12:26:12 ID:FXv5Ws2/
日韓交渉でもやっぱり児玉が韓国側に情報を漏らしていたみたいだね。
こいつはチョンってうわさもあるけど、本当なのかな?
361日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 12:57:09 ID:drXkjnUi
【日韓】交渉文書公開 大物右翼・故児玉誉士夫氏、読売新聞「ワタナベ」記者が暗躍[08/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1125105940/
362日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 13:12:16 ID:pKEJLDG2
かなり痛いスレですね?スレ主は高校生か?
「明治大正の立憲主義、自由主義、議会政治」は結局は
まともに機能しなかったではないですか?
そんなところに原点を求めるのは子供の妄想ですwwwwwww。
アメリカ精神の根幹の追従者が往々にして竹中のような
売国奴になりますね?

児玉について何も知らないようなのも噴飯ものです。
彼は犯罪的手法にも手を染めていますが売国奴ではありません。
「アメリカ精神の根幹」に日本が学ぶべきものがあるとしても
日本がアメリカ合衆国の属国から脱却するには、善隣外交が不可欠。
また、アングロ・サクソン、ユダヤの資源支配に対抗するためには、
アジアというのはひとつの軸になるのです。
100年かかろうが1000年かかろうがアメリカを
最終的には日本から駆逐しなければいけません。

戦前のアジア主義の失敗は、日本を中心とするアジア主義が
可能であると夢想したところです。
そこは認めますが、アメリカの尻を嘗めるような君の世界観はいただけません。
スレ主はいますぐ靖国神社に行って土下座してきなさいwwww
363日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 13:17:18 ID:pKEJLDG2
(362の続き:省略表示対策)戦前のアジア主義の失敗は、日本を中心とするアジア主義が
可能であると夢想したところです。
そこは認めますが、アメリカの尻を嘗めるような君の世界観はいただけません。
スレ主はいますぐ靖国神社に行って土下座してきなさいwwww
364日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 13:19:22 ID:ImMgbcuh
>日本がアメリカ合衆国の属国から脱却するには、善隣外交が不可欠。

これが侮日国家相手には不可能だ、
と2ちゃんねるの人は言っているのです。
365日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 13:20:48 ID:OoPqitn7
岸信介元首相の評価はどうなのよ?

韓国に5億ドル経済協力の合意メモ確認・日韓交渉文書公開

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050826AT2M2601726082005.html

【ソウル=峯岸博】
 韓国政府は26日、1965年の日韓国交正常化に至る外交文書の全容を公開した。日韓条約交渉で
最大の争点だった対日請求権問題をめぐり、5億ドルの対韓経済協力などで決着を図った62年の
大平正芳外相と金鍾泌(キム・ジョンピル)中央情報部長の合意メモの存在が公式文書として初めて
確認された。
 韓国政府が日本の右翼を利用するなど激しい外交交渉の実態も浮き彫りになった。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【日韓】交渉文書公開 大物右翼・故児玉誉士夫氏、読売新聞「ワタナベ」記者が暗躍[08/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1125105940/

 また、63年3月9日に代表部大使が外相に送った公電には「読売新聞ワタナベ記者が
韓国を支援したいとしていた」との記述があった。公電は続けて「児玉氏、ワタナベ記者は
隠密に協力し舞台裏の交渉を推進しており、これらの関係の保安には特別な留意を」と結んだ。
「ワタナベ記者」は当時政治部記者だった渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長とみられるが、
読売新聞東京本社広報部は「文書を確認していないのでコメントはできません」としている。
366日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 14:03:20 ID:2ApYBuOz
このスレにぴったりの本だと思うのだが

東アジア・イデオロギーを超えて (古田 博司 著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4403230970/250-2913066-1632252
367日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 14:29:21 ID:hz/r61WC
好んで「アジア」を連呼して、その範疇に自らを納める輩が
対アングロサクソンを執拗に説くというのもね。

おもしろすぎる。支那は白人の一番の走狗だったことを忘れてしまったのかね。
368日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 14:49:33 ID:TL559teV
いくら反米とか言っててもアメリカの手の平の上で遊ばれてるだけだし
どうしたもんだか。
ユダヤ教とキリスト教のマッチポンプとしか思えない。
シナ鮮大好きな人は黄禍で対抗ってことなのかしら。
369日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 15:09:44 ID:2NPzb3WZ
日本以上にアメリカの属国な国はいくらでもあるわけで。
大統領に戦時の国軍の指揮権が無い(米大統領が最高指揮官)お隣の大韓民国とか。
韓国や中国のような、日本以上のアメリカの属国や全体主義国にすりよることが日本の自立だとはどうしても思えないわけで。
370日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 18:41:55 ID:Z/fMva6P
>>355
日本の財界なんて自由主義どころか元から政府とズブズブだったが?

あと、当時のアメリカにとっての脅威は日本の再武装。
反米云々よりも、自主武装論を削ぎ落とすほうが優先事項だった。
自由主義者・穏健保守派・穏健左派はいずれも自主武装を唱えていた。
手懐けやすい国家社会主義者や観念的な非武装論を唱える共産主義者と
朝鮮戦争までのアメリカが相性が良かったのは不思議なことではない。
371日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 18:49:40 ID:Va3lqtMU
フィリピンの憲法も、
日本の9条みたいな縛りがなかったっけ。

アメリカ、ようやるわ。
372日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 19:03:59 ID:FXv5Ws2/
ユダヤ金融資本連合:児玉・ナベツネ=統一教会=創価学会=朝鮮=中国=ユダヤ=ネオコン

373日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 19:06:49 ID:k3JanOgv
322 名前:文責・名無しさん 投稿日:2005/08/27(土) 18:15:09 ID:k+6ah2Q+
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1124938305/
39 :人権擁護法(゚听)イラネ ◆PowUpkPJVc :2005/08/27(土) 08:30:15 ID:wrmiTsND
■東京街宣やります!

8月27日(土)
14:00中野駅前
15:30新宿駅東南口(NG候補 新宿駅西口)
17:00渋谷駅ハチ公前(NG候補 渋谷文化村通り)
18:00有楽町マリオン前

各場所の演説は30分-1時間程度
渋谷とか変更になるかもなのでスレでチェックしてください

同行演説歓迎(途中参加・離脱自由)・現地参加歓迎
メールは [email protected] 電話は 0 9 0 - 3 5 0 4 - 8 6 2 5 街宣携帯まで
大阪ビラの頒布を行いますので必要な方は、声をかけてください

