田村ゆかり おにゃン場

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん
田村ゆかり おにゃン場
2a:2007/01/11 21:15
いい!
3旧フラナガン機関研究員のレポート:2007/01/12 03:20
ノビ・ノビタ
不完全ながらも、わずか11歳にして早くもNTの片鱗を窺わせる。
これはその貴重なデータである。諸君にも是非、参考にしてもらいたい。
http://www.youtube.com/watch?v=lbTtHKhoWG4&mode=related&search=" target="_blank">http://www.youtube.com/watch?v=lbTtHKhoWG4&mode=related&search=" target="_blank">http://www.youtube.com/watch?v=lbTtHKhoWG4&mode=related&search=
しかし、彼の能力はNTとしてのそれなのか、もしくはNTとはまた別の、いわゆるスペシャルな気質によるものなのか、我々の間でも大きな議論の的となっている。
いずれにしろ、今現在において、(データ不足の為)彼の潜在能力は全く以て未知数であることは明確であり、よって、今後、UC.0079にア・バオア・クー攻防戦にて殉職した、シャア・アズナブル大佐の協力を経て入手した、同機関出身のララァ・スンのデータや、秘密裏に入手した、ムラサメ研究所出身、フォウ・ムラサメ中尉、オーガスタ研究所出身、ロザミア・バダム少尉らのデータと照らし合わせて本格的に追求していく予定だ。
丁度、軍も彼の能力に興味を示している為、まさに絶好の機会といえよう。
最後に、これは私の憶測なのだが、仮に彼がNTであるとしても、反地球連邦政府のアムロ・レイとはまた異なるカテゴリーに属されるだろう。何故なら、初めて高速飛行兵器に搭乗した際に、瞬時にその操法や特徴を把握したことから導き出せる、メカニックに対する天才的な「観察眼」や、交戦中の絶望的な状況からの奇跡的な生還から導き出せる「強運」から、UC.0079にサイド6リボーコロニーにて連邦が秘密裏に最終調整していた新型RXシリーズのMSとの好戦の末、殉職したバーナード・ワイズマン伍長や、UC.0083の連邦のゴシップエースとして名高い、後の「幻の撃墜王」コウ・ウラキ少尉と同タイプの人間である可能性が極めて高いからだ。

また、この研究の結果によっては、彼はすぐにでも実戦投入されることになるだろう。軍は、我々の予想以上に彼の能力に期待しているようだ。もちろん、彼の為の新型(型式は不明)も用意されているらしい。
UC.0087○月○日
4名無しさん
糞なのはかよ・・・