♪アイヤイヤ〜イ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん@お腹いっぱい。
・・・という歌が今、バンコクのどの飲み屋でも
かかってますが、だれの歌?
是非買って帰ろうと思うので・・・
2名無しさん:2001/01/15(月) 21:31
あーいあいあいあいあいしてうるとー
繰り返しー言ーいてるじゃーない
あいあいあいあいあいが足りなーい
3名無しさん:2001/01/15(月) 21:34
「ZOO〜愛をください」のタイ語バージョンだね。
4名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/16(火) 15:46
サムライがどーのこーのってやつ?
ならアクアじゃん。デンマークの。
5名無しさん@お腹いっぱい。
タイ歌謡曲は大別すると
演歌系

ポップス系


にわかれます


演歌、ポップス両者の違いは、
日本と同じだと思って間違えないでしょう。

両方聞く人もごくたまに存在しますが、

タイポップス愛好家の世界(ホームページ、著書など)

をかいま見ると、 「演歌好きをポップス好きは2分される」ということが言えます。

これも日本と状況はほぼかわりません。

私は「アジアのポップス」というとどうしても「アジアっぽさ」がないと

なんだか味気なくかんじます。→旧世代

しかし、タイや香港などのポップスを

アジア関係なく「ポップスとして」楽しむ層が、

出現しました。→新世代

よっておおまかですが、

30代以上は→タイ演歌

20代、10代は→タイポップス


を聴けばよいのではないでしょうか?--------------------------------------------------------------------------------

★ジャケットからジャンルを知る★

ヴァージンメガストアなど、
日本の大型CDショップでは、

アーチスト、アルバムのカタカナ表記と共に

ルークトウン、モーラム等演歌系、

ポップスなどジャンルの記述があります。


しかし、新宿などの、タイ人を対象とした雑貨店、

バンコクなどのカセットショップでは、

当然、日本語表記はありません。

しかし、アルバムジャケットで、

大体ジャンルの判断はできます。


以下におおまかなジャケットによる

ジャンル判別方を挙げます。

どことなく田舎くさい→演歌
 洗練されている→ポップス
これは日本でも同様と思われます。
タイに限らずアジアの歌謡曲は

『ジャケットの印象そのまんま』

であることが殆どです。


例えば、いかにもアイドル然とした、可愛らしい男の子が

ニッコリ笑っているようなジャケット。

それはそのものズバリの人畜無害系アイドルポップスです。

ポップスは高い


カセット背の下方、表の片隅にテープなら「70」「80」
CDなら「120」「140」といった数字がありますが、

これは価格(バーツ)です。


私の経験だと、ポップスの方が価格は高い。

(テープだと、演歌「70」に対してポップス「90」)

タイは主にカセット


です。CDはよほどメジャーな
アーチストではない限り発売しません。

よってメジャーなアーチストが欲しい場合は

CDを買えはよい、ということです。

これはインドネシアにも言えます。