ネットライブ中継
http://www.powup.jp/jinken/gaisen/sound/live.asx
部落開放同盟キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
民団キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
朝鮮総連キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
374日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 20:43:22 ID:fmOb841u
>>365
この人、国家社会主義者でしょ
375日出づる処の名無し:2005/08/28(日) 08:33:08 ID:FRMLdhTU
【日韓】交渉文書公開 大物右翼・故児玉誉士夫氏、読売新聞「ワタナベ」記者が暗躍[08/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1125105940/
376日出づる処の名無し:2005/08/28(日) 21:39:12 ID:hbV++Xqp
874 名前:中田マルサス失地王 ◆kQnW7lmAZg [sage] 投稿日:2005/08/18(木) 23:42:57 ID:jvG2nyXK0
@日本社会は、部落民、少数民族、外国人、障害者、前科者、
欠損家庭出身者、貧困家庭出身者に徹底的な差別と虐待を加えてきた。
Aこの結果、日本には世界最大のアウトロー集団、「ヤクザ」が生まれた。
その人員数、社会的影響力は、他の先進国のマフィアとは比べ物にならない。
Bどんなに日本人が勤勉に働こうと、その富の相当数はヤクザ裏社会へと流れ、
国民は豊かにはならない。欧米人が長期休暇を楽しんでいる間も日本人は
労働しているが、両者の一人当たりGNPは全く変わらない事が
その証明である。日本の為政者は伝統的にヤクザと癒着しているため、
こうした状況を黙認している。
C何十年かに一度、日本はこうした社会的矛盾を抑えられなくなり、
暴発する。その都度、膨大な死者が出る。戊辰戦争、秩父困民党事件、
日韓併合、15年戦争、安保闘争といった暴発の際には、
常にヤクザが暗躍し、主要な役割を果たしていた。
次の暴発を引き起こす事が確実な膨大な国債も、
大半はヤクザが作ったものである。
DA〜Cの事項は確かに残酷だが、結局は日本人が@を行っている
 事が原因であるから、全て自業自得である。

377日出づる処の名無し:2005/08/28(日) 22:15:26 ID:I2TEWSvR
大陸史じゃんよw
378日出づる処の名無し:2005/08/28(日) 23:00:51 ID:AlEqkHbn
たしかに黒社会だな。つまり中国の話だ。
379日出づる処の名無し:2005/08/28(日) 23:01:39 ID:AlEqkHbn
朝鮮人 息するように 嘘をつき
の実例がまた一つ。
380日出づる処の名無し:2005/08/29(月) 01:22:13 ID:j+YIpndU
児玉系のエセ保守の名前を挙げよう
戦後保守のほとんどかもしれんが
まず中曽根、読売新聞系はそうだな。
381日出づる処の名無し:2005/08/29(月) 01:40:38 ID:KPFmv0As
竹下登は何であんなに闇が濃そうなんだろう。
なのに、あまり研究されてない。謎だ。
382日出づる処の名無し:2005/08/29(月) 12:14:15 ID:97RRRdCf
 【ソウル堀山明子】
60年代の日韓国交正常化交渉で、韓国政府は「政財界のフィクサー」とされる
右翼の大物、故・児玉誉士夫氏と定期的に接触、情報収集をしていた実態が、
韓国政府が26日に公開した外交文書で明らかになった。

また、同年3月26日の報告によると、児玉氏は「小坂(善太郎)外相級では
成果は期待できないので、池田(勇人)首相か岸信介氏がソウルへ行くべきだ」などとアドバイス。
さらに児玉氏が訪韓する際の「おみやげ」について

「もう少し裏工作してから」などと意味深長な話をしている。

(毎日新聞) - 8月27日21時14分更新

383日出づる処の名無し:2005/08/29(月) 16:27:01 ID:XgqZe2tA
>>381
闇はよく知らんが、確か在日への課税がらみで
在日偽装右翼に誉め殺しされたんではなかったかな。
384日出づる処の名無し:2005/08/30(火) 21:16:38 ID:eOQ3JH4b
児玉機関=勝共右翼はアメリカが日本に残していった地雷だったのか

385日出づる処の名無し:2005/08/30(火) 23:41:41 ID:KsgWml7c

何もかもイルボンが悪いんだもんネー<丶`∀´>(`ハ´  )ネー
386邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/08/31(水) 00:11:57 ID:AEhNN2Ew
軍事的に考えたとき、国土防衛の最前線は国境の後方になければならない原則がある。
対馬海峡の防衛に、38度線ないし鴨緑江が防衛最前線となるのは、山県内閣の昔と変わらない。
中共、ソ連の膨張抑止のため、半島勢力が日本の国益に沿うよう運動せねばならんのも、
国土防衛上必要な措置だと、脱亜主義である自分にも理解できるんだが、甘いのかなぁ。

思うに、児玉は冷戦時代の必要悪、あの時代には求められた国士なのかも知れない。
勿論、半島が防衛線とならなくなった昨今の極東情勢においては、彼の遺産も無用の長物と化しつつある。
とにもかくにも悩ましい半島ではある。
387しまりす:2005/08/31(水) 00:26:50 ID:qQ4Juzlk
だいあじあはふるいです

日本は60年前にやってます
いまさら何を言うかなw

交われない思考を持つ方々がいたという認識が出来たのが
前大戦の貴重な経験でした
多大な犠牲を払い勉強しましたが
なにか?
388日出づる処の名無し:2005/08/31(水) 00:28:15 ID:eYKygVad
389日出づる処の名無し:2005/08/31(水) 00:42:26 ID:v+1OVsGE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%8E%89%E8%AA%89%E5%A3%AB%E5%A4%AB

児玉誉士夫
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
児玉 誉士夫(こだま よしお、1911年2月18日 - 1984年1月17日)は、
日本の右翼運動家で、A級戦犯に指名されたが後に釈放。
後にはロッキード事件の被告となる。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。

http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html#kodama

児玉誉士夫随想・対談「われ かく戦えり」より

 満州でも蒙古でも日本人の進出するところ必ず派閥が伴ない、お互い
がいがみ合っていた。
戦乱の北支と内蒙を旅して感じたことは、日支事変にたいする本質的な
矛盾と疑問だった。
ことに驚かされたのはいたるところの戦場に奮戦する中国軍の頑強さと
抗日思想の激しさであった。
それに比較して日本軍幹部の堕落と、兵の素質の低下は全く意外であった。
もちろん、まだ全般的にはそうではなかったが、特務機関とか謀略参謀の
職責にある人々の日常は、皇軍の崇高な精神をまったく忘却したものであった。
機密費の乱費、酒と女、こうした暗い影が占領地都市のいたるところにみられた。

390日出づる処の名無し:2005/08/31(水) 06:29:29 ID:8MsJl4mR
>>366
その著者の他の本で儒教文化について知ったです。
大亜細亜主義と欧米型自由主義とが対立するとしたら、
それは儒教文化と一神教文化との違いかもしれん。
「私」と「公」との兼ね合いのありかた。

儒教文化では「公=理」と「私=気」との相対性が強い。
一神教文化では「公=社会」と「私=個人」との同義性が強い。

幸か不幸か日本文化はこのグラデーションの中間相当のような気がす。
だからどっちにも一挙に転がることができる。
てか、柄にもないことを始めるときはどっちかに転ぶ。

本音と建て前、義理と人情、とを優柔に不断に行き来する日本。
儒教よりも老荘に親しく、一神教よりも多神教を好む日本。
腰抜けトホホ主義くらいがちょうど良いんじゃない?
391日出づる処の名無し:2005/08/31(水) 23:45:00 ID:xqThQHSS
まあ、開国して150年ほどしか経っていないし。自由やら民主を血肉のものとしたとも思えないし。
ふとしたときに自分たちの中から出てくるアジア主義ってのは、まさしく韓国面w

