20年前のネパールぶっ飛びレストラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
1ご隠居
清水さんお元気?
2びすたり:01/10/19 13:47 ID:F+Oqb/Ap
 ポカラでティータイムやってたと
聞いたが、その後は?
3名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/19 14:19 ID:IqS0BK7P
ご隠居さん ちょっと暴れ過ぎでしょ
4名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/19 21:59 ID:aNzwT0qU
カツどんがうまかった。
5名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/20 20:48 ID:zFDV7q2w
バングジュース、また飲みたい。
6名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/20 21:35 ID:LmW28AqN
【旧時代の馬鹿(10年前)】

1 激ビンボウー自慢馬鹿
貧乏に見栄を張ることに生き甲斐を感じるバカのこと。
一日ビスケット数枚で我慢する、しかし金は持っている。
誰よりもお金を使わないで旅しようとする。
それはそれで結構で立派だが、他人にたかるような真似だけはしないでほしい。
安上がりの旅行をすることは、それじたい自分自身の問題であり、
事故を起こして他人に、善意の現地人に迷惑を掛けないことだ。
7名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/20 21:36 ID:LmW28AqN
2 旅先で徹底した合理性を貫き通す。計画通り行動する。
またひとり旅をゆっくり楽しんでいる他の旅行者を、あからさまに軽侮の目で蔑む。
これも前項と同じく自分自身の問題であり他人は関係ないことだ。
going my way 結構なことだ。他の旅行者は関係ない。
8名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/20 21:37 ID:LmW28AqN
3 ぼろぼろの衣を纏い、無精ひげをたくわえながら
「インドには時間と言うものがないんだよね、生と死が一体化していて人間の不条理がそこにあるのだ。」
と歯の浮くようなことをのたまう。沈没するのはその人のかってだが、
ラリってしまっては個人の人格の問題だ。
話の最後には一寸一本くれ、ビール一杯だけ驕って欲しいと宣う。
9ご隠居:01/10/20 21:45 ID:zFDV7q2w
20年前にも、似たような若い衆はたくさんいたぞ。しかし他人にたかったりは
しなかったの。
10名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/20 21:54 ID:LmW28AqN
ご隠居殿は今どんな生活おしてらっしゃるのですか?
11ご隠居
今の生活を聞いて何の意味があるんじゃ?