ザ・フォーク・クルセダーズ
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛チータス  投稿日:2003年05月25日(日) 15時29分54秒
加藤和彦/北山修/はしだのりひこ。京都では早くから有名だった4人組であったが解散記念に自主制作のアルバム「ハレンチ」を制作、プロモート中に収録曲「帰ってきたヨッパライ」、「イムジン河」が関西の深夜放送を中心に注目され、42年の末に東芝からメジャー盤がリリースされる運びとなった。グループも一年だけと言うことで活動が延長されたが、諸事情からメンバーは変更されおなじみの3人組になった。43年にはいると「帰ってきたヨッパライ」はオリコン一位200万枚の大ヒットを記録、第二弾に予定された「イムジン河」はお蔵入りしたものの代わりに出した「悲しくてやりきれない」が大ヒット。さらにザ・ズートルヴィーの名前で出した「水虫の歌」も話題を呼んだ。アルバムも「紀元二阡年」は日本のサージェントペッパーといわれるほど評価が高い。結局この年シングル7枚とアルバム4枚を残して解散した。
投稿者 メール
(゚Д゚) <