人間の素朴な感情に訴えているアジア主義をどう理性でコントロールするか・・・
392日出づる処の名無し:2005/09/01(木) 00:10:32 ID:UR7WqsR2
>>391
つ検非違使

なんつーと警察国家っぽいな。筑紫辺り見てると芸人
利用してるとしか思えないし。やっぱ俺日本人だわ。
393日出づる処の名無し:2005/09/03(土) 03:12:23 ID:x3M5OgpK
>>390
義理と人情秤にかけりゃ♪
(著作権マフィアが恐いのでここまで)

と歌にもありますしね。
394日出づる処の名無し:2005/09/03(土) 05:01:47 ID:ltgo+xLE
>>390
微妙にループしてない?腰抜けトホホだから東アジア共同体という幻想にすがろうとしてるわけで。
395日出づる処の名無し:2005/09/03(土) 07:30:31 ID:F5r/oIQ6
>>394
話がいつもループしちゃうことは支那も朝鮮も同じだよな。
欧米なんてキリスト教とダーウイン主義が鎬を削ってる。
それほど一直線な思考タイプが規準なんだろう。
東亜細亜みたくにループがデフォな地域は珍しい。

しかしですね、そんな東亜でループなトホホの中でも、
日本はちょっと感じが違うように思うんですわ。

日本人は幻想にも理想にもすがらない。過去には
明治維新政府が記紀原理主義をでっち上げたこともあったが、
たかだか80年で自滅。永久封印しちゃた。やっぱ無理だった。

支那や朝鮮はこれをいまさらますます真似してるわけね。

腰抜けトホホは弱腰って意味ではない。
自虐もするし逆ギレもするし、家畜のようにおとなしいまま、
みんなと一緒なら赤信号だって平気でわたる。

こういう変なことを他国は真似できないしさせようもない。
これを無理矢理にも「クール」と呼びたいわけよね。
396日出づる処の名無し:2005/09/03(土) 11:54:51 ID:qFSD1XQd
日本人は他国が、
というより自分達が思っている程従順な民族ではないということを
悪い意味ではなく気付くべきだろうね。
397日出づる処の名無し:2005/09/03(土) 14:25:04 ID:muCleEjd
>>333
では日本は終了確定という事で(ww
398日出づる処の名無し:2005/09/04(日) 01:13:22 ID:2l5yviKo
良いか悪いか知らないけれど、日本は東アジアにおける特異種。
なぜか、西欧スタンダードにほんのり、近いのだが
399日出づる処の名無し:2005/09/04(日) 01:48:00 ID:anShKMGW
塩野七生によると日本人は強いて言えばキリスト教流入前の古代ローマ人に似ているのだそうな。
清潔好き。倫理重視。多神教。伝統重視。集団主義。性的逸脱や同性愛や異教に寛容。
強烈な一神教が支配するようになってからのヨーロッパ人は日本人には理解できない部分を持ったかなり異質な存在なのだそうな。むしろアラブ人に似ている。
400日出づる処の名無し:2005/09/04(日) 02:08:33 ID:+3xihGa/
一神教は遊牧民から発祥というのも関係あるだろうな。
401日出づる処の名無し:2005/09/04(日) 03:11:52 ID:WWMpfutv
黒船ペリーが乗り込んできやがったときも
日本人庶民は「ペリー人形」とか売り出して盛り上がってたそう。
世界一受けたい授業でやってた。マジでトホホだ。
402日出づる処の名無し:2005/09/04(日) 04:49:23 ID:fLPUnxrH
役人に追い散らされるまで物見遊山してたらしいしね。
外国船を芸者と幇間(たいこもち)つれて酒呑みながら
船で物見にきたお金持ちとかもいたそうじゃないの。
403日出づる処の名無し:2005/09/04(日) 06:48:35 ID:EOUhD+uM
日本人が近代まで異民族による征服や支配者の徹底的な
圧制をしかれなかったことのマイナスの部分なんだろうな。そういうの。
危機意識ゼロ。そのツケがたまりにたまってる。
404日出づる処の名無し:2005/09/05(月) 02:40:23 ID:pD5+UdI5
>>403
だって、モンゴル村・スペイン村・オランダ村なんて施設がある国だよ。
古の世界帝国形無し。
405日出づる処の名無し:2005/09/05(月) 12:53:52 ID:AJBInutK
日本のインベーダー対策って取り込みと差別だろな。
ガチンコで向きあうなんてことマジじゃ滅多にない。
インベーダーに対して日本で一番強烈なのは姑の嫁いびりレベルだろ。
占領軍やスパイへの対応なんか嫁姑戦争以下だと思う。

そして、これをもって日本の危機意識が低いとも全く思わない。
差別と村八分は日本人の防衛戦力だ。
事実、アラブ系テロリストは日本では苦戦している。
逆に、朝鮮人テロリストがやりたい放題やってるのは、
この防衛戦力である差別と村八を「糾弾」しているエリアでのこと。

近寄らせないのでも叩き出すのでもない。
取り込んで徹底的に監視する。姑の嫁いびり作戦。
これを放棄したとき日本は丸裸にされて侵される。
406日出づる処の名無し:2005/09/05(月) 15:31:38 ID:/BqroWfB
>>1
その大アジア主義者が戦後は朝鮮人と連携してアメリカの「ビンの蓋」政策の一翼を担ってきた訳だが。
勝共右翼だろうと、共産主義者だろうと同じことだ。
すべてはアメリカの手のひらの上で踊っているだけのこと。

インドやビルマのような旧英領諸国をイギリスがどのように支配したのか調べれば、占領軍が日本でやったことが
わかるよ。
407日出づる処の名無し:2005/09/05(月) 15:39:47 ID:jzjuLT59
大アジア主義者
共産主義者
イスラム原理主義者

これらに共通するのは国家解体を目指していることだ
408日出づる処の名無し:2005/09/05(月) 17:00:29 ID:0HLlc0lj
おまえらが結局石橋タンザンや吉田茂マンセーなのが笑わせる
隠れ左翼どもが
409日出づる処の名無し:2005/09/05(月) 19:04:24 ID:sdf5aC7u
「心の中にしかない理想のアジア」の奴隷必死だなw
410日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 02:05:06 ID:bmnUrLnK
アジアで括っちゃてる時点である意味負けなんだよ。
411日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 07:15:45 ID:yp+rfIoA
石橋湛山を否定しておいて言論の自由を謳歌してる人が居ますねw
412日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 16:12:16 ID:Rn6nxppI
話をブッた切るようだが、教育や歪んだ報道をするマスコミも「根源」の一つではないの?

