新ウォークマンShortシリーズ発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1名無しさん
新ウォークマンShortシリーズ発表
2名無しさん:2006/10/14 13:22
時限発火装置て何かのテロに使えそうだな
3名無しさん:2006/10/14 13:32
その時限発火装置がPS3に入ってるかもしれないんだよな
リチウム電池だっけ?
4名無しさん:2006/10/14 13:39
時代革命
5名無しさん:2006/10/14 20:56
とりあえず壊れやすいような気がする…。
6名無しさん:2006/10/14 21:21
コレは良い火がつきそうだ
7名無しさん:2006/10/14 21:24
ソニー製品は昔から保障期間過ぎると壊れやすくなるように造ってるぜ!
それで、修理代ユーザーからボッてるんだ!
8名無しさん:2006/10/14 22:41
なるほど、だからオレのPS2は1年で逝っちまったのか
9名無しさん:2006/10/14 23:32
スレ主へ
ソニーのスレはもう貼ってあるのでそこで書き込んだり画像を貼ってくれ
無駄スレが増えたって言われるのがオチだから
10名無しさん:2006/10/15 00:14
バッテリー炎上の危険蟻
11名無しさん:2006/10/15 17:45
ソニーは一時、外部メーカーの部品を詰め込むだけの「箱屋」と揶揄(やゆ)された時期があった。しかし、決して「箱屋」というビジネスモデルが間違っているわけではない。典型例は携帯音楽プレーヤー・iPod(アイポッド)だ。


 低価格の汎用部品を集めて製品に仕上げる「水平分業」の成功例で、ブランド力を背景にコンテンツ(情報の内容)やパソコンとの連携など新機軸を打ち出し、アップルは覇権を握った。


 一方、ソニーが全世界で1億台以上を売り上げたゲーム機・PS2は半導体などの基幹部品から最終製品まで自社内で手掛ける「垂直統合」の成功例だった。


 実は、最近の度重なるトラブルは「水平分業」「垂直統合」の二者択一の失敗によるものだ。PS3のトラブル原因になった青色半導体レーザー。ソニーはPS2の成功体験から最後まで自社生産にこだわった。「微妙な技術が求められる部品で大量生産は難しい。専業メーカーに任せたほうが良かったのでは」(アナリスト)との指摘も聞かれる。

12名無しさん
今日このウォークマンを買いに店に行きました
いざ買ってその場であけてみるとなぜかウォーズマンが入っていました
返品しようとすると捨てられた子犬のような目をするのですがどうすれば良いでしょうか