先日、友人と選挙の話になったのだが、
「憲法が改正されたら侵略戦争をする国になる、それは絶対悪、だから共産党に入れるしか」の一点張りで驚いた。
「自衛と侵略はry」とか「戦争とは外交上のry」
「お前マスコミに洗脳されry」とか言っても聞く耳もたず。
挙げ句「自衛ったって、攻められた時に報復すれば、さらにその報復がきて世の中戦争だらけになる。だから、誰かが無抵抗になって止めなきゃ」
とか言い出す始末。
そいつが俺の周囲でも有数なお馬鹿チャソだってことを差し引いても、
左翼的な報道と教育(奴は某大学の人文学部)の恐ろしさを感じた。
413日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 18:14:21 ID:MpYuSlVN
>>412
役人、学校、マスゴミは脳内お花畑の最後のとりで。好き勝手わめいても責任取らなくてもいいからね。
414日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 18:32:56 ID:pNNm9Fxj
大東亜戦争でも結果(敗戦)に対する責任をとってないしな。
無責任体制は日本民族の伝統であろうw
415日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 20:11:29 ID:FGNHqwf6
>>412
とりあえずそいつをいきなり殴ってみればいいんじゃない。
きっと殴り返すから。
そこで君が「お前が今俺を殴り返したように日本にも自衛の権利が必要だ」と説く。
416日出づる処の名無し:2005/09/07(水) 11:49:21 ID:UBEJCeit
>412
無抵抗主義という高邁すぎる理想に、理想を持たない庶民を
「一方的に巻き込むこと」の是非について問い質してくだされ。
417日出づる処の名無し:2005/09/07(水) 16:37:42 ID:9nIdS2Jl
報復はともかく自衛で恨みなんか買わないだろ。
報復は良くない罠。確かに。
418日出づる処の名無し:2005/09/07(水) 19:25:56 ID:kE1Gq7Ne
恨みなんて直接的にその人と接触しなくても買うことはいくらでもあるからなぁ。
既出だけど身の回りのそういう些細な軋轢とかその大学生はどうやって
対処してるんだろう。
419日出づる処の名無し:2005/09/07(水) 22:25:58 ID:84oStV3a
>>1の着眼点は良いが、
その大アジア主義者の背後に>>1の大好きなアメリカ(ユダヤ)が居た事はさすがに気がつかなかったか。
所詮、民主主義なんて統治の方便にすぎないよ。
420日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 00:21:05 ID:XlNLis4f
これまでも多くの政治体制が試みられてきたし、またこれからも過ちと悲哀にみちたこの世界中で試みら
れていくだろう。民主主義が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。実際のところ、民主
主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治
形態を除けば、だが。

ウィンストン・チャーチル 下院演説 (November 11, 1947)
421日出づる処の名無し:2005/09/08(木) 18:22:58 ID:N/VswoYt
>412
拳銃をぶら下げている人間を好きこのんで殴る奴はいない。

冷戦時代がそうであったように、武器を突きつけ合った上でこそ成立しうる
妥協もある。
(今のテロリストが厄介なのはそれが出来ない点なのだが、まあこれは措いておく)

その上で。
共産党はかつて再軍備を主張していたり、共産主義国家における軍隊は
「国の軍隊」ではなく「党の軍隊」だというあたりを指摘してはいかがか。
422日出づる処の名無し:2005/09/14(水) 00:01:54 ID:bR3zg//B
>>374
国家社会主義
それってつまりナチズムか?
423374:2005/09/14(水) 20:37:12 ID:7O/iAGEw
>>422
本人に自覚があるかどうかは別として、所謂革新官僚はナチズムに影響を受けているのは間違いないでしょう。
それが証拠に、昭和15年体制になってから尋常小学校を国民学校(フォルクスシューレの直訳)に名称変更しています。
424日出づる処の名無し:2005/09/15(木) 19:51:26 ID:SaFihpJY
諭吉ネタホシュ
425日出づる処の名無し:2005/09/18(日) 14:47:34 ID:SSLuSS3G
アジアという幻想に踊らされてる時点で間抜けだな。
戦前の右翼、戦後のサヨは同レベルか。
426日出づる処の名無し:2005/09/21(水) 23:47:47 ID:qdPv+ltl
西郷隆盛や吉田松陰こそが大アジア主義者の先駆者
427日出づる処の名無し:2005/09/21(水) 23:49:12 ID:mzrgcgqb
アジアが嫌いなウンコヨーロッパ好き者。
ああウンコウンコ
428日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 00:22:19 ID:USdmpwlk
陸軍も満州なんぞに固執したために・・・。
429日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 00:28:56 ID:L++x/iea
ために?
430日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 00:31:12 ID:USdmpwlk
アメと権益が対立して・・・。
431日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 00:32:21 ID:L++x/iea
対立して?
432日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 00:36:31 ID:USdmpwlk
くそみそやられた。大体、開国以来の最大貿易国を敵に回すなんて(ry
433日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 00:39:23 ID:L++x/iea
いや
結果前以上に仲良くなれた。
つまりは満州侵攻のおかげだ。
434日出づる処の名無し:2005/09/22(木) 01:19:25 ID:7RGejJSo
日本が中国へ傾倒していったのは、
頭山満率いる玄洋社の影響が大きかったのではないか?

また、玄洋社の影響は現在も続いている。
山崎拓がその系統であるのには驚いた。
435日出づる処の名無し:2005/09/23(金) 10:16:56 ID:MLIvPGMK
頭山満は人物としては好きなんだけどね。
やっぱり政策としては福沢諭吉が正しかったね。
シナ朝鮮を信用しては駄目。
それに尽きる。
436日出づる処の名無し:2005/09/24(土) 03:25:42 ID:stYiZS4x
大陸のロマンだかなんだか知らないけど
「手段を選ばない」って点も看過してはいかん。
437日出づる処の名無し:2005/09/26(月) 19:49:07 ID:ZxTq+Whe
国を問わず、大きい政府志向と大アジア主義は親和性が高いような気がする。なんとなくだけど。
438日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 09:20:51 ID:G7jxDTxq
欧米型ポリティカルコンパスに足りないのはこれだな。
439日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 16:05:33 ID:GYWIZtN9
>>437
お題目の慈愛とか徳をもって人と接するってところでは?

自主独立を尊び、対等に交際するじゃなくて、人に上下を作って強い者(人、政府、国)は弱い方を保護
すべきというのが根底にあるからだろうね。

弱者を保護しようというのは別にアジアに限った規範ではないけど、大陸でこういった点を強調した思想が
出てきたのは、よっぽど強者が弱者を虐げる酷い有様があったからこそ、じゃないのか?
440日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 17:00:13 ID:3aOs1l/T
ヒント:統制派と皇道派
441日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 23:44:06 ID:4cCDdYr7
>>438
たしかに経済的自由主義・保護主義の軸に、何故か外交における
アジア主義が関与してくるよね。それも、左右どちらも大きな政府主義者に。

あるいは、pares patriae 系の政策はみんな大アジア主義につながるのかもしらん、
日本の場合。
442日出づる処の名無し:2005/09/27(火) 23:56:49 ID:OxkTJMcc
「英国の情報外交」
とか参考にせんとな。
中国の方が先攻していて日本の外交力と来たら全く無力な状態だが、絶対にやらないといけないことがある。

先ずは日米同盟の堅持であり、米中接近は絶対に許さない事である。
次にフランス、ドイツなどのEUに対中武器輸出を許さない事である。
次にロシアの軍事技術、兵器をもうこれ以上中国に売り渡させない事である。
次に露、印、旧衛星国を中国の背側面を脅かすために敵対させる事である。
 現在中国は活発にこれらの国々を懐柔しようとしており、軍事同盟も固めようとしている。これを絶対に妨害すべきである。
更に、中国国内で分裂状態、内戦状態を生じせしめ、最終的に中国を小・中規模の国家に分割する事である。
 それらの分裂国を平和主義に導き無害化し、世界平和を実現する事が理想。

尚、日本国内では中共の対日工作を阻止するために「スパイ防止法」が不可欠である。

以上がどうしても必要な事柄だ。これらの具体的目標のために実現のための戦術を研究し実行していかなければならない。
443日出づる処の名無し:2005/10/02(日) 23:30:50 ID:ujDol3JR
保守
444日出づる処の名無し:2005/10/03(月) 20:04:41 ID:it0j3mLJ
しかし米共和党が与党の内は日米路線だが民主党は中米路線だろ?
最近米国内での共和党叩きがマズい結果にならなきゃいいが
445日出づる処の名無し:2005/10/03(月) 23:18:50 ID:FR1G6/Sw
そこで英と親密にすることで担保をかけるですよ。
あそこは大きくブレることがないから。
446日出づる処の名無し:2005/10/04(火) 00:39:03 ID:PE8+Dhj+
考えたら英国と同盟結んでいる時期って日本無敗じゃね?
アーロン収容所を読んだ後でなんだが、英国は敵にはしたくない国だな。
でもまぁそんな国とよく戦ったよ。すげぇ。
447香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2005/10/04(火) 23:39:36 ID:JxK9iH/a
浦島レス。

>>189>>196
反対論の中でも割れてるところを見ても、そう単純じゃないと思われ。

>>108の分類で言えば、同じ海洋(日本・英米)の経験主義でも
英米型の経験主義は個別的事実から普遍的真理への昇華を目指し、
個別的事実と分かち難く結びついた「真理」に基づいて物事を進めようとする
(科学主義・規約主義・プラグマティズム)のに対し、日本型の経験主義はあくまで
個別的事実の集積を重視し、普遍的真理への昇華を図る考えに乏しい(機会主義)。

一方、大陸型の思想は、英米と同じく普遍的・物的な真理を重視するが、英米とは逆に
まず理想的な「あるべき姿」を真理として設定し、それを遵守することで現実を変えていこう
という西洋的観念論(進歩主義)と、そのような物的「真理」よりも何らかの人格的権威に
ひたすら従い抜こうという東洋的専制主義(権威主義、精神主義)に分かれる。

要約すると、

海洋派…経験主義(日本型)…機会主義、個別事例の集積、慣例重視、調停的解決、ウォッチャー、オタク、ジャーナリスト
海洋派…経験主義(英米型)…科学主義、規約主義、プラグマティズム、契約重視、法的解決、科学者、一般の法曹
大陸(西洋)派…進歩主義、観念論、ポストモダン、原則主義、人権派、進歩系知識人
大陸(東洋)派…権威主義、精神主義、個人崇拝、家父長制、体育会、カルト
448香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2005/10/04(火) 23:41:36 ID:JxK9iH/a
この分類でいけば、人権擁護法案への賛成・反対は経験主義・観念論の別よりも
西洋・東洋の差といったほうがいい。経験主義・観念論の別は、そこに至る過程のほうに現れる。

観念的な賛成論(2ch法学板通説)は>>189ご指摘の通り、合理論で法律の条文に基づいて
「あるべき状況」を語る。

一方、厨房的な反対論(2ch厨房世論)は人権擁護法案運動の周辺に位置する胡散臭い
勢力の存在を誇張し、人権擁護法案がそうした勢力の暴走を合法化するものと無批判に
信じている。これは解同・総聯・野中・古賀・社民党といった(法)人格を全否定しようとし、
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎し」でその周りにあるものまで全否定してしまおうという感情が
働いていると思われるという点では、裏返した権威主義といえる。

で、経験主義的な観点からの賛成論としては、人権擁護法案における人権委員会の法的位置づけ
を重視し、類似した法的位置づけを持つ、既存の機関(およびそのもとにある法案)の運用との
アナロジーから法案の危険性を否定しようとする。これは個別事例から一般的な法則への昇華、
それの再適用という「科学」的な立論といえる。bewaadの議論はこのタイプ。

同じ経験主義の立場を持っていても反対論は、実際に解同・総聯などのさまざまな事件への関与という
人権問題固有の事情を重視し、これを法案の運用論に充填することで法案の危険性を
立証しようとするもので、個別事例の集積によって法案を評価しようとする。
カリーの議論がこのタイプ。
449日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 03:44:09 ID:wa6ydNxy
>>448
念のためいっておくと、bewaadは法案賛成派じゃないぞ。
あくまで軽い反対派かつ反2ch厨房世論なだけで。
450日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 04:16:39 ID:ils1EZeD
         ∧_∧   ┌────────────
       ◯( ´∀` )◯ < 僕は、頭山満月ちゃん!
        \    /  └────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll
451日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 17:08:44 ID:RcMauU+7
人権ってそんなに大事なのか?
人権という概念は西洋の歴史の中で出てきたものだから、
日本人にはなじまない。
452日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 17:57:53 ID:jB25C16T
>>451
今更人権の保障されない環境で生きたい日本人はそう多くないと思うぞ。
453日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 18:04:27 ID:RcMauU+7
人権の概念ってそんなに簡単なものではない。
454日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 22:18:29 ID:2rosm/7e
「基本的人権の尊重」ってならまだしも、
そうでない所で人権とか公言している人間は、ダブルスタンダードなのばっかりだし

日本では、相手の感情に訴えて動揺させる効果しかないのだろうな
455日出づる処の名無し:2005/10/08(土) 02:43:53 ID:wSmb10dB
>>446
あれは単独戦勝がないからな
必ず他国を引き込んで戦わせてる、ウマいやり方だと感心するよ
456日出づる処の名無し:2005/10/09(日) 18:03:11 ID:txXTl2va
>>451はある意味日本人離れしてるなw 北朝鮮の人?
457日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 00:54:59 ID:BSsKMvIO
英国人の敵同士を分断し相互不信にさせ敵対させる技術は流石だよ
ここでヘタレ分断工作してるホロン部にも見習って貰いたいもんだな
アホらしすぎて力が抜けるよ
もうちっと謀略らしい手を打ってこい
458ケンペーくん:2005/10/12(水) 01:26:57 ID:z+2Zdp59
支那はゴキブリ。
459日出づる処の名無し:2005/10/12(水) 14:12:01 ID:rHTXrvEs
現在の日本の諸悪の根源は「 特 定 アジア主義」・・・なんつてw
460日出づる処の名無し:2005/10/14(金) 22:35:05 ID:toavmqEY
しかし歴史的に見ても日本の内部対立構造って

自由主義VS共同体主義(共産主義・国家社会主義)
親英米派VS親大陸派
武士VS貴族
蝦夷VS大和
縄文人VS弥生人、

神話を紐解くと国津神VS天津神の対立に至るまで、

大部分が海洋派(土着思想)と大陸派(外来思想)の争いという図式になってるんだなあ。
461日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 02:19:10 ID:POWsYxvQ
つうわけで、明日からこの国は「大ナゴヤ主義」を採用します。
462日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 02:31:47 ID:lDGGojRY
大四畳半主義でもいいかも
463日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 13:16:57 ID:++iwGGkb
それは松本零司の世界か?
464日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 21:29:40 ID:jPSVYzJa
>>460
それは70年代の左翼が作った構図。
単純な二項対立はバカを洗脳する道具。
465日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 22:05:52 ID:9FHeuvSd
このスレにおすすめっぽい論文があった。
北岡伸一「海洋国家日本の戦略 福沢諭吉から吉田茂まで」
(『戦争史研究国際フォーラム報告書 日米戦略思想の系譜』所収)
466日出づる処の名無し:2005/10/17(月) 22:53:12 ID:Kgi/e4mh
>>460
外来文化の導入期には、否応にも賛成・反対の二元論ということではないかね?

それに、海洋派=土着思想なんて結び付けには相当に無理があるし
↓これだけのことでしょ

開国前: 土着思想 vs. 大陸思想  ←文化の伝搬元なんて大陸に限られていた
開国後: 海洋派 vs. 大陸派  ←要するに共産・中国が後進国だということだろ
467日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 00:20:28 ID:xEJfMlo2
>>465
そんなもん所詮学者の世間知らずかグローバリストのプロパガンダ本だろ。

世界の諸悪の根源は常に「ユダヤ・グローバリスト」。
英米に寄生しているユダヤ・グローバリストこそ日本だけでなく全世界の敵だ。
先の大戦ではユダヤ・グローバリストが行った強烈な反日プロパガンダで何時の間にか
日中戦争は日本が始めたってことになってしまった。
それと同じ力が今日、イスラム教徒とロシアを敵視、蔑視するプロパガンダを撒き散らしている。
こいつらを何とかしないと日本も滅びる。
まあ小泉政権はこいつらの丁稚だからどうにもならんけどな。
468日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 09:20:11 ID:C0h5qeWa
それこそ単純な構図。
469日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 10:41:38 ID:3KzWppDG
単純というよりも妄想。
470日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 19:00:58 ID:czD5b2GM
>>468-469
勝共の皆さん、ご苦労様です(w
愛国者の振りをして売国行為をするのも大変ですね。

日中戦争期にアメリカで反日を煽っていたのがことごとくユダヤ系
の人間だったのは調べればわかることですが?
471日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 23:49:41 ID:q5LwXuvJ
といって、米民主党系はこれはこれで中国に擦り寄って反日しまくってるし、
ユダヤの影響力はグローバリスト(共和党系)以上に強いし、どっちにしろ
アメリカはもうダメということだな。

さらば、自由の国よ…
472邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/10/19(水) 01:21:19 ID:1/pKCudE
>>470
だが、中国大陸深くまで食い込んだユダヤグローバリズムと戦うには、
狭い日本では資源が足りず。地政的にも不利にあって。
国土防衛線を大陸拠点に設定するには、大陸や半島をユダヤから解放せねばならず、
結局は大アジア主義となってユダヤに骨抜きにされた蛮族支那人の反日の前に、
自由になった奴隷が元の主人の言うなりに解放軍を虐めるという、訳の分からん解放戦争を戦う羽目になる。
中国権益なんざユダヤとアメリカにくれてやれ。連中なら良心の痛みなく搾取できるだろう。
日本は、日中友好の猿芝居を演じながら、ともかくユダヤのシナリオの上で名脇役を演り続け、
連中が支那の毒に当てられて衰弱し、文化退嬰の後、老衰あぼ〜んするのを待つべし。
連中が弱っても支那がイキがっても大丈夫なように、国富の体質を強化し、
新たなる江戸時代の基盤を作るべし、かと。

とにかく、支那の反日運動をもっと歓迎すべきだ。おかげで日本は無用な友好や援助をせずに済む。
473日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 02:52:30 ID:GZeNFQVx
ここでもブサヨの流言工作か・・・
474日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:20:59 ID:IGmEAku/
気に食わない意見をブサヨ認定してりゃ、世の中楽しかろう。
475日出づる処の名無し:2005/10/24(月) 19:59:56 ID:Kjh9qYfp
>>474
説得力の無い意見だからじゃない。
妄想にはつきあってられない。
476日出づる処の名無し:2005/10/27(木) 19:33:58 ID:hTWRYAAW
流言だから説得力も無い
477☆☆☆靖国参拝に反対するやつは頭おかしいっ!!!☆☆☆:2005/10/27(木) 19:44:05 ID:GHLG2Jrg

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea3.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/1878/index.html


是非見てみてください
日本はあやまる必要はありません。

中国 韓国に媚びたら日本は駄目になる。


      ★靖国参拝反対の人は頭がおかしい★
478邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/10/27(木) 22:08:56 ID:QQyVloWP
欧米諸国と貿易すると国に富が蓄積するが、特亜諸国との貿易は資産や技術の持ちだしである。
幸いにして特亜諸国は反日感情が強い。日本は嫌われているのである。
相手が拒絶しておるのに相手に付き纏えば、ストーカーになっちまう。
特亜諸国民の反日感情を鑑みて、脱亜細亜に生きる道を模索するのが日本の採るべき進路である。

但、欧米諸国の容赦なき覇道主義に張り合い得るだけの衿持は必要だ。
彼らの横暴に戦いを覚悟して対抗せねばならぬこともあろう。
だがしかし、連中に対抗するに特亜が何の役にも立たないことは、大東亜戦争で実証済。
特亜の宣伝工作に惑わされてはならぬ。張り子の虎は張り子以外の何者でもない。
479香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2005/10/28(金) 20:00:10 ID:QiwGGkyU
>>473
どういった発言をさして流言といってるのかは知らぬが、ブサヨはこのスレでも
叩かれる存在だろ。ソ・中・朝の血腥い粛清&人権侵害、諸外国への侵略・威圧行為を
黙認・隠蔽・加担してきたのだし。

このスレで叩かれるような右翼というのは、国家主義・共同体主義・権威主義・人治主義・
精神主義・アジア主義・排外主義・儒教思想等々、ブサヨと本質的に変わるところがないために
叩かれるのだろう。

>>478
全く同感。脱亜・自由主義・反覇道主義が日本にとっては自然な道だろうね。

もっとも、個人的には欧米も既に染まってる気がするが…。

↓こういうムチャクチャな法律があるのがアメリカだし(州法レヴェルだが)。
ttp://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22veggie+libel%22&lr=
480日出づる処の名無し:2005/10/30(日) 17:14:13 ID:fqLDoLm4
福沢論の復古?
481日出づる処の名無し:2005/10/30(日) 17:17:26 ID:w5LT0GT5
亜=中国と限定している暴論である。
亜は中国以外に多数ある。
中国依存症はもういい加減にしてもらいたい。
脱中入亜
482日出づる処の名無し:2005/11/01(火) 23:31:22 ID:qGNjTLfh
排中だろ、中国には何世紀も前に卒業してるし
483日出づる処の名無し:2005/11/01(火) 23:46:00 ID:vO5BMTGm
それでもなんとなく、中国=偉い国 という思い(先入観)の抜けない人は多そうだけどな

古い・近い・大きいということと、自虐体質ゆえにそう思うだけで、あまり根拠はないだろうけど
484邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/11/01(火) 23:48:13 ID:i+chUdy/
>>481-482
華僑忘るること勿れ。
485邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/11/02(水) 00:01:45 ID:i+chUdy/
>>483
中国は遠きにありて思うもの。過ぎし日の大陸への憧れだけでお腹いっぱい。
486日出づる処の名無し:2005/11/02(水) 00:13:23 ID:Bv+Ka/Br
無責任な昭和天皇(戦争のすべてを 「あっそう」 で流して天寿を全うした人)
実はこれだけ軍事政策にどっぷりと関わっていました。

・天皇の発言によって軍事行動が左右された事項
1、1933年・熱河作戦の一時指し止め
2、1936年・2・26事件における反乱軍の武力鎮圧の決定
3、1937年・日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定
4、1938年・張鼓峰事件における武力行使方針の一時指し止め
5、1939年・「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正要求
6、1940年・宜昌再確保への作戦変更
7、1942年・フィリピン・バターン要塞への早期攻撃の実現
8、1942年・重慶攻略の方針の決定と取りやめ
9、1942年・ガダルカナル攻防戦における陸軍航空隊の進出
10、1943年・ガダルカナル撤退後のニューギニアでの新攻勢の実施
11、1943年・統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ
12、1943年・アッツ島玉砕後の海上決戦のたびかさなる要求と、海軍消極姿勢への
厳しい叱責による統帥部引き締め
13、1943年・陸軍のニューギニアでの航空戦への没入
14、1943〜44年・絶対国防圏設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部指示など)
15、1944年・サイパン奪還計画の立案
16、1945年・沖縄戦における攻勢作戦の実施(防御部隊が突撃させられアボーン)
17、1945年・朝鮮軍の関東軍への編入取りやめ

<例>
1、「沖縄では守るだけか、海軍はどうしたのか」→防戦予定が突撃させられる、
大和特攻が敢行され死者3721人。
2、「(特攻隊は)そのようにまでせねばならなかったか。しかし良くやった」
→現地では「よくやった」とのお言葉をもらったと続々と続く一要因となる
3、1947年9月20日、寺崎英成を通して、「沖縄に関する軍事占領を継続する
事を希望する」「25年ないし50年という長期が良い」と要望した覚書をGHQ顧問
からマッカーサーに提出。 (「昭和天皇の軍事思想」校倉書房)
487日出づる処の名無し:2005/11/04(金) 21:33:36 ID:dygVIDH8
反日華僑は戦前から変っていないからな
最近は欧米にまで浸透して悪さしちょる
488日出づる処の名無し:2005/11/04(金) 22:52:55 ID:hyEC+Ge+
>>483
偏差値の低い連中は2chでしか知識えられないからなー
歴史系の板にいけばシナの歴史の実態いろいろ勉強できるけど
ネラーがみんなあっちも見てるわけじゃないしな。
489日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 13:13:22 ID:hPv4GMBn
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種は確実に存在している。日本人種に一番近い人種は間違いなく
朝鮮人であるが、朝鮮人の容貌や形質、頭示数、二重瞼率、発毛の具合など、
朝鮮人の身体的特徴は日本人種とはかなり違っている。

しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと60%くらいも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

更に、少数民族を除き、YAP+遺伝子を東アジアで唯一高頻度に持っているのは
日本人種だけである。YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという
決定的な証拠である。日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子がほとんど無い。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm
490日出づる処の名無し:2005/11/05(土) 23:24:25 ID:fZzDivQw
バイカル湖周辺に住む新モンゴロイドのブリヤート人が日本人のルーツと聞くが(あまり詳しくない)
491日出づる処の名無し:2005/11/06(日) 22:59:54 ID:fo8urufQ
>>490
それは日本人全体じゃなくて縄文系のルーツでしょ。
492日出づる処の名無し:2005/11/07(月) 23:07:22 ID:NYabU6TX
>>488
逆だろ。>>483はネットもやらなきゃ自分で歴史を学ぼうとしない奴が
なんとなく「中国への幻想」を抱くと言ってるんじゃないのか?
493日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 21:45:43 ID:r40l5LBf
ようするに他の民族と違うDNAを持っているって事だろ?
494日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 21:58:11 ID:d8/W5UZT
つか、民族というのは、
遺伝子じゃなくて、文化で決まる。

ジーンじゃなくて、ミーンの問題よ。
495日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 21:59:04 ID:d8/W5UZT
・・・すまん。

ミーンじゃ何だか分からんな。

ミーム。
496日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 22:05:41 ID:5Ntmcuxf
>>486
まあ、個人的には昭和天皇は敗戦と同時に自決すべきだったと思うね
後継ぎはちゃんと存在してたから皇統には問題なし
色々議論はあるだろうが、日本の最高責任者は天皇だったんだからな
どんどん上のせいにして、最後が神聖にして侵すべからずじゃ誰が責任とるんだよ
自決した将星たちは天皇にわびただけで国民には責任とってないからな
300万人も国民が死んだのに、のうのうと生き延びて どういう神経してんだか
497日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 22:14:47 ID:43wRVFO6
>>496
逝ってよし。

久しぶりに見るセリフ。
498日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 22:36:21 ID:5Ntmcuxf
>>497
あ?
どの辺が逝ってよしなんだか書いてもらおうじゃねえの
その辺のアホ左翼と思ったら大間違いだよw
499日出づる処の名無し:2005/11/08(火) 22:48:09 ID:d8/W5UZT
貴族とサムライを混同してるから、
逝って良しなんじゃない?
500日出づる処の名無し:2005/11/09(水) 20:54:22 ID:JB8G/zgW
>>498
>>499

天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

おまいら↑この条文の意味ちゃんと理解して無いだろ?
だとしたらその辺のアホ左翼と大して変わらんな。
501日出づる処の名無し:2005/11/12(土) 01:37:33 ID:3Sz8WHTM
戦後は大亞細亞主義から特定アジア主義へ
502日出づる処の名無し:2005/11/18(金) 07:30:16 ID:uRm0mw3O
特亞主義が諸悪の根源
503日出づる処の名無し:2005/11/20(日) 07:52:06 ID:ALoJme/j
>>500
白洲次郎は、「昭和天皇は退位すべし」といっていたが。
504日出づる処の名無し:2005/11/23(水) 16:25:54 ID:vIqGpGUg
まず勉強しろと、それからものを言えと
505日出づる処の名無し:2005/11/26(土) 13:05:21 ID:fwoo/+yL
福沢諭吉も南鮮の新聞に叩かれるからな
「当時は良い処方の脱亞論も今では古い」と
脱特亞はコレからだよ!
506日出づる処の名無し:2005/11/26(土) 23:27:11 ID:7T6qB13Y
排他性や民族主義のある孤立主義は、
大陸派(アジア)と、海洋派(英米)、どちらでもない別の派のどれが適切?
507日出づる処の名無し:2005/11/27(日) 11:16:38 ID:vxTAdN3x
そりゃ列島派だな。
508日出づる処の名無し:2005/11/29(火) 01:08:39 ID:CIDfpKYy
なあに、かえって免疫力がつく。
509日出づる処の名無し:2005/11/29(火) 20:05:27 ID:/kfEMQrH
天皇自決とか言ってる馬鹿がいるけど、
嘗て自決した天皇なんざ皆無だぞw
あいつらにそれを求める方がムリポ。
510日出づる処の名無し:2005/12/01(木) 17:40:37 ID:3sGWhPul
大アジア主義者が自滅戦争やらかしたおかげで、
今日の親米先進自由民主主義国の日本がある。
結果論だけで歴史を論ずるのならば、一定の評価を下すべきだな。
511日出づる処の名無し:2005/12/01(木) 18:46:42 ID:uyR/HXKm
戦前の大アジア主義は問題ないでしょ。あくまで日本が中心のって言うのが
前提だから。もちろん戦後のアジア主義は大問題。少なくとも戦前アジア主義
が成り立ったのは赤色シナや北鮮が存在していなかったから。もちろん現代では
反中が外交の基本にならないといけないと思う。だって戦前は独裁国家と手を
組んで失敗してるわけだからその反省を生かすべき。
512日出づる処の名無し:2005/12/01(木) 22:17:57 ID:x1cgJSqt
>>511
戦前アジア主義にしても満州への進出→大東亜戦争→甚大な被害を出し敗戦という結果を見る限り
相当弊害が多いと思うが。

脱亜というのは何も外交において脱アジア的な態度をとることではない。
アジア、とりわけ中朝韓に執拗に残る「儒教」文化からの脱却こそが脱亜の真髄。

戦前のアジア主義にしても中国・朝鮮・日本が儒教文化の弊害から脱却して
共に近代化し、欧米から自立した近代国家を目指そうと考えていたうちは
まともだった。(それが無理ぽ、ということになって脱亜論に至ったわけだが)

それが、日本を中心とする家族共同体的な秩序をアジアに形成しよう、という
儒教・中華思想の色彩の濃いアジア主義に変質したところから間違いが始まった
と思うね。

戦後のサヨクのアジア主義にしても、親中共・親北鮮ではあるにせよ一皮剥けば
戦前の日本中心アジア主義の残影が随所に現れてくる。かつて韓国の軍事政権を
執拗に(それこそ今の嫌韓流の比でない位に)攻撃し、自ら韓国民主化の闘士を
気取っていたのはその好例だろう。
513日出づる処の名無し:2005/12/03(土) 16:16:03 ID:DMJFs2Ik
そして特定団体主義か
514日出づる処の名無し:2005/12/03(土) 19:55:45 ID:1xYGWK4D
218 :マンセー名無しさん :sage :2005/03/30(水) 03:18:56 ID:wgZhG19/
現在、日本が抱えている対朝鮮半島問題並びに在日朝鮮人問題。
これらは全て、過去日本人が犯した重大な過ちに対する天罰なのだそうです。

神様曰く。日本人が犯してしまった『重大な過ち』とは、
ドロで造った粗末な住まいと汚物だらけの荒地で蠢きながら生活をしている
平均寿命わずか24歳という哀れな民族の存在を知った過去の日本人。

これを「助けてやろう」などと思い考えた事は、慢心から来る「おごり」でしかありませんでした。
彼らがそのような荒んだ生活をしていたのには、それなりの原因と理由が存在し、
単に彼らには向上心や努力心といった概念が全く無かったに過ぎないのです。

つまり、因果(原因と結果)の法則は見事にと成り立っていたというのです。
当然、彼らにはそのような生活や生涯に見合う魂しか宿っておりません。
彼らが長寿や健康や豊かな暮らしを望んでいたのであれば
それらは彼らが自らの努力によって会得していくべきものだったのです。
それを浅はかな日本人は、彼らに対しいきなり全てを与えてしまいました。

まだ成熟した人間としての魂を有していない彼らに向かって、
いくら正の道を説いたところで通じる道理がありません。
魂そのものが獣と何ら変わりの無い存在なのですから・・・

日本人が彼らに与えてしまった最大の生きる為の知恵とは、
 「何らかの施しをしてくれる人とは、それだけの余裕のある人なのだから
 そういう人を騙そう・利用しよう・奪いとろう・殺してしまおう・・・
 そうすれば苦労せずにいい思いが出来る」ということでした。
勿論、それは彼らの身勝手で一方的な解釈なのですが、
未熟な彼らにはそのような発想・会得しか出来なかったのです。
515日出づる処の名無し:2005/12/03(土) 19:58:55 ID:1xYGWK4D

分かり易く例えるなら
 猿にエサを与えないで下さい。
 自分でエサを取れなくなり、人間を襲うようになります。
という立て看板は、当時の日本の何処にも立っていなかったのでしょうか? ということです。
正に今、その誤った判断から来る当然の結果が、現実の厄となってしまっているのです。

この世に関する全ての事柄には「保存の法則」が存在しています。
当然、魂(命)の存在も例外ではなく、その絶対数は常に一定に保たれています。
不用意に増幅増長させてしまった命は、代わりの命の消滅をもって相殺しなければなりません。

また、高等生物を下等生物に下落させるのは容易いことですが
下等生物を高等生物に向上させるには、それなりの準備期間を必要とします。
神は、獣から人間への向上の準備期間として、あの場所を設けられたとも仰っておられます。

何ら努力も苦労もせず、魂の向上すらも放棄して、
『自らの意思』で短命飢餓貧困の生き方を選択し、それに甘んじて生きていた他民俗を
身勝手な判断で手を差し伸べてしまった、愚かで浅はかな日本人。
狂わせてしまった事象を元の正常な状態に戻すまで、この厄はつづくことでしょう。

516日出づる処の名無し:2005/12/03(土) 21:36:58 ID:g9w+A6E+
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種は確実に存在している。日本人種に一番近い人種は間違いなく
朝鮮人であるが、朝鮮人の容貌や形質、頭示数、二重瞼率、発毛の具合など、
朝鮮人の身体的特徴は日本人種とはかなり違っている。

しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと60%くらいも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

更に、少数民族を除き、YAP+遺伝子を東アジアで唯一高頻度に持っているのは
日本人種だけである。YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという
決定的な証拠である。日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子がほとんど無い。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm
517日出づる処の名無し:2005/12/05(月) 17:33:53 ID:JdH06ZWP
シナが分裂したなら日本中心の大アジア主義が成り立つんだけどな。
518日出づる処の名無し:2005/12/05(月) 17:42:20 ID:CnzS3iWY
いやあー、それはどうかと・・・
なにより日本がシナを敬遠するでしょうw
519日出づる処の名無し:2005/12/06(火) 18:50:29 ID:Njv3dKQh
まあ海洋国家連合がほんとに現実味を帯びてくれば赤色シナや韓半島なんか
相手にせずにすむよな。むしろ海洋国家連合の定義しだいでは韓半島を
はじくこともできるしな。いわゆる大きな海に面していないという点で。
そこを強調するとAPECでその要件を満たしてないのは韓半島だけ。
520日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 15:10:06 ID:/udABj+q
>>511
>戦前の大アジア主義は問題ないでしょ

戦前の大アジア主義に問題がないわけないだろ。
そのせいで朝鮮人などとの関わりが深くなってしまったんだぞ。
なにを言っているんだ、ふざけるな!
521日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 20:27:43 ID:zPEmP3Kk
522日出づる処の名無し
あ、間違って投稿してしまった。
>>511
このお題に接するときは、ウヨサヨフィルターは、外すこと。
大アジア主義は、右左関係なく伝染する病理。